ギャラリー酔いどれ

売れない絵描きの世迷い言&作品紹介

夏のおはりにⅤ

2013-08-31 10:53:23 | Weblog
 画は Amadeo Modigliani アメデオ・モディリアーニ

 1884~1920 / イタリア / エコール・ド・パリ      作


  「Young-Woman-With-Silk-Neckerchief」です。


☆雨、涼しい。

狂えるオバマ、ケリーども、戦争狂ユダメリカ、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201308300000/
櫻井ジャーナル 2013.08.30
反シリア政府軍が支配する地域から化学兵器話の舞台の地区へ
 問題の時間にミサイルが発射されたことを示す文書と衛星写真を
 ロシアが国連で示し、オバマ政権は窮地に


イギリス下院の臨時議会はシリアに対する直接的な攻撃に反対の姿勢を示した。
政府提出の動議が否決され、デイビッド・キャメロン首相は
武力行使を断念すると表明せざるをえなかったようだ。

リビアに続き、シリアでもアメリカ、イギリス、フランス、トルコ、サウジアラビア、カタール、
イスラエルなどは体制転覆を目指していた
が、その間、
こうした勢力が偽情報を流していたことを少なからぬ人が知ることになり、
しかも地上部隊としてアル・カイダの戦闘部隊を使っていることも明らかになってしまっていた。

多くの人が支配層の嘘に気づき、開戦に反対しているわけだ。

しかも、国連の臨時会合でロシアから強力な証拠が提示されたとも伝えられている。
中東/北アフリカで体制転覆プロジェクトを推進している勢力は
「政府軍が化学兵器を使用した」と叫ぶばかりで証拠を示せないだけに、
国連の内部は動揺したようだ。イギリス議会にも影響が及んだとしても不思議ではない。
当然、日本の国連代表もこの事実を知っているはずだ。

ジャーナリストのぺぺ・エスコバルのフェイスブックによると、
ロシアの国連大使、ビタリー・チュルキンが示したのは文書と衛星写真に基づく情報で、
ダマスカスに近く、反シリア政府軍が支配しているドーマから8月21日午前1時半頃、
2発のミサイルが発射され、毒ガス攻撃を受けたとされるゴータで着弾している
ことを示していた。
ミサイルには毒ガスを搭載していたとする情報もある。



こうした証拠が示された国連の緊急会合にアメリカのサマンサ・パワー大使は欠席していたという。
コメディ映画祭でゲスト・スピーカーを務める夫と一緒にアイルランドで休暇を過ごしていたようだ。
パワーは安全保障問題担当の大統領補佐官になったスーザン・ライスの後任。

前にも書いたことだが、このふたりは「人道」を口実に破壊と殺戮を行うというタイプの人間
パワーは本来なら、この会合で活躍しなければならなかった。
ロシアが書類と衛星写真を会合で明らかにすることを事前に察知、逃げた可能性もあるだろう。
バラク・オバマ政権は窮地に陥ってしまった。

もともと、この化学兵器話はシオニストがアメリカに仕掛けた罠だという説もある
その説が正しいかどうかは不明だが、結果としてアメリカの立場はきわめて悪くなった。
そのアメリカに恭順の意を表するなど、正気の沙汰ではない




Modigliani、二枚目、



連作 「Nude on the sofa」です。



バレバレなのさ、

◆http://ameblo.jp/duviduva/entry-11602446371.html
ひょっとこ談義 2013年08月29日
重要:シリア反政府軍の化学兵器使用ビデオです。

これは米英仏サウジ、反政府軍(モサド CIA)どもによる「自作自演」の証拠動画で御座います。

決定的な証拠で御座いますな。

ソースの信頼性、弾頭の仕様など、早急な検証が必要で御座います。

まずシリア政府が、我が国の国民に向けて毒ガス兵器を使用する目的と根拠、メリットは皆無で御座います。

ーーーーーーー


VIDEO EVIDENCE- It was the rebels using chemicals, not Assad!

https://www.youtube.com/watch?v=6Iqns5xeoYk&feature=player_embedded#t=119


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=6Iqns5xeoYk
VIDEO EVIDENCE- It was the rebels using chemicals, not Assad!



◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51897483.html
日本や世界や宇宙の動向 2013年08月30日
米諜報機関でさえ、シリア政府による化学兵器の使用論に疑問を抱いています


いよいよ、オバマ大統領やオバマ政権は孤立しそうです。
アメリカの諜報部員ですら、オバマやケリーの断言したこと
(シリア政府が化学兵器を使ったとすること)に疑いを持っているのですから、
どうしょうもありません。イギリスも対シリアの軍事行動が否決されましたし。。。
ああ、どうするんでしょうね、オバマは。
一人で裸の王様になってしまうのでしょうか、それとも、オバマを大統領職から引きずりおろし、
もっと(米イルミ側にとって)能力のある大統領と交換するために、
米イルミ側が仕組んだ罠だったのでしょうか。今後のオバマ政権の動きには注目したいですね。

☆http://beforeitsnews.com/tea-party/2013/08/whoa-us-intelligence-officials-
 not-so-sure-assad-regime-behind-chemical-weapons-attack-2501362.html

(概要)
8月29日付け:

なんてことでしょう!オバマ大統領や側近たち、そして、ケリー長官は、みな、
化学兵器を使ったのはシリア政府であると断言してしまったことで難しい立場となってしまいました。

米諜報機関は、アサド政権側が化学兵器を使ったということを確認できたわけではありません。
シリアに保管されている化学兵器を誰がコントロールしているのか、また、
アサド大統領自身が化学兵器の使用を指示したのかという点でも疑問が残っています。

米諜報部員によると:

オバマ大統領は水曜日に、明白に、シリア政府が化学兵器を使ったと断言し、
その間に米軍にシリア攻撃の準備を指示していたのです。

オバマは、メディア(PBSニュースアワー)を通して、
「アメリカは、シリア政府が化学兵器で攻撃をしたという結論に達した。
従って国際的な軍事行動が必要である。」と発言しました。

化学兵器で攻撃したのは低レベルのスタッフによるものであり、
アサド政権内部や政府軍とは一切関係がないとシリア軍当局者は反論しました。

一方、ケリー長官もまた、アサド政権と化学兵器との繋がりは疑いの余地もない、と断言したのです。

しかし、米諜報機関の職員は、アサド大統領の命令で政府軍が化学兵器を使ったとする
オバマ政権側の判断について疑いを持っていると、伝えました。

当局者らが考えたくない可能性としては。。。

化学兵器はもはや、アサド政権の管理下になく、欧米諸国がシリア政府を攻撃するために、
反政府勢力が意図的に化学兵器を使用した
のではないか
ということです。



Modigliani、三枚目、



「Portrat der Magherita」です。 手前はこの絵がModiglianiでは一番好きです。



こちらもキ印、

◆http://www.epochtimes.jp/jp/2013/08/html/d27394.html
臓器狩りを命じたのは江沢民」 薄煕来の証言音声入手

【大紀元日本8月30日】

ナチス政権のユダヤ人殺害よりも残忍な中国の法輪功学習者からの臓器狩り。
それを命じたのは江沢民元国家主席であると証言する薄煕来の通話記録を、
このほど大紀元が入手した。

録音を提供したのは大紀元情報筋の鮑光氏。
2006年9月13日、商務部長(大臣)だった薄がドイツを訪問した際の、
中国駐ドイツ大使館一等秘書官との通話記録となっている。
当時、ドイツの法輪功学習者は、
薄が生きた法輪功学習者からの臓器狩りに関与したことをドイツ当局に訴えていた。

 以下は薄と秘書官の通話記録。

 オペレーター:こんばんは。ハンブルク・アトランティック・ケンピンスキー・ホテルの
        デービッド・モンテです。

 一等秘書官(以下、秘書官):こんばんは。5…いや、452部屋お願いします。

 オペレーター:宿泊のお客様の名前は?

 秘書官:薄です。

 オペレーター:少しお待ちください。

 薄煕来:もしもし、もしもし、どなたですか?

 秘書官:薄煕来部長ですか?

 薄煕来:あなたは誰ですか?

 秘書官:大使館の者です。大使館の一等秘書官です。

 薄煕来:はい。

 秘書官:ちょっと急用がありまして。今日の午後、
     ドイツ外務省から私達に問い合わせがありました。はっきりしなければならないことで。

 薄煕来:はい。

 秘書官:えっと、貴方が遼寧省で省長を務めていた時のことです。
     これは明日の会見に影響することなので、彼らは事情を知りたいのです。
     つまり、貴方が遼寧省の省長だった時、江沢民、江主席が命令を下したのか、
     それとも貴方なのか。つまり、生きた法輪功学習者からの臓器狩りは貴方の命令ですか?
     江沢民の命令ですか?

 薄煕来:江主席だ!

 秘書官:ドイツ外務省は確かめたいのです。もし、もし貴方がこのことに関与していたならば、
     一部の会見において、彼らの出席メンバーのクラスが変わるかもしれません。
     法輪功が…提出したからです(薄煕来が話を打ち切る)

 薄煕来:もういい。馬大使(当時の馬燦栄大使)に聞きなさい。

 秘書官:えっと、今日の午後、照会があったばかりです。つまり…(薄煕来に打ち切られる)

 薄煕来:馬大使に聞くのだ。私に聞くんじゃない。このこと、馬大使が対処できないのかい?


http://www.youmaker.com/video/svb5-e23aaca6ea754fe48a2a981ede73f7ab065.html


録音を提供した理由について、鮑光氏は、薄煕来裁判で指導部が依然、
薄の本当の罪を隠ぺいしていることに憤慨したからだと説明している。
録音は「権威機構の鑑定を受けてもいい」とし、薄の声に間違いないと主張した。

鮑光氏はまた、指導部は今後も薄の罪を隠しつづければ、「より驚くべき証拠を提供する」。
「中国の軍隊、武装警察、病院、公安、刑務所、労働教養所、政法委が皆、
生きた法輪功学習者からの臓器狩りという罪悪に関わっていた」。
鮑光氏はこのように明言し、関与した人からの情報提供も呼びかけた。

薄煕来はかつて、江沢民元主席が起こした法輪功弾圧の先兵を務めていた。
1999年8月、弾圧が始まって1カ月後、
江元主席は薄が市長を務める大連市を10日間にわたって訪問した。
その翌月、薄が市トップの党委書記兼市長に昇進。
大連市はその後、法輪功迫害の最も残酷な市となり、さらに、2001年に
薄が遼寧省長になってから、遼寧省は最も迫害の深刻な省となった。

生きた法輪功学習者からの臓器狩りも、薄が許可した死体工場のある大連市や、
悪名高い馬三家労働教養所のある遼寧省都・瀋陽市で猖獗をきわめていた。

法輪功学習者からの臓器狩りを世に明かした一人、カナダ人権弁護士デービッド・マタス氏は
9月2日に東京、5日に大阪で報告会を開催する。



おぞまし、おぞまし。

つい最近も子供が見知らぬ女に両目の角膜を取られたそうで。

☆http://sankei.jp.msn.com/world/news/130828/chn13082813050003-n1.htm
MSN産経ニュース 2013.8.28
◎6歳児、両目くりぬかれる 中国、角膜売買目的? 女の行方捜査

あり得んことがありうる支那、末世よなぁ。

コメント

夏のおはりにⅣ

2013-08-30 10:51:03 | Weblog
 画は カジミール・マレーヴィチ Казимір Малевич

 1878年~1935年/ ウクライナ・ロシア / シュプレマティスム(絶対主義)    作


  「Three-girls-1932」です。


☆晴れたり曇ったり、夜半は大雨でした。

さて、ロシアが鍵になる、北の粗暴なw 白熊が。

BS海外では、米英仏の国民の6割がシリア介入反対らしいね、

経済的にそんな余裕はない、ということだし、イラク以降の騙しの手口がバレておる、

◆http://www.jiji.com/jc/zc?k=201308/2013082900878&g=int
時事通信 2013/08/29
シリア空軍カミカゼ準備?=パイロット13人が誓約書-英紙報道

【ロンドン時事】

29日付の英紙ガーディアンは、米欧からの軍事攻撃があった場合、
シリア空軍はカミカゼ・パイロットを投入、
自爆攻撃を仕掛ける準備をしていると報じた。
これまでも同紙に信頼できる現地情報を提供していた
防空担当のシリア軍士官が明らかにしたという。

〔写真特集〕シリア政変~米がミサイル攻撃か?~
☆http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_int&p=sru223

首都ダマスカス郊外に駐留し、アサド大統領に忠誠を誓うこの士官によると、
パイロット13人が今週、
米軍機を阻止するための自爆殉教チームを結成する誓約書に署名した。


◆http://rockway.blog.shinobi.jp/
ROCKWAY EXPRESS
プーチン大統領:欧米がシリアを攻撃すれば、サウジを攻撃する?

8月29日
 
ジャッカル(サウジアラビア)が黒龍(ロシア)の逆鱗に触れた。

サウジアラビアのバンダル王子はこともあろうに、ロシアのプーチンに脅しを掛けたようなのだ。
シリアのアサド政権への支援を止めれば、儲けを山分けにしよう、
しかしあくまでアサド政権を支援するならば、来年のソチでの冬季オリンピックに
サウジアラビア子飼いのチェチェンのイスラム過激派テロリストを差し向けて、
大会を大混乱に落し入れる、と脅したのだ。

これに怒ったプーチンは、ロシア軍に対してサウジアラビア攻撃の準備を指令した、という。
もしも欧米諸国がシリアを攻撃すれば、ロシアはサウジアラビアを攻撃する、というのだ。

無茶な話かも知れないが、やってもいない化学兵器による攻撃をネタに
欧米がシリアを攻撃するというならば、ソチ五輪に対する脅迫を理由に
ロシアがサウジを攻撃することもできるだろう。
このプーチンの話は確認はされていない。しかし、ありえることだ。
相手が角取りにきたのだから、こちらは飛車取りというわけだ。
ロシアは西洋将棋の強い国だ。

どこにも真実の根拠がないまま国際法を無視して戦争が行われるとすれば、
後は力の論理がまかり通るしかない。
欧米が国連安保理決議を無視するのだから、ロシアが同じく安保理を無視しても仕方ない。

ヤクザ同士の出入りと同じだ。

サウジというチンピラがロシアという大親分を脅したのだから、大親分が黙っているわけはない。 

これで本当に戦争が始まれば、ロシアはサウジの油田地帯の施設を狙うであろう。
これで、サウジアラビアは原始時代に逆戻りである。
また天幕の生活をすればいいだけではあるが。しかし、ペルシャ湾が戦場になるから、
日本などに向けたタンカーはホルムズ海峡を通過できなくなり、
石油の価格は青天井になるかもしれない。

このような事態を避けるためにも、欧米世界の各指導者が馬鹿な真似はやめて、
シリアに介入することのないよう願うばかりである。
さもないと、元も子もなくす、という事態になりかねない。

生きている生命体の地球が、馬鹿な人類が目を覚ますよう、
大暴れする予兆がある現代ではなおさらである。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


プーチン大統領:欧米がシリアを攻撃すれば、サウジを攻撃する?
http://english.farsnews.com/newstext.aspx?nn=13920606001493
【8月28日 FNA】

より抜粋、

イギリスのテレグラフ紙は本日、サウジアラビアが秘密裏にロシアに対して、
ロシアがアサド政権に対する支援を止めるという条件で、世界の石油市場を共に支配し、
ロシアのガス契約を保護する全面的な方法を提示したと報じた。

この提案に対し、プーチンは、
「我々のシリアのアサドに対するスタンスには決して変更はないだろう。
我々はシリア政権はシリア国民の声を最も良く反映しているものであり、
肝臓を食う者たちの声ではないと考えている
(ここでプーチンは反政府テロリスト達が
シリア兵士の心臓や肝臓を食っている写真のことを語っている
)と応えたので、
バンダル王子は、もしもロシアがオリーブの枝(平和的解決)を拒否すれば、
「軍事的選択肢を逃れることはできない」と警告した、と報じた。


指摘されるべきは、whatdoesitmean.com サイトで2013年1月28日の記事
オバマの第三次世界大戦計画にロシアは驚愕すで報じられたように、
ロシアの連邦保安庁(FSB)は、イギリスの防衛会社のブリタム・ディフェンスの
電子メールの信憑性を確認した、ということだ。

その内容は、オバマ政権がシリアとイランに対する連続的な攻撃を計画している
という驚くべきもので、そのような事態となれば、
第三次世界大戦を惹き起こしかねないとロシアの情報機関の専門家らが警告した
というものである。


シリアは、もしも欧米から攻撃されれば、世界的な混乱になる、と警告したように、
欧米の諸国民は、2013年5月17日、プーチンがロシア軍に対して、

アメリカないしはEUがシリア内戦に介入すれば、直ちに局地戦から地域戦へとその戦域を拡大させ、
大規模戦に拡大できるよう「準備完了」するよう命令を発した、


という事実を知らされていない。

このプーチンの命令で、またwhatdoesitmean.com.が5月17日の
「ロシアはシリア問題で『全面戦争』警報を発した」、で報じているように、
更にはこのサウジアラビアに対する大規模報復攻撃を命令したというニュースと一緒に考えれば、
シリアに対するいかなる攻撃も、ロシアから見れば、自国が攻撃されたと見ていることが分かる。


以下、ご参照!



偽ユダヤ・キャメロンがヘタレたw ようで、さぁ、さぁ?

☆http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE97S09Z20130829
ロイター 2013年 08月 30日
◎英議会がシリア軍事介入否決、オバマ政権に打撃

シリアからイスラエルへ、ロシア製? 支那製? あるいは北鮮製?ロケットが打ち込まれる。

今回は今までとは様相が違うと思う、

米英仏は自重すべきだ、さもなくば内部崩壊が始まるねぇ。

日本は、もちろん、中立で行けばよい、ドイツ同様に。 アメポチ害務省は国益を誤る。



カジミール・マレーヴィチ、二枚目、



「The-knife grinder-1912」です。



資源をめぐる暗闘でもある、

◆http://codenameo5.blog.fc2.com/blog-entry-1176.html
ライブノート【LIVE NOTE】2013.08.29
やっぱりパイプラインだった シリア 情勢の裏

より抜粋、

パイプラインが原因だった シリア 情勢
☆http://blog-imgs-62.fc2.com/c/o/d/codenameo5/islamic-pipeline.jpg


2011年7月、イラン、イラク、 シリア がイラン産の天然ガスを西へ運ぶため、
イスラム パイプライン(Islamic Pipeline)建設に合意を示した。
このパイプライン建設計画はイランの南パースで産出される天然ガスを
イラク ~ シリア を通り、そのまま地中海を抜けてギリシャまで伸びるという
5,000kmに渡る壮大なパイプライン計画である。
しかし、このパイプラインの計画を快く思わない人達がいたのが
この シリア の内戦の引き金を引いた。


イラン の天然ガスを切ったトルコ


そもそもこのパイプライン建設計画であるが、
イラン はその隣国であるトルコに既に敷設されているパイプラインで
簡単に天然ガスをヨーロッパへ輸出することができたのである。
しかし、アメリカ&イスラエルの主導するイランへの制裁に同調したトルコは
天然ガス取引を含めたイランとのあらゆる取引を拒否。
そのことから、最大の天然ガス消費地域であるEU諸国への輸出手段として、
このイスラムパイプライン計画に3国が合意に至ったものであり、
そもそもEU諸国が イラン への制裁を行わなければ
このパイプライン計画は成立しなかった可能性が高い。


シリア で交差するアラブパイプラインとイスラムパイプライン


ここで問題となるのが シリア の立場である。
なぜなら シリア共和国 には
エジプトを起点としてヨルダンから北へ伸びるアラブパイプラインがあり、
すでにこのパイプラインをトルコのパイプラインへ接続する計画が進行中であったからである。
これはEUにとってみても戦略的に重要な天然ガス源となるはずであった。
なぜならエジプトから伸びるこのアラブパイプラインが
トルコ国内を東西に走るパイプラインと繋がれば、
EU諸国はロシアの息のかかっていない天然ガスを手に入れることができるからである。


シリア への攻撃はイスラムパイプラインに調印したアサドへの報復

話をイスラムパイプラインに戻すと、
このアサド大統領が調印したパイプライン計画の規模は100億米ドルにも上るため、
シリアとしても中々旨味が多い。
何せ、いつ実現するのか怪しいナブッコ(Nabucco)パイプラインに比べて
3割も多い輸送量を誇るパイプラインとなるからである。しかしである。
この計画はシリアからトルコへ向かって北上するのではなく、
そのまま西に向かって伸びていく計画であるのだが、これを何としても阻止したい勢力がいるのである。


自由シリア軍(FSA)を支援するトルコ、カタール、サウジアラビアとNATO

ヨーロッパへ供給される石油と天然ガスのパイプラインのハブを担うことで
影響力を高めたいトルコ、イランが天然ガスの輸出経路を持つことを快く思わないサウジ・カタール、
これ以上自分たちの消費する天然ガスをロシアに牛耳られたくないNATO、
そしてイランの宿敵とも言えるイスラエルとその下僕であるアメリカが
自由シリア軍(FSA)を金銭面、物資面で支援しているのは周知の通り。


アラブパイプライン(北へ伸ばす)か、イスラムパイプライン(西へ伸ばす)か


このように、一見シリアのアサド政権とそれに反旗を翻した反体制派の対立に見える構図は、
実はシリアへ伸びるアラブとイスラムの両パイプラインを
北と西のどちらへ伸ばすかによる利害関係を背景としているのが見て取れる。


肥大化する シリア の対立構造

ロイター通信の記事によれば、イランが主催する会合に
ロシア、中国、インド、パキスタン、ベネズエラ他30余の国の代表が集い、
シリア に対するNATO及びアメリカの軍事介入を批判する動きがあった。
このように、世界中を巻き込んだこのシリアの紛争はこのブログでも今後とも注視していく。


__________________________________________________


米国がアフガニスタンに介入する理由がパイプラインで
天然ガスと石油をめぐってロシアと米国がシノギをけずってる地域だったように

シリアもまたパイプラインという
エネルギー利権での紛争エリアになってしまったみたいです


このパイプライン計画を快く思わないカタールが

アメリカがシリアを化学兵器で攻撃し、それをシリア政府のせいにするという提案

した
のは納得がいくものであります

最近にはこんな報道もありました


欧州にロシア回避のガスルート 初のパイプライン 
2019年には実現予定 アゼルバイジャンから
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130730/erp13073000490000-n1.htm


このようにカスピ海沿岸
又はその近隣諸国は地政学的にとても重要な位置にあります


EUがロシアからの原油やガスの輸入量を削減しようとしているので
ロシアは安定的な供給先として日本に秋波を送っている
のだとか

なので他人事ではないのです

第56代アメリカ国務長官ヘンリー・キッシンジャーの名言(ユダヤ人の妄言)に

「食料をコントロールする者が人々を支配し、
 エネルギーをコントロールする者が国家を支配し、
 マネーを支配する者が世界を支配する

とあります


この紛争はエネルギー利権による 国家への影響力を専有しようとするものなのかも知れません




カジミール・マレーヴィチ、三枚目、



「Study-for-portrait-of-a-peasant 習作 小作人の肖像」です。



ブーメラン、々、

◆http://blog.shadowcity.jp/my/2013/08/by-27.html
ネットゲリラ (2013年8月29日)
原爆投下は国際法違反 by,ロイター記者

より抜粋、

シリアの化学兵器って、完全にヤラせです。

誰がやったのか? アメリカとは限らない。

イスラエルのモサドあたりが暗躍しているかも知れない。

戦争屋が、戦争に持ち込みたくてしょうがなくて、騒いでいる。
ところでシリアにはロシアの軍艦が何隻も停泊しているんだが、どうすんのかね? 

アメリカの駆逐艦にミサイル発射するような事になったら、米露決戦になる
んだが


それもまた面白いので、やるのは構わないが、
原爆落とすなら横田基地か六本木にしてくれ。
御殿場は新兵さんしかいないので、落とさないでねw



http://sankei.jp.msn.com/world/news/130829/amr13082912260006-n1.htm
MSN産経ニュース 2013.8.29
原爆投下も化学兵器使用と同じ国際法違反か

米国務省の定例記者会見で28日、ロイター通信の記者がシリアの化学兵器使用疑惑をめぐり、
米国による広島、長崎への原爆投下の例を挙げて軍事介入の正当性について追及した。

米政府はアサド政権による化学兵器使用を断定。
この日の会見でハーフ副報道官は国連安全保障理事会による武力行使容認決議なしに
軍事介入することを念頭に、
多数の市民を無差別に殺害したことが一般的に国際法違反に当たると強調した。

これに対してロイターの記者は

米国が核兵器を使用し、広島、長崎で大量の市民を無差別に殺害したことは、
あなたの言う同じ国際法への違反だったのか
と質問。

ハーフ氏はコメントを避けた。(共同)



*12 ニールキック(やわらか銀行) 2013/08/29(木) ID:u3K9J5170
 ベトナム戦争の枯葉剤使用は国際法違反かとも聞けよ

*36 足4の字固め(東日本) 2013/08/29(木) ID:kg9sE8OQ0
 >>12
 アメリカと言うか所謂ユダヤを中心とした国際金融資本は
 本当にろくでもない事しかしてないからな。

*17 イス攻撃(新疆ウイグル自治区). 2013/08/29(木) ID:OCHe89CEP
 木造の民家にむけて焼夷弾使ったのも酷いと思うんですけど

*155 ナガタロックII(東京都) 2013/08/29(木) ID:N0zXfL5R0
  >>17
 周辺に焼夷弾を円形に投下して火の壁を作り逃げ道を塞いでから
 円の中の婦女子に焼夷弾と黄燐爆弾を投下。
 世界史に前例の無い残忍な殺戮で言い訳の出来ない大醜態だな。

 アメリカも必死に南京30万人虐殺とか慰安婦強制連行とかを言い立てる由縁だなw

*24 ヒップアタック(岡山県) 2013/08/29(木) ID:LX7bLZJc0
 最悪の東京大空襲も追加で

*111 膝靭帯固め(愛知県) 2013/08/29(木) ID:Qfy7pxho0
 市民を助けるために市民にミサイル打ち込むの?w

*145 スパイダージャーマン(家) 2013/08/29(木) 4 ID:uwQ4oKZO0
 【悲報】米国が、国民にサリンを用いた政治家を空爆で粛清へ......石原閣下ガクブルw

   石原裕次郎の手術の執刀医がオウムの林郁夫。
   これが縁で石原慎は、 オウム真理教への資金提供をはじめる。
   そのオウム真理教が宗教法人になれたのも石原慎太郎の圧力だった。
   そして、あの凄惨な地下鉄サリン事件がおこる。
   つづいて、日本中をワカせた上九一色村での大捜索劇。
   その第7サティアンで、石原慎の4男、延啓クンが"救出"される...。  
   延啓クンは、なんと! オウムの幹部(官房長官副秘書官)だったのだ。
   で、麻原の瞑想座の後ろの曼荼羅絵は、画家でもある延啓クンの作。

   地下鉄サリン事件の数日後、石原慎太郎は"謎"の議員辞職をした...。
   この理由が「オウムとの親密すぎる関係によるもの」であること、さらに、
   石原慎の議員辞職が「司法取引」の結果で、
   石原慎を不問に付したの が、当時の野中広務国家公安委員長だったことも、
   みーんなバレバレ。

   地下鉄サリン事件は、石原慎の一家にとっては、何が何でも
   隠蔽して おきたい事件なのだが、トラウマ(精神的後遺症)になってしまっていて...、
   長男の石原伸晃クンが東電福島原発を「サティアン!」
   と言ってしまった のも虎馬の暴走だろーな。

   トラウマだけなら、まだEー。 「オウムの秘密」。
   この弱みをネタにされ、ハマコーや米国戦争屋にオド されてきた石原慎太郎。
   「尖閣買収」発言も、「弱み」を握られたからなんだろーが、恐いのは...、
   弱みを握られた男は何をするか分からない!ということだ。


*208 エルボーバット(新疆ウイグル自治区) 2013/08/29(木) ID:RY8L6KQl0
  アメリカは
  人を殺したくて 殺したくて
  資源を奪いたくて 奪いたくて
  宗教のイスラムを潰したくて 潰したくて
  しかたがないんだよ

*403 目潰し(庭)[sage] 2013/08/29(木) ID:d5QYqxtl0
  アメリカが日本をアジアシフトさせない戦略をとるのも
  日本がアメリカから中立になったとしたら
  東京大空襲や原爆投下の責任を問い始めるからだ
  というのは昔からよく言われていた話だからね



「鬼畜米英」なのですよ、昔からな~んにも変わっておらない。

アングロサクソン&偽ユダヤ は、醜悪なレイシスト(Racist)ですから。

そろそろ黄昏だな。



コメント

夏のおはりにⅢ

2013-08-29 10:53:58 | Weblog
 画は柚木 武士(ゆき たけし)

 柚木武士:
 1921年 出生于台湾省花莲港 1939年毕业于台北第一中学(现台湾省立建国高等中学)
 1942年 毕业于台南高等工业学校(现成功大学) 1946年由日本陆军航空部队复员,
 从中国回日本 1959年 从日本航空自卫队退职 ~ とあり。

 ☆https://fukui-freaks.jp/u/crissnote/HrYaDEKbmAML1Q6htIOf/
 柚木武士『日本軍艦画集』 ご参照!                      作


  「空母 飛龍 蒼龍」です。


☆晴れ、午後雨らしい?

さて、ヘタすると「第三次世界大戦」の引き金になりかねんと思う。

◆http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130829/k10014120951000.html
NHKニュース 2013年(平成25年)8月29日[木曜日]
米 国連決議なしでも軍事行動辞さず


シリアで化学兵器が使われたとされる問題を巡り、アメリカ政府は、
ロシアの反対によって国連安全保障理事会で決議案が採択されない場合でも、
アサド政権に対して軍事行動も辞さない考えを強調しました。

イギリスのキャメロン首相は、アサド政権が化学兵器を使ったとして非難した上で
シリア国民を守るために必要なあらゆる手段をとるよう求める決議案を、
国連の安全保障理事会に提出する方針を明らかにしています。

これについて、アメリカ国務省のハーフ副報道官は、28日、
「けさ、安保理の常任理事国5か国で決議案の内容を協議したが、
ロシアから、これまでと違う意見は出されなかった」と述べ、

現状では、ロシアが軍事行動に反対する姿勢を崩さないために、
決議案を採択するのは困難だという見方を示しました。

一方で、ハーフ副報道官は、
「ロシアの妨害の影で、アサド政権が事実を隠し続けられるとは思わない。
われわれは適切な行動を進めるだろう。重要なのは、
化学兵器の使用は見過ごせないという強いメッセージを送ることだ」と述べ、
国連安保理で決議案が採択されない場合でも、
アサド政権に対して軍事行動も辞さない考えを強調しました。



キ印ユダメリカの悪辣ぶりはいや増すばかりだ、

また、まんまと嵌められてはならんよ、

「昭和天皇」にはえらい目に合わされておるのだ、

その「田布施システム」のゾンビが壺三だからねぇ、縁起が悪いのさ。



柚木 武士、二枚目、



「駆逐艦 吹雪」です。



「歴史は(形を変えて)繰り返す」といいますよ、

◆http://2006530.blog69.fc2.com/blog-entry-577.html
読書日記  2008/08/08
原爆投下

より抜粋、


『原爆の秘密 国外編』 鬼塚英昭 成甲書房 2008年8月 
 
 *************

私(鬼塚)はどうして「原爆の秘密」を知りえたのか [序として]

1945年8月6日広島に、その3日後の9日には長崎に、アメリカは原爆を投下した。
日本の敗戦はすでにはっきりしていた時期であった。
私はながい間、「どうしてアメリカは日本に原爆を落としたのであろうか」と考え続けてきた。
アメリカ側からの本もたくさん読んできた。
日本人が書いた本も同様にたくさん読んできた。しかし、私には疑問が残った。

日本は敗戦(「終戦」という言葉になっているが)工作を続けていた。
アメリカは、その日本の敗戦工作の詳細を知りつくしていた。
広島に原爆を投下する1週間前に、アメリカは原爆投下の最終準備に入った。
天候だけが問題であった。それと同時に、アメリカは無条件降伏を日本につきつけていた。

日本国民は、日本政府の敗戦工作も、
アメリカを中心とする連合国の敗戦提案も何ひとつ知ることがなかった。

それだけではない。広島では、原爆投下直前の8月3日ごろから、
投下の中心地付近に多くの学童・生徒が集められていた。しかも、
原爆投下の直前にもかかわらず、アメリカ軍機の空襲の情報さえ、
広島市民は何ひとつ知らされなかった。長崎市民も悲劇に放り込まれた。
広島の原爆投下についての情報をほとんど知ることがなかった。


私は、広島と長崎に落とされた原爆について調べているうちに、
常識では考えられないような矛盾点を数多く発見した。
そのためにもアメリカ側の資料を読み、原爆とは何か、
どうして原爆がつくられるようになったのか、どのような過程でつくられていったのか - 
を調べていった。そしてついに、アメリカがどうして原爆を投下したのか、
という私の積年の疑問が少しずつ解けていくのが分かった。


私は原爆製造の謎に挑むことによって、原爆投下の謎を解明しえたのである。
従来の原爆投下説と私の説は、全くといってよいほどに異なる。
読者は私の本により、原爆投下は何よりも、
国際金融寡頭勢力とも呼ぶべき集団が主役である
と知ることになる。

私たち日本人は半世紀以上にわたり、騙され続けている。
私たち日本人は、真実に眼をそらさずに直視しなければならない。
もし、現状のままでいるのなら、広島と長崎の悲劇がふたたび繰り返されるであろう。

この本を、広島と長崎で死に、あるいは傷ついた人々に捧げたい。

 2008年7月、またあの日を目前にして     鬼塚英昭


 ************


この鬼塚氏の『原爆の秘密〔国外編〕』のサブタイトルは、

 【殺人兵器と 狂気の錬金術】です。 

 長くなりすぎたので、稿を改めます。 

 
 引き続き、鬼塚氏の著から続ける。


 『原爆の秘密 国内編』 昭和天皇は知っていた。 

日本人はまだ原爆の真実を知らない 「序として」


原爆はどうして広島と長崎に落とされたのか? 
多くの本は、軍国主義国家たる日本を敗北させるために、また、
ソヴィエトが日本進攻をする前に落とした、などと書いている。なかでも、
アメリカ軍が日本本土に上陸して本土決戦となれば多数の死者を出すことが考えられるので、
しかたなく原爆を投下した、という説が有力である。

しかし、私は広島と長崎に原爆が落とされた最大の原因は、
核兵器カルテルが狂気ともいえる金儲けに走ったからであるとする
説を立てて、
姉妹書『原爆の秘密 国外篇』(*上に一部紹介した。)を書きすすめたのである。

核兵器カルテルとは何か? 

アメリカのロックフェラー、モルガンという巨大な財閥が戦前の世界金融を支配していた。
ロックフェラーとメロン両財閥は共同作戦をとり、ウラン爆弾の開発に乗り出した。

すると少し遅れて、モルガン財閥もデュポンという巨大な化学トラストと組んで、
プルトニウム爆弾の製造に着手した。ここに、新しくてしかも巨大な軍需産業が出現した
のである。

ウラン爆弾は、ウラン238からウラン235を抽出し、このウラン235を使い原爆を製造する。
プルトニウム爆弾は、ウラン238から原子炉を用いてプルトニウムを抽出し、
これを使って原爆を製造する。ウラン爆弾の製造は1945年の春には完成していた。
しかし、プルトニウム爆弾の製造は遅れた。しかも、核実験しなければ実用の可能性があやぶまれた。

1945年7月16日、プルトニウム爆弾の実験がようやく成功する。時あたかも、
トルーマン大統領とチャーチル首相(英国)、スターリン首相(ソ連)が
ポツダム会談をしていたときであった。

この実験が遅れ、プルトニウム爆弾の完成が遅れたために、日本の降伏も遅れたと私は書いた。
それは、核兵器カルテルのために日本の敗戦が遅れたことを意味するのだと私は結論した。
この原爆製造と投下の総指揮をとったのは、陸軍長官ヘンリー・スティムソンである。
彼はモルガン財閥の一員でもある。アメリカのみのためではなく、モルガンのために、
国際金融寡頭勢力のために、要するに核兵器カルテルのために、
スティムソン陸軍長官は原爆投下の総指揮をとった
のである。

そのために、スティムソンは日本の「あるルート」を通して昭和天皇との秘密交渉を続けた。
原爆を完成し、これを広島と長崎に落とすまで、天皇に敗北宣言をさせなかった
のである。

無条件降伏とは、原爆を落とすために考え出されたアメリカの謀略であった。
何も知らない日本人は完全にスティムソンと天皇に騙されたのである。

本書『原爆の秘密 国内篇』はこの私の推論が正しいことを立証するものである。
ただ、その過程では、日本人として知るに堪えない数々の事実が浮上してくる
読者よ、どうか最後まで、この国の隠された歴史を暴く旅におつき合いいただきたい。
それこそが、より確かな明日を築くための寄辺となるであろうから。

2008年7月、 またあの日を目前にして  鬼塚英昭


 *************

 目次は以下の通り。


 日本人はまだ原爆の真実を知らない[序として]


 第一章 原爆投下計画と第二総軍の設立

 東京ローズがささやいた「テニアンの秘密」
 第二総軍設立の真の理由に迫る
 原爆投下予告を確かに聴いた人々
 投下予告はこうして封印された

 第二章 「原爆殺し」の主犯を追跡する

 日本進攻計画と第二総軍との「不可解な暗合」
 発令されなかった警戒警報
 謀殺された徹底抗戦派・戦争終結反対者たち
 生者と死者と、あるいは賢者と愚者と
 演出された投下時刻「八時十五分」の意味

  第三章 長崎への原爆投下は真珠湾奇襲の復讐である

 「長崎は小倉の代替地説」のウソを暴く
 やはり予告されていた長崎への原爆投下 
 カトリックの聖地であるがゆえに狙われたナガサキ

  第四章 悲しき記録、広島・長崎の惨禍を見よ

 湯川秀樹ノーベル賞と原子爆弾との関係
 元帥の述懐は「君!・・・なるようにしかならんねエ」
 「県庁員幹部二死傷ナシ」は何を意味するか
 アメリカ人捕虜だけがどこかへ消えた
 日本政府も認めた公式見解「広島・長崎に放射能なし」

  第五章 見棄てられた被爆者たち

 原爆はどのように報道されたのか
 ドクター・ジュノーの懸命なる闘い
 「昨日はウサギだった、今日は日本人だ」
 国際赤十字社、もうひとつの顔
 迫りくる恐怖、生き抜いた原爆患者たち

  第六章 天皇と神と原爆と

 天皇美談だけが残って、責任は消えた
 「神の御心のままに」逝った人々
 原爆で死んだ人々を見つめて


 ************


 第1章 原爆投下計画と第2総軍の設立

 東京ローズがささやいた「テニアンの秘密」 

「東京ローズ」をご存じだろうか。
第二次世界大戦中、太平洋戦線にいたアメリカ兵への宣伝放送を、
魅惑的な英語で読んでいた日本人女性アナウンサーのニックネームである。
彼女たちの甘美で美しい声は、故国を遠く離れた若い米兵たちの郷愁をかきたてたという。

だが、その東京ローズについて書く前に、ゴードン・トマスとマックス・モーガン=ウィッツの
『エノラ・ゲイ』(1980年)からある文章を引用する。
とても奇妙なことが書かれている。
その文章は「1945年7月12日 -   テニアン島」の項の中にある。
テニアン島の基地から原爆投下機が広島、そして長崎に向かったのである。

ビーザー〔テニアン島に派遣された諜報将校〕は、テニアン島占領の時に戦死した
アメリカ兵の墓地の近くのかまぼこ小屋にいた。
その墓地には、彼が目撃した墜落事故で死んだ爆撃機乗員たちの遺体も葬られていた。
ビーザーはその後、焼夷弾をぎりぎりまで満載したB29 の
そうした墜落事故はテニアン島では珍しくないことで、
嫌でも逃れられぬ人生の現実であることを知るようになった。
ビーザーは服を着ると、かまぼこ小屋の中が空っぽなのを知った。
仲間の将校たちはおそらく浜辺へ海水浴に行ったのだろう。

小屋のラジオのスイッチをひねると、センチメンタル・ジャーニーの曲が
雑音のなかから聞こえてきた。そしてその曲が止むと、続いて甘い美しい声が響いた。
それはビーザーが、しゃくだけれども引きつけられているものだった。

東京ローズが太平洋地域のアメリカ軍向けの定時の宣伝放送を繰り返していた。

日本放送協会(NHK)で戦時宣伝放送「ゼロ・アワー」が開始されたのは
1943年(昭和18年)3月であった。
参謀本部情報局管轄のもとに行われた対連合国向けの謀略放送である。
命じられるままに、東京ローズは太平洋地域のアメリカ軍向けの放送を流していた。
『エノラ・ゲイ』の続きをみよう。

・・・東京ローズはもう2度も第509航空群のことを名指しで取り上げて、
隊員たちの胆を冷やした。第1回目は、第509航空群・地上勤務部隊が
5月30 日のメモリアル・デー(戦没将兵追悼記念日)に
テニアン島に上陸した直後のことであった。東京ローズは彼らの到着したことに触れ、
「日本軍の餌食にならないうちにアメリカヘお帰り」とすすめた。

第509航空群の隊員のなかにはその言葉を嘲笑したものもいたが、また心配したものもいた。
そういう隊員は、一体、東京ローズがどうやって、
アメリカ全航空隊のなかで最も秘密のこの部隊のことを知ったのだろうかといぶかった。
それから2週間後に、東京ローズはまた第509航空群のことを言った。
彼女は、第509航空群の爆撃機は、尻に「R」の記号がはっきりついているから、
日本軍の高射砲隊はすぐ見分けられるぞと警告した。
今度は誰も馬鹿にはしなかった。その記号が機に書き付けられたのは、
そのすぐ前のことだったからである。

『米軍資料 原爆投下の経緯』(1996年)を見ることにする。

第509航空群団が米軍資料に登場するのは、
「資料A-3/グローヴス将軍ヘテリー大尉から。
主題:12月28日に貴官グローブスの執筆室で開かれた会議のノート」
(日付1945年1月6日)である。

  ・・・

8、今後のティベッツ大佐の群団の計画について、以下の通りに決定をみた。

 a、第509〔航空〕群団の全機は、陸軍の規格爆弾が運べるように爆弾倉内の懸架装置を改修する。
   この作業は、群団の訓練がバティスタ飛行場で完了したのち、4月15日ごろに特別改修工事で行う。
 b、テイベッツ大佐の群団が作戦に使用できるように、月当り最低9発の大型爆弾を提供する。
 c、デリー大尉は、将軍(グローブス)のために、第509航空群団の、
   1月1日から3月1日を経て6月 15日に至る間の、作戦の概要をまとめて提出するように求められた。

第509航空群団は原爆投下のために作られた特別の航空群団であった。
この群団は1944年12月28日に正式に発足した。この会議記録のなかに気になることが書かれている。

7、6月15日と7月15日の間の、東京上空の気象条件はどうかという問題が出された。
アツシュワース海軍中佐は、8月15日までは比較的に雨が多いと指摘した。

なお、「大型爆弾」とは、ファットマンと同一の弾体を有し、
火薬だけを詰めたものと提示された、と書かれている。カボチャ爆弾と後に呼ばれたものである。

どうして東京ローズは第509航空群のことを知り得たのか? 
彼女はNHKに雇われた2世の女性である。
彼女の人生を知りたい人は、上坂冬子の『東京ローズ』1995年)を読まれるがいい。
しかし、この本は、東京ローズが放送で米兵に語りかけた肝心の内容についてはまるで触れていない。


『エノラ・ゲイ』の続きを見ることにしよう

・・・ビーザーは、東京ローズがそこら辺中のことを知っているらしいのに不安は覚えたが、
それでもその日本からの妖しい魅惑的な声には耳を傾けた。今朝も彼女は相変わらず、
アメリカのごく最近の野球試合の点数、ブロードウェーの内外の劇場にかかっているドラマや
コメディの知らせ、フィクションとノンフィクションのベストセラーの詳細を知らせ、
その間に現在のヒットパレードの曲を流した。

今日は第509航空群の名前は出なかった。ビーザーはラジオのスイッチを切って、
東京ローズに他のホームシックの兵隊の慰問をまかせた。

引用文中のビーザーとはテニアン島に派遣された検閲将校である。
東京ローズのニュース放送を検閲していたのである。
この東京ローズに関する文章を読むと、

日本の陸軍参謀本部が原爆のことを知っていたことに気づくのである。

戦前戦中、東京・駿河台の現在は文化学院がある場所に「駿河台技術研究所」
(後に駿河台分室と改められた)があった。
上坂冬子の『東京ローズ』から引用する。

・・・技術研究所とは申すまでもなくカモフラージュのための偽称である。
私がこの蔦のからまる文化学院にことさら注目するようになったのは、
「謀略放送といえば東京ローズのゼロ・アワーが真先に引き合いに出されますが、
実はあれはいわゆる謀略放送のほんの1部にしかすぎません。
主流は何といっても駿河台技術研究所(捕虜の間では通称〔文化キャンプ〕)の
捕虜たちの行った放送ですよ」と述懐した
元参謀本部宣伝主任・恒石重嗣中佐の一言にひきつけられたからである。・・・

上坂冬子は捕虜たちのことを詳述するが、どんな内容を彼らは喋らされたのかについては書いていない。
しかし、興味深いことを書いているので引用する。

・・・14人の捕虜のうち3人(ヘンショー、ブロボー、マクノータン)は
翌日早速NHK第五スタジオヘ赴いて、同盟通信社
(昭和11年連合通信社と日本電報通信社通信部門を合併して設立した国策通信社で
社長は吉野伊之肋、幹部には松本重治、長谷川才次、井上勇の各氏など)
の用意した原稿を読み上げ、
かくて我が国初の捕虜による謀略放送第1回「日の丸アワー」は放送されたのである。・・・

この上坂冬子の文章を読んで分かることがある。
あの「黙殺」発言を「イグノア」と訳したのが、国策通信社による謀略であったということである。
松本重治や長谷川才次は戦後にアメリカのロックフェラー財団と気脈を通じて
甘い汁を吸った謀略家たち
であった。
あの東京ローズのニュースも1種の国策であろう。

陸軍参謀本部と同盟通信社が共同でニュースを作成し、東京ローズに喋らせたのである。
彼ら陸軍参謀本部のエリートや同盟通信社の幹部たちは、
第509航空群の爆撃機の尻に「R」のマークがついている秘密まで知っていたのである。

これが何を意味するかは考えるまでもないことである。

彼らは、ロックフェラーやモルガンと通じていたのだ
そして、原爆が落とされるまで日本を降伏させないように猿芝居を演じていたのである。
この同盟通信社とヨハンセン・グルーープに深い因縁がある
ことはすでに姉妹書『原爆の秘密 国外篇』で書いた。

上坂冬子は「その8課(参謀本部の)の人々は戦後から今日まで『駿河台会』という名の親睦会
を持っており、ほぼ毎年1回の割で集りをつづけて、すでに30 回を越えている」と書いている。
そして、1977年7月12日午後5時、上坂冬子は会場の霞が関ビル34階の1室に、
取材許可を得て出席する。そこに元参謀本部第二部長・有末精三陸軍中将が出席していた、
と上坂冬子が書いている。この有末清三陸軍中将の発言を上坂冬子は書きとめている。

・・・ついに82歳の有末精三元中将まで立ち上り、

「東京ローズの生みの親というオーストラリアのカズンズ少佐に、
1度だけ駿河台で会ったことがあるんだが、私はこういうザックバランな男だから、
こちらからグッドモーニングと手をさしのべて『食い物はどうだ』と聞いたら、
彼は即座に『ワンダフル』と答えましたな」・・・

戦争が終わったとき、多くの軍人や政治家、文官たちが戦犯となったり追放処分となった。
しかし、謀略機関で働いた連中は、1部の例外はあるものの、ほとんどが自由の身となり、
それだけではなく、権力と富を得た
。有末精三も例外ではなかった。
「有末機関」をつくり、米軍に協力した。


これは何を意味するのか。彼らはアメリカとグルであったことを意味するのではないのか。
アメリカのために働いてきたのではなかったのか。

  続く。



柚木 武士、三枚目、



「イ号第370潜水艦」です。



◆http://2006530.blog69.fc2.com/blog-category-6.html
読書日記 2008/09/01
“核”を求めた日本 ~被爆国の知られざる真実

より抜粋、


第6章 天皇と神と原爆と

 天皇美談だけが残って、責任は消えた   

天皇裕仁は、1947年12月5日から8日まで、広島県を巡幸した。
広島市の編による「天皇行幸録」(1948年)を中心に天皇のかのときの姿を追ってみよう
(小野勝『天皇と広島』1989年、より引用)。

 ・・・

アトム広島御展望

この日、広島の空は乳白色の雲が空を覆い、周囲の山々、瀬戸の島々は霧に包まれて
御遠望は十分でなかった。けれども、それはあの日焦土と化した約4百万坪の地域を
陛下に御示しする為の天のなせる業かの感があった。
放送局のマイクが遠慮なく陛下の御顔近くに差し出されて御声をキャッチする。
「割合に建物が出来たネ」と濱井市長を顧みられた陛下は、御足を階段に向けられた。

市庁舎周囲の路上から万歳、万歳の声が湧き起った。
屋上の御姿を見つけた市民の歓呼である。陛下は思わず御足を留められた。
そして御帽子を右手に高く幾度も幾度も打ちふられながら地上の歓呼にこたえられた。
一際高く上る地上の万歳は百雷の如く屋上に轟いた。〔略〕

(*以下、「子供たちの〔天皇讃歌〕の作文等の紹介も略す」

次に児玉隆也の『君は天皇を見たか』(1975年)から引用する。
全く異なる天皇像が描かれている。

 ・・・

笑徴だ(宮本六襄・会社員・31歳)

私たちは、天皇を2度見ました。
1度目は、終戦直後、私が原爆孤児の寮に収容されていた小学生のころです。
天皇は殿さまのようでした。
2度目は46年(*昭和)の広島訪問でした。
そのとき私は天皇は象徴やなか、笑徴や、恥やと思いました。
広島にはもっと早く来るべきでした。しかも、自分の意思で。

(下口輝明・農協勤務・37歳)

1度目の原爆孤児院では、天皇が来るというので施設の昼メシがごちそうでした。
天皇よりも食べものを覚えています。天皇陛下は、あーそお、あーそお、とだけいいました。
ぼくらの関心は、チョコレート色の車についている菊の紋章が、
純金かメツキかに集中しました。
46年の天皇は、慰霊碑までまっすぐ歩いていって、まっすぐかえってしまった。

いまだに苦しんでいる被爆者にも会わずに、大企業の工場を見に行った。
あんなことをしていたらあかんと思いました。

(今田恒雄・精薄児施設指導員・37歳)

私も原爆孤児院にいました。おかけで有名人にもおうてよかったと思いますよ。
しかし私が育ってきたのは、社会の恩恵であって、
天皇に置きかえたことは1度もありませんでした。
46年のときも、天皇のことなど前日まで思ってもいませんでした。
そのとき、天皇が来るというので、農事試験所のバカが、
梅に薬をかけて花の咲く時期を遅らせました。
天皇はそんなことも知らないで、キレイだね、といったそうです。
皇太子が天皇になれば、もっともっと利用されるだけの時代が来るでしょう。・・・

この3人の原爆孤児たちの言葉に対しても私(鬼塚)は何1つ批評をしない。
広島への原爆投下をさめた眼で見続けていた1人の女性を紹介したい。
栗原貞子は『核・天皇・被爆者』(1978年)の中で次のように書いている。

 ・・・

戦前派の天皇への意識が混濁し不透明であるのとちがって、
戦後生まれの被爆二世たちの意識は明確であり、
青年特有の鋭さとはげしさをもって天皇の戦争責任を追及した。

1971年4月18日、天皇は島根県に植樹祭が行われた時、15、16日と広島により、
護国神社に参拝し、原爆慰霊牌に立ちよった。(参拝ではない

被爆団体や革新団体など、組織的には何らの抗議声明も行わなかったが、
被爆者青年同盟、アジア青年同盟、部落解放同盟の3団体は、
天皇来広を糾弾する連絡会議をつくり、糾弾県民集会の開催やデモ行進を計画したが、
いずれも行政・司法一体となって弾圧し、
いったん貸した会場の許可をとりけし、デモ行進をやめさせた。

4月15日、天皇が慰霊牌に立ちよりの際に平和公園に動員された機動隊は
5千人と言われている。しかし糾弾県民集会は開催出来なかったが、
それに先立つ3月27日大手町の平和会館で、
3同盟による「天皇問題を考える」被爆者集会が行われ、
50名近くが集まって各人が発言し、天皇の戦争責任を糾弾した。・・・

1947年の天皇巡幸に熱中した広島の人々も、それから24年後には完全にさめていたことが、
栗原真子の文章を通じて理解できるのである。
しかし、さめた天皇観を持つにいたった原爆被爆者たちには過酷な人生が待っていた。
もう1度、過ぎ去りし時代を、語り部の栗原貞子に語らせよう。
同じ『君は天皇を見たか』からの引用である。

 ・・・

〔昭和〕21年1月、天皇は神格天皇から人間天皇に転身することで戦争責任を回避した。

転身した天皇は22年12月5日から7日まで広島県下へ第1回の巡幸を行ったのであるが、
県議会は天皇の行幸に対し感謝決議をし、楠瀬県知事は天皇の質問に対して次のように答えた。

- 広島の原爆の影響についての人体の健康は、全く心配がなく、
ただ植物が学問的に言えば多少影響を残している程度で、決して御心配はいりません。
(中国新聞社編『ヒロシマ』未来社刊)

占領軍も民主主義勢力も行政も一貫して被爆者を抹消し闇のうちに封じこめてしまったのである。
どこにも救いのない被爆者は疎開先の農村や郊外の町で
「原爆の流れ者」「きたない」と疎外され、
遅発性の原爆症で髪が脱け、吐血し下血して血まみれの病床で原爆を呪って死んで行った。

医師は未知の兵器による未知の病気を診断することが出来ず、死亡診断書にも、
「血を吐いて死んだのだから肺結核だろう」と推定の病名を書き、
原爆症は闇から闇へ葬られた

原爆後遺症についての研究発表はゆるされず、臨床医学のなかった当時の状態である。・・・

児玉隆也の『君は天皇を見たか』から再度引用する。
児玉隆也は、赤提灯「六歌仙」という一杯飲み屋を経営する高橋広子さんから
原爆に遭った人生を聞く。この部分はすべて省略する。天皇について語るところのみ引用する。

 ・・・

聞き書き「陛下さま この金いりませぬ」

陛下は、天皇は、あの人は、いったい何しに去年この広島へ来んさったんですか。
どうして26年もたって、のこのこと帽子振りに来たですか
うちゃあ、腹あ立ってどもならん。うちゃあ、その2、3日まえから、
□ではいわんですよ、口ではいわんが、よし行っちゃろか! と思うとった。

行って、あの人の前へとび出して、
「陛下さん、あんたの腹からのことをここでしやべってみい!『あっそう』いうて
帽子振っとるだけじゃあ、うちゃあ納得できん。
おれが納得するまであんたの腹からのことをしゃべってみい! 
あんたの腹ん中を見せてみい!」

そういうて、あの人にくってかかるうちを考えとった。
うちゃあこのとおり軽いから、イリコつまんだようにつままれ、
はじき出される姿が、寝とっても頭ん中をめぐってねえ、いよいよ情けのうてねえ。

あの人、慰霊碑に花置いて、老人養護ホームヘ行って、それだけじゃあないですか
年寄りたちが「陛下さま来られて、これで思い残すことかありません」いうた。
うちやあ、「あんたがたこれだけ悲しんでおって、何か有難いか!」と、
新聞引き裂いて泣きました。
そのあと、あの人は、天皇は、何をしたですか。
原爆病院にも行かず、無縁仏にも行かず、こともあるうに、そのあと東洋工業ば行った

社長の案内で自動車工場を見た。
自動車見る暇があったら、27年間も、女房子供にも己が顔見せんと、
己がケロイドの顔を包帯の中にとじこめて、屍のように生きとる被爆者に、
どうしてチンがすまなかったというてやらんですか。

あの人は、帝王学かなんかしらんが、自分の意思をいわん人やと聞いた。
あの人に罪はない、原爆病院行くかわりに、自動車会社へ行かせた県や宮内庁の役人が悪い
という人もいる。それならば、
なぜ、戦争やめさせたのはあの人の意思やという〔歴史〕があるのですか
神やない、おれは人間や」というたのですか。
美談だけが残って、なぜ責任は消えるのですか

うちゃあ情のうて、〔へ〕も候や。

もう1度、福島菊次郎の『ヒロシマの嘘』から引用する。
赤提灯「六歌仙」の高橋広子さんと同じ思想を別の形で表現している。

 ・・・

歴史は繰り返すと言うが、
大本営と政治の嘘が国を滅ぼした戦前の悲劇を性懲りもなく繰り返そうとしているのである。
「現人神」‐という神話時代の言葉が戦前の日本を支配していたのは幼稚の限りだが、

敗戦後の日本は、「主権在民の民主主義国」になっても「を憲法の冒頭に登場させ
「天皇」という正確に外国語に翻訳できない言葉が、いまだに国を支配している。

「天皇」とは天人を恐れぬ傲慢な言葉である。
天皇・裕仁がいくら権威ぶっても、しょせんは僕と同じ人間にすぎず、
本来僕に死を命ずる権利も資格もない人間だった。
僕は幸運にも生き残ったので、
戦争責任も取れないような人間が皇位に居座るのに反対し続けてきた

戦後天皇の地位は、「現人神」から、「主権の存する日本国民の総意に基く」と、
「国民統合の象徴」に鞍替えしたが、選挙による結果ではなかった。

当時、戦争犠牲者の多くは天皇制に反対し、僕はいまも反対している。
「国民の総意」などと軽々しく言ってもらいたくない。・・・

この項の最後にもう1度、天皇に執念を燃やして生きた詩人の栗原貞子に
天皇論を語ってもらおう。赤提灯の詩人・高橋広子さん、
魂の叫びを続ける写真家と同じように、彼女も天皇を語る。

 ・・・

今度の天皇の訪米〔1975年〕は旧敵国アメリカによって改めて天皇の戦争責任を解除され、
天皇制ぐるみアメリカのパートナーとなることであり、
自衛隊と米軍との円滑な提携をはかるもの
であった。

新聞は「天皇の訪米は、大統領選挙を翌年に控えたフォード大統領の
デモンストレーションであり、大成功だった」と書きたてた。

大統領選挙の利用の次は戦争利用へと発展することを許してはならない。

テレビを通じて見るパーティや送迎のたびに挨拶する天皇の口辺(こうへん)の
頻繁なけいれんは病的で異様だった。

菊のカーテンの中から出て明るい陽光の中で人間天皇として通されることに対する
神格天皇の名残りが苦悶のけいれんをしたのではないだろうか。

私はテレビの画面を見ながら、天皇の背後に黒々とひろがる
原爆の瓦礫と渦まく死体
を思いながら「あの人だったのだ」、
「あの人だったのだ」と心の中で言いつづけた。


原爆投下を誘発させ、数百万の日本人を天皇のおんためにとして死なせ、
アジアの数千万人を殺させた最高の戦争責任者は、
免罪されて帰国し新たな戦前が始まろうとしている。

しかし私たち戦中世代は天皇制にこだわりつづけるだろう。「王様は裸だ」と言った子供のように。

 ★天皇美談だけが残って、責任は消えた  <了>




ユダメリカは自衛隊をタダの傭兵として、

中東で、北アフリカで使いたくてしょうがない。

世界覇権維持の鉄砲玉として使いたいのですよ。

まさに日本にとっては「吸血鬼にして死神」でしかない。

奴らの手羽先どもで国内溢れんばかりの惨状です。

その頂点に「大室天皇家」がおること、忘れてはならんと思う。



コメント (1)

夏のおはりにⅡ

2013-08-28 10:30:32 | Weblog
 画は佐伯 俊男(さえき としお)

 昭和20年(1945年~)生まれ。 絵師。  

 1970年、平凡パンチでデビューを飾り、初の画集を出版、パリで個展を開催。
 江戸の浮世絵美学とポップアートを織り交ぜ、性描写、ホラー、ユーモアなどが交錯する
 人間模様を色鮮やかに描く。画風、画法、思想において他の追随を許さない力強い独自性が、
 国内外で、また世代を問わず高い評価を得ている。      作


  「ポスター1?」 (合成しました)


☆晴れ、湿度30%で楽です。

キ印=ユダメリカ! 明日攻撃開始か?

◆http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013082700991
時事通信 2013/08/27
いつでも攻撃可能=英仏国防相と連携確認米国防長官

【ワシントン時事】

ヘーゲル米国防長官は27日、オバマ大統領から対シリア攻撃を命じられれば
いつでも作戦を実施に移すことができると強調した。
訪問先のブルネイでBBC放送のインタビューに応じ、語った。

米欧メディアによれば、
米軍は艦船搭載の巡航ミサイル「トマホーク」による攻撃を検討しており、
地中海に駆逐艦4隻を展開している。

長官はインタビューで「用意はできている。
大統領の望むあらゆる選択肢を履行できるように
(兵器、部隊といった)軍事資産の配置を終えた。いつでもいける」と表明。
また「シリアは自国民に化学兵器を使った」とアサド政権を非難した。

長官はこの日、英国のハモンド国防相、フランスのルドリアン国防相と電話で
シリア情勢について協議。米軍はいかなる緊急事態にも対応できると伝え、
引き続き英仏両軍と緊密に連携していく方針を確認した。


◆http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130827-OYT1T01328.htm
読売新聞 2013年8月28日
米、巡航ミサイルで化学兵器施設攻撃を検討か

【ワシントン】

オバマ米政権は、シリアのアサド政権が化学兵器を使用した可能性が高いと判断し、
英仏などと軍事介入に向けた協議に入った。

軍や政府機関への限定的な攻撃が検討されており、
オバマ大統領は慎重に最終調整を進めている模様だ。

米紙ワシントン・ポスト(27日付)によると、オバマ大統領は、
アサド政権を罰して更なる化学兵器攻撃を抑止する目的で、
期間と規模を限定した武力行使を検討している。
期間は2日間程度で、巡航ミサイルなどによる化学兵器関連施設などの
軍事目標への攻撃が行われる可能性が高いという。
地中海のシリア西方には、巡航ミサイル搭載の米軍駆逐艦4隻が展開し、
即応体制が整った模様だ。


◆http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE97P07X20130827
ロイター 2013年 08月 27日
米債務上限問題、10月半ばがデフォルト回避期限 = 財務長官


[ワシントン 26日 ロイター] -

ルー米財務長官は26日、議会が連邦債務の法定上限引き上げで迅速に行動しなければ、
10月半ばに米政府の資金が底をつくと警告
した。

ルー長官は議会指導部に宛てた書簡で
「米国の高い信用力を守るよう、議会は可能な限り早期に行動すべきだ」とし、
「デフォルト(債務不履行)のリスクが具体化するかなり前」の行動を求めた。

米連邦政府は、約16兆7000億ドル(約1657兆円)の債務上限に達した5月以来、
デフォルトを回避するためさまざまな緊急措置を実施し、資金をやりくりしている


ルー長官は10月半ばまでには緊急の借り入れ手段が尽き、
手元資金残高は500億ドル程度と、1日で無くなっても不思議はない額に減少すると分析。
デフォルトが差し迫り、米国に対する投資家の信頼を揺るがしかねないと指摘した上で、
「そうしたシナリオは金融市場に悪影響を与え、米経済に大きな混乱をもたらす可能性がある」と訴えた。

米国では2011年にも債務上限の引き上げをめぐる与野党の対立で
政府がデフォルト寸前に追い込まれたことがある。
当時は同問題をきっかけに格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が
米国債を格下げし、金融市場に動揺が走った。

今年も共和党は債務上限問題を政治的なてこに利用することを検討中で、
ベイナー下院議長(共和党)のスポークスマン、マイケル・スティール氏は
「債務上限は引き続き、オバマ大統領の下でワシントンが米国の債務および赤字に
本格的に取り組んでこなかったことを思い起こさせる問題だ」と述べた。

一方、オバマ大統領はこの問題を政治的駆け引きの材料とはさせない決意を示しており、
ホワイトハウスのカーニー大統領報道官は
「議会が積み上げてきた請求書を支払う議会の責任をめぐり、議会で共和党と交渉するつもりはない」
と断言した。


◆http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2323.html
カレイドスコープ万華鏡 Wed.2013.08.28
高まる中東危機と米・ナスダック株取引停止の怪

ご参照!


いつも同じ手口、汚い奴らです。


追:11:40AM

これも絡んでおるようですな、

◆http://ameblo.jp/64152966/entry-11601312207.html
wantonのブログ 2013-08-28
米JPモルガンチェースは、9月22日から海外送金を禁止⇒
 10月8日新ドル発行へ

ご参照あれ!




佐伯 俊男、二枚目、



「ポスター2?」 (合成しました)




偽ユダヤの汚い手口ですよ、

◆http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-1070.html
陽光堂主人の読書日記 2013-08-27
余りにも白々しい増税ありきの政府主催「集中点検会合」


より抜粋、

消費税を1%上げれば2兆円増収になるとされていますが、
これは机上の空論で実際にはもっと下がることでしょう。
3%上げれば5~6兆円の増収が見込まれるわけですが、
そんなことをして膏血を搾り取るぐらいなら、外貨準備高を取り崩せばよいのです。

今年7月の時点で125兆円もあり、円安で膨らんでいますから換金して利用すべきです。
変動相場制ですから、こんなに多額の準備高は不要で、
安倍政権はこれを活用して財政を改善すればよいのです。そうすれば、
2016年のダブル選挙も勝つことが出来ます。


2015年秋に消費税率を10%に上げたら、翌年は目も当てられない状況になり、惨敗は免れません。
あちこちに溜め込んだ資金を活用すべきですが、外貨準備高の大半は米国債に投資されていて、
米国にファイナンスされていますから、これを売るのは実質的に不可能
になっています。

しかし投資資金を回収できないなんて可笑しいですから、
米国債を買い取るよう要求すべきです。

かつてのクリントンのように「宣戦布告とみなす」と恫喝するでしょうが、
そんなことには怯まず、
それなら米軍駐留は認めない。思いやり予算もなしだ。どうしても駐留したいなら金を払え
と言ってやるべきです


米軍は基地を借りているわけですから、地代を払うのが当然で、
実際に基地を置いている(置かせてもらっている)国には支払っています。
駐留費まで負担している日本が異常
なのです

失礼ながらフィリピンでも追い出したのですから、日本が出来ないわけはありません。

こんな状態になっているのは真に異様で、政府は紛れもなく売国奴の集団です。
少しでも矜持があったら、こんな集団には属しておられないはずです。

我々がどういう人たちに統治されているのか、いい加減にしっかり認識すべきです。
そうしなければ、身ぐるみ剥がれた挙句、最後は命まで取られることになります。



◆http://richardkoshimizu.at.webry.info/201308/article_116.html
richardkoshimizu's blog 2013/08/27
マレーシア元首相 TPPは再び植民地化招く


マレーシアのマハティール元首相は、100年に一度出るかでないかの硬骨漢です。
私が5年間マレーシアに駐在していた1980年代にすでに首相の座についていました。

マレーシアの歴代首相の中で、唯一、英国の大学を出ていない人物
(シンガポール大学の医学部卒。)ルックイースト政策の提唱者。
米英の汚い工作に心底腹を立てて、「日本に学ぼう」と叫び続けてきました。

以来、毎年マレー系の学生が日本に留学に来ています。
(街中で頭巾のようなのをかぶったちょっと色黒の化粧ゼロの女性を見かけたら、
まず間違いなく、マレーシアの学生です。尚、マレー人優遇政策については、ここでは触れません。)

TPPは、経済成長を続ける中国の脅威に対抗するため、
アジア太平洋地域の国々を自国の勢力圏に取り込もうとするアメリカの企てにすぎない


もしマレーシアがTPPに署名すれば、
外国の干渉なしでは国家としての決定ができなくなり、再び植民地化を招くようなものだ


この短いスピーチにTPPの本質が明確に示されています。
今後、マレーシアがTPPから脱退するようなことがあれば、「我も我も」となり
TPP自体が瓦解する。気が付いてみたら米国と日本しか残っていなかった….
そうなることを大いに期待します。

マハティール閣下、いうべきことを言われました。尊敬に値します。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130827/k10014056301000.html
NHKニュース 2013年(平成25年)8月28日[水曜日]
マレーシア元首相 TPPは再び植民地化招く


TPP=環太平洋パートナーシップ協定を巡り、マレーシアのマハティール元首相は、
「TPPに署名すれば、外国の干渉なしでは国家としての決定ができなくなり、
再び植民地化を招くようなものだ」と述べ、TPPに強く反対する考えを示しました。

2003年まで22年間、マレーシアの首相を務めたマハティール元首相は、
26日に首都クアラルンプールで開かれたTPPに関するフォーラムで講演を行いました。

この中でマハティール氏は、
TPPではマレーシアよりもアメリカのほうがはるかに多くの恩恵を受けるとしたうえで、
「TPPは、経済成長を続ける中国の脅威に対抗するため、
アジア太平洋地域の国々を自国の勢力圏に取り込もうとするアメリカの企てにすぎない」
と厳しく指摘しました。

そのうえで、マハティール氏は、
「もしマレーシアがTPPに署名すれば、外国の干渉なしでは国家としての決定ができなくなり、
再び植民地化を招くようなものだ」と述べて、TPPに強く反対する考えを示しました。

マレーシアは2010年10月にTPP交渉に参加しましたが、このところ国内では、
国有企業の優遇措置の是正や製薬の特許延長などの交渉分野を巡って
TPPへの反発が強まっていて、政界引退後も強い影響力を持つマハティール氏の発言は
こうした世論にも少なからぬ影響を及ぼしそう
です。



TPPは無理筋、ユダメリカの思惑どーりには絶対参らぬ。

日本人自身の尻に確実に火がつく、

さすがに、如何なお人好し揃いの日本人でも騒ぎ出しますよ。

何度も書いておりますが、

在日米大使館、領事館、在日米軍基地に大規模デモをかけることだね。

これが一番効く、薄いフェンス一枚だw



佐伯 俊男、三枚目、



「贄生娘 くノ一鴉地獄 その他」です。 (合成しました)



支那もガタガタ、

◆http://melma.com/backnumber_45206_5883641/
宮崎正弘の国際ニュース・早読み(シリア内戦に介入する米英仏)発行日:8/28

  オバマ政権はシリア内戦になぜ介入するのか
     最終の標的はイランの核兵器、生物化学兵器

****************************************

より抜粋、

しかし米国の介入口実としての化学兵器。
こうした身勝手な主張は「サダム政権が大量殺戮兵器を造っていた」として
イラク空爆に踏み切り、結果はイラクに大量破壊兵器が発見されず、
またイラク戦争の結果は、
米国がもっとも懸念したシーア派の台頭をもたらし、とどのつまりはイランに裨益した


米国の主張に距離を置きながらも同調するのは英国、フランスである。
フランスはイラク戦争のおりには米国に同調せず、
またアフタニスタンでは兵力を派遣したドイツはいまのところ冷淡である。

英国はしかしながら「化学兵器をシリア政府軍が使ったという明確な証拠はない」として、
攻撃に加わるかどうかは議会を緊急招集してきめるとした。

これらの事情からミサイル攻撃の開始は、29日が予定されている。

ときあたかもエジプトではモシール政権が軍事クーデターで潰え、ムバラクが釈放され、
イスラエルでは通貨が下落、反対に低迷していた金価格が上昇気配

チュニジアから始まった「アラブの春」は民主化ではなく、
リビアが混沌を極めているように中東地域に無秩序をもたらして終わった

 
シリアのアサド政権は、じつに評判の悪い政権だが、
シーア派過激派とイランの支援を受けたヒズボラのしかける武装闘争に対抗し、
軍事鎮圧を続けてきた。背後で支援するのはロシア、武器は北朝鮮からも来ており、
シリア難民はトルコ、ヨルダンへ逃げた。

シリア攻撃でアサド政権が潰えることは考えにくいものの、
最終的にシーア派の跳梁跋扈を許すことになれば、
米国に近いサウジアラビア、クエート、UEAなど湾岸諸国、
つまりスンニ派穏健派の国々が失望する。 米国のディレンマである。


◆http://melma.com/backnumber_45206_5883345/
宮崎正弘の国際ニュース・早読み(薄事件裁判が終わり、次は周永康の逮捕説)発行日:8/27

  薄煕来の相棒、腐敗の象徴=周永康が近く逮捕
    家族はみんな米国へ逃亡済み。いまや「裸官」の象徴的存在

****************************************

薄煕来の相棒でもあり、腐敗の象徴とされた周永康(前政治局常務委員)は
薄事件に連座して近く逮捕される模様と博訊新聞網(8月23日)が伝えている。

周は胡錦涛執行部の後期、江沢民の推挽で政治局常務委員(序列9位)に潜り込んだ権力亡者で、
いたって評判の悪い政治家である。

周永康(71歳)はもともと資源開発専門、石油畑をあるき、98年に資源部長(閣僚)、
2000年に四川省書記に抜擢され、四川省の資源利権を抑えたといわれる。

2002年に中央政治局入りし、公安部長兼任。
ハッカー対策の傍ら中国のハッカー部隊を育成し、
米国並びに同盟国の政府、軍、企業にさかんにハッカー戦争を仕掛けた張本人と見られる。

17期党大会で政治局常務委員入りし、胡錦涛の政策と対立、
また薄煕来とは「愛人を分け合った」ほどの同盟関係を結んでいたため、
薄事件の連座で失脚説が数十回、数百回も流れたが、現時点で逮捕されていない。

「裸官」とはひとりだけ中国に残っても、汚職などで得たカネもろとも
家族、親戚、愛人らは米国やカナダ、豪に逃げてしまった共産党高官を指し、
腐敗の権化とも云われる


周の息子の周斌はすでに米国滞在八年におよび、その妻の王腕は同十三年、
すでに王の父母は米国に移住しており、
しかも周一家は米国籍を取得していると博訊新聞網が報じている。

 

◆http://www.epochtimes.jp/jp/2013/08/html/d15291.html
周永康元常務委員の側近また失脚、薄氏の容疑否認と関連か

【大紀元日本8月27日】

薄煕来重慶市元トップの公判が結審した26日、
中国監察省は中国石油天然ガス集団(CNPC)の王永春・副総経理を
「重大な規律違反」の疑いで正式に調査していると発表した。
一方、上海市警察当局はネット上でCNPCの女性幹部がハニートラップにはまった
とのデマを流したとして容疑者の男を拘束した。
CNPCをめぐる二つの事件について、専門家は共産党上層部の分裂を象徴するものだと分析した。

今年1月、インターネットで米アジレント・テクノロジー社は
CNPC武漢のプロジェクトを受注するため、入札担当の女性処長、張氏に
「ホスト」サービスを提供したとの情報が書き込まれた。

CNPCは薄被告の後ろ盾である周永康元政治局常務委員の牙城といわれている。
大学で石油探査を専門に学んだ周氏は1988年にCNPCの副総裁に就任して以来、
石油業界のドンとして君臨してきた。
2002年の第16回党大会で公安畑に鞍替えしてからも同業界で絶大な影響力を持っている。

周氏は薄被告とともに江沢民一派の中心人物として目されている。
薄被告が解任されてから、周氏の失脚は時間の問題とのうわさが絶えなかった。
実際、習近平体制が発足して以来、周氏の腹心が次々と失脚した。

2013年6月23日、長年にわたって周氏の秘書を務めた郭永祥(四川省文学芸術界連合会)主席の
双規(党紀律機関による幹部の拘束、取り調べ)処分が発表された。

2012年12月、李春城四川省党委副書記(四川省の共産党ナンバー3)も双規処分を受けた。
李氏も周氏の抜擢で出世を重ねて来た人物である。

相次ぐ側近の失脚は周氏と江沢民一派にとって大きな痛手となった。
江沢民のお膝元である上海でCNPCに関するデマを流布した容疑者が逮捕されたのは、
江沢民一派の勢力の健在をアピールする狙いがあるとみられる。

習近平主席は最高指導者に就任早々、「ハエも虎も一掃する」と腐敗取り締まりを宣言した。
薄被告を失脚させ、公判をネット中継するなど、その最大の見せ場となった。

しかし、共産党の崩壊につながりかねないとして、薄被告の「政変計画」と「臓器狩り
という二つの容疑には触れなかった。

その思惑を逆手に取り、薄被告は公判で容疑を全面的に否認した。

これについて、米在住の中国問題専門家・石蔵山氏は
薄被告の容疑否定は党中央への徹底抗戦を意味するものとみており、
現体制とその背後の江沢民一派の闘争はさらにヒートアップすると分析した。



もはや支那経済が保たない状態、「易姓革命」目前だと思いますよ。

だから破れかぶれのガス抜き「尖閣暴発」はありうるのだが、継戦能力がないから、すぐ終わります。

そして共産支那終了です。 阿鼻叫喚の地獄絵図が腐海支那で始まるわけです。


コメント

夏のおはりに

2013-08-27 11:19:03 | Weblog
 画は歌川廣重 (安藤廣重)

 寛政9年(1797年)~安政5年(1858年)

 号は一立齋(いちりゅうさい)             作


  「木曾街道六拾九次之内 和田」です。


☆快晴、夕方から雷雨? らしい。

東京などはあとひと月ぐらい暑さが続きますが、

北海道は秋の気配です。毎度ながら短い夏です。

まずは、厄災の元凶、キ印ユダメリカ、

◆http://www.nishiokanji.jp/blog/?p=1316
西尾幹二のインターネット日録 2013/8/25 日曜日
アメリカ観の新しい展開」(十二

「対日戦争は『正義病』の歴史の一コマ」(西尾)

西尾 宗教を見てみましょう。アメリカに渡った移民は多様で、メイフラワー号に乗ったプロテスタント、
   ピューリタン(清教徒)だけではありません。カトリックも、クエーカー教徒もいました。
   ただ、いずれも宗教戦争に敗れ、排斥され、追いつめられ、
   救いを求めて新天地に逃れてきた人々
でした。その彼らがインディアンを根絶やしにし、
   黒人を奴隷にしたわけです。

   江戸時代の太平にまどろんでいた同時期の日本人には夢にも考えられないような
   残虐な体験の数々が、アメリカという国の体質の深層にあるのではないか。
   その体験がトラウマとなり、これまで取りあげてきたアメリカの「正義」という問題、
   「正義病」と言ってもよいアメリカ人の行動原理を形成したように、私には思えてなりません。

   ヨーロッパで迫害され、追放されて心に傷を負ったがために抱えた宗教的な救済思想が、
   彼らを「正義」へと駆り立てる。そうであるがゆえに、インディアンを虐殺し、
   黒人を虐げたことを直視することができず、頑なに「救済する国家」として振る舞う
   心のトラウマの反映だと思います。
   戦いでは自分の側には決して落ち度を認めず、相手の自尊心をつぶすまで打ちのめす。
   敗者の気持ちを認め、許し、生きる道を残すという勝者の余裕もない。
   相手の息の根を止めるまでやる。

   日米戦でも、日本に無条件降伏を要求し、結果として戦争を長引かせました。
   相手にも理があると考えてみるという発想を最初から頭の中から追い払っています

   この対談の第一回で述べた南北戦争の戦い方もそうでしょう。
   第一次世界大戦で破ったドイツのヴィルヘルム二世の訴追。
   第二次大戦でナチスを裁いたニュルンベルク裁判や東京裁判では、
   人類の名において敗者を裁いた。人類という名前を出すことで、
   自分たちの問題を巧妙に消し去ったのです。十字軍意識と言ってもいいかもしれません。
   この十字軍意識というものが、戦争に至った日米関係を考えるうえで、
   いままで語られてこなかった重要な要因だったのではないか。

   日本だけなく、イラクに対しても、イスラム原理主義のゲリラたちに対しても、
   イランに対しても同じです。
   自分たちが守り育てて擁護して優しい態度をとっていた相手に対して突然豹変して、
   徹底して破壊
する
。 第二次大戦中は、アメリカはソ連とも手を結んでいました。
   前回の対談ではアメリカのウォール街とコミュニズムの論理が近いという話をしましたけれども、
   ソ連と握手できる要素があったにもかかわらず豹変して、
   半世紀近くも世界中を厳しい対立状況におき続けた東西冷戦を生み出した。

   あるいは蒋介石と中国を賞賛して熱心に支援しておきながら、
   大戦が終わると手のひらを返すようにも蒋介石中国も否定してしまった。
   そして突然、また手を結んだ。

   自らの主観だけで善か悪かを決めて、悪だと決めたら、あるいは言うことを聞かなければ
   殺してしまう
。極めて単純で脳にひだのない自己正当化を繰り返してきた。  
   虐殺したインディアン、奴隷とした黒人たちのほうが「正しかった」と少しでも考えたり、
   自分たちの理を疑い始めたりすると国家が崩壊してしまう。
   アメリカ人自身の人格が崩壊してしまう。
   だから屁理屈をつけてでも、「あいつらが悪いからこうなった」と信じ込んでいる
   本当は違うと薄々は分かってはいても、その感情を押し消している。
   これが、アメリカの「正義病」の根源なのだと思います。

   冒頭で申し上げた、さまざまな要因の総合作用として歴史をみるということは、
   こうした分析です。日米関係だけに注目して日米戦争を考えると、
   わが国がペリーに強姦された、あるいは黒船来航以降の日米の宿命的な対立が
   戦争へとつながった、といった受け身の議論になり、誤解を招きやすい。
   日本だけに視点を向けた従来の矮小な議論、蛸壺史観へと議論が方向づけられてしまうからです。

   日米が開戦に至った理由を考えるうえで日米関係を特殊化してはならない。
   そうではなく、「アメリカとは何か」という命題を立ててアメリカの歴史全体の中で考察する。
   インディアン虐殺や黒人奴隷、フィリピン征服など
   アメリカ人が起こした世界史的トピックの流れの中に対日関係、日米戦争を位置づけることで、
   見えてくるものがある。「アメリカとは何か」という命題を
   生体解剖学的に考えるべきだと思うんですね。

福井 米英ソのような本物の大国に比べれば、戦前の日本はせいぜい二流の地域大国
   でしかありませんでした。その日本が戦争を欲したので世界大戦となり、
   日本がおとなしくしていれば東アジアの平和は保たれたという現在支配的な史観は、
   悪役とはいえ日本をまるで世界史の主役であるかのように描く、
   裏返しの皇国史観ではないでしょうか。
   そういう人に限って戦前の皇国史観に批判的なところが滑稽ですが。

西尾 戦後の左翼こそが皇国史観だというのは言い得て妙で、面白い見方です。
   今までの話を少しつづけます。

   中国という国が、「北守南進」といって北方に向けては万里の長城をつくって守りを固め、
   南方へ進むという本能を持っていたように、アメリカには「東守西進」の本能がある
   東方に対してはモンロー主義という名前で防波堤をつくり、
   西方にはどんどん遠慮なく進撃してきました。  
   リンカーン政権の国務長官だったスワードは、南北戦争を戦いながら
   大西洋の守備の重要性を訴えましたが、大西洋には防衛拠点となる島がないために苦労した。
   そのために彼は太平洋時代に備えてハワイ征服を考えます。
   これは一八六〇年代の話で、実際にアメリカが太平洋に進出してハワイを侵略するには
   それから三十年を要しましたが、スワードは一八六七年にアラスカを買収するなど、
   さまざまな太平洋進出策を画しました。いわばアメリカにおける最初の帝国主義者です。
   彼は太平洋と大西洋を睨んでいた。つまりアメリカは日本だけを叩こうとしたのではなく、
   大西洋も太平洋も睨んでいたのです。その根底には「ワン・ワールド」思想があった
   そのことを抜きに、当時の日米関係を語ってはならないと思います。
   「私たちの国対アメリカ」という構図で考えるのはあまりに矮小だということです。

『正論』25年2月号より


◆http://www.nishiokanji.jp/blog/?p=1317
西尾幹二のインターネット日録 2013/8/26 月曜日
アメリカ観の新しい展開」(十三

「国内でも批判は高まっている」(福井)
 「救済思想はニーチェも批判」(西尾)



福井 (中略)

   リチャード・ギャンブルの『正義のための戦争』(The War for Righteousness)が
   イラク戦争と前後して二〇〇三年に公刊されています。
   ピューリッツァー賞受賞者でもある歴史学者ウォルター・マクドゥーガルはこの本を絶賛し、
   こう言っています。「バンカーヒル[独立戦争時の著名な戦闘]からバグダードまで、
   アメリカの戦争は常に『神聖』であった。なぜなら、かつてのピューリタンから
   今日の世俗的リベラル、ネオコンサバティブそして福音派に至るまで、
   アメリカ人は自らの国を、必要ならば武力を用いてでも、
   世界を救済する使命を帯びた約束の地と思い込んでいるからである」。
   まさに西尾先生と同じ視点ですね。

   一方で、アメリカのオールド・ライトの人たちは、宗教的な救済思想や
   「ワン・ワールド」オーダーに対して批判的です。
   アメリカにも西尾先生と同じように考える勢力があるわけです。しかし、
   これまでのところは「浄化しようとする人々」が主導権を握り続けている。  

西尾 ネオコンにみられるように、その勢力は強くなっていますね。  

福井 ただ中東介入の最近の泥沼化を見て、リアリストと呼ばれる中間派の人たちからも、
   やりすぎだという批判が出てきています。

西尾 批判はあっても、それを受けての抑制は戦争という手段にとどまっていて、
   金融という手段では逆に見境がなくなっていませんか。

福井 金融の場合はアメリカというより、むしろ超国家的なユダヤ人ネットワークの影響も
   大きいのではないでしょうか。先の金融危機以降、中小商工業者を核とした
   一般国民を意味する「メイン・ストリート」と「ウォール・ストリート」の対立
   という構図での議論がアメリカでも盛んに行われています。  

西尾 前回、全世界反ユダヤ主義監視法を紹介しましたが、
   彼らの影響はあらゆる分野に及んでいるように思えます。

福井 アメリカのメディアや言論界では圧倒的な影響力を持っています。
   たとえユダヤ人の影響力に疑問を持っていても、私もそうですが
   小心者のインテリは怖くて声を上げられません。
   政治家として有能かどうかはともかく、人道主義者であることは確かな
   ジミー・カーター元大統領ですら、パレスチナ人に同情的過ぎるとして、
   徹底的に批判されているのがアメリカの現状です。

西尾 一九六〇年代に世界を席巻した新左翼運動の教祖ともいえるヘルベルト・マルクーゼの
   影響を受けたリベラルたちが金融界に入り込み、
   現在の金融グローバリズムの原動力となっている金融工学というものを創り出した。
   やはりユダヤ金融資本とソーシャリズム、社会主義には親和性があるように見えます。
   実際、インターナショナリズムという点では同じでしょう。
   かつてのユダヤ人には国家がなかったから、ナショナルなものを否定する。
   わが日本もシングル・ネイションですから否定される。

   いま問題になっているTPPもそうですが、単一文化というものを認めない方向に
   国際情勢は動いている
ように思えます。

福井 一方でユダヤ人国家イスラエルは現在、世界で最もナショナリスティックな国です。
   先生や私の立場は、お互いのナショナリズムを尊重し、
   それぞれの違いを認めてほしいという「相互主義」に尽きるのですが。

西尾 そういうものでしょう。世界は、そもそも多様なんですからね
   ところで、「ワン・ワールド」思想は、ブッシュ・ジュニア大統領のドクトリンである
   「プリベンティブ・ウォー」ともつながっていませんか。
   予防戦争、あるいは先制的自衛攻撃。

福井 予防戦争という概念は、かつてドイツも対ソ戦で主張しました。
   その時は荒唐無稽な説として一蹴されたのに、アメリカならよいのですかと問いたいですね。
   世界赤化の意図とそれを裏付ける巨大な軍備を持ったスターリン相手でも
   「荒唐無稽」だとすれば、貧弱な軍隊しか持たず対米侵略など考えられない田舎独裁者
   サダム・フセインに対する予防戦争など実に悪い冗談です。
   なぜ、日本のリベラルと称する人たちは、
   ブッシュ政権首脳を東京裁判と同じ基準で裁けと言わないのか不思議です。  
   とにかくアメリカは、自分たちは常に正しく、勢力均衡が我慢できない
   その点、世界赤化を究極目標としたソ連共産主義と同じ
です。

西尾 そう、共産主義と精神的につながります。

福井 一種のメシア的、千年王国的な特異な発想です。

西尾 基本はキリスト教ですね。

福井 ユダヤ教に先祖返りしたようなキリスト教と言えるかもしれません
   その根底にあるのが救済思想
です。

西尾 それこそ、ニーチェが批判した思想ですよ。

福井 ニーチェのキリスト教批判の対象はプロテスタントですよね。
   カトリックは地上で神の国を実現させようなどとは考えませんから、
   葬式仏教ならぬ結婚式キリスト教として、ニーチェにとっては無害だったのでしょう。

西尾 ニーチェが救済思想を批判したのは、弱者が宗教的道徳を利用して権力者になろうとし、
   そこに虐げられし者が必要になるという構造があるから
です。
   弱者は地上で満たされなかった権力遺志を天上で得ようとして救済の理念に走りますが、
   ニーチェは、そういう弱者を利用して強者になろうとしたり
   権力を得ようとしたりする人々を、最も賤しい人間、「賤民」だと厳しく批判
しました。  
   カトリックとプロテスタントの違いは、いわば大人と子供の違いです。
   ヨーロッパ諸国の侵略は、動機が非常にはっきりしていました。奴隷が欲しかったのです
   中世ヨーロッパは奴隷を否定していましたから、奴隷がいなかった。
   騎士道もありました。社会的弱者を擁護するのが騎士たちの義務であり、
   決闘でも相手を認め、勝者も敗者を許すのが一般的でした。

   それに対し、アメリカには中世がなく、奴隷を内に抱えている。
   騎士道もなく、勝者が敗者をとことんやり込め潰滅させるまで止めません。
   やり方が子供っぽいのは、プロテスタントが主流であることも影響しているかもしれません


『正論』25年2月号より

(つづく)



以前にも書いておりますが米プロテスタント主流の「福音派」は、

すでに教義的にユダヤ教の派生的亜種ですから、偽ユダヤなのですよ。

つまり、キ印です。



廣重、二枚目、



「東都名所之内 隅田川八景 三囲みめぐり暮雪」です。



イギリスのキャメロンとやら、目付きが尋常では無いよね、偽ユダヤそのもの、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201308260001/
櫻井ジャーナル 2013.08.26
米英両国は1、2週間の内にシリアを攻撃するという情報が流れているが、
 両国はいまだにシリアが化学兵器を使ったとする根拠を示せず、
 侵略が目的だということは明らか


より抜粋、

本ブログですでに書いたことだが、
「シリアを攻撃するなら、早い段階で実行しないと反政府軍の主張が崩れてしまう可能性が高」く、
国連の「調査が進む前に巡航ミサイルで攻撃し、すでにダマスカスの市内、
あるいは近郊に潜伏していると見られる
500名ないし600名の特殊工作部隊に攻撃させることも考えられる」。
空爆は地中海からだけでなく、ヨルダンで待機しているF-16を利用、
化学兵器が使われたとされる地域を念入りに攻撃して証拠隠滅を図る可能性がある。

今年3月のケースでは、状況から見て毒ガスを使ったのは反シリア政府軍だ
とイスラエルのハーレツ紙は分析、国連独立調査委員会メンバーのカーラ・デル・ポンテも
反政府軍が化学兵器を使用した疑いは濃厚だと発言している。
今回も状況証拠は反政府軍を指し示している

反政府軍はリビアから化学兵器を持ち込んだと以前から言われている
ジョージ・W・ブッシュ政権でコリン・パウエル国務長官の首席補佐官を務めた
ローレンス・ウィルカーソン退役大佐はイスラエルを疑っている

トルコやヨルダンでは反政府軍の戦闘員に対して
化学兵器の取り扱いも教えていたとも言われている。化学兵器の入手ルートは沢山あるということ。


今年6月、イラクでアル・カイダの化学兵器工場が摘発されていることから、
そうした「自家製」の毒ガスがシリアへ持ち込まれている可能性も指摘されている。
アル・カイダはイラクで塩素ガスを使っていた

シリアの体制転覆プロジェクトを指揮しているのはシリア駐在大使のロバート・フォード
と見られている。2010年12月、つまり体制転覆プロジェクトが本格化する直前に指名され、
翌年の1月に赴任しているのだが、注目されているのはその前歴。
2004年から06年にかけて、イラクでジョン・ネグロポンテ大使の下で活動しているのだ。
ネグロポンテは1981年から85年、死の部隊が暴れ回っていた時期に
ホンジュラス駐在のアメリカ大使を務めていた。

ネグロポンテ大使の時代、イラクで特殊警察コマンドの訓練をしていたのが
ジェームズ・スティール退役大佐
1984年から86年にかけてエル・サルバドルへ軍事顧問団の一員として入っている、
つまり死の部隊を使い、アメリカの巨大資本にとって邪魔な存在を殺害する作戦
背後から指揮していたということだ。イラクでも死の部隊を編成していたという。
スティールはネオコン(親イスラエル派)のポール・ウォルフォウィッツに近いことでも知られている。


要するに、フォード大使は「死の部隊人脈」ということ。
「アラブの春」では「サルバドル・オプション」と呼ばれる殺戮作戦が展開されているようだが、
その源はこの人脈にあると言えるだろう。
中東/北アフリカではアル・カイダが死の部隊として機能している
アメリカやイギリスの軍事攻撃があるとするならば、
それも大量殺戮プロジェクトの一環ということになる。

実際のところ、アメリカは化学兵器の使用に寛容である。
アメリカ政府は激しく否定しているが、ベトナム戦争でサリンを使った疑いは濃厚
それだけでなく、イラン/イラク戦争でイラク軍が1983年から化学兵器を使用していたこと知りながら
沈黙していたことも判明している。

1988年にイラン軍が防御の甘い場所を狙って大攻勢を仕掛けると
アメリカ軍は衛星写真で察知、その情報をアメリカはイラクに提供し、
イラクが化学兵器を使うことを黙認したのだ。
イランの攻勢が成功するとバスラが陥落する可能性があり、
そうなるとイランの勝利で戦争が終わる可能性があった。それをアメリカは嫌ったということ。
この年、イラク軍はクルド系住民の住む村も化学兵器で攻撃しているが、
これもアメリカは容認している。

シリア攻撃を計画しているとするなら、それは「人道」以外の理由があるからだ



廣重、三枚目、



「名所江戸百景 びくにはし雪中」です。

http://hiroshige100.blog91.fc2.com/blog-entry-90.html

より抜粋、

当図の比丘尼橋(びくにばし)も、都市化の犠牲となった橋だ。 
至近の呉服橋、鍛冶橋、京橋、数寄屋橋、新橋など、橋は失われても、
後世にその名だけは留めたものもあるが、この比丘尼橋のように、
橋もろとも忘れ去られた橋は、枚挙に暇がない。 
比丘尼橋付近は、現在でこそ、有楽町プランタンの北側に位置し、銀座至近の一等地である。 
しかし、比丘尼とは私娼の俗称で、もともと娼窟があったというから、
ここは、日本橋通りから奥まり、また大名屋敷と町人地を分かつ
幅広い外濠際の寂しい一帯であったことが想像できる。

さて、この絵には、目を引く看板が二つ描かれている。 
一つ目は、左に見える「山くじら」、もうひとつは、
右の屋台の前に掲げられた 「○(マル)やき 十三里」 である。 
「山くじら」とはイノシシのことであり、ここに猪鍋を食わせる、尾張屋という店があった。 
猪鍋など、今ではなかなか食べる機会はないが、当時は割りとポピュラーな庶民の味であったようだ。 
本当は、この時代、獣肉食は禁止されていたはずなのだが、
鯨の一種ということにして適当に逃げたのだろう。 蛇の道は蛇である。 
では、次の「○やき 十三里」とは何なのか。

当時、川越で獲れる甘藷は人気があり、江戸から13里離れた川越の芋ということで、
サツマイモ = 十三里 という図式ができた。 
つまり、「○やき 十三里」とは焼き芋のことである。 
実は、この看板は、そのまま 「十三里」だが、これは安政期に登場した新しいキャッチコピーで、
それ以前まで、焼き芋の看板といえば、「○やき 八里半」 というのが主流だった。 
八里半は、九里の一歩手前、九里とは、「栗」のことで、
焼き芋は、栗よりも半里先んじて美味いよという意味である。 ところが、
これに飽き足らなかったのか、ある商売上手が、芋(十三里)は栗(九里)よりも、
四里も越えて美味いよの意で、「九里(栗)四里(より)美味い十三里(芋)」 という、
駄洒落コピーを生み出し、さらに美味さを強調することに成功した。 
実際には日本橋から当時の道のりで、産地の三芳まで、十三里半あったらしい。 
なので、本当は、「九里(栗)四里(より)半美味い十三里半(芋)」で、
さらに半里分、美味さを強調できるポテンシャルはあった。 
十三里で留め置いたのは、遠慮したのか、それとも単に語呂の問題か。 





昨日の「ユダメリカ産品不買」関連で、ご参考までに、

◆http://www38.atwiki.jp/notpp/
notpp @ ウィキ
TPP反対不買運動で効果のありそうなものリスト

より抜粋、

TPP反対不買運動で効果のありそうなものを列挙しました。

もし不買しても生活に困らないように代替先も書いておきました。
でも、代替先としては大企業やチェーン店よりも
地元で頑張っている小さな会社や個人経営のお店とかに乗り換えられるなら、
そちらの方が効果的だと思います(TPPは大企業が得をしますので)。

それと、赤で TPP推進企業 を示しています。
要するにTPPはアメリカの多国籍企業が日米の政府を使って
日本の市場ルールを強引に変えさせ、市場を奪うことが目的
です


一種の植民地化ですね。 農業問題ではありません


【参考】

もし311がテロならば、これがトリガーだったのでは?
 「一本道ではない」 菅首相、TPP不参加の可能性に言及 - MSN産経ニュース
 http://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=115639291847321&id=112113562199894

TPP工作員のキッシンジャーは、日本はまず殴れと講演していた
 http://www.youtube.com/watch?v=z9qutdH-vF0

【要 拡散】  

・TPPは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具 
 http://democracynow.jp/video/20120614-2

・TPPを正確に説明すると世論はTPP反対に変わる 
 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-4d4a.html

・TPPで10.5兆円減 影響を独自試算190万人が雇用失う 大学教員の会  
 http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=21110



アメリカ系企業の製品・サービスの不買・不利用した時の代替先

o 【外食関係】

+ マクドナルド → 【代替】モスバーガー(日本発祥のハンバーガーチェーン)、
           ファーストキッチン、その他個人経営の店だとなお良し
+ スターバックス →【代替】ドトールコーヒー(日本発祥のコーヒーチェーン)、
           コメダ珈琲店、珈琲館、上島珈琲店、その他個人経営の店だとなお良し
+ ミスタードーナッツ →【代替】サンマルクカフェ(日本発祥のカフェ、ドーナッツもある)
+ KFC(ケンタッキー)→【代替】日本人であれば唐揚げを食べましょう。


o 【食品関係】

+ コカコーラ (TPP推進企業) →【代替】日本の飲料メーカー(アサヒ、キリン、ダイドー、伊藤園など)
+ モンサント(バイオ化学) (TPP推進企業) →【代替】遺伝子組み換えしていない作物
                      (大豆、納豆、トウモロコシなど要注意) 
                      この会社の遺伝子組み換え作物が日本に入ってくると、
                      なんと経団連会長の会社である住友化学もウハウハ
                      http://gendai.net/articles/view/syakai/133825
+ クラフトフーズ(クロレッツ,ホールズ,ナビスコ,リッツ等の食品) (TPP推進企業) →
                     【代替】日本の菓子・食品メーカー
+ ドミノ・ピザ、ピザハット(アメリカ資本の宅配ピザ)→【代替】ピザーラ(純国産宅配ピザ)、
                            PIZZA SALVATORE(日本の企業の子会社)

+ アメリカ牛肉→いまどきプリオン牛を食べる日本人なんているのでしょうか
        しかし、知らず知らずのうちに、アメリカ牛肉を食べていますので要注意。
        吉野家・・・アメリカ牛肉
        松屋 ・・・オーストラリア、アメリカ、カナダの牛肉
        すき屋・・・オーストラリア・メキシコ・一部店舗でアメリカ(SFC安全飼育牛)
        なか卯・・・オーストラリア・ニュージーランド・メキシコの牛肉
        東京チカラめし・・・HPに産地表示なし(アメリカ牛肉らしい)
        神戸らんぷ亭・・・アメリカ・オーストラリア・メキシコの牛肉
        *産地表示なしの会社は論外、吉野家や松屋の牛丼もNG、
         安全なのは「すき屋」と「なか卯」だけ

        最近イトーヨーカドー等の大手スーパーで買いたくもない「アメリカ牛肉」が並んでいますが、
        それはこれが理由。
        買って…」規制緩和の米国産牛肉 米業者ら売り込み 
        国産牛肉の輸入規制が2月から緩和
        http://www.asahi.com/business/update/0306/TKY201303060110.html


o 【日用品・医薬関係】

+ Johnson & Johnson、P&G (TPP推進企業) →【代替】ライオン、資生堂、コーセー、ファンケル、
                      ドクターシーラボなどいくらでもあります(花王はちょっとw)。
+ ファイザー,メルク(製薬会社) (TPP推進企業) →【代替】ジェネリック医薬品、
 
                        できれば薬漬けの生活を改めましょう。
o 【小売関係】

+ GAP(衣料小売) (TPP推進企業) →【代替】日本の衣料小売会社
+ 西友(ウォルマート (TPP推進企業) の子会社)→【代替】他の日本のスーパー。

o 【インターネット・情報機器・ソフト関係】

+ google → 【代替】goo , baidu YaCy : これは非常に効果があります。
       もしも自分がネット世論を誘導する側だったら何をするだろうか考えてみましょう。
       私はFireFoxのホームをgooしました。
       アメリカ不買を徹底したい人にはYaCyの日本語版がもうじき公開されるみたいなので、
       それを一番お勧めしたいです(YaCy遅いけどね)。
+ facebook →【代替】なし、この種のSNSは確実に個人情報が抜かれます
        CIAがFacebookを考案 目的は全世界個人情報収集
        http://jmatome.blog39.fc2.com/blog-entry-595.html
+ Amazon →【代替】楽天 紀伊国屋bookwebなど 手前一押し、ヨドバシ、配送無料 
+ iphone → 【代替】日本メーカーの携帯 : 契約期間内でも強引に乗り換えろとまでは言わないけど
       GPSのデータを勝手に送信したり不気味です。次に乗り換える時は日本製にします。
+ マイクロソフト (TPP推進企業) → 【代替】Turbo LinuxやVine Linux (日本製): 
                  Linuxはちょっとめんどくさい部分もあるので出来る人だけで
+ word(ワープロソフト)(マイクロソフト (TPP推進企業) 製)→【代替】一太郎、
                               簡単な文章であればフリーのエディタでも代替可能です。
+ IBM、ヒューレット・パッカード、オラクル (TPP推進企業) →【代替】 日本製のPC(NEC、富士通・・)。
                             
+ インテル (TPP推進企業) →【代替】なし。残念ながらほとんどのパソコンにはここのCPUが「入ってる」。
              かつて国産CPUがNECや日立で開発されたことがあり、
              技術力は決して劣っていなかったけど、
              米国政府によるスーパー301条によって潰されました。
              これが日本の半導体事業を衰退させた要因の一つです。
+ ゼロックス (TPP推進企業) →【代替】リコー、エプソン(キヤノンは元経団連会長の会社のためちょっとw)
+ シマンテック(ノートン等のソフト会社)→【代替】日本のソフト会社
                     (国産セキュリティソフトはフリーを含めたくさんあります
                      手前はドイツ産フリーのAviraを使っています、五月蝿いくらい働くw

o 【金融・保険・クレジット関係】


+ シティバンク (TPP推進企業) →【代替】日本の銀行(郵貯、東京三菱UFJ、みずほ、三井住友・・・)
+ ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー→ 【代替】日本の証券会社(野村、大和・・・) 
                        こいつらが諸悪の根源です。早くこの世から消えてください
+ アフラック(アヒルのCM) → 【代替】日本の保険会社、簡保、県民(都民)共済 
                (参考)「国有保険が民間競争をゆがめている」・・
                TPPで米生命保険協会、かんぽ生命のがん保険販売禁止など要求
                http://drogba1511.blog.fc2.com/blog-entry-145.html・・
                郵政民営化見直しがTPPの火種に 米が猛反発
                http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120411/fnc12041117430017-n1.htm
+ VISAカード (TPP推進企業) →【代替】JCBカード : ポイント効率は悪くなりますが
               個人情報(統計情報)をガイジンに抜かれないことによるメリットの方が大きいです。
               googleを使うのをやめるのと同じ効果があります
o 【ビジネス関係】

+ FedEx Express、DHL、UPS (TPP推進企業) →【代替】EMS(郵便局の国際スピード郵便)
+ キンコーズ(FedEx (TPP推進企業) 関連)→【代替】オフィス24、ネットスクウェア、はんこ屋さん21など

o 【メディア関係】

+ タイムワーナ(CNN、タイム誌) (TPP推進企業) →【代替】情報はネットで入手。

o 【航空機関係】

+ ボーイング (TPP推進企業) →【代替】なし。戦前日本の航空機は世界トップレベルにあり、
               恐れをなしたアメリカは、戦後日本に航空機をほとんど作らせませんでした。
               三菱、IHIあたりに頑張ってもらい国産航空機を作りましょう。
o 【土木建設関係】

+ ベクテル (TPP推進企業) →【代替】あまりなじみがない会社ですが、世界的な公共事業を手がけています
              (日本では関空、海ほたる等)。
              日本のゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中工務・・・) 
              ベクテル社ですが、『ニューヨーカー』最新号に、
              ウサマ・ビン・ラディンとの接点を告発する小さな記事が載りました。
              フレモント社(旧ベクテル・インベスティメント社)はビン・ラディン家から
              1000万ドルの投資を受けているということですが、
              そのフレモント社の取締役であるライリー・ベクテル氏は、
              小ブッシュ政権時の輸出政策に関する委員会のメンバーなんだそうです。
              http://www.asyura.com/0304/war33/msg/489.html 
              また、ベクテル社が手がけた事業場所が大地震の震源地になることが多い
              と指摘されています。例えば動画参照
              http://www.youtube.com/watch?v=fvyQhYvSt2k 
              東北の復興事業でベクテル社が関与するかどうか厳重に注視しましょう
o 【石油関係】

+ エクソンモービス(エッソ、モービル、ゼネラル)→【代替】日鉱日石(エネオス)、コスモ石油、出光興産

o 【ホテル関係】
+ ヒルトン、ハイアット、マリオット(リッツカールトン)→【代替】オークラ、ニューオータニ、帝国ホテル、
                             ロイヤルホテルなど日本発祥のシティホテルは
                             たくさんあります
o 【ファッションブランド関係】

+ コーチ、ナイキ、ラルフローレン、ティファニー→【代替】この分野はフランスブランド
                        (シャネル、エルメス、ルイヴィトン、カルティエ等)・
                         イタリアブランド(グッチ、プラダ、ブルガリ、アルマーニ等)
                         が主流ですが、世界に通用する国産ブランドもたくさんあります
                        (コシノ、ミヤケ、ミキモト、サマンサタバサ等)。

o 【自動車関係】→日本人はアメ車のようなポンコツ車を乗りません。




☆TPPを推進している「アホな」日系企業

o ローソン
+ http://ameblo.jp/nippon-no-hokori/entry-11070900726.html ローソン不買運動??  
 ローソンの新浪社長は、当たり前のようにTPP支持です。
 + 24時間営業のスーパーが最近増えています。大部分はそちらで代用できます。

o ユニクロ
+ http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111110-OYT1T01067.htm 
「TPP躊躇で日本の将来終わる」ユニクロ会長

o 大手新聞 →【代替】情報はネットで入手。読むなら東京新聞か日刊ゲンダイを。

o トヨタ http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24095120111110 
 ロイター:トヨタなど輸出株はTPP参加に期待 :
 小澤哲トヨタ副社長が8日「FTA(自由貿易協定)の交渉がずいぶん遅れている。そ
 のことを、ある部分で挽回するチャンスとなるのがTPPの交渉への参加だ。
 断固たる決断をしてもらいたい」と述べた。

o ホンダ http://news.livedoor.com/article/detail/6008868/ 
 ホンダ伊東社長、TPPでは貢献と主張を : ホンダの伊東孝紳社長は8日TPPへの参加問題について
 「日本は自分だけで生きていけるわけでない。他国と関係をもちながら生きて行くこと」と述べ、
 協定への参画は当然だとの考えを示した。

o 住友 http://sun.ap.teacup.com/souun/5766.html
「TPP 住友化学会長であり、経団連会長でもある米倉氏は、利害関係者:川内 博史代議士」。
 なぜTPPを推進するのか 経団連米倉会長 ボロ儲けのカラクリ
 http://gendai.net/articles/view/syakai/133825

o 松下(?まだ疑惑段階) http://n-seikei.jp/2011/11/post-141.html


* その他

o firefox, chrome、IE → LunascapeがベストでIEの部品を使ってしまってるSleipnirが次点。
 本当は私も乗り換えるべきなんだろうけどFireFoxに慣れてしまったのでまだ使ってる。
 でも近いうちに乗り換える
o メーラー : SylpheedやBecky : Sylpheedは以前から愛用しています。凝った使い方をする人にはお勧めです。
o twitter → mixi : 草食系SNSとか小さいところがやってそうなところがさらにお勧めだと思います
o カタカナ言葉を使うのをやめてみると意外と欧米崇拝信仰から抜け出せることがあります スーツ→背広
o 2ch → 可能ならサーバーが国内にある掲示板に乗り換えましょう。
     マイナーな画像掲示板とかが案外居心地よかったりします。
o wikipedia → yourpedia
o ハリウッド映画 → アニメ : アメリカの正義とか連呼するドラマはムカムカします

o 洋食 → 和食 : 外食だと食材が何処産なのかわからない事が多いので
      和食を選ぶのがとりあえず安全かと思います。




どうですか? なかなかやりがいがありw 壊滅的威力を発揮しますよ。

要は、「ユダメリカを不買で潰す」ことですよ、それが世界の平和と安全に直結するわけです。

ここのところ、ネットでも悲観的な論調が多いが、

諦めて無気力になるのは奴らの思う壺、闘う手段はいくらでもある! これからです。

コメント

残暑お見舞いⅤ

2013-08-26 10:47:05 | Weblog
 画は歌川 國貞 (三代豊國)

 天明6年(1786年)~元治元年(1865年)

 号は、香蝶楼・一雄齋・五渡亭など              作


  「長崎 圓や満(まるやま)」です。


☆快晴、湿度低い(35%)ので楽です。

フクイチ収束を裏で妨害しておるのはユダメリカなのではないのか?

そう思えてならない、

◆http://www.asyura2.com/13/senkyo150/msg/518.html
投稿者 :真理を愛する者 日時 :2013 年 7 月 08 日 NygxPubK8Q35E
フクシマは日本破壊を目的にした遠大なアメリカの謀略であろう


戦後マッカーサーの占領政策によって1980年代までは恵まれた成長を遂げた日本。
全てを見越した太平洋側への原発設置。
六ヶ所村も東海も浜岡も直ちに閉じなければならない。

あの津波は人口津波であることはほぼ間違いないだろう。
過去を悔いても仕方がない。これからの悲惨さに専門家はどう対処するかである。

それにしても何と危ない安部自公だろう。
アメリカの思う壺どころか率先して手先になってやっているではないか。
悪い方へ悪い方へ決められて行く。
もう阻止しようがないのだろうか。ワシも断食して考えよう。


コメント


*14. 2013年7月08日 mTcCt9zhkk

 これは武田教授がいまだに半滅期8日のヨウ素の汚染があることを疑問視している
 ことへのコメントだ。

 根本的に今回のフクシマ原発事故、見方を変えなければならないのじゃないか?
 地震が起こり、津波が発生し、
 そのせいでもともと未熟な管理体制にあった福島原発に事故が起こった。.......。
 これまではそう信じられてきた。

 しかし、ここまで政府や官僚機関、地元自治体、マスゴミの隠蔽体質をみるにつけ、
 いやそうじゃないのじゃないかという妄想が生じてきた。
 じつは福島原発は何年も前にメルトダウンを起こしていたのではないか?
 そしてそれらをすべて隠蔽して、ひそかに収束作業を行っている最中だったのではないか?

 そこへ地震が起こり、津波が発生したので、
 これを理由にすれば本格的な東電非難から逃れられるということで
 メルトダウンを公開したのではないか?

 とすると、なんの抵抗もなく停止に踏み切った浜岡原発。
 これもじつは数年前からなにか問題がすでに生じていてそれを隠蔽し、
 秘密裏に収束作業を行っているとも妄想するのだが。


*21. 2013年7月09日 PGyCVlEfYk

 奴らは驚く程時間をかけて、研究している
 言語の習得を含めて対象国にパラサイト(寄生)し相手を操作する人間を育成している
 計算ずく、それも何十年の単位でだ

 本物の日本人が、花も実もある頭もある本物が出てこないとダメですね


*23. 2013年7月09日 qkn9my3TkU

 日本からアメリカからの盗聴などをさせないようにすることと
 コンピュータソフトをマイクロソフトから日本製にすることが肝心だ。

 情報をもれなくし、外国のスパイを死刑にして処罰してなくするのが先決。


*27. 2013年7月09日 XVUNIhXf4Y

 福島原発は事故ではなくテロだよね?

 http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=ZCEmFIMrRVE
 ◎内部告発!(元アメリカ国家安全保障局)
  311大震災はアメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った!




上記 youtube、当ブログ既報ですが、要拡散! だと思う。




國貞、二枚目、



「誠忠大星一代話 三十二」 「五代目市川團十郎の大星由良之助」です。




植草さんにも記事があった、ユダメリカの金塊です、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201308260000/
櫻井ジャーナル 2013.08.26
軍事侵略を続けている欧米は経済的に行き詰まっているが、
 米国が保管しているはずの金塊が消えたという噂があり、
 情報機関が相場の操作に関係している疑いもある


日本は東電福島第一原発の事故で国家存亡の危機に直面しているが、
世界ではアメリカの信頼に関わる話が流れている。

保管しているはずの金のインゴットは本当にあるのかという疑問、
アメリカの情報機関が相場を操作しているのではないかという疑惑、
そうした噂が語られるようになったのだ。

ヨーロッパの各国政府は資産の7割程度を金のインゴットという形で保有しているそうだが、
その多くはアメリカのニューヨーク連銀やケンタッキー州フォート・ノックスにある
財務省管理の保管所に預けられている。 この金塊が消えたというのは本当なのか?

ここ数年、イラン、リビア、ベネズエラは
アメリカやフランスから金を自国へ引き揚げていたが、ドイツも引き上げることにした。
ところが、金の輸送は2020年までかかるという。
それまでも金の保管状況を確認することをアメリカは拒否
、おかしいと囁かれている


もし金が消えたとするならば、どこへ行ったのかということが問題になる。

連邦銀行は市中銀行が作り上げた私的な組織であり、
財務省にも巨大銀行の「元幹部」が乗り込んでいる。
1%の人たちの金庫に移されている可能性は否定できない。

かつて、金本位制と銀本位制が並立していた時代がある。

世界的に金本位制が広がったひとつの理由はイギリスの思惑。
1866年に南アフリカで農夫がダイヤモンドを発見、金の鉱脈も発見された。
この当時、全世界で産出される金の3分の2は南アフリカだったという。

言うまでもなく、元々、この地域にヨーロッパ人は住んでいなかった。
まずオランダ人が植民地化、19世紀に入るとイギリスが支配するようになり、
トランスバール共和国やオレンジ自由国で金やダイヤモンドが発見されると、
「ジェイムソン」なる人物が戦闘部隊を率いて攻め込んでいる。
そしてイギリスが支配する南アフリカができあがった。

20世紀に入ると南アフリカで産出される金は英国銀行を通じて売却される取り決めができ、
金の取り引きはイギリス政府がコントロールできるようになる。
金本位制が採用さえるなら、通貨をイギリスが支配できるということでもある。

第1次世界大戦が終わると、イギリスに変わってアメリカの金融資本が金を支配するようになる。

JPモルガンが日本に金本位制を強制し、
金本位制からの離脱を決めたフランクリン・ルーズベルト大統領を倒そうとした
一因は
ここにあるだろう。

アメリカで紙幣を発行しているのは連銀。
その連銀を操っているのは巨大な金融資本。 制度上、政府も紙幣を発行できるのだが、
そんなことをされては銀行が国を支配できなくなり、
政府が銀行から金を借りて利息を払うというカネ儲けの仕組みも崩壊してしまう。

ターゲットを借金漬けにして収奪するというのは金貸しの常套手段だ。

1913年に連邦準備法が制定され、アメリカでは通貨政策を民間の銀行が支配するようになるが、
そうした流れに逆らい、政府紙幣を広めようとした大統領がいる。
ひとりはエイブラハム・リンカーンであり、もうひとりはジョン・F・ケネディ。
暗殺されたふたりの大統領ということになる。

アメリカの金融機関は単にカネを貸して金利を稼いだり、投機で儲けたりしている会社ではない。
本ブログでは何度か書いていることだが、
OSSやCIAといった情報機関を作り上げたのはウォール街だった。
軍の特殊部隊は正規軍より情報機関に近い存在だということも忘れてはならない。
結構、物騒な連中なのである。

最近話題の電子情報機関、NSAもCIAと同じ
NSAは情報を盗み出すだけでなく、相場を操作しているという疑いがある。
内部告発者のエドワード・スノーデンが働いていたブーズ・アレン・ハミルトンは、
LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)の不正操作、
あるいはエネルギー市場や為替取引の相場操縦に関係しているという噂が流れている。

こうした噂が正しいなら、アメリカをはじめとする欧米の支配層は追い詰められている
と言えるだろう。支配システムが揺らいでいる
この揺らぎを武力で何とか抑えようとしているのかもしれない。



ユダメリカ、イギリス、フランスがシリアに介入しそうです。

ロシア相手に戦う余力があるかねぇ?

犬コロ壷三にタカってくるw いや脅しあげてふんだくるか?



追:11:20AM

興味深い記事があった、

◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51896890.html
日本や世界や宇宙の動向 2013年08月26日10:14
オバマ政権がムスリム同胞団に贈った賄賂についての証拠文書

今週から、エジプトではムスリム同胞団に対する裁判が始まります。
エジプトではこの夏、あっという間にモルシ政権が倒れ、ムスリム同胞団まで捕えられてしまいました。
エジプトではモルシの支持者と反モルシの人々の間で対立が激しくなり混乱は収まっていませんが、
今回の裁判で大きな問題となるのが、米政府が実際にムスリム同胞団に賄賂を支払ったかどうかということです。

モルシ政権の内部資料には、はっきりと、ムスリム同胞団に支払われた賄賂が記されています
もし、正式に、米政府が米大使館からモルシ政権経由でムスリム同胞団に賄賂が支払われたことが証明されれば、
アメリカの立場はどうなるのでしょうか。

数日前にすでに、ムスリム同胞団のメンバーが、オバマ政権がムスリム同胞団の上層部の連中に賄賂を支払った
と激白していましたし、以前にもムスリム同胞団と米政府の関係が暴露されていましたから、
今更、驚くことではないのですが。。。

何しろ世界中どこでも共通することですが、政治(特に外交)は、
脅しとカネとハニートラップで動くことが多いのです。それ以外ではなかなか動きません。。。

テロも内紛も戦争も重大な事件や事故、災害も、その多くが世界の権力者らによる偽旗攻撃なのです。
それを演じるテロリストや俳優は必ず賄賂を受け取っています。
そうやって世界中を大混乱に陥れているのが世界の政治を操る連中です。

今回の裁判で米政府が関与していたことが明らかになったら。。。
米政府に向けられる非難の嵐はすごいものになるでしょうね。

☆http://www.wnd.com/2013/08/evidence-u-s-bribed-muslim-brotherhood-officials/

ご参照あれ!




國貞、三枚目、



「東都高名会席尽 中勝 義高」 「八代市川團十郎」です。



所詮「毒河豚」、関わってはならんと思う、

◆http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-900d.html
zeraniumのブログ 2012年12月31日 (月)
ネオ満州国の建設はすでに始まっている


アメリカの次に世界の盟主になるのはネオ満州国のようです

その主導権を握るのは誰なのか、当然ながらこれは世界共通の関心事です。

北朝鮮、アメリカ、ロシア、ユダヤ、そして現在満州の地を握っている中国も
手放したくはないはずです。
北朝鮮やアメリカとしては、満州を中国共産党の支配下から独立した特別行政区にしたいはずです。
そこで中国の瀋陽軍はこうした勢力と結びつき、新しい国家の再建を画策しているはずです。
中国共産党としては侵略した土地とはいえ、まがりなりにも中国の一部である満州地域で
勝手なことをさせるわけにはいかず、満州の権益を逃さないために必死です。

ロシアは太平洋側に出られる港で、冬凍らない港を喉から手が出るほどずっと欲しがっており、
以前からこの地を狙っていました。それが日露戦争が起きた理由なのです。
満州の「北鮮三港」と呼ばれる清津(せいしん)、羅津(らしん)、雄基(ゆうき)といった港を
ロシアは使いたがっており、これらは戦時中に日本が造った港であり、
大型の軍艦が十分停泊することのできる良い港です。

日清戦争後に、満州の権益を争って日露戦争が起こり、その結果、
日本が勝って満州地域を配下に収めました。
その後ソ連となったときに第二次世界大戦が勃発すると、終戦後のどさくさに紛れて
ソ連軍が満州エリアへと攻め込み、日本人を追い出すことに成功しました。
ソ連はそのままそこへ居座るつもりでしたが、
その地に残ってインフラを重視した共産党の毛沢東軍によって、
ロシア軍の進出は阻止されたのでした。

そんな旧ソ連時代の経験から、権益入り乱れる満州地域を力ずくで奪うことには無理がある
と考えたロシアは、今度は北朝鮮や日本と友好関係を結ぶことで、
満州、北朝鮮の港を自由に使えるようにしたいと考えています。

そのためにも日本とは仲良くしたいと考えているのに、
しかしながら日本にはアメリカを怖れて、それに応えることのできる政治家がいない

ことが残念でなりません。

さらにアメリカに巣食っていた闇の権力者であるイルミナティも、
満州国に陰から支配を及ぼそうと狙っています。
このようなせめぎ合いの中で、満州の実権をどの勢力が握り、どのように落ちつくのか
まだ予断は許しませんが、マカオやかつての香港のような、
特別行政区といった形にはすぐにはならないと思われます。朝鮮半島統一が成ったら、
大陸の半島のいわば「フタ」に位置する瀋陽軍区が南北朝鮮を保護領とするのが自然でしょう。
そこで瀋陽軍と北朝鮮で結びつきを強めながら、しばらくは大人しく
中国共産党の指示・命令を遂行するふりをするはずです。

いずれ世界大戦が勃発してしまえば、その時、一気に満州国建国へと
邁進(まいしん)しようと考えているはず
です。

そのネオ満州国の建設はすでに始まっています。

そこは北朝鮮と国境を接する遼寧(りょうねい)省の省都であり、
満州国時代は奉天(ほうてん)であった瀋陽では、
現在2つの地下鉄路線を24もの路線へと拡大・整備しており、急ピッチで都市開発が進んでいます。
日本のODA(政府開発援助)で立ち上げた21世紀産業経済発展促進会という団体が中心になって、
マカオやラスベガスのようなリゾート開発事業を行なっているそうです。

日本側の責任者だという人物の話によると、中国政府が10万坪もの土地を用意し、
そこに巨大なホテルを2つと、パチンコ店を3000店、ゲームセンターを1000店、
飲食店を5000店ほど集積し、周囲をお濠(ほり)と城壁でぐるりと囲み、
中はアミューズメントパークのような施設が誕生するそうです。
そして東西南北のゲートからしか入れないようにした上、
入り口ですべての現金を電子マネーへと交換し、中ではそのお金しか使えないという仕組みです。
その工事はすでに始まっており、現在、各国の投資を募っているところです。

この施設の建設には、2006年に設立したばかりの渤海(ぼっかい)銀行という
新興の銀行が積極的に関与しています。渤海というのは、
朝鮮から満州にかけた広大な土地に栄えた古代都市の名で、満州族や朝鮮族の祖であり、
日本人の遠い祖先とも関わりがあります。
ちなみに渤海銀行は現地の人々の銀行ではなく、
イギリスのスタンフォード・チャーター銀行が親会社です。この銀行は、
イギリスの植民地支配に一役買った2つの銀行を母胎としており、
それがアフリカ大陸で活動したスタンダード銀行と、
インドや中国などアジアで活動したチャータード銀行が合併したものです。

つまり、すでに中国の渤海銀行には、ユダヤ金融資本が入り込んでいるということです。

それは当然ながら中国政府も了解済みで、ある程度はユダヤ金融資本にも権益を分け与える代わりに、
ユダヤの持つ資本力で開発を早めたいという考えのようです。
ユダヤ金融資本はかつて、満州の地にユダヤ国家を建設しようとしたことがあります。
ヨーロッパで迫害を受けていたユダヤ人は安住の地を求めており、関東軍がこれに応えて、
満州の地にユダヤ自治州を作ろうとしたのです。これを「フグ化計画」と呼びます。


「フグ化計画」とは、食べるとおいしいが毒を含んでいることを言います。

つまりユダヤ人を引き込むことで、ユダヤ資本が持つ資金を呼び込むことができる反面、
彼等の中には闇を支配者であるイルミナティが入り込んでいることから、
影の支配者層に乗っ取られるリスクがあるのです。

日本の敗戦によって、満州の地に計画されていたユダヤ人のフグ化計画は頓挫した結果、
ユダヤはパレスチナの地にイスラエルを建国する方針へと切り替えました。

しかし結局、アラブの地にも受け入れられなかったイスラエルは、
次に起こることが計画されている世界戦争で滅亡する運命にあります


そこで再び、自分たちの住む国を求めて第二次フグ化計画」を画策しているというわけなのです。

さまざまな思惑が入り乱れるネオ満州国ですが、カギを握るのは北朝鮮、そして日本です。
このエリアは日本が満州を統治していた時代に、日本の先端技術を導入して
近代的な施設を数多く建設しました。そして現在も、中国東北部を含めた全土で
稼働中の国家的なインフラは、それらすべてが
大日本帝国時代に国策会社によって作られたインフラなのです。
それは南満州鉄道(満鉄)や朝鮮銀行、東洋拓殖などの巨大企業が、
最先端のインフラを整備したのです。

日本が満州エリアに残した各種インフラは、敗戦国となった日本が
この地域から撤退した後も大いに活躍しました。満鉄は、
1980年代に中国全土で改革解放政策が始まるまで、
物資や人々の移動や東北部の経済発展を支え続けました。
(満州国当時の首都であり当時は新京と呼ばれた)長春や大連、瀋陽といった主要な大都市では、
現在でも日本統治時代の建築物が現役で使われており、
満鉄大連本社も大連鉄道有限責任公司の事務所として、当時の建物がそのまま利用されています。

満鉄の出資で建設された昭和鉄工所は戦後に廃止されましたが、その施設は継承され、
鞍山鋼鉄公司として戦後の中国国内の鉄鋼需要を支えました。
つい最近、上海宝鋼集団が登場するまでは、永い間中国国内では最大手の製鉄業者であったのです。
また、満州と朝鮮の国境近くの吉林省にある豊満ダムは、建設されたその当時では
東洋一と言われる規模を誇ったダムであり、あれから70年以上経った今でも水力発電を行ない、
農業用水や飲料水の取水地として現役で使われており、地域の人々の暮らしに貢献しています。

しかしながら、こうした巨大インフラは現地の人々の技術では維持することができなかったので、
終戦後、中国の要請で日本の技術者の多くが帰国せずに現地に留まったのでした。

それはソ連軍によって強制的にシベリアへ抑留された人々とは違い、
中国政府に雇われて給料をもらって働く立場でした。
そうした日本人技術者の存在によって、メンテナンスしながら使われてきた施設群でしたが、
さすがに建設から70 年以上が経って全面的な改装が必要になっています。
しかも当時の日本人技術者はすでに亡くなっているので、
補修・改装するためには日本の技術がどうしても必要です。

実は尖閣諸島問題で日中の対立が先鋭化し始めていた2012年8月21日から24日の間、
瀋陽軍の大佐が極秘裏に来日していたという情報があります。


おそらく当然満州国の再建に先立ち、日本からの投資を呼び込みに来たはずです。
これはすでに瀋陽軍が中国共産党管理下を離れ、独自に行動しているということになります。



           book 「大宇宙連合からの啓示」 田村珠芳著 徳間書店

                           抜粋



関わらない、相手にしないことです。

所詮、腐海、泥沼ですから。

すでに偽ユダヤどもが大連とかに移住してきておるようですな。

何度も書いておりますが、

ユダメリカと日本の我慢比べの様相ですよ、どちらが先にコケルか?

我等、主権者国民としては、極力ユダメリカ産品の不買に徹すること、これだと思う。

吉野家、マックの狂牛肉は食わない、無駄なアメリカ観光は止める、

ぼったくりアフラックには加入しない、アマゾンは使わない、などなど、いくらでもある。

積もり積もれば「TPP」も何のその、壊滅的威力があるわなぁ。

これで引き倒すことではないのかな? 

奴らとの同盟などありえんのだ、はなから敵ですから。


コメント

残暑お見舞いⅣ

2013-08-25 10:33:58 | Weblog
 画は伊東 深水(いとう しんすい)

 1898年(明治31年)~1972年(昭和47年)

 大正・昭和期の日本画家。             作


  「赤穂浪士討ち入りの瓦版を読む」です。


☆晴れ、暑さ一服。

朝刊連載中の五木寛之、親鸞「完結編」、

イマイチだった「激動編」に比べて、なかなか面白い、中日新聞系列で読めます。

東京は東京新聞かな? 一押し、したいと思います。

今は息子善鸞、「義絶」直前といったところでしょうか。


まずは、外道(佛教以外は外道です)どもは酷いね、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201308240000/
櫻井ジャーナル 2013.08.24
シリア政府軍が化学兵器を使ったという反政府軍の主張が崩れ始める中、
 米軍は巡航ミサイルでの攻撃を準備中で艦船をシリアへ接近させている 
 という情報が流れている


アメリカの国防総省はシリア政府軍に対する巡航ミサイルでの攻撃を準備中で、
艦船をシリアへ接近させているとする情報を
CBSのエグゼクティブ・プロデューサーのチャーリー・ケイがツイッターで流している。

シリア政府軍が化学兵器を使ったという話に呼応したものだろうが、
この話を裏付ける証拠は未だに提示されず、
それどころか化学兵器の専門家から疑問の声があがっている。
☆http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/.premium-1.542849#

看護している人が防護服を着ていないこと、
犠牲者とされる人びとの状態が兵器級の化学兵器を浴びたとは思えないこと、
あるいは口元の泡の色や状態が不自然なこと
などを指摘する人が少なくない。

すでにロシアは反政府軍側の主張を否定、
シリアの体制を転覆させようとしてきたBBCの記者ですら疑問を投げかけている。
☆http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-23777201

ただ、有機リン酸系の神経ガスが使われた症状は出ているようなので、
それがどこからきたかということになる。可能性はいくつかある。
兵器級の化学兵器でないとするならば自家製ということがまず考えられるが、
リビアから持ち込んだ、あるいはヨルダンで手に入れたということもありえる。

今年3月のケースでは、攻撃されたのがシリア政府軍の検問所であり、
死亡したのはシリア軍の兵士だということから
イスラエルのハーレツ紙は毒ガスを使ったのは反政府軍だと分析、
☆http://www.haaretz.com/news/middle-east/jihadists-not-assad-apparently-
 behind-reported-chemical-attack-in-syria.premium-1.511680#

国連独立調査委員会メンバーのカーラ・デル・ポンテも
反政府軍が化学兵器を使用した疑いは濃厚だと発言している。
☆http://www.reuters.com/article/2013/05/05/us-syria-crisis-un-idUSBRE94409Z20130505

それだけでなく、ジョージ・W・ブッシュ政権で
コリン・パウエル国務長官の首席補佐官を務めたローレンス・ウィルカーソン退役大佐は
この件に関し、イスラエルが偽旗作戦を実行した可能性があるとしていた。
(ちなみに、上映中の「ローン・レンジャー」でもアメリカの偽旗作戦が描かれていた。)


シリアを攻撃するなら、早い段階で実行しないと反政府軍の主張が崩れてしまう可能性が高い。
調査が進む前に巡航ミサイルで攻撃し、すでにダマスカスの市内、
あるいは近郊に潜伏していると見られる500名ないし600名の特殊工作部隊に攻撃させる
ことも考えられるだろう。
☆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201308230000/

日本との戦争では実際に日本軍が真珠湾を奇襲攻撃したので問題外として、

朝鮮戦争やベトナム戦争では先にアメリカ軍が仕掛けた可能性が極めて高い。

最近の例では、アフガニスタンやイラクを偽情報を口実に先制攻撃している。

リビアの体制転覆プロジェクトでも空爆の口実は嘘だったようだ。

勿論、シリアでも嘘に嘘を塗り重ねてここまできた



しかし、アメリカ側は相手に責任があると主張する。
この主張を受け入れ、集団的自衛権とやらで、
自衛隊も侵略の片棒を担がされる仕組みを日本の政府は嬉々として作ろうとしている


アメリカ軍の嘘を暴くことは「国家安全保障」に関わることであり、厳罰に処すことになる。

とうの昔に言論の自由を放棄している日本のマスコミ
(放送局は勿論、新聞、雑誌、そして大多数の出版社)が
権力の悪事を暴くことはないだろうが、WikiLeaksのような団体に情報が流される可能性はある。



伊東 深水、二枚目、



「洗い髪」です。



一部既報ですが、

鬼畜の所業には報いが待っておる、「因果は巡る風車」なのさ、

◆http://raizen.seesaa.net/article/218746300.html
世界の真実はどこにあるのか 2011年08月06日
日本人は知らない原爆投下の真実


2011年8月6日、広島に原爆が投下されて66年が経過した。
広島・長崎の悲劇は繰り返されてはならない。

一瞬にして数十万の命を奪い、また生き残った人達も
その後凄惨な人生を送ることとなった行為は正当化されるものではない。

「繰り返されてはならない」であって「繰り返してはならない」ではない。
日本人の発言としては「繰り返されてはならない」が適切であると思うがいかがだろうか。

戦争をおこさない、あるいは参戦しない、ということに関しては
「繰り返してはならない」という強い決意に同意だ。

しかしながら広島・長崎の被爆は、日本が第二次世界大戦に参戦したから引き起こされた悲劇ではない。
参戦したから原爆を落とされたという因果応報的な自虐史観はいかがなものかと思う。

日本には元々第二次世界大戦を戦い抜く力はなく早く終戦させたかった。

戦争を終結させるために原爆投下は必要ではなかったことは明らかだった。

終戦後、GHQ占領の元でアメリカのためだけの資本主義、民主主義教育体制が構築され
日本人は自虐史観を持つよう洗脳されてきた
勝てば官軍、負ければ賊軍。

勝ったアメリカが正で、負けた日本は悪なのか?

欧米諸国の侵略・略奪植民地主義から
日本やアジア諸国を守ろうとし命を落としていった先祖達は悪で、
原爆を落としたアメリカが正義なのか!


アメリカに押し付けられた価値観ではなく、日本人は自らの文化、歴史に誇りを持って良いと思う

今、世界で戦争や紛争が起こると「人道的」という言葉がよく使われる。
「人道的」とは人が人としてどうあるべきかを問う言葉だと思う。

人が人であるならば、「人道的」という概念は太古の昔から変わっていないはずだが、
どうやらこの言葉は欧米諸国の都合によって使い分けられているようだ


日本人はもちろん人間なのだが、欧米の一部のものたちはそうは思っていない。
人間以下の動物と思っているわけだから、
人道的という概念も日本人に対しては適用されないというわけだ。

アメリカは自国民に対しプルトニウムを投与するという人体実験を
国家プロジェクトとして行っていた国である。
人間以下の日本人を原爆の実験台にすることに何のためらいもなかったのだ。

___________________________________________


最新の調査によると、アメリカ政府は1943年5月という早い時点で「対日投下」を決定し、
原爆使用を来たるべき戦後の原子力開発競争において、
アメリカがとりわけソ連に対していかに優位を確保していくかを中心に議論していたことが判明している。

大戦中、アメリカとソ連は同じ陣営に属してはいたが、戦後の世界再建に向けてにらみ合っていた。
ともに増大する軍事的脅威に危機感を感じ取っていた。
ソ連はヨーロッパ戦線でベルリンを陥落し、東ヨーロッパの大部分を手中に収めるにまで至っており、
アメリカと対等の席につくはずであった。ところが、原子爆弾という切り札によって
ソ連の優位は崩れ、アメリカに交渉のイニシアティブを握られてしまったのである。

原子爆弾は「対ソ外交」を有利に運ぶ上で、効果的な材料だったのである。


「マンハッタン計画」に携わったユダヤ人科学者の中で、もっとも反日強硬派だったのは
フォン・ノイマンだろう。彼は日本人を蔑視し、京都を原爆の最初の血祭りにあげるべきだと主張。
京都が日本国民にとって深い文化的意義をもっていたというまさにその理由によって、
京都の破壊を求めていたのである。

しかし、ヘンリー・スチムソン陸軍長官の反対によって、京都は原爆のターゲットから外された。
彼は、京都の代わりに長崎の追加を指示したのである(1945年7月22日)。

一般に、この時にスチムソンが京都を原爆のターゲットから外した理由として、
「スチムソンは京都が歴史のある都市であることを理解していたから」
という“美談”で語られる場合があるが、だまされてはいけない。

この“美談”は、戦後、GHQがお涙頂戴好きの日本人を洗脳する為に、
意図的に流したニセ情報である。

メリカ軍部の一部は京都を原爆投下目標とすることを諦めず、空襲を実施しなかった。
原爆投下後に原爆の影響を正確に把握するため、空襲が禁止されていたのである。
京都が最後まで空襲されなかったのは、原爆投下の前に日本が降伏したからにすぎない


スチムソン以外にも、「京都を戦火から救った恩人」と言われるアメリカ人が何人かいるが、
すべて何の根拠もない流言に過ぎないのだ。

詳しくは吉田守男著『日本の古都はなぜ空襲を免れたか』(朝日文庫)を読んで欲しい。
当時のアメリカ政府は、日本の文化遺産を根こそぎ破壊することに、
なんのためらいもなかった
のである。


ところで、「マンハッタン計画」をスタートさせたフランクリン・ルーズベルト大統領は、
日本人を“劣等人種”として激しく差別していたことで知られている。
一般のアメリカ人の間にも、日本人に対する人種差別意識が蔓延していた。

当時のアメリカの雑誌にはこう書かれていた。
「アメリカ人はドイツ人を憎むことを学ばなければならないが、
日本人に対しては憎しみが自然と湧いてくる。
これはかつてインディアンたちと戦ったときと同様に自然なものだ。」

「普通の日本人は知性が低く、無知である。たぶん人間なのだろうが、
人間であることを示すような点はどこにもない。」

当時、トマス・ブレーミー将軍も、こう演説していた。
「諸君らが闘っているのは奇妙な人種である。人間と猿の中間にあると言っていい。
文明存続のために我々は最後まで戦いぬかねばならない。日本人を根絶しなければならない!」


ところで、「強制収容所」といえば、真っ先にナチスを思い浮かべる人は多いと思うが、
第二次世界大戦中、自由と民主主義の国、アメリカ合衆国にも「強制収容所」があった。
それも日本人と日系人専用のもので、約12万人もの民間人が財産と市民権を奪われて、
カリフォルニア州からルイジアナ州までに広がる10数ヶ所の強制収容所に収容された
のである。

このアメリカの日系人に対する強制収容政策の裏には、
白人の有色人種に対する人種的偏見や差別意識があったことは明らかである。
この時期、同じ敵国であったドイツ系・イタリア系のアメリカ人は「お構いなし」の状態だった)。

この日系人強制収容政策の最高責任者は、前出のヘンリー・スチムソン陸軍長官である。

彼は太平洋戦争と原爆を語る上で、非常に重要な人物だ。

彼は、セオドア・ルーズベルト大統領の時代に政権に入り、以後、1950年に死ぬまで、
7人のアメリカ大統領に仕えたことで知られている。
第二次世界大戦中は、「マンハッタン計画」の最高責任者を務め、広島と長崎への原爆使用を決定した。

それ以前に、彼は、ロンドン海軍軍縮会議においてアメリカ代表団議長として、また、
フーバー政権の国務長官として、日本海軍力の制限のために中心的に働いた。

さらに、フランクリン・ルーズベルト政権においては、経済封鎖によって日本を窮地に追い込み、
真珠湾攻撃へと駆り立て、ついに、アメリカを太平洋戦争に参加させた張本人である

ルーズベルト大統領が急死すると、彼はトルーマン大統領の背後で、実質的にアメリカの戦争を指揮した。
トルーマンはスチムソンを全面的に信頼した)。

戦争が終わると、スチムソンは、原爆投下に対する批判を抑えるために、
「原爆投下によって、戦争を早く終わらせ、100万人のアメリカ兵の生命が救われた」
と発言(1947年2月)。
これが原爆使用正当化の定説となった。(「原爆神話」の誕生)。


一般のアメリカ人に、なぜアメリカが広島と長崎に原爆を落としたのかを尋ねれば、
たいていの人はこう答えるであろう。

「アメリカ軍の日本上陸により、多くの犠牲者を出すことを避けるためであった。
原爆を落とさなければもっと大きな悲劇を生んでいたであろう」と。

しかし、この言説を鵜呑みにしてはならない。
「当時、原爆投下以外にも日本への本土上陸を阻止する方法があったことは
識者の間ではすでに常識となっており、トルーマンも彼の顧問もそれを知っていた」
という事実があるからである。
これは、アメリカ原子力規制委員会の主任歴史家であるサミュエル・ウォーカーの言葉である。

1946年実施の戦略投爆調査の結論も、
「原爆が投下されなくても、またソ連が宣戦布告しなかったとしても、
さらには日本上陸を考えなくとも、1945年12月31日までには確実に、
そしておそらく1945年11月1日までには、日本は降伏していたであろう」
として、
先の歴史家サミュエル・ウォーカーと同じ結論を示している。

1989年に公開された、陸軍省諜報部による1946年の最高機密調査では、
「日本の降伏に原爆はほとんど関係がなかった」という大胆な結論が出されている。
そして第二次世界大戦終結の決定的要因はソ連の宣戦布告であったとされ、
アメリカの大規模な日本侵略が行なわれることはなかったであろうと記されている。

つまり、日本を降伏に追い込んだのは、原爆の使用ではなく、
ソ連の参戦である
といっても過言ではない」
というのが同調査の結論であった。

また、スタンフォード大学の歴史家バートン・バーンスタイン教授によれば、
統合参謀本部の諮問グループ、統合戦争計画委員会は当時、
ソ連が宣戦布告しない場合でも、
九州への上陸だけで戦争を終結できるであろう
と結論づけていたのだ。

ヨーロッパのアメリカ軍司令官アイゼンハワー将軍は、
スチムソン陸軍長官から計画を報告された時のことをこう記している。

「彼の報告を聞いているうちに、暗い気持ちになった。私は彼に深い不安を伝えた。
まず、日本はすでに敗北しており、原爆は全く必要ないということ、
次にアメリカ人の命を救う手段として、もはや不要ともいえる兵器を使用することで
国際世論に衝撃を与えることは避けるべきだと伝えた。」

アイゼンハワーの見解は「日本はできる限り体面を損なわない降伏の方法を模索している。
恐ろしい兵器で日本に打撃を与える必要はもはやない」というものであったのだ。

現在では、原爆は恐らく戦争を長引かせ、アメリカ兵の命を救うどころか、
奪ったと信じる歴史家もいる。
なぜなら、国務次官ジョセフ・グルーは、
1945年5月には降伏条件を変えるだけで戦争は終結すると大統領に進言しており、
また大統領は原爆が完成するまで明らかにそれを引き延ばした
からである。

タフツ大学の歴史家マーティン・シャーウィンは、
「トルーマン大統領がジョセフ・グルーの助言を受けていれば、
アメリカ兵、日本人の犠牲者の数は大幅に削減されたことであろう」と語っている。

スチムソン陸軍長官もまた後になって、
「歴史の中で、アメリカは降伏の条件を延期したことによって戦争を長引かせた」としている。

結局、アメリカ政府が日本に対して原爆を使用したのは、先に触れたように、
戦争を早期に終結させるためではなく、戦後の対ソ外交を有利に運ぶ上で、
効果的な材料だったためである。

アメリカ政府は1943年5月という早い時点で「対日投下」を決定し、
原爆使用を来たるべき戦後の原子力開発競争において、
アメリカがとりわけソ連に対していかに優位を確保していくかを中心に議論していた
のだ。

大戦末期、米軍幹部の間では、原爆を投下しなくて
もいずれ日本は力尽きるという予想が大勢をしめていた。
しかし、トルーマン大統領は、ソ連の対日参戦で日本が降伏する前に、
原爆という圧倒的なインパクトのある兵器を投入することで、
日本にとどめを刺したのはソ連ではなく原爆、というイメージを全世界に与えようとした
のだ。


原爆ホロコーストに重大な責任がある人物を挙げるなら、その筆頭は、
直接ゴーサインを出したトルーマン大統領だろう。

「原爆の誕生」自体は、当時の「原子物理学」発展の流れにおいて避けられなかったとしても、
原爆の「実戦使用」に関しては、彼個人の「政治的な判断」で避けようと思えば避けられたのだ。
(原爆は作った人よりも使う人に問題があると思う)。

しかし彼は、原爆を使わずに戦争を終わらせるなどとは考えもしなかった。
彼は誕生したばかりの超兵器=原爆を使用したくてたまらなかった。
人間のいない荒野で爆発させるのではなく、人間が密集する大都市の上で爆発させて、
その破壊力を試してみたい気持ちに駆られていたのだ。人体実験をしたかったのだ。

彼は日本から提示された降伏条件をはねつけ、日本への原爆投下を命じた。
しかも無警告で。2発も。
そうしたうえでその降伏条件を認めたのだった。
彼は自分の行動を正当化するために、
「原爆投下により100万のアメリカ兵の生命が救われた」とする「原爆神話」を
積極的に広めた張本人でもある。

--------------------------------------------------------------------------------
「原爆ホロコースト」の実態より




伊東 深水、三枚目、



「吹雪」です。




広島大学の名誉教授である芝田進午氏は、原爆の対日使用は「人体実験」だったとして、
1994年に次のように述べている。

「広島・長崎への原爆攻撃の目的は何だったのか。1つには

戦後世界でのアメリカの覇権確立である。そしてもう1つは、

原爆の効果を知るための無数の人間への『人体実験』である。

だからこそ、占領後にアメリカ軍が行なったことは、

第1に、原爆の惨状についての報道を禁止し、『人体実験』についての情報を独占することだった。

第2に、史上前例のない火傷、放射能障害の治療方法を必死に工夫していた
     広島・長崎の医者たちに治療方法の発表と交流を禁止するとともに、
     死没被爆者のケロイドの皮膚や臓器や生存被爆者の血液やカルテを没収することだった。

第3に、日本政府をして国際赤十字からの医薬品の支援申し出を拒否させることだった。
     たしかに、『実験動物』を治療するのでは『実験』にならない。
     そこでアメリカ軍は全力を尽くして被爆治療を妨害したのである。

第4に、被爆者を『治療』せず『実験動物』のように観察するABCC
     (原爆障害調査委員会と訳されたアメリカ軍施設)を広島・長崎に設置することであった。
     加害者が被害者を観察するというその目的自体が被爆者への人権蹂躙ではなかったか。」


広島で女学生(14歳)のときに原爆にあい、現在も原爆後遺症で苦しむ詩人の橋爪文さんは、
ABCC原爆傷害調査委員会と訳されたアメリカ軍施設)について、
次のような恐ろしい事実を述べている。
まさにアメリカがやったことは、「人体実験」だったといえよう。


私は広島の生き残りのひとりです。 〈中略〉 
ここで、ひとつ触れたいことは『ABCC』についてです。
これは日本でもほとんど知らされていないことですが、戦後広島に進駐してきたアメリカは、
すぐに、死の街広島を一望のもとに見下ろす丘の上に『原爆傷害調査委員会』(通称ABCC)
を設置して放射能の影響調査に乗り出しました。
そして地を這って生きている私たち生存者を連行し、私たちの身体からなけなしの血液を採り、
傷やケロイドの写真、成長期の子どもたちの乳房や体毛の発育状態、また、
被爆者が死亡するとその臓器の摘出など、さまざまな調査、記録を行ないました。

その際私たちは人間としてではなく、単なる調査研究用の物体として扱われました。
治療は全く受けませんでした。
そればかりでなく、アメリカはそれら調査、記録を独占するために、
外部からの広島、長崎への入市を禁止し、国際的支援も妨害し、一切の原爆報道を禁止しました。
日本政府もそれに協力しました。
こうして私たちは内外から隔離された状態の下で、何の援護も受けず放置され、
放射能被害の実験対象として調査、監視、記録をされたのでした。

しかもそれは戦争が終わった後で行なわれた事実なのです。
私たちは焼け跡の草をむしり、雨水を飲んで飢えをしのぎ、
傷は自然治癒にまかせるほかありませんでした。あれから50年、
『ABCC』は現在、日米共同の『放射線影響研究所』となっていますが、
私たちはいまも追跡調査をされています。

このように原爆は人体実験であり、
戦後のアメリカの利を確立するための暴挙だったにもかかわらず、原
爆投下によって大戦が終結し、米日の多くの生命が救われたという大義名分にすりかえられました。
このことによって核兵器の判断に大きな過ちが生じたと私は思っています。」


--------------------------------------------------------------------------------
「原爆ホロコースト」の実態より


アメリカは人口の多い全国の64都市を戦略爆撃していることも忘れてはならない。
東京大空襲では一夜にして10万人以上の民間人が焼き殺された



広島・長崎は戦略爆撃、無差別空襲の極みとも言えよう。

日本人はとてつもなく徹底的に、、、虐殺された。

これを戦争犯罪と言わずして何と言うべきか。

全ての犠牲者の御霊が安らかに眠らむことを願います。




「偽ユダヤ」どもの関与が圧倒的で凄まじい、まさに外道の極みです。

いづれ仇を討たねばなりませんよ。

ムスリムが大同団結して(なかなか難しいが)、捏造国家イスラエルを殲滅する!

盟主はやはりエジプトだねぇ、加えてイランだな、

助っ人はロシア、そして密かに日本が資金援助すると。

地球の癌細胞の摘出ですよ。 偽ユダヤは流亡の民に戻ればよいのだ。



コメント

残暑お見舞いⅢ

2013-08-24 11:00:09 | Weblog
 画は初代 長谷川 貞信(さだのぶ)

 1809(文化6年) ~ 1879(明治12年)

 江戸時代後期から明治時代にかけての大坂の浮世絵師。

 緑一齋、信天翁、南窓楼、雪花園と号す。            作


  「浪花百景之内 築地蟹島」です。


☆晴れ、気温上昇中。

まずは、外道にもほどがあるわなぁ、鬼畜ですよ、人非人です、

◆http://saigaijyouhou.com/blog-entry-747.html
真実を探すブログ
「シリア政府が化学兵器使用」という情報はデマ!?
  裏には軍事介入を企む米国の影! ロシア反政府勢力の工作

より抜粋、

テレビは「シリア政府が反政府軍に化学兵器を使用」とか報道をしていますが、
これはデマである可能性が極めて高いです。

第一にシリアで発生している内乱は今年に入ってから政府軍側が圧倒しており、
リスクのある化学兵器を使用する意味があまりにも薄いこと。

第二に情報源が反政府軍の証言という部分。
政府軍と戦争をしているのだから、彼らからの証言には相当な偏見がある可能性が高いのは、
誰でも想像することが出来ます。

今のところ、化学兵器関連の映像や情報はすべて反政府軍側からしか流れていません。

第三にアメリカ政府は政府高官の発言や行動から分かるように、
「シリアへの軍事介入をしたい」と考えています。

国連の重要部分はアメリカの関係者が抑えていますし、アメリカの推測と
シリア反政府軍の情報だけでは信用するのは無理な話
です。


以下ご参照!


◆http://quasimoto.exblog.jp/20971157/
Kazumoto Iguchi's blog 2013年 08月 23日
8月23日「小町園の悲劇」の日 : 白人のいる場所 売春宿だらけになる!

より抜粋、

実は、ゼカリヤ・シッチン博士によれば、人類創成の物語の最近の白人創成の秘密は、
「ヒマラヤ杉」の場所に降り立った、総勢200人足らずのニビルの反逆者集団だったという。

この反逆者たちは、もともとは「イギギ」と呼ばれ、火星に降り立ち、
その後地球周回軌道にあった宇宙船の見張りの隊員たちであった。

それが、彼らの司令官であった、エンキの息子のマルドゥクが
地球人のサルニパトを結婚したため、禁欲に我慢できず、
仲間の棟梁シャムガス率いた200人が、その結婚式の当日に結婚式に紛れ込んで
地球人女性を強奪し、ヒマラヤ杉の場所に逃亡、そこで酒池肉林の限りを尽くした。
これがウクライナ地方の白人のメッカである。彼らはそこを「星の街」と呼んだ。


http://quasimoto.exblog.jp/14041408/
ビル・ライアン氏へのインタビュー:「地球の支配者とはどんな人々?」


そんなわけで、ニビルのもっとも濃い血筋を受け継いだのが、いわゆる西洋人である。

西洋人の残虐性や性習慣を考えるにおいて、この惑星X、ニビルの住人の性質を抜きに
語ることはできない。ほとんど同じである


特に、デービッド・アイクによれば、東洋人と西洋人の何が違うかといえば、
「性器が違う」のである。

東洋人はマッシュルーム型、いわゆる「松茸型」である。
いわゆる「かり」が発達し、女性にとってやさしい作りになっている。
女性器を壊すような形態ではない。

ところが、西洋人型はそれとはかなり異なり、オベリスク型である。
いわゆる「ロケット型」である。先端が細く、「かり」が未発達で長い。
したがって、槍で子宮を突き刺すようにして女性器を壊す。
だから、女性にとって西洋人はある意味で凶器になるのである。

これが、日本女性が米進駐軍を相手にした時の悲鳴になるのである。

デービッド・アイクによれば、さらに英王室の男性の男性器ペニスは、
先端に尖った突起があり、それがいったん子宮内部に入ると
留め金になって抜けなくなるというのである。このタイプにはサメやワニなどがあり、
爬虫類型の性器と言われる所以だというのである。

おそらく、デービッド・アイクが「爬虫類人」を思いついた根源に
この特殊な爬虫類型ペニスの存在があるようである。

☆http://pds.exblog.jp/imgc/i=http%253A%252F%252Fpds2.exblog.jp
 %252Fpds%252F1%252F201010%252F17%252F14%252Fe0171614_851519.jpg,small=800,quality=75,type=jpg



まあ、そんなわけで、白人はイギギの棟梁シャムガズの子孫、
強姦、略奪、酒池肉林はお手の物。
その見てくれに違わず、残虐なところはニビル譲り
ということらしいですナ。



長谷川 貞信、二枚目、



「浪花自慢名物尽 天満大根」です。



鬼畜だからね、

◆http://blog.goo.ne.jp/kill_me_deadly/e/b1a249c07a4b2ee0adb2d6370685b37f
ちるみぃでっどり-☆りべんじ 2013-08-18
【大東亜戦争】米国を震撼させた大日本帝国軍の先端航空機


ユダヤ金融財閥が金融恐慌を利用した世界大戦

http://sites.google.com/site/uranenpyou/ishin-gensou

WWⅡでのイギリスのチャーチルは、ドイツに苦戦して、アメリカに参戦を願う。
アメリカ参戦でイギリスは息を吹き返し、形勢は逆転。

世界大戦の最大の目的は、一気に世界地図を塗り替え、
共産主義の台頭による東西冷戦構造の確立だった。
もちろん、大日本帝国をユダヤ米国の私物化とすることも最初から決まっていた。
さらに、北朝鮮と韓国を分割してアジア紛争の火種を作ることも。

また、旧約聖書に書いてあるとおりのホロコーストによるイスラエルの建国。
他にもユダヤ金融資本にとって、利益となることはすべからく世界大戦前から、
すでに決定していたと考えるべきだろう。

そもそも、アメリカの参戦時点で勝敗はすでに決まっていたのだから。
アメリカの広大な土地と、強大な生産能力があるかぎり、負けることはまずなかった。
ナチスドイツはソ連に負ける、最初からそう決まっていたから、
補給線がのびきったスターリングラードで不可解な大惨敗を喫する。

アメリカが危惧していたのは、大日本帝国の戦力だけだった
その大日本帝国が原爆開発に失敗し、ジェット機が作れなければ、
アメリカの圧勝は揺るがない。

ナチス労働党へとアメリカのユダヤ財閥から資金が渡り、
ナチスドイツから原爆技術がアメリカに渡る。
ナチスを運営していたアメリカのユダヤ財閥は、
イギリスになぜ、軍備を増強しなかったのか?
なぜ、ドイツに破竹の進撃を演出させたのか?

わざとらしく、反ユダヤ主義の台頭を演出した理由。
すべては、戦火を拡大させるための仕込みだったんだね。

戦力を拮抗させることにより、より大きな大戦に発展していったウォーゲーム。
なぜ、2つの勢力に分かれて戦うのかというと、
3つも4つもあると、シナリオが難しくなるし、ゲームの操縦も難しくなるから。

日露戦争で苦心して得た満州鉄道を、アメリカが中国植民地支配を強めるために、
傲慢に明け渡せと言ってくる。
鉄道王ハリマンが日本に満州鉄道の共同経営を持ちかける。
もちろん、断る。

そして、共同の名目で甘い汁を吸いたいだけのアメリカから、怒りを買う。


なぜ米国は、広島長崎に原爆を投下したのか?


早いところ、戦争を終わらせないと日本との本土決戦が長引く。
すると、日本が次々と傑作の迎撃戦闘機を完成させて対B-29戦に投入してきてしまう。

元はドイツで開発されたものでも、日本はオリジナルを凌駕する性能の航空機を
次々と短期間に開発してしまう。
技術をマネするだけなら簡単だが、日本人は技術をマネするどころか、
巨大な資本力で開発した欧米の最新技術を、安値で改良、小型化してしまう


そして、B-29の性能をはるかに超える超大型渡洋爆撃機、富嶽は、
太平洋を越えて米国本土を爆撃し、無給油で
日本に戻ってくる能力すら持ったであろうという(これ、日産の鮎川さんの発案だったらしい)。
戦争末期の新鋭機の登場を察知したユダヤ国家は、焦った。

最高時速が、米軍機より200キロ以上早い戦闘機爆撃機が大量生産されれば、
真面目な話、戦争の趨勢はどうなったかわからない。

米国が負けることはないにしても、多くの被害を被むれば国家の体面が丸つぶれになる。
火龍に搭乗した岩本撃墜王以下3機編隊が、
12000メーター上空からB-29の100機編隊に3号爆弾を投下し、
一度に85機を撃墜する様をなんとしても目撃したかったものである。
85機は無理か?

それに、「原爆開発」の面でも日本の実力は侮れない。
「ウラン原料が入手できないから大丈夫」といった楽観論は許されない。
実際、昭和天皇が「そんな人道にもとる兵器開発はやめなさい」と却下されていなければ、
仁科博士も.....。

だから、原爆投下で戦争を早期に終わらせる必要があったのであろう。

ユダヤ米国は、戦争を通じて日本人の底力を知って暗澹としていたのである。
ユダヤ人たちは、真の世界一の民族がどこの誰であるか知っていたのだ


そして、戦後、日本は航空機産業への参画を米国GHQにより阻止された。
なにしろ、まともにジェット機、ロケット機を空に走らせたのは、日本が最初だったのだから。

もちろん、敗戦からすぐに日本の高度経済成長が始まるのは、
戦時に兵器を作っていた高度の人材や技術力が、そのまま
自動車や鉄道、船舶の技術に受け継がれ、重工業のインフラ生産に投入されていったからだ。

日本は戦艦ヤマトを作った世界最高の造船技術国家であることは、誰だって知っていること。
日本を放任すれば、航空機産業は日本人のものになっていただろう。
まあ、ちょっと遅れたが日本もユダ金崩壊を機に航空機産業に乗り出しましょう
三菱重工業さん、中島飛行機(富士重工業)さん、新明和工業さん、出番ですよ。
好きなように最高の機械を作ってください。

ユダヤ米国がどれだけ日本の新開発軍用機を恐れていたかは、以下のYoutubeを参照ください。
日本の極秘軍用機シリーズ。
面白いですよ。

☆http://www.youtube.com/results?search_query
 =%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%A5%B5%E7%A7%98%E8%BB%8D%E7%94%A8%E6%A9%9F&aq=f&fmt=16



☆ 永野護の「敗戦真相記」の中に記してありますが、日本は戦時中、
敵国のスパイによりかなりの軍事情報が向こう側へ漏洩していた
ようですね。

噴推式の飛行機(秋水)を数時間屋外に出していたところ終戦後、
「いついつロケット機を完成させただろ。その時の写真がこれだ」と言って
スパイにより撮影された秋水の写真を見せられ度肝を抜かれた話。

また、九州の太刀洗あたりの飛行機基地を見下ろす、山の上の神社の地下室に
短波の送信機が備え付けてあり、神主が米英側に飛び立つ飛行機の日時と数の情報を伝えていた。

ある時、神主が留守の時に巫女が受け取ったお供え物のマンジュウの下から、
金貨がザラザラ出てきたので、巡査に知らせて諜報容疑が発覚した話しなどは、
ほんの氷山の一角ではないかと言われているそうです。


☆ B-29が200機とか、300機で都市爆撃をしました。
せめて、70機づつでも落とせれば、都市爆撃なんか、諦めなければなりませんでしたね。
紫電改、疾風の他に烈風も試作してました。
これら、2000馬力級がせめて半年早く搭乗していればとも思ったりします。


☆ 後、悔まれるのはフィリピン戦ですね。
山下将軍が、ルソン島で米軍を待ち受けるため、陣地構築をしていました。
それなら、硫黄島の何倍もの戦果をあげる事が出来ました。

しかし、寺内正毅の息子の寿一がルソンからレイテ島に転進せよと命じました。
台湾沖で米艦隊は壊滅という海軍の誤報を信じたのです。
しかし、山下将軍は飛来する航空機の数から、海軍の台湾沖海戦の戦果は誤報だと
察知しましたが、これは軍命であるの一言でレイテに転身しました。

米軍の物量、航空攻撃で陸軍部隊は壊滅。
情報こそ最大の武器ですね。
悲劇の名将と将兵に黙祷。


☆ 富岳は試作機すら未完成でした。
それにU235濃縮用の遠心分離装置については、ざっと1000台は必要なのに
1台も完成できませんでした。
それにU235はガンタイプの原爆でも可能であるが、
Pu236は爆縮タイプでなければ早発してしまうという、原爆開発の核心部分すら未解決でした。


☆ 関係ありませんが、俺のじいちゃん、中島飛行機に動員されたって。
で、俺のとうちゃん、スバル・ツーリングワゴン好きで乗ってました。
中島飛行機(富士重工)がんばれ!


☆ 川崎重工が抜けている気がするのですが、気のせいでしょうか。
昭和43年頃、まだ子供だった弟が、零戦開発に関わった堀越さんに面会して凄く感激してました。
幼稚園の頃から飛行機マニアで、フレンドシップは、翼の下に入り口があって・・・
バイカントゥは・と、良く聞かされました。

☆ 私の父は、戦争中シンガポールに、旧財閥の一社員として赴任しておりましたが、
ある日本社から、Uボートが、日本に向けて航行途中に
水、燃料の補給に寄港するため他に必要なものがあれば、
準備してさしあげるよう暗号電報が、あったそうです。

港で待機していると、日本の呂号潜水艦より小振りな潜水艦が入港してきて、
その積み荷は、来るべき本土決戦に備え、高高度を飛行できる液冷エンジン2基
(メッサーシュミトの物)と新型兵器の研究資料
(これはエンジンの梱包木枠と同じ大きさ)だったそうです。

そしてそのUボートは、帰路も寄港し、スズ、亜鉛、ボーキサイトのインゴットを、
そんなに積むと浮上できなくなりますよと思うくらい、積んで出港していったそうです。
その新型兵器の研究資料は、原子爆弾だったと思うと
生前よく言っていたのを思い出して、コメントさせて頂きました。


☆ 大東亜戦争で開発された、世界最高性能の戦闘機と爆撃機の三連発に万歳。
敗戦による情報コントロールで、当時の日本の凄い技術力は一部のマニアのみ知る事となってます。

今、世界の戦闘機やジェット機の燃料を重質原油から製造している国は、日本。

暖房に戦闘機の燃料灯油を使用し、各家庭に戦闘機の燃料を備蓄する国は、日本。

最小補助通貨や飲料に戦闘機の構造用金属アルミを大量に備蓄する国は、日本。

戦闘機用高性能半導体チップやステルス塗料を唯一供給できる国は、日本。

ミサイル誘導技術力かダントツ一番で、第二次湾岸戦争の技術貢献が一番の国は、日本。


原爆投下は人体実験だったと思います。
ウラン型とプルトニュウム型、それぞれ異なった種類の原爆を使い分けた理由は
人体実験に他ならないと考えます。
おまけに当時としては稀少なカラーフィルムで一部始終しっかりと記録されています。



長谷川 貞信、三枚目、



「浪花百景之内 天満宮御旅所」です。



支那の過大評価は支那を利すること、

◆http://blog.shadowcity.jp/my/2013/08/post-3440.html
ネットゲリラ (2013年8月23日)
日中戦争で、アメリカは日米同盟解消w


アメリカは、中国と戦争する気は毛頭ないので、日中が揉めて、戦闘状態に入ったら、
とっとと日米同盟解消して逃げると思うw 彼ら、日本人のために血は流さないですw 

何故、アメリカが中国とは戦争しないかというと、人口が多すぎて、
また国土が広すぎて、監視しきれないから。
まして、白人や黒人では潜入してもすぐバレるし、アジア系移民なんて信用ならない。
戦争して勝っても占領し続けられないので、戦争やる意味が無い。

大東亜戦争でも、だから直接の介入を避け、日本軍にやらせた。
自民党の政治家と官僚は、アメリカ様に捨てられた後の自活の方法を、
今のうちから考えておいて下さいw


☆http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1377234332/


▼http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=75856
レコードチャイナ 2013年8月22日
◎ロシアメディアが中国空母・遼寧号の戦闘力に疑義、
 自衛能力ほぼないと指摘 ― 中国メディア


2013年8月21日、中国新聞網は記事
「ロシアメディアが中国空母・遼寧号の戦闘力に疑義、自衛能力ほぼないと指摘」を掲載した。

21日、露軍事週刊誌ミリタリー・インダストリー・クーリエは
中国海軍の実力に関する分析記事を掲載した。
保有艦艇の中で最も注目を集めているのが中国初の空母・遼寧号。
同艦は世界で最も“安い”空母。わずか2000万ドル(約19億5000万円)で
ウクライナから購入した空母ワリャーグを改修した。
理論的にはJ-15戦闘機40機、K-28ヘリ20機を搭載することが可能だ。

しかし米国をはじめとする各国のアナリストは「遼寧号の実力は大したものではない」
という見方で意見を一致させている。
第一に艦載機のJ-15戦闘機は電子系統や兵装などの主要性能で
明らかに米国のF/A-18E/Fに劣っている。

また、レーダーナビゲーションを装備していなかったり、
偵察機能を持った戦闘機やヘリを擁していないことも大きなネック。
総合的に見てほとんど自衛能力を有しておらず、
低空飛行している空中目標を攻撃する能力しかないと結論づけている。
本当に価値のある空母の建造には10~20年が必要と指摘した。


*56 TEKKAMAKI(dion軍) 2013/08/23(金) ID:8fOD7ZNfP
  ≪ウォルツ教授、レイン教授
  日中戦争に巻き込まれないように、さっさと日米同盟を破棄するべき

  レイン教授は「米軍を東アジア(ユーラシア大陸)から撤退させるべきだ。
  在日、在韓米軍を撤退し核の傘もアメリカ領土だけに適応するように縮小する。
  アメリカと中国は太平洋を挟んでいるので直接戦争になる可能性は極めて低い。
  米中が戦争する可能性は台湾防衛時であろう。
  アメリカの世界戦略にとって大して重要でない台湾を、さっさと中国に引き渡すべきである。
  中国の反米感情を刺激する真似は絶対にしてはいけない」と提言している。


  これがオフショアバランサーのポジションだからだ。
  つまり日本や韓国へ「責任転嫁」である。
  レイン教授は消極的オフショアバランサーを提言し、
  ミアシャイマー教授はもう少し積極的(東アジアへ干渉的)であるが、
  積極的オフショアバランシング戦略になったとしても、日本を見捨てることに変わりはない。

  オフショアバランサーとは、「世界の警察」より低コストで低リスクで
  実現可能性が高い戦略であるが、世界の警察よりも米国の取り分は少ないのである。
  つまり「米国と中国で山分け」の性質を持っている。

  リアリスト派は「大国間の均衡を崩さなければ、世界は安定する」と考える。
  米国と中国とインドでの均衡を最優先するので、同盟国の利益は蔑ろにする。
  そもそもオフショアバランシング戦略と
  「日米同盟の破棄」は、セットにして語られることが多い。
  レイン教授は日米同盟なんてさっさと破棄しろと提言しているし、
  故ウォルツ教授(世界一の学者)も日米同盟の破棄を提言していた。
  但しウォルツ教授は日本だけなく台湾と韓国の核武装を提言していたし、
  北朝鮮の核武装は米国や日本や韓国の利益になるという考えを持っていた
  (中国の一人勝ちを抑止できる為)。

  要するに、『米国は日米同盟を切って米軍を東アジアから撤退する』
  準備を着々と進めているのである。


*59 TEKKAMAKI(dion軍) 2013/08/23(金) 1 ID:8fOD7ZNfP
キッシンジャー語録

  「日本は経済大国になってしまった。もっと早く潰しておくべきだった」
  「東アジアはアメリカと中国の両覇権国で支配する地域だ」
  「日本には絶対に核武装させてはいけない」

  「台湾や韓国や日本ごときの為に、アメリカが中国と戦争するなんて馬鹿げている」
  「中国の経済発展と軍事大国化は、アメリカの利益になる」
  「日本の自主防衛を封じ込めると同時に、日本を中国、韓国、北朝鮮、ロシアから分断して
   孤立化させる事が大切だ。そうすれば日本はアメリカに依存せざるを得なくなり、
   アメリカにとって都合の良い経済政策と外交防衛政策を取らざるを得なくなる」

  「北朝鮮は核を放棄しないだろう。
   日本が北に触発されて核武装しないように抑え込む事が肝要だ」

   (しかし、日本の外務省向けのレポートでは)
  「六か国協議で日米が協力すれば、北朝鮮の非核化と拉致問題の解決に繋がる」
  「日本のアジアでの地位は没落する。
   何の影響力も持たないちっぽけな小国になり下がるだろう。
   これからは中国がアジアのリーダーになる」

  「日本はTPPに参加するべきだ。
   何が犠牲になるかでなく、何がアメリカと一緒にできるかを考えるべきだ。
   そして、日本は中国に対して対決姿勢を取るべきではない。
   それは日本の、アジアの利益を損なう」


◆http://sankei.jp.msn.com/world/news/130822/amr13082223470008-n1.htm
MSN産経ニュース 2013.8.22
田中角栄はナショナリスト」「新入り坊や」 
 ニクソン大統領の肉声録音テープ公表

【ワシントン】

ニクソン図書館(米カリフォルニア州ヨーバリンダ)は21日、
ホワイトハウス執務室で録音していた所蔵テープを初めて公表した。

対中政策をめぐるニクソン大統領と田中角栄首相(いずれも当時)の確執や、
ぎくしゃくした日米関係の実態が大統領の肉声で裏付けられた格好だ。

公開されたテープは日本のソニー製。
1973年4月18日、訪日直前にワシントンを訪れた当時のアンドレオッティ伊首相が、
ホワイトハウスでニクソン大統領に田中首相の人となりを聞いた際の言葉だ。

大統領は田中首相について、
「彼は西側諸国の新入り坊やだ。だが、吉田茂、池田勇人、岸信介、佐藤栄作の
どの首相経験者よりもナショナリスト(国家主義者)だ。
わたしの見立てだと、とりわけ日本の若い層への(悪)影響が懸念される」などと語った。
田中首相をナショナリストだと語った根拠は不明だ。

また、大統領は日本の対中政策について、
田中首相が72年9月に訪中して国交正常化をしたことをふまえ、
「日本は欧米に代わって共産主義中国との貿易を行う選択肢は持ち合わせていない」と述べ、
日中接近は経済面で欧米諸国の脅威にはならないとの見方を示した。

ニクソン大統領は71年7月、キッシンジャー大統領補佐官を極秘で北京に派遣。
自らも72年2月に電撃訪中し、日本や西側諸国から「頭越し外交」などと批判を受けた。



ユダメリカも支那も、ともに「落ち目の三度笠」よ、笑わせるぜ。

「日米同盟の破棄」は大歓迎だ! どーぞやってください、いい厄介祓いになる、塩撒こうw

ユダヤ系ドイツ人・キッシンジャー、ユダヤ系ポーランド人・ブレジンスキーとか、

偽ユダヤは日本の敵です、食い詰めユダヤ系がゴッソリ日本に来て寄生しておる。

日本人には見分けがつかぬwのが 奴らの狙い目です、用心々。

角栄は手前はさほど評価しませんが、嵌めたのはキッシンジャーですよ。

醜悪な媚中反日・老耄爺ぃ。



コメント

残暑お見舞いⅡ

2013-08-23 11:19:06 | Weblog
 画は David Mellon

 Born: New Orleans 1955
 Currently residing: The Village Green, Los Angeles 
 http://davidmellon.com/                  作


  「Little_goose_girl」です。


☆曇り、予報は雨。

今日は「処暑」、暑さが終わるという意味らしいが、

暑さ一服、といったところでしょうか。

まずは、死人に口なしだが、事実としたら酷いね、

◆http://nueq.exblog.jp/20875307/
nueq lab 2013年 08月 20日
ヒロヒト発言記録(1946・4~6)


         昭和天皇の発言記録

         ホイットニー文書
         マッカーサーの腹心
         1978年に機密解除



ホイットニー文書

この文書は、昭和天皇ヒロヒトが占領軍司令部に対し表明した見解の要約が
全編にわたり記された、「極秘」扱いの、英文三頁以上にわたるメモランダムである。
1946年4月から6月の間に、東京駐在の国務省員によって作成され、
マッカーサーの腹心であったコートニー・ホイットニーの私物として保管された後、
1970年代前半にヴァージニア州ノーフォークのマッカーサー記念館に寄贈され、
1978年に機密解除されている。
___________________________________________

出典元:全共闘会議
http://zenkyoto68.tripod.com/CourtneyWhitney1.htm


 ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


日本の歴史上これ程卑劣な証言をした男がいただろうか?


ホイットニー文書

【以下がヒロヒトの発言記録(1946・4~6)】

二、三週間前に占領が長く続くべきであるとの希望を述べた根拠を説明したい
日本人の心には未だ封建制の残滓が多く残っており、
それを眼こそぎにするには長い時間がかかるだろうと感じている。

日本人は全体として、自己の民主化に必要な教育に欠けており、
さらに真の宗教心にも欠けており、そのため一方の極端から他方の極端へと揺れやすい。
日本人の封建的特徴の一つは、進んで人に従おうとする性格にあり、
日本人はアメリカ人のように自分で考える訓練を受けていない。

徳川政権は、民は指導者に従うべきであり、そのため忠誠心以外は
いかなる道理も与えられてはならない、という論理のうえに築かれていた。
かくして、平均的な日本人は、自分で考えることにおいて昔からの障害に直面している。
かなり闇雲に従うという本能によって、現在、
日本人はアメリカ的な考えを受け容れようと熱心に努力しているが、
例えば労働者の状況を見れば、
彼らは自分本位に権利ばかりに注意を集中し、本分と義務について考えていない


この理由は、ある程度、長年の日本人の思考と態度における氏族性に求められる。
日本人が藩に分割されていた時代は、完全には終っていない。
平均的日本人は、自分の親戚はその利益を追求すべき友人とみなし、
他の人間はその利益を考慮するに値しない敵と考えている。


日本人の間には宗教心が欠如している。
私は神道を宗教とは考えていない。それは儀式に過ぎず、
合衆国では甚だ過大評価されてきたと考えている

しかし、たいていの神道信者は超保守的で、彼らと、
神道と超国家主義を同一視していた復員兵とその他の者は、
しっかりと結びつく傾向を持っているので、依然として危険な面がある


政府は、信教の自由に関する命令を厳守する立場にあり、
現在彼らを取り締まる手段を持っていないために、こうした状況は危険だ。
神道を奉じる分子とその同調者は反米的なので警戒を要すると考えている

以上のようなことから、私は今は日本人のもつ美点を述べている場合ではなく、
むしろその欠点を考える時だと感じている。

私は、マッカーサー元帥と元帥の行っていることにたいへん大きな感銘を受けている。
また、対日理事会におけるアメリカの態度にとても感謝し、
それが安定効果を持つと感じている。

しかし、私は今、この国の労働状況をかなり憂慮している。
日本の労働者は、物事を真似する事において、義務を等閑にして
自分の権利を利己的に追求しやすく、
米国のストライキから有害な影響を受けるので、
米国の炭坑ストが速やかに解決するよう希望している。

自分の治世に与えられた名前 ―昭和、啓発された平和― も
今となっては皮肉なように思えるが、自分はその名称を保持することを望み、
真に「煌く平和」の治世となるのを確実にするまでは、生き長らえたいと切に願っている。

私は鈴木(貫太郎)提督の被った損失に心を痛めている。
鈴木は、降伏準備のための内閣を率いるよう私が命じたのであり、
海軍の恩給ばかりでなく、それは理解できるにしても、文官としての恩給までも失った。
彼は侍従長を長く勤め、そして降伏準備の任務をよくこなした。
彼の提督という階級と戦時の首相という地位が追放に該当するのは当然としても、
彼は、皇室に仕えていた地位の恩給の受け取りも現在停止されている。
私は、鈴木提督個人のためだけでなく、このような価値剥奪が日本人に理解されず、
占領軍の利益にも日本自身の利益にもならない反米感情をつくり出すという理由から、
不安を募らせている。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


天皇ヒロヒトのこの言い草には唖然、呆然とするしかない。
それにしても、何という言い草か。
自国民310万人の命を奪い、2000万人以上に上るアジアの人たちを殺した
侵略戦争の最高責任者としての自覚がないばかりか、戦後に至って尚国民を売り渡し、
形振りかまわぬ自己保身に終始している余りにもおぞましい姿がこの文書から読み取れる。

このような男の影響下にあった者たちが、いまもあの戦争を侵略戦争ではないと言い張り、
侵略殺人を正当化する暴言を吐き続けている破廉恥行為は当然と言えばいえる。
家族を殺された者にとっては遣り切れない、許し難いことである。


野上弥生子の日記
昭和37年(1962年)7月4日
・・・・十一時過ぎの「私の本棚」に……
一、二日まえから入江氏 の「天皇様の還暦」が読まれている。
昨日から聞いて見る と戦後の天皇の御文庫内生活はだいぶ気の毒なものであったらしい。
今日は彼のヒュ-マニテイ-が書かれている。
しかし国民にすまないためにあえて不便不快な生活を忍んだの、
学術的な研究にもムダな小魚を損はなかったの、
花 一つにもそんな心づかいを忘れぬ生活をしているといふなら、
戦争であれだけの犠牲を払はした国民にすまない意志表示を何故しないか。
そんなセンスを欠いていてなんの人道主義ぞやといひ度くなる



___________________________________________


(中略)


また、昭和天皇の発言の中で一番気になるのが

  ① 私は神道を宗教とは考えていない。それは儀式に過ぎず、

  ② ~ 神道と超国家主義を同一視していた復員兵とその他の者は、
      依然として危険

  ③ ~ 政府は、信教の自由に関する命令を厳守する立場にあり、
    現在彼らを取り締まる手段を持っていないために、
    こうした状況は危険だ。

  ④ ~ 神道を奉じる分子とその同調者は反米的なので警戒を要すると考えている。


と云うくだり。

これは、本心なのか? それとも、GHQに対しての煙幕なのか?

本心であるなら 「 現人神 」 として奉られてきたご本尊だけは、
その神道体系を頭から否定していたことになると云う、なんとも皮肉な状況が立ち上がってきます


「 万世一系 」 なるものが大嘘であるのは当然として、
天皇には血統と霊統があるとして来たその「 霊統 」すら否定する発言
であり、
日本列島のシャーマンとしての自覚がまるでなされてなかったということになります。

煙幕であるなら、それはGHQから質された「 神道 」なるものに関しての
カモフラージュと云うことになるのでしょう。


以下、ご参照!



David Mellon、二枚目、



「Candle」です。



単発エンジンは危険ですw

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201308220000/
櫻井ジャーナル 2013.08.22
自衛隊の次期戦闘機だというF-35の部品を日本の大手企業が製造する
 ことが認められたというが、米国では価格と性能で
 F-35の評価が低下してキャンセルの話も出ている


航空自衛隊の次期戦闘機ということになっているロッキード・マーチンのF-35
アメリカで問題になっている。
☆http://www.reuters.com/article/2013/08/02/usa-defense-weapons-idUSL1N0G300W20130802
◎Pentagon downplays prospects of cancelling F-35, bomber

開発費が膨れあがって超高額になっているだけでなく、
重量の問題で運動性能が劣り、ステルス能力にも疑問があるという
そうした性能面の問題もコスト押し上げの一因で、
キャンセルの可能性も言われているほどだ。

重量を軽くため、すでに火災抑制装置や燃料安全弁は取り外されたのだが、
そのために雷雲の近くを飛行できなくなったらしい。
雷で燃料タンクが爆発する可能性があるためだ

戦争末期における「零式艦上戦闘機(ゼロ戦)」を彷彿とさせる

アメリカで問題になっているなら、他の国では言わずもがな。
ただ、例外は日本だ。
その日本が逃げないようにということなのか、アメリカ政府は
エンジンやレーダーの部品を日本で製造することを認めたという。
☆http://www.asahi.com/politics/update/0822/TKY201308210491.html
◎F35の24部品、日本で製造 価格は1.5倍に

日本企業の部品を使うと製造コストが上昇し、戦闘機の購入価格は1.5倍以上になる
というのだが、日本の大手企業を儲けさせれば、
日本の政治家や官僚は企業からの資金還流を期待し、喜んで税金を投入する
と見透かされている。ちなみに、この提案で潤うと予想される日本企業は
IHI、三菱電機、三菱重工などだという。日本の庶民は完全になめられている。

F-35の開発には多額の資金を投入しているため、
キャンセルはありえないとする「専門家」が多いようだ。
勿論、ロッキード・マーチンはF-35を自画自賛しているが、
海軍のパイロットは「妄想だ」と切り捨てている
☆http://www.wired.com/dangerroom/2013/02/pentagon-downgrades-jet-specs/
◎Pentagon Downgrades Specs for Its Premier Stealth Jet ― Again

戦闘で役に立たないなら「見切り千両」ということもある。
戦闘で使うことを想定せずに高額兵器を買うのは日本くらいだろう



航続距離も短く、南北に長い日本防衛には不適だそうです。



David Mellon、三枚目、



「Hobo 渡り鳥労働者」です。



食事前の方はパスしてくださいw

鬼畜どもが畜生を飼育すると、

◆http://codenameo5.blog.fc2.com/blog-entry-1158.html
ライブノート【LIVE NOTE】2013.08.22
牛のエサに牛や○○が アメリカ産牛肉の実体

より抜粋、

【注】 

これからもおいしくお肉、魚を食べたい方は、絶対にこの先は読まないで下さい!!!

本文中には動物の死体の画像が含まれています。

もちろん、アメリカと日本では状況は異なるでしょうが、
アメリカ産の牛肉、これでもまだ食べますか?


http://agri-1.com/2012/04/post-266.html
無農薬の玄米と米は有機ぼかし栽培の百姓アグリ
アメリカ産牛肉の実体

以下は、「まだ、肉を食べているのですか」 
ハワード・E・ライマン&グレン・マーザー著より、抜粋されたものです。

うちは4代続いた酪農家だ。

私は長年カウボーイとして、牧場で汗と埃にまみれて働いてきた。
モンタナの農場に育ち、20年も牛飼いをやってきた。どうすれば牛が育つかを体で覚えた。
だから当然、この国で肉がどうやって生産されているかもよく知っている。
もちろん私も多くの人たちと同じように、これまでに牛ステーキをたらふく食べてき たものだ。
だが、あなたの目の前のステーキに、いったい何が紛れ込んでいるか、
それを食べたらどうなるかを知ったら、あなたは間違いなく、
私と同じように ベジタリアンになるだろう。


もしあなたがアメリカ人で肉食主義者(ミート・イーター)であれば、
次のことを知る権利がある。それは、あなたが食べたほとんどの牛に共通する真実で、
つまりあなたが食べている牛も「肉を食べている」ということだ。

牛が屠殺されると、その重量の半分は食用にはならない。
つまり腸や内容物、頭部、ひづめ、そ して角などで、骨や血も「食べられない」。
そこでこれらは、レンダリング・プラント(動物性脂肪精製工場)というところに運ばれる。
そして巨大攪拌機 (かくはんき)に投げ込まれる。
ついでに言うと、「病気で死んだ牛は丸ごと放り込まれる」。

以下、すべての写真
☆http://www.healthyevolutionsfitnessandnutrition.com/apps/blog/show/22638766-the-meat-we-eat-
◎Healthy Evolutions Fitness & Nutrition


このレンダリング・ビジネスは、今や年間24億ドル強という売り上げの巨大産業となっている。
そこでは年に400ポンドもの動物の死体を処理している。
ひどい病気に罹った動物や癌になった動物、腐りかけた死体などの
すべてが攪拌機に投げ込まれる。
農場で死んだ家畜以外にも、動物保護施設で安楽死させたペッ トたちが、
毎年600万から700万頭もの犬や猫たちがここに運び込まれる


ロサンゼルス市だけでも毎月、約200トンもの犬や猫の死体の山が
レンダリン グ工場に送られている。
それらには動物管理局に捕獲されたノラ犬やノラ猫、そして車で撥ねられた死体も入っている。


この「混合物」はレンダリング工場でミンチに刻まれ、高温蒸気で「調理」される

そして、軽い脂肪分が表面に浮いてくる。
それらは化粧品や潤滑油、石鹸、ろうそく、そしてワックスの原料などに精製される。
それ以外のより重いたんぱく質 の原料などは、乾燥され、
茶色の「肉骨粉」に加工される。そしてその約4分の1は、糞便である

その「肉骨粉」は家畜の飼料と同様に、
ほとんどのペット フードの増量材として使用される。
これが、農家で「濃縮たんぱく」と呼んでいるものだ。


1995年だけで屠殺場から約500トンもの、「食べられない」残り物が出ており、
それらがこうして処理され、全米の動物たちの飼料として売られていく。
私もかつて、そんな「エサ」を何トンも家畜のために買ってきた。


しかし、「牛」を「牛」に食わせていたとは夢にも思わなかった。
1997年8月にBSE、 いわゆる狂牛病への不安が巻き起こった。
これに対して米食品医薬品局は新しい規制を作り、
牛などの反芻(はんすう)動物のタンパク質を、反芻動物に与える ことを禁止した。


しかしこの規制は形だけであったので、牛たちは今もミンチになった
馬や犬、猫、豚、鶏それに七面鳥などの死体を食べている。
それだけでは なく、牛の死体から選別された血液成分や糞便まで食べている
のだ。


全米で約9千万頭もの牛が飼われているが、
そのうちの約75%が日常的にレンダリングされた動物の死体で栄養強化された
エサを食わされている。動物の排泄物をエサに混ぜるのは当たり前
なのだ。


飼育業者たちは、糞便の処理をするためにエサに混ぜて食べさせるのが、
一番効率的な「処理法」であることを知ってい る。
何しろ畜産業界全体で、毎年排泄される糞便の量はなんと160万トンにも達する。
そしてその一部は家畜に「食わせる」ことで処分されてきたのだ。


たとえばアーカンサス州の平均的な農場では、毎年50トン以上の鶏の糞便を
牛にエサとして食べさせている。その農民たちはこう釈明する。
「鶏の糞がなかったら、俺らの飼っている牛の半分は売るしかないさ。
他のエサは高すぎて買えないんだ。」 もしあなたが肉が大好きな「ミート・イーター」なら、
これらの糞便が、あなたの食べ物の「食べ物」であることをしっかり覚えておいてほしい。


病気になった不健康な動物を食べると、どの程度まで危険なのかはよくわかっていない。
しかしある種の病気は、宿主から人間に感染することはよく知られている。
よく知られた食物感染もある。
それは食物が糞便に汚染され、流行性E大腸菌によってもたらされる伝染病だ。
毎年、約8000人ものアメリカ人がこの感染症で亡くなっている。
さらに食品汚染の約80%は、汚染された肉から発生していることもわかっている。


アメリカで生産されるほとんどの肉が、ダイオキシンなどの発ガン物質で汚染されている。
これは除草剤の一つで米軍が枯葉剤としてベトナム戦争時に用いた
エージェント・オレンジに近い化学構造を持つ。


さらにDDTがある。これは25年以上も前に、国内では禁止された悪名高い農薬だ。
しかも未だに地中に残留 している。
困ったことにこの化学物質はなかなか還元されず、
この先数千年にわたり残り続けると言われている。


当然、家畜に食べさせるエサにも残留している。
しかも家畜用穀物は、人間用に比べ、びっくりするほど高濃度の農薬残留が許可されている
アメリカで消費される農薬の約80%は、たった4つの穀物をター ゲットにしており、
それがとうもろこし、大豆、綿花、そして小麦だ

つまりこれらは家畜に与える主要穀物である。


そして家畜だけでなく他の動物は、農薬など他の毒性物質にまみれたエサを摂取するたびに、
それらを脂肪に蓄積させる。だから家畜が、
ほかの動物たちの肉から作られたエサを食べるとどうなるかというと、
家畜が最大レベルの発ガン物質をたっぷり濃縮して脂肪に蓄え、
それを我々が食べることになる
。つまりたっぷり濃縮された発ガン物質が戻ってくることになる。
ある面、これで「おあいこ」なのだ。


1975年に「環境の質に関する評議会」は次のように報告した。
「人間が摂取したDDTの95%は、酪農製品と肉製品に由来する。」 
もちろん我々の環境の中には数多くの発ガン物質が存在する。
その発がん性物質が癌を 発生させ、それが人を殺すほど成長するまでに10年、20年、
あるいは30年の年月がかかる。
だから癌の原因物質を科学的に特定することはできない
しかし今世紀、人類の人口に占める癌発生率は天井知らずに爆発的に増え続けているのだ。


鶏の90%以上が工場で育てられている。
エサもきわめて安いものが与えられる。つまり彼らの排泄物さえもが
エサに混ぜて食べさせられているのだ。これは驚くようなことではない。
こうして農務省の調 査でも、99%のブロイラーの死骸から、E型大腸菌が検出されている


さらにアメリカで消費されるチキンの約30%がサルモネラ菌に汚染されており、
さらに70~90%が、その他の病原体やカンピロバクター菌に汚染されている。
サルモネラ菌のほうが悪名高いが、カンピロバクター菌は、1年間に
200人から 800人もの人々の命を奪っている危険な菌なのだ。
それがカンピロバクター菌症候群で、痙攣や腹痛、下痢、発熱などを引き起こす。
この病原体はその他の病 気も引き起こし、
それも非常にまれなグレイン・バレー症候群と呼ばれる麻痺性の疾病だ。
このバクテリアは、処方された抗生物質に急速に抗体を持つことでも 知られている。
つまりこの菌は、鶏の病気に対し投与された抗生物質によって強力に進化してきたのだ。


1992年の「コンシューマー・リポート」の
「アメリカ人が食べている魚の安全性」調査では、検査された魚の約半数が
バクテリアに汚染されていた。これらの微生物は、人間と動物の排泄物に由来している。
バクテリアの目指すゴールが人間に到達することなら、彼らは賢い選択をしたものだと思う。
魚は普通はほとんどの検査を免れているし、
牛肉や鶏肉よりもはるかに簡単なチェックしか受けずに、市場に出回るのだ。
当然食中毒事故も、年間32万件起きている。


魚があなたの食卓のテーブルに届くまでには、魚が死んでから2週間それ以上の時間が経っており、
寄生するバクテリアは自宅の冷蔵庫の中でも問題なく繁殖している。
さらにあなたは、自分がどんなタイプの魚を食べているのかほとんど知らない。
なぜなら調査によると、30%以上の魚が偽りの表示で売られているからだ。
魚はときに「オメガ3脂肪酸」を含んでいて健康にいいと宣伝されるが、
この栄養成分は大豆やカボチャ、キャノーラ油、青野菜、麦芽などに比べると体に吸収されにくい。


都市の廃棄物や農業が排出する化学物質は下水や河川に放出され、雨水とともに海に流れ込む。
これらの汚染物質は土壌に蓄積され、魚や貝の組織に吸収される。
こうして「汚染」はあなたの大好きなシーフードのメニューに並び、
ほとんどの海鮮料理の一つ一つにまでたどり着いているのだ。

「コンシューマー・リ ポート」によると、PCBは鮭の43%から、
カジキマグロの25%から検出されており、ハマグリは高濃度に鉛汚染され、
90%のカジキは水銀で汚染されていた。


我々が肉を食べるのは、単なる習慣である。

人々はその習慣を「普通」で、「健康によい」と信じ込んでいるだけのことである。
あなたが肉をやめようと始めても「禁断症状」に苦しむことはない。
それどころか間違いなく、あなたはより活力が漲るのを実感するはずだ。
あなたはより長生きし、より健康で人生を楽しめるようになる。
これまであなたの体の血管は、飽和脂肪やコレステロールでダメージを受けてきた。
しかしそれもすぐ回復する。

動物性食品を劇的に減らすことでそれが実現する
あなたは自分の血管の大掃除を始めることになる。
こうして心臓病や脳卒中だけでなく、高血圧や糖尿病、骨粗鬆症、
そして癌などの病気にも罹らなくなるのだ


ある意味これらのさ まざまななやっかいな病気のすべては、
たった一つの「病気」から生まれたものなのだ。

その「病名」は「動物食である。


****

【コメント】

私が肉を食べるのをできるだけ避けようと思った一番のきっかけは、
このレンダリング牛肉のことを知ったからでした。

本来は草食動物であるはずの牛に
牛や他の動物の死骸を食べさせているというのも、すごく人道的にもひどい
と思います。

そりゃ狂牛病だかなんだか、いろんな新しい病氣もでますよね。

しかも肉食用に飼われている動物のエサには、
成長を促進させることで飼育期間を短縮し、コストを下げるために
成長ホルモンを混ぜられたり、ひどい衛生状況で育つ動物が病気にならないように
抗生物質が混ぜられたりしているんですよね?


じゃあ、その動物の死骸を毎日のように食べさせられている動物の中で、
そういった物質が、少なくとも一部は蓄積されていきますよね?


それを毎日のように人間が食べたら・・・?


________________________________________


そういえば 春先に
「激ヤバ!【ストロンチウムたっぷり?】12年ぶりに牛の肉骨粉の肥料解禁へ」
という記事をUPしましたが
☆http://codenameo5.blog.fc2.com/blog-entry-801.html
その中で
肉骨粉の肥料解禁へ 今夏にも利用を再開 食品安全委 (2013年04月04日)」
とありますが 
もうすぐ夏も終わろうとしていますが もう解禁されているのでしょうか

我が家は肉を食べないのであまり関係の無いことですが
肉を食べている方は大問題だと思います
濃縮したストロンチウムやセシウムを摂取することになるのですから

しかも記事にあるように
成長ホルモン、抗生物質、おまけに家畜の糞便など
不自然なものをギューと詰め込まれたものを与えられた牛を食べるのですから
人工削減を企んでいる方々は ウッシッシッ と喜んでいるでしょう


モー食べるのやめましょう 牛肉!




いやはや、凄まじいものです。

わかりきっておるものは避けれるが、レトルト、冷凍食品、その他材料の一部として、

産地表示の義務がない形で、大量に使用されておる。

TPP参加で一気に拡大だね。

手前は最近は歳のせいか牛豚は殆ど食わず、主に地元産の鶏肉です。

KFCの鶏肉は支那産らしいし、韓国産は大腸菌まみれw

子供に食べさせるのは要警戒だと思いますよ。

ここでも「脱米」&「排特亜」ですな。


コメント

残暑お見舞い

2013-08-22 10:55:51 | Weblog
 画は豊原 國周 (とよはら くにちか)
 
 天保6年(1835)~明治33年(1900)     

 号は一鶯齋、など。               作


  「文治四年摂州大物浦難風之圖」です。


☆晴れ、気温上昇中。

今年は北海道沿岸(とりわけ日本海側)の海水温度が3度c以上高いそうで、

漁獲量に影響が出ておるのだとか、気温も高めです。

ま、夜間、とりわけ明け方など涼しく、秋の気配ですが。

世界の動きも、諸矛盾が沸点に達しつつあるようです、

◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51895890.html
日本や世界や宇宙の動向 2013年08月18日
この秋、アメリカや世界で何が起きようとしているのでしょうか


以下のビデオで語られた内容によると、いよいよ、10月あたりに
アメリカの経済が崩壊し、世界経済も崩壊する
そうです


経済崩壊が起きると同時に中東を中心に世界戦争が勃発するそうです。

日本では中国が尖閣や沖縄を狙ってせめてくると言われています。

ネット上で報道されている様々な情報をまとめると。。。
この秋から、世界が直面するとことは:

世界的経済、金融崩壊が起き 株式市場が崩壊、銀行が閉鎖、人々は現金も使えなくなり、
惑星X群が地球の軌道に接近しつつあり、隕石の落下の可能性もあり、
巨大な太陽風の影響も受け、地球の気象変動が激しくなり、
干ばつ、地震、噴火、豪雨、洪水がさらに激化、食糧が不足し、世界戦争が勃発し。。。。

エジプトに関して、米政府はテロリストを使って革命を起こし、
ムバラク大統領を失脚させたのに、今度は政府軍を支援して、クーデターを起こさせ、
アメリカよりのムルシー大統領を解任したのですから、
アメリカはエジプトをめちゃくちゃにしているだけのようです。
これも戦争を勃発させたいからでしょうか。

こんなことが一度に起きている時代に生きている私たちは何をしろというのやら。。。。
数年前からあらゆる面で激変の時代に突入していましたが、
今年辺りはクライマックスの年なのでしょうか

世界が落ち着くまではあと数年かかるでしょうが、
本当に世界中のあらゆるものが混乱をきたしています。

灼熱の夏の中でも日本人の日常生活はまだ平常ですが、今後、
どのような事が起きるかもわかりません。もし、
本当に以下のビデオで語られていたことが起きたとしても。。。
日本が受ける影響が最小限であることを信じてやみませんが。。。

http://beforeitsnews.com/economy/2013/08/warning-the-countdown-to-the-economic-collapse
-has-begun-everything-is-being-put-into-place-for-the-fierce-storm-that-is-approaching-2546926.html


(ビデオ)

解説:中央銀行及び米政府がエジプトを占拠しました。
エジプト軍を援助することでエジプト軍を配下に置き、
エジプト軍を支援しているサウジアラビアをも占拠しました。

つまり、彼らはエジプトに戒厳令を敷き、独裁体制下に置き、世界の準備通貨としての
米ドルを守ろうとしている
のです。この秋に世界的な経済崩壊が起きます。
彼らは差し迫る猛烈な嵐に備えた対策を打っています。

オーストリアの景気循環論によると、中央銀行が意図的に株価市場を好景気にさせた
金融緩和をスローダウンさせると、株式市場は崩壊しやすくなるそうです。
ムレイ・ロスバード氏の著書の中で、1929年10月に起きたアメリカの大恐慌が
どのように起きたかを解説しています。

1920年以前に急激な景気後退が起きた後、1921年7月あたりから
数年間にわたる株式市場の好景気が起きました。
しかし1929年7月に再び景気が後退し、その年の10月に世界金融崩壊が起きたのです。


(ビデオ:X22レポート 概要)

このビデオのタイトルは経済崩壊のカウントダウンが始まりました、です。
全てが経済崩壊の方向へ動いています。この秋に何かが起きると予想しています。
そのことを示す数々の指標があります。

現在の消費者期待は1999年以来、最低レベルです。
米国民はやっとアメリカの現状に気が付き初めました。
住宅ローン金利が上がり続け、原油価格も高騰しているため、
近いうちにガソリンスタンドで販売されているガソリン価格も高騰するでしょう。
そして特に食品の価格が高騰しています。また、食糧生産が縮少しています。

物価高が続く中で米国民は何かがおかしいことに気づき始めました。
消費者は余計な消費を避け、小売業の業績も落ちています。
住宅販売数も減少しています。特に生鮮食品の価格が高騰しています。

シカゴでは50校もの公立学校が閉鎖されてしまいました。
その結果、多くの職員が職を失いました。これまでにないほどのリストラが進んでいます。

米政府はインフレを止めることもできていません。
アメリカ国内や世界中の眠ったままの人々は、アメリカの経済は回復しており、
インフレも2%止まりのため何の問題もない、と思っています。
そのような人々は今、何が起きているのかも分かっていません。

このような状況下で、オバマ政権は、財政支出をカットするために
サテライト、隕石、宇宙のゴミなどを監視する宇宙監視システム(by米空軍)
を閉鎖してしまいました。しかし、オバマ政権はエジプト軍に多額の支援を行っています。
また、シリアのアサド政府を倒すために反政府側に武器提供の支援をし
反政府側の警察にも報酬を支払っています。イエメン政府にも多額の支援をしています。
米政府が彼らに支援している額は巨額です。
米政府は中東のこれらの勢力に巨額の支援を行っていますが、
米国民のために使う予算は全くないようです。
一体、何が起きているのでしょうか。昨年以降、住宅販売数が最低です。(中略)

アメリカや世界の経済崩壊が差し迫る中で、世界中で戦争が始まろうとしています
中東ではテロ攻撃の脅威にさらされています。
日本と中国の間では尖閣をめぐる対立が起きています。
ロシアと中国はシリア政府を支援しています。
自衛隊と米軍は尖閣奪還の合同演習をしています。
中国軍とロシア軍の合同軍事演習が行われています。また、
エジプト軍は米政府の支援を受けています。
東シナ海で中国は4日間(日本の終戦記念日前後)の軍事演習を行いました。
世界各国で戦争のための軍事強化を行っています。(中略)

アメリカ国内では監視が強化されています。その理由は、
スパイから国民を守るとされていますが、実際は、米国民に対する監視を強化しているだけです。

米政府は、経済が崩壊したときに、反政府活動家を投獄しようとしているため、
今から米国民のデータを収集しているのです。
また、このようなデータを使って専門家を脅迫し
経済が崩壊する前に株で儲けようとしているのです。
またアメリカの各地で軍事演習が行われています。軍事演習の対象地域が広がっています。

また、特別機動隊は企業を襲撃し、全てを破壊し、様々な物を強奪しているのです。
例えば、不当な理由(麻薬栽培を行っているなど)で有機野菜を生産・販売している会社を襲撃し、
畑の農作物を全て破壊しました。
重装備の軍隊が地域社会を襲撃し、全てを破壊し、強奪しているのです。
なぜこのようなことが起きているかというと、この秋にアメリカの経済が破壊するからです。

中東や世界中の軍隊が戦争の準備をしています。アメリカはサイバー攻撃を受けています。
サイバー攻撃は中国、ロシア、イラン、シリアによるものだと米政府は主張しています。
米政府は、シリアからサイバー攻撃を受けたと、
ワシントンポストとCNNを使って政治プロパガンダを展開しています。

しかし実際に何が起きているかというと、米政府は本格的に空母や艦隊を
ペルシャ湾(イエメン沖)に配備し、戦争の準備を行っているのです。
無人機による中東全域での攻撃も頻発しています。また、
米軍によって訓練を受けた特殊部隊がシリアに侵入し飛行禁止区域を確立したり、
ヨルダン沖にも米軍艦隊を派遣し軍事演習を行っています。
米政府はシリアの反政府勢力にも資金の援助をしています

この秋にアメリカの経済が崩壊するということを我々は知っています。
しかし米政府はメディアを通して、失業率は低下しており、米経済は回復している
などと嘘の情報を流しています。オバマは全米を巡って
住宅需要が回復しており経済も順調に回復しているなどと嘘の演説を行っています。

また、9月11日には意図的に何百万人ものイスラム教徒がワシントンで
デモ行進をすると言われています。これは完全に政府が仕組んだものであり、その時、
何らかの偽旗事件が起こる可能性があります。

多くの専門家が10月には何か大きなことが起きそうだと推測しています。
金融街の人々も、秋には何かが起きると予想しています。
IMFはアメリカでバブルが発生していると言っています。
ニューヨーク証券取引所がインターコンチネンタル取引所に買収されました。
その結果、世界第2位のデリバティブ市場が9月に閉鎖されます。

(中略)

IMFの政策により、この秋から冬にかけて株式市場が暴落します
彼らは金融崩壊を起こし、銀行に対してサイバー攻撃を仕掛けます。
その結果、金曜日に銀行が閉鎖されますから、その前に銀行から現金を引き出しましょう。
銀行口座に預けておいたお金は全て凍結され消滅してしまいます。
その時、預金者は自分の預金を取り戻すことはできません。
金曜日に銀行を閉鎖した後、月曜日には銀行の営業を再開すると発表されるでしょう。
しかしそうはならないでしょう。月曜日になっても、サイバー攻撃が継続しているため、
銀行を再開するのを断念したとの発表をするでしょう。
そして米銀行にサイバー攻撃を行っているのはシリアのせいにし、
シリアに対する戦争を開始しやすいように米国民の世論を誘導します。

アメリカの証券取引所も閉鎖され再開しません。
そして米政府は、アメリカの経済、金融が崩壊したのはシリアのサイバー攻撃のせいだ
と発表するでしょう。イギリスやヨーロッパでは、現在の法律では、銀行救済は行われません。
その結果、銀行を救済するために(キプロスのように)、
預金額に8%から10%の課税をすると発表します。しかし、キプロスでは
彼らが実際に強奪したお金は8%から10%ではなく47%だったのです。
キプロスでは今でも資金規制が敷かれています。

イギリスでもEUでも同じことが起きるでしょう。
全てがうまくいっていると見せかけたことが突然、いっぺんに崩壊します

崩壊すると同時に他の国々は保有していた大量の米ドルを売りさばくようになります。
するとアメリカはQEを2倍に増やします。
そして海外から流れてくる米ドルを購入しなければならなくなります。
するとアメリカではハイパーインフレが起きます。
その間、アメリカはシリアとの戦争を開始します。その結果、
世界的な経済崩壊は、世界戦争に発展し、経済崩壊の責任はだれも取りません。



國周、二枚目、



「瀧夜叉姫 尾上菊五郎」です。



愛国者を売国者にするユダメリカ、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201308210002/
櫻井ジャーナル 2013.08.21
内部告発したマニング特技兵に軍事法廷は懲役35年を言い渡したが、
 そもそも有罪になったことがおかしいのであり、
 処罰されなければならない人物はほかにいる


アメリカ支配層の悪事を明らかにしたブラドリー・マニング特技兵に対し、
軍事法廷は懲役35年を言い渡した。
きわめて厳しい、というより、有罪になったことがおかしい。

アメリカ軍のアパッチ・ヘリコプターに乗った兵士が、
ジャーナリストを含む戦闘行為と関係のない十数名の人々を殺害している映像

▼http://collateralmurder.com/
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=5rXPrfnU3G0#t=625
Collateral Murder - Wikileaks - Iraq

あるいはアメリカの外交文書を外に出したとされている。

外交文書では日本の官僚、あるいは与党政治家が
自国の政府でなくアメリカの怪しげな連中に従属していることも明らかにしている


処罰されなければならないのはマニングでなく、
ヘリコプターに乗っていた兵士だとする声があるが、そのとおりだ。

日本にも責任を問われなければならない人物がいる。
マニングは支配システムの悪事を明るみに出したことで厳罰に処されたのだが、
悪事を働いた人間は問題になっていない。

現在の「西側」では、支配層が悪事を働いても処罰されず、
悪事を明るみに出した人間を厳しく罰するわけだ。
腐敗した体制が倒れる日は遠くないだろう




國周、三枚目、



「み立いろはあわせ」 「五番 ふ」 「鮒ふなノ師直もろなお」です。



私物国家を見習えとはw

ふなじゃ、ふなじゃ、ふな侍じゃ。 シンガポールなど田舎賭場さ、

◆http://blog.tatsuru.com/
内田樹の研究室 2013.08.20
日本のシンガポール化について

より抜粋、


平均的日本人はほとんどシンガポールの「実情」を知らない。

シンガポールの「唯一最高の国家目標」は「経済発展」である。

平たく言えば金儲けである。

これが国是なのである。

それがthe only and supreme objective of the State なのである。

政治過程や文化活動などはすべて「経済発展」の手段とみなされている。
だから、この国には政府批判というものが存在しない

国会はあるが、ほぼ全議席を与党の人民行動党が占有している。
1968年から81年までは全議席占有、81年にはじめて野党が1議席を得た。
2011年の総選挙で人民行動党81に対し野党が6議席を取った。
この数字は人民行動党にとっては「歴史的敗北」とみなされ、リー・クアンユー
この責任を取って院政から退いた。

労働組合は事実上活動存在しない
(政府公認の組合のみスト権をもち、全労働者の賃金は政府が決定する)。

大学入学希望者は政府から「危険思想の持ち主でない」
という証明書の交付を受けなければならないので、学生運動も事実上存在しない

「国内治安法」があって逮捕令状なしに逮捕し、ほぼ無期限に拘留することができるので、
政府批判勢力は組織的に排除される。えげつないことに
野党候補者を当選させた選挙区に対しては徴税面や公共投資で「罰」が加えられる

新聞テレビラジオなどメディアはほぼすべてが政府系持ち株会社の支配下にある。
リー・クアンユーの長男のシェンロンが今の首相、父とともに
シンガポール政府投資公社を管理している。
次男のリー・シェンヤンはシンガポール最大の通信企業シングテルのCEO。
シンガポール航空やDBS銀行を傘下に収める
テマセク・ホールディングスはシェンロンの妻が社長。

李さん一族が政治権力も国富も独占的に私有しているという点では
北朝鮮の金王朝のありかたと酷似
している


たしかにこんな国であれば、経済活動はきわめて効率的であるだろう。
外交についても内政についても、社会福祉や医療や教育についても、
政府の方針に反対する勢力がほとんど存在しないのだから。

李さん一家が決めたことがそのまま遅滞なく実施される。
上記のジム・ロジャースさんはきっと李さんファミリーの「ゲスト」くらいの格で
シンガポールに滞在しておられるのだろうから、
彼がシンガポールの政治経済のかたちが「オレ的には最高」と評価したとしても何の不思議もない。

日本を「シンガポール化する」というのは、端的には日本の政治制度を根本から革命して、
この独裁的な統治形態
(平たく言えば「王制」)を導入するということ
である。

シンガポールだって、中国だって、サウジアラビアだって、アラブ首長国連邦だって、
60-70年代のアジア・アフリカの開発独裁だって、遠くは第三帝国だって、
独裁制がしばしば劇的な経済成長をもたらすことは周知の事実である。

日本を「シンガポール化」したいと言っている人たちにしても、
経済システムだけを「いいとこどり」して真似ることは難しい
ということは先刻ご存じなのである。

労働運動、学生運動はじめとするすべての反政府運動の抑圧と
マスメディアの政府管理も併せて実現しなければ、
効率的な経済発展は難しい
ことは彼らだってわかっているのである。

でも、それを口に出して言うと、さすがに角が立つので、今は口を噤んでいる。
そして、「日本のシンガポール化」について総論的に国民的合意がとりつけられたら、
その後になってから「あ、『シンガポール化』という場合には、
治安維持法の発令と、反政府運動の全面禁止はもちろんセットになっているわけですよ。
何言ってるんですか。知らなかった?
金もらうだけもらっておいて、いまさら『知らなかった』じゃ通らないですよ」
と凄むつもりなのである。

実際に今の日本ではひそかに「シンガポール化」のための
伏線設定が進行しているように私には見える。
最も顕著なのは「唯一最大の国家目標は経済発展であり、
国家システムはそれに奉仕する限りにおいて有用である」

という国家概念の転倒を模倣しようとしていることである。

シンガポールの場合は、民主主義や基本的人権の尊重といった
国家の根幹にかかわるシステム
に重大な瑕疵があることを官民ともに知りつつ
「でも、経済発展しているんだから、まあいいか」とシニカルに言いつくろっている。
ある意味では合理的だし、ある意味では「官民共犯的」とも言える。

だが、日本の場合はそうではない。
「経済発展するために」という名目で統治システム上の矛盾や不合理を
これから作り出そうとしているのである。

憲法を改定し、国民主権を制限し、基本的人権を制約し、メディアを抑え込み、
労働組合をつぶし、「危険思想」の持ち主をあらゆるセクターから閉め出し、
「超富裕層」が権力も財貨も情報も文化資本も排他的に独占するシステムを、
これから作為的に作り出そうとしている
のである


「そうしないと、経済発展しないのですよ」というのが彼らの切り札である。
今日本のマスメディアはほとんどがこのコーラスに参加して、
音域は違うけれど、同じ歌を歌っている。

いずれ日本人は「経済発展できるなら、統治のかたちなんかどうでもいい」
と言い出すようになるだろう。

「金がなければ、人権なんかあっても仕方がない」
「金がなければ、平和であっても仕方がない」というような言葉を吐き散らす人々が
これからぞろぞろと出てくるだろう。

いや、すでに出てきているか。



そうはならんと思いますが、戦前回帰論者がぞろぞろいる自民党、

油断してはなりませんな。

「絶対天皇制」など必ず破綻するし、昭和天皇で実証済みさ。

寄生して甘い汁を吸いたい奴がおるのですよ、なりすましどもがねw


コメント