ギャラリー酔いどれ

売れない絵描きの世迷い言&作品紹介

皆様どうぞ良いお年を

2014-12-27 11:09:42 | Weblog
 画は 鈴木 春信(すずき はるのぶ)

 享保10年(1725年)? ~  明和7年(1770年)     作


  「寶船」です。


 勝手ながら当ブログ、年内は本日まで、とさせていただきます。

 皆々様のご来場、ご観覧、心より感謝、厚く御礼申し上げます。
 
 どうぞ皆様、くれぐれも良いお年を!

 年明けは5日頃、再開を予定しております、来年も何卒宜しく。


☆曇り。

まずは、21世紀の鍵を握るロシア、

◆http://japanese.ruvr.ru/2014_12_25/281709331/
ロシアの声 12月 25日 ,
ロシアと日本は 私たちが思っているよりも近い


http://cdn.ruvr.ru/2014/12/25/1499236801/9highres_00000402101848.jpg

日本は数世紀にわたって独特の文化を培ってきた。

しかし日本人は、西洋文化の「侵入」と共に、
外国の習慣の多くの側面をスポンジのように吸収した。

そのうちのいくつかは日本文化に取り入れられ、
宗教的な意味合いは取り除かれた。 クリスマスもその一つだ。

ロシアのクリスマスは1月7日

ロシア人にとって最も大切な祝日はクリスマスではなく、お正月だ

ロシアでは長い間、新年の始まりは9月1日とされていた。

しかしピョートル1世の命令により、1700年からは他の欧州諸国と同じように、
12月31日から1月1日にかけて新年が祝われるようになった。

このように、伝統の借用によって民族の文化が豊かになるプロセスは、
非常に古い歴史を持っている。そしてこのプロセスは、現在も続いている。


近年、世界中の若者たちが、興味深い習慣、伝統などを互いに取り入れている。

ロシアと日本を例にした文化的影響について少し挙げてみよう。

最近、バレエ、クラシック音楽、フィギュアスケートなどで、
日本の若者の活躍が目立っている。ロシアの影響があることは確かだろう。

来年6月15日-7月3日にかけて、モスクワとサンクトペテルブルグで
第15回チャイコフスキー国際コンクールが開かれる。

日本からも音楽家たちが参加するはずだ。
サンクトペテルブルグのマリンスキー劇場、モスクワのモスクワ・クラシック・バレエ団、
沿海地方ウラジオストクのオペラ・バレエ劇場など、ロシアの有名な劇場では、
日本のダンサーやバレリーナたちが研修を受けるだけではなく、団員としても働いている。

日本フィギュアスケート界のスターである羽生結弦選手、町田樹選手、無良崇人選手、
小塚崇彦選手、浅田真央選手などは、ロシア人および世界の他の全ての
フィギュアスケート選手たちの強力なライバルとなっている。

恐らくここでも、ロシア人選手たちの影響があったに違いない。
日本には特に、ロシアのエヴゲーニー・プリュシェンコ選手のファンがたくさんいる。

プリュシェンコ選手は2015年1月16日から国立代々木競技場第一体育館で開かれる
「メダル・ウィナーズ・オープン」と、1月23-25日に神奈川県で開催される
「かながわフィギュアスケート・フェスティバル 2015」に出場する予定。

プリュシェンコ選手の日本訪問を前に、ロシアスケート界ナンバー1のプリュシェンコ選手に、
日本のファンたちが、同選手を描いたロシアの民芸品マトリョーシカを送ったという。
心温まる話題だ。


ロシアでは、日本語学科のある大学へ入学を希望する若者が増えている

アニメ、漫画、J-rock などの日本のポップカルチャーが、「日本語を学びたい」という
ロシアの若者の動機になっていることが多い。

彼らは日本語の「いろは」を習得したあと、多面的な日本文化の別の側面を知るようになる。
モスクワ国立大学付属アジア・アフリカ諸国語大学・日本語学科のステラ・ビィコワ教授は、
日本に関心を抱くロシアの若者たちについて、次のように語っている。

「なぜ日本への関心は冷めないのでしょうか? それは日本文化への関心があるからです。
その日本文化は、私と同世代の人々が関心を抱いていたものとは違い、
アニメ、漫画、コスプレなどですが、これも日本の現代文化の要素です。

なぜなら日本は今、現代文化の面でも世界にたくさんのものを発信し、近年では、
まさにこれが最も重要視されている
からです。
特に女の子が多いのですが、漫画あるいはアニメを好きになって
日本について学び始めた若者がたくさんいます。彼らは将来の職業について考えてなどいません。
彼らはただ好きなだけなのです。
私はこの文化的要素が大きな意味を持っていると結論付けることができます。
彼らのうちの多くは、時の経過と共に、
古典的な日本文化や伝統的な日本文化に精通し始めます。

その他、大学には、とても博識な学生たちが入学してくるのもとても嬉しいことです。
彼らは情報の50-60パーセントをインターネットで入手しているようですが、
彼らは日本に十分詳しいのです。私はこれを嬉しく思っています。
学生たちが、以前は高名な学者しか知らなかったような歴史的事実を
たくさん知っていることもよくあります。」


モスクワには、「忍者スクール」がある。

同忍者スクールのアレクサンドル・バイコフスキー先生は、次のように語っている。

「ロシアの忍者スクール『カテダ流』は、1990年にモスクワに設立されました。
同スクールは、ユニークな芸術『忍び』を保存し、オリンピック競技ではないものの、
日常生活で有益な武道の普及を目的に創設されました。

ロシアの忍者スクール『カテダ流』は、ロシアおよび日本でも広く知られています。
2009年に非常に重要な出来事が起こりました。
忍者スクール「カテダ流」が、日本武道館や日本古武道協会のような
日本の公式な組織で認定され、メンバーとなったのです。

そして『カテダ流』は、日本で公式に認定されたロシア初の忍者スクールとなりました。
証明書もあります。現代の武道のシステムでは、このような証明書が発行されることは、
日本のスクールにとっても珍しいことです。

これは、武道史上において稀なケースで、忍者スクール『カテダ流』が、
日本の文化や伝統の基盤に関わっていることの証明でもあります。」


モスクワには、有名なイシジマ3人姉妹もいる。
姉妹の母親は、女優であり、現在は家具の柄のデザインをしている。
父親は劇場の演出家で、日本人とのハーフ。
姉妹の祖母であるイシジマさんは、モスクワで通訳として働き、
結婚してモスクワに残った。3人姉妹の中に、将来有望なファッションデザイナー、
イシジマ・ソーニャさんがいる。
ソーニャさんは、非常に魅力的なライフスタイルを持つ女性だ。
ソーニャさんは、2つの豊かな文化の中で育ちながら、それを吸収し、
日本文化の繊細さと、ロシア文化の幅広さを自分の作品に取り入れ、組み合わせた。

ソーニャさんは自身の作品について、次のように語っている。

「私の性格は完全にロシア人です。私はロシアで育ち、ロシアで生活しています。
ですが日本は私に色彩、調和、優雅さの感性を与えてくれました。
これは、私が日本人に対してとても高く評価しているものです。
例えば着物です。着物は素晴らしいものです。古い着物の中には、
20世紀のアヴァンギャルド絵画の彩りに劣らないものもあります。
着物の色の組合せの中には、
20世紀になってようやく欧州へ伝わった独創的なものもあります。
着物制作に関する日本の伝統芸術の中で、これはとても古い時代から存在していました。
私にとっては驚くべき発見でした。」

イシジマ・ソーニャさんの作品の主なコンセプトは、優雅さと愛らしい女性らしさだ。
ソーニャさんは現在、日本の印象を下に、春物新作コレクションの準備をしている。

ロシアと日本の接点は、他にもある

ロシアと日本は、私たちが思っているよりも近いのではないだろうか




◆http://japanese.ruvr.ru/2014_12_26/281726009/
ロシアの声 26.12.2014,
ロシアが歴史再考を提案、 広島長崎の原爆投下は永遠の犯罪


http://cdn.ruvr.ru/2014/12/26/1499254507/9Atomic_bombing_of_Japan.jpg

ロシア下院議長でロシア歴史協会の代表を務めるセルゲイ・ナルィシキン氏は、
第2時世界大戦戦勝70周年を目前に控え、
1945年の広島長崎への原爆投下の悲劇を国際法の観点から見直す提案を行った



ナルィシキン氏は、原爆を日本の一般の都市に投下した事実は
軍事的観点からも正当化できない
とし、その理由を
軍事主義国日本に対する勝利を確実なものにしたのは主に、
関東軍を大破したソ連軍だった
からだと説明している。

ナルィシキン氏は、米国の行動は相手を脅かす目的で行われたものであり、
その結果犠牲となったのは数十万人の一般市民だったことを強調した


ナルィシキン氏は事実上、この事実は人類に対する犯罪と非難し、
時間の経過で色あせることは無い
と主張している


ナルィシキン氏の声明には日本の注目を惹かないではいられなかった。
有名な日本人ロシア専門家で青山学院大学名誉教授、
現在新潟県立大学で教授として教鞭をふるう袴田茂樹氏は、
次のようにコメントしている。

「私自身5年間ソ連で勉強したのでよくわかりますが、ソ連の大学や学校の教科書では
広島長崎の原爆について
日本人に非常に同情的な見方がなされている
という気持ちを抱きました。

同時に当時は冷戦時代でしたので、日本に対する同情だけでなく
米国への批判が非常に強かったとも感じています。

米ソが厳しい対立をしていましたので、米国批判としてもっとも重要なポイントとして
広島長崎の原爆投下の問題が扱われていたと考えています。

その後ロシア時代になって広島長崎の原爆問題が特別に重要な歴史上の問題、
特に米国を批判するためのひとつのテーマとしてとりあげられる、
そういう雰囲気はかなり後退していたように思います。

ロシア側が広島長崎の原爆問題を強く大きく取り上げ、
重視するということはロシア時代には感じられませんでした。

ナルィシキン議長が今再びそれを取り上げたことには2つの意味があると思います。
ひとつは最近ウクライナ問題などをきっかけとして
米露の政治的な緊張関係が再び強まった
ということですね。

それから第2にロシアは今東方シフト、
またはアジア・シフトといわれている政策を展開
していますが、
これも欧米との対立が厳しくなったので、
アジア太平洋地域との政治的経済的関係を強化しようという政策と見ているわけですが、
その一環として日本との関係改善を重視するという側面、
あるいは日本との経済政治関係を強化するという側面も
この東方シフトには含まれている
と思います。

ナルィシキン議長の発言はその2つの要因に強く関係していると思います。
冷戦時代の米国批判の雰囲気が最近強まっていることと、
欧米対立を背景としたアジアシフトを強めるなかで日本との関係改善を図ること


日本がG7のなかで他の国と同調して対露政策、対露制裁に
あまり強い姿勢で加わらないように 一種の牽制の意味、
日本との関係をロシアは重視していますよという意味合いだと思います。」

袴田氏は、日本のマスコミは
残念ながらナルィシキン氏の発案を広範に報じていないと語っている。

一方でロシア科学アカデミー極東研究所日本調査センターのヴァレリー・キスタノフ所長は、
ロシア政治のこの発案は十分に興味を惹くものとして、次のように語っている。

「ナルィシキン氏の声明は西側で戦勝70周年を前に第2次世界大戦の結果やその歩み、
重要な事件を見直そうという強力なキャンペーンが展開されていることと関連している。

ロシアは、この戦争およびナチス・ドイツ、大日本帝国に対する勝利において
ソ連が果たした役割を低く評価しようとしる動きに異議を唱えている。」

ナルィシキン氏の発案に日本がどう反応するかという問いに対して、
キスタノフ氏は、露日関係に深刻な影響を及ぼすようなことにはならないはずだ
との見方を示す一方で、
日本人は広島長崎の原爆投下問題には非常に過敏な反応を示しているとして、
次のように語っている。

「これだけの時間が経過し、日米関係が強化さえても、やはり日本人にとっては
広島長崎は癒えない傷だ。なぜなら、野蛮な行為であり、
こんなことは今まで歴史ではなかったからだ。こんなことは絶対に繰り返されてはいけない


ナルィシキン氏の声明に日本はかならず反応するだろう。
その評価はおそらく前向きなものであると思う。

だが実際なににこれが現れるかは、なんとも言いがたい。
なぜなら日本の政府の取り巻きは米国の犯罪テーマを取り上げ、
原爆によって何十万人もの人命が損なわれた歴史の責任に全く関心を持っていない
からだ。

日本は米国との協力路線をずいぶん前にとっていることから、
日本の公式人からの反応は上げられないであろうし、
この野蛮な犯罪を誰が行ったのかについては黙認路線が続行されるだろう。

もちろん米国人も心の奥底では自分の罪を感じている。

だがその一方で広島長崎の市長らがどんなに頑張ったところで、
米国の大統領はこの地を訪れたことはなかったし、これからもそれはないだろう。

とはいえ、最近赴任したばかりのケネディー駐日米大使は広島を訪れ、
慰霊祭に参列している。 だが米国人は全体として、

広島長崎の原爆投下は行われなければならなかった、それを後悔する必要はないと捉えている


米国人はメンタリティーとして
何をやったところで自分たちのやったことは正しいと考えており、
過ちを認めることは決してない
。」

 

「鬼畜」から「粗暴で強欲な白熊」へ。 悪辣さはない。



春信、二枚目、



連作、「婚礼錦」より、「操車みさおぐるま」です。



年明け早々にも?

◆http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/ff0713f2397e88466236ab40d1c64a3e
国際情勢の分析と予測 2014年12月24日
元外交官の原田武夫氏が
 「血塗られたクリスマスイブ米国発世界恐慌または第三次世界大戦勃発)」を予言



【私のコメント】

北朝鮮担当課長を務めた元外交官の原田武夫氏が
「Bloody Cristmas eve(血塗られたクリスマスイブ)」を
12月13日付けの英語版公式ブログで予告している。

それによると、2014年12月24日のクリスマスイブのニューヨークで
世界情勢は劇的に変化するという。

原田武夫氏によると二つのシナリオが想定されている。

シナリオAでは世界的な原油価格の暴落により
シェールオイル・ガスを採掘する企業の発行する社債等の高利回り金融商品が破綻し
世界金融市場にドミノ現象を引き起こす。

米国政府は救済を迫られ、その結果米国政府そのものが破綻寸前に追い込まれる

少なくとも米ドルに危機が起こるという


シナリオBでは所謂ISISが米国と欧州の両方で一連のテロ攻撃を行い
西洋に対する全面戦争を宣言する。

オバマ政権はISISの指導部と密接な関係があり自動的に米軍を中東に派遣することになる。

それによって米国はシナリオAと自国の債務不履行を回避するとされる



このブログ記事の約1週間後の米国時間12月19日夕方(日本時間20日朝)に
米国務省は全世界の米国人を対象にテロ攻撃に警戒するよう強く促す異例の警告を発表した。

オーストラリア・シドニーで15日に発生した人質事件を受けた措置で、
クリスマスなどの時期に米政府関連施設や人の集まる場所を標的にしたテロに
注意するよう呼びかけている。

原田武夫氏の記事はシドニーの事件や米国務省の発表を予言しているかのようだ。
ただ、このような予測は時期についてのみ外れることが多い

米国務省の発表は今後3ヶ月間の警戒を呼びかけており、
奇数の数字によるぞろ目の日程での自作自演テロを好む国際金融資本の性格を考えると、

来年2015年の1月11,13,15,17,19日あたりが最も危険であると思われる。

地震兵器によると思われる阪神大震災も1995年1月17日という
奇数の数字によるぞろ目の日付であった。


OPECは原油価格が40ドル、あるいは20ドルになっても減産しないと宣言しており、
主要産油国の一部が原油生産から脱落するまで価格下落は続く
であろう


一見するとロシアやイラン、ベネズエラなどの経常収支が脆弱な産油国が
先に脱落するようにも見えるが、日銀総裁が12月19日に述べたように

ロシアは経常黒字が持続していてで潤沢な外貨準備を有しており破綻は考えにくい

また、世界一の外貨準備を持つ中国がこれらの脆弱な産油国を
人民元によって支援する事も可能で、石油ドル体制の崩壊に繋がっていくだろう


とすれば脱落するのは米国のシェールガス・オイル採掘企業であり、
その破綻による新たな米国発世界恐慌は目前に迫っている



2001年9月11日の同時多発テロ事件の直前にも
アジアでの米国に対するテロの危険が高まっているとして警戒宣言が行われ
在日米軍基地が厳戒態勢に入っていたのを私は記憶している。

当時の国際金融資本は1998年のLTCMの破綻に伴う米国債関連取引での
膨大な含み損を抱えており、911事件でその取引を行うサーバーを設置していた建物が崩壊した
ことで含み損を消滅させて生きながらえることに成功した


クリスマスイブの今日か、あるいは来年1-2月までに
国際金融資本が自作自演テロを再び起こして世界大戦を勃発させて
米国債を中心とする西側金融市場の破綻を回避することは十分考えられる
だろう。


このブログの過去記事で触れたが、チェルノブイリ原発事故は
地震兵器による直下型地震が原因であった可能性がある


現在ウクライナがマレーシア航空撃墜などのテロ行為を実行させられているのは
恐らく原発に対する再度の地震兵器等でのテロ攻撃の脅迫が原因ではないかと思われる。

ウクライナはハザール系ユダヤ人の故郷であり
多数のハザール系ユダヤ人協力者が存在していると思われる。
同様に日本も米軍の占領下にあり 多数の米兵や 南朝鮮系工作員 による対日テロ、
あるいは地震兵器による対日攻撃 が可能である
と思われる。

このことから日本とウクライナの両国はやむを得ず
国際金融資本の命令に従っているのではないかと想像する。

旧約聖書や新約聖書に登場するユダヤ人の多くは
農民や羊飼いなどの一次産業従事者であり、本来のユダヤ人は商業民族ではなかった。

迫害を受けてパレスチナから全世界に散らばったとされるスファラディ系ユダヤ人とは
実はカルタゴ滅亡後のフェニキア・カルタゴ系商人であったのだと私は想像する。

ユダヤ教を信仰することはキリスト教徒とイスラム教徒の間で通商を行うことに有利
であったからだ。アシュケナジー系ユダヤ人がトルコ系のハザール王国の支配階層であった
こともあわせると、現在ユダヤ人と称される二つの民族はともに
パレスチナには全く縁の無い民族であろう。

そして、かつてユダヤ人であった人々はおそらくイスラム教に改宗して今も
パレスチナに住み続けるパレスチナ人であり、
偽のユダヤ人による迫害を受けて苦しんでいるのだと思われる




春信、三枚目、



「義」です。



さて、はて?

◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/787.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2014 年 12 月 26 日 4sIKljvd9SgGs
露が同盟外に輸出停止、同盟国と物々交換開始、
 ルーブル安無意味化
正月返上で、サプライズがあるようです



役所も今日で終わりで、日本はのんびりムードで、
国際政治もハーフタイムかと思われましたが、
ロシア政府は正月返上だそうで、柔道8段は勝負どころを逃しません。

それにしても、米国に対していくらでもカードのある中露が
古くて新しい 物々交換 とは、すごいカードを切ります。

その意味する所は、為替市場も株式市場も商品市場もスルーという、
米英の一番恐れている事を両大国が即断即決でしてしまうのですから、
スマホ時代をよく分かっています。

これでは、経済制裁、金融制裁の意味が全くなくなり、
同盟国だけがウハウハ状態です。

そして、これは八百長市場やドル詐欺への痛烈な皮肉で、
存在意義がない事がバレバレとなり、世界が物々交換ブームとなれば、
八百長賭博の胴元である米英は一夜にしてアウト
で、
コンマ何秒で取引される現代は、ドル体制の崩壊など一瞬です。

これで、連中が最後の切り札にしていた金融大恐慌も
物々交換に阻まれ、胴元周辺が一人負けするだけのパニックしか起きず、
世界はドル詐欺から解放される事になります。

実体経済の国に、架空経済の多重債務国が挑んでも、
最初から勝負にならない
という事です。  



◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/786.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2014 年 12 月 26 日 4sIKljvd9SgGs
新党・生活の党と山本太郎と仲間達 結党、
 小沢は非正規二千万人から統一地方選候補を多数擁立すべきです



自公も労組も他党も見捨てた 非正規二千万人は、日本一の大票田で、
それも高齢社会にあって一番若く、スマホとの親和性は抜群です


思えば、ネット他党がネットの掲示板を次々に閉鎖する中で、
自由にさせていたのが小沢自由党で、
ネットを最初に活用したのは加藤でも小泉の飼い主でもなく、小沢です。

その小沢がスマホ時代、ツイッターやライン時代に若い太郎と組むとは、劇的です。

統一地方選は、電子開票で不正がしにくく、供託金も安く、
共産のように全選挙区に候補を擁立する事も可能で、
候補者を非正規二千万人から選抜すれば、彼らに夢と希望を与える事になり、
選挙費用は、親がかき集めるから大丈夫
です。

若者は、世界情勢も国内情勢も日米委員会も不正選挙もよく承知しており、
自分達の為の政党を求めています


他党が宝の山である彼らを取り込もうとしないなら、小沢と太郎で総取りすべきです。



追:1:30PM

これで〆といたしましょう、

◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/779.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2014 年 12 月 25 日 4sIKljvd9SgGs
MXテレビ、安倍内閣支持28% 不支持57%
 衆院選は、日米委員会がブッシュの選挙をやった可能性大です



自公議員が馬鹿ばかりなのも、マスコミがダマスゴミになったのも、
首相にしたくなるような局長や次官が皆無になったのも、
榊原の予測が外れて 馬鹿そうなハゲの予言(飯島)が的中するのも、
手計算の地方選挙で自公が勝てないのも、
財界や連合も大物がいなくなってしまったのも、
日米委員会が選挙を亀田の八百長劇場みたいにしてしまったという事で、
恐らくは、ブッシュのバックが馬鹿を大統領にして 楽しようと思ったら
想定外のへまを連発して 黒子でいられなくなったように、
小泉が経歴通り馬鹿過ぎて、ハゲを通じて演技を徹底させたのがきっかけで、
次の安倍やひょっとこも アドリブができない馬鹿で
いっそ政治家は口パクでいいと割り切り、
日米委員会が教育ママゴンみたいに
自分で宿題をやってしまう所までいってしまった
のだと思います。

マッカーサーの占領統治時代まで戻ってしまったという事で、
それだけ小沢の二度の政権交代が脅威だったという事だと思います。

そうなると絶望かというとそんな事はなく、
むしろ県予選を勝ち抜き、甲子園でも決勝まで進んだという事で、
我々が米国を矢面に引きずり出した成長を喜ぶべきで、
沖縄では不正選挙を乗り越えて勝ったというサンプルもあり、
米国本国を追い詰めている中露という存在もあり、

自公とではなく その上の米国と戦っているのだと 意識と戦法を変えれば、
勝ちきれるのが日本人の頭脳だ
 と思います。

とりあえずは、米国とはなにかという分析が大事で、
先祖の頃より何が優ってて何が劣化しているのかを分析し、
中露と呼吸を合わせて戦えば、必ず馬鹿集団から足抜けできる 筈です。  

 

追:3:00PM

もう一丁w  理研が何を言おうと、信用できませんな、

◆https://twitter.com/h_hirano
平野 浩              より抜粋、


#平野 浩 @h_hirano

理研のSTAP細胞の結論は大きな疑問。
理研のロジックによると、小保方氏は密かにES細胞を実験データに混入させ、
万能細胞を作ったことになる。

周囲には何人もの優れた科学者がいるのに誰もチェックせず、発表した。
そんなことをしてもいずれバレること。
やっても常識的には彼女にメリットはない。



#平野 浩 @h_hirano   12月27日

ES細胞では胎児と胎盤の両方は作れないとはこれまでの常識。
それができている。
理研は一つは別組織というが、それを裏付ける証拠はない。

ES細胞が混入したというなら、それこそ解明すべきではないか。
何もかも小保方氏と自殺した笹井氏の責任にして、
他の論文の共著者はダンマリをきめこむのか。




何か大きな事件がありましたら投稿致します。

皆様 時節柄、ご自愛、ご健勝を!  では、また。



コメント

午年の終わり

2014-12-26 10:53:01 | Weblog
 画は 前田 政雄 (まえだ-まさお)

 明治37年(1904年)~昭和49年(1974年)  大正-昭和時代の版画家。

 函館生まれ。上京し川端画学校卒。
 風景版画がおおく、量感のある山岳風景画で知られた。
 前田政雄は友情が厚く人柄も良く、また、器用に世の中を渡れる男ではなかった。
 名声を売り出す才覚もなかったし、大変秀れた作品で高価なことを知っている人も多いのだが、
 ただ惜しむらくは作品が地元に非常に少なかったこと、
 故郷函館での展覧会開催の機会がなかったことも不運であった。
 赤光社の岩船修三、橋本三郎、田辺三重松らのように永く函館で活躍した人々と比較すると
 どうしても知名度が低いのは、やむを得ないことかも知れない。

                         作


  「幻」です。


☆晴れ。

あっという間の「午年」でしたが、来年は「未年」ですか、

一見大人しそうですが、大暴風をもたらしたりするかも?

当ブログのテーマの一つが「再考・明治維新」ですが、

「昭和天皇」がキーマンですぞ、

論者は親中、そこは割り引いて、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201412240000/
櫻井ジャーナル  2014.12.24
安倍首相が目論む戦前回帰とは ウォール街が支配する天皇制国家で、
 昭和天皇は実際に支配者だった



12月14日が投票日だった衆議院選挙の結果、
自民党と公明党は圧倒的な議席を維持した。

日本全体でも個別の政策に関して国民が支持しているわけではなく、
投票率も戦後最低の52.66%にすぎず、
比例代表で自民党が得票したのは17.44%、与党合計で24.66%であり、
小選挙区の場合、自民党は25.33%、与党全体では26.09%。


これで圧勝と呼ぶべきでないと主張する人もいる。
野球で完敗したチームが、得点は圧倒されているものの、
安打数では勝っていると強がるようなもので、
選挙は議席数を争うものだということを忘れた議論。

ともかく自民党と公明党は公示前と同じ326議席を獲得し、
その議席率は68.63%に達した。
「2年間の安倍政権に信任をいただいた」とは言えないが、圧勝したのだ。



今後、その議席数を利用して 安倍晋三政権は自国の経済を破綻させ、
社会を破壊し、国民と国土を侵略戦争を続けるアメリカに差し出す政策を
打ち出してくるだろう

第2次世界大戦の前、1932年までと似たようなことをするということだ。


近代日本は明治維新で始まると言えるだろうが、
徳川体制の転覆にイギリスが関与していることは否定できない。

そのイギリスは18世紀の後半から生産の機械化を進めたものの、
巨大市場だった中国で売れない。
商品として魅力がなかったということだが、
逆に中国の茶がイギリスで人気になって大幅な輸入超過。
この危機を打開するために
イギリスは中国へ麻薬(アヘン)を売ることにしたわけだ。

当然、中国側はアヘンの輸入を禁止しようとする。

そこでイギリスは1840年に戦争を仕掛けて香港島を奪い、
上海、寧波、福州、厦門、広州の港を開港させたうえ、賠償金まで払わせている。
これ以降、香港はイギリスやアメリカが東アジアを侵略する重要な拠点になった。

1856年から60年にかけてはアロー号事件(第2次アヘン戦争)を引き起こし、
11港を開かせ、外国人の中国内における旅行の自由を認めさせ、
九龍半島の南部も奪い、麻薬取引も公認させた。

イギリスが行った「麻薬戦争」で大儲けしたジャーディン・マセソン商会は
1859年にトーマス・グラバーを長崎へ派遣し、
彼は薩摩藩や長州藩など倒幕派を支援することになる。
その邸宅は武器弾薬の取り引きにも使われた。

1863年には「長州五傑」とも呼ばれる
井上聞多(馨)、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤俊輔(博文)、野村弥吉(井上勝)が
藩主の命令でロンドンに渡るが、その手配を担当したのもグラバー。
渡航にはジャーディン・マセソン商会の船が利用された。

こうしたイギリスを後ろ盾とする人びとが作り上げた明治体制は
現人神の天皇を頂点とする一種の宗教組織で、
当初の天皇は飾り物にすぎなかった


廃藩置県の後に琉球藩をでっち上げるという不自然なことをした後、
日本は台湾、朝鮮半島、中国というように侵略していくが、
その背後にはイギリスやアメリカの影が見え隠れする。

日露戦争で日本はウォール街のジェイコブ・シッフから資金を調達、
ウォール街と結びついていたシオドア・ルーズベルト大統領の仲介で
何とか「勝利」している。

関東大震災の復興資金をJPモルガンに頼った日本は
ウォール街の強い影響下に入るのだが、1932年にその関係が揺らぐ。

この年に行われた大統領選挙で
JPモルガンをはじめとするウォール街が支援していた現職のハーバート・フーバーが破れ、
ニューディール政策を掲げるフランクリン・ルーズベルトを選んだのである。

フランクリンは巨大企業の活動を規制して労働者の権利を認めようとしていただけでなく、
ファシズムや植民地に反対する姿勢を見せていた。
親戚だというだけでシオドアとフランクリンを同一視するのは大きな間違いだ。

そこで、ウォール街は1933年にクーデターを準備し始めるのだが、
この事実は名誉勲章を2度授与された海兵隊の伝説的な軍人、
スメドリー・バトラー退役少将の告発で発覚する。
計画についてバトラー少将から聞いたジャーナリストのポール・フレンチは
バトラーに接触してきた人物を取材、
コミュニストから国を守るためにファシスト政権をアメリカに樹立させる必要がある
と聞かされたという。これも議会の記録に残っている。


皇室とウォール街を結ぶ重要なパイプだったのがジョセフ・グルー

1932年から41年まで駐日大使を務め、戦後はジャパン・ロビーの中心的な存在として
日本の「右旋回」、つまり戦前回帰を主導した人物だ。

このグルーの親戚、ジェーン・グルーはジョン・ピアポント・モルガン・ジュニア、
つまりモルガン財閥総帥の妻。

またグルーの妻、アリス・ペリー・グルー(ペリー提督の末裔)は
大正(嘉仁)天皇の妻、貞明皇后(九条節子)と華族女学校(女子学習院)で親しくなっている。
言うまでもなく、昭和天皇は貞明皇后の子どもであり、
昭和天皇はウォール街と結びついていたということにもなる。

戦後、「日米同盟の仕組みを作り上げる上で昭和天皇が重要な役割を果たしていた
ことを豊下楢彦教授は明らかにしたが、その背景にはこうした事情もあった。

吉田茂首相とマッカーサー司令官ではなく、
天皇とワシントンとの間で軍事同盟の青写真が描かれていったのである。

悪いのは全て軍部だった
内務官僚をはじめとする役人、学者、新聞記者などは責任を回避、
その結果が現在の日本につながっている




「昭和天皇」の甚大なる「負の遺産」をキッパリ精算する、その時期に来ていますよ。

いまだ多大なる影響を及ぼしています。 「日米安保体制」がその最たるものだが。

いまや戦後生まれが大多数だ、ユダ米にいつまでも「戦勝国気取り」をされる謂れはない。

刷り込まれたユダ米の「幻」から覚醒しなくてはなりませんよ!

カスゴミの洗脳報道に騙されぬことです。



前田 政雄、二枚目、



「祇園 冬」です。



来年はJPモルガン・ショックかな?

◆http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4923.html
真実を探すブログ  2014/12/24 Wed.
バブルNY株価が史上最高値を更新! 一方で原油価格は暴落が続く!
      リーマンショックの時も原油が先に暴落していた件・・・



12月23日にNYダウ株価が史上最高値を更新しました。
23日のダウは取引開始と同時に買い注文が殺到し、
節目の1万8000ドルを突破。

過去100年間の歴史の中で史上最高値となりました。

リーマン・ショック後の最安値は6547ドルで、
それと比較すると約2.7倍も株価が上昇しています


ここ最近の金融相場はちょっとヤバイです。

ロシアのルーブル急落も不味いですが、それ以上に不気味なのは原油価格の暴落で、
下手をするとリーマン・ショックが再来することになるかもしれません。

リーマン・ショックの時の金融市場を見てみると、
リーマン・ショックが発生する2ヶ月ほど前から
原油価格が140ドルから60ドルに大暴落していました


原油価格の暴落が始まったのは2008年7月上旬で、
リーマン・ショックは9月15日からです。

それを今に当てはめてみると、
2015年2月後に大きな暴落が発生することになります

今月に入ってから株暴落サインと言われているヒンデンブルグ・オーメン
というテクニカル分析指標も点灯していますし、
今回の株急騰は本気で警戒をした方が良いです。

*とりあえず、私は売り注文を仕込んでいます。


☆リーマンショック 株価
URL  http://tyoikabu.web.fc2.com/lehman.html

引用:
 
 1.リーマンショック

 日本時間の2008年9月15日13時過ぎ報道

 きっかけは米国住宅バブル崩壊

 世界的金融危機となり、
  日経平均株価も大暴落を起こし6000円台にまで下落。

 金などの商品先物も下落

 リーマンブラザーズが発行している社債や投信を保有している
  企業へ影響、米国内の銀行も相次ぎ倒産

 負債総額、約64兆円

:引用終了


コメント

http://www.ifinance.ne.jp/learn/technical/hindenburg.html
ヒンデンブルグ・オーメンとは何か?

より抜粋、

 ヒンデンブルグ・オーメンの発生と暴落(過去検証)

 過去のデータによれば、ヒンデンブルグ・オーメンが確認された後、
 以下のようなことが起こると言われています。
 また、本シグナルが発生しても暴落しないケースもありますが、
 1985年以降では、米株式市場が暴落した際は、
 いずれの場合も本シグナルが現れたそうです。

  ・77%の確率で株価は5%以上下落する

  ・パニック売りとなる可能性は41%と算出されている

  ・重大なクラッシュとなる可能性は24%と算出されている


アメリカ様のメッキが完全に剥げてきてますね。

 ロシアやその他勢力がどんどん「アメリカの悪事」を
 暴露してきていることと合わせて、
 来年のかなり早いうちに現在のアメリカ政府自体が崩壊」、
 当然株式も崩壊する
とみて間違いなさそうです。

 (経済アナリスト・藤原直哉さんツイッターより)

 https://twitter.com/naoyafujiwara/status/547537717563629568

 マレーシア航空17便をウクライナ軍機が撃墜したことについて
 ロシアのメディアに語ったウクライナ兵は、
 ウクライナの監視を潜り抜けてロシアに逃げてきた人だ。
 彼は撃墜事件の時に撃墜機が出撃した基地にいた。

 https://twitter.com/naoyafujiwara/status/547528054977736704

 よくまぁ米国もこうやって大嘘を堂々とつけるものだ。
 マレーシア航空機の2回の撃墜事件、ウクライナ、拷問、
 イスラム国、スノーデン・・・

 解釈の相違ではなくて最初から大嘘をつかないと国が回らない。
 自由と民主主義を標榜する米国政府が
 いつの間にか中国共産党みたいになっている。




断末魔の狂騒=イカサマ「鉄火場経済」、大暴落で終焉するでしょうな、存外早くw

株価頼みの「アホノミクス」」もジ・エンドということ。 早く潰れろ!




前田政男、三枚目、



「月華」です。



幻の「減塩」、

◆http://www.rokujo-radium.com/blog/index.php?entry=entry141217-125945
六城ラヂウムBlog  Wednesday, December 17, 2014,
カロリー摂取量は減っているのに糖尿病が右肩上がりMg欠乏原因説


新聞の書評広告で、糖尿病ならすぐに「これ」を食べなさい!
(横田邦信/東京慈恵医科大学教授 主婦の友社)という本を知りました。

http://www.rokujo-radium.com/blog/images/news_article20141217_1.jpg

1970年代中頃から日本人の平均エネルギー摂取量は右肩下がりです。
1980年代からは脂肪摂取量はほぼ横ばい、
90年代中頃からは減少しているにも関わらず、
糖尿病患者+予備軍は1960年代から一貫して増え続けている
ことに筆者は注目しています。

http://prtimes.jp/i/2372/297/resize/d2372-297-577746-3.jpg


摂取エネルギーと糖尿病には相関はない

そこで注目した栄養素がマグネシウムです。

1972年(昭和47年)に塩田による製塩が廃止され、
同時期に大麦・雑穀を食べる習慣がほぼ消えています。

http://prtimes.jp/i/2372/297/resize/d2372-297-317678-4.jpg


海水塩が食卓から消えると同時に糖尿病患者の発生が始まる

一日に必要なマグネシウム量は360mg程度だそうですが、
だいたい100~130mg足らない
のだそうです。

そこでマグネシウムを含んだ食品を摂ることを勧めています。

そばの孫とひ孫わ、優しい子かい? 納得!

http://prtimes.jp/i/2372/297/resize/d2372-297-551688-1.jpg



抹茶なんかいいですね、日本人ですから。
マグネシウムとビタミンCが摂れるのもうってつけ。

同じ新聞には農林水産省が共催している
フード・アクション・ニッポン・アワード2014という受賞賞品が載っています。
その研究開発・新技術部門の最優秀賞には
緑茶を挽いてたてるSHARPの
HEALSIO(ヘルシオ) お茶PRESSO(プレッソ)が選ばれています。

これなんかマグネシウム不足の我々にはうってつけの賞品ですね。


著者の横田邦信/東京慈恵医科大学教授と同じく、
微量元素の欠乏で病気になりやすいと訴えている本は
過去にもブログで紹介いたしました。

海水による塩からイオン交換による精製塩となって、
アトピーといった自己免疫による病気が増えてきたという主張です。

塩分と高血圧には統計的には関係が無く
かつて東北の地域で血圧が高い傾向があったというだけで
医学的な常識と信じ込んでいるだけです。

過激な減塩という食習慣は健康を損ねるという警鐘です。

作家の五木寛之も常にピンクのヒマラヤ岩塩を片手に持って
ぺろぺろ舐めながら執筆しているとテレビで紹介されていました。
岩塩はマグネシウムの固まりです。



手前の主治医も「減塩信仰者」ですなw

西洋医学は「救急救命」とか「感染症」には有効ですが、

慢性疾患には対症療法だけで、病の根源に迫ることが少ないように思はれ。

処方薬盲信は危険です。



コメント

年の瀬やⅤ

2014-12-25 10:41:11 | Weblog
 画は 伊東 深水(いとう しんすい)

 1898年(明治31年)~1972年(昭和47年)

 大正・昭和期の日本画家。             作


  「箱根からの冨士」です。


☆雪模様。

やはり、プーチンを狙ったようですな、

◆http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_23/281609054/
ロシアの声  12月 23日,
マレー機撃墜はウクライナ軍パイロットだった? (VIDEO)


ドネツク上空でマレー機墜落事件で、その当日、
ウクライナ軍の襲撃機Su25が空対空ミサイルを搭載し、
ドネツク郊外の軍事空港から飛び立ったあと、
ミサイルなしで空港へ帰還していたことが明らかになった。
同機のパイロットは極度に驚愕した状態にあったという。
コムソモーリスカヤ・プラウダ紙が軍事空港の職員の証言を引用して報じた。
同紙は極秘情報目撃者による証言とすっぱ抜きで伝えている



コムソモーリスカヤ・プラヴダ紙の報道では、証言者は現在、
ドネプロペトロフスク市アヴィアトルスコエ区にいる。
証言によれば、軍機は定期飛行を行い、爆撃を続けていた。
襲撃機Su25はドネツク、ルガンスクを爆撃していた。

7月17日午後、マレー機撃墜のほぼ1時間前、3機の襲撃機が飛び立ったが、
そのうち1機は空対空ミサイルを搭載していた。

ミサイル搭載機はしばらくして戻ったが、ミサイルは積んでいなかった。
証言者が同機パイロットと会話したところ、パイロットは驚愕した状態にあり、
飛行機はそれではなかったと語ったという。

証言者は新聞記者に対し、
パイロットはマレー機を軍機と取り違えた可能性もあると指摘している。

  リアノーボスチ通信


https://www.youtube.com/watch?v=soEDrWA96k0
Секретный свидетель гибели
малайзийского боинга


◆http://japanese.ruvr.ru/2014_12_23/281633003/
ロシアの声  12月 23日,
秋の受勲


今年2014年秋の叙勲の外国人受章者が発表されましたが、
中には3人のロシア人が含まれています。

モスクワ在住のタチヤナ・テオハロワさんは長年にわたり
日本の在外公館活動に寄与したとして瑞宝双光章を、
また露日友好協会理事のセルゲイ・スモリャコフさんは
ロシアにおける日本文学作品の紹介と対日理解の促進に寄与したとして
旭日双光章を授与されました。
スモリャコフさんは出版社「ギペリオン」の代表を務めていますが、
来年創立20年を祝うこの出版社はとりわけ
日本文学の翻訳作品の出版でよく知られる存在です。


そして旭日中綬賞を授与されたのが、
モスクワ国立大学付属アジアアフリカ諸国大学助教授で、
日本語学科長を務めるステラ・ブィコワさんです。

ブィコワさんは1967年から日本語を教えており、
ラジオ・スプートニク日本語課のロシア人スタッフのほとんど全員が
かつてこのブィコワ先生の生徒でした。
ブィコワさんがこれまでに手がけた
日本語の表現、語彙、方言に関する著書は60冊以上に上り、
その多くが日本で出版されています。

ラジオ・スプートニクの記者からのインタビューに応じた
ステラ・ブィコワさんは日本語に
興味を持つようになったきっかけについて次のように語っています。

「私はタシケントで生まれました。両親が戦時中にそこに疎開していたのです。
ですから、わたしは生まれたときから東洋のものに囲まれていたというわけです。
幼年時代はウズベク語も学んだのですが、装飾、灯台、アラビア文字、神話、
そういった東洋のものすべてが大好きになりました。
戦争が終わり、両親とともにモスクワに戻ることになったのですが、
わたしは東洋のものを忘れることができませんでした。
ですから、東洋言語大学(現在のアジアアフリカ諸国大学)に入学しよう
と決めたのにはこうした理由があるのです。
つまり、最初のきっかけは東洋の雰囲気そのものが好きだったということです。
その東洋に対する興味の中から、日本への関心が芽生え、大きくなっていきました。
自分がこのような決断をしたことを後悔したことはありません。

長年にわたって、ある言語を学び、
そのネイティヴスピーカーと付き合いを続けていると、
多くの物事が違って見えてくるといいますが、まったくその通りだと思います。
これはヨーロッパの言語でも東洋の言語でも、どの言語にも当てはまることです。
わたし自身、ときどき日本語で考えていることがあります。
そして日本文化の影響や日本の常識というものを考えて、
物事を評価することがあります。たとえば、責任というものに対する考え方です。
よく知られていますように、日本人には責任感というものが非常に強くあります
約束をしたことを守らないというようなことがあった場合、
わたしも日本人と同じような反応をしてしまいます。
そのようなことはほかにもたくさんあります。。。」

ブィコワさんによりますと、アジアアフリカ諸国大学日本語学科への
入学希望者はここ何年も依然として減っていないということです。
しかし以前は日本に関する情報もあまりなく、
日本語への関心は主に文学や絵画、技術的なものへの関心によって芽生える
のがほとんどだったのが、最近はマンガやアニメといったサブカルチャーからの
影響が大きいということです。

しかしそういった学生たちも、日本語を学び、日本のことを知るにつれ、
日本という国のイメージや世界観を変化させていくといいます。
日本への関心がさらに深くなっていくというわけです。

ステラ・ブィコワさんの元で日本語を学んだかつての学生たちの多くが、
外交官、研究者、通訳、教師、作家などとして活躍しています。
私たちもブィコワさんの受勲を心から祝い、
今後もロシアですばらしい日本研究者が育っていくことを願いたいと思います。



追:1:45PM

RK氏も、

◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_211.html
richardkoshimizu's blog  2014/12/24
マレー機撃墜は ウクライナ軍パイロットだった?


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/014/
 141936833088360272180_il_20141224055851.jpg


☆http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_23/281609054/

この記事で読むべきは

「パイロットは 驚愕した状態」 「飛行機はそれではなかった」であり、

「それ」が何を意味するかが問題である。

それがプーチン大統領機を指し、プーチン暗殺が目的であったが、

マレーシア機と取り違えてミサイルを発射した
と考えられないか?




伊東 深水、二枚目、



「三千歳」です。



ユダ米の手羽先=自民党&カルト公明、責任感ゼロの買弁集団、

◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_216.html
richardkoshimizu's blog  2014/12/25
東京MX貴方は昨日、投票に行きましたか?73%が行った!


偽低投票率、バレバレ

ごっそりと票を捨てている

「低投票率なら組織票のある自公が勝つ」と主張できる。

与党票も野党票も全部創価が偽票書き。w

こんな時のための裏社会御用達の偽民間出口調査!



☆http://s.mxtv.jp/goji/result.php?date=20141215
TOKYO MX  2014/12/25

東京MX「5時に夢中」生投票

「あなたは昨日、投票に行きましたか?」

結果 はい 5295pt  いいえ 2013pt   行った人約 73%!!




◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_212.html
richardkoshimizu's blog  2014/12/24
日本郵政、来年秋にも ゆうちょ・かんぽと同時上場へ =関係筋


ゆうちょ、かんぽを上場させて、ユダヤ金融悪魔が株を買い漁る。

経営権を奪って、ゆうちょ、かんぽの莫大な資金で

米国債、米国株を買う。 米国の経済危機を救う。

また、ドル防衛ですか、

安倍晋三ユダヤ傀儡不正選挙偽総理閣下。


☆http://jp.reuters.com/article/wtDomesticNews/idJPKBN0K10CH20141223
ロイター 2014年 12月 23日
◎日本郵政、来年秋にもゆうちょ・かんぽと同時上場へ=関係筋

[東京 23日 ロイター] -

日本郵政グループは、持ち株会社の日本郵政と
傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の金融2社の株式を
同時上場する方針を固めた。 複数の関係筋が明らかにした。

財務省、総務省との最終的な調整を踏まえ、今月26日にも上場計画を公表する。

上場時期については来年秋以降とし、
政府は日本郵政の売却収入を東日本大震災の復興財源に充てる。

日本郵政は金融2社の株式上場で得られる売却収入の一部を
自社株の購入資金にし、
大型上場で市況に悪影響が及ばないよう配慮する。


コメント

*peco 2014/12/24

  副島隆彦さんの最近の著書「官製相場の暴落が始まる」
  という本のP.138に写真入りで次のように書いてあります。

  「この8月20日に、日本郵政(ゆうちょ銀行・かんぽ生命)が、
  大量に米国債を買っていたことが露見した

  ”世界皇帝”ディヴィッド・ロックフェラー(99歳)の直系(直弟子)である
  西室泰三(日本郵政社長)が、竹中平蔵の指示(命令)で、
  日本国民の大切な資金をアメリカに差し出したのだ

  これで急激にドル高、円安が進行した。」

  写真には竹中平蔵「親分」が西室泰三「売国奴」に命令と書いてあります。

*Elint  2014/12/24

  たしか、米国の郵便は民営化はしてないよね。
  
  なんで日本に命令するんだろう。

  この矛盾を突ける政治家はいない。



伊東 深水、三枚目、



「吹雪」です。



諸悪の根源=アングロサクソン&ユダ金連合、

悪辣そのもの、

◆http://melma.com/backnumber_45206_6143608/
宮崎正弘の国際ニュース・早読み(インドのアッサム地方に武装ゲリラ)
発行日:12/25


書評 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 白人優位という歴史観は根本が歪んでいるのではないか
  インドから太平洋の平和な島々を侵略し住民を虐殺したのは欧米列強だ
   
    
  西尾幹二『GHQ焚書図書開封 10 地球侵略の主役イギリス』(徳間書店)
  @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

このシリーズも第十弾。大変な労力が注ぎ込まれた。
なにしろGHQが占領政策の一環として日本精神を絶滅させるために施した措置が
健全図書の強制的摘発と発禁処分だった。

正しい歴史と日本精神、武士道を説く図書はパージの対象となった。

実に七千数百の良書が葬られて、その空白に
欧米の侵略が「正義」だという出鱈目な「太平洋戦争史観」が植え付けられ、
日本人を洗脳した。

戦前の日本は軍国主義ファシストで悪い国と定義されてしまった。

歴史観が倒錯されたのだ。

戦後、GHQの路線を忠実に、その先頭を走ったのが朝日新聞であった。
日教組など左翼分子が便乗し、日本の歴史教育をずたずたにした。

戦前には国際情勢をちゃんと把握し、分析した世界的レベルの図書が多くあった。
これは正確に世界情勢や軍事・歴史に精通し適格に解説していた
のである。

本巻はイギリスがアジアで如何なる悪を働いたかに焦点を絞り込んでいる。

ひとことで言うとイギリスの繁栄は
インドへの暴虐とシナへのアヘンにより築きあげられた
のである。

アジアと太平洋の島々はイギリス、米国、ドイツ、オランダなど列強の餌食となり、
残酷な歴史が繰り返された


「地球の裏側にまで出張ってきた国々の攻略、侵略、略奪、殺害、虐殺・・・の歴史です。
そういう暗い歴史が積み重なっていた。アジアあるいは南の島々は
間違いなく欧米諸国に侵略され続けた」(20p)

ところが「世界の学問と歴史が白人優位の視点で展開され、
そしてそれを日本人は自明の如く受け入れている」(21p)

それが問題なのである。

欧米列強がいかに残虐非道であったか、そのアジアの災禍から独立を導いたのが日本であり、
中国とその子分の韓国、北朝鮮をのぞいて、
アジア諸国は日本に深く感謝しているのが真実、「過去の反省を求める国」などない。

一部にアジア諸国でそういう意見を吐いている華僑や旧宗主国の代弁者は反日であり、
その手先のメディアは国家全体を代表する意見ではないのである。

だから戦前の「良書」を通じて私たちはすこしでも真実に迫り、
真実を後世に語り継ぐ使命がある。

西尾氏はこうも言われる。
西洋の文明にはある種の閉鎖性があります
主我的な価値観ですから『外』を見る彼らの目は一種、歪んでいます。
日本人は彼らのそうした認識の歪みによって、
これまでずいぶん禍(わざわい)を蒙ってきました。
日本人自身が経済的にも、産業的にも高い位置に立てば、
西洋人のもっている認識の歪みはよりよくみえるようになるはずなのに、
そうなれないのは、西洋人の意識の仕方を学んで、
そこから抜け出せない日本人が知識階級にも、指導階級にも圧倒的に多いからです。
そんな状態だから先の戦争の正面の敵はじつはイギリスだった
という真理も見抜けなくなってしまうのです」(58p)


◆http://takedanet.com/archives/1016304631.html
武田邦彦 (中部大学) 2014年12月25日
北朝鮮元首に対する侮辱映画・・・アメリカはなんでも正しいのか?


より抜粋、

☆https://www.youtube.com/watch?v=B5FHs-nJ3Hg


私が批判を続けているNHKは今朝(22日)のニュースで、
完全にアメリカ側のスタンスをとり、
映画の上映を攻撃したと考えられる(北朝鮮は否定)北朝鮮に批判的だった。

国には主権がある。

その国の体制や元首などもその国の人が選択したものであり、
他国の元首を批判するというのは民主主義ではなく、
「自分の考えが正しい。自分は神だ」という論理であり、
そのような考えが戦争を起こしてきた。

平和を大切にする日本のもっとも重要な倫理の一つは「他人の意見の尊重」である。

北朝鮮の元首や体制は北朝鮮の人が選択したものであり、
それが日本人やアメリカ人の意見と合わなくても、「悪」ではない。

日本には天皇陛下がおられるが、同時に国民は平等と言っている。
歴史が浅いアメリカ等では「おかしいではないか!」と思うかも知れないが、
多くの日本人は天皇家の存在を肯定しているし、
また天皇を侮辱して欲しくないと願っている。


アメリカ人はアーリア民族の一つだから、傲慢で攻撃的、
自分たちだけに通用する道徳を他人に強制するというあまり尊敬できない人たち
だ。

イラク戦争でも、フセイン大統領の悪いイメージを全世界に植え付け、
ウソ(大量破壊兵器を持ってないことを知っていて、持っているというウソ)を言い、
圧倒的な軍事力で一気にイラクを破壊し、フセイン大統領を殺害した。

許されない行為だ。

イラク戦争でも日本は他国の尊厳(イラクの尊厳)を軽視し、
国連の決定(戦争しない)を無視し、アメリカのウソを容認した。

そんなことで正義を語ったり、日本文化を守り、立派な子供を育てることなどできるだろうか?


太平洋戦争も同じで、日本はアメリカ本土を攻撃する意図を全く持っていなかったし、
それはアメリカも知っていたけれど、日本を追い詰め、スパイを使い、
形だけ日本に攻撃をさせて戦争に持ち込んだ


そして戦争が終わると日本人に「戦争悪教育」を徹底的に行い、
アメリカ軍の残虐行為東京大空襲、原爆投下などを隠蔽した

中国や韓国の反日教育にも困ったものだが、
日本もそろそろアメリカの本質を見抜き、「アメリカは何をやっても正義である」とか
「正義の話をしよう」などという
アメリカの大学教授の怪しげな講義を紹介することなどやめて、
アメリカとは一線を画した 世界から尊敬される筋の通った国になるべきと思う


今回のことでは、「どんな理由があるにせよ、他国の元首を侮辱する映画を上映する

ことは表現の自由を超えている」と主張するべきである。

今回はアメリカと北朝鮮というあまりの軍事的力が違う国なので、
アメリカが北朝鮮をいかにバカにしようと戦争にはならないと思うが、
戦争はこのようなことから起こる

だから、かつて日本にアメリカが石油と鉄鋼の輸出を禁止し、
それに各国が同調したので、戦争になった。

戦争とは「挑発」、「明らかな挑発」を含むと私は考えている。

つまり、個人でも国家でも、相手を尊重せず、自らが正しいとして相手を侮辱したり、
相手が生活できないような状態に追い込むのは卑劣な戦争開始と分類するべきだろう。

今回の件は表現の自由という美名のもとで戦争に繋がる挑発と考えられる




奴らの手垢のついた常套手段、「二枚舌」、「おためごかし」、

強欲で汚い連中ですw



追:11:45AM

そのとほりw

◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/770.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2014 年 12 月 24 日 4sIKljvd9SgGs
ブッシュ後、米兵の自殺8千人、米国の完敗、
 二百年 偽の正義を振りかざして戦争をやってきた総決算です



もう、インディアンから奪った土地を返すときで、
屁理屈をこねて正義を振りかざすのはやめる事です。

全ての戦争が、国家同士や民族同士や宗教同士の争いから始まったものではなく、
連中が一から十まで準備して 傀儡を使って起こしたものである事が 
バレてしまったという事で、

内戦も テロも 大事件も 大事故も 大災害も 
連中が 故意に起こしたり 誘発した事 がバレてしまったという事です。

そこにはリーダーとしての自覚など微塵もなく、
こじきのような強欲さと 窓際族のような見苦しさしかなく、
いて欲しい人でも いてもいなくてもいい人でもなく、
いない方がいい連中という事です。

今現在も、いたずらにロシア経済を破壊しようとしていますが、
もうドル詐欺が行き詰まっている事を自覚すべきです。  


コメント


*11. 2014年12月24日 fTfDYg8ZGI

  日本は戦利品だ という発言をオレは直接アメリカ人の口から聞いたわ。

  知的職業に就いてる人だけど アメリカ人なんてのは一皮向けばそんなもの。


◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/774.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2014 年 12 月 25 日 4sIKljvd9SgGs
東京MX、投票に行った5295棄権2013、
 戦後最低投票率は前回同様に疑問、電子開票は穴だらけです



ブッシュの選挙が裁判になっているにも関わらず、
それと同じ開票の仕方を改めなければ、疑われても仕方がありません。

そして、手計算で地元の人間も基礎票を把握している地方選挙は、
いつも自公が負ける事を考えると、
やはり電子開票で大掛かりに操作している可能性があります。

連中にしてみれば、自公の基礎票を弄イジるわけにはいかないから投票率を下げて、
野党の浮動票をカットしたという事だと思いますが、
そこまでやるともはや選挙の意味がなくなってしまいます。  

コメント

年の瀬やⅣ

2014-12-24 11:13:36 | Weblog
 画は 喜多川 歌麿 (きたがわ うたまろ)

 宝暦3年(1753年) ~ 文化3年(1806年)      作


  「煤払い」です。


☆雨模様。

まさに貧乏神・疫病神、

◆http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-39ed.html
植草一秀の『知られざる真実』
2014年12月23日 (火)
アベノミクスの三つの顔と恐るべき正体


政治を見るとき、政治を考えるときに大事なことは、

誰のための政治   であるのかという視点だ。

ものごとには陰と陽とがある。

ある者にとってプラスの施策は、
別のある者にとってマイナスであることが一般的である。

ものごとのプラスの面が強調されると、目がそちらの側に奪われるが、
その裏側に逆の、マイナスの側面があることを忘れるべきでない。

安倍晋三氏は2012年の総選挙の際に、

「日本を取り戻す」と言い、

2014年総選挙では、「この道しかない」と述べた。

しかし、言葉は断片的で、意味が明確でない。

不足する部分を補って考察することが必要だ。

2012年に述べたのは、

米国が日本を取り戻すということだったのだろう。

2014年の言葉は、

「いつか来た道はこの道しかない」あるいは、

地獄に続く道はこの道しかないということだったのだと思われる。


安倍政権が追求する方向は、

米国・官僚・大資本

の利益増大・極大化である


しかし、その裏側に、別の者の不利益がある。 それが主権者の不利益だ。

安倍政権は、ハゲタカとシロアリとハイエナの利益を追求する。

そのために、主権者の不利益を招く


主権者の不利益の上に、ハゲタカとシロアリとハイエナの利益を追求するのだ。

アベノミクスを持ち上げているのはマスメディアである。

しかし、主権者=一般庶民には、アベノミクスの恩恵はまったくもたらされていない。


アベノミクスとは何か。アベノミクスには三つの顔がある。

第一の顔はマクロの顔だ。

マクロの顔としてのアベノミクスは、ただの財政金融政策である。

前任の野田佳彦政権、菅直人政権がひどすぎたことが、安倍政権に幸いした。

普通の財政金融政策の対応を示しただけだが、
前任者の政策が悪すぎたために、円安と日本株高が進行した。

しかし、この効果が表れたのは2013年前半だけだ。

2013年半ば以降は横ばい。

2014年春以降は、経済政策が大逆噴射を演じた。

財政政策は景気支持から景気圧殺に、180度方向を変えた


「アベコベノミクス」に転換したのだ。

景気を支える財政政策を 景気を圧殺する財政政策に 方向を大転換した。

その結果、日本経済は順当に撃墜された。


第二の顔はミクロの顔だ。

ミクロの顔としてのアベノミクスは、弱者切捨て=弱肉強食推進である。

大資本だけを徹底して優遇し、労働=主権者=一般庶民を踏みつぶす。

この路線が明確に取られている。


第三の顔が素顔だ。

素顔のアベノミクスは、究極の売国である。

日本を売る政策が推進されている。

それが円安誘導だ。

日本の主権者は、この安倍政権を退場させる道を選択するべきである。

日本の主権者が選ぶべき道がこれだ。

「この道しかない」

と言うなら、その「この道」とはこれのことだ。

主権者はこう宣言するべきだ。

主権者が日本を取り戻す




◆http://my.shadowcity.jp/2014/12/post-6244.html#more
ネットゲリラ (2014年12月23日)
貧乏神発見!


より抜粋、

実質賃金の減少が16ヶ月連続だそうで、
アベシンゾーになってから日本は貧乏神に取り憑かれてますw 
いや、アベシンゾーが貧乏神なのかw


  ☆http://news.mynavi.jp/news/2014/12/18/230/
  マイナビニュース 2014/12/18
  ◎10月の「実質賃金」、3.0%減に下方修正 - 現金給与の上げ幅も縮小

   厚生労働省は18日、2014年10月の毎月勤労統計調査(事業所規模5人以上)の
   確報を発表した。それによると、10月の現金給与総額(1人平均、以下同)は
   前年同月比0.2%増の26万7,212円となり、
   上げ幅は速報値の0.5%増から下方修正された。増加は8カ月連続。

   現金給与総額に物価変動の影響を加味した実質賃金指数は
   前年同月比3.0%減となり、速報値の2.8%減から下方修正された。
   実質賃金の減少は16カ月連続となる。



何故、そうなるのか? じゃあ、どうすればいいのか? 追って説明します


  -----------------------
  上がったの公務員だけだなw
  -----------------------
  バカノミクスのおかげで物価だけ上がって庶民は瀕死状態w
  -----------------------


今まで働く場がなかった人がパートや非正規で働き始めたので、
安い賃金の労働者が増えた、という意見もあるんだが、
それはある面、正しくて、ある面、間違っている。

非正規の雇用が増えたのは、団塊の世代が労働市場から去ったからです。
その代替として、非正規を雇用している。

団塊の世代は、ほとんどが正社員で働いていたわけで、
正社員が減って、非正規が増えている。労働環境は悪化しているわけだ。


  -----------------------
  底辺を壊滅させて真の意味で美しい国にするつもりなんだろう
  -----------------------
  完全にスタグフレーションやないか。
  -----------------------
  消費税増税なんてするからだ
  -----------------------

じゃあ、どうすればいいのか? 

最低賃金を1000円以上にして、怪しい研修生とか留学生とか、中国人を追い出せばいい

都心のコンビニや飲食店は、中国人ワーカーだらけです。
連中がいなくなれば、否応なしに時給を上げないと、人が集まらない

日本は中国人を食わせるためにあるんじゃない


外国人が東京からいなくなれば、非正規労働者の賃金は間違いなく上がります



正論ですなw  「就学生」制度など廃止でいい、実質、脱法労働移民だからねぇ。

「円安」で帰国する外人が増えておるともいう、送金が大幅目減りwらしいな。



歌麿、二枚目、



「芸者と雪」です。


朝のBSなど見ておると、ユダ米・国民の民度も低いわなぁw

すっかり3S政策に洗脳されておるねぇ、

◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_203.html
richardkoshimizu's blog  2014/12/23
米国 北朝鮮侵攻の用意?


北朝鮮とロシアが急接近し、
ユダヤ米国の統一教会を介した北朝鮮操縦が効かなくなった。

そこで、サイバー攻撃絡みで戦争を仕掛けると北朝鮮を脅して
従米に戻るよう必死の誘導。

北朝鮮風情にサイバー攻撃など無理。

だが、北朝鮮には統一教会の奴隷が3-4000匹いる。

そのなかにCIAの専門家を送り込めば、
北朝鮮発の対米サイバー攻撃などいくらでもできる。

さらには、普通に北朝鮮に出入りしているイスラエル人もたくさんいる。

テポドン・ポテチンミサイルも恐らくイスラエル人の作品。

そのイスラエル人、米国との二重国籍。

猿芝居にはもう飽きました。

もっと興味を引く謀略をやってください。

「ティアラの大冒険」の方がずっと面白い。


☆http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_22/281566747/
ロシアの声 12月 22日 ,
米国 北朝鮮侵攻の用意?

今日、朝鮮民主主義人民共和国の中央紙「労働新聞(ノドン・シンムン)」は
「米国とその同盟国は、我が共和国における人権問題を、
侵略及び国に現存する社会機構の転覆のために利用している」と報じた。


これは、先頃米国政府が、北朝鮮の人権擁護問題に取り組む諸機関への
財政援助を承認した事を受けて、批判を加えたものと見られる。

先に米国は、自国のそうした機関にだけ財政援助をしていたが、
今後は、同様の活動を続ける世界中の組織や団体も支援する事になる。

「労働新聞」は、次のように指摘している―

「米国行政当局は、人権違反を口実に共和国への侵攻を準備しており、
その後彼らは、リビアやイラクそしてアフガニスタンのような運命を
我が国にたどらせたいと欲している。

人権分野で共和国に照準を合わせた米国のミサイルは、
第二次朝鮮戦争へのプレリュードである。」

  イタル-タス


☆ハラ 2014/12/23

ユダ米が「関与明言せず」とは、犯人だからでしょうね。
北が本当にユダ米離れを始めているなら、嫌がらせの可能性を考えます。

北朝鮮のネット停止か 米国務省、関与明言せず

http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014122301001148.html
【共同通信】2014/12/23

米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は22日、サイバー専門家らの話を基に、
北朝鮮でインターネットが機能停止に陥ったと報じた。原因は不明。

米当局は、ソニーの米映画子会社に対するサイバー攻撃を
北朝鮮による犯行と断定、対抗措置を検討しているが、
今回の機能停止と関連があるかどうか明らかでない。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントへのサイバー攻撃を受け、
オバマ米大統領は北朝鮮への「相応の対応」を言明している。

国務省のハーフ副報道官は22日、
「目に見えるものもあれば、見えないものもあるかもしれない」と
米国の関与について明言しなかった。


コメント


*芭蕉  2014/12/23

  噛みつかせ
    自ら起こす
       極東戦
         回りシラケる
             猿芝居



◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51946874.html
日本や世界や宇宙の動向  2014年12月23日
ロシアと中国の危ない対抗策。。。


キングワールドニュースによると、
どうやら。。。
ロシアと中国は、アメリカを中心とした西側諸国が
米ドルを守るためにロシアへの攻撃をさらに強めた場合、
核攻撃も辞さないとして、その準備をしているようです


中国もロシアも地下に多くの巨大施設があると言われています。
核戦争が起きた場合には、
ロシア国民の殆どが地下に逃げ込むことができるそうです。

米ドルを巡って水面下では
アメリカやイギリス 対 BRICSの激しい戦争が起きています。
今はまだサイバー攻撃や通貨戦争だけにとどまっていますが。。。

ロシアと中国はアメリカを核攻撃して占領しようとしているのではないでしょうか。
以前からアメリカ国内に大勢のロシア軍と中国軍が潜伏している
という情報が流れていましたが。。。オバマ政権とロシアと中国が結託して、
ワシントンDCとウォール街にいたアメリカの支配者達(シオニスト)を追い出し、
アメリカを乗っ取ろうとしているのかもしれません。

ロシアはルーブルを金本位制度にすることで
西側諸国の金融システムや通貨を破壊しようと考えているとも言われていますし。。。

来年は戦争が激化するのでしょうか。。。
それともその前に西側諸国或いはBRICS側が崩れ落ちるのでしょうか。

それとも共倒れが起きるのでしょうか?

☆http://kingworldnews.com/yes-russia-unleash-black-swans-west-scary-part/
(概要)
12月21日付け:
キングワールドニュース(KWN):

KWNからインタビューを受けたDr.ポール・クレイグ・ロバーツ
(25年間、非常に重要な情報を伝えてきた専門家)は

「ロシアはアメリカや西側諸国への対抗処置としてコクチョウを解き放つだろう。
これが恐ろしいのだ。」と警告しました。

  ブラック・スワン理論(black Swan theory):
  「ありえなくて起こりえない」と思われていたことは いったん急に起きる場合、
  予測できない、非常に強い衝撃を与える、という理論。
  とりわけ予測できない金融危機と自然災害をよく表している。

スティーブ・クイル氏:

KWNがDr.ロバーツにインタビューした内容は、
これまでKWNが行ってきた様々な専門家のインタビューの中でも
最も重要な情報が含まれています。

なぜなら、現在我々は非常に危険な時代に我生きているからです。

Dr.ロバーツが警告している通り、

ロシアはアメリカや西側諸国への対抗処置として、コクチョウを解放するでしょう。

中国とロシアはもはやMAD相互確証破壊が効果的だとは考えていません。
その代わりに両国は先制攻撃が効果的であると考えています。つまり。。。

もし両国がアメリカや西側諸国によって脅威にさらされたなら、
その対抗処置として 核爆弾で先制攻撃を行う権利があると理解しているのです。

ロシアは既に核戦争が起きた場合に備えて
ロシア国民の大部分を避難させるための核シェルターを大都市に建設済みである
ということを知っている人はほとんどいません。

しかしアメリカではエリートのみが避難できる
地下の核シェルター(米国内の234箇所に存在)しか造っていません。

これらの施設は地下基地或いは地下深部基地として米軍が管理しています。
丁度今アメリカで何が起きているかというと。。。
政府は大量の食糧を調達し地下施設に運び込んでいるのです。

政府は世界的な核戦争が起きた際、地下に避難できるように準備を急いでいるのです。

さらに、全米の小売店の店主らから届いた情報では、
このような地下施設がある州
(ケンタッキー、ウェストバージニア、カンザス、ペンシルベニア、他)の
食料品店から大量の食品が棚から消えているそうです。

一方、多くの中国人が米国内の工場、農場、炭鉱、水資源、他を買いあさっています。

また、極東、中東諸国もアメリカの重要資源を買いあさっています。

中国とロシアは、最終的には天然資源をどれほど手に入れ、
市場でゴールドや通貨と交換できるかにかかっていると理解しています。

Dr.ロバーツは、ロシアは
アメリカや西側諸国がロシア攻撃の手はずを整えるのを黙って観ている
ようなことはしない
と言っています


世界的なサイバー戦争が激化しています。

アメリカの金融システムが非常に巧妙なサイバー攻撃の脅威にさらされています。
世界的に有名なソニーピクチャーズがサイバー攻撃を受け
映画の上映を止めざるを得なくなりましたが、
これも世界的で激化しているサイバー攻撃の一環です。

米政府は大手銀行の全行員や通貨監督庁の高官らに救命袋を用意しているのです。
なぜ救命袋を用意するかというと、差し迫る大災害に備えているからです。

彼らは救命袋を持って避難することができます。

世界は、いつ大惨事が起きても不思議ではない状況です

準備をしていない人々は自分達だけでなく家族も悲惨な目に遭うことになります。
裕福な人たちも、銀行がサイバー攻撃を受け、金融システムが機能不全に陥ったなら、
預金を引き出すこともできなくなります。




歌麿、三枚目、




「當時全盛美人揃」 「扇屋内 花」です。



プーチンは支那を信じてはいないと思う、

「支那を信ずるものは必ず裏切られる」、これ公理、

◆http://takedanet.com/archives/1016200704.html
武田邦彦 (中部大学) 2014年12月23日
中華化する大和魂


☆https://www.youtube.com/watch?v=srqiGaFM_nM

JR東日本が2014年12月20日、「記念スイカ」のカードを東京駅で発売しようとしたら、
9000人の人が集まり、午前8時だった販売開始時間を前倒しし、
7時14分から売り出したが混乱したので、9時40分に予定の約半分を販売したところで打ち切った。

購入できなかった人は「納得いかない」 「割り込みがあった」と怒声を発し、
100人を超える人が駅員を取り囲み、混乱は3時間以上続いた。

これに対して、記事は不満を持っていた人にインタビューをして、
「「きちんと待っていた人が買えないなんて納得できない」と怒りをあらわに」とか、
「JRはでたらめ。『客が混乱したから販売を中止した』と
まるで自分たちのせいではない感じで許せない」と吐き捨てた」
とJR東日本が悪いように書いた。

私はJRに良い感情は持っていないが、日本文化を大切にする私は、
この事件はJRの問題ではなく、日本人の中華化であると思う。

東北大震災のときにコンビニのおにぎりを買うために静かに並んだ住民は、
まさに「日本文化は世界に誇るものである」ことを示し、
それは多くの日本人の心を打ち、マスコミも評価した。

反日運動が広がりを見せる中国、韓国が嫌いな日本人は、
「日本人は礼儀正しく、集団でも規律を守る。それに対して・・・」
と騒ぐことが多い中国人、韓国人を批判することも多い。

多くの日本人がJRにも不備はあったかも知れないが、
もともと限定された枚数であることはわかっているのだし、
「前日に並ばないでください」と注意書きがあるだけで、
「前日に並んだ人には売らない」とまではしていない。

ニートだと自称する人が「始発の電車で来たのに買えないのは納得できない」と
息巻いていて、テレビではあたかもその人が「正しい日本文化にそって行動している」
というような映像であり、コメンテーターも同調していた。

私なら本人にとっては大切なものかも知れないが、生命財産に直接関係のない
記念カードを買いに行って販売数より集まった人数が多いからといって
JRに詰め寄るとは情けない。日本人の風上にも置けない人たちだった
とコメントする。

「記念カードの販売」は「イベント」ではない。

基本はJRの切符やカードと同様に窓口販売になると思うのが普通で、
冬の販売だから「万が一」人気があって並ぶようなことがあれば寒いからその準備も必要だ。

JR側も丁寧な扱いは必要だが、買いに行った日本人も節度ある礼儀正しい態度で、
駅は乗降する人が大切だから、ロープなどがなくても
(切符やカードを売るところはどこもロープはない。それが日本人の誇りだ)、
自分たちで東京駅を利用する人に邪魔にならないようにお互いに列を作り、
もし列を乱す人がいたら警備員ではなく並んだ人が相互に注意して整然と並んで欲しかった。


もしかすると騒いだ人は日本人ではないかも知れないし、
カードを買いに来て騒いだ人は記念のためではなく
転売して利益をあげようとしているのではないか?


それにしても、大新聞の記者は「ダブルスタンダード」どころか、
「マルチスタンダード」で、

ある時には一見して弱い方(今回)、

ある時には大勢の方(みんなが言っているからのSTAP事件)、

そしてある時には強い方
北朝鮮の原爆実験。アメリカ1054回、北朝鮮3回で アメリカを非難せず、北朝鮮を非難。
イラクのフセイン大統領も同じくアメリカのブッシュ大統領を批判せず)

自分が良い子に見える方を選び、そしてそれにあとで論理を被せる

記念カードの事件は「中華化した日本人」、「情けない日本人」、
「礼儀を失って居丈高になった日本人」を見る思いをして、

日本を大切にしていた私にとって残念だったが、
今日のNHKもそれを助長する映像と解説だった。

これでは日本の公共放送とは言えない





◆http://melma.com/backnumber_45206_6142524/
宮崎正弘の国際ニュース・早読み(西ベンガル、アッサムにもテロリストの拠点)
発行日:12/22


書評 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
 温家宝前首相一族の不正蓄財は2200億円だったが、その後の追求は?
  反腐敗キャンペーンをすすめる習近平だが、その一族は香港で300億円の不正蓄財


  
  濱本良一『習近平の強権政治で中国はどこへ向かうのか』(ミネルヴァ書房)
  @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

副題に「2012-2013」とあるように、
中国の習政権の動きを克明に追うシリーズ第二弾で、
チャイナウォッチには絶対に欠かせない記録文献である。

著者の濱本氏は秋田国際大学教授。
その前は読売新聞北京支局長、編集委員。チャイナウォッチャーとして知られる。

中国の共産党政権をなんとしてでも維持しなければならない習近平だが、
経済的には成長減速と不良債権問題。
ウィグルのみならず各地で暴動の頻発、高級幹部の海外逃亡、汚職の蔓延など
様々な難題をかかえており、他方、対外的には尖閣問題ばかりか、
米国と対立が鮮明となり、G2は行方不明
となった


あまつさえ北朝鮮、露西亜、そして南シナ海をめぐる周辺国家との鋭角的対立が横たわり、
政権の運営も並大抵なレベルではとても乗り切れない。

したがって本書の色分けでは「権力集中を強める習近平一極体制」が急がれるとし、
また外交的には『遠交近攻』、対日では強硬路線、
ロシアは蜜月演出、対米ではさざ波」と区分けされる


とりわけGDP成長率の鈍化は失業者が町に溢れて急速に治安が悪化しているが、
時系列かつ系統的に中国国内の動き ならびに政治局幹部の外遊と、
その共同声明などを克明に追求し、感情を交えない叙述はときに冷淡でもあるが、
歴史記録であるからには、ゆるぎなき年表にもなっている。

海外へ逃げ出した党幹部とその不法な持ち逃げを執拗に追いかける習近平政権だが、
どっこいニューヨークタイムズがすっぱ抜いた温家宝・前首相の
2200億円の不正蓄財問題は、いったいどうなっているのか。

しかも習近平一族それ自身の腐敗汚職に関して、
周囲の批判をよそに、習近平はいかに乗り切るのか。

トここまで書いてきたところで、『サウスチャイナ・モーニングポスト』
(2014年12月21日)を覗くと、マカオ訪問中の習近平が
アジアドームの歓迎式典に臨んで演説したほか、崔世安マカオ行政長官らと会談し、
諸問題に加えマカオ特有の博打ビジネスにも容喙したという。

カジノは不正資金の流れを助長し汚職のカネが流れ込み、
これに対抗するには強い規制が必要である。

しかしマカオ政庁はその歳入の85%が博打産業からの寺銭であり、
昨秋来、中国国内景気の落ち込みと反腐敗キャンペーンによって
マカオのカジノの売り上げも急落し、歳入の増収期待はとうに吹き飛んだ。

にもかかわらずマカオの24時間営業のカジノホテルでも、
とりわけVIPルームを使って巨額のギャンブルに興ずる人たちの
カネの出入りを監査し、取り締まりを強化してゆく方向には変わりはない
と同紙は伝えた。

閑話休題。
本書を読み進むと上記一切を矛盾と化けさせる記述とぶつかった。
「ブルームバーグニュースは6月29日、習近平氏の一族が
3億6700万ドル(約305億円)にのぼる資産を保有していると伝えた。
同通信もその後、中国国内ではネットで閲覧することが不能となった。
(中略)
習一族の蓄財ぶりは桁外れであることがわかる。
これが共産党最高指導部の実態なのだろう」(本書170ページ)。

本書の随所にこうした外伝的情報がちりばめられている。



毎度申し上げておりますよ、

「脱米」&「排特亜」こそ国益にかのう、安全と繁栄への大道なり、と。

「脱米」への助っ人はロシア、「排特亜」の反対者は財界のみ、決断一つw

「吸血鬼にして死神でしかないユダ米」との悪縁をぶった斬るべし、

「寄生虫にして疫病神でしかない特亜」とは関わりを断つ、これが安穏への道。


コメント

年の瀬やⅢ

2014-12-23 10:57:42 | Weblog
 画は 川瀬 巴水(かわせ はすい)

 1883年(明治16年)~ 1957年(昭和32年)

 大正・昭和期の版画家、「昭和の広重」などと呼ばれる。      作


  「暮の雪 (江戸川)」です。


☆雪、積もりそう。

まずは、長周新聞の総括です、

◆http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/altusoutohahodotooisijiritu17.html
長周新聞  2014年12月17日付


   「圧勝」とはほど遠い支持率17%

     現実反映せぬ小選挙区トリック

      政治基盤崩壊する自民党


解散総選挙が終わるや、早速、安倍首相が集団的自衛権行使の問題で「信任を得た」とか、
改憲に向けて「努力する」などと主張し始めている。

選挙は、商業メディアによる「自民300議席越えか」 「自民単独で320議席もあり得る」
といった扇動報道とは裏腹に、自民党は改選前よりも議席を減らした。

比例区において獲得した得票数も全有権者のうち僅か17%だった

小選挙区制度の恩恵で国会のイスは3分の2近くを総なめにしたが
世論を動員できるような力がなく、その政治基盤はますます細っていることを浮き彫りにした。

投票率は戦後最低の52・66%を記録し、
半数の有権者にとって選択肢がなかったことをあらわした。

選挙結果と進撃方向について、記者座談会をもって分析した。

 
低投票率仕組んだメディア

A 増税の先送りに対する信任を問う」「アベノミクスの評価が争点
  などといっていた安倍晋三が
  選挙が終わると早速改憲を口にしたり、暴走を始めている

  選挙後の受け止めはどんなものになっているだろうか。

B 今回の選挙はメディアの扇動があからさまだったから、期間中はしらけている人も多かった。
  終わってみて、あの「自民圧勝」報道は何だったのか? と各所で話題になっている。
  自民党は議席を減らしているし、300議席どころか291議席だった。
  毎日新聞などは「320議席もあり得る」と1面トップで扱っていたが、
  この世論調査報道というのがいかにいい加減なものかを改めて実感させている。
  「終盤にかけて情勢は変化する可能性がある」といつも逃げの文句を用意しながら、
  投票してもムダだという雰囲気だけを煽っていった
  低投票率にして、組織票を持っている自公が勝利するためにメディアが加担した。
  大本営発表の嫌らしさに怒っている人が多い。

C 選挙後も引き続き「自民圧勝」とメディアがやるものだから、
  結果について詳しく見ていない人人は
  えっ? 自民党は議席を減らしたのか」と驚いている。
  何をどう見たらよいのだろうかと戸惑いも語られていた。
  山口4区では安倍晋三が前回選挙の11万8000票から1万8000票減らして、
  あわや10万を切るところまでガタ減りした。
  これは下関の人間にとっては衝撃的な数字で、みんなが驚いていると同時に
  相当に批判世論が強いことを確信させるものになった。

D 前回比でいっきに15%も得票を減らした。
  当確が八時過ぎには出ていたが、自民党だけでなく連合、公明など
  協力者をフル動員しながらマイナス1万8000票だった。
  投票率は伸びていないし、むしろ減った。
  これは浮動票が逃げていったのではなく、安倍の支持基盤が崩れていることを示している。
  農家と話すと、「今回は安倍さんには入れなかった。地方創生といっているが、
  TPPにせよ、農政にせよ、生産者のことはまったく見ていない
からだ。
  こんな政治を続けさせるわけにはいかない」と話していた。
  これまで安倍に入れていた人が離れている。とくに農村部はその傾向が顕著だった。
  自民党関係者が農村の知人宅を回っても、「今回は相手にされない…」とぼやいていた。
  高齢者も安倍晋太郎の代から支えてきた人人が、集団的自衛権や特定秘密保護法、
  改憲など戦争体制を強めることに危惧を抱いていたし、
  「今回ばかりはすんなり自民党に入れるわけにはいかない」と語る人が少なくなかった。
  そういう状況を反映していると思う。
  前回選挙では下関市内だけで10万票をこえていた安倍票が、今回は8万4700票だった。
  長門でも2200票減らした。

E そんななかで、労働組合の連合は今回も安倍応援で動いていた
  三菱は組合員が700人いるが、いつも安倍の選挙をやる。
  現役世代だけでなくOBまで含めて水面下で動く。神戸製鋼も同じだ。
  民主党の傘下にいるはずの連合が自民党の選挙をやり、
  県議の加藤はサボタージュで自民党に協力した。
  対抗馬としては「日共」と公示直前に出馬を決断した医者のおばちゃんで、
  とても選挙といえる代物ではなかった。
  そのなかで、みんながどう投票行動をとるか頭を抱えていた。
  選挙後、ある中小企業で何人かの従業員と話になったが、
  「これは選挙といえるのか?」とみなが口口に語っていた。
  「自民圧勝」というが、山口4区だけ見ても選挙が体をなしていない。
  とくに野党がまったく対抗力がないことを問題にしていた。
  投票率が下がったことについても、
  「4区みたいな選挙だったら行きたくなくなるのもムリはない」と話していた。

F 現役の首相が大幅に得票を減らした。
  この意味合いは大きいし、下関の民意を反映したものとして確信が強まっている。
  古賀敬章と争ったときが9万7000票で過去最低だったが、
  今回の結果はそれに次ぐものだ。選挙の度に減り方は激しいものになっている。
  山口県内の他の選挙区でも、自民党候補はそれぞれ1万票近く減らしている。
  そして有権者の半数が棄権したのも共通の現象だった。

G どこへ行っても沖縄はすごかったな!と喜ばれているのも特徴だ。
  4つの選挙区すべてで自民党を叩きつぶした。
  「いまからはあんな選挙をしないといけない」と語られている。
  聞く耳のない傲慢な政治に対して、候補者どうこうではなく、
  有権者自身が立ち上がって争点を鮮明にしてたたかう姿へ共感がある。
  「自民圧勝」ばかり報道される面白くない選挙で、唯一みんなが注目してきた。
  知事選に次ぐ勝利で、自民党を徹底的に壊滅に追い込んでいる沖縄県民のパワー
  みんなが激励されている。

 
78選挙区で大接戦 野党一本化なら逆転 票割った「日共」

A 選挙結果は何を示しているかだ。各地で接戦にもなっていた。
  北海道など農業地帯では自民が議席を失ったところもあった。
  「自民圧勝」ではなくその中身について見ないといけない。

D 農林水産大臣の西川公也が栃木で落選した。農林水産副大臣も岡山で落選している。
  前回選挙の公約を破ってTPPをゴリ押ししてきたのもあって、灸を据えている。
  鹿児島や佐賀でも自民党は議席を失った。
  あと次世代の党というか旧世代といった方がよいのかもしれないが、
  石原慎太郎率いる右翼集団が壊滅だった。
  朝鮮人侮蔑のヘイトスピーチをしてはばからなかった西村眞悟も落選した。
  元航空幕僚長で安倍ブレーンだった田母神も公明や生活の党にも敗れて最下位だった。
  「日本の美徳」「家族とは」などと説いてきたが、
  選挙期間中はみずからの不倫を巡って奥さんから起こされていた裁判に敗訴して
  「信義則上、許されないと判決を受けていたのがニュースになっていた。
  次世代は20議席からいっきに2議席へと凋落した。

E もっとも特徴的だったのが沖縄で、島嶼部を覗いてほぼ全市町村で
  自民党以外の候補の得票が勝った。
  オール沖縄で候補者を一本化し、安倍政治を明確に拒否した
  日米「安保」、基地撤去という争点が鮮明になっていたから、よそとは違う様相になった。
  自民党候補は期間中も「自民党です」といえず、最後まで冷たい視線にさらされていたようだ。
  郷土をミサイル攻撃の標的にさらすな! という世論は抑えることなどできず、
  安倍政治の使い走り議員たちを許さなかった。
  辺野古埋立承認から1年がたって、仲井真も退場させられ、
  裏切った国会議員も1人残らず振るい落とされた。
  沖縄では「いい正月が迎えられる」と語り合われているという。

F 選挙区では、自民党の主立った面面の選挙区は対抗馬が「日共」のみのところが多かった。
  野党がまともに対抗馬を立てなかったのも特徴だ。
  遊説で走り回っていた小泉進次郎がそうだし、石破茂、茂木敏充、額賀福志郎、
  福田元首相の後継者が立候補した群馬4区、新藤義孝、浜田靖一、山口俊一、田村憲久、
  西村康稔、二階俊博、加藤勝信、鳩山邦夫、麻生太郎、野田毅、園田博之(次世代)、
  江藤拓など大臣クラスは「日共」相手の不戦勝だった。
  安倍晋三の山口4区でも2日前になっておばちゃんが出馬したから
  「日共」との一騎打ちは回避したが、票の持って行き場に困っている有権者は多かった。
  野党が脳天気でまったく解散に備えていなかったのもあるが、選挙が体をなしていない。

B ただ、選挙区ごとの特徴を見てみると、
  オール沖縄方式なら自民党が落選していた選挙区が多くあった。
  今回の選挙は、「日共」集団が勝つつもりなどないのに全選挙区に候補者を擁立した。
  解散発表前から「全選挙区擁立」で方針を打ち出すなど、前のめりだった。
  それで選挙区で獲得したのは沖縄の一議席のみだった。
  他の選挙区ではむしろ1~2万票の批判票を割って、自民党を喜ばせていた。
  295すべての選挙結果を見てみたら、
  「日共」集団の票割りがなく、沖縄方式で野党一本化で挑んでいたなら、
  自民党は78議席失っていた。 票割り、乱立が相当に自民党を助けた。
  291議席ではなく、選挙構図如何によっては213議席になってもおかしくなかった

  「日共」集団が8議席から21議席に伸びたのは、
  「他に入れる政党がない」という状況のなかで、最後に向かった先が「日本共産党」の
  看板を掲げる政党だったということ、そのような情勢にあることを反映した。
  同時に、選挙において自民党補完勢力のような役割も果たした。
  勝つつもりなどないのに、自民党の議席確保に貢献した
  というのは小選挙区の結果からいえることだ。

E 小選挙区制度はそもそも2大政党制を想定した選挙制度で、
  野党が乱立すれば負けるのはわかりきっている。
  この選挙制度のインチキも問題にしないといけない。
  政党の支持率をあらわすのは自公協力の選挙区における得票ではなくて、
  比例区の得票数だ。
  自民党の今回の得票は1766万票で、全有権者1億396万人のうち17%に過ぎない
  ところが295の選挙区では野党乱立により222議席を得て、比例の68議席も加え、
  さらに選挙後に自民党公認扱いした1人も加えて291議席を得た。
  17%の支持率しかない政党が国会の議席を独占した。
  ちなみに、2009年の政権交代選挙で自民党が惨敗した時の比例票は1881万票だった。
  惨敗した選挙よりも得票を減らした政党が大勝するという、おかしな事がやられている
  選挙区の得票数は候補者数にも左右されるが、2009年の自民党の得票は2730万票だった。
  それで64議席しか得られなかったのが、今回はそれよりも少ない2546万票で
  222議席を得た。小選挙区のトリックでこんなことが起きる。

C 国民の支持によって国会の議席数が決まるわけではないのだ。
  「1票の格差」云々がいわれているが、インチキの一言に尽きると思う。
  あと、民主党が大幅に得票を減らしたうえで「自民圧勝」がもたらされているのも特徴で、
  前回選挙では選挙区、比例ともにいっきに2000万票近くが逃げて大敗北となった。
  さんざん期待させておいて、いざ与党になったら自民党と同じ事をやり始めた。
  消費税も原発再稼働もTPPもみな自民党と同じ事をやって、
  その結果、叩きのめされた。民主党は代表の海江田万里が落選して、
  消費税増税やTPPを進めていた菅直人も選挙区では落選した。
  人人を騙した者に対しては、引き続き厳しい視線が注がれていることを示している。
  今回の選挙で若干議席数は伸ばしたが、比例票を見ても2000万票は戻っていない。

G 維新の党も得票の減り幅が大きい。

 
矛盾ない国会の姿 対米従属との斗争が急務 大衆運動に展望

A 安倍政府の登場は、そもそも野田民主党政府が道筋を引いたものだ。
  惨敗がわかっていながら解散総選挙に打って出て、意図的に自民党に大政奉還した

  民主党崩壊の自爆選挙を民主党の党首が実施するのだから、
  よほどの力が背後で働いたと見ておかしくない。
  そして異次元の金融緩和、集団的自衛権の行使容認、特定秘密保護法、TPP、
  原発輸出や再稼働、消費税増税などみな暴走して安倍が突っ走ってきた。

  財界や米国など背後勢力がそのようにさせたわけだ

  異次元の金融緩和やアベノミクスといっても、要するに外資やファンドが
  食い物にしただけで、国民生活には何も回ってこない。
  日銀と銀行の間を資金が行き来するだけで、銀行を通じて米国債買いに回されたり、
  円キャリー・トレードでみなニューヨークに流れ出していった。
  安倍政府を通じて、金融博打の原資を提供させた。
  TPPも米国の市場として日本列島を差し出すものだ

  日中関係の衝突といっても、野田政府の時期に尖閣国有化を打ち出し、
  以後の緊張関係を安倍がもっと悪化させてきた。
  これも米中の覇権争奪で日本が盾になっているだけだ。

  対米従属のもとで、政治は誰が与党になっても同じ事をする。
  この政治支配構造とどうたたかうかが重要な問題だ


D 改憲も民主党は基本的に賛成で、原発再稼働、消費税増税、TPPも
  もともと自分たちが賛成してきたものだ。
  国会はオール翼賛化して野党がいない状態になった。
  自民党、民主党、その他の議席数だけ見ていても何の意味もない。

A 政治は国民を動員できなければ政治とはいえない。
  世論を動員して、熱狂でも何でも作り出して支持を得なければ、
  宙に浮いた物にしかならない。
  今回の選挙は小泉フィーバーのような熱狂も作ることはできなかった。
  「熱狂なき選挙」と小泉進次郎が発言していたが、
  戦後最低の投票率がそのことをよく物語っている。むしろ、
  低投票率狙いのメディア誘導を意識的に仕掛けていた
  それ自体が支配の弱体化を示している。
  国民の半分が「選択肢なし」と見なしてそっぽを向いたのは、
  それとして現実を反映している。まともな野党がおらず、選挙が選挙でないのだ。
  国会は国民からますます遊離して支持基盤を失っている。
  狭い国会の中だけで多数派を握ったと思って、安倍が調子付いている関係だ。
  選挙を見ても、与党と野党の関係しか見えていないのが安倍晋三だ。
  政治が国民との力関係で動いているとは思っていない。
  実際の支持基盤は脆弱だ。

E 選挙後、アメリカは結果に大喜びしている
  「集団的自衛権の行使や日米防衛協力の指針(ガイドライン)改定に向けて、
  その政治基盤が強まり推進力になる。歓迎する」などと政府高官が発言している。
  誰のための何のための選挙だったのかだ。

C 安倍周辺は八月頃から総選挙の時期を伺っていたことが取り沙汰され、
  そのために極秘の世論調査をくり返していたようだ。
  最終的には10月末の調査で
  今回の選挙結果よりもさらに大勝できると数値が出たことから、
  解散に踏み切ったのだと暴露されていた

  選挙特報番組で10月の調査について問われた安倍が返答に窮していた。

B その選挙は、過半数すなわち現有議席を大幅に下回っても勝ちだといって、
  議席減を覚悟で自民党は挑んできた。
  党利党略なら議席が減るような選挙はしないが、
  それでも選挙をやらなければならなかった。
  その中心は日米安保だ。
  集団的自衛権の行使容認にあらわれているような憲法改定、一連の戦時法制、
  TPP、原発再稼働など、信任を得ずに突っ走ってきたものを、
  選挙で過半数を得ることによって
信任を得たという格好に持っていく
  ことが最大の眼目
だった

  そして選挙が終わるや「信任を得た」といっている。
  今後四年はもっと突っ走るということだ。
  年明けには原発再稼働が迫っている。
  集団的自衛権の行使を具体化する安保関連法案の審議も先送りしているだけで、
  選挙後に動かす日程だ。
  日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の最終報告も
  春の統一地方選後に出して改定する予定だ。

A 世界は激動して、
  シリアやウクライナなど米国は早く自衛隊を使いたくて仕方がないし、
  待ち構えている

  だから辺野古も岩国も米軍基地は力ずくで整備している。
  現状では野党がつまらない。
  しかし政治は与党と野党の政党だけで動いているのではない。
  基本は国民との関係で動いている。
  野党に期待するだけなら「自民圧勝」に失望しておしまいだが、
  現実の矛盾関係はそれでは済まない。

  国民大衆が主人公になって政治を動かすことが決定的に重要だ。
  沖縄のように、大衆斗争で力を強めて政治を揺り動かす、
  そのような世論と運動を全国的に結集していくことが迫られている


  国会についても、いまや17%ないしは公明も含めた24%を越える力を結集すれば
  ひっくり返せるのが現実で、難攻不落というような代物ではない。
  マスコミが頻繁に発表する高支持率も嘘ばかりで、
  選挙で示された安倍政府の支持率は17%なのだ。

  17%を「圧勝」と思っているなら大間違いで、
  それで傲慢に暴走するなら国民世論との矛盾は一層深まる。
  アベノミクスもいまや失敗は明らか
  こうした政策の責任を直接問われることにもなる。 逃げることはできない。




巴水、二枚目、



「芝増上寺」です。



まさに「語るに落ちた」、「不正選挙」、

◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_198.html
richardkoshimizu's blog  2014/12/22
安倍 ユダヤ金融悪魔 飼い犬 偽総理が、
 不正選挙の予定が狂ったとお怒りの様子です



不正選挙の計画が所々で破綻して、予期せぬ結果が出てしまった。

それだけ、裏社会の統制が崩れているということです。

残念でした、安倍マイノリティー支配反日偽総理殿




☆心情党員 独立遊撃隊 2014/12/21

安倍が自爆しました。


  http://www.cyzo.com/i/2014/12/post_19916_entry.html

  ①自民が300に届かない

  ②沖縄は二つ取れたはずなのにダメ

  ③落ちるはずの枝野が当選 (埼玉5区)



内閣調査室の不正選挙予定とここが違うようです。

ならばここを丹念に調べていくと、また突破口が見えるかもしれません。

もっと安倍を怒らせて、もっとボロを出させるといいと思います(大笑)!


☆日本国庶民 2014/12/21

 安倍晋三、不正選挙やったと自白してる様ではないか。


 「300に届かないじゃないか。話が違っているのは、どういうことだ!

  沖縄は2つ取れるはずじゃなかったのか!

  枝野(埼玉5区、民主党の枝野幸男幹事長)は落ちないじゃないか!」


 等と発言をしていたと自民党関係者が証言しています。

 警察引っ張って事情聴取しろ!



コメント

*ゴシップマニア  2014/12/22

  Yahoo!ニュースですが、
  山口市宮島町で、投票所の担当職員が
  投票用紙を自宅持ち帰りしていたそうです。
  投票当日のその担当職員の遅刻により、投票出来ない人が数名出たことで、
  投票用紙持ち帰りが発覚したようです。

  持ち帰りした理由と目的が何であったのか??
  追求するべきだと思います。


*芭蕉  2014/12/22

  不正選挙
    ほころびの裏に
         S価の乱?



*ホームパイ  2014/12/22

  話が違うというのは
  出来上がった「ストーリー」の存在があるのですね。

  茂木さんが「300議席とれます」と胸を張ったら、
  300議席とる工作が有るということですね。

  大不人気の自民が、存在するだけで摩訶不思議なのに、
  大躍進など不正なくしてできるものか!!!
 



巴水、三枚目、



「荒川乃雪」です。



ユダ米は北鮮攻撃準備中?  お得意の「偽旗作戦」、

◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/752.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2014 年 12 月 21 日 4sIKljvd9SgGs
米国は、温暖化なのか氷河期化なのかはっきりさせ、
 後者ならば今まで空気を吹っ掛けてきた分を、払い戻しすべきです



ゴアがピエロになって温暖化対策が進められ、
京都議定書を守れ、排出権を買えと 
サラ金の過払いより酷い商売をしてきた
訳ですが、
ハワイが氷点下とか どう考えても寒冷化ですが、
今度は氷を作るときはミカジメ料を払えとでも言うのでしょうが、
いずれにせよ、どっちなのかはっきりすべきです。

私の見立ては、今回の衆院選で騒がれたように、
ただの気象兵器の乱用で、温暖化も寒冷化もしていない、
連中が気象を操作しているだけ、というもので、

金融操作もそうですが、中露あたりに詐欺商法をやめさせて欲しいのと、
そのふくさんぶつとして、
その技術でエネルギーが無尽蔵に作れることを発表して、
衣食住が無料化する道を示し、超共産主義の到来を宣言して頂きたいと考えています。
 


◆http://oka-jp.seesaa.net/article/410967599.html
In Deep  2014年12月20日
ソニーのサイバー攻撃事件の発端とされる映画ザ・インタビューから気づかされた
 「忍び寄るサイバー戦争の気配と、そして知らぬ間に進んでいる愚民化政策



より抜粋、

サイバー戦争を仕掛けようとしているのは誰なのか?

アメリカのソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントがサイバー攻撃を受けて
大量の情報が流出し、その後、脅迫等により北朝鮮に関してのパロディ映画
「ザ・インタビュー」が公開中止に追い込まれたという事件が最近ありました。

このサイバー攻撃を仕掛けたのは誰かということについて、今朝の報道を見てみますと、
アメリカの FBI は、北朝鮮の仕業と「断定」したという報道を見ました。

  http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPL3N0U35WS20141219
  ソニーへのサイバー攻撃、北朝鮮の犯行断定 米大統領「相応の対応」

とあり、この記事の最後は、

  過度に厳しい措置を講じれば、北朝鮮をかえって刺激し、
  サイバー戦争へとエスカレートする危うさをはらむ


と締められていました。

記事に、

FBIは北朝鮮の犯行だと断定した詳しい経緯については明らかにしなかった

とありますように、どうもよくある感じの
真実が曖昧なままトラブル状態にもつれこむというような感じの雰囲気が
強く感じられる流れとなっているのですが、
3日くらい前、アメリカのセキュリティ研究家のマーク・ロジャーズという人が、

  今回のソニーへのサイバー攻撃は北朝鮮によるものではない

と、こちらも「断定」に近い形で自身のブログに記しています。 

http://marcrogers.org/2014/12/18/
 why-the-sony-hack-is-unlikely-to-be-the-work-of-north-korea/


これは、「その 10の理由」という形式で書かれていますが、
目を引くのが、
このハッカー攻撃では北朝鮮で実際に使用されている朝鮮語で書かれていない
ことを筆頭の理由にあげていることです。

このブログについては、12月19日の IT Media ニュースの
「SPE攻撃は北朝鮮が命令」と米当局が判断か、依然疑問の声も
という記事でも書かれていますので、抜粋します。

  セキュリティ研究者のマーク・ロジャース氏は自身のブログで、
  北朝鮮の関与は「あり得ないと思う」との見方を示した。

  その根拠として、攻撃者が使っている英語の誤りには、
  朝鮮語使用者にありがちな典型的な誤りが一切なく、
  英語使用者が意図的に誤った英文を書いた疑いがある
と指摘する。

  また、SPE攻撃に使われたマルウェア
  朝鮮語のPCで作成されたと伝えられている点については、
  「むしろ北朝鮮である可能性は薄くなる。北朝鮮では
  伝統的な『朝鮮語』ではなく独自の方言を使っていて、
  伝統的な朝鮮語は禁止されている」と解説した。


私もこの記事で初めて知ったのですが、

北朝鮮と南朝鮮韓国では、同じ朝鮮語でも違う意味として使われている

ものが多いのだそう。

話がそれるかもしれないですが、興味深かったので、このことを記します。


北朝鮮国民と韓国人との間では朝鮮語でのコミュニケーションはあまりできない


私は、北朝鮮と韓国は、国家として違うだけで、
まったく同じ意味での朝鮮語を話しているのかと思っていましたが、
そうではないようなのです。

下の 2009年11月2日のボイス・オブ・アメリカの記事では、
脱北した韓国に暮らす1万数千人の北朝鮮の人々が言葉の壁で苦労している
ことが報じられています。 
http://www.voanews.com/content/a-13-2009-03-16-voa49-68727402/409810.html

さらに、2006年8月30日のニューヨーク・タイムズの記事でも、
同じことを取り上げていまして、その中に、

  2001年の調査では、北朝鮮からの脱北者の中で、
  韓国の言葉を理解している人の数は、わずか 24%である
ことがわかった



とあります。

方言レベル以上の意味の違いがあるようなのです


たとえば、同じハングルの綴りの朝鮮語で、韓国で「タコ」の意味が、
北朝鮮では「イカ」だったりとか、あるいは、北朝鮮には
「ドライブ」とか「ショッピング」の意味の朝鮮語が存在しなかったり(2001年時点)と、
同じ朝鮮語でありながら、実質はかなり違うものであるようです。

ということは、韓国の人も、北朝鮮の言葉は「理解できない部分が多い」
ということが言えそうで、たとえば、韓国の人たちが
北朝鮮の国営通信テレビの報道を見ても、
「理解できる部分と理解できない部分がある」ということになりそうです。

こういうことを知りますと、「南北統一」なんて言葉の裏には、
その際には、言葉の統一でも混乱する要素がありそうです。


このことで長くなってしまいましたが、
セキュリティ研究家のマーク・ロジャースさんは、ソニーへのサイバー攻撃は、

  英語使用者が意図的に誤った英文を書いた疑いがある

と述べていまして、英語使用者がおこなったサイバー攻撃であるとしています。


そして、ロジャースさんは、実は、最大の問題は攻撃者が誰か、ということではなく、
ソニーのセキュリティの脆弱性が露呈されたことにあるとしています。

記事の中には、

「ソニーはすべて(のデータ)を焼き尽くして、再度起動し直す以外に
残された選択の余地はほとんどない。現在の証明書はすべて汚染されている」

という強い口調の内容さえ書かれています。

そのあたりのことはともかくとしても、
今回のサイバー攻撃が北朝鮮によるものではない、
という見方が少なからずあることは事実です。


いずれにしても、もうすでにアメリカは報復という言葉を使っていますので、
いろいろとややこしいことになるのかもしれません。


以下ご参照あれ!




いまや、ユダ米は破れかぶれの何でもあり。 まさに「狂犬」ですよ。

「不正選挙」も期間不足でw 齟齬が目立ち、当初の予定が狂ったようでw

年が変われば、ユダ米はいつまで保つやら?  我慢比べの本番のようです。


コメント

年の瀬やⅡ

2014-12-22 11:01:02 | Weblog
 画は 浅野 竹二 (あさの たけじ)

 明治33年(1900年)~ 平成10年(1998年)

 京都の 日本画家、 版画家。            作


  「高野山 根本大塔」です。


☆雪模様、冷え込む。

悪の帝国=ユダ米、断末魔の悪足掻き、

◆http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_20/281523990/
ロシアの声  12月 20日 ,
欧州人の46% 米国の政策にこれ以上左右されたくない


CM Research社が「ロシア・トゥディ」のために実施した世論調査データによれば、
欧州人の46%は「EUは、米国にこれ以上依存しないで行動すべきだ」と考えている。
一方「ワシントンの意見に注意深く耳を傾ける価値がある」
と捉えている人は15%に過ぎない。


この調査には、英仏独の市民3千人以上が参加した。
ドイツでは、アンケートに答えた人のうち54%が
「EUの対ロシア制裁は、ウクライナ情勢に否定的影響を及ぼした」と見ている。
一方、制裁は効果があったと考えているのは16%に過ぎなかった。

  リア-ノーヴォスチ


◆http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-3210.html
マスコミに載らない海外記事  2014年12月21日 (日)
キューバにおける体制転覆


☆http://www.paulcraigroberts.org/2014/12/19/
 regime-change-cuba-paul-craig-roberts/

Paul Craig Roberts  2014年12月19日


キューバとの国交正常化は、外交上の飛躍的進展の結果でもなければ、
ワシントン側の心変わりでもない。

正常化は、アメリカ大企業が、キューバにおける
ブロードバンド・インターネット市場開発等、
キューバで利益を上げる機会を求めた結果に過ぎない。

アメリカの左翼やキューバ政府は、正常化を幸いだと考える前に、
正常化すれば、
アメリカの資金とアメリカ大使館がやってくることに思いをいたすべきだ。

アメリカの資金が、キューバ経済を乗っ取るだろう。

大使館は、キューバ政府を転覆させる為のCIA工作員の巣窟となるだろう


大使館は、アメリカが、キエフでの様に、だまされやすい参加者達を、
適切な時期に街頭抗議行動に繰り出させることが可能なNGO
たちあげるための基地となり、大使館開設で、
ワシントンは新たな政治指導部の一団を育てることが可能になる。

要するに、国交正常化とは、キューバの政権転覆を意味している

まもなく、キューバは、もう一つのワシントンの属国になるだろう。

ペギー・ヌーナンや、マルコ・ルビオ上院議員等の保守派や共和党議員は、
カストロは“天国のような国を、海に浮かぶ監獄に変えた悪漢”で、
キューバとの国交正常化が“カストロ政権の正当性を認める”
ことにはならないと明言している

例外的なアメリカ人に、何百人もの無辜の人々が囚われ、
人生のほとんどの時期を拷問されて過ごしている、キューバにあるワシントン海外拷問監獄、
グアンタナモを、ヌーナンは忘れている。

キューバ革命は、キューバ国民を、外国による支配と、外国の資本家による搾取から
解放する為のものだった


成功の可能性はともあれ、半世紀にわたるワシントンの敵意は、
キューバの経済問題にも共産主義イデオロギーにも関係しているのだ。

アメリカ人の独善は極端だ

ヌーナンは幸せだ。アメリカの資本が、今やカストロが生涯を捧げた仕事を
くつがえそうとしている。

そして、もし資本で倒せなければ、CIAが倒すだろう。

CIAは、ピッグズ湾の恨みを晴らす機会を長いこと伺っていたが、
国交正常化がその好機をもたらしてくれよう。

----------

大本営広報部がとりあげている話題をあれこれいっても意味はない。

本当に重要な話題は争点にも記事にもしないのだから。



浅野 竹二、二枚目、



「銀閣寺 雪」です。



ゲンダイ 二題、

◆http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/155910
日刊ゲンダイ 2014年12月20日
実質1ドル300円  40年ぶり円安水準で日本の富が搾取される


1973年――

41年前の年末には、ぴんからトリオの「女のみち」が街中で流れていた。
沢田研二「危険なふたり」、かぐや姫「神田川」もこの年のヒット曲。
山口百恵のデビューも73年だ。

こんな古い話を持ち出したのは、日本の生活実感が、
当時に逆戻りしている可能性がある
からだ。

安倍政権と黒田日銀はデフレ脱却を掲げ、円安を加速させた。
株価こそ上昇したものの、庶民は輸入インフレで苦しみ続けている。

10月末の追加金融緩和“黒田バズーカ2”で円安は一段と加速し、
12月半ばに1ドル=121円台まで下落。

市場関係者は「7年4カ月ぶりの円安水準」と指摘したが、
“真の円安水準”は、そんなレベルではなかった。

「通貨の実力を測る指標に実質実効為替レートがあります。
米ドルだけでなく、複数の通貨を対象とし、
各国の物価上昇率などを調整したうえで算出する数値
です。

この指数を見る限り、現在の円の実力は約40年前と同じなのです」
(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

オイルショックで物価上昇

日銀の統計によると、14年11月の実質実効為替レートは「70.25」
(2010年の平均を「100」とした数値)。
安倍政権発足時の12年12月は「93.11」だった。

驚いたことに00年代、90年代、80年代と統計表をさかのぼっても
「70.25」を下回る数値はなく、73年1月にようやく「68.88」とあった。

ドル円相場が変動制に移行したばかりで、
1ドル=300円前後だったが、世相は今と似ている。

オイルショックで庶民は物価上昇に苦しめられ、
店頭からトイレットペーパーや洗剤が消えた。

小松左京氏の「日本沈没」が大ベストセラーとなり、
「ノストラダムスの大予言」も出版された。

巨人軍「V9」もあったが、翌年にはミスターこと長嶋茂雄氏が引退し、
一時代が終わった。

当時と違うのは訪日客の増加でしょう。
1200万人を超す外国人が来日し、観光や買い物を楽しんでいます。
日本の消費を刺激するものの、見方を変えると、
日本の富が訪日客に搾取されていることになります」(市場関係者)

富の搾取とは聞き捨てならないが、
通貨の実力が下がる(円安)とは、そういうことなのだ。

「日本がバブル経済を謳歌していたころ、海外旅行でアジア諸国に行くと、
現地の物価がものすごく安くて、日本人は得した気分になった。
海外から見ると、今の日本は当時のアジア諸国と同じです」(金融関係者)


世界が感じている円の価値は40年前の1ドル=300円」なのかもしれない


◆http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155940
日刊ゲンダイ  2014年12月21日
なぜ米国債売却しない? ドル高で25兆円の含み資産


1ドル=120円にまで急ピッチで進んだ「円安・ドル高」。

輸入物価が上昇し、庶民生活はどんどん苦しくなっている。

そこで、円安の弊害を一気に解決するウルトラCが浮上している。

ズバリ、財務省が保有している米国債の売却

いま米国債を売り払ってしまえば、急激な円安にブレーキがかかるうえ、
巨額の儲けが転がり込む
のだ


10月16日の参院財政金融委員会での麻生太郎財務相の答弁によると、
2014年3月末現在、財務省が所管する「外為特会」は、
円換算で116兆円の米国債を保有している。

3月末当時、為替が1ドル=104円と「ドル安」だったために
米国債の価値が下がり、9兆9000億円の“評価損”が発生していた。

しかし、1ドル=120円まで「ドル高」が進み
“含み益”が巨額に膨らんでいるのだ。

「これまで日本政府は、ドル安によって“評価損”が発生しているため、
米国債は売るに売れないという立場でした。

麻生財務相は、含み損を解消するためには、
1ドル=112円までドル高が進む必要があると答弁しています。

現在120円までドル高が進行している。儲けは出ているのは間違いない。
売るなら今しかありませんよ」(民間シンクタンク研究員)


消費税10%分相当

日本が保有する米国債の“含み益”はどのくらいに膨れ上がっているのか。

財務省は「3月時点での計算しかしていません」との回答だったが、
単純計算では25兆円の儲けが出ているはずだ。

消費税1%の税収は約2.5兆円だから、10%分
である


米国債の売却は、決して突飛なアイデアではない。

内閣府官房審議官だった谷内満早大教授も、
80%くらい売ってもいいのではないか。80%くらい売っても、
まだ他の先進国より多めの外貨準備を持っていることになる

とロイターのインタビューに答えている。

政治評論家の山口朝雄氏が言う。
「庶民に消費税増税を強いているのだから、
値上がりした米国債を売って利益を出してもいいと思う。しかし、
米国債の売却はアメリカに喧嘩を売ることになりかねない。
アメリカに弱い安倍首相には無理でしょうね」


円高でも売れない」 「円安でも売れないのに、

日本は100兆円を超える米国債を持つ必要があるのか





浅野 竹二、三枚目、



「平等院 雪」です。



コメントが秀逸、

◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/753.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2014 年 12 月 21 日 4sIKljvd9SgGs
スタップ細胞があると思えるのは、
 周囲がよってたかって無かった事にしようとし、期待しようとしないからです



普通、研究は失敗の連続で、その先に発見や発明がある訳ですが、
今回の検証実験は、ほーら、やっぱ、無かったじゃん、
この大嘘つき野郎みたいな感じで、周囲が全く期待していないのが、
あまりに不自然です。

まるで医療メジャーと製薬メジャーが、そんなものいきなり開発されると
オマンマの食い上げなんだよー、さっさと やっぱ勘違いでしたと発表して
幕引きしろってーのー、と催促されているように映るからで、

トースター屋のエジソンと電線屋が、ニコラテスラのWi-Fiみたいな
無線送電を潰した時のデジャブという感じです。

連中は、何事も、最先端の技術を開発する事よりも、
パクったり 妨害したり に血道をあげ、
もっと良いものを開発して世に出そうという意欲に欠け、

原油の価格を操作する時も、すぐ中東を混乱させる事を画策しますが、
それと同じという事です。

中東が連中の指示を聞かず、原油を減産しなかったように、
特許でがんじがらめにされて発見できなくされてしまったスタップですが、

米国と対抗できる露あたりに引き継がれて花開く筈です
 

コメント

*03. 2014年12月21日 mKgIONs4T6

 小保方博士、STAP細胞(万能細胞)の可能性(1)

 天才、小保方博士のSTAP細胞(万能細胞)は人類の偉大な発見になると思います。
 「神の領域に達したとされるSTAP細胞」の評価は益々高まるものと考えています。
 生命科学史上でも画期的な発見で何ら揺らぐ事はありません。
 小保方博士の活躍は正しくこれからで、
 日本発信、この革命的発見を人類幸福のために捧げ、
 世界の生命科学、医療分野、製薬分野で大活躍する事を期待します。
 天才小保方博士の価値は研究者として実直であり、感性的で、
 個性豊かな人間性、威厳性を備え持つ人物です。
 いままで誰も成しえなかった研究成果を存分に世界に発信して下さい。
 これが神の領域に達した人間の重い役割なのかもしれません。
 また亡き笹井博士の遺言にありました絶対、STAP細胞を再現して下さい
 の重い言葉を背負っています。長期的展望の下、充分な休息を取り、
 焦らず、じっくりと研究活動に専念して下さい。
 恐らく「神の領域に達した小保方博士のSTAP細胞」は当然、神の御加護下にあり、
 俗人の悪しき圧力、影響を必ず排除してくれます。
 小保方博士の存在はすでに世界的なもので、揺るがないものです。
 日本の先端科学の絶対的エースとして、天国の故笹井博士と二人三脚で
 生命科学、医療分野、製薬分野の未来を切り開いて下さい。
 ある意味、日本の将来が小保方博士の双肩にかかっていると言っても過言ではありません。

 このためには新しい研究環境が必要になるのではないでしょうか。
 日本では何かと妨害、邪魔が入りますので、海外への留学等が考えられます。
 その際米国、欧州などは除外すべきです。
 (偽ユダヤ・米英欧・の支配された国家では潰されます)
 露国モスクワ大学中国北京大学等の研究機関留学が最適ではないでしょうか。


 私が小保方博士の騒動で最もガッカリしたのは、日本の科学者は何をしているのか、
 小保方博士を擁護出来ないで何が科学者だ(ごく少数の科学者は小保方博士を擁護)、
 いい加減恥を知りなさい。科学とはそもそも何のために存在し、誰のために存在するのか、
 の観点が決定的に欠落しています。
 人類の平和、幸福、発展に貢献する事が究極の目的ではありませんか。
 日本人の科学者、知性劣化もここまで来たかと唖然とします
 あなた方は日本の「モノ」造りに従事する工学技術者、設計技術者、熟練技術者、
 「モノ」造りをしっかり支える有能な職人等の足元にも及ばない事に気づくべきです。
 世界に誇る日本の先端技術を支えるのは設計製造部門で活躍する現場労働者である事が
 これで証明されました。東大の教授など劣化の見本みたいなものです
 (人類史上最悪の福島原発事故では放射能被害を拡大、
 隠蔽、福島県人を修羅場に放置、馬鹿さ加減を晒しました、
 さらに政治屋、官僚どもの愚策政治にはあきれるばかりです。
 国民の税金で食っている連中、真面目に国民のために働きなさい・・
 歴史の中で今後必ず断罪されます・・とカツを入れます)

 日本の劣化は科学分野だけではありません。
 政治、経済、報道、大学、科学学会部門で如実に表れています


 ①理研の対応:日本の先端技術の頭脳として最高峰に位置する理研(国の研究機関)は
  「小保方博士のSTAP細胞」(1月英ネイチャー誌掲載)、
  で理研が勝手に大々的会見発表を開催(14/1月)、
  マスコミが過剰に「夢の万能細胞」「世紀の大発見」と一斉報道を展開(2月)→
  インターネット上で国外の匿名者の疑惑コメントが発信(2月)→
  マスコミが一転して疑惑報道に転換。以後、猛烈、絨毯爆撃のごとく昼夜問わず、
  連日連夜のバッシング報道を開始(2~12月)→
  調査委員会の設置、結論:研究不正の再発防止(3~6月)→
  英ネイチャー誌、STAP細胞論文撤回(7月)→STAP細胞検証実験(9月)、
  STAP細胞再現に失敗(マスコミ一斉報道)(12月)→
  報道で「STAP細胞」が終息に向かう、
  マスコミに取る小保方博士潰しがほぼ成功(12月)→小保方博士、理研退職(12月)→
  今後、一民間として「STAP細胞(万能細胞」」研究活動に取り組む予定(14/12月~)

 STAP細胞の否定、バッシングに参加した面々:
  小保方博士に対するこの大バッシング攻撃は小保方博士に対する
  人物破壊工作、学者生命抹殺が目的でした。
  この中でネガティブ攻撃に参加したのが、
  東大=京大系の学者連中、有名大学の学者連中、偽科学ジャーナリスト、
  TVの素人キャスター、お笑い芸人等が知識人気取りでバッシングに参加
しました。
  自分の馬鹿さ加減、醜態を天下に晒したわけです。
  このような中で「単純な記載ミス」→「重大な疑惑、不正」→「世界の3大不正」と
  拡大解釈が横行して行きます

  特に日本分子生物学会の大隅理事長、毎日新聞須田桃子女史、
  S・ライター片瀬久美子女史、遠藤高帆理研社員のインチキ否定論ブログ発信

  (彼は即刻解雇が相当)、NHK(公共放送)等が狂ったように批判を展開しています


 ③STAP細胞と故笹井博士の悲劇:
  ついにブラックマスコミ(国民洗脳機関、世論誘導)の集団リンチによって、
  世界的、再生科学の第一人者、笹井博士が自殺(8/5)に追い込まれました。
  何とも痛ましい出来事です。このような結果に追い込んだのは今年2月から
  ブラックマスコミ(NHK、読売、朝日、毎日、サンケイ、日経、時事、共同、
  系列TV各社、Yahoo等)が総掛りで
  「小保方博士のSTAP細胞」の大バッシング劇が猛烈な勢いで展開され、
  その結果としての出来事です。
  これまで(1~12月)新聞記事、TV放映の本数は5500本を有に超えていると思います。
  民間人に対する犯罪者扱いの徹底したバッシングは前代未聞の事ではないでしょうか。

 ブラックマスコミは何を恐れて、このような所業に出たのでしょうか。
 1月の「夢の万能細胞」「世紀の大発見」から一転、大バッシングに暴走した背景には、
 恐らく世界の現覇権国家、偽ユダヤからの「絶対命令が下った」と視るのが正解ではないでしょうか。
 神の領域に達した「小保方博士のSTAP細胞」は世界の支配権力者にすれば、
 不倶戴天の敵と判断したのでしょう。
 まさしく、生命科学界では革命的な事案です。
 今後の生命科学、医療分野、製薬業界、保険業界に多大な影響が出る事は必至な状況です。
 (市場規模では数百兆円規模を想定
 偽ユダヤにとって絶対に「許容」出来ない案件が「STAP細胞(万能細胞)」だった
 のではないでしょうか。
 現覇権国家がSTAP細胞を独占出来なければこれを叩き潰す、当然の結論でした。

 笹井博士事件、今回の不幸な事件のキッカケとなったのが
 NHKスペシャル調査報告 STAP細胞不正の深層」(7/27)の放映でした
 この内容は酷い物で、小保方博士、笹井博士に対する大規模バッシング、
 犯罪者扱いの一方的なものでした。
 如何にも怪しい、若山教授(山梨大学、小保方博士の上司、責任者でありながら、一切のバッシングなし)
 遠藤理研社員(小保方博士叩き、バッシングの急先鋒として悪事に加担)、
 日本分子生物学会の面々、大阪大学の教授まで登場させ「他人のアラ探し」に終始しました。
 小保方博士、笹井博士のネガティブ部分を大きく取り上げて、
 一切の弁明もさせず、醜い犯罪報道をした事になります。
 この事実を集団リンチと言わずして何と言うのだろうか。
 7/24ではNHKの取材クルーが暴行事件(2週間のケガ)を引き起こしています。
 これに対する処分はどうなりましたか

 犯罪集団と化したNHKを国民は決して許す事はないと思います。
 さらにNHKは時論公論、中村解説員が5回以上、クローズアップ現代でも取り上げ、
 ネガティブ報道を繰り返しました

 今後、NHKはブラック犯罪企業として厳しい道を歩む事が考えられます。(以上は推測&期待)


 小保方博士、STAP細胞(万能細胞)の可能性(2)

 皆さん、「小保方博士のSTAP細胞」が存在するか否か。議論が沸騰していますが、
 結論は簡単です。「小保方博士のSTAP細胞」は確実に存在します。
 ブラックマスコミが(偽ユダヤの絶対命令)これ程、徹底したバッシングを繰り返した行動が
 正しくこの証明となるのです。
 また、未だかってSTAP細胞を否定した人は誰もいません
 彼らは不正しかネタが無いのです

 繰り返し国民洗脳を実行して、小保方博士の人物破壊工作、
 学者生命の抹殺に血道をあげざるを得ない状況に追い込まれているのです。

 ところで笹井博士の遺言となった「STAP細胞を必ず再現して下さい」
 のあまりにも重い遺志を引き継いで「STAP細胞、再現」に向けて邁進してもらいたいものです。
 間違ってもブラックマスコミ(偽ユダヤ)の圧殺等に屈しないでください。
 自殺など考えてはいけません。神の領域に達した可能性の高い「STAP細胞、再現」に
 全力で取り組んで貰いたいものです。それが故笹井博士の意志であり、願いなのです。
 恐らく笹井博士は天国の彼方から全力で応援してくれると思います。

 ④注目された理研「STAP細胞再現実験の中間報告」の記者会見(8/27)が開催:
  ここでは幾つかの重要な発言がありましたので紹介します。
  ところで非常に心配された小保方博士の近況について、たいへん元気な様子との事、
  安心するやらホッとしました。相澤責任者(特別顧問)によれば
  「彼女は極めて積極的に実験を始めたいという状況」だそうです。
  壮絶な笹井博士(他殺的)自殺事件を体験して、
  この間の小保方博士の心境はいかばかりだったのでしょうか。
  深い悲しみは今も引きずっていると思いますが、
  尊敬する笹井博士の葬儀の際にご家族とも対面されて、号泣された事でしょう。
  そしてご家族の「無念さ」を肌で感じて、笹井博士のために、
  新たな重大決意(覚悟)を持った事でしょう。充分、想像できます。
  笹井博士の遺言「絶対、STAP細胞を再現してください」の言葉が
  小保方博士の感情を根底から揺り動かしたのでしょうか。
  きっと、笹井博士は天国から笑顔でSTAP細胞の成功を願っています。
  結論から言いますと小保方博士のSTAP細胞(万能細胞)の実現は
  神の技である「神のレシピ」「神のコツ」を知らなければ
  絶対に実現する事が不可能だと、つまり世界中で天才小保方博士だけが
  すべてのカギを握っている
事になります。

 ⑤再現実験の結果、小保方博士の今後:
  ブラックマスコミは小保方博士のSTAP細胞実験について
  「STAP細胞再現できず、存在せず濃厚」(12/18)と一斉報道しました。
  一方で小保方博士は「それでもあると考える」と述べています。
  これがすべての結論で、世人、凡人は天才小保方博士の言葉を重く受け止めなければなりません。
  今回の再現実験では周りは敵だらけ、TVカメラ監視の下、
  監視員、充分な研究設備施設も提供されず、犯罪者扱い、の最悪の研究環境で実施されました

  当然の結果として実験の成功などおぼつかない事は最初から予想できました。
  それでも必死で彼女はSTAP細胞の再現に努力したのです。
  しかしブラックマスコミ報道、攻撃で理研退社に追い込まれました。
  今回の記者会見で相澤総括責任者より
  「検証実験は、(小保方博士研究員を監視するための)モニターや立会人を置いて行われた。
  そういう検証実験を行ったことは、責任者としてものすごく責任を感じている。
  研究者を犯罪者扱いしての検証は、科学の検証としてあってはならないこと。
  この場でお詫びさせていただく

  この言葉こそ理研良心的部分としての言葉であり、
  小保方博士に対する精一杯のお詫びの一言だったのでしょう、ある部分救われた感じです。

 ⑥小保方博士の今後の活躍に期待:
  理研を退社した、小保方博士の今後についてはまず充分休養を取り、焦らず、
  じっくりと新しい環境で研究活動に専念して下さい。
  小保方博士にとって、絶好の好機到来となりました。
  これからは今までのしがらみに囚われず自由、闊達に活動ができます。
  そして一日も早くSTAP細胞、現象、理論の確立に努めて下さい。
  小保方博士はSTAP細胞、現象、理論(万能細胞)の先駆者、開発者として
  世界的名声は揺るがないものになりました。
  100年に一人の天才科学者として歴史に刻み込まれると思います。
  正しく日本人の誇り、至宝として国民から称賛されます。
  数年後に小保方博士のSTAP細胞が再登場して世界の注目を浴び、
  称賛の嵐が巻き起こります。誰が何と言おうと、
  時代は正しく万能細胞(STAP細胞、現象、理論)時代に突入しています。
  小保方博士は当然後世の語り草となる人物で、数年後、笑顔で対応する彼女を期待しましょう。
  今後、小保方博士の「神の領域に達したSTAP細胞」に対する
  攻撃、弾圧(偽ユダヤ、ブラック日本権力支配層、ブラックマスコミ等)が発生した場合は必ず、
  神罰を受ける事になります。迂闊な行動は厳に慎むことです。(以上は推測&期待)




昨日も書きましたが、「捨てる神あれば拾う神あり」だ。

これからさw  ロシアを勧めますな、モスクワ大学。

コメント

年の瀬や

2014-12-21 11:37:18 | Weblog
 画は 尾形 月耕(おがた げっこう)

 安政6年(1859年)~ 大正9年(1920年)     作


  「義士四十七圖」より、

  「大高源吾忠雄」 「近習二十石五人扶持 行年三十二」です。


  宝井其角   年の瀬や、水の流れと 人のみは

  大高源吾   明日 またるる その宝船

  ☆http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/
   question_detail/q1078382295
  ご参照あれ!



☆粉雪舞ふ。

紛れも無い「不正選挙」なんだが、

◆http://blog.tatsuru.com/
内田樹の研究室 2014.12.20
東京新聞のロングヴァージョン選挙の総括


今回の選挙で有権者が示した判断は「判断保留」ということでした。
エコノミストたちのあるものは経済指標は悪化しているといい、
与党はどんどん良くなっていると言う。
どちらのデータ解釈が真実なのかは私たち素人には判定できません。
ですから、有権者は判断を保留した。

いずれ判断できる時点まで、
今は「中腰」の姿勢で見守っているという感じだと思います。
有権者数を分母にした全国の比例代表の得票数でみれば、
自民党は1770万票で、全有権者の17%にすぎません

それを「圧勝」と表現するのは不適切でしょう。

戦後最低の投票率が意味するのは
「政権の政策の成否の結果が出るまで、もう少し待つ」という有権者の
「中腰のまま、大きな変化を望まない」傾向です。
有権者は「大きな変化を望む」ならば投票所に向かうし、
「自分に一票で政治が変わるかもしれない」と思えば、投票所に向かう。

有権者の過半にはそのどちらの気持ちもなかった。
「大きな変化を望まない」という現状維持と、
「自分の一票くらいで政治は変わらない」という無力感が、
この歴史的な低投票率の意味するところでしょう。



自民党は「争点はアベノミクス」と言い張りました。
要は経済成長である、と。

経済成長に利するような政策を展開するから見ていてくれ、と。
有権者の多くも「争点は経済だ」という言い分に頷きました。
それは政治の最優先事は金だ」という考え方に同意したということです。

とにかく金がいる。 官民挙げてそれが国民の総意であるならば、結論は簡単です。
国家を金儲けに特化したかたちで制度改革すればいい。
国のしくみを営利企業に準拠して作り替えればいい。
それが「国民国家の株式会社化」ということです。

国家を株式会社化する上で民主主義はもとより無用のものです。
株式会社のCEOは独断専行で即断即決する。
従業員や株主の合意を得てからはじめて経営判断を下すような鈍くさい経営者はいません。

株式会社は民主的に運営されているわけではない。
ワンマン経営でもトップダウンでも構わない。なぜなら、
経営判断の適否はただちにマーケットが下すからです。「マーケットは間違えない」。
これはすべてのビジネスマンの信仰箇条です。
これに異を唱えるビジネスマンはいません。

経営判断の適否は、タイムラグなしに、ただちに、
売り上げ、シェア、株価というかたちで目に見える。
どれほど非民主的で独裁的なCEOであっても、
経営判断が成功している限り経営者に反対することは誰にもできません。
安倍首相がめざしているのは、
そのような
株式会社化した国家を支配する、CEOのような統治者」です



彼らが理解していないのは、
政治にはビジネスにおけるマーケットに対応するものが存在しないということです。

国政の適否の判断は 今から50年後、100年後も日本という国が存続しており、
国土が保全され、国民が安らぎのうちに暮らしているという事実
によって
事後的にしか判定されない


新製品がどれくらい市場に好感されたか、というような
「マーケットの判断」に相当するものは国政については存在しない。

政府が行っている政策の適否がわかるのが自分たちの死後かも知れない
という予測の不確かさを実感しているからこそ、民主制国家は独裁を認めないのです


民主制国家でどれほど時間をかけても合意形成が即断即決よりも優先されるのは、
採択された政策が「失敗」したとわかったときに、
「CEOを馘首する」というソリューションがとれないからです
(たいていの場合、失政の張本人はとっくに引退するか、死んでいます)。

そのとき失政の後始末をするのは国民国家の成員たちしかいない。
誰にも責任を押しつけることができない。
先祖がした失敗の尻ぬぐいは自分たちがするしかない、
そういうマインドを国民の多くが持つための仕組みが民主制なのです。

政策を決定したのは国民の総意であった、
それゆえ国民はその成功の果実を享受する権利があり、
その失政の債務を支払う義務がある。という擬制を支えるのが民主制です。


安倍政治がめざしているのは、そういうものではありません。
彼らは自分たちの政策が歴史的にどう検証されるかということには何の興味もない。
彼らにとって政策の成否判断の最高審級は「次の選挙です。

次の選挙が彼らにとっての「マーケット」なのです。
そして、「マーケットは間違えない」以上、次の選挙で当選するということは、
それまで行った政策の適否についての歴史的判断は
その時点で確定したということになる。
5年後、10年後にその政策判断がどういう結果をもたらしたか、
そんなことは与り知らない。
彼らが「文句があれば次の選挙で落とせばいい」とか「みそぎは済んだ」
というような言い回しを好むのは、そうすることによって
「直近の選挙結果が政策の適否を判定する最終審級であり、
歴史的な審判などというものは考慮するに及ばない」

というイデオロギーを国民に刷り込むためです。

ですから、安倍政権はある政策を採用すれば、株価がどう上がるか、
次年度のGDPはどうなるかということには興味があるけれど、その結果、
数年後に日本がどうなるかということにはほとんど想像力を用いない。

その点で、歴代でもっとも知性と想像力を欠いた政権と評するしかないでしょう。

集団的自衛権を行使して、米国の海外派兵に随行して
米軍の戦闘行為の下請けをするようになれば、自衛隊が殺傷した人々の同胞たちは
日本を
敵国と認定し、いずれ日本人をテロの標的にすることでしょう


それによって失われる人命や破壊される財産や失われる社会的コストを
彼らはゼロ査定しています。
とりあえず、そのようなコストは「次の選挙」の前には発生するはずがないので、考えない。

彼らの政策の適否を判定する「マーケット」は5年後10年後に日本がこうむる
リスクを勘定に入れる商習慣がないマーケットだからです。

安倍政権が進めている政策は日本の戦後七十年の平和主義と民主主義の政体を
根本から変えるものです。

与党はそれを隠したまま争点を「金の話」に限定した。
そして、「金が欲しいんでしょう、みなさんも」と叫び続けた。

これから先も、政府は自分たちが何をしようとしているのか、
それが未来の日本にどのような影響を及ぼすかについては、何も語らないでしょう。

先のことは考えなくていい。
目先の銭金だけが問題なのだ。それが国民の総意だったはずだ


そういう言い訳で彼らは自分たちの政体変革の歴史的意味を隠蔽し続けることでしょう。

私たちにできるのは「国家は金儲けのためにあるわけじゃない
という常識に立ち戻ることです


株式会社なら、経営に失敗しました。倒産します で話は済む。
株式会社は有限責任体ですから。 株券が紙くずになっただけで終わりです。


でも、国家はそうはゆきません。

失政のツケを国民は何十年も何百年も払い続けなければならない

私たちは国家の株主なんかじゃないし、むろん従業員でもない。

私たちの90%以上はこれからもずっと日本列島に住み、日本語を話し、
日本の宗教や生活文化の中で生きることを宿命づけられている

逃げる先はどこにもない。

次の選挙より先のことを考えない人たちに自分たちの運命を委ねることはできません




尾形 月耕、二枚目、



「花美人名所合 亀戸臥龍梅」です。



至言ですな、

◆http://takedanet.com/archives/1016049720.html
武田邦彦 (中部大学) 2014年12月21日
現代の宗教裁判(1) 論文には正しいことを書かなければならない??


https://www.youtube.com/watch?v=fZ0x-Zm5LgI
 syuukyousaiban 2014-12-20(956)


ガリレオが地動説を出し、宗教裁判にかけられて有罪判決を受けたとき、
「それでも地球は回っている」とつぶやいたとされる。

歴史的な事実かどうかは疑問があるところだが、多くの日本人はこのことを知っている。

その時、ガリレオを糾弾したには、聖書に書いていないという他に、
「目で見てみろ! どう見ても太陽が動いているじゃないか!」という常識的な世論もあった。

科学の新しい発見を、今までの常識で理解しようとすればすべてはウソになる

ノーベル賞を受賞した研究者が、
「研究はいばらの道だった。誰もできないと思っていたし、苦節20年、
誰も協力しない中でついに夢を果たした」と言っても
だれも不思議には思わないだろう。

2,3年の研究で優れた研究成果を出すのはむつかしい

「人になんと言われようと自分の考えを貫け」とか、
「研究というもの10年や20年でへこたれたらダメだ」とも言う。

「新しいことに果敢に挑戦する若い人を育てなければ」とも繰り返される。


STAP論文が2014年2月に問題になってから、すぐ研究者の一人で指導者だった若山教授は
外国の雑誌のインタビューに長く答え、
小保方さんの指導で、実際に自分もやってみて細胞を確立した」と明言している

しかし、その後、若山教授は寝返って 小保方さんの批判に回ったので、
日本のマスコミはその裏切りを評価して、若山教授については不問に付している

小保方さんは責任をとって(責任があるとしたら理研などだが)理研を退職するそうだが、
退職金もない臨時の雇用だそうだ。

正規の指導者だった笹井さんは自殺されたが、若山教授は逃げ切るのだろうか?

その年の暮、つまり今年だが、
STAP論文の「検証結果」なるものがでて、新聞をにぎわせている。

論調は相変わらず小保方憎し、指導者はすべて無罪ということになった。

冷静で論理的な結論ではなく、感情で憎い、好きに分けて、
それに論理の衣を被せる
という方法だ


まさにガリレオの時に行われた宗教裁判である


科学は現在、正しいと思うことを覆していくというのが最大の活動だから、
新しいことを私たちが「正しい、間違っている」と分類することはできない。

しかし、現在の日本は空気ができると、
マスコミがビクビクして空気に逆らう報道は絶対にしない。

だから、空気が事実として確定する。

ある新聞は「**回、実験しても再現性が得られなかった」と書き、
それで「STAP細胞はなかった。ウソだった」としているが、
どうしようもないほどレベルが低い。

こんな論理で科学ができるはずもない。

たとえば100回も実験しても再現性が得られなかったということと、
そういう現象はないという間に直接的な関係はない


その時、研究の対象としている自然現象が「100回の実験でかならず再現性が得られる」
という証明が必要である。

学生がこんなことを言ったら、私は教授として、
「君、何を言っているのか。そんな杜撰な論理では研究はできないよ」と言うだろう。


また「論文が正しいかどうかの検証を行うシステムが必要だ
と書いてある新聞もあったが、そんな方法があるなら科学そのものが不要である


もともと電灯も冷蔵庫も、遺伝子工学もスマホも、
紫式部や赤穂浪士には「ウソかマジック」に見えるだろう。

現在、それを科学で説明できるのは、
科学が「ウソかマジック」ではないことを示したからに相違ない。


日本の科学はSTAP事件を通じて、完璧に破壊されてしまっ

今後、日本の科学でできることは、
「すでにできていて 正しいことが分かっていること」に限られるので、

夢を持った若者は科学に進まない方がよい。 現代の宗教裁判で袋叩きに遭う

科学は間違いや錯覚に寛容である。

寛容でなければ人間の頭脳で新しいことに挑戦できないからである




小保方さんも理不尽な状況下に置かれ、かなり消耗しておるようなので、

ここはゆっくり休養した方がいいと思う。 まだ31、これからさ。

「捨てる神あれば拾う神あり」で、転機も遠からず訪れよう、

民間でやることだろうな、さすればキ印・ストーカーNHKも関与できまいてw

乳酸菌が混じった?酸性の培養液らしいが、 ヤクルトとか、どうかね?

医薬業界はユダ金の巣窟のようだから避け、資生堂とかの化粧品業界とか?

発酵関係の業界も色いろあると思うが、目のある組織は必ずある!

本来なら出身のバカ田大学なのだが、すっかりヘタれて第二東大に甘んじておるw

薩長政権から「謀反人の学校」と言われた栄光のw大学のはずだ。

「在野精神=学の独立」はどーしたんだ! OBに寄付ばかりたかってw

ロシアに行ってスノーデンになるという転身もある。

反偽ユダヤの総本山でじっくり研究もまたよし、いろいろオファーはあるだろう。

これからだよw


英語よりロシア語じゃないのか?

◆http://my.shadowcity.jp/2014/12/post-6229.html
ネットゲリラ (2014年12月20日)
これはペンです。見ればわかります


より抜粋、

例によって、英語が必要か否かという議論なんだが、
英語もいいんだが、日本ならではの「漢文」をもっとしっかり教えるべきだと思う。

日本人がカタコトの英語をしゃべっても、イギリス人やアメリカ人は感心してくれないが、
論語や唐詩選から洒落た文句を引用して中国人と話したら、連中、えらく感心してくれますw 

そうでなくても、マトモに国語を勉強した日本人なら、
半年くらいで中国語の読み書きが出来るらしい。
英語を覚える手間の半分以下で、中国語が覚えられる。

漢字を覚える手間がないので、まぁ、本土は文字そのものをいじっちゃったんだが、
台湾は繁字体のままなので、普通の日本人でも新聞とか、半分くらいは読めたりしますw



  ☆http://www.sankei.com/smp/premium/news/141220/prm1412200003-s.html
  産経ニュース 2014.12.20
  ◎【日本の議論】英語は本当に必要なのか 
          早期教育化の流れの中で大学関係者から漏れる英語不要論

  文科省は12月2日、「英検」や「TOEFL(トーフル)」などの民間資格試験を、
  大学入試に活用できるかどうかを検討する有識者会合を立ち上げた。
  席上、活用の是非とは別に、有識者から日本の英語教育そのものへの
  根本的な疑問が相次いだ。
  「現在の日本の段階では、英語を話す必然性はないと思っている」
  短期大学関係者を代表して出席した日本私立短期大学協会副会長の
  奥田吾朗委員はこう述べ、英語力の向上が短大生の生活に
  差し迫った課題ではないことに言及した。
  ベネッセ教育総合研究所が今年3月に全国の中高生約6200人を対象に
  アンケートを行ったところ、中高生ともに9割以上が「仕事で英語を使うことがある」
  など社会生活での英語の必要性を感じていることが分かった。
  一方で、「自分自身が英語を使うイメージがあるか」と尋ねたところ、
  中学生の44%、高校生の46%が「英語を使うことはほとんどない」と回答。
  調査を担当したベネッセ教育総研の加藤由美主任研究員は
  「日本の大部分の子供たちは教室の外に出れば、英語を使う環境にないのが現状。
  (以下略)


英語に関しては、海外に出るんだったら、出来てアタリマエ。
新婚旅行で恥をかかないように、結婚前に半年くらいは海外で暮らした方がいいかもねw 
成田離婚のほとんどが、新婚旅行で亭主が英語をしゃべれず、
頼りにならないと見限られた結果ですw



  -----------------------
  グローバル人材は1割でいいのに全員に英語を教えて何の意味があるだろうか
  9割は日本に根を下ろすんだから日本語でのコミュ力を磨かせたほうがいい。
  中学から英語を勉強してる日本人のほとんどが
  英語を聞き取れないしゃべれないという現実もあり
  非効率で打算的で戦略性のかけらもない今の英語教育を無くしても問題はないだろう
  -----------------------
  英語の勉強より、文化の違い、考え方の違いの方が遙かに大きいんだよ。
  言葉だけ出来ても反って害になる。
  本当にビジネスで使えないとダメだというなら少なくとも数年単位の留学経験は必要。
  逆に留学予定もない若年層にそれほど時間割いて教える意味が分からない。
  -----------------------
  必要なこと

  ・漢字の読み書き
  ・四則計算
  ・料理
  ・敬語
  ・掃除

  早期教育で必要なのは、
  これだけだわ。
  -----------------------


語学好きはオンナに多くて、英会話とか熱心ですw 
地頭はそんなに変わらないんだが、語学は慣れなので、
外人相手でも物怖じしないでしゃべれる。
英語で論文を書くくらいのオトコでも、会話になると物怖じするよねw


  -----------------------
  英語教育を一番必要としてるのは英語教師だろ
  メシの種としてさ
  -----------------------
  グローバル」 ←この単語を使う奴は、売国奴だと思って良い
  -----------------------
  小学校時代は感性が育つ時期だから、そこで英語なんか入れちゃうとアカンわな。
  国語の詩なんかを、たっぷりやって暗唱せにゃ、ならん時期なのになぁ。
  -----------------------
  今の教育以上のものいらんだろ
  どうしてもやりたい奴は自分で勉強すればいい
  -----------------------
  日本には富がたっぷりある。
  その富を外国が狙ってる。
  外国が日本の富を奪うための障壁が言語である。
  それを取り払って日本から自由に富を引き出せるようにしよう。
  そうだ!グローバルという言葉で日本人を洗脳し
  「世界のみんながグローバルと言ってるのに、日本だけ後れるの?」と焦らせろ。
  そして日本の扉を開いて富を奪うのだ。

  こういう作戦。
  -----------------------
  開国して良い事有ったか?
  混血が増え(血が穢れ)
  異種族が闊歩し
  文化が廃れた

  一時的に富を得はしたものの(高度成長)
  岩(日本)は岩ではなく成り 一粒の砂と成り果てた
  グローバルは他国に入り込んでその文化を壊して自国文化で塗り替える
  我々保守の主張は 大型建設を地元の商店が反対するのと全く同じ
  開国派の売国奴共は それが自由主義経済だ資本主義だと言うのだろうが

  左翼が目先の利益を拾わない人間を馬鹿だと認識してる事は良く理解している
  視野の狭い守銭奴は札束拾いに電車に飛び込むがいい
  -----------------------


語学だけは、必要がなければ身に付かない。
日本人程度の基礎体力があれば、外国に出ればすぐにしゃべれるようになる。
しゃべれない人は、必要がないだけです。


  -----------------------
  日本語が、市場の参入障壁になってるので、
  経済が守られてる側面があるからな。
  高等教育が日本語のみで受けられるので英語は不要
  グローバル化はリーマンショック以降、有り難がってるのは日本だけ。
  -----------------------
  一生懸命やってもね、
  3年も使わないと、綺麗さっぱり忘れるから、意味ないよ。
  -----------------------
  学校教育で、英会話を増やす、ということは、
  それだけ、なにかを減らす、ということだぜ?
  -----------------------


英語が得意だろうと思われているフィリピン人でも、低学歴の人はダメですw 
タガログ語しかしゃべれない。タイ人でも、英語がダメな人は多い。
そういう連中は、基礎学力がないので、簡単にはしゃべれるようにならない。
日本人とは違います。


コメント


*カムチャッカの旅 | 2014年12月21日 | 返信

  地頭が悪い顔曲がりとか下痢壷は何語でしゃべってもダメだけどな

  曲がり顔、と下痢顔、ハングルが似合う、

  アメリカ製はすべて喰わない、着ない、使わないの3ないですから
  英語はまったく要せず、
  ロシア製はその逆、旅もしたい、なのでロシア語は必須だ。



*SOKU | 2014年12月21日 | 返信

  英語の論文を読むときは、テクニカルタームがわかれば大体大丈夫だ
  と技官の人が言っていました(もちろんその分野の知識があることが前提で)

  難しいのはとんでもないこと・今までの常識とは違うことを主張している場合
  (太陽は西から昇るみたいな)に、
  それが比喩なのか本気なのかがわからない時だそうです。



いはゆる「英語屋」さんは、たくさん知っていますw

無能な奴が多いね、それに尽きるな。




尾形 月耕、三枚目、



「月耕随筆」 「養老孝子 瀧を汲の圖」です。



オバカの北鮮攻撃の可能性も、

◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/744.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2014 年 12 月 20 日 4sIKljvd9SgGs
小渕ドリル事件を、マスコミが普通に報道していれば、
 最低投票率も自公圧勝も無かった筈で、短命政権に終わる筈です



安倍が露骨にマスコミに圧力をかけたのが不思議でしたが、
そのうちの一つが小渕ドリル事件を報道してくれるなという事だったようです。

もはや、不正開票を追及するどころではなく、
どうしようもない政権で、亀田で言えば、ランダエタに二度ダウンを食らった所は、
田原のサンプロの時みたいに、ハイCMとやって誤魔化してくれ、
観客の方は、安倍がマスコミ幹部にしているように帰るときに、
手土産と久兵衛食べ放題チケットを配って口封じするから大丈夫、
みたいな幼稚なやり方です。

昨日、スタップ細胞失敗の報道がありましたが、
いきつけのバーでアラフォーを口説くのに失敗した親父が
たまたまコンピューター関係で、TRONの話をしたら、
やっぱり123便もスタップもメジャーの仕業かーと結論を先に言われ、
やっぱあったら困る技術は邪魔されちゃうのよねー、
それで食ってる連中に潰されちゃうのよねー
 と言われて面食らったが、

その世界の人にしてみれば メジャーに邪魔されないで如何に良いものを作るか
という前提で物作りをしている
との事で

だから連中は日本の技術を警戒するし、日本はその警戒を上手くかわそうとするし、
それでは日本とドイツの技術が別格であり続けるのも当然だと思いました。

スタップは、特許でがんじがらめにして
開発できないようにされてしまったようですが、それでは
簡単に開発できると連中が白状しているようなもので、

これからあらゆる産業分野で連中が妨害してきた技術が
ジェネリックのように噴き出て止まらなくなるのは時間の問題
だと思いました。

私はてっきり、最高の技術をパクりまくり、
シリコンバレーで更に良いものを開発させて、
パクられた方が追い付けない状況にあるのだとおもっていましたが、

そうではなくて 専ら妨害に重点が置かれている事が分かり、
それでは彼らの時代は尚更長くないと思いました



◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51946566.html
日本や世界や宇宙の動向  2014年12月19日
欧米諸国とロシアの動き ・・・ やはり戦争が?


オイルマネーの米ドルを守ろうとする欧米の中央銀行(ユダヤ金融資本)や政府は、
米ドルを破壊しようとしているロシアやBRICSに対して徹底的に抗戦しています。

欧米側(特にアメリカ)は原油価格を急落させることで
石油や天然ガスの輸出に頼るロシア経済を破壊しようとしています。
欧米による対ロシア制裁でロシアの包囲網を築いたようです。

欧米は第二次世界大戦直前にも日本にABCD包囲網を築きました。
そのため日本は追い込まれて戦争に引き込まれてしまったと言われています。

今回は対ロシアに包囲網を築いたようです。
ロシアを挑発して第三次世界大戦を始めようと企んでいます。

欧米(ユダヤ金融資本とネオナチが中心だと思います)側は
彼らが不利な立場になると戦争を始めるのです。

今回、ロシアと戦争をしたなら、核爆弾が投下されることになるかもしれません。全く。。。

キチ害ユダヤの連中は自分達の利権を守るために全てを破壊しようとしています。

ただし、欧米対ロシア、BRICSで戦争ゲームをやらせようとしているのは
イルミナティの上層部ですから、
ユダヤ金融資本もネオナチもイルミナティの歩兵でしかありません。

ある情報ではペンタゴンは第三次世界大戦を始めたくないため、
彼らの命令には従わず戦争を阻止するだろうとも言われています。

もし最悪のシナリオとしてロシア、BRICS 対 欧米で戦争が起きたとしても。。。
日本は絶対にこのキチ害戦争の蚊帳の外にいるべきです。

そして日本だけは攻撃されないように賢くふるまうべきです。

このような時に集団的自衛権の行使を発動し、アメリカの支配者の命令に従い
自衛隊を派遣するようなことがないように、日本国民は監視しなければなりません


ただしこの戦争に便乗して中国が日本の領土を奪おうとするかもしれません。
その時は自衛隊が防衛すべきですけど。。。

☆http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2014/12/
 western-bankers-have-committed-two-acts-of-war-against-russia-2455030.html
(概要)
12月19日付け:


この数日間、欧米の銀行はロシアに対して2つの戦争行為
(原油価格の暴落と ロシアの銀行への資金流動を止めたこと)。
このようなことは第二次世界大戦直前にも起きていました。

アメリカは日本を第二次世界大戦に巻き込むためにエイトポイントプランを作成し
日本を挑発しました。そして、ルーズベルトがこの計画を実行に移したのです。
歴史は意図的に繰り返されます。

米国民は、なぜこの時期に原油価格がこのように急落したのかについて
納得のいく説明を受けまていません。
いつもなら、この時期は、冬休み期間中に多くの旅行者がガソリンを使うことから、
原油価格は高騰するものです。

ゼロヘッジによれば、現在、ブローカーらは、ロシアの資本規制がないため、
突如としてロシアのルーブルのポジションが終了するだろうと、
顧客に忠告しているそうです。

これは欧米の銀行がルーブルから逃走するための口実なのです。
つまり、欧米諸国はオイルマネーを攻撃しているロシアやBRICS諸国に
宣戦布告をしたということです。

ルーブルを見捨てるということは、欧米の銀行に戦略の転換があったことを示しています。
欧米諸国は意図的に原油価格を暴落させることでロシア経済に大きなダメージを与えよう
としましたが、ロシア経済はそう簡単には影響を受けませんでした。
そのため、欧米諸国の戦略の転換が必要でした。

アメリカの消費者は原油価格が下がったことでガソリンの値段も下がったために
大喜びをしていますが、 アメリカの消費者はその結果何が起こるかを知りません。

原油価格がここまで暴落すると、原油の輸送コストが大きな負担となります。
その結果、原油の輸送がうまく行かず、ガソリンの供給不足に陥り、
ガソリン価格が途方もなく高騰することになります。

ロシア経済を破壊するために原油価格を暴落させるという欧米の戦略は
うまく行かないと言われています。

専門家によると、原油価格が暴落しても、
ロシアのインフレと1年間の現金準備と石油備蓄により、
すぐにプーチンを困らせることにはならないとのことです。

つまり、欧米諸国は、ロシア経済を崩壊させるのではなく
第三次世界大戦の起爆装置にスイッチを入れてしまったということです。

プーチンが黙ってこのまま引き下がると思いますか

ロシアは原油価格の暴落に一時的には対処できても、
ロシア経済は危機的状況に陥るでしょう。。

WSJによると、ロシアの銀行の破たんがロシア経済の崩壊の引き金になるとのことです。
グローバル銀行は、1998年の金融危機以来の最安値でルーブルが売られていることで、
ロシアへの資金流入を止めています。
その結果、もうじきロシア経済はニッチもサッチも行かなくなります。

ロシアの銀行は欧米諸国から孤立してしまいました。
孤立したということは宣戦布告を意味します。

プーチンはロシア経済を守るために欧米諸国に
核攻撃を仕掛けるのかどうかが問われています。

プーチンはロシアの石油備蓄が25%或いは50%まで減少した時に
攻撃を開始するでしょうか。欧米諸国と対戦するには石油備蓄が必要です。
他の情報筋も戦争は避けられないと伝えています。


2015年1月1日付けで主要な米軍高官の引退が取り消されました。
このような引退の取り消しは軍内部で広範囲に行われたわけではありません。
しかし、核兵器の司令部や原子力潜水艦の担当官の引退が取り消されたのです。

このようなことから、ペンタゴンはロシアとの戦争を想定していると考えられます。

世界最大の油田検層事業と油田サービスを行っている多国籍企業のシュルンベルジュは、
世界85ヶ国で126000人を雇用しています。
つい最近、テキサスのトーク番組の司会者が、
シュルンベルジュが海外出張を全てキャンセルしたと伝えています。

彼らが海外出張を全てキャンセルしたのは感謝祭直後からです。
明らかにシュルンベルジュは何か重大な出来事が起こることを察知したのだと思います。

この会社は石油に関連することから、何か石油に絡んだ重大な出来事が起こるのかもしれません。

関連企業や個人はもうじき何かとんでもないことが起こることを予想しています。

欧米諸国による対露制裁にプーチンの我慢が限界が来ています。



SONYへのオバカの批判は裏がありありw

今度の国防長官は北鮮爆撃が持論の戦争屋です。

自作自演の「偽旗作戦」に要注意ですぞ!



追:1:00PM

悪縁をブッた斬れ、

◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/749.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2014 年 12 月 21 日 4sIKljvd9SgGs
国民が求めているのは外貨準備ドルと米国債を売り払える
 首相と次官とそれを報道できる主筆と政治部長です



そして、それができる者がいないなら、
それができる国と組むしかないという事で、ロシアと中国という事です。

米国にごますりしかできない首相・次官・マスコミならいない方がましという事です。

日本は、二千兆円ぐらい米国に貸しこんでいるそうですから、今こそそれを売るべきで、
それができないなら、手形のように中露に割り引いてもらって回収するしかありません。

子供でもっとは言いませんが、社会に出ている者なら、
カツアゲやミカジメ料の大幅値上げを唯々諾々と従っていては駄目で、
自力で断るか、それができないなら用心棒に頼むしかないという事です


国の借金一千兆円とかいうのも、官僚の飲み食いだなんだというよりも、
ほとんど米国にカツアゲされたと考える方が自然で
とにかくヒモと切れるアイデアを持つ者がトップにならなければ

成蹊がやろうが関東学院がやろうが成城ロンダリングのドリル小渕がやっても無意味です。  


コメント

暮れ昏れゆきⅤ

2014-12-20 10:51:16 | Weblog
 画は 高橋 松亭(弘明)

 明治4年(1871)~ 昭和20年(1945)

 浮世絵師・版画家                作


  「隅田川」です。


☆曇、午後から雨らしい。

まずは、始まったばかりで、全貌はこれからなのでしょうが、

この主催者は飛ばしはあっても、嘘をつく人とは思われないので、

手前は信じますよ、「核武装」が狙いなのだろうな?

◆http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/aafa8a33c7f4c36e0ecfbfdfbe77c6d8
(新)日本の黒い霧 2014-12-18
認めたくない、首都東京の憂うべき現状(6)


より抜粋、

前回の記事に続いて東京地下原発について「詳細情報その2」を発信します。

「東京の地下に原発がある」と言われれば、誰しもが驚く感覚はよく分かります。
私もその一人でしたから。

しかし、これ以外の裏国家プロジェクトで密かに行われている
数々の地下開発の実体
を知った今では、
東京地下原発などというのはその中のほんの一握りの事象でしかありません。

このブログのメインテーマとしている123便事件の絡みでも、
御巣鷹の尾根の西隣、長野県南相木村の東部に聳える 茶屋ノ平の下に
広大な地下要塞が建設され
、現在はほぼ放棄されている状態である
ことも確認ができています。

123便が撃墜され、多くの外国軍機が御巣鷹山付近に集結したのは、
実はこの地下要塞の存在が大きく絡んでいたからなのです。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3d/18/
 09da91929fcd68a43cc3ace857ab74f2.jpg
図1:南相木村と茶屋ノ平、123便はこの東側の上野村の山中に墜落した


本ブログの性質上、本来なら茶屋ノ平の地下要塞について最初に取り上げるべき
なのかもしれませんが、それでも東京地下原発をここで持ち出したのは、

その存在が原発周辺の地域住民、また東京に通勤する関東一円の一般労働者に対して
極めて有害であると思われたからです


以前の記事でもお知らせしたとおり、
この東京地下原発は稼動を始めてまもない2000年頃、深刻な放射能漏れ事故を起こし、
多くの関係者がその処理と隠蔽に係わった
からです。

地下の原発なら安全だと主張する方もおられるようです。

確かに爆発事故などが起きた場合に
一気に大気中に拡散することは防げるかもしれませんが、せいぜい避難の為の
時間稼ぎ程度でしょう。
放射性の汚染物質が大量に環境中に出ることには全く変わりがありません。

汚染物質は地下水脈に流れ込み、やがて海洋を激しく汚染することでしょう。
たとえ事故が発生しなくても通常運転時には、
汚染排気と汚染冷却水の放出を通常の原発と同様に行わなければなりません。

それらはいったいどこに向かって放出されるのでしょうか?

一つだけ明確な答があります。

東京地下原発の通常排気は、東京の地下鉄線構内を経由して行われている
ということです
(ただし、排気の一部か全部かは不明、
当然それなりのフィルタリング処理も行われているでしょうが)。


放射能防御プロジェクトの地図を検証する

今から3年前、2011年の福島第一原発の爆発事故による放射能汚染を危惧し、
市民活動による放射能防御プロジェクトが立ち上がり、
首都圏の土壌調査を行ったのは記憶に新しいかと思います。

その調査データのマップ化されものがありましたのでそれを下記に掲載します。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/05/65/
 8af33f14724f981ff49b47323e1367b1.png
図2:首都圏土壌調査結果をマップ化したもの
   出典:心の自由さんのブログ
   ☆http://blog.goo.ne.jp/rainbowgarnet1/e/e475650f99b0ec537ed0b91a2822a546


汚染度合いを表す赤丸印の定義については出典元を確認していただきたいのですが、
大きく赤色が濃い丸印は汚染が強いことを表しています。
図2では、特に濃いエリアを黄色と緑の枠線で囲っています

この地図の一般的な解釈は、福一から南下してきた放射能ブルームが
茨城県から東京・埼玉・千葉に向かって流れてきて関東を汚染した。
その特に濃厚なものが千葉県の柏・松戸、東京東部に流れ込んだというものです。

福一が爆発した後に、放射能ブルームが関東を襲ったのは否定のしようのない事実です。
何を隠そう私もそのブルームの下に居ましたから。

汚れた黄色交じりの灰色の雲と生暖かい風は今でも忘れることができません
その意味では私もかなりひどく初期被曝をした部類だと言えます。

この翌日に私がフィリピンへの被曝回避行動をとったのにはそのような経緯もあります。

さて、それはさておき、この解釈だけでは説明できない事実もあります。

汚染度の高いブルームが北東から南西方向に向けて流れ込んだのはよいとして、
そのエリアを表す地図上の黄色い枠線が、どうして東京23区で終わっているのでしょうか?
放射能が東京の高層ビルに当たって、都下にほとんど落下したとでも言うのでしょうか(*1)?

*1 都下に落下:東京南西地区のデータ数が不十分という指摘もあると思います。
しかし、図中に引いた東西に伸びる緑の中汚染枠も都心部で途切れている
ことに不自然さがあります。この土壌調査は、測定数の点から統計学的に有意であると
断定できない部分もありますが、それでもおおよその傾向を示していることも確かです。

そもそも、放射能汚染という非常事態に学術的正当性を議論する余裕、
また意味があるのか とすら思います。

蛇足とはなりますが、市民レベルでここまで調べてくださった方々に頭が下がります。


関東強度汚染地帯は東京大学の核・素粒子研究エリア

タイトルの意味を説明するまえに図3を見ていただきたいと思います。

▼http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/50/43/
 7bb277e78e8b077dfd4ff0be42312945.png
図3:東京大学研究施設

図上に記したの1~4までの施設はそれぞれ次のようになります。
 1.言わずと知れた東大本郷キャンパス:理学、工学、その他
 2.東大柏キャンパス:宇宙線物理研究所
 3.東大つくば分室:物性研究所(粒子加速器)
 4.東大東海キャンパス:原子力工学


たまたまなのか?、
強汚染放射能ブルームはこれら東大関連研究施設のあるエリアを通過しているようなのです。
注目すべきは研究内容であり、
2~4まではどれも揃いも揃って核・素粒子科学関連の研究施設なのです。

さて、それでは1にはどんな施設があるのでしょうか?。
賢明な読者様ならもうお気付きででしょう。そう

東京地下原発は東京大学の研究施設として、

 東京都文京区本郷5丁目近辺の地下に設置されています



また前回の記事で証言者となった地下鉄工夫が担当していたのは、
 
 東京メトロ地下鉄南北線

です。

同地下鉄線構内と原発を格納している巨大な地下空間とが気道で繋がっていることは、
鉄道敷設工事の過程でこの証言者が目撃しています。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5c/2c/
 d4e99fa760b86a3023f3b34230c5c691.jpg
図4:南北線が開設当初から全駅密閉型ホームである理由がこれでおわかりでしょう
   「2009年現在東京地下鉄では唯一の天井までほぼ完全にホームを被う半密閉式」
   (Wikipedia)


高田純説が意味するもの

(中略)

高田説の真偽はともかく、図2、図3を見て推論されるのは、

 関東地方に放射能が降った。東大研究施設のある地域は以前からの汚染が積算され

ということではないでしょうか。

ちなみに、東京地下原発と東大柏キャンパスの間は巨大な地下トンネルで繋がっています。
これが更につくば市、東海村に向かっているかどうかはまだ確認が取れていませんが、
きっとあると予想されます。また、
このトンネルの通過点である東京東葛地域、千葉県柏市の汚染が特にひどく
ホットスポットと呼ばれている
ことに深く関連していると推察されます。

関東圏に敷設された大規模地下トンネル網については別の機会に取り上げたいと思います。


その他の傍証

記事がだいぶ長くなったので今回はこれを最後に切り上げたいと思います。

かつて、本ブログでお馴染みの国際軍事評論家のB氏に
東京地下原発の存在について尋ねたところ、次のような返答を頂きました。

「はい、ありますよ。放射能漏れ事故を起こしたことも知ってます。
日月土さんもご存知のU先生はその事故処理を担当し、
それが原因で癌になったと言ってましたよ。」

考える時間など一切ない即答でした。

個人的な人間関係にはことさら触れたくありませんが、事が重大なだけに、
東京大学のU先生についても語らなければならないかもしれません。

次回は東京地下原発で起きた放射能漏れ事故の影響についてです。


 * * *


東京の地下に原発があると言えば、まっさきに受けるのが
「そんなものを作ったら、必ず目撃者がいるはずだ。隠し通せるはずがない」
という反論です。

これに関してはいい加減、気がついて欲しいのですが、
私に情報を提供した地下鉄工夫さん自身が既に目撃者です。

私がこのようにブログの記事に取り上げなければ、誰も相手にしないし、
頭がおかしいと思われるだけの話です。

どんな真実がそこにあっても、あなたに届かなければ、
それはあなたにとって存在しないだけの事なのです。

また、真実は自ら求めなければけしてやって来てはくれません



管理人 日月土




高橋 松亭、二枚目、



「箱根神社」です。



ありうると思う、

◆http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2014/12/18/7519483
velvetmorning blog  2014/12/18
高浜原発審査書案了承報道スピンのため、
 不正選挙の証拠隠滅のため、爆弾低気圧が猛威 ―



より抜粋、

で、大変気になる情報があります。

あの、311地震の前震である、2011年3月9日の
M7.2三陸沖地震の震源付近を掘削していた米国の深海掘削船
ジョイデス・リ・ソリューション
ですが、
2013年8月20日~2013年9月28日まで、日本海を大規模掘削するのです。

以下引用

Exp. 346 Asian Monsoon
航海予定期間
2013年8月20日~2013年9月28日

掘削船
JOIDES Resolution

乗船/下船地
バルディーズ(アラスカ州)/釜山(韓国)

以上引用

j-desc.org/modules/tinyd2/rewrite/expeditions/asian_monsoon.html


プロジェクト名が『アジアンモンスーン』という名前がついてるのに、
なぜか日本海を掘削。

そして、日本海の真ん中から、福井県の大飯原発・高浜原発へ向かって、
縦に4つも穴開ける計画になってる
んですけど、これって。。

人工地震発生装置の埋め込みじゃないの??

海流と気候も同時にやろうとしてるんでしょうけど



もう名前が『ジョイデス・リ・ソリューション』なんだから、悪趣味過ぎます。

この深海掘削船が掘削した海域で、軒並み大地震が起きていることは明白です



で、一方のちきゅう号ですが、現在新潟沖を掘削中です。

以下引用

[2013年4月9日]

海洋研究開発機構(JAMSTEC)が保有する地球深部探査船「ちきゅう」は、
経済産業省資源エネルギー庁の国内石油天然ガス基礎調査事業として
JX日鉱日石開発株式会社が実施する
新潟県佐渡南西沖における試掘調査に活用されています。

<事業内容> 事業名:基礎試錐「上越海丘」
試掘場所:新潟県佐渡南西沖約30kmの地点

以上引用

jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/status.html


日本海の資源を開発させないために、
原発を立地させている
掘ると地震が起きるという脅しのためと考えれば、

この2つはセットでしょう


新潟のガス田や油田が見つかった半年後に、新潟県中越沖で地震が起こり、
柏崎刈羽原発事故で無茶苦茶になった
わけですから。

ちなみに、現在の海洋開発担当大臣は、統一狂会の山本一太

初代の海洋開発担当大臣は、公明党の冬柴鐵三

冬柴鐵三は、大量破壊兵器があると嘘ついて他国を爆撃した
イラク戦争の時の与党公明党幹事長(資金担当)でした。

公明党の冬柴鉄三元幹事長は、311地震の後、2011年12月5日夜、
急性肺炎のため、兵庫・尼崎市内の病院で亡くなりました。75歳。

口封じに暗殺さたのでしょう。


いずれにしても、非常に危険なので、原発は止めましょう



高橋 松亭、三枚目、



「雪中梅」です。



プーチン大明神、

◆http://melma.com/backnumber_45206_6140940/
宮崎正弘の国際ニュース・早読み(プーチンに東方外交に注目)発行日:12/19

  ロシア、想定外の経済苦境だが西側へ衝撃的な対抗策を発表
    ルーブル下落をいう経済危機は「克服可能」と表明(プーチン大統領)

****************************************

ロシアのプーチン大統領は12月18日、恒例の記者会見をおこない、
「最悪のシナリオは、このルーブル安、原油下落という経済苦境を脱するのに二年かかる」
とした。 「しかしながら資本規制は見送る」。

原油安はロシアばかりか米国を撃った

シェールガス開発が一気に挫折する展望となって、
サウジアラビアの思惑は着々と図に乗っている


三月のクリミア併呑とウクライナ問題を契機に欧米はロシア制裁にでた。
ロシアは農作物輸入を留めるなど対抗措置を講じた。

ロシアに経済政策を継続する欧米には、
一方でドイツのようにエネルギーをロシア依存する国があって
EUの制裁強硬路線に反対する国もがあり、
他方ではフランスのように武器取引を制限する国などとの温度差が顕著である。

ブリスベンのG20で、プーチンは予定を切り上げて急遽帰国した「事件」があった。
プーチンは前夜、ヒルトンホテルでメルケル独首相と六時間密室の会談をしており、
ウクライナ問題を討議したが、その翌日だけに様々な憶測を呼んだ。

メルケルは東独出身でロシア語が流ちょう、
プーチンはKGB時代にドレスデンに滞在したためドイツ語が流ちょうである。

プーチンが帰国後、ロシアは重大な路線変更を発表した。

ロシアは原油とガスの輸送ルートを大幅に変更すると衝撃の発表だっただが、
日本のマスコミでは話題となっていない。

不思議である。

つまりウクライナ経由の対欧輸送ルートをトルコ経由とするのである。

EU諸国のなかでも、ロシアへのエネルギー依存度に濃淡があって、
フランスから南欧にかけては
ロシアとは貿易額もエネルギー依存度も低いから衝撃は薄いが、
このロシアの路線変更に狼狽した国々がある。


 ユーラシアの新しいグレートゲームが始まった

こうしたプーチン大統領の西側接近外交から
東へ向きを変えるという外交路線の変更は
ピョートル大帝以来のロシアの基本姿勢の変更にいたるか、どうか。

ともかくG20から帰国後のプーチンは中国寄りをさらに鮮明にし、
その上でトルコに急接近した。 また先週はインドを訪問している。

「ノーザンストリーム」(北海からドイツへのルート)はそのままだが、

サウザンストリーム」(黒海からルーマニアを経由して欧州へ輸出)を
トルクメニスタン、アゼルバイジャンからトルコを経由してバルカンで分岐させ、
オーストリア、イタリアなどへの輸出ルートに変更する


このための投資は50億ドル。半分をガスプロムが負担するとした。

従来の「サウザンストリーム」は黒海からブルガリアを経由する計画だったため
「通過料」を失うブルガリアは欧州議会に対ロ制裁を解くよう強く抗議した。

最大の裨益者はトルコである。

しかもトルコはイラン原油がイラクを経由してシリアに運ばれる輸送ルートの建設に反対し、
カタールのガスをイラクからシリア経由トルコへ運ぶルートを提案していた。

小誌はトルコのイスラム回帰と脱欧州の動きに注目してきたが、
欧米マスコミで悪評高いエルドアン大統領は「勇士連合」に加わったものの
ISIL対峙には消極的であり、むしろオスマントルコ帝国復活の夢を描いてきた。

2015年の展望は経済危機が続行され通貨戦争が再発することになるだろう



◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/742.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2014 年 12 月 19 日 4sIKljvd9SgGs
原油下落はエネルギー無料化の表れ、ルーブル安は中露合併を促すだけ、
 米国が金融パニックを狙っても無駄です



米英系メディアがもうロシアは駄目だと騒いでいますが、
今ロシアで起きているのは中国人留学生の買い漁りだそうです。

安く良いものが買えるという事ですが、
中国人にしてみれば巨大な免税店がすぐ真上にできたようなもので、
ロシアにしてみれば世界中で買い物をしまくる中国人を
掃除機でロシアに集めまくっているようなもので、
米国の狙う日本のオイルショックのような事は起こせていないようです。

それも当然で、ネット時代で いくら米英系のマスコミがロシア恐慌を煽った所で
チキレースで先にダウンするのは米国だと分かっているからです。

ロシアはアラブと違いエネルギーだけで食べている訳ではなく、
農業大国でもあり、自給自足もできるし、輸出をする気になればいくらでもでき
真下になんでもいくらでも大きな口をあけて買ってくれる国が有るわけで、
百歩譲ってロシアが傷むとしても、その分同盟国の中国が体力を付けるだけで、
二位に転落した米国が何を仕掛けても、中露コンビは痛くも痒くもないという事です


ベン(古歩道)だかが三ヶ月後にドルが消えて、
アメロも失敗して、オーロムという通貨が誕生して、
米国は破綻処理に追い込まれる
というような事を書いていましたが、
今回の為替操作は彼らの最後の悪足掻きという事だと思います。  



厄災の元兇=ユダ米、いろいろ動きがおかしくなってきましたよw

来年早々にも、歴史的な一大ショーが見られるかもしれませんね、

歴史の大転換、「帝国の終焉」のスペクタクルが。

日本の買弁・既得権層は無事ではすまぬでしょうな、

何もない貧乏人は強い。 光が差してくるw


コメント

暮れ昏れゆきⅣ

2014-12-19 11:13:44 | Weblog
 画は 井上 安治(いのうえ やすじ)

 元治元年(1864年) ~ 明治22年(1889年)

 明治時代前期の浮世絵師、版画家。 探景とも号した。

 小林清親の一番弟子とされ、短命であったが「光線画」に優品を残した。

                             作

  「芝増上寺」です。


☆曇、冷え込む。

まずは、プーチン大明神、

◆http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_18/281429384/
ロシアの声 18.12.2014,
プーチン大統領の大型記者会見、オンライン・ルポルタージュ

より抜粋、

ロシアのプーチン大統領が木曜、恒例の大型記者会見を行う。
大統領としては10度目。
経済や国際情勢について議論がなされる見込みだ。

☆https://www.youtube.com/watch?v=IVFEi-gTxr4
Итоговая пресс-конференция
Владимира Путина 18 декабря 2014

15:18 ロシアの今の状況について責任逃れをする気はない

14:51 UAEエネルギー大臣:原油価格下落は長くは続かない

14:18 私生活について:問題ない、心配いらない

14:13 銀行部門が住宅ローン金利の拙速な引き上げを行わないよう望む

14:08 ロシアは西側と普通の関係を築きたい

14:08 Visaのロシアにおけるサービス、正常に行われている

14:06 ウクライナ紛争における立場、ロシアは正しく西側は正しくない

14:05 米国はMDを展開しロシアを脅かしている

14:02 ロシアは西側に政治的攻撃をしかけてはいない、ただ自分の国益を守っているだけ

13:09 より安価でより安定したガス供給はロシア産ガスをおいてなく、近未来にもありえない

13:02 露中のガスプロジェクトは相互特恵だが、双方に損はもたらさない

12:40 対西側関係:新「ベルリンの壁」建設は今始まったのではない、既に始まっていた

12:27 危機を脱するには最悪2年がかかる


など、ご参照!


◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201412170002/
櫻井ジャーナル 2014.12.17
米が仕掛けたと言われる石油価格やルーブルの下落は
 中露を接近させることになり、ドル体制崩壊へ



アメリカ政府がロシアに経済戦争を仕掛けていることは言うまでもない

その国の経済に問題が生じた場合にも通貨は売られ、暴落するのだが、
金融が肥大化して投機資金が世界を駆け巡っている現在、
経済の実態には関係なく相場は動く。

仕手戦というより相場操縦であり、レートを引き上げても大きな影響はないのが実態。
そうした市場の操作に電子情報機関のNSAが加わっているとも言われている。

相場を操作することでターゲット国の経済を混乱させることも可能なわけで、
経済戦争の一環としてアメリカは
原油価格やロシアの通貨
ルーブルを下落させていると見られているが、
こうした光景は
ドルという視点から見てのもの

石油価格がドル建てで半値になっても、
1ドルと交換される通貨が倍になれば変化はない
ということになる


アメリカとロシアの財政状況を見ると、ロシアが遥かに健全

の保有量を増やすなどロシアはアメリカからの攻撃に備えてきた

アメリカの連邦準備銀行は金を保有していないだけでなく、
預かっていた金もなくした疑いが濃厚。

経済戦争でアメリカはロシア経済が崩壊の瀬戸際にあると宣伝しているが、
疑わしい



本ブログでも書いてきたことだが、ロシアや中国などはドル離れの動きを見せてきた。
BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)のほか、
ラテン・アメリカの国々やイランなども同じ方向へ動いている。

リビアのムアンマル・アル・カダフィ政権やイラクのサダム・フセイン政権も
ドル離れを画策していたが、軍事的に倒されてしまった。

貿易の決済をドル以外の通貨、手段で行うようになれば、
ドルという視点で経済を語る意味が小さくなる


ロシア金融相は市場で70億ドルを売る意向だと言うが、
アメリカの財務省証券の保有額を昨年より減らしていることは明らか。
ロシアは今年8月に1181億ドルまで戻していたが、2カ月で100億ドル分を売却している。
中国も減少傾向にある。日本が増やし続けているのと対照的だ。

日本がアメリカの軍事侵略や経済戦争を支えているとも言える

こうした姿勢の結果、円建てで考えれば日本が多額の損失を出している
こうしたことは少なからぬ人が指摘してきた。


          2014年10月   2014年3月   2013年10月   2013年3月

中国(本土):  1兆2527億ドル 1兆2721億ドル 1兆3045億ドル  1兆2703億ドル

日 本:      1兆2224億ドル 1兆2002億ドル 1兆1744億ドル  1兆1143億ドル

ベ ル ギ ー:     3481億ドル   3814億ドル   1803億ドル   1884億ドル

ロ シ ア :      1089億ドル   1004億ドル   1499億ドル   1530億ドル



アメリカで主導権を握っているネオコン/シオニストは ソ連消滅後、
自国を「唯一の超大国」になり、世界制覇の日は近いと信じた。

ロシアには飲んだくれのボリス・エリツィンを大統領に据えて略奪、
中国の場合は若手エリートをアメリカへ留学させて洗脳してきたが、
思惑通りには進んでいない。

ロシアではウラジミル・プーチンがアメリカの傀儡を粛清、
アメリカから離れられないとネオコンが信じていた中国はロシアへ接近した。

日本を巻き込んだ中国封じ込めを中国は容認しないだろう。

アル・カイダ系武装集団を使った体制転覆、ネオ・ナチを使ったクーデターなどを目撃、
新疆ウイグル自治区でアル・カイダの脅威にさらされている中国を刺激したのかもしれない。

さらに、ロシアはトルコやインドとの経済関係を強めている。

ロシアと中国が通貨でも手を組んだなら、ドルは大きな影響を受ける。

アメリカは攻撃しているつもりで、自分の足場を崩しているようだ。

ドルが基軸通貨の地位から滑り落ちたとき、世界は新しい時代が始まる




井上 安治、二枚目、



「浅草観音」です。



相変わらず鋭いね、

◆http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2014/12/17/7518796
velvetmorning blog 2014/12/17
不正選挙に聞く耳持たない人たちに、以下の数字を教えてあげると良いです ―


原発反対・TPP反対の票はどこへ行ったのか?(不正選挙の計算の仕方)
☆http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/23/6667870
のつづきです。


不正選挙に聞く耳持たない人たちに、以下の数字を教えてあげると良いです。



以下は、2000年代に入って始めて行われた第42回衆議院議員総選挙。

つまり、小泉・竹中が登場する以前の 衆院選の比例の結果である。

2000.06.25
第42回衆議院議員総選挙

自民16,943,425
保守党247,334
自民+保守17,190,759

公明党7,762,032

与党小計24,952,791


以下は、今回行われた2014.12.14
第47回衆議院議員総選挙の結果

自由民主党 17,658,916
公明党 7,314,236
与党小計 24,973,152

以上のように、ほとんど全く同じ数字である。


では、野党を見てみよう。


2000.06.25
第42回衆議院議員総選挙

民主党15,067,990
自由党6,589,490
日本共産党6,719,016
社会民主党5,603,680
無所属の会151,345
自由連合660,724
諸派 99,565

野党他小計34,891,810




以下は、今回行われた2014.12.14
第47回衆議院議員総選挙の結果

民主党 9,775,991
維新の党 8,382,699
次世代の党 1,414,919
日本共産党 6,062,962
生活の党 1,028,721
社会民主党 1,314,441
新党改革 16,597
幸福実現党 260,111
支持政党なし 104,854
世界経済共同体党 1,416.000
犬丸勝子と共和党 4,668.000
減税日本 32,759.000
みらい党 4,883.000

野党・無所属小計
28,361,295 53.18%


野党だけが、なぜか700万票も減っている


注目していただきたいのは、2000年の時点で、
共産+社民が12,322,696票もあることである。1200万票である。


今回の衆院選 日本共産党6,062,962+ 社会民主党1,314,441で、7,377,403票

500万票も減っている。

この票はどこに行ったのだ??


入るとしたら、民主党の可能性はあるだろう。


では、民主党の票を見ていただこう。


民主党15,067,990→9,775,991

民主党に入るどころか、民主党の票も、529万票も減っている。


合わせて1000万票も票が消えているのである


さらに詳しく見てみよう。

日本共産党6,719,016→6,062,962

今回の選挙、日本共産党が躍進したと報じられていたが、
実は70万票も減っている
ではないか。

コイズミカイカクで格差社会になり、
ワーキングプアが問題になったはずだが、共産党すら票を減らしている。


以下は、社会民主党。

社会民主党5,603,680→1,314,441

430万票も減っている。

民主と共産と社民合わせて、およそ1030万票の票が減っているのである。

この票はどこに行ったのだ??



2000年の時点で、共産+社民が12,322,696
民主党15,067,990
自由党6,589,490


自由党は小沢一郎の党だから、今回は生活の党である。

自由党6,589,490→ 生活の党 1,028,721

こちらも550万票も減らしている
のである。

この票はどこへ行ったのだ??


2000年
民主+共産+社民+自由=33,980,176

2014
民主+共産+社民+生活=18,182,115


実に15,798,061票の減少である。

1580万票もの票が消えてしまっているのである。


これに気付かないのは、よほどのアホである。



自民+公明が14年前と全く同じなのに、なぜ野党がこれほどまでに減るのだ??


維新や次世代は、本来自民+公明の別働隊だから、
維新や次世代が躍進すれば、自民+公明が減るはずである。

まして、社民や共産が減少した受け皿になるはずがないのである。


試しに、今回の主要野党の得票を倍にしてみる

民主党 9,775,991 x 2=19,551,982
日本共産党 6,062,962 x2 =12,125,924
生活の党 1,028,721 x2=2,057,442
社会民主党 1,314,441 x2=2,628,882

total 36,364,230


2000年

民主+共産+社民+自由=33,980,176


2000年当時の共産+社民の票=1,232,740が
2014共産党+社民の票=14,754,806に

2000年当時の民主+自由の票=21,657,480が
2014民主+生活の票=21,609,424に



それぞれ2000年の結果に近似しました。

共産+社民が少し増えますが、コイズミカイカク以来のワーキングプアな現状や
原発事故を考えると当然の伸びの範囲かと。


ようするに、野党の得票を半分にするプログラムが稼働中ということでしょう


2000.06.25
第42回衆議院議員総選挙

民主党15,067,990
自由党6,589,490
日本共産党6,719,016
社会民主党5,603,680
無所属の会151,345
自由連合660,724
諸派 99,565

野党他小計34,891,810




以下関連

今回も不正選挙で自民・公明圧勝ですが、本当の得票は??
西東京市の開票作業を見て詳細に分析します
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2014/12/16/7518186



井上 安治、三枚目、



「上野東照宮」です。



あれこれ、

◆http://wjn.jp/article/detail/4439445/
週刊実話  2014年12月16日
森永卓郎の経済“千夜一夜”物語
 来年の景気はどうなるのか



消費税増税の先送りで、市場には景気の楽観論が拡がっている。

確かに、来年10月から消費税再増税をしたら
日本経済は奈落の底に沈んでいっただろうから、
破たんを回避したという意味では喜ばしいことだ。

しかし、今回の消費税先送りは、あれこれ、
増税を当面ストップしただけで税率を引き下げたわけではない。

景気動向指数をみると、一昨年の11月から今年3月までは、
一直線で景気は上昇した。
アベノミクスの金融緩和による効果だ。

しかし、景気動向指数は今年3月でピークを迎え、
その後は真っ逆さまに落ちている。
言うまでもなく消費税引き上げの影響だ。

日本は、GDPの6割を消費が占めている。

その消費が失速したら景気はもたない


消費が失速した原因は消費税引き上げにともなう急激な物価上昇だ。

毎月勤労統計によると、10月の名目賃金は前年比0.5%上昇しているが、
消費者物価指数(帰属家賃を除く総合)が3.4%上昇しているので、
実質賃金は2.8%減となっている。

家計調査を見ると、10月の実質消費は前年比で4.0%落ちている。
買いたくても買えないというのが消費不振の原因なのだ。

こうした状況は、消費税増税を先送りしても変わらないから、
当面、消費が増えることはない。


一方、日銀の第二次異次元金融緩和によって、円安は確実に進んでいる。
しかし、それが輸出増にはなかなか結び付かない。

一昨年までの超円高で工場の海外移転が進んでしまったからだ。

現時点では、国内生産をした方が価格的に有利な企業も多いが、
一度海外に工場を建ててしまうと、国内に戻るのには相当な決断が要る。

今の為替の水準が続いたとしても、
海外工場が日本に帰るには10年程度の期間が必要になるだろう。


それでは、来年はどうなるのか。

カギを握るのは、実質所得がどうなるかだ。

まず物価については、来年4月以降、消費税引き上げの影響が一巡するので、
前年比で見たときの消費税の影響はなくなる。

しかし、日銀が消費者物価上昇率2%を目指して金融緩和を続けるので、
2%程度の物価上昇にはなるだろう。

一方の賃金上昇は1%程度にとどまるとみられる。
連合が来年の春闘でベースアップの要求基準を「2%以上」としているからだ。

今年の春闘で連合は「1%以上」の目標を掲げたが、賃金上昇は0.5%にとどまった。
要求の半分しか取れなかったということだが、今年もそれくらいだろう。

となると、実質賃金はマイナス1%程度ということになる。
これでは消費は増えないから、来年も景気は低迷することになる

ただし、明るい要素もある。
それは原油価格が暴落していることだ。

日本は円安で相殺されてしまうから、さほど大きな効果は期待できないが、
1人あたりエネルギー消費が日本の2倍もあるアメリカ経済にとっては、
大きなメリットとなる。

米国経済は順調に拡大し、その恩恵で日本からの輸出も増えるだろう

そうした効果を含めると、来年の景気は横ばいというのが、
最も可能性の大きいシナリオになるのではないか。

だから日経平均株価はあまり上がらないだろう。

投資先としては、原油が下がりきったところで、
原油のインデックスを買うのがよいかもしれない。



◆https://twitter.com/h_hirano
平野 浩                より抜粋、


#平野 浩 @h_hirano

生活の党は衆院選に合わせ議員を維新の党と民主党に離党・分散させたので、
政党要件を欠き、政党助成金はゼロ。

しかし、小沢氏の元側近は維新の党に5人、民主党に2人当選している。
近い野党再編への布石とみられる。民主党代表選はその起爆剤になる。
☆http://electronic-journal.seesaa.net/article/410785116.html



#平野 浩 @h_hirano

今回の選挙に憲法学者の重鎮小林節氏は慨嘆。

「こんな選挙は何度やっても意味がない。
大マスコミが早々と与党圧勝とアナウンス、
その裏で官邸がメディアに干渉していたことも発覚

結局組織を束ねていたところだけが勝利。

選挙中安倍氏は集団的自衛権に何も触れない」。
どうしてこんな国になったのか。



#平野 浩 @h_hirano

民主党は不十分ながらも候補者調整をして選挙に臨んだが、
肝心の支持母体の連合が気に入らない候補者を推薦はするが支援をせず、
自主投票にするなど裏切りをしていた事実が次々と発覚。

青森2区、宮城2区、三重1区、2区などまだある。
連合古賀会長は本当は自民党にすり寄りたいのではないか



#平野 浩 @h_hirano

連合幹部は自動車、電力、電機出身がほとんどであり、大企業の労働貴族
労働者の味方ではない。

非正規雇用を増やし、労働者を低賃金で働かせている元凶
自民党の支援をしたいのではないか。

大阪11区で平野元官房長官が
落下傘の佐藤ゆかり氏に敗れたのは連合がいかに頼りにならないかを示している。



#平野 浩 @h_hirano

理解できないのは、安倍政権の決定した介護報酬の削減
ただでさえ少ない介護職員の賃金を下げれば、
ますます人手不足になることは必至。

増税が延期されたことばかりいうが、3%上げているではないか。
それを法人税減税の財源に使おうとしているではないか。

つくづく安倍首相は弱者に冷たい人である。



連合も分裂すべきではw

大企業の御用組合、官公労、中小企業の組合大連合、とにさ。

同床異夢、呉越同舟だもなw



追:11:55AM

元に戻せばいいのにw

◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/231.html
投稿者: ポスト米英時代 日時: 2014 年 8 月 05 日 /puxjEq49qRk6
スタップ細胞で所長が自殺、TRON潰しと同じ匂いである、
 全ての病気が完治すると困る連中の仕業のような気配である



スタップ細胞というのは一言で言うと
この膏薬を塗るとどんな病気も治っちゃうという
母親の痛いの痛いの飛んでけー並みの発見だが
それでは困る医療メジャーが
治る事もあるし治らない事もあるけど
今より一歩前進ぐらいの発明なら勘弁してやるわというのが
前回のノーベル賞受賞者で
その一歩先を踏み込まれたら
今までわざと病気を作ってきたのがバレて
医療詐欺や保険詐欺とかが成り立たなくなって
超ヤバイんですけどーという感じで潰した可能性が大である。

所長の自殺が 良心の呵責に耐えられなくなりそうなので
消されたのか 抗議の自殺をしたのか 分からないが
イラクで消された奥参事官を美化して誤魔化したように
彼女叩きに悪用されるのは間違いなさそうである。

しかしダマスゴミがこれだけプーチンを叩いても
小沢事件の時のようには上手くいかない所をみると
彼女叩きも逆効果になりそうである。

若造叩きというとホリエモン叩きが思い出されるが
後ろ楯がリーマンだった事を考えると彼を単純な被害者とも考えられず
パシリが想定外の動きをしてお仕置きされた
といった所だと思うが 彼女の場合は 
何かのスピンでやらせをさせられたか
無邪気に発表してしまった かのどちらかのような気がするが
いずれはっきりする事だろう。

いずれにしても戦争詐欺も上手くゆかず
医療詐欺も限界に来ているのは間違いなさそうである。

奴らはーみんなーバレているーばれているから馬鹿なんだー
CTをーあいつらにかざして見ればー
真っ赤にーバレてるー馬鹿な嘘がー
大人だってー子供だってー赤ん坊だってー
みんなみんな知っているんだー
バレバレなんだーという感じで
改宗ユダヤの嘘もそろそろ賞味期限切れである。
 



追:3:00PM

「輪廻転生」云々w 以外は、まったく同感ですな、

◆http://taninoyuri.exblog.jp/23228335/
谷間の百合 2014-12-19
小保方さんは嘘をついていたと思いますか


きのうは、なんでこんなに嫌な気持ちなのだろう、そうか、小保方さんのことか、
という自問自答を何回か繰り返していました。

わたしが毎日見るツイッターは六つか七つなのですが、
その内の二つは顔も名前も出しておられる著名な方です。

そのお一人が「-にしても虚言癖の女性の末路は悲しい」

もう一人の方は「何ゆえ、こんな嘘をついたのか、いずれわかることだろうに」と
呟いておられることにわたしはショックを受けました。

理研やマスコミの情報を鵜呑みにしておられることと
若い女性に対してあまりにものない言葉だと思ったからです。


小保方さんは最初から嘘をついておられたのですか。

人を見る目がないのかもしれませんが、
わたしは小保方さんに嘘を感じたことはありませんでした。

スタップ細胞の発表時のあの満面の笑顔、
釈明会見での信じてくださいと訴えるような真摯な視線が嘘だったとは思いません。

きょう、関係者の記者会見があるようですが、
小保方さんは心身共に極限状態だということで出席されないと。

この数ケ月どんな思いで再現実験に取り組んでおられたのかと思うと涙を禁じ得ません。

その心境は想像に余りあります。


笹井教授は、スタップ細胞だと考えないと説明できない現象だ
というようなことを言っておられ
ませんでしたか。

一般の人以上にそういうことに無知なわたしですが、
あのみどり(草)色の動いていたものは何だったのですか。


わたしは、10年後、20年後にやっぱりスタップ細胞はありました、
ということになる
ような気がしています


若い一人の女性を世間はこうまで叩くのか、
こうまでなぶりものにするのかと、こころが青ざめるようです。

ほんとうに、世間は鬼ばかりですね。

この世の地獄といいますが、
地獄も極楽もあの世ではなくこの世にあるものです。

あの世なんかありません。

なぜなら、人は輪廻転生するものだからです。


しかし、到底耐えられない状況を小保方さんが耐えておられることにわたしは驚愕します。

ご家族以外にも小保方さんを支えている人が周りにおられるのでしょうか。

そうであってほしいと思います。


小保方さんは200回以上実験に成功したと言っておられました。

しかも、その実験の成功を同時にかなりの数のスタッフが見ていたはずなのです。

一人実験室に閉じこもっておられたわけではないのです。

もう、そういう人からの証言は得られないでしょうが、
どうか、一つ一つ丁寧に思い出してください。


理研とマスコミの情報に、こんどは科学的証明が加わったわけですから、

科学信仰の強い日本人はひとたまりもありません。

科学の証明ほど強いものはないからです。


スタップ細胞の真偽はともかく、もしそれが世に出たら、
歴史を区切り、社会の仕組みを変えるほどその影響力は大きいと思います。

それに恐怖する人もたくさんいるでしょう。

なぜ小保方さんをこうまで徹底的に叩き潰そうとするのかを考えてみてほしい、、



NHKが得意満面で報道しておりましたなw 

キ印・大本営報道部め!




コメント

暮れ昏れゆきⅢ

2014-12-18 11:09:23 | Weblog
 画は 豊原 國周 (とよはら くにちか)
 
 天保6年(1835) ~ 明治33年(1900)     

 号は一鶯齋、など。               作


  「俳優見立給金競」 「孔雀太郎 中村福助」 「梅若丸 尾上菊五郎」

  「犬山道節 市川團十郎」

  「白縫姫 助高屋助」 「暁星五郎 市川左團次」です。


☆曇、予報は雪。

壺三、票を減らすw

◆http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/yorondouindekizuukiagarukoltukai.html
長周新聞  2014年12月15日付


   世論動員できず浮き上がる国会

        総選挙投開票結果

       戦後最低だった投票率



解散総選挙が14日に投開票を迎え、与党の自民党は前評判とは裏腹に
議席を減らして終わった

選挙は投票率は52%前後で、戦後最低だった前回選挙(59・32%)よりも
7下回るなど、有権者のおよそ半数にあたる約5000万人もの人人が
棄権する異様なものとなった


選挙が始まるとメディアがこぞって「自民圧勝」「単独で300議席か」
「320議席に届く勢い」と報道をくり返していたが、
結果はほぼ横ばいで劇的な変化にはつながらなかった。

むしろ自民党は改選前の293議席から291議席へと減らす結果になった。
前代未聞の低投票率があらわしているように政党の支持基盤が細り、
国会がますます国民から浮き上がっている
ことを示した


 
1万8000票減らした安倍晋三

自民党は改選前の293議席から291議席へと減らした。
公明党は31議席から35議席。
民主党は62議席だったのから73議席へと増やした。

他に投票したいと思う政党がないことを反映して、
批判票の棚ぼたに預かったのが「日共」で、
改選前の8議席から21議席へと議席を増やした。

前回選挙で自民党とは違う装いで登場した橋下徹率いる維新の党は、
改選前の42議席から41議席へと減らした。
石原慎太郎率いる次世代の党は19議席だったのが2議席へといっきに議席を落とし、
石原本人も落選した。尖閣問題で火付け役になるなど大暴れしてきたが、
最後は引退するまでもなく退場となった。

次世代と同レベルなのが社民党で、引き続き消滅寸前ラインをさ迷い、
かつがつ2議席を得るのが精一杯となった。
小沢一郎率いる国民の生活が第一は5議席だったのから2議席へと減らした。
みんなの党は完全消滅で、前代表の渡辺喜美は落選した。

議席の増減だけ見るなら、自民党の老年部みたいな存在感を放っていた
次世代の党が消滅に追い込まれたのが一つの特徴となった。
その減少分が自民党に上乗せになったわけでもなかった。

行き場のない批判票が最後に向かった先が「日共」で、
これは「日本共産党」の看板に拠る所が大きい

現在の彼らの振るまいや主張云々以前にそのような趨勢にあることを反映した。
しかし同時に「日共が全選挙区に擁立したことで、票割りの役割を果たし、
自民党を助けた選挙区が相当数にのぼった


小選挙区では自民党が多くの選挙区で勝利したが、野党候補との接戦も目立っている。
低投票率のなかで組織票をフル動員し、
なおかつそれに勝る野党がいない状況での結果となった。
劇的に「勝利した」といえる政党など ないことを示した。

選挙区ごとの特徴を見てみると、辺野古移転を巡って
安倍政府の強硬な姿勢に批判が強まっていた沖縄では、
全選挙区で自民党候補を叩き落とした


直前におこなわれた知事選では批判票分断の謀略的な選挙構図にもかかわらず、
辺野古基地建設反対を掲げた候補が10万票差をつけて圧勝するなど、
県民の底力を見せつけたばかりだった。
その後も仲井真知事が退任間際に埋立工事と関わった工法変更を承認するなど、
あくまで民意に背いてゴリ押しをはかろうとしてきたが、
総選挙では「自民党」と名の付く者は1区から4区まで1人残らず落選させ、
改めて基地撤去を望む県民の意志を示した。
戦争政治との対決という点で争点が鮮明だったことが反映した。

栃木2区では西川公也農林水産大臣が現職大臣としては唯一落選した。
TPP反対を掲げて当選しながら、その後大臣に持ち上げられて賛成に寝返り、
農民から猛反発を受けていた。
裏切り者を叩き落とす行動が、沖縄だけでなく全国的にくすぶっている
ことを物語った。

北海道などでも自民党は苦戦し、
第一次産業を基幹産業にした地方での反発が強い
ことをあらわした。

民主党は代表の海江田万里が選挙区でも比例でも落選し、首相経験者の菅直人も落選した。
そのなかで、前原、枝野、安住、玄葉、岡田、細野といった与党時代から
経団連はじめ財界に見込まれていた中枢部分は順当に当選した。

選挙において、大企業とパートナーになっている連合は
どのような動きをしていたのかも検証すべき点となっている。

安倍首相本人は、前回総選挙の11万9000票から大幅に得票を減らして
10万829票
となった。

下関市、長門市を地盤にした山口四区での過去最高得票は03年の14万票台で、
その後の2005年郵政選挙では13万7701票、
政権交代が起きた2009年選挙では12万1365票
前回の2012年選挙では11万8696票と下り坂を転げ落ちてきた。

過去最低記録は96年に古賀敬章と争った際の9万3459票で、
それよりも上回る10万票台にはかつがつ乗せたが、
支持率の急降下は勢いを増していることを示した。
目標だった12万票には遠く及ばなかった。

その他、自民党の役付が多い山口県内の選挙区では、
山口1区では投票率が50・63%で、前回選挙から7・39減少。
高村正彦が12万84票で、前回13万3776票から1万3692票減らした。

山口2区は投票率が57・27%。前回64・85%からこちらも7・58減少した。
そのなかで、岸信夫が9万6799票で前回の10万5760票から8961票減らした。

民主党の平岡秀夫は5万7814票で前回5万3493票から4321票の増加にとどまった。

山口3区の投票率は52・20%で、前回選挙よりも5・78減少した。
河村建夫が9万3248票で前回10万7833票から1万4585票も減らした。

県内選出の自民党国会議員は、高村正彦が自民党副総裁に取り立てられ、
河村建夫は選対本部長に抜擢され、首相の実弟である岸信夫も外務副大臣に登用されるなど、
それぞれ身内として“重鎮扱い”されてきた。

こうした自民党の大物たちはそれぞれ1万票以上減らしており、
山口県内においても決して安泰といえる立場ではない
ことを突きつけている


議席数で見ると自民党が過半数を維持したが、
得票数を見ると、自民党候補は前回よりも減っている。

比例では全有権者のわずか12%の支持しか得ていない
という結果となった



選挙最大の破廉恥 大本営だったマスコミ

「終盤にかけて変化する可能性がある」の言葉通り、
「自民党300議席越え」「320議席もあり得る」は大嘘だった。

今回の選挙でもっとも破廉恥だったのがメディアで、いったい何をしたかったのか
検証しないわけにはいかない。

公示後2日目の4日に商業メディアはいっせいに「自民圧勝 300議席越え」と報道し、
選挙中盤には「自民単独で320議席越えか」などと報道する社も出てきた。

ところが結果は300議席どころか290議席で、自民党はむしろ改選前よりも減らした。

このメディアの扇動たるや見出しや数字までほぼ共通で、
統一司令部でもいるのかと思わせるほど徹底されていた


「有権者が関心を持っていません」「自民党は公示前よりも圧勝します」として
自民党の圧勝を確定的に扱うことによって、自民党批判で沸き上がる世論を幻滅させ、
あるいは投票に行ってもムダだと思わせる効果を狙ったものだった。

低投票率にして有権者がそっぽを向かなければ、
組織票依存の自民・公明は
圧勝などできない
そのなかで、如何に寝た子を起こさない選挙にするか、
野党のボロさ加減に辟易した人人が投票所に向かわないようにするかが、
為政者にとって頼みの綱になっている
ことを示した。

今や郵政劇場のような騙しやフィーバーがつくり出せず、
人人を選挙から排除することによってかつがつ一強他弱がつくり上げられている

ジャーナリズムが権力の監視という任務を放棄して、
もっぱら権力を支えるために大本営発表で世論を扇動していく事も暴露した。

「一強他弱」といい、国会の見かけは三分の二以上を与党が独占する形が保たれた。
しかし有権者の半数が参加しないという異様なる選挙で、
国民世論を動員できない政治の姿をあらわしている。

ボロの野党によって与党が支えられ、小選挙区のトリックで国会の議席は独占できるが、
世論を組織することができない。

その「強い」といわれる支持基盤はますます細っているのが現実である。
自民党が強いから勝ったのではなくて、野党が弱すぎるだけにほかならない。

みんなで揃って弱体化し、有権者の半数という枠内で一番を競っているのである。

安倍政府の再登板から二年、TPP交渉参加を表明し、原発再稼働にも踏み込み、
集団的自衛権の行使を閣議決定だけで解釈変更し、
特定秘密保護法や日本版NSCなど一連の戦争体制を進め


この選挙が終わればいっきに集団的自衛権行使の関連法制審議や、
日米ガイドラインの改定を進める
など政治日程が目白押しである


選挙は聞く耳のない安倍政府が、「今なら勝てる」という状況のもとで
唐突に実施し、メディアが嫌気を誘うような謀略に終始したもとでおこなわれた。

沖縄が示すように政治を突き動かすのは
いつも下からつながった大衆の世論と運動であり、
まともな野党がいないという現実のなかで、いかに世論と運動を強め、
暴走政治と対峙するか
が重要な課題として迫られている。




國周、二枚目、



「三幅対上野風景 さんぶくつい うえのの ふうけい」より、
「新吉原大口楼 根岸別荘の場」 「片岡直次郎 尾上菊五郎」
「三千歳 沢村源之助」 「新造千代春 尾上菊三郎」です。



日本は対米一辺倒ではいけません、

◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/723.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2014 年 12 月 16 日 4sIKljvd9SgGs
自公が疑惑の6議員を当選させたのは失敗、
 自公の圧勝が無意味になり、自浄能力のない政権と言われ続けます



やはり、机上で不正選挙を企むと、必ずおかしなハプニングが生まれるものです。

今回、彼らは限られた基礎票の中で圧勝する事を考え、
気象をいじり、報道をいじり、開票をいじり、
戦後最低投票率の更新による組織票の圧勝というシナリオは成功しましたが、
文句なしで憲法改正に進むという不正選挙の目的は果たせたとは言えません


沖縄が自公を完敗させて、自公ノー、米国ノーの鮮明な地域を残し、
その反対に米国の戦争屋の代理人のような石原が落選・引退し、
ハマコー程度の存在になった事は国民にとって朗報です。

また、自公共産で与野党にわたって見事に票割りでした事で、
共産が自公別動隊、霞が関別動隊、米国別動隊の、野党第一党潰し要員だと
誰にも分かったのも良かった
と思います。

その一方で、共産に騙された若者も少なくなかったようですが、
それも無駄でなく、彼らが内部から下から、
共産を乗っ取るぐらいの積もりで、変身させてしまえばいいのです。


◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/727.html 
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2014 年 12 月 17 日 4sIKljvd9SgGs
日本 世界 宇宙、プーチンが昨日ユダヤ金融資本を崩壊させた、
 だそうで 日本は対米一辺倒ではいけません



ベン(古歩道)にも、EUが一挙に中露同盟側に参加すると書かれているようです。

原油値下げ戦争で米国のオイルダラーが減り、
シェールガスの採算が合わなくなり、
延命できなくなったという理屈なら辻褄が合います


米国は、公共事業のように戦争を起こして
火事場泥棒のような事をしないと回らない国ですが、
それがイスラム国やウクライナで 中露が上手く立ち回った為に封じられて、
あれもダメこれもダメ となったのでしょう。

今回の訳の分からぬ解散も、戦争屋が日中戦争を急ぎ、
安倍を圧勝させて戦争準備をさせようとした
のでしょうが、

急いては事を仕損じる、となったようです。  



◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_150.html
richardkoshimizu's blog 2014/12/17
日本全国開票ミス=不正選挙祭り


総務省中枢の不正選挙実行部隊が あらかじめ決めた得票数に
実際の票数を合わせる必要があるため、
現場で混乱が起きて、あちこちで辻褄の合わない結果が発生しています


「ミス」で片づけるつもりでしょうが、
厳しく精査することで不正選挙の痕跡が見えてくるはず。

国士諸氏の分析研究が俟たれます。

皆さん、いやらしくしつこく調べましょう!



☆ガーネットスター  2014/12/16 2

諫早市、上天草市、東京文京区に続き

偽選管さんどんどんボロを出しています。

ドジ踏みまくって下さい。 国民は不正選挙に気が付きます



岡山市、倉敷市、瀬戸内市のケース

岡山市、票確定3時間20分遅れ 衆院選開票 県内で集計ミス相次ぐ

☆http://www.sanyonews.jp/article/108735/1/
2014年12月15日 山陽新聞


韮崎市、富士吉田市、笛吹市のケース

投票者多く発表、二重にカウント…ミス相次ぐ

☆http://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/
 20141215-OYTNT50261.html?from=yartcl_popin
2014年12月16日 読売新聞


養父市のケース

養父市、投票箱に用紙残ったまま…

☆http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/
 20141215-OYTNT50377.html?from=yartcl_popin
2014年12月16日 読売新聞


小諸市のケース

小諸市開票 比例で39分
全国有数の開票スピードで知られる小諸市
☆http://www.yomiuri.co.jp/local/nagano/news/
 20141215-OYTNT50353.html?from=yartcl_popin
2014年12月16日 読売新聞



追:1:00PM

そう、戦争当事者ではない、

◆http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/728.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2014 年 12 月 17 日 4sIKljvd9SgGs
福島民報、80票集計漏れ、ケアレスミスというより不正隠蔽ミスの匂い、
 現行の開票方法は問題が有りすぎます



一体、報道されているだけで何件、何票の集計ミスがあったでしょうか、
二桁%の白票といい、もう首長選挙の投票率との違いもさる事ながら、
票の出方も違うし、発券から集計まで
不正ができるポイントを探すより できないプロセスを探す方が難しいぐらい穴だらけで、
根拠と言えばマスコミが不正がないと言ってるから大丈夫程度の事しかなく、
そのマスコミも世界が売女と軽蔑する(Paul Craig Roberts)のと同じぐらい軽蔑され始めています。

そして、厳粛な事実として、野田も安倍も違憲状態または違憲という判決が出た中で、
二回も解散を断行してしまい、憲法より米国の要請が優先されるという現実を国民は見てしまいました。

マッカーサーの時代であれば、そんな事は 当然と誰しも思ったでしょうが、
戦争を知らない子供たちが年金世代になり、日米の関係は、孫の世代同士の関係で、
彼らが我々に勝った訳ではないし、我々が彼らに負けた訳ではないし、、

そもそも戦争のからくりがここまでバレて、勝者も敗者もなく、

ただ 金貸しの都合で起こされてきた戦争の 勝者の子孫に
いつまでもどや顔されていては堪らない
というのが 日本人の本音
で、それを沖縄が代弁してくれました


そのような中で、
どうやら彼らがずっと選挙をコントロールしてきた事がばれてしまった選挙が、
今回の衆院選だった
と思います。  




國周、三枚目、



「岩倉宗玄 恋募琴 いわくらそうげん れんぼのつまごと」より、
「宗玄 坂東彦三郎」 「同助 尾上梅幸」 「折琴姫 沢村田之助」です。



ロシアは辛抱強い、

◆http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/649.html
投稿者: あっしら 日時: 2014 年 12 月 17 日 Mo7ApAlflbQ6s
ロシアルーブル急落、最安値更新 利上げ効果限定的:
 ソ連崩壊やデフォルト騒動の要因と類似の様相:

 ロシア経済に対する打撃は?



http://www.nikkei.com/content/pic/20141216/
 96958A9E93819591E3E49AE29B8DE3E4E3E0E0E2E3E69F9FE2E2E2E2-
 DSXMZO8096048016122014MM0001-PN1-3.jpg


原油や通貨ルーブルの価額低落傾向といえば、
アフガニスタン軍事介入・チェルノブイリ原発事故と並んで
ソ連崩壊の経済的条件となった80年代後半の原油安
(それまで1バレル=30ドル台だった価格が20ドル割れ)や
プーチン氏が台頭するきっかけにもなった90年代後半のロシア財政通貨危機を思い出す。

資源輸出依存国家であるソ連・ロシアの衰退史でもある
原油安→財政危機→ルーブル安→ハイパーインフレという悪循環は、
ソ連崩壊という大混乱期をまたぐかたちで、
80年後半から2000年まで15年ほど続いた。

そして、この過程で莫大な利益を上げながら富を集中させていった連中が
オリガルヒと呼ばれる新興成金である。

高インフレで価値が急速に劣化するルーブルを手にするしかなかった一般国民は、
困窮の度を深め、ソ連崩壊で分け与えられた国有資産分割の証券を
二束三文で売り渡さざるを得なくなったからである。

当時ロシアでは、商売の才覚があり まとまった外貨を入手できる人であれば、
労することなく巨大企業(資源やアルミなど安い資源に支えられた産業)を
自分のものにすることができたのである。

このような経済的脆弱性からロシアが脱却できた要因は、
脆弱化要因のそのままの裏返しで、
2000年に入り原油を中心とした資源価格が上昇を始めたことによる


原油が1バレル=50ドルを超え
ときに100ドルを超えることもあった05年から今年6月まで、
ロシアは我が世の春を謳歌したと言える。

軍需以外の産業化が立ち後れているロシアは、今なお決定的な資源依存国家である

なお、プーチン政権は、現在のような状況に陥ることを見越し、
資源価格が高値の時代に稼いだ外貨を基金として積み立てている


このため、一般国民の生活は苦しくなるが、
国家運営が短期間でおかしくなるということはない


また、財政を支えている資源輸出は基本的にドル建てなので、
ドル建て価格そのものの下落は歳入減少につながる大きな痛手ではあるが、
ルーブルの下落が歳入に響くわけではない。

ロシアの輸出品目の中心が原油やガスなど炭化水素資源と軍需関連なので、
ルーブルの下落は巧妙に活かせば価格競争力要因となる。

何より、一般市場よりずっと安い単価になるとしても、
中国に対する長期契約で大量のガスと原油を輸出できることが大きな支えになる。

『中国への輸出ルートになる東シベリアパイプラインが稼働を始めたので
 コストも軽減される。 東シベリアパイプラインだけで
 年間4億3千万バレル・日量118万バレル(中国全輸入量のおよそ20%)輸出される』

ルーブル安でもっとも大きな打撃を受けるのは、
ドル建てやユーロ建てで借り入れを行っている個人や企業(内需型)である。

ルーブルの政策金利が今年初めでも6%ほどと高金利のため、
ロシアでは住宅ローンなど個人の借り入れを比較的低金利のドル建てで行う人が少なくない。

勤労所得者や年金生活者は、その所得がインフレに追いつかないため、
生活の困窮度が深まっていくことになる


原油価格が6ヶ月間で半分になったにもかかわらず、
ロシアのガソリン価格(ルーブル表示)は下がっていない。

このような状況にプーチン大統領は激怒してせみたが、価格を下げるよう指示を出した。
しかし、ガソリン価格が下がらないのは、
原油価格の下落幅とルーブルの下落幅がほとんど変わらないことを考えれば、
経済論理にかなったものと言える。

プーチン政権は、高い支持率を背景に、その支持率をできるだけ落とさないよう、
財政基金を少しずつ取り崩しながら国民生活を維持していく政策をとることになるだろう


原油価格が1バレル=50ドルを割り込んだとしても、
30ドルを超える水準に保たれるのなら、中国への輸出増大という支えもあり、
ロシアが危機に陥ることはない
と考えている


ロシアの代表は、先月のOPEC会議で事前交渉の場にいた。

ロシアはOPECが減産に動かないことをいち早く知っていたわけである。

最大の輸入国であった米国でシェールオイル(ガス)の増産が進んでいることで、
輸出市場における供給過多は深刻になっている。

炭化水素資源の輸出を主要な財政源としているという意味で
共通の利害関係にあるロシアとOPECが
新たな“炭化水素資源輸出クラブ”を創設する可能性もあると思う。

財政を資源輸出に依存している産油国は、生産調整で価格維持を図るか
産出した炭化水素資源を付加価値が高い製品の生産・輸出に活用する
産業化の道を推し進めるしかない
と言える。


最後になったが、ルーブル安に悩むロシアは、日本企業が輸出を拡大する好機である

自国の通貨安が進んでいる日本とロシア、
日本は世界最強レベルの産業国家でロシアは世界屈指の資源国家である


ユーロ国家とは違い、
円安と消費税増税で 対露ドル建て輸出価格の引き下げ余地がある日本の企業は、
ロシアで市場シェアを拡大する大きなチャンスを手にしている



以下ご参照!


◆http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_16/281348922/
ロシアの声 12月 16日 ,
東横イン」、ハバロフスクで開業計画


日本のホテルチェーン「東横イン」が
ハバロフスク地方行政府と会談し、同地方での開業の可能性を検討した


「東横イン」はハバロフスク地方に数軒のホテル建設を計画。
実現すれば、同地方初の外資ホテルが誕生する

「東横イン」側の目論見では第1号店はハバロフスク空港にオープン。
リアノーボスチ通信が報じた。

これがうまく運べば、「東横イン」はロシア連邦内に
30-40のホテル開業へと動き出す。

ハバロフスク地方行政は、空港付近では旅行者数の増大とともに
ホテル開業へのニーズが高まったと説明。

ホテルができれば、乗り換えの客も収容できる。

行政側は大型投資家の市場参入でホテル事業の競争も高まり、
サービスの質向上も狙えるとの公算。

「東横イン」は日本以外には韓国にホテルを開業させている。
ホテルの等級はエコノミー級。あわせて250の施設を保有する。




北海道の「地場産業」はロシア進出意欲が旺盛ですw

ロシアの本音は「日本大歓迎」だと思う。

彼らは決して支那は好きではないし、内心では警戒しておる。

そもそも「支那経済」が破綻要因満載なのをよーく知っておるはず。

対ユダ米、という一点で手を、取り合へず結んでおるということで、信用はしていない。

支那にはパクリしかないわけで、新規考案は皆無、日本はありまくりw

どちらが資源依存経済からの脱却の助っ人になるか、明白ですよ。

領土問題解決の好機到来ですな、来年、大きな動きがあるかも?

期待したい。


コメント