坊主の家計簿

♪こらえちゃいけないんだ You
 思いを伝えてよ 何も始まらないからね

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「私はここにいます」

2020年12月12日 | 坊主の家計簿

病人なんっちゅうのは、だいたい性格が歪むもんであって、私もメルカリ事務局の対応が悪かっただけで「アホかボケ!退会じゃ!」とメルカリ株空売りで稼いだ5万円を慰謝料代わりにして退会しようとしたら、最後の取引相手からの評価が遅くて「アホかボケ!」と。ついでに他のも色々退会すべくSuicaを使い切る目的でいつものコンビニに行くと「現金払いとの併用は出来ません」と言われ、疑問に思いつつも何も買わずに帰宅して調べ直してみてら大丈夫だったので別のコンビニでタバコを買って「アホかボケ!二度と行くか!」と。Suicaを退会しようとしたらメンテナンス中で「アホかボケ!」と、まるでモラハラを連呼するお姫様状態だったりする。


とはいえ、こういう場合に病気のせいにするのは好きではない。まるで病気が他人事のようだ。「あの人は本当は良い人なんだけど病気が言わしているよの。許してあげて」とは一見他者理解の優しい言葉っぽく思えるが、実の所は「その人自身」を見て無かったりする。病気という縁が来て性格がより歪んでしまっただけの「その人」である。眼の前の「その人」或いは自分自身以外の何処に「本当のその人(自分」が居るのだろうか?


あるBARに名物的な嫌われ者の客が居たけど、例えばそのオッさんが「実は私、境界性人格障害でして」と言った場合に「なんや、障害者か。ほなしゃーないな」になる事も私は差別だと思う。そうではなく、単に嫌なオッさんだけど、そのオッさんはそのオッさんにしか過ぎない。人に嫌われ易い損な性格(業)を抱えたオッさんにしか過ぎない。


当然、「あの人は病気だから」「あの人は障害者だから」というのは他者理解の為の方便なのかも知れない。でも、方便は方便であり、その方便から離れた所にいる方便を使えない人は単なるイヤなヤツでしか無くなる。だから単に「あいつはイヤなヤツやけど、それがアイツや」の方が好き。


「世間では善人は居場所を与えられ悪人は奪われる」とは竹中先生の言葉。他人に好かれる性格(業)の人だけではなく、嫌われ易い損な性格(業)の人も居る。損な性格の人が他人から好かれる性格になって救かるのではなく、損な性格のまま、他の世間の価値観から居場所を奪われている存在と共に立ち上がる。

最も小さくされた存在、私は勝手に「あみちゃん」と呼んでいるが、誰の心の中にもある、世間的価値観の中で押し込まれ虐待され糞塗れの姿で手を合わせて「私はここにいます」と言っている、そんな存在を解放する為に立ち上がる。「私はここにいます」と立ち上がる。

コメント

芸風

2020年12月10日 | 坊主の家計簿

ウーマンラッシュアワーがTHE MANZAIに出て、変わらず炎上している。ウーマンラッシュアワーというか、村本は罵倒しての嫌われて芸で、変な話「嫌われてナンボ」だったりする。私はメッセンジャーあいはらという下衆な芸人のファンであり、あいはら目的でYouTubeをググっていたら売れる前の村本が別の芸人と相手を罵倒し合うのがあったりして、当然ながらそこでも村本全開であった。ただ、村本って意外とダメで「こりゃ売れるまで時間がかかったのは当然か」と思ったりもした。そんな村本からすると、今炎上しまくっているのは芸人として評価されているわけだから大喜びなんだろう。

不思議なのは、そんな炎上する事に対してアレコレ言う人の存在。政治ネタでの炎上だし、発言内容に賛同した人たちが「あの発言で炎上するなんて日本の保守化」云々と。いや、芸や芸。テレビから干されている云々もバラエティー番組での村本を観れば解るだろ。漫才師としてはパラダイスと共に優秀であってもバラエティーではポンコツだし。優秀な漫才師が優秀なバラエティー芸人になれるとは限らない。当たり前の話だ。


原発事故後にまるで世の中には被曝しか問題がないように騒いでいた人たちを私は「放射脳」と呼んでいる。面白い事に放射脳の多くは「コロナ脳」になっている。


議論というのは面白くて、Aという意見に対してBという反論が出て来た時にBが正しいとは限らない。そこから議論が始まる。議論は当然誰かとだけするものではなく、自分の中でも行うものである。Bに対してCという意見が出て来たり、あるいはAが反論したりする。

被曝の問題でも同じであって、政府などのAという意見に対して「実は真実はこうだったんですよ」というBという意見が出て来る。そして、議論が苦手な人は「え?私たち騙されていたのか?」とBにハマる。カルトと同じ構造かな?議論の基本ならばBの検証をすべきであるが、「本当はBだったんだ!みんな騙されている。眼を覚ませ!」的な全くカルトと同じ差別化を利用した優生思想になりBを検証しない。ええ、大谷派にも無茶苦茶多いパターンでんな。


議論には訓練が必要だし、議論になれていない人が多いのも確かである。徹底して疑う事は、ABの仲間と対立する事でもあり、変な話、議論よりも人間関係を重んじる生き方もあって当然イイ。大谷派だったら反被曝の人間関係の中で検証されてデマだと判明している事を鵜呑みにしてデマを撒き散らす生き方もあって良い。


芸を業と言い換えてみる。或いは業を芸と言い換えてみる。

Twitterで結構な数の人たちからブロックされているので、いい芸人さんからの情報が入って来ない。それでも東京新聞・望月記者や内田樹からはブロックされていないから、本人を含めて素晴らしい芸人さんからの情報を読む事が出来る。もう、見事なまでのブレない芸風である。

右派系は興味がないから余りフォローしてないけど、それでも例えばNIKECMに対する反応などを見ていると変わらぬ芸風だったりする。

同じように、冷徹というか議論好きというか、議論下手な人を弄る私みたいな芸風の人も居たりする。

私に突然「Aに熱狂しろ!」「Bに熱狂しろ!」というのは不可能なように、他の人たちも同じなんだろう。そんな芸風なんだろう。


因果は運命論ではない。故に「私はこういう芸風なんだ」と決め付ける必要はない。「私は日本人だから」「男だから」「僧侶だから」「引き篭りだから」に縛られる必要もない。縁によって変わるし、変えて行く事が出来る。

でも、私の目指す芸は自分や他人を差別する道からの解放であって、他人の芸風を理解する事だったりする。

南無阿弥陀佛の言葉解説を「六字釈」と言ったりするが私は竹中先生から聞いた「如来の本願は『みんなと一緒に生きたい!』という事なんですよ」という言葉を上回る言葉を自分で作れない為にそのまま私の言葉として使っているが、それが私の目指す芸である。

まあ、10年後には「念佛無間!世の中を乱す念佛者を許すな!」と言い出しているかも知れないけど、残念ながらそこまで大きな変化を出来る知力&気力が無さそうだったりする。

コメント

貧乏人が不幸だと決めつけられる世の中を資本主義というのかも知れない。

2020年12月02日 | 坊主の家計簿
今年の流行語大賞にはノミネートすらされなかったが、今は世界的な金融緩和によるコロナバブルの真っ最中であり、「コロナ格差」と呼ぶべき新たな経済格差が生まれており、これは今後も続くであろう。経済格差は以前より問題にしている人も多いが、貧困は問題であっても格差は問題ではないと私は思う。単に銭儲けが上手い人がいるだけの話である。また、貧困と言っても日本の貧困は飢えない。また別の日に書くと思うが、日本の飢えは家事能力が欠如していたり、あるいは支援の情報不足の問題。

貧乏は不幸なんだろうか?では幸福とはなんであろうか?例えば私は1万円のコートを定価で買う事よりも古着で千円で買える方に幸せを感じる。人の価値観などは千差万別であり、誰からも決めつけられる筋合いは一切ない。
また、いわゆる「カルト宗教」に対する偏見も同様であり、他人から見て「騙されている」と決めつける資格は一切ない。史実の釈尊は「念佛申せ」などとは言っていない。違う信仰を持った人からすると、あるいは学者からすると「間違った教え」であろうとも、そんな事は「大きな御世話」にしか過ぎない。

仏教には「鬼神」という概念がある。辞書的な意味はスルーして、私は「権威」と抑えている。世間的価値観である。資本主義の世の中で生まれ育つと「経済的に豊かな生活をしたい」と思ってしまう。これも鬼神である。「貧乏だから不幸」と思うのは鬼神に仕える奴隷の価値観である。病気になったら不幸、障害者になったら不幸も同じく奴隷の価値観である。
当然というか、私もその奴隷の一人である。故に「不幸や」と思う事が多々ある。でも、それが私という存在を否定する煩悩である事も知っている。

「個」である。鬼神に仕える事を良しとするのではなく、個に還る。存在の事実に還る。今を粗末にしない。自分を粗末にしない。奴隷の生き方から個としての生き方を目指す。

臨床という概念が最近気になっている。頭デッカチな机上の論理、学校で習ったような事ではなく、現場に立ち、その人に向きあう。向き合ったその人を自分の価値観で縛り付ける事は愚かである。「これが正しい」なんて全く通用しない。そんな論理を「臨床」と呼ぶのだろう。そして、今までの自分の価値観を捨てる事、平座、平等に還り変わり続ける働きを「念佛」と呼ぶのだろう。

「私は病人で貧乏人だけど決して不幸ではない!」当たり前の事である。世の中と言っても一人一人の価値観の集合体にしか過ぎない。私が変わる事で世の中が変わる。
コメント

民衆自治

2020年11月23日 | 坊主の家計簿
大阪は一向一揆の街であり、民衆自治の土徳がある。故にコロナ感染者数トップを維新の功績にする連中を見ると「うわ!奴隷や!」としか思わん。恐らく奴隷根性が染み込んでいて「個」を無視した発想しか出来ないのであろう。

我が大阪のトップは明日にはまた東京に抜かれるかも知れないが、民衆自治の力でコロナでの死者率は全国平均値より高くなったとしても自殺率やその他の病気で「あれ?大阪ってトータルでみたら死亡率低くねぇ?」になればエエだけの話。ストレスでの体調不良や発ガンは今年や来年だけの話ではない。
コメント

ええかげん

2020年11月23日 | 坊主の家計簿

我が大阪が東京を抜いて全国トップ!(コロナ感染者)いや〜長かった。関ヶ原から400年以上の屈辱が晴らされた記念すべき日やね。

という話は置いといて、大阪人は「ええかげん」っちゅう特徴があって、え〜と「コロナ飽きた」というのが正直な感想でんな。その分、10月の自殺者数は全国平均約40%増の中で106→116に増えただけであり、9月は昨年より少なかったりする。ストレスでも人間、病気になるし、死にまんねんで。知っとるけ?

コメント

死にたくなったら

2020年11月22日 | 坊主の家計簿

死にたくなった理由が経済的な問題だった場合は、税金使って友達と花見していた自民などの歴代政権与党や、ホテルニューオータニでは一切の割引がないと叫んでいた無能な立憲民主や、ストレスでは人間は死なないと思っているサイコパスな共産の議員たちも、税金で生活しているという事を思い出して生活保護を申請すれば良い。


また、死にたくなった理由が自信を無くしたのならば、住民投票という市民の権利を「税金の無駄遣い」という低脳で傲慢な連中でも平気な顔して生きている事を思い出せば良い。

コメント

私の時間

2020年09月23日 | 坊主の家計簿
竹中先生は口癖のように「世間では」と言っていた。そして、その後に「しかし仏法では」と続く。

昨日、気張って外出したせいか、今日はスペシャル・ヘナヘナモード。さっきようやく自販機にコーラを買いに行っただけ。まあ、毎度の事だし「ま、いっか」と。

Facebookのコメ欄で訓覇信雄の話が少し出た。「真宗同朋会運動は純粋なる信仰運動である」とは、確か訓覇信雄の言葉。でも、それも世間の事。聞法会も世間の事。報恩講も世間の事。
仏法って、話でも物語でもない。私が生きている事。

今年は報恩講を自粛する所もあるのだろうか?でも、それは世間としての報恩講であって、報恩講って、そんな安っぽいものじゃないと思う。中止になったならば、コロナ禍での私の報恩講をすれば良いだけである。別に読経が必要でも、法話が必要でもない。教えに出会う事が報恩講。

昨日、近くの商店街で山本太郎を見た。自転車に乗ってゆっくり走っていたら前から派手な色をした数人が歩いていた。「山本太郎」という旗を持っていたけど、誰も近寄って行かなかったし、まさか本人だと思わなかったら、まさかの本人だった。意外と小さいのね。何を訴えていたのか知らないけど、目があったから、政治家らしく向こうが会釈をした。
一応、政治家になる前は年収1000万程度は稼いでいたであろう中堅の脇役俳優。恐らく当時だったら、関西が地元だという事もあって、「ファンなんです。握手して下さい」だったり、スマホで写真を撮られていたかも知れない。でも、私が見ていた間では誰も相手にして居なかった。色々と失敗が続いている事もあって、小さく見えたのかも知れない。でも、そんな事は本人にとってはどうでも良いのだろう。それこそ「世間では」という事なんだろう。彼が選んだ道を彼が歩いているだけ。

部屋から出ないと、私の部屋に詳しくなる。それは誰も評価してくれないだろう。部屋にあるアクリルのシーツがチクチクする事を、私はよく知っていて、多くを経験している。送風になっているエアコンが段々とタバコ臭くなっている事を私は良く知っている。私の頭が血が出そうなくらいに痛い事も私は良く知っている。私は私という時間を多く過ごしている。
そして、それが「嫌だ」と感じる事も数多く経験した。その経験は誰にも認められる事はない、ただ、私は他の誰よりもその事を経験している。

世間では、世間的価値がある人が人気がある。当たり前の話である。今の山本太郎は人気が無くなったのかも知れない。
私も、数多くのマスコミに取り上げられた事もある。アメリカのTIMEという雑誌にも名前が載った事がある。でも今は人気がない所か、部屋から出れずにいたりする。でも、仏法では、当たり前ながら対等である。

竹中先生は、私たち専修学院生に対して、卒業して先輩たちから難しい話をされて「そんな事も知らんのか?」などとバカにされた時には「それがどうした?』というと良いですよ」などと言っていた。それが「世間では」と「仏法では」という事。

今日も一日、私は私の時間を過ごした。それは世間では虚しく映るのかも知れない。私も充実した人を見たりすると「いいなぁ〜」と思ったりする。でも、それは煩悩。「思う心はみな自力」なんぞと言った人が居たが、自力から離れる事なんぞ出来っこないから煩悩が出て来る。愚痴が出て来る。愚痴、煩悩に流されずに、それは世間の事であり、「私は仏法に生きるのだ。南無阿弥陀佛するものだ」と。誰から見離されても、見捨てられても、仏法だけは確かに私に生きている。仏法は、ここに存在する。
コメント

子どもは危険

2020年08月17日 | 坊主の家計簿
調子が良く身体が動くと共に感受性も動いて来た。
さっきスーパーの店内で3才ぐらいの子が「これ食べたい」とダダを捏ねているのを見て、精神的にクソ滅入る。頭も痛くなって、とりあえず次の診察日には薬を強くして貰う決意をする。
とはいえ、今日をなんとかしないといけないし、酒も呑めない。故に、どっちが身体に悪いのか知らんけど、クソ甘いココアをガブ飲みしつつ、甘いものを沢山食べてます。
コメント

今日書いた事

2020年07月26日 | 坊主の家計簿
「困った人ではなく、困っている人」という言葉を最近ネットで見た。元知的障がい者施設職員としては当たり前の話。

ふと、植松氏が私受持の利用者だと想像する。彼を「困った人」というのならば、私は施設職員として失格だ。
コメント

四年前に書いた事

2020年07月26日 | 坊主の家計簿


 この写真は知的障がい者施設で働く私の腕である。以前も書いたが私の腕は比較的綺麗な方であって、例えば4月から来た新人さんの腕は私の十倍以上の引っ掻き傷がある。
 なぜこの様な傷が出来るかというと、一番最近出来た傷は突然引っ掻かれたが、一番多いパターンは、暴れ出した利用者さんが他の利用者さんに振るう暴力の盾になるから。言葉や促しや、手を引っ張ったりしてよそに行ってくれる人はイイのだが、向かって来る利用者さんが居たり、全く動こうとしない利用者さんが居た場合は盾になって利用者さんを暴力から守らないといけない。
 暴れる利用者さんを抑え込む事を「身体拘束」というが、この身体拘束は基本、「やってはいけない事」になっている。言い方を変えると、簡単にしてはいけない事である。「あ、暴れたな。身体拘束ね。」は虐待に繋がる。身体拘束の中には居室に閉じ込めるという事も入る。障がい者虐待防止法では緊急時の場合は許されるらしいが、まあ、ほぼ、全ての施設で隔離は行っていないのではないかと思われる。それよりも、「盾になれ」と。
 昔、知的障がい者は座敷牢に閉じ込められていた。その事によって他人への暴力は阻止出来る。「でも、それって人間としてオカシイやん。」からの流れで今の施設があるわけであって、故に全国各地の知的障がい者施設で働く人たちの多くは盾になって利用者さんからの暴力を日々当然の事として受けている。ある意味、金銭を受け取っているが故に人権がないのが私の様な末端の施設職員である。

 今日起った悲惨な事件の施設も私が働く施設と同じく最重度の知的障がい者を受け入れているらしい。故に、容疑者の彼も恐らく毎日の様に叩かれ引っ掻かれ噛み付かれ等の暴力を受けていただろう。

 施設職員と利用者さんとの間には、当然、人間と人間なので相性がある。例えば、今日もある先輩がトイレ誘導しても小便が出なかったが、直後に私がトイレ誘導すると出る。そんなもんだ。先輩後輩関係なく。
容疑者の彼はどうだったのだろうか?養護学校の教員を目指していたという情報もある事から察するに当初は熱い気持ちで施設職員になったのではないのだろうか?だが、利用者さんとの関係が思い通りに行かなくて苦しんでいたのではないだろうか?そして、その分だけ散々暴力を受けたのではないだろうか?そういう日々のストレスの積み重ねが、彼を容疑者にしてしまってのではないだろうか?

 彼が衆議院議長に送った手紙の中に「施設で働いている職員の生気の欠けた瞳」とあるが、それは彼自身の事ではないのか?
 彼の手紙の中には施設に居た利用者さんや保護者への愛も感じられる。ただ、その愛の形が利用者さんや保護者にとっては「大きな迷惑」以外の何物でもなかった。

 オウム真理教のテロ事件も彼らの宗教観の中では慈悲の行動であった。ただ、被害者にとっては大きなお世話の大迷惑でしかなかった。
 安楽死なんかとんでもない。だが、彼を追い詰めた恐らく大きな要因である最重度の知的障がい者施設で安月給で働く労働者が毎日どれ程の暴力を利用者さんの人権を護る為に受けているのか?彼を一方的な「悪魔」とし、死刑という安楽死をされるのではなく、彼の苦しみの一端でも理解しようとするべきではないのだろうか?

 今日の仕事は9時45分からだった。8時30分から始まる朝の引継ぎには当然出る事が出来なかったが、引継ぎでもその話題で持ちきりだったそうだ。私みたいな一年に満たない新米職員でも同じ現場、かつ、元とはいえ同じ施設職員が起こしたであろう大量殺人であるが故に大きな衝撃を受けている。上司になればなる程、職員教育の事も含めて大きな衝撃を受けているだろう。

 だが、これだけ大きな事件にも関わらず、この事件はすぐに忘れさられそうな気がする。
 名前も顔写真も出ない(出せない)犠牲者。顔を見る事、名前を見る事によって感情移入出来る部分が多々あり、性別と年齢という記号でしか出て来ない。19人という記号でしか出て来ない。まあ、これは今後ジャーナリストが名前や写真は親族がイヤがるプライバシーの侵害に当たるとしても、個別にどういう人であったのか?が出て来るだろう。ただ、それを読むのは、少数か。非常に残念だが、殺された被害者は「施設内」の人であったが故に、「私たちとは違う」という意識もどこかであるだろう。それは、殺人事件を起して「施設内」で殺される(死刑)人たちに対する意識とリンクする。

 明日は早番で7時出勤。一番の暴れん坊は切れ痔で御機嫌ナナメで、明日も多分暴れるのだろう。そして、多分、叩かれるのだろう。
 障がい者は、社会的に問題になるが故にただ単なる「個性」とは呼ばれずに「障がい者」と呼ばれ、その中でも家族も含めた地域社会だけでは面倒が見切れないような「厄介者(あえて)」であるが故に施設に入り、そして、私の生活が成り立っている。私の生活にとっての大切な、顔の見える「お陰様」である。
 だが、正直、一番の暴れん坊が帰省して居ない日の仕事は、もう、それだけで仕事の疲れが半分になる。当然他にも「迷惑(あえて)」な利用者さんが多くいるが、彼が居ないだけで、本当、楽になる。でも、それって、ある意味、その利用者さんの安楽死を願っているわけだ。

 南無阿弥陀仏。

 容疑者の彼のツイッター、2015年6月9日のツイートに「尊敬する人、阿弥陀如来君」とある。
 私は容疑者の彼が起こした事件によって、自分の支援の在り方、心持の在り方を慚愧する。お陰様を踏み躙るような私でしかない。それが故に、明日からの支援の力になる。正直、馴れてしまって雑になっている部分も多々ある。が、「んじゃ、共に生きるって何よ。縁起って、何よ」と。ごめんなさい、と。

 容疑者の彼はこれから恐らく一生涯隔離される。隔離されている中で、彼から「ごめんなさい」と聞けるのだろうか?いや、それは彼の人権を蹂躙している。今も彼の心の奥底では悲鳴を上げているのだろう。
コメント