ぶちぶちワンコの日記

ダルメシアンと暮らすOLの徒然なる日記

【サンマロ旅行記 17】リスの朝市 

2019-12-30 16:01:28 | 旅行(サンマロ2019)
荷物を預かってもらう為、ホテルへ。
安全であれば質は問わないので、駅近のホテルをとのリクエストで紹介してもらったイビス レンヌ サントル ガール シュド
世界各地に有るエコノミーホテルのイビスです。
大昔にツアーでは何回か泊まったことが有り、安かろう悪かろうなイメージでしたが、リノベーションされているからか、結構オシャレな雰囲気になっており、イメージが好転。
まあムダなサービス・設備は無しと徹底した感じでしたが、寝るだけなら特に問題もないですね。
何より、ホントに駅のほぼ隣で、スーツケースゴロゴロでも全く問題無し。
グーグルマップでは駅の工事の為、迂回ルートになっていたので心配していましたが、南口が通れるようになっていたので、雨でも大丈夫な近さでした。

ということで、チェックインまで荷物を預かってもらい、とりあえず朝市に。
できればトイレがロビーに有れば・・・ですが無かったので、駅のトイレへ。
新しいだけにキレイでパウダーブースも有りましたが、トイレの入り口にレジとお姉さん。
使用料1€なり。
最近、あまり遭遇しなかったので、もう無くなったのかなぁと思っておりましたが油断大敵ですね。
お金が無いとトイレにも行けない。
ティーンエイジャーの男の子が手持ちのお金が足りなかったようですが、事が事だけにまけてあげるとか、目をつぶってくれるかと思いきや、にべもなく追い返されておりました・・・

そして古き習慣は他の所でも・・・
メトロの切符の券売機、駅も近代的に新しく、機械も新しそうなのですが、”未だにコインでしか買えないっ!”
1日券2枚なので、そこそこの金額になり、コインにしたら結構な量なんですけど。
有人の切符売り場が無いか探しましたが、こういうところは近代的にナッシング。

仕方が無いので、キオスクで低価格商品買って不足分を作りましたわ・・・
で、券売機に戻ってくると、どう見てもフランス人の高齢夫婦が券売機を前に使い方が分からず固まっていらっしゃいました。
ええ、分かりませんよね、タッチパネルのように見せかけて実は横のダイヤルをグリグリ回して選択するという訳の分からない機械ですもの。
新しいんだか、古いんだか。

きっといつも有人窓口で買われていたのでしょうが、無さそうなのでここに来られたのでしょう。
ということで、初めて訪れた町、初めて触る券売機の使い方を外国人がフランス人に教えるという状況に。
機械化もいいけどさぁ、人件費削減もいいけどさぁ、世界的に高齢化しているし、完全無人化だとやっぱり困ることも出てくるよね、と考えさせられました。

で、ここの地下鉄は改札も無し。
一応入口にピッとやるポールが立っているので、初乗りの時だけピッとやっときましたが、コレも混んでいたりしたら気づかずに通り過ぎちゃう人もいるんじゃないでしょうかねぇ。

レピュブリック広場

昨日までのほほーんと地方で過ごしていたので、都会の人並に焦る(笑)
昨日までとは違い、大型ショッピングセンターも百貨店もユニクロも有ります。
ここだったら上から下まで買い揃えられただろうに。

歩くこと数分、迷うことなく朝市に到着。








規模が大きい事で有名なだけ有って、結構な広さでしたが、大賑わいで超満員。
お肉や魚、乳製品、パンなどは屋内に




あと、軽食の屋台も結構な数が有って、熱々の美味しい様々な料理がテイクアウトでき、なんだかお祭りのようでした。
そして、レンヌに来たからには、レンヌ屋台名物”ガレット・ソシス”を食べたいと思っていたので、その屋台に。
名前の通り、ソーセージをガレットで巻いたファーストフード的なもの。
食べるのに必死で、写真撮り忘れたので、どんなものかはこちらをどうぞ⇒ガレット・ソシス

食べ歩きにピッタリの形状で期待以上に満足のお味でした。



にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【サンマロ旅行記 16】サンマ... | トップ | 【サンマロ旅行記 18】 レン... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行(サンマロ2019)」カテゴリの最新記事