ギャラリー酔いどれ

売れない絵描きの世迷い言&作品紹介

皐月のすへⅡ

2012-05-31 11:04:15 | Weblog
 画は川瀬 巴水(かわせはすい)

 1883年(明治16年)~1957年(昭和32年)

 大正・昭和期の版画家、「昭和の広重」などと呼ばれる。   作


  「上州高津戸」です。


☆晴れ。

まずは、

◆http://www.j-cast.com/tv/2012/05/16132192.html
J-CASTテレビウォッチ 2012/5/16
いま一番怖い福島原発4号機―むき出し燃料プール崩壊なら首都壊滅


なにやら東京電力福島第一原発の事故原子炉はこのところ落ち着いているようなことになっているが、
実態は4号機の危険はむしろ高まっているのだという。
米国の著名な原子力技術者アーニー・ガンダーセン氏はこう警告しているのだ。

   「私は大変危険な状態にあると考えています。地震と津波、さらに隣の3号機の爆発で
   4号機建屋の外壁は吹き飛び、鉄筋が剥き出しになっています。
   日本政府と東京電力はこのことを正しく認識していない。
   放射能が飛散すれば、その範囲は首都圏まで及び、
   4000万人以上の人が避難しなければならない。人類史上、最悪の事態になる」


稼働原子炉の2・8倍の核燃料棒1500本


4号機の燃料プールに入っている使用済み燃料棒は1500本以上で、稼働原子炉で使用される2.8倍の量だ。
京都大学の小出裕章助教は「地震で燃料プールが破壊され燃料棒が剥き出しになれば、
広島型原爆の4000倍から5000倍の放射能が飛散する」
と言う。

これに対し、東京電力は4月26日(2012年)から、自社のホームページで
「4号機は補修工事が行われており、危険性はありません」と安全宣言をしている。しかし、
どんな補修がされたのかは詳しく触れておらず、
井上貴博アナは「プールの底が抜ければ燃料棒は溶融を起こし、メルトダウンが起きます」と伝えた。


高放射線で取り出しクレーン設置困難


なぜ4号機対策が手こずっているのか。燃料プールから燃料棒を取り出すことが容易ではないからだ。
小出助教はこう解説した。

   「燃料棒取り出しのためのクレーンが破壊され、新しいのと交換しなければなりませが、
   高放射線の中でこのクレーンをどうやって設置するかが問題です。また、燃料棒の取り出しは
   キャストと呼ばれる筒の中に燃料棒を入れるのですが、必ず水中でやらなければいけない。
   空気に触れると周囲の人間がバタバタと死ぬぐらいの放射線が出ます」

コメンテーターの片山善博(前総務相)は「政府は昨年、原子炉は冷温停止状態になったと
事故の収束宣言を出しました。東電がホームページでたった1行安全宣言を出したからといって、
責任を免れることはで来ません。国民にきちんと説明する義務がありますよ」

福島原発が再び地震・津波に襲われる怖さもあるが、
つくば市を襲ったような巨大竜巻が通過する可能性も考えなくてはならない。




巴水、二枚目、



「熊本城宇土櫓」です。



これが支那なのさ、

◆http://www.epochtimes.jp/jp/2012/05/html/d79650.html
チャンツィイー、失脚の薄熙来氏と援助交際か、海外メディア「出国禁止されている」

【大紀元日本5月30日】

国際的に有名な中国の女優、チャンツィイーが重慶市元トップの薄熙来氏と親密な関係にあった
と海外の華字ニュースサイト・博訊が29日に伝えた。各国メディアもこぞってこの話題を取り上げている。

報道は、現在取り調べを受けている大連実徳グループの徐明氏の供述として、2007~11年の間、
徐氏の仲介で2人は10回以上密会し、ベッドを共にし、
「薄氏は一晩で1千万元(約1億3千万円)をチャンに支払った」と伝えた。

チャンは現在当局からの調査を受け、出国禁止状態だという。


徐明氏は薄氏の息子の留学費用を肩代わりするなど薄氏一族を経済的にバックアップしたとして、
薄氏失脚後、当局に身柄を拘束された。

徐氏はさらに、チャンを「ほかの2人の政府高官」にも紹介し、
自身もチャンと親密な関係にあったと証言したという。博訊ネットの4月の報道によると、
徐氏はかつて薄氏に100人以上の女性を紹介し、中には「誰もが知っている有名人も含まれている」という。

シンガポールのニュースサイト・AsiaOneによると、チャンは過去10年間、
富豪や政界要人に性的サービスを提供し、合わせて7億元(約91億円)の報酬を受け取ったという。


チャンは先日閉幕した第65回カンヌ映画祭では、新作映画の撮影を理由に招聘を辞退したばかり。

一連の報道に関して、チャンは29日夜、自身のミニブログで「荒唐無稽」と真っ向から否定し、
デマを流布したとして、香港紙・蘋果日報に対して「法的手段も辞さない」とのコメントを発表した。
しかし、韓国やシンガポールなど各国メディアが報じているにも関わらず、
なぜ蘋果日報だけが名指しされたのか、そしてなぜこの話の出所である博訊ネットに触れなかったのか、
真偽はまだ闇の中。



◆http://melma.com/backnumber_45206_5573411/
宮崎正弘の国際ニュース・早読み(中国の消費鈍化が香港で顕著に) 発行日:5/31

中国バブルがはじけた何よりも証拠は香港で顕著になった
  有名ブランド品の売れ行きが激減、豪華不動産価格は30%台の値下がり

<略>

  ♪
(読者の声3)
中国の特許問題について投稿者と宮崎先生との示唆に富むやり取りを拝見し大変参考になりました。
中国人の特許に関して先生は「ダボハゼ型」としそれほど問題視されていないようですが
特許問題と無関係とは言えない最近の次のような報道をどのようにご覧になるかご意見をお聞きしたいと思います。

(報道1)2012.5.21米上院軍事委員会は米軍装備で100万個以上の大量の偽造電子部品が見つかり、
「ほとんどの供給源は中国だった」と結論づけた。これらの部品は日本へも流れている。

(報道2)2012.5.28付産経新聞上で環球時報の5.24記事を紹介する中で、
この人民日報系の同紙の解説を次のように引用しています。

今でも模倣やパクリが、事業を興そうとする中国人の第一の選択肢だ」

中国共産党の息のかかった環球時報の中国人の現状に対する危機感の現れとも見られ、
自国民にモノマモ脱却を指示していると考えられます。
新聞が問題を指摘するということは中国共産党指導部自身も問題の所在をよく認識しているということでしょうが、
モノマネ、パクリが中国人の国民性であり文化であるとすると果たして簡単に脱却できるものかどうか。

つい最近、在日中国大使館の1等書記官のスパイ疑惑の発覚と同時に当人は出国逃亡してしまいました。
何か身に覚えがあるからでしょう。
生産現場でモノマネされ、情報やノウハウがパクられ、国家機密が盗まれるのは被害に遇う方が悪いのか。
結局、アメリカ人も日本人も対中ビジネスにおいては
性悪説に基づき念には念をいれた厳しい態度で臨むほかないのでしょうか?
(ちゅん)。


(宮崎正弘のコメント)
創造は模倣から始まる、というのは真実です。
しかし模倣からの応用技術にだけしか、思考の範囲が及ばない人々には、それなりに限界があるのでは?

日本のサービス精神という民族固有の伝統的立ち居振る舞いを、性悪説の中国人が完全にマスターすることはできないように。
いま、ホテル、観光業などの中国人は必死で日本のサービスマナーを学んでいますが。。。。

それから中国では軍のハイテクには優秀な人材があつまっていて、民間のハイテクとの間には巨大な乖離が存在します。
しかし、その軍とてチームワークが取れないという「特質」があり、
神舟五号はまるっきりロシアの衛星技術、空母はウクライナ、いまから開発するステルス戦闘機は米国からの盗んだ技術。
ペンタゴンが大げさに予測するように、2020年までに開発できるというのは、大きな疑問符が付きます。



巴水、三枚目、



「日光東照宮」です。



さてはてw真偽不明なれども、

◆http://nueq.exblog.jp/18372107/
nueq lab 2012年 05月 31日
横田めぐみさんが極秘来日!


先日、横田めぐみさんが極秘裏に来日し、ご両親との再会を果たし、無事帰国されたようです。
来日経路は、済州島経由とも、大連経由とも云われています。

今回のめぐみさん来日には、飯山一郎氏の著書 「 横田めぐみさんと金正恩 」
が大きな役割りを果たしたものと思われます。 この本を三五館が飯山さんに無理矢理大急ぎで出版させ、
大キャンペーンを張ったのはCIAの広告宣伝プロパガンダ機関である某2大広告代理店であると、
「 動き始めた「 天皇の金塊 」」 に書きましたが、
今回の来日はその裏筋( 米系? )が筋書きを書いたとも考えられ、
最大の功労者である飯山さんにも何らかのメッセージが届けられたとも考えられます。

今回の来日に際して、横田めぐみさんを通して北朝鮮からの極めて重大なメッセージが送られてきたはずですが、
そのメッセージはまだ日本政府には届いていないようです。
またこのシナリオを組んだ北朝鮮~満州を巡るアメリカの強い意志も感じられます。
詳しくは下記の、関連エッセイをお読みください。


                         関連エッセイ


                       動き始めた「 天皇の金塊 」
                      http://nueq.exblog.jp/17775466/
                  壬辰の乱と門番である日系の胡錦濤と金正恩

                     金正恩の父親ってホントに金正日?
                      http://nueq.exblog.jp/17470129/
               母親はめぐみさんだが、父親はもっともっと高貴な血筋の方かも?

                        米朝ウラ同盟
                      http://nueq.exblog.jp/18039762/
               米朝の出来レース / 北鮮の核ミサイルは北京を向いている

                    人工衛星を自爆させた北朝鮮の意図
                      http://nueq.exblog.jp/18170965/
                     北朝鮮:人工衛星爆破の高等戦略

                    北朝鮮 人工衛星自爆の詳細( 続編 )
                      http://nueq.exblog.jp/18207964/
                   米朝同盟+日韓比越による対中包囲網のテスト

                        金正恩の奥様はAKB
                      http://nueq.exblog.jp/16755233/
                       金正恩の妻の写真が流出!

                        カダフィー・プーチン・金正日
                      http://nueq.exblog.jp/17405598/

               プーチンも本気!「シベリア鉄道北海道延伸」飯島勲私案
                      http://nueq.exblog.jp/17958234/




内外とも、流動化が加速しております。

日本はまず、ホモ豚&仙谷一派の始末からですよ。 売国奴どもに舵取りをさせてはならん!

国益を損ずるのみだし、危険極まる。  大飯再稼働などもっての外、亡国への一里塚だ。


コメント

皐月のすへ

2012-05-30 10:42:03 | Weblog
 画は川瀬 巴水(かわせはすい)

 1883年(明治16年)~1957年(昭和32年)

 大正・昭和期の版画家、「昭和の広重」などと呼ばれる。   作


  「吉野川 柳乃樹」です。


☆晴れ。

まずは、

◆http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/9af8e88a6b153591b43529d4108455fd
暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~ 2012年05月30日
『全員悪人』 ~国会事故調が次々と”極悪人”を参考人招致~


国会にてフクシマ原発事故の初動対応に対する参考人招致がおこなわれている。

案の定、大手糞メディアは元首相の菅直人をクローズアップして一斉に罵声を浴びせているが、
枝野幸男、海江田万里、東電・勝俣恒久、佐藤雄平ら全員が万死に値する”極悪人”である。

菅直人叩きの根底は、「”原発利権ムラ”に同調する人間を助け、ムラを売った人間をくじく」
という実にわかり易い構図である。

という訳で、菅直人に矛先が向きがちであるが、個人的に一番許せないのは”原発マフィア”たる佐藤雄平である。

この男は、自ら”意図的”にSPEEDIデータを握り潰し、同データを削除までしておきながら、
この期に及んで尚、「政府の避難指示に問題があった」としてスッカリ居直っているが、
その正体は”盟友”である”御用学者”山下俊一と共謀して、 福島県下にて
これまで類を見ない規模での「低線量被曝実験」をおこなっている”悪人中の悪人”である


これまでのエントリーで何度もコメントしてきた通り、
その ”悪行” ”蛮行” はもはや人間の所業ではなく、悪魔の所業である。

小沢一郎元代表が単なる収支報告書における期ズレ問題をあたかも闇献金があったかのように過大報道され、
今やすっかり「悪人」のレッテルが貼られているが、本当に罰せられるべきなのが誰なのかは言わずもがなであろう。


※参考「福島県が事故直後のSPEEDIデータを消去していたことが発覚 
    ~福島県民は即、これを告訴するべき~」


http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/8416f150039c823f7145b0edfca0c27c




売国ホモ豚と小沢一郎の田舎芝居が午前中あるのだとか?

小沢よキ印どもと決別せよ、泥塗れの民主党を捨てろ!

フクイチ収束、震災復興を第一義として、

「脱原発」、「反TPP参加」、「反消費税増税」の三点セットを掲げ、

「新党結成」して势力結集だ。  勝利疑いなしだ、国民はまちがいなく支持する。



巴水、二枚目、



「山王社雨後」です。



いささかハシゲを過大評価だと思うが、

◆http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/
たんぽぽ日記  2012年05月29日
悪魔の言い訳 菅直人 枝野幸男 上祐史浩 警察 マスコミ


NHKスペシャル「未解決事件 オウムVS警察」の録画を見た。
見ている端から本当に煮えくり返るほど腹が立つ番組だった。

はっきり言う、国家とマスコミがオウムの犯罪を許した。

オウムは武器 毒ガス兵器、そして覚せい剤や麻薬を製造していた。
これらの物資製造に必要な原料をオウムは仕入れていた。

警察はオウムがサリンの原料を仕入れていることを突き止めていた。

だが、松本サリン事件では、
良心的な最初の通報者河野氏が逮捕されてしまう。

つまりオウムの犯罪を通報した人間が容疑者として逮捕され、
その名がマスコミによって全国に広められるのだ。

オウムの犯罪を告発した罪として。

オウムの力は、国家の中枢にまで達していた。

その証拠にオウムに対する強制捜査の情報が、
ことごとくオウム側に漏れてしまう。

オウムは国家権力の中枢に情報網を持っていた

ネットをご覧の皆さんにはすでにお分かりだろう。

国家権力の中枢にまでもぐりこんだ宗教団体
その名を。
オウムはその下部組織だと言われてきた。


橋下徹が公明党と組むそうだ。日本の終わりが近づいている。
そして、麻原彰晃が解き放たれる時が―

番組内で上祐が言い訳していた。
似たような口調の言い訳をここ数日耳にしている。

枝野幸男、菅直人らの証言だ。

今日は書かないが、いずれこの二人の記事は必ず書く。

その言い訳の矛盾点を必ず明らかにする。

だが、この二人の犯罪は後回しだ。


橋下と学会による日本の破壊に焦点を絞ることが先決だ。

これから来る、東日本大地震をはるかに上回る日本の破壊活動を、
私たちはオウムの犯罪を見過ごしたときのように、
ただ待ち受けているわけにはいかない。

これら日本を破壊する者共と、
私たちは戦わなければならない時がやってきた。

彼らは、日本人に対して戦争を仕掛けているのだから。

その日本を破壊する者どもにテレビ局が支配されているという事実を考えるとき、
世界の事実を知らない我が国民の行く末を思い、
今日も私は力足りないかもしれないが、こうして記事を書かざる得ないー


知らないから騙されてしまう、なぜ支配者は国民を殺すのか、
宗教と哲学が人間の死を望んでいるからである。

その世界最大の謎の答えが、
誰もが最も知りたいはずの謎の答えが、
このブログの中に書かれているのにー

けれど、破滅迫る日本人の目と耳は、
テレビ局から流れる橋下徹や芸能界情報、
すなわち在日韓国人のスターたちが数多出演する、
朝鮮民族に支配されたテレビ番組が欠かせない
のだ。

もうすぐ、この何も知らない民族を、
テレビに出ている人々の仲間たちが支配してくれることだろう。


金福子と丸菅グループが唄う、「あの菅を鳴らしたのは、わたし」の世界が。



それはない、 奴らにそれほどの力はない。

「米帝」の分断統治の尖兵なのだが、役割終了のようだしねぇ。

追:2:00PM を御覧くださいw

日本人はお人好しだが、バカではない、極めて賢明な選択ができる民族ですよ。

すでにバレバレだw  吉本も長くはなかろうさ、やりすぎたのだよ。



巴水、三枚目、



「鎌倉大佛」です。


お見通しなのさ、

◆http://quasimoto.exblog.jp/18080121/
Kazumoto Iguchi's blog  2012年 05月 29日
「スパイ天国ジャパン」:「売国奴&スパイ養成学校」松下政経塾は廃業すべし!


みなさん、こんにちは。

いやー、あまりにいろいろなことが起きすぎて、ETの手も借りたいほどである。

今度は、ホモ養成塾の噂の高い、松下政経塾(日本版イルミナティー養成学校)
中国人スパイが混入していたという驚きのニュースである。
さもありなん。なぜなら、そもそも前原誠司や野田佳彦に見るように、ここは在日エリートを養成し、
日本を潰すための超反日学校であったことがすでに証明されてしまったからである。
一言で言えば、「売国奴&スパイ養成学校」だったのである。


☆http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120529-OYT1T00791.htm?from=top
◎「彼がスパイ…」驚き戸惑う松下政経塾同期ら


松下政経塾は、最初の松下幸之助の時代とは異なり、いまでは、
中国や韓国のために日本を処理するというのが目的の「売国奴養成学校」と成り果てているのである。

だからスパイとトモダチだったということは、その日本の関係者もまた一種のスパイだった
ということになるだろう。アラブ社会なら拷問だろうし、かのジョージ・ブッシュなら、
グアンタナモ収容所おくりして、水攻め、火攻め、むち攻めの拷問地獄であるはずである。

平和ボケの脳天気国家日本だから、「彼がスパイだったとは?」 
などと悠長なことを言っていられるわけである。

やはり日本は「スパイ天国ジャパン」だというのは真実だったんですナ。


おまけ:

☆http://sankei.jp.msn.com/world/news/120529/chn12052914450004-n1.htm
MSN Japan産経ニュース 2012.5.29
記者、留学 … 対日工作員、日本の先端技術獲得も

【北京】中国共産党、政府、人民解放軍はそれぞれ独自の情報機関を抱えており、外国に工作員を送っている。

元シドニー駐在の中国の外交官で2005年にオーストラリアに亡命した陳用林氏の証言によれば、
工作員たちは外交官やメディアの記者、国有企業の社員、または留学生などの形で海外に送られる。

共産党内の工作機関は、外交担当の中央連絡部と、台湾、香港及び世界中の華僑団体を担当する統一戦線部が中心。
政府の情報機関としては国家安全省がある。
そして今回、中国大使館の書記官が関係しているとされる解放軍の総参謀部2部は、
戦争時代の軍事情報部が前身で、中国の情報機関の中で最も力を持っているとされる。

日中関係筋によれば、中国の工作員の主な来日目的は4つ。

(1)日本の先端産業技術の獲得
(2)中国の政治、外交、軍事情報の収集
(3)対台湾工作の拠点の構築
(4)民主化活動家、チベット、ウイグル独立派に関する情報収集などだ。


このほか、日本の政財界で広く人脈を築き、日中間にトラブルなどが発生するとき、
日本の要人に対し中国に有利なロビー活動を展開することも工作員の仕事の一つ。
今年5月に東京で世界ウイグル人会議が開かれたが、中国当局はウイグル人の主張が日本で影響拡大を警戒し、
日本政治家、外務省関係者に対し働きかけ、ウイグル人代表の日本入国ビザを出さないようになど、
さまざまな妨害工作を行ったとされる。

また、プロの工作員のほか、情報機関に定期的に情報を提供する多くの周辺者もいる。
今回、警視庁に出頭が求められた書記官は、大学の研究員時代の自身の外国人登録証で口座を開き、
民間企業の役員名簿に実名を掲載するなど、わきが甘いがところがあり、
工作員よりもその周辺者の可能性がある。


いっちゃ悪いが、こういう工作員はネットもコントロールし、
武器を持ち、殺人にも絡んでいる。
もうすでに何万人かはそういう連中の手で「自殺」や「事故」の見かけで殺されたという噂がある。
地方や都市部の高額所得者の老夫婦の殺害事件などがその典型である。
外人が犯人だから足がつかない。だれも顔も知らないのである。
その手引きを日本の犯罪組織や宗教カルト組織が行う。そしてピンハネする。
その意味では金のあるひとほど、財産のある人ほど狙われ易い。
はたして、警察当局はこういうことを知っているのか? 
知っているだろうが、結局は裏でつながっているはずだから、捜査は手ぬるくなるわけである。

まあ、いずれにせよ、アジア人は100%全滅させられるそうだから、我々はその時を静かに待つ他はない。
あるいは、放射能を食って行き伸びることができるグレイエイリアン化する他はない。
いわゆる「タイムライン1」というものである。


☆http://quasimoto.exblog.jp/14531060
Kazumoto Iguchi's blog 2011年 04月 01日
「2012年にタイムラインの大変化があり得る」:ダン・ブリッシュ博士の未来予測


◆http://www.nikaidou.com/archives/25416
二階堂ドットコム 2012-5-29
中国スパイ/李春光、松下政経塾同期


うちの情報統括官がすぐできる範囲で調べたところによると以下の通り。
関係性などについては不明ながら、「点」を集める作業は続行。
公安も「みてるだけ」じゃダメだろう。こんなの、表に出して国民に危機感情を持たせないとダメだ。
公安の存在意義はまさに「日本国の安全を守る」ためにあるのだからな。



1,第20期が同期。政治家は、みんなの党 畠中光成(衆議院新人兵庫7区)、
  民主党 森岡洋一郎(衆議院現職埼玉13区)

2,かすっているであろう第19期は、民主党 城井崇
 (衆議院現職福岡10区、文部科学大臣政務官、前原誠司の元秘書で松井孝治の元選対スタッフ)

3,第18期に、産経新聞の記者で矢板昭夫っていうのがいます。
  2007年から中国総局(北京)特派員。残留孤児2世。
  あと同じ18期に民主党広島市議会議員の森本真治がいます。柳田稔に近い様子。



*李春光が須賀川市日中友好協会に着任していた時代、市長は相楽新平前市長だった。
 荒井広幸がその須賀川市に住居を置いている。

*2011年には相楽市長が団長として、須賀川市日中友好協会一行を率いて、中国大使館を訪れ、
 当時の韓志強臨時代理大使と会っている。ここに駆け付けたのが、
 民主党参議院議員金子恵美『バックは立正佼成会、父は元衆議院議員金子徳之介(自民党→新生党→新進党)』。

*相楽市長は、中国だけでなく韓国にも手を伸ばし、2007年には、韓国人向けのリゾート施設を誘致すべく、
 京郷新聞社系列の会社に打診。その後どうなったかは不明。


2008年の日本エネルギー学会大会にて、中国大使館の職員の肩書で、
「中国のエネルギー事情と社会環境策」を論文発表してます。

他にも、三鷹ネットワーク大学というNPOで日中コンテンツビジネス講座で、4年前に講師の一人として、
「中国国家動漫基地並びに中国市場動向と2010年以降の中国経済展望」を講義してます。

主催は日中コンテンツ産業研究会、亜細亜大学、アジア・国際経営戦略学会。
日中コンテンツビジネス研究会は今はACBA(アジアコンテンツビジネス研究会)と名前を変えています。




ずーっと泳がせておいて、この時期摘発した、というのは何か裏があるのでしょう。

支那外交官は平均5年の任期で、そろそろ その時期だったようだし。

朝の支那のニュースで海自の護衛艦二隻のフリッピン訪問を騒いでおったねぇw

そうとうピリピリしておる、やましいのだろうさ。

米帝&特亜、そろって落ち目の三度笠だ、旧態依然たる視座を大きく変えることですよ、

それが国益にかのう道です。



追:11:30AM

関連情報です、

◆http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-641.html
陽光堂主人の読書日記 2012-05-30
◎野田政権を揺るがす中国書記官スパイ事件

ご参照あれ。

最終部分、

こう見ると、今回の警視庁による出頭命令は、
野田政権と谷垣総裁にとって歓迎すべからざる出来事であることが判ります。
町村ら自民党老害政治家たちが仕組んだと考えられますが、警視庁が野党の要求だけで動くとは思えません。
国民新党を追い出された亀井静香氏は元警視正ですから、彼が裏で動いた可能性は充分にあります。



とあり。

さてはてw





追:2:00PM

ど腐れ鮮人どもが、

◆http://quasimoto.exblog.jp/18085652/
Kazumoto Iguchi's blog  2012年 05月 30日
サムスンの誤った挑戦 :「アップルを潰せ!」

みなさん、こんにちは。

最近まで、つまり、韓国メーカーのサムスンがある程度世界的に知られるようになるまで、
サムスンは新しい日本の企業だと思われていたという。
今でも大方の普通の米人に聞けば、サムスンって日本のソニーの子会社じゃなかったのか?
というような反応を得るらしい。そうやって、
普通の人の ”まぬけな” 人の良さを利用して、 そういうところを意識的に突いて、
「成り済まして」ここまで成長したというのが真実である。

今回、その手口をちょっと証明するようなものがあったので、
ここにも、どうでもいいことだが、一応メモしておこう。こういう手口である。

☆http://japan.cnet.com/news/service/35017573/
◎グーグル、新版「Chromebook」とデスクトップの「Chromebox」を発表

Googleとサムスンが、最新「Chrome」OSを搭載する新しい「Chromebook」と、
「Chromebox」と名付けられた興味深いデスクトップを発表した。

<略>


いやー、これはいかんだろう。これはマック製品のほとんどコピーである。

スティーヴ・ジョブズが死んだら、もう敵はいない。
どんどん真似して いずれアップルを負かしてやれ、という精神のようですな。

相手が強ければ、慇懃に下手に出て教えてもらうが、
ある程度盗んで自力を付ければ、その恩を忘れて横柄に出る。


まさに、韓国古典ドラマの典型の「両班(ヤンバン/リャンバン)」の姿にダブる。
今現在も韓国朝鮮人や在日朝鮮人に見ることのできる、「朝鮮人の特有のメンタリティー」である。

西洋人にも、そういったスーパードライな風習や感性もあるが、一応クリスチャンの国々、
相手のご恩や親切は忘れないし、優先権や名誉を重んじる。
だから、人まねは禁止事項であり、もっとも恥ずべき行為ということになっている。
ましてや「成り済まし」は極悪の犯罪行為ということになる。

ところが、朝鮮ドラマ「トンイ」や「チャングムの誓い」などを見れば一目瞭然。
「成り済まし」、「覆面」、「待ち伏せ」、「不意打ち」、「闇討ち」、「寝込みを襲う」などは
すばらしい戦法のように描かれる。
ましてや、「勝てば官軍」、「卑怯な手口も気がつかない方が悪い」という感性や文化である。

ここには、どんな行為にも天からお天道様やお月様や神様がみているぞという精神はみじんもない。
正直、日本の若者が韓国時代劇を見て育ったら、全員が将来犯罪者になるだろう。

サムソンに代表される韓国企業も日本国内の在日企業も、
そしてそういう同じ朝鮮系の血筋を引く民主党の執行部幹部も、
基本的にはそれと同じ手法や手口で今も生きていると見た方がいいだろう。

たとえば、岡田克也の企業AEONでは、昨年の大震災以後、葬儀屋の全国チェーンを開いたという。

☆http://satehate.exblog.jp/18002727/
さてはてメモ帳 2012年5月22日火曜日
◎郡山市 「 突然死 」 続出 ・・ ぬまゆ + 島田・北九州 + 紫の罠


すべて、日本人が自殺や突然死することを見越してのビジネスである。
「ぬれ手に粟」の手法というやつですナ。
彼らの感覚では、「儲かると分かっているのにしないやつは間抜けだ」という感じだろう。
「生活保護を貰えるのに貰わないのは間抜けだ」という吉本興業の精神ともつながる。


また、吉本のロンブーのアツシが、いつも「ブラックメール」で
「(女性に)成り済まし」て平気だったが、あれが朝鮮系の感性である。
我々にはそんなふざけた真似はできない。論外である。なぜなら立派な犯罪行為だからである。

どうやらここ数年朝鮮人を研究して分かったことは、
彼らの信じる普通の文化伝統に従うと、今の現在社会では、必ず、
アウトローや犯罪者ややくざになる
ように見える。
朝鮮人の伝統的考えは、現在の法律や社会規範をまったく無視してもいい
ということに自然になってしまうからである。これでは、世界のどこに行っても嫌がられるのは明らかである。

その昔、私がユタに留学していた頃、私の留学生仲間にパレスティナ人がいた。
彼が、当時のアラブ世界のことを教えてくれたのだが、中東に韓国人の出稼ぎラッシュが始まった時期である。
その頃、韓国人が出稼ぎに来た中東アラブの国々では、
「野良犬が1匹もいなくなったんだよ。韓国人が全部食っちゃったんだよ」といって、
ひどく驚いていたことがいま蘇る。アラブ人は犬は食わない。
だから、最初はどうして犬が見当たらないから不思議なようだったが、
そのうち朝鮮人が屠殺して食っているということが分かったらしい。

こういう場合にも、「食えるものがそこにいるのに、食わないのは間抜けなやつだな」
という感覚なのだろうが、相手にも相手の感覚というものがある。ここを朝鮮人は忘れてはならないのだ。

はっきり言って、欧米の白人の過激派は、東洋人など屁とも思っていない
叩き殺そうが、朝鮮人がみんなでよってたかって屠殺する犬のようなものでしかないのである。
だから、こういうことをされると、はっきりいって我々アジア人の迷惑なんだナ。
何とかして、今の朝鮮人のやり方では、いずれアジア人が惨滅される方向へしか進まないのだが、
どうもその辺が、今の朝鮮人には理解できないようである。

我々、かなり前から「陰謀暴露」を研究しているものからすると、
朝鮮人を使って、アジアを分裂支配するそして、時期がくれば、朝鮮人を理由にして
(つまり、朝鮮人問題を糸口やきっかけとして)
アジア人を絶滅させる計画がある
ということを問題にしているのである。


だから、朝鮮人はもっとおとなしくしていろ、
というのが、ここ10年の私の個人的観点なのである。まあ、俺が忠告しても無駄だろうがナ。

「馬鹿は死ななきゃ治らない」

世の中とはそういうものである。もちろん、私自身に対しても言える。だれにも言えることですナ。



外道そのもの、

◆http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120526-00000583-san-bus_all
産経新聞 5月26日(土)
新日鉄の怒り 極秘技術「方向性電磁鋼板」はなぜ流出したのか

付加価値の高い鋼材の生産技術が盗まれたとして、
新日本製鉄が韓国の鉄鋼大手、ポスコと同社日本法人、新日鉄元社員などを提訴した。
昭和40年代に開発し、門外不出としてきた技術だけに、新日鉄の怒りは強い。
ポスコに対し、1千億円の損害賠償などを求めている。
ポスコは争う構えだが、敗訴すれば高収益な同事業分野からの撤退は避けられない。
産業スパイの代償の大きさを知らしめる裁判となるか。

「やはりそうだったのか」

韓国内でポスコが起こした裁判での証言の一つから、ある新日鉄幹部は、
それまでのポスコへの疑念が、明確な不正だと確信。
昨年末、証拠保全手続きを申し立て、裁判所が元社員の保有していた“動かぬ証拠”を押さえた。

新日鉄は、「時効の懸念もあり、早期に提訴が必要」(幹部)と判断。
4月に不正競争防止法(営業秘密の不正取得行為)違反で、ポスコなどを東京地裁に提訴した。
日本企業が、不正な技術流出で外国企業を訴える事例としては最大規模だ。

訴訟対象の「方向性電磁鋼板」は、新日鉄の八幡と広畑の両製鉄所だけで製造されている。
工場勤務の長かった幹部でも、「生産工程は見たことがない」という秘中の秘の技術だ。

変圧器などに用いられる特殊な鋼板で、電圧変更時のロスなど従来製品の課題をことごとく解消。
鉄の結晶がきれいに整列する様子から、業界では「鉄の芸術品」とも呼ばれている。

もともとは米国の技術だったが、昭和43年に新日鉄の開発チームが
性能を飛躍的に高める製造技術を確立。以降、
同社は方向性磁性鋼板のトップメーカーとなり、多大な利益を得ている。

しかし、平成16年ごろからその地位を脅かすライバルが現れた。ポスコだ。
ポスコは以前から類似の鋼材を手がけていたが、「急激に品質がよくなった」(新日鉄幹部)。
価格も安く、次々に顧客をつかんでいった。
シェア約3割の新日鉄に対し、ポスコも2割程度と一気に差を縮めた。

一方で、業界内にはある噂が広がった。「新日鉄の技術がポスコに流出したのではないか」-。

新日鉄はポスコ側に真偽を問い合わせたが、独自技術と言い張るばかり。
「何十年もかけ、数百億円を投じてきた技術が、なぜこんなに早く追いつかれたのか」(宗岡正二社長)。
疑念は募っていった。

平成19年、ポスコが韓国で起こした裁判をきっかけに事態は急転した。
ポスコは、同社の元社員が方向性電磁鋼板の技術を中国の鉄鋼メーカーに売り渡したとして提訴。
しかし、裁判で元社員は「渡したのは(ポスコの技術でなく)新日鉄の技術」と証言した。

これを受け、新日鉄が調査を開始。同社元社員の証拠差し押さえを経て今回の提訴に至った。

事情を知る業界関係者は、「ポスコ側に情報を漏らしたのは1人ではなく、グループだ」と指摘する。
1990年代に新日鉄を退社した開発担当者を含む数人が関与したらしい。
新日鉄が提訴したのはグループのリーダー格とみられる。

新日鉄は、方向性電磁鋼板の製造方法は特許出願していない。秘中の秘の技術は表に出さず、隠すのが通例。
ただ、関連特許は数多く、元社員とは秘密保持契約を結んでいた。

元社員はどのように取り込まれたのか。ポスコに限らず、日本企業の退職者を積極的に雇用する外資は多い。
多額の報酬が提示されることもある。
「エージェントを通じて慎重に接触し、籠絡(ろうらく)する」(事情通)ケースもある。

技術を流した側と受け取った側の関係を立証するのは難しい。裁判は長期化が予想されるが、
新日鉄側は「明らかな形で情報が流出した証拠をつかんでいる」として勝訴に自信を見せる。

元社員はなぜ技術を漏らしたのか。「結局は金だろう」。新日鉄幹部らはそう吐き捨てる。

新日鉄が勝訴した場合、ポスコにとっては大打撃だ。
韓国や中国の鉄鋼メーカーの成長はめざましく、
今年10月に予定される新日鉄と住友金属工業の合併の契機ともなったが、
収益の柱は品質要求の低い建設向けが中心。
ポスコとしては企業ブランドを高める意味でも方向性電磁鋼板は欠かせない領域だ。
「この事業から撤退を余儀なくされれば、成長戦略に狂いが生じる」(業界関係者)。

中・韓メーカーは、最終的に日本メーカーの牙城である自動車向けの薄板分野に手を広げようしている。
特許侵害も辞さない強引な手法が目立つが、新日鉄が勝訴すれば、「彼らも態度を変えざるをえない」(同)。
日本メーカーの巻き返しにつながる可能性もある。



ポスコは新日鉄が一から育てた会社、まさに「恩を仇で返された」。

「特亜」の始末、関係の清算、 の時期に来ておるのですよ。

一連の動きが出てきておる、遅きに失したが悪いことではないわなぁ。
コメント

初かつをⅤ

2012-05-29 10:43:37 | Weblog
 画はヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)

 1632年~1675年

 17世紀にオランダで活躍した画家。       作


  「The_Girl_With_The_Pearl_Earring_(1665)」です。


☆曇り、ヒンヤリ、寒い。

さて、記事を肴に傑作をご覧あれ、

◆http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/272172027.html
心に青雲 2012年05月28日
フェルメールの絵の歴史的価値


ヨハネス・フェルメールは17世紀オランダの画家。日本でも人気のある画家であろう。
「フェルメール 光の王国展」が東京の“フェルメール・センター銀座”で開催されている。
 
その展覧会のポスターでフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を見かけた。
この絵は美しい。感動的である。
なぜ感動的かというと、少女の美しさもさることながら、その歴史性にある。
ヨーロッパ美術史のなかで、美術が宗教(キリスト教)から離れ始めたのは
ルネッサンスが第一弾とすると、フェルメールあたりが第二弾なのである。

これは人類史上で、画期的な出来事なのだ。そして印象派が決定的に宗教から離脱する。

むろん日本では、織田信長が一向宗を壊滅させてくれたおかげで、
仏教寺院が露骨に政治に介入してくることがなくなり、
美術品も宗教から堂々と離れていけたのである。
ヨーロッパで美術作品が、ほぼ完全に宗教支配から脱して、
自由に藝術として制作されるようになるのは、19世紀の印象派からであるから、
事、美術のいわば独立性は日本のほうがはるかに早い。

フェルメールのころは、まだ宗教に遠慮がちで、こっそり室内で絵を描いていた。
だからフェルメールの絵は室内のものが多く、一連の作品は「フェルメールの部屋」などと呼ばれる。
ところが、印象派は屋外に出て絵を描き、それを街中に並べて売ったりしたのだ。

ヨーロッパにおいては美術品は、もともとはキリスト教会に納めるものであった。
画家は愚昧な僧侶にああしろこうしろと指図されながら、
マリアの像だとか、地獄へ行くぞと脅すような絵を描かされていたのである。

それが周知のように、14~16世紀にイタリアを中心にしたルネッサンスで
やや宗教の呪縛から解放される。
美術・音楽が教会だけの顔を向けていたありようから脱して、貴族向けに創られるようになる。
宮廷画家が誕生するのがルネッサンスであった。

17世紀に当時最も裕福だったオランダで、ブルジョアジーが勃興し、貴族らも豊かになって、
美術に入れ揚げるようになり、さらに宗教画とは一線を画す商人的画家たちが登場する。
これはオランダの商人たちが裕福になったものだから、
貴族のまねをして、オレにも絵を描いてもらおうと願うようになったからである。

フェルメールもその一人であり、ほかにもレンブラント、ハルス、
ラ・トゥールら絢爛と咲き誇った時代がきた。
詳しくはWikipedia の「オランダ黄金時代の絵画」をお読みになると良いと思う。

ただし、17世紀オランダの絵画黄金時代は、ブルジョアジーや貴族の館の私邸に置かれるだけで、
当然、美術館なんかないし、おおっぴらに皆に見せるために飾るなんてことは、
教会に逆らうのかとなるので、出来なかった。

なにしろまだ教会の支配力が強く、逆らうことはできなかった。
教会は貴族や商人たちにカレンダーを配っては、○日はセックスはしてはいけない、×日は肉を食うな、
△日は懺悔に来いなどと示されていて、執拗に縛りあげていた。
違反が露呈すれば、呼びつけられて説教され、罰金(献金)させられる。

だから、先にも言ったように、フェルメールや「夜の画家」と言われたラ・トゥールなんかが
室内の絵が多くなる理由は、まだ教会が恐ろしかったからである。


Vermeer、二枚目、



「View of houses in Delf_ known as ‘The little street’」です。


それがなんと、19世紀後半にフランスで印象派が誕生するにいたって、
ほとんど教会のクビキから解放されて、野外の花とか、かわいい女の子なんかを堂々と描いて、
一般庶民にも売るようになる。

モネ、ドガ、マネ、セザンヌ、ミレー、ルノワール、ピサロらが印象派となる。
知られるように、印象派は同時にジャポニズムとも共鳴する。日本の浮世絵などに衝撃を受けるのだ。
宗教から完全に自由に描いている日本の美術に大きく影響を受け、かつ、
画家を縛っていた「絵画は写実」という観念を解き放ったのである。

だから、今日の私たちも、いわば底抜けの明るさを印象派の絵画に感じる。
印象派のグループには、変な絵を描くと言われた。また画家の意志だけで描こうとしたから、
スポンサーがつかなかった。だから彼らは食うに困って、野外で絵を描き、
街角で自作の絵を並べて庶民に買ってもらうという事態が起きた。
やがて志を同じくする画家が集まって、展覧会を開くことになる。

これはれっきとした教会への反逆であったのだ。
ルネッサンスに始まり、17世紀オランダ絵画を通過して、
画家たちは教会、貴族、ブルジョワに服従させられた環境から抜け出していき、
ついに印象派で自由になったのだ。
しかし、そんなことは日本ではとっくに室町時代になされていたのである。

ざっと絵画の歴史をルネッサンスから印象派までを辿ってみた。
さらに余談ながら、絵画の歴史には、技術の進歩もあった。例えば絵の具。
ルネッサンスや17世紀フェルメールの時代は、
画家は職人ふうで、助手がいて絵の具を創ったり混ぜたりする作業をしていた。
 
あるいは創った絵の具はブタの膀胱やヒツジの腸なんかに詰めていたのである。
とてもじゃないが、野外に出ていって、
景色を見ながら直接絵の具をキャンバスに塗るなんてことは難しかった。

それがやがてガラスのシリンジとか鉛のチューブが発明されて、持ち運びができるようになった。
それで絵の具を混ぜる助手が不要になり、画家は一人で活動するようになった。
それが19世紀のことだから、絵の具のチューブの便利さも印象派の登場に大きく関係したのだ。

つまり絵具の技術的改良も、宗教からの離脱を後押ししたというべきか。

こうした歴史について、(株)サクラクレパスのホームページに
「絵具チューブの歴史」が書かれているので、興味がある方は覗いてみられると良い。
http://www.craypas.com/target/senior/colum/0712.php




「日本では、織田信長が一向宗を壊滅させてくれたおかげで、
仏教寺院が露骨に政治に介入してくることがなくなり、
美術品も宗教から堂々と離れていけた」


これはおかしいねぇ。 一向宗(親鸞の末流)は武家権力からの支配を拒否し、

武門&宗教 共和制(加賀など)を志向はしたが、

美術の規制など はなから無い、「親鸞伝絵」は作ったが、キリスト教社会と混同しておるわなぁ。

すでに鳥獣戯画、「12世紀 ~13世紀(平安時代末期~鎌倉時代初期)」 から自由なのさ、規制など無い。

お江戸の錦絵は検閲あり、大量印刷物ですから、御政道批判は御法度になる。



Vermeer、三枚目、



「The-art-of-painting」です。



◆http://www.belta.jp/wordpress/?p=1461
Office Belta  2008/8/20 水曜日
フェルメールブルー ラピスラズリとウルトラマリン

フェルメールの絵を「色」から観てみました。

よく言われるように、大きな特徴は「ブルー」

「真珠の耳飾りの少女」別名、「青いターバンの少女」や、
「牛乳を注ぐ女」に代表されるように、とても美しいブルーが印象的です。

深い味わいこのブルーは、フェルメールの名を取って、
フェルメールブルーと言われています。

この美しい色の絵の具を作り出す原料は、ラピスラズリ(瑠璃)。
アフガニスタン由来の貴重な鉱物です。「天空の破片」と称されるほど。

ラピスラズリは、アフガニスタンから、
地中海を越えてヨーロッパにやってきます。

海(マリン)を越えて(ウルトラ)やってくるこの石を使って作られるので、
ウルトラマリンブルーと名付けられました。

17世紀当時、ラピスラズリは金よりも高価でしたから、
画家達は聖母マリアのマントなどの限られたものしか使いませんでした。

その絵の具を、フェルメールは遠慮無く使って絵を描くのです。
なんと、ドレスの下地にまで。当時としては常識はずれの使い方です。

自分の「美」を追求するあまり、のことなんでしょうね。

フェルメールが亡くなったとき、多額の借金があったそうですが、

うなづけますね。

でも、そのおかげで、今、
こんなに美しい絵を観ることができるんですものね。

<略>



西暦1665年といえば寛文5年、将軍は第4代・徳川家綱の時代ですねぇ、

「真珠の耳飾りの少女」は手前が最初に書いた人物画、

習作「青いターバンの少女」としてUPしております。

やや子供っぽくてギョロ目の少女になってしまいましたがw

ま、これで風景画ばかりではなく、なんとか人物画も、やってみるか、

というキッカケになった名作で、手前にとっても感慨深い作品です。

コメント

初かつをⅣ

2012-05-28 10:25:17 | Weblog
 画はフランツ・マルク Franz Marc

 1880年~1916年 20世紀初期のドイツの画家。

 動物を愛し、動物とひとつになろうとした画家。      作


  「The fate of the animals (動物の運命=死?)」です。


☆曇り、気温上がらず。

まずは、

◆http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/558.html
投稿者: 森林浴  日時: 2012 年 5 月 27 日 kZDJa8pqkKgK. 
森ゆうこ「検察の罠 小沢一郎抹殺計画の真相」の感想

検察審査会の疑惑について知りたかったので読んだが、前々からの疑問が氷解した感じである。

☆2回目の起訴議決をした検察審査会の開催日が特定された。
 計九回の審査会が開かれ、1回目が7月23日、8回目が9月14日(起訴議決)、
 9回目が10月4日(議決書作成、署名、掲示)

☆各審査会に参加した審査員(コードナンバー別による)の出席簿ができた。

以上から次のことがわかった。

9月14日の起訴議決は、急遽行われたため、議決書が用意されていなかった
(通常、議決書はあらかじめ用意されている)。
議決書に審査員が署名するため、もう一度開催する必要があり、それが10月4日であった。
ここで、問題が起こった。というのは、
起訴議決をした前回(9月14日)出席した審査員全員が署名する必要があったが、
そうするために不正が行われた。
審査員は11名で、そろわないと、出席している補充員の中からくじ引きで臨時審査員を選出する。
10月4日は審査員9名、補充員9名が出席したので、2人を選べばよいが、3人の臨時審査員が選ばれ、
しかも、その3人は9月14日に選出されたのと同じ3人であった。
検察審査会法25条では、補充員から臨時審査員を選出するのは、審査員が欠席した場合だけであるから、
2人の欠席に対し3人の臨時審査員の選出は違法な手続である。
しかも、前回選出と同じ3人が選ばれる確率は低いのに、そうなったことは不正な操作の疑いが強い
(六千万円いかさまソフト)。

議決書の用意がなかったのに無理な議決を9月14日にした理由は、いうまでもなく、
その日の民主党代表選にあわせたからである。


本には書いていなかったが、10月4日の審査会の審査員は、合計12名になったが、1人多く、
これもまた違法である。議決書には、その日の審査員1人(前回途中で帰った人)は署名していないはずである。

違法な手続により議決書が作成され、その無効な議決書に基づいて小沢氏は強制起訴されたのだから、
その起訴自体が無効
である。


それからもう一点。

検察審査会法上、審査会は起訴議決前に捜査を担当した検察官をよんで説明を受けなければならない。
今回の議決前にも、東京地検特捜部の斎藤隆博特捜副部長による説明があったとされていたが、
どうもそれは、起訴議決の後の審査会のない9月28日であったらしい。
9月14日以前に行われていないとすれば、これもまた違法である。
こんなことをしたのも、9月14日の民主党代表選にあわせて急いで議決をしたからである。

その斎藤特捜副部長が検察審査会へ出張した事実を確認するために、法務省刑事局をよんだが、
「本当は斎藤さん、行っていないんじゃないの? 後でアリバイ作りのために行ったってことはない?」
と聞いたとき、刑事課長は顔面蒼白になり、ブルブル震えていた、とある。
図星であったのであろう。


以下感想である。

状況証拠の積み重ねから推論しているが、概ね事実であろう。

小沢氏を強制起訴した検察審査会は、明らかに、民主党代表選にあわせて開催されており、
そのため無理なことをして違法な議決を行っている。

これを主導したのは、東京第五検察審査会の事務局であるが、事務局単独でそんなことをするはずはなく、
それを指示した機関があるはずで、それは、検察審査会を管理する最高裁事務総局である。
そして、最高裁に対しそんな工作ができるのは、特定の者しかいないであろう。
これに、法務省、検察が協力している。こういった図式がみえてくる。

それにしても仙谷はどうして最高裁に対しそんな影響力を持てたのだろうと疑問が生じるが、以前、
この阿修羅でも話題になった
最高裁の裁判官が退職後に起こした司法絡みの違法な行為をもみ消すのに協力したためか。
そうだとすると、これは、検察が裏金疑惑で小泉などの清和会に弱みを握られたことと同じ図式である。

司法(最高裁)が特定の政治家に操られていることになるが、これは、あってはならないことである。
事実を明らかにすべきである。とりあえず、国会の法務委員会秘密会による検察審査会疑惑の解明に期待する。



仙谷の裏におるのは「米帝」ですよ。

スッカリ、ネタバレなのさ。 茶番は止めて「世直し」をやらにゃ。

時間はもはやそんなに無いのだから。 フクイチ4号がとりわけヤバイ。



Franz Marc、二枚目、



「 Monkey Frieze」です。



◆http://quasimoto.exblog.jp/18065857/
Kazumoto Iguchi's blog 2012年 05月 27日
在日朝鮮人は民主党といっしょにどこか他国へ行って独立しろ! 俺はアフリカをお勧めするが。

より抜粋、

みなさん、こんにちは。

いやー、「在日」という連中がどうしてみんな良い体格して元気でいるのか、
そして芸能人やらタレントやらヤクザやらエッチ業界の俳優などをやって優雅に暮らしていられるのか、
といつも疑問に思っていたが、要するに戦後のどさくさでごね得して、
日本に吸着したヒルのような存在
だったということがわかった。

そんな状況を見事に分析してくれたものをここにもメモしておこう。以下のものである。

次長課長 河本を擁護する人・非難する人・片山さつきを脅迫する人
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1827.html

本文は長いのでそちらを読んでもらうことにして、その中の一部のみ引用してメモしておこう。


 現在の在日ちょうせん人の生活保護の実態

  ・在日朝鮮人、64万人中46万人が無職 つまり4分の3が無職。

  ・在日朝鮮人の生活保護は年間600万円支給される上にもちろん税金かからず+補助金まで支給。

  年計2兆3千億円が日本人ですらない在日朝鮮人の生活保護に使われている。

  ・しかも在日朝鮮人はこれだけじゃ足りないって民主党に交渉中。

  ・医療費は保険診療内なら全てタダ。病院の通院費まで支給。

  ・上下水道も基本料金はタダ。NHKは全額免除となっている。

  ・国民年金も全額免除。都営交通も無料乗車券がもらえるしJRの定期券まで割引になる。(中略)


http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-237.html
生活保護実態

日本人の平均年収の300万の2倍も貰えるとは驚き桃ノ木山椒の木ですナ。
我が家の年収よりも在日の生活保護の方ずっと多い。


もはや戦後のタブーは存在しない。もはや戦後は終わったのである。
これから新たなる戦争の時代に入るからである。
もうお遊びは終わったのである。 「鉄槌を下す」時である。


ちなみに、本家韓国朝鮮人はまったく在日と同じ気質なのだが、こういう意見だとか。


  本国の韓国の在日に対する発言

  「在日はどいつもこいつもクズ揃い。祖国が貧しい時に国を逃げ出して
   豊かな日本でぬくぬくしていた卑怯者。兵役逃れのパンチョッパリは同胞ではない」

   本国からも嫌われている在日ちょうせん人。
   田村やその他の在日芸人の発言は上のような屁理屈を言うのでだいたい在日の特定ができる。
   いわば日本の生活保護に群がり、朝鮮半島のゴミと思われる情けない人たち。
   また日本からの出戻りは「最底辺の人間」と位置づけられている。


(韓国の悲劇は、その「最底辺の人間」が大統領になったことだナ。何とかしろ、朝鮮人たちヨ。まあ、
 この話で、サッカー日本代表の李忠成がなぜ韓国代表になれなかったのか分かったヨ。一方、
 なぜ在日北朝鮮人のチョンテセが北朝鮮代表になれたのかも分かったヨ。
 北朝鮮と在日朝鮮人がつながっているということだナ。)

在日は民主党といっしょにどこか他国へ行って独立しろ! 俺はアフリカをお勧めするが。


おまけ:

  韓国、ツイッターで大統領侮辱 陸軍大尉を起訴
  http://www.topics.or.jp/worldNews/worldMain/2012/05/2012052701001813.html

どうみてもこの大尉の言い分は正しいのだろうが、やり方が朝鮮人的である。
日本のサムライのように、面と向って直接ご本人に言えば良い。
ここにも日本から本国へ帰国した朝鮮人蔑視の気持ちが垣間見える。
我々日本人は、日系人に対してこういう敵対心は決して持たない。
そういうあたりもかなり精神性が異なる民族なのである。
 


エベンキ族=鮮人、ですから。

まさに「寄生虫にして疫病神」、いつまでも気儘勝手のやりたい放題を許してはならぬ。

楽園状態から地獄の壱丁目へ、そのくらいなことをやらんと、へばり付いて離れぬわw

「在日米軍」とよく似ておるわなぁ。


対策として、まず糧道を絶つこと、毎度申し上げておるところ。

パチンコ禁止、脱税摘発の通常化(五箇条のご誓文廃止)、人材派遣業(在日多し)の規制強化、

闇金の厳罰化、などなど、いくらでもある。

なりすまし禁止のため通名使用厳禁=違反厳罰、公務員は帰化三世から、

そして査証厳格化ですよ、安易に入国させてはならんわなぁ。引き込み防止ですよ。

刑法事犯はバンバン国外退去させること。 やるべきことをやれば出ていきます、反日だからねw



Franz Marc、三枚目、



「Deer-in-the-forest」です。



◆http://toshiaki.exblog.jp/
古川利明の同時代ウォッチング
◎2012年 05月 25日

#今日(=5・25)発売の『週金』に、その尖閣諸島の所有者である、
さいたま市の大宮に住んでおる「栗原国起」っていう人物について、「字」にしておったな。
ワシ、恥ずかしながら、不覚にもよう知らんかったあ(TT)
で、この栗原のおやぢってのは、どうしようもない借金もつれで、自宅と、
自分が経営する「菱屋会館」っていう地元の結婚式場の土地&建物に、トータルでぬあんと、
少なくとも極度額「25億円!」の根抵当権が、大銀行から設定されておるってんだなあ。
そもそも、この栗原のおやぢは、あの石原のおぢいちゃんも揉み手擦り手で師事しておった、
フィクサーとしても知られる「菅原通済」の運転手をヤッておったってんだな。
記事には、自宅の写真が出ておったが、塀の上に張り巡らされた鉄条網に、
監視カメラと、まさに、「要塞」だよなあ。
あと、イケダモン大先生んところも激しく敵対しておる、
お山(=日蓮正宗総本山大石寺)の信徒団体から独立した顕正会とも、超ズブズブだってんだなあ。
あー、だから、石原のおぢいちゃんとこに一括で買い上げてもらうようりは、今みたいに、
賃貸で、細く長く収入があった方が、本当はエエんだろうなあ。
しかし、そんなに借金があるってことは、相当、値段を吊り上げんとだよなあ(笑)


#「上」の続きだが、ネットで「栗原国起」で検索をかけると、いろいろと引っかかってくるな。
「糾弾!!」っていう、「覆面キシャ団『サムライ』のブログ」の「09・10・18」にupされておる記事だと、
この栗原家ってのは、大宮でも有数の実業家で、昔でいうところの「庄屋さん」。
でも、その割には、「政治団体との付き合いもない」と、地元では評判もいい、と。
かつ、さいたま市内に多くの不動産を持つ”富豪サマ”なんだってなあ。尖閣諸島の登記簿を上げると、
「栗原和子」という名前が出てくるってんだが、このダンナが、その「栗原国起」だってんだな。

で、この「栗原のおやぢ」ってのは、ヤリ手の実業家として、その結婚式場「菱屋会館」を運営しておったんだが、
2000年ごろから事業は暗転を始め、ちょうど、そのころ、板橋から本部移転を考えていた顕正会との思惑が合致し、
顕正会がその菱屋会館を借り受けることにしたのかあ。
ところが、顕彰会の強引な勧誘によって、ケーサツによるガサ入れがあったことetcから、
嫌気がさしたんかいなあ。「06年に顕正会を放り出した」ってあるな。ま、いずれにしても、
この「栗原のおやぢ」は、相当、胡散臭いってことだけは、間違いねえなあ。


#さらに続きだが、尖閣諸島の「ぢぬし様」だが、ワシ、直接、登記簿を見たわけぢゃねえんだが、
ウィキペディアetc、ネット上の情報を総合すると、やっぱり、所有者は、
その「栗原国起のおやぢ」と、その母親の「和子」のようなんだな
(だから、覆面キシャ団・サムライのブログにある「嫁ハン」ってのは、どうも、違うようだな)。

もう少し詳しく説明すると、尖閣諸島ってのは、地番が「石垣市宇登城」で、
全部で5つの島(魚釣島、南小島、北小島、久馬島、大正島)からなるんだな。
うち、大正島(地番・2394、4万1386平方m)だけが大蔵ショウの所有で、
残る魚釣島(同・2392、364万1983平方m)、南小島(同・2390、32万4628平方m)、
北小島(同・2391、25万8824平方m)の3つは栗原国起、
久馬島(同・2393、87万4049平方m)は、栗原和子の
所有らしいな。

ただ、久場島だけは未登記で、ココは「在日米軍が使用」ってなっておるなあ。
でも、尖閣諸島って、全部、無人島のハズだよな。コレって、いったい、どういうことだよ?


#もう少し続けるが、総務ショウは02年から、魚釣島、南小島、北小島の所有者である栗原国起のおやぢに、
賃貸料を支払っておるっていうことで、それは年間2450萬円
(魚釣島2112萬円、南小島188萬円、北小島150萬円)だってんだよな。
ワシ、チョット、解せんのは、未登記ながらも、「栗原和子の所有」ってなっておる、その「久馬島」の扱いだよなあ。
いったい、亜米利加グンは、何に使っておるんだよ? 
あの小学生からも購入見直し要求が出ておる、F35でも置くツモリなんかいなあ。

うーむ、位置カンケイで見るとだな、その尖閣諸島の5島のうち、大蔵ショウが所有しておる大正島ってのは、
残る4島より約110kmも東にあり、つまり、中国からは遠くなる方向(つまり、石垣島寄り)に離れておるんだな。
で、その栗原家が所有する4島のうち、栗原和子の所有ながらも未登記で、
「在日米グンが使用」ってなっておる久馬島だけ、残る3島から、北東の方角に離れておるんだな。で、
この前、中国漁船との衝突があったゲンバは、この久馬島から、比較的、近いのかあ。
いやあ、ぬあんか胡散臭いよなあ。
あとさ、国(=総務ショウ)は、その3島(魚釣島、南小島、北小島)で、
その栗原のおやぢに毎年、2450萬円も払うておるのか。元はワシらの血税だよなあ。
いやあー、悪いけど、あんな無人島に、そんな資産価値が、いったい、どこにあるんだよ? で、
石原のおぢいちゃんは、ココをいい値段で買い取って、それから国に転売するってんだろ。
まさに、こんなもん、「土地転がし」ならぬ、「島転がし」「尖閣転がし」ぢゃないか!




拙ブログ、  花曇りⅣ  2012-05-14  ご参照を。
______________________________

重要関連記事

http://ameblo.jp/64152966/entry-11232911544.html  
『光軍の戦士たち』 2012-04-25
日本は、テロ攻撃を受け続けている!~まさに戦時下!     ~より

つまり、尖閣諸島には、台湾有事の際の米軍のミサイル格納庫がありますので、
米軍の第5軍の高性能の高速ミサイル艇が、海上保安庁と合同で
キィーン(日本刀)作戦を尖閣諸島の海域で展開していますので、
中国海軍が尖閣諸島に上陸、占領することなど不可能なのです。

先日の中国漁船衝突事件の時も、米第5軍のミサイル艇と挟み撃ちにしたので、

米第5軍のミサイル艇を録画から消す のに、
ビデオの公開が手間取ったのです。


その他、ご参照あれ。
______________________________


厄災の元凶はダメリカなのですよ。

コメント

初かつをⅢ

2012-05-27 10:14:05 | Weblog
 画は 歌川 國芳(くによし)

 寛政九年(1797)~文久元年(1861)

 号は一勇齋、朝櫻楼など           作


  「讃岐院 眷属をして 為朝をさらふ圖」です。


☆晴れ。

わりと近いので、冗談ではないわな、

独立行政法人海洋研究開発機構 JAMSTEC ジャムステックとやら、

一旦解体、日本のみで再編せよ、 IODPなる機構から脱退せい!

☆http://www.iodp.org/
(This site sponsored by U.S. National Science Foundation and
Japan´s Ministry of Culture, Education, Sports, Science and Technology.)


◆http://quasimoto.exblog.jp/18057108/
Kazumoto Iguchi's blog 2012年 05月 25日
次はどこへお見舞いしましょうか?」:
  暗黒面「ちきゅう」再び巨大震源地で暗躍中!?


みなさん、こんにちは。

さて、昨年
「ちきゅう」を拿捕せよ:そこら中に地震兵器を埋め込まれる可能性あり!?
http://quasimoto.exblog.jp/14472769/
にメモしたように、昨年中に掘削船「ちきゅう」が青森沖を掘削した場所は、以下の場所だった。

☆http://scienceportal.jp/news/daily/1103/1103091.html
【 2011年3月9日 『ちきゅう』八戸沖で海底下2,200メートル掘削へ 】


そして今回青森沖の震度5の地震が起こった場所は以下の場所だった。
☆http://www.asahi.com/national/update/0524/TKY201205230907.html
青森・東北町で震度5強 気象庁「余震ではない」


の2つを見比べたら、一目瞭然。
掘削船「ちきゅう」が掘削した場所とどんぴしゃりであることが分かるだろう。

311の場所も、そうであった。

☆http://quasimoto.exblog.jp/17294336/
A Happy New Chikyu ! : 東日本大震災震源地とちきゅう掘削地が一致!


☆http://daidaikonn.blog27.fc2.com/blog-entry-455.html
「ちきゅう」のすごさ~掘削候補に三陸沖が入っていた/マントルまで掘削~


一説によると、「ちきゅう」擁護の御用学者や御用インテリの一部は、
ちきゅうの掘削地が一致したのは偶然だとか、まだ掘削する前だったとか、
訳の分からない俗説を唱えているようである。しかしながら、
大地震の震源域の掘削予定地」という、
超危険な場所を特定できる地域をデータとして公開すること自体も大問題なのである

なぜなら、シーシェパードのワトソンやテロ組織なども潜水艦を持っていると噂されているからである。
場所が分かれば、先にそこに爆弾を仕掛ける輩がいないともかぎらないのである。
ベンジャミン・フルフォードの話では、世界の悪組織の手下となった自衛隊の特殊部隊が核爆弾を仕掛け、
その実行犯である隊員の1人を除いたすべてはすでに暗殺されたというのである。

311の大地震が起こるしばらく前に三陸沖で震度5~6クラスが時々起こっていたことから類推すれば、
青森沖の震度5もそういった次ぎに来る大地震の予兆であるという可能性もあるわけである。また、
悪組織が再び爆弾を仕込めば、今度は青森の六ヶ所村が狙われ、プルトニウムの処理施設が崩壊するわけである。
そうなると、地球人類は滅ぶ。それほどに危険な場所なのである。


ところが、イルミナティー石油メジャー企業の手下の学者と技術者で構成される、
「ちきゅう」の乗組員たち
は、今回の三陸沖の掘削で「大喜び」しているのである。
2万人の犠牲者と何十万人もの人々の家を奪った大地震と大津波が起きた場所に穴を開けて、
乾杯して喜んでいる有様である。この精神状態には虫酸が走る。


(おれたちゃー、ボスに言われた通りにやって金もらえて出世できればいいんで、
ジャップが何万人死のうが、被爆しようが関係ねえヨ、というところだろうナア。
良いご身分ですナ。羨ましい限りだ。しかもちゃっかりスポンサーのコカコーラまで宣伝している。)


おまけに、その掘削のリーダーは、まるで日本の短期地震予知研究者を眉唾物扱いして研究を完璧に葬り去った、
東大のあのゲラーのように、
日本人の血税で作られた「ちきゅう」のご主人様であるかのような態度で君臨しているのである。
俗に「研究リーダー」という言い方をするが、要は「乗っ取られた」にすぎないのである。
そして重要なデータを全部持ち帰る。
そして、次の地震で日本政府を脅す場合のネタにする
のである。困ったものである。

まあ、無知な日本の御用科学者には適当なもっともらしい理由をつけておけば、連中を騙せると思っているのだろう
ナショナルジオグラフィックというのは、今ではイルミナティ-シオニストNWOの科学メディアの代表格である
ということが判明している。だから、ナショナルジオグラフィックでは戦争兵器の番組がよく垂れ流されるのである。
元々、アメリカのジオロジーは、軍産複合体の「地政学」的要請から生まれた組織なのである。
アメリカ政府の御用学者たちが、アカデミックな地球物理学の研究者の振りをして、
敵国の地政学や資源を調べ、後々それを使って資源乗っ取りを行うためにできた、カモフラージュ組織
だったのである。

そういう歴史的背景を知れば、なぜ掘削船「ちきゅう」が、
自分たちの活動を自らナショナルジオグラフィックに提供するのか理解できるだろう。

これを観たければ、ここ。

☆http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/status.html
現在ちきゅうはどこにいるのか?


☆http://www.youtube.com/watch?v=Cw3_PxLR8M8&feature=player_embedded
ちきゅうTV Vol.14 水深7000mへの挑戦!はたして到達できるか?(前編)


☆http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=NBMPYJQmlGk
ちきゅうTV Vol.14 水深7000mへの挑戦!はたして到達できるか?(後編)
向こうの日本人のボケ顔のと見比べれば分かるだろうが、こっちの外人はどうみても軍隊だよ。
軍人の目だ。作業員や研究者の立場で入り込んでいるどこぞの軍人ですナ。


☆http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120413/305612/
第1回 あの地震はどうやって起きたのか、を調べに

☆http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120425/306843/
第2回 掘削開始!史上最も深くまでドリルが到達した!

☆http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120521/309618/
第3回 やったね、サニーさん! 断層深度探索作戦

(私には、なんで米人研究者にただで研究させるのかまったく理解できないヨナア。どうして?

米白人研究者は我々日本人をエリア51の地下施設にはだれも入れてくれたことはないのだヨ。)

第二次世界大戦中のように、再び
今度はどこへお見舞いしましょうか?
と米軍に言われることがないようにしたいものである。




國芳、二枚目、



「小栗十勇士の一人 田邊兵六郎長秀」です。



関連で思い出したのだが、当時はとんでもだったのだが、今にして思えば、

闇を知って消されたのかもしれんね?

この動画必見かと、最後のほうです。

http://www.youtube.com/watch?v=qRWvEZep1T8
「村井秀夫はかく語りき」オウム真理教科学技術省大臣vs筑紫哲也

村井秀夫刺殺事件:Wikipedia

1995年4月23日に発生した殺人事件。
オウム真理教の幹部で「科学技術省大臣」の村井秀夫が、
東京都港区南青山にあった教団東京総本部前で、在日韓国人の男(徐裕行)に殺害された事件である。

事件直後の上祐史浩外報部長(当時)のTV番組内での証言によれば、
村井は死ぬ間際に「ユダにやられた」と話したという。
後の2000年2月の週刊プレイボーイ上のインタビューでは上祐は、
彼(村井)は刺殺される直前に、オウム真理教の事件その他は
ユダヤの陰謀であると言おうとしていた、そんな気配がある

「ユダヤ叩きというのは、僕にはどういう意味なんかよくわからない」が、
「彼はあの直前に、テレビに出演してユダヤ叩きをやろう、という計画を立てていた」
刺殺される数時間前に彼から私の方に『ユダヤ叩きをやりますよ。今から戻ります』という電話があった
「彼はその直後に刺殺された」、と述べている。
また、事件当日、「オウム出版の編集部に彼が『ユダヤの陰謀関係の本を集めてくれ』
と依頼していたという事実もある」。また、

事件直前に出演したTBSテレビNEWS23で、
筑紫哲也の阪神大震災が地震兵器で起きたとすれば、それを使ったのは誰ですか。米軍ですか?
の問いに対して、米軍と特定するには条件が足りないが、かなりの力を持っている団体と思うと答えている。



いまや、皆さん、知る人ぞ知るですもねぇ。

かのベクテル社の関与ですよ。



國芳、三枚目、



「賢勇婦女鏡 大井子」です。


◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201205/article_126.html
richardkoshimizu's blog 2012/05/26
生活保護の支給水準を下げて総額を抑えようとする前に....


1.ヤクザや声のでかいやつ、刺青のあるヤツ、指が欠損しているヤツは支給を受けやすいと聞いたが、
  そういった悪弊は根絶できたのか?

2.生活保護受給者が、随伴者と共に全国の医療機関を渡り歩いて診察を受けていて、
  巨額の交通費が公費から拠出されているのが問題になったが、まさか、
  こんなことは今は行われていないだろうと信じる。どうなのか?
  ただの観光旅行に悪用されていないか?

3.なにやらおかしな現世利益宗教に属していると生活保護を受けやすいと聞くが、
  創価学会の池田さんとはかかわりのないことなのか?

4.野田政権は、「経済成長策」らしきものを一切採用しないが、
  生活保護受給者の増加を経済活性化で改善しようとする意思はないのか?
  裏社会から経済破綻誘導を命じられているからか?

5.小宮山さんは、故・石井紘基議員の遺志をついで疑惑究明に頑張るはずだったと思うが、
  その後、どんな進展があったのか? 石井さんの残した資料関係は目を通したのか?
  まさか、石井さんを暗殺した裏社会側に与してなどいないであろうと信じるが。


<生活保護費>支給水準引き下げを検討 小宮山厚労相
毎日新聞 5月25日(金)21時17分配信
☆http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120525-00000108-mai-pol



以前にも書きましたが、来る総選挙には、

石井紘基の娘、石井ターニャ、立候補すべし、小沢系で出馬すべし。

日露平和条約締結に尽力すればよい、国益にもかのう、小宮山は国益を損ずるのみ。

コメント

初かつをⅡ

2012-05-26 10:24:04 | Weblog
 歌川広重 (安藤広重)

 寛政9年(1797年)~安政5年(1858年)

 号は一立齋(いちりゅうさい)         作


  「阿波鳴門之風景」です。


☆晴れ。

手前はお笑い番組の類は殆ど見ませんので、顔も名前も初見です、

騒ぎになっておるようで、

◆http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/9e772495917f7604d1f1e08858a0b11f
暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~ 2012年05月26日
「一粒で二度おいしい」 次長課長・河本に纏わる生活保護受給問題

世間は次長課長・河本準一に纏わる生活保護受給問題で大盛り上がりであるが、
これぞまさに「一粒で二度おいしい」というグリコアーモンドチョコそのものであろう。

何がおいしいのかと言うと、1つには”芸能ネタ”によって
国民の意識をマンマと国政の動乱から逸らすことが可能となる点である。


「のりぴー」騒動然り、「紳助」騒動然りである。

即ち、この手の壮大な”ヤラセ”によって国民を”白痴化”するのは、
大手マスゴミによるいつもの手口ということである。


今回のこのたかが”一(いち)河原乞食”たる芸人ひとりの
生活保護受給騒ぎの裏側で何が起きているかをよくよく考えてみて欲しい。


・民主・自民による”手打ち”的「消費税増税八百長劇」

・利根川水系におけるホルムアルデヒド問題

・核燃サイクル秘密会議における原発推進派の組織ぐるみの八百長劇

・円高ドル安、円高ユーロ安の放置

等々・・・


列挙していけば、たかが一芸人の生活保護不正受給問題と
上記問題のどちらが重要かは言わずもがなであろう。


そしてもう1点、何がおいしいかと言うと、それは今回の河本騒動に託(かこつ)けて、
国家権力が大手を振って「生活保護費の支給水準引き下げ」に乗り出せるという点である。

今回の河本準一のケースに代表される悪質な生活保護請求については、
確かに是正されて然るべき話であるが、今、政府がやろうとしていることは、
本当に困窮した社会的弱者までをも”切捨て”にするに等しい蛮行である


即ち、「一部の富める者のみを助け、大多数の貧しき者を切り捨てにする」
という”格差社会”の助長、”棄民政策”の断行である。

早い話、一芸人の生活保護不正受給問題に託けて、
本来切ってはならない国家予算の緊縮(圧縮)を図らんとしているのである。


ちなみに、今回の河本準一のケースは、所謂「人権問題」にも絡んだ、
非常に”ナーバスな側面”を有しているが、 今のところ大手マスゴミも週刊誌の類も
この”暗部”には触れず、単なる”一金持ちの悪事”として騒ぎ立てている。

しかしながら”事の真相”はもっと根深いものである。

つまり、戦後の長い歴史の中で生活保護を受けてきたのは、
所謂「在日」であったり、極道であったりがそのかなりの割合を占めているということである


否、もう少し正確に言うと、
社会的弱者を装った一部の人間たちが”生活保護”名目に、
常態的に”強請り集り”(ゆすりたかり)を働いてきた
のである。

この”暗部”にのみ切り込むのであればいいのであるが、今、政府がやろうとしていることは、
小泉”売国”改革により困窮の憂き目にあっている真っ当な国民までもを”一緒くた”にして
益々困窮させんとするものである。

この問題は、本来、強請り集りの類のものと そうでないものをきちんと色分けすべきものであるが、
これらを一まとめに切り捨てて必要な国家予算をカットしようという政府の企みはまさに
”便乗犯”もいいところである。


2つの面で”おいしい”ネタだけに今後も当分この騒動は続くであろうが、
皆さんには「困ったときの”芸能ネタ”」という側面と
「国家権力の暴力装置化」という両面で 冷静にこの問題を見つめて欲しいと思う次第である。



◆http://blog.shadowcity.jp/my/2012/05/post-363.html#more
ネットゲリラ (2012年5月25日)
一族郎党揃って生活保護

この一族が貰った生活保護の総額は1億に達するらしい。
記者会見でしきりに「福祉の方」と言っていたんだが、アレは、
プロの生活保護受給者が使う業界用語だそうで、普通の人はあまり使わない言葉だそうですね。
普通なら「福祉事務所の人」とか呼ぶんだろうか。で、
一族郎党揃って生活保護だという話は、週刊新潮に出ているらしい。さぁ、大変、
日本中に怒りの声が満ち満ちておりますw これからもお笑いを届けますどころじゃねーぞw


*1 アンタレス(兵庫県) 2012/05/25(金) ID:Amo4itE70
(週刊新潮より)
母親・姉・叔母A・叔母Bが受給
一人17万を4人で月々68万
2000年から先月まで12年間受給で、総額9792万円なり
生活保護不正受給の為に
隣同士全部別々の家に住み
全員が生活保護不正受給十数年継続。
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/
詳しくは新潮最新号で


◆http://blog.shadowcity.jp/my/2012/05/post-370.html#more
ネットゲリラ (2012年5月26日)
ナマポはヤクザの特権

だから、生活保護という制度そのものが、既に時代遅れで、
今じゃヤクザや特定宗教信者や特定の人種だけの「特権」になってしまっているんだよ。
今までは、それで一般市民を排除してウハウハでやって来たんだが、
リーマン・ショック以来、食い詰めた一般市民が生活保護に押し寄せるようになり、
さて、そうなると、生活保護を貰う資格もないのに
特権で貰い続けてきた連中がヤリ玉にげられるというのは理の当然で、
ところで河本準一なんだが、
「売れてない時代には嫁さんがクラブ勤めで月40万稼いでいた」そうで、
コレも本人が垂れ流した個人情報ですがw 


☆http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/05/25/kiji/K20120525003326550.html
スポニチ 2012年5月25日
◎生活保護を不正受給容疑…暴力団幹部を逮捕

暴力団組員であることを隠し生活保護費を不正に受給したとして、大阪府警枚岡署は25日までに、
詐欺の疑いで、大阪市東住吉区の指定暴力団東組系幹部(66)を逮捕した。

逮捕容疑は2010年5月~12年2月、東住吉区から生活保護費計530万円をだまし取った疑い。

枚岡署によると「生活保護費は生活費や3人の子どもの学費に使った」と供述している。

同署が別の覚せい剤取締法違反事件を捜査する過程で、不正受給容疑が浮上した。



ミニミニ・ゲッペルス=ハシゲw  ここ、突っ込めるか?  さぁ、さぁ。

お手並み拝見だな。



広重、二枚目、



「撰出江戸四十八景」 「日本橋 江戸ばし」です。



そのとおりだねぇ、

◆http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5862.html
「日々担々」資料ブログ  2012.05.23 ( Wed )
TVを見なくても人は死なない 大マスコミよ 国民に節電を説くならテレビ放送を中止しろ!
 (日刊ゲンダイ2012/5/23)


電力ムダ遣い番組はもう要らない

原発を再稼働できないのであれば、夏場は大幅節電が必要になる
という政府、電力会社の“脅し”を大新聞・テレビは連日、タレ流している。
電力会社は昼間のピーク時の電気料金を夜の数倍にする計画で、大メディアはこれも無批判に報じている。
政、財、マスコミが一体化したドーカツだが、 ちょっと待った!
そんなに夏場の昼間の電力不足が心配ならば、手っ取り早く節電する方法がある。
テレビ放送をやめればいいのだ。


資源エネルギー庁の「省エネ性能カタログ2011年夏版」を基に計算したところ、
夏場に6~9畳用のエアコンが消費する電力は1時間あたり平均83 ワット。 一方、
液晶テレビは主流の42型で平均81ワットという数字が出た。
もちろん、画面を明るくし、ボリュームを上げればもっと電力を食う。しかもテレビは待機中も電気を使う。
それやこれやを含めると消費電力はエアコンとどっこいどっこいか、それを上回る可能性があるのだ。

全国で昼間にテレビを見ている世帯は約1500万世帯と推定される。
これらの家庭が1日に3時間、テレビを見なければ360万キロワットが浮く計算だ。
ちなみに去年夏の東京電力の電力需要量はピーク時で4900万キロワットだった。
360万キロワットはその7・3%にあたるから、バカにできない数字だ。

だったら、電力不足になる昼間のテレビ放送を休止すればいい。
そうすれば、電力に余裕が生まれ、エアコンを我慢しなくてすむ。
しかし、メディアはこうした“不都合な真実”を報じない。
大新聞とテレビ局は一体で、テレビ放送をやめれば大幅減収になるからだ。
それで原発再稼働賛成の論調になる。「イヤなら国民はガマンしろ」となる。
冗談じゃない。

駒沢大学グローバル・メディア・スタディーズ学部教授の山口浩氏(経営学)が言う。
「昨年は熱中症の被害者がたくさん出ました。 エアコン使用の自粛は人命を危うくする可能性もあるのです。
この際、テレビ局は昼間の3時間ほど、放送をやめてはどうかと思います。1時から4時までは『節電しましょう』
という文字だけを映し、緊急性のあるニュースのみを報じるのです」

そもそも昼間はくだらない番組ばかりだ。作家の吉川潮氏もこう言った。
「テレビ局の放送休止には私も賛成です。昼間はドラマの再放送や映画、ワイドショーなどで見るべき番組がない。
エアコンがないと死者が出る危険性があるが、テレビを見なくても人は死にません。
広告収入が減った分はテレビ局の役員や社員の給料を削ればいいのです


吉川氏に不要な番組を挙げてもらった(別表)。
電力を無駄遣いしている番組は山ほどある。しかし、自分たちの都合でやめない。
ホント、この国のメディアは自分勝手だ。


[番組名(テレビ局)]
[ひと口コメント]

◆大相撲中継(NHK)
午後3時から放送する必要はない。5時からにして幕下はダイジェスト版に

◆徹子の部屋(テレビ朝日)大いなるマンネリ。
局もやめたがっているそうだから、節電を口実に打ち切ってはどうか

◆知りたがり!(フジテレビ)
午後2時に放送する意味がない。「笑っていいとも!」を打ち切って正午に移す手もある

◆ヒルナンデス!(日本テレビ)
毎回同じような食べ歩き情報ばかり。5時のニュースでも同じようなコーナーがある

◆お元気ですか日本列島(NHK)
全国の情報、ニュースを放送する意味が分からない。地方局で報じればそれで十分



※この貴重な媒体を応援しよう!
http://gendai.net/



広重、三枚目、



「東海道五拾三圖会 今谷」です。



面白いねぇ、

◆http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/271364310.html
心に青雲  2012年05月24日
天皇は日食を見たか


先日の金環日食のとき、ある方から
「日食は不吉だからと、天皇は絶対に見なかったそうですが、どう思われますか?」と訊かれた。

天皇が日食を避けたかどうかはわからなかったが、以下のように答えた。
ここでいう天皇は明治以前のそれを指す。

            

天皇はそもそも外に出ません。奥に引っ込んだままです。たぶん日光浴なんかしなかったでしょう。

とはいえ、幕末に伊藤博文に暗殺された孝明天皇は、お忍びで妾宅に出かけたところを待ち伏せされて
刺し殺されたのですから、天皇が外出しないのは建前だけだったのかもしれません。

京都御所も皇居も、「表」と「奥」があって、
外部と接触するのが「表」、 寝起きしてプライベートな館が「奥」です。
で、天皇は普段は化粧しています。舞妓と同じく白粉を塗り、
眉を落としてその代わりに奇妙な眉を額に描いたそうです。唇には紅をさしています。

オリジナルの顔がどんなだったかは、「表」の人間は誰もしりません。
誰かと面会するときも、御簾を通してですから、どんな顔か知られません。

「ラストサムライ」という映画では、天皇が御簾の奥から出て来てトム・クルーズと、
なんじゃかんじゃと話をするように描かれていますが、江戸時代にはそういうことは起きません。
女官も、天皇の顔を見てはいけないことになっています。

「奥」には女性しかいません。その「奥」の女性は絶対に「表」には出られません。
「奥」で飼っている座敷犬でさえ、「表」には出られなかったようです。
奥には窓がほとんどありません。ですから昼間でも陽があまりさしません
薄暗い行灯の灯のみ。これで健康にいいわけがありませんね。

「表」と「奥」をつなぐ長い長い廊下は、実に200メートルもありました。1本だけ。
「表」と「奥」の連絡係は「小姓」で、10~15歳の少年でした。
子供なら天皇に刃向かう恐れもなく、女官に手を出す心配もないからです。
また理解力が幼いので、スパイもなりえません。

天皇が乗馬や相撲、チャンバラなんて絶対にしないモノです。
なのに、明治天皇は、相撲をとるのが大好きで、乗馬を好み(閲兵も騎乗で)、
旅行もたびたびしたのです。
岩倉使節団が欧米に出かけた隙に、船で旅行もしていますが、
そんなことをやった天皇はそれ以前にはいません。御所の奥にしかいないはずの天皇が、
この船旅のときもまったく酔わなかったというのですから、これもあり得ない話。

日焼けして色黒だったと伝えられています。
天皇は絶対に右利きです。そのように強制されました。ところが明治天皇は左利きだったのです。
ここからも明治天皇はすり替えられた大室寅之祐と言われるゆえんなのです。

(以上の知識は加持将一氏の『失われたミカドの秘紋』より)

           

ついでになぜ天皇や貴族どもは、優雅な暮らしをし、決してチャンバラごっこなどの武術修練はしないで、
ひねもす和歌なんぞをつくってウダウダしていたのか。

端的には「腑抜け」にするためである。
日本の国家ができたときは、周知のように、なんとかの乱などが頻発し、豪族同士で覇を競い、
ゲバルトで権力を奪取したのである。だから天皇もその部下も、腕に覚えがあるというか、
当然気は荒く、なにかあれば「やったろうじゃないか」と剣呑な雰囲気になってしまう。
屈服させた地方の豪族もわんさといたはずだ。

そのままだと権力の頂点にたった王なり天皇なりは、うかうか安眠もできないので、
部下や豪族から刀や槍を取り上げ、京都に集合させ、宮廷に閉じ込めたのである。
だから平安時代には、日本は軍隊がなくなってしまった。

昔は悪霊を最も恐れたし、死は穢れだと信じられていたから、
都には殺しの専門家=武士は置きたくなかったこともあろうが、
なんと言っても権力者が寝首を掻かれるのを心配したせいであろう。

都の外にライバルを置かずに、内に集めて貴族としておとなしくしてもらったのだ。
だから民を働かせて収奪して、その奪った富を取り巻きにした貴族や元豪族に配分したのである。
昔は、ではなく、今も政治家と官僚は同じことをしている。

その手なずける手段として、天皇は(本当は藤原氏が、だろうが)
貴族たちを遊びに誘い、腰から刀を奪った。
だから都では、今も残る遊びがたくさんある。
歌会、茶会、酒席、かるた遊び、蹴鞠、男色、妾、雅楽、船遊びなどなど。
結婚も、オシドリみたいに一夫一婦で生涯添い遂げることを奨励せず、男どもには通い婚制にして、
好き勝手に、今宵はこっちの女、明日はあっちの妾宅とこまして歩くようにしたのは、
これで貴族どもの荒ぶる魂を抜くためだったのかもしれない。

本当の初代の天皇とされる天武天皇は、なんと肉食まで禁じている。
実にヘルシーで結構ではあるが、人間は肉を食らえばカッとなりやすくなって、争乱のもとだから、
と睨んだとすれば、現代の栄養士より優れた頭脳を持っていたと言えよう。

だから天皇家も枕を高くして眠れるようになり、自分たちもその「貴族文化」とやらに染まって、
相互浸透して、なんと顔に白粉、唇に紅という気味の悪いバケモノになり、
ほとんど外出しない、太陽も浴びないという愚劣な生活にひたるようになった。

「風雅和歌集」を論じたときに触れたが、万葉集はともかくとして、その後のほとんどの歌集は、
こういう不健康な貴族どもが中心となって、暇をもてあましながら創ったものなのである。
女流文学とされる「源氏物語」や「枕草子」もそうだ。
狭い空間に閉じこもって(閉じ込められて?)妄想をたくましくしていただけのものにすぎない。

ちょっと補足すると、孝明天皇には当然だろうが写真は残っていない。
奥に引っ込んだままであるし、「表」に出て来ても御簾に隠れていたからだ。

ところがあるとされているのが肖像画である(Wikipedia にもある)。
この肖像画がくせもので、実物を見て画家が描いたのではない。
明治になってから五姓田義松(ごせだよしまつ)という画家が、
孝明天皇の肖像画を宮内省に依頼されて描いたのである。

想像で描いた、というよりも、画家は明治天皇にすり替わった大室寅之祐に似せて描いたモノなのである。

これで明治政府は、大室天皇は孝明天皇の実子じゃぞ! と国民を騙すために、
本職の画家に大室寅之祐をモデルにして孝明天皇を描かせたのであった。

ところが、テレビとか出版物とかは、孝明天皇の話をするときには、写真か肖像画がほしい。
「絵」にならないと困るわけだ。それでまあいいやとばかりに、
イカサマの肖像画を「孝明天皇だ」として載せてしまう。何の注釈もなしに。
だって、百科事典にも載っているし、大先生の著書にも載っているし…
ということで何のやましさも持たずに、「孝明天皇像」が一人歩きしている。

だからわれわれは、孝明天皇の顔が残されていると信じてしまうのである。


☆http://www.dokidoki.ne.jp/home2/quwatoro/bakumatu.shtml
◎幕末写真館  朝廷  ご参照あれ。



最初見た時、異様な感じがしましたよ。

醜夷を嫌悪した孝明天皇が写真など撮らせるわけもなし。

明治簒奪政権のいかがわしさ、さもしさ、がよく現れておるわ。



コメント

初かつを

2012-05-25 10:25:07 | Weblog
 画は歌川 國貞 (三代豊國)

 天明6年(1786年)~元治元年(1865年)

 号は、香蝶楼・一雄斎・五渡亭など        作


  「今様源氏十二月之内」 「皐月」です。


☆晴れ、明け方ヒンヤリ。

さて、至言なり、

◆http://www.nippon-dream.com/?p=8157#more-8157
日刊ゲンダイ 田中康夫の「にっぽん改国」12/05/24
夏の甲子園を“シエスタ”すべし

民主党の小沢一郎元代表が、野田佳彦首相との“直接会談”を来週、
輿石東幹事長同席で応諾したのは、オザワンの焦りの表れ、と得意顔で論評する向きが居ます。

縦(よ)しんばそうだとして、打つ手が見当たらないのは、
「消費増税」法案の今国会成立に政治生命ならぬ、自身の命を掛けると大見得を切った
「泥鰌(どじょう)番長」の方が遙かに深刻ではありますまいか。

深刻なのは、震災瓦礫も同様。総量2千万トンだった阪神・淡路大震災では、実質1年で処理が完了しました。
他方、2千万トンに満たないと判明した東日本大震災の瓦礫は、1年経っても全体の10%しか処理出来ていません。

にも拘(かかわ)らず21日、「口先番長」の弟筋に元来は当たる「二股番長」の細野豪志環境大臣は、
瓦礫全体の20%=400トンを広域処理すべく、
「この廃棄物はこの自治体で、と具体的にマッチングしていく」と本末転倒な御高説を披瀝(ひれき)。

10+20=30。残り70%の瓦礫を何時迄に何処で如何に処理するか、工程表も示さぬ儘(まま)、
税金とCO2を撒き散らして10tトラック40万台分を全国拡散する愚策に血道を上げています。

真っ当な政治主導が欠落しています。

領土を放射能に占領された「フクイチ」周辺30km圏内と 宮城・岩手両県の瓦礫は冷静冷徹に区分し、
後者は“地産地消”で地元雇用を創出すべき

不毛な神学論争「放射能が怖い VS 大和魂の絆」を続ける余裕など最早、日本には無いのです。

関西電力は19日、来る7月~9月の電力使用量を昨年同期間と比べて5%以上減らした家庭に、
500~1500円分のQUOカードを謹呈すると発表しました。
おいおい、その費用も包括原価方式に基づき、電力料金に上乗せされる訳でしょ。

不要不急なTV視聴を抑制するのが、最大の節電効果
その一環として正午から4時間、我が地元・尼崎の隣町に位置する甲子園での高校野球を“シエスタ”すべし
と昨年7月6日の予算委員会で提案しました。

早朝6時から午前2試合。夕刻4時から午後2試合。
同期間は阪神戦も他球場で実施されるのですから、十分に実現可能。
これぞ、朝日新聞も高野連も全国民に胸を張れる大政翼賛節電事業。が、
委員会では泥鰌宰相も詭弁番長の枝野幸男経産大臣も無反応でした。最後の砦は讀賣新聞の渡邉恒雄主筆。
敢行すべし、と一喝されたら、原発再稼働派も脱原発派も拍手喝采でありましょうに・・・。


シエスタ:午睡。お昼寝。 イタリアやスペイン等南欧の国では昼食後睡眠を取る習慣が残っている。
     (13:00~16:00が目安)



「ビル冷房」が電気をバカ食いするわけで、早朝、あるいは深夜勤務も考えればよい。

とりわけ、東京、大阪などの大都市ですよ。 家庭は格別の節電必要なしです。

パチンコ屋、大型レジャーランドなど、不要不急の施設だ、休業させればよいのさ。



國貞&広重(二代目)、



「江戸自慢三十六興」 「日本橋初鰹」です。



当ブログ既報の内容が多いのですが、よくまとまっておるので、

◆http://nueq.exblog.jp/16597973/
nueq lab 2011年 11月 01日
フクシマは核兵器製造工場?


フクシマは核兵器製造工場?


フクシマの地下で密かに核兵器、或いは核弾頭原料が製造されているとの情報が
WEB上でも流れていますが、ある情報筋によると、福島原発の使用済み核燃料は、
現地で再処理(プルトニウム濃縮)され、輸出されていたそうです。
主な輸出先はアメリカ。

その他ソ連や世界各国も直接なり間接なり顧客にはいたようです。

アメリカはそれを何に利用していたのか?

核弾頭は時間と共に自然劣化が進むため、
劣化した核弾頭を新品に取り替える為に大量のプルトニウムが必要となります。

現在アメリカには9400発の核弾頭(内 戦略核弾頭 2126発)があり、
1967年には3万発以上保有されていました。
フクシマの稼働した1970年代から80年代にかけては、2万5千発前後で推移しています。


この大量の核弾頭の品質保持の為に常時核物質を新鮮なものに取り替えてやらなければならない、
つまり核弾頭は生鮮品なのです。
廃品は「 劣化ウラン弾 」として、湾岸戦争・ボスニアヘルツゴビナ・
911WTCビル爆破・アフガニスタン・イラク戦争等で消費されました。


大量の需要はどうやらアメリカの原発だけでは賄うことが出来ず、その供給源を日本に求め、
若狭や福島の原発銀座の建設(1970年代に稼働)へと繋がったようです。


WEB上で論じられている(末尾リンクを参照)ように、この情報が真実だとすると、
日本の原発推進の裏にはとても複雑な流れがどうやら交錯しているようです。

日本は第2次世界大戦中、原爆開発の先進国でした。
理論の日本、技術のドイツ、原料のアメリカ、と形容してよいのではないでしょうか。

日本の原爆開発と云うと、一般に日本のノーベル賞第一号「 湯川秀樹 」のことを
頭に思い浮かべると思いますが、現実に理論と開発を行ったのは「 仁科芳雄 」博士。

湯川はGHQに仁科博士の研究成果を横流ししたことによってそのご褒美として
ノーベル物理学賞をもらったのです。湯川はアメリカ留学中、原爆の父:オッペンハイマーと親交があった。
オッペンハイマー一族は元々はドイツの財閥で南アフリカでダイヤモンドと金鉱山の経営(ウランも?)
を行って財を成し、現在はロスチャイルド・ファミリーの中に組み込まれているようだ。 
ノーベル賞を得たラインはきっとこの辺りにあるのだろう。
(そして湯川は、広島原爆の直前、弟子に手紙で広島に近づかないように警告している。
いつ・どこに落とされるのかを昭和天皇や海軍上層部と同様、正確に知っていた
のである。)


またまた余談だけど、仁科博士の日本陸軍の研究は大陸でも行われた。
その拠点は、現在北朝鮮の金策市(キムチャクし)。当時の名称は城津。
日本海に面した製鉄・重工業の中心地だ。


ここはまさに日本陸軍の置き土産。
この置き土産が現在の北朝鮮 核開発のベースとなっている。

そして、金策とは、金日成と並び称される抗日戦線の英雄にして金正日の本当の父親であり、
本名:畑中理と云う名の残置日本兵の工作員にして笹川良一の兄弟。
最も優れたスパイとは、その国のTOPになることである。
ちなみに金日成は4人いて、皆さんがご存知なのはソ連傀儡の4人目。
最初の3人はすべて日本陸軍が送り込んだ工作員。
抗日戦線の英雄となれたのは、工作員だからこそ日本軍の動き方を知り尽くしているためだ。
が、3人とも抗日線で戦死。金策は朝鮮戦争を企画し、戦闘中に死亡。
この件については項を更めて書くことにする。

☆金正日(キムジョンイル)は日本人だった
 佐藤 守【著】
 講談社 (2009/10/28 出版)


さて、戦後の日本では岸信介のアメリカへの面従腹背(? : なのか、アメリカの指示なのか?)
と正力松太郎(読売新聞社主)によって、日本の原発開発が進められるが、
現実に大きく動かしたのは田中角栄(首相:1972年7月7日 ? 1974年12月9日)。
田中角栄の賄賂の証拠書類が「 偶然間違えて 」コーチャン委員会に配達された(ロッキード事件)のは、
角栄が脱石油・原発独自開発に踏み切ったからとも、アメリカの頭越しで中国と提携したから。
とも云われている
(現在の中国の躍進の基礎は、まず毛沢東:八路軍の実戦中核部隊となった満州残留の旧関東軍に、
 次に田中角栄以来の技術移転にある)。 
こうして角栄亡き後の原発利権を握ったのが中曽根康弘(首相:1982年11月27日 ? 1987年11月6日)。


そう、映画「 沈まぬ太陽 」の利根川泰司首相、その人である。
ちなみにこの時の配役に実際の人物を当てはめてみると、

  竹丸副総理   金丸信(竹下登との合成か?)
  十時官房長官  後藤田正晴
  道塚運輸大臣  三塚博
  龍崎一清    瀬島龍三(元 伊藤忠会長)

海軍主計局出身の中曽根は、1954年当時から自民党原発推進の旗頭であり、
読売:正力と共に原子力発電を強力に押し進めて来た張本人である。

そして瀬島龍三は、陸軍参謀として、満州残留の関東軍将兵をソ連に売り飛ばした人物として有名で、
政商として伊藤忠商事を大躍進させた人物。
ロッキード事件では、田中角栄が賄賂を受け取ることで失脚したが、
実際の賄賂を受け取った額は日本国内では中曽根の方が遥かに大きい。と伝えられている。
(余談だが、その田中角栄追い落としキャンペーンの論陣をCIAからの依頼(資料提供付き)
 によって書いて一躍有名になったのが立花隆。かつてNHK3チャンネルで
 コリン・ウィルソンと立花の対談をやったが、見るも恥ずかしいくらいのアホさ加減を
 立花は自身で証明してしまった。)


そして、

  1983年1月17日  中曽根首相の浮沈空母発言
  1985年8月12日  御巣鷹山事変(JAL123便撃墜事件)

へと繋がって行く。


浮沈空母発言は、ソ連の爆撃機に対する強い態度表明と云うことだが、
ソ連の戦略爆撃機(核ミサイル搭載)の日本の領空侵犯を許さない構えを備える。
と云うことはつまり日本が戦略核ミサイル武装をする。と云うことに他ならず、
すでにこの時、いつでも核ミサイルを組み立てられる準備ができていたのであろう。 
と云う結論に論理的には達する。



國貞&その他、



「江戸の花名勝會」 「一番組」 「い」 「日本はし」 「魚賣一心太七 市川小團次」です。



そして、1985年の「 御巣鷹山事変

一般報道では、圧力隔壁のボルトが緩んでウンたらカンたらと寝ぼけたことをほざいているが、
実際に起こったのは、韓国から飛来した
真っ黒にボディを塗りつぶして国籍不明とした当時最新鋭のアメリカ空軍Fー106による123便の撃墜。
熱探知ミサイルを4発搭載し、内2発は核弾頭を搭載。そのすべてが123便に発射された。
その直後、現地で起きたアメリカ・ソ連・日本軍の三つ巴の戦闘で、
3カ国で推定500名の将兵が翌朝までに死亡しているらしい。
と、
ブログ「 新・日本の黒い霧 」http://blog.goo.ne.jp/adoi では調査レポートされている。


同ブログ主を中心に2010年5月16日、江戸東京博物館で開催された
「 御巣鷹山事変 真相解明シンポジウム 」では、民間現場到着第一号の方の貴重な目撃証言に始まり、
http://blog.goo.ne.jp/adoi/d/20090910
この戦闘行為の目的や、この事変を起こした周辺状況等が余すところなく披露された。

その内容は主に7つの部分から構成されていた。

1) 現場到着 民間第1号が現場で見たもの
2) JAL123便撃墜ドキュメンタリー
3) ターゲットとなったJAL123便搭乗者(日独のドル切下げ反対主力)
4) JAL123の積載物と現場の核反応
5) 現場に出来た揚水ダムと東電疑惑
6) 御巣鷹山事変後に急転直下のプラザ合意(ドル大幅切り下げ)
7) 闇に蠢く集団と、中曽根康弘・瀬島龍三、日本の核武装

※ 詳しくは、2009年8月から始まる「 新・日本の黒い霧 : JAL123便墜落事故-真相を追う 」を参照
  http://blog.goo.ne.jp/adoi/d/20090807

結論から云うと、JAL123便には、核兵器(或いはその材料)が積載されていた。
当時、羽田はアメリカからマークされていた為、民間旅客機で一旦、伊丹に送り、
そこから中国へ飛ばすと云う作戦
を当事者たちは立てたようであり
(ネットで出回ってる医療用のアイソトープの荷物は放射線カモフラージュ用と思われる)、
その首謀者は 中曽根康弘と瀬島龍三と思われる。


日本は中国の核兵器開発を後押ししていたのだ。

夏目雅子が白血病で亡くなったのは、
人気TV番組「 西遊記 」の撮影を核実験の行われたゴビ砂漠で行った為と云われている。


実は、1970年の「 よど号ハイジャック事件 」も、
JAL機に積載した核爆弾原料を北朝鮮経由で中国に渡す為だったと云われている。

「 新・日本の黒い霧 」によると、御巣鷹山の戦闘では、アメリカ空軍と日本軍が交戦している。
アメリカ海軍はこの戦闘に際してグァムから偵察機を何度か飛ばしてるがそのすべてが撃墜されている。
アメリカ空軍が撃墜したのか、日本軍が撃墜したのか?


アメリカ軍の内部は(と、云うより日本も含めて世界的に)、
陸軍(&空軍)vs 海軍(&海兵隊)が犬猿の間柄にあり
日本の核開発に関して、或いは核兵器の世界的拡散に関して、両者とそれぞれの背後に居る勢力には
どうやら方針が真逆にあるように見受けられる。つまり、
日本の核兵器原料の供給とその流通を 推進する勢力と それを阻止しようとする勢力だ。

御巣鷹山事変は明らかに、そしてひょっとしたら311も、
こうした大きな枠組みの中で起きた事件として捉えることが出来るだろう。


そう、日本にはアメリカ陸軍の一部勢力によって裏打ちされた
軍官産学複合体としての核兵器開発勢力が存在してるのである


その頂点に立つのが東京電力

東電は日本政府の国策子会社ではなく、日本政府の上に立ち、
日本の軍官政産学を傘下に従える利権集団なのである。 

ちなみに東電+電事連の年間広告費は 800億円で、2位のトヨタの700億を上回り、
メディアへの接待交際費にも年間800億円を費やしている。
つまり年間1600億円が東電(電事連)から大手メディア会社に流れているのである。 
それにしても800億円もの接待交際費、どうやって使うのだろう???

今回の311は、この昭和初期に確立された
日本軍国主義の頂点に立つ「 東京電力 解体 」へと向かう歴史的エポックとなるだろう。

すでに核兵器は無用の長物となっている。

核ミサイルを発射したと同時にその場で撃ち落とす電磁波兵器が配備されているのである。
オバマの「 核廃絶 」とはつまりこのことなのだ。
アメリカは、ロシアは、そして日本も既に核兵器を必要としていない。
これらの国々の軍事関連技術は一般技術の遥か20年先の技術まですでに開発済みであり、
それらを秘密(兵器)としているのである。
国家安全保障と云う観点に於いて最新テクノロジーの「 秘密兵器 」は当然のことながら最も重要なアイテムとなる。



真偽不明ではありますが、さもありなん、当たらずといえども遠からず、ということでしょう。

JAL123便については本家「 新・日本の黒い霧」で決定稿を上げる予告がありますね。

最後の「電磁波兵器が配備されている」のが事実なら、支那脅威論などは完全なるヤラセ、ということになる。

核搭載のロケットが厄介なわけで、それが無力化可能なら、支那の脅威などない。

尖閣侵攻など、もしあったとしても、即、殲滅でいいわけだから。

在日米軍の存在理由w 核の傘など、茶番そのもの。

毎度申し上げてきたところだが、「壮大な騙しの化け物屋敷」でしかないわけだ。

目的は金、金なんですよw へばり付いて日本から如何に収奪し続けるか、これが核心ということでしょう。



コメント

山ホトトギスⅤ

2012-05-24 10:21:20 | Weblog
 画は、小林清親(こばやし きよちか)

 弘化4年(1847年)~ 大正4年(1915年) 版画家、浮世絵師。

 月岡芳年、豊原国周と共に明治浮世絵の三傑一人に数えられ、
 しばしば「最後の浮世絵師」、「明治の広重」と評される。       作


  「橋場の夕暮」です。


☆晴れ。

昨夜はグラっと来て、飛び起きましたよ。

◆http://www16.ocn.ne.jp/~eakira/
アキラの地震予報

只今、地震予報公開試験中! 2012.(05/24 08:29更新)
アキラ・メソドにより、科学的根拠を基に、地震発生予測を致します。

より抜粋、


☆予報発信中!(05/20 22:46発信)2012.
本日 05/20 良く晴れて東北・北海道地方中心としてアキラ・メソドが作動しました。
その影響範囲は、関東甲信越地方~サハリン・千島列島に及びます。


☆予測した地震が発生しました。
05/24 00:02 青森県東方沖 M6.0 震度5強 深さ50km



「大間原発」工事再開など、とんでもないわなぁ。

六ケ所村の沖ですよ、震源は。 ドカンと来たら北海道が住めなくなります。

しかも海上交通の要衝・津軽海峡、目の前、テロ攻撃に極めて脆弱ときておる。

恐ろし、危うし。



さて、東京スカイツリー、三題です。

関東大震災もありうるわけで、本当に大丈夫なのかねぇ、

◆http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-633.html
陽光堂主人の読書日記 2012-05-22
◎「東京核テロ情報」を検証する

より抜粋、

ただ、今日は東京スカイツリーが開業する日で、これを狙ってテロが計画されている可能性はあります。
テロ騒ぎが起きれば、パニックに乗じて政府は好き放題できるようになります。
(核兵器は使われないと思いますが) 

東京スカイツリーは世界一の電波塔であり、人が大勢集まりますから、狙うには格好の標的です。
高さが世界一ということで、バベルの塔を連想しますし、
地下部分と合わせれば「666メートル」になるという説もあります。
地上部分の「634メートル」は、「ムサシ」という言葉の語呂合わせになっています。

今日から暫くは東京スカイツリーに多くの人が集まり、話題をさらうことでしょうが、
裏で悪巧みを行う絶好のチャンスで、むしろそちらの方が気掛かりです。
政府の動向には目を光らせておく必要があります。

東京スカイツリーは電波塔で、強力な電磁波を発出しますから、心身に悪影響を与える可能性が大です。
(東京タワーの下を自動車が通ると、車載コンピューターなどに不調をきたすことがあると言われています) 
テロの可能性もありますから、余り近寄らない方がよいでしょう。



小林清親、二枚目、



「大川岸一之橋遠景」です。



◆http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/271135588.html
心に青雲  2012年05月23日
東京スカイツリーの悪趣味


昨日、22日に東京スカイツリーが開業したそうだ。
あの電波塔のデザインの悪さは極めつけだと思うのは、私だけだろうか?
それに、電波塔としては世界一なんていう高さ自慢、のっぽ比べが実にくだらない。

テレビのニュースでは、インタビューされた地元の人が「誇りに思う」と喜んでいたけれど、
アホか! であった。お前とは何の関係ないことなのだよ。
自分が建てたわけでもない塔が地元にできたからといって、誇りだというのは、
完全に言葉の遣いかたを間違えているし、人間として情けないかぎりだ。

スカイツリーを建てたのは、そもそも東京タワーでは当時より多くなった放送局が
発信しきれなくなったとか、東京に高層ビルが多くなって電波の届かないところがあって困ったからだ
と説明を受けてきた。しかし新聞記事によると、本当は、
別にテレビが見られないという公共性は皆無だそうだから、呆れる。

事、テレビ電波の問題としては電波塔はなくても良かったのだ。
じゃあなぜ建てたか、世界一の塔にしたかというと、
下町のあの辺りに東京名所を作りたかったかららしい。
NHK、民間放送局と総務省と東武電鉄、それに押上あたりの地元が、物見遊山の客を集めて
儲けたいためにおったてたのだ。
600メートル級の電波塔を建てないと電波事情が悪くなる、は、口実だった。

たしかに墨田区のあたりは、これといった観光名所が乏しい。
東京の中では取り残されている感じではあった。だからなんとか集客を、の願いがあったのだろう。
しょせんはその程度のものである。だからあんなものをわざわざ見に行く気はさらさらない。
高いところから東京の町並みを見、遠くの富士山や筑波山が見えたところで、
何も大喜びするようなことではない。

http://www.ecobeing.net/ecopeople/peo50/peo50p3.html
上記サイトにスカイツリーを設計した人の記事があるが、言っていることが支離滅裂である。
意味不明。あの形状は、美しいフォルムでもなければ、周辺の風景と調和もしていない。
東京の街にまた一つ違和感のある構造物が出現した程度のことだ。
設計者の顔を見ると、なるほどああいう趣味の悪い塔をデザインするわけだなと思える。

スカイツリーの「基本理念」がこれまた馬鹿げている。
「時空を超えたランドスケープ」だと。
もうこれは言葉だけ華やかにしてみせたみっともないコンセプトである。
ランドスケープとは、Wikipedia では
「景観を構成する諸要素。ある土地における、資源、環境、歴史などの要素が構築する政治的、
経済的、社会的シンボルや空間。または、そのシンボル群や空間が作る都市そのもの」とある。

日本語で言ってほしいものだが、
まさに外国語かぶれの底の浅い人間が、思いついた用語でしかしない。
それが「時空を超えた」となればいっそう、わけがわからない。
押上周辺は江戸情緒が残る町並みがあると、事業主体の会社は説明するが、
押上近隣に江戸情緒の残る町並みなんてない。ウソをつくんじゃないよ

あのあたりは、別にバカにするわけではないが、東京のなかでは開発がちょっと遅れた街で、
せいぜい昭和の名残が街にあるか… でしかない。
それはそれでいいじゃないかと思うが、だから地元としては新宿や渋谷、
あるいは東京の西にある私鉄沿線のこぎれいな、しゃれた商店街なんかのにぎわいを、
墨田区にも作りたかっただけのことである。
それを苦し紛れに「時空を超えたランドスケープ」などと、趣味の悪い宣伝文句をこじつけたのだ。

それにつけても、2000円も3000円も払って展望台にあがりたい人の気持ちが理解できない。
東京の薄汚れた街を見下ろしても何の感動もあるまい。 退屈じゃないんだろうか?




辛辣ですなぁw

2000年頃だったか、母が上京したので、「はとバス」夜の観光ツワーで、

東京タワーに登ったことがあります。 夜は長年の東京暮らしでも初めてでした。

ま、光の洪水というか、無秩序に延々と広範囲に光が ・・・

俺はこんなところで暮らしてきたんだなぁ、と。 感慨がありました。

原子力の光なわけですよw まだまだ派手さはあった。

東京スカイツリーからはどうかな? 原子力の光ではないわなぁ。

LEDが多くなったから地味目なのかな? 暫し落ち着いてから、行くとすれば夜の展望だろうね。



小林清親、三枚目、



「今戸橋 茶亭の月夜」です。


◆http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/
たんぽぽ日記  2012年05月23日
紫の罠


東京スカイツリーが開業した。金環日食に続きテレビ局はお祭り騒ぎ。
その影で今日の生活に困っている人が大勢いる。

一年ほど会っていない知人から電話があり、自殺を考えているから最後の電話をしたと言ってきた。
2時間近く電話で話し説得したが、効き目はあまりなかったようだ。

20年以上会社を経営しているが、先物取引やFXに手を出して、2千万円くらい借金があるらしい。
破産して出直せばよいことなのだか、いくら説得しても聞く耳はない。
大王製紙のあの社長もきっと同じような心境なんだろうな。

金より人間の命の方がはるかに重たいはずだが、
この紫のベールに覆われた世界では、金の方が人間より重要視される
金持ちは他人の命を助けるために金を出さない
いや、自分の子供には出しても、金で助かる兄弟の命さえ救わない。だから金持ちでいれるのだ。

スカイツリーがライトアップされた姿は確かに美しい、だがブルーとパープルという、
いずれもバールカラーに彩られたスカイツリー
を見ていると、もの悲しくなってくる。

特にフェニキアの紫の光は、タワーとこの国の行く末を象徴しているように見える。

フェニキアとは、紫を意味する言葉と言われる位、
古代フェニキアがムレックス(巻き貝)から取り出した紫の染料は高貴で貴重な商品とされた。
(http://sokubun100.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-a82f.html ご参照)

なんでもないものを、ちょっとした技術とストーリーをつけて
高価な商品に変えてしまうフェニキア人の商い
が、
あの古代のニューヨークであるツロ(レバノン)やカルタゴを生んだ。
そのテクニックは、現代世界で最も持て囃されている。

その代表が先物取引やFXなどの騙しの商品なのだ。

その紫の明かりに照らし出された東京、このタワーが、紫を愛する人々の思惑によって建てられたとしたら、
あの古代フェニキアの神バールのタワー、
つまりバベルの塔のように、人間の堕落の象徴として崩れ去ることだろう。

悲しい色やね、私には紫に煙る東京スカイツリーがなぜかもの悲しく見えてしまう。
「知らぬが仏」
何にも知らずに死んでいった方が幸せだったかも知れない。
ただ、人よりどうしても気づいてしまう私のこの悲しい定めは、自分にも止めようがない。

古代フェニキアの、あの冷酷な富への執着心が、国を滅ぼす結果を招いたのだが、
日本もミニフェニキアの道を歩んできたー

あのツロように(つまりイエスのように)磔にされ、
そして、カルタゴのようにもやされる、
なぜ最近火事ばかり起きるのか、考えた方が良い



ひとつの暗喩なのだが、さて、はて。



コメント

山ホトトギスⅣ

2012-05-23 10:40:53 | Weblog
 画は橋本(揚洲)周延 ようしゅうちかのぶ

 天保9年~大正元年(1838~1912)   作


  「千代田の大奥」 「花菖蒲」です。


☆雨模様、朝ヒンヤリ。

まずは、

◆http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-2439.html
【大脇道場】2012.05.23
◎NO.2581 経団連の甘ったれた身勝手きわまる「提言」と湯浅誠氏と

より抜粋、

さる5月15日、経団連が
「成長戦略の実行と財政再建の断行を求める~現下の危機からの脱却を目指して~」
という提言を発表しました。
(概要→http://www.keidanren.or.jp/policy/2012/030_gaiyo.pdf)


その内容たるや消費税は増税し、法人税は引き下げ、企業の社会保障負担も引き下げるという代物。
まったく、甘ったれた身勝手きわまる要求です。

具体的には
①2025年に消費税19%、
②毎年の社会保障給付削減3;000億円、
③現行38.01%から2025年には25%まで法人税引き下げを求める・・・  内容となっています。


もう、繰り返し言ってきましたが、

★このスローガンを一気に拡げましょう!!!せ~の!

  福祉目的なんてウソっぱち!財政再建目的なんてウソっぱち!
   消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」!



論より証拠

この4月で23歳を迎えた消費税。
その税収は、導入以来、累計で238兆円。
同時期に大企業などの法人三税(法人税、法人住民税、法人事業税)などの減税が累計で230兆円


大企業をもうけさせ助けるために、庶民からの消費税が回されたわけです。
福祉や社会保障のためというのは真っ赤なウソです。



以下、しんぶん 赤旗 2012年5月17日(木)より。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-05-17/2012051701_01_1.html

  経団連 身勝手「提言」

  消費税19%に 増   法人税25%に 減  
  社会保障「毎年2000億円抑制を」


経団連の提言は、財界・大企業本位の政策の実行を「政局に左右されることなく」進めるために
「与野党」の取り組みの必要性を強調し、民主・自民の二大政党による悪政の競い合いを求めています。

経団連は、提言で消費税の増税と社会保障の削減という国民への「緊縮政策」を求めています。
しかし、フランスの大統領選挙、ギリシャの総選挙で、国民は「緊縮政策」に「ノー」を突きつけています。

国民生活を犠牲にする「緊縮政策」は、内需をいっそう冷え込ませ、経済も財政も破たんさせます

世界の財政政策を分析した国際労働機関(ILO)の「世界労働リポート」(2012年版)は、
「いま財政再建がたどっている道は雇用の増加を弱め、中期的な財政ポジションを悪化させることにつながる」とし、
「先進国では、失業者、特に若者が新しい職を見つけるのに適切な支援を受けることができるようにすべきだ」
と提言しています。

大企業を優遇して国民負担増による「財政再建」ではなく、働く人々の所得を増やして、
財政再建を目指す方向こそ世界の流れ
です。




周延、二枚目、



「東京名所」 「洲嵜汐干狩」です。



昨日の記事がらみで、

◆http://quasimoto.exblog.jp/18036591/
Kazumoto Iguchi's blog  2012年 05月 22日
「震災瓦礫の広域処理」が生む軋轢!: 日本全国放射能だらけになる!? 御愁傷様!?

より抜粋、

みなさん、こんにちは。

いやはや、ここに来て再び「あまりにいろいろのことが起きすぎて、ETの手も借りたい」状況になってきた。
「震災がれきの広域処理」のせいで、日本には安全に住む場所がなくなりそうである。

本来なら、「震災がれき」は、がれきやゴミといえども、被災者たちの立派な財産や資源である。
それゆえ、それを処理するのは被災者本人たちであり、それによってお金儲けすべきなのである。
もしそのための施設やお金がなければ、それこそ国が資金を援助し、
施設を構築して、被災者地域の人々の職場を生み出すべきなのである。


ところが、東電には何兆円も援助し、結局、経営できないから、今度は国有化するという。
いったいその金はだれの金だと思っているのだろうか? 
本来なら、東電だけでなく(正確に言えば、東電の原子力部門だけでなく)
他の電力会社の原子力部門を全部国有化すべきなのである。 そして、徐々に廃止していく。


最近知ったのだが、かつて中国は、有名なアヘン戦争
☆http://www.youtube.com/watch?v=DTfxbyGf6Cs&feature=player_embedded

で負けたために南京条約を結ばさせられて疲弊した。
満州もアヘンの汚染は深刻だったのだが、そのアヘン汚染を終結したのは、
なんと「アヘンの国有化」であったという。
国民の深刻な麻薬汚染を撲滅するためには、いきなりアヘンを禁止したら暴動が起こり問題が生じるだろうから、
一旦国有化して、勝手に売買できない状態にして、中毒者には国が面倒見る形を取り、
徐々にアヘンの総量を減らして行く。こんな方法を用いて、満州はアヘン中毒から復活したらしい。

世界史における歴史上の大問題であったアヘン中毒に対しても、この方法で処理で来たわけだから、
これを原子力中毒やパチンコ中毒に適用しない理由はないだろうというわけである。
したがって、永久に東電を国有化して、原子力部門を徐々に廃止して行けば良いのである。

しかしながら、小沢一郎がいったような、これから徐々に廃止して行けば良いという発想は、
国有化しない限り不可能だろう。民間企業が自分に不利になることを善意で行うというのなら、
そもそも民間企業になった理由がない
だろうからである。

民間企業というのは慈善団体ではないから、
(言葉は悪いが)他人に悪さがしたくて民間会社となっているわけである。
定義からして、民間会社が国民のためになることはしないのである。だから、儲かるわけである。
なぜなら他人から金をむさぼり取るわけだからである。


もちろん、パチンコ中毒も同様である。国有化、ギャンブルの国有化、これですべては解決できるのである。
おそらく、民放、NHKなども国有化すべきだろう。同様に、日銀も国有化する。

こうすれば、アヘン撲滅の法則に従って、日銀の国債中毒、NHKの韓国マネー中毒なども次々と解決できるはずである。
もちろん、今の民主党政権では無理だろうが。

さて、前置きが長くなりすぎたが、いよいよ「がれき広域処理」のために、
日本という国が、放射能汚染する前段階に来たようである。

そういう問題に関するYouTube番組をメモしておこう。


☆http://www.youtube.com/watch?v=EAL2uqGgKTk&feature=player_embedded
0120516 どうする震災がれき 第三弾 静岡県島田市

☆http://www.youtube.com/watch?v=YWLl_uKSWdU&feature=player_embedded
「瓦礫阻止!北九州1万人アクション」市民によるがれき検討会



まあ、貧乏県や貧乏市町村は、ちょっとした人参ぶら下げられると、
すぐに飛びつくのだろうが、非常に高くつくはずである。
いわゆる「目先の損得にこだわり、一生の損をこく」というやつである。
しかし、いったん放射性物質を放出させると、ウランは5億年、プルトニウムは2万4千年、
ストロンチウムは50年、セシウムは30数年、ヨウ素は7日の「半減期」を持つ。
半分になるまでにこれだけかかる。だからぜんぶ消えることはまずない


公務員は、国家地方に限らず、国民や市民などの納税者の健康を守るのが仕事である。
公務員が国民の命を守らないとなれば、もはや自衛のための正当防衛か、倒幕しかないのではないだろうか?

いずれにせよ、このまま行けば、日本もアフガンやイラク化はさけられないのだろうヨ。
そうなると、数で劣る在日韓国人/朝鮮人はどうなるのだろうか? 
もはや日本で住むことはできなくなるはずである。ちょうどクルド難民のようなものだろう。
どこへも行く先がなくなるはずである。今のうちに欧米に逃げておいた方が得策だろうが、
欧米も不況に喘ぎ、第三次世界大戦勃発の前夜にある。


したがって、これまでのように、日本国内で日本人とうまくやって仲良く暮らして行く他はないというわけである。
民主党政権は、在日外国人の傀儡政権であることはすでに証明されてしまっているが、
民主党の執行部は、こういうことを分からずに「瓦礫問題」などを好き勝手にやれば、
おそらく本当に日本は滅亡の危機に陥る
ような気がするというわけである。俺の妄想で終われば良いのだが?



わかったか、ど腐れ苫小牧市長・岩倉よ、

苫小牧市民の皆さん! こいつのリコールをやってください、北海道の危機ですぞ!



周延、三枚目、



「時代かゞみ」 「正保之頃」 「蝙蝠こうもり羽織」です。



そのまま居座るつもりじゃないのか?

◆http://oka-jp.seesaa.net/article/270961593.html
In Deep  2012年05月21日
朝鮮半島有事の際の 米軍による在韓米国人の「日本への退避計画」が明らかに


(訳者注) 朝鮮日報の韓国語版に興味深いニュースが出ていたので、ご紹介します。
タイトルにした通りの「有事の際の在韓アメリカ人の避難計画」についてなのですが、
かなり具体的であることと、避難者の引き受け地が「日本のみ」であることにやや驚きましたのでご紹介します。

これは海外駐屯向けの「星条旗新聞」に掲載されていたものがニュースソースだそう。

それによると、「北朝鮮との戦争で戦況がまずくなった場合」、


 ・22万人の韓国のアメリカ人と同盟国の民間人を日本へ避難させる


という計画で、具体的な計画としては、


 ・龍山基地(ヨンサン基地)に「避難統制所」を作り、身分確認

 ・空軍基地から沖繩の嘉手納基地へと避難

 ・あるいは、韓国の釜山から船舶で日本へ避難


という手順となっているようで、
すでに米軍は、避難統制所を設営し、龍山基地などに 18カ所の集合場所も作り終えているとのこと。

想像以上の「戦争前夜」の前線基地の様子が伺えます。

なお、今回はもうひとつ、同じ朝鮮日報に出ていた記事をご紹介します。それは、
「韓国が生物テロ対応の研究開発計画に着手」という内容の記事なのですが、その中に、
以下のフレーズがあり、あらためて、生物兵器の威力を思い出したからです。


  炭疽菌の場合だと、炭疽菌 10キログラムをソウルの一地点に撒布した場合、
  2万人から25万人の死者が発生すると推定される。

  また、車両や風を利用して炭疽菌を半径5キロメートルまでまき散らせた場合、
  死者数は最大で 60万人を越える可能性がある。



「安価で簡単な戦争」を目指しているはずの北朝鮮にとっては、
生物兵器の開発も EMP (電磁パルス攻撃)同様に大切なものであることがわかります。
銃を持った軍人がどれだけ突進していっても、
民間人60万人を一気に死傷させるなど、夢のまた夢。 しかし、生物兵器にはそれができる。

いろいろな国が生物兵器の開発をやめないのは、この手軽さにあります。
ただし、使い方を誤ると、「壮大な自滅テロ」にもなり得るものですので、そのあたりが問題なのかもしれません。

今のところ、韓国では、天然痘の治療薬や、ペストのワクチンなどの開発も進んでいるようです。

ところで、日本にはテロ兵器への対策(治療薬やワクチンの開発など)というものは存在しているのですかね・・・。
ま、いいか。

そういえば、以前、

・「 EMP 攻撃シミュレーション」だったとすると完全な成功を収めたように見える北朝鮮のミサイル実験
  http://oka-jp.seesaa.net/article/265013890.html
  In Deep 2012年04月17日

という記事を書いたことがありましたが、韓国の聯合ニュースで、
「北朝鮮が意図的にミサイル墜落の可能性=米専門家」という報道があり、


  北朝鮮が4月13日に発射した長距離弾道ミサイルについて、米国のミサイル専門家が、
  北朝鮮が意図的に墜落させた可能性があると指摘した。

  デビット・ライト博士は北朝鮮情勢分析の米ウェブサイト「38ノース」上で、
  発射当時の韓米両政府と北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)の発表や
  メディアの報道内容などを分析して描いた飛行・落下過程のシナリオの一つとして、
  北朝鮮による意図的な墜落を挙げた。



とのことです。

このデビット・ライト博士という人は、
軍事パレードの大陸間弾道ミサイルを「ハリボテ」と見破った人でもあります。

それではここから今回の記事です。



北남침 철수 주한미군, 누구 데리고 떠날까
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2012/05/21/2012052102418.html
朝鮮日報 (韓国) 2012.05.21

北の韓国への侵攻時、在韓米軍は誰を、どのように退避させるのか


北朝鮮軍が南侵(韓国への軍事侵攻)すると仮定してみよう。
もし、韓国にとっての戦況が不利になり、在韓米軍が撤収する状況まで至った場合、
米軍はどのように撤収するのだろうか? 
そして誰を連れて撤収するのだろうか?


これに関して米国は、
「韓国駐在のアメリカ人と同盟国の一般民、そして韓国市民など 22万人を日本に避難させる」
という具体的な計画を用意していることがわかった。

朝鮮半島での有事の際に、アメリカが何人の民間人を避難させるかについての
具体的な規模が示されたのはこれが初めてのことだ。


5 月21日の海外に駐留する米軍向けの新聞「スターズ・アンド・ストライプス(星条旗新聞)」によれば、
在韓米軍(米8軍) の関係者は、 5月17日、
米軍待避訓練「コレイジョス・チャンネル」( Courageous Channel )と関連して、
「戦争が起きれば、韓国から撤収させなければならない民間人は 22万人ほどになる」と明らかにした。


この関係者は、「韓国には 2万8500人の米軍と、その他にも 10万人ほどのアメリカ人の市民がいる。
これらを全員退避させるためには毎年訓練をして、退避作戦に熟逹しなければならない」と述べた。

米軍側は韓国に居住するアメリカ民間人を約 14万人と推計している。

ここに米軍が想定した避難対象者である同盟国の市民 8万人を含めると、
米軍の支援を受けて日本に避難する民間人の数は約 22万人になる。

同盟国の市民としては、日本、カナダ、ヨーロッパなどの国籍を持った人々と、一部の韓国人が含まれると推定される。

韓国軍関係者はこれと関連して、星条旗新聞に、
「アメリカ人以外に、在韓米軍の家族と軍務員、そして、アメリカ国籍の政府官僚などが避難の対象者になる。
これらの中で、志願者たちは有事の際、米軍の龍山(ヨンサン)基地の「避難統制所」で避難対象者の身分を確認し、
輸送機と船舶で日本に移送する作業を支援することになるだろう」と明らかにした。

軍関係者によれば、すでに、米軍は龍山基地などに 18カ所の集合場所と、避難統制所を設置した。
緊急状況が発生した場合、全国各地のアメリカ民間人たちはここに集まる。

その後、烏山(ウサン)空軍基地を通じて日本の沖繩の嘉手納基地に移動したり、あるいは、
軍が提供する列車を利用して釜山に移動した後、船舶に乗って日本に出発することになる。



(訳者注)ここからもうひとつの記事です。


생물테러 대응 연구개발 계획 수립 착수
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2012/05/21/2012052102005.html
朝鮮日報 (韓国) 2012.05.21

◎生物テロ対応の研究開発計画に着手

<略>



在日米軍は「役立たずの居座り強盗」に過ぎません。

家族連れでレジャーランド暮らしの「タカリ屋集団」です。

その追加など冗談は顔だけにしてほしいねぇw

厚顔無恥、鉄面皮そのもの、 いいなりで甘やかすものだから。 

厄災の根源は「日米安全保障条約」です。 廃棄通告あるのみですよ。

南鮮防衛を無理やり強いられておるわけだ。 国土、税金をむしられて。

何度も書いておりますが、「半島のことは、半島人が決めればよい」、

日本は関係ない、迷惑はゴメンだ、寄ってくるな、ということに尽きる。

まさに疫病神ということですなぁ。



コメント

山ホトトギスⅢ

2012-05-22 10:29:05 | Weblog
 画は井上 安治(やすはる)

 元治元年(1864年)~ 明治22年(1889年)   

 明治時代前期の浮世絵師、版画家。

 小林清親の一番弟子とされ、光線画に優品を残す。    作


  「亀井戸藤」です。


☆晴れ。

まずは、

◆http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-bf2d.html
植草一秀の『知られざる真実』
2012年5月22日 (火)
筋違いの増税主張を礼賛する日経新聞の劣化


国会でようやく消費増税論議が始まったが、メディアは金環日食一色である。


5月22日はスカイツリー一色になるのだろう。


そうして、7月27日から8月12日まではロンドンオリンピックが開催されるから、
オリンピック一色になるだろう。


その前の6月3日からはサッカーワールドカップのアジア最終予選が始まるから、
サッカー一色になるのだろう。


NHKは消費増税の賛成論と反対論の全面討論をまったくやらない


意図的に徹底論戦を行わないのだ。


こんな状況で公約違反の消費増税を決定することは許されない。


<略>



日経の過去の「支那礼賛」記事、「支那進出に乗り遅れるな!」大キャンペーン。

罪が重いねぇ、 NHKこれまた然り、工作員だらけだ。

彼らの逆目に真実これあり、なのですよ。



井上 安治、二枚目、



「柳橋夜雨」です。



こいつのリコール始めたほうがよいわなぁ、

人相が卑しい、自民党・衆院落選市長w 岩倉、

◆http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/55775456.html
日々雑感 012年05月11日
がれきを受入れたくて仕方がない苫小牧市(市長) がれき受け入れ基準の方針固める

以前も取り上げましたが、
⇒震災がれき受入れ、なぜ北海道内で苫小牧だけがこんなに積極的なのか
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/55386495.html

苫小牧市着実に受入れ準備、進んでます。もうちょっとです。

___________________________________________

再生利用前後100ベクレル以下 苫小牧市がれき受け入れ基準の方針固める
(2012年 5/11)

苫小牧市は、東日本大震災の災害廃棄物(がれき)の受け入れに関する市の基準の考え方について、
再生利用する原料段階と製品化後のいずれも1キロ当たり放射性セシウムの値を100ベクレル以下とする方針だ。
これは国のガイドラインをより厳格化した考え方。今後最終調整を経て、来週にも岩倉博文市長が会見で表明する見通しだ。

国のガイドラインでは、がれきを再生利用した製品の安全の目安について、
1キロ当たりの放射性セシウムの濃度を100ベクレルとしている。ただ、
ガイドラインでは製品化前の原料段階の基準(入り口の数値)は示されていない。再生利用する場合、
仮にある程度高い値でも、ほかの材料との配合などで濃度は低くなる可能性が想定される。

このため市は安全性を重視し、入り口の原料段階も同100ベクレル以下という基準で管理する考え。
これは既存の廃棄物処理法で、放射性廃棄物として取り扱う必要がなく、
通常のごみとして取り扱う対象となる基準値で、原発事故前から適用されてきた。

http://www.tomamin.co.jp/2012t/t12051101.html
___________________________________________

上記の記事を見て、苫小牧市が埋め立てを主眼に置いているわけではなく、
あくまでも再生利用に重きを置いていることがよく解ります。

そう、なぜなら、岩倉市長は(株)イワクラの一族で

木質ペレットの製造及び販売がお得意だから
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/55386495.html

日々雑感に頂いた情報で、市長の案として
「瓦礫の木材を受け入れ→ペレット→合板(復興ボードと言うらしいですw)→被災地に」
というのも出てるらしいです。

タダで材料を仕入れ、市には金が落ち、作った製品の販路まで確保しようとする。
まさに商売人の鑑です。



がんばれ!市長!
被災地復興の為! イワクラグループの為!



腐れ外道のせいで、北海道農業が大打撃を被るわなぁ、風評でも致命傷になるご時世だ、

再掲ですが、


◆◆http://satehate.exblog.jp/17733993/
さてはてメモ帳  2012年 03月 28日
◎ガレキ拡散の真の目的とその黒幕について 石川栄一
__________________________________________________________

☆http://shugakukai.shakunage.net/gareki.html
ガレキ拡散の真の目的とその黒幕について
2012年3月27日
元 北海道大学 文部科学技官 石川 栄一


私は、生まれも育ちも生粋の道産子です。
この度の札幌市長の「ガレキ受け入れ拒否」について、強く支持すると共に、安心しているところです。
東日本大震災の被災地のガレキは、各方面で問題になっているように「助け合い」や「絆」といった綺麗事ではなく、
利権やTPP問題などと深く結びついていると思います。

利権だけを取り上げますと、原発交付金(電源三法交付金)と共通するところもあります。
原発誘致の道や県そして周辺市町村には、億単位の巨額の原発交付金が交付されますが、それ以外の市町村には交付されません。
野田内閣の要請に応じて、市町村がガレキを受け入れれば、通常のガレキ受け入れよりも、莫大な補助金を受け取れるかもしれません。

参考までに、東京都のガレキ処理は、東京電力が95%株式を持つ「東京臨海リサイクルパワー」が請け負っています。
これを「マッチポンプ」と呼んでいます。また、静岡県島田市の場合ですが、元々桜井勝郎島田市長は「桜井資源株式会社」の社長で、
今も親族が社長を務める同族会社です。
桜井勝郎市長は、被災地のためではなく、親族の私腹を肥やすためにガレキを受入れていると指摘されても仕方がないと思います。

しかし、今回のガレキの拡散には、他に【重要な目的】があると、私は考えています。
それはTPP参加の問題です。
その理由は、もし北海道の市町村がガレキを受け入れ、
ガレキを焼却処理したことで排出される「放射性焼却灰」により農地が汚染されますと、
北海道の農業や酪農そして漁業など、一次産業が甚大な影響と大きなダメージを受けることになるでしょう。


野田政権の目的は、「実害」でも「風評被害」でも、北海道を初め、全国の一次産業がダメージを受ければ、
TPP参加に対する反対勢力の力を弱めることが出来ます。

そのように極端に考えなければ、北海道から沖縄の果てまで、放射性物質が付着したガレキを拡散する必要がないからです。

この度、上田札幌市長が、「ガレキ受け入れ拒否の理由」の中でも申しているように、
放射性物質が付着したガレキを移動させたらいけないと思っています。また、
放射性ガレキの移動は、国際的にも行わないことが常識になっています。

本当に安全なガレキであれば、被災地の防潮堤に利用したり、三陸沖に埋め立てるなど、
現地で幾らでも処理することができます。 さらに被災地の雇用の促進にも繋がるでしょう。

私は、野田内閣が進める「ガレキ拡散」の黒幕として、
TPPへの参加を強く唱えている経団連と政財界の有力者らであると思っています。


元・経産官僚の高橋はるみ知事のガレキ受け入れで、
北海道の農地に、多かれ少なかれ死の灰(放射性焼却灰)が降り注ぎます。
結果的に、北海道の一次産業がダメージを受ける事になるでしょう。

しかし、黒幕にとっては、「実害」でも「風評被害」でも、
第一次産業の反対勢力にダメージを与えて力を削ぎ、「TPP参加への目的を達成」できれば、
第一次産業など、どうなっても良い事なのです。

このように、権力者が反対勢力を潰すことは、過去に、いくらでも、例がありました。

例えば、国のエネルギー政策を石炭から石油に切り替えた結果、石炭産業が潰され、
また原発推進のために、反対勢力である各種団体や学生組織、労働組合などの団体が潰され、あるいは縮小されてきました。

私は北海道に限らず、日本全国で、ガレキ受け入れに拒否して頂き、第一次産業を守らなければ、
食糧自給率が0パーセントになる
と危惧しています。


【参考資料】
2012/3/23
【上田札幌市長】 東日本大震災により発生したがれきの受入れについて 
>>> http://datsugen-aichi-nagoya.net/?page_i


                                          2012/03/27
                                           石川栄一

本文書の主な 送付先
(2012/03/28現在)

<略>


瓦礫は市街地等には もう残っていません
証拠写真> http://www.boston.com/bigpicture/2012/03/japan_tsunami_pictures_before.html

__________________________________________________________



井上 安治、三枚目、



「江戸橋之景」です。



毎度笑える通常運転、とにかく見栄っ張りw

◆http://blog.shadowcity.jp/my/2012/05/post-336.html#more
ネットゲリラ (2012年5月22日)
衛星はフランス製、ロケットは日本製

サムソンの研究所って、横浜にあったりするんだよね。
日本企業が研究所を閉めて技術者をどんどんリストラしてるもんで、それをゴソッと抱え込んでる。
資本はユダヤだし。まぁ、アレだ、グローバリズムに乗って、世界中からカネを集めて、
世界中から技術者雇って、世界中にモノを売って、それで儲かりゃいいという会社なので、
いくら「韓国」企業が儲けても韓国民はちっとも豊にならないし、シアワセにもならないという、
まぁ、あとはネットで空威張りするくらいしか欲求不満のハケ口がないので、考えてみりゃ可哀そうなもんだ。


☆http://www.j-cast.com/2012/05/21132796.html
2012/5/21
「アリラン3号」は韓国が打ち上げた?
  韓国TVは「H2A」ロケットの「日の丸」「NIPPON」を消す


国産ロケット「H2A」21号機が2012年5月18日に種子島宇宙センターから発射され、
05年2月の7号機以降、15回連続で打ち上げに成功した。

実は、「H2A」には韓国の観測衛星「アリラン3号」も搭載していた。
韓国のテレビ番組は大特集を組んだが、打ち上げた「H2A」の映像には
日本の国旗「日の丸」と、「NIPPON」の文字が消され、
しばらくするとなぜか「KOREA」の大きな文字が入った「H2A」と似たロケットも現れた。

ロシアよりも100億ウォン以上も安い193億ウォン

今回の「H2A」21号機には日本の地球観測衛星「しずく」と、
韓国の「アリラン3号」を搭載して打ち上げられた。
「アリラン3号」は、ロケットを開発した三菱重工業が初めて受注した海外の人工衛星で、
日本の宇宙ビジネスを拡大するきっかけとして期待されていた。

朝鮮日報の日本語電子版(12年5月19日付)によれば、
日本の「H2A」ロケットを選択したのは、格安の打ち上げ費用を提示されたからで、
ロシアよりも100億ウォン以上も安い193億ウォン(約13億円)だった、としている。

「H2A」21号機の打ち上げ成功は韓国でも大々的に報道され、
その一つ、韓国国際放送交流財団「アリランTV」も「KOREA TODAY」で特集を組んだ。
「アリランTV」は英語放送の海外向けテレビで、世界180カ国以上で視聴可能。
番組では今回の衛星がいかに優れているかという説明と、開発までの道のり、
そしてこの観測衛星を使った今後の展望などが紹介された。

番組では「H2A」21号機の説明もあり、その動画が「ユーチューブ」にアップされると、
ネットが騒然となった。「H2A」のボディから「日の丸」と「NIPPON」の文字が消されているばかりか、
「H2A」21に似たロケットが現れ、ボディには大きく「KOREA」の文字が描かれていた、というのだ。

JAXA(宇宙航空研究開発機構) が公開している資料では、「H2A」21号機のボディには、
韓国の国旗が付いた「アリラン3号」を先頭に、「しずく」、三菱重工、日の丸、
そして大きく「NIPPON」の順で絵と文字がペイントされている。


JAXA広報「コメントは特にありません」

この「ユーチューブ」動画は現在まで9万回以上閲覧され、批判が殺到している。

「なんだあの捏造CG? 何でNIPPONの文字と、日本国旗が消されてるんだ?」
「ロケットも衛星も『外国製なのに』さも自前の様に、しかも国旗まで」

といったものや、「このロケットは日本の技術で作られた国産ロケットで韓国製ではありません。
日本のこれからの宇宙ビジネスに期待してください」などと英語で説明するコメントも相当数書き込まれている。

JAXA広報は、今回打ち上げた「H2A」21号機は公開資料にあるように
日本の国旗と「NIPPON」の文字が描かれているが、韓国の放送では見当たらない、とした。
また、「KOREA」の文字が描かれているロケットは「H2A」ではなく、
おそらく韓国が開発中のロケットで、自力で人工衛星を宇宙に運びたいというアピールなのではないか、という。
ただし、今回このような番組が制作されたことについては、

「コメントは特にありません」

ということだった。



サムチョンは外資比率6割なのだとか? ユダ金が株主のようだねぇ。

資本財、基幹部材は日本製w  技術開発はスカウトした日本人が担当し、パクりまくるのみ。

つまり「生殺与奪の権」は日本が握っておるわけだ。

国交停止で即倒産、ということだが、「国民経済」を考えれば、はや放鳥の時期を過ぎておるわなぁ。

鵜匠の手を噛むキ印鵜は放鳥ですよ、飼うことはないのさ、荒海に放つべし。




コメント