ギャラリー酔いどれ

売れない絵描きの世迷い言&作品紹介

花のたよりⅤ

2015-03-31 11:11:15 | Weblog
 画は 川瀬 巴水(かわせ はすい)

 1883年(明治16年)~ 1957年(昭和32年)

 大正・昭和期の版画家、「昭和の広重」などと呼ばれる。      作


  「錦帯橋乃春宵」です。


☆曇、上野の櫻、はや満開のようでw

連日ですが、いい記事です、

◆http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/netuzouhoudoudesensounokataboukatugu.html
長周新聞  2015年3月27日付


   捏造報道で戦争の片棒担ぐ

     日米開戦時の大新聞の犯罪

     今は米国発の大本営発表


戦後70年を迎えるなかで、憲法解釈変更、安保法制の改定など
安倍政府による戦時体制づくりが着着と進められている。

かつての戦争で320万人の親兄弟を無残に殺され、焦土のなかから
二度と戦争をくり返させぬことを誓って郷土を復興してきた国民にとって
看過できない事態を迎えている。

だが、それを正面から批判するメディアは見当たらない

戦後、あの戦争を「愚かで無謀な戦争」といい、
「軍部の横暴によって言論を弾圧された」というものが、

今度はアメリカの鉄砲玉となって日本が戦争に突っ込むという
愚かさや無謀さを問題にしないのである


大本営発表をくり返して国民を戦争に動員した反省などどこ吹く風で、
アメリカの戦争協力者になっている姿が暴露されている。

前回、日中戦争に突入する過程で大手新聞が何をしたか特集したのに続いて、
今回は日中戦争から太平洋戦争へと至る過程で
報道機関はどう振る舞ったのか見てみた。

満州事変に始まった日中戦争が行きづまるなかで、1941年12月8日、
日本の支配層は真珠湾攻撃へと踏み切った。

日中戦争に動員された100万人もの日本軍の主力は
抗日戦争の高まりのなかで中国に釘付けになり、
すでに戦死者は18万5000人を数え、
中国の植民地化という野望を実現する見込みは完全に断ち切られていた。

一方、日本への経済制裁を強めながら
対日参戦の機会をうかがっていたアメリカは
日本に最初の一発を撃たせる
(スティムソン米陸軍長官)ことによって、
日本との植民地争奪戦に乗り出す口実を得ることになった


「帝国陸海軍は今8日未明、西太平洋において米英軍と戦闘状態に入れり」。

1941(昭和16)年12月8日午前6時、ラジオから流れた大本営発表第1号は
太平洋戦争の開戦を告げた。以降、
破滅的な敗戦を迎えるまでに合計846回くり返され、国民を戦争に組織していった。

大本営発表に代表される政府中枢と報道機関が一体となった言論統制は、
太平洋戦争に突入すると満州事変の時期とは比較にならないほど徹底したものとなった。

負けることはわかりきった戦争に政府も報道機関も口を揃えて
「鬼畜米英を殺せ」と叫び、反論するものには血なまぐさい弾圧を加えた。

実際に殺されたのは国民の側であり、邦人保護を叫んで突っ込んだ日中戦争、
そしてその後の太平洋戦争で320万人の命が失われた。

とくに敗戦までの1年間で死者は著しく増大することになった

開戦翌日の『東京朝日』には昭和天皇の「宣戦ノ大詔」が掲載され、
社説帝国の対米英宣戦では、
「いま宣戦の大詔を拝し、恐やく感激に堪えざるとともに、
粛然として満身の血のふるえるを禁じ得ないのである。
一億同胞、戦線に立つものも、銃後を守るものも、一身一命を捧げて、
決死報国の大義に殉じ、もって宸襟(天皇の心)を安んじ奉るとともに、
光輝ある歴史の前に恥じることなきを期さねばならない」
とし、
天皇のもとに国民に総力戦を訴えた。

全身全霊で対米戦に備えよという扇動的な言葉が紙面全体を覆った

言論統制から検閲に至るすべての実権を持つ内閣情報局
全報道機関に「気象管制」に入ることを命じ、
天気予報をはじめとするいっさいの日常報道が中止された。

このとき情報局は「記事差し止め事項」を発し、「一般世論の指導方針」として、

 ①今回の対英米戦は帝国の生存と権威の確保のため、
  まことにやむをえず起ち上った戦争であることを強調すること。

 ②敵国の利己的世界制覇の野望が戦争勃発の真因であるというように立論すること。

 ③世界新秩序は「八紘一宇」の理想に立ち、その目的とするゆえんを強調すること


を全報道や出版関係者に通達した。

また、「具体的指導方針」としては、

 ①わが国にとって戦況が好転することはもちろん、
  戦略的にも、わが国は絶対優位にあることを鼓吹すること。

 ②国力なかんずくわが経済力に対する国民の自信を強めるよう立論すること。

 ③敵国の政治経済的ならびに軍事的弱点の暴露に努め、
  これを宣伝して彼らの自信を弱め、
  第三国よりの信頼を失わしめるよう努力を集中すること。

 ④ことに国民の中に英米に対する敵愾心を執拗に植えつけること。
  同時に英米への国民の依存心を徹底的に払拭するよう努力すること


などとした。

さらに、「厳重に警戒すべき事項として」、

 ①戦争に対する真意を曲解し、帝国の公明な態度を誹諾する言説。

 ②開戦の経緯を曲解して、政府および統帥府の措置を誹謗する言説。

 ③開戦にさいし、独伊の援助を期待したとなす言説。

 ④政府、軍部との間に意見の対立があったとなす論調。

 ⑤国民は政府の指示に対して服従せず、国論においても不統一あるかのごとき言説。

 ⑥中満その他外地関係に不安動揺ありたりとなす論調。

 ⑦国民の間に反戦、厭戦気運を助長せしむるごとき論調に対しては、
  一段の注意を必要とする。

 ⑧反軍的思想を助長させる傾向ある論調。

 ⑨和平気運を助長し、国民の士気を沮喪せしむるごとき論調
  (対英米妥協、戦争中止を示唆する論調は、当局の最も忌み嫌うところである)。

 ⑩銃後治安を撹乱しむるごとき論調一切、とし反政府的反戦的な論調を禁じた。


日中戦争以上の統制 敗戦必至の戦争に導く

日中戦争下とは比較にならないほど厳重な言論統制がおこなわれた背景には、
日中戦争の敗北を覆い隠し、物量的にも比較にならない米英軍を相手にして
負けることがわかっている戦争に突入したからにほかならない。

大新聞は大本営報道部の職員の指示を受けながら一体となって紙面を作成していった。

転機となった1942(昭和17)年6月のミッドウェー海戦では、
赤城、加賀、蒼龍、飛龍という主力空母が失われる大敗北となったが、
大本営は「米空母2隻撃沈、わが2空母、1巡艦に損害」と発表。

新聞もそれに準じ、「米航空母艦エンタープライズ型一隻、ホーネット型一隻撃沈、
撃墜せる飛行機約百二十機、重要軍事施設爆砕」と
ありもしない「大戦果」をねつ造した。

完全に主導権を失った日本軍は、翌1943(昭和18)年に入ると、
日本軍最南端の基地があったガダルカナル戦で大敗

大本営は、2月1日の日本軍撤退開始にさいしても敗北を覆い隠すため
「転進」と発表した。
現実には武器も食料も送られず約2万人の兵士が餓死していた

1944年(昭和19年6月)のマリアナ沖海戦以降になると、
ありもしない戦果に損害のひた隠しが加わる。
なかでも台湾沖航空戦、ルソン島戦、比島沖海戦、マリアナ沖海戦、九州沖海戦、
ギルバート航空戦、ソロモン海戦、ブーゲンビル島沖海戦、レンネル島、
そして沖縄戦まで続いた敗戦に次ぐ敗戦は、
いずれも 被害は過小に 戦果は過大に 報道された。

レイテ沖海戦では、大本営は「台湾を目指している米艦隊を攻撃して、
米空母四隻の撃沈を含む大戦果をあげた」とし、
「戦果」は敵空母19隻、戦艦2隻、巡洋艦3隻、駆逐艦1隻を撃沈、
空母8隻、戦艦2隻、巡洋艦4隻、その他14隻を撃破、敵機120機を撃墜とし、
これに対し「我が方の損害は航空機312機のみ」とした。

だが実際には、米軍側の損害は巡洋艦2隻の大破だけで、
日本軍は空母4隻、戦艦3隻、重巡洋艦6隻、軽巡洋艦4隻、
駆逐艦11隻、潜水艦5隻の計33隻を失う大敗北であった。

戦争の全期間を通じ、「戦果」は誇大に見積もられ、戦艦、巡洋艦は10・3倍、
空母6・5倍、戦闘艦艇では5・3倍、補助艦艇では約6倍、飛行機約7倍、
輸送船は約8倍も水増しして発表されていた。

終戦の年に入ると米軍による日本全土への空襲が始まったが、
この空襲については「国民の士気を損ねる」としてまともな報道はされなかった。

敵襲時ニ於ケル報道措置要領(大本営陸海軍部、情報局協定、昭和17年)では、

 1、被害地点明示、町村以下の地名。
 2、人畜の被害状況、死傷者数。
 3、家屋の他、建造物の被害状況。被害戸数、建造物の名称。
 4、電信、電話施設の被害状況、地点。
 5、鉄道、軌道の被害状況。
 6、道路、橋梁、港湾の被害状況は

いっさい報道不可としている。

それにより、すべて「市街家屋に多少の火災発生せるも市民の敢闘によって
未明までに概ね鎮火せり」
と当局の紋切り型の発表となり、
日付さえ変えれば、どこの空襲にも通用するワンパターン報道となった。

このほか、食料品、生活必需品の不足は書いてはダメ、天気予報はもとより、
気圧、風向、風速、雲形、潮の干満を伝えることも禁じられ、
コウモリガサ一本さしている写真さえ掲載は控えられた


昭和19年から始まった学徒出陣は、「征くも送るも決意新たにの見出しに
胸も潰れるような感激」(『朝日』)と報じ
女子挺身隊は乙女につづけ」 「ここにも女の戦場」 「勤労生活にひらく新生命」(同)
と美化され、若者を死地に赴かせた政策は最大限に称賛された


連合軍が提示したポツダム宣言に対しては、

帝国政府としては米、英、重慶三国の共同声明に関しては何ら重大な価値あるものに非ず
としてこれを黙殺すると共に、断乎戦争完遂に邁進するのみとの決意を更に固めている


として国民には徹底抗戦を主張した


8月6日に広島、9日に長崎に原子爆弾を投下されることで、
天皇は敗戦の口実を得ることになる。


国民に一億総ざんげ 敗戦になれば被害者面

そして、戦後、『朝日新聞』は、
「言論機関の責任は極めて重いものがあるといわねばなるまい」といいながら、
「(敗戦の責任は)決して特定の人人に帰すべきでなく、
1億国民の偕(とも)に負うべきものであらねばならぬ」(8月23日付社説)と主張。

東久邇宮首相が「一億総懺悔論」を発してその責任を全国民に押しつけると同時に、
朝日は「国民とともに起たん」とする社告で、
「開戦より戦時中を通じ、幾多の制約があったとはいえ、
真実の報道、厳正なる批判の重責を十分に果たし得ず、
またこの制約打破に微力、ついに敗戦にいたり、
国民をして事態の進展に無知なるまま今日の窮境に陥らしめた罪を天下に謝せん」とのべた。

散々戦争に協力してきた者が被害者面をして戦後出発したのである。

読売新聞の正力松太郎、朝日新聞の緒方竹虎など大本営発表に加担していた張本人たちが、
戦後はCIAのエージェントとして言論界、政界で幅を利かし、
今度はアメリカに隷属しながら対日占領の協力者となり
今日の大新聞にその遺伝子は脈々と引き継がれている


現在、安倍政府が戦争の反省を覆して戦時法制の改定を急ぐなかで、
NHK会長が「政府が右といえば左とはいえない」
「正式に政府のスタンスというのがよくまだ見えないうちは慎重に報道する」
とのべて物議を醸している。

報道機関が権力の監視という任務を投げ捨てて提灯持ちになり、
再び大本営発表をくり返すことを何ら悪びれていない


安倍ブレーンが送り込まれたNHKに限らず、どの報道機関もおしなべて口をつむり、
選挙になると期間中から自民党圧勝!と書き立てて低投票率を仕組んだり
悪質極まりない報道をくり返している


「郵政劇場」しかりである。

大本営発表が米国発になっただけで、
ジャーナリズム精神など早くから喪失している
ことを暴露している。




巴水、二枚目、



「春雨 護国寺」です。



いやはや、凄まじいですな、

◆http://ameblo.jp/64152966/entry-12007410790.html
wantonのブログ  2015-03-29
ドイツ機が仏アルプス上空で爆破されたのは、
 ドイツとフランスに対する警告、若しくは報復か!?



より抜粋、

当該ドイツ機では、離陸から30分しか経っていない。

墜落すれば、すさまじい火災が発生するはず。燃料満載のはず


エンジンの残骸や遺体もさっぱり見当たらない


このニュースをなぜ、仏マスコミではなく、米マスコミが先に報道したのか

<独機墜落>フランス政府が公開していない時点で、

ニューヨーク・タイムズが音声データの中身を公開



---------------------------------------------------



管理人



事件の詳細については、たくさんの記事が出ています。

ここでは、核心部分だけを述べます。


ドイツ航空機は、間違いなく爆破・撃墜された

何故か!?


ウクライナ紛争は ロシアと米国の代理戦争であることは、

世界中の各国政府が知っています。

今年2月12日、長く続くウクライナ紛争を終結させる第一歩を

踏み出すために、独メルケル首相と仏オランド大統領は

米国との事前協議なく、ロシアのプーチン大統領との和平会談

のためにベラルーシのミンスクに訪れました。


米国戦争屋ネオコンは、宿敵ロシアとの最終決戦から

世界第三次世界大戦まで画策しているといった噂が上っています


欧州にしてみれば、いい迷惑で、そこまで付き合うのは

勘弁して欲しいというのが本音であると思われます。

欧州とロシアは、ウクライナ発の戦争拡大を望んでいなかった。


しかし、実際には、限定核兵器を含む恐ろしい危機の存在があった。


噂では、プーチン大統領はメルケル首相とオランド大統領に、

ウクライナから米国(共和党ネオコン)を撤退させるように話した

可能性が囁かれています。

停戦合意に至ったのは、メルケルが、その条件をのんだから

とも云われています。

ウクライナのポロシェンコ大統領に、米国(共和党ネオコン)の代理人

であるネオナチ勢力を 政権から遠ざけるように確約を取ったといった

話も漏れ出て来ています。


つまり、ドイツとフランスは、米国戦争屋グループにとって

許されざる裏切り者で、逆鱗に触れたものと考えられる
訳です。


しかし、独仏米が、今回のドイツ航空機爆破・撃墜事件の真相を

バカバカしいデッチ上げで捏造して発表して共同歩調を取ったのは、

紛争拡大に利用される恐れがあった事と同時に、

撃墜事件を丸く収めたかったからだと推測出来ます。


つまり、米国オバマ大統領グループと米国戦争屋グループとは、

対立関係にあり、立場が微妙に違い一線を画しているといったことが、

複雑に絡んでいるので、真相を分かりにくくしているのです。


それが、フランス政府が公開していない時点で、ニューヨーク・タイムズ

が音声データの中身を公開したとされる真の理由ではないでしょうか。


プーチン大統領は、911が、実は米国戦争屋グループによって

仕掛けられた壮大なる詐欺であるといった真相を握っており、

暴露する可能性が噂として飛び交っています。


米国戦争屋グループは、そんな事をすれば、限定核の使用も

辞さないとプーチンに圧力をかけて脅していた構図が浮かびます



プーチンは、ひるむことなく、やられたらやり返すと報復を宣言しています


今になって、クリミア紛争の時、核ミサイル使用の可能性について言及

したってことは、今も それは変わらないと表明しているに等しく、

NATOや米国に対する強烈な警告になったでしょう。


一時期、プーチンが行方不明になっていたことを多くの人は

既に、知っていると思います。

実は、もしかすると、相当に恐ろしい緊張状態が続いていた可能性

が大いに疑われます。

それ以外に、理由は考えられないのです。

お互いに、引くに引けない状況であったとするならば、

これは本当に恐ろしい話です。



エンジンの残骸や遺体もさっぱり見当たらない・・・

粉々になって散らばっている・・・


通常の航空機事故では考えられない事が起こっています。

常識的に考えると、ステルス機により、極めて高熱を発する

特殊爆弾が使われたのではないかと疑っています。

人の身体も瞬時に溶けてしまうような・・・

ミサイルを打ち込まれたのか、或いは、予め、機体に仕掛けられた

ものなのかは不明です。


以下ご参照!



◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51955302.html
日本や世界や宇宙の動向 2015年03月30日
ロシア側からの情報・・・・ジャーマンウィングズ旅客機の墜落の真相


驚きましたね。。。

ジャーマンウィングズ旅客機の墜落の真相について、
ロシアからの情報ではこれまでネット上で伝えられていた情報とは
全く違った内容を伝えています。

ロシア対外情報庁の報告によると、
NATO軍の戦争ゲーム(軍事演習)の一環として
米空軍がヨーロッパで非常に危険なレーザーのテスト照射を行っていたそうですが、
レーザーが誤って旅客機に命中してしまった
そうです。

なぜ、レーザー照射に失敗したのでしょうか。
それはやはり。。。 CERN(量子加速器)の機器が起動したから?

ひょっとしたら、全てが絡んでいるのかもしれません。

誤って旅客機を照射したのではなく、
意図的に特定の旅客機を狙って照射したのかもしれません

何しろスペインの諜報部員が重大な捜査のために
この旅客機に乗っていたそうですから。。。

それにしても恐ろしい話です。

NATO軍や米軍の戦争ゲームにより多くの人々が犠牲になってしまったのですから。

もし、これが真実なら、いつまでマスコミは副操縦士を犯人扱いするのでしょうか。

副操縦士のストーリーをうまく練ったものです。

凄い推理小説が出来上がりました。

テレビがインタビューした恋人や近所の人まで、口裏合わせをしているようです。
ただし彼らもまたクライシス・アクター(演技者)なのかもしれませんが。。。

☆http://beforeitsnews.com/alternative/2015/03/
 obama-rages-over-germanwings-plane-shootdown-refuses-to-meet-nato-leader-2-3130098.html

(概要)

3月29日付け:

ご参照あれ!


◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51955379.html
日本や世界や宇宙の動向 2015年03月31日
ジャーマンウィングズ旅客機の墜落原因はやはりNATOの軍事演習でしたね


ジャーマンウィングズ旅客機が墜落した原因はやはり、これしかないでしょう。

NATOの軍事演習の一環として行った米空軍による
特殊レーザーのテスト照射の失敗
或いは意図的に旅客機を標的にしたのかもしれません。
CERNの機器が起動するときを選んでテスト照射した可能性もあります
。)によるものです。

昨日もお伝えしましたが、
ロシア国防省が今回の飛行機墜落事件に関する欧米諸国の隠蔽工作を暴露しました。

日本のマスコミは盛んに副操縦士の作り話を延々と報道していますが。。。
しかもボイスレコーダーにどのような会話が録音されたかなど。。。

丁寧に文字で伝えています。文字で、です

ドイツ政府が苦い顔をして作り話を報道しています。

ボイスレコーダーにどのような会話が録音されていたかなど。。。
文字で説明しているだけなのです。実際に録音された声をなぜ公表しないのでしょうか。
文字でしか公表しないなら、いくらでもねつ造可能です。

本当にアホらしくて彼らの流すニュースなど見ていられません。矛盾だらけです。

そういえば、マレーシア航空機(2機)の事件もあれ以来、報道がぷっつり途切れました。
それはそうでしょう。偽報道をし続けたなら、ボロが出てしまいますから。

彼らの工作は必ず闇に葬られます。
彼らの犠牲となった方々は本当にお気の毒です。

☆http://www.whatdoesitmean.com/index1855.htm

(概要)

3月29日付け:

より抜粋、

ロシア対外情報庁が欧米諸国の諜報機関による大規模な隠ぺい工作
(副操縦士を犯人に仕立て上げること)について詳細を明らかにしました。

しかしロシア国防省によると、撃ち落とされたジャーマンウィングズ旅客機から回収した
実際のボイスレコーダーは、メディアが報道した内容
乗客の叫び声→沈黙→金属がバリバリと砕かれる音→コックピット警報音→
聞き取りにくい無線連絡→沈黙
)とは全く違う状況を物語っていました。

専門家らは、旅客機が突発的な不具合が生じたために乗員乗客が死亡し、
次に空中で機体が爆発したと指摘しています


機体の破片が広い範囲に散乱しているということは空中爆発を示します。




巴水、三枚目、



「小金井の夜桜」です。



これも連日ですが、

◆http://melma.com/backnumber_45206_6186293/
宮崎正弘の国際ニュース・早読み(中国のアジアインフラ投資銀行への大いなる疑問)
発行日:3/30

  中国のアジアインフラ投資銀行への大いなる疑問
    本当の中国の狙いを誤解していないか

***************************************

日本の国際情勢分析や論調はいつもおかしいが、
今回の中国共産党主導の「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)に参加表明しない日本は
選択を間違えているという、恐ろしくも正反対の議論が突出しており、
ばかばかしいにも程があるという感想を抱く。

そのまとめとして本稿を書く。

 第一に、中国が目ざす「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)なるものは
     国際金融機関ではなく中国共産党の世界戦略にもとづく
     「政治工作機関」である
という本質をまったく見ようともしない不思議である。

 第二に、あわよくば米国主導のブレトンウッズ体制(つまり世界銀行・IMF体制)
     に変わる中国主導の金融秩序構築を模索するものであること。
     すなわちドル基軸体制に真っ向から挑戦し、
     人民元基軸体制をアジアに構築しようという壮大な野心から生まれた、
     きわめて大風呂敷の構想であることである。

 第三に、この銀行を設立することは
     中国経済のひずみを解決するための出口でもある
ことだ。

すなわち余剰生産の鉄鋼、セメント、建材、石油副産物などの国内在庫を一掃するための
吐き出し機関ともなりうるし、失業対策になやむ中国が諸外国にプロジェクトを持ちかけ、
それをファイナンスすることによって大量の中国人失業者を海外へ送り出せるメリットがある


この点を吟味する分析が日本ではあまりにも少ない。


 外貨準備世界一のトリック

世界中が幻惑されたのは、中国の外貨準備が世界一という数字のトリックだった。

中国の外貨準備は3兆4830億ドル(14年末)とされるが、ちょっと待った。
CIA系シンクタンクの調査ではすでに
不正に外国へ持ち出された外貨が3兆7800億ドルである。

つまり表向き、あることになっている外貨準備」、じつは底をついているのである。
その証拠に中国は米国債の保有額を減らしている。

日本がまもなく世界一の座を復活させるだろう
(15年一月末で日中間の差は50億ドルしかない)。

また中国の国家ファンドが保有した筈の日本株式はすでに売り払っているうえ、
じつは中国は猛烈に海外から外貨を借りまくっている


外貨準備増加額より外国金融機関からの借り入れ額が上回っている。

こうして不都合なデータを中国は巧妙に伏せていることに特大の注意が必要である。

ところが、日欧のメディアはアジアインフラ投資銀行に対して過剰な評価をし始めた。

IMFのラガルデ専務理事もADBの中尾武彦相殺も
「協力できる可能性はあるかもしれない」などと発言のニュアンスが対立型から様変わり、
日本の麻生財務相は「入らないと言っているわけではない」と
融資条件や運用方法の透明性を問題視した。


そう、透明性が最大の問題で、
理事会に日欧が入り込む隙間のない独裁となるだろうから、

融資条件の開示させない段階で加盟するなどというのは
政治的発言か何か別の思惑があり、
日欧の発言をよくよく吟味すれば「加盟しない」と発言しているのである。

中国経済分析で世界的に有名なエリザベス・エコノミー女史は
「はじめからお手並み拝見で、AIIBはAIIBと割り切って放置すれば良かった。
米国の反対声明がかえって、中国の銀行設置に力を与えた」と皮肉る。

もとより「アジアインフラ投資銀行」に英独仏伊が参加表明したため、
豪、デンマークなど合計41ヶ国が参加することとなった(3月30日現在)。

英紙「フィナンシャルタイムズ」は、米国オバマ政権に「失望」が広がっていると報道し
(3月19日)、対照的に中国語の媒体は「英国の決断」などとし、
同行に加わらない日米に冷淡な分析をしている。 中国としては政治的得点になる。

だから日本のマスコミはますますおかしな論調となる。

たとえば日本のイエローパーパー『日刊ゲンダイ』が、日本の立場を徹底的に批判し、
中国主導のアジアインフラ投資銀行に参加表明したドイツ、フランス、イタリア、
そして英国に先を越され、日本政府が無能ぶりを天下に曝したと報じたことが、
中国メディアは嬉しくて仕方がないらしい。
同紙が『日本の完敗』と書いたことがよほど気に召したらしいのだ。


 英国のホントの参加理由はシティ・ルールが守られるのか、どうかだ

もうすこし状況を把握してみよう。

英国の思惑は次の三点に集中している。

第一 はMI6をいう情報機関をほこる英国には
   それなりのインテリジェンス戦略から発想される政治的計算がある。

   英国にとってAIIBに加盟を表明しないことには情報が得られない。
   その高度の情報を同盟国である米国に提供できる。

   そもそも世界金融を差配しているのはウォール街である。
   そのウォール街の論理はグローバリズムであり、
   そのルールを決めているのは英国のシティである

   英米がシティ・ルールを破壊するような行為に中国がでれば、
   いつまでも協力的態度をつづけるか、どうか。

第二 に加盟国となれば、AIIBの規則や条件に
   英国が(独仏伊豪も)注文や条件を付けられる。
   つまりシティのルールを尊重してくれるのか、どうか。
   欧米が警戒するニカラグア運河への投資なども、
   中国の貯湯妄信(猪突猛進?)的融資には激しく反対することになるだろう。

第三が 「ウィンブルトン方式」である。
    英国はすでに二年前からシティにおける人民元取引をみとめ、
    同時に中国国債も取引されている。おなじくフランクフルト市場でも。
    これは「ウィンブルトン方式」と言われ、
    市場関係者からみれば「貸し会場ビジネス」である。
    つまり有名なテニスの世界大会を開催し、たとえイギリス選手の活躍がなくとも、
    集まってくる人々(外国籍の)が落とすカネが魅力であるという意味である。

こうした文脈からいえば英国のアジアインフラ投資銀行に参加表明も、
そこにシティとしてのビジネス拡大の可能性を見たからであり、
対米非協力への傾斜という政治的思惑は薄い。

ならば独仏など「ユーロ」加盟国の反応はどうか。

ユーロを主導するドイツは、これが人民元市場ではないことを見抜いた。

イタリアとフランスの参加表明はユーロが米ドルよりも強くなれば良い
という斜に構えた動機であり、
また加盟すれば幾ばくかの情報が取れるという打算に基づく政治的行動だろう。


 アジアの資金渇望を中国は巧みに衝いた


さて米国は嘗て宮沢政権のおりに、日本が設立を目指したAMF(アジア通貨基金)を
構想の段階で横合いから強引に潰したように、
中国主導のドル基軸に挑戦するような国際機関の動きには警戒している。

基本的動機は戦後の世界経済を牛耳るブレトンウッズ体制(つまり世界銀行・IMF体制)に
中国が挑戦してきたと認識が強かったからである。
しかし米国は中国の動きを牽制したが、潰そうとはしなかった。

それだけ日本は押さえ込める自信があっても、
中国を制御する政治力は、もはや米国にはないということでもある。

繰り返すが 中国がアジアインフラ投資銀行を設立する思惑は

 (1)人民元の拡大と

 (2)アジアにおける人民元の覇権、

 (3)中国主導のアジア経済体制の確立
という、

金融帝国主義であり、

南シナ海での侵略行為によって四面楚歌となった政治状況を、
カネを武器に主導権の回復を狙うもの
である。

インフラ整備の資金調達になやむアセアン諸国ならびにインド経済圏は
喉から手が出るほど欲しい資金を中国が供与してくれるのなら政治的行動は抑える。

露骨なのはカンボジア、ラオス、タイ、インドネシアなどだ。

つまり反中国でまとまりつつあったアセアンの団結への動きを、
中国はみごとに攪乱しているのだ。

だが裏側はどうか。

この新銀行は貸し付け条件も金利の策定方法も、審査方法もまったく白紙の状態であり、
基本的に銀行のガバナンスを知らない国が
国際銀行業務をスムースに展開できるのか
、どうかが疑問視されている。

つまり日本が経済制裁をしている北朝鮮への融資を
中国が勝手に決めた場合などが早くも想定され、強く懸念される。

アジア諸国の港湾浚渫など整備プロジェクトや鉄道輸送に力点をおいた融資を行うだろうが、
それはアジアにおける中国の軍事戦略真珠の首飾りを実行するための
経済面からの補完手段である。

港湾を中国は将来の原潜や空母寄港地として利用する魂胆も見え透いていないか。


 アジアインフラ投資銀行に参加表明しないのが得策だ

AIIBにはいくつかの致命的欠陥がある。

第一に 人民元の拡大を狙う同行の資本金が
    米ドル建て
という不条理に対して納得できる説明はない。

    くわえて同行の本店ビルは北京で建設が始まったばかりで、
    どう最速に見積もっても2017年度ごろに完成である。

第二に 資本金振り込みにも至っておらず、拙速の開業があっても2016年、
    そのころに中国の外貨準備が潤沢のママであろうか?

第三に 中国の外貨準備が激しい勢いで減速しており
    いずれ資本金振り込みさえ怪しい雲行きとなりそうなことに
    誰も懸念を表明しないことは面妖というほかはない。


いずれアジアインフラ投資銀行は空中分解か、最初の貸し付けが焦げ付き、
増資を繰り返しながらの低空飛行となるだろう。日本は歯牙にもかける必要がない
のである


そして設立まで はやくも不協和音が鳴っている。

ロシアは参加表明をしない方向で検討していた事実が浮かんだのである
(多維新聞網、3月26日)。

ロシアのセルゲイ・ストルチャク財務副大臣は
「ロシアは過去一貫して米国の金融支配に反対し、新しい国際機関の設立を呼びかけてきたので、
AIIBの主旨には賛同する。しかしながら、この新組織にロシアが加盟するかどうかは未定である」
と記者会見した。

第一に 中国主導の度合いは拒否権に象徴されるが、ロシアが中国の風下に立つ積もりはない。

第二に 英独仏など西側が加盟すると、ウクライナ問題でロシア制裁中のかれらが、
    ロシアの要望する融資案件には反対にまわるに違いない。
    ロシアは原油価格暴落以後、多くのプロジェクトが足踏み状態にあり、資
    金重要が強いが、逆に英独仏が対ロ融資に反対すれば、ロシアが加盟する意味がない。

第三に 大国の政治力は単に金融力でははかれず、ロシアは軍事大国であり、
    その矜持がある。ロシアと中国の絆は軍事、政治的結びつきが強く、
    金融面での協力関係はそれほど重要とは言えない。

とはいうもののロシアは現在14の飛行場を建設中のほか、160キロの地下鉄、
ハイウェイなど160件のプロジェクトを推進もしくは計画中で、
2000億米ドルが必要と見つもられている。

さらにややこしい問題はロシアが一方で期待する「BRICS銀行」にしても
ブラジル、インドより、ロシアのGDP成長は遅れており、
そもそもロシアとブラジルは原資負担にも追いつけない状況となってしまった。

BRICS銀行も設立そのものが危ぶまれ始めている。



◆http://jp.rbth.com/news/2015/03/28/52443.html
ロシアNOW 3月28日
ロシアがアジアインフラ投資銀行に参加表明


「ロシア連邦大統領による、アジアインフラ投資銀行への資本参加の決定について、
お知らせしたい」。

シュワロフ第一副首相は、中国の海南で開催されているアジア経済フォーラムでこう述べた。

AIIBは2014年の設立で、その目的は、環太平洋地域のインフラ投資。

これに関する最初の覚書は、昨年10月に北京で調印されている。

AIIB設立者のリストは、3月31日に発表される予定。




ユダ米への義理など何もないし、どーでもいいのだが、

支那の「悪巧み」に引っ掛けられるのはあまりにも阿呆らしい、放置が正解ですよ。

出資金がパーになるのはミエミエです。

コメント

花のたよりⅣ

2015-03-30 10:59:03 | Weblog
 画は 歌川 廣貞 (生没年不詳)、五粽亭 (ごそうてい)と号す。

 江戸時代後期の 大坂の浮世絵師。 歌川國升の門人。

 作画期は 弘化4年(1847年)から文久3年(1863年)           作


  「見立て十二支 戌」 大塚村の段より、 

  「勇利金太 百姓糠助 犬塚信乃」です。

   


☆曇。

いい記事です、

◆http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/kikumimimotanukitikensetunitaikou.html
長周新聞  2015年3月25日付


   聞く耳もたぬ基地建設に対抗

      辺野古巡り政府と全面対決

      翁長知事が作業停止を指示  


沖縄県の翁長雄志知事が23日、名護市辺野古の基地建設とかかわった海底作業を
1週間以内に停止するよう防衛省沖縄防衛局に指示し、
工事をゴリ押ししてきた安倍政府との全面対決の様相が深まっている。

昨年末の知事選で、自民党本部が丸抱えした仲井真前知事は、
県民世論に押されて辺野古基地建設反対を公約に掲げた翁長知事に
10万票以上の差をつけられて敗北した。

年始めの衆院選でも沖縄県内では四選挙区すべてで自民党現職が叩き落とされるなど、
基地撤去を要求する県民世論を何度も突きつけてきた。

ところが、名護市長選も含めて選挙ではことごとく敗北しながら、
安倍政府はボーリング調査や基地建設に向けた関連工事に着手し、
アメリカの意向をなにより優先する振る舞いに及んでいた。

このなかで、世論に縛られた知事が政府に楯突く形で作業中止を求めるという、
前代未聞の事態に発展している。

 
米国優先で民意否定する政府

翁長知事は会見で、
「知事の許可を得ずに岩礁破壊がされた蓋然性が高いと思量されることから、
県が必要とする調査を実施する」とし、調査が終了して改めて指示するまでの間、
海底の現状を変更する行為すべてを停止するよう指示したことを明らかにした。

そのうえで、違反した場合、つまり作業が中止されず
沖縄防衛局が指示に従わなかった場合には、岩礁破砕許可をとり消す方針を明らかにした。

これに腹を立てたのが安倍政府の閣僚たちで、菅官房長官や中谷防衛大臣は
「この期に及んで」と何度もくり返し、
「日本は法治国家だ。これまで手順を踏んできたことを粛粛と進めていく」とのべ、
真っ向から対抗する姿勢を打ち出した。

防衛省はボーリング調査には岩礁破砕許可は不要と主張し、
仮に許可がとり消されても調査を続行する方針を示した。

選挙で示された民意など聞く耳を持たずに強行してきたのは安倍政府の側で、
議会制民主主義とか地方自治を散散蹂躙したうえで
「この期に及んで」「法治国家」などと口走るのだから、これほど本末転倒なことはない

辺野古沖では新基地の建設作業にともなって、沖縄防衛局が浮標のアンカーとして
海中に大型ブロックを沈めてきた。これをメディアが「珊瑚礁が破壊される」と報道し、
県の想定よりも巨大であるといって争っている。

問題は珊瑚が可哀想であるかどうかとか、海が綺麗であるかどうかとか、
アンカーの大小ではなく、基地建設である。

県の最大の許認可は公有水面埋立許可で、
仲井真知事時代の2013年12月に承認して今日に至っている。

1年以内に着手(ブイを浮かべるなどすれば着手と見なされる)しなければ失効になり、
3年をへて事業が進んでいない場合も失効となる許認可
だ。

この許可とり消しではなく、アンカーの大小に問題を切り縮めているものの、
選挙から4カ月を経て、ようやく新知事が「辺野古基地建設反対」の具体的な行動を開始した。

沖縄県内で「翁長は何をしているんだ!」の憤激の声が高まるなかで、
欺瞞は通用せず、鋭い視線にさらされていることを物語った。


支配機構は米国隷属 70年にわたる占領状態

この間、全国に先駆けて米軍支配の沖縄から反撃の狼煙が上がってきた

戦後70年を迎えようというのに、なお最新鋭の基地を整備して居座るために
辺野古基地建設がぶち上げられ、日本政府がアメリカの手先になって推進してきた。

そのなかで県民全体が基地撤去世論を統一し、昨年の名護市長選、県知事選、衆院選と
連続して基地推進策動を打ち破り、
国策として襲いかかる金力、権力をはねのけて勝利局面を切り開いてきた。

安倍政府の番頭役はみな退場に追い込まれ、下からの広範な大衆の決起が
沖縄県政を突き動かす最大の原動力となって局面を動かし始めた。

安倍政府は沖縄がいかなる意志を示そうとも聞く耳を持たず、
もっぱら従っているのがアメリカの指示であった。

名護市長選で地元の政策選択が示されると
逆なでするようにボーリング調査を強行したり、

知事選後もムキになって工事にとりかかり、
辺野古現地では阻止行動をする人間を海上保安庁が力ずくで排除したり、
米軍が基地に引きずり込む事件も起きた


すべてにおいて米軍の都合が優先され、
日本政府が唯唯諾諾と従って日本人を足蹴にしていく姿と同時に


法治国家以前に独立国家ではないこと、
アメリカ政府の意向が絶対という主従関係を暴露してきた


安倍政府は一方で集団的自衛権の行使容認を閣議決定し、特定秘密保護法をゴリ押しし
自衛隊が米軍の下請軍隊として機能するため日米ガイドラインの改定に向けて突っ走っている。

今国会ではガイドライン改定とかかわった安保法制の改定が目玉になっている。

民主主義を否定して突き進もうとしているその道は、
戦前回帰とか太平洋戦争前への復古というものではなく
アメリカの支配層と日本の支配層の結託のうえに立った極めて奴隷的な戦争の道である。

第2次大戦後、表向きはサンフランシスコ講和で独立したように振る舞ってきたが、
アメリカが軍事的にも経済的にも日本を支配し、完全なる従属下に置いてきたことは、
いまや誰の目にも明らかとなった。

70年にわたって日本を東アジア侵略の基地として利用し、
ベトナム戦争であれ、イラク戦争であれ飛び立っていったし、
米軍基地は
日本を守るためではなく、
東アジア地域に睨みを効かせ、攻撃を加えるためのものだったことははっきりしている


守るどころか、今度は日本人をアメリカの戦争に駆り出し、
弾よけに使おうというのが集団的自衛権の行使である


アメリカのために自衛隊が武力参戦の道に引きずり込まれ、
海外の戦闘地域で殺し合いの任務まで担わされる。
この道が日本民族にとって滅亡の道であることははっきりしている。

問題は戦後70年にわたって、このような屈辱的な占領状態が貫かれ、
日本政府、警察、裁判所、メディア、官僚機構にいたるまですべての支配機構が
国民の側に立たず、いつも民族的な要求を裏切って
米軍やアメリカ政府の手足となって機能し、その代弁者や番頭になっていること
である


民主党政府になろうが、自民党政府になろうがやることは同じで、
沖縄基地問題や米軍再編問題になるとみなアメリカに頭が上がらない。

この売国政治が民族的利益を明け渡すTPPを強行し、
みずから米軍の肉弾になるために安保法制を改定し、
すべて聞く耳を持たずに大暴走をくり広げているのである。

アメリカの要求なら邦人の生命を危険にさらすこともいとわないような者が
権力を振り回し、調子に乗って中東で演説したおかげで
人質だけでなく観光客の邦人まで生命を失わせ、
国民に対しては戦争動員の強権政治をやっている。

米軍基地の問題は辺野古、普天間にとどまるものではない。

沖縄全土に米軍基地が置かれ、さらに日本全国に置かれ、
対米従属の構造を軍事力によって抑えてきた


極東最大の基地となる山口県の岩国基地では、目下、
辺野古のコンクリートどころでない勢いで基地建設が進められ、
地下シェルターや最新の司令塔など、
防衛省が巨額の予算を注ぎ込んで次次と施設を完成させている。

辺野古への新基地建設に世論が釘付けになっている間に、
米軍再編に照応して一気に進められているものだ。

こうした戦争体制に立ち向かうためには、沖縄だけの斗争ではなく、
岩国だけの斗争でもなく、
売国政治を打ち負かす全国的な力を束ねた政治斗争として構える
ことが待ったなしの課題になっている。

平和と独立を勝ちとるたたかいは今日差し迫ったものとなっている

米軍基地撤去を望む沖縄県民のたたかいは、翁長をして安倍政府との全面対決に向かわせ、
全国世論を激励しながら先陣を切って発展している。

戦後70年におよぶ米軍支配への怒りを根底にした決起であり、
沖縄の統治に無力な政府が恫喝したところで突き崩せるものではない。

なお、憲法九条は「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」

「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」
と明記してきた。

憲法を否定して武力参戦の道を進み、
我が軍などと口にする側が法治国家を語るのだから、
なにもかもが本末転倒である





廣貞、二枚目、



「花魁莟八総 はなのあにつぼみのやつふさ」より、

「莟の八ふさ」 「犬塚信乃」 「犬塚伴作」です。




敗戦国にはなるものではない、

◆http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/nato-853c.html
マスコミに載らない海外記事  2015年3月30日 (月)
批判の照準を当てられているNATO


☆http://russia-insider.com/en/2015/03/23/4815

ドイツは、NATOの威嚇行為から距離をおこうとしているのか?

ダニエル・ガンサー博士  2015年3月23日
ロシア・インサイダー


ドイツ首相府が、NATO欧州連合軍最高司令官フィリップ・M・ブリードラブ大将を
“危険なプロパガンダ”だと非難しました。

そこで質問です。

この種のプロパガンダ・テクニックを自ら利用している政府が
こういう批判をするのをどう思われますか。

マスコミ学者で、複数の本の著者イェンス・ウェルニッケが、
著名なスイス人の平和研究者で、NATO専門家のダニエル・ガンサー博士と対談した。

ガンサーさん、

ドイツ首相府は、NATO最高司令官のフィリップ・M・ブリードラブ大将を、
“危険なプロパガンダ”と批判しました。
例えば、ブリードラブ大将は、東ウクライナにおける、ロシア軍の関与を誇張しています。
一体何が起きているのでしょう?
ドイツ政府は、NATOを、戦争プロパガンダということで批判しているだけなのでしょうか?



ドイツ首相府の批判は正しいのです。
何か危険なことが今起きていると私は思っています。

ブリードラブの様なアメリカ人将軍達は、
ドイツ人とロシア人が、両国を弱体化させるために、
お互いに殺し合う戦争を引き起こそうとしています。

これは冷笑的で、実際、悪魔同然の計画です。

しかし、これはまさに、シンクタンク・ストラトフォー会長の
ジョージ・フリードマンの様なアメリカ人戦略家が示唆しているものです。

ドイツとロシアが団結すれば、アメリカを脅かすことができる唯一の勢力になると、
シカゴで、2015年2月に行った講演で、フリードマンは言っています


“我々の基本的な関心は、[ドイツ・ロシア同盟を防ぐ]、
そういうことが決して起きないようにすることです”とフリードマンは言いました。

“アメリカは、帝国として、常時、ユーラシアに介入することはできません”
と彼は説明しました。それゆえ、アメリカは、各国をお互いに争わせて、
緊密な同盟を構築しないようにしなければならない
のです。

“ロナルド・レーガン大統領が、イラクとイランに対して利用したのと同様なものを
提案したいと思います。彼は戦争の両側を支援したのです!”とフリードマンは述べました。

1980年から1988年までのイラクとイラン間の戦争で、
少なくとも400.000人が亡くなったので、平和科学の観点からは、
フリードマンが示唆しているのは恐ろしいことです。

“イラン人とイラク人は、我々に対してでなく、お互いに戦ったのです”
講演で、フリードマンは説明しました。

あれは冷笑的で、非道徳的でした。しかし、機能したのです。”

アメリカはユーラシアを占領することはできません。

ヨーロッパの土地に足を踏み入れた瞬間、人口統計上、我々の人数がまさるのです。
ブリードラブの様な過激なアメリカ人将軍達が、将来、ドイツとロシアの兵士が、
ウクライナで殺し合い、東ヨーロッパ全体を不安定化させ、弱体化させるという、
この戦略を実行しようとしているのだと私は思います。

これは破滅的事態です。

ですから、平和運動は、ウクライナの中立の様な代替の解決策を奨励する必要があります。
NATOには加盟せず、ドイツとロシアとの友情です。


NATOは、この紛争をどのようにあおろうとしているのでしょう?

NATO司令官のブリードラブ大将は、誇張や、いつわりの主張を広めることで突出しています。
これがNATOが戦争をあおる手口です。
状況は、ご承知の通り非常に張り詰めていますから、これは危険です。

2014年11月12日に、ブリードラブ大将が、ロシア軍兵士と戦車が、
ウクライナに進撃した! と主張しまた。しかし、それは本当ではなく、
些細なことではありませんでした。NATO軍司令官は、文字通りこう言ったのです。
“ロシアの軍隊、ロシアの戦車、ロシアの大砲や、防空システムが、
ウクライナに運びこまれるのを見た。”
BBCや他のマスコミがこれを世界中に広めましたが、これはウソでした。

またヨーロッパ駐留アメリカ軍司令官であるアメリカのベン・ホッジズ中将も、
ウクライナ軍を支援して、戦争に向けようとしています。

2015年1月、彼はキエフの軍病院を慰問し、負傷したウクライナ人兵士に
アメリカ陸軍の勇気勲章を手渡しました! これは、もちろん、緊張を高めます。

ところが、アメリカのホッジズ中将は、象徴的に誇示したのです。

アメリカが、ウクライナ戦争の当事者と。

東ウクライナの分離主義者が支援するロシア人と
戦っているウクライナ軍を支持していると。

ドイツは、NATO加盟国なので、ドイツ兵士がこの戦争に、
アメリカによって引きずりこまれる危険性がある
のです。

2001年以降のアフガニスタンと同様に。

もうそういうことになれば、まさにフリードマンが要求している状況になってしまいます。
ドイツとロシアが、ウクライナでお互いに打ち合うのです。

もちろん、そういうことにならないよう私は願いますが。

ところが、平和運動は、それを避ける為には、この問題を提起し、
そうした危険を警告する必要があるのです。


NATOがウソをついたり、誇張したり、だましたりというのは非常に良くあることですか?

はい、残念なことに、NATOは、きまった様に、ウソと戦争を組み合わせています
私の著書『NATO’s secret armies in Europe(ヨーロッパのNATOの秘密軍)』で、
テロや秘密の戦争画策を書いてあります。

冷戦中、NATOがどのようにして、西欧諸国内部に、CIAやイギリス情報機関MI6の支援を受け、
秘密の軍隊を構築したのかを私は書きました。
その存在を、各国政府も国民も何も知らないのです。

彼らは過去70年間、様々な国々で、ずっと戦争をし続けてきたのですから、
特にアメリカ人将軍達は危険です。

帝国の代表として、彼らは殺戮にだけ慣れているのでなく、欺くのにも慣れています
例えば、1963年から1969年の間、
NATOのSACEUR(欧州連合軍最高司令部司令官)をつとめたのですから、
ブリードラブの前任者の一人なのですが、ライマン・レムニッツァー大将が、
60年代に、アメリカはグァンタナモ基地のアメリカ艦船を破壊し、
ワシントンで、テロ攻撃をでっちあげ、
アメリカ国民に戦争を支持させる為、両方の犯罪を、フィデル・カストロになすりつけて、
対キューバ戦争を画策するべきだと示唆しました。

ところが、ジョン・F・ケネディが、作戦[ノースウッズ]を止めました。
しかし、これは、ペンタゴン幹部がどれほど危険かを示しています。


戦争を強く求めているのはアメリカだけなのか、
それとも他の国々も関与しているのでしょうか?


NATOには、28の加盟国があり、不幸なことに、他のNATO加盟国も、
戦争プロパガンダに関与しています。

例えば、イギリス人です!

2003年3月、イラクを攻撃前に、当時の首相トニー・ブレアはこう言いました。
“イラクは化学兵器と生物兵器を保有している。ロケットは、45分以内に使用できる状態だ。”
それはウソでした!

アメリカとイギリスが始めたイラク攻撃は、それでもなお、国連の授権無しでした。
ですから、違法だったのです!

NATOが、1999年3月24日に、セルビア爆撃を開始したのも違法な侵略でした。
NATOは、国連安全保障理事会からの授権を得ていなかったのですから。

当時、アメリカと共に、[対ユーゴスラビア戦争]侵略に積極的に参加したのは、
ゲルハルト・シュレーダー首相、ルドルフ・シャルピング国防大臣と、
ヨシュカ・フィッシャー外務大臣支配下のドイツでした。

侵略の準備段階で、国民にこの戦争を支持させるため、ウソが広められた。

後に、2014年、シュレーダーは、NATOが国際法に違反したことを認めた。
“それぞれ、ユーゴスラビアと、コソボでの進展に、どの様に対処すべきか
という問題がおきた際、我々は、戦闘機トーネード[ドイツの戦闘機]を、
NATOと共にセルビアに送り、安全保障理事会決議なしで、主権国家を爆撃した”と、
シュレーダーは自己批判的に認めました。


そうした場合、誰も声を上げず、
同じ主張のNATO声明ばかり読まされるのは一体なぜでしょう?


ドイツのマスコミは、ストラトフォー会長フリードマンの様な
アメリカ人過激派が要求している様な形で、国民をロシアとの直接対決に追いやっています。

つまり、彼らはロシアに対する敵意をあおっているのです。

しかも、NATOやアメリカの戦略的権益や、ウクライナでの戦争をあおる
こうした勢力に関する批判的論議がされることはごく稀です。

多くのジャーナリストは、自分の職や他のことが心配で、
アメリカを帝国と呼ぼうとさえしません。

しかし、アメリカが、現代の帝国で、最強の国家で、当然、
自らの国益を追求していることは明白です。

マスコミは、この事実にふれることは滅多にありません。

ですから、TVを見ている多くの人々は、アメリカ帝国やら、
ユーラシアにおけるこの帝国の戦略的権益という言葉すら知りません。

それゆえ、TVと新聞に失望した批判的な人々は、
インターネット上の代替メディアで学ぼうとしているのです。


我々[ドイツ政府]による批判は、いよいよ彼らが、
世界的な暴力の連鎖をやぶろうとして、ロシアとの礼儀正しい対話を重視し、
プロパガンダとは距離を置く兆しだと思われますか?
そして、ドイツ政府は、NATOそのものより信頼がおけるのでしょうか?


私はスイス人で、スイスはNATOに加盟していません。

それでドイツの政策とメルケル首相を、私は外部から見ています。

そして、多くの人々が、距離が近いので、
ウクライナ状況[戦争]を懸念しているのが私には分かります。

私が知っているドイツ人の大半は、ドイツ兵士とロシア兵士がお互い打ち合う様な未来を
望んではいません! しかし、ドイツ政府が何を望んでいるのか私には良くわかりません。

ドイツはジグザグ・コースを進んでいます。

ある日には、NATO加盟国として、アメリカと共に、ロシアとの緊張を高めて、
ウクライナでの戦争をあおります。そして時には、友好を保とうとしたり、
あるいはNATO戦争タカ派のブリードラブを公然と批判して、
少なくとも、ロシアを尊重したりするのです。

それで、どちらの方針が、将来優勢になるのか良く分かりません。


タカ派のアナス・フォー・ラスムセンが、NATO事務総長を退任した
ことについての評価はいかがですか?
イェンス・ストルテンベルグは、平和的な後継者になれるでしょうか?
言い方を変えれば、事務総長は、実際NATOの政策に対して、
どれほど影響力があるのでしょう?


NATOの歴史を調べれば、事務総長の座には、常にヨーロッパ人が就き、
現在はストルテンベルグ、ノルウェー人で、彼の前任者、ラスムセンはデンマーク人だった
ことがすぐに分かります。

しかし、誰がNATOを支配するということについて、ヨーロッパ人は誤解してはなりません。
支配しているのはアメリカ人です!


事務総長は最も重要な役職ではありません。

ここにこそ軍事司令部があるので、実際は、欧州連合軍最高司令官の一人がそうなのです。
アメリカ人が、現在はブリードラブですが、常にこの地位を占めています。


ストルテンベルグが公的にブリードラブを批判したり、
止めようとしたりしたことがあるでしょうか?


いいえ。彼にはできません。事務総長としての彼の仕事は、
NATOに、ヨーロッパの顔をもたせることです。

アメリカ人外交官がいつも現れるより、この方が、ヨーロッパでは受けが良いわけです。

ストルテンベルグが、NATOを、平和的な組織に転換できるとか、しようとしているとは、
私は思いません。過去20年間のNATOの実績からも。NATOの戦争と政権転覆のテクニックは、
リビアで、イラクで、アフガニスタンで、様々な国々を廃墟にし、人々の心に傷を負わせています。

ですから、ウクライナもこのリストに載ることにならないよう願っています!


インタビューをありがとうございます


---------


ドイツの場合、

  ドイツは、NATO加盟国なので、ドイツ兵士が、
    この戦争に、アメリカによって引きずりこまれる危険性があるのです


というわけで、 日本をNATO同盟国並にしようというのが、宗主国の長期計画。


北大西洋共同体(NATO)に日本を組み込む ブレジンスキー
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/nato-2563.html


日本の場合、危険性があるだけでなく、完全属国化し、確実に引きずりこまれるだろう。

秘密法、集団的自衛権、9条破壊、辺野古大基地、TPP推進、傀儡政権、官庁、
大本営広報部が推進していることは、全てそうした宗主国の遠大な計画の一環。

何があっても、この国でなら、宗主国の
兵器産業、保険会社、教育企業、アグリビジスネ等は大儲けができる。
収奪天国を手放す帝国などありえない。




廣貞、三枚目、



「白井権八」です。

☆http://ohanashi.edo-jidai.com/kabuki/html/ess/ess154.html
かぶきのおはなし 154.鈴ケ森

歌舞伎での白井権八は腕が立つだけでなく、吉原三浦屋の遊女"小紫(こむらさき)"と
恋仲になるといういわば美しきヒーローとして描かれているのですが、
モデルとされる実録の"平井権八"(~1679)は、
鳥取藩士だったのが人を殺してから江戸へ出奔し、江戸では馴染みの遊女"小紫"との
遊びの金を手にいれる為、辻斬り130名余に及び、
最後は品川で獄門にかかったといわれる大悪人です。



日経の支那絡みの提灯記事には騙されぬことです、

◆http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150327/ecn1503271550004-n1.htm
ZAKZAK  2015.03.27
お金は知っている親中派メディアの無知露わAIIB報道」 
              融資どころではない中国事情



英国に続き、ドイツ、フランス、イタリアも、中国主導で設立準備中の
アジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加を表明したことから、
メディアは「流れが変わった以上、現実的な目線で中国の構想と向き合うべきではないか。
AIIBの否定や対立ではなく、むしろ積極的に関与し、関係国の立場から
建設的に注文を出していく道があるはずだ」
(日本経済新聞3月20日付朝刊社説)と
言い出す始末だ。

日経に限らずテレビ局を含め「親中派」メディアの無知さ、甘さには驚かされる。

参加すれば、「日本はAIIBに注文を出せる」のだろうか。

中国はAIIBに50%を出資し、本部を北京に置き、総裁も元政府高官。

マイナーな出資比率で発言するなら、理事会の場しかないはずだが、
中国側の説明では理事会はほとんど開かず、総裁の専決で諸事を決めていく。

総裁は重要事項については共産党中央委員会にうかがいを立てる。

突き詰めると同委員会総書記の習近平国家主席が最終決定権限を持つ。

つまり、AIIBとは中国政府の各部局と同じように、党の指令下にある
そのAIIBに日本代表が物申す、
と言って通るはずはなく、北京では物笑いの種にされるだろう。

日経は盛んに、AIIBに参加しないと、アジアのインフラ建設プロジェクトで
「日本企業は不利な扱いを受けるのではないか」と論じる。

AIIBは世界一の外貨準備を持つ中国の信用力と
国際金融センターロンドンの英国の参加で、有利な条件で資金調達できる、
従って年間90兆~100兆円のアジアインフラ建設需要が本物になる
という

思い込みによる。

これも、中国の金融に無知なゆえの誤解である。


中国の外貨準備は2014年末で3兆8430億ドル(約461兆円)に上るが、
同年6月に比べて1500億ドル(約18兆円)も減った。

不動産市況や景気減速を背景に資本逃避に加速がかかっているためだ。

外準を対外融資に役立てるどころか、中国当局は対外借り入れを増やして
外準のこれ以上の縮小に歯止めをかけようと躍起となっている


しかも、外準をおいそれと対外融資の財源に使えるはずはない。

中国の金融制度は、中国人民銀行が流入する外貨に見合う人民元資金を発行する。

外貨を取り崩そうとすれば人民元資金供給を減らさざるをえなくなる。
すると国内経済にデフレ圧力がかかる


外準は見せ金にしか過ぎないのだ。

中国は14年9月末で1・8兆ドルの対外純債権を持ち、日本に次ぐが、
外準を除くと、負債が資産を2・4兆ドルも上回る

実質的な中身からすれば、中国は債務大国であり、債権大国の日独とは大きく違う

ロンドンなど国際金融市場にとって、中国は最大の融資先になっている。

英国はお得意さんである中国のAIIB参加要請に応えたのだろうが、
国際金融界はリスクに応じて高い金利を要求するだろう

巨額のインフラ・プロジェクト融資が北京主導でできるはずはない。 

(産経新聞特別記者・田村秀男)



◆https://twitter.com/h_hirano
平野 浩                    より抜粋、


#平野 浩 @h_hirano · 14時間前

闇株新聞のAIIBへの見解。

日本は参加(出資)はもちろん、
資金提供(債権引き受けや融資)も一切行わないと表明すべき。

「我が国はADBの最大出資国として、
アジア諸国の経済発展のために与えられた使命を今後とも懸命に果たしていくため」
とでもしておけば、十分に納得できる説明となる。


#平野 浩 @h_hirano · 23時間前

AIIBにロシアとブラジルが参加を表明。オーストラリアも参加するだろう。
これはIMF改革が求められているのに、米議会の反対でできないなど、
米国に対する強い不信感がある。

今後も参加国は相次ぐとみられ、日米は孤立化を深める。
米国はAIIBが中国の道具になりかねないことに懸念している。


#平野 浩 @h_hirano · 3月27日

中国がAIIBを設立した理由は2つ。

1つは 日本を抜いて世界第2位の経済大国なのにADB総裁の地位が取れない。

2つは 国内の不動産投資の伸び悩みで鉄鋼やセメントなどの生産過剰に陥っている


そこでAIIBを通じてアジア各国のインフラ事業を進めて活路を見出す方針。

果たしてうまく行くのか。


#平野 浩 @h_hirano · 3月26日

中国外貨準備は14年末で461兆円、同年6月対比約18兆円減少。
景気減速もあって資本逃避の加速が原因。外貨準備を対外融資の財源には使えない。

中国の金融制度は中国人民銀行が流入する外貨に見合う人民元資金を発行。
もし外貨を取り崩すと、人民元資金供給を減らす必要があり、デフレになる。


#平野 浩 @h_hirano · 3月26日

日本はAIIBに参加しない決定。

中国はAIIBに50%出資、本部は北京、総裁も元政府高官、
最終決定者は習国家主席で理事会もほとんど開催しない。
欧州勢は名義貸し程度で参加。
インフラビジネスで少しでも有利になるためのもの。
だが、中国にそんなカネを出す余裕があるのかは疑問である。




どうやら見えてきましたねw


コメント

花のたよりⅢ

2015-03-29 10:53:43 | Weblog
 画は 浅野 竹二 (あさの たけじ)

 明治33年(1900年)~ 平成10年(1998年)

 京都の 日本画家、 版画家。            作


  「嵐山 春」です。


☆晴れたり曇ったり。

落ち目の三度笠=ユダ米に合力する阿呆らしさ、

キ印・自公政権、

◆http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/sengonokokuzekutugaesusensoudouintaisei.html
長周新聞  2015年3月23日付


   戦後の国是覆す戦争動員体制

     米軍の奴隷軍隊と化す自衛隊

     安保法制化で常時世界中へ 


日米防衛ガイドラインの改定に向けて、安倍政府が安保関連法制を一気に動かしている。
20日には自民、公明両党が共同文書に合意し、国会審議に向けた地ならしを終了した。
そして、法改定を見越して安倍首相の訪米や米国議会での演説日程が決まるなどしている。

今回やろうとしている安保法制化の目的は、米国のための戦争に
自衛隊が常時世界中のどこであっても動員される体制をつくることと、
海外に生産拠点を移転させた国内独占資本の権益を軍事力によって守ること
である。

戦後は日米「安保」のもとで、中国やソ連といった国国の脅威から「守る」
ことを建前に米軍基地を置き、70年にわたって単独占領を続けてきた。

冷戦は終結し米国がその後新自由主義施策をやりまくって中東やアフリカ、
欧州、東アジアにしても世界情勢は荒れ、手に負えなくなっている状況のもとで、
ついに自衛隊を奴隷軍隊として駆り出すところまできた

戦後の枠組みを大きくかえるもので、戦争阻止のたたかいが重大な局面を迎えている

 
大企業の海外権益を守る肉弾

自民、公明両党が「合意」した文書では、
「いかなる事態においても国民の命と平和な暮らしを守りぬくため、
切れ目のない対応を可能とする国内法制を整備する」と記し、

海外派兵について

  ①自衛隊が参加し、実施する活動が国際法上の正当性を有すること

  ②国民の理解が得られるよう、国会の関与等の民主的統制が適切に確保されること

  ③参加する自衛隊員の安全の確保のための必要な措置を定めること

など3要件を満たせば 自衛隊の出動が可能という方向を示している


具体的には、

 ①「グレーゾーン事態(離島への武装集団の上陸・公海上での民間船の襲撃など)」への対処、

 ②「日本の平和と安全に重要な影響を与える事態」における
  米軍および他国軍隊に対する支援、

 ③他国軍隊による軍事作戦などへの支援、

 ④PKOなどでの武器使用権限と任務の拡大、

 ⑤集団的自衛権の行使、

 ⑥邦人救出と船舶検査、国家安全保障会議の審議事項ーーに関して法案の方向性を示している。

グレーゾーン事態への対処としては、有事に至らない場合でも
自衛隊が米軍や他国軍を守るために出動できるように自衛隊法を改定するとしている。

「米軍および他国軍への支援」では、周辺事態法の改定・恒久法の整備を明記するとともに、
有事のさいに米軍艦船を守り、米軍以外の他国軍への支援もおこなえるように改定。

さらにいつでも自衛隊を派遣できるように恒久法を整備し、
米軍や他国軍への弾薬の補給・輸送、戦闘機への給油などの支援を可能にするとしている。

他にも「周辺事態」という用語をやめ、地理的制約をとり払って、
世界のどこにでも自衛隊を派遣できるようにすることも加えられた。

また、PKO以外の「国際社会の平和と安全のために活動する」
他国軍隊の軍事作戦などへの支援(治安維持など)を常時可能にする新法の制定も明記している。

PKO協力法改定をおこない、PKOなどにおいて武器使用を可能にすること、
他国軍への駆けつけ警護で反撃することを認め、
さらに国連が統括しない軍事活動への参加についても、
要件を満たせば可能とする法整備を検討している。

「集団的自衛権」とかかわって自衛隊法、武力攻撃事態法などを改定し、
武力攻撃を受けている米軍艦船の防護、機雷掃海などにおいて自衛隊の出動を可能にし、
「新3要件」を満たせば、
新たに武力の行使、いわゆる戦争参加を認める法整備を検討すると明記した。

そして、「邦人救出」に関しては自衛隊法を改定し、
「テロ集団が大使館などを占拠した場合」において、自衛隊が出動して武力で現場を制圧し、
邦人や外国人を救出することを可能にするとした。

その派遣手続については、「内閣総理大臣の承認を要すること」とし、
ときの首相の判断で自衛隊の出動を命じることができるようにするものである。

周辺事態法の改定と連動して船舶検査活動法も改定し、
シーレーン(有事にさいし、国家の存立や戦争遂行のために確保
しなければならないとされる海上連絡交通路)などでの自衛隊の活動を可能にし、
船舶検査の参加を可能にする。

さらに「他国軍への物品・役務の提供」として、
「自衛隊と米軍がともに活動する場面」において、情報収集・警戒監視等についても、
「物品・役務の提供」が実施できるよう法整備を検討している。

共同訓練や災害対処以外でも、
米軍への武器弾薬・燃料・食料・宿泊などの提供をおこなえるようにする方向だ。


ガイドライン改定へ 軍事作戦は米軍と一体

米軍以外の支援相手にオーストラリア軍の名前が浮上したりしているものの、
「集団的自衛権の行使」が想定している集団」とは要するに米軍である。

イラク戦争にせよ、「イスラム国」討伐にせよ、
米軍の軍事作戦にいつも付きあわされているのがオーストラリア軍で、
この一味に自衛隊が加えられるのにすぎない。

その軍事作戦において「後方支援」としておこなう弾薬提供、燃料補給や食料供給は、
17歳少年(川崎少年殺害事件)の「ナイフあるよ」と差はなく、
衝突している相手国からすれば戦争の相手となり、たちまち攻撃対象となる行為である。

日米両政府は13年10月に日米ガイドラインの改定を巡って基本方針を合意し、
そのもとで昨年7月に安倍政府が集団的自衛権の行使容認を閣議決定した。
昨年10月には中間報告が出され、上述したような方向性が早くからうち出されてきた。
中間報告では、安倍政府が閣議決定した集団的自衛権行使を具体化し、
自衛隊の新たな対米協力には、米軍艦船を自衛隊に守らせる「アセット(装備品等)の防護」や、
中東ホルムズ海峡での機雷掃海を想定した「海洋安全保障」、
アメリカへ向かう弾道ミサイルを撃ち落とす「防空及びミサイル防衛」を盛り込み、
戦斗の最前線に立たせることを暗示した。

また「経済制裁への協力」、「避難民への対応」とともに
自衛隊が米軍施設の防衛(施設・区域の防護)、米軍救助(捜索・救難)、
米軍家族の避難(非戦斗員を待避させるための活動)を優先することも列記されている。

自衛隊の指揮所に米軍人を常駐させることも盛り込まれた。

さらに「日本に対する武力攻撃がないときでも日本の平和と安全を確保するために
迅速で力強い対応が必要」「切れ目なく日本の安全が損なわれることを防ぐ」とし、
「平時」「周辺事態」「日本有事」としていた区分をとり払った。

「日本有事」以外はすべて「グレーゾーン事態」と位置づけ、
集団的自衛権で攻撃・報復に踏み切れるようにするものだ。

地球の裏側まで自衛隊の出動を可能にし、地理的制約をとり払うことと、
より米軍と一体化した軍事作戦を可能にすること、米軍と自衛隊はもちろん、
米国NSCと日本版NSCなど政府間の指揮系統も連動させて事態に対処していく
ことなどを一気にゴリ押ししようとしている。

要するに自衛隊を下請軍隊として駆り出すもので、特定秘密保護法もその必要性から強行した

今後、日米両政府は安保法制整備を進める一方、
4月下旬には米国内で外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)を開いて
日米ガイドラインを改定し、その後、五月に
安保関連法案を国会に提出して成立させようとしている。

法整備を施した後は、アフリカ、中東、ウクライナなど世界各地の紛争地域に、
自衛隊が実戦的に放り込まれていくことが十分に想定される



末期的な資本主義 恐慌下で激化する争奪

冷戦が終結した後の世界は、リーマン・ショックによって暴露されたように
米国の単独覇権のもとで金融資本主義がたけなわとなり、
1%にも満たない金融独占資本が世界中の富を収奪する構造が敷かれてきた。

それが破綻すると、資本主義各国は国家財政の出動によって目先の危機を切り抜け、
犠牲をみな自国の労働者や勤労人民、新興国などに押しつけてきた。

しかし恐慌から抜け出せず、米国や欧州、台頭する中国やロシアといった国国の間の
市場争奪や覇権争奪はより激化したものになっている。

シリア、ウクライナ、中東、東アジア情勢にしても、
それらの矛盾と対立が反映しながら世界が流動している。

アメリカは91年湾岸戦争、2000年代に入ってからのアフガン侵攻、
イラク戦争と乱暴な侵略戦争をくり返してきたが、
中東では民族解放を望む現地の強力な抵抗にあって泥沼から抜け出せず、
ウクライナやシリア対応を巡っても覇権主義が通用しないまでに、
その衰退は深刻であることが暴露されてきた。

世界情勢は流動化し、その1極支配が揺らいでいるからこそ、
日本人を肉弾として駆り出そうとしている


基軸通貨であるドルの立場を利用して荒稼ぎしてきたが、
最終的な裏付けになるのは軍事力で
同盟国の軍事力によって乗り切ることを明言している


オバマ政府はアジア重視戦略に転換し、
TPPで中国を包囲したアメリカ中心の経済ブロック化をはかりつつ、
日本をアメリカの代理人として前面に立てて緊張関係を深めてきた。

東アジア地域において対中国との覇権争奪で矢面に立たされ、
恨まれ役をやらされているのが日本政府で、さらに範囲を拡大して
その軍事力をアフリカや中東など地球の裏側まで向け、米軍の鉄砲玉になって
自衛隊が出撃する体制を動かしている。

米軍の下請軍隊であると同時に、核の傘のもとで海外移転をくり返し、
新興国や後進国で大収奪をしている独占大企業の権益を守る必要性からも
迫られた軍事力の世界展開である。

親兄弟など320万人もの国民が殺された第2次大戦から70年が経過した

戦後の国是を覆し、再び戦争の火の海に投げ込む動きに対して
全国的に戦争阻止のたたかいを組織し、立ち向かわなければならない情勢が到来している





浅野竹二、二枚目、



「醍醐寺 春」です。




国費蕩尽、国賊ども、

◆http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5996.html
真実を探すブログ  2015/03/28 Sat.
酷い辺野古基地建設の沖縄県中止命令、無効とする方向で調整へ!
     政府は県命令の執行停止を決定!



沖縄県の辺野古基地建設問題で、日本政府は
沖縄県の中止命令を無効とする方向で調整を進めている事が判明しました。

林芳正農林水産相は3月30日に執行停止を決め、
翁長知事が発令した辺野古基地の建設工事中止指示を無効にすると決定。

執行停止が認められれば、県の指示は効力を失うことから、
辺野古基地建設工事が再び進められる見通しです。

ただ、沖縄県民側の反発はドンドン強まっており、
先日も機動隊との衝突で2名の市民が怪我をしました。

最近は拘束される市民なども増えていることから、
沖縄県民側の怒りが徐々に高まって来ています。

翁長知事も記者会見で「申し立て自体が成立し得ない」と指摘し、
政府の無効決定に抗議することを表明しました。

基地問題を巡っては、アメリカの専門家からも
「住民の意見を聞くために工事を中止するべきだ」という声が出ています。


☆辺野古移設作業停止指示、無効とする方向で調整 農水相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000044-asahi-pol

引用:

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設問題で、
県が沖縄防衛局に出した作業停止指示について、
林芳正農林水産相は30日に執行停止を決め、指示を無効とする方向で調整に入った。

執行停止は、防衛局が指示への対抗措置として申し立てたもの。

翁長雄志知事は27日、
「申し立ては不適法で却下されるべきだ」とする意見書を農水相に送った。

防衛局は作業停止指示の取り消しを求めて農水相に行政不服審査法に基づく審査請求をし、
あわせて執行停止も申し立てていた。

執行停止が認められれば、県の指示はいったん効力を失うため、
国が作業を停止する必要はなくなる。

:引用終了


コメント



*サツマイモ #- | URL | 2015/03/28

  流れ的には潮目が変わらんと本工事は無理でしょうネ?

  今回の調査工事で沖縄県側が負けても、
  県知事や市長が持つ行政上の権限は大きいですから、
  それを使えば本工事は相当妨害出来る気もします。

  例えば

  本工事での埋め立て免許の取り消しや、
  陸上部建造工事での計画通知への不許可・給水拒否等

  いくらでも手段は考えられますョ。

  それに

  県警はあくまでも県の組織ですから、国家機関の警察庁の命令統制は受けても、
  県知事は予算面で県警を縛れますし、市長も消防組織を指揮できますので、
  本工事での燃料等危険物の保管や運搬・使用等にストップをかけられますなぁ。
  防衛省の直轄工事では本工事の前に調査工事を行い、
  そのデータに基づき設計や積算契約等を行いますから、
  抵抗が強く予算の問題に発展すれば工事予算が執行出来ない可能性もあり、
  予算そのものが消えるでしょうネ?

  予算は最大2年しか延ばせないので、
  本工事が2年以上長引けば予算が消え
  辺野古埋め立て・移転は現実的に無理じゃなかですか?


  県や市による合法的な本工事作業中止指示が無視され、
  土砂で海が埋め立てられる情景は沖縄県民にとっては耐え難いと思いますョ。



◆http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_3589.html
神浦元彰 2015.03.28
◎辺野古移設作業停止指示、無効とする方向で調整 林農水相 

記事の概要

上記

コメント

日本が法治国家なら
行政を司法が点検(審査)をするという構図を守るべきと思っていたら、
行政が行政を点検して是非を判断することをしている。

無理を通せば道理が引っ込むような行政をすべきではない。

これから原発の廃棄物を処理する施設の建設で、国と地元の対立が高まるだろう。
そのとき、地元の反対運動を封じるために、国は権力で封じることができるのか。

安倍首相は沖縄の基地負担を減らすために、
嘉手納以南の米軍施設を返還すると説明するが、

あれは米軍再編で必要がなくなった米軍施設で、
沖縄の基地負担を軽減するために措置ではない。

普天間飛行場に配備していたKC130空中給油機を岩国基地に移したのは、
朝鮮半島情勢に米海兵隊が迅速かつ効率的に対応するためである。

沖縄の米軍基地の負担軽減ではない。

グアムやハワイから朝鮮半島に飛来するオスプレイや輸送ヘリに給油するためである。

普天間飛行場では遠すぎるからだ。

もはや、その程度のウソが使えるほど、沖縄の人は軍事を知らない訳ではないと思う。




浅野竹二、三枚目、



「鞍馬寺 春色」です。



オバマ信者だがw これはありうる、

◆http://jp.sputniknews.com/incidents/20150328/105264.html
Sputnik 日本 2015年03月28日
A320操縦士の恋人彼は体制変革を望んでいた


フランスで墜落したエアバスA320機の副操縦士アンドレアス・ルビツ氏の元恋人によれば、
同氏は「体制を変革し、歴史に名を刻む」ことを望んでいた



ドイツ紙「ビルド」によれば、ルビツ氏は
「すべての人の記憶に自分のことが刻まれる」ために、
エフェクトの高い行動を取ろうとしていた。
「テレグラフ」紙が伝えた。
「それを聞いたときは何も思わなかったが、今になってあれは と思う」。


ルビツ氏は秘密主義者で、自分のことをあまり語らなかった。

真夜中に「落ちる!」と叫んで目を覚ますこともあった。

「墜落事故のあと、彼の話した言葉が次から次へと思い出されてきた。
いつかどでかいことをしでかしてやる、体制を変革するんだ、
全ての人が僕の名前を知り、それを記憶するだろう……」

と副操縦士の元恋人の女性。

事故の少し前、ふたりは別れた。

ルビツ氏はしかし、縒ヨりを戻そうと、自動車を買い与えなどした。




◆http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34778220.html
新ベンチャー革命2015年3月28日 No.1093
ドイツ機墜落事件は第三次世界大戦を企む放火魔勢力による
 偽旗テロの失敗だった可能性あり

 オバマ政権と独仏政府は副操縦士の無理心中に矮小化して戦争回避に成功か




1.ドイツ旅客機墜落事故:
  すべての原因を副操縦士の故意の操作に集中させるプロパガンダが展開されている


本ブログ前号にてドイツ旅客機墜落事故を取り上げました。その後、
この事故は副操縦士による故意の墜落(犯罪)だとする方向にプロパガンダが進んでいます。

この事故に関して、すぐに、ボイスレコーダー発見が公表されて、墜落原因が特定され、
犯人にされている副操縦士の家宅捜査にまで発展しています。

この事故の調査は、米仏独の政府で統制が取れているという感じがします。

この事故ではなぜか、当初から、米国が介入しているのが特徴です、
米国人乗客はわずか2人であるのもかかわらず・・・


そして、この事故の原因をすべて、
副操縦士のせいに集中させるプロパガンダが行われています。

世界の人々は、このところ頻発する航空機事故や一連のテロ事件と、
この事故が関係するのか、しないのかを一番危惧していると思われます。

昨年起きた二度のマレーシア航空機事故は、失踪事故と墜落事故ですが、
どちらもその原因が十分に解明されていないまま
となっています。

だからこそ、余計に、世界の人々は今回の事故が、
一連のテロ事件と関係あるのか、ないのかが非常に気になるわけです。
それは筆者も同様です。

本ブログでは、今回の墜落事故は何らかのテロであり、
米国戦争屋ネオコンが関与している
と疑っています


その根拠は、事故発生後すぐに、米戦争屋配下の米マスコミがいっせいに
独仏政府発表に先んじて、副操縦士犯人説を報道したからです。

しかも、なぜか、FBIが動き出したからです



2.今回の事故原因をすべて副操縦士のせいにするプロパガンダは9.11事件と同じ手口だ!

今回の事故の特徴、それは、事故発生から間もなく、事故原因とその犯人が
ただちに特定された点にあります。

そこで思い出されるのが、あの9.11事件です。

9.11事件は旅客機がテロに利用された代表的事件ですが、このときも、
犯人がモハメッド・アッタなどのアルカイダ一味であると事故直後に特定されて、
彼らが空港で通関するときの画像が繰り返し米マスコミで流されました。

そして、一味の何人かの顔写真も繰り返し流されました。
ところが、後からわかったのは、彼らの多くは死んでいなかったことです。

つまり、当時の米政府(ブッシュ米戦争屋ネオコン政権)が
適当に犯人像をでっち上げていたことが後から判明しています。

以上より、今回のドイツ機事故の犯人の早期特定と、顔写真の早期公開の手口は、
9.11事件の展開と酷似しています。


3.今回の事件究明プロセスにおいて、肝心の証拠は何一つ公開されていない、
  すべて、米独仏当局の発表のみ


今回の事件のその後の展開を観てみると、ボイスレコーダーの音声は公表されていません。
また、副操縦士のもっていた医師の診断書も公開されていません。

そして、副操縦士を診断した医師のインタビュー画像も公開されていません、
あるのはすべて、米仏独当局の発表のみです。

我々の発表を信用しろといわんばかりです。

一方、マスコミは、当局の発表なので、何の疑問も抱かず、そのまま、
当局の発表を報道しています。
こうして、われわれ国民は、支配層の思うままに洗脳されていくわけです。

世界のマスコミは、この事件で、なぜ、ボイスレコーダーの生の声や
証拠となる診断書を当局が公開しないのかについて疑問すら発していません



4.当該墜落機は仏アルプス山中にどのように墜落したのか発表されないのはなぜか

今回の墜落事故報道で、仏アルプス山中の墜落現場の航空撮影画像は頻繁に流されていますが、
最初にどの地点に航空機本体が衝突したのかがわかりません

非常に細かい破片が無数に広範囲に散らばっている画像ばかりです。

ところが、墜落機は空中爆発しておらず、
そのまま山岳地帯の斜面に激突したことになっています。

それなら、最初に衝突した場所はココとわかるはずですが・・・。

本ブログの見方では、どうも、空中で木端微塵に爆発したのではないかと思えます。

ネットでも空中爆発を疑うブロガーがいますし、本ブログも同様です。

ところで格安航空機は燃料節約のため航路を迂回しないはずなのに、なぜ、
迂回したのかも不思議です、
専門家は天候状況により航路を迂回させることはよくあると言っていますが・・・。

当該機は、たまたまアルプス山中に墜落したので、一般人が墜落現場に近づくこともなく、
当局は現場をコントロールし易いのは確かです。


5.今回の事故は隠れテロである可能性はないのか

本ブログではこの事故は隠れテロであった可能性を疑っています、
そして、航空機をテロに利用する勢力は米戦争屋ネオコンとみています。そ
の理由は以下と推測されます。

(1)米戦争屋ネオコンは、ロシアと敵対関係にあるので、
   独仏など欧州主要国に対露制裁に協力するよう要請しているにもかかわらず、
   独仏は対露制裁に非協力的である。そこで、
   米戦争屋には独仏を威嚇する動機が存在する

(2)米戦争屋ネオコンは、ウクライナ紛争と中東紛争を起爆剤にして
   第三次世界大戦を画策している。そこで、欧州の人々に対し
   惨事便乗型マインドコントロールの一環として、今回の事件を仕組んだ。

(3)米戦争屋ネオコンは旅客機の技術が進化しているので、
   これを新たな兵器として利用しようとしている。
   今回の事故は、その実験のひとつとして位置付けられる。
   9.11事件はまさにその実物実験であり、今回の事故もその延長線上にあるとみなせる。

(4)昨年起きた二度のマレーシア航空事故機は米戦争屋配下のボーイング製777であり、
   ネットで米戦争屋ネオコンによるテロが疑われている。
   そして、御巣鷹山事故を経験したJALなどは、ボーイングからエアバスにチェンジし始めた。
   そこで、エアバスでも事故を起こして、ボーイング新型機(オートラン搭載機)への
   疑惑を払拭する必要があった。ちなみに、昨年末に起きたマレーシア格安機の
   インドネシア沖墜落事故は、今回の当該ドイツ機と同じくA320であった。
   その意味で、今回のドイツ機事故は、3件のマレーシア機事故と関連している可能性がある


6.大胆な推理:
  イスラム国もしくはロシアのテロリストを犯人にでっちあげる偽旗テロだったが、
  独仏を仕切る欧州寡頭勢力の判断で、副操縦士犯行説に切り替えた



最後に、本ブログにて大胆な推理を行うと、今回のドイツ機事故は、
第三次世界大戦を着火(放火)させたい米戦争屋ネオコンが仕組んだ
偽旗テロの失敗だったという仮説です。

ほんとうは、当該機は、アルプス上空で空中爆発させられたのではないでしょうか
(当該機に軍用機が随伴していたという説あり)


そして、米戦争屋ネオコンは、イスラム国もしくはロシア系テロリストを
犯人にでっち上げる予定だった
のではないでしょうか。

ところが、独仏政府を牛耳る欧州寡頭勢力は、この偽旗テロを成功させると、
それこそ、欧州国民の怒りを買って、
NATOが中東もしくはウクライナ紛争への参戦を余儀なくされ、
それは確実に第三次世界大戦に発展します。

そこで、オバマ政権と独仏政府は結託して、
副操縦士アンドレアス・ルビッツ一人に罪を押し付けて、道連れ心中事件に転化、
米戦争屋の企んだイスラム国もしくはロシア・テロリスト犯行説を
打ち消すことにしたのではないでしょうか。

事件後、まず、オランド仏大統領が発表した点、そして、
米政府(アンチ米戦争屋のオバマ系)が、これはテロではないといち早く発表、
米マスコミを巻き込んで、副操縦士無理心中説で世界を洗脳していったということです。

このことから、これまで米戦争屋配下であった米マスコミとFBIは今回に限り、
オバマ政権に協力したことになります。

こうして、ひとまず、第三次世界大戦への着火(放火)は未然に消し止められたということです。




続報を待ちたいと思います。



コメント

花のたよりⅡ

2015-03-28 10:43:23 | Weblog
 画は 豊原 國周 (とよはら くにちか)
 
 天保6年(1835) ~ 明治33年(1900)     

 号は一鶯齋、など。               作


  「歌舞伎座 所作事 道成寺」より、

  「白拍子花子 市川團十郎」です。


☆晴れ。

さぁ? サイコパスは信用できないねぇ、

◆http://jp.sputniknews.com/opinion/20150327/98549.html
Sputnik日本 2015年03月27日
日本、TPP問題で米国に 拙速な妥協せず

 byアンドレイ イワノフ


親米をもって聞こえる日本の安倍首相といえども
米国との友情のために日本の国益を犠牲にする気はないようだ。

金曜の参院予算委員会で安倍首相は、TPP交渉で米国に譲歩し、
それをもって自身の訪米の手土産とする気はない、との意思を表明した。



「交渉は大詰めに来ている。しかし未解決の問題も残っている。
私がいま米国へ発つからといって不必要な妥協をするには及ばない」

「国益を守る。攻めるときは攻め、守るとなれば守る」と首相。

十分に理解可能な姿勢である。

日本の大手企業はTPP加盟に積極的だ。

世界の有望市場により自由にアクセスできるとしてこれを歓迎している。

しかしたとえば農業セクターなどは、むしろTPP加盟による損失を警戒している。

モスクワ国立国際関係大学主任研究員アンドレイ・イワノフは次のように見る。


  「日本はTPP加盟による農業市場自由化で輸入食品の価格が下がり、
  国産基幹食料品の価格が4割程度急落するという事態を恐れている。
  日本の農業は国からの補償に完全に依存し、競争力をもたないのである」



米国と日本のTPP交渉は難航している。

この3年、米日閣僚級交渉は20回あまり行われ、
その都度「立場の歩み寄りが認められる」とか「交渉を継続していく」
との声明が出されたが、現実には立場の歩み寄りは行われなかった。

2015年1月末、朝日新聞は、日本はTPP交渉で米国に譲歩する用意がある、と報じた。

具体的には、米国産米の無関税輸入枠を拡大し、また、
今後10年間にわたり牛肉の輸入関税を現行の38.5%から9%に引き下げる、との事だった。

甘利経済再生担当大臣の「交渉決裂を危惧しての譲歩である」との言葉が伝わっている。

どうやら日本は、交渉決裂は十分あり得る、と考えているようだ。

日本がTPP交渉と並行してASEAN、豪州、EUとのFTA締結を加速させているのも
そのためだろう。 日中韓FTA交渉が近日中に再開する見込みもある。

これらのことが示唆するのは、

日本は自ら世界一流の政治的プレイヤーをもって任じ、
必ずしも米国の国益と一致しない独自の利害関係を持っている、ということである。

今日の安倍首相発言にもあるように、日本はそうした国益について譲歩しはしないのである。

なお、TPPは加盟国間の財・サービスの移動に対する関税を
ほぼ全面的に撤廃することを予定している。

まずチリ、ニュージーランド、ブルネイ、シンガポールが締結し、
のち米国、日本、豪州、ベトナム、マレーシア、メキシコ、ペルーが交渉に加わった



◆http://jp.sputniknews.com/incidents/20150327/102635.html
Sputnik日本 2015年03月27日
A320型機墜落副操縦士の自宅で 診断書が見つかる


フランス南部に墜落したドイツの航空会社ジャーマンウイングスの
エアバスA320型機の副操縦士は、墜落当日、
病気休暇をとらなければならない状態にあった。


AP通信が伝えるところによれば、アンドレアス・ルビッツ副操縦士の自宅で、
墜落当日の日付の病気休暇に関する診断書が見つかったという。
なお診断書は破られていた。
ルビッツ副操縦士は、同僚たちに病気のことを隠そうとしていたと見られている。

検察当局は、副操縦士の自宅では、遺書、また政治的あるいは宗教的動機を示すものは
一切見つからなかったと発表した。

独Bild紙の情報によると、副操縦士は精神疾患の治療を受けていた。
約6年前にうつ病の治療を受けていたという。
副操縦士は、治療のためにパイロットの訓練を中断せざるを得なくなった。

伝えられたところによると、副操縦士の個人資料とパイロットライセンスには、
医師による定期的な診断が必要であると記されていた。





◆http://my.shadowcity.jp/2015/03/post-6767.html#more
ネットゲリラ  (2015年3月28日)
晋三だけは政治家にしてはならない


北関東は放射能まみれ、景気はズンドコ、それを隠して、
放射能なんてない、景気は絶好調と言い続ければ、
世の中、そうなると信じているのが自民党ですw 
信ぜよ、さらば救われんw 
おいら統一協会じゃないので信じません。

景気はズンドコだし、北関東は放射能まみれ。
幸い、箱根山が放射能をプロックしているので、
伊豆半島も中伊豆から東海岸にかけての半分は大丈夫です。
伊東あたりは北関東と同じだろうね。
まぁ、東京や埼玉みたいにホットスポットはないとしても。


  ☆http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/
   toyo-20150326-64328/1.htm
  東洋経済オンライン 2015年03月26日
  ◎安倍政権下で景気回復を実感できない理由

  読者の皆さんは景気回復を実感しているでしょうか。
  先日の日本経済新聞では、
  日経とテレビ東京が実施した世論調査において、
  景気回復の実感を聞くと、
  「実感していない」が81%にものぼったとの報道がありました。

  一方、「実感している」は13%にとどまったこと、
  アベノミクスを「評価する」は39%で、
  「評価しない」の41%と拮抗したことなどを同時に報じています。
  私もいろいろな場で「アベノミクスの恩恵を受けているのは
  約2割の人々に過ぎない」と訴えてきましたが、
  この世論調査でも概ねそれに近い結果が出ています。

  「過去最高水準の賃上げ」の真実

  連合の調査では、2014年春の労使交渉において、
  定期昇給とベアを合わせた賃上げ率は2.07%と、
  1999年以来の高さとなりました。2015年春の労使交渉においても、
  主要企業では過去最高水準の賃上げが相次いでいるようです。
  このままいくと、2014年と同じ水準、
  あるいはそれ以上の賃上げが達成できることになるでしょう。

  こうした報道を見ている人の中には、日本経済に明るさが戻ってきた
  ように感じられる方もいるかもしれません。

  ところがこれは、連合に加入する労働者に限った話であり、
  その割合は日本全体の労働者のわずか12%程度にすぎない
のです。
  つまり、メディアで盛んに取り上げられている
  「過去最高の賃金上昇」とは、
  労働組合がない企業の労働者は含まれていないわけで、
  賃金の大幅上昇はごく一部の大企業だけで達成されていることなのです。


嘘と捏造と脅迫で成り立っている政権です。
TVから追放された古賀茂明氏の捨てゼリフw 

「普通の人たちは、まだまだ分かっていないと思うんですよ。
どれだけ危機的状況にあるのか。
電通の人が言ってた。自民党にはお金が唸ってる。それを取りに行くんです」

どうやら取りに行かないとくれないらしいw 
おいら、東京は放射能まみれなので、行きませんw


  -----------------------
  内需死亡、国民を時給3ドルで働かせて海外でダンピングする
  ネトウヨの敵、韓国にようやく追いついてきたな
  -----------------------
  安倍はチョン!
  -----------------------
  やっぱ消費税と電機料金値上げが効いてるんだな。
  ほくでんは17%あげたしな
  -----------------------


古賀さんは民主党あたりから立候補したらいいんじゃないかな。
降板騒動で、むしろ名前を売った事だしw


  -----------------------
  ちなみに今の株価は年金買いで上がってるだけで、
  企業業績、価値とは乖離しつつある単なるバブル。
  昨年より売り上げ、純利益下がってるのに
  株価上がってる企業どれだけあることか。

  政府はもう少し常識的な政策しろよ。
  税金=年金をギャンブルに突っこんでバブル作って、
  最後は外人に取られる
んだろーが、
  このまま実体経済と乖離した株価上昇続けたら
  間違いなくバブル弾けるぞ?
  赤字国債切る限度額越えたらどーすんだ?
  今後毎年税収下がるとゆーのに。
  -----------------------
  景気よくなってるなら利息上げろよ
  安倍になってからでもまったく上がってないぞ
  -----------------------

4月の昇給、大企業と、景気が良い会社(特に公共事業関係)は、
4千円くらい上がるだろう。
公共事業関係の会社には、役所から圧力が掛けられてます。
給料あげろ、と言われてますw 
実際、請負金額も上がっているし、
公共事業だけはふんだんに仕事が出るので、上げる余力はあると思う。
でも、民需はダメダメですw


コメント


*まいんちゃん | 2015年3月28日 | 返信

  安倍は頭が悪い上に、岸信介の亡霊に取り憑かれた精神異常者で、
  しかもカルト宗教に飲み込まれてるという、
  社会に出しちゃいけないレベルのゴミ人間。

  すぐヒステリー起こすしな。


*ごんた | 2015年3月28日 | 返信

  江戸時代の大名だって、実の息子がヤバそうだと、廃嫡して、
  賢そうな子どもを親類筋や他所の大名からもらってきた。

  そりゃ当然のこと。馬鹿殿の不行跡によるお家断絶なんぞ
  ということになれば、家臣団一同の解散、
  浪人という事態を招くことになります。

  晋三馬鹿殿の下、日本人全員が解散、浪人
  という途をひたすら進んでいるように見えます。
  原発のもう一つ二つの爆発か、
  米軍のお供で世界中を相手に戦争を始めれば

  あっという間に、日本はお家断絶です。

*t3t | 2015年3月28日 | 返信

  古賀さんは、渡辺喜美とセットで売り出されたという出自が。
  その後、みんなの党や維新周辺にいたし、TPP賛成だし。



「あの男だけは、絶対に総理にしてはならない」=故・後藤田正晴(元警察庁長官で副総理)。





國周、二枚目、



「東海道一ト眼千両」 「府中 寺西閑心」です。

【寺西閑心】
 江戸初期の侠客。尾張の人。江戸で剣術を指南。
 のち禅門に入ったが、還俗して侠客となった。
 赤坂氷川で六法組の俠客一三人を斬り、下野へ逃れた。生没年未詳。




壺三狂信の二代目ですがw

◆http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2015-03-26
余命3年時事日記 2015-03-26
閑話休題 Q&A


より抜粋、

「クリミアの戦訓から」

急速に悪化している日韓関係は、いつ発火してもおかしくない。
安倍政権も自衛隊もそれを待っているふしがあるから
予兆があれば一気に作戦開始となる可能性がある


その際の対応は間違いなくクリミア方式だから、
とりあえず短期間でカタはつくだろう。

メディアを1日で制圧、政治組織と軍も2日で制圧したあとは、
クリミア内部の情報は何一つ出てこない。完璧な作戦だった。

義勇兵とか民兵立ち上げという事態の可能性はまずない。
政府はそうなる以前に手を打っている。
在日武装勢力や反日勢力が武装蜂起するような事態には至らない。

しかし、問題は在日武装勢力や反日勢力が
日本の準備を過小評価している場合だな。

実際に他のサイトの書き込みを見てみると
なめているようなコメントが多い。
ド素人が集まっての兵隊ごっこで何ができる という論調がほとんどだね。

予備役8000人、増員5000人、加えてOBである。
予備役は定期的に最新システムに適合するよう訓練を受けている。
またOBは年令にばらつきはあるものの全員が陸海空の別なく
基礎教育である戦闘訓練を受けている。
つまり最低限、歩兵として銃器を扱えるということだな。

この予備役、OB部隊は潜在的なもので、普段は存在しない。
しかしいったん編成となると、自衛隊普通化部隊並の装備となる本格的戦闘部隊だ。

コソボでは得体の知れない武装組織(実際はセルビア国軍)が、
クリミアでは武装組織(ロシア系、実質ロシア軍)が活躍した。

そして日本では潜在的武装組織が存在する。かたちは全く一緒だな。
反国家勢力の掃討、駆逐には超法規的武装組織は絶対に必要である。
日本は準備完了ということだ。

私的経験になるが、シリア、アフガン、イラク、どこでもそうだが、
戦時に法など存在しない。ましてや日中戦争とか、日韓戦争ともなれば、
双方の国が敵国に対する憎悪のかたまりとなって引き上げなど、まず不可能だ。

中国は日本との軍事格差があまりにも大きいことがわかって、
現場での偶発的な衝突以外は 間違っても戦争になることはありえない
が、


韓国は事情が違う。
それは日本国内でどっぷりと在日特権に浸かっている在日が原因だ。

2015年7月8日以降、あらゆる場面で衝突がおきるのは必至
だろう


冒頭に述べたが、彼らは韓国語が話せず、
ハングルの読み書きができなくても韓国人だ。日本人ではない。 

クリミアにおいては反国家勢力の駆逐殲滅には、
メディアの殲滅破壊(親露であって殲滅破壊はなかった)、武装勢力の殲滅、
反国家政治家の駆逐が徹底した色分けのものに実行された。

日本も全く同じように進行している。あと1年で韓国が突然、親日になるとか、
在日や、ヤクザが全員韓国に帰国とかのサプライズがないかぎり
凄まじい事態は避けられないだろうな。
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2014-07-10

メディアを1日で制圧、政治組織と軍も2日で制圧したあとは、
クリミア内部の情報は何一つ出てこない。完璧な作戦だった。

いろいろなサイトの書き込みに、
日本においては秘密裏にクリミアのような武装組織はできない
とのコメントが数多く踊っていたが、それは彼らの願望にすぎない。

自衛隊の活動は日本の反日メディアが報道しないだけで、
別に隠しているものはない。HPでその実態は常に公開されている。
2014年からの中期防での増員に限らず、自衛隊では常時隊員募集をしている。
正規隊員になるための倍率がいったいどれだけか知ったらみな驚くだろう。
また今年の予備自衛官の訓練日程も公開されている。びっしりだね。
ブルーリボン傘下の自衛官OBまで含めると、すでに2万人近くが待機状態にある。


.....Q

凄惨な衝突、殺戮戦というような確率は?

.....A

さすがにわかりませんね。可能性を考えればきりがありません。
すでに治安機関が警戒態勢をとっている状況では、
組織的にまとまっての抵抗は一瞬でまとめて駆逐されますから
それはないと思われますが、一族郎党、在日特権にはまりこんで、
たとえば個別に生活保護を月合計100万円以上受給なんて輩は、
ばれたら一瞬でゼロですからね。
必死に抵抗するでしょう。あらゆるパターンが想定されますね。

もうすでに、在日であることや
通名がばれるのを極端に恐れているような状況ですから 何でもありでしょう。

先日の台湾通関における係官暴行骨折事件は
隆大介という日本人俳優という楽天その他メディアの報道は、
台湾では在日韓国人張明男であるにもかかわらず
日本人の犯罪としているわけで、まさにその行為こそが犯罪でしょう。

驚いたことにWikipediaにおける人物情報まで手をのばして
在日情報を削除しております。
これは削除履歴が残るので意味がないと思うのですが...。

日本ではかなり名の通った俳優でさえこのありさまですから油断は禁物ですよ。

話は飛びますが韓国旅行なんて厳禁。

触らぬ神に祟りなし! 近づかないことです
。 




國周、三枚目、



「けいせい敷島 沢村田之助」(三代目)です。



ひつこく異常なNHKの小保方叩き、

◆http://blogs.yahoo.co.jp/nx3262p0yz057j/13083475.html
DORAのブログ 2015/3/26(木)
NHKの悪意


みなさんキチンと論じてくれているので、
これ以上、あたくしが言うのも蛇足かもしれないけど。

NHK自家蛍光報道に関しては、論点は次の二つに尽きるんじゃないかな。

  (1)小保方さんは、それが自家蛍光(死細胞であること)の
     可能性を意識していたかどうか。

  (2)そのうえで、小保方さんは、それが真正のOct4発現(初期化)である
     ことを確認する実験を行っていたかどうか。

じっさいには、(1)も(2)も満たしているから何の問題もないんじゃないの。

ようするに、NHKあるいは調査委が問題としているのは
赤色フィルターを用いなかったという、この一点に尽きる
ようだ。

この一点だけをもって、「甘かった」の一言を引き出し、
「自家蛍光とOct4発現を区別しなかったのが大きなミス」
という結論にもってくのは、どう考えても強引だよね。

念のために言っとくけど、これは論文自体が捏造かどうかとは
切り離して考えることのできる問題だ。

肝心なのは、「初期化は緑色蛍光だけでは保証されないから、
別の方法で初期化を確認することが必要だ」というロジックを
論文筆者が把握していたかどうかであり、
論文をみるかぎりでは、そうしたロジックはきちんと把握されているわけだ。

それを、ただ「赤色フィルターを使わなかった」という、
この一点だけで針小棒大に騒ぎ立て、
イチャモンつけてるのがNHKと調査委だってことになる。

さらに、NHKのWEB記事では、

「一方で、刑事告訴を見送る決定は、
調査委員会が行った詳細な調査を検討した結果行ったと発表した。
これでSTAP問題に決着がついたと本当に言えるのだろうか」‥‥とある。

ようするに、一番言いたかったのがこれだろ。

刑事告訴は見送られ、例の告発も警察から受理されない。

これが反オボにとって意外とダメージだったらしい


だから、刑事告訴見送りの四日後に、あせってこの記事を出したわけだ。

急いでダメージを回復させようと思ったんだな。

しかしねえ、窃盗の告発なんて最初からトンデモ告発だよ。
だから相手にされないのが当たり前であって、
それが気に入らんと逆ギレされてもねえ。

いやはや、なんとも困ったちゃんですねえ。


◆http://blogs.yahoo.co.jp/nx3262p0yz057j/13087739.html
DORAのブログ  2015/3/27(金)
科学としての法律学

『科学としての法律学』(川島武宣 岩波)という、
法理論の古典とされる書があるが、それによると、
法理論的には「実在事実」(本当にあったこと)は不可知であるとの立場をとる。
本当のことは、裁判官にも検察官にも弁護士にも我々にもわからない。
神様にしかわからない。
したがって、司法によってできることは、なるべく多くの証拠を集めたうえで、
それに基づいて事実認定を行うことだけである。

つまり、裁判とは、事後的に「認定事実」を構成していく作業なのである。
そして、最終的に「認定事実」が「実在事実」に一致するのか、これは保証できない。

人間によってやれることには限界があるからである。

「警察の捜査が入れば真相が究明される」
と反オボもマスコミも思い込んでいるようだが、それは単純すぎる考え方である。

仮に警察が入ったとしてもやれることは、
できるだけ多くの証拠を採取することだけである。
その証拠に基づいて何をどう判断するかは司法の役割である。

しかし、マスコミの報道する石川氏の告発内容をみるかぎりでは、
警察がどう動いたところで得られる証拠は知れている。

この件を起訴に持ち込むかどうかは検察の判断だが、
そのさい、検察は犯罪事実を組み立てる必要がある。

つまり、いかにして犯罪を犯すに至ったか、その経緯や方法など、
証拠に基づいてストーリーを組み立てるわけだが、
そのさい検察が一番に考えることは、そのストーリーが事実認定されるか、
すなわち裁判に勝てるかどうかであって、それが実在事実であるかどうかは関係ない。

とくに日本の検察は99%勝てる見込みがなければ起訴しないことで有名である。
裁判に勝つためには、検察の描いたストーリーが
合理的で説得力のあるものでばければならないのは当然である。

そこで、小保方さんの場合をみると、まず窃盗にいたる動機は何か?
ということになる。これはもちろん
「捏造に必要なES細胞を得るため」ということになる。

事件の経緯からいって、それ以外には考えられない。

しかし、GLSもAC129もコントロールESを用いたとなっているから
最初から盗む必要がない。
FLSも大田氏がフリーザに残し忘れたFES1を用いたことになっているから、
これも盗む必要がない。
「ntES BOX Li」は、実験の終わった後に盗んでも使えないから、
これまた盗む必要がない。

最初から盗みを働く動機を説明できない
この時点で、すでに検察は合理性のあるストーリーを描けない。

ネットでは、「オボはもともとデタラメな人間だから理由もなくデタラメに盗んだのだ」
というような論法がまかりとおっているが、
そのような論法は2ちゃんねるでは通用しても法廷では通用しない。
失笑をかうだけである。

また、小保方さんのフリーザーに(大田氏のFES1を含めて)大量の
雑多なサンプルが残されていたとしても、日本中どこの研究室にも
昔の研究員が残したサンプルがゴロゴロしている状況なのであるから、
そんなものがいちいち窃盗にあたるのかどうか、
司法の場で争うこと自体がまるで茶番である。

こんなもの、起訴に持ち込めば、検察が笑いものになるだけであるから、
検察はまず起訴しない。したがって、警察としても、
検察が起訴してくれないことが明白な状況では、わざわざ捜査に乗り出さない。

もとから検察の相手にされないような捜査をやったら、今度は警察が大恥をかく。
そうしたリスクを冒してまで反オボの過剰なリクエストに応える義理はない。

理研の弁護士も、それがわかりきっているから、告訴を引き受けない。

結論。 石川氏はたんなるアホ。




NHKは一旦、全面解体、民営化が至当です。

あまりにも偏向が酷い。

朝ドラ、大河、紅白など、くだらないw


コメント

花のたより

2015-03-27 10:43:23 | Weblog
 画は 前田 政雄 (まえだ-まさお)

 明治37年(1904年) ~ 昭和49年(1974年)  大正-昭和時代の版画家。

 函館生まれ。上京し川端画学校卒。
 風景版画がおおく、量感のある山岳風景画で知られた。      作


  「嵯峨野の春」です。


☆晴れ、気温上がるとのこと。

まずは、混沌と狂騒、

◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51954968.html
日本や世界や宇宙の動向 2015年03月26日
イランが米軍の極秘情報を入手。。。イスラエルは41ヶ国への渡航禁止


中東に関するニュースです

イスラエル政府は、イスラエル市民に41ヶ国の渡航を控えるように勧告しました。
世界中でテロ事件が起きていますし、旅客機事故が起き続けています。

さらにロシアとアメリカの戦争が始まるのではないかとの報道もありますし、
中東もカオス状態です。。。。

日本人観光客もテロの標的になってしまいましたから、
GWに海外旅行を計画している方々はよほど勇気があるか、
あまり情報を知らないのだと思います。無事に海外旅行から戻ってこれたなら。。。
とても運が良い方々です。

もちろん殆どの旅行者は無事に帰国できるのでしょうが。。。
世界の情勢を見ると、海外に出かけたい気にもなりません。
仕事で海外に行かれるビジネスマンは大変ですね。
十分にお気を付けてください。


☆http://beforeitsnews.com/eu/2015/03/iran-obtains-top-secret-us-military-
 intel-israelis-issue-travel-alerts-for-43-countries-links-3-march-25-2015-2580570.html
 
(概要)

3月25日付け:

月曜日に、イスラエルの国家安全保障会議のテロ対策局は、
イスラエル市民に対して
国連加盟国の4分の1にあたる41ヶ国に渡航しないように勧告しました。

ユダヤ教の祭り(パスオーバー)と夏休みを控えたイスラエルですが、
政府は確かな情報を基に、一定期間、これらの国々に渡航しないように警告しました。

最近、イスラム過激派のテロ事件が起きた
ベルギー、カナダ、オーストラリア、フランス、デンマークでは再び
イスラム過激派のテロ事件が発生する危険性があります。

イエメンの治安部隊が保管していた秘密情報ファイル
アメリカの諜報活動の詳細が記されている資料)が
イランが支援する民兵組織のリーダーらによって盗まれました


米諜報機関の関係者は、昨年の9月にサナを占領し
親米大統領を追放したフーシ民兵組織を支持するイエメンの高官らが
イランの指導者らに追加のファイルを手渡した可能性があると言っています。

このような秘密情報が盗まれたということは
イエメンを拠点とするアメリカ諜報ネットワークにとっては大きなダメージです。

6ヶ月前にオバマがイエメンのテロ対策オペレーションを賞賛していましたが、
つい最近まで、イエメンに配備された米軍部隊とイエメンの大統領や政府とは、
密に連携をとってアルカイダのテロ活動を絶つ作戦を実行してきました。


どうやら、100人以上のソマリのイスラム教徒がアメリカに入国したようです。

米政府関係者は、イランと世界の大国(米、英、露、中、仏、独)との
核に関する話し合いが頓挫した場合、
イランはイラクの米軍部隊を攻撃する可能性があると伝えました。

さらにアメリカがシリアのアサド大統領を追放しようとしたなら、
イランはシリアの同盟国としてイラクの米軍部隊を攻撃するだろうと考えられています。

火曜日の午前中に報道されたアルアラビニュースによると、

アサウジアラビアはイエメンを空爆しました。
サウジ軍の戦闘機がイエメンのフーシ民兵組織の拠点を空爆し
彼らの防空施設を破壊しました。


墜落したジャーマンウィングの旅客機のパイロットは
墜落する前にコックピットから閉め出されました


(ということはやはり。。。CERN(素粒子加速器)のせいではなく、テロだったのでしょうか?



◆http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3491.html
カレイドスコープ万華鏡 Wed.2015.03.25
安倍内閣はイルミナティーの二大NWO機関の下で動く

より抜粋、

去年、NYのWTCの敷地内で建設工事が進められていた
西半球でもっとも高い多目的ビルディングが完成した。

ビルディングの名前は、当初「フリーダム・タワー」と名付けられていたが、
工事が進むにつれて政府機関であるニューヨーク港湾委員会によって、
ワン・ワールド・トレード・センターと改名された。

テロによって崩壊したWTCの頭に、とうとう「ONE」がついたのだ。

このビルディングの高さは、1776フィート。
もちろんこれは、アメリカの独立宣言にちなんだ数字ではない。


☆フリーメーソンに、コロリと騙される日本の新聞


私たちは、常に「なぜ、日本の政治家は選挙で選ばれると同時に、
それまでの公約とまったく逆のことを平気でやろうとするのか」、
この謎に悩まされています。

なぜ、「白アリ退治」の急先鋒だった民主党の野田佳彦が、
総理大臣に選ばれたとたん、大蔵官僚の言いなりになってしまったのか。

その豹変ぶりは、記者クラブ上がりのお行儀の良いコメンテーターにさえ、
「いったい誰の指図を受けているのだろう」と言わしめたほどです。

さらに、安倍政権は、ほとんどすべてが民意と逆のことを強行しています

彼自身も、その理由を説明できないまま、
取り憑かれたように、破滅の道を突き進んでいます。

これは、いったいどこから来るのだろう・・・

謎の答えは、いつまで経っても見つからず、フラストレーションが溜まりに溜まって
非常に良くない精神状態になっていきました。

・・・この記事では、その謎を解いてみましょう。


3月21日の毎日新聞に、
ドイツ人医師、アヒム・シュトラスナー博士のインタビュー記事が掲載されました。

シュトラスナー博士は、世界最大の秘密結社「フリーメーソン」の結社員です。

シュトラスナー博士は、他のメディアに対すると同様に、
毎日新聞の取材にも、お決まりのように、
「フリーメーソンは友愛的な慈善団体で、政治活動はしていない」と答えています。

また、「ダ・ヴィンチ・コード」のヒットで知られる米作家ダン・ブラウン氏の小説
「天使と悪魔」のモチーフになったイルミナティーについても、
「もう現存しない組織だ」と、あっさり切り捨てています。

このアヒム・シュトラスナー博士という正真正銘のフリーメーソン結社員の正体は・・・
彼は、間違いなくディスインフォーマー(偽情報発信者)です。

アヒム・シュトラスナー博士のような、フリーメーソン結社員でありながら、
ただの友愛的な親睦会であると信じ込まされているフリーメーソン結社員は大勢います。

・・・世論が、こうした一連の出来事の背景には、
秘密結社の関与があるのではないかと傾いていかないように、
早めに手を打ったつもりなのでしょう。

フリーメーソンやイルミナティーが国家転覆を図る場合、
すべてはそそのかしという方法を取ります。

分かりやすく言えば、アメリカのテレビドラマシリーズ、
「スパイ大作戦」のような形式でそれは進められていきます。

「お早うフェルプス君、例によって君もしくは君のメンバーが捕らえられ、
或いは殺されても当局は一切関知しない」から始まる1時間番組です。

この中で、フリーメーソンやイルミティーに当たるのが、
テープレコーダーからミッションを与える謎の声の持ち主です。

そのミッションを受けたエージェントは、敵側の内部に味方を装って潜入し、
彼らにディスインフォメーションを与えて分裂させます。

そして、さらに確定的な「証拠」を与えて、互いに仲たがいさせ、最
終的には殺し合いまでさせるのです。

殺し合いまでさせられ、自らせっかく築き上げた組織を崩壊させても、
彼らは本当の敵が誰であるか分からないのです。

本当の敵は、“同じ釜の飯を食った”同士だと思い込んだまま、
憎しみの連鎖は続いていきます。

日本の戦前、戦後の大改変、世界の国々で起こった革命のほぼすべてが、

この方法によって成し遂げられてきました。

すべは、無知から起こったことです。

そして、今、日本の国内でも、それが起こっています



以下ご参照!



前田政男、二枚目、



「龍安寺 石庭」です。




偽ユダに関わるとw

◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201503/article_168.html
richardkoshimizu's blog  2015/03/26
住商、損失3250億円に拡大


シェールオイル詐欺は、この最初からうまくいかないとわかっている儲け話に
世界中の馬鹿を引き込んで、金をむしり取るのが目的でした。
騙された薄ら馬鹿に住商が混じっていました。

「米国は世界有数のエネルギー大国」だという壮大な嘘にころりと騙された。

勿論、投資を決めた企業の幹部が裏金をもらっています。

シェールオイル詐欺ビジネスの崩壊が、米国の凋落に直結します



*とくお  2015/3/25

住商、損失3250億円に拡大

米国でのシェールオイル事業の失敗が響いたそうです

☆http://www.daily.co.jp/society/main/2015/03/25/0007852941.shtml
デイリースポーツ 2015年3月25日
◎住商、損失3250億円に拡大

住友商事は25日、2015年3月期連結業績予想を下方修正し、
純損益が850億円の赤字になる見通しだと発表した。
従来予想は100億円の黒字だったが、通期では16年ぶりに赤字に転落する。

資源関連事業の損失が従来見込みの2400億円から3250億円に拡大する
ことが主因。原油価格下落による米国でのシェールオイル事業の失敗が響いた。

米シェールオイル事業は最近の原油価格を踏まえて再評価し、
減損処理による損失額が従来の1700億円から300億円膨らむ。

ブラジルの鉄鉱石事業も500億円と見込んでいた損失が150億円増加。


◆http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/389.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2015 年 3 月 27 日 4sIKljvd9SgGs
青山・安倍の米国演説は南京詐欺と慰安婦詐欺を認める事とセット
 腹立たしくはありますが、安倍潰しにはプラスです



嫌味宮沢と嫌味福田は、今考えると、馬鹿でない分まともで、
大宰相には遠く及ばないオカマのようなインテリですが、
国益を守るという意味では、まあまあうまくやりましたが、
福田が米国から無理難題を言われて、それに応じるわけにゆかず
辞任した時と同じ局面に安倍は立たされています。

半世紀ぶりだかの日本人演説にルンルンしていた安倍ですが、
日本の金を全て差し出し、格好いい演説をさせて貰う積もりだったようですが、
米国製のデマを認めて 中国と韓国に謝罪しろと言われているようで、
中韓と無意味に闘う男というのが安倍の最後のウリですが、それすらも許されず、
馬鹿で腰抜けのアホでーすという演説をやれ
という訳ですから、
内容の真偽はともかく軍国主義に走る馬鹿を止めるにはグッジョブの踏み絵です。

要は、のび太いじめと上納金で一定の人気取りを許されてきたスネオが、
ジャイアンから、のび太に謝罪しろと言われているという訳で、
キャラ崩壊という訳です。

普通だったら、福田のように辞任して最低限のプライドを守る訳ですが、
小泉といい勝負の馬鹿ですから、ピエロを演じるのかもしれません


いずれにせよ、これで日中戦争詐欺は盛り下がってしまう訳ですから、
嘘を認めるのも、馬鹿の暴走を止めるという意味では有効です。

ヒトラーで言えば、ユダヤごめんねーと言えと迫られている訳ですから、
面白い展開です

因みに、中国の若者も韓国の若者も、ハザールのパシリ以外は、
デマだと分かっているので問題ありません。


 

前田政男、三枚目、



「裏木戸」です。



アジアインフラ銀行w 共産支那が胴元ですよ、

◆https://twitter.com/tokaiamada
東海アマ              より抜粋、

#amaちゃんだ @tokaiamada · 2時間前

韓国、アジア投資銀に参加=創設メンバーで発言力確保

これは中国の詐欺師たちが、

中国内不良債権を外国に転嫁する目的で作った詐欺システム
だろうよ



  ☆http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150326-00000160-jij-kr
  時事通信 3月26日(木)
  ◎韓国、アジア投資銀に参加=創設メンバーで発言力確保

  【ソウル時事】

  韓国政府は26日、中国主導で年内設立を目指すアジアインフラ投資銀行(AIIB)に、
  創設メンバーとして参加することを決定し、中国に通知した。
  企画財政省が発表した。
  トルコも同日、参加の意向を示しており、これで参加表明国は36カ国となった。

  インフラ整備や建設に強く、日本と競争関係にある韓国が
  AIIBの創設メンバーとなることで、AIIBに距離を置く日本は難しい対応を迫られそうだ。

  企画財政省は「参加により建設、通信、交通などのインフラ事業の経験が多い
  韓国企業の事業参加が拡大できる」と期待。

  「AIIBは韓国が設立時から参加する最初の国際金融機関となり、
  金融外交の影響力を増す上で重要な手段になる」と強調した。

  韓国は、米国の意向を考慮し、参加に迷いを見せてきた。

  しかし、経済的に中国への依存が大きい現実から、
  インフラ整備で韓国企業の受注機会を逃すわけにはいかないと、実利を重視。

  英国やフランス、ドイツなど欧州の主要先進国が参加を決めたことで、
  中国が独占的に運営する懸念は緩和されたと判断し、参加を決めた。

  また、日米が主導するアジア開発銀行(ADB)では発言力が小さいことから、
  両国が参加に慎重なAIIBの創設メンバーになり、
  発言力を確保することが得策と考えたもようだ。

  ただ、参加により、中国寄りの姿勢が一層濃くなり、
  米国の不満が強まる可能性もある。 



◆http://melma.com/backnumber_45206_6184730/
宮崎正弘の国際ニュース・早読み
(独英仏が参加ならアジアインフラ投資銀行に露西亜は加盟しないかも)
発行日:3/26

  速報
   この土壇場へ来て、ロシアが不参加表明の可能性
     アジアインフラ投資銀行に独仏英伊が参加表明したことが逆バネに


***************************************

参加表明の締め切りまであと五日となった。

英国の参加表明は米国を苛立たせ、その結果、
アジアインフラ投資銀行が、発足まえに過剰な評価を受けた。

IMFのラガルデ専務理事もADBの中尾武彦総裁も
「協力できる可能性はあるかもしれない」などと発言のニュアンスが対立型から様変わり、
日本の麻生財務相は「入らないと言っているわけではない」と
融資条件や運用方法の透明性を問題視した。

中国経済分析で世界的に有名なエリザベス・エコノミー女史は
「はじめからお手並み拝見で、AIIBはAIIBと割り切って放置すれば良かった。
米国の反対声明がかえって、中国の銀行設置に力を与えた」と皮肉る。


ところが、予期せぬ動きが出た。

ロシアは参加表明をしない方向で検討しているというのだ(多維新聞網、3月26日)。

ロシアのセルゲイ・ストルチャク財務副大臣は
「ロシアは過去一貫して米国の金融支配に反対し、
新しい国際機関の設立を呼びかけてきたので、AIIBの主旨には賛同する。
しかしながら、この新組織にロシアが加盟するかどうかは未定である」
と記者会見した。

第一に 中国主導の度合いは拒否権に象徴されるが、
    ロシアが中国の風下に立つ積もりはない

第二に 英独仏など西側が加盟すると、ウクライナ問題でロシア制裁中のかれらが、
    ロシアの要望する融資案件には反対にまわるに違いない。
    ロシアは原油価格暴落以後、多くのプロジェクトが足踏み状態にあり、
    資金需要が強いが、逆に英独仏が対ロ融資に反対すれば、
    ロシアが加盟する意味がない


第三に 大国の政治力は単に金融力でははかれず、
    ロシアは軍事大国であり、その矜持がある。
    ロシアと中国の絆は軍事、政治的結びつきが強く、
    金融面での協力関係はそれほど重要とは言えない。

とはいうもののロシアは現在14の飛行場を建設中のほか、160キロの地下鉄、
ハイウェイなど160件のプロジェクトを推進もしくは計画中で、
2000億米ドルが必要と見つもられている


ロシアが一方で期待する「BRICS銀行」にしても
ブラジル、インドより、ロシアのGDP成長は遅れており、

そもそもロシアとブラジルは原資負担にも追いつけない状況となって
BRICS銀行も設立そのものが危ぶまれ始めている。



崩壊寸前の南鮮、哀れなものです。


コメント

早春にⅤ

2015-03-26 10:47:01 | Weblog
 画は 歌川 國芳 (くによし)

 寛政九年(1797)~ 文久元年(1861)

 号は一勇齋、朝櫻楼など                作


  「昔語稲妻帖 むかしがたり いなづまぞうし」より、

  「不波伴左エ門」 「いつもや於くに」です。

   真ん中は「名古屋三左衛門」なのですが欠落。


☆晴れ、気温高め。

まずは、至言ですな、

◆http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-8fcb.html
植草一秀の『知られざる真実』
2015年3月24日 (火)
本当の意味で価値ある生とは何だろうか


人に感動を与える生き方というものがある。

人間は社会的な生き物である。

社会のなかで生きることを強制される。

その社会が、責任あるものかといえば、そうではない。

多くの人が、社会の目を背に受けて生きてゆく。

社会に認められたい。

社会で名を挙げたい。

多くの人が、社会の目を基軸に生きようとする。


しかし、その結果として、いつの間にか、自分が不在になる。

自分が何をしたいのかではなく、
自分が社会にどのような姿を見せたいのかが主軸になってしまう。

しかし、社会とは本当にそれほどの価値があるものなのか。

社会的地位を獲得することが人間の価値を決めることなのか。

社会が決める価値とは別に、本当の価値というものがあるのではないか。


しかし、人は弱い存在であるから、
「社会」という得体の知れないものにすべてを委ねてしまう。

そして、その「社会」の目にすべてを奪われてしまうのである。

そのような「社会の目」、「世間の目」から超越して、
自分を見つめ、自分の心に忠実に生きる人々がいる。

「社会」から注目されることも、「世間」から注目されることもない。

しかし(も?)、そのような「些事」には囚われない。

自分の心に忠実に、自分の価値判断に忠実に、生き抜く人々がいる


ノーベル賞にしても、勲章にしても、賞をもらったから偉いのか。

同じ人間が、賞をもらったら偉くなり、賞を取れなかったら偉くないのか。

そんな「賞」にしても、しょせんは、同じ人間が選んでいるものに過ぎない。

「勲章」にしても同じ。

同じ人間が選んでいる。

勲章が欲しいがために行動する人が後を絶たない

その「勲章」をもらったとしても、自分が変わるわけではない。

「社会の目」、「世間の目」を意識しているだけのことである。


昨日の中日新聞(東京新聞)『こちら特報部』が
京大原子炉実験所を定年退職する小出裕章氏を特集した。

2011年3月11日の東電福島第一原発の放射能事故が起きたために
小出氏が脚光を浴びることになったが、
小出氏は、そのようなことにまったく関知しない。

自分の信念に沿った生きざまを描き、事故が起きたあとも、
その生きざまをただひたすらに貫いている。

原子力の平和利用の言葉に夢を見て原子力研究の道を選んだ。

しかし、大学3年のときに、「原子力の平和利用」が誤りであることに気付いた。

爾来、原子力の利用を断念させるために力を注ぎ続けた。

福島の事故が起きて脚光を浴びるが、そんなことにはまったく無関係に生きる。

自分の内面の声にだけ忠実に生きているのである。

小出氏が原子力の平和利用を欺瞞だと断じるのは、
原子力利用の構造が、本質的に差別構造を内包するからである。

大都市の人口密集地に原発を立地しない。

過疎地に立地するのは、原発が潜在的に危険極まりない存在であるからだ。

原発事故が起こる前も、起きたあとも、原発の間近で、
危険を背負いながら働くのは、底辺の労働者だけなのである。

原発を推進する政治家は、原発のなかで働こうとしない。

戦争の構図とまったく同じである。

戦争を推進する人々は自分の身を必ず安全な場に置く

戦場に送られるのは末端の名もなき兵士であり、
戦争で犠牲になるのは罪のない市民なのである。


ものごとを評価する尺度を変えるべきである。

今だけ、金だけ、自分だけ

の価値観と、
社会的評価、経済的利得だけを追求する生きざまは、重なる部分が大きい。

本当の価値はそこにはない。

本当の価値とは、社会的栄達、経済的利得とは離れたところにある



◆http://nueq.exblog.jp/24283936/
nueq lab  2015年 03月 25日
被曝を可視化する


    放射能を可視化する放射線像
      オートラジオグラフ

    体内被曝を可視化する顕微鏡血液観察

    放射線で妖しく光るペットボトル
     食材の被曝度がすぐ判る!

    フクシマは核兵器製造工場!?

    盗電の「 オール電化 」詐欺
      勝又はどこだッ!?


より抜粋、

日本にある54基の原子炉は、電気を作るためのものではありません。

アメリカ・イスラエルの核弾頭の素材供給源として、
ジャーディン・マセソンの息子の白洲次郎・電力王の松永安左衞門
CIAエージェントのゴミ売りの正力松太郎
みっともない「 ロン・ヤス 」詐欺の中曽根康弘らが日本に強制的に導入したもので、
電気は余剰生産物として高い金でイエローモンキーに使わせてやってるに過ぎないのです。


   細川立候補と稀代の売国奴:小泉の脱原発のなぜ?
   ☆http://nueq.exblog.jp/21852133/
   を参照。


なぜ日本で核弾頭の原料を作る必要があるのか?

核弾頭が生鮮食品だからなのです。

ウラン・プルトの半減期が3億年とは云え、毎日ドンドン自然崩壊していきます。

核弾頭はスーパーコンピュータで設計され、
最初の爆縮が精密にコントロールされているのですが、
自然崩壊によって「 鬆(す)が入る 」と、
その厳密性が損なわれ爆発力の低下・不発につながってしまいます。

その為定期的にこれを取り替える必要性があるのです。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201111/01/43/b0221143_5373674.jpg
米ソの核弾頭推移グラフ


つまり、フクシマも若狹も美浜も、核兵器製造工場なのです。


   フクシマは核兵器製造工場?
   ☆http://nueq.exblog.jp/16597973/


100万kwの原発一基つくる時、バックアップ用に100万kwの火力発電所を
同時に新設することは、前世紀から知ってました。

従って、311の時、電力不足になるだの 計画停電など、真っ赤なウソ
であることは初めからわかっています。

911の時、2機目が突っ込んだ直後、一機目のテロリストたちが
空港駐車場に乗り捨てたレンタカーが発見され、助手席にパスポートとコーランと
飛行機操縦マニュアルの3点セットが忘れられていた。
と云う第一報のニュースが入ってきた時と同じことです。

しかも、( 数字は印象的なアバウトなものだが )日本全体の電気代の80%は
一般市民が支払っているが、使用料は20%。

盗電傘下の経団連関連を中心とする企業は20%の料金で80%の電気を使用してる
というのが実態です。


            一般ピープル   (経団連)企業
  --------------------------------------------------------------------
  電気使用量      20%       80%
  電気代支払      80%       20%
  --------------------------------------------------------------------


加えて、大口契約者は盗電と
「 不都合が生じた場合、事前通告によって電気を遮断する 」
と云う契約書を交わしていますが、
一般市民は盗電とはこのような契約は交わしていません。

従って、計画停電など( バックアップ発電所によって )そもそもありえないのですが、
それでも行うとするなら、一般民家ではなく、
大口契約の企業への送電をストップしなければならなかったのです。

計画停電で貴重で高価で可愛がってた熱帯魚を失ったみなさん、
盗電に告訴・請求を行いましょう!

僕の知り合いで高齢の研究者の方がいますが、2006~7年頃だったか、

  盗電:勝又社長(当時)が、福島原発などの予備電源や、
  修理設備・道具の一切を破棄し、
  なおかつ技術系の重役社員の多くをパージして
  地方の閑職などに飛ばしてるが、
  原発に万一のことがあれば大事故になるのは必定。
  あの勝又と云うのはとんでもない輩だ


と語気強く非難していたが、その危惧通りの事になったのです。

つまりこの方のように、良識と技術・知識、
そして機材がフクシマの現場に存続できていれば、
311の惨状は未然に防ぐことが出来た可能性があるということです。

その勝又( 311当時の会長 )はドバイにとんずらして優雅な生活を送っている。

今だに苦しんでる福島・東北・関東を尻目に、
こんなフザケタ状況が許されていいものでしょうか? 

こいつと清水( 311当時の社長 )のA級戦犯は
何が何でもとっ捕まえて裁かねばならない。

最高裁なんてのはアメ公の傀儡の権化みたいなサイテーの存在だから、
明治簒奪ニッポン政府などは当てにせず
市民逮捕・市民裁判 が適切かと思います。


関西の知り合いから聞いたところによると、
関電の給与は311以降5%カットされたままだが、各種の手当が特別に付けられ、
311以前よりも高い給料を享受している。

とのことで、盗電でも同様のことが行われているのだろう。

お台場だか豊洲だかに311以降、盗電は新たな施設を作り、
そこですべての苦情を受付け・処理している。

苦情をいう人間には高額の金を渡して口をつむがせているのだ

金で転げる人間が多いのには困ったもんだ。

ここでバイトしてた人間によると、契約時に厳重な箝口令契約が行われ
それに違反した場合にはとんでもない賠償が定められている。 とのこと。


http://pds.exblog.jp/pds/1/201202/29/43/b0221143_5281254.jpg
高圧線の下の巨大な電磁界(電磁波)によって電源もなく灯る1,301本の蛍光灯
< Richard Box氏(英)のARTプロジェクト >
画像出典 : 電磁波バスターズ
☆http://plaza.rakuten.co.jp/cellsensor/diary/200803080000/


高圧線で電気の70%前後は上記の様な漏電で失われている

これが東電の盗電システムなのです。

  どこのどいつが「 オール電化 」を煽ってるでしょうか?
  ネズミ講より酷いテキヤ商売です。


家庭で電磁調理器をお使いのみなさん、充電自動車を買おうと思ってるみなさん、
ガスコンロを使えばエネルギーを100%熱に変えることが出来ますが、
電気だと発電時のロスも加味して20%のエネルギーしか使えてない
のです


みなさんが健康被害ももたらす電磁調理器を盗電に突き返して、
ガスコンロに変えれば、石油・天然ガスの輸入量は減ります。

エンジンでガソリンを燃やせば100%のエネルギーが使えるのに、
充電すると20%のエネルギーしか使えないのです。


   電気自動車の電気はどこから来るの?
   ☆http://nueq.exblog.jp/17549076/



また、家庭で必要な時にだけ、必用な電気を作れば
無駄なエネルギーは不要となり、
日本のエネルギー用の石油・ガス輸入量は理論的には1/5で済むようになります。

みんなで、盗電・経団連をぶっ潰しましょう!!!
                       (^o^)/



國芳、二枚目、



「桜姫」 「亀井六郎」 「有王丸」 「隅田平」です。




特殊兵器!

◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51954899.html
日本や世界や宇宙の動向 2015年03月25日
ロシアの潜水艦が特殊兵器で米USS空母を追い出しました


◆http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/385.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2015 年 3 月 25 日 4sIKljvd9SgGs
日世宇・磁場発生装置セレン、露原潜がEMP兵器で米空母追放、
 どうやら地軸詐欺の犯人はセレンのようです



地球がやや斜めに南極と北極で固定されて自転と公転をしている訳ですが、
ハザールはその磁極をいじって、
ハワイを雪国にしたり、アラスカを常夏にしようとしていた訳で、
それが穀物の生産性を上げる為だとか、住環境を良くする為であれば
事前説明の上で実験するのもありですが、
ハザールは有色人種を皆殺しにしようとかそういう目的であろうから、
世界中から非難されます。

そして、気象兵器同様に、そういう軍事技術があるなら
戦争ごっこではなくて民生に活用したらよくねとなり、
連中のおもちゃが取り上げられて、大人がもっと優れた技術にしてしまい、
世界も喜ぶし、連中が悪用しようという時も、防御体勢は万全という訳です。

EMPもハザールが世界中のパソコンがダウンしたら火事場泥棒やり易くね
という下らない所から始まったのだと思いますが、
今回のように米空母をビビらせてトンズラさせるという
ハザール撃退兵器にも使えるという訳で、
ハザールに真珠や ハザールに小判 の技術も大人が使えば世の中に役立つという訳です。

連中はどうやら、ドル詐欺崩壊必至で降参するのではなく、
世界大戦詐欺に最後の望みをかけて人類に挑んでくるようです。

タダ、世界中がハザールの背乗りと世襲、同じくパシリの背乗りと世襲という、
偽物世襲という事に気がついてしまいましたから、
本物は従兄弟位まで殺されてしまったと思いますが、
再従兄弟系列ぐらいはどの家も健在でしょうから、
彼らも傍流ではあるが、偽物にでかい顔されてきたのかよー、
それだったら親類の親類は親類だー本家もどきだー という自信を取り戻して、
ちょっと名門連合を組織して結束できる筈で、
ベンのバックも明の国を仕切っていた子孫らしいし、

世界唯一ハザールを倒した実績があるロシアも
ロマノフ王朝の残党がプーチンを応援しているのではないでしょうか。

洒落にならない緊張状態ですが、友達の友達は友達だ政局です。  



◆http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/387.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2015 年 3 月 25 日 4sIKljvd9SgGs
BIN・金融崩壊始まった、ベン・ポストハザール時代、
 ア銀とブ銀の態勢が整い、ドル詐欺崩壊が始まったようです



まだ好戦派の抵抗があるようですが、
中露が強欲派を切り崩した事で、大勢が決したようです。

好戦派がまだ第三次世界大戦を諦めていないようですが、
米英イサから英サが切り崩されて、米イとなり、
米国も強欲派が切り崩されたという事だと思いますが、
ハザールの拠点がイスラエル中心となり、
おかしな事が起こると、とりあえずイスラエルを疑えという空気ができてきて、
チュニジアでも負傷役の自衛官の無届け紛争地旅行ってどうよ、
若い女の子が貴重なバカンスにチュニジアですか
あーそうですかと すぐバレるようになり、
フランスでドイツ機が墜落すると、プーチンの仕業にする余裕もなく、
米国ハザールがテロの可能性は低いと調べる前から騒ぐ所が笑えますが、
本当は世界中で大中小のテロ詐欺を起こして、世界を震撼させるつもりだったのに、
今や火消しに回っているのですから馬鹿丸出しです。

ちょっと待てその襲撃事件はハザールだ、更に待て

その墜落事故もハザールだ
、という訳です。




國芳、三枚目、



「鍾馗と鬼」です。



これは酷いね、ヒラメ司令官だなw いらざる忖度・ごますりだ、

◆http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-25/2015032501_01_1.html
しんぶん赤旗  2015年3月25日(水)


☆陸自北部方面隊、隊員に“遺書”強要

「家族への手紙」置いていけ

「戦争立法」備える事態



「海外で戦争する国」へ集団的自衛権の行使容認と、
それを具体化する「戦争立法」へと暴走する安倍政権と自衛隊。

それに備えるかのような事態が自衛隊で始まっています。

「殺し、殺される」武力行使を想定したとみられる“遺書”の強要が、
陸上自衛隊で実施されていることが24日、
自衛隊関係者への取材でわかりました。 (山本眞直)
_____________________________________


遺書を強要したのは陸自北部方面隊(札幌市)

同方面隊関係者によると2010年夏以降、所属部隊の隊長ら上司から、
「『家族への手紙』を書き、ロッカーに置くように」服務指導されたといいます。

これは自衛官にとって事実上の「命令」に等しく、絶対服従が求められています。

同方面隊の道東の部隊では、上司の説明に納得せず「苦情申し立て」をした隊員もいました。

苦情を申し立てた隊員への部隊からの処理通知(回答)には、
「有事の際直ちに任務につくことができるよう常に物心両面の準備を整えること」
が陸自服務規則などに明記されていることをあげ、こう意義付けています。

「(家族への手紙は)物心両面の準備をより具体化したものであり(略)
長期の任務に急きょ就くことに備え(略)あらかじめ本人の意思を整理しておくことにより、
個人の即応性を向上させるものである」

そのうえで「単に自己の死亡のみに準備する遺書とは全く別物」としています。

しかし書かされた元隊員は
「“殉死(戦死)”への覚悟を求めたものであることを感じたと証言します。

陸自北部方面総監部は本紙の取材に
「(同方面隊の)千葉徳次郎総監の提案で、就任中の2010年7月から
12年7月にかけて全ての隊員(約3万8000人)を対象に実施した。
遺書とは認識していない。
入隊時に宣誓した任務を完遂するための具体的な方策の一つで、
任意であり服務指導の範囲だ」としています。

同方面隊は、陸自隊員の約4分の1を擁し、最も多く海外派兵している部隊です。

“遺書”強要が始まる前年の6月には、
自民党国防部会が「防衛計画の大綱」見直しへの提言をまとめました。

そこには、昨年の安倍政権による閣議決定などにつながる集団的自衛権行使容認、
海外派兵恒久法制定が明記されていました。

同方面隊第11旅団真駒内駐屯地(札幌市)の元隊員は、こう告発します。

「『手紙』は、明らかに今、安倍政権が躍起になっている
集団的自衛権行使容認を想定した、海外での武力行使=戦争への覚悟を
隊員に植え付ける意図があった
ことは間違いない」


☆要は「国のため」 隊員の疑問当然

自衛隊人権裁判弁護団の佐藤博文弁護士の話 

自衛隊は、遺書の返還を求めた隊員に
「単に自己の死亡のみに準備する遺書とは全く別物である」と書面で答えている。
要するに「国のため」「公務として」死ぬのだ、と強要している。
隊員の多くが疑問に感じているのは当然だ。未成年の新入隊員にまで書かせている。
憲法を無視して海外で戦争する軍隊を持つとはこういうことだ。




こういうヒラメが部下を捨てて一目散に逃亡するし、

そもそも、絶対安全な後方に引っ込んでいて、生きて帰って勲章もらったりするのさw

先の大戦でも大勢おったようですな。



コメント

早春にⅣ

2015-03-25 11:17:07 | Weblog
 画は 歌川 廣貞 (生没年不詳)、五粽亭 (ごそうてい)と号す。

 江戸時代後期の 大坂の浮世絵師。 歌川國升の門人。

 作画期は 弘化4年(1847年)から文久3年(1863年)           作


  「五大力恋緘 ごだいりき こいのふうじめ」より、

  「芸者菊の」 「笹野三五兵衛」 「勝間源五兵衛」です。


☆曇、寒い。

ユダ金の日本との関わりは「ペリーの恫喝砲艦外交」から、

そろそろ黄昏なのだが、断末魔の悪足掻きが凄まじい、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201503240000/
櫻井ジャーナル  2015.03.24
キエフ政権に対する内外の私的権力の支配力が強まり、
 ファシズム化が進んでいることを示している



昨年2月に合法政権がクーデターで倒されて以来、ウクライナは混乱の中にある。
戦乱は続き、経済は破綻状態。

金融大臣はシカゴ生まれでアメリカの外交官だったナタリー・ヤレスコ、
経済大臣はリトアニアの投資銀行家だったアイバラス・アブロマビチュス、
保健相はグルジアで労働社会保護相を務めたことのあるアレキサンドル・クビタシビリ、
大統領の顧問にはミヘイル・サーカシビリ元グルジア大統領が就任、
つまりウォール街の傀儡政権化している。

そうした中、ウクライナの大手石油関連会社ウクルトランスナフタ、
そして同社の親会社であるウクルナフタのオフィスを
イゴール・コロモイスキーという富豪の私兵が
3月19日から制圧、書類を破棄し始めたという。

ウクルナフタはウクライナ最大の石油企業で、
発行済み株式の51%を国が保有、コロモイスキーは42%のみだが、
これまでコロモイスキーが支配してきたという。

今回の襲撃事件はEUへ近づき、戦乱を話し合いで解決する方向へ重心を移動させた
ペトロ・ポロシェンコ大統領に対し、あくまで武力で民族浄化を推進しようと考える
コロモイスキーが挑戦状をたたきつけたという側面もある。

当然、コロモイスキーにはアメリカの好戦派(ネオコンや戦争ビジネスなど)や
イスラエルがついている。

コロモイスキーはウクライナのほか、キプロスとイスラエルの国籍を持つ人物。
憲法を超越した存在だとも言える。

現在、ウクライナの支配構造のトップは国境なき巨大資本

その下でウクライナ人による権力抗争が激しくなってきた。

クーデターで政府の力が大きく削がれ、
武装した富豪が政府を屈服させようとしているわけで、

ボリス・エリツィン大統領時代のロシアと同じように
私的権力が政府を支配しようとしている

フランクリン・ルーズベルト大統領はファシズムについて、1938年に次ぎのように定義した

民主的国家そのものより強大なところまで私的権力が成長する
ことを人びとが許容するなら、民主主義の自由は危うく


個人、グループ、あるいは私的な権力をコントロールしている何かによって
政府が所有されていることがファシズムだ
。」

☆http://www.presidency.ucsb.edu/ws/index.php?pid=15637


こうした意味で、エリツィン時代のロシアだけでなく、
現在の西側もファシズム体制になっている。

ウクライナも同じ道を歩んでいるのだが、その「羅針盤」が
フリードリッヒ・ハイエクやミルトン・フリードマンの新自由主義



現在、秘密裏に協議が続けられているTPP(環太平洋パートナーシップ)協定や
TTIP
(環大西洋貿易投資協定)は、
私的権力が民主的国家を支配する仕組みであり、
世界のファシズム化をアメリカの巨大資本は目論んでいる
と言える



ナチスの場合、ドイツやアメリカの巨大資本が後ろ盾になっていたことは
本ブログでも何度か説明した。
1932年のアメリカ大統領選挙でウォール街に支持されていたハーバート・フーバーを
ニューディール派のフランクリン・ルーズベルトが破った直後、
JPモルガンを中心とするウォール街の勢力が
ファシズム体制の樹立を目指すクーデターを計画している。
これはスメドレー・バトラー退役少将とジャーナリストのポール・フレンチが
議会で証言して明らかになった。

ナチスはカルト集団でもあり、そのひとつの象徴が黒い太陽」。
ウクライナのネオ・ナチも使っている



ウォール街を支配している「メガ・バンク」は投機で破綻しても国に救済されて倒産せず、
重役の不正が発覚しても処罰されないが、
その理由は彼らが国を支配しているからだということ。

JPモルガンは関東大震災以来、日本も支配している

この巨大金融機関に君臨していたジョン・ピアポント・モルガン・ジュニアの妻、
ジェーン・グルーの親戚だったジョセフ・グルーは1932年から41年まで駐日大使を務め、
戦後は日本を右旋回させた、つまり戦前の体制へ戻した 
ジャパン・ロビーで中心的な役割を果たした。

グルーが親しくしていたグループには、
松平恒雄宮内大臣、徳川家達公爵、秩父宮雍仁親王、近衛文麿公爵、樺山愛輔伯爵、
吉田茂牧野伸顕伯爵、幣原喜重郎男爵ら
が含まれていた。

第2次世界大戦後、朝鮮戦争勃発の直前、1950年6月に
ニューズウィーク誌の東京支局長を務めていたコンプトン・パケナムの自宅で
日本の将来についてジョン・フォスター・ダレス
(ウォール街の大物弁護士でもあった)を中心に話し合われている。

この会合に松平康昌も出席、そのほか大蔵省の渡辺武、国家地方警察企画課長の海原治
外務省の沢田廉三が参加している。




夥しき「買弁ども」の群れ。




廣貞、二枚目、



「風流発句合」です。




再掲ですが、またぞろ蠢きだしたので、叩いておきます、

醜い竹田恒泰とやらが尻馬に乗って騒いでおるw

◆http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/951.html
こんな世界はもう終わりにしよう 2015/3/22
3種の神器と小野寺直


◆http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/952.html 
こんな世界はもう終わりにしよう 2015/3/22
堀川辰吉郎と閑院宮皇統 その1

など、ご参照、


◆http://blog.goo.ne.jp/55yasuji/e/0449cfece9f9f3c12967cc8d870c994f 
雪まつりⅢ  2013-02-08

より抜粋、


胡乱な「体制側の論者」で、手前は評価していません、

インナーサークルとかねw もったいぶって、

◆http://nueq.exblog.jp/19958138/
nueq lab 2013年 02月 07日
ウラ天皇と堀川政略 ~ 明治維新の極秘計画

より抜粋、


       落合莞爾 「 明治維新の極秘計画 」 を読み解く
        「 堀川政略 」の信憑性と発表の意図


落合莞爾の新著 「 明治維新の極秘計画 ~ 堀川政略とウラ天皇 」 が話題になっています。
____________________________________________

☆http://www.seikoshobo.co.jp/
明治維新の極秘計画
「堀川政略」と「ウラ天皇」 落合秘史[ I ]
 落合莞爾/著

隠しきれなくなった歴史の真実──明治天皇すり替え説、決定版の登場
孝明天皇は偽装崩御によって国体天皇=ウラ天皇、大室寅之佑は明治帝として政体天皇=オモテ天皇、
明治維新は天皇家と徳川家の極秘計画で成された!

近代日本の絵図を描いた「堀川政略」とは何か!?
「さる筋」が明かした宮中秘事、これが日本最高度の秘密!

[著者の落合莞爾氏とは]……東大卒、住友軽金属を経て経済企画庁で「経済白書」の作成に携わり、
野村證券に転じて日本初のM&Aを実現する。その後大企業の創業オーナーや旧華族などの
金融面の指南役として活動、「兜町の天才仕掛人」の異名をとる。
バブル崩壊を察知して相場から隠退、歴史研究や骨董評論を手掛ける過程で
宮中某人物「さる筋」から日本の歴史の闇に隠された事実を知らされる。


成甲書房 11月28日発売 定価:1890円(税込)
___________________________________________


この中で、落合氏は孝明天皇暗殺を世に知らしめた鹿島昇氏の説は拙劣粗雑であると断じ、
本当は孝明天皇暗殺は偽装であるばかりか、
偽装工作の張本人は孝明天皇その人と尹(いん)宮(中川宮:久邇宮朝彦親王) であると主張されています。

そして孝明天皇は息子:睦仁親王と共に堀川御所に移って「 京都ウラ天皇 」 となり、
その息子が堀川辰吉郎であると。
またこの本では触れられていませんが、堀川辰吉郎と云えば、中丸薫。
中丸薫自身は、「 自分は堀川辰吉郎の娘:明治天皇の孫 」と主張してるのは皆さんご存知の通りですが、
果たしてこれらはどこまで真実を語っているのでしょうか?

気になるのは、情報源として紹介されている 「 さる筋 」 と 「 お方 」。
これらの人物は一体どういう筋のものなのか?


実はここにこの本の出版の意図があるようです。
つまり、落合さんは知ってか知らないでか、
情報源による情報操作の息吹がこの本の中にはしっかりと忍ばされている
ようなのです。

なぜこの時期、孝明天皇暗殺の信憑性を覆し、
明治維新のプロデューサー役を徳川慶喜から孝明天皇&尹宮に移す必要があるのか?


なぜその情報操作は必要なのか?
そしてさる筋の奥にいる その筋とは?



一般に歴史の解析に於いては以下の要素・立場から学者・著者の主張が構成されます。

  1) 事実 ・・・ 遺跡・遺物・地名など物的証拠

  2) 史書 ・・・ 時の政権・著者に都合の良いように書かれた歴史書

  3) 日記 ・・・ 個人の知り得る比較的赤裸々な記述

  4) 伝聞・口伝

  5) 1・2・3・4から導き出される客観的( 中立的 )推論
    ( 但し 2・3・4 は客観的ではない )

  6) 1・2・3・4から、及び学者・著者の先入観・思い込みから
     導き出される主観的推論

しかし、5)6)の境界は曖昧であるばかりか、
極論を云えば 「 客観性などと云う立場は存在し得ない。と云うこともあります。

落合さんの新著は、これら6要素をすべて含んだものであるものの、

1)2)がさる筋 」「 お方の4)によって巧妙に誘導され

6)を形成するに至った様を行間に読み取ることが出来ます。



金融面における実行役が、小栗上野介忠順と榎本武揚、渋沢栄一である
としてその実態をおそらくは初めて詳しく紹介したのはさすがは元野村證券マン! 
と云った感があります。


そしてこの本からの別の大きな収穫の一つは、
横田めぐみさんの母親:横田早紀江さんの出自に関して確信が持てたことです。
著名ブロガーの多くがその母親を梨本方子さんであるとしていますが、
梨本宮家と浅からぬ縁のある僕は講演会でこれを否定、
別の宮家をお伝えして来ましたがどうやら正解だったようです。

また、ワンワールド側からの情報として、
「 天皇のルーツはシュメールである 」 と書かれてますが、
これは鹿島昇さんが非常に詳しく論じた内容とも合致するものです。


☆http://pds.exblog.jp/pds/1/201302%2F07%2F43%2Fb0221143%5F9553652%2Ejpg

有名なフルベッキ写真ですが、名前に間違いがあります。
陸奥宗則と高杉晋作があべこべになっているのです。
顔がひょろ長く、龍馬の副官だった陸奥は当然、龍馬のすぐ後ろ(32)にいます。
25.陸奥宗則 と書かれているのは、「 喧嘩太郎 」 高杉晋作です。
面構えからして「 喧嘩太郎 」そのものです。
高杉の有名な写真はひょろ長い顔ですが、あれは結核になってやせ細った時の写真です。

また、左下に慶応元年正月とありますが、実際は慶応元年3月5日です。
ので、これまで間違って流布されていた点を2点、ここで訂正しておきます。
そして、この写真の左端に幕閣からただ一人:勝海舟が出席していいますが、
彼がこの会議の主催者であり、影のプロデューサーが徳川慶喜だった
のです



情報操作とは、「 驚くべき事実の一端を開示しつつ
その裏にあるより大きな事実を隠蔽し情報元の意図に即した方向性に世論を形成していくものです



明治維新のプロデューサー役を 徳川慶喜から孝明天皇&尹宮にすり替える問題についても、
水戸光圀、或いは徳川家康に関する最も重要な南朝復帰命題の根幹に触れることなく論旨を進めています。

つまり、北朝とは何か? と云う重大な問題を知らないでいるのか、知りながら無視してるのか、、、、、
しかし、鹿島昇さんの著書を読んでるならば、あえて触れない。 と云う態度をとってるとも云えます。


記紀が合成・捏造の偽書であると同様に、
ユダヤ教・キリスト教・イスラム教が聖典として仰ぐ旧約聖書もまた全く同じ手口に依る偽書です。

ユダヤとは何か?

アシュケナジーについては最近広く伝わるところとなりましたが、
なぜ、アシュケナジーがヨーロッパで嫌われるようになったか?
それはペストとの関連です。

そして、一般認識において真のユダヤ人とされる
スファラディーについても誤謬性に満ちています。


以下ご参照あれ!



孝明天皇が存命であれば、現在の体制はない!

「公武合体」で進行したはずですし、舵取りは小栗上野介忠順がやったでしょう。

明治簒奪政権のごとき、アングロサクソン&ユダ金の走狗そのものの政体ではなかったでしょうな。

孝明天皇と息子:睦仁親王は弑逆されたのですよ。

この事実がネットで広まりつつあるので、焦っていろいろ工作をしておるのだと思いますよ。




廣貞、三枚目、



「忠孝武勇伝」 「おこん」です。



EUへの恫喝?

◆http://my.shadowcity.jp/2015/03/post-6747.html#more
ネットゲリラ  (2015年3月24日)
常考テロだろ


またしても飛行機が落ちたんだが、やっぱり時節柄、テロだろうね。
テロだとは認めないだろうが。
テロを認めると、色々と厄介な事になる。

機内に毒性のガスが、とかいう話も出ているようなので、
機内で毒ガス撒いたヤツがいたのか? 新しい手口ですw 

なぜまた格安航空が狙われたのか? というのも、なんか、ありそうだ。
株の空売りとか、してるヤツいないかw 


  ☆http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150324/k10010026541000.html
  NHKニュース 2015年(平成27年)3月25日
  ◎フランス南東部でドイツの旅客機が墜落

  日本時間の24日午後7時ごろ、フランス南東部のアルプス山脈沿いの地域に
  乗客乗員150人を乗せたドイツの格安航空会社の旅客機が墜落しました。
  墜落したのは、スペインのバルセロナからドイツのデュッセルドルフに向かっていた
  ドイツの格安航空会社「ジャーマンウィングス」9525便のエアバスA320型機です。
  「ジャーマンウィングス」によりますと、旅客機には乗客144人、乗員6人の
  合わせて150人が搭乗していたということです。
  フランスのメディアは航空当局の話として、現地時間の24日午前10時47分
  (日本時間の24日午後6時47分)に旅客機から異常を知らせる連絡があり、
  その後、消息を絶ったと伝えています。
  フランス首相府は、旅客機はフランス南東部のアルプス山脈沿いの地域にある
  アルプドオートプロバンス県のメオランルベルに墜落したとしています。
  フランスのオランド大統領は、日本時間の午後8時すぎテレビを通じて談話を発表し、
  旅客機が墜落したことを確認したうえで、
  「詳しい状況はまだ分からないが、乗客乗員の安否については極めて厳しいとみている」
  と述べました。オランド大統領は、旅客機が墜落した状況などについて調査中で、
  現地にはカズヌーブ内相が向かっているとしています。
  フランスの日本大使館によりますと、これまでのところ旅客機の乗客に
  日本人が含まれているという情報は入っていないということですが、
  現地の警察に問い合わせるなどして確認しています。
  ジャーマンウィングス社は、ドイツ大手のルフトハンザ航空系列の格安航空会社で、
  ドイツの国内線のほかヨーロッパの主要都市など合わせて110か所以上で就航し、
  ほかの会社と提携してアジアや中東でも運航しています。

  高度下がり記録途切れる

  客機が発信する位置や高度の情報を基に飛行コースを公開している民間のホームページ、
  「フライトレーダー24」によりますと、9525便は
  スペインのバルセロナを離陸したあと順調に高度を上げながら東に向けて飛行し、
  いったん地中海に出たあと、徐々に北向きに針路を変更したとみられます。
  離陸からおよそ1時間後の日本時間の午後6時半までに、
  高度およそ1万1000メートルまで上昇したとみられますが、その後、
  高度が下がり始め、10分後の日本時間の午後6時40分ごろ
  およそ2000メートルまで高度が下がり、フランス南東部で記録が途切れています。
  日本航空の元機長で航空評論家の山田不二昭さんは、
  データによると9525便の高度が10分間で
  およそ9000メートル下がっていることについて、「通常ありえない下がり方だ。
  ただ、機内の乗客は機首が下がっていると感じるものの、恐怖を感じるほどではないと思う」
  と指摘しています。そのうえで、「仮に何らかのトラブルで
  機内の空気が急に漏れ出す『急減圧』が起きれば、気圧を保つため
  3000メートル付近まで高度を下げることはあるが、今回はさらに高度が低いので、
  より深刻なトラブルが起きた可能性も考えられる」と話しています。

  日本気象協会によりますと、フランス南部では、地中海やイベリア半島付近にある
  低気圧の影響で、旅客機が消息を絶つおよそ4時間前の日本時間の24日午後3時には、
  南から雨雲が流れ込み始めていたということです。
  このため、フランス南部の山岳地帯などでは
  大気の状態が不安定になっていた可能性があるということです。
  一方、気象庁によりますと、国際機関が航空関係者向けに発表している予報では、
  日本時間の24日夕方から夜にかけて、フランス南部に
  強い乱気流や積乱雲の発生は予想されていなかったということです。

  A320型機の最近の事故

  今回と同じタイプのエアバスA320型機の事故としては、去年12月、
  乗客乗員162人を乗せたマレーシアのエアアジア機がインドネシア沖に墜落しました。
  今月17日、インドネシア当局が捜索を終了し、この時点で106人が遺体で見つかり、
  56人が行方不明となっています。
  また、6年前の2009年には、アメリカ・ニューヨークで、
  USエアウェイズ機がハドソン川に不時着しましたが、
  乗客乗員155人全員が救助されました。


  -----------------------
  事故原因は明らかだろう
  ただテロ予告は毎日何十件とあると思うよ。
  いたずら60%、ほんもの30%ぐらいで。
  交信なし、迷走なしで墜落のようだから
  ほぼ テロじゃまいか

  -----------------------
  火災の発生が有ったらしいとCNN
  そのごエンジン停止で真っ逆さまだと
  爆破によるテロか
  -----------------------


情報が錯綜しているので、まだ何とも言えないです。
ちなみに落ちたのは標高2千メートルの山の中で、なかなか辿り着くのは厄介らしい。

自動操縦の水平飛行中にいきなり落ちるというのは、
こらもう、テロしか考えられない
んだが、

なぜか報道では「テロ」という言葉を口にしない。
完全にマスコミは大本営発表モードですw




◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201503/article_160.html
richardkoshimizu's blog  2015/03/25
テロの可能性低い」 150人乗りドイツ機墜落(テレ朝 news)

世界最凶のテロリスト国家、米国の国家テロ実行会議が、

ドイツの旅客機墜落に「テロの可能性は低い」と言明したので、

がぜん、テロの可能性が高まりました


AIIB銀行に参加をすると飛行機が落ちるのでしょうか?


☆special thanks  2015/3/25

スレチ失礼致します。

「テロの可能性低い」と強調されると、「テロの可能性高い」と疑いたくなります。

◆ 米「テロの可能性低い」 150人乗りドイツ機墜落(テレ朝 news)


http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000047053.html

フランスで、乗客乗員150人を乗せた旅客機が墜落しました。
今回のこの事故について、テロの可能性があるのかどうか、アメリカ政府はどう見ているのでしょうか。
今回の墜落を受けて、アメリカのNSC(国家安全保障会議)の報道官は、
現時点ではテロとのつながりを示す証拠はないとの声明を出しています。

また、オバマ大統領が担当者から墜落について報告を受けたことを明らかにしています。
そのオバマ大統領ですが、24日にアフガニスタンのガニ大統領と会談し、共同会見を開いていますが、
その冒頭で、乳児や多くの子どもが含まれているとみられることに非常に心を痛めていると述べ、
また、アメリカ人の搭乗者がいるか調べているとしています。

墜落したのはドイツの航空会社の旅客機なので、オバマ大統領はドイツのメルケル首相に電話をし、
調査のためにできる限りの支援を行うことを伝えました。また、オバマ大統領はこの後、
スペインのラホイ首相にも電話し、同様の支援の意向を伝えるものとみられています。




裏に何かある? と思はれ。

在独邦人、2名の方が遭難された模様。



コメント

早春にⅢ

2015-03-24 10:57:13 | Weblog
 画は Ilya Glazunov  ( Илья Глазунов) 

 イリヤ グラズノフ    born, 1930.

 contemporary Russian artist from Saint Petersburg.      作


  「Ancient Rostov the Great」です。

 ロストフ(Росто́в, Rostov):
 ロシアのヤロスラヴリ州にある都市。
 モスクワから北東へ225km、ヤロスラヴリの南西53キロ、
 ネロ湖のそばに栄えたロシア最古級の古都。


☆曇り、ぱらりと降った雪は溶けましたが、

寒の戻りで寒い。

まずは、「ロシアの声」改め「スプートニク日本」、

◆http://jp.sputniknews.com/russia/20150323/71995.html
スプートニク日本 2015年03月23日
Forbes誌:クリミアの住民は幸福で米国による救済を必要としてはいない


クリミアの住民たちは、ロシア連邦の一員になったのを喜んでおり、
ウクライナへ戻ることを望んではいない。
Forbes誌が、西側の研究機関が実施した多数の世論調査の結果を引用して伝えた



Forbes誌は、クリミア半島がロシアの一員であることに住民は満足しているため、
米国と欧州はクリミアの住民「救済」に関する発言を止めるべきだと指摘している。

記事の中では、「各世論調査は、ウクライナ人であろうとロシア系であろうと
クリミア・タタール人であろうと、地元の住民たちが、
ロシアの一員として生活する方が、ウクライナの一員であるよりもいい、
ということに同意したことを証明している」と述べられている。

その他にもForbes誌は、様々な研究機関や
世論調査センターの世論調査データを引用している。

例えば、米国の調査機関Gallupが2014年6月に実施した調査によると、
クリミアの住民82・8パーセントが、クリミアの地位に関する住民投票の結果は、
住民の意見を実際に反映したものであるとの確信を示している。

回答者の73.9パーセントが、ロシアへの編入によって、
住民の生活が向上したと考えている。



◆http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-da04.html
マスコミに載らない海外記事  2015年3月23日 (月)
攻撃下にあるロシア


☆http://www.paulcraigroberts.org/2015/03/20/
 russia-attack-paul-craig-roberts-2/

Paul Craig Roberts  2015年3月20日


ワシントンは、ウクライナの軍事紛争を止める為に、
ドイツのメルケル首相と、フランスのオランド大統領が実現したミンスク協定を損なうべく、
懸命に工作する一方
、ワシントンは、ビクトリア・ヌーランドを、
アルメニアでの“カラー革命”かクーデターを画策させる為、アルメニアに派遣し、
リチャード・マイルズを、同じ様なことをさせるべく、キルギスタン大使として派遣し、
ウズベキスタン政府のロシアに対する忠誠心を金で買うべく、
パメラ・スプラトレンを、ウズベキスタン大使として派遣した。

結果は、集団安全保障条約を崩壊させ、ロシアと中国に対して、
両国には決して耐えられない不安定化をもたらすことになろう。

詳細については、こちらを参照:
☆http://russia-insider.com/en/2015/03/18/4656

かくして、ロシアは、ロシアのアジア国境沿いに、
同時に更に三つのウクライナ紛争状況再生と直面することになる


しかもこれは、ワシントンがロシアにかけている圧力の始まりに過ぎない。

3月18日、NATO事務総長は、グルジアの南オセチアへの軍事侵攻を終わらせた
ロシアとグルジア間の和平調停を非難した。

NATO事務総長は、和平調停は
“地域の安全保障と安定を強化しようとする国際社会による進行中の取り組みを阻害する”ので、
NATOはそれを否定すると述べた。

この発言をじっくり読んでみよう。この発言は、“国際社会”を、
ワシントン傀儡NATO諸国として定義しており、
安全保障と安定の強化を、ワシントンが、ロシアと直接国境を接するグルジアに、
軍事基地をおけるようにする
為、
ロシアとグルジアの間の緩衝を除去することとして定義している。

ポーランドとバルト諸国、ワシントンとNATOは、差し迫ったロシア侵略に関するウソを、
ロシア国境での挑発的な作戦演習と、
ロシア国境のNATO軍事基地におけるアメリカ軍増強の正当化に利用している。

この国の 狂ったアメリカ人大将達は 全国テレビ放送でロシア人殺害を呼びかけている

EU指導部は対ロシアプロパガンダ戦争を立ち上げることに同意し、
ロシア国民の政府支持をむしばむための取り組みで、
ロシア国内でワシントンのウソを報じている。


こうしたこと全てが、ロシアに、クリミアと黒海海軍基地をワシントンに引き渡させ、
ワシントンの宗主権の下、臣下となることを受け入れを強制する為に行われている


サダム・フセイン、カダフィ、アサドやタリバンが、
ワシントンの脅しに屈しようとしなかったのに、一体なぜ、
ワシントンの阿呆どもは、
世界で最大の核兵器備蓄を保有しているプーチンが屈するなどと考えるのだろう?


ヨーロッパ各国の政府は、全くものを考える能力が無いように思われる。

ワシントンは、ロンドンや、全てのヨーロッパ諸国の首都、
更にはアメリカのあらゆる都市を、ロシア核兵器で破壊される標的にしたのだ


愚かなヨーロッパ人は、ワシントンのご主人に尽くすべく、自らを破壊しようと急いでいる。

14年間にわたる8ヶ国へのアメリカ軍攻撃後でさえ、
ワシントンが、傲慢さとうぬぼれにふけり、
自らの意思に異議を唱える者を決して許容しない全世界の支配者 
と思い込んでいるのを世界が理解できないのなら、人類の知性は消えてしまったのだ。

アメリカ、イギリスとヨーロッパのマスコミは、ご主人の為にウソをつくべく、
たんまり金を貰っている売春婦であるのを我々は知っている。

加盟諸国はそうでなくとも、NATO司令官と事務総長は戦争がしたくてたまらない
のを我々は知っている。

ペンタゴンのアメリカ人 ストレンジラブ博士や兵器産業は、
連中が常に過剰信じている弾道弾迎撃ミサイルや新兵器体系を試したくて待ち切れない
のを我々は知っている。

イギリス首相は全く取るに足りない人物であることを我々は知っている。

しかし、ドイツ首相やフランス大統領は、
自国やヨーロッパを破壊する覚悟ができているのだろうか?


EUがそういう価値観なのだとしても、権力欲で地球上の生命を破壊しようとしている、
常軌を逸したワシントンの指導に屈し、指導を受け入れる為に、
一体なぜ諸国民の存在そのものが危険にさらされるのだろう?


----------

安倍政権NO! 0322大行動、 かなりの人数が集まったようだ。

『☆http://coalitionagainstnukes.jp/?p=5954
首都圏反原発連合 (2015/3/23)
野音集会、請願デモ、国会包囲抗議に参加した皆様、お疲れ様でした。
参加者数はトータル14,000人となりました!
安倍政権が倒れる、独裁政治が止まるまで、声をあげ続けていきましょう!』


アジア・インフラ投資銀行に対する動きを見ても、
傾きつつある宗主国に忠義を尽くしているのは世界第一の属国のみ。
ヨーロッパの主要諸国、宗主国の脅しもなんのその、
こぞって成長経済と組もうとしている。

英語に、合理的なことわざがある。

Don't put all your eggs in one basket.

全部の卵を一つの篭に入れるな。

現状に即して解釈すれば「一つの国にすべてを託するな。」 ということだろう。




Ilya Glazunov、二枚目、



「Golgotha」です。



「田布施システム」のゾンビ・亡霊ども、

◆http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/320mannindesinitarimuka.html
長周新聞  2015年3月20日付


   320万人で死に足りぬか

     国会で「八紘一宇」絶賛

    往生できぬ軍国主義の亡霊



参院予算委員会で自民党女性局長の三原じゅん子が「八紘一宇」を大絶賛して
物議を醸している。

NHK会長の籾井にしろ、経営委員の長谷川三千子、
作家の百田尚樹、世界観を共有する田母神俊雄、
その他の極端な女性の右傾化大臣たちにせよ、
安倍政府になって周囲でとり立てられてきた人物たちを見てみると、

かつての第2次大戦で敗北して葬り去られていた天皇制軍国主義を正当化し、
320人の国民を死に追いやった戦争指導者の亡霊と共に
敗者復活戦を挑んでいる
のに特徴がある。

戦争責任を何らとらなかった側が 開き直って暴れ回る姿に 憤激の世論が高まっている。

 
今度は米軍の肉弾で命差し出す

三原じゅん子はドラマ『三年B組金八先生』でツッパリ生徒役をしていた女性俳優で、
2010年の参院選比例区で自民党が国会議員としてとり立てていた。

本人が安倍自民党で出世街道に乗るために覚えたての言語を披露したのか
あるいは質問を用意した背後が意図的に仕込んだのかわからないものの、

国会議論の中心は租税回避(タックスヘイブン)問題であったのに、
唐突に「八紘一宇」発言が飛び出して人人を驚かせた。

本人の発言を見てみると、

三原じゅん子 
今日皆様方にご紹介したいのが、
日本が建国以来大切にしてきた価値観、八紘一宇であります。
八紘一宇というのは、初代神武天皇が即位の折に
「八紘(あめのした)を掩(おお)ひて宇(いえ)と爲(なさ)む」
とおっしゃったことに由来する言葉です。

昭和13年に書かれた『建国』という書物がございます。
「八紘一宇とは、世界が1家族のように睦みあうこと。
一宇、すなわち一家の秩序は一番強い家長が弱い家族を搾取するのではない。
一番強い者が弱い者のために働いてやる制度が家である。
これは国際秩序の根本原理をお示しになったものであろうか。
現在までの国際秩序は弱肉強食である。強い国が弱い国を搾取する。力によって無理を通す。
強い国はびこって弱い民族をしいたげている。
世界中で一番強い国が、弱い国、弱い民族のために働いてやる制度ができたとき、
はじめて世界は平和になる」ということでございます。

これは戦前に書かれたものでありますけれども、八紘一宇という根本原理のなかにですね、
現在のグローバル資本主義の日本がどう立ち振る舞うべきかというのが、
示されているのだと私は思えてならないんです。

というものだった。

出世の為に「右翼」弄ぶ 売国政治を糊塗

八紘一宇は、かつての大戦で天皇制軍国主義が国民を戦争に動員していく際、
大東亜共栄圏と結びつけて用いた侵略美化のスローガン
だった。

その歴史的経緯を知っていながら、戦後70年を迎えた現代に
開き直って美化する動きがあらわれている。

安倍政府の登場以後、取り巻きといえば「大日本帝国は正しかった」
「侵略ではなかった」とかつての戦争を肯定することが
「美しい国、ニッポン」の誇りであるというような、
戦前回帰の思想を披露する者ほど首相から取り立てられ、政府ポストや要職についてきた

背骨に染みわたった思想というより、どれもとってつけたような右翼的言辞であり、
安倍晋三に気に入られるため、出世の道具として右翼を弄ぶ者ばかりである。

三原じゅん子もその末端で、妖怪にとりつかれたような振る舞いを始めているにすぎない。

かつての大戦では、320万人もの邦人の命が奪われた

新興の資本主義国だった日本は市場が狭隘化してすぐに行き詰まり、
侵略に次ぐ侵略を重ねていった。
ところが日中戦争では中国人民の抵抗にあって大敗北を喫し
その敗退過程で今度は無謀なる太平洋戦争に突っ込んでいった。

南方の島島で日本兵は飢え死にや病死をくり返し、帰らぬ身となった。
最後は米国に原爆を投げつけられ、
日本列島の都市という都市が空襲で焼き払われて終戦を迎えた。

戦争終結にあたっては「中国で叩きのめされた」のではなく、
米国に屈服する道を選んだのが天皇制軍国主義の指導者たちだった。

戦後は「軍部の暴走」にみな責任を転嫁し、今度は対米従属のもとで
独占資本はその地位を守られ、安倍晋三はじめとした末裔たちへ権力を引き継いできた。

叩きのめされなければならなかった権力が、
アメリカに媚びを売ることで生きながらえてきた
のである。

あの戦争が正しかったというなら、まず第1に
320万人もの国民の生命を奪った責任を負わなければならず、
戦争を知らない子どもたちだからといって開き直りが許されるものではない。

国民の生命だけでなく、中国や朝鮮、アジア諸国で奪った生命についても
どのような態度をとるのか、まさに日本民族として誇りある態度とはどうあるべきか、
曖昧にはできない。

狭い国会のなかで自己陶酔や粋がった主張を披露するのではなく、
「八紘一宇」が素晴らしいものだったと世界に向かって正面から発言すべきである。

自民党は70年前の戦争指導者たちの意志を継いで、
亡霊たちと共に敗者復活戦をするのだと選挙公約に掲げ、
正々堂々叫んで回らなければならない


320万人では死に足りないのだと全国民に向かって訴えなければならない。

2012年末の衆院選で安倍晋三率いる自民党政府が発足して2年以上が経過した。
この間、特定秘密保護法や日本版NSC設置法を強行可決し、
集団的自衛権の行使を巡る憲法解釈を閣議決定で変更し、
今国会では安保法制に手をつけるなど、日本社会を戦争できる国へと導いてきた


その戦争は「邦人の生命」を守るためでも何でもなく、
米軍の鉄砲玉として自衛隊を地球の裏側まで駆り出し、奴隷軍隊に成り下がるものである


中東に出かけるとアメリカを喜ばせたいばっかりに挑発的な発言をやり、
邦人の命が奪われた。  最近ではチュニジアでも日本人が殺害された。

アメリカの奴隷になって経済的に貢がされるだけでなく、
為政者が何の躊躇もなく日本人の生命を危険にさらすまでになった


国を売り飛ばした性根だけは引き継がれ
それを糊塗するように時折、歯が浮くような調子で「日本人の誇り」等等の言辞を弄ぶ。

安倍戦争政府がやろうとしているのは70年前の戦争続行ではなく、

米軍の奴隷としての戦争にほかならず、

日本民族の誇りを投げ捨てた者 にしか踏み込めない道である





既報ですが壺三の亡父・晋太郎は、「背乗り」? 疑惑あり。

回りはキムチ臭い取り巻きばかりだw





Ilya Glazunov、三枚目、



「Venice」です。




親中が玉に瑕ですが、

◆http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/376.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2015 年 3 月 23 日 4sIKljvd9SgGs
韓国がコンビニ24時間営業強制禁止法、日本も導入すべき、
 既に外食産業は自主閉店ラッシュ、若者の深夜離れです



コンビニは、米国が日本の商店街を破壊する為に、
大規模小売店舗法の規制を受けさせないで普及させた
ブラックバスのような存在です

私の父の友人も早い段階で営業し早死にしています。

一番の問題は、多国籍企業のように地元に還元がない事ですが、
オーナーの健康を奪い、地元の自営業の売り上げを根こそぎ奪い、
商店街を破壊し、日本全国面白味のない街にしてしまったのも、罪深い
です。

それがここに来て、少子高齢化や非正規化といった若者いじめを進めてきた事で、
深夜営業自体が採算が合わなくなってきて、外食産業の自主的閉店が始まり、
深夜労働者のニーズ以外が無くなり、
コンビニに至っては、飽和状態もありますが、閉店が目立ってきました。

若者も、安い給料では、外食もコンビニの衝動買いも自粛せざるを得ず、
スーパーで安く買い物をして自炊中心になるのは当然
いい機会ですから、深夜営業を禁止すべきです。

そうすれば、オーナーの健康も守れるし、若者に自営の道も開かれ、
酔っぱらいの立場からも、以前のように多様な飲食店が成り立って楽しいですし、
自営業者は地元にお金を落とします。

今では、家賃の上がりがメインのやる気のない商人ばかりで面白くなく、
私の地元で言うと、やる気のある商人はバブルで立ち退きを迫られ、
バブル崩壊で廃業という感じでしたが、

コンビニさえ無かったら
彼らも持ちこたえられたのではないかと思うと本当に残念です。

ここまで便利になったコンビニをゼロにする必要はありませんが、
店舗数で半分、深夜営業は無し、それで成り立たないコンビニは不要、
というぐらいの大鉈が必要で、才能ある若者の自営との共存が必要です。

確か、アメリカで大規模チェーンだけで構成された街を作ったら
廃墟のような街になってしまったという例があったと記憶していますが、

理屈だけでうまくいかないのが人間社会で、サービスが均一なのも大事ですが、
当たり外れのあった昔の商店街の方が魅力があり、
それをゼロにするのはゆき過ぎで、
大手と自営のバランスを取るべきです



コメント

*07. 2015年3月23日 OUg1I90Mgj

  外資の商売なんてえのは、紛れもなく詐欺なんだ。

  そんな強欲拝金の商売やったら、健全な社会は棄損されます。

  みんなの社会 のことをそこまで考えないと言うか、
  考えても 欲張りの方が先立ってしまう商売が、外資なんです。

  究極の自己中なんです。

  現政権の根底に流れている考え方がこれなんですよね。

  ケケ中なんです。

  こんな政権がだらだらと続いたら、日本社会はめちゃくちゃです。

  日本には、近江商人が言ったか否かは知らんけど、
   買い良し、売り良し、世間良し。」
  というみんなのことを考えたよい商売方法があった。

  健全な社会を守るためには、みんなのことを考える企業がいいですね。 


*10. 2015年3月24日 SwIhsXtbQ6

  私も24時間営業反対~
  サービス業の24時間営業は
  日本の「もっと残業しろーもっと働けー」という
  ワタミのスローガンみたいな洗脳とセットになっていると思う
  日本人よ、企業に人生の殆ど捧げてどうする?

  やっぱ日本は明治の軍国化からずっとおかしくなったままなんだ

   
 
◆http://melma.com/backnumber_45206_6183338/
宮崎正弘の国際ニュース・早読み(日本が無能とかいた日刊現代を褒める中国)
発行日:3/23


   「日本政府は無能、中国に完敗」と日刊現代の報道に感涙した中国紙
     アジアインフラ投資銀行に参加表明しない日・米を揶揄した日本のメディア


***************************************

日本の極左新聞『日刊現代』が、日本の立場を徹底的に批判し、
中国主導のアジアインフラ投資銀行に参加表明したドイツ、フランス、イタリア、
そして英国に先を越され、日本政府が無能ぶりを天下に曝したと報じたことが、
中国メディアは嬉しくて仕方がないらしい。

同紙が『日本の完敗』と書いたことがよほど気に召したらしいのだ。

すでに述べたようにアジアインフラ投資銀行は、まだ発足もしていないうえ、
本店ビルは基礎工事を終えたばかりだ。

資本金の払い込みも遅れており、実質は中国が60%程度負担することになる
つまり、この銀行は政治資金を活用してアジアの政治攪乱、
ひいては金融覇権を目ざす野心的試みとはいえ、

ドル基軸体制に挑戦するという銀行が ドルによる運用をするのだから、
この矛盾に対して中国から何の回答もない


欧州が加わるのはユーロが価値を激減させている最中、
すこしでも米ドルが弱くなることを歓迎する政治的意図がありありとしており、
中国に本気で協力しようとする姿勢はまったく見あたらな


いずれアジアインフラ投資銀行は空中分解か、最初の貸し付けが焦げ付き、
増資を繰り返しながらの低空飛行となる
だろう。

つまり日本は歯牙にもかける必要がないのである。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


(読者の声1)
幽閉されていた歴史学者の呂加平氏が10年の刑を5年残して出てきました。
絶妙のタイミングです。
呂加平氏は元国家主席江沢民の実父は親日派・日本協力者と暴露した人物です。
江沢民を追い落とすための準備でしょう。宮崎先生はどう思われますか?

(AS生、フィンランド)


(宮崎正弘のコメント)
江沢民の父親が日本特務の協力者だったことは1989年から公知の事実で、
拙著のその頃の評論にも何回か、書きました。
江沢民自身、南京の中央大学で日本語を学んでいたが、革命後、
身分を隠すために叔父さんの養子入りし難を逃れた。
中央大学は上海交通大学に統合された。
だから江沢民は上海交通大学出身と言っているのです。

さて呂加平は中国に珍しい戦略を論じる軍事評論家ですが、
彼の凄いところは、その修辞力です。

江沢民親子の出自隠蔽を「二奸二股」(両股をかけた奸計親子)と言ってのけ、
それを含めての論文を2004年あたりから堂々と公表したところです。

2011年5月13日、呂は北京高等裁判所から「扇動転覆国家政権罪」により
懲役十年を言い渡され、妻子らも懲役八年から五年で服役していました。

しかし呂はすでに74歳、胆嚢結石、胆嚢炎、気管支炎、糖尿を煩っており、
11年暮れには心臓発作で斃れ、長沙の監獄病院に移送されていました。

そのうえで2015年2月に、自宅療養のため刑務所から送り出された。
つまり獄中死となると拷問疑惑などが浮上して困るので、
当局は責任の及ばない自宅引き取りに逃げたということで、
江沢民追い落としキャンペーンとは無関係と思われます。



ここは壺三礼賛の「似非右翼」論者ですが、

反共の支那ウォッチャーでもあり、支那情報には詳しい。

ポスト氏の支那贔屓はともすれば危険で、割り引く必要があります。

アジアインフラ銀行はうまく行きませんよw

支那自体が足元グラグラ、砂上の楼閣でしかない、のだから。

日本を引っ張りこんで出資させたい、これが本音。




コメント

早春にⅡ

2015-03-23 10:27:29 | Weblog
 画は 歌川 國貞 (三代豊國)

 天明6年(1786年) ~ 元治元年(1865年)

 号は、香蝶楼・一雄齋・五渡亭など                 作


  「不波伴左衛門重勝」 「出雲屋お国」

  「名古屋山三元春」です。


☆曇、雪が舞ふ。

まずは、戦争の狂犬=ユダ米、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201503220000/
櫻井ジャーナル 2015.03.22
和平の動きに逆らって 米国は軍隊をウクライナへ送り込んで軍事訓練、
 武装集団をロシアや中国へ



アメリカの空挺部隊が4月からウクライナで現地軍を訓練するという。
☆http://www.stripes.com/news/
 us-training-of-ukraine-forces-to-go-forward-1.335497

ドイツ、フランス、ウクライナ、そしてロシアの首脳が
ベラルーシの首都ミンスクに集まり、停戦で合意したが、
これに反発しているのが アメリカの好戦派
そして キエフ政権を支える柱のひとつで
アメリカ/NATOを後ろ盾とするネオ・ナチ(ステファン・バンデラの信奉者)だ。

ウクライナで戦争の火を燃え上がらせようと必死なアメリカ国防総省は
新しい司令部をブルガリア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、
ルーマニアに設置、ロシアとの国境近く、エストニア、ラトビア、リトアニアなどで
軍事演習を行ってロシアを威嚇している

中東/北アフリカやウクライナでの体制転覆プロジェクトは
ネオコン/シオニストの影響力が強いCIAや国務省を中心に実行され、
その手口は プロパガンダ、反政府行動、非正規戦


ウクライナのクーデターを指揮したひとり、
アメリカのビクトリア・ヌランド国務次官補は2月17日にグルジアへ乗り込んで
キエフ政権へ協力しろと圧力、
そこからアゼルバイジャンやアルメニアへ足を伸ばしたと伝えられている。

ヌランドとウクライナとの関係は古く、2004年から05年にかけて「オレンジ革命」が
実行された際にも彼女はキエフにいた。

この「革命」で
ウクライナの東部や南部を支持基盤にするビクトル・ヤヌコビッチ大統領を排除、
アメリカ資本の傀儡であるビクトル・ユシチェンコを大統領に据え、
ウクライナ国民の富を奪っている。

昨年2月のクーデターもヤヌコビッチを排除し、
再びアメリカの傀儡政権を樹立させることが目的だった。

現在、キエフ政権の金融大臣はシカゴ生まれでアメリカの外交官だったナタリー・ヤレスコ、
経済大臣はリトアニアの投資銀行家だったアイバラス・アブロマビチュス、
保健相はグルジアで労働社会保護相を務めたことのあるアレキサンドル・クビタシビリ、
大統領の顧問にはミヘイル・サーカシビリ元グルジア大統領が就任している。

ロスチャイルド家のファンドであるフランクリン・テンプルトンやIMFと
タッグを組んでウクライナの富を奪うことが可能な態勢だ


サーカシビリは破壊活動のキーマンになるという見方もある。

グルジアのパンキシ渓谷はチェチェンの反ロシア武装勢力が拠点としている場所で、
難民の中からCIAは戦闘員候補をリクルート、訓練している。

そこからシリアへも戦闘員は送り込まれてIS
(イラクとレバントのイスラム首長国。ISIS、ISIL、IEIL、ダーイシュとも表記)に参加、
その人数は200名から1000名と言われている。

今後、そうした戦闘員がウクライナなどロシア周辺へ派遣され、
中国の新疆ウイグル自治区で破壊活動を始めることも予想されるということだ。

サーカシビリは2003年の「バラ革命」で実権を握ったが、
その背後で「革命」を指揮していたのが
グルジア駐在アメリカ大使だったリチャード・マイルズ。

ユーゴスラビアでアメリカ大使館の最高責任者を1996年から99年まで務めているが、
このときにアメリカはユーゴスラビアを先制攻撃、建造物を破壊して住民を殺傷した。

1999年から2002年まではブルガリア駐在大使、
そして02年から05年まではグルジア駐在大使を務めた。
このマイルズが2月にキルギスタンへ入り、注目されている。
☆http://www.eng.24.kg/community/174727-news24.html

プロパガンダ、反政府行動、非正規戦という手口はCIAの常套手段

例えば、1953年にイランのムハマド・モサデク政権を倒したクーデター、
54年にグアテマラのアルベンス・グスマン政権を倒したクーデター、
65年にインドネシアのアハマド・スカルノ政権を倒したクーデター(9月30日事件)、
73年にチリのサルバドール・アジェンデ政権を倒したクーデター、
いずれもこのパターン。

1975年にオーストラリアのゴフ・ウィットラム政権を倒した解任劇も
似た手法が取り入れられている。

中東/北アフリカではサウジアラビアなどペルシャ湾岸の産油国、
ウクライナではIMFからの借金(いわばレバレッジド・バイアウト)で
アメリカは 体制転覆工作、つまり戦争を展開しているが、
この仕組みが続けば戦乱はロシア周辺や中国へ拡がる

リビアやチュニジアでISを名乗る戦闘集団が活動し始めたようだが、
これはEUへの脅しにも見える。




國貞、二枚目、



「武田勝頼 坂東彦三郎 薪水」です。



産経系ですが、

◆http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150321/frn1503211000001-n1.htm
ZAKZAK 2015.03.21
習政権厳戒!  軍事クーデター情報 
 大粛清に募る不満 ウイグル族
不穏な動き


全国人民代表大会(全人代)が閉幕した中国に暗雲が垂れ込めている。

「虎もハエもたたく」として腐敗官僚の排除を推し進める習近平国家主席が
独裁体制を固めつつあるなか、不満分子によるクーデターの可能性がささやかれているのだ。

専門家は、極度の締め付けによって不満を募らせる軍部の暴発を懸念。

元最高幹部の周永康氏の失脚によって後ろ盾を失った「四川閥」の残党や、
弾圧に苦しむ少数民族のウイグル族にも「不穏な動きがみられる」(専門家)という。


「法の整備により反腐敗を継続するとともに、官僚のサボタージュに反対する」

全人代閉幕直後の15日、北京で記者会見した李克強首相はこう述べ、
反腐敗運動を継続する方針を明らかにした。

この言葉の通り、中国当局は12日、昨年1年間に収賄や横領などで立件した汚職官僚が
前年比7・4%増の5万5101人に上った
と発表。


摘発された汚職官僚の中には、江沢民元国家主席率いる「上海閥」の大物である周氏や、
同じ派閥に属していた軍制服組元トップ級で病死した徐才厚氏も含まれていた。

中国湖北省の人民検察院(地検)は19日、収賄と職権乱用などの罪で、
周氏の元側近である党幹部2人も相次ぎ起訴。

公判では、汚職事件への周氏の関与が明らかにされるかが注目されており、
習政権による上海閥への包囲網が狭まっていることを改めて示した格好だ。

習政権は、上海閥のみならず、「団(共青団)派」の胡錦濤前国家主席の側近である
令計画氏も粛清の対象にしており、その勢いはとどまるところを知らない。

ただ、急進的な改革は中国共産党内に大きな亀裂も生んでいる。

中国情勢に精通する評論家の宮崎正弘氏は
習氏が特に綱紀粛正に力を入れていた軍部が、不満をためている。
習氏の一声で、ぜいたく禁止令が出され、宴会もできなくなった。
これまで黙認されてきた買春も厳しく取り締まられるようになり、
兵士の鬱屈は最高潮に達し、クーデターが起きてもおかしくない情勢だ

と指摘する。

軍部内に広がる反発ムードに危機感を募らせた習氏は、
不測の事態に備えて身辺を固める動きをみせている。


習氏が、昨年末から中国各地を統括する七大軍区の1つで、
首都・北京一帯を防衛する「北京軍区」の軍幹部のクビを
次々にすげ替えたのもその表れだ。

「新たな北京軍区司令官に 南京軍区副司令官を務めた宋普選氏を抜擢(ばってき)し、
中南海の警護に当たる武装警察の司令官にはやはり 南京軍区出身の王寧氏を据えた。
2人とも習氏の信任が厚い。

親衛隊のようなものを作って防御を固めたのは、
軍事クーデターに備えるためだとみていい」(情報筋)

そんななか、とりわけ習氏が警戒するのは、七大軍区の中で、
四川省や雲南省を統括する「成都軍区」とされる。

同区で権勢をふるったのは、ともに習氏によって失脚させられた
周氏と薄煕来・元重慶市党委書記を輩出した四川閥

反腐敗運動によって、強力な後ろ盾を失った派閥残党の軍幹部らは、
習氏に強い敵愾(てきがい)心を抱いているという。

「現在、軍部内には、胡氏と近い団派の范長竜、許基亮両氏が
軍事委員会副主席の地位に就き、習氏の独裁体制ににらみを利かせている。

可能性としては低いが、習氏の独裁がこれ以上に強化されれば、対抗措置として、
彼ら団派と四川閥が組む可能性も否定できない」とし、続ける。

「新疆ウイグル自治区のウイグル族による暴動やテロ活動も止む気配がない。
一部過激派には、イスラム教スンニ派過激組織『イスラム国』との連携も指摘されており、
これ以上テロの規模が広がれば、現在の警備体制で対応できるかは不透明だ。

習氏は新たな派閥作りを画策しているが、利害関係だけで結びつく紐帯はもろい。
小さな綻(ほころ)びから政権基盤が一気に崩壊することもあり得る」

赤い帝国」の血みどろの覇権争いは、さらに激化しそうな様相を呈している




♪「米中抱きあい心中」が、日本にとって最も望ましい展開です。

「死神」と「疫病神」が消えるのですからw




國貞、三枚目、



「秀ノ山 雷五郎」です。



モンゴル互助会相撲も予定どーり汚らしく終わりましたw

稀勢への注文相撲は醜かった、豚の冨士戦、日馬戦はまさに疑惑の一番w

NHKの中継も、毒饅頭食った北の富士の解説も愚劣で、「消音」で見ておりましたが、

もう性悪を入門させた親方(竹葉山)が引導渡す時期ではないのか? 

観客から罵声を浴びるようではさ、横綱失格よ。

ま、血圧 上がりますわな、いろいろ醜悪でw

◆http://www.minusionwater.com/ketuatu.htm
日本新生 さらば核発電 2011.02.09
年を取ったら血圧は高くてよい


「血圧は低い方がよい」という誤解が広まっています。

しかし血圧は必要です。

たとえばキリンは脳に血液を送るために高い血圧が必要です。
血圧が下がったらキリンは死んでしまいます。


☆年を取ると血圧が上がるのが自然

人には適正な血圧があります。
それは年をとるにつれて上昇します。

人は年を取ると血管が狭くなり血がドロッとしてきて血液が流れにくくなります。
すると脳から血圧を上げよという指令が出て
自律的に血圧が上がって血が流れるようになります。

これを自律神経の働きと言います。

脳の指令に従って血圧を上げられるのは、その人が健康である証拠です。

昔は適正血圧(上)は年齢プラス90と言われていました。

つまり、

  60才   60+90=150 mmHg
  70才   70+90=160 mmHg
  80才   80+90=170 mmHg

などです。

しかし、現代日本の血圧専門医はこれを「古い考え」だと切り捨てます。

患者 「血圧は年令+90くらいがいいと聞いたんですが・・・・・・」

医師 「あぁ、昔はそう言ったんですがね、それは古い考えですよ」

しかしそんなことはありません。


☆フラミンガムでの長期大規模調査の結果

下のグラフは年令による血圧の変化です。

米国フラミンガム市で戦後すぐの1948年から
50年以上にわたって行われた長期調査の結果で、世界的にも有名な大規模調査です。

赤い線が全2036例の平均値です。

http://www.minusionwater.com/framinghamketuatu.jpg

「年齢別の血圧分布」は、たとえば神戸市なら神戸市で
老若男女の何千人もの血圧を測定して、それを年齢別に並べると得られます。

しかしそれは年齢別の分布ではあっても、一人の人の経年変化ではありません。

フラミンガム調査の大きな特徴は、50年以上わたって2000人以上の同じ人々を
調査した結果だということです。

つまりこのグラフは、人の血圧は50年の加齢とともにどう変化するか、
という経年変化を何千人もの実例で示しています。

このグラフは、人間という生き物の加齢による自然な血圧の変化を明確に示しています。

血圧の絶対値には民族や生活習慣の差があるのでしょうが、このグラフから、
人は年令とともに血圧が上がることがはっきりと分かります。

右側の手書きの数字 n=○○ は人数です。
調査では対象を4群に分けて集計、分析しています。
血圧が低い第1群が456人、やや低めが833人、やや高めが515人、血圧が高いが232人です。

しかしそういう細かいことは抜きにして、要するに

   85才での平均血圧は160を越えていて、それでみんな生きている

のです。

これらの人々は老化により血流が悪くなって血圧を上げる必要が生じ、
それに体が正しく反応して血圧を上げることが出来て、長生きしてきたのです。

これが人間の自然で正常な姿なのです。

高血圧になると血管が破れるというリスクがあります。

しかし一方で、低血圧では脳に血が行かないというリスクがあります。

人は老化にともなって生存のリスクが増えます。

どちらをとり、どちらをあきらめるか、という選択です。

そして、高血圧のリスクと低血圧のリスクとを比べれば、
人は年をとったら血圧は高い方がよい、というのが自然界の選択なのです。

フラミンガムの調査は、はっきりとそのことを示しています。


☆大量に処方される血圧降下剤

しかるに現代日本の医療は、この自然現象は良くないとします。

何という愚かさ、何という傲慢さでしょう。

そして血圧が基準値より高いと血圧降下剤が処方され、
一生飲み続けなさいと言われて、人々は従順にそれをせっせと服用しています。

しかもその基準値は、10年前に突然160mmHgから140mmHgに下げられました。

その結果新たに数千万人の人々が高血圧と診断されるようになりました。

今は130mmHgを目標に血圧降下剤が処方されています(下図)。

http://www.minusionwater.com/kijunketuatu.jpg

もちろん、高血圧によって何らかの自覚症状がある場合は、
薬で血圧を下げる必要性があるでしょう。また、
今まで飲んできた血圧降下剤を急にやめるのは反動があります。

しかし薬とは、緊急の場合に短期間に服用すべきものです。

毎日飲みなさい、ずーっと一生飲みなさい、という処方は根本的に間違っています。


☆血圧降下剤と脳梗塞


血圧降下剤の薬袋には、
めまい、しびれ、貧血、心房細動、などの「副作用」が書かれています。

いずれも血流が悪くなった結果です。

そして副作用の筆頭には「脳梗塞」と書かれています。

もともと血が流れにくくなったから血圧を上げて対応している高齢者が、
若者と同じように血圧を140mmHg 以下にしようとして血圧降下剤を常用していれば、
脳に血が行きにくくなって脳梗塞が起こりやすくなるのは、物理的な必然です。

薬の袋に、そう書いてあるのです。

「高血圧だと脳卒中になりやすい」と言われています。

これが決まり文句であり脅し文句ですが、必ずしもそうではありません。

なぜなら、脳卒中とは「脳出血」と「脳梗塞」の総称だからです。

脳出血は脳の血管が破れることです。
血圧が高いと血管は破れやすくなります。

脳梗塞は脳の血管が詰まることです。
血圧が低いと流れがとどこおって詰まりやすくなります。

確かに、運ばれてきた患者は同じように見えるでしょう。

しかし、メカニズムのまったく異なるこの二つの脳疾患を、
同じ名前でくくってしまうところが、そもそもの間違いです。

右図で、左が脳出血、右が脳梗塞です。

http://www.minusionwater.com/nousottyuu2.jpg


では脳出血と脳梗塞の比率はどうか。

昔は脳出血が7割で 脳梗塞が3割でした。

  現代では脳出血が3割で 脳梗塞が7割です

ですから現代では、

高血圧だと3割の脳出血は起こりやすくなるが、

7割の脳梗塞は起こりにくくなる
のです。

単純計算では血圧が高い方が脳卒中は起こりにくいことになります。


☆血圧降下剤と認知症

認知症の人は脳の血の巡りが悪くなっています

2009年に京都府立医大で開発された「認知症早期発見装置」が
脳の血流を測る装置であることがそのことを示しています。
脳の血流が少ないと認知症の疑いがあるのです。

血圧降下剤は脳の血流を少なくします

ですから血圧降下剤の多用が認知症を多発させている疑いがあります。

右図は厚生労働省の統計です。血圧降下剤の生産額が毎年10%以上伸びています。

昨今のわが国の認知症の増加と、
血圧降下剤の消費量の増加とは、グラフに書けばピタリと重なるでしょう。

http://www.minusionwater.com/koukazaiseisan.jpg


☆血圧降下剤と がん

がんが急増しています。日本人の2人に1人が、がんになると言われています。

このことと、血圧降下剤に限らず、

さまざまな薬の乱用とは、おそらく関係があるでしょう。



☆血圧と塩分は関係がない


☆塩は重要なミネラル源

天然の塩は大切なミネラル(微量元素)の源です。
人は体内に海と同じ組成をもっています。
ですから海の塩は必要な栄養です。 岩塩も海が起源ですから同じです。

塩が不足するとミネラルが足りなくなって健康を害します。
これは乳児のアトピーにも言えることで、
母乳で育てているお母さんがしっかりと塩分をとることで、
赤ちゃんの皮膚が良くなるケースが多々あります。

ただしJTの塩は極端に精製されていて
ナトリウムが99.99%ですから健康によくありません。

みそや醤油も天然塩で作ったものを選ぶ知恵が必要です。


☆減塩しても意味がない

血圧を下げるために「塩分を控えめに」、と言われていますが、それは間違いです。
塩分摂取と血圧との間にはほとんど関係がないことは、
とっくの昔に科学的に決着がついています。

そもそもここまで述べてきたように、血圧を無理矢理下げること自体が
ナンセンスなのですから、塩の摂取量などいちいち気にすることもありません。

ただし、塩分の取りすぎは胃ガンを起こします。
昔は冷蔵設備がなく食べ物は塩漬けにされていて、世界中で胃ガンが多かったのですが、
冷蔵設備の普及で塩分摂取が減り、世界的に胃ガンは減少しました。


☆体内の塩分濃度は一定

体内の塩分濃度は約1%で一定です。
これが狂うとイオンで動いている心臓が止まります。

体内の塩分量は、水分が70%として体重60キロの人は、
60kgx0.7x0.01=420gの塩分があります。

ペットボトル1本分くらいあるわけです。

減塩を主張する人は、1日に10gまで摂取するのはよいが、
12g(現在の日本人の摂取量と言われている)では多すぎると言っています。

しかし体内に420gも塩分があるのに、
たった2gの差などいちいち気にする方がどうかしています。

塩分をとりすぎると、人は自然にノドが乾いて水を飲み、
過剰の塩分は尿として排泄されます。
砂糖や油は体に貯まりますが、塩は体に貯められないのです。


☆猛暑の夏は梅干しが売り切れ

塩分不足で熱中症になると言われて、猛暑の夏に梅干しが売り切れたそうです。

建設現場で働く人やスポーツ選手は塩分が必要です。

ちょっとジョギングしても塩分は失われます。

減塩論者は、猛暑の夏でも建設現場でも、
「梅干しは良くない」「10g以下にしろ」と言うのでしょうか。

ふつうに味付けしておいしければそれでいいのです。
それ以上の減塩には意味はありません。


☆ナトリウムとカリウムのバランスが大切

人の体は脳も神経も心臓も電気仕掛けで動いています。
ですからイオンのバランスが大切です。

特にナトリウムとカリウムのバランスが大切です。

ナトリウムは塩に、カリウムは野菜に含まれています
ですから野菜に塩をかけるのは合理的です。いい塩梅とはそのことです。

西欧人は肉を多く食べます。肉には血があり血には塩があります。

日本人は野菜や穀物を食べ、肉食が少ないので、
日本食は自然に西欧人よりも塩を多く入れるようになっています。



◆http://www.minusionwater.com/ketuatu2.htm
年をとったら血圧は高くてよい Part2  2014.02.27

先日、読者の方から貴重な体験メールをいただきましたの転載します。


  血圧のお話。感銘いたしました。  2014年2月22日


  約半年ほどLAに滞在残りは信州でのリタイア生活です。

  高血圧の基準が下げられ 130
  国民の半数を患者に仕立てた学会(半数が病気。。これは病気ではありません)
  WHOや日本の学界のスポンサーは製薬会社

  私の父はいわれるままに降圧剤を服用し脳梗塞で半身不随の後死去しました。
  最近脳梗塞で倒れる人 血流不足で認知症 血流不足による斌脈性不整脈 
  心房細動 免疫不足でガンが急増しています。

  私の住む信州の寒村で2013年 運転中に三人 脳梗塞でたおれました。
  降圧剤は脳出血の予防であったはずです。
  栄養の良い現代では脳出血は見られません。

  若い亀も老いたキリンも130が高血圧???
  私は30代のころから160/95位で 今66歳 
  ある日 薬を捨てました。

  降圧剤服用後ホルター心電図で心房細動出現
  トレッドミルで心室性期外収縮 連発。。 で薬をやめました。

  2014のはじめ、
  米国で150/90以下の.患者?には降圧剤投与は禁止されました。

  これでアメリカの脳梗塞 (心房細動からくる血栓が脳に飛ぶ)
  認知症 ガン は劇的に改ぜんされると思います

 
  テレビでも報道され。。。なぜか日本では報道されないのでしょう。

  寒い信州 冬は高い血圧が必要です。。ここ数日雪かきです
  降圧剤で不整脈 心房細動 
  今度は抗不整脈剤 リスモダン メインテート プロノン 
  サンリズム タンボコール セルシン等。。
  すべての薬は効果なく逆に心室性連発や心房細動がよりいっそう出現しました。。

  原因は降圧剤 抗不整脈剤。。。でした。

  薬はもう一切飲みません。。。。。
  意図的に下げられた血圧基準の悲劇の体験者です
  年齢プラス 90が適正血圧です。。

  キリンなどの絵でわかりやすく解説され感動した次第です。

  アメリカでは150/90 通常180 を超えて降圧剤を処方しても
  保険会社は保険請求を却下するはずです。


アメリカの医療は高額ですが、高額であるだけに、
受益者側が自然に自衛して、合理的な行動をとるようになります。

2014のはじめ、米国で150/90以下の.患者?には 降圧剤投与は禁止されました

これは私も初耳で、たいへん貴重な情報をありがとうございます。

日本では、人々は「業者の言いなり」に無駄な薬を大量に買わされていますが、
健保制度のために薬はタダでもらえていると勘違いしていて、
だから薬をたくさんもらえるとうれしくて、それをせっせと飲んで、
ならなくてもいい病気になって、病気が増えて業者はますますもうかる、
というばかげた仕組み(業者側にはすばらしい仕組み)になっています。



◆http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/guidedl/guidedl.pdf
2013年4月1日に厚生労働省より公開された
標準的な健診・保健指導プログラム改訂版】」
に記載されている、
主な健診検査項目の保健指導判定値及び受診勧奨判定値です。




手前も以前に「低カリウム性四肢麻痺」にかかり、

二週間ほど入院しました、ワーファリンの副作用だと思います。

現在も処方薬のパントテン酸カリウムを毎日飲んでいますが、

果たしてワーファリン服用中止の今、必要なのか?

いろいろ疑問多々ありです。


コメント

早春に

2015-03-22 10:51:55 | Weblog
 画は 歌川 廣重 (安藤 廣重)  

 寛政9年(1797年) ~ 安政5年(1858年)  

 号は 一立齋(いちりゅうさい)               作


  「東海道 二  五十三次  品川」です。


☆晴れ。

まずは、ここは一貫して「親中」なので割引いて、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201503210000/
櫻井ジャーナル  2015.03.21
ソ連消滅後に暴走を始めたネオコンの戦略に従って
 中国と戦争する準備を進める安倍政権の狂気



安倍晋三政権が中国と戦争する準備を進めている理由はアメリカにある。

日本の少なからぬエリートが崇拝しているらしいヘンリー・キッシンジャーにしろ、
キッシンジャーを教育したフリッツ・クレーマーにしろ、
世界に戦乱を広げているネオコン/シオニストにしろ、
外交の基本は脅し」だと考えている。

これは本ブログで何度も指摘してきた。必然的に、
そうした考え方の人間が 日本を動かすようになる。

東北地方の太平洋側を大きな地震が襲い、東電福島第一原発を破壊した3日後、
つまり2011年3月8日付けのインディペンデント紙に
石原慎太郎をインタビューした記事が掲載された。

その中で彼は日本が「1年以内に核兵器を開発することができる」とした上で、
外交力とは核兵器なのだと語った。

核兵器で脅せば中国も屈服させられると信じているようで、
思考レベルは安倍首相と同じと言えるだろう。

2013年9月に安倍首相はネオコン系シンクタンクのハドソン研究所で演説、
☆https://www.youtube.com/watch?v=d478L2VDp9o
2013 Herman Kahn Award Luncheon Honoring Japanese Prime Minister Shinzo Abe

その冒頭で歴代受賞者の中から何人かの名前を挙げている。

ロナルド・レーガン、リチャード・チェイニー、ヘンリー・キッシンジャー、
ジョージ・シュルツだが、これは彼のマインドを示唆していると言える。


その年の1月13日に陸上自衛隊第1空挺団は習志野演習場で降下訓練を行い、
離島防衛のシナリオで模擬戦闘を実施している。

視察した小野寺五典防衛相は尖閣諸島/釣魚台列嶼の問題に触れ、

「厳しさを増すわが国周辺の安全保障環境に対応し、
自衛隊の態勢強化に取り組んでいく」と述べたようだ。

その2日後、記者会見で「中国の飛行機が日本のいわゆる領空に入ってきた場合、
この警告射撃ということは、ありうるということでしょうか。」
と質問された小野寺五典防衛相は
どこの国も、それぞれ自国の領空に他国の航空機が入って来て、
さまざまな警告をした中でも退去しない、領空侵犯を行った場合、
これはそれぞれの国がそれぞれの対応を取っておりますし、我が国としても、
国際的な基準に合わせて間違いのない対応を備えていると思っています
。」と答えた。

尖閣諸島を特別扱いせず、状況によっては警告射撃の可能性はあるというように聞こえるが、
尖閣諸島は中国や台湾が自国領だと主張している。

そこを飛行している中国や台湾の航空機を銃撃したなら相手は侵略行為と認識、
侵略行為には反撃するということで戦争に発展する可能性が出てくる。

中国との戦争を辞さないという宣言だと見なされても仕方がないだろう



16日に安倍首相は自民党の河井克行をベルギーへ派遣、
NATOのアンス・フォ・ラスムセン事務総長に
「NATOとの安全保障上の連携強化を呼びかける首相親書」を手渡したというが、
NATOはアメリカの好戦派が「関東軍」として利用ている軍事組織。

アル・カイダ系武装集団と手を組んでリビアを破壊、ウクライナではロシアを挑発している。

アメリカの好戦派/ウォール街は第2次世界大戦の終盤から
ソ連/ロシアを攻撃したがっている。

1945年4月12日にアメリカではフランクリン・ルーズベルト大統領が
執務室で急死して以来、米英の支配層はソ連に対する攻撃的な姿勢を明確にしているのだ。

1945年5月7日にドイツは降伏、その直後にイギリスのウィンストン・チャーチル首相は
JPS(合同作戦本部)にソ連を攻撃する作戦を立案するように命令した。
できあがったのが「アンシンカブル作戦」で、
7月1日に米英軍数十師団とドイツの10師団が「第3次世界大戦」を始める想定になっていた。
参謀本部が拒否しなければ、実行されていただろう。
(Stephen Dorril著『MI6』Fourth Estate、2000年など)


アメリカでは1948年に統合参謀本部がソ連の70都市へ133発の原爆を落とす計画を立てた。
1952年に水爆実験に成功した段階における核兵器の輸送手段は
SAC(戦略空軍総司令部)の爆撃機。

1948年から57年にかけてSACの司令官を務めたのが、あのカーティス・ルメイ中将。
SACが1954年に立てた計画によると、600から750発の核爆弾をソ連に投下、
2時間で約6000万人を殺すことになっていた。

テキサス大学のジェームズ・ガルブレイス教授によると、
☆http://prospect.org/article/did-us-military-plan-nuclear-first-strike-1963

アメリカ軍がソ連に対する先制核攻撃計画をスタートさせたのは1957年の初頭。

先制核攻撃に必要なICBMを準備できるのは1963年の終わりだと
ルメイなどの好戦派は推測していた。

そうした計画の前に立ちはだかっていたジョン・F・ケネディ大統領が
テキサス州ダラスで暗殺されたのは攻撃を予定していた1963年の11月22日。

暗殺の直後、CIAはソ連やキューバが黒幕だという情報を流したが、
これは嘘だということをFBIがリンドン・ジョンソン新大統領へ伝え、核戦争は回避された。

アメリカの好戦派にとって核兵器は「抑止力」でなく「攻撃力」であり、
日本の上空に「核の傘」は存在しない。
そこには核弾頭付きの剣がつるされているだけだ。


こうした過去はあるが、現在の危機は1991年に始まると言えるだろう。

この年の12月25日にソ連が消滅、
アメリカの好戦派は自分たちを
唯一の超大国になったと考え、暴走し始めたのだ。

リチャード・チェイニー国防長官の下、ポール・ウォルフォウィッツ国防次官、
I・ルイス・リビー、ザルメイ・ハリルザドが中心になり、
国防総省のアンドリュー・マーシャルONA室長の助言を得て作成された
DPG(国防計画指針)の草案は
同盟国も潜在的ライバルと位置づけ、攻撃の対象にしている

この草案は書き直されたというが、戦略はネオコンの内部で生き続けた。

その影響は日本へも及び、まず1995年にジョセフ・ナイ国防次官補が
「東アジア戦略報告(ナイ・レポート)」を公表、
96年には「日米安保共同宣言」が出され、

安保の目的が極東における国際の平和及び安全から
アジア太平洋地域の平和と安全に拡大する


1996年12月にはSACO(沖縄に関する特別行動委員会)の合意があり、
沖縄県の稲嶺恵一知事は99年11月に普天間基地の移設先を辺野古沿岸に決定、
2006年4月には、滑走路2本をV字型に配置する案(現行案)で
額賀福志郎防衛庁長官と島袋吉和名護市長が合意した。
これ以降、沖縄のさらなる軍事基地化に拍車がかかる。

1997年にまとめられた「日米防衛協力のための指針(新ガイドライン)」では、
「日本周辺地域における事態」で補給、輸送、警備、あるいは
民間空港や港湾の米軍使用などを日本は担うことになり、99年の「周辺事態法」につながる。

「周辺」は「地理的なものではない」。

こうした流れと並行する形でアメリカは朝鮮半島における戦争を想定した計画を進めていた。

1998年に作成されたOPLAN 5027-98は当時の金正日体制を倒すことが目的で、
朝鮮を消滅させ、アメリカにとって都合の良い国を建設しようとするもの。

そうした中、8月に朝鮮は太平洋に向かって「ロケット」を発射した。
その翌年の3月、海上自衛隊は能登半島の沖で「不審船」に対し、
規定に違反して「海上警備行動」を実行した。

2003年3月にアメリカはイギリスなどを引き連れてイラクを先制攻撃、
その2年後には日米同盟:未来のための変革と再編が締結され、
日本は「日米共通の戦略」に基づいて行動するとされた。


その後、検察やマスコミは首相就任が確実視されていた小沢一郎、
そして沖縄の普天間基地(飛行場)をグアム、あるいは硫黄島へ移すべきだと主張した
鳩山由紀夫首相を激しく攻撃、
2010年9月には、尖閣諸島の付近で操業していた中国の漁船を海上保安庁が
「日中漁業協定」を無視する形で取り締まり、漁船の船長を逮捕している。
☆http://www.taro.org/2010/09/post-814.php

この逮捕劇の責任者は国土交通大臣だった前原誠司。

それまで「棚上げ」になっていた尖閣列島の領有権問題を引っ張り出し、
日中関係を悪化させたのだ。

この当時、アメリカの好戦派はロシアと中国を分断したうえで侵略、分割、略奪する
予定だったのだろうが、ウクライナ制圧で目算が狂い、
今ではロシアと中国は強く結びついている。

それでも両国を軍事的に倒そうとしているのがネオコンたち。

2006年にフォーリン・アフェアーズ誌が掲載した
キール・リーバーとダリル・プレスの論文は、
☆http://www.foreignaffairs.com/articles/61508/
 keir-a-lieber-and-daryl-g-press/the-rise-of-us-nuclear-primacy

ロシアと中国の長距離核兵器を第1撃で破壊できると主張しているが、
まだその分析に基づいて動いているように見える。

硬直した思考は旧日本軍の作戦参謀を思い起こさせる。

日本のマスコミはその時と同じことを繰り返している。




国内統一のため反日教育を主導する共産支那、半島は、

日本の脅威=潜在的敵国です。  まず、ここから。




廣重、二枚目、



「東海道五拾三次之内 水口」です。




当ブログ既報ですが、ここも一貫して偽ユダヤ・オバマ好きw

◆http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34756782.html
新ベンチャー革命2015年3月21日 No.1089
クリミア半島は第二のキューバ危機(米露核戦争危機)に陥っていた:
 それを未然に防いだのは女性の米海軍代将・ヘザー・コール氏だった


より抜粋、

1.米海軍の女性代将が、米露核戦争を未然に防いだ?

米国情報によれば、ロシアの対外諜報機関が重大情報をロシア内で流しているそうです、
それは、米オバマ大統領が米海軍に対して
ロシアに対する限定的な先制核攻撃命令を出していたという情報
です。

ところが、ヘザー・コール(女性)という米海軍代将がその命令を拒否して、
米軍による核攻撃は失敗したそうです。
そのため、コール氏は逮捕・解任されたそうです。

このニュースの発信元はロシア政府ですが、米国サイドの情報でも、
この女性の海軍代将の解任が報じられています。

米国報道ではコール代将の解任理由は伏せられていますが、
ロシアの諜報機関の情報から、その理由が判明します。

このニュースから、

なぜ、プーチンが核戦争も辞さないと発言したのかの理由が見えてきました。

そして、3月初めから中旬まで10日間もプーチンが消息不明になった理由も見えてきました



2.第二のキューバ危機(米露核戦争危機)がクリミア半島で起きていたのか

1945年、広島・長崎に原爆が投下されて以来、今日まで、
世界で核戦争は起きていません。 もし起きたら、世界の破滅ですから・・・。

しかしながら、1962年10月、ケネディ大統領が暗殺される1年前、
キューバ危機が起きており、米ソの核戦争一歩手前まで行っています。

幸い、当時のケネディ大統領とソ連・フルシチョフ首相の対話によって、
核戦争が回避されています。

そのキューバ危機と同様の米露核戦争危機が
クリミア半島で起きていた可能性があります。

これほど重大なニュースをマスコミは何故、報道しないのでしょうか。

今のマスコミはほんとうにどうしようもありません



3.やっぱり、米国戦争屋ネオコンは狂人集団だった

2003年から10年以上、本格的戦争を行っていない米国戦争屋ネオコンは、
アンチ米戦争屋のオバマ政権が二期も続いて、もう発狂しており、
戦争中毒の禁断症状がでていると本ブログではみていました。

案の定、彼らは米露核戦争を画策していたということですが、
もう狂っているとしか言いようがありません。

ところが、安倍自民党と日本政府はこのような狂人集団に乗っ取られているのです。

一方、プーチンは2015年3月某日、核戦争を辞さないという過激な発言をして、
そのことを3月15日にロシア国営放送を通じて全世界に公表しています


そのニュースに対し、米戦争屋ネオコンに乗っ取られている日本では、
アンチ・プーチン勢力(悪徳ペンタゴン日本人勢力を含む)が大騒ぎして、
核使用威嚇を行ったプーチンを罵倒しました。

しかしながら、ロシアに核戦争を仕掛けようとしていたのは、案の定、
米戦争屋ネオコンの方でした


ところが、日本のマスコミは米戦争屋ネオコンに牛耳られていますから、
プーチン発言だけを取り上げて、プーチンをワルモノ扱いした
のです。

プーチンはオバマが対露限定核攻撃命令を出したことを知って、
核戦争も辞さないと発言したということです



4.昨年11月の中間選挙で、米共和党が勝利して以来、
  米戦争屋ネオコンは米露核戦争をオバマに強要していたようだ


オバマ政権の国防長官ヘーゲルは昨年の中間選挙後、唐突に辞任させられましたが、
米国報道によれば、米戦争屋ネオコンから、
米軍の対露先制攻撃を強要されて拒否したからのようです。

もし辞任しなかったら、暗殺されていたかもしれません。

ヘーゲルは、ケリー国務長官同様に、ベトナム戦争経験者であり、
筋金入りの反戦主義者です、
だから、オバマはヘーゲルやケリーを登用しています。

ちなみに、上記、コール代将とヘーゲルは連携して、
命がけで米戦争屋ネオコンに逆らったと思われます。

要人暗殺や偽旗テロ殺人を平気で行う、
戦争中毒の狂人勢力・米戦争屋ネオコンに逆らうのがいかに大変か、よくわかります。

日本の安倍自民党や官僚も、凶暴な米戦争屋ネオコンに恫喝されると
言いなりになるわけですが、ヘーゲルやコールは
命がけで米戦争屋ネオコンに逆らってきたようです。

米戦争屋ネオコンのいいなりになったら、核戦争が起きて、世界は破滅してしまいます、
だから、米国政府中枢部には、命がけで米戦争屋ネオコンと対峙する
勇気ある人物がまだいるということです。
情けない日本の指導層と比べて、ほんとうにうらやましい。


5.オバマは米戦争屋ネオコンの恫喝に屈したのか

上記の米国発のロシア情報では、オバマは米戦争屋ネオコンの要求に屈して、
対露限定核攻撃命令を出したようですが、これは辛い命令だったでしょう。

もし、米戦争屋ネオコンの要求を拒否すれば、ケネディ暗殺と同様の仕打ちが待っています、
そこで、オモテムキ、命令を出して、ヘーゲルとコールが拒否したことにして、
その場を繕ったのでしょう、とりあえず・・・。

オバマの背後には、欧州での核戦争を嫌う欧州寡頭勢力が控えていますから、
水面下で欧州寡頭勢力に頼んで、プーチンに核戦争も辞さないと発言させて、
かろうじて、米露核戦争勃発をひとまず回避したのでしょう。


一方、それでは収まらない米戦争屋ネオコンはこのまま引き下がることはあり得ません。

本ブログでは、米戦争屋ネオコンおよびイスラエル・ネオコンは、すでに、
限定的核攻撃用の小型核兵器を開発しているとみています。

なぜなら、9.11事件や3.11事件にて、そのような核爆弾が使用されていると疑われるからです。

2013年、イスラエルがシリアに対して行った空爆で、
小型核爆弾が使用された疑いが持たれています。

われら日本人は、核爆弾と言えば、広島・長崎の原爆や、
きのこ雲の巨大な核爆発(従来型の核爆弾)を連想しますが、
その感覚はもう時代遅れです。




廣重、三枚目、



「東海道五十三對 岡崎 矢矧の宿」です。

古の駅宿なり 昔牛若丸 奥の下向の折から爰に逗留ある 
矢矧の長者が娘浄瑠璃姫に深思われ 比翼の契浅からざりしか 望有身と旅路に赴く 
姫は別れを惜つゝ遂に館を忍び出 あとへしたひてたどりしが 道にてはからずむなしく成ける 
この姫いまだ世にある時 十二段の物語に音節付けて諷べける 
是浄瑠璃の初なり 今西矢矧に其塚有




おそろしや、

◆http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42507
週刊現代  2015年03月21日(土)
現役医師20人に聞いた
 「患者には出すけど、医者が飲まないクスリ
 糖尿病 高血圧 花粉症 インフルエンザ 完全保存版一覧表


より抜粋、

心の中で「自分なら絶対に飲みたくない」と思っていても、患者には言えない。

副作用がひどい、飲んでも意味がない―じつは、そんなクスリを処方している医者は多い。


http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/a/b/588/
 img_abbb14b835fb49ce0bc7227730464273483629.jpg


http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/8/1/589/
 img_81aac3d857d272833db1f8f3f5feb7f9464022.jpg



ご参照あれ!!



昔、東京杉並の「河北総合病院」で最初に処方された「降圧剤」が、

アムロジン、効きすぎで気持ち悪くなり、服用辞めたことがあります。

降圧剤には種類があり、人により向き不向きがある、

と別な医師に言われ、薬を他に変更しました。



コメント