旧:鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

2019.4.22以降の記事は新サイト「fusiminohikaru.net」
へのリンクとなっています。 

東海ソフト 2872円400株買→2902円売

2019-02-27 22:04:47 | 株式投資・資産運用
東海ソフト 2872円400株買→2902円売

 これは界アルプスの部屋で書き、施設のWi-Fiを使って送っています。

 東海ソフトは、楽天1日信用で、返済注文も含めて朝に注文しておいたら約定していました。

 終値は初値からは下落しているようですが、スキャルピングでは関係ありません。

 利益1.2万円弱は、本日の高速道路と昼食の蕎麦の代金に充当。

 さて、明日も同様のパターンが通用するかどうか。スルーにするか。
コメント

4430東海ソフト セット注文で放置して出かけてみる

2019-02-27 07:21:24 | 株式投資・資産運用
4430東海ソフト セット注文で放置して出かけてみる

楽天の1日信用で、ちょっと予想より高めに指値し、セット注文で返済もあらかじめ注文して
でかけてみましょうか。

さて、どうなりますか・・・。銘柄的にはわりと好みかもしれない。相応に見どころがあると思いますが。


コメント

書くだけダイエット 69.7 +1.3 136/88

2019-02-27 07:00:12 | その他
なぜか今日は測定開始以来、最大の上昇幅に。

外食のラーメン等の影響も多少はあると思いますが、ちょっと原因が不明。

測定誤差ではないと思われますが・・・・。

朝のトイレと水分摂取後の測定だったことも影響しているとは思いますが、
それを加味しても、上昇幅が大きいです。

さて、今日から二泊三日の旅行ですが、帰ってきてどうなっているか??。
ちょっと不安。
コメント

IPO初値買いスキャルピング関係 ごっちゃにしない=別物

2019-02-26 21:13:00 | 株式投資・資産運用
IPO初値買いスキャルピング関係 ごっちゃにしない=別物

IPO初値買いスキャルピング関係は、私にとっては、
「丁半博打」的な要素が強いです。但し、勝つ確率は高く、一定のエッジ(有利さ)はあると思っていますが。

で、これは「ドキドキ感」というか、楽しみ、エンターティンメントの要素がかなり大きいです。エンターティンメント
にも色々ありますが、これは、その瞬間、瞬間のいわば刹那的なもの。

競馬とか競輪とか、そうしたギャンブルの類というのは一切しないのですが、感覚としてはそれに近い部分があるかもしれない。
(なお、麻雀も、学生時代以来ほとんどしないですが、ポジジョン管理のあり方とか勝負どころの判断などは相場と共通するとこ
ろがあると思います。)

初値形成時の「寄るんかい、寄らんのかい、寄るんかい、寄らんのかい、寄るんかーい!」みたいなのとか、初値形成後の
「騰がるんかい、下がるんかい、下がるんかーい、いや、騰がるんかい!」のみたいなのとかそういうのは見ていてドキドキ感は
あります。

一方、同じIPOでも公募をもらい初値前後で売って利益を確定するような売買は
「ミニ宝くじ」あるいは「カツオの一本釣り」、まれに「マグロの一本釣り」のような感じ。
但し、個々には損することもある。トータルでは利益につながりやすい。

優待クロスは、イメージとしては「落ち穂拾い」。丁寧につまんいけば、積もり積もってそこそこのリターンにはなる。
あるいは、怪我をすることがない「事務作業」。

そして、通常のポートフォリオ運用、資産全体の分散投資は「農業」あるいは「林業」というイメージ。
ここで投資対象銘柄を「発掘」し「成長」させることも、大きな楽しみになっています。

これらは株式市場での売買で利益を得ようとするという点では共通性はあるものの、それぞれ、方法も目標も別物。

なので、「分別管理」というか、それぞれを区別してごっちゃにしない、「あちらの損をこちらで取り返す」というような発想に
ならないように留意しておいた方がよいかと思います。




コメント

2018.3 優待取得実績

2019-02-26 19:05:05 | 株式投資・資産運用
2018.3 優待取得実績

これをベースに、また考えていきます。
現物はすでに保有していないものもいくつかあり。

○クロス
3/25
1332日本水産100+100

4917マンダム100

4765モーニングスター1000

3/24
3132マクニカ・富士エレホールディングス200+200
8697JPX 100

3/23
2594キーコーヒー300

3/22
7239タチエス100+100
6897JPX 100
7867タカラトミー100
8385伊予銀行1000
4636T&KTOKA 100+100

3/19
1976明星工業100+100
4671ファルコホールディングス 100+100

3/16
6262ペガサスミシン製造500(100はPF)

3/15
8350みちのく銀行100+100
8793NECキャピタルソリューション100+100(3/19)

3/14
5976ネツレン 100
3434アルファ 100
8935FJネクスト100+100
8386百十四銀行1000
7550ゼンショー1000
8424芙蓉総合リース100
9021JR西日本100
2334エレコム100+100
9788ナック100+100

3/13
5659日本精線100+100
5273三谷セキサン100+100
3258ユニゾホールディングス100+100
3254プレサスコーポ100+100(3/14)
8291日産東京販売1000+1000
8052椿本産業100+100
9044南海電鉄200+200

3/12
4611大日本塗料 100+100
8081カナデン 100+100
1762髙松コンストラクション 100+100
1333マルハニチロ 100

3/9
9024西武ホールディングス1000
9041近鉄100+100
9045京阪200+200(3/12)
5445東京鐵鋼100+100(3/13)

3/8
6820アイコム 100+100(3/9)
9010富士急 100+100
9048名鉄 200+200
9887松屋フーズ 100+100

3/7
8160木曽路 1000
7313テイ・エステック100+100
9433KDDI 100+100

3/6
7164全国保証 100+100
7278エクセディ 100+100
8342青森銀行 100+100(3/14)
7937ツツミ 100
4694BML 100
9932杉本商事 100
7942JSP 100+100
7864フジシール 100+100
7256河西工業 100+100

3/5
8425興銀リース 100+100 
9728日本管財 100+100 
8566リコーリース 100+100

○現物
1417ミライト 100
2802味の素 100+100
4082第一希元素 100+100
4681リゾートトラスト 100+100
6370栗田工業 100
6645オムロン 100
6875メガチップス 100
7481尾家産業 100+100
7483ドウシシャ 100
8591オリックス 100+100+100+100
8601大和証券グループ本社 1000
8848レオパレス21 100+100
8876リログループ 100+100
9405朝日放送 100+100
6904原田工業 100
6294オカダアイヨン 200
8697JPX 100
7775大研医器 100
コメント

日本株-17 REIT+3

2019-02-26 19:00:59 | 株式投資・資産運用
キーエンス、エスプールなど上昇していた銘柄がやや下落し、
小幅ながら指数以上に下落。

ま、ぼちぼちと。

明日から信州、界アルプスとGFC白馬です。

売買はお休みかな。あるいは・・・。
コメント

英多朗 ゆずラーメン&とりごはんセット これはっ!

2019-02-26 16:20:26 | その他
英多朗 ゆずラーメン&とりごはんセット これはっ!

ITスクールでの相談のあと、錦烏丸錦東入ルの栄太朗というお店へ。



サイトはこちら。単純にラーメン屋ということではなく、うどん屋さんでもあり、丼もあります。
http://www.kyoto-eitaro.com/index.html

頼んだのはゆずラーメンととりごはん(小)のセット。1,010円。


勝手にイメージしていたのは、こざっぱりとした味のうすいラーメン。

が、スープを一口飲むとっ!。確かにゆずの酸っぱさははっきりと感じるのですが、スープは意外と濃い。

麺は素直なストレート系で、ゆずの味をのぞけば、全般の印象はやや背脂がはいっていることもあり、
ますたにと似た感じ。

で、食べていくうちに、この酸っぱすぎないほどよいゆず風味と、スープの濃さがなにか馴染んでくる
感じで、うーん、なかなかおいしいじゃないですか。

とりごはんの方は、こちらも勝手に鶏の炊き込みご飯かと思っていたら、さにあらず、鶏天が2つにカットさ
れてのっています。いやー、この海苔が意外に効いています。サクッとした感じでおいしい。ちょっとごはん
にもたれがかかっているのがよい(たれは、若干というところがまたよい)。

まあ、一回食べておいていいかと思います、これは。

平日の11:30すぎでしたが、そんなに広くない店内はどんどん混んできて、相席で座る状態に。

店員さんは慣れた感じでお客さんを案内していて、いつもこんな感じなのでしょう。

まあ、人気店なのはわかる。

メニューが幅広いので、また近くへ行ったら行きたいですね、これは。

多分、ここの近くのITスクールに行くと思うので、その時にまた来よう。

あ、近くには別のラーメン屋さんもあり、このあたりは一乗寺ほどではなくても、「プチ激戦区」なのかも。

で、少し錦通を東へ進むとアーケードの入り口に。


あー、このあたりが伊藤若冲の生まれたところだったんですか。




コメント

ワードプレス、ブログ移管などの相談

2019-02-26 14:18:49 | インターネット・パソコン・デジカメ
ワードプレス、ブログ移管などの相談

四条烏丸からすぐのプロクラスさん(下記)へ行って、ワードプレスやブログ移管の相談をしてきました。
http://proclass.jp/

結果としては、ワードプレスは1日での講習に来てもらうのがいいだろうとのこと。

ブログの移管は、依頼してもしてもらえるし、個別にレクチャーの機会を設定してもよいということでした。

とりあえず、3月にワードプレスの1日講習があるので、それに行ってみようと思います。

ようやく、この「クセが強い」ごった煮のようなブログの整理ができるかもしれません。

またご報告します。




コメント

4429リックソフト 今日は寄りませんな

2019-02-26 09:44:53 | 株式投資・資産運用
4429リックソフト 今日は寄りませんな

SBIの全板情報が前とちょっと変わって、全体が見やすくなっています。

一致点1.1万って、あんた、いわゆる「高すぎー」では?。








コメント

書くだけダイエット 68.4 -0.4 137/96

2019-02-26 07:51:34 | その他
書くだけダイエット 68.4 -0.4 137/96

2/23の69.3から少しずつ減少し、また2/19の68.0に迫れるかと
いうところにきました。

但し、明日から信州旅行なので、そこでまた増加?。

あるいは、温泉に頻回に入って減少?。
コメント

4429リックソフト 初値予想・セカンダリーは?

2019-02-25 22:29:34 | 株式投資・資産運用
4429リックソフト 初値予想・セカンダリーは?

初値は倍で8,000円、それ以上か。明日は9,000円まで。

株数が少ないので、ぶっとんできそう。

どうだろう、明日、寄るか、寄らないか・・・。

セカンダリーは100株いっときますか。
ただ、明日はでかけるので、どうなりますか。
コメント

日興 ブロンズ→シルバーへ

2019-02-25 18:53:41 | 株式投資・資産運用
日興 ブロンズ→シルバーへ

現在はブロンズです。


1月までは下記のようになっているので、本日、楽天から動かしてきた資金を日興へ移動。
で、2月末を経過すれば、3月からはシルバーにランクアップということになるでしょう。


大和のチャンス当選の状況でもわかるとおり、当選確率を高めたからといって、IPOがどんどん取れる
ようになるようなことはありません。

が、支店の裁量配分が得にくい零細個人投資家としては、ネットでの当選確率が高くなるような方法を
取るのは当然のことではあります。

とりあえずは、こんな感じで、手持ちの現金ポジジョンをIPOやら優待クロスやらになるべく効率的に
回していくことが続きそうです。

【ダイレクトコース限定】IPO優遇特典
https://www.smbcnikko.co.jp/service/course/direct/ipo/index.html?cid=MT190225


コメント

太陽光 10kW以上2,000kW未満 2019年度 14円!

2019-02-25 16:21:20 | 株式投資・資産運用
太陽光 10kW以上2,000kW未満 2019年度 14円!

すでに下落してきている太陽光発電の買い取りですが、表題の出力の場合
2019年度は14円という方向とか・・・。
とりあえず21円の時でよかったという感じです。

2017年度 21円←伏見の光はここが適用 これで20年固定買い取り
2018年度 18円
2019年度 14円
コメント

日本株+37 REIT +-0

2019-02-25 16:20:53 | 株式投資・資産運用
日本株+37 REIT +-0

キーエンスが高く、エスプールも上昇。
システムディも高く、指数を上回り、PFは引き続き年初来高値を更新。

自律制御システム研究所も上場来高値近くまであり、リロも3000円台。

キーエンスの強さが目立ちました。そりゃ、すごい企業ではあるとは思いますが。
コメント

IPO初値買いスキャルピング考 2019.2バージョンアップ

2019-02-25 14:10:22 | 株式投資・資産運用
IPO初値買いスキャルピング考 2019.2バージョンアップ

 ということで、昨年から比較的頻回に参戦するようになったIPO初値買いスキャルピングですが、今年も
あれこれ検討はしてスルーする場合もありますが、いけそうな時はなるべく参戦し、実践しつつ検証していき
たいと思います。

以下はほぼ去年書いた内容と同じですが、少しバージョンアップされているところがあります。

「IPO初値買いスキャルピング」という言葉だけ見ると、なにかこれは難しいテクニックでもいるのかと思う方
もあるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

極めて単純で、単にIPO、新規公開の銘柄を初値で買って、すぐに売却するというだけのことです。

スキャルピングというのは「薄皮を剥ぐ」というような意味で、本来は細かい利幅での売買を繰り返すこと
によって利益を積み重ねていく投資手法のことを言うようです。
ですから、初値で買って即座に売るだけでは、本来的には「スキャルピング」という言い方をあてはめるのは
適当ではないかもしれません。

が、利幅が薄く、短時間の売買という意味の共通性はあるので、こういう名前をつけています。←勝手にこう言っているだけです。
「IPOセカンダリー瞬殺小銭稼ぎ」という言い方もしていました。こちらの方がわかりやすいかもしれませんね^^;。

 この売買のよさは、

・高い勝率

・売買の時間軸が短く、比較的リスクが低い

・自分に適した金額でトレードできる

・単純、シンプルな売買である

というようなこが挙げられます。


以下に去年から今年のIPO銘柄のストックボードが示されています。
https://www.traders.co.jp/ipo_info/stockboard/stockboard.asp

これを見ると、9割程度の銘柄は初値からは多少なりとも上昇しており、初値買いでも利幅が薄ければ利益が取れた
可能性が高いです。

だから、私自身の去年の22勝4敗というのは、勝率としては当たり前で、むしろやや低いぐらいということになります。

無論、売買完了後に株価が大きく上昇しても、その値幅の利益は取れなくなりますが、下落の損失も蒙りません。こう
した意味では売買の時間軸、スパンを短くすることによって、リスク(価格の変動幅)はかなり低くなっていると言えます。

この売買は、基本的に現物売買であれば対象銘柄の1単位分の資金は必要ですが、それ以上の場合は自分に適したサイズ
でトレードすることができます。
私の場合は100万円程度が、低ストレスで売買できる金額なので、そのようにしています。


 この売買の難しさ、課題

・初値形成時にリアルタイムで値動きをウォッチしておく必要がある

・メンタル的に安定した状態で取り組むことが求められる

・損切りの判断、基準が難しい


「リアルタイムで値動きをウォッチしておく必要がある」と書きましたが、あらかじめ、逆指値なども含めて売買注文をセッテ
ィングしておく方法も可能かと思います。こうすれば、必ずしもリアルタイムで見ておく必要はありません。

私自身はリアルタイムで実際の状況をウォッチしながら売買したいです。そのため、それができないような状況の場合は、
売買を見送るということになります。

これと同じ方法をとるのであれば、日中、仕事等でザラ場の値動きを見られない場合は、この売買は難しいです。

また、初値形成は、ちょっと目を離しているうちにいきなり寄って、そこからの値動きが急というようなこともありえます。
ここは注意が必要で、売り買いの株数が近づいてきた場合、余裕をもってウォッチし売買注文が入れられるようにしておくべきです。

実は私はこの売買は高齢者に結構向いているのではないかと思っています。但し、当然のことながら認知症などではなく
通常の判断が相応にすばやく的確にできるという前提でです。

この初値形成からの値動きや売買注文を出すあたりというのは、まあ、結構、脳細胞は活発に活動していると思いますし、実際、
ボケ防止にはいいでしょう。時間的に余裕があれば、初値形成時の状況をウォッチすることもしやすいと思いますし。

ただ、初値直後の値動きというのは、売り買い入り乱れての乱戦模様になることもあり、短時間でかなりの値幅で株価が上下に動く
場合があります。

そのため、あらかじめ売買プランを持ち、損切りも確実に実施するなど、安定したメンタルの状況で取り組まないと、そのバタバタ
した値動きに惑わされて、わけのわからん注文をしたり(売り買い逆とか)、下落したポジジョンを放置して損失が拡大してしまった
りすることになりかねません。ここらは留意が必要です。

とりわけ、思惑がはずれて、いきなり株価が下落に転じた場合、どう判断するかというのは難しいところです。

というのは、初値がついた直後は、様子見の株主からの売りに押されて株価がやや下落するということは普通にあり、
ここを経過した後に株価が上昇するというパターンが多い一方、単純にそこからさらにズルズルと株価が下落し、いわば
「壁」になってしまった初値水準を超えられないという場合もあるからです。

この判断はなかなか難しく、すべてのIPO銘柄について参戦するのではなく、当初から不人気が想定される銘柄への参戦は見送る
など、一定の参戦判断基準をもった上で参加するのもよいと思います。

この売買は勝率は高くはなりますが、すべての売買で利益を挙げることは無理です。

であれば、いい「負け方」をすることが決定的に重要となります。10勝1敗でも、その負けで大敗で10勝の利益をすべて吐き出すようでは
意味がないですから。

それとともに、私の課題は株価が上昇した場合に利益を伸ばす方法の工夫かなと思っています。

最近は1単元ではなく、複数単元、10単元などで参戦する場合がありますが、その時に、一部をスキャルピングで利益を確定し、
一部は残して、トレーリングストップに移行するなど、売買の工夫を考えたいところです。

また、銘柄の人気度や独自性、需給状況(売りが出やすい銘柄かどうか)なども勘案しながら、参加の可否についてのルールを確立する、
損切りの値幅等についての検討など、さらによい形にしていくことも課題です。


コメント