旧:鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

2019.4.22以降、新規の主要な記事は新サイト「fusiminohikaru.net」
で書いています。 

山代温泉 界 加賀と金沢の旅 5

2013-03-31 22:24:45 | インターネット・パソコン・デジカメ
山代温泉 界 加賀と金沢の旅 5

 お食事。

 私が泊まった星野リゾートの旅館は、どこも部屋食ではありません。

 大広間でもなくて、コンパートメント型で区切られた席での食事です。

 この形式はよいですね。部屋がごちゃごちゃしないですし、それぞれの区画は隣とは完全に区切られているので、落ち着いて食べられますし。

 出す方も部屋までバタバタと持ち運ぶ必要はないし、できたものを暖かい、あるいは冷たいままで、すぐに出してもらえるというメリットもあります。

 夕食。

 先付。万寿貝だそうです。


 八寸。
 桜えびの松風がおいしい。マスの木の芽寿司は山椒の香りがきいています。新じゃがいもの五色饅頭は暖かいまま出されていて、いい感じです。


 さりげなく、桜や桃の枝がそえられていたりします。


 桜餅の海老射込みというものです。桜餅、桜の葉の香りがよいです。また、海老の味もいいし、なにより出汁がいいです。


 刺身、さすがにそこらの居酒屋のものとは違います。右下がノドグロという魚。実際、口の奥の方が黒いのです。刺身は黒くないよ。


 湯葉と百合根のおぼろ蒸し。緑色の餡ですが、これは三つ葉を使っているということ。三つ葉の餡は初めて。これも出汁がいい。


 ノドグロの塩焼きです。おいしい。


 これは能登牛の粕窯焼き。粕で包んで焼いています。やや塩味が強すぎか。肉は柔らかくていいです。


 毛ガニの酢の物。カニはもうシーズンではないです。


 で、デザートという構成。なかなかよい。

朝食。

湯豆腐があったりします。あっさりした感じ。これでいいです。

やはり温泉卵ははずせません。


鯵の干物。塩は軽め。厚みがあります。おいしい。


十二分ですね。ただ、オリジナリティという点では界松本の方がよかったかもしれません。このあたりは好み。

さて、旅館を出て金沢へ。

つづくよ。




コメント

山代温泉 界 加賀と金沢の旅 4

2013-03-31 20:19:22 | インターネット・パソコン・デジカメ
 外を少し歩きます。

 温泉街そのものはそんなに広くありません。大きな旅館もありますが、小じんまりとした感じです。





 足湯があったりします。ぬるめでいいです。


 これは八咫烏で、温泉が開かれた時の伝承によるもの。僧行基が、カラスがキズを癒しているのを見て温泉を見つけたという伝承があるそうです。
行基さんは、弘法大師と並んであちこちに登場しますね。史実でないものもあると思いますが。


 源泉の施設です。




さすがにこのあたりはまだ満開とはいきません。ちらほら。


外湯です。行きませんでしたが。新しい施設です。


全景。周囲は車のロータリーになってます。外湯はもう一つ大きなものがありました。旅館の立ち寄り湯も可能みたいです。


お寺や神社があります。


枝垂れ桜は少し開花が早いようです。


でも、またこんな感じのものも。


古い大きな木があったり。


屋根に椿の花がボトボトと落ちていたりと、雰囲気はなかなかよいです。


つづく。




コメント

山代温泉 界 加賀と金沢の旅 3

2013-03-31 19:02:53 | インターネット・パソコン・デジカメ
旅館のロビーには天井から長~い水引細工が下げられています。

上から照明があたって、これがきれい。何人もの職人さんの手作りとか。

こういう、その旅館のキャラクターの一つとなるようなものはいいですね。



いろんなモードで。










つづく
コメント

左京区恋月橋渡ル

2013-03-31 18:53:39 | 映画テレビメディア
左京区恋月橋渡ル
クリエーター情報なし
小学館


 図書館本。

 この人の作品は前にも一つ読みました。

 京都大学をモデルにした学生寮で暮らす山根くんが主人公。

 山根くんという名前だと、なんかアンガールズの山根君をイメージしてしまいますが・・・。それでもいいかなと。

 彼のビュアな恋愛模様が描かれて、その気持ちの揺れ動く様子がよく伝わってきます。反面、お相手の「斎王代」のキャラクターが、今一歩はっきりしない。まあ、山根君の視点を中心にしているのでそれはしょうがないところもありますが、ちょっと惜しいな。

 私自身、学生寮に3年間いたので、なんかそのよさみたいなのはわかります。寮のキャラクターは全然違いますが。

コメント

山代温泉 界 加賀と金沢の旅 2

2013-03-31 11:16:48 | インターネット・パソコン・デジカメ
山代温泉 界 加賀と金沢の旅 2

 帰ってきてから知ったのですが、星野リゾートは「旅館REIT」の公開ほ検討しているみたいですね。

 これ、半額の優待でもあったらいいなと思います。

 さて、部屋ですが、一階の和室。小さい前部屋も含めて4室もあります。かの北大路魯山人先生が泊まられた部屋だとか。

 前部屋からテーブル、椅子のある和室。右側が主室。


 主室の床の間。


 さらに奥にはベッドも。


 照明もしぶい感じです。


 これはロビーの照明。
 壁の和紙風の内装などが界松本と同じでした。同じデザイナーさんによるものだということでした。


 近づくとこんな感じ。


 ロビーにはお雛様が飾られていました。入ってすぐのところには雛壇の大きなものもありました。焼き物のものもあり。


 ギャラリーがあって、北大路魯山人関係のものなどが展示してありました。これは魯山人先生が書いた看板。


 こちらは、いろは屏風。


 「授業の小道具に使える!」とか思ってしまいます・・・。


 女性の方は好きな柄が選べます。


 なかなかしぶい感じでよい。





 
コメント

レミングー世界の涯まで連れてってー

2013-03-31 10:44:16 | 映画テレビメディア
レミングー世界の涯まで連れてってー


八嶋智人 片桐仁 常盤貴子 松重豊

6月ですが、チケットが取れました。
大阪は二日間しかありませんが。またシアターBRAVA!です。ここは見やすいです。

長塚圭史の「あかいくらやみ」も見たかったけど、これはサイトにつながったと思ったら予定数終了でした。

ちょっとこういうチケット確保のノウハウも学ばないとな・・・。
コメント

山代温泉 界 加賀と金沢の旅 1

2013-03-31 06:22:43 | インターネット・パソコン・デジカメ
山代温泉 界 加賀と金沢の旅 1

 金土と、北陸の山代温泉の「星野リゾート 界 加賀」と金沢へ行ってきました。

 なかなか面白く、また、考えさせられる旅になりました。

 星野リゾートの旅館は松本、浜松に次いで3つめです。

 加賀は、泊まった部屋が北大路魯山人先生も泊まったという古い和室だったこともあるのですが、とてもよかったです。

 奥には7階建ての新館もあるのですが、旅館の入り口はこんな感じで、日本の伝統的な旅館の風情。ここは元々の名前は白銀屋といって、400年近い伝統があるということでした。


 到着した時には旅館の前に、奥からBMW、アルファロメオ、プリウスの3台がとまってました。


 赤のアルファロメオは、なぜか日本の古い旅館にもマッチしていて、いい感じでした。


 日が暮れてくるとさらに風情が増す感じです。






格子の奥は旅館内のショップです。九谷焼の作品などがおかれていました。高いので買ってないけど。


つづく



 
コメント

8954オリックス不動産投資法人 130300円 1口 買

2013-03-29 09:09:07 | 株式投資・資産運用
早いですが、とりあえず買い戻しです。

値幅8900円。

今日おでかけの高速+ガソリン代ぐらい?。
コメント

ホロヴィッツとの対話

2013-03-29 06:45:28 | 映画テレビメディア
 昨日見て来ました。なかなか楽しかったです。

 タイトルだけ見ると小難しそうですが、三谷幸喜の脚本ですし、中味はとてもわかりやすく楽しいものでした。

 天才ピアニストのホロヴィッツ夫妻が、長年調律をしている家へディナーのために訪ねるという設定で、その調律師の家でのいろんなやり取りが演じられます。

 高齢のピアニストが段田安則。まあ、偏屈というかクセモノというかかわいいというか、変なじいさんです。
 このピアニストをうまくあやつっているのが奥さんの高泉淳子。

 調律師夫妻が渡辺謙と和久井映見。和久井映見さんのイライラする様子がおかしいです。渡辺謙のどっちつかずでオロオロする様子も。

 京橋のBRAVAはそんなに大きな劇場ではないので見やすいですね。以前、中島みゆきの夜会を見たところです。

 やはりエンタメはけちってはいけません。

 おいてあったチラシを見たら、また面白そうなものがあったので申し込んでみようかと思います。取れるかどうかはわかりませんが。

 はい、次は4/11の山崎まさよし。これは大津です。
コメント

8954オリックス不動産投資法人 139200円 1口 売

2013-03-28 09:06:58 | 株式投資・資産運用
月曜に126500円で売却していましたが、あっさりとそこから10%強の上昇です。

なんでしょうか、この強さは。

あと3口、順次売却の方針。下落すれば買い戻し。

次の目標は153500円ぐらいです。買いは126500円。単純です。
コメント

特別支援教育 34 なんでかなぁ? 自閉症の子どもたちとの関わり

2013-03-28 07:06:24 | 特別支援教育
希望でみちびく科学
クリエーター情報なし
クリエイツかもがわ


 また三木先生のお話を聞かせていただく機会がありました。

 たまたまですけど、4月から仕事をする予定の社会福祉法人で、職員対象の研修として話をされるということだったので、聞きに行かせていただきました。

 場所が社会福祉法人で、対象がそこの職員ですから、学校の授業云々ではなくて、自閉症の人たちの特徴とそのとらえ方を具体的にわかりやすく解説されていました。

 私自身は、実は自閉症の子どもたちとの関わりの機会というのはそんなに多くないので、「なるほどー」と思って聞かせてもらうことが多かったです。

 本の内容とも重なる話がいろいろありました。



 で、それで思い出したこと。


 自閉症の特徴は顕著なのだけれど、言葉での指示はよくわかり、それに従って行動することができる子どもさん。

 例えば「教室に行きます」「トイレに行きます」「CDはさわりません。」「ブランコはもうおしまい。」等々、指示したら、あまり表情を変えたりすることなくそれに従える。
 で、いつも大人の様子というのをとても気にしている。

 ここだけ見ると、表面的にはそんなに問題はないわけです。指示はよく入るわけですし、すぐ行動に移って、座り込んで動かないなんていうこともないわけですし。

 で、そうこうして過ごしている中でですが、一見、まったく唐突に、その子から顔面へのパンチがとんでくることがありました。

 別にそんなに表情がイライラしているとか、怒ってバタバタしているとか、そういうことではない時にです。


 で、これはなんだろうなと?。意味がわからんぞと。

 ただ、そのパンチとか蹴りとかいうのは、彼の感情や要求の表現なんだろうなとは思ったわけですね。

 で、思いついたのが、「ああ、これは彼はイライラがたまってたのではないか。」ということ。



 どういうことかというと、彼は1日の日課の中では「これをしなさい」「これはダメ」といった指示とか禁止をされることがどうしても多くなるのです。

 自分が他のこと、例えばもうちょっとカタログを見ていたいなぁと思っても「教室へ行きます。」。まだブランコがしたいなぁと思っていても、「もうおしまい」。

 そういう指示、禁止、指示、禁止、指示、禁止を繰り返される。

 言葉として頭の中で整理されていなくても、普通に考えてこれはイライラがつのってもしかたがないなと。


 その場その場でうまく気持ちを表現できずに、イライラがだんだん重なってくる。それが彼の中で臨界に達した時に
 いわば「うっとおしいんじゃーい!」的な表現としてパンチが出る。


 でも、その時の表情は「普通」で、一発パンチが出たら、あとはまた「普通」に戻る。

 それは自分自身の感覚からすれば、ちょっと不思議な行動ではあります。


 で、一々ノートにつけたりはしていないけど、自分が彼に対して発する言葉なり、様々なコミュニケーションがどういう内容なのかというのをちょっと意識して考えたことがあるのだけれど、やはり「指示」「禁止」が非常に多い。

 反面「称賛」とか「是認」とか「評価」とか、そういう言葉、コミュニケーションは少ない。これらの意識してそれらの言葉、コミュニケーションを使おうとしないと、あまり出てこないのです。

 なので、それからは、私の場合は頭の上で両手で大きく○をつくったり、拍手をしたりする、そういう「称賛」「是認」「ポジティブな評価」、そういうものをなるべく多くするようにしました。


 それですぐにそうした「問題行動」が変わるかというと、そんなことはない。

 日々の調子によって、すごく荒れているなと感じる日があったり、逆にスッキリしているなと思う日があったり、色々です。


 が、別に自閉症の子に限らないけど、コミュニケーションの時には「称賛」とか「是認」とか「評価」とかを大事にするのをこちらがわの基本的なスタンスにする必要はあると思ったわけですね。


 自閉症に対する様々な研究とか指導方法は近年、ずいぶんと進んできて、蓄積も生まれてきている。
 だから、試行錯誤的な指導方法をとるのではなく、今日的な知見も活用した指導、支援をすすめていくのは必要なことでもあり、それが有効で意味もあることにつながることは当然あります。

 が、「自閉症だからこうしなければいけない」「自閉症だからこうしてはいけな」というような、決め付けがあると「それはどうかな」ということになってしまう場合がある。


 大事なことは、それがその子にとってどれだけ意味のある大事なことなのかを考えるということ。

 また、わからないことがあったら「なんで?」「なんで?」と考えてみること。「なんで?」を2~3回繰り返すと、だいたい問題の本質に行き着くのではないかと思います。



 この「パンチ!」の彼ですが、時々、そんなに強くではなくて、軽~くパンチを出すことがある。それは言ってみたら「なんでやねーん!」的なツッコミとか「ちょっと面白くないんだけどなぁ」みたいな気持ちの表現のように感じることがありました。

 パンチはよくないよ。人も傷めるし、自分も傷めてしまうことがあるしね。

 だけど、その気持ちはいいわけだ。としたら、その感情なり要求を他の形でうまく伝えられるようになってくれたら、社会的にも是認され、わかりやすいような形で、それも周囲を気にしながらビクビクしているのではなくて、自分から伝えられるようになってほしい。

 じゃあ、どうしたらいいか?。その具体的な提案が自分からできないのがもどかしい感じがしました・・・。
コメント

よくわからんぞー、日本版ISA

2013-03-27 19:10:18 | 株式投資・資産運用
マネックスからメールが来ていたので、資料請求をしておきましたが、なんだかよくわからんね。
まあ、それなりに利用する意味はありそうではありますが。

・非課税対象は株式投資信託や上場株式の配当所得、譲渡所得
 債券はダメね。REITはいいのかな?。ETFはどうか。株と関係ないETFもあるけど。

・非課税投資枠は毎年100万円まで
 その年その年で100万以内で、次年に繰り越しはできませんと。
 「途中売却は可能ですが、売却部分を再利用して投資することはできません。」ということだから、一回売ったらもう非課税は終わりということね。

「非課税口座以外で発生した損益と損益通算することはできません。」というのもある。儲かったら非課税だけど、損した場合は逆にこの口座以外の部分との損益通算はできないということ。
 となると、状況によっては、これはこの口座に入れない方がよわかったー、というのもありうるということ。
 一回、この口座に入れたら、売らないと出せないということかな。

・非課税期間は5年
 したければ、次の年の枠を使ってのロールオーバーはありみたいです。

・非課税投資総額は最大500万円、制度継続期間は2014年から2023年までの10年間
 制度は10年だけど、非課税期間は5年。だから、6年めからは新規の100万と最初の100万が相殺されて、最大500万ということみたい。
 
 これは一見、中長期投資に向いているような感じがします。が、そうだろうか。無論、そういう使い方もありますが。

 むしろ、IPOで大きく値上がりする可能性が高いような有望銘柄が取れた時などにこの口座に入れて、値上がり益を非課税対象とするというような利用の仕方の方が有効かもしれません。

 また、既に保有している銘柄をこの口座に移管するのはダメということになっているみたいだけど、含み損銘柄を一度売却して、確定申告用に損失を確定しておいて利益と相殺するのと同様に、
保有している銘柄をここに入れたければ、売却しておいて再度買う時にこの口座に入れればいいのかな。

 とか、色々わかりませんな。
コメント

タマホーム 初値1700円 100株 売

2013-03-27 12:06:55 | 株式投資・資産運用
タマホーム 初値1700円 100株 売

 最低手数料:1,995円(税込)が適用になります。

 公募980円からなので、確定利益は70,005円。

 まあ、いいんじゃないでしょうか。というか、初値としては予想以上です。

 ただ、申し込み忘れがなければ、「さらに倍」でした・・・。

コメント

6262ペガサスミシン製造 275円 100株 売

2013-03-27 10:16:17 | 株式投資・資産運用
 優待も取りましたので、細かく売り上がり、買い下がりに移行です。

 ここは、低位で無配ですが、短期的に変動率が大きくなることがあります。

 業績の本格回復があれば、株価は一気に戻る可能性が高いかと。
コメント

タマホーム 成行 売 と3月末の優待

2013-03-27 09:48:55 | 株式投資・資産運用
タマホーム 成行 売 と3月末の優待

100株だけのタマホーム、気配は強いですね。成行の売りで利益確定予定です。

3月末で取得した優待は多分以下。

マルハニチロホールディングス
 カニ缶とか海鮮系の瓶詰めとかで、内容はいいし、使えます。ただ、書いたように、これはちょっと思惑と違ってしまい、目先的には失敗銘柄・・。

ホクト
 ここは、そのまんま、キノコです。いろいろ入ってます。一緒に入ってるアガリスクドリンク?がまずい!。
 優待よりも配当増の方が嬉しいです。

トーメンデバイス
 ここは食用油のセットで実用的です。

ハウス食品
 自社製品。まあ、いいのではないでしょうか。優待らしいです。

ケンコーマヨネーズ
 ここもマヨネーズなど。味はキユーピーで慣れているので、ちょっと違和感あり。

リゾートトラスト
 ここの宿泊優待券はオークションでそこそこの値段がつきます。実質的には配当。

ペガサスミシン製造
 500株でカタログギフト。無配なので配当のかわり。

栗田工業
 水。まあ、送ってくれるなら使います。

オムロン
 ここは新設だったかな。なんでしょう、体温計でもくれるのか。

メガチップス
 ここのカタログギフトは自社関連製品のDSソフトが入っているのが特徴。分厚いカタログが来ます。
 色々選べるのがよい。

尾家産業
 いかにも、そこらの喫茶店とかで使っていそうな、業務用レトルトカレー。あまりおいしくない・・。

大和証券グループ本社
 ここはポイント。四季報に充当。

リロ・ホールディング
 ここの福利厚生のクラブはうまく利用すればかなり価値があると思います。使えてないけど。
 宿泊補助券はネットで売却可能。3年に一回は1万円分のものが届きます。

信金中央金庫
 ここは、ガラスの器とかお椀とかをくれたけど、使わないなぁ・・・。

というところです。
コメント