旧:鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

2019.4.22以降の記事は新サイト「fusiminohikaru.net」
へのリンクとなっています。 

松任谷由実ツアー 大阪城ホール

2019-04-16 23:13:47 | 映画テレビメディア
今日、行ってきました。


奥の方の席でしたが、十分楽しめました。

これまでのいろんなツアーで取り組んできたことをまとめたダイジェスト版のような内容で、
ユーミンツアー初参加の私としてはありがたかったです。

こんな感じのもありました。
Happy Birthday to You ~ ヴィーナスの誕生 - 松任谷由実


しかし、45周年です。中島みゆきもですが、ユーミンも同じ時代を生きてきたという感覚はあります。
コメント

小指の思い出

2019-04-13 06:36:56 | 映画テレビメディア
小指の思い出


探したらユーチューブにありました。

このラストはやはりいいなぁ。
コメント

ツレがうつになりまして。

2019-04-11 20:44:48 | 映画テレビメディア
ツレがうつになりまして。



図書館DVD。

未見だったので借りて見てみました。

まあ、これはエンターティンメントしての夫婦の愛情物語として見ればいいんでしょう。

うつ病もいろんなタイプがあるでしょうし、実際、このようにうまくはいかず、映画の
中で若干は描かれていましたが、悲しい結末になることもいまだもあるでょうし。

映画は8年くらい前の作品です。今だったらもうちょっと描き方も違っていたかもしれませんね。




コメント

映画『シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下』予告編

2019-04-10 18:45:38 | 映画テレビメディア
映画『シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下』予告編


今日、松竹の株主優待を使って、MOVIX京都で見てきました。

いやー、なかなかよかったです。
というか、私はソもそもこの脚本がとても好きなので、ファンとして見ましたという感じですが。

25年以上前ですが、京都の南座で、野田秀樹自身が主役の耳男を演じたのを見ています。この印象が極めて鮮烈。
贋作・桜の森の満開の下 劇団夢の遊眠社


で、去年は大阪で妻夫木聡、深津絵里のバージョンも見ています。
これは海外へも行ったそうですね。
妻夫木聡・深津絵里・天海祐希・古田新太らと共に名作が甦る!野田地図「贋作 桜の森の満開の下」が開幕


まあ、舞台装置や音楽、台詞回しなども含めてですが、秀逸な本だと思います。
コメント

映画『天気の子』予報(予告篇)

2019-04-10 05:05:40 | 映画テレビメディア
映画『天気の子』予報(予告篇)


音楽の印象もあるのだけど、なんか「君の名は。」と印象がかぶりますかね。

でも、これは見たいな。
コメント

マンガでやさしくわかる決算書

2019-04-09 21:05:43 | 映画テレビメディア
マンガでやさしくわかる決算書


図書館本。4年ほど前の本です。

マンガの部分はもちろん、本文についても、読んでいると「そりゃそうね」でどんどん進んでいく
のですが、じゃあ、自分が実際に決算書等をきちんと見て投資判断ができているかとなると、
いつもでたってもきちんとしたことができませんな・・・。

決算短信なり四季報の数字なりはもちろん見ますが、他社比較とか時系列での変化を追いかけるとか
そういうきちんとした活用がさっぱりです・・・。

なにか、株式投資に活かす決算書みたいな感じのいい参考書籍はないですかね。

コメント

これが日本の桜 哲学の道(1)

2019-04-09 20:55:30 | 映画テレビメディア
これが日本の桜 哲学の道(1)

ここのところ、毎年にように、桜の時期に哲学の道を訪れています。

6時前に家で出発するような早朝であれば、自宅から車で30分ほどで哲学の道
のあたりまで行くことができます。

満開の時期でも、平日で、しかも、早朝となると、さすがに人は少なく、
ゆっくり歩いて見ることができます。

ここのところ、桜の名所といわれる各所では中国の方と思われるウェデイグドレス
とタキシード姿のカップルが写真撮影をしているのをよく見かけましたが、今回、
哲学の道では出会いませんでした。

哲学の道は水路に沿って1キロ以上もずっと桜の並木が続きます。

山中にある巨大に一本桜のようなものも美しいですが、市街地にあり、地域に人に
守り育てられている哲学の道のような桜は、個人的には「これが日本の桜」という感じ
がして、何かしら誇らしいような気持ちになります。

今回は桜は満開、天候の条件もよく、気持ちよく散策することができました。

いくつかタイムズの駐車場などが付近にあるので、そのうちの一つに車を駐めて出発。

今年は桜の開花がここ何年かの中では遅く、今、ほぼ満開の状態です。


このあたりが哲学の道の北端で、白河今出川から銀閣寺の方へ入るところです。


水路に桜がうつっています。




水路の流れにのって花びらも流れてきます。
まだ落花はそんなに多くないです。

これは、いわゆる「ぐるぐる」と言われるような撮り方です。
本当は三脚を立てて、もっと長い時間のシャッタースピードで多くの花びらが流れてくるような
時期に撮るといいのですが、これは手持ちでの撮影。
シャッタースピードを遅くするために、ISOをLOWの設定し、かつ、絞りの値を大きくします。
それでもこの程度にしかなりません。本格的に撮影するなら、減光フィルターなども使って、
さらに工夫しないといけません。






さて、石畳にそって出発です。


つづく。
コメント

麒麟の翼~劇場版・新参者~

2019-04-08 00:57:47 | 映画テレビメディア
麒麟の翼~劇場版・新参者~



WOWOWでやっていたので、録画して見ました。
うーん、一気に見られるのだけど、複雑にあれこれを無理に組み合わせすぎた感じで、
「ややこしい土曜ワイド劇場」という印象でした。

同じ阿部寛でも、この作品は好きです。
謎解き的な部分もですが、ラストの堺雅人のシーンが印象的でよいです。


コメント

ヤンヤン夏の想い出

2019-04-02 23:28:29 | 映画テレビメディア
ヤンヤン夏の想い出



図書館DVD。

楽しいできごとばかりではない、むしろつらいこととか厳しいことの方が多い、ある夏
の家族の物語。

台湾のお話ですが、イッセー尾形さんもでてきます。
あれこれ意味深なことを語ってくれますが、ちょっとキャラがよくわからなかった・・・。

なんかね、じわーっと染みる一作でした。これは。カンヌで2001年に監督賞をとってるんですね。
コメント

お金の不安がなくなる60の方法 一生モノの「稼ぎ力」をつけよう

2019-03-31 07:00:58 | 映画テレビメディア


図書館本。

この方、なんかとてもたくさん本を出されているようですが、本業は??。

内容はというと、ほとんどが「そりゃそうね」状態の短文集。

ちょっと気になったのは、「コスパ」という言葉が時々出てくるのですが、これを安物買い的
な意味で使っているように思えたところ。本来的には「お値打ち」ということだと思うのですが。

お金の不安は現状でそんなにはないので、あまりおもしろいと思わなかったのか?。
コメント

8年越しの花嫁 奇跡の実話

2019-03-22 22:51:08 | 映画テレビメディア
8年越しの花嫁 奇跡の実話
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


WOWOWで視聴。

佐藤健と土屋太鳳の「難病克服」実話系恋愛映画?。

まあ、胸に迫る部分というのはありますが、さっぱり泣けません。

というのは、別に悪い意味ではなくて、難病で倒れた土屋に付きそう佐藤の行動は
偉いこととかすごいことではなく、当事者にとっては、無論メンタル的にも時間的な
ことでも大変なことはあったと思うけれど、ごく普通の当たり前のことではなかった
かなーと思ったからです。

コメント

生きるとか死ぬとか父親とか

2019-03-22 22:44:51 | 映画テレビメディア
生きるとか死ぬとか父親とか
クリエーター情報なし
新潮社


図書館本。

著者の文体は読みやすいです。そんなにいっぱいは読んでないけど好きですね。

本書は親父さんとの関係を中心としたエッセイといった体裁ですが、まあ「変」な親父さんとのいろんな
エピソードがあれこれ軽妙に描かれています。

著者は私よりも一回り程度は年下ですが、まあ、あれこれ共感したり、自分の場合はちょっと違ったなーとあれこれ思い返す
ことがあったり・・・。

人はだいたい誰でも「変」です。家族であれば当然、その「変」がよく見えるということもあるでしょう。

個別特殊でありながら、部分部分で普遍性も感じました。
コメント

中島みゆき/二隻の舟/夜会/covered by BEBE

2019-03-21 22:30:07 | 映画テレビメディア
中島みゆき/二隻の舟/夜会/covered by BEBE
コメント

『グリーンブック』

2019-03-20 21:35:25 | 映画テレビメディア
【公式】『グリーンブック』3.1(金)公開/本予告


今日、東宝の優待で鑑賞してきました。

理知的な天才黒人ピアニストと「無教養」な白人雇われ運転手が、差別の残るアメリカ南部を旅するロードムービー。

いやー、これは、なんというか、じわーっとしみてくるような一作。

時代は1962年だったかな、実話がもとになっているそうです。

私自身は、理屈としてはわかっても感覚としては、この「差別」というのがよくわからないところがあります。

クリント・イーストウッドの「グラン・トリノ」をちょっと連想しました。

お時間がありましたらぜひ。平日でしたが、そこそこお客さんは入ってました。

あ、昼食はなか卯で親子丼とミニきつねうどん。ちっょと食べ過ぎかも。
なか卯はやはり親子丼が基本です。ゼンショーの優待券500円を使用。


コメント

レミオロメン - 3月9日(Music Video Short ver.)

2019-03-17 20:33:07 | 映画テレビメディア
レミオロメン - 3月9日(Music Video Short ver.)


このMVの堀北真希さんはよい。

なんかドラマの印象からか卒業式ソングっぽいイメージがありますが、MVのとおり、
歌詞は結婚の歌ですよね。
コメント