ギャラリー酔いどれ

売れない絵描きの世迷い言&作品紹介

蝦夷櫻Ⅴ

2015-04-30 10:59:07 | Weblog
 画は 歌川 國芳 (くによし)

 寛政九年(1797)~ 文久元年(1861)

 号は一勇齋、朝櫻楼など                作


  「古今ひなの段幕 じだいせわ ひなのだんまく」より、

  「高の師直」 「斧 定九郎」 「早野勘平」です。


☆曇。

四月もはや終わり、早いものです。

まづは、背乗りが、

◆https://twitter.com/tokaiamada
東海アマ                 より抜粋、


#amaちゃんだ @tokaiamada · 3時間前

安倍首相の米議会演説、安保関連法案を夏までに成立させると宣言!

大戦の謝罪には触れず!「大戦、痛切に反省」

☆http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6328.html

大きなルビで埋め尽くされた原稿だろうね  草稿を書いた人物は誰?


#amaちゃんだ @tokaiamada · 3時間前

安倍晋三外患誘致

『外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する』

を知っているか」

☆http://sun.ap.teacup.com/souun/17235.html#readmore

米国の戦争に加担すれば、「敵」の反撃が当然日本にも向けられる。

その明白な危険を承知の上で米国の戦争に加担することは、

日本に対する攻撃を「誘致」し、国民を危険に曝す。



#amaちゃんだ @tokaiamada · 3時間前

安倍晋三は、満州族の末裔、秦氏、天皇家の女真族ではない

今の韓国人と同じ渤海=オロッコのエベンキ族である

☆http://japanese.joins.com/article/386/80386.html
安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」


#amaちゃんだ ‏@tokaiamada

みんな安倍晋三が突如、ファッシスト政権として登場した
ように勘違いしてる人が多いけど、
日本会議=統一教会
今のような日本政府作るために活動を始めたのは、
岸信介が50年前、南平台自宅脇に統一教会日本支部を誘致してからだ
中曽根政権になってCIAの作った清和会が原理研を政府に入れた


#amaちゃんだ ‏@tokaiamada

半世紀前、今の統一教会=日本会議は国際勝共連合という名で、
中軸にはもちろん笹川良一・児玉誉士夫がいて、
バックは正力松太郎・岸信介だった

なぜ韓国宗教?

朝鮮総督府時代、現地両班階級で日本戸籍を買った官僚たちが
移住して自民党政権に加わっていたから
児玉誉士夫や小泉純也がそう




◆http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-65f4.html
マスコミに載らない海外記事  2015年4月29日 (水)
欧米世界を支配する狂気


☆http://www.paulcraigroberts.org/2015/04/27/
 insanity-grips-western-world-paul-craig-roberts/

Paul Craig Roberts  2015年4月27日


カール・マルクスが、歴史はプロレタリアートを選んだと主張したのと同様、
歴史はアメリカを選んだとネオコンは主張している。

ナチスが“ドイチェランド・イーバー・アレス(世界に冠たるドイツ)”と
主張していたのと同様、

ネオコンは“アメリカ・イーバー・アレス(世界に冠たるアメリカ)”と主張している。

2013年9月、オバマ大統領は、国連の前に立って宣言した

私はアメリカは例外的だと考えている。”

ドイツの政治指導者達や、イギリス、フランスや、ヨーロッパ中の、
そしてカナダ、オーストラリアや
日本の政治指導者達も、
アメリカは例外的で、つまり自分達より優れていると考えている


これが、こうした国々がワシントンの属国でいる理由だ。

彼らは、例外的な国、アメリカより劣っていることを受けいれているので -
指導に従うのだ。

中国が、少数の白人が、連中のちっぽけな人口以外の何かで
例外的だと考えている可能性はない。
アジア、アフリカと、南米の人口からすれば、
ワシントンの帝国を構成する国々の人口はわずかなものだ。

ロシア人もアメリカが例外的だとは思っていない。

プーチンはアメリカ優位というオバマの主張にこう答えた。

“神は、アメリカを平等に創られた。”

プーチンはこうも言った

動機は何であれ、人々が自らを例外的だと考えるのを奨励するのは極めて危険だ。”



もし全ての国々が例外的であれば、この単語は意味を失う。
もしアメリカが例外的なのであれば、それは、
この選定から外れた他の国々は劣っていることを意味する


劣っている国々の権利はより小さく、いじめられて服従させられたり、
爆撃されて忘却のかなたへ追いやられたりするのだ。

例外的な国は、他の全ての国々を超越し、それゆえ、
他の国々をどう扱うかなど全く気にする必要がないのだ。

21世紀、8ヶ国での ワシントンの戦争で、何百万人もの人々が殺害され、
肢体不自由にさせられ、強制退去させられているのに、
ワシントン非難という結果に至っていないのだから、アメリカとその属国諸国は、
アメリカは例外的と考えているのは明らかだ。

メルケル、オランド、キャメロンや、カナダ、オーストラリアや日本の傀儡連中は
ワシントンにしっかりしがみついて、依然ごまをすっている



一方、アメリカとは違って、軍事的に侵略的でない国々であるロシアとイランが、
白人マスコミによって、脅威として描き出され、非難される。

2014年2月以来、白人マスコミは、ウクライナにはロシア戦車と軍隊がいると主張しており、
そう主張し続けてきた。もしこれが本当であれば、キエフと西ウクライナは昨年早々、
ロシア侵略で陥落していただろうとプーチンは指摘した。

東と南ウクライナの離脱したちっぽけな共和国さえ 打ち破れずにいるキエフに
ロシア軍に対する勝ち目などありえない。

最近、勇敢な報道機関が、ロシア戦車が、14ヶ月間、
ウクライナに押し寄せているという白人マスコミの主張を笑い物にした。

パロディーは動きを止めたウクライナを描いていた。

あらゆる道路や住宅街の通りの交通はロシア戦車で封鎖されている。
全ての駐車場、歩道も人々の前庭も後庭も、戦車が山積みになっている。
国中が交通渋滞で動けなくなっている。

白人マスコミを信じ込む騙されやすい連中をからかって愉しむ連中は
ごくわずかだとはいえ、地球上の生命に関しては、状況は深刻だ。

ワシントンとその属国が、地球上の生命に配慮しているという兆しはほとんどない

最近、欧州議会最大の政党、欧州人民党が、地球上の生命について、
騎士道精神的意見を述べた。
我々が、オンラインEUニュース源であるEuractiveを信じるなら、
EUの多数派政党は、EUは核戦争の用意ができていると宣言することが、
ロシアの更なる侵略を阻止する為の最善の手段の一つだと考えているという記事がある。

☆http://www.unian.info/politics/
 1070675-meps-believe-eu-should-be-ready-for-nuclear-war.html

アルマゲドンの用意が出来ていることをヨーロッパが宣言して、
止めるべき侵略とは、ウクライナへのロシア侵略とされるものであり、
“更なる侵略”とは、ソ連帝国再建というプーチンの意図とされるもののことだ。

欧州連合の指導者達が、ワシントンのプロパガンダに異議を申し立てるのではなく、
核戦争を是認する方を選ぶ
様子に、ロシア政府は失望したに違いない。

欧州議会の与党が、核戦争の用意が出来ていることを宣言して、
ありもしない侵略を止めねばならないと考えているという記事を読んだ際、
お金で、ありとあらゆるものを、地球上の生命すらも、買うことができることを悟った。

欧州人民党は、ヨーロッパの代表としてではなく、
ワシントンのプロパガンダの代表として語っているのだ。

ヨーロッパのロシアとの核戦争は、
ヨーロッパのあらゆる首都の破壊で瞬時にして終わるだろう


欧州人民党の狂った副党首、ヤツェク・サリウシ・ヴォリスキー
ロシアと話し合って、説得する時間は過ぎた。今や強硬策の時だ。”と宣言して、
誰が本当の侵略者なのか明らかにした。

明らかに、欧州議会は、地球上の生命にとって、重大な危機だ。

ロシアが、ワシントンの囲い者に身をやつすと考えるのは、一体現実的だろうか?




國芳、二枚目、



「恵閏初夏藤 おめぐみにうるおいわふじ」より、
「局 岩藤]  「中山」 「岩藤召仕おちよ」です。



ユダ米の断末魔の焦燥・悪足掻きが凄まじいですな、

さっさと破綻してくれれば、集団安保もTPPもなくなるわなぁ、

◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51957788.html
日本や世界や宇宙の動向 2015年04月29日
JPモルガン・チェースの怪しい動き


アメリカのJPモルガン・チェースに2つの怪しい動きがあります。

それは。。。

特にここ2週間で大量の銀を購入したということと、

顧客に現金を使うのを制限している
ということです。

いよいよ、米ドル崩壊の準備をしているのでしょうか。
アメリカの経済も崩壊してしまうのでしょうか。

アメリカだけでなく、中国、EU経済も同時に崩壊し
世界金融システムも崩壊することになるのでしょうか。

米ドルが崩壊しても、いんちき中国元は世界準備通貨の地位を得るとは思えません。
それとも不正を働きながら、あと1、2年はもたせようとするのでしょうか。

安倍総理が訪米したのもこれと何か関係があるのでしょうか。

ただ、日本のマスコミは安倍総理の訪米を大々的に報じていますが、
アメリカではあまり取り上げられていないと思います。
アメリカはそれどころではないでしょうから。

ニューヨークタイムズ紙などは中国政府の言う通りの反日記事しか流していませんから、
中国、韓国の反日プロパガンダに利用されてしまうのでは。。
と思ってしまいます。

☆http://beforeitsnews.com/gold-and-precious-metals/2015/04/
 something-is-seriously-wrong-why-is-jp-morgan-accumulating-
 the-biggest-stockpile-of-physical-silver-in-history-2640164.html

(概要)

4月27日付け:

一体なぜJPモルガンは5500万オンス以上もの銀(フィジカル・シルバー)
を購入したのでしょうか。

2012年以降、JPモルガンは銀保有高を500万オンス以下から
5500万オンス以上にまで増やしました。

これは、明らかにJPモルガンが投資の対象として
銀の価値を重要視しているからでしょう。

しかし最近、銀の価格(1オンス$15.66)がかなり下がっていますから
今の時点ではJPモルガンは銀に投資しても利益を得ていません。

しかし、金融危機が起こるとJPモルガンは銀でかなりの利益を得ることになります。

金融危機が起こると投資家は金や銀(フィジカルゴールドとフィジカルシルバー)
市場にどっと流れ込みます


つい最近、JPモルガンチェースのCEOのジェイミー・ダイモン氏は
株主らに文書で金融危機が再び起こることを警告
しました。

ダイモン氏ははっきりと株主らに言うべきことを伝えました。

もしダイモン氏が再び金融危機が起こると考えているなら、
様々な種類の貴金属を大量に購入するということは理にかなっています。

現在、特に銀はいくつかの理由でかなり安くなっていますから買い時です。。。

JPモルガンは2、3年前から銀を買いあさっています。 これは前代未聞です。

何しろ、この2週間だけで800万オンスもの銀を追加購入しています。

以下の表はJPモルガンの銀保有高の推移を示しています。

▼http://www.globalresearch.ca/wp-content/uploads/2015/04/
 JP-Morgan-Silver-425x3211.jpg

JPモルガンは我々が知らない何か重大な事を知っているのでしょうか。

JPモルガンは他にも奇妙な方針を打ち出しています。

それは。。。

一部の地域(市場)で現金を使うのを制限したのです。
また、貸金庫に現金を保管するのを禁止しました


しかしJPモルガンのこのような方針転換は一般的には殆ど知られていません。

3月に、Jpモルガンは特定の市場(広域クリーブランドを含む)で
現金を使用するのを制限しはじめました。

つまり、借り主(顧客)が現金で、
クレジットカード、住宅ローン、株、自動車ローンの支払を行うのを制限するということです。
さらに貸金庫にも現金を保管するのを禁止したのです。

一体なぜこのようなことを決定したのでしょうか。

なぜJPモルガンは現金の使用に消極的になったのでしょうか。

たぶん、水面下では大きな動きがあるのだと思います。
我々が知らないだけなのです。

JPモルガン・チェースはToo Big to Failの米六大銀行の1つです。
JPモルガンチェースが管理する総資産はイギリスのGDPに匹敵します。
この金融機関は巨大な特権を持っており米政府と深い結びつきがあります。

JPモルガン・チェースは差し迫る経済危機を不安視しているのでしょうか。
もう経済危機が起きてもおかしくない時期にきています

JPモルガン・チェースは最悪のシナリオを予想して準備をしているのだと思います。

▼http://www.globalresearch.ca/wp-content/uploads/2015/04/
 7.5-Year-Itch-425x222.jpg



國芳、三枚目、



「源氏雲浮世画合」 「十一」 「花散里」 「加藤重氏」

花散里:

   橘の香をなつかしみほととぎす

      花散る里をたづねてぞとふ



「アホノミクス」、

◆http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159319
日刊ゲンダイ 2015年4月27日
エコノミスト浜矩子氏が看破するチーム・アベの欺瞞


☆日銀がやっているのは金融政策の名に値しない


マネタリーベースを2年間で2倍に増加させ、2%の物価上昇を実現する――

日銀の黒田総裁が打ち出した異次元の金融緩和も、この4月で3年目に突入した。

本人は「所期の効果を発揮している」と強気だが、
肝心の物価はさっぱり上がってこない。

果たして黒田バズーカは日本経済に何をもたらしたのか。

アベノミクスはアホノミクスと警鐘を鳴らし続けてきた、この人に聞いた。


――黒田総裁が就任して2年が過ぎました。
  この間、日銀は何をやってきたのでしょうか。

日銀が「チーム・アベ」の一員としてやってきたのは、

国債の買い支えと 株価の押し上げ、それと円安誘導ですね。

突き詰めれば、この3つのために、大量の資金を市場に流し込んできたわけです。

――それは中央銀行の仕事なのでしょうか。

中央銀行の存立意義は、通貨価値の安定と、
それをベースにした経済活動の安定を維持すること
にあります。

ところが黒田さんは、むしろ通貨価値を不安定にしてきた

日銀は、ETFの購入などを通じ、リスク資産である株式の保有高を大きくしています。
今やジャンクボンド並みにリスクが大きい日本国債もじゃんじゃん買い上げている。

財務体質は悪化するばかりです。

そんな状態でありながら、通貨価値の番人として機能し続けようとするのは、大きな矛盾。

自国通貨を安く誘導していくのも、中央銀行の政策として考えられません

いずれにしても金融政策の名に値しないことをやっていますね。


――そうなると、黒田日銀は何をしたいのか、ますます分からなくなります。

市場にカネを流し込むことで資産インフレ=バブル状態をつくり出し、
デフレから脱却しているかのごとき雰囲気を醸し出したい
のでしょう


容易に熱くなるところを熱くして浮かれ気分をつくり出すシナリオです。

その一方で、国債の値崩れ防止も図る。

さらには円安誘導によって、時代錯誤的な輸出主導型の経済成長を図り、点数を稼ぐ

まあ、そういうところを狙っているわけです。


■トリクルダウンは目くらまし

――平均株価は2万円を回復しました。
  シナリオ通りに進んでいるということですか。

まったくそうはなっていないでしょう。2万円になっても、
チーム・アベが願っているような浮かれ気分は醸成されていません。

安倍政権が発足した時、株価は9000円台からガンと上がりました。
一部の人々は「この先もどんどん行くのではないか」と若干舞い上がりましたが、
上昇基調は半年も続かなかった。

2013年5月には1万6000円の手前で足踏み状態となり、天井に達したのです。
それで「せめて2万円を超えさせねば」となり、
日銀もGPIFも株を買い込んだ。

そうやって、何とか達成した2万円だから世の中はシラケていて、
2万円? だから?という感じ。

どの世論調査を見ても、景気回復の実感がない人は7割を超えているし、
実質賃金は下がる一方
です。

機械受注も2月は再びマイナスに転じ、GDPもパッとしません。

何一つとして思惑通りになっていません。


☆2%のインフレ達成で日本国債は大暴落

――果たして彼らは、本気で経済を立て直そうとしているのでしょうか。

チーム・アベは日本経済をうまく回るようにしたいなんて考えていませんよ。

目指しているのは富国強兵路線です。

アホノミクスによって、強いものをより強く、大きいものをより大きくする。
大手企業の収益が改善し、勝ち組の勝利度がさらに高まればいいのです。

それが富国の部分であり、あとは憲法改正で強兵を確実なものにして、
大日本帝国を取り戻すという筋書き。

大企業の収益が改善すれば、コップにいっぱいになった水が滴り落ちるように
中小企業にも恩恵が行き渡り……とか言って トリクルダウン理論 を持ち出しているのは、
オマケというかアリバイ。

そんなふうになると思ってもいないし、目指してもいないくせに、
あたかも好循環が生まれ、みんなが幸せになるかのような幻想を振りまいている
のです。


――ただ、同じような量的緩和政策は、世界中の中央銀行が行っています。
  みんなでマヤカシをやっているのですか。

確かにマヤカシをやっていますが、日銀と違って罪の意識や忸怩たる思いがある

たとえばECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁は「ユーロ」を潰すわけにはいかない
と強調しています。ユーロ消滅の事態を回避するために何でもやるんだと吐露し、
不本意ながら中央銀行道から大きく逸脱したことをやらなければならない状況にある
と説明してきました。FRB(米連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長も、
相当にむちゃなことをやっていると分かっていた。

そういうバンカーとして当然の思いを全部すっ飛ばし、
喜々としてやっているのが日銀です。

大日本帝国を取り戻すという富国強兵路線も、日銀固有の魂胆。

時代錯誤の野望のために量的緩和をやっているなんて、日本だけですよ。


――2%の物価上昇を目指しているというのもウソですか。

実はそこが大きな問題であって、何らかの数字の成り行きで2%を達成しちゃったら、
その時点で日銀は異次元の緩和をやめなければならないわけです。

彼らは「財政ファイナンスではありません」
「国債の買い支えではありません」と世界に向けて発信してきた。

それなのに2%になってもやめなければ、真っ赤なウソだったとバレてしまう。
すごく困るんだろうなと思いますね。
緩和をやめれば、日銀という買い手を失う国債は暴落します。

だからといってやめなければ、だれも日銀の言うことを相手にしなくなる。
日本のクレディビリティー(信頼性。確実性。)は失われ、
結局、暴落することになるでしょうね。


――国民生活はグチャグチャですね。
  そんな火遊びを平気でやるチーム・アベにモラルはないのでしょうか。

黒田さんは本質的に邪悪な人ではないのかもしれません。
でも、こんなことをしていいのか、という倫理観は一切持ち合わせていない。
アホノミクスの一角を占める人たちに与えられた役割を
実務的にこなしているという印象です。

経済学の生みの親であるアダム・スミスは、
経済活動とは共感性を持っている人たちによる営みであるとイメージしました。

もらい泣きができる人、他人の痛みを我が痛みと感じられる人、
どこかに惨めな人がいたら自分も惨めな気持ちになる人……。

そんな感受性を持っている人間が行うのが経済活動であると規定したのです。

だとすれば、経済を学ぶ者は人間の痛みを感じ取るセンスが必要だし、
経済政策を考える場合、
人々が直面している格差や不平等の問題を議論するのも当たり前です。

ところが、チーム・アベは、それをセンチメンタリズムと捉え、
科学ではないという観点から排除しようとする。
あまり知的レベルが高くないのだと思います。


■最後の手段は世界同時金融鎖国ぐらい

――そもそも量的緩和は景気回復につながるのですか。

あたかもエスタブリッシュされた斬新な政策であるがごとく議論されていますが、
量的緩和策は日本銀行が苦し紛れにやったものに過ぎません。

金利を段階的に下げてきて、もう下げられないという限界まで到達し、
それでもゼロを保つためには量で行くしかないとなった。

もっともらしい説明は、すべて後付けです。

何をもって成功とするかの基準もありませんが、
少なくともゼロに張り付いていた金利が、経済の実態に応じて動くレベルに戻らないとダメ。

量的緩和策は、それをやめられた時に初めて「成功した」といえるでしょう。

ただ、いまだにどこもやめられていない。

もっとも近づいているように見える米国でも「出口」は動く標的です。

手を伸ばせば届きそうだと思ったら、ドアノブがひゃっと遠くに行っちゃうイメージ。

一度始めるとなかなかやめられないし、現実はさらに先を行っていて、
今やマイナス金利がテーマになっている。

実に異様な世界にまで足を踏み入れてしまっているのです。


――正常な状態に戻す策はあるのでしょうか。

考えられるのは、世界の主要国が同時に鎖国することぐらいですかね。

資本の流出入を規制すれば、より高い金利を求めたマネーが新興国に流れたりしなくなる。

もちろん、非常に危険なやり方です。

ハイパーインフレを引き起こすリスクも高い。

でも、同時に金融鎖国して金利をワッと上げるぐらいの協調ができなければ、
人類は一巻の終わりかもしれない。

そんなドン詰まりのところまで来ているんじゃないか
と思います。


▽はま・のりこ 1952年、東京生まれ。一橋大経済学部卒業後、
 三菱総研に入社し英国駐在員事務所長、主席研究員を経て、2002年から現職。
 「2015年日本経済景気大失速の年になる!」(東洋経済新報社、共著)、
 「国民なき経済成長」(角川新書)など著書多数。



花は散るし、壺三も散り際だね、長いことなかろうよw

稀代の売国奴・小泉以上の売国ぶりだ、戦後最悪の政権だろうな。


 
コメント

蝦夷櫻Ⅳ

2015-04-29 11:01:13 | Weblog
 画は 歌川 國貞 (三代豊國)

 天明6年(1786年) ~ 元治元年(1865年)

 号は、香蝶楼・一雄齋・五渡亭など                 作


  「勢獅子劇場花かご・ きおいじし かぶきのはなかご」より、

  「大磯芸者おひさ」 「大磯芸者梅吉」です。


☆曇。

昨日午後から、少し遠出して櫻の名所に行ってきました。

満開の散り始め、といったところで、例年より、一週間以上早い。

人出も多く、支那人(台湾からの直行便がある)がずいぶん来ていました。

画像、来月UP致しますw


まずは、ユダ米はボルティモア暴動報道ばかりで、壺三は無視w

奴らは日本はタダのATMとしか見ておらん、ということです。

戦争狂どもと勝手に談合しやがって、売国ど阿呆が、

◆http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/1700---0-4c80.html
マスコミに載らない海外記事 2015年4月28日 (火)
ロシア 1,700 - アメリカ 0:  イエメンから避難させた外国人の人数


☆http://sjlendman.blogspot.jp/2015/04/
 russia-1700-america-zero-number-of.html

Stephen Lendman  2015年4月25日


交戦地帯の地獄に閉じ込められた絶望的な状態の外国人を救出するのに
全力を尽くす国を皆様はどうお呼びになるだろう。

いかなる基準から見ても、英雄的であっぱれだ!

自ら計画し、汚れ仕事をさせるのに
代理の人殺しを利用して 実施している侵略戦争
閉じ込められた自国民を救出することを拒否している国を
皆様はどうお呼びになるだろう。

平和に対する究極の大罪だ!

人間の暮らしと福祉への軽蔑!  冷酷なならず者国家!



四月早々、国務省はこう述べた。

“アメリカ政府は、現時点でアメリカ国民の組織的避難という計画はない。”

“(イエメン)を出国したいアメリカ国民は、それが利用できるようになった時点で、
民間運輸機関という選択肢で、出国するべきだ。”

言い換えれば、不運だ。  自己責任だ。

生きようが死のうが知ったことではない



戦闘が続いている最中の危険にかかわらず、ロシアは、
無数の国籍の人々を、空路と海路で避難させることを継続している


外務省のアレクサンドル・ルカシェビッチ報道官は、
3月31日から4月22日までの間に、400人以上のロシア人と、
アメリカを含む約20ヶ国のおよそ1,300人の外国人を避難させたと述べた。

ロシアは必要な限り救出作業を継続する予定だと、
ルカシェビッチ報道官は説明した。

3~4,000人のアメリカ人を含む、何千人もの足止めされた外国人達が
出国の手助けを必要としている。

最も必要な時に、ロシアは出来る限りのことをしようとしている



絶望的な状態のアメリカ国民を、アメリカが命じ/サウジアラビアが率いる
テロ爆撃による危険にさらされたままにして、ワシントンは自国民を放棄したのだ。

国務省広報担当マリー・ハーフはウソをついた。

その一方で、なぜアメリカ国民が救援されないのかについての説明を拒否した。

彼らは、ワシントンがテロリスト扱いしている国民、イエメン人だからだ。

彼らはアラブ人で、特権のあるアングロ・サクソンではないからだ


その一方、彼女は主張した。

“我々は何週間も協力している … アメリカ国民を脱出させる手段をもっている
他の国々、他の組織と話し合っている。”

“我々は他の国々と協力しているが、現時点では、
アメリカ政府の資産を用いてそうする計画はない。”


事実: 世界で最も豊かな国が、閉じ込められて、
   危険な状態にある自国民を全く気にかけないのだ -
   オバマの最新の残虐行為だ。

事実: 国務省は彼らを救う為に何もしなかった。
   彼らのために誰とも連絡しなかった。

事実: 役立つ情報は提供しなかった。
   無防備なアメリカ国民を不幸な状況に放置した。

事実: ワシントンは、出国したがっているアメリカ国民全員を、
   飛行機なり、船なりで、最大数日の間に、
   容易に避難させることができるはずだ。

事実: 誰も危険な状況にならないいよう、
   あらゆるテロ爆撃を止められるはずなのだ。

事実: オバマは何百人もの人々を殺害し、
   負傷させている最新の侵略を終わらせることが出来るはずなのだ。

事実: 彼は平和を遺憾に思っている。 彼は戦争を続けたいのだ。
   彼の犯罪経歴上の更なる果てしない侵略を。


仕事はまだ終わっていないと彼は述べた。

更に数千人のイエメン人が冷酷に虐殺されるまでは。

国が丸ごと破壊されるまでは



RT(RussiaToday)インターナショナルは、

ロシアがイエメンから避難させた20人のアメリカ人と話した。

彼らは、国務省は一番必要な時に、一切支援をしなかったと述べた。

ワシントンが提供を拒否した支援を求めて、他国政府に連絡するしかなかった。


ムハンマド・ナセルは言った。

“従兄弟がアメリカから連絡してきました。
彼はロシアと連絡をしてから、我々に連絡をしたきたのです。”

“昨日はじめて、これを知りました。村から出ました。5時間ドライブしました。”

“橋を渡りました。20分後に、ミサイルがその橋に命中しました。”


イスマイル・アラファシはこう語った。

“うまく脱出できませんでした。待たなければなりませんでした。
サナア発の飛行機を見つけるのに一週間かかりました。”

“航空会社、国連、ロシア大使館。アメリカに電話をかけ始めました。
彼らはアメリカに電子メールを送り続けるだけでした。
彼らは基本的に、自分で何とかしてくださいというのでした。”


カレド・アラマリーはこう語った。

“最近まで本当に誰も助けてくれませんでした。
コミュニティーの仲間の一人が、ロシアの飛行機が、
アメリカ国民を避難させていると教えてくれました。幸運でした。”


国務省によれば、被害者達は、
オバマの最新の侵略戦争に責めを負わせるべきなのだ。

もし殺害されたり、何らかの形で危害を加えられたりした場合、それは自己責任だ。

ワシントンは、それを民主主義構築と呼んでいる。

国際法では、それを、むき出しの侵略という。

平和に対する究極の大罪




國貞、二枚目、



「絹川谷蔵」 「三婦妹 累」です。




ネットゲリラが紹介の、自称・軍学者、

◆http://sorceress.raindrop.jp/blog/2015/04/#a001477
兵頭二十八の放送形式 2015年04月27日
AIIBは、中共大失業時代を前にした赤字国債の代用品である


より抜粋、

今から20年後の中共は「乞食国家」、
そして「借金総額世界一超大国」になっているだろう。

その入口が「AIIB」である


AIIB」は「国家乞食」を可能にするスキームだ。

おそらくこれを考えてやったのは、日本人だろう


「失われた20年」の経験者が、マスコミにはかぎつけられないように、
中共のポリシーメイカーに直接、アドバイスを与えている。

中共の内部でも外部でも、同国経済がマイナス成長に入ったと
専門家たちは認めている

認めていないのは「中共版スペツナズ」の細胞にされている
日本のマスコミとそのエージェントの発言者たちだけである。

道路やアパートなどのインフラがロクに無かった国が、
そのインフラの建設事業に投資すれば、
失業者はすべて吸収され、GDPは爆あがりする。敗戦後の日本がそうだった。

しかし日本の1990年代がその先行モデルであるように、
インフラ土建内需に頼った経済成長は、 やがて、止まる
(ジャパン・シンドローム)。

そして政府はとつぜんに気付く。

ひきつづいてこの土建工事需要をむりにもつくりださないとすれば、
インフラ業界で吸収雇用してきた労働者が、ぜんぶ失業者になってしまう、と。

シナではもし大量失業時代がやってきたら、選挙が無いので、
政体そのものが攻撃されて崩壊するしかない


それは、共産党幹部の「死刑」「財産没収」ラッシュを意味する。

これに気付いた政府はカネを借りまくって
インフラ土建事業に突っ込み続けるしかない。

だが、中共は赤字国債は発行できない。

それはもともと低い元の信用を終焉させるからだ。

もちろん、輪転機で札を爆刷り というオプションも初めから無かった。

そこで中共にいろいろ投資している日本人が入れ知恵をしてやった。

「AIIBをつくったら、どうですか?」と。

元を印刷するのではなく、外国から投資の名目で外貨を借りあげ
それをパキスタンの港湾からシナ東海岸まで直結する
各種パイプライン/貨物鉄道/道路の建設に突っ込む。

(ビルマの港も有力候補であったが、インド等がまきかえして
麺支国境紛争となっているので、これはパキスタンの次に
AIIBを前面に立てて長期案件工作を仕切りなおさせる。)

さすれば、名目は投資運用であって 政府借金ではないから、
元の信用を低落させずに、失業救済が可能になる


もちろんシナ政府は、AIIBには資金を出さない。

出したという声明だけを出す。そして、投資も永久に回収できなくてかまわない。

さいしょから、儲けは目的ではない
のだ


外国のカネで、シナ国内の失業増加を防ぐことが、

彼らにとっては生きるか死ぬかの大課題
である。

赤字は粛々とAIIBに負わせるのみ

北京政府が赤字国債を発行せずに、事実上の建設国債を刷りまくり、
しかも、その国債の償還すら、今から、する気はないのである。

これは「国家乞食」になることである。

そうでありながら、あくまで「乞食ではない」という面子を保てるという具合。

この仕組みを考えた者は天才ではないか?

日本では、「うしなわれた20年」の不況に直面して怒った有権者は、
選挙を通じて、不況招来や経済的無策に責任がある政権の議席を減らし、
何か改善策をもっていそうな政党の議席を増やし、民主主義ルールは機能し続けた。

しかし中共文化に「選挙」の二文字は無いので、
中共幹部としては、「死刑」「九族誅戮」を避けるためには、
もはやナリフリかまっていられないのである。

拙著『こんなに弱い中国人民解放軍』でも書いたように、習近平もあやつり人形だ。
それをあやつっている、とてつもなく頭のいい蔭のグループの命ずるまま、
必死の「改革」「粛清」演出を続行するしかないのだ。

(以上を書くのにストライジーペイジの「China: Literally A Matter Of Life Or Death」
という2015-4-26記事を参考にした。同記事は、
日本がAIIBに参加済みだと平気で書いていることを見ても分るように、
リテラシーの無い者が引用するのは危険である。)



政治家は「おもちゃのドローン登録制」案を持ってきた
 役人の名前を覚えておくこと。そいつは、人のためにならないやつだ。
 2015年04月24日

  AIIBを考えたのは誰か? それは習近平じゃないよね?
  数十年前から(つまり習近平や胡錦涛などよりもずっと前から)、
  ああいうのを考え続けているのが、中共の真の参謀本部なのである。
  そやつらが中共の政策メーカーなのである。
  それは「個人」ではありえないので、
  わたしは便宜的に「中共のスペツナズ」と仮称している。

  おそらくその誰も、表面には出ていない。アンダーグウランドに徹している。
  これがソ連ゆずりの「スペツナズ」の特徴である。
  スペツナズは本籍はであり、党ではない
  しかし肉体で勝負しない。頭脳と宣伝工作で勝負する。

  対米国議会工作に長年専従している人脈を丹念に追いかければ、
  その片鱗はとらえられるかもしれない。

  いまのところは、想像するしかないので、そんな想像を詳しく知りたい人は、
  講談社プラスアルファ新書の『こんなに弱い中国人民解放軍』を読みましょう。
  増刷のおかげで、地方の書店にも並ぶようになっています。

  中共軍はフィジカルには弱い。兵站基盤も脆い。
  しかし中共は世界を相手に勝負をし続けている。とりあえず、負けていない。
  理由は、とびきり頭のいいやつらが、表から見えないどこかに揃っていて、
  それが核心政策を組み立てているからである。
  そこは戦闘機とも軍艦ともぜんぜん関係のない世界。
  経済による国際権力闘争を考えられる連中である。
  戦前の石原莞爾の「参本・戦争指導課」が、シナには実現したのであろう。

  いま、「AIIB ヨイショ」を公言している日本人は、
  すでに中共版スペツナズの奴隷に志願しているのである。
  ISに飛び込もうとする若者と、あんまり違いはないわな。




國貞、三枚目、



「小姓たそかれ 坂東玉三郎」です。




昨日の拙記事関連で、

◆http://melma.com/backnumber_45206_6200208/
宮崎正弘の国際ニュース・早読み(長砂の世界一高層ビルも挫折)発行日:4/28


  長沙に世界一の高層ビル(838メートル)は夢まぼろしに終わった
    とうとう「予定通り」遠大集団は宣伝効果あったとして、建築を中止

****************************************

長沙の手前まで日本軍が進撃したとき蒋介石は長砂を焦土と化し、
これを「日本軍がやったこと」と宣伝しながら重慶へ逃げた。
長砂は焼け野原となった。

嘘はすぐにばれた。
その前にも花園堤防を切って「日本の空爆による」と逆宣伝したが、
大洪水の救援をしたのが日本軍だったことはすぐに知られるところとなった。

堤防の決壊による洪水で、下流域の農民など80万人から百万人が死んだ。

蒋介石の逃避行は上海から南京、武漢、長沙、そして重慶

もっとも毛沢東はもっと遠くに遠征し、
早々と陝西省の延安までにげて三年間、洞窟に隠れ住んだ


その共産党が、「抗日戦争勝利70年とかの軍事パレートを行うというのは
噴飯ものであり、おこがましい
のである。

図々しいにも程がある。

長砂は湖南省の省都。

この地域からは毛沢東、劉少奇、秋勤、そして朱容基ら、
暴れん坊で性格が大胆、野卑な人間を産む土地である。

さて、この長沙に世界一の高層ビル「ブルジュ・ハリファ」
(ドバイに聳え、828メートル)を10メートル越える
838メートルの「天空城」を造ろうと宣言したのは、遠大集団。
CEOは張跳。総工費90億元(邦貨換算1800億円)。

複合ビルとし、中学、高校、託児所、老人ホームも入れて、
四千世帯、三万人が暮らす空中都市とする。
なかには有機栽培の農園もつくると言った。

「中国の夢」を語ったのだ。

しかも三年か、四年かかる工事を七ヶ月でやってのけると豪語した。

壮大な都市計画はマグニチュード9の地震にも耐えられ、
風力も問題はなく、急速エレベータを工事する。

安全に問題はない、と遠大集団は主張していたが、
中国の建築専門家、天気予報士、地質学者らから疑問の声が渦巻いていた。


当局は、予想されたように計画に許可を与えなかった

「長沙当局は結局、安全性が保証されないとして
建築許可を発行しないことを正式に決めた」
(サウスチャイナ・モーニングポスト、4月27日)。

張跳はしょげもせず、替わりに遠大集団は
「19日間に57階建ての小天城」を建築した。

これはあらかじめ鉄筋を組み立てて、移動据え付け工事によるもので、
ともかく最速記録を打ち立てた。

ボーアオ会議に張跳・社長が出席し、
「まだあきらめたわけではない」と強気の姿勢を見せた。

しかし、この社長、
中国で初めて自家用飛行機を所有したことでも知られる売名家で、
もともとこの838メートルの高層ビルはアナウンス効果の
売名を狙ってのではないかという観測もしきりである。




まさに、「砂上の楼閣」ということ。

「脱米」&「排特亜」こそ、国益にかのう、安全と繁栄への大道。

強欲な白熊「ロシア」と組みましょう、

彼らは「反日」ではないし、レイシストでもない。

油断なく付き合へば互恵の関係を構築できます。



コメント

蝦夷櫻Ⅲ

2015-04-28 10:53:01 | Weblog
 画は 歌川 廣重 (安藤 廣重)  

 寛政9年(1797年) ~ 安政5年(1858年)  

 号は 一立齋(いちりゅうさい)               作


  「東都名所 上野 東叡山ノ圖」です。


☆曇。

道新のTOP記事ですが、阿呆らしさに頭がグラグラします、

落ち目の三度笠・老耄ヤクザになぜ貢ぐ?

◆http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0128119.html
北海道新聞  04/27
米軍支援、世界中で 日米、防衛指針改定で合意


日米両政府は27日午前(日本時間28日未明)、
ニューヨークで外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)を開き、
日米防衛協力指針(ガイドライン)の改定で最終合意した。

これに先立ち、安全保障関連法案に関する自民、公明両党の与党協議は27日、
ガイドライン改定に盛り込まれた対米支援を実施できるようにするため、
法案の主要条文について実質合意した。

ガイドラインと関連法案は、安倍政権が昨年7月に閣議決定した
集団的自衛権の行使容認を反映させたことが最大の柱。

戦後の安全保障政策の大きな転換となる。

訪米中の安倍晋三首相は28日、オバマ大統領とワシントンで会談し、
ガイドライン改定に基づいて日米同盟の強化を確認する。


集団的自衛権を反映

【ニューヨーク】

27日午前(日本時間同日夜)の日米外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)で
日米防衛協力指針(ガイドライン)が改定され、

これまで日本周辺に限って自衛隊が米軍を後方支援するとしてきた地理的制約をなくし
自衛隊が世界規模で軍事的な支援を行うことが可能になる


集団的自衛権の行使を容認した昨年7月の閣議決定を踏まえ、
5分野で米軍と自衛隊の役割を明記した。

ガイドライン改定は18年ぶり2度目。

2プラス2には日本側から岸田文雄外相と中谷元・防衛相、
米国側からケリー国務長官とカーター国防長官が出席した。

改定は、急速に軍事力を増強する中国などを念頭に
日米の安全保障協力を強めるとともに、テロなどの脅威が増す
世界の安定と平和に日米が主導的な役割を果たすことに主眼を置いた。

これまでのガイドラインでは、

《1》平時《2》有事《3》周辺事態―の3分野で
米軍への協力内容を規定し、日本が直接攻撃を受けていなくても
「日本の平和と安全に重要な影響を与える事態」(周辺事態)に限って
米軍に給油などの後方支援ができると定めていた。



◆http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0025869.html
北海道新聞 2015年04月28日 火曜日
社説:日米ガイドライン改定 専守防衛の放棄に等しい


自衛隊と米軍の一体化を、質的にも地理的にも
一気に拡大する極めて重大な政策転換である


日米両政府は、ニューヨークでの外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)で、
防衛協力指針(ガイドライン)改定に合意した。
1997年以来、18年ぶりの改定だ。

旧指針は、日本が攻撃を受けたときにだけ自衛隊が武力を行使し、
米軍への後方支援も日本周辺に限定していた。

新指針では日本が直接、攻撃を受けていなくても集団的自衛権を行使し、
米軍と共同作戦を行う。


後方支援は地理的制約を取り払い、地球規模で実施する


憲法の平和主義に基づく専守防衛を放棄するに等しい

日本の安全と極東の平和の維持を目的とする
日米安全保障条約の枠組みをも逸脱している


これだけ重大な変更を、安倍晋三政権は国会審議も国民への説明もしないまま
米国と約束してしまった。 暴挙と言わざるを得ない



地球規模で米軍支援

旧指針の協力の枠組みは

 《1》日本が攻撃される「有事」
 《2》朝鮮半島有事などの「周辺事態」
 《3》平時―の3分野だった。

新指針は、これに存立危機事態を新たに加えた。

日本が攻撃されていなくても、時の政権が
「日本国民の生命・権利を根底から覆す明白な危険がある」と判断すれば、
集団的自衛権に基づき武力行使する。

具体的には 機雷掃海や 米国を標的とした弾道ミサイルの迎撃、
米艦の防護
、不審船の積み荷の強制的な検査
(臨検)などを行う。

中東ホルムズ海峡での機雷掃海には公明党が否定的だ。

与党間でさえ見解が割れる活動を指針に盛り込んだ。乱暴すぎる。

周辺事態は「重要影響事態」と改め、米軍への後方支援を地球規模に広げた

弾薬の提供や発進準備中の航空機への給油といった軍事色の強い任務も解禁する

さらに日本の安全とは無関係のグローバルな協力も新設し、
国際的な人道支援や 多国籍軍への後方支援 などを盛り込んだ


日本の防衛を主眼とした従来の枠組みを、
世界各地で活動する米軍への軍事協力へと変える内容である。

米国の戦争に日本が巻き込まれたり、
日本がテロの標的にされたりする恐れが格段に高まるのは明白



日中対立高まる恐れ

日米の防衛協力拡大には、それぞれの事情がある。

安倍政権にとって最大の狙いは、尖閣諸島で領海侵入を繰り返すなど、
海洋進出を活発化させる中国への抑止力を高めることだ。

有事での協力項目には、日本側の強い求めで「島しょ」防衛が加えられた。

一方、オバマ米政権は厳しい財政事情を背景にした
世界規模の米軍再編の一環として、
米軍任務の一部を自衛隊に肩代わりさせる狙いがある


ただ米国は、経済を中心に相互依存関係を深める中国を過度に刺激したくない
のが本音だ。

米国が日本側の思惑通り、中国と本気で対峙(たいじ)するかどうかは分からない

米国は、中国とフィリピンなどが領有権を争う南シナ海での自衛隊の活動拡大にも
期待を示し、平時の協力には警戒監視や海洋秩序の維持も盛り込まれた。

南シナ海などで自衛隊が活動するようになれば、日中の緊張が高まるのは必至だ。

新指針によって中国の動きに本当に歯止めがかかるのか。

米国に頼る以外、日本が中国と向き合う道はないのか

そうした本質的な議論は置き去りのままだ。


抜け道多い与党合意

自民、公明両与党は指針改定に合わせ、新たな安保法制に実質合意した。
だが関連法案が国会に提出されるのは来月中旬である。

米国と協力内容を決めてしまってから、
必要な安保法制を国会審議するのでは順序が逆だ


安倍政権の国会軽視の姿勢は許し難い

与党合意の内容も問題が多い。

集団的自衛権の行使要件は曖昧なままで、時の政権の判断次第で拡大解釈が可能だ

他国軍を後方支援するための恒久法「国際平和支援法」では、
例外ない国会の事前承認を義務付けたが、

活動の中身が後方支援で重なる「重要影響事態法」では緊急時の事後承認を認めている。

国際平和支援法で事前承認が得られない場合、重要影響事態法を適用する抜け道がある

そもそも新指針や新安保法制の出発点は昨年7月の閣議決定だ。

集団的自衛権の行使は認められないとしてきた従来の憲法解釈をねじ曲げ、
行使を容認した


関連法案の国会審議では、その是非や、国際社会での日本のあるべき姿など、
根本的な問題から一つ一つ、徹底的に議論すべきだ。




廣重、二枚目、



「東都名所 新吉原五丁町 弥生花盛 全図」です。



欧州では各地で大規模デモがありましたが、ユダ米内部でも反対論は多い、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201504260000/
櫻井ジャーナル 2015.04.26
米国でふたりの上院議員が
 TPPの秘密主義と 巨大資本との癒着 を批判する文書をオバマ大統領に



アメリカのバラク・オバマ政権は環太平洋でTPP(環太平洋連携協定)、
EUとの間でTTIP(環大西洋貿易投資協定)を締結しようとしている。

いずれも秘密交渉で、その内容は議会にも明らかにされず、勿論、
庶民にも知らされていない。

そこで、議会に協定の承認を求める前に
中身を国民へ示すべきだ
とする文書を
ふたりの上院議員、シェロード・ブラウンとエリザベス・ウォーレンが
オバマ大統領へ突きつけている。
☆http://big.assets.huffingtonpost.com/WarrenBrownTPPLetter.pdf

両議員によると、アメリカ政府が設置しているTPPに関する28の諮問委員会には
566名の委員がいるが、そのうち480名、つまり85%が
大手企業の重役か業界のロビイスト


交渉をしているのは大手企業の「元重役」。

当然、交渉には業界や大手企業の意向が反映される。

委員会をこうした構成にしたことからもTPPが目指している方向がわかる。

巨大資本に各国政府を凌駕する力を持たせよう ということで、
民主主義の否定とも言える


以前から多くの人が指摘しているように、最大の問題はISDS条項

巨大企業のカネ儲けを阻むような 法律や規制を 政府や議会が作ったなら、
企業は賠償を請求できるとしている。

健康、労働、環境など人びとの健康や生活を守ることを許さない
というわけだ


農産物云々という議論に終始する政党があるとするならば、
それは人びとをミスリードしようとしている、
あるいはTPPに反対しているように見せかけながら、
実は成立させようとしていると疑われてもしかたがない。

これとは逆の方向を目指したのが
1932年のアメリカ大統領選挙で勝利したフランクリン・ルーズベルト。
巨大企業の活動を規制し、労働者の権利を拡大しようとした。
最高裁の妨害で政策の実現は難しかったが、それでも巨大資本は
ルーズベルト政権を排除しようと計画、1933年から34年にかけて
クーデターを目論んでいる。これはスメドリー・バトラー少将の議会証言で明らかになった。

そうした経験をしたルーズベルトは1938年4月29日、フ
ァシズムについて次のように定義している。

「もし、私的権力が自分たちの民主的国家より強くなるまで強大化することを
人びとが許すなら、民主主義の権利は危うくなる。
本質的に、個人、あるいは私的権力をコントロールするグループ、
あるいはそれに類する何らかの存在による政府の所有こそがファシズムだ。」

この定義にしたがうと、巨大企業が政府や議会を支配するシステムはファシズム。

TPPやTTIPはファシズム体制を構築することが目的だということになるが、
このファシズム体制を全世界へ拡大させる上で大きな障害になっているのがロシアと中国。

TPPで日本やオーストラリアなどを、TTIPでEUを巨大資本の支配下に置いても
ロシアと中国を中心として巨大資本の支配を拒否する勢力が形成される可能性が高いからだ。

中東や南北アフリカを制圧して資源を支配することもままならない。

中東や南北アフリカではアル・カイダ/IS
(イラクとレバントのイスラム首長国。ISIS、ISIL、IEIL、ダーイシュとも表記)、
ウクライナではネオ・ナチを使って制圧プロジェクトを進めているが、
アメリカ支配層の思惑通りに進んでいるようには思えない

東アジアでは、中国と戦う戦闘集団として自衛隊を想定している可能性がある。




廣重、三枚目、



「六十余州名所圖會 山城 阿らし山 渡月橋」です。



同感ですな、

◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51957595.html
日本や世界や宇宙の動向  2015年04月26日
中国人観光客の爆買いをありがたがるのは危険です


ZAKZAKから:

外国人観光客を相手にする小売業、外食産業、観光業は儲かれば良いので
国境の意識も国家感もありません。とにかく集客して儲かれば良いのです。

たとえ、怪しい中国人が一度に数十万人も日本に押し寄せても、
爆買してくれれば大歓迎です。

しかし既に大量に押し寄せる中国人に対応しきれなくなっています。

観光客として入国してくる中国人は実際は不法滞在を目的としているケースも多い
と思います。 大量の中国人が日本で爆買いして浮かれていてよいのでしょうか。

銀座には信じられないくらい大勢の中国人が押し寄せています。
既に銀座は中国人街になってしまったのではないでしょうか。
銀座の路地などで子供におしっこをさせている中国人がいるようです。
一昔前の銀座を思い出すと。。。 ぞーっとします。

日本の大都市が中国人に侵食されています。
早く中国経済が崩壊しないと小銭のある中国人がこれからも大量に押し寄せ
日本を汚染し、社会を乱し、歪めます


大量に押し寄せる観光客をあてにした商売が急増すると、
結局はその国が衰退するのではないでしょうか。
お土産店や飲食店ばかりの国なんて。。。 誇れるのでしょうか。

特に中国人観光客は一般の日本人にとっては本当に迷惑な存在です。

☆http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150426/dms1504260830004-n1.htm

(転載)

中国の旅行予約サイト大手「携程旅行網」(シートリップ)の試算によると、
今年3月下旬から4月中旬の桜の開花時期に訪日した中国人観光客の数は
35万人を超え、前年同時期の2倍以上になったという。

これは今年2月の春節(旧正月)休暇の訪日観光客と同水準だ。

今年は円安によって中国人観光客が急増し、通年化の兆しも見せている。
しかし、受け入れ態勢はできているのだろうか。

私の会社の運転手は「いま、銀座中央通りがすごいことになっています。
片道2車線なのに、バスがズラーッと並んで通れないんです」と嘆いていた。

銀座7丁目の「ラオックス銀座本店」が朝10時に開くと、
中国人観光客を乗せたバスがどんどんやってきて、
夜9時の閉店まで、入れ代わり立ち代わり駐車しているからだ。

中国人のお目当ては銀座初の大型免税店の「ラオックス」と、
8丁目の「ドン・キホーテ銀座」本館が中心だが、
最近は高級アパレル・ショップにも足を延ばして“爆買い”するようになった。

1台のバスに50人が乗り、それが20台も並んだら1000人。
銀座通りは、これだけ多くの人が一気にやってくることには適していない。
まず、トイレが足りない。
そこで、高級レストランなどいろいろな店に「トイレを貸してくれ」と
飛び込んでくるのだという。
とくに子供は我慢できない。 店が断ると、表通りでしてしまうらしい。

これでは、いつか銀座は持ちこたえられなくなる

バスの数を制限するとか、バスの停車そのものを止めさせる
ぐらいのことをしないといけないのではないか。

花見シーズンの中国人訪日観光客の総消費額は70億元(約1370億円)ともいわれる。
買ってくれるのはありがたいが、
銀座商店街は早くインフラを整備しないと大変なことになる。

中国人の“爆買い”は日本だけではない。

9日の日本経済新聞によると、豪州のシドニー湾と
観光名所ハーバーブリッジを一望できる大豪邸が転売されたことについて、
豪当局は先月、「違法な購入だった」と90日以内の売却命令を出したという。

購入したのは、中国有数の不動産企業「恒大地産集団」(エバーグランデ)傘下の豪企業。
英国領バージン諸島など複数のペーパーカンパニーを通じて購入したという。

もともと豪州には、かつて日本人が土地を買い過ぎたため、
「外国人が買うのはいいが、豪州人にしか転売できない」という法律(FIRB)がある。

日本人同士が転がして地元の人に手が出なくなるのを防ぐための法律だ、と言われていた。

それでも、中国人富裕層は話題になった地域を通常の何倍もの値段で買っていく。
この“爆買い”によって住宅不足が深刻化し、値段も上がる一方

そこで豪政府は、外国人の住宅購入時に5000豪ドル(約46万円)を課税すると発表した。

中国人の“爆買い”はシドニーからブリスベーン、ゴールドコーストに広がっている。

ロシア人の買いが活発な地域も散見される。

メルボルンももともと中国人の人口が多い。

この先、中国の不動産崩壊で リスクヘッジのために太平洋周辺諸国に
中国の不動産バブルが一気に波及する
、というシナリオが現実味を帯びている。

しばらくは目が離せない。


☆http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150409/dms1504091952018-n1.htm

(転載)

3月の全国人民代表大会(全人代)で、春節(旧正月)休暇を利用して日本を訪問した
中国人観光客の「爆買」に批判が集まったことが香港でも大きな話題になった。

香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、
爆買中国人客のなかには大型液晶テレビ3台、エアコン3台、冷蔵庫1台と
システムキッチンセット、数台のDvDプレーヤー、
それに数台の温水洗浄便座(ウォシュレット)と空気清浄機3台など、
締めて約10万元(約190万円)分買った人もいるという。

この観光客は、これらの製品を小型のコンテナに入れて空輸し、
輸送費と関税を含めて全部で20万元(約380万円)を費やした。

まさに「爆買」と呼ぶにふさわしい買い方だ。

10日間の春節休暇中、日本を訪れた中国人観光客は45万人にも及び、
買い物に費やした金額は約60億元(約1140億円)に達した。

香港に住んでいると、中国に対する屈折した感情が表面化しやすいのだろうが、
爆買中国人への対応が香港と日本ではあまりに対照的なのに、違和感を覚えてしまう。

香港でも中国人観光客による粉ミルクなど日常品の買い占め騒動が起きていて、
香港人の中国への対応はかなり批判的だ。
それに比べて、日本人の中国人に対する寛容さは理解しにくい。

中国人が日本に大挙して押し寄せて、そのまま帰らなかったら……
というような恐怖感をもたないことに日本人の脳天気さが表れているのではないか、
と言ったら言い過ぎだろうか。

李克強首相は全人代で、日本に対して、すでに終戦から70年も経っているのに
国家の指導者は、先人の作り上げた業績を継承するだけでなく、
先人の犯した罪がもたらした歴史の責任も負わなければならない
と述べるなど
対日批判を繰り返している。  習近平氏も同じだ。

今年は中国にとって戦勝70周年で、
7月以降、毎月のように戦争関連の記念日が続くだけに、
今年も習近平指導部による「日本叩き」は一層激しくなるだろう。

日本は爆買中国人を称賛するよりも、
日本叩きにどう対処するかをしっかりと考えておいた方がよいのではないか。




共産支那は対日戦勝国などではないw

日本軍は欧米の支援を受けた重慶政府(蒋介石軍)相手に戦闘はしたが、

八路軍(共産党)は逃げまくる(長征)だけで、正面から戦ったことなどない。

ま、遅れてきた植民地支配列強の一員ではあった。

教訓を得たわけです、

腐海=支那、キ印エベンキ=半島には関わってはならぬ、とね。

関わると碌なことがない、これ哲理。


コメント

蝦夷櫻Ⅱ

2015-04-27 11:07:17 | Weblog
 画は 喜多川 歌麿 (きたがわ うたまろ)

 宝暦3年(1753年) ~ 文化3年(1806年)      作


  「太閤 五妻 洛東 遊歓之圖」です。


 江戸時代とはいえ、徳川家のかつての敵、
 豊臣家の絵を描くことはご法度だった。
 これが幕府の逆鱗に触れ、
 歌麿は「入牢三日、手鎖り50日の刑」となった。


☆曇。

昨日の花見は凄い人出w 強風にもう散り始めていました。

月変わったら画像掲載の予定です。

まずは、いい記事だと思う、

◆http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=303421
るいネット 2015/04/26
リニア新幹線狂気の計画ー1ー
 「間違いなくこれは浜岡と抱き合わせの計画だ。
 このままいくと我々はもう殺されますよ
広瀬隆氏



311以降、リニア新幹線の計画が活発化している

莫大な工事費と それに対する利用者が釣り合わないとか、
新幹線を遙かに超える電磁波被曝の問題など、
何故実行するのかわからない計画であるが、311以降活発化したのは、
原発と抱き合わせの計画だった
と言うことのようです。

311の復興予算は適正に使われず、東京オリンピック関連に続いて、
また莫大な予算が使われようとしている。

311以降だからこそ、予算の使い道はハッキリしているはずなのにです。

この国は、支配層はとんでもなく愚かで、
それを取り巻く学識、官僚はとんでもなく無能で有ることがどんどん暴露されていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3277.html
みんな楽しくHappy♡がいい♪

より抜粋、

(前略)

リニア中央新幹線 狂気の計画

2011年9月20日 広瀬隆講演会「リニア新幹線と原発」より



それでは、覚悟して下さいね。

ここまでで、原子力がどれほど恐ろしいものか
という事はご理解いただけたと思いますが、

じゃあ、なんでリニアとこの事が関係があるのか
という事をお話しさせていただきたいと思います。

(中略)

現在の東海道新幹線の3~5倍のエネルギーを必要とするといわれています。

で、どれぐらいなのかという事を
山梨県立大学の伊東洋先生が試算して下さったんですが、

今の東海道新幹線と同じだけ走らせる場合、
500万キロワット以上(544万kw)の電力が必要とされると。

原発5基分にもなるというんです。

とんでもない電気を使うんです。

この日本で時速500kmで走行時の超電導リニア1列車の想定消費電力は、
約3.5万キロワットにもなる。

2027年首都圏~中京圏開業時の想定ピーク時5本/時間、
所要時間40分で、約27万キロワットも消費する

電力をみんなで節約しようよ、抑制しようとしている日本で、
こんなものを必要とするんだろうか?
という疑問はまずあるんですが、

ともかく、じゃあ、その電気をどこから持ってくるんだ?
って言う事を考えますとね、
JR東海というのは自前で本格的な発電設備を持たない会社なんです。

この新幹線が必要とするのは、原発数基分に匹敵するエネルギー量であり、
JR東海は自前の本格的な発電施設を持たないので、
当然のことながら電力は
新潟県の柏崎刈羽原発や静岡県の浜岡原発から送る事を目論んできた


リニア・プロジェクトが進めば、
廃炉が決定的な浜岡原発の再稼働に繋がるので金輪際許される事ではない。

(中略)

大量にやろうとすると 新潟の柏崎刈羽原発か浜岡しかない んですよ、
普通に考えるとですね。

という事は、この「リニアはなんか怪しいんではないか」と。

つまり、浜岡原発が今運転を停止しているんですが、
これを再稼働しようとするんじゃないか?


その口実でいきなりこれが始まったんじゃないかという事を考えるわけです。

JR東海の会長・葛西敬之(かさいよしゆき)は、
福島第一原発メルトダウン事故後、5月24日の産経新聞で、

原発継続しか日本の活路はないと驚くべき非常識な原発推進論を語り、
リニア中央新幹線の目的が浜岡原発の運転再開にあるという正体が暴露された。

(中略)

JR東海の現在の会長葛西敬之っていう男は、
福島のあの事故があった5月24日の産経新聞で「原発継続しか日本の活路はない」
っていうことをしゃべり出していたんですね。

(中略)

こういう頭のおかしい人間がJR東海の現在の会長に君臨しているってい事自体ね、
信じられないんです。

こんなことを言っているんですよ。

  原子力を利用する以上、リスクを承知の上で、
  それを克服・制御する国民的な覚悟が必要である。
  腹を据えてこれまで通り原子力を利用し続ける以外に日本の活路はない。
  政府は稼働できる原発を全て稼働させて
  電力の安定供給を堅持する方針を宣言し、
  政府の責任で速やかに稼働させるべきだ。  葛西敬之



「原子力を利用する以上リスクを承知の上で覚悟しろ」って! えぇっ!

「覚悟しろ」ってよ、国民は。

すごい男じゃないですか!

危険があるからそれを覚悟して使えって、

こういう人間ですよ。

これ、原発じゃなくたって大変でしょ。

こんな人間が東京大阪間の高速鉄道を動かしているっていうこと自体、
許せないっていうふうに思いません?

「危険なものを覚悟して使え」っていう人間が
高速鉄道を動かすなんて言う事は考えられないでしょ!

我々は乗っているんですよ、新幹線に。

えぇっ!!
こんな、命を何にも考えないようなこんな鉄道会社が
存在すること自体が社会的に許されないでしょ、普通だったら

飛行機会社の会長が言いますか?

「飛行機に乗る時は墜落を覚悟して乗れ」なんて、言います?
いくら知ってたって言わないですよ。

しかも、5月24日、産経新聞の記事が出た当日ね、

  しかも、5月24日の政府閣議で、東京電力の財務実態とリスクを監視する
  東京電力に関する経営・財務調査委員会の設置が決定され、
  葛西敬之がその委員会のメンバーに選ばれた。

  こうして福島第一原発メルトダウン事故を起こした
  東京電力の責任があいまいにされる結果となった。


この中に葛西が入っているんです。

それで東電の責任を曖昧にしてきたんですよ、こいつがリードして。

こういう構造でね、要するに、これは


  リニアのプロジェクトというのは原発の増設を前提に進められてきた
  という意味で原発の深夜電力による充電を目指してきた電気自動車と同じく、
  重大な犯罪行為である。
  こんな巨大な電力を浪費するプロジェクトを立ち上げることは
  震災渦中にある国民感情から許されない。
  なぜマスメディアはこれを批判しないのか



だから福島の事故が起こった後、バタバタバタッってやっているんです、これ。

おかしいでしょ??

「福島の事故が起こったから止めておく」っていうんだったら分かるんです。

バタバタバタバタ・・・今全部いきなり決め初めて、おかしいんですよ 今。

間違いなくこれは浜岡と抱き合わせの計画だという事が分かってきたわけで、
それでみなさん長野の人達に立ち上がって欲しいと思っているんです。

  これを進めた菅直人内閣の国土交通大臣・大畠章宏もまた、
  日立製作所で原子力発電プラントの設計と建設をやっていた
  おそるべき「原子力マフィア」の一人である。

これ、そもそも国土交通大臣が取り仕切っているんですね。

その時、当時ここまでやってきた大畠っていうのが大臣だった。
これもともと、日立で原子力の設計建設をやっていた
原子力マフィアのひとりなんです。



おわかりでしょ?
なんか、うごめいているんです

我々の知らない、皆さんも全く知らない間に、
国民は知らないんですけど、こういう背景があって、今動き出してね、

葛西とかとんでもない奴が今出てきているんで、

これはもう間違いなくね、このままいくと我々はもう殺されますよ



トンネルの連続で景色も風情もないw 膨大な建設残土の捨場もない。

上記のとほり電気バカ食い、乗車中は電子レンジ状態になる。

既報のとほり建設資金は、結局 国民負担になる。

リニア技術はタダでユダ米に進呈して軍事に利用される、阿呆らしい。

欲ボケ葛西の無意味な工事です。



歌麿、二枚目、



「三囲みめぐり開帳 寶納 見立御所車」です。



田舎芝居か?

◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201504/article_159.html
richardkoshimizu's blog  2015/04/26
反対派の山田元農相が暴露した 「TPPは日米合意済み」 中身


TPPに反対して不正選挙で落選させられた山田元農相、TPP反対の座り込み。

こういう邪魔な政治家は、裏社会が全力で失脚させるわけです。

本当に薄汚れたゴロツキ国家になりはてました。

山田さんの勇気を讃えます。



http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159359
日刊ゲンダイ 2015年4月26日
◎反対派の山田元農相が暴露した「TPPは日米合意済み」の“中身”


山田正彦元農相が24日、農協や医師会の関係者たちと
永田町の衆院議員会館前で、TPP反対の座り込みを行った。

TPPの日米協議は閣僚級でも合意できず、来週の日米首脳会談でも
「最終的な決着には至らない」などと大マスコミは報じているが、
だまされてはいけない。

山田氏はこう言う。

「自民党筋の情報ですが、すでにTPPの日米合意の内容が決まっていて、
箝口令が敷かれています。28日のオバマ・安倍会談で決まったかのように
見せかけるためです。

その合意内容は、

牛肉は今までの関税率を4分の1に引き下げ9%、
豚肉の関税は従来の10分の1、
米は10万トンの受け入れ枠を確保した上で
徐々に関税を引き下げていく
 というものです」

なかなか決まらない――という演出

合意を安倍訪米の手土産とするための茶番というわけだ



「安倍首相は韓国の猿真似をして日本の国益を米国に売り渡すのです。

米韓FTAが締結された際、韓国の大統領が米国を訪問して
演説する機会を与えられ、それで交渉妥結が加速しました。

今回、安倍首相は米議会で演説する機会を与えられ、
引き換えにTPPの日米合意を発表することになるでしょう。

韓国は米韓FTAで国内法を変えさせられて
独立国家ではないような状態におとしめられました。

安倍首相はそれと同じことをやろうとしているのです」(山田正彦氏)

日本政府も大マスコミも、国民をどこまで愚弄すれば気が済むのか。



コメント

*芭蕉 2015/04/26

  ニセ選挙
   ニセ国家
    ニセ条約(TPP)

  憲法98条(最高法規)2項は
  TPPで炸裂する時限爆弾
  それを吹き飛ばす憲法前文

  パンドラの
   箱を開けに行く
    ニセ総理

  残りし希望は
   不正選挙暴露と追及

  盛大な
   祭りで守る
    祖国かな




歌麿、三枚目、



「風俗美人時計 卯の刻 下女」です。



支那人、鮮人を入国させぬこと、連中は「難治性感染症」のキャリア多し、

◆http://melma.com/backnumber_45206_6199859/
宮崎正弘の国際ニュース・早読み(人民元はSDRに加われるか?)
発行日:4/27


  IMF、五月にSDR採用通貨に人民元を加えるか否かを決定
      在米中国語メディアは五分五分を予測

****************************************

ウォールストリートジャーナルは書いている。

為替が管理されて、レートが準固定制の通貨が
SDR
(特別引き出し権)を構成する通貨に撰ばれることがあるか
、と。

IMFは五年ごとにSDRを構成する主要通貨を見直し、選定し直す作業を行うが、
五月には人民元が、このSDRに加わるか、どうかが決まる。

中国人民銀行の周小川総裁は
「人民元は世界貿易において枢要なポジションを得ているし、
為替レートも落ち着いている。2015年には間違いなく人民元はSDR採用通貨となる」
と自信たっぷり。

中国の銀行筋は資金流出が続いており、経済成長が鈍化している。
これらの不安要素にくわえてIMFの投票権は米国、英国ならびに欧州勢が握っており、
楽観的であるわけにはいかない
と懐疑的である。



書評 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 中国には住みたくない、中国人でありたくない
  だから逃げる、海外へ移住する。出来れば『日本人』になりすます


    
  黄文雄『それでもなぜ、反日大国の中国人、韓国人は日本の憧れるのか?』(海竜社)
  @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

本誌の読者にはいまさら説明する必要もないと思えるが、なぜ、
あれほどの反日を言いつのる中国人と韓国人が、かくも夥しく日本にやってくるのか? 

奥地の鄙びた温泉にまで中国人、韓国人がいて驚かされることが多い。
花見の上野公園は半分が外国人、秋葉原でも驚かされた。

早朝から大きなスーツケースを引っ張りながら「爆買い」に没頭しているのは
中国人と韓国人だ。

「どこから来た?」と問うと三年前までは上海、広州、東北三省、福建省の順番だった。

最近がらりと、これも様変わり、湖北省、四川省、雲南省などから夥しくやってくる。

湖南省は荒くれ者が多いからすぐ分かる。河南省は田舎者が多いからこれも分かる。

ついでに脱線していえば、居酒屋、コンビニでアルバイトしている中国人は
圧倒的に福建省から東北三省出身。

上海組は日本で企業に就職するとか、水商売、貿易関係がめだつようになった。

さて、黄文雄氏は言う。

なぜ反日の中国人と韓国人が本当は日本が好きで、
できれば日本人になりたいと願望しているかだ。
 
来生は中国人に生まれたくないとする若者が三分の一もいて、
これは韓国でも同じ比率
という。

「来生はブタでも良いから中国人には生まれたくない」と回答する者もいる。

反日教育も漢字の統一による中華教育もさっぱり効果がないということである。

もちろん、中国当局は、これらの発言やアンケート結果をネットから削除している。

まず中国と韓国は犯罪者、精神病患者が多い国である。

原因は易姓革命の歴史であり、儒教国家ならではの社会原理が人間をむしろ蝕み、
中華思想が思考の原点になるから 他人のことは考えない

嘘をつき他人を陥れても自分だけは生き延びる、
生存競争に勝つためには詐欺、詭弁が横行する


騙される方が馬鹿というのは「兵は詭道なり」と言った孫子いらい、
中国の常識である


こうみてくると勇ましい対日批判やアメリカ何するものぞ、という虚言は、
本音からはほど遠い、偽善と欺瞞の詐欺的叫びである。

本書を通読して評者(宮崎)は総括する。

中国人と韓国人にとって「戦争」とは「先走(せんそう)」であり、
『戦闘』とは「先逃」(せんとう)の意味なのである。

この本は恒例の黄文雄節が音色も高く吹かれる清涼剤的作品となった




連中は日本社会を蝕む、蝗イナゴ、毒草で、

「排特亜」こそが国益です。

甘い顔は厳禁ですぞ。


コメント

蝦夷櫻

2015-04-26 11:09:09 | Weblog
 画は 葛飾 北斎(葛飾 北齋)かつしか ほくさい 

 宝暦10年(1760)? ~ 嘉永2年(1849年)

 号は、葛飾 北齋、前北齋、戴斗、為一、
                  画狂老人、卍 など。        作


  「冨嶽三十六景 東海道品川 御殿山ノ不二」です。


☆晴れ。

午後から、投票終えて、ぶらぶら花見に行く予定です。

八分咲きかな?

まずは、

◆https://twitter.com/tokaiamada
東海アマ             より抜粋、



#amaちゃんだ @tokaiamada · 3時間前

ネパールの地震 M7.9 直下型

http://www.liveleak.com/view?i=2a0_1429966807
Many people killed and injured in powerful quake in Nepal



#amaちゃんだ @tokaiamada · 4時間前

小出氏「福島第1原発は石棺を」 元京都大助教

☆http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015042501001598.html
東京新聞 2015年4月25日
小出氏福島第1原発は石棺を」 元京都大助教

原発の危うさに長年警鐘を鳴らしてきた元京都大原子炉実験所助教の
小出裕章氏が25日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見した。

事故発生から4年が経過した東京電力福島第1原発について
チェルノブイリのように石棺で(放射性物質を)封じ込めるしかないと述べ、

溶け落ちた核燃料の取り出しを目指す政府や東電の方針を否定した。

小出氏は、第1原発の現状について
4年たっても現場に作業員が行けない事故は原発以外にないと指摘。

1~3号機では、溶け落ちた核燃料が原子炉格納容器内に散らばっている
とみられることから機器を使って取り出せる燃料の量は高が知れていると話した。

(共同)



#amaちゃんだ @tokaiamada · 4時間前

百田尚樹も尊敬する元零戦パイロットが安倍首相を批判!

戦前の指導者に似ている



http://lite-ra.com/2015/04/post-1050.html
リテラ 2015.04.24

4月3日、米「ニューヨーク・タイムズ」に、第二次世界大戦時、
零戦のパイロットだった男性のインタビューが掲載された。
原田要さん、98歳。元大日本帝國海軍エースパイロットである。

原田さんは真珠湾攻撃では上空直掩隊として艦隊上空を警戒し、
セイロン沖海戦、ミッドウェー海戦に参加。

ガダルカナル島の戦いで撃墜され、重傷を負いながらも帰国し、
教官となって終戦を迎えた。

総撃墜数は19機。 自らの経験を記録したいくつかの著書を残している。

Retired Japanese Fighter Pilot Sees an Old Danger on the Horizon
(元日本人戦闘機飛行士は差し迫った古い危機をみる)」──

そう題された「ニューヨーク・タイムズ」の記事は、
長野で行われた原田さんの講演会の描写から始まる。

彼はゆっくりと壇上に上がると、セピアに色あせた写真を掲げたという。
それは、革のフライトジャケットを着込んだ、若かりし頃の自分の姿だった。

そしてこう語った。

戦争ほど恐ろしいものはありません

私は、あなたたちに私自身の戦争体験を伝えたい。
若い世代に、私と同じ恐怖を体験させないために


講演会のあと、
原田さんは「ニューヨーク・タイムズ」のインタビューに応じている。

私は零戦のコックピットから戦争を見ました。
いまだに私が殺した兵士たちの顔はよく覚えています


「戦場でのかつての敵兵もまた、私たちと同じように父であり、息子なのです。
彼らを憎んだり、知りもしないでいることはできません」

「戦争は人間から人間性を奪うのです。
全くの他人を殺すか、殺されることを選ばざるをえない状況に置かれることによって」

「私は気がつきました。戦争が、私を人殺しへと変えてしまった。
私はそうありたかったわけではないのに」

人を殺したくない、そう思っていても、人を殺してしまっている──

戦場の現実を知る当事者の言葉は、重い。


記事には書かれていないが、原田さんの著書『最後の零戦乗り』(宝島社)には
神風特攻のエピソードも記されている。

1943年1月、原田さんは霞ヶ浦航空隊に教官として着任し、
海軍兵学校出身者3名を受け持つことになった。

そのなかの一人が関行男大尉(2階級特進後、中佐)だった。

初の神風特攻により、レイテ沖海戦で戦死した軍人である。
そして、原田さん自身もまた、霞ヶ浦航空隊にいたころ、
「参謀肩章を付けたお偉いさん」から特攻の志願を促されたことがあったという。

ガダルカナルでともに死の淵に立った戦友は、
「命令されたら仕方がない。こうなったら俺は志願するよ」と言って、戦死した。

原田さんは「俺はいやだ」と志願しなかったと書いている。

〈ミッドウェーでの「巻雲」での経験、ガ島から病院船での出来事、
とにかく私は、「命を大事にしなくては」
と、最後まで、命はむだにしちゃいけないと思っていた。〉
(『最後の零戦乗り』より)

──このエピソードを聞いて、なにかを思い出さないだろか。
海軍のエースパイロット、教官に転身、「命を大事に」。
そう、百田尚樹『永遠の0』の主人公、宮部久蔵である。

原田さんと宮部久蔵は、操縦練習生出身という点でも同じだ。

実は、百田と原田さんは少なくとも一度、会って話したことがあるらしい。
『永遠の0』出版後の2010年に、百田はツイッターでそのことをつぶやいていた。
実際、そんな縁もあり、前出の『最後の零戦乗り』の帯に百田が推薦文を寄せている。

原田さんは、百田に会ったときに
「(主人公の宮部は)いろいろな零戦搭乗員の話を聞いてから作った、ひとりの偶像です。
このなかには原田さんも入っています」と聞かされたという。

しかし、安倍首相を礼賛し、タカ派発言を連発する百田とは対称的に、
原田さんはインタビューのなかで、安倍首相の歴史認識や戦争への考え方に対して、
こう「鋭いジャブ」を入れている。

安倍首相は必死で日本の戦争放棄を取り消そうとしたがっているように見える
そして、
戦後の長い平和がひとつの達成であったということを忘れているように思えてならないと。

積極的平和主義の名の下に、日本を再び「戦争ができる国」にしてしまった安倍首相。

その口から常日頃飛び出すのは「有事にそなえて」
「中国の脅威は予想以上」という国防論だ。

そこからは、原田さんが語る
全くの他人を殺すか、殺されることを選ばざるをえない状況に置かれる

戦争が、私を人殺しへと変えてしまったという生々しい血の匂いと、
背負うことになる罪の重さは、まったく感じられない。


原田さんはインタビューで、
安倍首相ら最近の政治家は戦後生まれだから、どんな犠牲を払ってでも
戦争を避けなければならないということを理解していないのです
と語り、
そして、こう続けている。

その点で彼らは戦前の指導者たちと似ているんです

戦後、眠れないほどの悪夢に苦しめられたと語る原田さん。

夢のなかで彼が見続けていたのは、自分が撃墜したアメリカの飛行士たちの怯える顔だった


自身の戦争体験をようやく語れるようになるまでに、何年もの時がかかったという。

記事は、原田さんのこんな言葉で締めくくられている。

「私は死ぬまで、私が見てきたものについて語りたいと思う」

決して忘れないことが 子どもたち、そして子どもたちの子どもたちを
戦争の恐怖から守る最良の手段なんです」

安倍首相や百田に、その「恐怖」は想像もできないらしい。




北齋、二枚目、



「千絵の海 甲州火振」です。



戦争の狂犬=ユダ米、親中の論者ですが、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201504250000/
櫻井ジャーナル  2015.04.25
中露に対して軍事的な圧力を強めている米国としては、
 韓国を怒らせる安倍首相の言動は頭痛の種



より抜粋、

アメリカのベン・ローズ大統領副補佐官は安倍晋三首相に対し、
日本によるアジア侵略に関し、
「過去の談話と合致する形で建設的に対処し、緊張を和らげるよう働きかけている」
と述べたという。

1995年に村山富市首相(当時)が日本によるアジアの「植民地支配と侵略」を認め、
「痛切な反省と心からのおわび」を表明した姿勢を継承しろ ということだが、
この発言をもって、
アメリカが歴史と真摯に向かっていることを示していると解釈してはならない。

例えば、ナチスに率いられたドイツがソ連を侵略し、
敗北した歴史を否定しているのがアメリカにほかならないし、
イスラエルによる先住民の虐殺、周辺への侵略を黙認している。

アメリカの先住民の虐殺を反省しているようにも思えない。

つまり、ローズ副補佐官の発言は
中国と戦う上で抱き込む必要がある韓国を刺激するな
というだけのことであり、
ネオコン/シオニストは歴史の書き換え、改竄に忙しい


(中略)

1945年4月にルーズベルトが執務室で急死してからウォール街は主導権を奪い返し、
ナチスの残党や協力者を保護する。

昨年2月にウクライナであったクーデターはその延長線上にある。

自分を狙ったクーデターを知った上でフランクリン・ルーズベルトは1938年4月29日、
ファシズムについて次のように語っている。

「もし、私的権力が 自分たちの民主的国家より強くなるまで強大化する ことを
人びとが許すなら、民主主義の権利は危うくなる。

本質的に、個人、あるいは私的権力をコントロールするグループ、
あるいはそれに類する何らかの存在による 政府の所有こそが ファシズムだ
。」


フランクリン・ルーズベルトが考えるファシズムをヨーロッパへ広げるために
導入を計画しているのがTTIP(環大西洋貿易投資協定)であり、
環太平洋に導入しようとしているのがTPP(環太平洋連携協定)。

巨大資本が国を支配、つまりオリガルヒが圧倒的多数の人びとの上に君臨する
システムの導入を目論んでいる
わけだ


これを「近代封建制」と呼ぶ人もいるが、その仕組みを作り上げるために
選挙結果を操作する仕掛けが作られていると言われている。

2000年のアメリカ大統領選挙では投票方法が原始的だったため、
多くの人に問題が知られてしまったが、04年には投票のコンピュータ化が進み、
操作は容易になった


ケリーが投票結果について闘う意思があればアメリカの深層に光があたったかもしれないが、
アル・ゴアの時と同じように、そうした展開にはなっていない。

それでも不正が問題になり、オハイオ州ではコンピュータ・システムを使った
投票操作が裁判になっている。

その実態を知る立場にあったマイク・コネルが証言することになったのだが、
2008年12月19日にパイパー・サラトガが墜落して死亡している。

ワシントンDCからオハイオの自宅へ戻る途中だった。
生前、コネルはカール・ローブから脅されているとして保護を求めていた。

この「事故」は、1999年7月16日の出来事を思い起こさせる。

この日、ジョン・F・ケネディ・ジュニアを乗せたパイパー・サラトガも
自動操縦で飛んでいたはずの地点で墜落、本人と妻、その妻の姉が死亡しているのだ。

その翌年には大統領選が予定されていたのだが、事故の時点で最も人気の高い候補者は
出馬を否定していたJFKジュニアだった。


航空機にしろ、自動車にしろ、コンピュータ化が進んだ現在、
外部からハッキングされることは可能


外部からコントロールされ、事故を起こすこともありえるため、
JFKジュニアは殺されたと考えている人はいる。

日本もアメリカも民主主義国家とは言えない状況で、
アメリカも中東やウクライナでは緊張を高める方向へ動いている。

ローズ大統領副補佐官の安倍に対する発言だけをピックアップすると、
アメリカの実態を見誤る。




北齋、三枚目、



「大津」です。

大津絵:
江戸時代を通じ、東海道滋賀県大津宿の名物となった。
初期の大津絵は佛画が多かった。
文化・文政期(1804- 1829年)には「大津絵十種」と呼ばれる代表的画題が確定し、
一方で護符としての効能も唱えられるようになった
(「藤娘」は良縁、「鬼の寒念仏」は子供の夜泣き、「雷公」は雷除けなど)。
鬼の寒念仏、外法の梯子剃り、藤娘、瓢箪鯰、鷹匠、
座頭、雷の太鼓つり、槍持ち奴、長刀弁慶、矢の根五郎、など。
現在では百余種とされる。



何時まで保つかねw

◆http://my.shadowcity.jp/2015/04/post-6933.html
ネットゲリラ  (2015年4月25日)
和民に行く奴はこいつの支援者


より抜粋、

ワタミが漁師を月給15万でこき使おうという話なんだが、
漁師ってよく死ぬので、15万じゃ誰もやりません。
どれくらいよく死ぬかというと、有名な例では「マリアナ台風」というのがある。
マリアナ海域漁船集団遭難事件としてWikipediaにも項目がある。
6隻が沈没、1隻が座礁、死亡1人、行方不明208人という、
日本史上最大の海難事故です。
これらの船は、カツオを獲りに行っていたんだが、1965年なので、機帆船ですね。
まだ帆があって、エンジンの補助に帆を使う。
この時、戸田の船も沈んで、ずいぶんたくさん死んだ。

さて、森繁久彌という人がいたわけです。
森繁はヨットが大好きで、1964年にふじやま丸という
当時日本最大のヨットを建造している。
森繁は超売れっ子で、物凄く稼いでいたので、冷暖房付きの豪華なヨットだ。
森繁は、このヨットであちこちクルーズしていたんだが、
伊豆の戸田村に入港した時に、夜になって一人の若者が訪ねてきた。

「森繁さん、神さまとか仏さまとかを信じますか?」と聞かれて、
なんだ、妙なコトを言うヤツだなと話を聞いてみると、若者がトツトツと語り始めた。
と、ここから先は森繁が書いているので引用します。


  http://blogs.yahoo.co.jp/nrg46644/50579027.html
  安らぎへの道・ブッダの言葉 2010/6/10(木)
  ◎森繁久彌 氏 「 心を高く悟りて俗に還る 」、より

  俳優の 森繁久彌氏は、 「 私は 熱心な 仏教信者でもありませんが ・・・ 」、

  と 記しながら、青年漁師との交流と エピソードを紹介しています。

  ―― 北西太平洋の マリアナ沖の漁場は 魚の宝庫です。 戸田港の漁師たちは

  台風が それるという天気予報を信じて、マリアナ沖で操業中でした。

  しかし 天気予報がはずれて 台風に襲われ、あっという間に 百数十艘の漁船の

  四分の三ほどが転覆し、当時十六歳の青年も 海に放り出されました。

  気がつくと 木切れにつかまっていました。
  
  逆巻く波が押し寄せ、木切れとともに

  二十メートルも 体が持ち上がったかと思うと、一気に波の底に落ちてゆきます。

  木切れだけは放すまいと、必死に抱きかかえていました。    一昼夜がすぎ、

  「 もう限界だ。」

  と 眠りかけたとき、船が視野に入り、救助されました。
  
  デッキで二時間ほど眠り、目が覚めてみると、

  デッキは海から引き揚げられた死体でいっぱいです。 青年は、

  「 ない ! 木切れが ない ! 」、

  と気づき、船長のところに飛んで行って、聞きました。

  「 オレが つかまっていた木切れは、どうなったでしょうか ? 」、

  「 木切れ ? そんなもん知らん。 お前、助かっただけでも喜べ。 太平洋の

   ド真ん中で、木切れが見つかるわけがないだろ。 無理だ。  この馬鹿者。」、

  と 取り合ってくれません。  ―― 三時間、四時間と 必死に頼み続けました。

  船長は 青年の目をのぞいて、

  「 ・・・・・ よし、わかった。 引き返してやろう 。 」

  と言って、青年が救助された地点に 船が戻ったとき、

  「 おい、お前の気の済むまで探せ。」、

  と 船のサーチライトを点けてくれました。 夜の海面に光りが走ります。 

  船長と青年は波間を凝視しました。

  三十分、四十分とサーチライトの光が海を照らし出します。

  そのとき、波間に ピカッと光るものがありました。   

  即座に船長は、「 船を回せ ! 」、と指示を出し、

  船は光を帯びたものへ近づいていきました。 青年と船長は同時に、

  「 筏 ( いかだ ) だ !! 」、と 叫んでいました ・・・・・ 。


  ―― 青年は 盃を手に、遠くを見つめながら、

  「 森繁さん、木切れは見つからなかったけれども、筏には 息も絶えだえの六人の

  漁師が乗っていました。 ボクは、仏さまが存在するということを認めますよ。」

  と 話し終わりました。


 
  森繁久彌氏は、青年漁師の体験談を紹介したあと、

  「 自分を救ってくれた 木切れに執着したところに、青年の想念や 思念を、

  超越したものがあります。  これは理屈ではありません。」、

  と 述懐しています。


このエピソードはこちらにも出てますね。講演の記録だそうだが、
話術の天才、森繁の語りなので素晴らしいです。
☆http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1996/00165/08/contents/08-020.htm
 木切れの代わりに六つの命  俳優 森繁久彌

漁師というのは、そういう商売です。
水死体になった時に身元が判明する手がかりとなるように、刺青を入れる人も多い。
月給15万じゃ、刺青入りませんw




♪ヤクザにゃ 強いマドロス【matroos】の~


  別れのブルース

  作詩:藤浦 洸  作曲:服部良一

  唄:淡谷のり子

一、

窓を開ければ  港が見える

メリケン波止場の  灯(ひ)が見える

夜風 汐(しお)風  恋い風のせて

今日の出船(でふね)は  どこへ行く

むせぶ心よ  はかない恋よ

踊(おど)るブルースの  切(せつ)なさよ


二、

腕(うで)にいかりの  いれずみほって

やくざに強い  マドロスの

お国言葉(くにことば)は  違(ちが)っていても

恋には弱(よわ)い  すすり泣き

二度と逢(あ)えない  心と心

踊るブルースの  切なさよ


  1937年(昭和12年)に発表された歌謡曲。
  淡谷のり子の歌唱により、日本コロムビアからレコード化され、
  大ヒットの歌曲。




コメント

花盛にⅤ

2015-04-25 13:21:07 | Weblog
 画は 渓斎 英泉 (けいさい えいせん)

 寛政3年(1791年) ~  嘉永元年(1848年)  

 独自性の際立つ退廃的で妖艶な美人画で知られる。       作


  「大文字屋内 一元ひともと」です。


☆晴れ。

Gooブログ、午前中 ログイン不能でUPが遅れました。

まずは、至言ですな、

◆http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-98bb.html
植草一秀の『知られざる真実』
2015年4月24日 (金)
巨大国民犠牲で 議会スピーチ券 買い求める愚


この国の民主主義は破壊されている。

日本は民主主義とは名ばかりの非民主国家になってしまっている。

昨年4月に消費税の税率が8%に引き上げられたが、
これを法定化したのは野田佳彦政権である。

野田佳彦氏は2009年8月の総選挙の際に、

「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」

と絶叫した、その本人である。

その人物が、シロアリを一匹も退治しないまま、消費税増税に突き進んだ。

ここから日本の民主主義は根底から崩壊することになった。


2010年の沖縄知事選で、
仲井真弘多氏は普天間飛行場の移設先を県外に求めることを公約とした。

この仲井真氏が任期満了を目前に控えた2013年12月に、
辺野古海岸の埋め立て申請を承認して辺野古米軍基地建設にゴーサインを出した。

沖縄では、2010年と2014年の知事選、名護市長選、名護市議選の
すべてにおいて、辺野古米軍基地建設反対の住民意思が明確に示された

さらに、2013年の参院選、2014年の衆院選でも、
辺野古米軍基地建設反対の意思が明示された


このなかで、安倍晋三政権は、辺野古米軍基地建設を「粛々と」推進している。


そして、2012年12月の総選挙

安倍晋三自民党

  ウソつかない!

   TPP断固反対!

   ブレない!

   日本を耕す!! 自民党


のポスターを貼り巡らせて選挙を戦った。

その自民党代表の安倍晋三氏が、選挙から3ヵ月後の2013年3月15日、
TPP交渉に参加することを決めた。

民主主義を根底から破壊する暴挙である。

安倍首相は、そもそも、日本を民主主義国家と考えていないのだろう。

安倍晋三自民党は、総選挙に際して、TPPについて「6項目」の公約を明示した。

その公約がこれだ。

☆https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/recapture/pdf/055.pdf

わが党は、TPP交渉参加の判断基準を明確に示します。

TPP交渉参加の判断基準


  1 政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。

  2 自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。

  3 国民皆保険制度を守る。

  4 食の安全安心の基準を守る。

  5 国の主権を損なうようなISD条項は合意しない

  6 政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる



安倍政権は選挙の際に「TPP断固反対」と主張していたのに、
TPP交渉に参加することを決め、さらに、
主権者に明示した6項目の約束を、ことごとく踏みにじろうとしている。

これを民主主義とは言わない。

日本は非民主主義国家に転落しているのである。

安倍晋三氏は4月下旬に訪米して、議会の上下両院合同会議でスピーチを行う。

歴史修正主義者には議会での演説機会を与えて来なかった米国議会が、
安倍氏にスピーチの機会を与えるのは 魂胆があるからだ。

日本がTPP交渉で完全譲歩することと引き替えに、
議会でのスピーチ機会が与えられた
のである。

日本の首相がこのような行動を取るなら、国益も国民の利益もすべてが吹き飛ぶ。

これを国賊と呼ぶのである。

TPPは、大資本の大資本による大資本のための制度でしかない

日本の一般国民は、TPPによって甚大な被害を蒙る。

このような暴挙を許してよいわけがないのである。




栄泉、二枚目、



「江戸名所盡 不忍弁財天 蓮看之景」です。



自首したらしいね、

◆http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20150425k0000e040157000c.html
毎日新聞 2015年4月25日(土)
ドローン事件出頭の40歳男を逮捕 … 威力業務妨害容疑


首相官邸(東京都千代田区)の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、
警視庁公安部は25日、福井県警小浜署に24日夜に出頭してきた
同県小浜市在住の男(40)が関与した疑いが強まったとして、
威力業務妨害容疑で逮捕した。

男は出頭した際、「反原発を訴えるために自分が総理官邸にドローンを飛ばした」
などと説明。ドローンに取り付けた容器に「福島の砂を入れた」などと話していた。
公安部は今後、男の身柄を東京に移して詳しく事情を聴く。


容疑者のブログだとか?

http://guerilla47.blog.fc2.com/blog-entry-51.html
ゲリラブログ参
◎100gの倫理



◆http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_3657.html
神浦元彰  2015.04.23
行政機関や原発上空、ドローン禁止へ・・・・政府


http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150422-OYT1T50185.html
読売新聞  2015年04月23日
行政機関や原発上空、ドローン禁止へ … 政府

首相官邸で小型無人ヘリコプター「ドローン」が見つかったことを受け、
政府は22日、行政機関や原子力発電所などの重要施設の上空で、
小型無人機の飛行を原則禁止する方針を固めた。

早ければ秋の臨時国会に航空法改正案を提出し、
来年に日本で開かれる主要国首脳会議(サミット)に間に合わせたい考えだ。

現在の航空法では、小型無人機は、無線操縦の模型やおもちゃと同じ扱いを受ける。

航空機の飛行に支障が出る空港周辺(半径約9キロ・メートル以内)でなければ、
原則として高さ250メートル未満の空間を自由に飛ばせる。

ドローンの普及を踏まえ、政府は2月に運用ルールを作る方針を決め、
関係省庁で調整を進めてきた。

国土交通省の審議会は規制のあり方として、

  〈1〉飛行禁止区域を設ける

  〈2〉飛行内容を関係機関に事前通知にする――

ことなどを検討している。


コメント

官邸屋上で見つかったドローンでは、
プラスチック容器に入った液体が入っており、
放射線のセシウム134とセシウム137が検出された。

放射線は微量で人体には無害というが、福島原発で汚染された水の可能性が高いという。

これには反原発の意思を感じるが、

もし、今回のドローンが軍事的な使われ方をしたら、どんなやり方があるか
知ることも対策を立てる上でも必要なことと思う。

ドローンにはカメラやペットボトル、それに発煙筒2本が搭載されていたという。

そこでドローンの搭載重量を2キロとして軍事活用を考える。

重量2キロでは、銃器やミサイルの搭載はできない。

重量が2キロの爆弾となると手榴弾程度の重さである。

そこで考えられるのは、対戦車手榴弾を搭載することができる。

離陸時にピンを抜いて安全装置を解除させれば、
対戦車手榴弾は着地(墜落)とともに衝撃で爆発する。

対戦車手榴弾はHEAT弾だから、高温・高圧の爆風とドロドロに溶けた銅が
官邸の屋上を突き破る。その下にある部屋に高温ガスを吹き込むので、
部屋の中の者や備品を発火させることができるのである。

もちもと対戦車手榴弾は戦車上部の薄い装甲を貫いて、
高温ガスとドロドロに溶けた銅を車内に送り込む。
そのため、車内の戦車砲弾を誘発(爆発)させることもできる。

同じような使い方をすれば、ラジコンの双発の飛行機の胴体先端に
HEAT弾を装着すれば、ビルなどの屋上からではなく、
高層ビルの側面(窓)からテロを仕掛けることも可能になる。

だからドローンの問題は、マルチコプターだけの問題ではなく、
ラジコン飛行機のテロの活用も含めて対策が必要となる。

さらには、かつて児玉邸に小型機が突っ込んだように、
セスナ機などのテロ活用も対策が必要になる。

低空の管理(テロ対策)とは頭の痛い問題なのである。


2015.04.25 追加分


初のドローン関与事件で騒がれているが、
小型無人機という分野で見れば今回のドローンは「おもちゃ」の範囲に入るだろう。

安価な値段で簡単に購入でき、短時間の操縦訓練で飛ばすことができるからだ。

しかし本格テロという手段を考えると、
固定翼機のラジコン機の方がはるかに脅威である。

翼の浮力を使って重量物を搭載できるからで、
飛行速度もマルチコプターと違って段違いに速い。

これらは政府の重要施設ばかりか、
車で高速道路を移動中の要人を自爆攻撃することができる。

もし政府がドローンで対策を立てるというなら、
このような固定翼機のラジコン機での攻撃も検討すべきである。

ラジコン機が約5キロの爆薬を積めば、バス一台を吹き飛ばすことができるからだ。

今は固定翼機にカメラを搭載して、映像を電波で飛ばし、
移動中の目標(車など)を追跡して攻撃も出来る時代である。

いい加減な規制だと日本が世界中の笑い者になるので、
よくよく現実を考えて規制案をまとめて欲しい。



栄泉、三枚目、



「新吉原年中行事 三月上巳仲ノ町の花 大文字屋内 一元」です。



いやはや、恐ろしい、

◆http://news.livedoor.com/article/detail/10026087/
ライブドアニュース 2015年4月20日
アシアナ機事故の驚くべき新事実  機体が地面に激突寸前だった?


元日本航空機長がアシアナ事故機の驚くべき新事実を発表
 「アンテナは滑走路より低いところにあった



19日放送の「報道ステーション SUNDAY」(テレビ朝日系)で、
元日本航空機長の杉江弘氏が、
広島空港のアシアナ航空機事故に関する新事実を明らかにした。

番組は、今月14日に広島空港でソウル発のアシアナ航空機が着陸に失敗し、
乗客ら22人が負傷した事故を取り上げた。

ゲスト出演した杉江氏は今回の事件について
「詳しく調査させてもらったんですけど、驚くべき新しい事実が出てきたんですよ」
と切り出し、
事故機が接触した赤いローカライザーアンテナ(着陸誘導用アンテナ)に注目した。

高さ6.4メートルのアンテナは、
これまで滑走路よりも高いところにあるイメージで報道されてきた。

ところが杉江氏によれば、

事故現場の3000メートルの滑走路は中央に向かって丘のように上っており、
アンテナは滑走路の一番高い所より1.5メートルも下にあった
のだという。

このアンテナの高さは、
航空機が通常使用する滑走路の着陸ゾーンとほぼ同じ高さだという。

こうしたことから杉江氏は、

事故機が「着陸する地面の高さと同じところに向かっていたわけです」と説明し、

機体が地面に直接激突する寸前だったことを明らかにした。

杉江氏は自身の見解として、接触したアンテナがクッションの役割を果たし、
もしなかったならばさらなる大惨事になっていた可能性を指摘した。


杉江氏は事故機が低空飛行した原因について

機材の故障でも天気の下降気流でもない」とし

ひとえにパイロットの操作」である
と断じた。


さらに杉江氏は、今回の事故がパイロットのヒューマンエラーではなく
危険行為である
と厳しい口調で批判した。

杉江氏によると、事故機のパイロットは着陸直前に滑走路が見えなかったときに
機体を急上昇させるルールを守らなかった可能性がある
というのだ。

こうした見解を踏まえて杉江氏は、一刻も早く韓国当局やアシアナ航空に安全勧告
をすべき
と主張し、

「それをやらなきゃ、このようなとんでもない事故はこれからも起こりますよ」

と警告した。




アメで事故起こした機長と同一人らしい?との噂あり。

『アシアナ航空214便着陸失敗事故:
2013年7月6日に仁川国際空港を離陸し、サンフランシスコ国際空港へ向かっていた
アシアナ航空のボーイング777-200ER型機が、サンフランシスコ国際空港への着陸に失敗、
炎上した航空事故である。
事故の原因はパイロットの不適切な操縦とされ、3名の乗客が死亡した。』

キ印・鮮人に飛行機操縦は危険この上なし、

命が惜しかったら大韓航空その他に乗らぬことですし、

日本の空港への、離発着禁止が至当です、巻き添え食ったら大事故ですぞ。


コメント

花盛にⅣ

2015-04-24 11:05:09 | Weblog
 画は 歌川 廣貞 (生没年不詳)、五粽亭 (ごそうてい)と号す。

 江戸時代後期の 大坂の浮世絵師。 歌川國升の門人。

 作画期は 弘化4年(1847年)から文久3年(1863年)           作


  「景清曽我賑不尽 けいせいそが はるのふじがね」より、

  「曽我物語 巻ノ一」 「工藤左衛門」 「舞つる姫」
  
  「小林朝日丸」 「曽我十郎」 「曽我五郎」です。


☆曇り。

血塗れ・キ印・ストーカー893帝国、

◆http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-5aef.html
マスコミに載らない海外記事 2015年4月23日 (木)
真実はワシントンの敵


☆http://www.paulcraigroberts.org/2015/04/21/
 truth-washingtons-enemy-paul-craig-roberts/

Paul Craig Roberts  2015年4月21日


エド・ロイス下院議員(カリフォルニア選出、共和党)は、
真実がアメリカ内で語られる可能性を破壊する作業に励んでいる。

4月15日、ロイスが委員長をつとめる下院外交委員会公聴会で、
ワシントンのウソに 異議を唱える人々全員、
気の狂った親ロシア・プロパガンダ・カルトに属する
脅威 

と定義しなおすのに、ロイスは二つの二流売女マスコミを利用した。
http://www.prisonplanet.com/
bloggers-compared-to-isis-during-congressional-hearing.html

ワシントンの問題は、ワシントンは、アメリカと、ヨーロッパ、カナダ、
オーストラリア、ウクライナや日本等の
属国の印刷メディア、TVメディアは支配しているが、

ワシントンは、ここの様なインターネット・サイトや、
属国でない国のRT等のマスコミを支配してはいないことだ。

結果として、ワシントンのウソは異議を申し立てられることとなり、
プロパガンダ内容ゆえに、
欧米の印刷媒体・TV放送を、人々が信用しなくなると、
ウソに依存しているワシントンの狙いは、事を進めるのがより困難になってしまう。

真実は、ワシントンのプロパガンダを通り抜け、沸き上がる。

あらゆる言説に対する制御が不能になる可能性に直面して、
ヒラリー・クリントンやエド・ロイスや他の連中は、
突然 ワシントンが“情報戦争”に敗北しつつあると泣き言を言い出した。

納税者達が大変な苦労をして手にした膨大な額の金が
ウソで真実と戦う為に使われようとしているのだ。


何をすべきだろう?

支配を継続するために、どうすれば真実をウソで抑圧できるのだろう?

アンドリュー・ラック、ロイスその他の連中は、真実を語る人々を
テロリストとして定義し直すのがその答え
だと言う。

そこで、RT(RussiaToday)や“異議を唱える”インターネット・ブロガーを、
「イスラム国」や、指定テロ集団のボコハラムになぞらえるのだ。

公言できない狙いに役立つように、ワシントンが創り出すエセ現実に異論を唱える、
クリス・ヘッジズ、ジョン・ピルガー、グレン・グリーンウォルドや
私たちの様な 体制と意見を異にするブロガーを含めるようテロリストの定義を、
ロイスは拡張したのだ。

例えば、もしワシントンが、政治献金と引き換えに、
軍安保複合体に利益を注ぎ込みたくても、政治家がそれを言うわけには行かない。

そこで、代わりに、戦争を始めることによって、
アメリカを危険な敵や大量破壊兵器から守っているのだと連中は主張する
わけだ


政治家連中が、アメリカ金融帝国主義、
あるいはエネルギー帝国主義を推進したい場合には、
自由と民主主義をもたらすというお題目のもとで、そうする必要があるのだ。

政治家連中が、ロシア等、他国の勃興を防ぎたい場合には、
オバマ大統領は、ロシアは、エボラ・ウイルスや、
「イスラム国」にも匹敵する脅威だとするのだ。


ノーム・チョムスキーは、ワシントンのプロパガンダをおうむ返ししない
いかなる情報も、許しがたいものと、ワシントンは見なしていると簡潔に要約した。

脅威としての真実 に対するワシントンの攻撃を見れば、
ウイリアム・ビニーやエドワード・スノーデンが暴露した、
巨大な国家安全保障局スパイ制度の狙いが理解しやすくなる。

スパイ網の狙いの一つは、ビッグ・ブラザーという“真実”に
“異議を唱える連中”全員を特定することにある。

“異議を唱える”連中全員のあらゆる電子メール、インターネット検索、
訪問したウェブ、電話会話、購買、旅行記録を集めた人物調査書が 既にあるか、
作られるはずだ。

異議を唱える各人に関する膨大な量の文脈から好きなものを抜き出す為、
くまなく調べ、もし告訴が必要とあらば告訴することもできる。

既にワシントンは、罪状も無しに、アメリカ国民を無期限拘留し、拷問し、
殺害するという憲法を超越する自らの権限を、まんまと行使するに至っている


ジャネット・ナポリターノ国土安全保障長官が、国土安全保障省の対象は、
テロリストから、国内過激派に変わった
 と述べたのは数年前のことだ。

国内過激派という範疇にまとめられるのは、
環境保護運動家、動物愛護運動家、幻滅した退役軍人を含む反戦活動家、
州の権利、制限された政府、説明責任を負う政府を信じる人々だ。

結果的に、異議を唱える、アメリカ最良国民の多くが、
いくつかの理由で、国内過激派扱いされる
ことになる


例えば、動物を愛護するクリス・ヘッジズ
(http://www.opednews.com/articles/Choosing-Life-by-Chris-Hedges-
Animals_Cattle_Corporate_Dairy-150420-878.html を参照)や、
環境や、ワシントンの果てしない戦争を懸念する人々が。

“異議を唱える人々”に対するスパイと、来るべき弾圧が、
ディック・チェイニーの企業ハリバートンの子会社が、
アメリカ国内での収容所建設で、3億8500万ドルもの連邦契約を落札した説明になる
かも知れない。

収容所が一体誰を収容する予定なのかを懸念している人々の数はごく僅かなようだ。

マスコミや議員による調査は全く行われていない。

収容所が、ハリケーンや、森林火災からの避難民用のものだとは考えがたい。

強制収容所は、普通は、信頼できないと見なされる人々用のものだ。

そして、ラック、ロイス他が、信頼できない人々とは
ワシントンのウソを支持しない人々である ことを明らかにしている。

ワシントンや、ワシントンが仕えている私的権力機構が、
自らを真実から守る必要性を感じていることが、
一般市民の中にいる“脅威”に潜入し、占拠し、一斉検挙するという
様々な州における、極めて奇妙な軍事演習の理由かも知れない。
(http://www.zerohedge.com/news/2015-04-16/
signs-elites-are-feverishly-preparing-something-bigを参照のこと)

売女マスコミのCNNですら、ミズーリ州ファーガソンに派遣された州兵達が、
一般市民の抗議行動参加者を“敵軍”や“敵対者”と見なすよう教え込まれていた
ことを報じており、州や地方の軍隊化した警官が、
アメリカ国民を脅威として見なすように訓練されているのを我々は知っている


民主党員であれ共和党員であれ、リベラル、保守、超愛国者、
学識があろうと無かろうと、ワシントンが、売女マスコミの協力を得て、
真実を脅威と規定しているのを理解しているアメリカ人は、
私が認識できる限りは、ごくわずかだ。

ワシントンの考えでは、真実は、エボラ、ロシア、中国、
テロや「イスラム国」を全部足したより大きな脅威だ

真実に耐えられず、真実の撲滅に頼るしかないような政府は、
どの国とて望むような政府ではない。

だが、そうした望ましからぬ政府こそが、
クリントン-ブッシュ-チェイニー-オバマ-ヒラリー-ラック-ロイスらが、
我々に与えてくれる政府だ。

皆様はそれで満足だろうか?

皆様の名において、皆様が苦労して得た、ますます少なくなりつつある所得に
かけられた税金で、21世紀に、ワシントンが、8ヶ国で、
何百万もの人々を殺害し、不自由にし、強制退去させ、
アメリカにロシアと中国との戦争への道を歩ませ、
真実は国家の敵であると宣言している
のに皆様は甘んじられるのだろうか?




日本の主敵は「ユダ米」です。

「仇」に莫大な血税使い、合力してどうするのだw  基地外・背乗り「自公政権」です。




廣貞、二枚目、



「あづまの与四郎  浪花の次郎作 かむろたより」です。



久しぶりにw ポスト氏、ドローンは支那製らしいね、

◆http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/517.html
投稿者: 小沢内閣待望論 日時: 2015 年 4 月 23 4sIKljvd9SgGs
安倍が習と会談したら官邸にセシウム無人機、ア銀に参加するなドローン?、
 高村・自民は二つに割れる、だそうです



東京の制空権を米軍が握っている事を考えると、米軍が飛ばしたか、
夜中にサンタのように置きに来たといった所だと思いますが、

よくふられた彼女が昔貰ったプレゼントを送りつけるとか、
仲の悪い隣人の玄関に犬のうんこを置いて逮捕された地方議員だとか、
我が家の猫もあんまり乾きものばかりや遊んでやらないと
嫌がらせのように大事な書類の上にうんこをしますが、

大丈夫だと思うけど、アジア銀行に参加するとか口走るんじゃねーぞーと
念押しのドローンのような気がしますが、

別れる事になる半年前のカップルが相手宛の手紙やメールを読まずにはおれず、
安全パイとのやりとりまで嫉妬するのに似ていますが、

40ヵ国にふられたばかりの米国が日本を信じきれないのは当然で、
そもそも原爆を投下して謝罪していない国との関係はただの力関係で、
オバカ側近でライス二世みたいなおばさんも
支配は暴力以外にないと開き直っており
、ここ最近のお前以外あり得ねー
というア銀参加国への嫌がらせの数々を考えると、またお前かに行き着きます。

もっとも、脅しはしたいが私が脅しました じゃまずいから、
オウムが言っていた 国会でサリンを空中散布を思い出した人も多いと思いますが、
尊師を処刑するなーとオウムの残党がやった、それじゃー
オウム対策で集団的自衛権も徴兵も急がなくちゃねと
一石二鳥を狙うといった所でしょうか。

しかし、当時から時は流れて、フジ事件で在日・部落問題のからくりがばれて、
メガ地震をフライイングした安藤の番組は視聴率%になり、
ダマスゴミや新興宗教と言えば 背乗りや通名というのが若者の間では常識となり、
オウムの仕業とテレビが騒いだ所で、背乗りが背乗りの仕業だと騒いでも
黒幕はハザールじゃーんと 馬鹿でもガキでもピンときてしまう時代で

第一、第七サティアンの場所は 富士演習場の隣の笹川財団の隣とか
壁ドンで顔が近いみたいな関係なのがバレバレで、

連中の先代もネット時代の批判に耐えうる場所に建てなければ、
普通に考えると上下間系だわなあと誰にも思われる訳で、
サティアンは修善寺とか苗場にしておくべきでした。

もっともあっちこっちで反対されたからあそこしか無かった訳で、
消去法で米軍のご近所となったのも仕方が無かった訳です。

そんな訳で、オルガルヒを追放した今となっては
オウム繋がりのロシアじゃね とこじつけるのも無理で、やはり、
江派を掃討中の中国の仕業じゃねというのも無理があり、
セシウムを積んでいたからラジコンオタクのいたずらにする訳にもゆかず、
巡りめぐってやっぱオウムの仕業で正面突破だーという事になり、
在日問題に詳しい若者達に、空中浮遊ウケるーとか
阪神大震災の予言ってベクテルから聞かされてただけじゃーん、
村井がユダにやられたって言ってるー、
偽ユダ=ハザールじゃーん、お悔やみ申し上げるけどウケるー、

結局長州背乗りとハザール背乗りの自作自演パターンじゃーん、と
お笑いにされてしまう訳ですが、そう言えば首なし枝豆
警備体制はどうなってんだーとか与党を批判するような、
非正規を即刻徴兵して警備に当たらせろと
聞こえなくもないような事を言っていましたが、

卑屈な人相が 橋の下 部落偽装背乗り弁護士に似ていますが、
部落を前面に押し出してしつこく小沢を叩いていた野中も
背乗りじじい放談
と考えると辻褄があいます。

とにかく、ポロチンコもそうですが、
イラク戦争の時のクルドのマスード司令官使い捨ても、
イスラム国のバグダディサイモンも、ビンさんも
ユダヤを名乗る背乗りだ その国の少数民族の背乗りだ 王族の背乗りだと
背乗りのオンパレードで、ネット以前は最強の作戦でしたが
ネット時代はまた背乗りの仕業かと勘ぐられてしまい、
ばれそうになるとダマスゴミが後追い報道せずにフェイドアウトの繰り返しで、
もう背乗りというビジネスモデルがオワコンという事です。


コメント

*07. 2015年4月24日 JxJRT1Nz2U

  > 背乗りが背乗りの仕業だと騒いでも黒幕はハザールじゃーん

  まさに自作自演がお家芸のハザール&半島人たち。
  在特会も チャンネル桜も、全部、偽ウヨ=反日ウヨ。
  偽ウヨ半島人の見分け方は簡単。
  なぜかアメリカの悪口は言わない。
  統一教会の話になると静かになる


  真っ当な右翼なら日本に原爆を2発も落として、
  一般市民を殺したアメリカを糾弾するとか、
  米軍は日本から立ち去れ~! とか騒いでよ。 



◆http://www.harimayahonten.co.jp/
播磨屋本店ホームページ


今月の挨拶手紙 若き自衛官必読

http://www.harimayahonten.co.jp/common/150401.gif


都心運行中のスメラギ特別広報隊各車

http://www.harimayahonten.co.jp/common/globerevolution10.gif

http://www.harimayahonten.co.jp/common/globerevolution1.gif

http://www.harimayahonten.co.jp/common/globerevolution6.gif


以下ご参照!




廣貞、三枚目、



「稚児渕 巻ノ二」 「捨わか丸」 「髪ゆひ源五郎」です。




鵺(ぬえ)としての創価・公明党、

◆http://toshiaki.exblog.jp/
古川利明の同時代ウォッチング
◎2015年 04月 19日

より抜粋、

#「上」の続きだが、連中が、盗聴ホウを合法化しようとした
オモテ向きのリクツはだな、「組織ハンザイにおける共謀の立証」なんだよな。

わかりやすい例が、ヤクザの抗争で、下っ端のヒットマンってのは、当然、
「上からの指示」によって犯行に至っておるんだが、
基本的に実行ハンは、「それ」をうたわんわな。

だから、その壁を突破するには、「盗聴ソーサもやむなし」と
ワーワー喚いたんだが、もちろん、それはタテマエだ。

いみじくも、神奈川ケンケイの公安担当による、
共産党の緒方靖夫宅の非合法盗聴がバレたことに象徴されるように、
連中は、ま、ケーサツと自衛隊の2本立てだが、
このテの違法盗聴は、今でもヤリマクっておる。

今回、わざと、取り調べの可視化と抱き合わせで持ち出したんだが、
目的はコクミン監視だ。

違法盗聴は、いくらでもヤリ倒しておるんだから、
「それ」をチョロっとオモテに出すことで、
ある種の威嚇、恫喝の意味あいはあるだろう。

あと、運用のゲンバでは、有名無実化しておる通信会社の立会いだが、
コイツも廃止することで、歯止めをなくすってことだが、
まさに「キチガイに刃物」とはこのことだ。

最初の盗聴ホウ制定は、自社さ時代にハナシは出ており、当時、
与党(閣外協力)だった社民党はホウアン提出の阻止はできなかったものの、
ホウアン自体には反対だっため、継続審議が続いておったんだよな。

それで、98年夏の参院選の自民トウ惨敗を機に、「自公が始まるんだが、
野党時代はこの盗聴ホウには反対のフリをしておった、
イケダモン大先生んところの公明トウが、見事なまでに豹変し、
大賛成に転向して、ホウアン成立に至ったんだよな。

そうだよ、そうだよ、今からちょうど16年前の
99年の統一地方センキョが終わった直後だったよなあ。

じつは、アレがワシが「信濃町ウォッチャー」となる最大の契機になっておるんだが、
あのときのオドロキは、今でも忘れられない。

このどこがいったい、反戦平和の党なんだ?ってなあ(**)


#まだ続けるが、この盗聴ホウの胡散臭さは、第15条の「適用除外」んところに
象徴されておるよなあ。

コイツは「医師等の業務に関する通信の傍受の禁止」ってんだが、
ココに「医師、歯科医師、助産師、看護師、弁護士、弁理士」と抱き合わせて、
イチバン最後に「宗教の職にある者」って明記しとるんだよな。

「宗教の職にある者」って、要は、「イケダモン大先生」のことだからな(笑)

そもそも、こうした適用除外があること自体、「?」なんだが、
医師とか弁護士といった特殊技能を要する職種に加えて、ぬあんで、
「宗教の職にある者」が、盗聴ソーサの適用除外なんだよ? 

ココまで来ると、魑魅魍魎そのものだが、要するに、
イケダモン大先生んところの創価ガッカイ=公明トウは、
「盗聴をされる側には、ならない」、つまり、
「盗聴を仕掛ける側に立つ」と明言しとるのと同じだ。

でも、こうした反戦平和の党の欺瞞を誰も告発、批判しようとせんってのは、
いったい、どういうことなんだよ? 


#そうか、アベは、今晩(=4・20)出たBSフジの番組で、
その「戦後70年談話」について、
「(戦後50年の村山談話と)同じだったら、出す意味はない」
って大見得を切ったのかあ。

ま、アベ自身の歴史認識はともかくとして、所詮、こういうのも
「政治的妥協の産物」っていうことで言えば、
「戦争反対」を唱えることが3度のメシより大好きな、
イケダモン大先生を「創立者」とする公明トウだよなあ。

連立与党として、アベ自民トウとは「ひとつ屋根の下の、同じ布団の中」で
寝ておるカンケイだからなあ。

そうだよ、そうだよ、
イケダモン大先生の筆によるものとされる人間革命の冒頭は、
次のフレーズで始まっておったなあ。

  戦争ほど、残酷なものはない。

  戦争ほど、悲惨なものはない。

  だが、その戦争は、まだ、続いていた
。>

しかし、マトモな創価ガッカイ員はだな、
今度のアベの戦後70年談話はもとより、あのアンポならぬ、
アホ法制についても、何も文句を言わんのかよ? 

ワシは、ポストに連載しておった佐野眞一の『化城の人』のパクリ疑惑を、
執拗に穿り出しておった荒井香織ってのは、ガッカイ員だと踏んでおるんだが、
彼はこの体たらくの イケダモン大先生と創価ガッカイ&公明トウに対して、
根源的な批判ってのは、ねえんかいなあ。

あと、この荒井と一緒になって、佐野バッシングに加担しておった西岡研介クンも、
こういうことに関しては、どういうわけか、見て見ぬフリを決め込んでおるよなあ。


#んで、アベの肝煎りでやろうとしとる、アンポならぬアホ法制だが、
今朝(=4・22)の東京シンブンには、
「例外なく国怪の事前承認を必要とするのは、国際平和支援ホウによる海外派兵のみ」
って出ておったなあ。

他紙を見るとだな、イケダモン大先生んところの公明トウが強く要求して、
「例外なき国怪の事前承認を盛り込んだ」ってことで、
さも「歯止めをかけたフリ」を強調しとるんだが、しかし、
相変わらずデタラメっていうか、
要は「国怪はザル承認あるのみってことなんだな。

今回、自衛隊の海外派兵に関しては、

  集団的自衛ケンの行使に関しては武力攻撃事態ホウ

  弾薬提供etc米グン支援は周辺事態ホウ改め重要影響事態安全確保ホウ

  紛争地における他国グン支援は国際平和支援ホウと、

大きく3つのホウ律を適用するってんだが、
そもそも、この3つの境目は曖昧模糊としておるんだな。

だから、この3つに「米グン様」が入っておればっていうか、
そもそも、米グン様ってのは、基本的にパッケージで入っておるんだから、
であれば、3つのうち、どれを使うてもOKってことなんだな。

ま、本来的には、自衛隊の海外派兵のハードルが最も高いのは、
集団的自衛ケンの行使にあたる「武力攻撃事態ホウ」に基づく派兵なんだが、
コイツも「ニッポンの存立が脅かされ、
コクミンの生命が根底から覆される明白な危険がある場合」ってんだが、
こんなもん、政府が今は、緊急非常事態やって喚いてしまえば、
それでスルーしそうだよなあ。

で、コクミンの側は「その詳しい根拠を出してみろ」と迫ったところで、
「バカ者めが、そんなもん特定ヒミツに決まっとるやないか」で
恫喝してオシマイだろうからなあ(笑)


#で、今朝(=4・23)の各紙に、市ヶ谷のぼーエイ庁関連で、
P1哨戒機を川崎重工から7年がかりで20機も買うため、
財政ホウにおける複数年契約の上限について、
現行の5年から
10年に引き上げる改正アン
を、
自公に民主、維新も賛成に回って、「参」の本会議で可決されたって出ておったな。

コレによって約400億円安くなるってんだが、そもそも、
「こんなもん、ホンマに20機も必要なのか?」っていうハナシだわなあ。

ま、そうやって、「必要性の是非」を問うたところで、どうせ、
「このバカ者めが。そんなもんは特定ヒミツに決まっとるやないか」と恫喝して、
オシマイだろうしなあ。

いずれにしても、「ぼーエイ産業救済策」そのもので、ったく、
自公で突き進んでおる「ぼーエイ予算の聖域化」だわなあ。

しかし、今、ぼーエイ予算では、1年っていう単年度予算では払い切れんため、
所謂、「ローン」に相当する、
何年もかけて支払いを続ける後年度負担の占める割合が、スンゴイだよな。

今年度のぼーエイ予算4兆9801億円のうち、後年度負担分はぬあんと、
1兆8206億円に達し、全体の4割近くなんだな。

んで、今年度、新たに購入を明記した、こうしたローン払いによるチョー高額武器は、
あの「空飛ぶ棺桶」ことオスプレイ5機516億円)、
まだ未完成で、とにかく亜米利加サマに貢ぐために予算計上しとるF35戦闘機6機
1032億円)をはじめ、ぬあんと、
「2兆5623億円」に上っておるんだぞ(**)


#「上」の続きだが、今、ぼーエイ予算で増大しておる、
「後年度負担=2年以上のローン払い契約」はココが異様に突出しておってだな、
あの無駄遣いの象徴の、公共工事の牙城である国交ショウでさえ、
約7000億円(14年度当初予算)だから、
いかに、市ヶ谷が予算シッコーの原則である「単年度主義」を破壊しマクっておるかが、
わかるというものだろう。

っていうかさ、ココまで来るとさ、
「ぼーエイ予算の聖域化」なんていう生易しいもんでのうて、モロ、
軍事費トクベツ会計だよなあ。

だから、今、補正予算アンの「震災復興事業」に
ぼーエイ予算を潜り込ませるウラ技をはじめとして、
デタラメな予算シッコーが凄まじいんだよなあ。

消費税増税した挙げ句、生活保護をはじめとする社会保障を切り捨てる一方で、
ぼーエイ予算だけは「焼け太り状態」
だからなあ。

ワシ、ココで声を大にして言いたいのは、「反戦平和」を唱えることが、
3度のメシを食うより大好きなイケダモン大先生を「創立者」とする公明トウが、
セー権与党に入って、このザマだからな。

「どうせ、ニッポンの有権者はバカばっかだから、何をやってもチョーOK」って、
ナメ切っておるからこそなんだよなあ(笑)




地方選挙第二弾、棄権せず、「自公」以外に投票しましょう!


コメント

花盛にⅢ

2015-04-23 11:07:47 | Weblog
 画は 鈴木 春信(すずき はるのぶ)

 享保10年(1725年)? ~  明和7年(1770年)     作


  「風流雪月花 花」です。


☆晴れ。

火薬庫だらけ、放火魔ユダ米、

◆http://jp.sputniknews.com/middle_east/20150423/231984.html
Sputnik 日本 2015年04月23日
アラブ連合軍 イエメンで新作戦の開始を宣言


サウジアラビア主導の連合軍は、「決断の嵐」作戦の終了を発表した後、
イエメンで4回の空爆を実施した。
タス通信が、汎アラブのテレビAl Mayadeenの情報を引用して伝えた



奇襲はイエメン北部サアダ県で行われ、マラン地区が攻撃を受け、
マンバフでは山村で機関銃による攻撃が行われたほか、
ハムダンでは、軍事キャンプが空爆にさらされた。

21日、連合軍のアシリ報道官は、「決断の嵐」作戦の終了を宣言した。

報道官によると、22日に始まった新たな作戦希望の復活は、

政治・外交的、人道的、軍事的な性質の対策を組み合わせたものだという。



◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51957194.html
日本や世界や宇宙の動向 2015年04月22日
米海軍が空母をイエメンに送りだしました


これまでは、主にシリアやイラクでのテロ活動や戦争の報道ばかりでしたが、
今ではイエメンが関心の的となっています。
サウジアラビアがイエメンを攻撃してから事態が益々悪化しています。

いよいよ米軍が空母をイエメンに送り、
イランのフーシー派への武器輸送を阻止しようとしています


また、ロシアはウクライナに武器を供給しているイスラエルに警告を発しました

ウクライナも中東も事態が益々悪化しています。

そしてアメリカでは怪しい動きが。。。

今年は何が起きるか分からない年のようです。

単なる地域的な小競り合いで終わってもらいたいものです。

☆http://beforeitsnews.com/global-unrest/2015/04/
 putin-warns-israel-us-warships-on-their-way-to-yemen-
 will-there-be-war-with-us-and-iran-2467758.html

(概要)

4月21日付け:

プーチンはイスラエルに対してウクライナに武器を供給するなと警告しました。

アメリカとイランの戦争が勃発するのでしょうか。


イランがイエメンのシーア派武装集団(フ-シ‐派)を支援しているため、
米海軍の空母がイエメンに向かっています。

その目的は、フーシー派に武器を届けているイラン軍の大型船を妨害している
他の米軍軍艦と合流し戦力を強化するためです。

☆https://www.youtube.com/watch?v=qRuvRRztd4k#t=13
Breaking!  US warships on their way to Yemen,
will there be war with US and Iran? Putin Warns Israel!


中東では情勢が益々悪化しています

イランとアメリカの代理戦争が今にも起きようとしています。

サウジアラビアはイエメンを空爆していますが、
イエメン(サウジアラビアが支配してきた)を
イランに奪われるのではないかとかなり不安視しています。

☆https://www.youtube.com/watch?v=ezi3Ci3OmJ4
US warships heads to Yemeni waters; to block Iran weapons shipment

ロシアとアメリカの元政府高官は、

冷戦時代の核兵器の開発と 米ロの緊張が高まり

サイバー攻撃は頻発し、米ロ核戦争の危険性が高まっていると警告しています。




春信、二枚目、



「神楽獅子」です。



キ印偽ユダヤ婆ぁ、

◆http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-2ed9.html
マスコミに載らない海外記事  2015年4月22日 (水)
来た、見た、死んだのヒラリー・ドクトリン


☆http://www.strategic-culture.org/news/2015/04/16/
 the-hillary-doctrine-we-came-we-saw-they-died.html

Wayne MADSEN  2015年4月16日


いわゆる“オバマ・ドクトリン”外交政策は、形が定まらず、
最善でも、矛盾していると主張している人々は、

ヒラリー・クリントン政権の将来を、
アメリカ外交政策に対し、一層有害なものと見ている


元国務長官が正式にアメリカ大統領選出馬を表明した今、
外交政策専門家達が、アメリカ外交のトップだった時代の彼女の判断を分析している。

オバマ外交政策の大半の重要な失敗が、世界という舞台における、
クリントン夫人の軍事力による威嚇と瀬戸際政策の直接の結果
である
のみならず、

テーマ革命マニアのジョージ・ソロスと同等の作戦に進んで関与する
ヒラリー・クリントン政権は、“移動大使”としての夫と共に、
一層無謀な介入主義的アメリカ冒険主義となるのではないか
と多くの外交官が懸念している。

当時のアメリカ国連大使スーザン・ライスや
国家安全保障会議多国間問題・人権担当上級部長や、
大統領上級顧問のサマンサ・パワーの支援を得て編み出された
クリントン夫人の保護する責任”、“R2Pドクトリンによって駆り立てられ、
アメリカ合州国を軍事的にシリア内戦に関与させるよう、
オバマがほとんど説得されていた時、R2P保護する責任、 Responsibility to Protect』は、
アメリカを、中東でのもう一つの残忍な内戦に巻き込む確実な方法であることに気がついた。

チュニジア、リビア、エジプトや、イエメンにおけるこれまでのR2P作戦で、
オバマが、クリントン、ライスや、パワーの発言を封じることができていたなら、

シリアやイラクの「イラクとレバントのイスラム国(ISIL)」の様な恐ろしい厄介者や、
リビア、チュニジア、イエメンやエジプトにおける、その様々な分派など存在しなかったろう。

クリントン夫人は、大統領として、R2Pの大義を更に擁護し、
世界に更なる不安定をもたらすだけでなく、彼女が抜てきした
ビクトリア・ヌーランド国務省国務次官補(欧州・ユーラシア担当)で、
1980年代、ロナルド・レーガンが核弾頭搭載巡航ミサイルを、
西ヨーロッパに配備して以来のどの出来事よりも、
ヨーロッパを不安定化させたウクライナの“ユーロマイダン”クーデター首謀者を
昇進させるのは確実だ。

クリントン夫人は、ニューヨーク選出上院議員だった頃、
賛成票を投じた2002年の上院決議で始めた、
アメリカのイラク侵略と占領の立案者ネオコンの一人、ヌーランドの夫、
ブルッキングス研究所のロバート・ケーガンにも、
外交政策幹部の仕事を見つけてやる可能性もある。

攻撃的な介入主義によって、アメリカ外交政策を何十年も逆転させることに成功した
国務省内の他のヒラリー信奉者には、パナマの米州首脳会議に、オバマが出席する直前に、
アメリカ国家安全保障に対する“脅威”だと呼んで、
ベネズエラをいらだたせるのに成功したロベルタ・ヤコブソン西半球担当国務次官補がいる。

オバマとヤコブソンは、ベネズエラ 多くの中南米とカリブ海の指導者達からの
かまびすしい批判の中、アメリカの姿勢撤回を強いられた。

もちろんクリントン夫人の国務省支配の中には、
2009年ホンジュラスのマヌエル・セラヤ大統領を権力の座から排除した
軍事クーデター支持もある。

当時国務長官だったクリントンは、キューバ系アメリカ人エリート外交官で、
フロリダ州南部のキューバ人コミュティーの右翼分子と密接なつながりを持つ
駐ホンジュラス大使ヒューゴ・ローレンスが画策した
対セラヤ・クーデターを熱心に支持した。

アメリカ大使は、クーデター後、クリントン宛ての電報で 作戦は違法だと述べたが、
クリントンは、権力を掌握したホンジュラス軍事政権への財政支援停止を拒否した。

弁護士のクリントン夫人は、面倒を避ける道を探し、そうすれば軍事政権に対する
アメリカの支援を停止することが要求されることになる為、
セラヤ打倒をクーデターと呼ぶのを拒否した。

ローレンスは、後にWikiLeaksに漏洩された、クーデター後のクリントン宛て極秘電報で、
きわめて明確に書いていた。

“セラヤの憲法違反とされるものの事実とは無関係に、ザッと見るだけでも、
軍事的手段による彼の排除が違法であるのは明白で、
最も熱心なクーデター擁護者でさえ、‘セラヤが法律に違反したこと’と
‘そこで、彼が裁判無しで、軍隊によって、コスタリカに叩き出された。’
ことの知的な溝を埋める説得力ある主張をできずにいる”

インターネットで公開したビデオで、クリントンが、
大統領選出馬を表明するわずか数日前、オバマは中南米指導者達に、
アメリカが中南米問題に“介入する日々”は終わったと語っていた。

ところが、わずか六年前、オバマの国務長官は、
正統な大統領に対するクーデターを承認して、ホンジュラスに介入した。

その後、クリントン夫人が、国務長官時代の2012年に、
パラグアイのフェルナンド・ルゴ大統領に対する“合憲クーデター”がおきた。

クリントン夫人の監督下では、ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領に加え、
ボリビアやエクアドルの大統領に対するクーデターの企みもあった。

クリントンは、ホンジュラス・クーデターにおける自分の役割を曖昧にしようと
するだろうが、彼女の役割は重要だった。

クリントンは、クーデターのわずか数週間前に、ホンジュラスのサン・ペドロ・スーラでの
米州機構サミットで、セラヤと会っている。

故ウゴ・チャベス・ベネズエラ大統領とエボ・モラレス・ボリビア大統領は、
クーデターは、マイアミにあるアメリカ南方軍と、
ホンジュラスのソトカノ-パルメロラ航空基地に駐留しているアメリカ軍要員による
積極的支援無しには実行不可能だっただろうと述べている。

セラヤは、航空基地を、商用国際空港に転換する計画を発表して、ペンタゴンを立腹させた。
クーデター指導部を含む、ホンジュラス幹部の多くは、
ジョージア州フォート・べニングの悪名高い西半球安全保障協力研究所、
かつての"アメリカ陸軍米州学校"で教育を受けており、
ペンタゴンが発する命令に、骨を待って涎を垂らす犬の如く熱心に服従した。

2011年10月、アメリカが支援したテロリストが、
リビア指導者ムアマル・カダフィに男色行為を行った後、残虐に殺害した際の
ニュース以上に、クリントン夫人の背信行為を分かりやすく示すものは、恐らく他にあるまい。

CBSニュース番組で、クリントンは笑いながら言ったのだ。

“ヒラリー・クリントンはCBSニュース番組で語った。

"来た、見た、死んだ。"

当時、

リビアの反政府派とNATO軍に攻撃された際、カダフィと彼の車列が、
降伏の白旗を掲げていた という多くの証拠がある。

2007年の大統領選時、クリントン夫人は様々な選挙戦会場を
エア・ラター・インターナショナルのガルフストリームII (機体番号N216RR)で
飛び回った。エア・ラターはウクライナ、オデッサからの裕福な
ニューヨーク移住者サム(セミョーン)・キスリンの息子、
クリントン選挙資金提供者アリク・キスリンが所有している。

国際刑事警察機構は、サム・キスリンのトランス・コモディティーズ社は、
二人の有名なウズベキスタン人悪党兄弟レフとミハイル・チェルノイに繋がっていた
と報じている。チェルノイ兄弟はイスラエル国民だ。

サム・キスリンは、ユダヤ人アピール・イスラエル連合の著名な支持者だ。
ヒラリー・クリントンの問題は、彼女は女好きの夫同様、年中、
スキャンダルを引き起こしていることが。

例えば、2007年10月1日、ニューヨーク・ポストは、
後に児童性的虐待の罪で逮捕されたエア・ラター元社員マーク・ビリーが、
ロング・ビーチのエア・ラターの施設に、
多数の武装したアメリカ人が集結しているのに気がついていたことを報じている。

これは、この航空会社が、クリントンを乗せて、国中を飛び回っていた頃のことだ。

ヒラリー・クリントン大統領は、国務長官としての任期時同様、
きらびやかな写真撮影の機会は豊富ながら、実質的な仕事は貧弱となろう

2011年、チリを壊滅的地震が見舞った後、クリントンは、
新大統領セバスチャン・ピニェラ就任式典後、
ミシェル・バチェレ大統領が退任する数日前に、
写真撮影用の訪問をして、チリ国民を怒らせた。

もし夫妻が、再びペンシルベニア通り1600番地に住めるようになれば、
クリントン夫人による、彼女と夫のクリントン財団から 外国政府への大量寄付取り持ちが続く
のは明らかだ。

ビル・クリントンは、インドネシアやハイチの様な地震と津波で破壊された国の為に、
膨大な金額の資金を集めること儲かる事業にしている。

ハイチの場合には、地震で生き残った人々向けの支援金の極一部しか
所定の受け手には届かなかった


今、世界中で生まれつつある子供達は、ヒラリー・クリントン政権実現の暁には、
4年目や、5年目の誕生日まで生き延びられないかも知れない。

クリントン大統領の“来た、見た、彼等は死んだ”ドクトリンの下では、
無辜の人々のみが苦しむことになろう


----------


彼女のトンデモ発言、ご承知の通り、

ユリウス・カエサルが、紀元前47年ゼラの戦い勝利を
ローマにいるガイウス・マティウスに知らせた言葉とされる

「Veni, vidi, vici(来た、見た、勝った)」

(発音は、ウェーニー、ウィーディー、ウィーキー)のモジリ。

ビデオを見ると、にこにこ笑いながら、来た、見た、(彼等は)死んだ”発言をしている!




春信、三枚目、



「初産」です。



悪魔の子=TPP、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201504210000/
櫻井ジャーナル  2015.04.21
米国の暴力を使った恐怖支配が限界に達し、
 ドル中心の経済も崩壊し始める中、日本はTPP推進の愚



安倍晋三首相の訪米を4月26日に控え、
TPP(環太平洋連携協定)をめぐる日米の交渉が進展しているのだという。

その交渉は秘密裏に進められ、透明度は極度に低いのだが、
断片的に漏れてくる情報によれば、
アメリカの巨大資本が加盟国の行政、立法、司法を支配できる仕組みを築こうとしている。

いわば、ボリス・エリツィン時代のロシアと同じような体制で、
富を一握りの強欲集団へ集中させ、
庶民を貧困化させるための反民主主義的な協定だと言える。

アメリカ/NATOはウクライナで ネオ・ナチ(ステファン・バンデラ派)を使って
支配地域を広げ、ロシア制圧を狙っているのだが、
こうしたやり口を見ても 彼らが民主主義を否定していることがわかるだろう。

1933年から34年にかけてアメリカの巨大資本は
反フランクリン・ルーズベルト/親ファシズムのクーデターを計画していたが、
そのころと変化はない。

多くの人が指摘しているように、TPPは「関税交渉」でも「通商交渉」でもなく
独立放棄」の協定で、農産品と自動車の交渉は枝葉末節の話


こうした交渉が難航しているという話が本当なら、
ほかの話は難航していないことになり、「独立放棄」を日本政府は認めたということになる。

独立を放棄させるカギを握っているのがISDS条項で、
健康、労働、環境などに関する法律によってアメリカの巨大企業が

将来に期待された利益を企業が実現できなかった場合、
各国政府に対して賠償を請求することがTPPでは許される


TPP(環太平洋連携協定)の知的財産分野の条文草案とされる文書を
内部告発を支援しているWikiLeaksは公開したが、
☆https://wikileaks.org/tpp-ip2/pressrelease/

それによると、アメリカの代表は開発した新薬の独占期間を長くしようとしている

そのため、安価な後発医薬品の利用が制限され、
ガンの治療薬など命に関わる薬の場合、所得によって命が左右されることになる
と批判されている。
そうした薬品会社の論理がエボラ出血熱の場合にも出てくる可能性はある。

巨大資本は低賃金で劣悪な労働環境が許される国に工場を建てるが、
そうした条件を維持させ
、「国産品を買おう」や「地産地消という運動は
規制の対象になりかねない


外国から労働者を入れれば、低賃金で劣悪な労働環境がTPPに加盟する全ての国へ広がる

また、巨大資本にとって都合の悪い情報が流れているインターネットに対する
規制や監視を強化する一方、金融取引は逆に規制を緩和するだろう。

ADB(アジア開発銀行)、IMF(国際通貨基金)、IBRD(国際復興開発銀行/世界銀行)
といったアメリカが主導する金融システムとも深く結びつく。

アメリカはEUとTTIP(環大西洋貿易投資協定)を結ぼうとしているが、
その目的も同じだ。

このTTIPでは法案が私企業の利益に影響を及ぼす可能性があるかどうか
審査するような仕組みを作ろうとしているようだ。
☆http://corporateeurope.org/sites/default/
 files/reconstructed_ec_proposal_regulatory_cooperation_march_2015_0.pdf

すでに議会は形骸化しているが、その形骸化した議会の息の根を止めようとしている


TPPにしろ、TTIPにしろ、アメリカの巨大資本の欲望を実現するための協定で、
アメリカ以外の国の巨大資本も同調しているが、
そうした強欲さへの不満は世界的に高まっている。

その不満をエネルギーにして存在感を高めているのがAIIB(アジアインフラ投資銀行)で、
アメリカの同盟国であるはずの国々も参加した。

このAIIBは中国の提唱で設立が予定されている金融機関で、
その背後にはBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)や
SCO(上海合作組織/アルメニア、ベラルーシ、中国、カザフスタン、ロシア、
タジキスタン、ウズベキスタン)が存在している。

BRICSやSCOの中心はロシアと中国。

アメリカ好戦派は中東、南北アフリカ、ウクライナで破壊と殺戮を繰り広げているが、
その結果、ロシアと中国の関係を強化させることになり、
ドルは基軸通貨としての地位から陥落しそうだ。

石油相場の下落もあり、ペトロダラーが逆流を始めたことも
アメリカの支配層を慌てさせているだろう。

AIIBには全てのBRICS加盟国、アルメニアとベラルーシを除くSCO加盟国が参加しているが、
そのほか、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、イスラエル、ヨルダン、
クウェート、カタール、サウジアラビア、グルジア、さらに
オーストリア、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイスランド、
イタリア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、
スペイン、スウェーデン、スイス、イギリスも加盟した。

コンドリーサ・ライス元国務長官はFOXニュースのインタビューの中で、
控えめで穏やかに話すアメリカの言うことを聞く人はいないと語っていたが、
これだけの国を脅すためには核戦争で脅すしかないだろう。

IS(イラクとレバントのイスラム首長国。ISIS、ISIL、IEIL、ダーイシュとも表記)や
アル・カイダ、あるいはネオ・ナチを使うにしても、限界がある。

崩れ始めたシステムを立て直すことは難しい



◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201504/article_138.html
richardkoshimizu's blog  2015/04/23
TPPとは、ユダヤ系多国籍企業が利益を独占し、
 政府・国家をも支配するための手口です



「交渉参加国の国内企業ではなく、グローバルな多国籍企業が
進出先で利益を得られなかった場合、その国を相手取って
補償を請求できる仕掛けが織り込まれているのです。

しかも、そうした訴訟に際して判決を下すのは3人の民間の弁護士で、
原告、被告の所属する国の法律は一切無視してかまわない、という驚くべき内容。」

この条項を強引に押し通すために

「交渉がまとまっても、まとまらなくても、
4年間は交渉過程を公表してはならない」としているわけです。


ま、当ブログの常連さんには釈迦に説法ですが。

それにしても浜田議員、スキャンダルで潰されないよううまく泳いでください。

どんどん真実を語ってしまうと、相手は手を出せなくなりますよ。



http://s.ameblo.jp/hamada-kazuyuki/entry-12016799732.html
浜田和幸 2015年04月20日
TPP:なぜ、そこまで秘密にこだわるのでしょうか


環太平洋経済連携協定(TPP)に関する閣僚協議が
「最大の山場」を迎えています。

今夜も甘利経済・財政大臣とフロマン通商代表の間で
コメや自動車分野について突っ込んだ交渉が継続中です。

とはいえ、TPPの最重要テーマは コメでも自動車でもありません。

このことが、秘密交渉の影響もあり、わが国では理解されていないようです。

実は3月25日にウィキリークスによって明らかとなった
TPP合意草案を読めば、この自由貿易協定の最大の眼目は
「投資」条項にあることが分かります。


曰く「交渉がまとまっても、まとまらなくても、
4年間は交渉過程を公表してはならない」。

民主主義国家で自由貿易を標ぼうする12か国の協議でありながら、
なぜそこまで秘密にこだわるのでしょうか。

その答えは投資条項案文の随所に散りばめられた
多国籍企業優遇策に隠されています


交渉参加国の国内企業ではなく、
グローバルな多国籍企業が 進出先で 利益を得られなかった場合、
その国を相手取って補償を請求できる仕掛けが織り込まれている
のです。

しかも、そうした訴訟に際して判決を下すのは3人の民間の弁護士で、
原告、被告の所属する国の法律は一切無視してかまわない
、という驚くべき内容。


たとえば、マイクロソフトが 日本市場で損失を計上した場合、
同社は日本が自由な競争を阻害している、
として日本政府を訴えることができるわけです。

そして、日本の法律に関係なく、
双方から指名された3人の弁護士が裁定を下すことになります。

こんな理不尽な、そして国益を損なうような条項が認められていいのでしょうか

一事が万事。

TPPには自由貿易の拡大という美名の下、
国家の存立を危うくするような時限爆弾が数多く仕掛けられているようです。

秘密にしなければならないような 自由貿易交渉のあり方そのものに
問題があることを強く指摘せねばなりません。




「対米関係」大幅見直しの時期でしょう。

「対米断交」も視野にいれるべきですな。

国益を毀損してまでも貢ぐ、恩も義理もない、敗戦後70年ですよ。

戦争当事者は昭和天皇以下ほとんど死んでおる。

戦後生まれの世代に何の関係があるのだ。

ユダ米は対支那攻撃などはしませんよw 日米安保は実態のない「化け物屋敷」w

ユダ米にトヨタその他が何ほど輸出しようが、決済は紙屑弗、

「輸出戻し税」で税金払っておる阿呆らしさ、いい加減にするべきだ。

ユダ米は日本にとって「吸血鬼にして死神」、それ以外にない!





コメント

花盛にⅡ

2015-04-22 11:43:01 | Weblog
 画は 豊原 國周 (とよはら くにちか)
 
 天保6年(1835) ~ 明治33年(1900)     

 号は一鶯齋、など。               作


  「鳥居新右衛門 大谷友衛門」

  「黒手組の助六 坂東彦三郎」 

  「三浦屋ノ白玉 坂東三津五郎」です。


☆晴れ。 夜半らいの強風、やっと収まる。

まずは、いい記事です。

◆http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/zenkokudanketudekokusakuutimakasu.html
長周新聞  2015年4月17日付



   全国団結で国策打ち負かす

     祝島の行動に高まる連帯感

     「福島繰り返すな」の世論 


祝島の島民たちが、14日に開催された漁協総会において
上関原発にかかわる漁業補償金の受けとりを拒否し
断固として原発反対を貫いた
ことが全県、全国に伝えられて喜ばれている


福島事故のような大惨事を引き起こしながら、性懲りも無く
再稼働や新規立地を動かす国
電力会社の横暴なやり口とあわせて
その国土をミサイル攻撃の標的にさらす戦争体制づくりを一方で進め、
郷土を廃虚に導く国策に憤激の世論が高まっている


福島以後、世論は様変わりしてきた。
いまや原発は祝島現地の利害だけの問題にとどまるものではない。
全県、全瀬戸内海沿岸、全国民の死活のかかった問題であり、
そのたたかいは人人のなかで圧倒する世論を代表したものとなっている。

国策を打ち破る全県、全国的な共同斗争として発展させ、
撤回に追い込むことが迫られている。


 ◎死活かけた共同の斗争


   ☆安倍首相お膝元の快挙           広島市 高橋 匡

今回の祝島漁協への補償金受けとりをめぐる攻防は、長周新聞を読むまで
いっさい知らされておらず、私たちにとっては寝耳に水の事態だったが、
祝島の人人の賢明な判断により「否決」の結果が示されたことは
本当によかったの一言に尽きる。

会場を祝島島内から柳井に移動させ、バリケードまで張り巡らす厳重な警戒態勢
というものものしさのなかで総会が開かれること自体が常軌を逸しているが、
にもかかわらず祝島の方方が一歩も譲らぬ行動をとられたことに敬意を表したい。

すでに30年も攻防が続く上関原発計画は、祝島が漁業補償金を一銭も受けとらない
ことが法的な手続きを食い止めてきた
が、最近になって
「受けとり」を主張する人人が出てきていたことを心配していた。

今回も賛成に回った24人の方たちがなぜこのタイミングで立場を変えられたのか
については疑問だが、本来漁業者のためにある県漁協が原発推進のための下働きをする
などあらゆる組織を通じた圧力や誘惑がある
なかで、
わずかな差であってもはっきりと「受けとり拒否」という決議が出されたことは
非常に重たい意味を持っている。
誰も文句がつけようのない結果であり、中電も県漁協もこれを重く受け止めるべきだ。

まして、本来祝島の漁業者に対して振り込まれ、当事者によって
法務局に供託されていた補償金を、親組合とはいえ赤の他人である県漁協が
勝手に引き出して、当事者の意向を無視して何度も受けとりを迫るということが
法的に許されるのか
。この行為については責任が問われなければならないと思う。

総会の決議は重たいものであり、県漁協がこれを無視することはできないし、
ここでケジメをつけて、補償金問題に終止符を打ち、
祝島の人人がこれまで通りに安心して漁ができる状況にしなければならない。

また、この判断が下されるまで上関現地だけでなく、
われわれも含めた周辺一帯の人たちの問題として世論を一つに束ねてきた
長周新聞のペンの力にも敬意を表したい。

政府とマスコミが一体となってことの真相を隠しながら水面下で進めてきた謀略を
許さなかった
。低投票率の選挙で「信任を得た」という格好をとりながら
暴走してきた安倍政府のお膝元で、
これをひっくり返す住民の団結の力を見せつける快挙だったと思う。

野党がだらしがなく、口先では格好つけた「反対」を唱えながら
裏では口裏を合わせるような政治がはびこるなかで、
日本全国の底辺に流れる本当の民意を示す
ことがこれからは非常に大事になっていると思う。

被爆地広島においても核と人間は共生することはできないという信念に立ち、
上関をはじめ山口県民とともに核兵器廃絶と全国の原発の即時廃炉を求めていきたい。
                   (原爆展を成功させる広島の会会長代行)

     ☆団結すれば国策止まる          広島市 宇都宮満枝

祝島の人人の断固とした「否決」の判断に広島市民として心から御礼をいいたい。
福島原発事故の片付けがこれほど難航しているさなかに、お膝元で
原発の新規立地をしようとする安倍政府はいったいなにを考えているのかと思います

お膝元で反対運動を30年も貫くことはよそから見えない大変さがあり、
相当な強い決意がなければできないことだと思います。
現地の住民パワーを見せつける立派な行動であり、
私たち広島市民の願いをも代弁してくれたように思います。
私たち被爆者は70年前、生き地獄のなかをさまよいながら、
戦後の復興を成し遂げてきました。ところが戦後の異常な政治は、
これほどの火山国に原発を五四基も作り、廃炉にするにも30年も40年もかかり、
核のゴミは半永久的に処理することができないことがわかっていながら
いまだに再稼働をやるというのです


それのどこが「強い日本」「邦人の保護」なのでしょうか。
日本国の将来をアメリカのいうままにもてあそぶのはもうやめていただきたい
と強く訴えたいです。

新聞、テレビはまったく真相を伝えませんが、長周新聞によって
広島に住む私たちにも現地の様子が手にとるように伝わります。
民意をことごとく無視する政治に対して、あきらめるのではなく、
国民が一致団結すれば必ず国策を止めることができると思います。
祝島のみなさんとともに私たち広島市民も
核兵器に依存する戦争政治に絶対反対を訴えていきたいと思います。(被爆者)


      ☆国民の命守る使命から         京都市 井上雅博

あの未曾有の東京電力福島第一原発事故から四年になるのに、周辺住民十数万人は
いまだ家に帰ることができずに避難を強いられています。
原発事故自体の収束もできず原因解明もできていない
それなのに安倍政府は「コントロールされている」「世界一安全な原発になった」と
ウソをつき、原発の輸出に乗り出し、再稼働に走っています。
国民のなかでは危惧や不安は強く、反対世論が圧倒しています。
原爆と戦争展を京都でもやっていますが、会場でも再稼働反対のみならず、
原発はやめるべきとの声が老若男女問わず話題になります。
期しくも高浜原発3・4号機の再稼働に待ったをかけた司法の判断も出ました
当然で、これが国民の常識です。
それなのにこの期に及んで新たに建設なんか言語道断であります! 
祝島のみなさんが上関原発建設計画に孫子のために海は売らない
頑張っておられるのは、長周新聞紙上で見ていて励まされていますし、断固支持します。
原発反対は原水爆禁止、戦争反対にも通じています。
私たち街の薬局薬店の小売商業組合は「国民の命と健康を守るために」、
医薬品の量販体制に反対する闘争をやっております。
薬を金もうけの道具にさせる国の「規制緩和」にも「団結と闘争」の旗印のもとに
たたかってきました。ともに、国策にもひるまず、
「強い意志と団結」をもってたたかい、はね除けましょう。
(京都府医薬品小売商業組合理事長、京都原爆展を成功させる会代表)


      ☆お金至上主義への鉄槌        京都市 向井 宏

祝島の漁業者が、山口県漁協による執拗な原発補償金受けとりの強要を
何度もはね返してきたことは、お金をすべての価値の基礎とする現代の資本主義社会では、
希有のこととして、高く賞賛したい。
いまだ収束する道筋さえ見えない福島第一原発の爆発事故では、
15万人もの人人がいまだに避難生活を強いられ、
陸や海への放射性物質が放出・流出し続けている現在、
お金至上主義による原発の再稼働や増設を目指す電力会社の動きは、
福井地裁の判決がいうとおり、人人の人格権を著しく毀損する行為といわなければならない

山口県は法を無視した埋立許可の失効を延期する策動を今すぐ止め、
ただちに埋立許可をとり消すべきである。
祝島の漁業者らと一緒に全国の環境・農業・漁業を守る人人が共に
原発の廃炉を要求し、上関の原発建設を止めさせよう。
          (海の生き物を守る会代表、北海道大学名誉教授)


      ☆原発も風力も根は一つ        下関市民の会 柿田多加子

上関原発反対で30年以上もたたかっている祝島の漁民の人たちの姿に感謝しています。
地震国である日本に54基もの原発があることに驚きですが、
それ以上に山口県に一つもないこと、建てさせていないことをとてもうれしく思います。
これも豊北、祝島の人たちの厳しいたたかい、海を汚させない、
漁業を守り人の命を守るというその思いや行動を知り、
私にも何かできることはないかと思っていました。
柳井で漁協総会があり抗議行動に参加でき、たくさんの人たち、祝島の人たちに出会い、
本当に他人事ではなく行動していくことの大事さがよく実感できました。
同じ祝島でたたかっていた人の中にも賛成に回った人もいることを知り、
どうして? なぜ? と残念に思いましたが、
圧力などがあったのではないか、心の中ではすまないと思っている人もいるのではないか
と思いました。いつも権力でもっていうことを聞かせるという話も聞きます。
一つの島の中で気まずく暮らさなければならない人たちのことを思うと、
大げさかも知れませんが国策とは、政府とは何なのかと、
ひどいことをするものだと思いました。
まだ長いたたかいになるでしょうが、原発も風力もまた秘密保護法、集団的自衛権、TPPも
みんな根は一つ、つながっています
。これからも頑張っていきます。


       ☆全国各地で誰もが反対       豊北町矢玉 70代漁師

受けとり拒否は本当によかった。中電がしつこくやっているがよく頑張っている。
原発を建てさせてはいけないというのは私たちから考えてもあたりまえだ。
豊北町の神田岬につくろうとしたときもすごいたたかいで、
私たちは国道を見張って、よそ者を入れないようにしてみんなで団結してたたかった。
上関原発も上関だけの問題ではない。
大間原発も対岸の函館が大反対している
全国あちこちでみんなが反対している。
原発をつくってもうけようとしてその地域や住民、環境がどうなろうと好き勝手をしている。
いい加減にしろと思う。今も福島では、雨が降るたびに地下水で騒ぎ、
汚染水が漏れたといっては騒ぎ、収拾がつかない。
漁業ばかりか農業も全滅だ。安岡では風力発電反対で頑張っているが、
これも一企業が国のさじ加減次第でもうけるもので根は同じ問題だ。
私たちは原発には絶対反対だ。
祝島・上関の人たちやその周辺の人たちには、どうかこれからも頑張ってほしい。


        ☆補償金と替えられぬ命     豊北町矢玉70代漁師

祝島のことはニュースで見た。よかった。
ずいぶん昔になるが、豊北でもみんなで原発計画を潰すためにたたかった。
建設予定地の神田岬は、サザエやアワビの宝庫で豊かな漁場だった。
そこに原発を建てるというから私たち矢玉の漁師が先頭にたって必死で反対した。
みんなで頑張ったが、それでも完全に追い出すまでには10年近くかかった。
漁業補償金は当時も問題になった。しかし、今の福島を見てもわかるが、
莫大な補償金でたとえば大きな家を建てても、
事故が起きたらその家に帰ることはできないのが原発だ。
このことが全国の人に知れ渡っている。これからも頑張らないといけない。


        ☆再稼働差止と同じ日に      豊北町 漁協関係者

祝島の補償金受けとり拒否はよく頑張った。祝島も頑張ったが、今、
全国で原発政策にブレーキがかけられ始めている。
同じ日に、福井の高浜原発をめぐって再稼働差し止めの仮処分が決定したが、
司法が国の進める原発政策に歯止めをかけるものになっており、
原発をつくらせようとする政府の側にとっては厳しい判決が出された。
これまでは原子力規制委員会の認可のもとにものごとが進んできたが、
それではいけない、住民の人格権ともかかわって、今のつくりではだめで、
もっと強固なものにしなければ認められないという決定
だった。
安全対策をしたからいいというものではなく、よしとしてきた基準も含めて
全部つくりかえないことには通らないということになる。
これは高浜原発だけでなく、全国の原発につきつけられた。
福井地裁が原発再稼働に歯止めをかけ、山口県では祝島が頑張って補償金は拒否された。
祝島の総会を祝島で開くことはできず、場所を柳井に移しても同じだった。
同じ日に二重の喜びだったと思う。
中電が祝島漁協に支払うはずの補償金を県漁協が受けとり、
祝島の漁師に対して受けとりを迫るという関係について、
補償金を「預かっている」ということがどこまで認められるのか。
宙に浮いている補償金を祝島を説得するまで県漁協に置いていいものなのか。

祝島に絶対に漁業権を放棄させるという約束の下で、
県漁協が補償金を受けとり、中電に代わって漁業者に受けとりを迫っている。
相手は終わらせる気などなく、祝島が弱り諦めるまで続ける気だ。
そして、準組合員に案内がされない総会というものがあるか。
決定に関する発言権は準組合員にはないが、案内をしないということはありえない。


       ☆上関と共に日本を守る     下関市民の会 堅山キヌ子
 
上関原発建設反対運動は長周新聞で読んできましたが、14日の総会の抗議行動に参加して、
三十数年間たたかってこられた島民の方方にお目にかかり、
地域を守る心、子孫を守る心、強い信念を感じました。
島民の方方の命をかけたたたかいであり、
私たちも含め日本を守るたたかいであると感じました。
会場となった県漁協柳井事務所前は、事務所とは思えないほどの物物しいバリケードに
「立ち入り禁止」の紙が貼られ、警備員が10人ほど直立不動、
厳しい顔で警備されていました。
原発は絶対に建てさせてはいけないと祝島の漁民が補償金も受け取らずに頑張っておられ、
行動に参加している人たちも「電気が足りない」ということに、
「うそだ、今でも足りている」「金はいらん」といっておられました。
胸にジンと来るシーンにも出会いました。
少しでも心を寄せ頑張っていかなくてはと思った1日でした。
そんななか、高浜原発再稼働の差し止め決定、住民側の主張が認められ、
原発の運転を禁止する決定は全国初だということです。
「重大事故が起きればどうなるのか」という住民側の強い反論があってのことだと思います。
重大事故が起きれば、その地域では子や孫の代までも生きていけなくなるのです
ここ下関でも安岡沖洋上風力発電の建設に反対する運動が大きく広がっています。
国道191号線沿いに地域の方方が幟、はちまき姿で訴えておられます。
昨年から集会があり、デモがあり、横野の方方の行動になっています。
“下関市民頑張ろう”で心を一つにして寄り添って、
上関のみなさんと共に運動していきたいと思っています。


      ☆祝島の強い姿に感動       下関市民の会 萩尾愛子
 
14日、祝島の漁民が補償金の受けとりを否決しました。私も下関から参加しました。
そもそもなぜ祝島の総会開催場所が柳井漁協事務所なのでしょうか
祝島で開催すれば時間も島民の人の労力も少なくてすみます。
漁師さんたちの忙しい日日を少しでもやわらげてあげることを考えてほしいです。
祝島の婦人は「お金はいらん」と大きな声で叫んでいました。
みんなが原発反対のはちまきをしめて立っていました。
前向きで迷いのない姿勢で、長い間たたかって来られたことが伝わってきて感動しました。
国や県は、なぜ祝島住民に迷惑をかけるのか
私たちは安心できる新鮮な魚がいただきたいです。
テレビ局、大手新聞はなぜ本当のことを報道しないのか。長周新聞だけが頼みです。
少しながらの力ですが私も下関で応援したいと思います。


      ☆瀬戸内に原発はいらぬ       広島市 中道誠二

上関原発計画がこれほどすさまじい状況になっているとは長周新聞を読むまで
まったく知らなかった。多くの国民が知らない間に原発が日本中につくられていったが、
このように真綿で首を絞めるように原発推進へと導いていく様が手にとるようにわかった。
安倍首相のやり方は、見出しにある国民を守らぬ売国政治そのものであり、
そのなかで祝島現地の人たちが「補償金を受けとらない」という判断をされたことは、
われわれ広島市民にとっても非常にうれしい結果だ。
上関に原発ができるということは広島湾を含む瀬戸内海全体が死の海にされる
ということであり、放射能の恐ろしさは原爆を受けた広島県民が一番よく知っている

戦後、アメリカは歴代首相を踊らせて日本中に原発をつくらせたが、
マスコミも経済問題だけに切り縮めて、原発と原爆を切り離し、
大きな視点で国民が考えないように仕向けてきた。
幼い頃、父がいずれアメリカが日本の食べ物まで支配するようになるといっていたが、
気がついてみればまさに今そのようになっている。
すべてアメリカが仕掛けてきたことであり、
それに踊らされて福島原発の事故まで行き着いた

それでも上関のことについて広島では、
NHKも朝日も中国新聞も真実をいっさい取り上げていない。
これほど具体的にはっきり書いているのは長周新聞だけだ。
祝島といえば魚の宝庫であり、祝島産の鯛は他のどこの鯛よりもおいしいことが
広島では知られている。私も上関の漁師が広島市内に出している割烹に
昔からよく行っているが、すべて天然物でその日の朝水揚げした魚が出されるので、
よそとは比較にならないほどおいしい。
広島の食通の間では有名な店であり、業界の接待などでよく利用させてもらった。
ぜひ祝島の方たちには、広島市内にお店を出していただき、
「原発反対を貫く」ことを掲げておいしい魚を売り出してほしい。
上関ブランドにプラスして「原発反対」という意味が加わるだけで
広島市民は絶対に応援するし、成功は疑いないと思う。
瀬戸内海に原発はいらないというのが広島市民の総意だ。


      ☆他人事でない上関原発       京都市 井上加代子

福井・京都の市民が関西電力高浜原発の再稼働差し止めを求めた判決は、
「運転してはならない」という画期的な判決でした。
福島事故から四年たつのに、焼け落ちた燃料の様子もつかめないというありさまで、
多くの人たちが故郷を追われたまま
です。
再稼働に反対の世論が強いのに、新規建設なんて……絶句します。
まさに「この期に及んで」ですね。懲りない面面にあきれ果てます。
祝島の高齢の住民の方たちが孫子のために海は売らないと困難ななかで励ましあって、
人間同士のつながりを大切に頑張っておられる様子は常常報道で見ています。
都会に住んで電気を使う消費者としても、他人事とは思っておりません。
福井県若狭の原発で事故が起これば京都は地元ですので、
大飯原発の原告団に入っています。
上関原発にはカンパするくらいのことぐらいしかできていませんが、気持ちは同じです。
原発には絶対反対ですので、できることはしていきたいと思っています。
ともに頑張りましょう。政府は原発からの撤退の決断をするべきです。


       ☆全国に支えられた斗い      祝島 80代婦人

柳井での総会の部会で補償金の受けとりを否決したという結果を聞いて、
“本当に良かった”と喜んだ。30年以上原発に反対してきて、
山口や広島、田ノ浦などどこにでもみなで駆けつけていった。
それは瀬戸内海を守るという思いでやってきた。
これまでの行動も全国の人たちが支えてくれたからできている。
補償金の問題は祝島だけの問題ではない。
私たちも年をとってなかなか抗議行動に出られなくなったが、
これからは若い者が頑張ってもらわないといけない。
全国の人たちと一緒にやっていきたい。


      ☆周辺地域と手を組んで       祝島 80代婦人

補償金受けとり否決のニュースを聞いて、うれしい気持ちと
「まだまだ油断はできない。気を引き締めてやらなければいけない」という気持ちがある。
今回の行動にみなが立ち上がってあそこまでいったことは本当に良かった。
とくに周辺の人たちにたくさん新聞を配ってもらったことがありがたかった。
私たちはあまり外に出られないが、思いはみなと同じで「柳井に行って行動したい」
という気持ちは強かった。当日は「頑張れ」と祝島から応援していた。
今からは若い者の出番だ。
これまで「海を守る」という思いで必死になってやってきた。
原発ができれば若い者は住むことができなくなる
これは祝島や上関町だけの話ではなく、周辺の人たちも同じ思いで反対してくれている。
まわりの人たちとともに頑張っていきたい。


      ☆先頭にたつ若者に期待       祝島 70代婦人

昨日集会をやり若い者が抗議行動の報告をやった。
「若輩者がおこがましいかもしれないが」といいながら、
抗議行動で県漁協に対して示した水協法の25条を読みあげて、みなに報告した。
若い者がわからないことをいろいろ調べたりして賢いのに驚いた。
おばさんたちも、「どんどん勉強して先頭に立って頑張れ」
「若い者が引っ張っていかないといけない」とおおいに励ました。
今回の総会の部会で漁師がしっかりと反対の意志を示したことは良かった。
いまからもなにがあるかわからないが、みなが一つになってやらないといけない。


      ☆皆で町立て直す運動を       祝島 70代男性

このたびの総会の部会で、正組合員28人が書面で議案を否決したことが良かった。
本来祝島でやるべきものなのだから組合員が柳井の会場に入ることはない。
県漁協もひどく落ち込んでいるのではないか。
しかし本来漁協というものは、たとえ漁師が「海を売る」といっても、
「売るな」と指導するのが役目だ。
それを必死になって補償金を受けとらせようとするのだからおかしい。
海を売るために漁協があるのか」ということだ。
私たちはずっと「原発をつくるために海を売れば生活できなくなる」
地震、津波などで事故が起これば、山口県全体や瀬戸内海が全部だめになってしまう
と訴えてきた。福島でも実際に汚染水が垂れ流しにされている。
瀬戸内海は池みたいなもので福島以上に壊滅的な状況になる
「原発はできないから補償金をもらったらいい」という者がいるが、
化けの皮がはがれてきているし、私たちも性根がはっきりとわかってきた。
今回長周新聞が号外を周辺に配ってくれたことが一番大きく、力になった。
まわりの人たちも声をあげてくれ思いがしっかりと伝わってきた。
今年は町長選もあるがいままでのように推進、反対で票を配分するような選挙ではなく、
町の発展のためにどうするのかを考える選挙にしなければいけない。




國周、二枚目、



「祇園祭礼信仰記」 「雪ひめ 中村福助」です。




愚かな支那人ども、不動産は持って帰れぬよw

そもそも、入国を規制されたら「宝の持ち腐れ」さ。

外国人の不動産取得を法的に規制すべき時期には来ておると思う。

支那では土地取得は禁止、「相互主義」から言ってもおかしい。

山林などの水源地関連は絶対禁止、土地利用は最長30年など期間限定の賃借に限るとか。

ま、私権は公共の福祉に従うわけで、所有権は絶対などではないのだが。

公租公課を脱法は不可、没収・収容されてしまうんだけどね、

◆http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150420-00000526-san-bus_all
産経新聞 4月21日(火)
中国人富裕層、日本の不動産まで爆買い」…
 居住者とトラブル、市況悪化の懸念も



中国人旅行者が2月の「春節(旧正月)」に大挙して日本を訪れ、
高額・大量消費する「爆買い」が話題となった。
お花見シーズンにも多くの中国人客が入国し同様な行動を起こすなど、
勢いに衰えはない。こうした中、円安も味方につけて、
一段と加速しているのが中国の富裕層による日本の不動産の爆買いだ。

地価の上昇にもつながってデフレ脱却を後押しする動きだけに、
本来であれば歓迎すべき傾向かもしれないが、
「これまで培ってきたビジネス慣習が崩壊しかねない」と
不安視する声が不動産業界で出始めている。


都内物件を買いあさり

数カ月前、中国政府の関係者がある不動産仲介会社に話を持ち込んできた。
東京・六本木の「ミッドタウン」にある高級ホテル
「ザ・リッツ・カールトン東京」の一室を購入したいというのだ。

1カ月あたり120万円程度で借りることはできるが、売ることはできない。
そう伝えると「では、港区内のタワーマンションを購入できるか」とたたみかけてきた。

外国人投資家に人気がある場所は、2020年に開催される東京五輪の会場に近い
湾岸地区や六本木、赤坂、麻布といった港区のブランド力があるエリア。
販売価格が1億円を超える“億ション”も多い。

仲介会社の社長は、その一角にあるマンションの一室をイメージしていたが、
先方の要請は「土地を購入したうえでタワーマンションを建てたい」だった。

軍資金はキャッシュで97億円。
100戸程度の規模で出張時に宿泊できる部屋も確保してほしい、
といった細かな注文もついた。

あまりにもスケールの大きい話なのに加え、地価と建築費が高騰している点を踏まえると、
その価格では実現不可能なプロジェクト。
このため丁重な断りを入れたが、中国人投資家の目覚ましい台頭を象徴する事例といえる。

中国人の勢いを示すエピソードは、都内随所から聞こえてくる。
例えば東京都心部で建設中の大型タワーマンション。
大手デベロッパーはマンションの販売に関し、完成後の円滑な管理を考慮して
「外国人に売るのは全住戸の3割」といった一定の自主基準を設けたが、
結局、その物件は中国人への販売が半分を超えたという。


郊外の戸建て物件にも“触手”

“進出先”は都心部だけではない。
東武スカイツリーライン沿線といった東京・城東部などで購入する動きも顕在化し始めた。
しかもマンションだけでなく、分譲住宅を移住もしくは別荘目的として購入する動きも活発だ。

安定した利回りを確保したいといった理由で、
中古のワンルームマンションも投資対象として注目を集めつつある。

同マンションの仲介最大手である日本財託(東京都新宿区)は1万4000戸を管理しており、
オーナーの数は5500人。
数カ月前まではゼロだった外国人投資家は、約20人を数えるようになった。

ある中国人の顧客は1500万円の物件を購入するため、
数千万円分の札束が入った紙袋を持参して同社を訪れた。

あまりにも危険な行為なので、新宿駅西口から連絡を受けた社員が
慌てて迎えに行ったエピソードもある。
買い方は豪快かもしれないが、購入過程は極めて慎重。
日本人と異なり自分の目で立地条件や日の当たり方まで確認するという。

ただ、中国人による不動産の爆買いは、さまざまな弊害をもたらす恐れが指摘されている。
最も懸念されるのが市況の悪化だ


販売現場では「来年は現在の1.15倍(の価格)で売れる。
再来年はその1.15倍で売り抜くことができる」
といったセールストークが繰り広げられている。

投資家は価格がピークに達するとみられる東京五輪前の18~19年に売り抜ける
ことを考えているが、それに応える需要層が現れる保証はない


販売関係者は「『本当に売り抜けられるのか』と半信半疑で販売活動を行っている」
と本音を漏らす。
結果的に買い手が付かず値崩れして、不動産市況が大混乱する可能性もある。

別の担当者は「最後には誰かがババをつかむはずと大半が思っている」と語る。


不動産の収益モデルを覆す!?

生活習慣や文化の差異による日本人居住者とのトラブルが表面化する恐れもある。

事実、中国人の購入者比率が半分になったマンションでは
「日本人の購入者がキャンセルするのでは」といった噂が絶えない。

事実、城東地区にある分譲住宅地では
中国人コミュニティーができあがってしまったことから、
「居住ルールを守らない」 「うるさい」と、日本人居住者との関係は一触即発だ。

マンション管理のあり方も火種の一つだといえる。

日本は管理費を永遠に支払い続ける必要があるのに対し、
「中国では住まない場合、『支払わなくて良い』というスタイル」
(不動産関係者)であるからだ。

春節時に大挙して中国人が訪日した際には、
百貨店や飲食店、ホテルなどでのマナーの悪さを指摘する声が相次いだ。

ただ、春節は短期間。

嵐が過ぎ去るのを待てばよいかもしれないが、不動産が絡むと長い付き合いが不可欠となり、
それなりの覚悟が必要だ。

日本では少子高齢化社会の進展に伴い、
新築市場に依存したビジネスモデルが活性化する見込みは少ない


このため良質なコミュニティーの形成、高度な管理サービスの提供など、
ストック関連ビジネスの整備に力を入れてきた。

しかし、中国人投資家の台頭が新たな収益モデルを根底から覆す可能性も出てきている。




國周、三枚目、



「はなしの花さかりの大よせ」 「神谷伊右衛門 河原崎権十郎」です。



フィリピン&ベトナム同盟か、世界の鼻つまみ=支那人、

◆http://melma.com/backnumber_45206_6196826/
宮崎正弘の国際ニュース・早読み(フィリピン、ベトナムと「戦略的パートナー」を締結へ)
発行日:4/21


  「中国はフィリピンから出て行け」、マニラでも反中抗議行動
     アキノ大統領、ベトナムと中国に共同で対抗する条約締結を考慮


****************************************

『サウスチャイナ・モーニングポスト』が報じた(4月20日)。

ベトナムとフィリピンが新しい戦略的パートナーシップを締結する準備にあると。

これはアキノ大統領がサウスチャイナ・モーニングポスト紙との
独占インタビューの中で明確に語ったことで、
同紙にアキノ大統領は嘗て
『防衛力強化のために日本が憲法改正に踏み切ることに賛成である』とした。
 
中国が南シナ海で展開している海賊行為はヒトラーと同じでありながら、
世界が等閑視しているのは危機がさらに深化していることを意味する

アキノ比大統領はサウスチャイナ・モーニングポストのインタビューで真情を吐露した。

マニラが「戦略的パートナー」としているのは米国と日本。

ベトナムとは頻繁に南シナ海での中国の行為に関しての話し合いをもっているが、
条約締結には至っていない。

だが「フィリピンの国益を守るのが大統領の職務であり、
民衆の声に耳を傾けるのが大統領のつとめである。
米国とは昨年四月に新しい防衛条約に署名したが、
どの条項にも明らかに敵対する対象を名指ししてはいない。
ベトナムとの新協定も、いかにしてお互いが国益を守るかという点で、
いかに協力できるかを検討するのが重要だろう」

この大統領会見は二時間にもおよび、ロザリオ外相が同席した。

アキノ大統領は最後に付け加えた。

「中国の行為について国際機関に提訴しているが、
調停を依頼しているわけでもなければ、この機関にはそうした能力が備わっていない
ことくらいは認識している。しかし中国が国際機関への提訴を無視している事実は、
ほかの諸国への悪い反応としてはねかえっている
」。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 書評 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  国のもっとも重要な伝統は科挙を産んだ宗族制度だった
    宗廟も廃墟となる懼れ、人々は本気で宗教心をすてた。
       ならば行き着く先は?

    
  石平『中国人はなぜ「お金」しか信じないのか』(KKベストセラーズ)
  @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

いきなり文化的本質論の議論となる。

石平氏は本書のなかで、まずこう言う。
「王朝の交代、血で血をあらう動乱を何度も繰り返してきた中国には、
真の意味での『国家』は存在しなかった。そんな中国において数千年間、
人々の思考、行動原理を支えてきたのが、『家族中心主義』であり、
『宗族社会』だった」

典型は中国版「平家物語」で 落ち武者たちは
福建省と広東省の境にある山奧へ流れ着き、地付きの人からは「客家はっか」とよばれた。

楕円形の巨大な土楼を築き、中庭に田畑を耕し、山羊や豚を飼った。
家族は宗族を単位にまとまって自給自足の暮らしを続けた。

評者(宮崎)は、福州から夜汽車にのって龍岩というへんぴなところへ行き、
タクシーを雇って土楼群を見に行ったことがあるが、
いまやすっかり観光地(世界遺産)、入場料金が3000円ほど徴収される。

客家ほどではなくとも、一族が集団で暮らし、墓地を同じ場所とする。
これが「宗廟」である。

宗族制度とは、一族の中に優秀な子どもがいれば、皆で金を出し合って学校へ送り出し、
科挙の試験をうけさせ、一族の名誉とした。
科挙選抜の原動力となり、科挙を引退すると「郷神」とよばれ、
その土地の統治者でもあった。
こうした中国古来の伝統が崩れた。

破壊したのは毛沢東の共産主義で「革命」と称して、
農村へ行くと地主と郷神を人民裁判にかけて処刑した。
これで農村に知識人は不在となった。
家族主義を壊したのは密告制度だった。

改革開放以後はお金が宗教となる

ゾロアスター教は拝火教とも呼ばれ、ペルシア、アゼルバイジャン、
インドの奥地にいまも残る。
イランにはヤスドという街に、まだ火の消えない神殿がある。
この土着的な宗教の上に、イスラム教が流れ込んで、イランはシーア派となり、
インドも世俗イスラムとはやや趣がことなるイスラム、
それは日本にしても土着の自然信仰の伝統が築かれたあとに仏教が入ってきた。
オリジナルの仏教と日本のそれは大きく異なり、原理原点的な仏教は大英博物館にある。
仏教発祥の地はインドだが、いまのインドには影も形も残っていない。
釈迦のうまれたルンビニはネパールに残るが、イスラム教徒のメッカ巡礼のような、
仏教徒が必ず訪れる場所とはなっていない。


 道教はどこへ行ったのか?

共産革命前まで、中国の伝統的な宗教は儒教ではなく道教である。
道教が尊んだ価値は家族第一主義、よそ者は信じないが
血縁で結ばれた、血の絆は固く、だからこそ
宗族による宗族だけの宗家信仰が蔓延していた。
この伝統が墓地の設計思想に受けつがれ、
宗族がまとめて祀られる宗廟があちこちに出来る。

広州市のど真ん中にある「陳家書院」は有名な観光地だが、あれは陳一族の宗廟である。
この宗廟が常識とされ、華南ではどこにでもあった。

広州の南、番寓にはいまも「留耕堂」という有名な宗廟があるが、
タクシーを雇って行ってみると、建物だけのこり、
清の時代の戦争の英雄だった
韓氏(のちに何氏と改名)の宗廟としての機能は失われていた。
ちょっと評者はショックを受け、そのことで石さんと話し合ったことがある。

雲南省の山奥、ミャンマーとの国境付近の集落にも十数もの宗廟があった。
数年前、広州市郊外の開平市から江門市にかけての郊外(市内からバスで一時間)、
赤土欠(チーカン)村を訪ねたことがある(「土」と「欠」で一文字、カンと発音)。
西洋の御殿のような白亜のお屋敷がごろごろと建った場所で
異様な光景を観た。結婚式が洋装で、缶がガラガラ鳴らずリムジンで街を行進する。

この村には苦力貿易で米国へ渡り、成功した故郷に錦をかざった在米華僑が
金にあかせて洋館をたてあい、それが文化遺産となって世界の観光客が絶えない所だが、
ここでも宗廟をまつる習慣が失われていた。

『宗族』は家族主義、親戚尊重という血のコネクションが希釈化し、
『宗廟』への信仰心が薄れた、最大の理由が共産革命による伝導破壊、
家族制度は密告のよって破壊され、
つぎに宗廟への価値喪失は海外華僑の三世、四世、五世がアメリカ的価値観を身につけ、
中国語をまったく喋ろうともせず、
中国を汚いと観ていることにより 宗族の絆が完全に壊された からなのである。
 
そして宗族信仰がこわれ、何も文化的歴史的伝統が残らない中国で新しい宗教とは、
他人も家族も信じない、強いて信仰の対象があるとすれば、カネになった


銅銭の巨大なオブジェが中国の津々浦々の地方都市へ行くと歩行者天国に飾られ、
シンガポールのチャイナタウンへ行くと世界最古の石銭が飾られている。
世界どこでも、中国人の信仰の対象が何であるかをしることができる。

拝金主義の中国は人間がさもしくなり、その精神は枯れ、
寂寥たる曠野となって、この行き着く先は世界の破壊であろうか


ともかく石平さんの新刊を読んで副次的に連想したのは、
こうした拝金主義の中国がAIIBを設立するなどと言っても、
銀行の基盤は
信用であり、その見えない価値観をいかにして、かれらは作りだし、
その信用のネットワークを構築し、銀行業務を拡大できるのだろうか

という疑問に包まれた。
いろいろと考えさせられる本である。




「支那への幻想」を棄てるべきなのですよ。

共産支那、拝金支那人どもは、日本にとって「寄生虫にして疫病神」でしかない。

日本人が好んだ李白・杜甫を産んだ「原支那人」は、もはや消滅しておらぬそうです。

現在の支那人は北方民族との混血が進みモンゴルとほぼ同血のようです。

近親憎悪で不仲ですが、ともにかっては人肉食で、日本人とは合いませんよ。



コメント

花盛に

2015-04-21 10:49:25 | Weblog
 画は 歌川 國貞 (三代豊國)

 天明6年(1786年) ~ 元治元年(1865年)

 号は、香蝶楼・一雄齋・五渡亭など                 作


  「絵本太功記 えほんたいこうき」より、
  
  「大領久吉」 「光秀妻みさほ」 「老母さつき」 「武智光秀」
 
  「十次郎光義」 「はつきく」です。


☆晴れ。

花見といへば、太閤秀吉の「醍醐の花見」が有名ですね。

醍醐の花見(だいごのはなみ):
慶長3年3月15日(1598年4月20日)、豊臣秀吉がその最晩年に
京都の醍醐寺三宝院裏の山麓において催した花見の宴。
豊臣秀頼・北政所・淀殿ら近親の者を初めとして、
諸大名からその配下の女房女中衆約1300人を召し従えた盛大な催しで、
九州平定直後に催された 北野大茶湯と双璧を成す
秀吉一世一代の催し物として知られる。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/00/Daigoji_temple_05.jpg


当ブログ、既報ですが、阿呆らしき限りさ、

◆http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159105
日刊ゲンダイ  2015年4月18日
密約説が急浮上 …
 日本の年金マネーがNY株を買い支える



米国債の保有比率で、日本は中国を抜き6年半ぶりにトップとなった。

米財務省の最新統計によると、日本は2月末時点で
1兆2244億ドル(約146兆円)を保有している。

「米国の属国であることが一段と強調された格好です。
中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)でも、
ドイツやイギリス、フランスなど欧州主要国が参加するなか、日米は不参加。
アメリカの言いなりという印象がより強くなっている」
(株式アナリストの黒岩泰氏)

株式市場では信じ難い怪情報も流れている。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の
基本ポートフォリオ見直しに関する内容だ。

日本株の保有比率が12%から25%に引き上げられたことはよく知られるが、
実は外国株も12%から25%に上昇している


「運用効率を高めるため、外国株の保有比率を上げたといわれていますが、
実情は違うともっぱらです。米政府からの圧力があったらしい
本当だとしたらとても許し難い」
(株式アナリストのリチャード・コーストン氏)


やっぱり属国なのか

圧力とは――。

米国は金融緩和の出口戦略を進めている。

利上げが近いといわれ、実施時期は6月とも9月ともささやかれる。

利上げは、株式市場にマイナスだ。

1999年6月や、2004年6月など
米国が金利を上げるたびにNYダウは大幅下落した

「今回も同じです。利上げはNY市場に悪影響を及ぼします。
しかも日米欧の金融緩和により、世界の株式市場はバブル状態。
それだけに大暴落が起きる危険性が高い

それを避けるため、米政府は利上げのタイミングで
GPIF資金をNY市場に投入せよという要求を日本政府に突き付けた

というのです。

要するに、日本の年金マネーがNY株を買い支える構図です。

GPIFが外国株の保有比率を高めた真の理由は、
そこにあるとささやかれています」
(市場関係者)

GPIFは130兆円以上を運用する世界最大級の機関投資家で、
運用資金は言うまでもなく国民の年金だ。

安倍政権は国民の財産を投入して

米国版・官製相場をつくり出すつもりなのか




國貞(&廣重)、二枚目、



「東都高名會席盡」 「助六」です。



北鮮はユダ米の「噛ませ犬」、ヒラリー婆ぁならありうると思う、

◆http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34846837.html
新ベンチャー革命2015年4月19日 No.1104
副島隆彦氏の予言 : 福井県若狭湾に北朝鮮ミサイルが撃ち込まれる?
 原発マフィアは原発再稼働したいなら、
 北朝鮮と米国某勢力の内密関係を調査すべき



より抜粋、

1.やはり、今の米国ではオバマ派(ハト派)と
  ヒラリー派(タカ派)が厳しく対立している


(略)

2.副島氏の予言:北朝鮮のミサイルが福井県若狭湾に飛んでくる?

副島氏は、北朝鮮のミサイルが福井県若狭湾に飛んでくると具体的に予言しています。
この地域に住む人は、この本を読んでどのような感想を持つのでしょうか。

おりしも、4月16日、福井地裁は関電高浜原発再稼働を差し止める判決を下しています

この判決が下った4月16日には、すでに、副島氏の本が出版されています。

だから、福井地裁の裁判官も福井県民も副島氏の本を読むことができたはずです。

若狭湾は北朝鮮ミサイルの射程距離に入っていますから、
福井県の関電原発が狙われたら、

福井県のみならず関西一帯は広域の放射能被害を受けます


副島氏の本には、1993年から2014年までの約20年間における
北朝鮮の核実験とミサイル実験の記録が掲載されています。

北はこれまで、日本海に向けて何度もミサイル実験をやっており、
その気になれば、日本海側の原発にミサイルを撃ち込むことは可能です。

日本海側の原発のリスクは地震津波被害より、
北のミサイル攻撃の方がはるかに深刻なわけです。

自衛隊はそのために米国製のミサイル迎撃システムPAC3を保有していますが、
その効果がどれほどのものか、まったくわかりません。

一般論として言うならば、原発以外の火力発電所がミサイル攻撃を受けても、
その被害は発電所内にとどまりますが、
運転中の原発にミサイルが命中したら、確実に広域に渡って大規模の放射能被害が出ます
これくらいのことは小学生にもわかる話です。


3.北朝鮮が対日攻撃用ミサイルを保有する限り、日本の原発再稼働は不可能

米国マスコミによれば、
北朝鮮は着々と核ミサイル開発を進めていることがわかっています。

北朝鮮と日本は相互に仮想敵国の関係にあるわけですから、
北朝鮮が日本にミサイルを撃ってこない保証はどこにもありません。

副島氏によれば、米戦争屋(ヒラリー派)は大戦争を画策しており、
北朝鮮の軍幹部とヒラリー派は密かにつながっている
とのこと


したがって、米国ヒラリー派は日本を戦争に巻き込むため、
ショックドクトリンとして、北を脅かして、日本にミサイルを撃ち込ませる可能性がある

と述べています。本ブログもその見方に同調します。

にもかかわらず、日本の原発マフィアは一刻も早く、全国の原発再稼働を実現しようと
躍起になっています。彼らの視野には、北朝鮮脅威は存在しないかのようです。

地震津波に対する安全性さえ確保すれば、
原発は運転可能と彼らは思い込んでいるようですが、
北朝鮮脅威は想定していないのでしょうか。


4.原発マフィアは北朝鮮と米国戦争屋の内密関係を調査すべき

日本に巣食う原発マフィアは、地震津波のみならず、
北朝鮮脅威についても調査研究すべきです。

それとも、日本の原発に北朝鮮ミサイルが撃ち込まれても原発は壊れない
とでも思っているのでしょうか。もしそうなら、戦時中、
日本国民は米軍が日本に上陸してきたら、竹やりで防戦できると
マジメに思い込んでいた人と同レベルです。

いずれにしても、朝鮮戦争が起きたのは1950年代であり、それ以来、
北は日本にとって仮想敵国であり続けたわけです。

一方、日本で原発が商業運転され始めたのは60年代です。

そして、2015年の今日まで、産官学の原発関係者は、
北朝鮮脅威をまったく想定してこなかった
わけです。

副島氏の本によれば、北朝鮮がノドン1号を日本海に向けて実験したのは93年です。
あれから、20年以上経過している今日まで、
電力会社も日本政府も北朝鮮脅威を原発計画にまったく考慮してこなかったわけです。

そのために、電力会社も日本政府も国民には
原発に対する北朝鮮脅威をまったく知らしめなかったわけです。
これほどの怠慢があるでしょうか。

原発マフィアは日本で原発再稼働したかったら、まず、
北朝鮮と米戦争屋(日本を極東戦争に引き摺り込みたい勢力)の
内密の関係を調査すべきです。

ちなみに、外務省は日本の原発が軍事攻撃を受けたときの
被害想定シミュレーションを1984年にやっていますが、
なぜか、3.11原発事故発生まで秘密にしていました。




國貞(&廣重)、三枚目、



「江戸自慢三十六興」 「新よし原 仲の町 の櫻」です。



当ブログ、何度も書いており既報ですが、

◆http://saigaijyouhou.com/blog-entry-683.html
真実を探すブログ  2015/04/19 Sun.
太平洋戦争の真実大日本帝国海軍司令官はフリーメーソン!?
  真珠湾攻撃で燃料タンクを見逃した帝国海軍と、仕組まれた太平洋戦争!



より抜粋、

太平洋戦争中に大日本帝国海軍の連合艦隊司令長官を務めた山本五十六は、
世界的に有名な結社であるフリーメーソンに所属していた可能性が濃厚です。

国際政経学会員であった渡部悌治氏は、
「山本五十六がフリーメーソン結社員であった」と指摘しており、
自身の著書で「山本五十六が司令長官になった頃、ハーバード大学ルートの情報で、
米国の海軍力は山本五十六が司令長官である間ならば、
日本に撃って出ても勝算があり、悪く行っても五分五分で決着がつく。

早々に戦端を開くべきだ
という海軍側の意向が伝えられて来た。
しかもその理由の中に一項目、
山本はフリーメーソンの結社員だからという条項が入っていた。」と述べています。
______________________________________

☆http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=259080
るいネット 2011/11/28
山本五十六はフリーメーソン、おかしな戦術でいっぱい


山本五十六はフリーメーソンだったという説が有力です。
その根拠になる出来事を整理しました。


空軍の独立に反対し、海軍配下とした。
 空軍の発展を遅らせることになった。
 航空機の戦略的位置づけ錯誤(米航空機により制空権を奪われた)。

アメリカに知られていた暗号の変更を遅らせた。
 日本海軍は秘密保持のため「JN25暗号」を
 定期的に変更すべきところを怠ったのである。
 海軍が使用していた暗号電報をアメリカ側に筒抜けにさせていたということ。

山本五十六の忠実なる配下の指揮官は山本五十六によって固定され、
 失敗をしても追求させず、無能であった。
 しかし1年4カ月の海戦を戦った将官たちは、その極度な無能ぶりにもかかわらず、
 戦後さまざまな戦記作家によっていずれも名将、名参謀としてたたえられている。

海軍軍令部の強い反対を押しきって真珠湾攻撃を強行。
 広い範囲の戦争を想定することは日本には不利と言われてきた。
 またその攻撃を不徹底なものとした。
 日米が開戦になった時は先ず真珠湾を奇襲し、
 アメリカの対独戦を合理化させると同時に、
 日本へのアメリカ国民の参戦気分を一気に高揚させるという計画を練り上げた。
 また主力戦艦がハワイにいない日を攻撃した。
 空母レキシソトンはミッドウェーに飛行機を輸送中であり、
 エンタープライズはやはり飛行機を輸送しての帰路で不在、
 サラトガはアメリカ本土西海岸にいたために無事であった。
 真珠湾は浅いので、引き揚げて修理を行なうことができた。
 被害を受けた戦艦はいずれも1910~1920年代に就役した旧式艦だった。
   
珊瑚海海戦で米海軍に手ごころを加える。
 米空母「ヨークタウン」を撃沈せず引き揚げた。
 「ヨークタウン」にとどめをさすことをせず、攻撃を中止して北上するのである。
 この「ヨーククウン」がハワイの海軍基地に帰り、わずか2日間で修理されて
 2カ月後に起こったミッドウェー海戦に参加、
 あの連合艦隊撃滅の立役者となるのである。

ミッドウェー海戦で連合艦隊大敗北を画策。
 戦艦大和など有力艦を後方に配置し、結局使わずに沈んだ。
 山本長官はソロモン海戦でも「大和」「武蔵」などの大型戦艦を
 攻撃隊に加えることなく、戦力の小出し投入を行なった。
 このため戦艦「大和」はついに「大和ホテル」と呼ばれるありさまであった。
 ミッドウェー作戦には、無能であり、しくじることがわかっている
 南雲忠一中将や草鹿龍之助少将を最も重要な機動部隊に起用し、
 自らは後方400キロの北西海上で旗艦「大和」や戦艦「長門」「陸奥」など
 とともに主力部隊にとどまり、これまた高見の見物をしていたのである。

南太平洋ソロモン諸島の主島ガダルカナル島に飛行場を敷設し、
 強力な基地航空隊をおけば、南西太平洋の制海権(制空権ではない)が得られ、
 アメリカとオーストラリアの連絡は分断され、
 オーストラリア北東部は日本軍の攻撃範囲となり、
 ここに猛攻を加えることによりオーストラリアを厭戦気分に陥し入れ、
 連合軍からの脱落を誘い、日豪単独講和にもち込むことができれば
 アメリカも戦意を喪失、日米の和平も実現できるのではないかと海軍は考えていた。
 ガダルカナルの空軍基地からは、山本長官の指揮下にあるすべての
 空母や戦艦など58隻からなる大艦隊と艦載機を駆使して全力投入していれば、
 奪還は可能であったのみならず、
 ソロモン海域全体で大きな勝利を手にすることができたはずであった。
 ガダルカナルおよびソロモン海戦で、
 日本軍は2万3800人におよぶ戦傷病死を出し、艦艇の喪失も
 空母1隻、戦艦2隻、巡洋艦5隻、駆逐艦等25隻、
 それに航空機の喪失は1053機にも及んだ。

「い」号作戦で日本の南東方面航空兵力を潰滅させた。

山本五十六は海外に多くいた。
 大正5年海軍大学を卒業、第二艦隊参謀となるが病気で休職、続いて同6年、
 海軍省軍務局第二課を経て8年5月20日、米国駐在となって横浜を出港した。
 アメリカではボストンのハーバード大学に籍を置き英語力を身につけた。
 大正末から昭和の初めにかけては再び渡米し、日本大使館付武官として
 2回目の米国在勤をしている。米国在留中に五十六は中佐に昇進、
 アメリカの産業やヤンキー精神に強く瞠目するが、
 五十六がフリーメーソンに入信したのもこの頃と思われる。
 五十六は在任中にアメリカで石油および航空軍備について強い影響を受けた。
 大正7年に五十六は帰国、10年から12年半ばまで海軍大学の教官に任じた。
 その後9カ月の欧州視察旅行を終え、大正13年3月帰国。
 そして1年3カ月後、五十六は三たび渡米。アメリカの日本大使館付武官となった。
 戦前の海軍でこれほどアメリカと縁の深い軍人は他にいない。

______________________________________

また、太平洋戦の発端となった真珠湾攻撃にも奇妙な事実が隠されていました。
学校の教科書などには「真珠湾攻撃でアメリカ太平洋艦隊の戦艦を多数沈めたが、
空母は取り逃がしてしまう」と書かれていますが、
実は日本帝国海軍は空母以上に重要な標的を攻撃できるのに放置していたのです。

それは、ハワイにあったアメリカ太平洋艦隊最大の燃料タンクです。

当時のアメリカ軍はハワイに司令部と補給用の燃料一式を置いていました。
そのため、ハワイに蓄積されている燃料タンクなどを破壊することが出来れば、
アメリカ太平洋艦隊は史実以上に動けない状態になったのです。

その上、当時の会話記録でも、日本帝国海軍内部から
「燃料タンクを攻撃するべき」というような意見があったことも判明しています。

それなのに、山本五十六司令官はアメリカ太平洋艦隊の戦艦だけを標的にした攻撃を
実行したのです。空母は移動をしているから取り逃がしてしまうのも納得出来ますが、
何で動かない燃料タンクに一発も爆弾を落とさないのでしょうか?

しかも、事前に指摘もあったわけで、極めて不可解です。

もちろん、敵空母が真珠湾内にいなかったことから日本側は
「アメリカ空母に攻撃されるかもしれない」と焦って、
早めに引き返したという事実もありますが、
第一波攻撃の時点で燃料タンクに数発の爆弾を投下させておけば良かっただけなので、
これだけでは納得はできません。

更に言えば、山本五十六は1919年5月から複数回に渡って、
アメリカに勤務をしています。同期にはフリーメーソンに加入をしていた
と言われている松平恒雄氏などの名前もあり、
この時点で向こう側の勢力に取り込まれていた可能性が高いと推測されます。

また、山本五十六の先輩である米内光政が、
フリーメーソンのメンバーであった
という話もあるのです。

太平洋戦争直前に日中戦争が行われていましたが、
日本軍が中国の首都南京を占領した後、中国側と和平交渉をしていました。

この和平交渉は日本陸軍も和平案に合意していたのにも関わらず、
米内光政氏らが猛反発したことで
事実上の廃案になってしまったという経緯があったのです。

もしも、この時に日本と中国が和平を締結できていれば、
その先の太平洋戦争を回避できたかもしれないのに・・・。

__________________________________

☆http://www.abysshr.com/san/san_bk08.html
米内光政と山本五十六は愚将だった

一部抜粋、

・引用始め

真珠湾第一撃の成功後、現地では第二撃を主張する山口多開少将はじめ、
渕田美津雄中佐らの意見具申は、南雲艦隊司令部によって斥けられたが、
連合艦隊司令部でもその是非で、激論が続けら れた。
その結果最終的には幕僚のほとんど全員一致で、第二撃の命令書をしたため、
山本長官に意見をのべた。しかし山本は
「いや待て、むろんそれをやれば満点だが、泥棒だって帰りはこわいんだ。
ここは機動部隊指揮官にまかせておこう」
「やる者は言われなくったってやるさ、
やらない者は遠くから尻を叩いたってやりはしない。南雲はやらないだろう」
と言って却下した。まるで他人 事のような、傍観的な言辞である。
南雲も南雲なら山本も山本だ。この将にしてこの部下あり。
「鳴かぬなら鳴かせて見せよう時鳥」ほどの統率力も山本にはなかったのか。
それとも戦果をあげた以上、フリート・イン・ビーイングという
帝国海軍の保全主義が何よりも優先して、急にこわくなったのか。

ニミッツは「攻撃目標を艦船に集中した日本軍は、
機械工場を無視し、修理施設には事実上手をつけなかった。
日本軍は湾門の近くにある燃料タンクに貯蔵されていた
四百五十万バレルの重油を見逃した
。長いことかかって蓄積した燃料の貯蔵は、
米国の欧州に対する約束から考えた場合、ほとんどかけがえのないものであった。
この燃料がなかったならば、艦隊は数カ月にわたって、
真珠湾から作戦することは不可能であっただろう」
(「ニミッツの太平洋海戦史」恒文社)と書いているが、
山本の戦術眼からは、重油タンクやドックは物の数ではなかったらしい。

・引用終わり
__________________________________


フリーメーソンというのは世界をピラミッド型の権力構造に作り変えるのが目的のため、
強い力を持っている独立国というのは単なる障害程度にしか考えていません。

フリーメーソンの理念と目的から見ても、
米内光政氏が日中和平の妨害をしたことは何ら不思議では無いのです。

真珠湾攻撃の時点で日本の暗号は半分近くがアメリカにバレており、
ルーズベルト大統領は事前に真珠湾攻撃を察知していたと言われています。

で、真珠湾攻撃の立案者は山本五十六氏です。

フリーメーソンの本拠地は欧米にあるわけで、
これらの情報を総合してみてみると、日本が真珠湾攻撃という案を採用した時点で、
ある種のシナリオが事前に完成していた可能性が高いと考えられます。

明治維新を引き起こした坂本龍馬などもフリーメーソンに所属していたわけで、
長い視野で見るならば、明治維新で江戸幕府がひっくり返った時点で
日本は遅かれ早かれ、太平洋戦争のような絶望的な戦いをするのは
決まっていたと言えるでしょう。


*太平洋戦争直前のアメリカではアメリカ国民の8割が戦争に反対していました。
なので、ルーズベルト大統領は戦争参加の為に日本を利用したと見ることも可能です。



真珠湾攻撃の発案者は大元帥陛下「昭和天皇」です。

戦術立案を山本以下がしたということ。

「帝国海軍・必敗の精神=小室直樹」、なんで、

「天皇の意思」を過剰に忖度して、はなから、勝つ気がないわけです。

みすみす嵌められて愚策=真珠湾攻撃を決行させた「昭和天皇」が悪い。

士官、兵が本当に可哀想です。

そんな戦前に回帰したいのが壺三一派です。 基地外どもですよ。


コメント