50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

いつまで、ここで生活できるかな?居場所のなさに不安が募る。

2020-01-31 21:04:12 | 日記

いろいろな人のブログを読んでると、世の中、結婚生活が破綻してる人でも、上手に自分を抑えて
生活していると思う。
えらいなあ~と、感心してしまう。
しかし、このところ、夫は、前にも増して、切れやすくなってるように思う。
年取って、頑固じいさんになって来たからか?
昨日も、学校の仕事でストレスをためて帰って来た。
夫の愚痴を聞いていた。
今の学校の生徒も相当、酷い生徒がいるようだ。
良い生徒、普通の生徒が大半だそうだけど、とんでもなく悪いガキがいるものだ。
驚いたことに同僚の女性の教師に暴力を働いて怪我をさせた生徒もいるらしい。
そして、そんな生徒も法律によって守られていて、先生の権限は全くないらしい。
先生が生徒の暴力を止めようとしても、反対に、セクシャルハラスメントということで、訴えられるらしい。
そして、一度、そういう汚点がついてしまうと、Supply Teacherは、仕事を失ってしまう。

家に帰ってきて愚痴を聞いたりしてるが、夫の最近の行動は、異常なくらい、オンラインゲームにハマってる。
チェスのオンラインゲームで、小さな自室に籠って海外の人達とチェスをしているらしい。
食事の準備ができたとドアをノックするだけで、罵られる。

そして、挙句の果ては、「飯はいらない!一人で食べろ!永遠にな!」という言葉まで投げかけるのだ。
本当にため息が出る。
そして、いままでなら、一晩寝たら、こういうことを忘れてまた、仲直りするのだが、一切、口をきかなくなった。
老後のことを考えると、不安になる日々。
こんな夫と一緒に、この狭いフラットで、今後、一緒に生活していけるだろうか?

今は、仕事があるので、ここを離れるわけにはいかない。
日本に帰っても仕事がないだろうし、終の棲み処も、まだ見通しが立ってない。
去年、この家のローンのデポジットを、私もかなりの金額を出したので、貯金がなくなり、中古のマンションを買う費用もない。
まして、老後の生活のことを考えると、限りなく不安になる。

私は、若い時、シングルマザーだったし、良い仕事に就けてなかったので、年金を減免申請していた。だから、年金も殆どないに等しい。
普通に、40年間、年金を払ってきた人でも、今は国民年金なら、わずかな金額しかもらえない。
そして、多分、将来的には、生活保護をもらおうと思っても、申請する人が多すぎて、もらえない可能性が高いだろう。

あと、心配なのは、地震や、自然災害だ。地球環境が破壊されてきて、今後、どうなるのだろう?
ついつい、ネガティブなことばかり、考えてしまう。
今日も雨。オーストラリアでは、日本の本土の半分にあたる土地が、森林火災にあったというし、自然災害は、ますます深刻化してると思う。

まあ、とりあえずは、2月15日のコンサートに向けて、そして、生徒のExamに向けて、心を集中させなければ、と思う。
夫婦の関係が良かったら、こんなネガティブな気持ちにならないかもしれない。
今や、この国にいても、日本に帰っても、私のことを思ってくれる家族がいないかと思うと淋しい。






にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« マスクの効用? | トップ | 久々にコロッケを作りました。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事