ギャラリー酔いどれ

売れない絵描きの世迷い言&作品紹介

彌生のすへ

2014-03-31 11:33:34 | Weblog
 画は 鈴木 春信(すずき はるのぶ)

 享保10年(1725年)? ~  明和7年(1770年)     作


  「飛雁を見る二美人」です。


☆晴れ。

まずは、

◆http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_30/270431538/
ロシアの声 30日 3月 2014,
不明ボーイング機、米国の指導でディテゴ・ガルシアに着陸?


失踪したマレーシア航空のボーイング機は米国に捕まえられ、
ディエゴ・ガルシアの米軍基地に着陸させられたとの浮説が流れている



同基地は重量級爆撃機を収容可能なものである。

それによれば米国は、乗客の中の20人の中国人に目をつけていた。
彼らは中国の研究者だった。
最近彼らは飛行機を100%見えなくする技術で特許をとっていた。
この技術の創案者を確保するために米国がボーイングを掠奪した可能性も排除されない。


Vesti.ru


◆http://my.shadowcity.jp/2014/03/post-4508.html
ネットゲリラ (2014年3月31日)
マレーシア機不明の真相が遂に明らかに


行方不明のマレーシア機なんだが、実は米軍がディエゴ・ガルシアの基地に着陸させて、
もうとっくに「処分」してしまった、という説が浮上している。

ディエゴ・ガルシアというのは、スリランカの西側にモルディブ諸島というのがあって、
そのまた南側、むかしから無人島なんだが、イギリス領で、
アメリカが基地を置くために租借している土地です。
なので、住民は一人もいない。米軍人だけです。

 ☆http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_30/270431538/

アメリカは、こういうの、よくやる。
日本相手にも、JAL機墜落の背後に、日本人技術者を潰したかったから、という噂がある

どうやったか知らんけど、強制的に拉致してディエゴ・ガルシアに着陸させ、
そこで乗客は全員「始末」しちゃって、どうせ中国人なので、200人くらい誤差のウチw 
それから機体はバラして、今、捜索している場所まで捨てに行ったのかもねw 
ロシア系通信社の記事なので、コレは信用できそうですw


行方不明になってから、破片と称する物体が衛星によって発見されるまで、
ずいぶん時間がかかっている。
その間に、そうした工作をする余裕はタップリある。機長はグルだった可能性が高い。
あるいは、噂される「遠隔操縦」技術が使われたのか。


スノーデンがロシアにもたらしたアメリカ諜報網の情報によって、
こうした工作もすぐにバレるようになって、目出度い事ですw 
こら、オバマも、ウクライナ問題で強気に出られませんねw


コメント


*ごんた | 2014年3月31日| 返信

 9.11の時も飛行機の残骸のない墜落現場とか、ハイジャックされた飛行機から、
 かかるはずのない携帯電話で妻と話していた男とか、
 少し賢い物理のイロハがわかる子どもでも、
 バカバカしくて笑ってしまうような「現象」があれこれありました。
 
 マレーシア航空機の事件も我々はCIAの作品を見せられているのでしょうか。
 それにしても9.11の激突した飛行機に搭乗していたはずの一般人は
 どこかでひそかに抹殺されたのでしょうかね。

 ああコワ




春信、二枚目、



「五常」 「仁」です。




やりますなぁw

◆http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140328-00000012-pseven-soci
NEWS ポストセブン 3月28日(金)
脱原発世田谷区長 
 区営発電所推進で電力の地域独占崩れる


およそ8700平方メートルの土地一面に1680枚もの太陽光パネルがずらりと並ぶ。

今年3月1日、神奈川県三浦市の高台に開設された「世田谷区みうら太陽光発電所」

今後、ソーラーパワーを用いて
一般家庭130世帯が1年に使う電力に相当する44万8300kwを発電する予定だ。

この事業を行うのは一般企業ではなく、東京都世田谷区。


自治体が区営発電所を持つ理由を保坂展人・世田谷区長に聞いた。

「私が2011年4月に『原発依存の社会からの転換』を公約にして世田谷区長に立候補した
きっかけは福島原発事故でした。福島で発電した電気を無尽蔵に使ってきた東京23区の中で、
世田谷区は88万人という最大の人口です。
世田谷で脱原発を実践してみせれば、ここから社会全体の流れを変えられるんじゃないか
と考えたんです。そのひとつとして、区で持っていた三浦市の土地に発電所を作りました」
(保坂区長)

世田谷区は、「みうら太陽光発電所」で作った電気を、競争入札で応札した
民間電力会社に売り、収入を再生可能エネルギー普及のため活用する。

「今後は福島県や群馬県など、日本各地で再生可能エネルギーを用いて作った電力を
世田谷区内で使う地域間連携をさらに強めたい。
そうすれば電力会社の地域独占が崩れるはずです」(保坂区長)

また世田谷区は「電力の地産地消」を目指し、区民の住宅や事業用建物に
国の補助金を使って廉価な太陽光パネルを設置する「世田谷ヤネルギー」プランや
区が使う電力の競争入札などを推進する。

区役所で利用する電気を競争入札したら、東電から買うより年間1億円以上安くなりました
こうした新電力の利用もどんどん進めていきます。原発に頼る社会を一日でも早く脱出したい
という消費者が非常に多い
ので、今後はさらに再生可能エネルギー事業者を盛り上げていきたい」
(保坂区長)

世田谷発の再生可能エネルギー革命が進行している。


※女性セブン2014年4月10日号



春信、三枚目、



「蹴鞠を取り戻す」です。



IPがいくら落ちてもw

◆http://www.rokujo-radium.com/blog/index.php?entry=entry130730-133706
六城ラヂウムBlog July 30, 2013,
明治天皇は長州の大室寅之祐だと政府中枢は誰もが知っていた


加治将一(かじ まさかず)「幕末維新の暗号」を読了しました。

途中、ふと頭によぎったのは、森鴎外を調べていたときに、
元勲・山縣有朋が死去の前年に森鴎外に天皇の系譜の編纂求めていることです。

表向きは国定教科書で天皇の地位を神格化するという名目で。

いくら古い資料をひもといても万世一系を立証することは困難である
という結論に終始しつつも、北朝・南朝の系譜どちらになろうとも
天皇の正統性は変わらないという答弁を山縣の大磯の別荘で行っており、
山縣も同意しています。というかウヤムヤで十分なのです。

(追記:その内容は宮内庁に「帝謚考」としてごく少数配布されたのみ。
五二歳で天皇の神格化と歴史との齟齬(南北朝正閨問題)を題材に著した短編
「かのやうに」で、国体の神格と歴史は同時に成り立つという所見を
小説の形で山縣に披露している。)


つまり山縣ら明治政府の中枢部は明治天皇が
即位前の睦仁の替え玉(大室寅之祐)であることがそのうちバレルだろうと
気が気ではなかったのです。


  写真を一枚も撮らせず肖像画しか許さなかった(表向きは極度の写真嫌い)

  身体の寸法を測らさなかった(長身大男で体格が違いすぎ)

  それまでの侍従を一掃して軍人を配した

  字が下手なため自筆の書はわずか(寅之祐は左利きであったため)

  外遊の際でも決して素顔を見せることはなかった(寅之祐であることを悟られないため)

  一条美子(いちじょうはるこ)を昭憲皇后と称すべきでも「皇太后」と遺言でさせた
  (暗殺して入れ替わった睦仁の妃であるため)


  睦仁の生母(中山慶子:なかやまよしこ)に生涯会わなかった

  明治天皇が楠木正成を敬い後醍醐天皇を褒めそやし吉野神宮まで建設した。

  華族の創設で元公卿・元藩主・維新功労者だけでなく
  南朝の忠臣(新田義貞、名和長年、菊池)といった家系も含めた



いろいろとボロが出てくるので、
さすがに山県有朋も近いうちに禍根を残すと危惧したのでしょう。


「幕末維新の暗号」より抜粋

  映画にたとえれば原作、横井小楠。 脚本、岩倉具視、大久保利通。
  監督、木戸孝允(桂小五郎)、衛藤新平、伊藤博文。
  助監督、西郷隆盛、大隈重信、井上馨・・・
  それに影のプロデューサー英、米といったところでしょうか。
  アカデミーをはるかに凌ぐ超大作です。


維新後の内紛(佐賀の乱、西南の役)は天皇の正体を知っている者どうしが
つぶし合った結果であるという見方がすっきりします。
勝者は大久保利通、敗者は横井小楠と西郷隆盛です。

南朝正統論を唱える水戸藩の「水戸学」は、山口の田布施に
南朝系の子孫が見つかったことで一気に攘夷論が崩れ、
尊皇思想を逆手にとって 藩幕体制からの転換を行った のが明治維新
という革命であったのです。そして口封じであちこちで暗殺謀殺が行われていった・・・

そして明治、大正、昭和と時代が過ぎても南朝が正統であることを知らしめるため
天皇家の御紋は16弁の菊となりました。

もちろんオリジナルは楠正成一族の「菊水」です。

http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Japanese_crest_Kikusui.svg

ちなみに私の出身高校の紋章も楠正成をあやかって菊水でした。

わがふるさと南河内(楠正成の拠点)が
今上天皇の系譜とつながっていると思うと少しは誇らしいです。

幕末 維新の暗号 [単行本]
 加治 将一 (著) 祥伝社 (2007/4/21)
 価格:¥ 1,995



バレてしまえば「菊のカーテン」でもなんでもない。

まずは、ここからでしょう。

洗脳による刷り込みが強くて初見ではビックリすると思うが、

闇が晴れてきますよ、正視することだと思う。




コメント

春の兆しⅤ

2014-03-30 11:15:31 | Weblog
 画は 歌川 廣重 (安藤廣重)

 寛政9年(1797年)~安政5年(1858年)

 号は一立齋(いちりゅうさい)           作


  「京都名所之内 あらし山満花」です。


☆雨。

昨日の弘法大師の絵の件、昨夜復活のようでw

まずは、よしだ。 あと、Gooなのだが、ご来場数(IP)の件ですよ、

毎度なんだがw 「大室天皇家批判」をやるとガクっとご来場数(IP)が減る。

それはいいのですよ、当然驚くだろうし、中には嫌悪する人もおるでしょう、

しかし、不思議なのはw 投稿当日からガクっとご来場数(IP)が減ること。

翌日からなら解るのですがねw まあ、ITの世界も「闇の世界」のようだしね。


本日は小泉チョン一郎、三題です。

まずは、媚中の論者で要取捨選択ですが、

◆http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52065543.html
「ジャーナリスト同盟」通信 2014年03月24日
◎本澤(ほんざわ)二郎の「日本の風景」(1576)


<基地の街・横須賀>(その1)

数年ぶりか、いやもっと、である。防衛省が自衛隊基地見学を計画、先日、それに参加した。
行く先が横須賀・基地の街だからである。すっかり腰が重くなってしまった昨今である。

原因はインターネットのせいであろう。日本記者クラブにも行かなくなってしまった。
そろそろ引退か、という場面でもある。会費が高いせいでもあるのだが。

しかし、先に朝日OBの秋岡さんとここで面会したさい、彼は間もなく90の大台に乗る、と言われた。
れっきとした日本記者クラブの会員である。もう少し頑張る必要があろうか。

<元米海軍OBの学者の一言>

横須賀という地名は昔から知っている。しかし、行ったことが無い。
原子力空母反対運動が起きても、政治部は関心が薄かったのだ。社会部任せだった。

93年に1カ月、米国取材をしたおりに東京の米大使館員に
「元外交官でR・インマーマンに会うべし」とのアドバイスを受けた。
当時、彼はコロンビア大学の教授をしていた。

現地で鹿の肉をご馳走してくれた。彼は「自衛隊員に外国を見せてあげて欲しい、
そのことを宮澤首相に伝言してもらいたい」と言った。
旧軍同様に、井の中の蛙である自衛隊の将来を心配していたのだ。
依然として旧軍体質にためらいを抱く親日派外交官だった。

この時、彼は友人を誘ってきていた。米海軍出身でその時は、
友人はバンダービルとかいう大学の先生をしていた。彼にこんな質問をぶつけて見た。
米軍が手離したくない日本の米軍基地はどこか」と聞くと、

それは横須賀だよ」と即答した。


米軍が手離したくない横須賀が、93年以来、筆者の脳裏に記憶された。
そういう次第なので、珍しく目覚まし時計をかけて、前夜早寝した。

<小泉家のある街>

横須賀は小泉純一郎の自宅、選挙区だ。
今は内閣参与になったという飯島秘書が語ってくれたことだが、
選挙になると横須賀のヤクザが対岸に渡って静かになると教えてくれた。

対岸とは房総半島、つまり浜田幸一の選挙に駆り出されるとの意味である。

確かにハマコーの選挙に暴力団が関与していたことを、ライバルの
森美秀、水田三喜男、千葉三郎、中村正三郎の事務所で繰り返し聞いていた。

広域暴力団・稲川会横須賀一家が、横須賀で幅を利かせていたのであろうが、
飯島から聞くまでは、ハマコーの暴力団選挙の裏付けを手にすることはなかった。
ハマコーのセガレはどうなのか? 気にはなる。

暴力団でも政治家、いや政治屋になれる日本は、
安倍の言う「美しい日本」なのかもしれない。

筆者が働いていた首都圏新聞「東京タイムズ」本社は新橋の駅前にあった。
たまに国会から地下鉄を利用して本社に戻るさい、何度か小泉の実姉の信子さんと出会った。

彼女は横須賀線で国会と自宅を往来していた。仲良しになっていればよかったと思う。
大いに反省するばかりだが、彼女はモノ静かな日本的な女性で、福田赳夫に気に入れられていた。
政治家の娘だから、相応の気の強さはあったろうが。

もし、彼女と親しい友人になっていれば、彼女から
小泉首相の6回もの靖国参拝の真相を知ることが出来たのだ。
いまもって彼の靖国参拝を理解できない。彼は安倍と違うからだ。
福田の息子・康夫も靖国参拝に反対をしていた。

小泉の結婚式の引き出物は、その辺に転がっている時計であるが、
数年前から動かなくなってしまった。それにしても長生きしたものである。

基地の街が小泉に与えた影響も、初めて乗車した横須賀線であれこれと思いめぐらせた。
午前9時前に横須賀に着くと、既に数人の自衛隊広報の担当者が目についた。
ことほど人気の少ない基地の街だった。

<米軍基地にへばりつく自衛隊基地>

筆者は、なんとか米海軍横須賀基地の中を見学してみたい、との希望を伝えたが、
どういうわけか実現しなかった。しかし、湾内から基地の周辺を見せてくれた。
地図を見せながら案内してくれた。

その広大な米軍基地に圧倒されてしまった。

米原子力空母反対を叫ぶ平和市民は知っているのであろうが、
現場に足を入れない多数の日本国民は気付いてはいないだろう。

専門家に笑われるだろうが、米海軍第7艦隊の司令部が横須賀の基地内にあるという。
外国の基地に司令部を置く米軍というのも驚きである。

日本に政治屋はいても、政治家はいなかった証拠である。

自衛隊の基地が米軍基地の周囲にへばりついている、そんな印象を受けてしまった。
安倍は横須賀を見ていないのであろう。
しかし、小泉はここで生まれ育った。
親しかったブッシュに返還を迫らなかった彼の責任は大きい。

<米軍関係者2万人の横須賀>


米軍基地内は完全に米軍が支配している。日本人は自由に入れない。
2万人の米国人の街が横須賀なのである。
他方、自衛隊には5000人が勤務しているそうだ。

安倍の言う日米同盟の深化とは何だろうか。 何も知らない日本人が今も存在している。


◎本澤二郎の「日本の風景」(1577)

<基地の街・横須賀>(その2)

米海軍が将来に渡って手離したくないという横須賀。 理由は艦船の修理技能にある
その技術者は多く日本人だ。
従って、彼らが態度を変えると、その基地機能は低下する。
そうならないために、金銭面で特別扱いしているのであろう。
独立国において圧倒する米軍事力、それを提供、支える日本政府と日本人である。

無数の問題も起きているが、それを難なく処理する日本の3権、これも不思議なのだ。
変人と自らを称した小泉が、米大統領の前で、まるで芸人のように踊ってみたり、
ボールを投げたりして売り込んだ理由も、何となく伝わってくる、
そんな雰囲気を伝える横須賀でもある。


とても深刻すぎて笑えるわけがない。それを法的に保障する日米安保、
それを解消ではなく「深化させる」と大手を振る日本政府と議会だ。

倒幕に成功した明治の政府では、それ以前に結んだ諸外国との不平等条約の解消に努力した。
最近の日本政府は、その逆なのである。

「外国に軍事基地を持つと問題を起こす。よくないことだ」と
歴史から学んでいたキャロライン・ケネディ大使の父親である。
彼女は、沖縄を訪問した。次は横須賀や岩国、三沢を訪問するといいだろう。

<自衛隊任務は番犬の番犬>

其の昔、椎名悦三郎という外務大臣がいた。アメリカのことを「番犬さん」と呼んでいた、
彼は岸信介と同じ旧商工官僚である。正しくは日本財閥の代理人として活躍したため、
戦前も戦後も金銭に困ることはなかった。

彼の息子の参院議員のもとで、対日調教師の一人であるマイケル・グリーンが日本研究をした。
類は類を呼ぶのであろう。彼らジャパン・ハンドラーは、
意図的に中国の台頭と敵視論を展開して、自らの資金源を確保することに熱心だ。
この限りで、日本の右翼と波長を共有するが、たとえそうであっても、
ひとたび戦後秩序破壊を目指す靖国参拝や侵略戦争否定の安倍ナショナリストに対しては、
厳しい目を向けている。
 
椎名のいうアメリカ番犬論は間違いである。
日本における米軍基地は、アジア太平洋に対するにらみを利かせるためのものである。
ワシントンの対アジア戦略の要石(キーストーン)に変わりない。
日本を侵略する国があろうか。どう憶測をたくましくしても、
日本が平和憲法を保持する限り、それはない。
ないため「あるよ」「あるよ」という世論をかき立てる右翼メディアと今の日本政府である。
彼らは、そのためにアメリカを利用している。
従って自衛隊は、いうなれば、番犬を守る番犬なのである。
横須賀の米軍基地と自衛隊基地の形状から見える本当の姿である。
思考する自衛隊員であれば、こうした横須賀基地などに配属されると、
複雑な思いにかられるはずである。

健全な日米関係ではない。戦後保守政治の最大の失策といっていい。

93年のアメリカ訪問の際、国防総省は懸命に軍縮に力を入れていた。
懸命なクリントン政権を印象付けていた。軍需産業は合併などで危機を乗り切ろうとしていた。
軍縮担当将校数人との取材において「この際、日本の基地を縮小、撤退すべきではないのか」
と問い詰めて反応を試みた。なんと

日本の基地はカネがいらない。日本政府が全て面倒を見ていてくれるからだとコメントした。
これには二の句が告げなかった。

<巨艦・米原子力空母>

米軍基地の影響で、横須賀市民はあたかも小数民族のように、
崖の傾斜地に追いやられ、家を建てて生活している。
本来、住めるはずの土地を全て米軍に提供しているためだ。まともな人間であれば
「ヤンキー・ゴーホーム」と叫ぶだろう。

だが、多くがそうしない。ワシントンと日本の右翼にとって利害が一致しているからなのだ。
一般市民にとって迷惑千万なことが、まかり通る日本を、
横須賀で生活する日本人の誰もが膚で感じているはずだ。

それは今の小泉も同じに違いない。
彼の反原発への激しい怒りの発言と行動も、筆者には理解できる。
政権担当者としての過ちを、生きているうちに是正しようとしての行動なのであろう。そう思える。

横須賀の原子力空母と共に生きてきた小泉である。
現役時代の横須賀を姉の信子さんに任せ、自分は東京でほとんどを過ごしてきた。

「原子力は安全」という原子力ムラの詐術に身を任せてきた。
地元の空母の原子力も「安全」と思いこむようにしてきた。
しかし、3・11が彼の観念を変えた。それを安倍にさせようとして、逆に反撃されてしまった。
徳洲会事件が機会をくれた。細川護煕を担いで安倍と対決、敗北したが、彼は屈しない。
靖国参拝に怒った筆者は、いまの反原発の小泉を正常な日本人、変人ではない日本人だと思いたい。

それにしても巨艦・米原子力空母には圧倒される。海に浮かぶ基地である。
乗員5000人は自衛隊横須賀基地の人員に匹敵する。
それにしても、長さ300Mの空母が3・11直後、真っ先にグァムに逃走したのは驚きだ


◎本澤二郎の「日本の風景」(1578)

<基地の街・横須賀>(その3

筆者が現役時代に奏野章という有名な政治家がいた。
彼は苦学して内務官僚、警視総監、その後に政界入りして法務大臣になった。
好きな言葉は「現場100ぺん」。
現場に立つことで、事件捜査は必ず解決できる、と言うのが、彼の持論だった。

史実をねじ曲げる輩は現場を見ない。見ないから嘘をつける。
横須賀を見聞して、改めてこの言葉を思い出した。首都圏民は横須賀へ行くとよい。
日本の現実を知ることが出来る
だろう。

<核・放射能に敏感な基地関係者>

3・11の時点で、横須賀に補修点検中のため停泊していた米空母は、
いち早くグァムへと逃げた。もっとも、自衛隊横須賀地方総監部の武居海将は
「逃げたわけではない。彼らは放射能に敏感だ」と解説した。
なるほど、このほうが適切な説明かもしれない?

東北沖の空母は、あわてて日本海へと移動した
事情通は「いち早く東芝3号機の核爆発を察知したため」と説明している
放射能からは、原子力空母も無力なのだ。

<湾内に魚が一杯>

興味深い話を基地内で聞いた。この横須賀湾には魚が一杯いるという。どうしてか?
5000人の基地関係者は釣り糸を垂れることが出来る。
しかし、ほとんどの自衛隊員は、釣りをしないからだ。魚にとって安住の海なのである。

基地関係者は魚が嫌いなのか。そんなことはない。大好きだろうが、
湾内の魚には興味を示さない。確かめたわけではないが、2万人の米軍関係者も同じらしい。
うち5700人の空母乗組員も、である。

理由は説明するまでもない。原子力空母のせいである。
放射能漏れを関係者は知っているに違いない。

今でも月に1度は、空母反対の平和船団が押しかけてきているという。
社民党前党首の福島瑞穂議員も、よく参加するという説明を受けた。
彼女は女性の強さがある。

<少ない女性隊員>

筆者は、自衛隊員の半数を女性にすべきだとの論陣を張っている。
米軍には相当数の女性軍人がいる。一概には言えないだろうが、
男性は女性に比べて沈着・冷静さで劣る。好戦的感情が先走る男よりも、
女の方が優れていると思うからだ。

老いてジムに通っているが、中年女性は元気もいい。体力もある。男性に劣らない。
訓練すると、男女の差は小さい。結婚して子供を持つと、より慎重に行動するようになるだろう。

初めて知ったのだが、この基地が日本で女性隊員の教育している唯一の場所だという。
男性の幹部候補生に尋ねると、彼は女性隊員が増えることに賛成した。
もう一つ、重大な問題がある。セクハラである。
閉じられた世界で女性隊員が少ないと、セクハラは多発するものである。
現在、潜水艦と掃海艇には女性隊員を乗せないという。
ちなみに、米海軍15%、日本は5・6%が女性である。
総監によると、女性の採用を「抑制している」と答えた。

<旭日旗・伊勢・出雲>

海上自衛隊は、なぜか日の丸ではなく、旭日旗を今も使用している。
現地の資料館を覗いたが、よくわからなかった。
数年前、韓国でのサッカーの試合にこれが登場して、大問題になったと記憶している。
イメージが悪すぎる。
中国のテレビ映画には、日の丸とこの旭日旗がよく登場する。

歴史をひも解くと、ここ横須賀が帝国海軍の発祥の地という。
そのせいか「帝国海軍」という言葉が、関係者の口からよく飛び出していた。
既に「いせ」という船、いま「いずも」が建造中という。

過去に被害を受けた人々は、この神社にまつわる名称に警戒心を強める。
傲慢になった自衛隊を印象付けている。上海の日本料理店「出雲」は閉店したと報道で知った。

<護衛艦「おおなみ」見学>

護衛艦も巡洋艦も区別のつかない筆者が、れっきとした「護衛艦」(おおなみ)を見学した。
艦の中枢を見せてくれた。レーダーらしきものがいくつもあって、とても区別がつかない。
唯一の関心事は、銚子沖と広島沖での漁船との衝突事故のことである。
レーダーに映るのだから、漁船との衝突は起きないものと考えていたのだが、
実際は目視・見張り番の任務ということが判明した。
すなわち、漁船との衝突は見張り番の過失ということになる。

<441円の海軍カレーは甘かった>


護衛艦での楽しみは441円の海軍カレーである。世代の違いなのだろうが、
甘い、甘辛のカレーだった。金曜日はカレーの食事なのだという。
第二次世界大戦前の日英同盟の影響によるらしい。
インドを植民地にした大英帝国がインドから取り入れたカレーを、
日本の帝国海軍に伝承したものだろう。
筆者は、池田勇人が愛した首相官邸のカレーの方が好きである。
ホテルオークラのカレーもいい。

<海外に行きたかったので海自希望隊員>


外国に生きたい、そのために海上自衛隊に入隊したという隊員の話を聞いた。
彼は20カ国を訪問したという。既に目的を果たした。
「どこが良かったか」と聞くと、一番は米サンディエゴと答えた。
理由は「何でも揃っている」からだという。男の趣味は、どこも同じらしい。
女性隊員は別の国や場所を指すのではなかろうか。

<集団的自衛権行使を閣議決定でいいのか>

目下、彼らの最大の関心事は、集団的自衛権の行使を閣議決定によって決める
という安倍の暴走
の行方にある。これは当事者にとって、この上なく深刻である。
自衛隊員の全てが安倍のような好戦派ではない。
敏感すぎて当事者も、見学会に参加したジャーナリストや学者らも、誰もこのことを話さない。
言い出せば「聞かなくてもわかっているだろう」と言われるにきまっているからだ。

わかっていることは、あえて聞かないという慣習が日本人である。外国人との相違である。
日本国内では「米軍基地の番犬」をさせられ、
米軍の戦争では「先陣を務めさせられかねない」というこんな不条理が許されていいのか

米国の若者の血を流したくない、代わりに日本人の若者の血を流させたい、
というワシントン好戦派の意向を反映させる安倍路線には、憲法上、重大な懸念がある。
日本は独立国・9条国家ではないか。

PKO実施の場面でも、影響は自衛隊関係者の中で起きた。
当時の防衛庁長官から聞いて知っている。海外に出て、武器弾薬を行使する?
これを憲法は禁じている。

自衛隊員の家族の思いは、深刻かつ複雑であろう。彼らには主権者として声を上げる権利がある



廣重、二枚目、



「五十三次名所圖會 四十二 宮 熱田之駅七里の渡場」です。



壺三シンパのようだね、青山は壺三のパシリですw

◆http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-1067.html
闇株新聞 2014年03月24日
小泉純一郎が北朝鮮と交わした密約とは


これだけ世界情勢が緊迫化して、日本経済にも株式市場にも暗雲が垂れ込めているなかで、
何でこんな「古臭い話」なのか? と考えられると思います。

しかしまさに現時点において、ロシア制裁にも日米韓首脳会談にも負けないほどの影響を
水面下で日本の政治に与えているのが、この小泉純一郎が北朝鮮に残したツケなのです。

ずっと前から書こうと思っていたテーマですが、
ちょうど横田さんご夫妻がモンゴルでお孫さん(めぐみさんの娘さん)一家と会われたことや、
時を合わせて日朝・局長級協議が再開されそうなことは、

間違いなく全く水面下で巨額資金援助と引き換えに拉致問題が完全に幕引きされてしまう
大変危険な兆候であることがはっきりとわかるのです。

つまり現時点こそ、小泉純一郎が北朝鮮と交わした密約を「しっかり」と理解しておかなければ、
またぞろ「うやむや」のうちにすべてが終わってしまうのです。

この密約について本誌は以前から把握していたのですが、
たまたま青山繁晴氏が解説しているところがユーチューブにアップされていますので
併せて聞いてみてください。最初の1分40秒ほどは飛ばしても結構です。

ユーチューブ「小泉純一郎が北朝鮮と交わした密約とは」
☆https://www.youtube.com/watch?v=JnnLvyFHFbw

さて小泉純一郎とは2001年4月から2006年9月まで5年半の長きにわたり首相を務めました。
その間に全く意味のない「痛みを伴う改革」で日本経済をどん底に突き落とし、
また国民の財産である郵貯・簡保資金を米国に差し出すための「郵政民営化」を、
衆議院を解散してまで強行してしまった近年最悪の首相
ですが、
なぜかいまだに人気があります。

その人気の大きな理由が、2002年9月と2004年5月に北朝鮮を訪問して
拉致被害者5名を帰国させたことであるはずです。
つまり小泉純一郎のおかげで拉致被害者が5人帰国できたと「信じさせられて」いるのです。


このときに国民に知らされていない北朝鮮との「密約」が2つありました。

1つ目は、帰国した5名はあくまでも「一時帰国」であり、
しかるべき後に北朝鮮に返すことになっていました。
そのために5名の家族は北朝鮮に人質として留め置かれたのです。

これについてはその直後から、田中均・外務審議官(当時)らが
「北朝鮮との信頼関係が壊れる」と強硬に北朝鮮に帰国させようとしたのですが、
小泉訪朝にも同行していた安倍晋三官房副長官(当時、現首相)らが強引に阻止しました。
5名のご家族はその後、何とか無事に帰国されています。

安倍首相が昨月6月に、東京大学公共政策大学院特任教授と
日本総合研究所国際戦略研究所理事長に「天下っている」田中均氏に対し、
「こういう人に外交を語ってほしくない」と非難したのは、このような背景があったからです。

2つ目の密約はもっと凄くて、
それでもって北朝鮮系信用組合の破綻処理に1兆円をこえる公的資金を投入させたことです。

そもそも北朝鮮系の信用組合は、その預金の「かなりの部分」を
北朝鮮・金王朝への不正送金あるいは日本での非合法活動資金に充てていました。

その原資は北朝鮮系のパチンコ経営者などの預金ですが、
その当然に毀損している預金を日本の公的資金で全額保護してしまった」
のです。

投入された公的資金の総計は1兆3600億円ですが、
そのうちの1兆500億円は小泉純一郎の時代に投入されています


もともと小泉純一郎が郵貯・簡保を民営化したのは、米国のためだけではなく
銀行を競争上有利にしたい旧大蔵省のためでもありました。

つまり小泉純一郎は旧大蔵省に大変に影響力があり
簡単に公的資金投入を指示できたのです。
すべて「拉致問題を進展させた英雄」のイメージのためでした。

この投入された1兆円以上の公的資金がどれほど毀損したかは、実は全く明らかにされてません
整理回収機構が627億円の債権回収のために朝鮮総連ビルを競売にかけていますが、
この627億円とは正式に整理回収機構に譲渡された債権分だけで、
全体の国民負担の「ごく一部」のはずです。

その「ほんの少しの回収」のための朝鮮総連ビルの競売まで、
北朝鮮は不明朗な応札で露骨な時間稼ぎをしていたのですが、先日2回目の応札で
モンゴル企業の50億円に次ぐ22億円で応札していた
四国のマルナカに売却されることになったようです。


ここから(たぶん)北朝鮮はほんの2~3名の拉致被害者を追加帰国させるだけで、
日本政府は決して国民に知らされない巨額資金援助とマルナカの応札辞退
でもって
拉致問題の完全解決」とされてしまう恐れがあります


拉致被害者は政府公認だけで17名、限りなく拉致が疑われる特定失踪者だと868名もいます。

先日その特定失踪者の中にたった1名だけ日本で殺害された方がいらっしゃった
ことをアントニオ猪木議員が
「こんないい加減なことでは北朝鮮に失礼だ」と鬼の首を取ったように発言していました。

安倍首相は、この件に関しては強硬姿勢を貫くはずですが、
周りは(日本のですよ!)敵だらけのようです。




廣重、三枚目、



「名所江戸百景 廓中東雲しののめ」です。



「腹に一物、背に荷物」w 面白い、そうかもしらん?

◆http://d.hatena.ne.jp/skymouse/20131115/1384455758
SKY NOTE 2013-11-15
何故、小泉が脱原発を言うのか?(推考


小泉元総理が、脱原発を言っているが、
私には彼が何故それを言っているか解せなかったが、
安倍政権の原発輸出の動きを見ていて、その謎が解けたと思う。

そこで、安倍政権の原発輸出の疑問点から入り、
小泉が脱原発というところまで説明したいと思う。


1.解せない核廃棄物の輸入(プルトニウムの原材料の輸入)

 安倍政権の原発輸出について最も解せないのは、
 核廃棄物を日本に輸入するという契約になっているということだ。
 海外に原発を輸出し、厄介者である核廃棄物を何故、日本に輸入するのか?

 これは、経済の視点から見ても割に合わず、
 その処理や廃棄の問題からいっても日本では困難だ。しかし、
 これを核兵器の製造という観点で見ると、
 その核廃棄物の中からプルトニウムを抽出するという目的であれば、
 合理的に見える。つまり、
 原発輸出=核兵器材料の生産を海外で実施するという事なのだ。


2.電力としても合理的でない原発を存続する政府(核兵器製造プラントとしての原発)

 原発が電力生産に資するというのは、御用報道に騙されている。
 原発のコストは15円/kWhであり、決して安くない。他の発電設備に比べて優位性はない。
 (原発の1基4000億円と言うのは、初期投資であって
 使用済み核燃料の廃棄、メンテコストも含めれば、そのコストは1基あたり1兆円
 とも言われている/ちなみに火力発電は100万kwあたり1000億円程度)
 6円/kWhという数字は、減価償却の終えた古い原発であるが、
 それを3.11 後の日本で稼働させるのは、
 大地震が来る度にロシアンルーレットをするようなもので、現実的ではない。
 つまり、コストが高いか、または、コストは安いが古くて危険な原発は、
 日本で稼働させるのには現実的ではない
。それらを考慮に入れて考えると、
 電力としての原発には、コストメリットはない
 実際、アメリカでは3.11以後、原発がコストに合わないとして廃止されている。
 しかし、政府は原発を存続しようと躍起だ。
 その裏には核兵器の製造が念頭にあるのだろう。実際、石破政調会長は、
 原発を核の潜在的抑止力として発言し、
 原発を核兵器製造プラントとして位置づけているからだ。
 (核兵器は原発から出る核廃棄物からプルトニウムを抽出し、濃縮することで作られる)


3.コストに合わない原発の存続、安倍総理の原発輸出に伴う厄介者の核廃棄物の輸入、
 小泉の脱原発を繋ぐと見えるもの

 それは、核兵器である。
 核兵器を作るという点で考えると、その全てにつじつまが合う。
 核兵器というのは、単にプルトニウムをミサイルに積みこむだけではなく、
 数年で燃料が劣化してしまうために、維持するのには、
 新しい濃縮プルトニウムを供給し続けなくてはいけない。つまり、
 核兵器を作るためには、ウラン238を取り出すための原発と、
 そこからプルトニウムを分離する工場、そして、
 分離したプルトニウムを濃縮するプラントが必要なのである。
 つまり、核を得るには3つの工場が必要なのである。

   * 1.原発(核廃棄物=核兵器に使うプルトニウムの原材料)

  * 2.プルトニウム分離工場(再処理工場と言われる)

  * 3.プルトニウム濃縮工場(濃縮処理施設)

 まず、1の原発は、海外に原発を輸出し、その核廃棄物を日本が輸入することで、
 国内に原発を保有しなくてもよくなる。そうなると、
 国内の原発は核兵器を作る観点から言えば、必要ないので、放棄しても良くなる。
 核兵器が目的であれば2と3の再処理、濃縮工場だけ日本が保有すれば良いことになる。
 そして、プルトニウムを絞りとった大量の核廃棄物は、モンゴルなど、
 地質の安定したところに廃棄するつもりのようだ。
 これは、日本がモンゴルなどと交渉している。
 そうなると、もはや、原発は国内にいらないのだから、脱原発も可能となる。
 そこで、小泉の脱原発シナリオが動く
 これによって、消費税増税で落ちるであろう自民党のイメージを回復させ、
 党を存続させる事と、小泉氏にとっては進次郎議員を自民党の中央に送り込む契機となる。
 そして、多くの国民は、小泉劇場に魅了されている中、
 安倍政権は核兵器を作るインフラを着々と整備することになる。
 つまり、これは全て茶番だと考えられるのである。
 小泉氏はタカ派であり、日本の核保有を否定していない。
 その彼がなぜ、脱原発と言っているのか不可解だったが、
 以上のように考えれば、合点がいく。

 つまり、海外の原発で生じる核廃棄物=プルトニウムの原材料を調達し、
 それを国内で分離濃縮して核兵器を生産というわけである。
 だから、脱原発も、彼らにとっては想定内

 必要なのは海外の核廃棄物の輸入、分離濃縮プラントの保有なのである。
 そして残ったカスはモンゴルに施設を作って捨てる

 問題はこれをアメリカが許すかということである。普通は、絶対許さないと思うが、
 もし、これをアメリカが許すと言うのならば、
 日本が生産したプルトニウムの輸出先はアメリカとも考えられる。なぜならば、
 アメリカは新規の原発をスリーマイル原発事故以降、一基しか許可していない。
 3.11以後、アメリカのNRCが非常に厳しい規制を作り、安全対策がコスト高となり、
 原発は採算が合わないので、企業が作らない。
 安い国内のシェールガスで発電したほうが遥かにコストが安いのである。
 国民の反発も強い。よって、国内で新規の原発を作るのは難しい。
 そうなると、長期的には、アメリカは原発が寿命となった段階で、
 核兵器を生産できなくなる。それは、
 アメリカの核の支配が継続できなくなることを意味する
。しかし、
 核兵器を作るために海外に原発を作るなんぞということを
 アメリカ国民の前でやったら、アメリカ国民は激怒して、政権を引きずり下ろしかねない。
 そこで白羽の矢が立ちそうなのが、日本だ。
 日本を仲介してプルトニウムを調達すればよいとアメリカが考えても不思議ではない。
 日本に原発を輸出させ、核廃棄物を日本が輸入し、
 プルトニウムをアメリカが秘密裏に輸入する。そうすれば、
 アメリカは何一つリスクを背負うこと無く、核の支配を継続できる
というシナリオだ。

 このシナリオは、自民党のこれまでの行動に合理性を求めた場合、
 核の保有が目的と考えられ、同時にアメリカの国内情勢から見る
 アメリカの合理的な行動帰結を検討した結果である。つまり、
 彼らの目的から合理的に考えればそうなるというシナリオなのである。
 それ以外のシナリオが考えつかないため、恐らく、こういう事なのだろうという推論である。

4.このシナリオから考えられる未来

 消費増税8%で自民党の支持率は下がり始め、安倍政権は苦境に立たされる。
 そこへ小泉元総理が「支持率を回復するには脱原発しかない!」と言って、
 安倍総理を説得、その説得を受ける形で安倍が脱原発を宣言する。
 これを御用メディアがこぞって、「安倍総理の英断!」とかなんとか持ちあげる。
 支持率は回復し、安倍政権は存続、小泉に貸しを作った安倍は、
 進次郎を政権の中枢に据え、ニューリーダーとして持ち上げ、
 3年後の衆議員選挙に備える。その裏で着々と、
 国内の再処理工場、濃縮施設の整備が行われ、海外での原発輸出の契約も成立、
 国内に核廃棄物が輸入される。その際、アメリカは恐らく、
 2018年の日米原子力協定で、核の再処理を認めないとして、
 日本の核物質の輸入を差し止める。だぶついた核物質をアメリカが処理するという名目で、
 日本に金を支払わせて、アメリカはプルトニウムを手に入れ、核の支配を継続する。
 これが私が予想する未来。

5.このシナリオを破棄する為に...

 もし、こういうシナリオが実際に動いているとしたら、日本は、
 核軍縮とは逆行する行為をしていることになるし、逆にそれを阻止できれば、
 アメリカは長期的に核兵器を保有できなくなる。
 または、韓国あたりにそれをやらせるかもしれない。いずれにしても、
 この核に関わったものは、莫大なコストを背負わされ、
 得るものは、財政的な困窮(旧ソ連の破綻、アメリカの財政破綻)と、核廃棄物なわけで、
 全くメリットはない
。むしろ、原発輸出によって外国との軋轢を生むし、
 莫大なコストと、処理できない大量の核廃棄物の山という厄介な問題を背負い込むだろう。
 また、もし、日本が核を保有するとなると、韓国など周辺国も核を保有しようとし、
 結果としてアジアで軍拡競争が勃発、それによって生じる莫大なコストで損をするのは、
 各国の国民、儲かるのはアメリカの武器生産企業になるだろう。

 日本は諸外国の国民のためにも、原発輸出を止め、核の保有を否定し、
 これまでどおり外交による諸外国との対話によって平和を維持するのがベストである。
 それが、くだらない核兵器という高価なおもちゃを購入することを妨げ、
 アジアの繁栄を生むだろう。繁栄は争いを必要としない。困窮が争いを生む。
 金持ち喧嘩せずというではないか。



◆http://www.rafjp.org/koidejournal/no31/
~第31回小出裕章ジャーナル
日米原子力協定の真相とは?
日本はなんとしても自力で核兵器をつくる力を身につけておきたいと思ったわけです

ご参照あれ!





追:1:10PM

話変わるが、けだし、至言ではないのか?

◆http://takedanet.com/2014/03/post_232b.html
武田邦彦 (平成26年3月27日)
教育者がどんな時でも死守しなければならないこと ・・ STAPと教育


☆http://takedanet.com/files/2014032810081008.mp3

教育者たるもの、どんな時でも命を懸けて守らなければならないもの、
それは教え子の名誉だ。
教育の責任はすべて教師にある。教えを受けた子供にはない

STAP論文の関連で、早稲田大学が
かつて認めた博士論文の審査を改めて外部に頼むとの報道があった。

なんということか!!

・・・・・・・・・

中学校の時、定期試験で国語の答案を書いて先生に提出し、90点をもらって卒業したとする。
その答案が保存され、公開され、ある時に、その答案の内容が
「ある有名な文学者の作品の盗用」であったことが分かった。
本人はすでに30歳で社会で活躍していたが、学校に呼び出されて卒業が取り消されたことを告げられる。

卒業生:「えっ! 卒業取り消し?! だって、先生が・・・それに僕は盗用したのではありません。
僕の頭の中に文章が入っていたので、それを書いたのだと記憶しています・・・
先生はどういっておられるのですか?」

学校:「先生はすでにご退職され、記憶もない。でも、ちゃんと証拠が残っている」

・・・・・・・・・

こんな日本は嫌だ。

生徒がどんな答案を書こうが、先生が90点をつければ90点なのだ。
そして、もしその答案に問題があれば、責任は90点をつけた先生にあり、
生徒は教育中なので、責任は問われない。

教育とは「成果を残す」ことではなく、本人の実力をあげることだ。
だから、基本的には教育が終わったら、本人に関することはすべて捨てても良い。
本人が記念に持っておきたいと言うなら本人に渡せばよい。

この教育の原理原則は、小学校から大学、さらに大学院博士課程まで変わらない。

提出した作品はどんなものでも、所有権は教育を受ける方にはなく、
教育をしたほうにある。

大学でも採点の権限はすべて先生にあり、それは普段の試験でも、論文でも同じである。
学生は博士論文の成果を自分のものにしたいなら、普通の学術論文として提出する必要がある。

捨てるのはもったいないので、卒論などを図書館に保管することがあるが、
それは「少しでも役に立てば」ということである。

法治国家では法や規則はすべての人に平等でなければならない
優れた答案や論文だから本人の責任を問うたり、
中学校なら良いけれど博士論文はだめという村の掟を作ってはいけない。

また博士論文は、本人提出→主任教授の訂正指示→副査の先生の訂正指示→審査会→公聴会→教授会 
というプロセスを経る。

本人は提出した後は指示に従って修正するだけだから、社会的責任と言う点では、
修正を強制される学生に責任を問うことはできず、
主任教授、副査、公聴会に出た社会人、教授会にあり、本人にはない。
権限なきところに責任もない

また、学問としては、本人、そして主任教授、さらに副査の先生が意見を述べる必要があり、
もしその意見を聞く必要があるとしたら、大学ではなく教授会である。

大学は会社でも役所でもない。

「上のものが責任を取る」ということは大学ではない。
むしろ教授が採点した結果を学長が変更したら、そちらが罪になる。

教授は自分の授業を受けた「学長の息子」を「学長命令」に反して落第させることができる。
このような専門職の業務の場合に、学長が責任を取る必要もない。

学長が責任を取るのは、教授に任命したからでもない(教授の決定は教授会)、
学校の経営などに関する「学長権限内」のことしかできない。

だから、今回の報道が正しければ、早稲田大学は権限を違反し、
教育の基本中の基本
学生の責任を問わないに反している


日本人の常識、マスコミの冷静で正しい報道に期待したい。

早稲田大学は直ちにステートメントを取り消すか、
あるいは新しい教育論を説明してからにするとよい。

大学は教授の保護者ではない。

大学は過去の学生の瑕疵を責める権限もない。


教授を保護して学生を罰するなら、大学を解散しなければならない





コメント

投稿2,500回

2014-03-29 11:09:53 | Weblog
 画は再掲ですが、拙作にて

  「幻想 弘法大師(空海)像 御厨人窟 (みくろど)での啓示」です。

 油彩 F10号 


☆曇り、寒い。

さて、本日の投稿で、2,500回目となるようです。

これもひとへに、ご常連様、ご贔屓様のおかげ、

心より御礼申し上げます。

最近は海外の「日本オタク」の皆さんのご来場もあるようであります。

以前にも書きましたが、当ブログの画像は、Google画像検索で、

site:goo.ne.jp ギャラリー酔いどれ とコピペ願います。

さすれば当ブログ関連画像のみの?表示になります。

それでここのところTOPに表示されておったのが本日の絵です。

それが、パタッと消えたわけです(関連画像では出る)。

まーたw Googleが何か言われて「検索妨害」しておるようです?

不人気で消えてゆくのは自然ですが、いきなりはありえないでしょう。

著作権者に無断で「検索妨害」はやめろ! 再度申し上げておきますよ。


まずは、

◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_202.html
richardkoshimizu's blog 2014/03/26
クレディ・スイスが衝撃リポート
 アベノミクスで日本の富580兆円が消えた


安倍晋三のサギノミクスによって日本の富580兆円が消えた。

億万長者は130万人減少。

「アベノミクスの異次元緩和と円安誘導によって、
国民の富がどんどん海外に流出しているのです。
円安は国力を失わせ、国民の富をいや応なく奪っていく。」

そうなんですよ、安倍晋三が飼い主のユダヤ金融悪魔様から命じられたのは、
「日本国の富を海外に流出させ日本国民を貧乏にする」とこだったのですから。

よって、ユダヤ様の言いつけ通りにした安倍晋三は、
ユダヤ様から見れば優秀な家畜ということ。

だが、そんな売国奴を総理にしたのは国民なのだから仕方がない?

とんでもない。

不正選挙で議席を奪い勝手に偽総理になったのですから。

安倍のやることなすことが国民を苦しめることばかりとわかってくる。
巷では「安倍の野郎」と憎しみを込めて語る人が激増している。

裏社会の強攻策は確実に国民を覚醒させています。

ユダヤ様のご命令通りどんどん蛮行を進めてください。

さしもの大人しい国民もこれ以上は黙っていません。

臨界点に達しつつある今、我々は待っているだけで国民総覚醒を実現できます。

頑張れ、バカとクズ。 もっともっと国を売れ。

情報感謝。


http://gendai.net/news/view/111962
日刊ゲンダイ 2013年10月23日
クレディ・スイスが衝撃リポート
 「アベノミクスで日本の富580兆円が消えた」


アベノミクスで日本の富の20%が消えた――!? 

こんな衝撃的なリポートが話題を呼んでいる。

クレディ・スイスが毎年発表している世界の富に関する報告書
「グローバル・ウェルス・レポート」の2013年度版だ。

この報告書によれば、日本の富裕層はアベノミクスで激減。
12年6月から今年6月までの1年間で、
100万ドル(約1億円)の純資産を持つミリオネアの数は
130万人も減ったというのだ。

日本に次いで富裕層が減ったのはブラジルだが、
減少数は約1万2000人だから、日本の減り方は異常と言える。

日本全体の資産で見ると、
なんと5.8兆ドル(約580兆円!)が失われたと書かれている。
これは日本の富のおよそ20%にあたる


ショッキングな数字にはカラクリがあって、
アベノミクスで大幅な円安に振れたためだ。

日本人は資産を円で預金している人がほとんどだが、
同じ1000万円でも、円の国際価値が下がれば、世界的に見た財産は目減りしてしまう。
それで、富裕層の数も激減したのだ。

経済アナリストの菊池英博氏が言う。

「今年上半期の貿易収支を見ると、約5兆円の赤字でした。過去最大の赤字幅ですが、
これも円安の影響で、エネルギーなどの輸入コストが高騰しているせいです。
極端な円安によって、フローで見れば所得の移転、ストックで見れば評価損が起こっている
円安で輸出企業が儲かったといっても、為替のおかげで輸出額が増えただけで、
数量ベースでは増えていない
。アベノミクスの異次元緩和と円安誘導によって、
国民の富がどんどん海外に流出しているのです。
円安は国力を失わせ、国民の富をいや応なく奪っていく。
国民生活にとって何もいいことはありません」

安倍首相が盛んにアピールするGDP成長率も、ドル換算すれば大幅マイナスだ。
国力を失わせるだけのアベノミクスなんて、何の意味もない



再掲ですが、拙作二枚目、



「大元帥明王像」です。 パステル&水彩  32cm x 40cm 紙



いらざることをやるからだ、

◆http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2132.html
真実を探すブログ 2014/03/28 Fri.
注意】増税前の駆け込みで、宅配がパンク状態に!
     ヤマトやゆうパック等で配達が遅くなる恐れも!


4月から消費税率が8%にアップしますが、その影響で
4月上旬までは物流に乱れが発生する可能性が高いです。

日本郵便やヤマト運輸等の大手運送会社は、
増税前の駆け込み需要が急増しており、当面は商品の到着に遅れが発生する恐れがある」
と発表しました。

この状況は4月の中旬頃まで続くかもしれないため、
食べ物などを送ろうとしている方は要注意して下さい。

また、お急ぎの方も、宅配便が遅れる前提で考えておいた方が良いでしょう。

読者の方から教えて頂きましたが、
3月28日時点でも運送会社は既にパンク状態になっているようです。

明日や明後日は今日以上にものすごい量の商品が動くと予想されるので、
宅配を使う方は数日程度の遅れは覚悟しておいた方が良いかもしれません・・・。



◆http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2133.html#comment15894
真実を探すブログ 2014/03/28 Fri.
天皇皇后両陛下が名古屋駅に! 三種の神器が20年ぶりに持ち出される!
 歴史的な節目の年に突入した日本! 首都移転目前か!?



3月28日午前に天皇皇后両陛下が名古屋駅を通った影響で、
名古屋駅のソフマップ前はちょっとした騒ぎになりました。

天皇陛下が名古屋駅に姿を現した理由は、伊勢神宮参拝です。

今回の参拝は今までの参拝とは大きく異なっており、
20年間も皇居の外に持ち出されることが無かった「三種の神器」が
伊勢神宮の方に持ち込まれました。

実際、名古屋駅で撮影された写真を見ると分かるように、
陛下の後ろには三種の神器が入っている黒い箱を持っている方が歩いています。
持ち出された神器は「剣璽」といわれる「剣」と「曲玉」で、
ご神体を移す式年遷宮「遷御(せんぎょ)の儀」を昨年終えた伊勢神宮を
参拝するためにこれらの重要品が持ち出されました。

当ブログでは前にも軽く触れたように、2014年前後は歴史的に見ても、
重要な節目の年となっています。

日本の歴史は409.5年以上のサイクルで動いており、この歳月に一致する時期になると、
例外なく首都移転が発生している
のです


例えば、長岡京遷都は784 年で、鎌倉幕府は1194年、次の江戸幕府は1603年となっています。

計算すると分かりますが、いずれも409年~410年というような年のサイクルで
首都移転が発生しました。そして、江戸幕府が成立した1603年に409年を足すと、
2013年になるのです。

他にも様々な行事や歴史的なイベントのサイクルが
2010年~2020年の間に集中していることから、
この期間に首都移転を含めた大きな出来事が日本で発生する可能性が高いと予測されます。

*409年サイクルについては「819年周期で起こること (サイクルの表と裏を考える)」を参照
http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/column/819_3.html


首都移転については既に大阪都構想の話が出ていますが、
更に何らかの後押しするようなイベントが発生するはずです。

おそらく、それは大地震や放射能問題のような出来事だと私は予想しています。
そう言えば、猪瀬前都知事は首都機能移転には反対していました。

猪瀬氏がいきなり辞任に追い込まれたのも、首都移転と関係があるのかもしれません。
いずれにせよ、天皇陛下の伊勢神宮訪問を始め、色々と歴史的なイベントが重なっているので、
今後も日本全体の動きには注意が必要です。



明治維新の前にはやっておらぬはず。

http://okwave.jp/qa/q6566242.html
Q:なぜ昔の天皇は伊勢神宮に参拝しなかったのですか?

A:天武天皇の私的皇祖祭祀場と見られたようです。

持統六年の伊勢神宮御親拝にあたり、強い反対があった。

それ以降明治まで約千年間天皇の伊勢御親拝は行われなかった。

道鏡の事件で、御神託を仰いだのは、宇佐神宮、

後白河法皇は33回も熊野神社詣を行ったのに、伊勢詣はない。

・・・

ご参照あれ!


昭和天皇の強弁に、

「三種の神器の所有者が天皇」だ、という迷言あり。  由緒、完全無視ですw

http://pub.ne.jp/bbgmgt/?entry_id=2709626    ご参照あれ!
社会科学者の随想 2010.2.1
明治以降,天皇家の万世一系のからくり

http://blog.livedoor.jp/bbgmgt/archives/1000916202.html
社会科学者の随想  2014年03月25日
「神器の動座」問題

③ 伊勢神宮と天皇家の付きあいは明治以降          ご参照あれ!




再掲ですが、拙作三枚目、



「尼将軍 北条政子」です。 水彩 32cm x 40cm 紙




馬英九=共産支那の傀儡だから、

台湾経済も苦しかろう、支那が崩壊寸前だもなぁ、

◆http://blog.tatsuru.com/
内田樹の研究室 2014.03.29
佐藤学先生の台湾速報その4・最終報


佐藤先生の台湾情報最終報をお伝えします。
佐藤先生、貴重な情報をお伝えくださいまして、ありがとうございました。
これからあと、私たちも台湾の学生たちへの連帯の気持ちを
なんとか具体的なかたちにしてゆきたいと願っております。


台湾情報第4信(最終報)佐藤学

昨日、6日間の台湾への滞在を終えて、台北から東京に帰ってきました。
立法院を学生が占拠してから10日目でした。
学生による「パリコミューン」の状態が10日間、続いているわけです。

これほどの歴史的事件に遭遇し、数々の感銘を受けるとともに、
アジアの将来について深く考えさせられました。

現在、馬英九総統の国家権力と学生たちの関係は拮抗状態にあり、膠着状態に入っています。

この闘いは、その当初から沈着で冷静で静かな闘いとして展開していました。
11日前に立法院の委員会でわずか30秒の国民党内の議員の内輪話で法案が成立し、
それに抗議するデモ隊の学生(台湾大学と精華大学の学生)が
立法院(国会)の窓が一枚あいているのを発見して、そこから約100人の学生が乱入して
立法院を占拠したのが始まりです


この学生たちは機動隊を40名に限って立法院に入れることを認め、
機動隊も敵対関係ではなく協調的な関係で、立法院の占拠が続きました。

異変が起きたのは、23日、馬英九が国際記者クラブで学生たちを愚弄する発言を行い、
それに激怒した学生の一部が行政院(政府)に突入して占拠。
その深夜11時から午前4時にかけて馬英九は機動隊の暴力によって
行政院から学生を実力で排除しました。この一連の動きで、
明らかに馬英九は学生を挑発し「暴力学生」を演出させて、
一挙に鎮圧する意図だったと思います。

実際、私が確認した行政院の突撃舞台には、明らかにヤクザや暴力団と思われる人物が
相当数、入っていました。(檳榔を食べ刺青をしている学生はいません。)

しかし、この謀略も馬英九の愚作と学生たちの賢明な行動によって、完全に破たんしました。
あまりにも残虐な機動隊による流血事件は市民の怒りを呼び起こしました。
(実は、台湾では数か月前に軍隊が若者を虐待死した事件があり、
その時のデモは25万人に達していました。この怒りの延長線上に、今回の事件があります。)

馬英九は、もはや機動隊や軍隊によって学生たちを立法院から追い出すことは不可能です。

前回の通信でお知らせしたように、世論調査では83%の市民が、
馬英九は学生の対話要求に応じるべきだと主張していますし、
約70%の市民が学生運動の支持を表明しています
。この事態が膠着状態を生み出しています。

テレビや新聞の報道はエキセントリックに声を張り上げ、
しかも虚偽の情報を発信し、事実を歪めて報道しています。

それに対して、学生たちや市民たちの対話は柔らかく、思慮深く、知性的です。
この対比こそ私が最も印象づけられたことです。

たとえば、街角の一つの光景です。焼き芋の屋台に一人の人が買いに行くと、
その屋台の主人は「申し訳ないね。この焼き芋は今から
立法院の集会に参加している学生たちに届けてやろうと思っているんだ」すると、
そのお客は「あんたも貧しいだろうから、その焼き芋の代金を俺がはらってやるよ」
と金を置いていったのです。

こういう光景が、毎日、いたるところで展開されています。たとえば、夜遅く、
集会やデモから帰る学生がタクシーをとめるとタクシーは無料で自宅まで送ってくれるそうです。

有名になったエピソードとしては、電気屋さんの協力があります。
立法院は窓が締め切られ、内部の照明は煌々と照らされ、
しかもエアコンは動かないようにされているので、空気が悪く、
しかも外でも30度に達する気候で蒸しぶろ状態です。

学生たちの健康を気遣って、医科大学や病院の教授や医師たちが何十人も常駐して
健康管理にあたっていますが、それでも過酷な状態です。

それを見かねた電気屋さんが立法院に入り、エアコンが作動するように工事をしてくれました。
彼は一躍、台湾の人気者になっています。

そのような話は山ほどあります。学生運動のトップのリーダーの林飛帆(台湾大学大学院生)は、
今や若者の英雄であり、彼が着ているジャケットは
「民主ジャケット」としてたちまち売り切れなりました。

大陸の中国で学生運動をなじっている元国民党議員が、テレビで
「ほら見てごらんなさい。学生運動をそそのかしているのは民進党ですよ。
あの黄色の山を見てください。あれは民進党が贈ったバナナですよ。」と報じたものだから、
市民と学生の笑い話になっています。

なぜなら、彼が指さした黄色の山は「バナナ」ではなく「ひまわり」で、
彼は、今回の学生運動がひまわり革命と呼ばれて展開している事実も知らないで、
報道していたからです。これ以来、「バナナ=ひまわり」は、
前の通信でお知らせした「太陽餅=太陽花(ひまわり)」と同じ、
大うけのジョークになっています。これら、どのエピソードにも、悲愴感はありません。

一昨日、学生たちの間に緊張が走りました。

学生たちは秘密の連絡網で情報を交換しているのですが、そこに
「信頼できる議員からの秘密の情報で、今晩、馬英九は軍隊を準備して
隙を伺っているので、決して一人で行動しないように」という情報でした。

しかし、これも30分後には、学生たちを夜の集会に出させないための謀略情報
であることが判明しました。すべては、このように緊迫した中で展開しています。

明後日の30日、台湾中の都市で市民と学生は集会とデモを行います

それに連動して、世界中の留学生たちが、台湾の危機と真実を訴えて集会とデモを行います。
この学生たちの闘いに対して、どの教授も市民も
「学生たちの勇気に感謝する」「学生たちの真摯で思慮深い行動を尊敬する」と述べています。
私も同感です。彼らの闘いがアジアの民主主義の次の一歩を準備することは確実です。
これからも、その歩みに学び続けたいと思います。(完)



最後は主権者国民による「直接行動」になるということです。

忍耐も大概にしないと悪徳になる。



コメント

春の兆しⅣ

2014-03-28 11:29:04 | Weblog
 画は 渓斎 英泉 (けいさい えいせん)

 寛政3年(1791年)~ 嘉永元年(1848年)  

 独自性の際立つ退廃的で妖艶な美人画で知られる。      作


  「今様花鳥風月」です。


☆曇り、寒い。

まずは、半世紀だからねぇ、

◆http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014032701001368.html
中日新聞 2014年3月28日
袴田巌さん釈放、逮捕から48年 


1966年に静岡県清水市(現静岡市清水区)で起きた強盗殺人事件で逮捕され、
80年に死刑が確定した元プロボクサー袴田巌さん(78)が27日、釈放された。

静岡地裁(村山浩昭裁判長)が同日、袴田さんの第2次再審請求で
裁判をやり直す決定をするとともに死刑執行と拘置の停止を決めていた。
袴田さんは静岡県警に逮捕されて以来、48年近く身柄を拘束されていた。

法務省によると、

再審開始決定が出たことで死刑囚の拘置が停止され、釈放されるのは初めて。

検察側は地裁に職権で拘置の停止決定を取り消すよう求めたが、退けられた。



◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201403280000/
櫻井ジャーナル 2014.03.28
48年前の殺人事件で死刑判決が出ていた人物は冤罪
 と言われてきたが、DNA鑑定でやっと釈放


より抜粋、

ひとりの死刑囚が釈放された。

重要な証拠は捏造された疑いがあり、その必要と能力があるのは捜査機関のほかにない
と静岡地裁の村山浩昭裁判長は批判、再審を決定したという


なお、事件の内容は、ジャーナリストの高杉晋吾が書いた『地獄のゴングが鳴った』
(三一書房、1981年)などに詳しい。

事件は48年前、1966年の6月に起こった。

静岡県清水市にあった味噌製造会社専務の自宅兼事務所で4名、
つまり専務、その妻、次女、長男が殺され、家屋が放火された事件である。
4名はそれぞれ6~十数カ所を刺され、死体は焼け焦げていた。


(中略)


犯行時に着ていた着衣のひとつだと検察が主張する
白い半袖シャツの右肩についていた血痕のDNA型鑑定が行われ、
検察、弁護、双方の鑑定ともシャツの血と袴田のDNA型は「一致しない」
という結果が出て再審につながった。

事件の現場見取り図を見ても、袴田がひとりで4名を殺したとする
検察のシナリオがありえないことはわかる。
ひとりの犯行だとするならば、4名を殺害するためにある程度の時間が必要で、
立ち回りの音、叫び声などが周囲に聞かれないはずはない。

有罪判決どころか、起訴、いや逮捕されたこと自体がおかしいのである。
それにもかかわらず、警察は逮捕し、マスコミは逮捕を賞賛、
検察は起訴、裁判所は死刑の判決を出したわけだ。

事件の直後に警察は
「ボクサー崩れで身持ちも悪く、妻と別居中でカネに困っていた」袴田に目をつけた
と記者は伝えている。その予断を正当化するために「科学捜査」という演出をしたわけだ。
そうした警察の姿勢に記者は疑問を持っていない。

今回の事件でも、マスコミ、警察、検察、裁判所は共犯関係にある



栄泉、二枚目、



「新吉原全盛七軒人 岡本屋内 豊山 やまし にしき」です。



ありうるが、はて?

◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_213.html
richardkoshimizu's blog 2014/03/27
消えたマレーシア航空機についてジム・ストーン氏による考察


ジム・ストーンの説が正しいなら....

ユダヤ金融悪魔は起死回生の大テロを企んだにも関わらず、

またまた失敗したということのようです。

つまり、神は奴らに味方しないということ。

この分析、更に検証致しましょう。情報感謝。


http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51922538.html

より抜粋、

http://www.jimstonefreelance.com/

(概要)

3月25日付け:

入手した情報を基に考察すると:

消えたマレーシア航空機は、レーダーから消息を絶った後に、
ディエゴ・ガルシア島

(=インド洋の英領の環礁。米に貸しだされ、米軍の飛行場、海軍補給基地がある。
イラクとの湾岸戦争(1991年)、9・11テロへの報復として
アフガニスタン・タリバン勢力への攻撃(2001年)に使われた。)に向かいました

ディエゴ・ガルシア島には極秘の米軍基地があり、あらゆる設備が整っています。
CNNや他のメディアは地図からこの島を消して報道しています。

そのため、実際はマレーシア航空機がこの島に着陸したにも関わらず、
まるでインド洋に墜落したかのように見えるのです。
(金融犯罪者の命令に従うオーストラリアは共犯者であり、
他の飛行機の残骸をわざわざ海に浮かべ、
まるでマレーシア航空機が墜落したかのように見せている。)

ロスチャイルドが支援するイスラエルの外交官は、
オランダのハーグで核セキュリティ・サミット(24日、25日)が行われる2日前に
ストライキを断行し、世界中の大使館、領事館を閉鎖しました。その理由は。。。

9.11テロや福島原発事故が起きた時も同じでしたが。。。
核セキュリティ・サミット期間中、テロ攻撃が計画されていたため、
自分達の身を守るために意図的に大使館や領事館を閉鎖したのです。

イスラエルの大使館や領事館が閉鎖されたと聴いた賢い人たちは
核サミットに何かとんでもないことが起こることを察知しました。

ディエゴ・ガルシア島に着陸したマレーシア航空機は、そこで外観を貨物飛行機に変身し、
(そこからフロリダに飛び?)今度は、米空軍やヨーロッパのレーダーから
姿を消した状態(発見されずに)でフロリダからオランダに向けて飛び立ちました。


しかし、非常に優秀なオランダの空軍パイロットがこの飛行機を発見し、
飛行機の飛行方向を変更させました。

この飛行機はトランスポンダーも搭載せずに、核セキュリティ・サミット会場に激突
しようとしていたのです。幸い、オランダ空軍の高性能レーダーがこの飛行機を発見し、
飛行機によるテロ攻撃は回避され、彼らの計画は完全に失敗に終わりました。

すると今度は、消えたマレーシア航空機の偽情報を流し続けた嘘つきの犯罪者たちは、
彼らの計画(今回の飛行機を使ったテロ攻撃をイランのせいにして
第三次世界大戦を勃発させる計画)が延期されてしまったために、
彼らの計画を練り直すことになりました。

このような状況で、今のところは戦争が回避されたことになります。
しかし邪悪な連中は今でも世界を支配しているため、
いつでも世界を危機的状況に追い込むことができます。

このように、オランダ空軍のおかげで
飛行機による核サミット会場のテロ攻撃が回避されました。
そしてイスラエルの外交官による偽旗ストライキもすぐに終わることになります。
世界が180度、いや360度と言っていいほど転換したような状況です。


もし飛行機がそのまま核セキュリティ・サミット会場に激突したなら、
いつもの通り、彼らはイラン人やアラブ人を犯人に仕立てあげたことでしょう。
しかも、核セキュリティ・サミット会場には各国首脳がいました。

オランダは、この飛行機はマレーシア航空機ではなく貨物輸送機だったと伝えています。
この貨物輸送機は、9.11テロの時と同じように、
核サミット会場に突撃しようとしていたのです。

オランダ空軍は本当によくやりました!
貨物輸送機に化けたマレーシア航空機を見つけ、輸送機の飛行方向を変更させ、
テロ攻撃を未然に防いだのですから。

その後、この輸送機は、テロ攻撃に使ったあらゆる装備を取り除いた後で
マレーシア航空に返すことになるでしょう。
その後、この輸送機のパイロットに非常に重大な質問
(乗客がどこに行ったのか)を問うことになります。


消えたマレーシア航空機が貨物輸送機に化けて核サミット会場をテロ攻撃しようとしたなら。。。
注目すべき点があります。それは。。。

現在、ユダヤ人組織は、FEDEX、DHL、UPSなど殆どの貨物輸送会社を所有しているからです。
そしてマレーシア航空機のような777型の飛行機を飛ばすことができるのは、
大手輸送会社だけです。
たとえ、この貨物輸送機がどこかの国の空軍が所有しているものだとしても同じように深刻です。

誰が我々の敵なのかを知りたければ、誰が貨物輸送機を管理しているかを特定すれば分かります。
そして彼らはいつもの通り、テロ事件の犯人をアラブ人であるとでっち上げるのです。

これは2007年に既に証明されたことですが。。。
イスラエルはニューヨークシティのイスラエル大使館に核兵器を隠しています。

さらに、私は、消えたマレーシア航空機に搭乗するなと警告を受けたユダヤ人を知っています。
ユダヤの安息日には飛行機に乗らないのがユダヤ人の決まり事です。
全てのユダヤ人がこの決まり事に従うわけではありませんが、
マレーシア航空機が消えた日は確かにユダヤの安息日に当たりました。

ただ、この飛行機に搭乗するなと言われた理由がユダヤの安息日だったからなのか。。。
それとも、飛行機がハイジャックされるのを前もって知っていたからなのか。。
定かではありません。



コメント

*パディントン 2014/03/27

 彼らは同じエージェントを利用するので、ブッシュ家やビンラディンと関連の深い
 ディエゴ・ガルシア基地は必ず利用している筈です。

 ブラックボックスが回収されても真実は公表されない可能性があります。
 衛星が発見するまでのタイムラグが大きすぎるし、
 軍事衛星が12m近い破片を見逃す筈が無いので、
 その間にディエゴガルシア基地から墜落現場に飛行した可能性が高いでしょう。

 これは撹乱情報の可能性もあります。
 本来は中国へ核テロを行う計画だったのが、計画が漏洩して撃墜される可能性が出たため、
 ディエゴガルシア島に避難した可能性も少なからずあります

 夜間着陸になりますのでパイロットはシュミレーターを使用したのでしょう。
 911ではCGが使われていますので、最初からディエゴガルシア島に向かう計画だった
 可能性が高い様に思います。実際にはユダ金の手下の中国軍の輸送機が核テロを行い、
 マレーシア機を装う
計画が失敗した可能性があります


 憶測ですが、マレーシア軍のレーダーがディエゴガルシア島へ向かう同機機影を
 補足して計画が発覚したのでしょう。
 マレーシア政府は人質の生命を重視して情報を隠蔽している可能性が高いです。


 >現在、ユダヤ人組織は、FEDEX、DHL、UPSなど殆どの貨物輸送会社を所有しているからです。

 >たとえ、この貨物輸送機がどこかの国の空軍が所有しているものだとしても同じように深刻です。

 ヒラリー・クリントンのアーカンソー空港を利用した麻薬密輸は有名だが、
 貨物航空会社にはそうした秘密があるのですね。

 だとすれば、ディエゴガルシア基地はCIA麻薬密輸密売組織の総本山という事でしょう。
 藪蛇でしたねユダ金さん。




◆http://rockway.blog.shinobi.jp/
ROCKWAY EXPRESS
イスラエルは今週にもイラン攻撃を開始するのか?

3月27日

全世界のイスラエルの外交官に帰国命令が発せられているようだ。
それが何を意味するのか?

時あたかもマレーシア航空370便事件で
盗まれたパスポートで搭乗したといわれていたイラン人二人の写真が
フェイクだったといわれ、

またイスラエルのテルアビブには、
この370便とそっくりの航空機が格納庫に存在していると指摘する者がいて

http://www.thetruthseeker.co.uk/?p=93377)、

これが9・11同時多発テロ事件のような航空機テロに使用され、
戦争の引き金に利用されるのでは、という懸念が浮上している
、という。

もしもイスラエルが何か始めるとすれば、それはアメリカ軍も一緒、
少なくとも、軍内のタカ派が一緒だろう。
始まってしまえば、政府も軍全体もアメリカの国益を考えて行動せざるを得ない。
それをイスラエルは狙っているのかもしれない。
とにかくイスラエルのテルアビブに
マレーシア航空370便とそっくりの航空機が存在している(いた?)ということには、
不気味さを感じざるを得ない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イスラエルは今週にもイラン攻撃を開始するのか?
By wmw_admin on March 26, 2014
http://presstv.com/detail/2014/03/25/355981/will-israel-kill-us-empire-this-week/
【3月25日 Kevin Barrett ― Press TV】

より抜粋、

欧米銀行家オリガルヒは、巨額の貸付金を複利で各国政府に借りるよう圧力を掛けるので、
戦争が好きである。そうすることで各国は永続的な債務の奴隷になる。

イラン攻撃をしぶるアメリカのせいでいらいらしているオリガルヒのタカ派と
彼等の前衛であるネタニヤフは、
直接的ではないやり方で第三次世界大戦を始めようとしている。

3月23日ロイターが以下のように伝えた:

「イスラエルの外交官は23日、かつてないようなストライキに打って出た。
そのため世界中の大使館は完全に閉鎖された」

イスラエルの外交施設は閉鎖されたので、
イスラエル軍もまた「かつてない攻撃を開始」するのだろうか?

前大統領補佐官でアメリカ海軍大学院付き軍事ジャーナリストのバーバラ・ホネッガーは、
イスラエルの外交官ストライキは カモフラージュだと考えている:
「このロイター電が本当だとして、イスラエル大使館と領事館関係者を
給料問題でのストライキのために召還したということは、

イスラエルはシリアとイランに対する戦争を始めようとしている、と考えられる。

それによってロシアとアメリカ、それに NATOを戦争に引き込むことになる。
マレーシア航空機の”捜索”は、恐らくは海軍と空軍関係の必要資材を運ぶためのカバーである

と考えている。

マレーシア航空370便事件は、別の目的に利用されるためであるかもしれない。


ご参照あれ!



栄泉、三枚目、



「當世廓風俗 岡本屋内 豊岡」です。




飯塚事件は酷いよ、阿呆太郎の地元の事件だ、

◆https://twitter.com/tokaiama
東海アマ               より抜粋、

#アマちゃんだ ‏@tokaiama

韓国による電磁波銃の妨害さえなければ日本選手は失敗しない
ヨナを勝たせるために日本選手を転ばせてきた
http://www.afpbb.com/articles/-/3011090
女子SPで首位発進した浅田真央、世界フィギュア


#アマちゃんだ ‏@tokaiama

沢田研二さん新曲が原発批判ソング!「一握り人の罪」
http://www.youtube.com/watch?v=YfTPL9Wx790#t=37


#アマちゃんだ ‏@tokaiama

ソチだけじゃない
ヨナと競合する大会では日本選手が必ず失敗する
これが韓国による見えない電磁波銃による悪意の妨害だ
と想像できない人の想像力は保育園児以下
妨害がなければ普通に滑れるんだよ
☆http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140327-00000126-spnannex-spo
アクセル成功で乗った!真央
「愛あふれるノクターンを滑ろうと」


#アマちゃんだ ‏@tokaiama

中曽根総理の別荘における盗聴内容
官邸から撃墜命令要請に対して
「私はこんな事のために総理大臣になったわけじゃない
国民に撃墜を知られないようにできるなら許可しよう」
目撃者が出たら?
何とかしろは 何とかしろ という意味だ
http://johnbenson.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-3143.html
地球という眼球にあらわれた飛蚊症


#アマちゃんだ ‏@tokaiama 16時間

袴田さんは辛うじて生還した
平沢さんは獄死させられた
奥西さんも獄死寸前だ
久間さんは冤罪のまま処刑殺害されてしまった
谷口さん免田さんも生還できたが、
大勢の冤罪死刑囚が無実のまま殺害処刑されている


#アマちゃんだ ‏@tokaiama

@setukotokoutaro 日本でも久間三千年さんが冤罪で死刑執行されたました 
殺人をやったのは森英介
http://desktop2ch.tv/court/1250054379/


◆http://news.nifty.com/cs/sports/athleticdetail/postseven-20140322-247067/1.htm
NEWSポストセブン 2014年3月22日(土)
浅田真央 連盟による練習場問題や「真央は辞めない」に疑念


現役続行か引退かについて頭を悩ませる浅田真央(23才)に、大きな変化が起きていた。

「真央ちゃんは負けず嫌いで我慢強く、身内にだって不満ひとつこぼさない子だったんですが、
ソチから帰国してから“連盟って、何なんですかね?”
と周囲に漏らし始めるようになったんです」(スケート関係者)

浅田がそんな疑心を募らせている「連盟」とは日本スケート連盟のこと。

最大の理由は、ソチ五輪で彼女の最終調整の場となるリンクを巡る連盟側との対立だった。

「ソチでは初の団体戦が行われたため、これに出場する選手は
個人戦まで10日以上の間が空いてしまうんです。真央ちゃんと佐藤信夫コーチはこの間、
一度帰国して普段練習している中京大のリンクで最終調整することを望んでいました。
しかし、連盟はすでに確保していた隣国・アルメニアのリンクに行くことを強制したんです」
(前出・スケート関係者)

しかし、このアルメニアのリンクが最悪だった。
空調整備が行き届いていないため寒かったうえに、氷にも砂が混ざってガタガタ。
1回滑る度に佐藤コーチが靴の状態を調整しなければならないほどだった。

「実は、スケート連盟が事前調査のためにアルメニアを訪れたのは夏だったんです。
だから、リンクの状態はもちろん、空調についてもわかるはずがなかったんですよ」
(前出・スケート関係者)


絶対匿名を条件に、現役プロフィギュアスケーターが、
たとえ浅田クラスでも連盟が下した決定に口を出せない事情をこう説明する。

連盟の幹部から目をつけられると、どんなに才能があってもアマチュアでやっていくのは難しい。
彼らは強化指定選手やオリンピック出場選手、また彼らに就くコーチの決定権がありますからね。
コーチ代や遠征費、衣装代など高額な費用がかかるフィギュア選手は、
連盟から補助がもらえる強化選手になることが必須。

選手たちは“連盟の○○さんを見かけたら真っ先に挨拶しなきゃいけない”とか、
競技と同じくらい必死です。そもそも、ほとんどの幹部は
選手としてはたいした成績を残していないんです。ですから、
本当の意味で選手の気持ちに寄り添って考えたり、
状況を理解して日本のスケート界を向上させることを考えているのは、
ほんのひと握りだと思いますよ」


また、別のスケート関係者は浅田の疑心がふくらんでいる理由をこう話す。

「彼女の中では、引退への気持ちのほうが大きいんです。でも、
連盟の長を務める橋本聖子さんが“真央は辞めないと思っています”と
公の席で語っているんですが、それは浅田選手にとっては大きなプレッシャーになるわけですよ。

そりゃあ、浅田選手が引退するとなれば、彼女のCM出演料などを管理している連盟にとっては
巨額の収入減となりますから、なんとか辞めないで現役続行してほしいんですよ。

でも浅田選手にしてみれば、連盟はスケートをがんばろうとしている時には、
リンクひとつ選ばせてくれず邪魔ばかりするのに、
引退しようと思ったらそれも自由にさせてくれない。

“いったい何なの!?”となって当然ですよ」

※女性セブン2014年4月3日号



「国際スケート連盟」も南鮮による賄賂漬けw

日本もダラ幹ばかりw 伏魔殿よなぁ。

「オリンピック」自体がEUの食い詰め「貴族連中の食い物」らしいし。



追:1:30PM

こんな記事あり、いやはや腐っておるわな、

◆http://asianews2ch.jp/archives/37884053.html
【速報】スケート連盟、浅田真央らのCMギャラを韓国に寄付!
平昌五輪の協力資金として韓国に助成する事を決定!
日本の選手が韓国の犠牲に!


#井上太郎 @kaminoishi

 アイススケート連盟のワールドカップ収益や浅田真央ちゃん、高橋・羽生選手らの
 CM上前はね収益は相当な金額になるそうですが、
 平昌五輪の協力資金として南朝鮮に助成されるようです。
 スケート連盟のメインスポンサーはロッテであり、
 会長は南朝鮮からの帰化人です。文科省に行政指導求める抗議を!


#I love Japan @SpaceshuttleI

 @kaminoishi 朝鮮利権排除に向けて新連盟を作り、選手の自由意思で移籍できる
 ようにした方が早くないですか?
 反日どころか明確なる敵対国家に、自動的に資金流出出来てしまう環境は問題でしょう。



ここも詳しい、
◆http://blogs.yahoo.co.jp/hisao3aruga/38880827.html
◎日本スケート連盟名誉会長は、韓国人の荘英介(在日帰化日本人)



一旦、解体。  新規再構築が必要ですなぁ、まず「除鮮」だろう。


コメント

春の兆しⅢ

2014-03-27 11:17:41 | Weblog
 画は 葛飾 北斎(葛飾 北齋)かつしか ほくさい 

 宝暦10年(1760)? ~ 嘉永2年(1849年)

 号は、葛飾 北齋、前北齋、戴斗、為一、
          画狂老人、卍 など。        作


  「冨嶽三十六景 上総ノ海路」です。


☆曇り、雪解けが進んでいます。

まずは、はや人心の離反か? 長くは保たんね、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201403270000/
櫻井ジャーナル 2014.03.27
人心が離れ、軍や治安機関から離反者が出ている
 キエフの暫定政権が頼るのは傭兵会社やネオナチ


ウクライナの戦いは二重構造になっている。
ひとつは西部と東/南部の地域的な対立であり、
もうひとつは「国境なき巨大資本」の支配を受け入れるか、ロシアにつくのか
という経済的な対立である。
地域対立には人種差別がからみ、巨大資本はネオ・ナチと結びついている。

大まかに言って、暫定政権を支えているのは西部に住み、
巨大資本に好意的な人びとなのだが、作り上げたのはネオ・ナチ。

棍棒、ナイフ、チェーンなどを手に、石や火炎瓶を投げ、
途中からピストルやライフルを撃ち始め、警官隊(ベルクト)の隊員を拉致、
拷問したうえ、殺害している。目を潰された状態で発見された隊員の死体もあるようだ。

事態を悪化させたのは狙撃だが、
アレクサンドル・ヤキメンコSBU(ウクライナの治安機関)元長官によると、
最初の狙撃はアンドレイ・パルビーなる人物が制圧していたビルから。

このパルビーはネオ・ナチの「ウクライナ社会ナショナル党」を創設したひとり。
この政党は後に党名を「スボボダ(自由)」へ名称を変えている。
今は国家安全保障国防会議(国防省や軍を統括する)の議長だ。

キエフでクーデターの拠点になった広場への出入りを管理していたパルビー。
武器の持ち込みも彼の許可が必要で、
スナイパーが彼の指揮下にあったことは間違いないと見られている。
しかも、狙撃チームはアメリカ大使館を根城にしていたという



エストニアのウルマス・パエト外相が
EUのキャサリン・アシュトン外務安全保障政策上級代表(外交部門の責任者)に電話で
キエフの状況を報告する電話が盗聴され、インターネット上に公開されたのだが、
それによると、パエト外相は次のように言っている:

「全ての証拠が示していることは、スナイパーに殺された人びと、
つまり警官や街に出ていた人たち双方、そうした人びとを同じスナイパーが殺している。
同じ筆跡、同じ銃弾。実際に何が起こったかを新連合(暫定政権)が調査したがらないほど、
本当に当惑させるものだ。スナイパーの背後にいるのはヤヌコビッチでなく、
新連合の誰かだ
というきわめて強い理解がある。」

「新連合はもはや信用できない。」
☆http://www.youtube.com/watch?v=ZEgJ0oo3OA8


「アノニマス」と名乗る集団がハッキングで入手した
「電子メール」なる文書が公開されているのだが、
☆http://voiceofrussia.com/2014_03_14/Operation-Independence-Continues-
 Anonymous-exposes-US-invasion-plans-in-Ukraine-7517/

その中にはアメリカの駐在武官補佐官ジェイソン・グレシュ中佐
ウクライナ参謀本部のイーゴリ・プロツュクとの間で交わされたものがある。

それによると、ロシア軍の軍服を着せた戦闘員にウクライナ軍基地を襲撃させ、
ロシアがウクライナへ侵攻しているように見せかけようとしていた。

ロシア軍の特殊部隊を装ってメリトポールのウクライナ空軍第25基地を3月15日までに、
つまりクリミアで住民投票が行われる前に襲撃するよう、グレシュ中佐は指示している。

ネオ・ナチはアメリカ/NATOと結びついているのだが、
EU幻想」からビクトル・ヤヌコビッチ大統領に反対した人びとの中には
ネオ・ナチを嫌う人もいる
パエト外相にキエフの状況を教えたひとりは、そうした人だ。

ネオ・ナチが目立つと、暫定政権は「民主化勢力」とは言いにくくなる。
そこで右派セクターを率いていたひとり、
アレキサンダー・ムージチコが「処刑」されたのかもしれない。

殺された本人が死の直前に録画した映像によると、自分を殺そうとする人間がいて、
ロシアの情報機関に責任をなすりつける計画もあるとしている。

暫定政権はネオ・ナチのクーデターで成立した。
治安機関は勿論、軍の内部にも離反者がいるようで、
東部や南部の都市でクリミアの後を追う動きが出てくると、対応できなくなりかねない。
そうなるとネオ・ナチに頼るか、傭兵会社の戦闘員を雇うことになる。
☆http://www.dailymail.co.uk/news/article-2576490/Are-Blackwater-active-Ukraine-
 Videos-spark-talk-U-S-mercenary-outfit-deployed-Donetsk.html

実際、ネオ・ナチで「親衛隊」を編成するようで、
数百人規模の傭兵がウクライナに入っているとも言われている。

国家安全保障国防会議の副議長を務めるドミトロ・ヤロシュは
右派セクターを引き入れいるひとり、つまりムージチコの仲間だが、
アル・カイダのドッカ・ウマロフなる人物に支援を求めた可能性がある。
アル・カイダがウクライナにも入り込むかもしれない。

オリガルヒや巨大資本のカネ儲け、ネオ・ナチの暴力、場合によってはアル・カイダの参戦、
そしてアメリカの傭兵
・・・


ウクライナの暫定政権を「民主的」だと主張することは難しくなってくるだろう。

それでもマスコミは「大東亜共栄圏」的な物語を語り続けていくのだろうか?



北齋、二枚目、



「新版浮繪 金龍山仁王門之圖」です。

勝春朗: http://rekishi-club.com/gunzou/hokusai.html より抜粋、

北斎を語るとき忘れてはならないのが、改号と転居(引越し)の多さだ。
彼は頻繁に改号し、その回数は生涯で30回に上った。
「勝川春朗」「勝春朗」「郡馬亭」「魚仏」「菱川宗理」「辰斎」「辰政」「雷震」「雷斗」
「戴斗」「錦袋舎」「画狂人」「画狂老人」「卍老人」「白山人」など数え上げたらきりがない。
現在広く知られている「北齋」は当初名乗っていた「北齋辰政」の略称。

転居の多さもまた有名で、生涯で93回に上った。
1日に3回引っ越したこともあるという。
これは北斎自身と、離縁して父・北斎のもとにあった出戻り娘の
お栄(葛飾応為=かつしか・おうい)が、絵を描くことのみに集中し、
部屋が荒れたり汚れたりするたびに、掃除するのが面倒くさい、借金取りの目をくらます、
家賃を踏み倒すなどのため引っ越していたからだ。
改号もカネに困り、画号を門弟に売りつけた結果、いやでも変えざるを得なかったわけだ。



「労働鎖国」は手前の当初よりの持論です、

◆http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2117.html
真実を探すブログ 2014/03/27 Thu.
建設業で外国人受け入れ拡大へ! 政府が最終調整!
 受け入れ期間を2年延期など! 大阪では新卒韓国人の説明会!


自民党が正式に外国人労働者を受け入れる方向で最終調整に入りました。
外国人労働者を受け入れるのは主に建設業界で、
現在は最長3年となっている外国人労働者の滞在期間を5年に延期したりする予定です。

また、過去の実習生の再入国等も認める方針で、
最終的には外国人労働者が現在の2~3倍になると発表されています。

自民党は旧安倍政権の時代から移民政策には積極的に動いており、
2008年に
「人材開国! 日本型移民政策の提言 世界の若者が 移住したいと憧れる国の構築に向けて」
という資料を公開しました。
この資料によると、総人口の10%を移民にして、様々な人種が入り乱れる
多民族共生社会を日本で実現することを目指している
とのことです。

現在の安倍政権は積極的に移民政策を推進していますが、
その原因は自民党が昔に定めた移民推進政策にあると言えるでしょう。

右翼や保守を名乗っている連中は自民党を支持していますが、
それは移民政策を支持しているとの同じです。

私は 2012年の衆議院選挙前から
自民党は朝鮮統一教会と創価学会が巣食っており、日本を外国人で乗っ取ろうとしている
と指摘していましたが、遂にそれが誰の目にも見える形で実行されようとしています。

今ここで、何としても止めなければ、日本という国家が移民に飲み込まれてしまうかもしれません。
歴史を見ると分かるように、一つの政策を認めてしまうと、
次から次へと雪崩れ込んで来てしまう
のです。

外国人労働者が増加すれば、犯罪率等も激増します。
それを防ぐためにも、絶対に移民政策は阻止しないとダメです



http://www.youtube.com/watch?v=u_amu4W-0O8
施光恒、建設業に外国人労働者の受け入れは賃金低下と
若者の雇用が奪われ景気回復の妨げ
になる!



北齋、三枚目、



「東海道五十三次」 「見附」です。

☆http://www.syokubunka.or.jp/archives/nishikie/detail/post-83.html
旅人達が茶店で蕎麦をすする情景。

見附の蕎麦については、古く『東海道名所記』三に
「坂の上にうどん、蕎麦切りをうる店屋あり」とか、
『東海道袖の玉鉾』に「此宿の坂下にそば切りあり」など見え、知られていたらしい。
店先の看板に大書した文字は「抜きそば」と読め、上部を略しているが、
おそらく「挽抜(ひきぬき)そば」であろう。
「挽抜」は夾雑物のない精製した上等の白いそば粉、そば粉で製造した蕎麦であろう。
左脇に「壱膳一六文」と値段を記す。
初摺作品にある狂歌は、ただし蕎麦は読みこまず、単に初春を祝している。
「旅人の足の豆をやあさるらん 見附に鳩の春の賑ひ 三ヶ月弓」
「初春の旅鴬よとまれかし 梅を見附の宿と尋ねて 杜若庵橋蜘 手」



台湾も「労働鎖国」運動中、

◆http://toshiaki.exblog.jp/
古川利明の同時代ウォッチング
◎2014年 03月 23日

より抜粋、

#ほいで、コイツは、お隣の台湾(=中華民国)のハナシだが、
この「3・18」から、ニッポンの国怪にあたる立法インを学生らが占拠しておる件で、
ユーチューブ上で、「私は台湾人です。私はこの国の民主の歩みと共に成長しました」っていう、
若いおねえちゃんによる、少したどたどしい日本語でのメッセージが流れておるんだが、
http://www.youtube.com/watch?v=nCaQJCkt8wk

コクミン党の馬英九セー権が、中国との間で、「サービス貿易協定」ってのを、
まさにダマシ射ちで、立法インで強行可決させてしもうたことに、
彼らの怒りがバクハツしてしもうたってんだな。

で、このサービス貿易協定ってのは、
台湾のコクミンの労働条件と、就業機会を絞めコロす
ってんだが、
じつは、ぬあんと、ホウアン審議ゼロで、いきなり、強姦同然に可決させられたってんだよな。
いやあ、まさに、台湾における「世紀の悪法=ヒミツ保全ホウアン」そのものぢゃないか! 
いやあ、台湾にも、自公が存在しとるんだなあ

メッセージで、「台湾の民主(主義)は、まだよちよち歩きです。
その中で、私も一緒に、その道を歩んできました。私たちの思いを、アジアに、
そして、世界の皆さんに伝えたい」と、せつせつと訴えておったんだが、
胸を打つものがある。日本語も上手い。熱いぜ。

ワシも、志をひとつにするアジアの同胞としてだな、このデタラメ三昧の
「サービス貿易協定の撤回」を、ココで訴えるとしやう!


#おっ、今晩(=3・25)の19:44upの時事電をはじめとして、
各社も後追いしておるんだが、明日発売の『新潮』のスッパ抜き記事によると、渡辺ミッチー倅が、
この10年、12年の参、衆の国政センキョにあたって、
大手化粧品メーカーのDHC会ちょーの吉田嘉明から計8億円を「個人」で借り入れ、
まだ、5億円超が未返済ってのかよ。

あー、そうか。それで、やっと、昨年秋の臨時国怪における、
あの「世紀の悪法=ヒミツ保全ホウアン」のサイケツを巡る「寝返り劇」で、
アベの誘いにいそいそと乗ったのかが、わかったあ! 

ミッチー倅的には、このまま野党で冷や飯を食わされ続けても、
リケンにタカれるメドもないんであれば、ま、アベは小遣い(=官房キミツ費)が、
たんまりあるんだから、美味しいエサをピャーッと投げられたらだな、
「パックン」と飲み込んぢゃうよなあ。

いやあ、もう、みんなの党も終わったっていうか、
既に「自民なのトウ」と化しておるよな。だから、このみんなと維新は、
事実上、終わっちゃった
よなあ。次の総センキョが終わるか、もしくは、
それ以前に、大半は自民トウに吸収されて、それでオシマイだよなあ(笑)


#それと、コイツは、この「3・24」の東京シンブン朝刊の特報面に出ておったんだが、
岩手、宮城、福島の3県の被災地で、「DVや性暴力の相談が急増」のハナシなあ。
「あー、やっぱり、そうか」っていうカンジだわな。

特にフクシマは、原発ジコによるストレスや不安が引き金となって、
「死ね」「生きてる価値はない」などと言って、
ダンナが嫁ハンに暴力を振るうケースもあったりして、
そういった震災離婚によって、母子家庭が増えておるってんだな。

しかし、こういうハナシは、タブー視されておるっていうんか、
なかなか、オモテには出て来にくいんだと思う。

こういった状況を見ておると、この「4・1」から消費税率を引き上げるってのは、
ホンマ、トンデモねえハナシで、こうしたモンダイの背景に、
ニコイチ(壁一つの隣り合せの家、二人で一人前)としてある貧困ってのを、
さらに拡大させていくんだからな。

今回の消費税増税は、民自公でホウアンを強引に通過させ、
最終的にアベが引き上げを決めたんだが、シンブンも一体となり、バカと化して、
増税、いいぞ、いいぞ」と煽り倒したんだからな。
改めて、連中のハンザイ行為を、徹底的に弾劾しなければならない



#で、この「4・1」から消費税率を引き上げるってことで、また、
例によって、マスコミは「駆け込み需要、今がピーク」っていうカンジで、
バカ騒ぎを煽ろうと必死なんだな。

もちろん、大本の元凶は、大蔵ショウと自公民なんだが、しかし、どいつもコイツも、
便乗値上げが、スゴイわな。
例えば、散髪の1000円カットだが、税率5%をスッ飛ばして、いきなり、
「1000円→1080円」だからな。

そもそも、消費税ってのは、年商1000萬円超の、納税ギム者が納付の対象であって、
それ以外の「年商1000萬円以下の小口業者」は、対象外だからな


そのへんも糞味噌いっしょくたんにしてしもうて、
「値上げ、値上げ!」って煽り倒しておるんだよな。

つい最近、銭湯に行って、「オマエんところも、この4月から値上げするんかよ?」
と聞いたら、「いや、銭湯料金ってのは、公衆浴場組合で決まってて、
ウチだけで勝手に値上げはできなくて、正式には審議会で決めるんです。
でも、5、6年上げていないんで、この秋口ぐらいには、
その審議会で、値上げになるんではないのか」と言っておったな。
公衆浴場組合ってのは、都道府県単位なんだな。

ま、全部が全部、そうとは思わんが、しかし、
安直に利用者(=消費者)に増税分を転嫁するのには、腹が立つ。

ふんぞり返って商売しておる、大手業者ほど、そうだよな。

しかし、悪の元凶は大蔵ショウに自公民、そしてアベだからな。
「そこ」をきちんと、見据えんと、だ。




この「隷米野合政権」の暴走も行き着くとこまで行っておるわな、もはや「倒閣」の時だ。

が、旗振り役が不在なのだ、「不正選挙」は凄まじい結果を生んでおるわ。

票を操作された当事者が沈黙しておるのだから、皆グルなのですよ。

誰か若くて威勢のいいやつはおらんのか?  手前の若いころは学生に元気があったのだが。

「連合」は完全に「資本の犬」だし、独立志向の愛國自衛官のクーデターしかねぇのかなぁ?

京都に「北朝再興!」&「新鎖国・国民経済へ回帰!」の大旆を上げるかねぇ?



追:1:30PM

台湾のほうが日本よりマトモに見えるわなぁ、

ご参照!

http://blog.tatsuru.com/
内田樹の研究室 2014.03.27
◎佐藤学先生の台湾情報第三報

より抜粋、 (最後部分)

立法院の学生占拠が続いているのは、国民の大多数が学生たちを支持しているからです。
そして、学生たちの勇気ある闘いが敗北すれば、台湾の民主主義と独立が破壊されてしまうからです。

台湾の学生たちは今月30日に、世界各国の留学生たちが連帯してデモを行い、
報道の虚偽を批判して真実を伝える行動を行います。日本の留学生も立ち上がるでしょう。
ぜひ彼らと対話し、台湾と日本の民主主義者の連帯を築き上げましょう。

最後に、何度も繰り返しますが、

祖国と民主主義のために立ち上がった台湾の学生たちの思慮深い勇気ある闘いを尊敬し、支持します。



日本は何せ、「悪徳のペンタゴン=米・官・業・政・電」の巣窟、

気儘勝手、やりたい放題だから。 買弁だらけの「棄民国家」だ。 

「不正選挙」で民主主義は破壊され、今や安倍ネオ・ナチ政権ですよ。


コメント

春の兆しⅡ

2014-03-26 10:57:01 | Weblog
 画は 落合芳幾 (おちあい よしいく)

 天保4年(1833年) ~ 明治37年(1904年)
 
 歌川國芳の門下で、月岡芳年とは兄弟弟子。

 画姓は歌川、画号は一恵齋など。                    作


  「江戸むらさき」です。


☆晴れたり曇ったり。

まずは、内ゲバ? 暗闘が始まったようで、

◆http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_25/270167589/
ロシアの声 25日 3月 2014,
右派セクター西ウクライナ地域調整役殺害される


ウクライナ北西部のリウネで、24日から25日にかけての深夜、
同国西部地域の「右派セクター」調整役、アレクサンドル・ムズィチコ氏が殺害された。
ウクライナ最高会議(議会)のアレクサンドル・ドニイ議員が、
自分のFacebook上で明らかにした。

それによれば、カフェで事件が起きたのは真夜中0時近くのことだった。
身元不明の複数の者達が突如発砲し、ムズィチコ氏は死亡した。
彼の遺体は現在、カフェから数十メートル離れた場所にある。
また伝えられるところでは、カフェ付近でマカロフ式ピストルのものも含む、
複数の薬莢が発見された。事件現場は現在封鎖され、捜査員が調査中だ。

先にムズィチコ氏は、インターネット上にビデオメッセージをアップし、
その中で「ウクライナ検察指導部は、自分を肉体的に殲滅するか、あるいは逮捕し
ロシアに引き渡すかする決定を下した。ロシアに送還するのは、
すべての責任をロシアの特務機関に転嫁するためだ」と述べていた。

以前からロシア連邦捜査委員会は、ムズィチコ氏を刑事告発していた
彼らの捜査によれば、この人物は、
1990年代チェチェンでのロシア兵に対する拷問や殺害に関与している

ムズィチコ氏は、カラシニコフ銃と狩猟用ナイフを手に
リウネ州議会の会議に現れ、後には、
リウネ地区検察官を彼の書斎で暴行したことなどで一躍「有名に」なった。


Vesti.Ru

◆http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_25/270191404/
ロシアの声 25日 3月 2014,
クリミア美しすぎる検事総長アニメの主人公になると娘は大喜び (ビデオ)


クリミアのナターリヤ・ポクロンスカヤ新検事総長は、
ロシアのマスコミの取材に応じた中で
「日本のアニメ・スタイルで描かれた自分のポートレートを見ても驚かなかった」
と述べた。

ポクロンスカヤ検事総長は、インタビューで次のように続けた―

「お役人や政治家など、公の人達を描いたあらゆる絵があります。
そうした物から、逃れることはできません。私は、仕事から家に戻るのがとても遅いので、
娘が、そうした絵を毎日見つけては、後で嬉しそうに私に話してくれます;
『ママ、もうすぐ日本のアニメのヒロインになるよ』。
娘にとっては、もちろん、とても面白いようですね。
私はというと、今は忙しすぎて、ゆっくり見る暇もありません。」

▼http://m.ruvr.ru/2014/03/25/12/218826676-Pixiv.net-ASLE.jpg

検事総長は又、クリミアに行った理由について
キエフでの出来事に驚いたからではなく、ウクライナで起こっている事が恥ずかしかったからだ」
と答えた―

私は、キエフで起きた事はナチズムだと呼んでいます
我々の社会が我々の世代が、そして今椅子に座って指導しているようなリーダー達の事が、
恥ずかしくてなりません。彼らは一体何を、誰を指導するのでしょうか?  ナチズムですか? 
我々を殺害し、我々の事業を台無しにする裏切り者を見本にするのでしょうか。

キエフでの出来事について言えば、決して恐ろしいとは思いませんでした。
悔しく、とても嫌な気がしました。
私が、何か理解しがたい国に住んでいる事を口惜しく感じました。
誰も私がウクライナ人である事が分からないよう、飛んで逃げて行きたく思いました。
ナチズムを合法化することなど絶対にできません!

この他、彼女は、私生活についてのジャーナリストの質問にも応じ
「あなたの心は今自由か? 正式に離婚しているというが、それは本当か?
自由に男性とつき合うチャンスがあるのか?」
に対し「自分は正式に離婚している」と言明した。

新聞「コムソモーリスカヤ・プラウダ」


◆http://my.shadowcity.jp/2014/03/post-4468.html
ネットゲリラ (2014年3月26日)
ウクライナなんか知ったこっちゃないです

より抜粋、

アスホール元首相が、「ロシアはキエフ公国から始まった。キエフはロシアの祖の地であり」とか、
なんだか歴史を語り始めたので、おおっ、とか思ったら、ゴルゴ13の受け売りだった、
というオチなんだが、まぁ、ネタ元は何でもいいんだが、
アメリカに対してはハッキリと、「ウクライナなんか知ったこっちゃない、興味ないです
と言わなきゃねw なんで日本がそんな地の果てみたいな土地の心配しなきゃならないんだ、ってw


  麻生太郎副総理兼財務相は25日の閣議後会見で、ロシアによる
  ウクライナ南部・クリミア半島併合をめぐり、
  ☆http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140325-00000017-asahi-pol
  「ロシアはキエフ公国から始まった。(ウクライナの首都の)キエフがクリミア半島と別れて、
  キエフだけ欧州に行ってしまうみたいな話は、
  日本で言うと宮崎県が独立して(古事記などで神々が生まれ、住んでいたとされる)
  高天原(たかまがはら)がなくなるようなもの。そんなに簡単な話ではない」と述べた。


アメリカは世界の警察官を自認して、どこにでもクビ突っ込んで掻き回すのが大好き
なので仕方ないが、日本は元がヒキコモリ体質なので、いちいち付き合わせないで貰いたい
集団的自衛権だってそうだ。地球の裏側まで出向いて戦争するくらいだったら、
秀吉の時代にとっくに北京を占領してます。


もうね、この件に関しては「アメリカ様のご機嫌が」なんて心配する必要ない。
オバマ自身が、腰引けちゃってるんだもの。
もっとも、嫌がらせするんだったら、逆に、断固、軍事制裁しろ! 核ミサイルブチ込め! 
とか騒いでもいいんだがw


アメリカ様のパワーが弱まって、世界各地の大国が勝手に自分の野心を主張する「多極化」
の時代に入ったという、したり顔の解説がNHKとかでもやっているんだが、
もう、何年も前から田中ウーさんとか、ネットではそういう声が高かったよね。

日本は規模的に小さな国なので、自前では「超大国」になれない。
海外にドカドカ植民地を作れる時代ではないのだ。
なので、上手に立ちまわって、永遠の二番手グループとしてウロウロしてればいいと思うよ。
くれぐれも、一番になろうとは考えずに。


元首相ですら、ゴルゴ13で仕入れた程度の知識しかないような土地なんだから、
「そんなところまで知りません」と公言してやりゃいいんだよ。

そもそもウクライナはアメリカの領土でもないしw 世界の警察官はもう辞めたんだろ? 
だったら、黙ってろよ、EUに任せるべき問題なんだから。



そのウクライナに1500億円援助する壺三&阿呆太郎です。



芳幾、二枚目、



「團十郎 ばゞア」 「暫」  「河原崎 権十郎」です。



◆http://rockway.blog.shinobi.jp/
ROCKWAY EXPRESS
なぜアメリカはヒトラーをアルゼンチンにまで追い続けなかったのか?


http://file.rockway.blog.shinobi.jp/fe27dbf0.jpeg
ハリー・クーパーの著書「アルゼンチンにおけるヒトラー」


3月24日

ヒトラーの予言、というものには、

「たとえ表面はデモクラシーや社会主義の世であろうとも、実質はナチズムが支配していよう。
デモクラシーの国も社会主義の国も、われわれナチスの兵器を競って使い、殺し合い、
社会は私の望むとおり、強く支配する者と支配される多数者に分かれていよう。
それは天変地異の期間でもある。人類は大自然から手ひどく復讐される。
気候も2つに分かれ、激しい熱と激しい冷気、火と氷、
大洪水と大旱魃が代わる代わる地球を襲うだろう


と言う箇所があるそうだ。

ナチスの兵器を使う・・・これはミサイルや核兵器、ジェット機のことを言っているのだろう。
ヒトラーはドイツの科学を明け渡す代わりに、アルゼンチンでの平和な生活を保障された、
というのが以下のクーパーの主張である。

確かにヒトラーは南米で生き残っていた、という説はだいぶ前から存在していた。

このナチスの遺産、それは科学や化学だけでなく、その統治の仕方でさえ、引き継がれている、
と見るべきだ。現在のアメリカのネオコン、その背後の勢力、
すなわち、新世界秩序勢力は、まさにそれである。

彼等が狙うのは、世界的独裁政権である。
ヒトラー政権では反ユダヤでも、新世界秩序勢力になると、
そのような枠は乗り越えての野合となっている。

そのヒトラーの予言では、

2014年にはヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。
アフリカと中東も完全に荒廃する。結局、いまの文明は砂漠しか残さない


などと書かれているそうだ。  気をつけるに越した事はないだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜアメリカはヒトラーをアルゼンチンにまで追い続けなかったのか? 
http://henrymakow.com/2014/03/Why-the-US-Didnt-Pursue-Hitler.html
【3月22日 by Harry Cooper】

我々はヒトラーは彼がイリュミナティのエージェントであったため、保護されたと考えている。
しかしハリー・クーパーは、ヒトラーと1000名のナチス要員が
アルゼンチンで退役後の生活を享受できたのは、
巨大な資金とフアン・ペロン大統領との軍事同盟関係があったから、
そしてウランと核のノウハウに関する取引のためである、と言っている。
(ヘンリー・メイコウ)


以下、ご参照あれ!



芳幾、三枚目、



「当盛草紙合 薄緑娘白波 物見の於松」 「三代目沢村田之助」です。



「黎明は日本から」ですなぁ、

◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_190.html
richardkoshimizu's blog 2014/03/25
鳥取大、癌は容易に正常細胞や良性細胞へ変換できることを発見


ユダヤ朝鮮裏社会の皆さん、小保方さん叩き・STAP細胞潰しでお忙しいところ
またまた悪いニュースです


我が日本国の鳥取大で
「癌は容易に正常細胞や良性細胞へ変換できる」ことが発見されてしまいました。

大変です。 ユダ金さんの最後の金蔓かねづる「ガン」市場が消滅します!

高価な米国製検査機器が売れなくなります。放射線治療装置もです。そして、

一番美味しい「抗がん剤」市場も消えます。さらには独壇場で儲け頭のがん保険が…..

TVコマーシャルの反復で日本の主婦を騙し押し売りしてきたがん保険が….

ユダ金さんの利権がまるごと消えます!

99%の地球人にとっては朗報です。

1%の何でもかんでも独占したがる特殊な人たちだけが困ります。

好きなだけ困っていただいて結構です。

そろそろ、風向きが変わったことに気づいてください。

もはや、何をやっても全て裏目に出ます。

暴れれば暴れるほど、あなた方は泥田に埋まっていきます。

もう首まで填まってしまっていますよ。  情報感謝。
________________________________________

http://matome.naver.jp/odai/2139083495443129601
2014年03月16日
鳥取大が発見! ガンは容易に正常な細胞へ変えることができる

STAP細胞研究の小保方博士で話題だが、鳥取大も
がん(癌は)容易に正常細胞や良性細胞へ変換できると発表した。
この発見を応用すれば、これまで治療法がなかった末期的なガンにも
治療を施せる可能性があるといい、また抗ガン薬が有効に効かなかった
ガンに対しても治療を行うことができる可能性がある
という。


単一のマイクロRNAの導入により

~抗癌治療や再生医療としての応用に期待~


【概要】

鳥取大学の研究グループ
(代表:鳥取大学医学部病態解析医学講座薬物治療学分野 三浦典正 准教授)は、
自身がクローニングしたRNA遺伝子の機能解析に従事している際、

この遺伝子に関連して発現変動する単一のマイクロRNAを
悪性度の高い未分化癌に導入すると、
容易に悪性度を喪失させることができ、
正常幹細胞へ形質転換できる
ことを、世界で初めて発見しました。

同研究グループは、2012年に、肝癌において未分化型や高分化型細胞株を用いて、
in  vivo(免疫不全マウスを用いた動物実験)において、いずれも悪性形質を失わせ、
成熟型奇形腫、正常肝組織、腫瘍非形成の3種のパターンに誘導できることに成功しています。
また他の未分化型癌においても可能であり、本分子が有用であることが明らかになりました。
このたった1つのRNA分子からなる製剤開発により、
癌に対する有効な医薬品に応用できるものと期待されます。

本成果は、国際的科学誌である「Scientific Reports 誌」のオンライン版で
平成26年1月24日に公開されました。
なお、本研究は、文部科学省科学研究費(挑戦的萌芽研究)、
独立行政法人 科学技術振興機構(JST)A-STEP【FSステージ】シーズ顕在化、
武田科学振興財団研究、高松宮妃癌研究基金の助成研究として行われました。


■背景

研究グループ代表は、自身のクローニングした遺伝子がRNA遺伝子であり、
癌の第一抗原と目されてきたヒトテロメレース逆転写酵素遺伝子(hTERT)と関連して、
特に未分化なヒト癌細胞において、その発現を制御させる性質をもつ特異な遺伝子として、
発がんや癌の悪性度に関わる遺伝子として機能解析をしてきました
(2009年BMC Mol.Biol.に発表)。
また、未分化型悪性黒色腫でも当該RNA遺伝子が増殖抑制できることを、
製剤候補としてハイドロゲルやアテロコラーゲンを用いて確認してきました
(2013年Nucleic Acid Therapeuticsに発表)。

この度、このRNA遺伝子をshRNA法という遺伝子発現を抑制する手法により
10種程度のヒトマイクロRNAが発現変動することを突き止め、
その1つ1つを癌細胞の中へ導入することで、最も癌を制御できる有効なものを検討しました。
その結果miR-520dが驚くべき現象を誘導しました。

2012年2月に、山中教授らが当初iPS作製に使用した293FT細胞、
または未分化な肝癌細胞、膵癌細胞、脳腫瘍、悪性黒色腫細胞で、
球状の幹細胞または癌幹細胞様の細胞へ容易に変化させ、
その細胞はP53という癌抑制遺伝子を高発現していることを見出しています。
それまでは、マイクロRNAのがんや再生医療の報告として、
miR-302 family,miR-369,200cに関して
多数種の併用でリプログラミングの試みがなされていますが、
たった一つでこのような効果をもたらす報告はありませんでした。


■内容

本研究では、まず未分化な肝癌細胞がmiR-520dにより、12時間程度で
P53,Nanog,Oct4陽性の細胞へ変化し、
miR-520d導入細胞がマウスで
その癌とは全く異なる組織(奇形腫や正常肝臓組織)を形成したり、
腫瘍を全く形成しなかったりすることがわかりました。

高分化型癌でも1ヵ月程度で同様の細胞へ変化します。
このことは、悪性度の高い低分化なものほど容易に良性形質になりやすいことを意味します。
この結果から、メカニズム解析と同時に、治療的効果の検討を行っており、
脱メチル化による脱分化誘導がその原因の1つであることも証明しました。

他の癌でも派生元の細胞の性質をより強く持つ全く異なる細胞へ形質転換できることから、
多くの未分化な癌細胞で有用な分子であることがわかりました。

たった一つの生体分子が、このように劇的に癌細胞の状態を変えてしまうことは、
癌根絶の夢が目前に来ており

この領域の研究及び製剤開発が推し進められることで早期に実現する可能性も高まりました



■効果

医療の現場では、癌細胞は集学的に研究や治療が試みられており、
癌幹細胞の根絶が困難なため再発が、担癌患者の心身を蝕みます。

この小さなRNA分子(20mer)のメリットは、癌幹細胞への感受性が高いことで、
他に治療法のない末期的な担癌状態に奏効すること、
また抗がん薬で有効でなかった癌細胞に
癌治療のアジュバント療法として奏効する可能性が極めて高いことです。

このRNAからなる癌細胞へ送達できる製剤との併用により、
従来にない作用機序の医薬品としての応用が期待できます。

また癌に対する核酸医薬の中心的な役割を果たすことが期待できます。
またP53の発現を誘導することから、再生医療でも
iPS細胞の品質管理などに応用できる可能性があります。

________________________________________



文系の頭ではよくわかりませんがw 

新規の大発見なわけでしょ?  

山中教授、小保方さん、三浦准教授と、続きますなぁw

コメント

春の兆し

2014-03-25 11:11:07 | Weblog
 画は初代 歌川豊國(しょだい うたがわ とよくに)

 明和6年〈1769年〉~ 文政8年〈1825年〉

 江戸時代の浮世絵師、多くの門弟を育て、幕末に至る歌川派の興隆をもたらした。

 号は一陽齋。              作


  「風流 安宅関あたかのせき」です。


☆晴れたり曇ったり。

昨日は午後から気温上昇、雪解けが進みました。

ようやく春の兆しが、ですかねぇw

まずは、毎度ながら、いい記事だ、

◆http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/jisintunaminoatotouhokuosoltutajinsai.html
長周新聞 2014年3月21日付


      地震津波のあと東北襲った人災

        東日本大震災・記者座談会

       被災地復興は全国共通課題


東日本大震災から3年以上経過した。
本紙は震災後、幾度となく東北の被災地で現地取材をおこなってきた。

3年も経過したなかで、原発事故に見舞われた福島や、津波で
水産都市や大小の浜が壊滅的な被害を被った宮城県はどうなっているか、
復興をめぐって何が問題になっているのか、現地取材をもとに記者座談会を持って論議した。

 
TPP・安倍政治の末路象徴

A 3年がたった被災地全体はどうなっていたか。取材してつかんだ特徴から見てみたい。

B 今回は福島県と宮城県を中心に取材を進めた。3年もたっているのに、
  被災地の復興はまるで進んでいなかった。あれだけ復興増税などして予算を投じながら、
  どこも更地ばかりだった。住宅地には建築規制がかけられ、
  被災3県で26万人もの避難民が仮設住宅や借り上げ住宅に押し込められたまま元に戻れない。
  どの地域でも先が見えないために、「今後どうするか…」と選択が迫られていた。
  故郷に戻りたいという思いと、一方ではこのまま放置されるなら、
  新天地で生活を築くしかないという複雑な思いが交錯していた。

  福島第1原発に近い福島県南相馬市では一昨年4月に警戒区域が解除され、
  原町区の一部と小高区には、住民が戻って片付けや家屋の再建に手をつけていた。
  しかし日中しか戻れず、夕方になると避難先に帰される。
  みなが「先が見えない…」と話していた。
  3年前の爆発事故で放出された放射性物質は多くが半減期を迎え、
  線量としては格段に下がっている。
  南相馬に入った3月9日も毎時0・1マイクロシーベルトという低線量だった。
  しかし住民は戻れない。
  故郷で生活を再建できるようインフラ整備を進めているかというと、それもない。
  小高区は重機も入らず、人も車も通っていなかった。
  瓦礫も農地のあちこちに山積みにされ、民家や道路は津波に破壊された姿のままだ。
  使えなくなった車両も放置されていた。恐ろしいほどの静けさだった。

  「本当に街を復興させる気があるのだろうか」と住民は語っていた。
  原発周辺は完全に放置されており、他の被災地と比べてもひどい。

  原発避難区域の除染・復興は国が直轄している。
  しかし国が直轄している地域ほどなにも手がつけられていなかった


  高線量だった飯舘村も、全村避難したままの状態だ。
  飯舘村は地震も津波も被害はほとんどなかったのに、
  震災から3カ月が経過してから線量が高いといって追い出された。
  年寄りの多くは福島市内などに点在した仮設住宅で暮らし、
  子どものいる若い世代や現役世代はよそに生活の拠点を移して仕事を始め、人口流出がひどい。
  「村に帰れるようになったとしても、戻るのは村民5900人のうち2、3割になる」
  といわれていた。

  福島市内だけでも避難民は約14万人におよぶ。しかも除染が一向に進んでおらず、
  故郷にいつ帰れるのかすらわからない。人が住まなくなった自宅は
  大量発生したネズミなど動物たちが荒らし、風雨にさらされてグチャグチャになっている。
  地下水をくみ上げていた水道管も凍って破裂したり、
  地下水脈自体が変わってしまっていて暮らせる状態ではないという。
  病院も企業も商店もなく、コミュニティー自体が崩壊しているから、
  生活を再建しようと思っても個人個人の力ではどうにもできない状態だ。

  「除染」についてもみながデタラメだと指摘していた。
  ゼネコンが請け負って下請に丸投げし、
  民家一軒当り3000万~5000万円もの費用をかけ、
  1、2カ月もかけて「除染」していく。山ごと除染しなければ効果はないが、
  結局長期にわたってゼネコンや関連企業が復興費をむさぼっている。
  誰のための除染なのか見てみたらゼネコンのための除染だった


  帰還困難区域となっている浪江町も住民が戻れないまま。
  帰還意向調査では「戻りたい」と答えた人が18・8%と2割を下回る事態になっている。
  原発周辺の住民たちは避難先でも過酷な差別を受けるなど心痛している。
  「浜通りの人間が原発を誘致したから、福島がこんな様になったんだ」
  という視線が福島市や郡山市など中通り側にある。

  同じ福島のなかで住民同士が分断され、避難民が息を潜めるようにして暮らしている。

A 津波被害がひどかった宮城県はどうか。

B 沿岸部の水産都市も小さな浜も、国が主導する復興計画との矛盾が際立っていた。
  住民生活の再建が置き去りにされて、ゼネコンが防潮堤利権をむさぼったりするものだから、
  どこでも激しい衝突になっていた。肉親や友人を亡くしながら、
  みなが故郷の復興を目指して尽力してきた。ところが「危険浸水区域」といって
  建築規制がかけられ、引き続き何もできない状態に置かれている。
  福島と同じように住民は戻れず、仮設住宅や借り上げ住宅などで避難生活に耐えていた。

  高台移転も土地の造成すらされていない地域がほとんど。
  今後1、2年で完成するものではない。
  蓄えのある人はすでに別の土地に家を建てて生活している。
  しかしほとんどの被災者は新たに借金をして建てなければならない。
  流された住宅のローンを抱えている人人もいる。

  行政は「町から出て行かないでください」と住民に訴えているが、
  市街地にも漁港にも手が入らないから戻れない。
  国が示した復興計画以外には何もできず、いつまでも足踏みしている
  やることといえば住民無視の建築規制であったり、私権を制限して
  浸水地をみな公園にしようとしたり、
  巨大な防潮堤をつくらなければ「後背地の住宅再建はできない」といって
  待ったをかけたり、あれもダメ、これもダメばかり

  おかげで人口流出が深刻で、石巻市と合併した雄勝町では帰還意向調査で
  「戻りたい」と応えた住民が1割しかいなかった。
  防潮堤(総延長370㌔㍍)の建設費用として復興予算には8000億円がつけられている。
  「人口が流出して人が住めない地域にしておきながら、そこに防潮堤をつくって
  何を守ろうとしているのか?
」とどこでもいわれていた。
  目的がひっくり返っているとみなが指摘していた

  石巻の水産加工団地では54%の被災企業が再建してきたといわれていたが、
  実情を聞くと決して単純ではない。補助金を使って建て直しても
  従業員も物量も以前のようには揃わない。
  震災を契機に取引をやめていったメーカーもある。
  周囲の関連産業全体が復旧していない困難さもある。
  被災地の企業の回復率調査では水産・食品加工分野は14%と、
  全産業のなかでもっとも低い。地元経済の中心で基幹産業でありながら、
  もっとも遅れているのが実態だ。グループ補助金を受けて再建したものの、
  「2年後からの借金償還に耐えられるだろうか…」という不安も語られていた。

  気仙沼では水産加工会社等業種別の「集積地」をつくって
  効率的に復興させる計画をつくっている。まだかさ上げが終わらず、
  ほとんどの企業が戻れないまま更地状態だ。
  グループ補助金で復旧・再建してきた企業が多くあるが、
  行政が決めた集積地へ移動するために補助金を全額返済しなければならなくなったり、
  踏んだり蹴ったりの状況もあらわれている。
  復興計画も二転三転し、その度に地元企業が振り回されて疲労困憊している。
  零細企業や商店などは補助金の対象にもされず、
  震災前の借金のうえにさらに借金をして、土地や店舗を抵当にとられて再建にあたっていた。


創造的復興の破綻 願望と現実が乖離 住民主導に展望

A 国が進めようとしている復興が住民の要求とはまるでかけ離れたもので、
  大矛盾になっている。上から統制をかけて復興を政策的にストップさせている
  これだけの震災に見舞われて、政府なり国というものが
  国民のために何かしてくれると思ったら、いつまでも放置して棄民状態にしている

  第一に建築規制をかけて住民が住めるようにしない。
  そして、防潮堤をつくるとか、コンクリ事業ばかりに熱を上げている。
  震災後、「いつまでも塞ぎ込んでいられない。前を向くしかないんだ」と
  住民自身が再起を誓って立ち上がっていった。
  あの当初の盛り上がりを発展させないといけなかったのに、逆に規制してしまい、
  「創造的復興」といいながらなにも復興していない。
  そして被災地に人がいなくなってしまった。
  津波だけならまだしも、その後に人災がもたらされている。
  国家たるものの残虐さを暴露している


D これはアベノミクスに通じている。
  東北だけではない。津波に襲われていないのに下関を見ても
  被災地のような寂れ方になっている。早くから安倍流「成長戦略」がやられてきた結果、
  人口減少や少子高齢化率、貧困率が全国屈指の街になった。
  東北の実態は全国の象徴だと思う。
  商業メディアは、思い出したように「絆」とか「支援を!」といっているが、
  何が支援なのかだ。
  もともといた住民が主人公になって復興するのを応援しなければいけなかった。
  岩手県の重茂や宮城県でも牡鹿半島の小渕浜など、共同体が中心になっているところでは、
  住民自身のパワーによって復興が進んできた。

  その力を否定して被害者にしてしまい、土地から追い出して生殺し状態を長引かせてきた
  精神的にも荒廃を促進した。そして、「創造的復興」という別目的を含んだ土地接収、
  核処分場建設や大企業パラダイスをつくろうというのだから悪質だ。

C 福島は典型的で、当初からすべての地域で線量が高いわけではなかった。
  浪江から飯舘にいたる山間部が高かっただけなのに、
  原発から半径10㌔、20㌔、30㌔で線を引いて追い出した。
  出て行った結果、誰もいなくなった村をネズミやサル、猪豚が荒らし回って、
  コミュニティーもインフラも崩壊している。
  放置された状況のもとで住民は働かないと食べていけないから、よそに流出している。
  土地を接収するという明確な意図が動いている。

B 放射能汚染を直接の理由にして亡くなった人はいないが、
  その後の過酷な避難生活によって亡くなった被災者は多い
  福島では震災関連死で1600人が亡くなっている。自殺など含んでいる。
  二次災害の方がひどい。年寄りは町や村を出て行かなくてもよかった。
  年間1㍉シーベルトという被曝基準を見ても、
  それを20年間浴び続けてガンになる確率が5%上がるというものだ。
  若者は影響があるから一時避難するにしても、50代以上はむしろ残って暮らしていた方が、
  コミュニティーを維持してみなが戻れる条件をつくれていたはずだ。
  慣れない仮設暮らしによる心労もなかった。

A 広島・長崎の被爆者はみな「土地から離れたら終わりだ」といっていたが、
  まさにそうだった。原爆から復興してきた経験と比べても、「戻れない」ような代物ではない。
  広島・長崎では直後からバラックを建てたりして、みなが戦後復興に励んだ。
  福島では厳密な汚染地域は発表しないまま住民をみな追い出した
  国は災害をもっけの幸いにして、核廃棄物の処分場をつくるチャンスと見なした。
  「ショック・ドクトリン」といわれてきたが、要するに火事場泥棒だ。
  そういう残酷なことを国が平然とやった。
  住民の生活とか健康とか、生命を守る政府ではないことを暴露している。
  東北だけでなく日本中がそうなっている

  詐欺も流行っているが、国が詐欺をやってだましていく。
  それとたたかって住民主導の復興をやらないと目処が立たないということだ。



豊國、二枚目、



「八蔵 中村歌右衛門」(三代目)  「家主佐次兵へ 桐島儀右衛門」(初代)
  
「おはつ 瀬川路考」(四代目)です。



戦前にも劣る政府対応 区画整理完了〇%

C 仮設住宅も当初は入居期限が2年だったのが3年に延長され、
  かといって復興公営住宅も建設されず、いつまでもプレハブ暮らしを強いられている。
  被災地全体の復興がどれだけ進んだかというと、
  河川堤防は99%、瓦礫処理は95%、水道復旧は89%とされている。
  「復興3年」とかかわって公表された数字だ。
  しかし災害公営住宅になると僅か2%。区画整理完了は〇%だ。
  住民生活にかかわる部分が極端に遅れている。
  ひたすらゼネコンが荒稼ぎしている
。高台移転といっても高台の造成すらやられていない。

B 宮城県は漁港の復旧も進んでいない。進捗率12%で、
  福島県の30%や岩手県の59%と比較しても開きが出ている。
  水産復興特区や漁港集約が打ち出され、その後は資材や作業員不足にも直面してきたが、
  実際上、漁港整備がストップしている。
  沿岸の浜に行くと、土嚢を積んだ上にコンクリを敷いた応急措置のままだったり、
  雄勝をはじめ牡鹿半島の小さな浜では手すらつけていない漁港がたくさんあった。
  危なくて漁船が接岸できない。ワカメ漁の真っ最中だった小渕浜では、
  沖からとってきたワカメを漁港に入った順に並んで水揚げしていた。
  岩手県の重茂などは2年もたたないうちに漁港復旧工事は終わっていたのに、
  宮城県の沿岸は明らかに遅れている。

A 創造的復興」「ショック・ドクトリン」で、東京の大企業利益を代表して国が動き、
  現地で村井知事が実行している関係
だ。


C 以前、被災地を取材していた時、岩手県宮古市の田老地区で、90歳近い老人が語っていた。
  昭和の津波のときは翌日から瓦礫撤去をみなでやり、1年後には
  バラック作りの自宅が元の場所に建ち、みなが暮らしを取り戻したのだと。
  当時の政府は成長の早い野菜の苗を提供したりして
  被災地の食料支援も熱心だったといっていた。

  戦後69年たった現在は3年たっても放置され、
  昭和の津波のさいは翌日から瓦礫撤去やバラック作りがはじまった。よほど民主主義的だ。
  今のほうが国家統制がひどい。
  「戦前はひどかった」というが、今よりはるかにまともな対応だ。
  変に規制を加えないだけ、現地の復興が動く。

  同じようにプレハブ材料でもいいから国が提供していたら、被災地の暮らしは崩壊せず、
  地域コミュニティーが機能しながら復興に向かっていたはずだ。
  順を追って高台移転で正規の住居をつくるとか、2段階、3段階でやれば良かった。
  津波が来たときに「流されてもしょうがない」と思う者はそこで生活再建にあたればよいし、
  住民の判断や要求にもとづいて進めていたら、今頃は賑やかな市街地になっていたに違いない。

A 集落の成り立ちには歴史的法則性がある。
  生産ができるところに集落が成り立つ。
  山口県の上関町でいえば原発予定地の田ノ浦には縄文遺跡があり、弥生遺跡もあって、
  四代には古墳時代の遺跡もある。暮らしやすいことを証明している。
  海で魚や貝をとったり、山で実をとったり、生産活動を基本にして
  住みやすい条件が整ったところに、集落や共同体が形成されていく。
  現在の社会では、そこに商店や病院といった施設ができていく。
  必要性に迫られて生活圏がつくられていく。

  それを上から「創造的復興」といってもできるわけがない。
  生産活動とともにある集落の成り立ちを否定しているからだ。
  徳川時代の大名も、平野部のコメのとれるところに城をつくっている。
  生産活動に従属している。
  福島にしても、生産を切り捨てたらコミュニティーが崩壊するのは目に見えている。
  集落の成り立ちには歴史的な重みがあり、その土地や自然との関係を切り離せない。
  上から恣意的に「創造的復興」といってコントロールできるものではない。

  アベノミクスとか新自由主義というのは自分たちの願望と目先の損得ばかりを追い求めて、
  国家を破綻させていく性質を持っている

  釜石にイオンタウンができたが、いくらでかいショッピングセンターをつくっても、
  被災地から人口が流出しているのではもうからない。
  商売できるかどうかの基本は消費者がいるかどうかにかかっている。
  大手資本がもうけようと思えば搾取するしかないが、
  被災地のどこも搾取する相手がいなくなっている。

B 雄勝などは住民の気配すら感じないゴーストタウンになっている。

C 被災地で進められている企業向けの復興施策は補助金漬けなのが特徴だ。
  それによって大企業が法人税を減免されたり、恩恵を被っている。
  中小零細企業にとってはハードルが高いが、大企業はフルに活用している。
  漁師たちが補助金によって船を建造したりするのとは桁が違う。

A 『世界』(月刊誌)が載せていたが、企業参入が奨励された植物工場は全部不採算だという。
  電気代ばかりかかってどうにもならない。結局補助金で成り立っているというインチキだ。

B 「民間資本を導入して復興をはかる」と持ち上げられていた桃浦地区(宮城県石巻市牡鹿)
  の水産復興特区も、1年たった様子を水産加工業者に聞くと、
  カキ処理は厳密なうえ価格が安いので、カキ生産だけでは採算が合わないといっていた。
  「補助金がないと成り立たないじゃないか」と。
  企業化して賃金労働者になった桃浦の漁師たちも、1年が経過して
  「サラリーマンではおもしろくない…」とぼやいているのを別の浜の漁師が話していた。

A 創造的復興」とか「特区」といわれるものが総破産している。
  これと断固たたかって、下から住民の力で復興するしかない。

C 誰がみても国が旗を振ってきた復興では展望がない。
  被災地では基礎自治体に自由がなく、復興交付金でがんじがらめにされている。
  補助率だけで復興計画が組み立てられ、あちこちが金太郎飴みたいな
  似通った街作りをデザインした。そして、実際にはゴーストタウンになっている。

  綺麗な団地が完成したころには、若手をはじめとした働き手や住民は移住してしまい
  誰も入らないという事態にもなりかねない。「仏作って魂入れず」を真顔でやっている。


住民の力で復興を 棄民政治と全国斗争

D 生産を基礎にして根本からやり直さなければいけないのに、
  ストップをかける力が働いている。残忍極まりない規制を加えているが、
  同時に破綻している。3年もたってなにも復興できないのだから、
  これが5年たっても見込みなどない

  知識人のなかでも「東北の現在の姿は30年、40年先の日本の姿で、
  他の地域にとっても決して他人事ではない。東北と連帯して、
  全国でこのような政治とたたかわなければならない」という発言が出てきている。
  3年もたって復興が何も進まない。
  この結果をもたらした原因、政治の在り方を問題にしないわけにはいかない。

A 全国共通の課題だ。生産点を基礎にして復興をはかるというのも一緒だ。
  他人事で「応援します」というものではない。明日は我が身。
  国の方向が先行実施されている。大災害をチャンスにして火事場泥棒がみな食い物にしていく

C それにしてもひどすぎる。
  震災直後は「日本人というのは秩序正しく、困難に直面しても整然としていてすばらしい民族」
  と海外も驚いていたが、3年経過した被災地を見せなければいけない。
  いかに政府がボロかを示している。世界中の笑いものだ。
  暴動などなく、被災者が助けあっていたということと、為政者がデタラメというのは別の話だ。

A 海の津波のあとに陸の津波がやってきて、惨憺たる状況に輪をかけて人災をもたらした。
  この怒りは東北でも全国でもすごい。
  復興会議が意識して進めたのはTPPの先取り施策で、
  強い農業、強い漁業といってパンクさせてしまった

  東北の復興に対して、下関の復興なり全国の復興とも重ねて問題意識を広げないといけない。

D 下関がなぜここまで疲弊したのかが、東北から見えてくる。
  この間、下関でも雇用確保、産業振興を掲げて運動がやられてきた。
  全国的に連帯して、
  外資略奪型の大企業天国をつくり出す政治とたたかっていく
ことの重要性を示している。


地産地消、生産原理で 地元の現状に即して

知識人が「アベノミクス」「成長戦略」批判を展開するなかで、
「脱成長」という言葉が使われている。
地元独自の食料生産、それに関連した産業、流通こそ見直そうというもので、
生産原理でいくべきだという主張だ。
農漁村や地方の衰退に対抗して、それぞれの地元で町おこしとか農業振興、地産地消のとりくみに
力が注がれてきたが、食料にしても生産者が食べられないような不合理を
根本から転換することが求められている。

A 地産地消でやればかなり低コストで流通も完結する。
  わざわざ東京の築地まで持って行く運送費だけでも少少ではない。
  近場に売って、地元が買えるようにするのが一番よい。
  資本主義の観念的な金もうけの幻想で、「大きな市場に出さなければ」
  というのがあるが、流通コストだけ膨大にかかって店頭価格は上がるし、
  そのコスト分をまかなうために生産者には買い叩きをやる。
  それよりも生産者が消費者直結で販売した方が高く売れ、
  消費者にとっては安く買える関係だ。農漁村が生き残る道はある。
  流通機構の工夫はもちろんだが、
  山の木材も燃料としてもっと活用すればエネルギーにもなるし、治山治水も進む。

D 農文教が出版している『地域』でも、各地で薪炭とか、林業とか、ミニ水力発電とか含めて
  工夫している実情を紹介している。戦後の山間地は林業と米作りが基本で、
  水田、畑、地域の流通でなりたっていたが、
  戦後の「石炭から石油へ」のエネルギー構造転換で破壊されて、
  ノンカルチャー化してしまった。林業なんか要らない、薪炭なんか要らないとなって、
  単なる米作りのモノカルチャーだけになってしまった。
  しかもそれも減反で潰され、花作りなどのモノカルチャーにされて惨憺たる状態になった。
  資本原理で産地が振り回されるのではなく、地元の現状に即した生産や販売体制を工夫したら、
  発展する可能性はある。

A 今からの世の中を想像した時に、農漁村は強い立場にある
  資本主義はどうなるかわからないが、食料はいつの世も必要不可欠だ。
  カネがいくらあっても食べられないのでは生きていけない。
  経済が破綻して大企業のCEOたちがみな吹き飛んでも困らないが、
  食料生産は社会からなくなってはならず、必ず頼りになる
  いよいよのときは自給自足でも暮らしていけるのが農漁村だ。

C 3年たって、国が進めてきた復興については結果が出ている。
  何もできないし、復興させる意志も能力もないことを示している。
  別目的ばかり実行して阻害する。
  被災地の自治体がもっと自由に復興予算を使えるような仕組みに改めることはもちろんだが、
  住民生活の再建、生産活動の復興を最重要課題にして、
  住民自身の力によって復興を動かすように転換させなければ、いつまでも絶望的な状況が続く。

A 黙っていたら国は潰しにかかるばかりだ。
  国がかかわったおかげでこんなことになった。
  各自治体に任せて、そこに交付金を投入していれば1年であらかたの復興はできていたはずだ。

  東北復興は全国共通の課題で、
  TPP路線と対抗して全国津津浦浦から共同のたたかいを強める
ことが待ったなし
だ。




豊國、三枚目、



「戻橋背御摂 もどりばしせなにごひいき」 「岩井半四郎」 「松本幸四郎」です。



快調、快調w

◆http://takedanet.com/2014/03/post_6e10.html
武田邦彦 (平成26年3月24日)
北極の氷が増えたことを報道せず、海洋の酸性化の誤報が続く


☆http://takedanet.com/files/2014032412191219.mp3


かつてソ連のルイセンコが数1000人の科学者と徒党と組み、
「共産主義のもとでは小麦が良く育つ」というウソの学説を打ち立て、
多くの科学者がそれに従った。
今から、わずか60年ほど前のことだ。

彼らの主張は、

1)共産主義のもとで育てると(低温処理)小麦が多く生産できる、

2)メンデルの法則はブルジュア思想である、

というものだった。


ルイセンコの説に賛同しないか学者は処刑、シベリア送りになった
現在の日本が温暖化に疑問を呈すると、国の研究費が来ないのと同じ)。

そして中国の毛沢東がルイセンコに学んで大量の餓死者をだし、北朝鮮も大失敗した。
科学は事実に基づくものであり、
学者の数がどうかとか、政策との一致とは無関係のものである。


それから60年、日本にルイセンコ旋風が吹き、まだNHKがそれを主導している。
NHKのルイセンコ風世論操作で最近の二つを紹介する。

まず、ヨーロッパの宇宙機関と日本のJAXAがほぼ同時に
北極の氷が1.5倍になっていることを2014年(今年)1月に発表。

これまで「面積」しか話がなかった北極の氷が「体積」が測定されると、

増えていることが分かった。

これまでの報道と全く違う結果なので、
もしマスコミがSTPA細胞と同じ報道態度をとるなら、大々的にキャンペーンをして、
「これまで北極の氷が増えたと報道したのは、誰が言ったのか」と
リンチを加えなければならないだろう。

国内の新聞でもこの事実を報じたところもあるが、報道は仲間内なので、
女性研究員とは相手が違うということでリンチは行っていない。


またゴア副大統領は2008年に「2013年には北極の氷はすべてなくなる」と言い、
それをNHKも報道したが、全く違う現実を報道しようとしない。

ウソを発表するが「積極的誤報」に対して、
一方の学説や発見だけを報道する「消極的誤報」に分けると、
今回の誤報ははっきりした「学説の選別」であり「論文の選別」だ

「論文には本当のことを書くべきだ。だからSTAP細胞論文は非難しなければならない」
と書いた記者は、温暖化で正反対の学説があり、その一方だけを報道しているのは、
「自分たちが理系論文の正誤を判断できる」と思っているのだろうか? 
それならSTAP細胞の正義も自分で判断できるはずだ。


もう一つ、読者からの情報によるとNHKが教育チャンネルで、
CO2が海に溶けると海が酸性になるという番組を放映したという。
言葉はわるいが「化学の基礎ぐらい勉強しろ!」と言いたくなる。

酸性、アルカリ性というのは、地球全体で変わりようがなく、
地表にはカルシウム、ナトリウムなどのアルカリが豊富にあり、
酸性やアルカリ性が変化するとそれに伴って、
融けたり沈殿したりして海の酸性度を一定に保っている。


もともと海にCO2だけを溶かすということはできず、
酸性度の変化によって海の周辺の陸地、海底などから物質が溶け出し、酸性度を中和する。

このぐらいの科学の初歩が分からないなら、
NHKは科学放送を止めるか、NHK自体を解散するしかない。

日本は今、ルイセンコ風の誤報に振り回されている。

科学技術立国と言うなら、事実に忠実であること、

科学として確立したことに反するときには 特段の説明をつけること


という二つを大切にすることだろう。



「空気」の後を追う人ほどみじめな人はいない。 




地球は「小氷河期(Little Ice Age)」に突入したそうです。

いまだに、「地球温暖化」をとくとくと説いておる学者を出演させるマスゴミw

「地球温暖化」利権があるのですよ、「地球温暖化」ムラだね。


コメント

雪の彼岸Ⅲ

2014-03-24 11:21:01 | Weblog
 画は 鈴木 春信(すずき はるのぶ)

 享保10年(1725年)? ~  明和7年(1770年)     作


  「三都の太夫たち」より、

  「京島原 きやう内 太夫花むらさき  江戸新吉原 まつばや内 染之介 

   大阪新町 つち屋内 大学太夫」です。


☆晴れ、寒い。

まずは、

◆http://japanese.ruvr.ru/2014_03_23/270085838/
ロシアの声 23日 3月 2014,
西側の制裁:諸刃の剣


西側は、ロシアとの関係を真剣に断つ構えを見せている。


すでにソチで予定されていたG8サミットおよびロシアEUサミットの中止が発表された。
EUはロシアとの公式協議を凍結し、
米国はロシアの政治家や企業経営者に対する新たな経済制裁を導入している。

これは、西側に軍配があがる兆しなのか? 最終的に敗者となるのは誰なのだろうか? 


住民投票によって決まったクリミアの自発的なロシアへの編入は、
西側世界が反ロシア・ヒステリーを起こすきっかけとなった。

だが、なぜコソボ、スコットランド、フォークランドなどでは
住民投票の実施が許可され、クリミアでは許されないのか?

これについて論証する者は誰もいない。

米国のズビグネフ・ブレジンスキー氏の政治的支持者たちの怒りが、
このような不合理な立場を呼び起こしたと思われる。

なぜなら、以前ロシアに属していた領土が数十年ぶりに戻ったからっだ。

西側諸国は、非合理的な行動をとり、リーダであり支配者である米国に
盲目的かつ絶対的に服従している。 欧州の政治家たちは自主性を失っている



米国は、EU加盟諸国がロシア経済にとってさらに大きな打撃となる
経済制裁を発動する可能性があると述べている。

もちろんロシアは対抗措置を講じている。だが、

EUと米国には、冷戦の新ラウンドを開始するための理由があるのだろうか?

そしてそれはどこへ行き着くのだろうか?

ロシア連邦大統領付属国民経済・国家行政アカデミーの
アレクサンドル・ミハイレンコ教授は、次のように語っている。

「G8サミットの停止は、ロシアの威信にかかわる問題であり、ロシアにとっては不利だ。

だが同時にG7諸国、そしてオブザーバー国にとっても打撃となる。

我々の国々の間では、安全保障分野などで活発な協力がたくさん行われている。

今後はこの問題についての話し合いがなくなるか、

それともロシア抜きで協議が行われることになる。

ロシアは、イランの核問題やシリア問題など非常に重要な問題の解決で大きな役割を担っている。

ロシア抜きでこれらの問題が解決されることはないだろう


これは西側諸国の安全保障にとって深刻な脅威となるだろう。」


ロシアと西側諸国の協力や対話がなくなることは、誰の利益にもならない。

しかも、欧州諸国はロシア産のガスや石油に依存している

だが、反ロシア気運を高めている米国人にとって、この問題は重要ではない。

米国にとって欧州は
世界の支配者として残る権利をかけた戦いで使用する一つの駒にすぎない



3月18日、ロシアのプーチン大統領は、モスクワのクレムリンで行った
クリミアのロシア編入に関する演説で、そのような力関係に疑問を呈した。

そしてこれは、米国側からの激しい反応を呼び起こした。
ロシア市場は巨大であり、ロシアではたくさんの西側企業が活動している。
彼らは今後どうなるのだろうか?

経済高等学院のオレグ・マトヴィエンコ教授は、次のように語っている。

「ロシアで活動する欧州企業の中で、
コンタクトが永遠に断ち切られることを望んでいる企業は1社もない。

彼らが強い関心を持ち、彼らに大きく関係している問題はたくさんある。
それにこたえることができる国はロシア以外にはない。
だが残念ながら西側が冷戦状態から抜け出したことは一度もなかった。

今も同じだ。ソ連時代、そして帝政ロシア時代と何の変りもない。

だが毎回、西側がロシアに制裁を加えようとするとき、

ロシアは対抗措置を講じる。これは西側を刺激するだろう。」

国際社会の主要国は最近数年間、世界の安定化のために戦っていた。

だが、西側が「厳しい教師とずぼらな生徒」として、ロシアを脅したり、

ロシアに最後通牒を言い渡す時、彼らは自分だけでなく、全世界をも不安定化させているのだ。



◆http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_23/270088262/
ロシアの声 23日 3月 2014,
消息を絶ったボーイング ハイジャックの可能性高まる


消息を絶ったマレーシア機について、一連のテレビは、

離陸前に機長の携帯電話にある女性から不可解な電話がかけられていたと報じた。


会話の内容は不明だが、
この女性の電話番号はSIMカードに登録されていなかったという。

マスコミによると、これらの状況は、機長がテロリストと関係を持っており、

航空機がハイジャックされた可能性を強めている。




春信、ニ枚目、



「臥龍梅」です。



「狡兎死して走狗烹らる」というねぇw 

売国婆ぁ&「田布施システム」のゾンビどもが、

◆http://my.shadowcity.jp/2014/03/post-4450.html
ネットゲリラ (2014年3月23日)
舐めるケツさえありゃしない

より抜粋、

アメリカの心変わりで、櫻井よしこが悲鳴あげてるという話なんだが、
今まではアメリカ様の尻の穴を念入りに舐めていれば安心だったのが、
オバマじゃそうも行かないw つうか、共和党になっても同じだから。
共和党はリバタリアンに乗っ取られたから。

リバタリアンというのは昔の言い方をするなら、アナーキストですw 
世界の警察官は引退ですw


  ☆http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140106/plc14010603160002-n1.htm
   MSN産経ニュース 2014.1.6
   ◎【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】 米への失望禁じ得ず

 
  アメリカよ、どうしたのだと、思わず尋ねたくなる。

  わが国唯一の同盟国であるアメリカを最重要の戦略的パートナーと位置づけつつも、
  いま、私は、オバマ政権への失望を禁じ得ない。

  安倍晋三首相の靖国神社参拝を受けて、東京の米国大使館が
  「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させる行動をとったことに米国は失望している」
  と表明したことに、失望と懸念を抱いている。

  米国の反応を、膨張し続ける中国がどう解釈するかを考えれば、
  オバマ政権が長期的視点で中国の戦略を分析し、
  その真意を測ることをおろそかにしてはいないかと、懸念せざるを得ない。

  国務省も大使館同様の声明を発表した。
  米国は靖国問題が政治的要素となった経緯についてどれほど調べた上で発表したのだろうか。

  靖国参拝が問題視され始めたのは、歴代の日本国首相が合計60回の参拝を果たしたあとの
  1985年9月だった。いわゆる「A級戦犯」合祀(ごうし)が明らかになった79年以降も、
  歴代首相は6年半にわたって21回参拝した。中国の非難はそのあとだ。
  時間軸で見る中国の靖国参拝非難は、同問題が中国の政治的思惑から生じたもので、
  日本たたきのカードであることを示している。

  靖国の英霊にも、鎮霊社の英霊にも、さまざまな民族と宗教の人がいる。
  両御社での鎮魂の祈りは、宗教、民族および国境を越えてなされていることを心に刻みたい。

  首相の参拝意図は、直後の会見で「不戦の誓い」を
  表現を変えて三度繰り返したことにも見られるように、
  平和を守り二度と侵略戦争はしないとの誓いである。

  その上で日本に命をささげた人々に心からの哀悼の誠をささげるものだ。
  オバマ大統領がアーリントンで祖国に殉じた英霊に敬意を表し祈りをささげる
  のと何ら変わりはない。指導者として、当然の責務である。

  米国が日中関係に踏み込むのであれば、靖国神社参拝という、すぐれて精神的な事柄の前に、
  法治国家の指導者として他に踏み込むべき事柄があるのではないか。

  たとえば尖閣諸島である。国際法上も日本国領土であることが明らかだからこそ、
  日本占領のとき、米国はこれを施政権下においたのではなかったか。
  であれば、尖閣諸島は日本国の領土であるとの見解を明らかにしてもよいのではないか。
  法を無視し、軍事力を背景にした中国の膨張主義の前に、
  どちらにもくみしない米国の姿勢が
  中国の尖閣領有への主張を増長させる要素のひとつとなっていることに、留意せざるを得ない。

  12月26日、安倍首相は靖国神社のみならず鎮霊社にも参拝し祈りをささげた。
  鎮霊社には靖国に祀(まつ)られていない全ての戦死者、
  日本人のみならず外国人戦死者の霊も祀られている。

  だがここで急いでつけ加えたい。
  日本人が日本の領土である尖閣防衛の任務を果たすのは当然であり、
  米国の助力を努々(ゆめゆめ)、当然と思ってはならない。
  同時に、尖閣諸島の地政学的および戦略的重要性を認識すれば、
  米国が立場を明確にして
  尖閣に対する中国の冒険主義を抑制することは米国の国益にも合致する。

  尖閣問題についても、靖国問題と同じく、事実に基づいた長期的観察を行い、
  それを大きな戦略的枠組みの中で分析する必要がある。

  米国は常に「現状変更は好ましくない」との牽制(けんせい)球を日本に投げてきた。
  日本政府は中国の反発への恐れと、米国の意向の尊重という2つの要素を前に、
  尖閣諸島が明確な日本国領土であるにもかかわらず、
  船だまりも作らず、日本国民の上陸も許さず、現状維持に終始してきた。

  対照的なのが中国だ。
  彼らは日本の反発を無視し、米国の出方をうかがいながら、
  サラミを切り取るように少しずつ、現状変更に挑み続けてきた。

  振りかえってみよう。
  78年、トウ小平は日中間に棚上げ合意など存在しないにもかかわらず、
  記者会見で「棚上げに合意」と発表した。
  中国の現状変更への挑戦はこの時点から始まっている。
  以来40年余り、中国の野心は全く衰えていない。
  東シナ海における彼らの執拗(しつよう)さは、南シナ海で
  ベトナムやフィリピンから島々を奪い続けてきた執拗なる40年と重なる。
  つまり、現状維持を要求する相手を、米国はずっと間違えてきたと言わざるを得ない。

  11月23日に中国が突如尖閣を含む形で防空識別圏(ADIZ)を設定した。
  ホワイトハウスはいち早く「日本との緊張を高める、必要のない挑発行為だ」
  として中国を強く批判したが、12月4日、
  バイデン副大統領は北京での習近平主席との会談でADIZを撤回せよとは要求しなかった。
  加えて米政府は「外国の航空情報に合わせるのが望ましい」として事実上、
  民間機に飛行計画の提出を促した。

  ADIZに関する国際社会の常識を変え、領空であるかのように扱う中国に、
  撤回を求めないオバマ政権の、守るべき原理原則や価値観とは何なのだろうか。

  米国国務省は、靖国参拝に関して推移を見守るという。
  米国の大戦略や方針が定かでないかに見えるいま、
  大事なのは日本の国家意思の堅固なることだ。
  激変する日本周辺の状況の中で、日本は偏狭であってはならず、
  健全な民主主義国家でなければならない。
  そのために必要なのが健全なナショナリズムである。
  安倍首相が鎮霊社に祈りを捧(ささ)げ、靖国神社を参拝したことは、
  その意味で極めて正しいことなのだ。


今までのウヨクは、とりあえずアメリカの顔色だけを窺ってれば済んだ。
モノゴトを考えなくていい。思考停止。

反米愛国を叫ぶのは、ごく一部の新右翼くらいだった。
シンタロも、アメリカ相手になると威勢の良い啖呵が影をひそめてしまうという、
それがウヨクの伝統だった。でも、それももうオシマイです。

さて、ウヨクはどこへ行くのか? 
日本のウヨクは、自立できない「女の腐ったような」ヤツらばかりなので、
リバタリアンにはなれません。つうか、リバタリアンは都会では棲息できない。
アレは自給自足できるだけの背景を持った、田舎者の思想です。


オバマだから日本が捨てられたわけじゃない、
ネオコンが日本を都合よく子分としてこき使っていただけで、
そのネオコンが退場しようという今、誰が大統領になっても同じです。


捨てられた櫻井婆さんが恨み節w


オバマに急かされて、日韓首脳会談やらされるわけだが、さて、
どんな売国ぶりを見せてくれるのか、
またしてもオバマを悪者にして済ませるつもりなのか、
そろそろ無脳は無脳だと認めたほうがいいよw



◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_176.html
richardkoshimizu's blog 2014/03/24
安倍不正選挙偽総理が世界にばらまいた無駄金、3兆3000億円


米国ユダヤ金融悪魔の都合で金を突っ込みたいところに、

安倍偽総理が日本国民の金を使って金をばら撒く。

結果、日本の財政は悪化し借金は増えるばかり

「借金まみれの日本」にして「日本円基軸通貨」化を防ぎたいわけです。

つまり、ドル防衛手口。

こんな余裕があるなら、消費増税など全く必要なし

情報感謝。



2014/3/24 09:13

ツイッターからです、、。 無外流の狼 ‏@miburou3

安倍が外国等に使ったお金 …


インド2000億、

モザンビーク700億、

米大陸間鉄道5000億、

普天間移設の振興3000億、

ASEAN2兆円、

ウクライナ1000億、

バングラデシュ1200億 … etc


ざっと3兆2千900億円

政権発足後452日 ※一日当たり73億円の大盤振る舞い


K美姉さん




春信、三枚目、



「女三宮と猫」です。



至言だね、

◆http://takedanet.com/2014/03/post_9dbb.html
武田邦彦 (平成26年3月22日)
マスコミとブロガーの人は、自首してください


☆http://takedanet.com/files/2014032212361236.mp3

今から40年ほど前、連合赤軍事件というのがあった。
「連合赤軍」というグループを作った若者が、
毛沢東思想に基づき赤軍を形成し、革命を起こそうという活動で、
活動自体は多くの政治活動の一つだった。

ところが、彼らは「総括」と言う名前の「リンチ」を始めた。
最初はメンバーが政治的な反省をする場だったが、次第にエスカレート、
一人の人間に仲間が暴力を用いて反省を促すようになり、リンチと粛清が始まった。

リンチされる方も政治的なことでもあり、抵抗しなかった。
内臓破裂、凍死などがあり、それは思想的な「敗北死」とされた。

でも法律に基づかない「リンチ」はそれ自体が犯罪なので、
後に赤軍の若者は指名手配を受け、法の下に裁かれた。

近代国家では法体系が整備され、法律をその国民が合意して約束し、
法律に違反しなければ誰も不利を受けず、
もし違反しても裁判所の判決によってのみ不利を受ける
ということが確定した


つまり、その社会の常識などに反していても、その本人を罰するには、
「法律に違反したこと」、

「被害者がいること(被害者がいなければ通常はあまり罰せられない)」、

「裁判で有罪が確定すること」 が必要である。


これに反して連合赤軍のように「私的なリンチ」を行った場合、
「リンチで不利を受けた人」が罰せられるのではなく、
「非合法なリンチをした方」が罰せられる。

私が戦後に行われた「東京裁判」を「東京リンチ事件」と呼び、
東京裁判を開いたほうが悪人だと言っているのは、まさに「法治主義」によるものだ。


今回のSTPA細胞事件で、一個人を
言論(マスコミ)やネット(ブロガー)を通じて「リンチ」した人は、
法治国家ではリンチしたほうが重罪だから、この際、自首していただきたい


この事件ではまだ「法律違反」、「被害者」、「裁判所の判決」は共にない。
それをなぜ、これまで激しく非難し、一個人が仕事もできず、
精神的に不安定になるまで追いつめ
て、
これが「正義のいきわたった日本」と言うことができるだろうか?



一個人を批判している人は
「かつて自分が賞賛しすぎたので、自分の体裁を整えるために
一個人を激しく批判して、気分を収める」ことが目的ではないか? 

もともとは、毎日、何千とでる論文の一つに過ぎないのだから。

ところで「言論における批判」にも道徳や倫理がある。それは、当然ではあるが、

 1)必要最低限のことも調べないで、一個人をバッシングしてはいけない、

 2)相手が法律を守っているのに、
   「法律を守るとは何事か」と言った種類のバッシングはいけない、


 3)肌の色、性別、出身など本人の言動が原因していない、
   回復せざることを批判してはいけない、


 4)批判するときには本人にも対等の反論の機会があること、

である。

何事にもルールを守らなければならず、自分がルールを守れないのに
他人にルールを守れと激しくバッシングするのはみっともない。


たとえば、博士論文の第一章にコピペがあることについて、

 あ)理系の論文の第一章にコピペがあってはいけないとはされていない、

 い)コピペは主査の教授が指導した可能性が高い、

 う)教育中の作品の所有権は基本的には学生や生徒にはない、


などを考えると、

バッシングしているマスコミやブロガー、それにネットに参加している人たちこそが
リンチをする人になっているのではないか


(ユーチューブで「小保方 武田」で検索すると出てくる映像のうち,2/2を参照のこと)

http://www.youtube.com/watch?v=6MFRYEJ4q90
STAP細胞 小保方論文は何が問題?  武田邦彦が騒動を斬る!! 2/2


自由な批判は大切だが、やはり、

自分の名前をはっきり出して」、「紳士的に

根拠を示し」、「相手を尊重するという批判の基本姿勢
を取り戻さなければならない。

匿名の批判も許されるが、その時には、相手が反論できないので、

人格攻撃や激しいバッシングはルール違反になる。

「匿名」ということでもともと有利なポジションを自分でとっているのだから、

「私は考えが違う」程度にとどめなければならない。


その第一歩として、今回、一個人をうっかり激しく批判した
マスコミやブロガーの人(社会のオピニオンリーダー)は
日本の文化を守るために、まずは自分を捨てて自首してもらいたい。

リンチは犯罪であることを身をもって示してほしいと思います。



「連合赤軍」事件は手前が大学4年生のときだったかな?

よーく覚えていますし、衝撃的な事件だった。 数少ない仲間を殺すのだから。

以前にも書いたと思うが、あれで高揚していた「反安保」運動が鎮火させられた。

一気に冷水をぶっかけられて、収束に向かうことになった。

「京浜安保共闘」とか「連合赤軍」とか、ミニミニ・セクトなわけで、

大学に拠点すら無い、胡乱そのものの暴発一揆グループなわけです。

「公安の犬」だと思う、当時の大きなセクトは内実「公安の犬」だらけです。

CIAの走狗=公安、金をバラ撒いて工作した、と確信しておる。

永田洋子獄死 (脳溢血で病死) したが、その他のメンバーの執行がないでしょ?
_____________________________________________

追:1:00PM

正確には、

 坂口弘 - Wikipedia
 1993年2月19日、最高裁で上告棄却し、死刑確定。
 最高裁判決はあさま山荘事件発生日からちょうど21年であった。
 判決訂正の申し立てをするが、3月 9日に棄却され、死刑が確定する。
 東京拘置所在監。
 17人殺人(司法の認定としては16人殺人と1人傷害致死)は死刑囚としては
 当時の戦後最悪の数字であり、オウム真理教事件で27人殺人
 (司法の認定としては26人殺人と1人監禁致死)を犯した麻原彰晃の死刑判決が
 2005年9月に確定するまで破られなかった。

 坂口の死刑が執行されていないのは、
 共犯者である坂東國男が国外逃亡して裁判が終了していないため
とされている。
_____________________________________________

CIAの走狗=自民党体制への功労者だからですよ、体制の危機を救ったのだから。


今回の小保方バッシングにも「裏」があるのですよ。

いづれ誰がマッチを擦ったか、見えてくると思う。




コメント

雪の彼岸Ⅱ

2014-03-23 11:17:14 | Weblog
 画は 歌川 國芳(くによし)

 寛政九年(1797)~文久元年(1861)

 号は一勇齋、朝櫻楼など              作


  「曽呂利 新作 市川清十郎」 「筑前守久吉 沢村訥升」(初代) 「沢村芳吉」
 
  「佐藤政清 嵐吉三郎」(三代目) 「中村鶴蔵」(初代)です。


☆晴れ、寒い。

スーパーで食品、日用品、酒などの買い貯めが始まっています。

消費税増税のせいですが、まさに「苛政は虎よりも猛なり」。

隷米売国・自民党&朝鮮カルト・公明党の暴走です。

まずは、

◆http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2076.html
真実を探すブログ 2014/03/22 Sat.
2月の貿易赤字は過去最悪の8003億円!
 遂に20ヶ月連続で赤字更新!
 安倍政権になってから一度も貿易黒字にならず!



政府が2月の貿易統計を発表しましたが、それによると、
2月は8003億円の赤字だったとのことです。

8000億円を超える貿易赤字は、2月として記録された値では過去最悪となります。
また、2月で20ヶ月連続赤字更新というような記録も更新しました。

20ヶ月前と言えば、安倍政権が誕生する直前の時期なので、
安倍政権では一度も貿易黒字にならなかったと言えるでしょう。

あれだけ円安政策を推し進め、「貿易で稼ぐ」と言っていたのに、
ふたを開けてみれば、過去最悪の貿易赤字を毎月更新


安倍政権は最初の頃、「1年程度でアベノミクスの効果を実感できるでしょう」
というような事を何度も言っていたはずです。
何時になったら、貿易黒字になるのでしょうか?


東日本大震災や福島原発事故直後に色々と規制があったのにも関わらず、
ちゃんと貿易黒字を維持していた民主党政権の方が優秀だと私は思います。

そもそも、日本の企業は為替の影響を受けないように、工場を海外に移転してしまいました。
その結果、輸出は為替の影響を受けなくなってしまったのです


しかしながら、石油や鋼鉄などの輸入費は従来と同じように為替の影響を受けるため、
円安にすれば、輸入費用だけが跳ね上がります


安倍首相はこのような日本経済の現状を把握していなかったと考えられ、
日本の歴代総理の中でも最悪の経済政策を実行してしまいました。

今年に入ってから、日本株を買い支えていた海外投資家たちが
一斉に資金を引き上げています。
有名どころではユダヤ人大投資家の「ジョージ・ソロス」も、
昨年末に「日本は危ないかもしれない」と言い、日本から資金を下げました。

株は一度崩れだすと、後はあっという間です。

株の下落と共に、アベノミクスも一気に終焉を迎えることになるでしょう。

そして、その時はそんなに遠くないと私は予想しています。


以下ご参照!



◆http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2081.html
真実を探すブログ 2014/03/22 Sat.
ロシア、ウクライナに天然ガス代1兆6千億円超請求へ!
 ウクライナは過去に料金不払い・無断抜き取りなども!
 ロシア軍は2万の兵力を国境沿いに集結中!



ロシアがウクライナに対して、今まで滞納していたガス料金などを含め、
合計で約1兆 6360億円を請求する方針を決めました。

ウクライナは今までロシアからお友達価格でガスを供給されていましたが、
今年に発生したクーデターでそれが消滅。
その結果、1兆6360億円という莫大な金額をロシアに請求されてしまったのです。

しかも、過去には「ロシアのパイプラインから無断でガスを盗む」
というような事をウクライナはしていたので、それに対する怒りもあると推測されます。

ウクライナの経済が維持されていたのもロシアから安いガスを買えたからで、
それが無くなったら、ウクライナは一気に景気が悪化することになるでしょう。

また、アメリカの発表によると、2万を超えるロシアの部隊が
ウクライナとの国境沿いに集結しているとの事です。

ウクライナではロシアよりの発言などをすると、暴行を受けたり、
酷いときには職業を奪われます。
実際に国営放送局の会長は「プーチン大統領の演説を放送した」という理由で、
辞表届けを書かせられました。

ロシア側はこのようなウクライナの弾圧行為に危機感を持っており、
状況が悪化するようならば、本格的な全面戦争に踏み切る可能性も十分にあり得ます。


以下ご参照!



國芳、二枚目、



「心謎解色糸(こころのなぞ とけたいろいと)」より、
「於房」三代目岩井粂三郎、「綱五郎」八代目市川團十郎 です。



プーチン大明神w

◆http://rockway.blog.shinobi.jp/
ROCKWAY EXPRESS
プーチンは神への敬神で新世界秩序勢力に対抗


◆3月20日

このブログでは「新世界秩序(NWO)」について言及したことが最近多くなっていたが、
やはりその点を指摘する人物が以下のように、
まさにこのブログで指摘してきたような内容を総括したような記事を書いている。

ここで重要なことは、このブログでも指摘したことだが、
この新世界秩序勢力の背景はオカルト勢力であり、
この記事の著者はそれをサタニズム(悪魔崇拝・悪魔主義)と呼んでいるのは正しい

ということだ。子供だましの話ではない。

ヒトラーの話は象徴的である。彼の背後がそのようなオカルト勢力であったし、
彼のカリスマ性はそのオカルト勢力によるものである。

さて人間は神とサタンの間で、両者が取り合っている戦場のような存在だ、
とロシアの文豪ドストエフスキーが語ったことがあった。

誰でも根っからのサタニストでもないし、勿論聖人でもなく、
その狭間を日夜揺れている存在であるから、
サタニストとして終わるのか 
神への信仰(これは良心を大切にする、ということで置き換えられる)に立ち返るかは、
最後まで決まってはいない。

しかし、現在のところ世界で際立ってこの新世界秩序勢力に真っ向から対抗している存在は、
ロシアのプーチン大統領であることは間違いない

彼に続く多くの人々がいることも確かだ。だから、

新世界秩序勢力側は彼らのもくろみが成功するかしないかの瀬戸際に来ている
ことを知っているはずだ。
それは世界の多くの人々が彼らの存在に気づき始めているからである。
彼らの悪巧みが白日の下に晒され出しているからだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

プーチンは神への敬神で新世界秩序勢力に対抗
http://www.presstv.ir/detail/2014/03/19/355259/putin-puts-fear-of-god-in-nwo/
【3月20日 PressTV】

クリミアの独立に際し、ヒラリー・クリントンは
ロシアのプーチン大統領は「新ヒトラー」だと言った。
ズビグニュー・ブレジンスキーは、新しいヒトラーと言うだけでなく、
ごろつき、厄介者、マフィア、ギャングそしてムッソリーニとまで言った。
欧米の主流メディアはこの子供じみた呼び名に呼応している。

何故、欧米の外交政策の推進者たちはプーチンをこれほどまでに恐れるのであろうか?

それは、プーチンが欧米の侵略に立ちはだかっているからである-
ウクライナだけではなく、シリアとイランでも


これらの国々やその他の国々を不安定化させようとする欧米の試みは、
何十年に渡っている長期の侵略の最近の例に過ぎない:

伝統的国家と価値の全面的な破壊、そして新世界秩序勢力による世界独裁支配体制の構築である。


1953年のCIA-MI6のイランでのクーデター以来、欧米は
正当な ただし非協力的指導者らを転覆する同じやり方を使用してきた:

まず最初に、国家経済を破壊する。
それから、腐敗した軍将校らとごろつきどもを買収し、大通りで混乱を作り出す。
その次に、(これは選択肢)狙撃手を雇って群衆に発砲させる-
そして爆弾などをセットする。最後に、
腐敗した部隊とギャングたちを送り標的になっている国の指導者らを倒し、
支持者らを殺害したり投獄し、欧米の傀儡を指導者に立て、「秩序は復旧した」と宣言する。

(中略)

プーチンは新世界秩序の創造的破壊をシリアとウクライナで阻止している

彼はNWOに抵抗する増大する同盟の一人である-
単なる宗教的伝統主義者ではなく、南米で反帝国主義に触発されたウゴ・チャベスを含む、
積極的な反グローバリズム主義者である。

我々は、正義とか礼儀などの神聖な価値観を共にする者たちVS
これら一切の価値を破壊せんとする者たち、との間の壮大な戦いに直面している。

新世界秩序勢力に神への敬神で対抗しているプーチン大統領に神の祝福があるように!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



当ブログ、弥生雪中 2013-03-01 に既報ですが、

◆http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1323745913
Yahoo知恵袋
Q:キリスト教に関する質問です。
  カトリックとロシア正教の教義の大きな違いは何ですか?

A:

一番の違いは、三位一体の考え方です。

正教会の場合、

父 = 神

子 = 人間

聖霊 = 人を導く存在

三位一体 = キリスト

とされます。


一方カトリックの場合

父 = 父なる神(真の神)

子 = 子なる神(キリスト)

聖霊 = 聖霊なる神(?)

三位一体 = 上記の神は一体である

とします。

そのため、正教会では、「聖霊は父よりいでて」となりますが、
カトリックでは、「聖霊は父と子よりいでて」となります。

ローマで、キリストを神としてしまったために、
つじつまを合わせる必要に攻められてのことと思われます。



佛教徒には理解不能なw「三位一体」です。

正教会の教義が正統であるように思えるのだがねぇ。

「人間」が出てくる。




國芳、三枚目、



「竹沢藤次 独楽コマの化物」

竹沢藤次:
二代目竹沢藤次は、近世後期におけるスター級の見世物芸人の一人で、
その持ち芸は曲独楽である。派手な演出で人気を呼んだ。
とくに両国興行では、さまざまな仕掛け道具、からくりを用いて大当たりとなり、
名声を確立することとなった。



イスラエル在住の邦人らしい、

◆http://blog.goo.ne.jp/narmuqym/e/ef793b6ffe516db94b8a71c9fb66f6b9
イスラエル・ハイテクベンチャーCEO兼CSの
脱&非日本仲間日記  2014年03月15日
大小メディアによるSTAP細胞に対する劇場型バッシングの問題点(1A)」


より抜粋、

昨日3月14日午後、理研理事長・野依良治という貧相なるジジイは記者会見にて、
「理研の研究者の論文が信頼性を揺るがしかねない事態を引き起こしたことに対しおわびする」
などと バッシング・メディアに平伏し、
「論文作成過程で重大な過誤があった」とか「未熟者が」を連発して
小保方晴子氏を誹謗中傷し、
小保方氏始め論文執筆者らの「私達にも言わせろ」という要求を拒否し、
「はなはだ遺憾」などと自分自身の保身に走るという見苦しい芝居を演じた。

野依良治・ノーベル化学賞(2001年)よ、お前はクビだ。辞表を出せ。

「出る杭は打たれる」どころか、「出る杭は抜かれて破壊されるという、
昔からのこの日本の愚劣なイジメの社会構造は全く変わっていないことの証明
であった


革新的なアイディアやコンセプトは、この国では育たぬ。 ケチをつける輩の巣窟である

研究本体の本質は連中の理解を遥かに超えるから手を付ける事は出来ないが、
瑣末などうでもいいことを探し出して潰そうとする
その典型対象が小保方氏のSTAP細胞研究であった。

従来メディアに加えて、インターネットによる無能な者どもらのゴミ&クズ・ブログの類が
劇場型バッシングを行った。
(「小保方晴子のSTAP細胞論文の疑惑」(http://stapcells.blogspot.jp/))


反論は反証データーに基づく論文をもって行うべし

要するに反論はデーターによって行えということだ。この当たり前のことが壊れた

感情的に気に入らぬ相手の研究をインターネット劇場型バッシングで潰す事が出来るようになった。

悪意のあるヤツは何でもやる。この貧相下劣な国に将来は無い。


小保方氏よ、断じて論文は取り下げるな、

理研なんぞ辞めてしまえ、そして日本を捨てろ


米国へ行くか、イスラエルへ来い。

三顧の礼で迎えてくれる研究機関や大学は幾らでもある。

STAP細胞に磨きをかけて、知財を確立し、日本という体制を破壊してやれ。

そして劇場型バッシングを行ったヤツラを潰してやれ



日本を見限りイスラエルで起業した者達と
当地イスラエルのハイテクベンチャー仲間達が
合成ベクトル=ゼロの様々な切り口の本ブログ
(全員多忙に付き休眠に等しいが)では、以下の点を順次論考する。


(1)小保方晴子氏の『やった』ことは瑣末でどうでもいいこと。
   根幹の重要な部分を見よ!

(2)STAP細胞を否定したいだけのブログ
   「kahoの日記: STAP細胞の非実在について(全5編)」の非論理性。

(3)愚劣メディアによる劇場型バッシングが科学・技術の発展を阻害する。

(4)発見・発明の最重要の根幹コンセプトのパクリが
   あらゆる分野に蔓延し常態化していることこそが問題である。


本稿では、
「(1)小保方晴子氏の『やった』ことは瑣末でどうでもいいこと。根幹の重要な部分を見よ!」
を取り上げる。


1.小保方晴子氏のSTAP細胞の発案は画期的

要点は、

 ①細胞外刺激により体細胞を迅速に多能性細胞へ初期化する方法を開発、

 ②核移植も遺伝子導入も不要な多能性の獲得という新しいメカニズムを発見、

 ③初期化された多能性細胞はすべての生体組織と胎盤組織に分化できる、というものである。

やや詳しく要約すれば、
理研の稚拙な文章(http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140130_1/)を
大幅に修正すると次の通りである。

言うまでも無く、哺乳類の受精・分裂・発生・分化過程においては、
着床直前の受精胚の中にある未分化な細胞は、
体を構成する各種各様のすべての細胞に分化する能力(多能性)を有し、
前記の分化過程では、未知な事柄が多い「神の指」とでも形容するしかない巧妙な仕組みにより、
受精卵細胞は分裂成長を続け、徐々に固有の細胞群へと特徴付けられ分化し更に成長し、
固有部分の筋肉細胞は固有部分の筋肉細胞、
赤血球細胞は赤血球細胞、肝臓細胞は肝臓細胞、脳細胞は脳細胞へと変容する。

そして、一旦分化すると夫々の細胞は自己形態以外の細胞へ変化することはなく、
比喩的に言えば、分化状態を生涯にわたり「記憶」し、細胞分裂の形態制御が行われる。

小保方氏らは、マウスのリンパ球などの体細胞を用いて、

 ①こうした体細胞の分化を司る制御メカニズムが、強い細胞ストレスによる解除の方法を開発した

 ②さらに、この解除により、体細胞は言わば「初期化」されて「多能性細胞」へと変化することを発見し、

 ③この多能性細胞は胎盤組織に分化する能力をも有し、
  ごく初期の受精胚に見られるような「全能性」に近い性質を持つ可能性が窺われた

  (この初期化現象は、山中らの遺伝子導入によるiPS細胞(人工多能性幹細胞)とは全く異なるもの)

小保方・若山ら研究グループは、この初期化現象を刺激惹起性多能性獲得(STAP)
初期化された細胞をSTAP細胞と名付けた



着想自体は画期的である


以下ご参照!



再検証には時間がかかるそうです、結論を急いではいけませんな。

コメント

雪の彼岸

2014-03-22 11:07:14 | Weblog
 画は 歌川 廣重 (安藤廣重)

 寛政9年(1797年)~安政5年(1858年)

 号は一立齋(いちりゅうさい)           作


  「東海道五十三次之内 日本橋 曙旅立の圖」です。


☆晴れたり曇ったり、気温上がらず。

道東などでは猛吹雪のなかでの墓参りですよ、いやはや。

まずは、

◆http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_20/269942884/
ロシアの声 2014 3月 22日
マレーシア航空機、誘拐目的でハイジャックの疑い強まる


消息を絶ったマレーシア航空機は
プロの集団によって諸国の政府をゆする目的で
ハイジャックされた恐れ
を指摘する声が上げられている


リアノーボスチ通信は20日、
ロシアの安全保障分野の匿名の専門家の発言を引用して伝えた。
この人物の見解ではゆすりをかける対象国にはロシアも入っているという。

3月8日、乗員乗客239名を乗せて行方を絶ったマレーシア航空機は
かなりの時間が経過しているにもかかわらず、
事故機の破片が見つかっていないことから、この専門家は、
事故にあったのではないとの見方を示している。

この人物は、この先、奥地など人の入りにくい場所で
機体の破片が見つからなかった場合、
航空機はハイジャックされた疑いが濃く、
その結果については全世界は後で知ることになると語っている。

byインターファックス通信


◆http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_19/269874751/
ロシアの声 2014 3月 22日
クリミアの検事総長  日本で美しすぎると話題に


▼http://cdn.ruvr.ru/2014/03/19/1501820141/9unnamed.jpg

日本のSNSで、クリミアの33歳の新検事総長
ナタリヤ・ポクロンスカヤ氏が話題となっている。
ネットでは、ポクロンスカヤ検事総長の似顔絵などが掲載されている。

ユーチューブの日本語版ページには、13日に開かれたポクロンスカヤ検事総長の
記者会見の動画が投稿され、約20万回再生され、
ポクロンスカヤ検事総長から「取調べを受けたい」、
「クリミアへ行きたい」などのコメントが寄せられている。 

日本のマスコミも新検事総長に注目し、ポクロンスカヤ氏は若くて美人だが、
すでに12年間捜査機関に勤務し、重犯罪の調査も行ってきたと報道した。  

ユーチューブや2ちゃんねるは、ポクロンスカヤ氏の美しさ、声、若さ
などを絶賛するコメントで溢れかえっている。

  byVOR

http://www.youtube.com/watch?v=4I3vCT9ss5E
3月6日に任命されたウクライナ・クリミア自治共和国の
新しい検事総長のナタリアさん­(33)です。
Natalia's new Attorney General of Ukraine,
the Autonomous Republic of Crimea (Age of 33)




廣重、二枚目、



「東都名所 佃島入船之圖」です。



闇の海を迷走中、船頭は無能な似非右翼、

◆http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/880.html
投稿者: ナルト大橋 日時: 2014 年 3 月 20 日 YeIY2bStqQR0.
米国ラジオ局:800人以上が福島原発から消える 殺された?
           作業中に死亡? 政府はヤクザとのビジネスを行う(EN)

より抜粋、

記事元:http://enenews.com/

KPFA in Japan: I’ve learned over 800 people have disappeared from Fukushima plant ―
“May have been killed or died during work” ―
“Gov’t actually in business with the Yakuza” (AUDIO)

日本でのKPFA(米国カルフォルニア州ラジオ局):
私は800人以上の人が福島原子力発電所から姿を消していると知った
「殺されたかもしれないし、作業中に死亡したかもしれない」-
「政府は実際にヤクザとのビジネスを行っている」(音声)


Steve Zeltzer, reporting from Japan:
One of the things I learned in Osaka from the president of
the day laborers is that many of the day laborers being brought into the plant,
they’re not being registered and they’re disappearing.
There were over 800 day laborers who have disappeared from contract by the union,
which means they may have been killed or died during work.

スティーブ・ツェルツァー、日本からの報告:
私は日雇い労働者の社長から大阪で学んだことの一つは、
原子力発電所に連れて行かれる日雇い労働者の多くは、登録されていない、
そして彼らは消えているということです。
(日雇い労働者の)組合によって契約から消えている800人以上の日雇い労働者がいました、
それは彼らが殺されたか、作業中に死亡した可能性を意味します。


Zeltzer:
The government now is in control of Tepco,
which runs Fukushima plant, and they’ve allowed the use contract workers,
through the Yakuza. So the government is actually in business with the Yakuza,
allowing the Yakuza to bring in these workers,
and we heard a report that many are not even being registered
when they go into the plant so they’re not entitled to health care
and also when they get sick and over-doses you can’t tell
because they haven’t been registered, these are the contract workers at the plant.
[…] These workers are basically being used as cannon fodder.
Some of them are not only day laborers but also immigrant workers
who are being used as well to clean up the plant.

ツェルツァー:
政府は現在、福島原子力発電所を稼働する東京電力の制御内にあり(コントロールされており)、
彼ら(政府)はヤクザを通じて、契約作業員を許可しました。
ですから、政府は実際にヤクザとビジネスを行っており、
ヤクザがこれらの作業員を連れてくることを許可している

そして我々は次の報告を聞いた、
彼らは原子力発電所に行くとき、多くの人は登録もされていない、
だから彼らはヘルスケアを受ける権利がないので、
彼らが病気あるいは過剰被曝量になっても、
彼らは原子力発電所の契約社員であり、登録されていないため、告げることはできません。
[...]これらの労働者は、基本的には砲弾の消耗品兵士として使われている。
彼らのうちの幾人かは日雇い労働者だけでなく、
原子力発電所のクリーンアップに慣れた移民労働者もいます。



◆http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52064422.html
「ジャーナリスト同盟」通信 2014年03月12日
◎本澤二郎の「日本の風景」(1563)


<核爆発の東芝3号機の隠ぺいと秘密主義>

事情通が下段に添付したアドレスを送信してくれた。

3・11の恐怖は、依然として列島を覆ったままだ。

2020年東京五輪利権に浮かれていられる状況にはない

事情通は、東芝3号機の正体を暴いている専門家の分析を、わざわざ送信してくれたのだ。

目隠しされている日本人の多くに警鐘を鳴らしている。


<5回爆発した東芝3号機>

東芝3号機の爆発について、筆者を含めて爆発音は3回と理解してきたのだが、
専門家は5回だと分析している。

1回目は3号機原子炉建屋4階北西部に「違法備蓄」されていた
MOX燃料(プルトニウム加工燃料)による核爆発音。

2度目は、この核爆発に誘引して起きた東電のいう水素爆発

3度目は原子力容器が砲身の役割を果たした長崎型と同じ核爆発

<東芝3号機はプルトニウム加工燃料が危険因子>

1号機、2号機は水素爆発。しかし、東芝製の3号機はそうではない。核爆発なのである。
外国の専門家の常識でもある。専門家は爆発音と吹き出した煙を重視したものであろう。

3号機の核爆発は、使用した核燃料にあると決めつける。
核兵器にもなるプルトニウム、その加工燃料(MOX燃料)による。
これが東芝3号機の「最大の危険因子」と分析している。

<東芝は沈黙、東電と政府は嘘宣伝>

これまで東芝は、3号機について何も語っていない。説明責任を果たしていない。
原発技術を知らない政府と東電に任せて、嘘の宣伝をさせている。

この深刻すぎる疑問を新聞テレビが追及しない。
それどころか国会で共産党でさえも追及していない?

確認していないが、この福島事件に対する追及は、
新聞もテレビも無力、議会も無能ぶりを露呈している。
東芝に対して誰ひとり追及していない。

筆者1人というのも情けない。
核爆発を起こしている事実を、国民に伝えない。世界に発信しない日本なのである。

<4300人の原発作業員が死んでいる?>

専門家は4300人以上の原発作業員が死んでいる、とも指摘している
当局と関係する企業・病院が隠ぺいに加担しているからであろう。

被曝作業員の死でもって、事実を隠ぺいしている。隠している。
国家・財閥の犯罪といっていい。

それに新聞テレビも加担して報道していない。
福島は秘密のベールに包んだ中で処理されている。

「もう収束した」と犯罪的言動を口にして蓋を懸けた野田前首相、
福島はコントロールされていると世界に対して嘘をついた
安倍首相の日本の前途は危うい限りだ。

<今も放射能雨が>

安倍は1度だけ厳重な防護服に身を包んで、現地を訪れた。野田はそうしなかった。
安倍や公明党の山口は宣伝のため、何度か東北を訪れているが、
決して福島の現地には行かない。

危険すぎるからだ。長崎型核爆発一つとっても、危険すぎるからだ。

専門家は今も放射能雨や雪に注意をと呼び掛けている。

賢い家庭では、子供の雪遊びを禁じているらしい。

<社会的責任吹聴の東芝は雲隠れ>

東芝は中国に行ってまでも「社会的責任を果たす東芝」と宣伝、
人民日報にまで書かせる悪辣な財閥である。
中国人の“人のよさ”を印象付けているが、果たして人のよさだけでは、
この厳しい世の中を渡ることは出来ない。

中国人の心を奪った東芝財閥にとって、1校300万円程度の希望小学校を
山間部に提供することなど簡単なことである。
危険すぎる高額な悪魔エネルギーを設置する価値などあろうはずがない。

<東芝病院での被曝作業員治療を明かせ>

東芝は必死で頭隠して尻隠さずの遊泳を続けている。社会的責任を果たしてはいない。
これほどの悪辣な三井傘下の巨大企業というのも珍しい。

人間の死など、彼らにとってどうでもいいことなのだ。
もしも否定するのであれば、これまでの3年間、
どれほどの無知な作業員を福島に送り込んで、それによる被曝作業員の治療を、
自身の東芝病院でどう治療したのか天下に、明らかにしてもらいたい。

<高額の東芝・除染装置は欠陥製品>

東芝ほど火事場泥棒という指摘が似合う財閥もなかろう。
東芝は福島に高額な除染装置を売り込んで、暴利を手にしている。
しかも、これは欠陥製品である。
東電はその実情を公表できないでいるという。装置の値段さえも。

日本は原発から出る使用済み核燃料に含まれるプルトニウムを、既に45トンも保有している。
プルトニウム保有大国
なのだ

財閥と国家主義者は、これを悪用して核保有の軍事大国化を目指している?
アジア・世界が警戒している。
東芝はその渦中にいると見られている。

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7577187.html
とある原発の溶融貫通(メルトスルー) 2014年03月09日
3号炉核爆発は5度爆発音を発した!  岩田清



廣重、三枚目、



「東海道五十三次之内 沼津 名物鰹節を製す」です。



彼女は大丈夫なのかねぇ? すっかり姿を消された、

◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_160.html
richardkoshimizu's blog 2014/03/21
STAP細胞騒ぎ

より抜粋、

確かに小保方さんにも脇の甘い部分があったと思うし、
周囲の人物が発表を急がせてしまったあたりに問題があったかもしれない。
だが、↓こんな書き込みを読むと….
裏社会の思惑が透けて見えてしまうのです。小保方叩き屋さん、ごめんなさい。

要は再現実験ができればいいのだけれど、
今の状況ではやりたくても落ち着いてできるわけがない。
できる環境も失われている


実現すれば人類の福音なのに、本筋でない部分での批判と妨害で
潰されそうですね

安倍偽総理の発案で着ることになったという割烹着まで批判の対象になっている。

再現できなければ、「ガセだった」ことにされるのでしょうね。
荒田先生の研究と同じ流れです。

いつ自殺するかわからない状況で、誰かが常に付き添いサポートし、
研究者仲間が食事を運んでいるという。

インチキ科学者ならば、周囲はそこまで気を使わないでしょう

それにしても叩き屋さんの皆さん、日ごろ見ないHNばかりですね。
小保方さんに同情したくなってしまいます。


コメント

*じわじわ拡散中 2014/03/21

 確か猿での検証実験では再現できたはずです。
 人間での再現性も時間をかければ検証可能かと思いますが。

*普通人間 2014/03/21

 小保方さんの心痛は察するに余り有ります。
 これは一つの「やり口」で、研究者がこの方向で研究することを封じられた、
 ということだと思います。
 他の研究機関でも同じ方向性の研究はタブー化されてしまうでしょう。

 植草さんのケースや古いですが、マルコポーロ事件に状況が似ていますね。
 この掲示板に集う方々はそのような世の実態をよく理解されていると思います。

*川口 2014/03/21

 新しい発見というものは時間をかけて育てていくものでは?

 論文をコピペしたとか揶揄する者もいるが過去の資料引用なんて当たり前です。

 荒田先生とは正反対な潰し方ですが
 ユダ金のやり方はワンパターンで笑えます。


*すず 2014/03/21

 この関連のニュースを始めて見た時、
 もしこの研究が真実ならば、マスコミが攻撃しないわけがないだろう、
 と思ってました。医療の利権を大きく変える革命的な内容ですから。
 今ひどく非難されている状況を知って、
 やはりこの研究は本当だったのだと、私は思いました。

 今叩かれている事自体が、小保方さんの研究が真実である
 という事を表しているのではないでしょうか。素人の私は素朴にそう思います。
 この方を守ってあげたいです。



冷却期間が必要ですな。

それにしても異様・異常なバッシングです、間違いなく「裏」があるね。



コメント