鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

株式投資・資産運用、写真、懸賞、特別支援教育、車、映画など、興味のあるカテゴリーを選択して見てください。 

マツダ、初のディーゼルHV 電動化で燃費2割向上←これはいいかも

2018-09-14 11:03:18 | 
マツダ、初のディーゼルHV 電動化で燃費2割向上←これはいいかも

 日経に記事がありましたが、2020年「CX―5」のディーゼルHVを投入とか。

 うーん、これはいいかも。

「マツダがディーゼルの開発を続けるのは、走りの力強さや燃料となる軽油の安さなどを
背景に当面は一定数の需要が残り、そこで存在感を発揮できると考えているためだ。」

 確かに。私自身がその「需要」ですわ。

 今乗っているAXELA XDは2.2リッターのディーゼル。

 記事のコメントにあるように、低回転から大きなトルクが出るディーゼルエンジンは
一気にぶっ飛ぶ昔のターボエンジンとは特性が異なり、イメージ的には後ろから横綱が両手
で車を押してくれているような力強さを感じます。
 これに慣れてしまうと、大抵のガソリンエンジンは非力に感じてしまいます。

 ディーゼルエンジンは昔の黒煙を吹き出しながらガラガラとでかい音がするようなものとは
全く異なり、走り始めやごく低速での走行はカラカラとディーゼルっぽい音、雰囲気を感じます
が、走り出してしまうと、いい意味で上記のような走りのフィーリングからディーゼルエンジン
を感じることがありますが、それ以外は特にディーゼルを意識するようなことはありません。

 また、値上がりしたとはいえ、ハイオクはもちろんレギュラーガソリンと比較しても、軽油の
価格は大幅に安いです。

 来年の2月で今のAXELAは5年、2回めの車検になります。

 後席がやや狭苦しいこと、多人数乗車だと荷室スペースにあまり余裕がないこと、ナビがもうひとつ
しょぼいことといった点でやや不満はありますが(あと、一回交換して付け替えたグッドイヤーの
ノーマルタイヤのノイズが大きめ)、走りなどで特に大きな不満感はありません。

 ここでCX-5に乗り換えというのもないことはないですが、ここはこの2020年のCX-5ディーゼルHVを
待ってみるのもよいかなと思います。


コメント

トヨタ ハリアー・ハイブリット 運転

2018-08-07 21:18:02 | 
トヨタ ハリアー・ハイブリット 運転

 信州まで行くのに、今回は奥さんの友人の車を利用させてもらいました。

 高速道路中心ですが、少し運転もさせてもらいました。

 その印象などをざっと・・・。

 全体としては落ち着いた車という印象でした。

 まず、着座姿勢が高いので、周囲が見やすいです。前方視界はいいですし、後方も特に
見にくい感じはしませんでした。
 が、そんなにすごく高いわけでもないので、見下ろしているというほどのことはなく、一般の乗用車
から乗り換えても、そんなに違和感はないでしょう。多分、CX-5とかも同じ感じなのかな。

 キーは差し込む形ではなく、車内に持ち込めばエンジンがかかります。
 が、ハイブリットで最初はモーターで動き出すこともあり、始動のボタンを押してもはっきりした音が
するわけではなく、最初は始動できているのかどうかよくわかりませんでした。

 走り出しはモーターです。静かにスムーズに走り出します。

 そこから踏み込んでいけば、ガソリンエンジンで加速していきます。

 違和感があったのは、いわゆるタコメーターはなくて、そのかわりに「ECO」とか「POWER」とか
の表示があるメーターがついていること。踏み込むと、「POWER」の方に針がふれて、燃費は悪化します。

 無論踏めば加速はするのですが、これが一気にギューンという感覚ではなくて、スムーズに、緩やかに速度を
あげていくという印象で、気がつくと「あらっ、こんなにスピードが出ていましたか・・・」という感じです。

 まあ、これはスポーティーさに欠けるとも言えますが、この車のキャラクターとしてはこれでいいのでしょう。

 ハンドルもエンジンと同様で、そんなにクイックな感じはなく、あそびもやや大きめの感じがして、ダルすぎる
というほどでもないですが、まあ、ゆったりとした感じでした。

 シートも疲れにくいもので、クルーズコントロールも賢く動作します。

 全体として上質感がありますし、後席も頭上空間がかなりあり圧迫感はなく、荷室もかなり大きいです。

 「大人の車」という感じがしましたが、パワフルさは、AXELAの2.2Dの方が上で、全体としてのスポーティーさも
AXELAの方があります。

 感じとしては、このハリアーのボディにAXELAのエンジンを搭載したのがCX-5という感じでしょうか。


コメント

MAZDA アテンザに試乗 購入候補はCX-5

2018-08-02 23:00:48 | 
今日はAXELAの点検でした。

 6ヶ月で、半年ごとの点検は無料のプランに入っているので、エンジンオイル等は無料交換してくれます。
 エアコンのフィルターは有料でした。わりと汚れてましたね。

 で、待ち時間にアテンザに試乗させてもらいました。

 mazdaとしては最上級ということになると思います。ん?、CX-8の方が高い?。

 ディーゼルエンジンのモデルですが、走りはスムーズで、かなりジェントルな雰囲気。シルキーとまではいいませんが、
静粛性は高く、加速もスムーズです。ちょっとしたワインディングの道も走ってみましたが、そんなにグニョグニョと
ロールすることもなく、気持ちよく走れました。

車高が高いということはないので、運転間隔や着座姿勢の感覚はAXELAとほぼ同等です。

 この車の「欠点」は車長が長いことです。AXELAとCX-5はそんなに変わらないですか、ATENZAは明らかに長いです。
 まあ、昔は大きめのカペラワゴンにも乗っていましたので、そんなに違和感はないのですが、使い勝手的にはやはり
ちょっと長いです。なので、購入候補にはなりませんが、車としては、確実に進歩はしてますし、なかなかよいです。

 実際の購入候補はこれです。
 CX-5のディーゼルのAWDが、革シートではなく、ほぼ装備がそろっているとなると、この一択になります。
 で、ここでとんなオプションをつけるかでまた価格が変わってきます。


 来年の2月で5年になるAXELA XDの下取りは、とりあえず83万円、ん?84万だったか、というとこでした。

 ただ、AXELAは2月で5年になりますが、スタッドレスタイヤもまだ使えますし、実際のところ、走りそのものには5年たって
もそんなに不満がないのです。だから、積極的にこれを買い替えた方がいいという理由が乏しいというところが実際はあり、
多分、車検は通して、あとはその後の経済状態の判断の中で、あれこれ考えていくということになると思われます。

コメント

ディーゼル再興にのろし 常識を覆すマツダ、20年規制達成へ

2018-07-30 10:19:04 | 
ディーゼル再興にのろし 常識を覆すマツダ、20年規制達成へ

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00795/

内燃機関、とりわけ乗用車用のこうしたディーゼルエンジンの開発では、
mazdaは世界トップといっていい技術があると言っていいのではないかな。

「残存者利益」的な意味でも、
これが業績に具体的に反映されるようだといいのですが。

CX-5のディーゼルのAWDは、現状では次期購入候補の中の最有力です。
今度、一回、試乗させてもらおうかと思っています。
コメント

Audi A3スポーツバッグ 試乗キャンペーン

2018-05-24 16:50:38 | 
今日はアウディ試乗キャンペーンでA3スポーツバッグにちょっと乗ってきました。

 この扇子とトートバックをもらいました。一見、和柄ですが、タイヤなどをデザインしたものです。
 アウディのグッズはそこそこの価格で売れることが多いので、これもまた出してみましょう。




 車の方ですが、1.4リッターのエンジンの車に乗せてもらいました。

 まあ、以前にこの車の古いモデルに乗ってましたからね。

 基本のサイズ、スタイリングは別に大きく変わっていません。

 スムーズですし、気持ちよく走ります。静粛性も高く、やはりアウディの質感の高さは感じられます。

 スピードメーターのインパネのところにナビの地図を表示させて、通常の別のモニターは下に下げて
しまうこともできます。ここらの仕掛け、機能はやはり現在のMAZDA社の車にはないものかと思います。

 ただ、パワーということでは、それは2.2ディーゼルターボのアクセラXDの方がずっとありますが。

 趣味がいい、質感の高い小型のハッチバックで、割高な価格設定を許容できるのであれば、
A3スポーツバッグは基本的には有力な選択肢になるでしょう。
 ただ、シャシーはつまりはゴルフと共通で、ユーティリティ的にはゴルフの方が使いやすいところ
があり、かつ、価格もゴルフの方が安価かとは思います。

 ちょっとこれを実際に再度選択して購入するということは、現状ではなさそうです。

 ただ、このモデルは登場してもう4年ぐらいになるそうですが、やはりいいことはいいですね。
 
コメント

MAZDA 新エンジンとディーゼル 「CXシリーズに救われたマツダの決算」

2018-05-14 20:39:05 | 
MAZDA 新エンジンとディーゼル 「CXシリーズに救われたマツダの決算」

「CXシリーズに救われたマツダの決算」
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1805/14/news014.html
という記事がありました。販売そのものは全体としては堅調ということですが、課題も。

株式市場というのは、どうも先、先を見たがる、読みたがるところがあり、
逆に言うとこれまであるものについてはあまり注目されなくなるというところがあります。

MAZDAは以前からEVの開発などは自社だけでは厳しいと言われており、それ資本関係も含めた
でトヨタとの連携を強めているところがあります。

が、自社の強みというのは、CXシリーズのデザインとか全体としての車の仕上がり等
ということもありますが、エンジンでいえば、VWのような不正をする必要もない独自技術
での低圧縮のディーゼルエンジン、あるいはこれからの新しいクルマに搭載されてくるHCCI
という極めて燃焼効率の高いガソリンエンジンなどです。

これらの技術は、世界のトップにあるといっていいものです。

HCCIの新エンジンは今年フルモデルチェンジのアクセラに搭載されるという話があります。

ディーゼルやガソリンの内燃機関は、まだ5-10年は車の動力の中心であり続けるでしょう。
となると、MAZDAはこの技術を煮詰めてい世界最高水準のものを作っているため、いわば
「残存者利益」を得る可能性はないでしょうか。私は可能性は十分あると思いますが・・・。

さて、今日、アクセラに給油をしました。軽油の価格はリッター109円でした。
これは自宅周辺では価格の安いスタンドで、かつ、会員割引適用価格です。実際のところは
これはクレジットカード決済ですので、そのポイントまで換算すればリッター108円です。

ガソリンの価格はどうかというと、これは安いところでも135円ぐらいのようです。

ということで、価格的には、もう軽油の安さというのは顕著です。

それでいて、エンジンそのものの燃費も、場合によってはガソリン車を凌駕するような場合もあります。

ディーゼルエンジン搭載車というのは価格は高いです。
が、日常的によく車の走行をして、年間の走行距離が長い場合は、この燃料の価格差でかなり車両本体の
価格差は埋まってきます。

単にそうした経済性だけでなく、ディーゼルエンジンはその特性として低回転から大きなトルクが出ます。
アクセラXDはCX-5と同じ2.2ターボというディーゼルエンジンですが、トルクは大きく、一気の加速感
には乏しいものの、後ろから力強くグイッと押してもらっているような感覚があります。
また、登坂車線などの走りも力強いです。

こうした走りのよさと経済性を兼ね備え、かつ、昔の黒煙をはきまくりながらゴロゴロと音をたてて走る
ようなイメージとは全く異なるディーゼルエンジンは、やはり可能性、魅力がなおあると思います。

実際、現段階での私自身の次期の購入候補の車はCX-5のAWD・ディーゼルターボですから。

MAZDA、株式の売買はごくわずかしかしたことがないですが、ユーザーとしては今後の動向に強い感心があります。
コメント

アクセラXD エンジンプログラム アップグレード

2018-04-27 22:17:40 | 
リコールということではなく、サービスキャンペーンという形ですが、
ディーゼルエンジンのプログラムがアップデートです。

 こういうケースは初めてです。

 ディーゼルエンジンのブログラムというと、ついVWの不正を連想してしまいますが。

 なお、マツダのディーゼルは独自の技術で触媒の関係などが他社とは違い、そもそもVW
のような不正をする必要がない独自の先進性があるエンジンです。

 あ、ガソリンでも新しいエンジンが搭載された車がもうすぐ出てくるでしょう。

 アップグレードが終了して・・・。

 うーん、わよくわからんけど、低速からの伸びがちょっとスムーズになったかも・・・。

 アクセラも来年の2月で5年なので、経済的な余裕の度合いによってはCX5のAWDのディーゼル
あたりにするかもしれません。
コメント

軽油107円 灯油18リットル1493円&クオカードのお話

2018-03-21 10:40:41 | 
軽油107円 灯油18リットル1493円&クオカードのお話

 これは最近、ガソリンスタンドで給油した時の価格です。

 距離的に近いところにあるスタンドの中ではほぼ常態的に安い価格をつけているところで、
スタンド独自の1-2円程度の割引を含んでいます。
 この支払いはメインのクレジットカードにしている(スピードバスに登録している)
ので、さらに1%程度はポイント還元があります。

 同じ地域、例えばこのスタンドの斜め向かいぐらいのすぐ近くにある別会社のスタンドは
軽油だと120円ぐらいの価格を普通につけています。

 長野も120円台のところが多かったかな。

 さらには高速道路のSAだと、130円台というところも多いです。

 まあ、コモディティの最たるものの軽油、ガソリンで、スタンドによりこれだけ価格差があるという
のは、興味深いところです。

 いつも入れている安いスタンドはだいたい混雑しています。で、洗車機などを利用している人も多いです。
多分、こうした価格が安いところは、燃料そのもの以外の周辺ビジネスでも稼げるようになっているので
しょう。

 なお、近くのエネオスのいくつかでは、セルフ給油でクオカードを支払いに使えるところがあります。
これはちょっと前までは知りませんでした。かつ、エネオスはTポイントも使えます。
 それで、クオカード支払いの場合でも、Tポイントカードを先に機械に通しておくと0.5%程度ですが、
Tポイントがつきます。

 ただ、いつも利用する地域最安値のスタンドではクオカードは使えません。
 今後、エネオス、エッソなどは合併でスタンドについてもブランドが統一されていく方向になると思うので、
それに伴ってクオカードも使えるところが増えるといいのですが。

 クオカードはもらってもそんなにコンビニとかには行かないし、余ってしまうなーと思っていたのですが、
まず大手の書店ではクオカードを使えるところが増え、さらにはガソリンスタンドで軽油、灯油の購入に使える
となれば、生活感覚的にはその使用価値はかなりあがります。

http://www.quocard.com/member/
上記にクオカードを使えるところが掲載されています。

 主要コンビニではパンがおいしいデイリーヤマザキがはいっていないのが残念。

 私はまったく使わないですが、すかいらーく系のファミレスは6/30までしか使えないようです。

 書店はかなり使えるところが多いですね。

 というような事情もあり、株主優待ではクオカード系を積極的に取得するようにしています。
 多分、この3月優待ではクオカードは10万円程度になるはずです。

 それでも、軽油、灯油などに使っていれば、この程度の金額は消費されます。
コメント

ETCマイレージ ポイント自動還元のお知らせ

2018-03-20 11:44:49 | 
ETCマイレージ ポイント自動還元のお知らせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ETCマイレージサービスのご利用ありがとうございます。
自動還元サービスによりポイントが還元額(無料通行分)に交換されました。
◆マイレージID
◆交換により加算される還元額(無料通行分)
5,000円
◆ポイント交換をした道路事業者
・東/中/西日本高速道路株式会社
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、ETCマイレージですが、時々、年に数回かな、自動でポイント還元されます。

登録してない人はとりあえず登録しとかないとね。別に費用もかかりませんし。

コメント

Audi A4Avant試乗予定 スマートタグ(Audiロゴ入りMAMORIO)プレゼント

2018-03-04 08:32:21 | 
Audi A4Avant試乗予定 スマートタグ(Audiロゴ入りMAMORIO)プレゼント

 スマートタグ(Audiロゴ入りMAMORIO)をくれる(←財布とか鍵などにつけておくと忘れ物
防止になるやつ)というので、今日の午後、AudiのA4Avantに試乗させてもらうことにしました。

 さて、どんな感じかなー。また書きます。
コメント

自動車保険更新 保険料(年間)37,300円 SBI損保

2018-02-02 20:09:38 | 
自動車保険更新 保険料(年間)37,300円 SBI損保

 今年もSBIにしました。

 以前は三井ダイレクトだったのですが、最近はSBIです。

 私の場合だと保険料水準はこの2社がほぼ同等なのですが、SBIの方が
自転車運転特約があるのです。三井ダイレクト、今はどうなっているか
知らないですが、前はなかったです、この特約が。

 これ、自転車を運転していて、ケガをさせたりしたような場合の補償ね。

 車両保険は車対車等限定されたものにしています。
走行距離が1万キロ以上だったこともあり、ちょっと前年より保険料が高くなっています。

 見積もりで何かもらえるようなキャンペーンですが、最近は金券系のが減っていませんか?、きちんと見られていないですが。
 どこかいいところがあったら教えてね。アフェリエイト絡みでも。
コメント

アクセラXD 12ヶ月点検 4年経過 ここが○ ここが☓

2018-02-01 22:43:10 | 
アクセラXD 12ヶ月点検 4年経過 ここが○ ここが☓

本日、12ヶ月点検でした。無料コースに加入済みなので、特に費用はかかりません。
エンジンオイル等はこれで交換してくれます。

車は後輪のブレーキパッドがやや減っているというぐらいで特に異常はないです。
バッテリーはすでに一度新品に交換しています。

走行距離は4万キロちょっとというところで、年間に1万キロ程度です。
車ででかけるといっても、信州とか島根とかそれぐらいですので、ものすごく走行距離が
伸びるということはありません。

4年走ってみての良い点、悪い点を挙げると、

ここが○

・2.2リッターディーゼルターボの走り
 ディーゼルの特性もあり、低回転から最大トルクが出ます。これまで乗ってきた車の中では
もっとも力強いトルク感を感じます。一気の加速感はAudiA3の2.0ターボエンジン(ガソリン)
の方が上でしたが、使いやすさと力強さはこのエンジンがこれまででは最高です。

 高速の上り坂なんかは非常に力強い走りになり、踏み込めばズンズン加速します。

 初めてのディーゼルになりますが、レギュラーガソリンと比較して、もとの価格が安いです、
実用燃費も12キロ/リッター程度はいっているはずです。

このエンジンは現在もCX-5の主力となっているもので、世界的にも評価が高いクリーンディーゼル
のエンジンで、世界的に見てもなお市販のエンジンとしては極めて高い技術水準にあるものだと思います。

 昔のディーゼルエンジンはガラガラとうるさく、黒煙があがるようなイメージがありますが、このエン
ジンは走り出しの低速時にちょっとディーゼルらしさを感じることがあるぐらいで、走り出すと昔のディ
ーゼルエンジンのような感覚は皆無です。

・独自性のあるスタイリング
 いわゆるマツダの「魂動」デザインですが、個人的には5ドアハッチバック系の車が以前から好きですし、
この車の斜め後方からのデザインの感じはやはりなかなかいいなーと思わせるものが今でもあります。
 ただ、これは実は後述する☓の部分にも関連してくることなのですが。

・各種装備の充実
 XDは当時のアクセラの最上位モデルということもあり、装備は充実しています。

 めったに全開にすることはないですが、電動サンルーフは、春から秋の気候のよい時にはあけて走る
となかなか気持ちいいです。

 前席にはシートヒーターがついています。3段階調節で、けっこうすばやく温かくなります。

 ハドルシフトがついていて、シフトダウンしてエンジンブレーキ的に使うことがたまにあります。
 AudiのDSGほとのスコスコと入る感じはなくちょっと鈍いですが、たまに山道などで使って楽しんでいます。

 電動シートは使いやすいです。

 ナビは最初のものはかなりひどかったですが、バージョン変更で普通にはなりました。ナビは不満点でもあるの
ですが、スマホとブルートゥース接続でハンズフリーで会話できるのはよいです。

 オートクルーズがなかなか賢く、上り坂、下り坂などでも細かく速度調整をし、割り込みなどでもスムーズに
自動で減速します。高速で疲れた時はハンドル操作のみの半自動的な運転が楽にできます。

・シートの感じが私にとってはこれまでの中では最もいいです
 ちょっと長距離の運転でも、腰などの疲れが少ないです。シートの堅さ、ホールド感などはわりと好みです。

ここが☓

・リアシートの狭さ、屋根の低さ
 別に普通に4人は乗れるのですが、後席は屋根が低く窓が小さめということもあり、なにかしら窮屈で狭苦しいような
感じがします。って、私自身はほとんど運転をしているのであまり関係ないですが。

 まあ、奥さんの車のシエンタが、すごく視界がよくて運転しやすく、荷物も積みやすいのと比較すると、アクセラは
後方の視界もよくないですし、スタイリングがいい分、スペースユーティリティ的にはあまりよくないところもあります。

 その点、ゴルフなどは、シンプルなデザインですが、合理的で使いやすい車になっていると思います。

・ナビ画面が小さい、地図表示なども必要最低限的
 ナビは純正のものを使わないとしょうがないのですが、これが8インチで、地図なども必要最低限のものです。
 
 当初はもうひどいナビてだした。これはバージョン変更でましにはなりましたが、しかし、見やすく優れているとまでは
言えません。

最初のスタイリングに関わるところは、これは「好み」ということもあるのでしょうがないのですが、ナビについては
やはり早急に改善していくポイントだと思います。やはりスマホとかPCとかとの連携をさらに工夫してほしいですね。

 さて、ここから買い換えるとしたら、マツダで選ぶのであれば一択です。
 CX-5のXDのAWDでしょう。もうひとつ大きいのもあるのですが、大きすぎても意味がないし、扱いづらいです。


 まあ、新エンジン搭載など、マツダもさらに新しい取り組みがあると思いますし、あと1年は少なくとも現車に乗ります。
 
 走りそのものには不満もないし、燃料価格も含めた実用燃費は安いですから、別にこれでいいといえばいいわけですしね。
 だから、さらに長く乗る可能性もあります。



 





コメント

「マツダ次世代エンジン「SKYACTIV-X」の世界初試乗は驚きの連続!」ダイヤモンド・オンライン

2017-09-07 08:22:57 | 
「マツダ次世代エンジン「SKYACTIV-X」の世界初試乗は驚きの連続!」ダイヤモンド・オンライン

下記の記事です。
http://diamond.jp/articles/-/141191

ロータリーでもディーゼルでもですが、マツダはクルマの基本の内燃機関のエンジン
の技術については、世界的に素晴らしい独自性のある製品を出してきますね。

この規模でこの技術。

あのトヨタでも、VWでもできないことをやる。
やはり面白いなと思います。

今度またCX-5かなにかに試乗させてもらおうと思っています。
コメント

Audiのキーボード、こんな感じ 入札の可能性大 まだいける

2017-08-31 12:52:34 | 
Audiのキーボード、こんな感じ 入札の可能性大 まだいける

もらったAudiのキーボードはこんな感じです。


ちょっとレノボのノートパソコンキーボードの雰囲気に似ています。
質感はわりと高いです。

が、日本語が書いていないので私としては使いにくく、オークション回しに。
3000円で出していますが、昨日の夜に出して、既に以下の状況ですので、入札がある
可能性はかなり高いです。

ただ、同じものを持っている人が入札ではなく、いくらぐらいで落札されるかを確認
するためにウォッチリストに登録している場合があり(←私も他の同じ出品をウォッチ
リスト登録してます)ウォッチリスト数の増加は入札、また価格の上昇に直接つながら
ない場合も時々あります。

しかし、Audiのロゴ入りの限定品で未使用新品ですから、やはり入札がある可能性はかなり
高いです。

このオークションの統計情報
アクセス数 :55
ウォッチリストに追加された数:8

このキーボードが欲しい場合は、時間があったら、以下のページから申し込んで試乗をしてください。

メールが届きますので、それをプリントしてもっていくと、この写真のタイプか折り畳み可能
なタイプか、どちらかのキーボードがもらえると思います。確か9/3まで。

対象モデルを試乗いただいた方に、もれなくAudiロゴ入りBluetooth®キーボードをプレゼント
http://www.audi.jp/tryaudi_cpn/?_ga=2.53477736.1904346209.1504150905-293159694.1503705607

Audiの場合、そんなにきつい営業をかけられたりするということはまずないのではないかな。
わりと上級のブランドですしね。そんなにガツガツと売りに来るような車でもないので。
コメント

アウディA3 Sportback 試乗←キャンペーン

2017-08-30 17:46:41 | 
アウディのメールマガジンで、試乗するとブルートゥース接続の小型キーボード(パッドやスマホとつないで使ったりできるもの)
がもらえるというキャンペーンがあるのを知って、本日、試乗してきました。


 まあ、国道一号線など、平坦な広い道を30分程度走ってみただけですので、車の総合的な印象というのはわかりません。

 が、アウデイらしい質感の高さはやはり感じました。

 シートはそんなに硬すぎることもなく、適度にホールド感がありいいものでした。

 但し、シート調節は背もたれ、前後、高さとも手動調節で現車アクセラXDの電動に慣れているので、ちょっと違和感。
 またシートヒーターはついてなかったかな。

 1.4ターボですが、必要十分にスムーズで軽快に走ります。昔のターボ車のような踏み込むと一気に加速するという感じはなくマイルド。

 速度計、回転系等のインパネ部がすべて液晶表示になっています。スッキリとした表示で見やすく、ここにナビの画面を出すこともできます。
(左側には通常のモニターも当然あります)。地図の画像が空撮の実写画像だったのがちょっとおもしろかったです。

 で、これをもらいました。折りたたみ型とそのままの型の2種類があり、そのままの形のものをもらいました。
 アウディのロゴが入っていて質感は高いで。
 が、日本語の文字が入ってませんので、私は使えないよー(かな入力なので)。
 ということで、これ、オークションに出ているかどうか見てみると、いしつか既に出品されていて、3000円ぐらいはついてますね。
 オークションに回そうかなー。


 車の方は、今のアクセラXDは今年車検も通したし、タイヤもかえたので、まだ乗ります。
 このビッグトルクはやはり魅力で、加速感、力強さなどは今日のA3とは比較にはなりません。

 アウディは今度買うなせSUVかなとは思います。が、なにせ価格設定が高いです。だったらVWかということに実際はなるかと思います。

 でも、また何かキャンペーンがあったら乗せてもらおうと思います(^_^;)。
 おじさんになって年をくってくると、営業で連絡されたりするのはそんなに苦になりませんし。


コメント