50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

日本に帰国しました!

2019-03-28 23:20:07 | 日本に帰国
いつものように、日本に帰る前は、いろいろと、ナーバスになることが多いです。
長時間の飛行機、腰痛にならないか?とか、タービュランスがあったら、どうしよう?とか。
3時間前にヒースロー空港に着くように早めに家を出たというのに、空港の近くになって、渋滞!!(~_~;)
でもって、去年も、こうだったか?
最近は、昔みたいに、空港のカウンターに行って手続きするのではなくて、自分で、チケットとパスポートをかざして、スキャンして、手続きするのだ。
ボーディングパスは、薄いレシートのような紙きれ!(;´Д`)
厚い切符ではないのだ。

なんか、それだけでも、失くしそうな気がして怖い!
早速、レシートのようなチケットを、パスポートに、はさんで、これから、セキュリティやら、いろんなところを通り抜けるたびに、パスポートとともに見せないといけない為に準備した。

勿論、透明なバッグに、あらかじめ液体類、クリームや医薬品に至るまで、詰めた。
セキュリティを通る時に見せられるように。
これが、また面倒くさいことで!!

まったく!数年前のテロリストの事件のために、世界中の人々が、このような面倒くさいことをしないといけない羽目に陥った。

セキュリティは、大混雑で、通り抜けるのに30分は、かかった。
そして、ゲートまで、速足で歩いて15分。
イギリス人は、歩くのが速い!!(;・∀・)
2時間半前に着いたのに、飛行機の時間には、ぎりぎりだった!!

イギリスを発つ前の日、最後の日曜日は、犬のボランティアのお散歩にも行った。
飼い主のフィリスさんは、ずっと、寝込んでいた。

だけど、この日は素晴らしいお天気で、丘に登った。
美しい風景と、たくさんの犬連れの人々と会った。
そのたびに、フレンドリーな言葉を交わし合った。

飛行機は、乗ってから1時間たつというのに、なかなか離陸しなかった。
次の乗り換えのエアポートでは、1時間の待ち時間しかない!
乗り継ぎ(トランジット)に間に合うだろうか? 不安がよぎる。

よく利用する航空機だが、食事の質は落ちていた。
安くするためだろうか?
まあ、食事は、どうでもいいけど。少しでも眠れたらいいのだけど。

何とか、少し眠ることもできて、身体は、少し楽だった。
だけど、イギリスを発つ前の、2、3日前から、酷いアトピーが出てきていた。
顔と、手に!
みっともないなあ!人と会う予定もあるのに。
薬は持ってきたけど、そう簡単には治らない。

着いた日は夜だったので、空港近くのホテルに滞在。
快適だった!シングルで予約したのに、ダブルの部屋が用意されていた。

家に着いたら、管理している業者の人が、きちんと玄関まわりを掃除してくれていて、そして、なんと、可愛らしい花束が、瓶にさしてあった。
そして。「おかえりなさい!長旅、お疲れさまでした!」と書かれたメモも添えられていた。
何と嬉しいこと!嬉しくて、飛び上がってしまった。
今や、日本に帰っても、誰も待っていてくれる人はいない。
「おかえり」と言ってくれる母は、2012年に亡くなった。

その素敵は花は、早速、仏壇に供えさせてもらった。
仏壇に供える花さえ買う暇がなかったから。

ラジオをつけると、沖縄風の曲がかかっていた。

「時を超え」HY という曲。最初、TheBoomかなと思ったけど、ちがっていた。

https://www.youtube.com/watch?v=WE2Bci6ALOg

日本に帰ってきたという感じがした。
そして、気持ちよく開けられた雨戸と、カーテンが、明るく家の中を照らしていた。

「有難う」思わず、そうつぶやいた。

あの犬虐待の家の前を通ると、相変わらず、短い鎖で、今度は、ミニチュアプードルが繋がれていた。
犬を見ると、悲しそうな目をして、私に訴えてきていた。

可哀想に。ああ、私が、こんな犬を飼ってあげることが出来たら。。。
犬は、汚らしく、手入れもされていないようで、汚れていた。
その家自体、ごみ屋敷みたいだけど。
近所の人によると、どうも、問題のある人らしいから、関わらない方がいいと言われた。

さて、今日は、大事な用事を済ませた。これで、少し肩の荷が下りた。
明日からも、忙しい日々が当分続くだろう。


にほんブログ村




コメント   この記事についてブログを書く
« ペニーの飼い主さんが退院し... | トップ | 今度は、別の奇妙な現象が!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本に帰国」カテゴリの最新記事