ギャラリー酔いどれ

売れない絵描きの世迷い言&作品紹介

猛暑お見舞ひⅣ

2020-08-09 10:11:01 | Weblog
 画は 丸尾 末広 (まるお  すえひろ、 本名:丸尾末廣)

 1956年1月28日 ~

 日本の漫画家、イラストレーター。

 1980年『リボンの騎士』でデビュー。 高畠華宵などの影響を受けたレトロなタッチと、
 (主に性的に)過激な描写、夢野久作や 江戸川乱歩などの影響が色濃い
 幻想的、怪奇的な作風 が魅力。                           作 


  「出典不明 ホラー画 01」 です。  (合成しました)


☆曇り。

本日は、「長崎 原爆忌」です。          合掌

「鬼畜 ユダ米」 許すまじ。

偽ユダヤ だから 東洋のカトリックの 拠点を 破壊した。

◆https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202008090000/
櫻井ジャーナル  2020.08.09
原爆、浦上天主堂、イエズス会、そして CIAの関係


長崎に建つ カトリックの浦上天主堂 (無現在の聖母 司教座聖堂)

の上空で原子爆弾(プルトニウム239)が 炸裂したのは1945年8月9日

のことだった。 広島へ原子爆弾(ウラニウム235)が投下されてから

3日後の出来事である。

長崎では 6万から8万人が死亡した と言われているが、

その中には天主堂にいた西田三郎、玉屋房吉というふたりの神父と

十数人の信徒も含まれている。


第2次世界大戦後、天主堂を再建しようという動きが起こるが、

その一方、破壊された天主堂を 原爆の恐ろしさを伝える歴史的資源

にするべきだ とする意見も強くあり、

長崎市議会は 1958年2月の臨時議会で

天主堂の保存を求める決議 を全会一致で可決した。

しかし、その決議を無視する形で 長崎市長だった田川務

長崎司教の山口愛次郎は 取り壊しを決定

3月から解体工事が開始され、鉄筋コンクリート製の新しい天主堂が

作られている。

田川は アメリカを訪問した後に意見を変え、天主堂の解体に

向かったのだ。

田川がアメリカを訪れた目的は、セントポール市と姉妹都市の提携

をするため。 この提携を持ちかけたのはアメリカ側で、

渡航費用はアメリカ側が負担していたという。

そして田川は アメリカで意見を変えた。


言うまでもなく、日本で最初にキリスト教の布教をしたのは イエズス会。

16世紀のことだ。 備前で 龍造寺隆信と戦っていた 有馬晴信は

そのイエズス会に支援を要請、イエズス会は有馬と島津の連合軍へ

大砲も提供したという。

その結果、龍造寺を打ち破ることに成功した有馬晴信は

浦上をイエズス会に寄進、有馬自身はキリシタン大名

と呼ばれるようになる。


その後、豊臣秀吉は バテレン追放令を出し、

徳川体制もキリスト教を禁じる。

浦上でも信徒は迫害されたが、徳川時代を生き抜き、

キリスト教禁制の高札は 1873年に撤去された。


イエズス会が運営している教会が東京の四谷にある。

東京大司教区にある 麹町教会(イグナチオ教会)だ。

戦争で破壊されたこの教会を再建する上で

重要な役割を果たしたとされている人物がイエズス会に所属、

上智学院長だった ブルーノ・ビッテル

この聖職者はニューヨークのフランシス・スペルマン枢機卿の高弟だ

とされているが、スペルマンは CIA/OSSと 教皇庁を 結ぶ人物だった。

その当時、アメリカの情報機関の最も重要な協力者は

ローマ教皇パウロ6世(ジョバンニ・モンティニ)だったが、

スペルマンはそれに準ずる 重要度の人物だ。

そのビッテルは 闇ドル事件にからんで逮捕されたことがある。

霊友会の 小谷喜美会長に対し、

法律に違反して 5000ドルを仲介した容疑だが、

すぐにふたりのアメリカ人が 警視庁を訪れ、

重要書類を持ち去ってしまう。

闇ドルに関する捜査も打ち切りになった。

闇ドルの背後には 秘密資金が存在、秘密裏に犬養健 法相が

指揮権を発動したと言われている。

ビッテルは 靖国神社の存続でも大きな役割を演じたと自身で語っている。

朝日ソノラマが1973年に出した

『マッカーサーの涙 / ブルーノ・ビッテル神父 にきく』によると、

GHQ/SCAP(連合国軍最高司令官総司令部)では、

多数派の将校が 靖国神社の焼却を主張していたが、

それをビッターの働きかけで阻止したというのだ。

(朝日ソノラマ編集部『マッカーサーの涙』朝日ソノラマ、1973年)

当時、中国のような 日本に占領されていた地域の人びと、

そして イギリス、オーストラリア、ソ連のような国々は

天皇の戦争責任を問おうとしていた。

天皇制官僚システムの象徴である靖国神社 を焼き払おう

という将校がアメリカ軍の中にいても不思議ではない。

ビッテルの主張が事実なら、靖国神社を アメリカの支配者、

あるいは情報機関が守った
と考えられる。


本ブログでは繰り返し書いてきたので詳細は割愛するが、

明治維新以降、第2次世界大戦の 前も最中も後も

日本はアメリカやイギリスの金融資本に支配されてきた。

それが 天皇制官僚システム


その象徴的な人物が JPモルガンと関係の深い ジョセフ・グルー

ということも指摘してきた。

原爆で破壊された天主堂が解体撤去された背景には

そうした歴史が反映されている。



戦後、キリスト教の布教に 米国などは 躍起となる。

平成上皇夫妻、吉田茂=阿呆太郎など クリスチャンが 存外 多い。

が、布教は大失敗だった。 露出できるのは 結婚式の司祭程度だw



丸尾末広、二枚目、



「出典不明 ホラー画 02」です。  (合成しました)


盆 帰省も ガラガラ、 夏祭りも 中止連発、 来年もこうでは 日本潰れるな、

下痢壺一派=自公政権が 無能・無策の極み だからなぁ、 よろづ、ユダ米の言いなりだ、

◆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/277015
日刊ゲンダイ  2020/08/07
台湾が 日本の感染リスクレベル 引き上げ … 愚策がバレバレ


日本のお粗末な 新型コロナウイルス対策は 

国際ビジネスにも悪影響をもたらしている。

台湾政府は5日、日本からやって来るビジネス客の

「隔離期間 の短縮」を取りやめる と発表した。

もともと台湾は、日本を 韓国やシンガポールと同じ、

「中低 感染リスク国」と定めていた。

6月22日以降、中低感染リスク国から来る3カ月以内の

短期滞在ビジネス客には、通常14日間の隔離を 半分の7日間にする

特別措置を適用している。

ところが、台湾のコロナ対策本部の指揮官である 陳大臣は会見で、

連日1000人を超える感染者が出ている 日本の状況を指摘。

日本は「中低感染リスク国」から除外され、

ビジネス客は特別措置を受けられず、

14日間の隔離生活を余儀なくされることとなった。

この厳しい措置を、コロナ対応 “優等生” の

台湾が決定したことは大きい。


昨年末、台湾政府は、中国・武漢でウイルスが発生したとの情報

を得るやいなや、 翌日には 検査体制を整え始めた。

さらに、政府主導で 中国への観光ツアーも 中国本土からの入境も

ストップさせ、台湾での感染拡大を 最小限に抑えた。

6日時点での、台湾の感染者は 476人で、死者は1ケタの7人。

人口100万人当たりの感染者数は20人と、

日本の339人の 17分の1だ。

高度な情報収集と的確な対応は、世界から「台湾モデル」と称されている。


コロナ拡大を食い止めている台湾から見ると、

対策が後手後手の日本は、相当危険に映っていることだろう。

いずれにしろ、日本のビジネス客が 不利になるのは間違いない。

外務省(中国・モンゴル1課、首席事務官)に問い合わせるも、

「日本がいつ中低感染リスク国に戻るかは、正直分からない」と述べた。

日本が特別措置から除外されたことを受け、ネット上では

「ちゃんと感染を抑えられない国は 世界から孤立していく」

「最初から 『徹底検査』の方向に舵を切っていれば、

中国・韓国・台湾のような『勝ち組』になれた」

「安倍政権の失政のせい」 「安倍は現実を見ろ!」

との声が上がっている。

世界から、そしてアジアからも 取り残される日本。

政府の責任は重い。
 

丸尾末広、三枚目



「新英名二十八衆句 より」です。 (合成しました)


イスラエル による、 ベイルート 核攻撃、

◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/
日本や世界や宇宙の動向  2020年08月08日
メイカさんからの 続報


米国やスイスが、習近平や中国共産党幹部の財産を

全て没収すると 彼らは世界規模の悪事ができなくなります。

ただし、中国にも 中国系秘密結社、イルミナティが

存在しており 彼らの財産まで没収できれば

中国の力を削ぐことができるのですが。。。


メイカさんによると:

  ・台湾、東沙諸島の領海9㎞以内に侵入した
   中国の漁船(複数)は 前部に鋼板を貼って
   台湾の漁船とぶつかっている。
   台湾の漁船に穴が開いたら沈没する。
   最近、東沙諸島領海に 中国民兵の漁船が
   侵入したため、台湾は中国の漁船を拿捕した。
   押収した中国の漁船は台湾人に売った。
   品質の悪い船は 軍隊の演習用に使うことにした。
   台湾は中国に対して強くなった。

  ・中国の漁船が エクアドルの領海に侵入し
   勝手にクジラやサメや大きな魚を獲っている。
   中国の漁船は 獲った大量のクジラやサメを
   海の中で殺して船内の冷凍庫に
   冷凍保存しているが、周辺の海が血で真っ赤
   に染まった。中国の近海では 魚がとれなくなった

  ・NYの中国領事館は閉鎖前に
   大量の資料を処分した。
   ヒューストンの領事館では 資料、公文書を燃やした
   ことで世界中から非難を受けたため、
   NYの中国領事館は少し賢く振舞っている。
   専門の業者が領事館まで来て、
   大きなゴミ箱を つぎつぎに特殊なシュレッダー車
   に積み込んでいった。
   紙の資料は全て粉にするとのこと。
   NYの領事館では 偽ドル札を
   大量に保管していたのだろう

   偽ドル札を外で燃やしたなら形が残って
   すぐにわかってしまうため
   業者に札を粉にしてもらったのだろう。

  ・米政府は、香港のトップ 林鄭 月娥と
   他の11人の重要人物に対して
   制裁することを決定した。
   米国にある彼らの不動産、企業、財産を
   全て没収する。
   次はヨーロッパの財産を没収するだろう。
   香港の関連企業の財産も没収する。

  ・内モンゴルでペストが今でも流行している。
   詳細は報道されないが、内モンゴルのある村で
   ペストの死者が出た。そのため村は封鎖された。
   この村では毎日消毒作業が行われている。
   感染者の感染経路は一切報道されない。

  ・スイスの外務相は 
   香港の国家安全法を非難している。
   スイス銀行には中央政府の上層部(トップ7など)、
   共産党幹部、党員2000人の口座
   (計5000口座以上)がある。
   スイス銀行には、たった100人の中国共産党幹部の
   口座だけでも 7兆8千元も預金している。
   スイス銀行はこれらの口座の預金を全て没収する
   可能性がある。
   財産没収でビビッている 王 毅外相は
   態度をやわらげ米国と協議したいと言っているが
   トランプは協議には応じない。
   外国政府が中国共産党幹部の財産を
   一気に没収すると 中国は40年前の貧乏国に戻る

   スイスに香港系の企業があるが、
   スイスは大きな損失を受けている。
   中国共産党幹部の3分の2が
   スイス銀行に預金している。
   習近平の姉2人(外国籍)、弟(豪国籍)も
   スイス銀行に預金している。


https://www.youtube.com/watch?v=Lqu3LUPAZXk

習近平ら中共幹部の隠し財産、スイスに100兆円!  /

米・香港政府幹部の米資産没収へ  /

中国漁船・エクアドルの 鯨、鮫乱獲  /

台湾が 鉄板付中国漁船を 拿捕 



◆2020年08月08日
ベイルートの港で起きた 大爆発が
 イスラエルの核攻撃である ことを示す証拠映像



より抜粋、


しかしあの爆発はレバノン政府が言っているような

単なる硝酸アンモニウムの爆発事故ではありません。

その証拠映像が公開されました。


イスラエルの核ミサイルが ベイルートに投下されたなら、

辺り 一面、放射線に汚染されている と思います。


イスラエルのシオニスト(例えば、フランスのロスチャイルドとか)

が 大イスラエル建国 のために 第三次世界大戦を起こしたくて

このようなことをやっているのでしょうか。

イルミナティは 旧約聖書の予言(計画書)通り のことを

人工的に起こしている
 のかもしれません。


9月になると本格的な戦争が始まるのでしょうか。

南シナ海や世界のどこかで 戦争が始まれば

日本にも大きな影響が出てきます。

https://beforeitsnews.com/prophecy/2020/08/
world-war-3-fuse-ignited-via-lebanon-israeli-nuclear-attack-
jeff-smith-of-the-iaea-confirms-this-is-a-nuclear-explosion-2513159.html

(概要)

8月7日付け


https://beforeitsnews.com/contributor/upload/678889/
 images/Nuked%20Lebanon%20Proof(2).jpg

ベイルートの港で起きた大爆発が核 爆発であることを示す

証拠があります。

上の図とグラフが示す通り、ベイルートで爆発が起きた直後から

ヨーロッパの放射線量 が急増しました。

聖書が予言していた 壊滅的な核戦争が

イスラエルによって 開始されました




皆さん、もう一度、ベイルートの爆発の映像を注意深く

ご覧ください。これは 戦術核兵器 による攻撃だったのです。

最初の攻撃は イスラエルの在来船から ガブリエル・ミサイルを

ベイルートの標的に向けて発射し 2度目の攻撃は

イスラエルのF16戦闘機から デリア・ペイロード

10キロトン核ミサイル を同じ標的に投下したのです。

その結果、周辺の人々の身体は一瞬のうちに消滅してしまいました。

その結果、数百二ンが 死亡し 数千人が負傷しました。

https://youtu.be/CtuQEhTVxyw

______________________________


https://beforeitsnews.com/awakening-start-here/2020/08/
breathtaking-case-closed-infrared-video-reveals-details-
of-missile-attack-on-lebanon-13856.html

(概要)

8月7日付け

ベイルートの港で起きた大爆発はイスラエルからのミサイル攻撃だった

ことが赤外線ビデオで証明されました!


https://www.veteranstoday.com/wp-content/uploads/ScreenHunter-490.jpg

https://www.veteranstoday.com/wp-content/uploads/ScreenHunter-492.jpg


以下 御参照あれ!



キ印・偽ユダヤ=シオニスト・イスラエル ということ。

人類の 癌細胞。


コメント

猛暑お見舞ひⅢ

2020-08-08 09:25:35 | Weblog
 画は 歌川 國貞  (三代 豊國) 

 天明6年(1786年) ~ 元治元年 (1865年)

 号は、香蝶楼・一雄齋・五渡亭など          作


  「安倍貞任」 「八幡太郎」 「安倍宗任」です。


☆晴れ。

立憲の安住が 無能なんだろうな、

◆http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2020/08/post-76598e.html
植草一秀の『知られざる真実』
2020年8月 7日 (金)
国会召集要求 拒絶を 糾弾しない 野党


コロナは人々を 死活問題に追い込んでいる。

コロナで命を落とす人も多い。

日本では1000人強だが、

米国では16万人もの人が コロナで命を失っている。

その日本でも 感染者数が急増している。

4月の感染者増加局面では 「緊急事態宣言」が発出された。

人々は 厳格な行動抑制 を実行した。

その結果として 新規感染者数が急減した。

この局面で 慎重に対応するべきだった。

ところが、安倍首相は5月25日に、

全国すべての都道府県の 緊急事態宣言を解除し、

「わずか1ヵ月半で 感染を収束させることに成功した。

日本モデルの力 を示した」

と豪語し、行動再拡大を誘導 した。

その結果、この発言からわずか1ヵ月半で

感染者減少はあとかたもなく消滅した。

史上最大の感染者数が 連日報じられることになった。
 
安倍首相は中国政府が武漢市を封鎖した翌日の 1月24日に、

中国国民に対して 春節の休みを利用しての訪日 を要請した。

最低最悪のコロナ対応 を続けている


安倍内閣は 4月の感染者数 急増局面では

「緊急事態宣言」を発出したが

7月以降の感染者数急増局面では 逆の行動を示している。

GoToトラブル キャンペーンで 大都市から

地方への人の移動を促進している。

人の移動とともに ウイルスが拡散される。

安倍内閣は コロナ感染症の感染拡大を推進している。

私は Apple社が公表している 人の移動指数データ推移が

4週間後の 東京都の新規感染者数と連動することを示してきた。

いまも連動関係は維持されている。

https://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/images/080620.jpg


人の移動指数は 6月26日にピークを更新した。

小池都知事がすべての営業自粛要請を解除した ことなどが背景だ。

この人の移動拡大を背景に 7月末にかけて新規感染者数が急増した。
 
その人の移動指数データが 7月22日にさらにピークを更新した。

安倍内閣がGoToトラブルキャンペーン開始を強行した日 である。
 
これに連動して8月19日頃に発表される

新規感染者数が最高値を更新する可能性が高い。

感染者数推移の特徴は、日を追うごとに

感染者数の基準値が増加する点にある。

新たな感染者が 別の新たな感染 を引き起こす。

感染拡大は等差級数ではなく、等比級数で 拡大する。

このために、新規感染者数の規模が 増大してゆくものと考えられる。

東京都の感染者数が1日1000人を超える事態に

移行する可能性が高い。


東アジアでのコロナ感染症の致死率は 低いと考えられる。

シンガポールの致死率は 英国の300分の1である。

しかし、手放しの楽観は 許されない。

ウイルスが変異によって強毒化する可能性 を否定できない。

安倍内閣が推進しているコロナ感染拡大策は

極めてリスクの大きなものだ。

東京都の小池都知事は 帰省自粛を呼びかけている。

行政部門内が 完全な 支離滅裂に陥っている


この局面でフル稼働しなければならないのが

国権の最高機関である国会だ。

野党は 日本国憲法 第53条の規定 

に基づいて 国会召集を要求した。

内閣は憲法の規定により、国会を召集する義務を負っている。

6月10日の那覇地裁判決が このことを明確にした。

ところが、安倍首相は平然と 憲法の規定を無視する構え

を示している。

日本国憲法には

第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の

      公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


との定めが置かれている。

速やかに国会を召集しない 安倍首相は 二重の意味で憲法に違反している。

野党は黙って 引き下がるべきでない。

憲法を破壊する安倍首相には 即刻 職を辞してもらう必要がある。



國貞、二枚目、



「しまの内 げい子」です。


無能で時代遅れの 感染医・Paper Doctor ども、

◆https://31634308.at.webry.info/202008/article_6.html?1596808269
かっちの言い分  2020年08月07日
東大先端研 児玉教授、今のコロナ専門委員会は
 百年前の スペイン風邪の対策の域 を出ていない と述べる




今日報道1930で 国会において答弁して有名になった、

世田谷区のコロナ検査に乗り出した東大の 児玉教授が登場した。

教授の話では、今第2波として 日本に蔓延してコロナは、

武漢型、ヨーロッパ型とも違う。

日本の中で新たに進化した ウイルスだと述べた。

特に、東京由来、もっと言えば 新宿由来のウイルスと述べている。

第1波が過ぎて 感染数が低下した時期、

新宿地域で根付いて エピセンター化した ウイルスであると述べた。

無症状の人の移動ともに全国に広がった。

まず横浜、新幹線で愛知、大阪、 飛行機で福岡、沖縄に広がった。

このウイルスの対策は、まずは感染のメカニズムを知る必要がある

と強調した。 その感染のモードを掴む必要がある。


単に 感染者数を毎日報道しても 感染は収まらない

東京、神奈川、名古屋、大阪、福岡、沖縄の

エピセンターを潰さなければならない。

そうしないと、感染無症状者が動き回れば 感染のピークは繰り返す。

今の専門分科会は、ウイルスメカニズム を理解していない。

数字に振り回されていると述べた。

その意味で今の専門家たちは 用を達していない
と言い切った。


児玉教授は自らデータを取りに 現場に出向いて検体を取り に行っている。

病院で単に見ていてもメカニズムはわからない。

感染数の指標に振り回わされてダメだ。

現場に出向いて、走りながら考えなければならない。

ダメな理由を 100言い訳するリーダーより、

1やるリーダーが必要である と述べた。

児玉教授の 各論の感染数ばかりに振り回されずに

ウイルスの拡散メカニズムを考えなければならない と述べた話は、

昨日この番組に出演した歴史学者の保坂氏の話に通じる。

保坂氏は、政府のリーダーは

大局を判断し 指針を述べることがまず大事と述べている。

児玉教授は、保坂区長の下で、

大学の自動感染テスト装置 を導入し、数千件のオーダーで

検査数をこなすと述べた。

政府、都に言っても 検査は進まない。

世田谷モデルを成功させ、地方から国を動かして欲しい。


「エピセンター」:

ウイルスの「感染集積地」や「震源地」という意味。


國貞、三枚目、



「花鳥風月」です。


「維新」は 偽ユダ傀儡の 売国奴・集団、

朝鮮同和=ハシゲの 股分どもで、出自がしれておるw

◆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/277014
日刊ゲンダイ  2020/08/07
抗議殺到! イソジン吉村と 大阪モデルの化けの皮 が剥がれる


「うがい薬で コロナに打ち勝てる のではないか」

こう胸を張って、日本全国を「うがい薬パニック」に陥れた

吉村洋文大阪府知事。

一夜明けた5日には「誤解がある」と慌てて火消しに回ったが、

府には抗議の電話が殺到。5日だけで450件の苦情が寄せられた。

府では再び感染者が増加し、6日は過去最多の225人の

感染が確認された。

府健康医療部の担当者に聞くと「苦情? 結構入ってますというか、

かなりというか、そればっかりです」とこう続ける。



「混乱を招いたのだから 謝罪すべき」

「府民に限らず、よその県の方も含めてですね。

『あらかじめ品薄になるのが分かっとったのに、

何でそんなことを言うてくれたんや』といった内容から、

さまざまなご意見を頂戴しています。

知事の姿勢について『混乱を招いたのだから謝罪すべきだ』とか、

『開き直っているのか』といったものもありました。

何件苦情があったかは集計していませんが、

私が1日で受けたのは7、8件です」


国民に「予防薬」「治療薬」といった誤解を与えたことで

陽性反応が出ないようにするために、、

PCR検査や抗体検査の直前に イソジンでうがいをする感染者

が現れてもおかしくない


それにしても、どうして吉村知事はわざわざ 混乱を招く会見をしたのか。

在阪ジャーナリストの吉富有治氏は

「あの会見を見れば、 誰だって イソジンがコロナに効く

と思いますよ。『誤解を与えた』と言い訳していますが、

誤解を与えるような表現をしたのは 知事本人です。

根底に焦りがある と思います」とこう続ける。

「大阪モデルが評価され、6月ごろには感染者が減った。

吉村人気が爆上げして、それにリンクして

日本維新の会の政党支持率も上がってきた。 

ここまでは絶頂期です。

ところが 第2波が押し寄せてきて、政治家として、

あるいは 大阪モデルの 化けの皮が剥がれてきている。

下手をすると、都構想の賛否を問う住民投票ができなくなる焦りです。

だからこのタイミングで 花火を打ち上げたのだと思います」


知事という影響力と 慎重さが求められる立場 にありながら、

わずか41件のデータに基づき、「重大発表」をすれば

混乱を招くのは当たり前だ。

「政治家は 科学をベースにして対策を立てないといけないのに、

科学を飛び越して 『僕はこう思っている』なんて言っちゃいけない。

知事の間違いはそこです。科学的根拠がまだ中途半端なまま、

タチの悪い政治ショーになっていた。

彼の政治家としての限界だ と思う」(吉富有治氏)

知事の「思い付き」に振り回される国民は、たまったものではない。



下痢壺・別動部隊w

都構想、カジノ特区 など 々 売国一直線の連中 でしか無い。

コメント

猛暑お見舞ひⅡ

2020-08-07 10:33:13 | Weblog
 画は 初代  歌川 豊國 (しょだい  うたがわ  とよくに)

 明和6年〈1769年〉 ~ 文政8年〈1825年〉

 江戸時代の浮世絵師、多くの門弟を育て、幕末に至る歌川派の興隆をもたらした。

 号は一陽齋。              作


  「江戸両國 涼み之圖  五枚つづき」です。


☆曇り、夜半より 明け方まで 風雨 強し。

選挙予想は 概ね 外れるが、

◆http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/730.html
投稿者: 赤かぶ 日時: 2020 年 8 月 06 日  kNSCqYLU
週刊ポスト> 10・25 解散総選挙 「完全当落予測
  51選挙区で 与野党逆転  <自民68減、野党連合73増




http://asyura.x0.to/imgup/d11/584.jpg

http://asyura.x0.to/imgup/d11/586.jpg

http://asyura.x0.to/imgup/d11/588.jpg

☆https://www.news-postseven.com/archives/20200804_1583226.html?DETAIL
週刊ポスト2020年8月14・21日号
10月総選挙に向けて 麻生副総理には 「消費税5%の奥の手も


新型コロナ対策で 支持率が低下する安倍政権が 目論んでいる

と言われる 「10・25総選挙」。 その背景に何があるのか。

政界に「9月解散、10月総選挙」との見方が広がると、

与野党の議員は 一斉に地元に戻って選挙区を回っている。

そこにコロナの “第2波” が襲ってきた。

東海ブロックの自民党中堅議員が悲鳴を上げる。

「どこにいっても 支援者から “どうしてこんな時期に県外から

観光客を呼ぶのか” と Go To キャンペーンへの批判を受ける。

これほどの逆風を感じるのは安倍政権になってから初めてだ」

コロナ自粛で 全国の商店街、旅館やホテル、飲食店、土産物店などの

観光業界は大きな打撃を受けた。

いずれも伝統的に 自民党の支持基盤として知られる


そこで安倍政権は過去例のない 1兆7000億円もの予算を組んで

旅行代金の半額を補助する 観光刺激策 Go To キャンペーン

を前倒しでスタートさせたが、感染拡大で

東京発着が 適用除外に追い込まれたうえ、今後、

除外地域のさらなる拡大も予想される。

「本来であれば Go To キャンペーンは 地方経済にお金を落とす

最大の選挙対策になるはずだったが、タイミングを誤ったために

完全に裏目に出た」(自民党幹部)

安倍晋三・首相周辺では 菅義偉・官房長官が 年内の解散総選挙

について「なかなか難しい」と発言するなど 

総選挙慎重論が強まっているが、首相に解散を強く進言している

とされる麻生太郎・副総理は、逆風をはね返す “奥の手” を準備している。

麻生側近議員の話。

「麻生さんは 解散を躊躇する安倍総理の背中を押すため、

コロナの景気対策として 年内に消費税率を 5%に引き下げる

ことを考えている。 期間は 2年間に限定。

財源は1年分で12兆円必要になるが、2次補正予算で10兆円の予備費を積んで

いるから 今年度分はまかなえる。これは最初から選挙対策を想定していたお金だ。

来年分は 年末の予算編成で措置すればいい」


http://asyura.x0.to/imgup/d11/591.png
予想獲得議席数


この減税案のキモは 減税期間が2年 という点だという。

コロナ対策の消費税5%論は 自民党内からも要求があがったが、

安倍首相は「10%に戻すのが難しい」と難色を示したとされる。

だが、首相の自民党総裁任期は来年9月末まで。

減税期間を2年にすれば、再引き上げで苦労するのは

次の首相ということになる。

“財務省は オレが責任持って まとめる。これなら選挙に勝てる”

麻生氏は安倍首相にそう解散総選挙を打つべしと迫っているのだ

と側近は言う。

政府はコロナ対策で 総事業規模200兆円もの経済対策を打ち出した。

それを考えると、選挙に勝つために あと10兆円や20兆円借金(国債発行)

してバラマキをしても構わないということらしい。

自民党の幹事長経験者はこう口にした。

「来年秋の任期切れから 消去法で逆算すると、

10月25日投開票しか選択肢はない。

コロナの拡大中にやるべきではない とは思うが、走り出したら止まらない

のが解散総選挙というものだ」



接戦の選挙区は 「42」

そこで本誌・週刊ポストは 選挙予測に定評のある

政治ジャーナリスト・野上忠興氏の全面協力で 全国の小選挙区(289議席)

と比例代表(176議席)の全議席をシミュレーションした。

野上氏は「野党側は 選挙準備が 整いつつある」と指摘する。

なお、麻生太郎・副総理は、逆風をはね返す “奥の手”を準備している

ようだ。麻生側近議員の話。

「麻生さんは解散を躊躇する安倍総理の背中を押すため、コロナの景気対策として

年内に消費税率を 5%に引き下げることを考えている」

これに対して野上氏はこう述べる。

「麻生さんの解散論は、野党の選挙準備が整わないうちに解散すべし

という考え方です。これまで安倍政権は その奇襲戦法を成功させた。

解散で不意をつかれた野党が 候補を乱立させて共倒れとなったから、

不戦勝で勝ってきたようなものです。

現在も野党は立憲民主党と国民民主党の合流協議が難航しており、

一見、与党のチャンスに見える。

しかし、立憲、国民の間では合流までいかなくても、

候補者が競合しないように 選挙区調整が進み、ブロックによっては

共産党が候補者を下ろすという水面下の調整も行なわれている。

野党側は準備不足どころか、本当は解散を待ち受けている」


獲得議席はどうなる?

シミュレーションは 立憲と国民の「野党連合」が候補者を一本化し、

共産党が多くの選挙区で候補者擁立を見送るという前提で実施した。

そうなれば、自民は奇襲をかけたつもりでも、野党側の伏兵の中に

飛び込むことになる。

結果からいえば、自民は小選挙区と比例の合計が前回より

「68議席減」の216議席で 過半数(233議席)を大きく割り込む。

公明党の24議席を合わせてようやく240議席となり、

ギリギリで政権を維持できる勢力だ(詳細は表参照)。

しかし、小選挙区のうち 与野党接戦の選挙区が42あり、

安倍政権に対する批判がさらに強まって 接戦区をすべて落とすと

自民党は比例を含めて 193議席の大惨敗。

公明党を合わせても過半数を確保できない可能性がある。

そのケースで自民党が政権を担うためには 日本維新の会を含めた

連立組み替え が必要になり、政界に大激震が走る。



では、選挙の情勢を左右するポイント を具体的に見ていこう。


「無党派層」が動き、投票率アップ


国民にはアベノマスクや持続化給付金に関する 電通の中抜き問題をはじめ、

一連の政府のコロナ対応への不満が非常に強い。

だが、政府に怒りをぶつける機会がなかった。

そこに秋解散で 3年ぶりの総選挙となれば、投票率が高まるのは確実だ。
 
過去2回の総選挙の投票率を見ると、2014年が約53%、2017年が約54%と

自民党はかつてない低投票率の下で 圧勝してきた。

これまで何度も政治を変えるムーブメントを起こしてきた無党派層の多くが、

“自民党は 嫌だが、野党もだらしないから 投票したい候補がいない”

と棄権に回ったことが、固い支持基盤を持つ自民党に有利に働いた。

「その無党派層が 今回は投票に行く。政府の対応に NOを突きつける

ために1票を行使しようと考える人が増えるでしょう。

投票率は60%を超える可能性があります」(野上氏)


http://asyura.x0.to/imgup/d11/594.png


自民党の支持基盤が 稼働せず

自民党の伝統的な支持基盤といえば、ゼネコン、医師会、農協、

そして中小の商工業者だ。 選挙の票田でもある。

ところが、コロナで全国の病院が経営危機に陥り、商工業者も自粛で

深刻な影響を受けている。さらに、農家も外国人研修生が帰国して

人手が足りず、作物も売れずに経営難に直面している。

安倍政権が推進した 種苗法改正(継続審議)への批判も非常に強い。

もはや自民の支持基盤はガタガタで、

選挙でフル稼働できそうな状況ではない。



公明党・創価学会の 集票力衰退

追い打ちをかけるのが、自民党にとって最大の「集票マシン」

といわれる公明党・創価学会の集票力が 衰えていることだ。

公明党は各小選挙区に 1万5000~3万票を持ち、

自民党候補はその票で 接戦選挙区を勝ちあがってきた。

しかし、かつて「800万票」を誇った同党の集票力は、

前回総選挙(2017年)では 約698万票、昨年の参院選は約654万票と

700万票を割り込んでいる。

「公明党・創価学会は この7月から選挙準備を

本格化させる予定だったが、コロナ感染が再び拡大していることで

集会も戸別訪問も 事実上難しい。

コロナ渦中に実施された沖縄県議選では 前回の4議席から

公認候補を半分(2人)に絞るしかなかったが、

このままでは総選挙もそうなりかねない」(公明党OB)


http://asyura.x0.to/imgup/d11/595.png


政治の 「分水嶺」

自民党は 今回は “最大の援軍”をあてにできそうにない。

野上氏が語る。

「立憲と国民が うまく自民党批判票の受け皿をつくることができれば、

前回自民党が勝った選挙区のうち 51選挙区で奪取できる可能性がある

(二重枠で囲っている箇所)。

日本維新の会も、自民党から保守票を食って 

大阪の小選挙区や各ブロックの比例代表で議席を伸ばすでしょう。

次の総選挙は日本政治が変わるかどうかの 分水嶺に立つ選挙といえる」

もう一度、表の各党の獲得予想議席を見ていただきたい。

「中間値」では自公政権はギリギリ過半数(240議席)だが、

「大敗ケース」では過半数割れ(216議席)、

一方、「巻き返しケース」では 自公で264議席と

安定多数を維持する可能性がある。

分水嶺に立って民意がどちらに流れるのか。


http://asyura.x0.to/imgup/d11/596.png


http://asyura.x0.to/imgup/d11/597.png



豊國、二枚目、



「愛宕山 夏の景」です。


肝心の 満員電車対策、ゼロ だわなぁ、

◆http://www.asyura2.com/20/cult27/msg/743.html
投稿者: ポスト米英時代 日時: 2020 年 8 月 05 日 g3yDWINnlcSJcI6ekeM
金玉・コロナ詐欺に気付いた独国民が 大規模デモ、
 熱中症死亡者が コロナの二倍。
 東京五区を分散させて三密を二密一密 零密にしていくのが 根本療法である



日本列島全体である必要も 東京全体である必要もなく、

東京五区改造論 が必要で、歌舞伎町いじめだけでは 不十分なのである。

そんなの無理だーと思われる 満員電車ガラガラ を実現しなければ

いつまで経っても収まらず、満員電車の原因は 東京五区への出勤だから、

大手がテレワークしても 半減すらできないのだから、

東京五区自体の引っ越し というアンビリーバボーな事を

マジでやらねば駄目で、それも百年かけて首都移転論議をしても

間に合わず、即できる事をやらねば意味がないのである。

それが二十三区への分散や 都下への分散や 隣県への分散で、

要は関東平野を一杯に使って 東京五区の三密を薄める必要

があるのである。

同時に、東京五区の経済をぶっ壊す訳にいかないから、

野茂のトルネード投法みたいに とぐろ状に放射状に

五区を分散させていく事が 大事である。



◆http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/732.html
投稿者: 赤かぶ 日時: 2020 年 8 月 06 日 kNSCqYLU
各地で 入院者数急増  重症者は 1カ月遅れで 膨れ上がる恐れ 
 上昌広氏
 「覚悟した方がいい」(日刊ゲンダイ)



http://asyura.x0.to/imgup/d11/612.png

☆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/276911
日刊ゲンダイ  2020/08/05 


新型コロナウイルス感染者の増加ペースは、

4月の拡大期よりもはるかに急激になっている。

安倍政権は 重症者が少ないことを理由に 「4月と状況が異なる」

としているが、ここにきて、重症者が急増し始めている。

厚労省の1週間ごとの集計(別表)によると、

全国の重症者は 7月末の1週間で 54人から92人と

一気に1・7倍に急増している。

しかも、この先、みるみる増える可能性が高い。

医療ガバナンス研究所理事長の上 昌広氏が言う。

「入院者が増えて すぐに重症者が増えるわけではありません。

入院したコロナの患者は、一定の期間を経て、快方に向かい退院したり、

逆に重症化したりするからです。

入院者の増加が 重症者の数に反映されていくのはおよそ

1~2カ月くらいかかります」

http://asyura.x0.to/imgup/d11/611.jpg


上昌広氏も 「覚悟した方がいい」

7月1日まで 500~600人台で推移していた入院者数は、

7月8日に 1000人台に乗せている。

7月1日の週に一気に増えたわけだ。

一方、重症者数は22日までは30~50人台だったが、

29日に92人に跳ね上がっている。

7月1日の週に急増した 入院者数が、

重症者数に反映され始めたように見える。

「今の入院者数の増加ペースからすれば、今後、

重症者数はさらに増えていくと覚悟した方がいいでしょう」(上昌広氏)

1000人台突破後、入院者数は2000人、4000人へ

と倍々に増え、今月3日は 1万1347人。

これが重症者数に反映されるのはこれからだ。

緊急事態宣言が出ていた5月1日に重症者は332人(クルーズ船含む)

を記録しているが、今月中に追い抜く可能性もある。

安倍政権は 何か手を打つべきではないか。


豊國、三枚目、



「八重 澤村田之助 」です。


毛沢東も 晩年 女狂い だった、

◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52055516.html
日本や世界や宇宙の動向  2020年08月06日
メイカさんからの 続報、他


習近平のような残忍な暴君は 猛獣のように

次から次へと女性をあさるものです。

残忍さ=性欲の強さ なのでしょうかね。

本当に習近平は レプティリアンそのものです。



メイカさんによると:

  ・習近平は国家主席になる前に 米国を訪問した。
   そしてシカゴで 美人の米国人女性を愛人にした。
   習近平は米国に訪問した時に シカゴを散策。
   ピザ店に入ったときにピザ店で働いていた女性を
   愛人にした。8年間で7回も極秘で米国を訪問し
   この女性と密会していた。
   この女性は習近平からお金をもらいながら
   悠々自適生活を送る。
   しかし8年後に習近平はこの女性に飽きて捨て
   アフリカ人女性を愛人にした。
   習近平は中学生の時から愛人ばかり作っている。
   習近平は、数えきれないほど多くの愛人を作ってきた。

  ・習近平の故郷、山西省の元第一書記は
   国のお金8億元を横領した。
   天津市の裁判所が彼に死刑を言い渡した。
   元第一書記は法輪功の人々を殺害したり
   刑務所に投獄してきた。江沢民派。
   政府のお金1億元以上を横領した共産党幹部は
   この男で 74人目。
   彼は江沢民派なので習近平を応援しない。
   この男は盗んだ国のお金で郊外に
   1300件以上の豪華な別荘を建設した。
   習近平は別荘を 全て破壊した。
   習近平と江沢民派との内紛が進行中。
   習近平は江沢民派を一掃する。

  ・米国にいる中国共産党の新聞記者
   (共産党幹部の子供たち)40人は、
   2~3日後にビザが切れる。
   米国側は彼らのビザの延長をしない。
   そのため彼らは中国に帰ることになる。
   彼らの殆どがスパイ。
   彼らの子供は米国で生まれたため
   米国籍を持っている。
   米国は北京の米国大使館を閉める。
   中国側も 在米中国大使館を閉める。

  ・米国厚生長官が台湾を訪問し
   台湾の衛生部長と会う。1979年以来の出来事。
   中国はこれを猛反発するだろう。


https://www.youtube.com/watch?v=6r0mURsK-aY

習近平に アメリカ白人の愛人! 捨てられ暴露本出版  /

法輪功弾圧の幹部 不正蓄財で死刑  /

中国の米駐在記者40人追放へ 米国家衛生部長が台湾訪問

      ↓

こちらもどうぞ:

https://www.youtube.com/watch?v=fQL8sgA6m70

【河野防衛相がついに!】 尖閣周辺 「自衛隊も行動」と明言!

アメリカの意思! 海上保安庁の努力に応える!

そして中国は 尖閣から姿を消す!

やっと防衛省も 中国の侵略から尖閣を守るために

自衛隊を派遣することにしましたね。

日本以外の国では ごく当たり前の防衛行動ですが。

ハリボテ人民解放軍は 自衛隊が出てくるのを恐れている

のかもしれません。現在、台風で中国船が尖閣から離れていますが、

その間に 日本は十分な準備ができるはずです。



どちらが 先に 手をだすか?

ユダ米は 当てにしない こと。 信用できません、ヤルヤル詐欺 濃厚。

毅然と対処すれば良い、 日本は 支那などに 負けませんよ。

歴史上 負けたことは 無いハズ。
コメント

猛暑お見舞ひ

2020-08-06 10:21:41 | Weblog
 画は 歌川  豊春 (うたがわ  とよはる)

 享保20年〈1735年〉 ~  文化11年〈1814年〉

 江戸時代中期の浮世絵師。 歌川派 の祖。     作


  「花火 両國」 です。


☆雨模様、湿気多し。

本日は 「広島 原爆忌」、          合掌

「鬼畜 ユダ米」 許すまじ。


下痢壺の 吐血は 補佐官の Fake フェイク らしい、舐めきっておるわな、

◆http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/722.html
投稿者: 赤かぶ 日時: 2020 年 8 月 05 日  kNSCqYLU
沖縄の地獄 次は 確実に東京
 この政権は自壊必至だが それまで持つのか(日刊ゲンダイ)


http://asyura.x0.to/imgup/d11/532.jpg

http://asyura.x0.to/imgup/d11/533.jpg

☆ ※文字起こし

新型コロナウイルスの 国内累計感染者が3日、4万人を突破した。

新規感染者数は960人で、5人が死亡。

累計1万人に達したのは、第1波の渦中にあった4月16日だった。

2万人が先月4日、3万人が先月25日。 加速度的に感染が拡大している。

厚労省によると、全国の重症者は 先月29日までの1週間で

54人から92人に 約1・7倍増。 事態は深刻さを増している。

にもかかわらず、安倍首相は相変わらず優雅な毎日だ。

3日は午前10時前に官邸入りし、午後6時半すぎには私邸に帰宅。

その間、20分ほど出席した政府与党連絡会議では、

重症者数について「一進一退の状況だ。 都道府県と連携して検査態勢を強化し、

陽性者の早期発見、早期治療を進める」と緊迫感ゼロ。

一体どこが「一進一退」なのか。 感染拡大の引き金となった観光促進策

「Go To トラベル」を見直す 様子もない。


国内で1例目の感染者が判明してから 7カ月。

繰り返される後手後手、場当たり、デタラメ対応に

世論の不信は高まる一方だ。


コロナ対応「評価」26%に 半減

JNNの世論調査(1~2日実施)によると、安倍政権のコロナ対応を

「評価する」は前月比20ポイント減の26%に急落。

2月以降 最低の数字を叩き出した。

約1兆3500億円の巨額予算を組んで前倒し実施した

「Go To トラベル」への反発も強く、

「評価する」が25%に対し、「評価しない」は66%。

「使いたいと思う」は19%しかおらず、

「使いたいと思わない」が77%に達した。

こうした怒りが直撃した内閣支持率は 前月比2・8ポイント減の35・4%。

第2次政権発足以来、最低記録を塗り替えた。

不支持率は2・4ポイント増の62・2%で、こちらも最高記録を更新。

野党4党が憲法53条に基づいて召集を求める臨時国会について

「早期に開くべき」が80%に上った。

安倍政権への逆風は日増しに強まっている。


「月刊日本」(7月号)のコラムで、経済学者の植草一秀氏が

目を引く指摘をしていた。

〈安倍内閣の傍若無人の暴走を背景に、朝日、毎日世論調査で

内閣支持率が3割を切った。 歴史を紐解くと、内閣支持率が3割を切った

内閣が 10ヵ月以内に崩壊している。

安倍内閣に対して 遂に余命10ヵ月の宣告がなされたことになる〉



「非難の質が違う」ガチガチ自民支持者ほど激怒

朝日新聞と毎日新聞の世論調査で内閣支持率が3割を切ったのは、

5月のこと。定期的に実施されているNHKの政治意識月例調査をさかのぼると、

安倍が13年前にブン投げた第1次政権以降、支持率がいったん3割を切った

内閣は確かに10カ月以内にコト切れている。

第1次安倍政権は2007年8月に29%に下げ、1カ月後にジ・エンド。

続く福田政権は08年5月に21%に落ち込むと、4カ月後に総辞職。

08年12月に25%となった麻生政権は9カ月後に下野して強制終了。

民主党政権時代の鳩山元首相は10年5月に21%に低迷し、翌月辞任。

菅元首相は10年12月に25%に下げて以降、3割に浮上することなく

8カ月後に辞めた。12年5月に29%に下落した野田元首相は、

7カ月後に安倍に政権を奪われた。

その後、8年近くに及ぶ安倍政権の余命は 長くとも半年ということになる。

強引な国会運営や不祥事発覚で 支持率が下がると、国会を開かずに

野党の追及には頬かむり。そのくせ外遊には頻繁に出かけてカネをばらまき、

世界のリーダーのごとく振る舞う。

そうして支持率を回復させるのが安倍の勝ちパターンだ。

世論の猛反発を無視して強行した安保法や、疑惑のド真ん中にいるモリカケ問題

もそうだった。 しかし、コロナ禍ではその手は通用しない。

「地元の怒りが凄まじく、ガチガチの支持者ほど カンカン。

PCR検査をなぜ徹底しないんだ、安倍首相はなぜ国会に出てこないんだ、

いつになったら説明責任を果たすんだ、

『Go To トラベル』をなぜ前倒しするんだ、と取り付く島もない。

モリカケ 桜問題や 公文書改ざんなど、一連の不祥事でも

厳しい言葉を浴びせられましたが、その比じゃありません。

非難の レベルも質も全く違う」(自民党ベテラン議員)

国会を閉じても下げ止まらない支持率は、政権の終焉を意味しているのだ。

政治評論家の野上忠興氏は言う。

「足元の内閣支持率にしたって、まだ高いくらいですよ。

安倍首相は 〈自分が コロナ対策の 先頭に立つ〉と言っていた。

ところが、国難とも呼べるコロナ禍の中、6月17日に国会を閉じて以来

引きこもり。 閉会中審査にも出席しなければ、記者会見も開かない。

コロナ禍は一人一人の健康や生命、生活を大きく左右します。

最高責任者であるはずの安倍首相の姿が見えなければ見えないほど、

無理を強いられている国民の不満はたまり、世論に追い込まれる

ことになるのではないか」

この政権は自壊必至だが、それまで待つのか。

無策と愚策が招いた 沖縄県の地獄絵図を見れば、

次は 人の出入りが激しい東京都が 確実に危うくなるだろう。



沖縄の医療逼迫は 県政のせい

3日の新規感染者数は 多い順から東京258人、愛知県125人、

大阪府81人、福岡県77人。 大都市圏の感染拡大に歯止めが掛からない一方、

先月31日に 県独自の「緊急事態宣言」を出した沖縄も 危機的状況だ。

NHKによると、直近1週間の人口10万人あたりの感染者数(2日まで)は

全国最多の22・37人。

東京16・10人、福岡14・91人、大阪14・28人、愛知13・86人

をはるかにしのぐ。

沖縄では4月30日に新規感染者1人を確認して以降、感染ゼロが2カ月以上

続いていた。 様相が一変したのが先月だ。

8日に2人の陽性が判明し、2ケタに乗せたのが24日。

移動を奨励する「Go To トラベル」が始まり、

4連休の真っただ中だった。

31日には過去最多の71人を記録。

3日は37人だったが、感染者の急増で 新型コロナ用の病床利用率は

120%に達し、約140人が入院待ちを強いられているという。

玉城知事は 無症状者や軽症者を対象に 自宅療養を求めるほか、

看護師や保健師のOBに 現場復帰を要請している。

菅官房長官は3日の会見で「沖縄県は宿泊施設の確保が十分でない」

「沖縄県には何回となく確保すべきだと促している。

ホテル確保に必要な資金は政府から提供させていただくわけで、

それ以上のことは地元の判断でされるべきことだろう」

と上から目線だったが、「Go To トラベル」が

人とウイルスを運び込み、沖縄の惨状を招いたのではないのか。

森友疑惑は 財務省のせい、 加計疑惑は 岩盤規制のせい、

桜を見る会疑惑は ホテルのせい。 デタラメの尻ぬぐいを

周囲に押し付けるのは安倍政権の常套手段だが、

国民の健康と生命がかかっていてもこのありさまだ。

西武学園医学技術専門学校東京校校長の 中原英臣氏(感染症学)はこう言う。

「人が移動すれば、ウイルスも移動する。

分かり切った特性を無視した政府が『Go To トラベル』を強行したことで、

ウイルスが全国に拡散してしまった。

揚げ句、ここまで状況が悪化しても 何も手を打たない。

理解不能です。 日本中にウイルスが蔓延してもいいと考えていなければ、

こんなやり方はしないでしょう。 各地でクラスターが多発している状態で、

もはや止められるレベルではありません。

東大先端科学技術研究センター名誉教授の児玉龍彦さんが

先月中旬の閉会中審査(参院予算委員会)で、

〈トップダウンで 前向きの対策を直ちに始めなければ、

来月は目を覆うようなことになる〉 と警鐘を鳴らしていた通り

になってしまっている」

ここまでズレている無為無策政権を放置すれば、

瞬く間に 全国がコロナの地獄絵になる懸念はぬぐえない。

岐阜県は先月31日に「第2波 非常事態」を宣言。

三重県も3日、独自の「緊急警戒宣言」を出した。

各地で飲食店の時短営業や、不要不急の県外移動自粛の要請が

相次いでいるが、手遅れかもしれない。


豊春、二枚目、



「イツクシマ辨天之圖」です。


偽ユダ=イスラエル の工作か? 

◆https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202008050000/
櫻井ジャーナル  2020.08.05
ベイルートの武器庫で 核爆発を連想させる 大規模な爆発


レバノンの首都ベイルートで 8月4日午後6時過ぎ(現地時間)に

大きな爆発があり、数分後には さらに大きな爆発があった。

爆発があったのは港の倉庫街で、ヒズボラの武器庫が破壊された

とする情報もある。

少なからぬ映像がインターネット上に流れているが、そこには

核爆発を思わせる キノコ雲や衝撃波が 映っている

被害の規模は不明だが、数百名が負傷したともいう。

(その後、死者は70名以上、数千人が負傷とする報道があったが、

さらに増える可能性もある。)


爆発の原因も明らかになっていないが、核爆発の可能性も否定はできない。

核兵器が実戦で使用されたのは 第2次世界大戦終盤の 広島と長崎だけだ

とされているが、中東で核兵器が使用されたとする説も存在するのだ。

そう思わせるような大きな爆発が 過去に何度かあったことは事実である。

このところ イスラエルは レバノンへ軍事侵攻していないが、

その理由は 同国の陸軍が 地上戦でヒズボラに勝てなくなったからだ


と言われている。 2006年7月から9月にかけてのレバノン侵攻で

イスラエル軍はヒズボラに敗北、その際にイスラエルが誇る

メルカバ4戦車も破壊された。

かつて、中東では圧倒的な軍事力を誇っていたイスラエルだが、

状況は変化した。 ミサイルを撃ち込むか 航空機で攻撃、

あるいは工作員を潜入させて 何らかの軍事作戦を実行するしかない

のが実態だ。

ヒズボラが健在な限り、イスラエルは レバノンを制圧できない

その侵攻作戦の直後に ウルスター大学の クリストファー・バスビー教授は

レバノンへ入り、残されたクレーターを調査したところ、

濃縮ウラン が見つかったという。

レバノンやガザを走っていた自動車のフィルターからも

そうした物質が発見されたという。

​バスビー教授はイラクの2011年10月に イラクのファルージャでも調査​、

そこで濃縮ウランが 人の髪の毛や土の中から 検出されたと語っている。
https://www.rt.com/news/uranium-birth-defects-fallujah-729/

ファルージャやバスラでは 新生児に 奇形や脳の障害などが多発している

という報告があり、環境汚染毒物学紀要 という専門誌に掲載された論文

によると、ファルージャで2007年から10年にかけて生まれた新生児の場合、

半数以上に先天性欠損があった という。

1990年代以前には2%以下、2004年に占領軍から攻撃される前は約10%だ

とされている。

バスラの産院における​先天性欠損​の割合は、 
https://link.springer.com/article/10.1007/s00128-012-0817-2

1994年から95年にかけてに時期は 1000人のうち1.37人だったが、

2003年には23人、そして2009年には48人に増えている。

また、ファルージャやバスラの子どもたちの頭髪から

鉛が通常の5倍、水銀が通常の6倍と異常に高いともいう。

先天性欠損などの原因は 劣化ウラン弾 だと一般的には言われている

のだが、劣化ウラン弾ではない 何らかの核兵器が使われた可能性 がある

ことをバスビー教授の調査結果は示している。

その事実を隠すために 劣化ウラン弾が利用されたと考えることもできる。


シリアで小型の中性子爆弾が使われた可能性が高い

と主張する核兵器の専門家もいる。

2013年5月や14年12月にあった爆発は 地震のような揺れがあり、

「巨大な金色のキノコに見える炎」が目撃されるほど大きなものだった。

爆発の様子を撮影した CCDカメラに画素が 輝く現象(シンチレーション)

もあり、そうした推測に たどり着いたようだ。


レバノンへ軍事侵攻したイスラエルは 世界有数の核兵器保有国

イスラエルが核兵器を開発していることは 1960年代から知られていて、

ジョン・F・ケネディ大統領は開発を止めさせようとしていたが、

支配者の中には開発を後押しする人もいた。

特にエドモンド・アドルフ・ド・ロスチャイルドや

アブラハム・フェインバーグといった富豪が有名だ。

フェインバーグは ハリー・トルーマンや リンドン・ジョンソンの

スポンサーとしても知られている。

1986年10月にサンデー・タイムズ紙が掲載した

モルデカイ・バヌヌの内部告発によると、

その当時にイスラエルが保有している核弾頭の数は150から200発。

水素爆弾をすでに保有、 中性子爆弾の製造も始めていたという。

中性子爆弾は実戦で使う準備ができていた としている。

また、イスラエルのイツァク・シャミール首相の特別情報顧問を務めた

経歴を持つアリ・ベンメナシェによると、

1981年の時点でイスラエルがサイロの中に保有していた原爆の数は

300発以上で、水爆の実験にも成功していたという。

(Seymour M. Hersh, "The Samson Option", Faber and Faber, 1991)

ジミー・カーター元米大統領によると、イスラエルが保有する核兵器の数を150発だ。

(BBC, May 26, 2008)


追:11:55 AM

◆https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202008060000/
櫻井ジャーナル 2020.08.06
イランに対する爆破攻撃 を仕掛けているイスラエルが
 ベイルートでも 倉庫を爆破か



8月4日にレバノンのベイルートにある港の倉庫の付近で

2度の大きな爆発があり、2番目は核爆発を連想させるものだった。

少なからぬ映像がインターネット上に流れているが、

そこには核爆発を思わせるキノコ雲や衝撃波が映っている。

100名以上が死亡、4000名以上が負傷したと伝えられているが、

行方不明者が相当数いるとも言われ、実際の被害状況はまだ明確でない。

大量の花火に引火したとされているが、

信用している人は少ないのではないだろうか。


最初の爆発は イスラエルが発射した対艦ミサイルガブリエル、

2度目の爆発は F16が発射した核弾頭を搭載したデリラだ

とする話もあるが、イスラエルからの情報として、

爆発は​ヒズボラの武器庫を破壊するために

イスラエルが仕掛けた爆発物​によるものだとする話が流れている。
https://www.richardsilverstein.com/2020/08/04/breaking-israel-bombed-beirut/

近くに大量の 硝酸アンモニウムが存在することをつかんでいなかった

ことから想定を上回る爆発になり、多くに死傷者が出たのだという。


ヒズボラはイランと関係が深い武装組織だが、

イスラエルはイランに対する爆破攻撃も続けている。

本ブログでも伝えたが、最初は​6月25日にテヘランの東であった爆発​で、​

その後 十数カ所が破壊された​と見られている。
https://www.aa.com.tr/en/middle-east/
massive-explosion-reported-east-of-irans-capital/1890356

https://twitter.com/sfrantzman/status/1284798328945938434

そのひとつが7月2日に ナタンズのウラン濃縮施設であったもの。

この時は遠心分離機がダメージを受けたと伝えられている。

ウラン濃縮施設での爆破について、クウェートの新聞は

イスラエルによるサイバー攻撃だとしているが、

​ニューヨーク・タイムズ紙​は 中東の情報機関幹部の話として、

イスラエルが 強力な爆弾を使って破壊した と伝えている。
https://www.nytimes.com/2020/07/05/world/middleeast/
iran-Natanz-nuclear-damage.html

その報道に関し、狂信的なユダヤ至上主義者と言われている​

アビグドル・リーバーマン​は、その情報源として

イスラエルの情報機関モサドのヨシ・コーエン長官だ

とほのめかす発言をしている。

こうした爆破や情報のリークは

イスラエル国内の権力抗争によるものだ と見る人もいる。



豊春、三枚目、



「江戸名所 八ケ跡 金龍山 之圖」です。


ぱくり、盗み、手抜き、

◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52055491.html
日本や世界や宇宙の動向  20年08月05日
メイカさんからの 続報


いよいよ南シナ海で 有事となるようです。

北京の米大使館が 閉鎖の準備をしています。

ただ、米国が南シナ海の軍事基地を破壊している間に、

中国側は尖閣諸島を乗っ取るかもしれませんねえ。


メイカさんによると:

  ・人民解放軍とインド軍がインド国境線で再び衝突。
   インド軍は人民解放軍の兵士らを 石と棒で殴打。
   人民解放軍の兵士らは怖くて 防弾戦車の中に逃げた。
   インド軍は中国の防弾戦車も石、棒で殴打。
   すると防弾戦車がぼこぼこになり屋根も破損した。
   戦車の中にいた兵士が数人死亡。
   防弾戦車は 手抜き戦車だった。
   鋼板は基準を満たさずに非常に薄い。
   武漢市の戦車製造メーカーがこの戦車を造ったが、
   社長と社員ら二十数人が政府から支払われたお金の
   半分を横領。そのため鋼板を買うお金がなくなり
   薄い鋼板しか買えなかった。
   激怒した習近平は 戦車の検査と軍隊の幹部、
   製造メーカーの幹部を 全員調査することを命令した。
   退職した元社員も全員調査することに。
   軍隊の幹部は 財産没収。
   5000両の戦車を全て検査したところ、全て手抜きだった
   ことがわかった。国境での衝突がなければ
   このことが明らかにならなかった。
   これは防弾ではない。石にも耐えられない。
   中国は 何でも手抜き
   戦闘機の部品も 金属に似せたプラスチックの部品
   を使っている。
   以前、米国の無人機か戦闘機のメーカーが
   中国からネジなどの部品を注文したが
   1000機以上の戦闘機用の部品が偽物だった。
   それ以来、米国メーカーは 中国人を信用しない。
   中国人は 潜水艦、戦闘機、電化製品の製造は 全て手抜き。
   だから中国人は 歴史的に戦争で勝利したことがない

   例えば、中国人は010という育毛剤を製造したが、
   最初はちゃんとしたモノを作るが、2~3年後には
   いい加減なモノを作るようになる。
   民間用の製品から 戦闘機、ミサイルまで
   偽物を作るのが中国人。
   2010年ころに行われた軍事演習でも
   ミサイルが発射と同時に爆発した。
   これが中国人の性格。 いい加減。

  ・北京の米大使館が4日から19日の間、
   大使館で使っていた電気製品、家具、コンピュータ、
   生活用品、備品を売り出すことにした。
   米ドルで計算する。4日の10時から多くの人が並んでいた。
   北京の米大使館は閉鎖準備をしている。
   米国人は北京から全員帰国する。
   立秋後(8月22日以降)に 
   南シナ海で 有事があるかもしれない

  ・南シナ海の台湾領、太平島に
   台湾の軍隊が駐留しているが
   最近500人以上増員した。
   3,4種類のミサイルも配備した。
   台湾の海軍、上陸特殊部隊も配備した。
   8月下旬に有事があるかも。

  ・スイスは中国共産党と非常に仲が良かったが、
   スイス外相は 中共の人権問題(香港問題)を
   憂慮しており、これ以上悪化したなら、
   スイス銀行の口座に預金してある中共幹部の預金を
   凍結すると言った。
   イギリスは中共の人権問題を非難。
   ドイツは中国との犯人引き渡し条例を破棄した。
   中共はスイスからの警告に最も恐怖を感じる。
   米国でも 中共幹部の預金が凍結され、
   スイスでも凍結され、次はオーストラリアでも凍結
   されるかも。

  ・中国8月3日、湖北省の工業団地近くの化学工場の
   ボイラーが大爆発。黒雲が立ち上った。
   周囲2kmの範囲が全て破壊された。

  ・浙江省を 巨大台風が直撃。 38万人以上の住民が避難。


https://www.youtube.com/watch?v=7fR74wUujBk

人民解放軍の ‘’ハリボテ戦車‘’、インド軍が石で破壊  /

米の北京大使館閉鎖か? 備品を販売  /

南沙諸島太平島・台湾が防備増強  /

スイスが 中国の人権侵害に憂慮



油断禁物だが、「過大評価」は 支那を利する ことになる。

尖閣 占領したって 守れないだろうw 兵站が遠すぎるし。

自衛隊の艦砲射撃で 即 全滅ですよ。

支那畜は 弱兵、とにかく死にたくない、自分だけでも生きたい。

上官が 部下の親から 賄賂を取る ようでは しれておるわなぁw



コメント

酷暑の葉月かⅤ

2020-08-05 09:45:05 | Weblog
 画は 再掲ですが、拙作にて

  「中空土偶 と 薔薇 Ⅱ」です。

 油彩F10号


☆曇り、蒸し暑い。

下痢壺、7月6日に吐血 したらしいな、往生際の悪い 奴だ、

死相が 出ておるよ、田布施システム の ゾンビ野郎に、

◆http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2020/08/post-f616ed.html
植草一秀の『知られざる真実』
2020年8月 4日 (火)
いまだに PCR検査拡充できない 安倍内閣


迷走 に次ぐ 迷走。

貴重な税財源が ドブに捨てられるような使い方 をされている。

未来に対する 明確なビジョンも 描けない。

安倍内閣の賞味期限は完全に切れて、

単なる有害物質 に変わりつつある。

政権の刷新 を国策として推進する 必要がある。

コロナ問題が顕在化したのは 本年の1月。

1月23日に 中国政府は武漢市を封鎖した。

台湾政府は 昨年12月31日に武漢市での異変を察知して

WHOにも警告メッセージを送っている。

台湾政府は 年初からコロナ対応を進捗させ、1月23日には

武漢市からの 入境禁止措置 を取った。

これに対して安倍首相は 武漢市が封鎖された翌日の1月24日に、

在中国日本大使館 のHPを通じて、中国国民に春節の休み

を利用しての訪日を呼びかけた。

私は本ブログ1月25日付記事

「常に後手に回る 政策対応が 日本崩壊の主因」

https://bit.ly/3adaWlX   に        

「安倍内閣は 利権まみれの東京汚リンピックを推進しているが、

新型肺炎の感染拡大によって 東京汚リンピックが開催中止

に追い込まれる可能性も否定し切れない。

危機意識の乏しいトップの対応が、多くの問題を引き起こす。

日本国内で感染が拡大するリスク を否定できない。

内外の経済活動にも 重大な影響が広がるだろう。」

と記述した。


安倍首相は 2月29日の記者会見で、

「かかりつけ医など、身近にいるお医者さんが必要と考える場合には、

すべての患者の皆さんが PCR検査を受けることができる

十分な検査能力を確保いたします」

と述べたが、半年近くたっても、いまなお、

検査の拡充は実現していない。

4月上旬に 1日の新型コロナウイルスによる死者数が

500人を数えた ニューヨーク州では、州内750ヵ所に

24時間体制の 無料PCR検査施設 を整備した。

その結果、7月22日には 死者ゼロになった。

ドイツでも 1日18万件のPCR検査 が行われている。

ところが、日本ではいまなお、1日当たり検査能力は

3万件強 しか確保されていない


しかも、PCR検査には 保健所の承認が必要で、

十分な症状があるか 濃厚接触者でなければ

検査を受けさせてもらえない


この要件を満たさずに検査を受けるには

1回あたり 3万円程度の費用を 自費負担しなければならない。

役に立たない 利権マスクに 巨額の税金を投入するなら

PCR検査拡充に 国費を投入するべきだ


安倍首相は 5月25日に

「わずか1ヵ月半で 感染をほぼ収束させた。日本モデルの成功」

と述べたが、完全なお笑いネタ になった。

7月22日には、感染が急拡大するなかで 巨額の税金を投入して

旅行を推進する GoToトラブル キャンペーン を始動させた。
 
その一方で 8月のお盆休みの 帰省自粛要請 を検討しているという。

支離滅裂 の極み

安倍内閣の除去が 最優先されるべきコロナ対策 である。


再掲ですが、拙作二枚目、



「幻光Ⅱ (杉山寧 風)」です。 水彩 32cm x 40cm  紙 


胡乱な Paper Doctor ども  の 跳梁跋扈、

◆https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202008040000/
櫻井ジャーナル  2020.08.04
有効性が疑問の ロックダウン を推奨する人びと


アメリカの有力メディアは SARS-CoV-2

(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)を悪霊化するための宣伝

を続けているが、その宣伝に異を唱える医師のグループが活動している。

その人びとの主張を紹介する映像も存在するのだが、

ユーチューブもツイッターもフェイスブックも

そうした映像を削除してしまった。

人びとを脅そうとしている支配者は 追い詰められているとも言える。

本ブログでも何度か紹介したが、ロックフェラー財団と

GBN(グローバル・ビジネス・ネットワーク)は 2010年5月に

「​技術の未来と 国際的発展 のためのシナリオ​」

と題された報告書を発表している。

https://archive.org/details/pdfy-tNG7MjZUicS-wiJb


そのシナリオによると、2012年に新型インフルエンザの パンデミック

が起こり、全人口の20%近くが感染、7カ月で800万人が死亡、

その多くは健康な若者になる とされている。

経済活動へのダメージも想定され、人や物資の国際的な移動が止まる

ことから 旅行業のような産業や 販売網は特に大きなダメージを受ける

と見通されていた。

また、社会的にはマスクの着用、公共施設やマーケットの入り口における

体温の測定が強制され、そうした管理、監視体制は パンデミックが去った後も

続くと想定。 市民は安全と安定を求めて 自らの主権やプライバシーを放棄、

電子技術の基盤が整備されている先進国では

全ての市民に 生体認証が義務づけられるとされている。


この報告書では感染の拡大を抑制することに成功する国も存在するとしている。

その例として示されているのが 中国。

「強制的な 隔離」、つまりロックダウンが機能する という想定だ。

つまり、パンデミックが発生したなら ロックダウンしろ

というメッセージだろう。

今回、ヨーロッパ諸国の多くはロックダウンしたが、

スウェーデンはそうした政策を取らなかった。

経済のダメージが大きく、フラストレーションから

飲酒や喫煙へ逃げ込む人が増える だけでなく、

失業、ホームレス、そして自殺の増加 といった深刻な社会問題

を引き起こすことが懸念されたことも、そうした政策を取った理由だろう。

その​スウェーデン​における死亡者数は ヨーロッパの中で高いとは言えず、

4月中旬から大きく減少している。

ロックダウンは 有効と言えないのだ


また治療薬の存在も指摘されている。

ヒドロキシクロロキンを 抗生物質のアジスロマイシンと一緒に処方する

方法の有効性は フランスの著名な微生物学者、​ディジェ・ラウルを含む

グループが 3月の段階で報告​していた。

このコンビネーションが有効だ とアメリカ人医師のグループも指摘している。

https://www.mediterranee-infection.com/wp-content/uploads/2020/03/
Hydroxychloroquine_final_DOI_IJAA.pdf


ヒドロキシクロロキンからヒドロキシル基を取り去った構造

をしている クロロキンが コロナウイルスに対して有効だ

とする論文も存在する。 2005年8月22日、​ウイルス・ジャーナルという

NIH(国立衛生研究所)の公式刊行物に掲載された​。

キューバで研究が進んでいるインターフェロン・アルファ2b

の有効性も 中国で確認されたと言われている。
https://virologyj.biomedcentral.com/articles/10.1186/1743-422X-2-69


勿論、感染を拡大させる要因が存在している ことも間違いない。

日本では女性や男性が客に酒の接待をする店、あるいは風俗店などが

感染を広める原因になると言われている。早い段階から指摘されていたが、

何か方策が講じられたようには思えない。

後にそうした店は危機感を煽るために使われていた。

しかし、それ以上に警戒すべきなのは アメリカ軍 だろう。

アメリカ兵の出国や入国は チェックできない。

SARS-CoV-2の感染者が 最初に見つかったのは中国の武漢。

昨年12月31日にそこで原因不明の肺炎患者が見つかったと

WHOへ報告があったのだが、その後、武漢がある湖北省で

11月17日に患者が出ていると確認されている。

その前月、10月18日から27日にかけて武漢では各国の軍人が集まって

競技会が開かれた。アメリカ軍からは172名が競技者として参加、

代表団の総勢は369名だったという。

アメリカでは昨年夏、陸軍感染症医学研究所があるフォート・デトリックの

施設が数カ月にわたって閉鎖されている。

その際、何らかの病原体が 環境中に漏れ出た可能性は否定できない。

パンデミックとして有名なスペイン風邪は

1918年2月から流行しているが、最初の患者はアメリカのカンザス州

にあるフォート・ライリーにいたアメリカ兵だと言われている。

前年の夏、ここには新兵を訓練するためにキャンプ・ファンストン

が建設され、そこで新兵は訓練を受けていたのだ。

そして訓練中に多くの兵士が感染、

フランスへ向かう船の中で少なからぬ死者が出たという。

さらにアメリカ兵はヨーロッパでインフルエンザを広げることになった。

アメリカの一部支配者は、SARS-CoV-2を悪霊化して見せることで

人びとを恐怖させ、社会を収容所化して

人びとに主権とプライバシーを放棄させようとしている。

そうした「テロ政策」を広める役割を果たしている学者は

日本にもいて、その学者を崇めている人もいるようだ。


再掲ですが、拙作三枚目、 



「幻想 ひまわり」です。 水彩 32cm x 40cm  紙 


閻魔大王の娘? 亡命 閻麗夢 博士、

◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52055458.html
日本や世界や宇宙の動向  2020年08月04日
メイカさんからの 続報



トランプがコロナの予防に服用していると言っていた

ヒドロキシクロロキンは やはりよく効くようです。

しかし米メディアと米食品医薬品局が トランプが服用している

ヒドロキシクロロキンはコロナには効かない、副作用がある、

とトランプが飲んでいることをバカにしていました。

米メディアも米当局も 利権でヒドロキシクロロキンが

コロナを予防し治すこともできるということを

隠したかったのでしょうか。

中国政府は人民には与えず 自分たちだけが飲んで助かっている

のですから本当にひどい連中です。

日本でもこの薬に関する効果を 検証すべきですね。


メイカさんによると:

   ・オーストラリア政府の外相と国防相が
   7月27日にワシントンを訪問。
   ポンぺオ国務長官と会談し次の情報を伝えた。
   今年4月に中国国家公安副部長、孫 立群が
   逮捕された。孫は、中国共産党が
   武漢肺炎ウイルスを作ったことを示す証拠資料を
   オーストラリアに住む妻に送っていたが、
   オーストラリア政府がそれを抑えた。
   その結果、オーストラリア政府は世界で最初に
   武漢の P4生物兵器研究所 を調査すると言った。
   このことを知った習近平が激怒し
   すぐに孫を逮捕した。
   米国とオーストラリア政府は中国政府に対して
   裁判をする。孫もオーストラリアに留学していた。

  ・共産党習政府の内部闘争が激化。
   習近平は、曽慶紅派がクーデターを企てたとして
   60人以上を逮捕した。20年間、国のお金を好きなだけ
   使ってきたアリババの元CEO 馬雲と
   テンセントのCEO 馬化騰も
   そのうち習近平側に逮捕されるだろう。
   習近平は江沢民派を一掃している。

  ・米国に亡命した 閻麗夢女医が
   バノン氏のテレビ番組で 次の情報を暴露した。
   習近平、共産党幹部、各省、各市のトップは
   誰も武漢肺炎に感染していないが
   その理由は 抗マラリア菌のヒドロキシクロロキン
   を飲んでいるため。この薬は武漢肺炎を予防する
   と同時に 感染後もよく効く

   日本人もこの薬を買い置き しておくべき。
   中国政府は人民にはこの薬を与えていない。
   人民がどうなっても構わないと考えている。
   人民にはこの薬は効かないとか 副作用が強いと
   嘘を言っている。
   今年2月に武漢が閉鎖されたと同時に
   人民解放軍の生物兵器専門家チームが
   武漢P4研究所に入り、武漢肺炎ウイルス研究の
   証拠品を全て消した。
   しかし証拠がなくなったため中国は
   ワクチンを開発できなくなった。
   中国はワクチン開発の能力がない。
   武漢肺炎の感染者の殆どが一般庶民。
   しかし一般庶民にはヒドロキシクロロキンは与えない。
   中国政府の流す情報を 鵜呑みにすると
   みんな死んでしまう。
   感染者が多い欧米でもこの薬を使うべき。
   予防にも良い。

  ・中国の大洪水で27省が被害を被っている。
   5000万人が被災。
   長江では三峡ダムだけ 放流しているのではない。
   長江から大量の淡水が東シナ海に流れ込み、
   韓国の沿岸に到達。韓国の養殖場の海水に
   淡水が混ざり養殖の昆布が大被害。
   養殖魚も死んでしまった。
   韓国史上最大の災難である。
   1秒間で7万トンの淡水が韓国の海まで流れ込んだ。
   九州の漁業にも影響があるかもしれない。
   日本のマスコミは一切報道しない。


https://www.youtube.com/watch?v=nt6KHeKvJLY

ヒドロキシクロロキン、新型肺炎に効果あり。

閻麗夢 女医が米で証言  /

豪・新型肺炎の 中国製造証拠を掌握  /

長江大洪水で 韓国養殖業 甚大被害  /


      
       ↓

ヒドロキシクロロキンに関するニュースです。
       ↓

こちらもどうぞ:

https://www.youtube.com/watch?v=q-CYo74xB48 
 
8月4日 大紀元ニュース 中国高官、中共ウイルスを予防?

       ↓

https://www.youtube.com/watch?v=4njsNHgb4xw

『アメリカ大統領選の潮目は 閻麗夢 博士の 暴露証言で激変した:

中国の 第2次バイオテロ に備えよ』 


第198回【水間条項TV】フリー動画



様々な要因 が絡み なにが起きても 可怪しくない 様相です。

コメント

酷暑の葉月かⅣ

2020-08-04 10:55:05 | Weblog
 画は 再掲ですが、拙作にて

  「朝顔 と 娘」です。

 油彩F10号


☆曇り、湿度高い。

当ブログ、何度も 既報ですが、

◆http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-1205.html
東海アマブログ  2020年08月03日 (月)
植物テロ


中国から、正体不明の種が 大量に郵送されてきているそうだ。

アメリカや日本で問題になっているが、

どうやら世界的な規模らしい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/
d54f5d2b726132df8163e386dfc4580c26afb1ec



中国政府は、今、尖閣諸島を強奪する ことに血眼で、

数日中にも、民間漁船を装った 中国軍の船が

大量に尖閣に押し寄せるとの情報がある


おそらく、尖閣諸島に強行上陸して、中国領土を宣言するだろう。

これに対して「馬鹿の晋三」は、習近平を未だに国賓として

招請する意思を捨てないでいるといわれるが、

さすがに自民党内の国粋派が怒り狂うだろう。

中国は、フィリピンとベトナムが領有を争ってきた、

中国本土から数千キロも離れたスプラトリー諸島(南沙諸島)を

勝手に領有宣言し、環礁を埋め立てて 巨大な軍事基地を建設した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/
 南沙諸島海域における 中華人民共和国の 人工島建設

これは1990年台に、李鵬・鄧小平・江沢民が

定めた 第一列島線 強奪計画に沿った作戦である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%88%97%E5%B3%B6%E7%B7%9A


さらに進展した 第二列島線 計画では、南西諸島どころか

日本列島やフィリピン・インドネシア・豪州まで

自国領と主張する計画になっている。

https://blog-imgs-138-origin.fc2.com/t/o/k/tokaiama/tyuugokusinryaku1.jpg
2050年 中国人民解放軍の アジア太平洋地図


悪い冗談だろうと思っていたら、実際に

南沙諸島・西沙諸島の強奪支配 を完了してしまい、

今まさに尖閣諸島の 実力強奪を実行している最中である。

これは、尖閣諸島に軍事基地を建設し、台湾を武力侵略する計画

に組み込まれているといわれている。

習近平は 2020年に、台湾を武力侵略すると

数年前から公言してきたのだ。

https://business.nikkei.com/atcl/opinion/15/218009/011600133/


他方で、インド・ブータンの完全な領地まで 自国のものと宣言し、

侵略武力行動を起こし始めた。

たぶん、ロシアのウスリー川国境紛争地域 にも侵攻しそうだ。

まさに、世界中を 敵に回して、後先を考えない

恐ろしく強引な軍事行動を開始している。


習近平の頭の中では、自分を始皇帝と重ね合わせて

英雄譚に陶酔しているだけで、現実を一切見ないし、分析もしない。

習近平は 安倍晋三やトランプと同じで、ほとんど知性が存在しないのだ。

さすがのアメリカも怒って、現在、南沙諸島に

二隻の巨大空母を配置し、おそらく数十日以内に、

スプラトリーの中国軍基地を爆撃するのは確実とみられている。

また、尖閣諸島も 日米安保条約に含まれると

アメリカ政府がわざわざ公表したことから、

中国による軍事占拠が起きたときには、

尖閣諸島を米軍が爆撃する ことになるだろう



どんなに中国が大国であっても、さすがに、

アメリカ・日本・インド・フィリピン・豪州まで

真正面から敵に回して暴走している状態が 成功することはありえない。

アメリカの空爆を契機に、南沙・西沙・東シナ海の強奪計画は、

とんでもない結末を迎えるだろう。

実は、台湾とインドが、有事には 三峡ダムを軍事攻撃する計画

を明らかにしていて、まあ、今のとことろ、

中国自身の 人工降雨計画天河が失敗して、

ヒマラヤ・長江地域に 大水害を引き起こし、三峡ダムも助からない

とみる専門家が多いので、台湾ミサイルの助けを借りるまでもなく、

三峡ダムは大崩壊して 下流域の6億人に

絶望的な恐怖を与えることになるだろう。

こうなれば、中国に進出しているトヨタ・ユニクロなど日本企業も、

命からがら逃げ出してくる以外の手段はなく、

中国は、経済・軍事・農業・食料のあらゆる面で

凄まじい崩壊に至る ことを避けることはできない



中国は、来年になれば、1947年の建国以前の

悲惨な貧困に戻るしかない。

たぶん、大躍進・文革以上の 数億という単位の死者を出す

ことになるだろう。

そんななかで、アメリカや日本、英国などに送りつけられてきた「種」は、

中国政府による陰謀の一種かもしれないと考えるのは当然で、

もしも、中国が開発した「植物テロ兵器」だったなら、

知らずに栽培してしまった場所では、

とんでもない恐ろしい結果が起きることになる。

ジャイアンドホグウィードも、とんでもない有毒植物だが、

植物テロとして送りつけてきたならば、

恐ろしい改良(改悪)が付与されていると考えるべきだ。

今の段階で、わざわざ「中国発」を明らかにして、

恐ろしい植物テロを行うとは、とても考えにくいので、

何か別の国際的な陰謀なのかもしれないが、


世界の多くで 中国と聞いただけで 蛇蝎のように嫌う人々が

激増しているなか
で、この種から恐ろしい結果が生まれるなら、

ますます中国は悲惨な崩壊に向かうしかない。


尖閣諸島強行上陸と、領有宣言が行われたなら、さすがに、

中国内の日本企業は、命からがら引き上げてくるしかなく、

数十兆円単位の損失を出すしかない。

安倍晋三は、知能が崩壊しているので、ほとんど、

まともな対策を行えないだろう。

いよいよ、安倍の背後に黒子として控えている、

北村滋らの官僚たちが 政権の表に飛び出してくるのかもしれない。

そうなれば、日本は 一気に 全体主義国家へと向かうのだ。



結論部分は 不同意。

原理信者が 左様な 権限・人脈を 持っておるとは 思えない。

裏で 電通 如きのように 画策するのが 関の山。

下痢壺は まぁ例外、 表には 出れんよ。 鮮人系は 出自 悪すぎ。


再掲ですが、拙作二枚目、



「真夏の 元町カトリック系教会」です。 油彩F6号



習近平 「暗殺」あるかも?

◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52055414.html
日本や世界や宇宙の動向  020年08月03日
メイカさんからの 続報


習近平は やはり人格障害というか サイコパスというか、

人が何人死んでも何も感じない 自分だけが重要と考えていますね。

こんなリーダーは早く潰さないと 世界中の人々の命が危険です。



メイカさんによると:

  ・北京の共産党内部の情報で、三峡ダムは満杯、
   毎日 水を放流している。
   三峡ダム周辺に 1万以上のダムがあるが 全て満杯。
   周辺の山が崩れており、
   土砂が長江の水の流れを止めている。
   三峡ダムが全体的に崩壊する危険性がある。
   周囲の住民は早く逃げないと
   全てが流され餓死するだろう。
   北京と現地の専門家が習近平に
   三峡ダムの危険性を報告した。
   しかし習は ダムは 江沢民時代に造られたもの
   だから自分には関係ないと言った。
   三峡ダムが崩壊して 1億人2億人が死んでも
   自分には関係ない と言った。
   習は内部闘争で頭がいっぱいで
   人民の命など一切気にしていない。
   習は中国史上 最も残酷なリーダー。
   1億人、2億の人民が死んでも
   10億が生き残るから 構わないと考えている。
   習の目標は ジョー・バイデンを勝利させ
   トランプを下すこと。
   武漢肺炎で 米国では多くの被害者が出ている。
   トランプはこれを絶対に許さない。
   三峡ダムはいつ崩壊するかわからない状態。
   誰も被災者を救援できないので 
   周辺住民は早く逃げるべき、
   と北京と地元の専門家が警告。
   武漢、重慶、上海にいる 日本の駐在員は
   早く日本に逃げるべき

   ダムが崩壊したら日本人も死んでしまう。
   誰も救援できない。

  ・中国で 北斗GPS用人工衛星
   の打ち上げに成功したことで祝賀会? を行った。
   会場には50人が出席。習近平が挨拶した後に
   (習近平と敵対する)李克強首相 が挨拶する番だったが、
   挨拶をする直前に 別の人の挨拶をさせた。
   世界中にその映像が放映され
   李克強首相は大恥をかかされた。

  ・中国で子供が具合が悪くなり 緊急入院したが
   病院の医師が子供に中国の薬ではなく
   安全なオーストラリア製の薬を与えようとした。
   子供の父親が 薬の値段を訊いたところ、
   70万元(1000万円)と言われ、
   父親は子供に薬を与えることもできなかった。
   オーストラリアではこの薬の価格は41ドルである
   ことがわかった。日本の龍角散は 中国では非常に高額。
   誰も 中国で買えない。
   外国から輸入した薬の価格は 
   中国では100倍、200倍もする

   中国政府は 中国の人口が多すぎるため
   病人は薬を与えずに殺害しようとしている。
   中国の多くの病院が 高い薬を患者に売りつけている。
   トランプは中国共産党を潰さないと
   世界の人々の命が危ないと警告している。

  ・山東省のリュウバク市で 
   多くの住民が巨大な爆発音を聞いた。
   近くに弾道ミサイル製造工場がある。
   ミサイルを発射した音なのか
   製造工場が爆発したのかはまだわからない。

  ・ベルギーの孔子学院の院長として
   10年間務めた中国人スパイ(60歳)は
   多くの中国人留学生人民解放軍関係者
   ベルギーの有名な大学に留学させた。
   彼はベルギー王室と裏で親密に交流している。
   ベルギー国家安全委員会の調査でわかったことは、
   孔子学院院長は 王室のスパイまで行っていた。
   彼は2018年からベルギーの中国人スパイたちに
   コンピュータソフトウェアから
   ベルギーの秘密情報を大量に盗ませた。
   ベルギー政府は この院長に対する
   ビザの延長を禁止し、ベルギーに入国禁止、
   孔子学院を閉鎖した。
   中国宣伝部からベルギーの孔子学院に
   毎年20万ユーロが支援されていた。
   ベルギー王室と中国共産党は 非常に親密な関係。
   しかし武漢肺炎で中国から送られてきたマスクが
   不良品で使えない。
   海外で中国共産党を好きな人は 誰もいない。


https://www.youtube.com/watch?v=FZNHSmKgXUU

三峡ダム崩壊の危機に習近平、「私は関係ない」  /

習近平が 李克強に ‘’赤っ恥‘’  /

ベルギー王室にも  スパイ活動



再掲ですが、拙作三枚目、



「夏も温泉 標津町 (道東)  薫別温泉」です。 水彩&パステル 32cm x 40cm  紙



「国賊」が 明らかになった、

◆http://my.shadowcity.jp/2020/08/post-19097.html#more
ネットゲリラ  (2020年8月 3日)
官僚の 日本人殺し


アビガンについては 色々と噂があって、
官邸は認可を急がせたかったのに、邪魔するヤツがいて、
天下りの都合で どうこうとか、まぁ、
厚労省はそういう役所です。 国民の命より自分の天下り。
役人はサボタージュの天才 なので、
Noという屁理屈は いくらでも思いつく。


  ☆https://www.jiji.com/jc/article?k=2020073101039&g=pol
  時事  2020年07月31日
  ◎コロナ下、医官トップ 交代  
   官邸の不満、背景 との見方も ― 厚労省


  厚生労働省は31日、医系技官トップの 鈴木康裕 医務技監
  が退任し、後任に福島靖正国立保健医療科学院長を充てる人事
  を発表した。新型コロナウイルスへの対応に当たるさなか、
  治療薬や 検査体制への対応などで 中心的存在を担ってきた
  鈴木氏の交代には、治療薬候補「アビガン」の承認などを
  めぐる首相官邸側の不満が 背景にあるとの見方がくすぶる。
  
  アビガンをめぐっては、安倍晋三首相が当初、
  「5月中の承認を目指したい」と表明。
  しかし、企業治験や臨床研究で有効性が確認されない中、
  鈴木氏は「あくまで科学的に判断すべきだ」として、
  早期承認に一貫して慎重姿勢を示してきた。
  厚労省には薬害をめぐり強い批判にさらされた過去があり、
  こうした苦い経験を踏まえたものだ。
  感染が収まらない中、官邸筋からは
  「気持ちは分かるが、もう少し何とかできないのか」
  といら立ちの声もあった。
  省内では、今回の人事について、官邸側の意向が影響した
  のではないか との見方が出ている。



本来の定年は まだ2年先なんだが、前倒しで クビです。
PCR検査の邪魔をしているのも 厚労省で、まぁ、
もっと早くに手を付けるべきだった。


  ------------------------------
  競合他社と 繋がってただけだろ
  つまり利権だな
  ------------------------------
  天下りゾンビの 忖度役人しか残らないシステム
  終わってる
  ------------------------------
  エボラの時もインフルの3倍の投与量で
  効果を発揮しているし、
  開発者もインフルの3倍が必要 と言ってるし、
  安倍も3倍の投与量で 200万人分の発注をかけている。
  ------------------------------
  官僚の日本人殺しは 徹底してんなぁ
  ------------------------------
  アビガン作ってる会社は 天下りを受け入れなかった
  からなかなか承認されず、それでもあまりにも有用な薬
  だったから条件付きで承認されたんだよね
  通常より長々とあらゆる副作用を検討されて、
  催奇形性がネックだからってイチャモンつけられて
  そんなん遺伝子合成を根本的に阻害するんだから
  当たり前なのに
  催奇形性あるけど認可されてる薬なんて
  ゴマンとあるし、妊婦に禁忌ってことなら
  ロキソニンだってそうだし
  ------------------------------
  厚労省は、何も言うことを聞かないで、
  検査数を増やさず 抵抗してるからな。
  こいつらが、元凶
  ------------------------------
  アビガンは世界中で評価も高く、
  注文も多く来ている。
  製造してる薬品会社は雇用を増やして
  増産してる。確かに副作用があるが、
  公表して周知している。
  患者にも説明して処方されている。
  厚労省の技官が職権で承認を止めているのは問題だ。
  どうせ後任の人は、同じデーターで承認するんだろう。
  この技官の個人的趣味に付き合ってはいられない。
  更送で 日本が承認してない薬を
  外国に送っているって矛盾が 解消するのは良い事だ。w
  ------------------------------
  こいつかw
  検査が 拡充しなかった要因はw
  ------------------------------
  石田純一 「アビガンですか?? あれは効きますよ!!」
  片岡 「まぁ、あれ飲んだら 治っちゃったからなぁ」
  ------------------------------
  ロシア中国インドで ジェネリック作って
  既に輸出しとるインドなんて8社ぐらいが
  アビガンのジェネリック造っとる
  普通に考えてアビガンは効かない訳ないんだ よなぁ
  ------------------------------
  以前から厚労省の某医官が
  アビガンの承認に強硬に反対してるって
  噂が流れてたが
  やはり事実だったな
  理由は天下り先を拒否されたから とかなんとか
  ------------------------------
  現場の医者が使わせろ 言ってるのに妨害してたからな
  もっと早く 更迭しとけよ
  ------------------------------
  厚生労働省 鈴木康裕 医務技官

  この人のせいで 何人の助かる命が
  助からなかったのか
  よくやく名前が聞けた

  この人がどんな理由でアビガンを反対していた
  のかはわかりません、本当にこの人に
  全部の責任があったのかもわかりませんが
  これからですね。
  ------------------------------
  これは当然だろ
  こいつは中○製薬に 天下りするから
  レムデシビルを 緊急承認  薬価25万円
  アビガンは金にならないから 妨害
  PCR検査数拡大も 妨害 (重症者が増えないと
  レムデシビルを使われない)
  ------------------------------



世界中でアビガンは フサンとの併用処方で
コロナ治療の標準となっていて、特許が切れているので
安くて人気
なんだが、そういう薬は儲からないので、
天下りの甘い蜜を吸えない。
全ての価値判断の基準は天下りです。



コメント


*弦巻町 | 2020年8月 3日| 返信

  だから2月の初っ端なのころから、
  厚労省や感染研任せでは
  大変なことになる、
  あいつらは 厚労サボタージュに、
  感染研原理主義タリバンズ だ、
  ゼロからシステムを組める者を
  トップに据えろ、と
  ずーっとコメントしてきたんだ。
  だが、医者とか公衆衛生専門家ではない
  天才を使え、とコメントすると、
  とたん火病を起こす人がやたらに多い。  
  たぶんその理由は、、、
  気持は分からんでもないが。



*東北美人 | 2020年8月 3日| 返信

  厚労省がアビガンを意地でも認可しなかったのは、
  富士フィルムが製薬メーカーではないため、
  厚労省OBの天下りを受け入れてないから
  というつまらないオチでした。

  全てのRNAウイルス感染症は、
  アビガン+オルベスコ・フサンと
  ダニ除去の トリシマなんちゃらで 万全です。
  入院の必要も無し。自宅で 自分で治療出来ます。



「万死に値する」な。 自決して 国民に詫びよ!

コメント

酷暑の葉月かⅢ

2020-08-03 10:21:01 | Weblog
 画は 再掲ですが、拙作にて

  「ユダヤプロトコル=みんなイルミナティ」です。

 油彩F10号


☆曇り、蒸し暑い。

有史以来 未曾有の大敗戦の責任者は 昭和天皇 です、

未だに異民族に支配され続けておる 元兇 ですよ。

日米安保は昭和天皇が吉田茂に締結させたもの。

ナポレオン気取りの戦争好きの男の、蓄財と保身の果てが 大惨禍だ。

ネットでの検証・追求が まだまだ甘い、妙にセーブしておる。


☆https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1221736472

作戦立案を行い、実働部隊に指示を出すことは 軍令の権限で、
日本海軍ではこれを 「大海指」と呼び、

軍令部総長に、天皇の裁可を受けた (奉勅命令)「大海令」 を基礎として、
大海指 を発令する権限が与えられていた。

言うなれば、天皇の御命令を拝した 軍令部総長が、作戦細部を検討し
各部隊に指示を出した、という形になるわけで、
真珠湾攻撃も 例外ではありません。

要するに真珠湾攻撃の指示を出したのは山本五十六ではありません。
彼にその権限はありませんでした。


◆https://www.chosyu-journal.jp/review/18130
長周新聞  2020年7月26日
餓死した 英霊たち』  著・藤原 彰


1937(昭和12)年に本格化した日中戦争と 

1941(昭和16)年に始まり 45年まで続いた太平洋戦争で、

日本軍の戦没者は 約230万人だったが、

そのうちの半数以上、約140万人が 餓死か、または栄養失調によって

伝染病にかかって息絶えた 戦病死だった。

「戦闘で華々しく戦って 名誉の戦死を遂げたのではなく、

多くが飢えと病気にさいなまれ、やせ衰えて無念の涙をのみながら、

密林のなかで野垂れ死んだ」のであり、

それがある場所の特殊な状況ではなく、戦場の全体で 起こっていた。


みずから中国戦線の戦地体験者で、一橋大学社会学部教授の著者による

以上の研究が 社会的な注目を浴びたのは2001年のことだったが、

その後、「あの戦争は 何だったのか」 「おかしな戦争だった」

という問題意識の高まりのなかで、2018年に筑摩書房から復刻版が出た。

それが本書である。


一つの典型が、1944年3月に ビルマ方面軍が決行したインパール作戦だ。

この作戦は 第15軍がチンドウィンの大河を渡り、インドとビルマの国境の

アラカン山脈をこえ、インドのアッサム州に侵入するというもので、

10万の大軍が徒歩で 大河と密林と山脈を 何カ月もかけてこえるのに、

補給を確保する見込みは初めからなかった。

制空権は連合軍側に移り、昼間の行動も制限されていた。

参謀長も師団長全員も 作戦に異を唱えたが、

大本営のお墨付きを得た 軍司令 牟田口中将が決行した。

すでにこの年の2月には マーシャル諸島のクェゼリン、ルオット両島の

守備隊は全滅、連合艦隊の最大の拠点 トラック島も壊滅していた。

日本軍の敗戦は 避けられなかった。

にもかかわらず インパール作戦は実行された。


実際、大本営が作戦の失敗を認めて 7月3日に中止を命令するまで

補給は皆無で、餓死や 栄養失調が蔓延し、マラリアなどの患者が多発

したが 後送もままならなかった。その後、退却に移ってからは

さらに悲惨だったといわれる。

雨期に入ったアラカン山系の密林の中、

退路は兵士の死体が埋め尽くす 白骨街道と化した。

「遺棄された死体が横たわり、手榴弾で自決した負傷兵の屍があり、

その数がだんだん増えてきた。石ころの難路を越え、湿地にかかると、

動けぬ重症の兵たちが 三々五々たむろしていた。

水をくれ、連れて行ってくれ、と泣き叫び、脚にしがみついて離れないのだ。

髪はのび放題にのび、よくもこんなにやせたものだと思うほど、

骨に皮をかけただけの、憐れな姿だ。

息はついているが、さながら幽霊だった」と生き残った兵士が書き残している。


著者の調査では、ビルマ戦線全体の日本軍戦没者は 18万5000人で、

そのうち 78%、ほぼ14万5000人が 栄養失調死と、体力の低下による

マラリア、アメーバ赤痢、脚気など による病死だという。


アジア太平洋の戦場で、もっとも多くの戦没者を出した地域は フィリピンだ。

1944年6月にサイパンが陥落し、日本軍の敗戦が濃厚になった後、

大本営はフィリピンが次の決戦場だ といって 61万3600人

という大兵力を投入したあげく、米軍との戦闘に敗れた後は

何の対策も講じず、大兵力を飢餓にさらされるままに 放置したからだ。

こうして兵力の 81%、49万8600人が 戦死、戦病死した。

フィリピンでの戦闘前、日本軍の輸送船は 米潜水艦に次々と沈められ、

6~8月の間だけで1万7000人が海没した。

続いて派遣された兵士たちは、大本営の気まぐれな作戦指導によって、

ルソン決戦から レイテ決戦、再びルソン決戦と 方針転換に振り回され、

米軍によって 空母のすべて、武蔵以下の軍艦多数を失う壊滅的損害を受けた。

上陸した陸軍部隊は、兵器も弾薬も食料もなく、住民部落から離れた

山中での持久戦に追い込まれた。

そのため極限の人肉食いまで生まれた事実がある。

第14方面軍の参謀長が 大本営の指導部を名指しして

「一体何人殺せば 作戦課は気が済むのか」と激怒した、

という記録が残っている。

フィリピンの戦没者 約50万人のうち、純然たる戦死者より、

栄養失調を原因とする 病死や餓死の方が はるかに多かった。


一方、中国戦線での戦没者は45万5700人である。

死者がもっとも集中したのが 最後の2年間であり、

そこでは戦病死が 戦死者の3倍以上にも達していた


病気の大部分が長期間の不十分な食料で、栄養失調状態にあって

病気に対する抵抗力を失っていたため、マラリアや赤痢などに

かかって戦病死に至ったという。

ある従軍軍医が、1944年5月から始まった 大陸打通作戦の中の

湘桂作戦の惨状を書き遺している。

大陸打通作戦とは、インパール作戦と同時期に 大本営が命じた作戦で、

黄河を渡り華中、華南を通って仏印に至るまでの1400㌔

に及ぶ長大な距離を、16個師団 50万の大軍 を動かした、

日本陸軍始まって以来の作戦だった。

そしてこの作戦は、一体なにを目的として企てられたのか

さっぱりわからないのが特徴で、当初、大本営は中国軍の本拠地・重慶を

攻略するといい、結局、中国奥地の米軍航空基地を占領するといったが、

サイパン陥落で米軍航空基地がマリアナ諸島に移って以降も、

無意味となった作戦を中止せず実行した。

食料の補給はなく 現地調達であり、長距離の行軍で疲弊して

多大な餓死者が出た。

従軍軍医は、44年5月下旬から11月下旬までの半年間に、

戦死1万1742人、戦傷死2万2764人、戦病死6万6543人

を出したと書いている。

戦争栄養失調と診断した者の死亡率は 98%に達したという。


著者は後半、日本軍はなぜこのような大量の餓死者を出したか、

その原因を究明しようとしている。

そして、日本軍特有の、天皇への忠誠と 死を要求する精神主義

を主な原因とし、その精神主義が 火力の軽視


(三八式歩兵銃という 旧式銃で武装させたこと)、

食料や武器・弾薬など補給の軽視、歩兵の銃剣突撃至上主義や、

生きて虜囚の辱め をうけるなという捕虜禁止と玉砕を生んだ

とのべている。


こうした精神主義が広く浸透していたのは事実で、戦地体験者も多く語っている。

だがそれだけでは、戦争の帰趨が明らかになった後も、負けるとわかっていた戦争を

ズルズルと引き延ばし犠牲を拡大したのはなぜか、という疑問
に答えられない。

また、あれだけ 「鬼畜米英」を叫んでいた為政者が、

戦後は 掌を返したように 対米隷属の道を進み、

国益を投げ出してはばからない現状
 を説明できない。


メリカは早くから 日本を単独占領して アジア侵略の拠点にする

ことを意図し、天皇をかいらいとする戦後支配 のプログラムを持っており、

そのために 日本人をイエローモンキーと呼んで

眉一つ動かさず 広島・長崎の老若男女に原爆を投げつけた。

一方 天皇や日本の権力中枢は、44年には

敗戦は必至。 米英は国体の変更は求めず。もっとも恐るべきは

国民による革命
だという認識を持っており、

自分たちに 戦争責任が及ぶことを避け、その地位が保障される形で

アメリカに頼って 戦争を終結させる道を探った


異常な餓死者の多さがあらわれたのも この時期にあたる。


著者はすでに故人となったが、その研究成果を受け継ぎ、

発展させることが期待される。

   
   (ちくま学芸文庫、274ページ、定価1100円+税)

    https://www.chosyu-journal.jp/wp-content/uploads/2020/07/
     32bd1a74172951b206345d0bc219031e-306x400.jpg


再掲ですが、拙作二枚目、



「Sunflower & Crystalvase, Fortune-teller」です。 油彩F10号


居座る 無能ども、

◆http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/644.html
投稿者: 赤かぶ 日時: 2020 年 8 月 02 日  kNSCqYLU
無能政権、もうお手上げの 最悪展開
 このままでは 地方も東京も 経済崩壊 (日刊ゲンダイ)



http://asyura.x0.to/imgup/d11/339.jpg

http://asyura.x0.to/imgup/d11/337.jp

☆ ※一部、文字起こし


「最悪の事態になった場合、私たちが責任を取ればいい

というものではありません」

緊急事態宣言が発令された4月7日の会見で、

安倍首相はそう言い放った。

この発言には当時も非難の声が上がったが、あれから4カ月近く。

最悪の事態が近づいているのに、まさか「有言実行」を貫くとは、

恐ろしいまでの 犯罪的無責任体質である。


新型コロナウイルスの感染再拡大がいよいよ、

のっぴきならない状況になってきた。

30日、国内の新規感染者は2日連続で、1200人を突破した。

東京の367人をはじめ、福岡121人、兵庫53人、

今ごろは観光客でにぎわっていたはずの沖縄も49人と

各地で過去最多を更新。大阪は過去2番目に多い190人、

愛知も160人と依然として100人超えの高止まりだ。

国民の不安は募るばかりなのに、国のトップの存在感は

日々薄れるばかり。安倍は29日まで3日連続で「午後イチ出勤」。

さすがに、30日は午前10時前には官邸に着いたものの、

取り立てて何をするわけでもない。

周囲から伝わってくる話も、覇気のなさと 顔色の悪さのみだ。


16日の参院予算委員会の閉会中審査で、

東大先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授は 感染再拡大について、

「総力で対策を打たなければ、来週は大変になる。

来月は目を覆うようなことになる」と強い危機感を示した。

さらに「責任者を明確にして トップダウンで 前向きの対応が必要。

今すぐ国会を開くべき。 今する対応は 来週する対応の100倍の

価値がある」と提言。

児玉氏の予想通り事態は切迫し、東京都医師会の尾崎治夫会長も30日、

「コロナウイルスに 夏休みはありません」 と国会の早期開催を求めたが、

安倍はどこ吹く風だ。


当面、臨時国会を開く気はさらさらなく、閉会中審査にも出てこない。

記者会見だって通常国会の閉会直後の6月18日を最後に

1カ月半もの間、一度も開かない。

政権に近い日本維新の会の馬場幹事長からも

「総理の顔が見えないという声が 多く届いている」と

不満をぶつけられる始末だ。

感染再拡大を招いたコロナ対策の失敗を認めたくないのか。

それとも批判殺到の「Go To トラベル」の矢面に立ちたくないのか。

よほど国民の前に出たくないのだろう。

この期に及んでも、やはり「責任」を取ろうとしない国のリーダーに

存在意義はない。 一体、安倍は何のため、誰のために

首相の重職を担っているのか。



感染拡大と同じく 危険な無責任政権 の長期化

安倍が 「半勤 半休」の事実上の夏休みを満喫しているうちに、

このままでは 地方も東京も 経済壊滅は必至である。

1・7兆円もの血税を投じる 政権肝いりの「Go To キャンペーン」

も空振り。 先週の4連休に合わせ、わざわざ前倒し実施したのに

観光業界への恩恵は乏しい。 本来なら、お盆前の書き入れ時だったのに

ツアーの予約客のキャンセルが相次いでいるという。

そりゃあ、そうだ。

誰が、この感染拡大下で 旅行に行くものか。

ただでさえ、遠出を避けるムードなのに、

アクセルとブレーキを同時に踏む 政権のアヤフヤ対応がダメ押し。

むしろ「Go To」の補償を受けることに後ろめたさを感じさせ、

人々に観光をためらわせる結果 を招いている。

「Go To」ゴリ押しの無能政権のせいで、

全国 約900万人の雇用を抱える観光業界を救うどころか、

この夏の行楽地は間違いなく閑古鳥。

大手のJTBですら、冬のボーナス支給を見送る中、

頼みの綱の「Go To」が不発なら、

経営体力が弱い 中小の旅行業者には死活問題となる。

事業継続さえ危ぶまれる企業が 続出しかねない。


飲食業界も、雲行きは暗い。

小池都知事は30日、都内全域で 酒類提供の飲食店とカラオケ店に

午後10時までの 時短営業を要請した。

期間は8月3日から31日まで。

小池は「感染爆発も憂慮される 極めて危機的な事態で

一定の抑制が必要」と強調。

夜の営業時間を短くした程度で「3密」を回避し、感染を抑えられるのか

は疑問だが、要請に応じた中小事業者への協力金の支給額も

一律20万円と 焼け石に水である。

その上、支給対象は小池肝いりの「感染防止徹底宣言」のステッカー

を掲示した事業者だけ。

しかし交付のチェック項目にある 扉や窓を開けた換気、

個々に料理を提供するなど 環境や業態によっては

満たせない店舗だってある。

そんな実情を無視した無情な条件。

さすが自分ファーストで 血も涙もない女帝だ。


再掲ですが、拙作三枚目、



「なでしこ咲き 八咫烏 舞ふ」です。  水彩 32cm x 40cm  紙


暴発が 即 終了 となる、

◆https://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/sankei-plt2008020001.html
産経 2020/08/02
尖閣領海 侵入時に ミサイル艇展開  中国軍が 海警局 と連動


中国海警局の巡視船が 尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領海に侵入する際、

中国海軍のミサイル艇が 巡視船に連動して 台湾付近に展開している

ことが1日、分かった。

4月14日から今月1日まで110日連続で

巡視船が尖閣周辺を航行した期間にも同様の動きがあり、

中国本土では ミサイル部隊が展開している ことも判明。

不測の事態に備え、周辺海域を警戒する 海上自衛隊の護衛艦を

牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

複数の政府関係者が明らかにした。


政府関係者によると、ミサイル艇は 中国海軍の東海艦隊

(司令部・浙江省 寧波市)所属とみられ、

海警局の巡視船が領海侵入するのに合わせて航行。

通常の軍艦に記されている 艦番号がなく、

小型で海洋迷彩の塗装が施されている。

これと同時に中国本土では 移動式発射台に搭載された

地対艦ミサイルが展開している。

政府関係者は「領海侵入時になると、普段はいないところに

地対艦ミサイルがいる」と説明する。

一連の動きは 2018年ごろから顕著になったという。

中国政府は同年7月、海警局を

軍の指導機関に当たる中央軍事委員会傘下の 人民武装警察部隊に編入した。

ミサイル艇や地対艦ミサイルの展開は、

複数の軍種と海警局が一体的な指揮のもとで

統合運用されている可能性を示すものだ。

海警局は巡視船の大型化を進めており、軍艦並みの機関砲を搭載した

1万2千トン級も配備。

防衛省は 中国海軍の艦艇を改修した巡視船 

も配備されていると分析している。

ミサイル艇が展開するようになる以前から

中国軍艦艇の動きはあった。

海警局の巡視船が 尖閣諸島周辺を航行する際は

海軍のフリゲート艦や駆逐艦が 周辺海域に展開している。

ただ、フリゲート艦などは尖閣諸島から 約90キロ北東の

北緯27度線以北を航行しており、27度線を越えて南下するのは

例外的な動きにとどまっている。

海自護衛艦は 27度線以南の海域に展開しており、

日本側の動きを観察するためとみられている。

これに対し、ミサイル艇は 基本的に27度線以南の海域を航行している。

尖閣諸島をめぐっては昨年7月23日、中国、ロシア両軍の爆撃機が

編隊飛行で27度線の上空まで尖閣諸島に迫る動きを見せている。

同日も海上では中国公船4隻が 尖閣諸島周辺の接続水域を航行していた。



◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52055382.html
日本や世界や宇宙の動向  2020年08月02日
メイカさんからの 最新情報


日本が 5Eyes に加わることは

とても良いことだと思います。

日本の政界、財界、教育界は 中共の浸透工作で

めちゃくちゃになっています。

しかし 5Eyes に加わることになれば、

日本も スパイ防止法 が絶対に必要になります。

日本にはあまりにも多くの中国人スパイが

活動していますから 一日も早く 

情報を共有しスパイを追い出さないと。。。



メイカさんによると:

  ・南シナ海、スカボロー礁に 中共は国際法に違反して
   勝手に軍事基地を造った。米国は絶対に許さない。
   必ず中国の軍事基地を爆破すると宣言した。
   NYTの記者が7月12日に友人に このことを伝えた。
   米軍はスカボロー礁の軍事基地を爆破する準備が完了ている。
   実施日はまだ発表していないが 8月中旬から9月初め?
   来週、発表するだろう。
   南シナ海で 米中戦争が始まる確率が高くなった。
   現在、米豪日で 軍事演習中。
   人民解放軍も軍事演習を行っているが
   その目的は 太平島に上陸するため。
   中国は 太平島を台湾から奪い取りたい。
   軍事演習はいつ終わるのかわからないが、
   必ず南シナ会で局地戦争が始まる。
   人民解放軍は北京の近くでも 軍事演習を2カ月間
   行っている。台湾上陸のための 軍事演習もしている。
   中国国内では地下に潜る防空訓練や
   避難訓練を実施中。米国は秋までに南シナ海の
   スカボロー礁の軍事基地を爆破することは確実。
   中国は 台湾上陸を計画している。
   これは毛沢東時代からの計画。

  ・イギリスの報道によると、5Eyes軍事諜報同盟に
   日本も加わることになった。6Eyesになる。
   日本はこれから多くの情報を共有できるようになる。
   日本が中国と離れることになる。
   5Eyesはアングロサクソン系の軍事同盟
   5Eyesが パキスタンと中国が
   炭素菌を共同開発していた事実を探りだした。
   5Eyesに加わると日本も
   スパイ防止法を作らないといけない。
   今の日本は 中共のスパイ天国。

  ・ロシア政府はインドに大型運用機2機を売却。
   フランスは1000トンのミサイルをインドに売却。
   ロシア人の専門家が 中共スパイだったことを知った
   プーチンが激怒し、
   中国ではなく インドに 大型運用機を売却した。

  ・7月31日にポンぺオ長官は、中国に対して
   いつでも軍事行動を開始できる状態であると発表した。
   軍事作戦には 大規模斬首作戦も含まれている。
   習近平の斬首 も計画。
   軍事作戦は、スカボロー礁の軍事基地爆破だけでなく
   斬首作戦も含まれる。
   開戦の条件は、中国は世界の専門家らに
   中国国内の生物兵器研究所の調査を行わせること。
   また中国は 武漢肺炎の真相を世界に説明すること。
   72時間以内にこれらの条件を承諾しないなら
   軍事行動をとる用意がある。

  ・中共は同盟国(パキスタン、エジプト、イラン、北朝、中東諸国)
   に資金を提供し 人民解放軍の生物兵器専門家らの協力の下で
   危険な生物兵器研究所を建設している。
   中共は北朝鮮にも生物兵器研究所を建設した。
   習近平の命令で北朝鮮は いつ日本に
   生物兵器をばらまくかわからない。
   現在、独裁国と自由国の戦争が進行中。
   独裁国は本当に恐ろしい。
   武漢肺炎の目的は 米国民を殺害すること。
   中共幹部は 誰も武漢肺炎に感染していない。
   イギリス、カナダ、イタリア、ロシアの政治家は感染している。
   中共はテロ国。 独裁国は世界人類を破壊する。

  ・中国政府は日本の鳩山由紀夫をものすごく褒めていた。
   なぜなら、鳩山は日本でマスク不足だった時に
   日本のマスクを 南京大虐殺記念館に大量に送った。
   自由な国の日本が なぜ独裁国の中国を支援するのか。
   国民はマスクが手に入らないのに。腹が立った。


https://www.youtube.com/watch?v=AcGNLqvLKSc

米の習近平 ‘’斬首作戦‘’  /

南沙諸島の 中国海軍基地も爆撃へ  /

日本が英米情報・軍事同盟 ファイブアイズ に加盟     


5Eyesは 軍事諜報同盟。

アングロサクソンは 根底はレイシスト あまり信用してはいけません。

「専守 自主防衛」 に徹することです、

日本を占領するのは これはこれで なかなか 難しい。


コメント

酷暑の葉月かⅡ

2020-08-02 10:13:43 | Weblog
 画は 再掲ですが、拙作にて

  「♪祭だ 祭だ 御陣乗太鼓」です。

 油彩F10号


☆曇り。

目の下が 隈クマで 真っ黒 かなりイカれておる 下痢壺、

◆http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2020/08/post-8b4475.html
植草一秀の『知られざる真実』
2020年8月 1日 (土)
不況下 大増税強行 という 世紀の大失策


2019年5月20日付ブログ記事

「GDPプラスでも 消費税増税延期方針 不変か」

https://bit.ly/30j53Sy   に、

「鉱工業生産指数を見ても、日本経済が 昨年10月を転換点にして、

新たな景気後退局面に移行した可能性 は高まっている。」

と記述した。

日本経済は2018年10月から 景気後退局面に移行した。

私は、この見解を 2019年前半から 明示し続けてきた。

客観的な指標により、日本経済の 不況への転落は明確だった。

鉱工業生産指数、鉱工業在庫率指数、景気動向指数

のすべてが日本経済の不況への転落を示していた。

▼https://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/images/052920_20200801174101.png

▼https://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/images/061120.jpg


2018年10月とは、いまから 2年近くも前のことだ。

2019年10月に 消費税率が10%に引き上げられる方針が示され、

日本経済は 景気後退に転落した。

すでに、景気後退局面に移行して 丸2年近くの時間が 経過する。

この景気後退を 安倍内閣が認めたのは、わずか2日前のの

7月30日のこと。

いまごろになって、日本経済は 2018年10月をピークに

景気後退局面に移行した ことを認めた。

認定したのは 内閣府の 「景気動向指数 研究会」。

景気後退局面への転落を 2年も経過してから認定する

のでは 何の役にも立たない。


日本経済が不況に転落したのは 2012年11月以降

初めてではない。

2014年3月から 2016年5月までの 2年余りの期間、

日本経済は長期の景気後退に陥った。

消費税増税・円高不況 である。

安倍内閣は 2014年4月に消費税率を 5%から8%に引き上げた。

この消費税増税によって 日本経済は 景気後退に転落した。

その後、2015年後半からは 中国株価の急落と、

これに連動する世界的な株価下落、さらに2016年央にかけて

急激な円高が発生した。

これらを背景に 日本経済は 2年強に及ぶ景気後退期に転落した。
 
ところが、安倍内閣はこの事実を 隠蔽した。

「偽造、ねつ造、安倍晋三」 と言われる安倍内閣の
 
面目躍如と言うべき事象だ。

2014年に消費税増税を実施した際、その実施強行に向けて

日本経済新聞は 「消費税増税の影響 軽微」の大キャンペーンを展開した。

1997年4月の消費背増税を実施した際にも、

その実施強行に向けて日本経済新聞は

「消費税増税の影響 軽微」の大キャンペーンを展開した。

しかし、いずれも 世紀の大誤報だった。

消費税増税の影響は 極めて甚大だった。

1997年4月の消費税増税を契機に

日本経済は深刻な不況に突入。

その延長線上で 日本経済は100年に1度の 金融危機に転落した。


私は、このことを事前に 明確に警告した。

この増税による日本経済崩壊によって

橋本内閣は 総辞職に追い込まれた。

2014年4月の増税に際しても、私は消費税増税が

日本経済を撃墜してしまうことを警告した。

『日本経済撃墜 - 恐怖の政策 逆噴射 -』(ビジネス社)

https://amzn.to/3gjVPuW


日本経済新聞は「消費税増税の 影響軽微」の大キャンペーン

を実施したが、実際には消費税増税によって日本経済は

深刻な不況に転落したのである。

しかし、安倍内閣は この事実を隠蔽した。

景気後退は生じていないとして、景気拡大期間が

「いざなぎ景気(1965年~1970年)」を超えたという

「いざなぎ超え」という虚偽情報を 大本営発表として流布し続けた。

2019年10月の消費税率の10%への引き上げは

日本経済が景気後退に突入して1年後 の時点で強行されたもの。

私は 消費税増税の撤回 を求め続けた。

しかし、安倍内閣は 消費税増税を強行した。

その結果、日本経済の不況を 一気に深刻化させた。


コロナが 日本経済を襲ったのはその後のこと。

8月17日の午前8時50分に

2020年4-6月期の GDP統計が発表される。

マイナス成長の数値が 年率20%を超える大崩落

が示される可能性が高い。

2019年10月の消費税増税が世紀の大失策であった

ことが客観的に証明されることになる。


再掲ですが、拙作二枚目、



「夏 娘と薔薇」です。 油彩F10号


詳細な 分析、

◆https://www.chosyu-journal.jp/shakai/18149
長周新聞  2020年8月1日
PCR検査 世界158位 の検査数が示す 体たらく 
 総力上げた体制整備 が急務



東京医師会は 怒りの記者会見

世界の新型コロナウイルスの感染者数が1700万人をこえ、

死者は67万人にせまろうとしている。

日本国内でも5月25日の緊急事態宣言解除後、

しばらく落ち着いてきたかのように見えたが、7月に入って

感染者数が増加しており、7月29日には1000人をこえる

新規感染が確認されるなど、過去最高を更新し続けている。

GoToキャンペーンをはじめ 経済活動の再開に力が注がれる一方で、

PCR検査体制は 世界的に見て低水準のまま整備されておらず、

実態が把握できず 感染拡大に歯止めがかかっていない。

専門家や医師らは 的確な対策をおこなうために

PCR検査を拡大し、現状を把握することの緊急性 を訴えている。

https://www.chosyu-journal.jp/wp-content/uploads/2020/08/
 3a9ab954460853d205b4a23b4e684d94-1.jpg

日本国内では 7月29日、1260人の感染者が確認され、

1日の感染者数が初めて1000人をこえた。

愛知167人、岐阜30人、京都41人、大阪221人、福岡101人、

沖縄44人と、それぞれ過去最多を更新。

そのほか埼玉53人、千葉49人、神奈川70人、兵庫46人、

熊本21人など、全国各地で増加し、

これまで感染者の報告がなかった岩手県でも陽性者が確認された。

日本国内の陽性者数は累計で 3万3508人(30日)、

死亡者数も1006人(同)となった。

28日時点で全国で 7063人が入院・療養している。

クラスターとは違い、東京都内など都市部のある地域に

エピセンター(感染源) が形成されている可能性も指摘されており、

予断を許さない状況だ。


https://www.chosyu-journal.jp/wp-content/uploads/2020/08/
 0ce70d700d28bdd921fedfeb03afcc50-600x366.jpg


https://www.chosyu-journal.jp/wp-content/uploads/2020/08/ 
 cecee5db0dde534be00bd5551c376f4b-600x508.jpg


もっとも感染が拡大している東京都内の医療現場からは

医療現場のひっ迫状況や、これまで踏ん張ってきた医療従事者が

持ちこたえられなくなっている状況なども発信されている。

しかし、依然として政府の動きは遅く、PCR検査人数は累計で

65万7520件、100万人当りで見た検査数は世界195の

国・地域のなかで 158番目と低水準のままだ。

感染状況が把握できない状態で 移動制限が解除され、

連休期間中などで人の往来が活発化し、感染が拡大している。

このまま感染が拡大すれば、中小企業の倒産・廃業も 急増する

ことが危惧されており、こうした面からも

検査体制の拡充を要望する声が出されている。


30日、東京都医師会は記者会見を開き、新型コロナウイルス感染症への

今後の対応について、同医師会のとりくみと国への提言をすると同時に、

「このままでは 日本全体が 感染の火だるまに陥る。

今が感染拡大を抑えるための 最後のチャンスだ」と危機感を示し、

「コロナウイルスに 夏休みはない。 一刻も早く国会を開き、

国ができること、しなければいけないことを 国民に示し、

国民・都民を安心させてほしい」

「これは政治の役割である。 国がどういう感染症に立ち向かうのか、

日本としての姿勢をはっきりさせてほしい」

と国会議員に向けて訴えた。


東京都医師会が提言したのは、

  ①エピセンター に対する施策、

  ②PCR検査 の拡充、

  ③コロナ専門病院 の設立、

  ④都民への メリハリある自粛 のお願い、

  ⑤介護分野における とりくみ

の5点だ。



補償つきの 休業要請を

尾崎会長は、7月17日の参院閉会中審査で 東大先端科学技術研究センターの

児玉龍彦名誉教授が明らかにした 「エピセンター化」への対策 が必要である

ことを強調した。 4月から歌舞伎町のキャバクラでクラスターが起こる

などしてきたが、協力金50万円で 「お願い」するやり方では限界があると指摘。

収束に向かわせるためには、無症状者を含めた感染者の積極的な隔離、

各地に形成されつつあるエピセンターの徹底的な制圧が必要であり、

そのためには都道府県任せの休業要請ではなく、

法改正をおこない、補償つきの休業要請を 限定地域で期間(14日間 程度)

を定めておこなう体制を整えること、その地域で 民間検査機関や大学、

研究機関などにも協力要請をして 短期間に多くのPCR検査を展開し、

感染状況を把握して 対策を練ることが必要だと指摘した。
  

具体的に、都内の場合では人口1万人当り1カ所(中学校区に匹敵)

の計1400カ所、歩いて行ける範囲に検査所を設置し、

必要な人がPCR検査を受けられるようにする。

現行の保健所中心のPCR検査では 限界があり、

濃厚接触者の検査や、経済活動を再開するうえで必要なPCR検査にも

対応できるよう 民間企業や大学、研究機関などを活用して、

迅速に多くの検査をおこなう体制整備が不可欠だとした。


https://www.chosyu-journal.jp/wp-content/uploads/2020/08/
 69026982bab44c1dde3ff5c6f8d9bfe7.jpg

都医師会では 迅速PCR検査チームを創設しており、

エピセンター化している地域や クラスターが発生した場所など、

集団感染があった場合、PCRカーを派遣し、

迅速に集中的に検査をおこなうモバイルチームを結成している。

要請があれば現地に向かい、1台で1日200~300人の検査

をおこなうことができるという。

一つの問題として、検査場所を確保するさいに、近隣住民の理解が

得られない場合があることをあげ、

離れた場所にいる人にうつることはないため、都民に理解を呼びかけた。


また、都内に250病院ある 二次救急病院に

PCR検査分析装置を置くことを進めていることを明らかにした。

発熱患者が来院したさい、陽性・陰性の判明までに1日かかり、

その間に個室で受け入れざるを得ないことが

二次救急医療ひっ迫の原因にもなっているとし、

ここにPCR検査分析装置を設置すれば、24時間体制で

2、3時間で結果がわかり、陽性の場合は陽性患者として

診療することができると訴えた。



コロナ専門病院 の設置

さらに医療体制としてコロナ専門病院の設置を提言している。

新規の陽性患者が200~300人と日々増加するなかで、

都庁で入院先を調整するには時間がかかり、限界がある実態を明らかにし、

「専門病院が 軽症・中等症・重症の判断をすることが

都内の病院にとって非常にプラスになる」とした。

また、現在114病院で分散型に見ていることが

「病院に行くと コロナ患者がいて 危険」という受診抑制にも

つながっていると指摘し、1週間に1000人の入院患者が出ている現状から、

3000床規模の コロナ専門病院を設置する必要性を訴えた。


また、介護分野におけるとりくみについて、

「介護崩壊は 医療崩壊につながる」と警鐘を鳴らし、

態勢整備を訴えている。

総感染者数に占める介護施設における新型コロナ感染者数は、

イギリスで36・7%、フランス50・9%、スペインで66・5%、

ドイツ37・6%、スウェーデン40・6%となっている。

コロナ対策で評判のいい韓国でも34%だが、日本は14・2%、

介護施設死者数は0・01%に満たない。

これは、介護現場が早期に 面会制限、行事制限をおこない、

緊張感をもってあたった結果だと指摘した。

しかしながら、全国約5カ所の老健でクラスターが発生し、

50人以上が死亡している。

富山県の場合、4月17日に陽性者の一例目が発生したが、

担当する市民病院もクラスターが発生しており、

ただちに入院できなかったことが施設内での感染を広げた。

札幌市のケースも同様で、職員に感染者や濃厚接触者が出たことで、

普段からギリギリの職員体制が、

さらに少人数で高齢者を支えることになった。


こうした分析のうえで、一つ目に 高齢者施設で陽性者が出た場合、

即入院の原則を徹底すること、

二つ目に PCR検査を徹底し、新規入所者には必ず検査を実施する

とりくみをすること、

三つ目は派遣する専門家チームを増やし、今後起こりうる同時多発的な

高齢者施設での感染発生に備える必要性をあげた。

またそのほか、感染または濃厚接触などで 勤務できなくなった職員を

補てんするため、応援職員を身近な地域で確保し、

介護を止めない体制をつくれば 安心して対応できると提言した。



国が 全力挙げ 立ち向え

7月16日にあった参院予算委員会の閉会中審査で、

参考人として発言した東京大学先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授も、

「きわめて深刻な事態を迎えつつある 東京のエピセンター化

という問題に関して、全力を挙げての対応をお願いしたい」

と強い危機感を示した。 この場で同氏は、

第一波の 中国の旅行者が持ち込んだ武漢型は 自然に消え、

第二波の 欧米からの帰国者を通じた感染拡大も

緊急事態宣言を発する前に消え始めていたことを明らかにし、

現在「ゲノム配列の報告を見ると、東京型・埼玉型 になってきている」

との見解を示した。

空気感染のようになる確率は、感染者の数と感染者が排出するウイルスの数

によって増加するという。

エピセンター化すると、空気感染と思われる感染が 広範に起こり、

止まらなくなる。 第一波、第二波のときに 無症状者も含めた対応が

おこなわれないままウイルスが残った結果、東京のなかに

エピセンターが形成されたとし、「エピセンター化してしまったら、

劇場も電車も危険になってしまう。

これを国の総力を挙げて止めないと、ミラノ、ニューヨークの二の舞いになる」

と危機感を示した。


東アジアの国々が大量のPCR検査をおこなっているのは、

このエピセンターの制圧のためだ。

韓国は宗教団体20万人のPCR検査をおこない、

シンガポールは外国人労働者30万人に、

また6月に北京の食品市場で感染が発生したさいに

中国は22万件のPCR検査をおこなった。

同教授はこうした事例をあげ、今対策を打たなければ、

「来週は大変になる。来月は目を覆うようなことになる」

と警鐘を鳴らした。

同教授の指摘どおり 2週間が経過した現在、感染者数は急増している。


東大先端研でも1ユニットで1日5000件の検査をおこなうことができる

機器があり、計測を短くするキットなどもできている。

検査費用もスワブで2456~5887円、唾液PCRで2160~5591円と、

健康保険にもとづく測定の4分の1~5分の1でできることなど、

具体的な対応も提言したうえで、

「こうしたものを 総力を挙げて一気に投入し、一挙に、

責任者を明確にして 前向きな対策をする」こと、

「政治が意志を持ってやれば 感染を抑えることができる」ことを訴えた。

医療費は 受益者に支払うのが原則だが、現在起こっているのは

社会全体の安心安全の対策であり、予備費なども含め投入する

ことの必要性をとき、「国会をただちに開き、今週投入することが

1カ月後の 100倍の価値がある」と訴えた。


児玉名誉教授をはじめ、医療界や感染症専門家などのあいだで

検査拡大を求める声があいついでいる。

感染集積地と 非感染集積地を 明確にわけ、

感染の度合いによってガイドラインを変更するといった対応が必要であり、

全国一斉休校や 全国一律のステイホームは 誤りである

という指摘だ。

感染状況にもとづかない 全国一斉の自粛は 経済的な打撃も全国に広げている。

「世界に誇れる 日本のコロナ対策」などといっているあいだに、

時々刻々と事態は深刻化している。

このなかで7月22日にはGoToキャンペーンが開始され、

感染拡大を恐れる地方自治体のなかには 観光施設の閉鎖に踏み切る動きもある。

感染封じ込め、経済の再開の両面から、検査の拡充をはじめ

科学に基づいた対策が待ったなしとなっている。



世界の感染者 1700万人 を突破

世界の新型コロナウイルス感染者は 7月30日時点で 約1711万人。

死者は66万7000人をこえた。

感染者は23日に1500万人に達し、そのわずか3日後の26日には

1600万人となり、30日に1700万人と増え続けている。

WHOによると、24日に新型コロナウイルスの1日当りの新規感染者数が

世界全体で28万4196人となり、最多を更新した。

7月に入って新規感染者が20万人をこえる日が続いている。

感染者の多いアメリカ、ブラジル、インドの上位3カ国が

全世界の感染者数の5割を占めている。

感染上位国では、感染者が増えているだけでなく、

ここへきて 死者数が増えている のが特徴となっている。

https://www.chosyu-journal.jp/wp-content/uploads/2020/
 08/0437d0e80772a37c72dad981bde3adf6.jpg


アメリカでは29日の死者が1461人となり、

1日当りの死者数としては、1484人だった5月27日以来の高

水準となった。アメリカ国内での死者数は 累計では15万人を突破している。

さらに、アメリカの回復率は 32・9%。

感染者数上位の他国と比較すると、ブラジルの69・3%、

インドの64・5%、ロシアの74・8%と比べても

きわめて低い水準となっている。


https://www.chosyu-journal.jp/wp-content/uploads/2020/08/
 b4c2e93fcd2e7a06281c528c6ce041e0-351x400.jpg


その結果、アメリカでは 「感染している人」の数が 突出している。

この数は 累計感染者から回復者と死者を引いたものだ。

世界最多の米国は7月19日に250万人をこえ、

その後も増え続けており、28日時点で300万人に達しようとしている。

ブラジルは50万人台で推移し、増加傾向にあるインドは40万人を上回っている。

アメリカに次いで二番目に多い感染者・死者数がいるブラジルでは、

直近1週間で状況が急速に悪化している。

29日、新規感染者が6万9074人と 1日当りで過去最多となり、

累計で250万人を突破した。

また、1日の死者は1595人と、こちらもこれまでの最多を更新し、

累計の死者は9万134人となっている。

ブラジルでは先週1週間で7677人が新型コロナ感染によって死亡し、

週間の死者数としては、過去最多を記録した。

だが、これほど国内の感染状況が悪化しているにもかかわらず、

同日ブラジルでは3月から禁止されていた海外からの観光客受け入れに

踏み切り、国際空港を再開した。

政府は、渡航期間中に健康保険を掛けていれば、すべての国から

観光客が渡航できると説明しているが、

この決定の理論的根拠は示していない。

ボルソナロ大統領が感染防止のための 経済活動制限に反対していることから、

ブラジル国内では保健当局が ロックダウン(都市封鎖)緩和 に動いている。


インドではこの数日、急速に感染が拡大している。

1日当りの感染者数は23日から7日連続で4万人をこえており、

とくに貧困層で深刻な蔓延を招いている。

地元当局と医療機関が今月上旬、無作為に抽出した6900人以上を

対象におこなった抗体検査によると、西部の都市ムンバイのスラム街で

陽性率が57%にのぼり、他の地区では16%だったという研究結果が

28日に明らかになった。

だが、米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によれば、

インドでは人口10万人当りの死者は2・47人と、

米国の45・24人、英国の68・95人と比べてはるかに少ない。


ヨーロッパでは、スペイン、フランスとドイツで

再び新型コロナウイルスの感染者が急増している。

スペインでは、6月21日に非常事態宣言を解除し、

欧州連合(EU)加盟国と、欧州域内の自由な移動を認める

シェンゲン協定の加盟国からの入国を認め、

スペイン国内でも国民の自由な移動を認めた。

そこから約2週間後の7月上旬から 再び感染者が増えている。

同国では7月18~24日の1週間だけで、新たに1万2039人が感染。

ヨーロッパ各国から多くの人々が訪れるバルセロナやサラゴサ、

首都マドリードで感染者が急増。

前週の感染者数(6347人)から 90%近く増加した。

スペインは非常事態宣言を解除する前までの約3カ月間、

ヨーロッパでもひときわ厳格なロックダウン(都市封鎖)を実施してきたが、

解除後に人々の動きが活発化したのに比例して

感染者数が急激に増えている。

このため、イギリスでは、7月10日から

スペイン、フランス、ドイツ、イタリア、日本など59カ国から帰国しても

2週間の自己隔離を不要としていたが、

26日から、再び スペインからの帰国者と渡航者を対象に

2週間の自己隔離が必要となった。

フランスでも18日~24日の1週間で新たに5854人が感染し、

前週から50%近く増加した。

ドイツでは18日~24日の1週間で新規感染者は3615人。

前週の感染者2757人から 30・7%以上の増加だ。

オーストラリアでは感染第一波については迅速な封じ込めに成功した

といわれていたが、先月ビクトリア州で感染の第二波が発生。

オーストラリア国内は4日前に1日当りの死者が10人で過去最多

といわれていたが、30日には過去24時間の感染者数が約750人、

死者は少なくとも13人といずれも最多を更新した。

ビクトリア州都のメルボルンでは ロックダウンが再び導入され、

感染はシドニーなど他の地域にも広がりつつある。


再掲ですが、拙作三枚目、



 「娘と朝顔」です。 水彩  32cm x 40cm  紙


利権屋ども の暴走、 政権交代 あるのみ、

◆http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/598.html
投稿者: 赤かぶ 日時: 2020 年 7 月 31 日 1kNSCqYLU
衝撃データ> 日本の検査件数は 世界159位
 法改正阻む 厚労省と 分科会の罪
 (日刊ゲンダイ)



http://asyura.x0.to/imgup/d11/235.jpg

☆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/276587
日刊ゲンダイ  2020/07/29


「まず、徹底検査」 「検査能力には まだ余裕があるので、

都道府県と連携して、陽性者の早期発見、早期治療を進めていきます」――。

新型コロナウイルスの新規感染者が連日増加していることを受け、

こう意気込んでいた安倍首相。

「検査を増やす」と数カ月言い続けているが、

最近でも 検査を後回しにされる人が 続出している。

倍首相の言葉とは裏腹に、日本の検査数は世界に比べ、圧倒的に低い ままだ。

 ◇  ◇  ◇

新規感染者数が急増したことで、再び4月ごろのように

PCR検査をなかなか受けられない “検査難民” が増え始めている。

保健所に電話してもつながらない――。

ネット上では、こんな悲嘆にくれる声が噴出。

重症者でなければ、検査を受けられないケースがある という。

「今月上旬、かかりつけの患者さんから 倦怠感などの症状があるので

PCR検査を受けたいと相談され、保健所に連絡しました。

ところが、保健所から 『重症でないと 受けられない』

と断られてしまいました」(都内クリニックの医師)

 
感染症法改正 を阻む 厚労省と 対策分科会

日本の検査数は G7の中で最低、G20の中でもワースト2位だ。

1日あたりの検査能力を比較しても、日本が最大3万2000件である

のに対し、中国は380万件、アメリカは50万件、ドイツは18万件、

フランスは10万件にも上る。

日本が劣っているのはなぜか。

医療ガバナンス研究所理事長の 上 昌広氏 がこう言う。

「現行の 感染症法 では、民間の医療機関や検査会社は、

厚労省、国立感染症研究所、保健所 の指示がなければ

検査できません。 濃厚接触者以外に、医療従事者や

エッセンシャルワーカー、社会的弱者を 無症状でも検査できる建て付け

になっていないのです。

法改正が必要なのに、厚労省や国の感染症対策分科会が

横やりを入れている
。 法改正しない限り、検査拡充は期待できません」

感染症対策の基本は、検査と隔離。

この原則を無視する 安倍政権の下では、感染爆発するのも 当然だ。



「厄病神」のもとには、醜い利権屋ども (白蟻官僚 & 無能・感染医ども)

が 寄ってくる。 「類は友を呼ぶ」のですよ。

コメント

酷暑の葉月か

2020-08-01 10:11:01 | Weblog
 画は 再掲ですが 拙作にて

  「夏の 恵山岬」 です。
 
 油彩F15号


☆曇り。

ユダ米は 内戦化に向かうだろうが 支那が 無事とは 思えんね、

◆https://tanakanews.com/200730portland.htm
田中 宇 (さかい)   2020年7月30日
暴動が 米国を 自滅させる  


今年5月末に黒人のジョージ・フロイドが白人警察官に殺されて以来、

全米各地の大都市で警察敵視のデモや集会 が焼き討ちなど暴動に発展し、

現在まで続いている。 暴動の多くは米民主党の 左派(リベラル)勢力が主導

しており、民主党支持が多い米マスコミは「暴動」でなく

「平和裏な 政治運動」と歪曲して報じている。

西海岸のポートランドやシアトルなど、民主党が市長や州知事を握る地域では、

暴動が黙認され、左翼の暴徒が市街地を占領して「解放区」の創設を宣言している。

戦時中の中国共産党みたいだ。

左翼勢力は、全米各地で 「人種差別者」のレッテルを貼った

南北戦争時の南軍の将軍の銅像など を引き倒す 「文化大革命」も展開している。

米国を 「北米人民共和国」 や「北米ソビエト連邦」 にしたい感じだ。 


今の暴動の継続拡大の背景には、新型コロナの(誇張された)感染拡大 を理由

とした都市閉鎖により、経済と社会の状況が悪化した状況がある。

検査の急増などで 「第2波」が扇動されるなか、

それまでの小康状態が破れ、7月下旬に 全米各地で暴動が再燃した。

各地の警察(米国は自治体警察制 を採用)は、主に民主党が与党の

市や州の議会や政府によって 権限を縮小され、

暴動を鎮圧する能力が低下している。

そのため連邦政府のトランプ政権(共和党)は、民主党を批判する意味もあり、

連邦政府(国土安全省)の治安維持部隊を 暴動鎮圧のために

ポートランドなどに派遣(派兵)した。


各地で暴動を仕切っている民主党左派と、トランプは

(八百長プロレス風 ドタバタ劇の) 仇敵どうし だ。

トランプが「派兵」してきた連邦部隊は「平和裏」にデモや破壊を続ける左派勢力を

催涙ガスなどで攻撃した。 左派は激高し、左派が牛耳る米マスコミは

ここぞとばかりにトランプ批判の報道を展開した。

ポートランドなどで、暴動を鎮圧しようとするトランプの連邦政府と、

暴動に許容的な地元の民主党の市長や州知事、左派の運動家たちが対立している。


暴動激化の背景にあるのは 米2大政党間の戦いなので、

11月の米大統領選挙でバイデンが勝ってトランプが負けたら

暴動が終わるとの見方がある。 だが、それは間違いだとも指摘されている。

党内では主流派(中道派、軍産エスタブ) vs 左派 の戦いが激化しており、

主流派はしだいに左派を統制できなくなっている。

バイデンは中道派なので、当選し大統領になっても 左派の統制が困難で、

来年の政権初期に 左派が様子見をしていったん暴動が下火になっても、

来年も続くことが必至な コロナ危機の再発などを機に、

暴動が再燃する可能性が高い。 選挙結果に関係なく暴動は止まらない。

全米の大都市の暴動は 断続的にずっと続く。

これから 2-5年 続きそうなコロナ危機と同じぐらい 続く。


そもそも民主党は 党内の分裂が激化して 11月の選挙に勝てそうもない

バイデン優勢の報道は、16年のヒラリー優勢と同様、

民主党系が多い 米マスコミの 勇み足だ。

バイデンが負けてトランプが勝った場合、おそらく民主党内で主流派の権威が落ち、

左派がますます主流派の言うことを聞かなくなって過激化し、

2期目のトランプ政権の連邦政府と 鋭く暴力的に対立する傾向を強める。

コロナは 米国で 第2波、第3波が 扇動され続け、人々の生活がさらに悪化する。

悪化は、人々と公的財政に蓄えがあった これまでより、

蓄えが尽きるこれからの方が ひどくなる。

経済悪化と暴動悪化が 悪循環になり、米国は統制不能になっていく


米国の左派リベラルは 1960年代の反戦運動以来の流れをくんでいる。

彼らは長く民主党内の少数派勢力だったが、トランプ政権になって

民主党との対立が激化するとともに、煽られて民主党内で左派が強まった。

トランプは、左派を仇敵とみなすことで強化した。

イランや中国が、トランプに敵視されるほど国際社会で台頭している

のと同じ構図の策略だ。


すでに起きている ドル崩壊・ドル安 が進み、

為替安から 輸入品の物価が上がり、インフレが人々の生活をさらに悪くする。

日本など他の諸国は そうでもない

(検査増加で 演出されたコロナ再燃や、7月30日の故意の誤報っぽい 

首都圏の緊急地震速報など、人々に恐怖を与えるための 上からの脅しがずっと続くが)。

米国だけが悪くなる。

ドルが崩壊する中で、MMT(財政赤字増加の放置)や QEなど、

ドルの過剰発行に拍車をかける事業を展開すると、ドル崩壊に拍車がかかり、

米国の財政破綻・米国債金利の反騰(国債破綻)が起きる。

これまで起きないと言われてきた 超インフレや財政破綻が起きる。

米国は覇権国としての当事者能力を失っていく。


再掲ですが、拙作二枚目、



「夏 湯の川 トラピスチヌ修道院」です。  油彩F8号


米国が中国やEU、ロシアなど、諸大国と協調する姿勢(国際協調主義)をとれば、

世界が米国を助けてくれて 米国の覇権を維持できる。

だがトランプは 正反対に、世界との協調を断固拒否し、

中国やロシアとの新冷戦を激化させ、EUとは貿易紛争を続ける、

稚拙な単独覇権主義を突っ走っている。

この稚拙な覇権主義は、米国の覇権を自滅させる 隠れた目標のためにやっている。

ブッシュ政権時代からの 米共和党系の隠れ多極主義の策略だ。

この策略は、ほとんど気づかれないまま成功し続けている。

米国は自ら覇権を失っていく。

世界は、気乗りしなくても 非米化・多極化する しかない。


非米化や多極化に対して気乗りしないと思っているのは、

日本や西欧、豪加など 西側系の米同盟諸国だけだ。

中露イランを筆頭に、西側系以外の諸国は、もう米覇権体制でない方が良い

という考えを強めている。国連はすでに、トランプの米国に

主導権をとってもらいたくないという 非米的・多極主義的な姿勢をとっている。


非米的な国連は 最近、トランプと左派との米国内の暴動をめぐる対立に

横から参戦してきている。7月24日、国連の人権高等弁務官事務所UNHRC

トランプの米政府に対し、左派系の米マスコミの報道を軽信する形で

「平和裏に 政治集会を行う人々(左派)に対して 連邦部隊を派遣して鎮圧する

のはやめなさい」と警告した。

UNHRCと連携する国連人権理事会も同時期に、米国が体制的に

人種差別の構造を持っている疑いを持って調査を開始した。

いずれも国連が米国の左翼を応援し、トランプと喧嘩する姿勢で入ってきている。


UNHRCは 2006年に米国主導で作られた国連の人権組織だ。

米国(米英)は 冷戦後の世界支配の道具として、言うことを聞かない諸国に、

往々にして濡れ衣や誇張的な「人権侵害」のレッテルを貼って

経済制裁する「人権外交」を展開した。

UNHRCはそのための組織の一つだった。

米国が反米諸国に「人権侵害」のレッテルを貼って攻撃するための道具

のはずだったUNHRCが、米国に「人権侵害」のレッテルを貼って攻撃している。

ここまで露骨に 皮肉的な状況は初めてだ。


国連では もともと左翼が強い。

冷戦時代から、ソ連や中国、非同盟諸国といった左派の国々が、

国連総会などでの多数決の原理をテコに 影響力を持っていた。

冷戦後、米英が、反米的な左翼や イスラム主義の諸国における「人権侵害」

を誇張して経済制裁や政権転覆に持ち込む「人権外交」を

単独覇権主義の一環として強め、UNHRCを作った。

覇権主義の米国と、左翼やイスラム主義の非米・反米の諸国との対立が

国連で強まった。 米国は冷戦後、最初は国連から左翼を追い出して

米覇権の道具として使おうとしたが、911後は転換し、国連を捨てて

米国だけで世界を運営する 単独覇権主義を強めた。

その挙句、米国はイラク戦争やリーマン危機、そしてトランプの覇権放棄策など、

過激にやって失敗して 覇権を自滅的に喪失する動き(隠れ多極主義)

を続けている。 米国に捨てられた国連は、

中露など非米的な諸国が率いる傾向になっている。


人権外交の構図としてみると、米国の暴動は、ウクライナやシリアで起きた

内戦の初期に似ている。 暴動を「強圧的に」鎮圧しているトランプは、

ウクライナに例えると ロシア寄りのヤヌコビッチ大統領だし、

シリアに例えると 反米的なアサド大統領だ。

ヤヌコビッチもアサドも、米国(軍産)の人権外交によって

転覆されるべき政権だった(ヤヌコビッチは転覆されたが、アサドは露イランに

助けられ内戦に勝利した)。

米国の左翼は、自分たちが続けている暴動を鎮圧してくるトランプも

政権転覆させられるべきだと思っている。


11月の大統領選挙でトランプが勝ったら、左翼はその選挙結果を認めず、

反トランプ暴動を展開するかもしれない。

トランプは連邦政府の治安部隊を送り込んで 暴動を鎮圧する。

左翼と国連は、トランプはヤヌコビッチやアサドと同じだと言うだろう。

人権外交は、米政府のものでなく、反米的な国連や米左翼のものになっていく。

この展開において トランプは「極悪」だが、

軍産(米覇権勢力)が作った 人権外交の構図が、

半覇権・反軍産的な国連や米左翼のものになって

軍産の無力化が進む点では トランプの勝利である。

「トランプ vs 軍産」と「トランプ vs 左翼」と「米覇権主義 vs 多極主義」

の3つの対立が交錯している。


最近の記事「中露イランと 対決させられるイスラエル」に書いたように、

国連の人権組織(人権理事会など)や 国際司法組織(ICC=国際刑事裁判所)が、

米国とイスラエルの中東支配の象徴である イランやイラク、パレスチナに対する

攻撃・人権侵害を、国際犯罪として捜査し裁き始めている。


米国は 911前後から、覇権主義を 国際犯罪・戦争犯罪の域まで達する過激さで

やり続けている。 セルビア戦争、ソマリア内戦、イラク侵攻、アフガニスタン占領、

シリア内戦、リビア内戦、イラン核兵器開発の濡れ衣、ウクライナ転覆、

サウジにやらせたイエメン戦争、イスラエル占領容認など、

冷戦後に米国が手がけた戦争犯罪や人権侵害は 多数ある。

これまでは米国の覇権が強かったので、米国自身が国際的に裁かれることはなかった。

だが、米国の覇権が自滅的に低下し、覇権が非米側に移っていく 今後は違う。

戦後の新世界秩序(米覇権体制)が、

覇権争奪戦に負けた日独の「戦争犯罪」を裁く ところから始まったように、

きたるべき多極型の新世界秩序も、米国の「戦争犯罪」を裁く ところから

始まるのかもしれない。


再掲ですが、拙作 三枚目、



「夏 西波止場」です。 油彩F8号


哲学的ですな、

権力が 「あれするな、これやれ」 という昨今、 これ、おかしなこと でね、

◆https://indeep.jp/congratulations-to-sweden-i-love-you-now/
In Deep  2020年7月28日
おめでとう、スウェーデン。 そして、ありがとう。
 その中で 我々のほうは ただ退化していく



より抜粋、

☆「嫌いだったものが 好きになった」ことが嬉しくて

今回の新型コロナウイルスのパンデミックの中で、

私がひとつとても「良かった」と感じていることのひとつに

「自分の中に根付いていた ひとつのネガティブ要素が 消えた」

ということがあります。

それは端的にいえば、「実は、私は以前、スウェーデンが嫌いだった」のです。

それが消えたばかりか、この世で最も好きなひとつとなった。

なぜ、スウェーデンという国と、そこに住む人に対して、

以前あまり好意を持つことができなかったかというのはともかくとして、

事実としてそれがありました。


しかし、何度か記事にしていますように、新型コロナウイルスに対しての

スウェーデン国家の 人々を弾圧しない」という態度と、

そして、それを受ける国民の態度は、尊敬に値するとしか言えないものであり、

スウェーデンという国と、その人々は この世界で最も私たちが

参考にしなければならない人たちだ と知ることになりました。

他の多くの国や地域が 「間違った価値観で 命というものを評価」する中で、

スウェーデンは、新型コロナウイルスに対して 多数の死者が出る中でも、

人々の生活を いっさい変えずに 突き進みました


   輪廻転生の中で 受肉した人間が この世に生きている 意味は何か


という意味への理解が根底にあるとしか思えない

勇気のある態度だと思います。


そして、現在、スウェーデンは 新型コロナウイルスでの死者が

ほぼ出ない毎日に戻っていて、この後は わからないとはいえ、
 
「パンデミックは 終わった状態」

となっています。

これは、7月に入ってすぐの頃の 以下の記事でも取り上げましたけれど、

基本的には同じように、もはや脅威がほとんど存在しないまま

現在に至っています。


   スウェーデンの新型コロナウイルスによる

   新たな死者数がパンデミックが始まって以来、

   初めての「0人」に

  地球の記録  2020/07/06



しかし、これに関しては、私の考えとして、

「決して 勘違いしてほしくないこと」

があります。

それは、スウェーデンが結果として、新型コロナウイルスの対策に

成功したから褒めているのではないのです。

仮に、スウェーデンの「何もしない」という対策が失敗して、

とんでもない数の人々が感染し、亡くなったとしても、

「それでも その方法を 貫いていたなら」、

私はさらに感動したと思います。


人間は、どんな理由の下でも、誰にも束縛されるべき ではない


というスウェーデン国家の考え方に 感動したのです。

死が問題ではなく、人間の 魂」 の問題です。


いずれにしましても、スウェーデンの「何もしない」

というやり方は、この数カ月のあいだ、欧米諸国などから、

ボロクソに言われ続けてきました。

たとえば、すでにスウェーデンでの新型コロナウイルスの

新たな感染者数も、死者数もほぼ落ち着いていた 1ヵ月ほど前でさえ、

米のニューズウィークは、以下のようにスウェーデンを

公式の報道で罵っていました。

タイトルに「後悔?」とあるあたりに 「悪意」を感じられると思います。


  https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/06/post-93753.php
  ウェーデンが 「集団免疫戦略」を 後悔? 
  感染率、死亡率で 世界最悪レベル


政治や報道の人々などを含むエリートたちの

思想の根底にあることは、

  「人民などは 押さえつければいい

ということであることが、この記事のタイトルでもよくわかります。

エリートは 「自由という観念が 最も嫌いな集団」 である

のかもしれません。
  

科学的に ロックダウンや行動の制限 に意味がない

ことがはっきりしている今でも、

それを再開したり、強化するという行動の真意 には、

  もっと人類を退化させる

という目的と、

  さらに人々の 健康と免疫 を低下させる

という意図があると今は思っています。

その後、どうしようとしてるのかは知らないですが、

こういうのを陰謀論云々と言われてしまったら、それまでですが、

「実効的な意味がないのが すでに明白なのになぜ?」

ということに関して、メディアも政治家たちも 誰も何も言いません。

マスクや 過剰な消毒も そうですけれど、

人類の退化と免疫低下を目的とする 巨大なプロジェクトの一端

と思わざるを得ない部分は そのあたりにあります。


このような時代だからこそ、多くの人々に、

・真の健康とは何か

・生きているということの 幸せの意味は何か


ということを今いちど考えていただきたいようには思います。


そして、現代の西洋医学の観念全体に 対して言いたいことは、

 「人間は 機械ではない

ということです。

人間は、精神と身体と常在菌が 常に直結しており、

そして、人間というのは「人と人の コミュニケーションから

成立する生き物」であり、そして、人間というのは、

あらゆるバクテリアや微生物たちと 共生して生きており、

ビタミンDやメラトニンなど、

多くの生命のために必要な要素を 太陽からいただいている。

生命体としては、基本的にそれだけのことです。

そして、いつか 死ぬ。

この 「いつか 死ぬ」という部分を 

必死で否定するのが 現代医学です。

「死ぬほど 苦しみながらでも 生きやがれ!」

という西洋医学の理念は、果たして正しいでしょうか?

まあ、いずれにしましても、私たちの多くはスウェーデンのような

理念に下で生活することはかなわず、

マスクで窒息し続け、重要な常在菌を 日々殺しながら

生活するしかなくなっていますが、しかし、最終的には

自分で 考えることで、未来に対して少しでも良い方向には

進めるはずです。

考えましょう。



今月は 手前の新作は 遅れるか 無いかもしれません ので、

ご了承ください。



コメント

やっと梅雨明け

2020-07-31 10:57:47 | Weblog
 画は 歌川  豊春 (うたがわ  とよはる)

 享保20年〈1735年〉 ~  文化11年〈1814年〉

 江戸時代中期の浮世絵師。 歌川派 の祖。     作


  「金龍山 開帳之圖」 です。


☆曇り。

「れいわ新選組」は 創設1年余りの 山本太郎の個人商店、ワンマン一座。

新撰組で言えば 局長・近藤勇 ですよ。 土方は 誰なのか わからんが。

「士道に 背けば 切腹」、薩長の内通者 あまたおり 粛清に 次ぐ 粛清。

打倒、隷米売国・朝鮮カルト・自公政権 のため 戦闘力・大増強だ しっかりせい!

◆https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/18135
長周新聞  2020年7月30日
記者座談会れいわ新選組、しっかりせい!」 命の選別騒動 に思うこと



東京都知事選の直後から、れいわ新選組 界隈が揺れている。

大西つねき氏の「命の選別は必要」発言に端を発した 炎上騒動から、

その後の総会における除籍処分決定を経て、

最近になって参院選候補者だった野原善正氏が離党届けを提出する事態

にまで至り、政党誕生から1年という大切な時期に、

何かギシギシと音が聞こえてきそうな気配すら感じさせている。

沈黙による どんよりとした空気のなかで、多くの支持者たちは

「何事だろうか?」と気を揉み、果たして今後どのような一歩を

踏み出していくのかと 注目の眼差しを注いでいる。

こうした状態について、「長周新聞はどのように見ていますか?」

との問い合わせを複数いただいたことから、

この間の経過についてあるがままを整理してみて 記者座談会を持ち、

記者たちはそれぞれこう思っているという形式で 自由に語り合ってみた。

思いは千差万別であり、見解の相違があることも承知のうえで、

読者の皆様と共に考えてみたい。



A 都知事選直後に大西氏がユーチューブに配信していた動画が炎上し、
 「なんだか大変なことになっているぞ」というのがはじまりだった。
 「命の選別は必要だ」の部分だけが 一人歩きして、
 SNS上で とくに左側とおぼしき知識人 も参戦した形で
 「けしからん!」 「ナチス顔負けだ」 「麻生太郎と同列」
 「優生思想を許すのか」といった批判が展開されていた。
 正直、「いったいなにが起こってるんだ?」と驚いた。
 しかし一方で大西つねき氏が常々講演会や動画で話してきた内容
 を見てきた限りにおいて、その一部分切りとりでは判断がつかないな…
 という思いでなりゆきを見ていた。
 真意を知りたいし、どういう話の文脈でそのような言葉を発したのか
 を捉えない限り、批判も擁護もできないし、
 まずは動画をすべて見ようと思った。しかし、既に削除されていた。

B 大まかに経緯をふり返ると、都知事選終盤の7月3日、大西つねき氏が
 自身のユーチューブチャンネルのライブ配信で発した言葉が
 騒動の発端だった。同氏は視聴者からの質問に答える形で
 「世の中のお金が 利息など不労所得を得ている銀行などに集中し、
 ごく一部の株主のところには行くが、ほとんどの人々の手元には
 行かない。悲劇的なのは お金が行かないことによって活動ができない。
 例えば子どもの教育に充分使えない。
 子どもたちが学んで働いて、動けば新しい価値がどんどん生まれるのに、
 たかだか数字でしかないお金がないために 多くの子どもたちの
 大事な時間が浪費されるのは大きな問題」とのべたうえで、
 「(コロナ対応で)子どもたちの時間を浪費している。
 もっと時間を有効に使って 今しかできないことがいっぱいあるのに
 それをやらせない。本当にそれだけの意味があるのか
 真剣に考えなければいけない。このまま学校教育やわれわれの生活のあり方が、
 これからウイルスがいくらでも出てくるなかで、
 死に怯えて、ある生を 精一杯生きることなく、長生きすることだけに
 その時間を使っていくのか という哲学的な死生観の問題でもある。
 そこをわれわれはもう一回考えないといけない」とのべた。

 また「(コロナ感染で致死率の高い)高齢者は怖いのでは?」
 という視聴者の質問に答えて、
 「(高齢者にとって)リスクは常にあるし、死ぬ原因はいくらでもある」
 としたうえで、少子高齢化によって要介護人口が増えていくなかで
 「その高齢者をちょっとでも長生きさせるために、
 子どもたち、若者たちの時間を使うのかってことは、
 真剣に議論する必要がある」 「命の選別をするのかといわれるが、
 命は 選別しないとダメだ。 その選択こそが政治」 などとのべた。

 もともと大西氏は、JPモルガンや バンカース・トラスト銀行
 などでの為替ディーラーを経て、東北被災地や教育困難校での
 ボランティア活動をしてきた経験から、お金が社会や人々にとって
 必要なところに注がれず、借金を増やすことによって
 一部の富裕層に集中させている 現在の金融システムの不条理や、
 デフレや貧困を加速させてきた「緊縮財政論」を批判し、
 教育や介護などの社会的ニーズがありながら国の投資が少ないために
 酸欠状態に陥っている分野に 積極的な財政出動をおこなう必要性
 を説いてきた人物だ。だからこそ経済問題の専門家として、
 2019年7月の参院選で れいわ新選組の比例候補者となった。

C 少なくとも昨年本紙でもとりあげた大西氏の持論は、
 現在が子どもから高齢者まで 冷淡な「命の選別」に晒されている社会
 だからこそ、国が借金(国民にとっての資産)や
 政府通貨の発行による財政出動で 社会的に有用な分野を成長させ、
 無意味な金もうけや 貧困によって多くの人が命を絶つような社会
 を終わらせ、みんなが本当に必要だと思うことに
 時間と労力を注ぐことができる豊かな社会を実現しよう
 というものだった。 医療や介護の人的資源が 不足しているから
 「命を選別」せざるを得ないというのは、
 現在の緊縮財政を是認する主張にも捉えられ、
 その点から見ても首をかしげるものがあるし、
 事実に基づいて整理されたものでもなかった。
 議論を投げかけるにしても いささか観念的で、今向き合うべき現実から
 かけ離れていたのではないかと思う。
 そのため憶測や混乱が生まれ、批判や議論を呼ぶことは
 避けられないものだったと思う。

B たちまちSNS上では「れいわ新選組の候補者が
 優生思想を語った」 「相模原事件の犯人と 同じ危険思想」
 「ただちに辞職勧告か除籍が 政界の常識」
 などと蜂の巣をつついたような騒動になり、
 7月7日に大西氏は党本部からの指摘を受けて
 自身の公式サイトで発言について 謝罪・撤回し、動画を削除した。
 同日、山本太郎代表は、当該発言について
 「れいわ新選組の立党の精神と 反するもので看過することはできない」
 とする声明を出し、大西氏を除名するだけでは
 根本的解決にはならないため
 「命の選別の問題に 生命尊重の立場からとりくんでいらっしゃる方々
 からレクチャーを受けていただき、
 命について真摯に向き合うチャンスを与えたい」とした。

 その後も、大手紙では朝日新聞が「れいわの立候補予定者が
 『命の選別』発言」と報じ、ネット界隈でも「ナチス顔負けの発言」
 「殺人煽動を 公然とおこなった」 「解党的出直ししかありえない」
 「処分できない 社会常識の欠如」 「言語道断であり、公党として
 ケジメを付けろ」という激しい批判が主に「独立系メディア」や
 野党議員からあいついだ。

 10日に会見した山本代表は「大西氏の発言は、立党の精神である
 “生きてるだけで 価値がある”という世の中を実現していく
 という理念に 真っ向から反した考え方である」と断罪して
 党代表として謝罪し、大西氏の処分については党の意志決定機関である
 総会に諮り、みずから除籍を提案することを明かした。だが、
 各地のボランティアなどの支援者からは
 「大西氏の発言に問題があったとしても、
 一方的に優生思想と断定し、問答無用の除籍ありきで 
 総会をおこなうのではなく、大西氏の真意と発言の経緯を
 公の場で明らかにし、透明性のある組織運営をすべき」
 などの意見も少なからずあった。すでに動画は削除されていたため
 発言内容の検証はできず、大西氏も謝罪と発言撤回をしている状況下でもあり、
 支持者からすれば、問題の性質をはっきりさせるためにも
 公平・公正な論議と説明を求めるのは当然のことだ。
 煽られた炎上騒動に 即物的に反応するのではなく、
 冷静によく話しあえ ということだったと思う。

 15日に非公開で4時間にわたっておこなわれた臨時総会(出席者18人)
 では、大西氏の除籍処分案が14対2の賛成多数で採択された。
 総会を前後して、同党の参議院議員である木村英子氏は
 「自分の命を 人に預けなければ生きていけない人たちにとって、
 恐怖をあたえる発言であり、高齢者だけではなく 障害者も含めた
 弱者全体を傷つけた暴言」とし、
 同じく舩後靖彦氏は、前日に開いた当事者(障害者や難病患者)の声を
 聞く会で「当事者の方の声を聞いてなお、大西氏は、
 当事者の痛みや 恐怖に対して、理解されないまま
 自説を変えようとしませんでした」とのべ、
 大西氏の態度を 「おごり」として批判する声明を発した。
 こうした構成員による発言からも、大西氏とのメンバーの矛盾は
 除籍や離党が避けがたい状態にまで こじれたことがうかがえた。

C 大西氏は翌16日に単独会見をおこない、
 「命の選別」という言葉が出た真意について語り、
 言葉の切りとりや恣意的解釈による報道で 歪んだ評価が広がったことや、
 処分を前提としたれいわ内部での話し合いでも 折り
 今後は新たに自分で 旗を立てて次期衆院選を目指す ことを宣言した。
 経緯を含む詳細は、大西氏の公式サイトに全文が掲載されている。


 騒動後も問題がくすぶっている最大の要因は、
 れいわの母体である支援者が 置き去りにされた ことだと思う。
 大西氏の不用意な発言に端を発しているが、
 支援者に対する十分な説明がないまま処分が先行され、
 その過程で除籍に反対した支援者まで 大西氏と同じバッシング
 に晒されたことが 現在でも不信感として一部にくすぶっている。
 野原氏が組織運営のあり方に異議を唱えて離党宣言した
 ことも支援者を心配させている。

 れいわが組織として擁立したメンバー間の意志疎通や信頼関係が
 どれだけ構築されていたのか、このようなトラブルにさいして
 支援者との関係を第一に考えるプロセスになっていたか
 についても検証し、今回のような恣意的な炎上攻撃に対しても
 微動だにしない確固とした支援者との関係を築くべきだと思う。



意図的に 薪くべる勢力 れいわ潰しも 背景

D れいわ新選組の屋台骨が揺らいでいるかのような光景にも見える。
 この揺らぎに耐えてより強靱な勢力として台頭していくのか、
 それとも出る杭は打たれるの如く、叩いて潰してやろう
 と意図する勢力もいるなかで 足腰の揺らぎ、すなわち
 重みに耐えきれずにひねり潰されるのか、
 正念場のような気がしてならない。
 内部事情など露知らぬ身としては、静観というより客観視もしつつ、
 叱咤激励の思いから、しっかりしろよ! とただただ思う。
 既存の政治勢力におもねらない 新しい政党の挑戦は
 まだ始まったばかりではないのか … と。

 恐らく昨年からの旋風を支えてきた多くの支持者も、何事だろうか? 
 と気を揉みつつ、SNS等でなにを発信するわけでもなく
 見守っている人が大半ではないだろうか。
 少なくとも自分たちのまわりでは、「なにやってんだ?」
 「しっかりせい!」とみんながいっている。

A 一連の経過と決定を どう見るかを巡って、現状では支持者のなかで
 一定の動揺が広がり、大西氏への処分や 政党としての在り方について
 納得していない人たちのなかからは、れいわ離れも 進行しているように見える。
 ポスターボランティアを毎週やってきた支援者のなかからも、
 「少し考えさせてほしい…」と言葉少なに距離を置く人が
 出ているのも事実だ。あるいは状況について静観し熟考しつつ、
 短絡的に善し悪しを判断したくないと思っている人だっている。
 また、批判や指摘をするべきはしつつ、尻を叩いて政党としてより強く
 育ってほしいと願っている人もいる。それも支持するからこその思いだろう。
 人の思いは千差万別である以上、それらの違いは当然生じうるし、
 致し方ないものではある。

 一方で、ここぞとばかりに “れいわ潰し” に熱を上げ、
 右も左もハッスルしている勢力だっている のが現実なのだ。
 むしろ、そっちの界隈が大喜びで 炎上させている風にすら見える。
 そうした攻撃に対して はひるむのではなく、ファイティングポーズを
 崩してはならないと思う。
 東京都知事選はある意味、一発入れにいったなと思って見ていた。
 それが終わってみると 「江戸の敵を長崎で討つ」ならぬ
 「都知事選の恨みを つねき炎上 で討つ」みたいなのに火がついている。

C 「命の選別は 必要だ」発言については、大西氏の動画を見る限り、
 やはり言葉としては本人も認めている通り 乱暴であったことは否めない。
 選別される側が抱く感情や 機微についての 言葉や配慮が足りず、
 当事者が 恐怖を感じたのも事実なのだ。
 また、なぜここにきて 大西氏が 老人vs若者 という問題の立て方
 をしたのかへの疑問点もあるし、反緊縮を訴えながら
 社会的リソースの問題の結論が そこなのか? と疑問にも思った。
 受けとり方はそれこそ人それぞれだろう。
 しかし、除籍後の記者会見動画も通じて、大西氏の真意については
 一定の説明がなされたようにも思う。

 従って、一部の言葉尻をとらえ て同氏を優生思想論者であるとか、
 ナチス顔負け、麻生太郎と同列 などという扱いは
 あまりにも極端すぎるもので、それは別感情を抱いている者が
 火に薪をくべているだけだろうとも思う。
 そんなものに与するわけにはいかない。除籍になったとはいえ、
 氏は氏で政治家としていいたいことを自由にのべる道を選択し、
 みずからの言論を張っていくというなら、
 誰にも束縛されずにおおいにやるべきだと思う。
 所属政党がどこであれ、政治家たる者は堂々と批判にも向き合って
 言論で勝負し、その善し悪しは最終的には 有権者が判断することだ。
 受け入れるか否かを判断するのは、有権者の側に委ねられている。

E 一方で、れいわ新選組としては総会において除籍という厳しい判断
 を下した。これまた いかなる真意であれ「命の選別は必要」
 という発言は譲れない問題であるという政党としての判断だろう。
 ケジメとして必要であると判断したからこそ 
 除籍処分という重い決定を下した――。
 その結果について誰が何をいおうと政党としての意志なのだ。
 しかし同時に、見る者によっては 乱暴過ぎる印象を受けた人々も
 少なからずいたのが現実で、炎上に慌てて自己防御のために
 火消しに走ったと落胆する人だっていた。
 「除籍までは やり過ぎだろう…」と。
 また、組織の意志決定が どれだけ民主的にやられているのか等々、
 支持者のなかには様々な疑問や思いがくすぶっているのも事実なのだ。
 こうした支持者の思いも含めて微妙な空気をどう受け止め、
 応えていくのか、建設的に次の一歩を踏み出して欲しいと思う。

B こう見る者もいれば、ああ見る者もいる――。
 まさに千差万別な状況のなかで問われる選択。
 今回の件については正直いって、どちらかがすべて正しく、
 どちらかがすべて誤っているとも思わない。
 あっちの味方か? こっちの味方か? 
 という類いの問題にも見えない。また、れいわ新選組内部だけの矛盾
 という単純なものにも思えないし、そこには先ほどものべたように
 炎上狙いで 意図的に薪をくべる側もいて、
 “れいわ新選組 潰し” との激闘が始まったように思う。
 しかし、いずれにしても一つの政党のなかで
 疑問や異論が生じたならば、そのなかで喧々囂々(けんけんごうごう)
 ではなく、侃々諤々(かんかんがくがく)と忌憚のない意見を
 ぶつけあい、最終的な判断として袂を分かつこともあれば、
 矛盾を乗りこえて手を組む等々含めて、政治である以上、
 厳しい決断がともなうのも当たり前だろうと思う。
 もっとも大切なのは、次の一歩を どう踏み出すのかだ。
 困難ななかから はいつくばってでも前に進んでいくしかない。
 願わくば、大西氏の発言をきっかけに、そのテーマが社会的である以上、
 より党内論議を深めたらよかったのにと思う。
 言葉狩りにあって潰されたような印象が拭えず、
 すべてが乱暴に始まり乱暴に終わっていったような感じに見えて、
 そこに置き去りにされた支持者の側の 
 悶々とした思いがあるのだろうと感じる。



政党としての 成長過程 指摘や批判に どう向き合うか

D ツイッターなどでさまざまな角度から批判もあれば
 叱咤激励も飛び交っているなかで、こうした意見にどう向き合うのかも
 大切ではないか。明らかにれいわ潰しを意図したものと
 そうでないものは当然峻別しないといけない。
 しかし、例え厳しい指摘や耳障りなものであっても
 向き合えるかどうかだと思う。
 政党として常に晒される公的な存在になったからには、
 これからも批判や指摘を受けることは当然あり得るのだから。
 例えば幹事長を置くべきだとか、太郎独裁みたいな状態を脱して
 党の意志決定の過程を透明化せよと危惧するもの、
 規約をしっかりとしたものにせよという意見、
 寄付は募るくせに支援者の意見は聞かないのか
 とか さまざまなものがあった。「独裁」はいい過ぎだと思うが、
 恐らく山本太郎の個人商店みたいな状態を みなは心配している
 のだろうと思う。それが異論は許さないというような空気や、
 問答無用で排除するみたいなのと 重なったのも事実だ。

A 批判や意見をすることがけしからんとは思わない。
 おおいにいいたいことをいい、自由であれと思う。
 ボランティアや支持者は黙ってカネだけを出す信者とか宗教団体
 ではないのだから。一人一人に思いはある。
 しかしその議論のなかから 建設的に進んでいけるかが大切だろうと思う。
 批判されると 確かに耳障りだったり、嫌な気持ちにもなるが、
 図星だったら受け入れて 自分を変えて進化する方が正しいと思う。
 固執しないで柔軟に変わっていく強さが必要だ。
 政治ならなおさらだ。組織的にも立て直すべきではないか
 という指摘については、結構正鵠を得た指摘ではないかと感じた。
 参院選までは個人商店的でもよかったかもしれないが、
 やはり今後国政政党として政権をとりに行くと訴えている以上、
 全ての判断や責任を代表である山本太郎一人が背負っていく
 というのも重荷すぎる。またそんなことは不可能でもある。
 今以上に組織的にも大きくなっていくことを考えたら、
 現時点でのキャパの限界という課題をどう打開していくのかは
 重要ではないか。それは大変なことだろうが、ある意味、
 負担も分散させながら 次なる変化、組織的な進化が求められている
 ということの証でもあると思う。
 むしろ、そこまで心配している支持者の 本気の思いを感じる。

E いいたいことを自由にいい、そのなかから正しいと思う選択を
 くり返して進化していく。れいわ新選組の生命線はそこにあるのではないか。
 まだ誕生して1年そこら。
 進化・成長の過程で たじろいでいる場合ではない。
 本人たちは街頭からいいたいことをあからさまにいって、
 既存政治に忖度なしで 批判を加え、それこそ自由にやってきたわけだ。
 であれば、「異論 は許さない」みたいな空気はそぐわない。
 その辺が ちぐはぐかつ一方通行気味に進行した結果の 動揺だと思う。

D 代表である山本太郎におんぶに抱っこ状態で 一馬力依存である
 ことのデメリットも今回の一件で感じたことだ。
 あの街頭でフルパワーの演説によって旋風を起こしていく威力と同時に、
 もっと構成メンバーも実力をつけて 同レベルくらいの存在になってほしい
 と願っている。一馬力依存であるが故に、意志決定も含めて一馬力決定
 のように傍からは見られ、また周囲も意見しづらくなるだろうし、
 結果的に 山本太郎+付属物みたいに見られてしまっている。
 もっと構成メンバーも含めて みんなの力を発揮しながら、
 政党としての総合力みたいなものを押し出せれば、
 状況は変わってくるのではないか。
 「信者」などと揶揄する勢力もいるが、おんぶに抱っこ状態が
 そういわせる遠因でもある。そこは切磋琢磨、つまり全体の努力がいる。
 「政治は 信じるものではない。みんなで監視しつくっていくものだ」
 を本当の意味で実現していく道のりがいる。


A その後、支持者が分断された格好で 一部で批判合戦も
 くり広げられているが、れいわ新選組、あるいは大西つねき氏なり双方の
 支持者がたたかう相手は誰なのか を冷静に考える必要があるのではないか。
 れいわ新選組vs大西つねき、あるいは双方の支持者がぶつかる
 というのでは、本来たたかうべき相手を見失ってしまい、
 何のことだか分からなくなってしまう。
 矛先が別物にすりかわってしまうような気もする。
 みんなが生きにくい社会をつくり出している支配構造の元凶に向かって、
 みんなで束になって国政政党として立ち上がってきたわけで、
 感情はさまざまあるだろうが、ここだけは見失ってはいけない点として
 はっきりさせないといけないと思う。

E 参院選からの突貫工事というか、結構緩い形で 
 れいわ新選組はつながってきたような印象だ。その分、大同小異というか、
 細かい点での見解の違いなども当然あるはずだ。
 創価学会のようにみんなが宗教的にまったく同じ見解であるとか、
 トップが独裁的な力を有して 右へならえという組織ではないなら、
 「私はこう思う」 「否、私はこう思う」 という意見が自由闊達に行き交い、
 そのなかで問題解決に導いていけるのがベストだ。
 国会という言論の府で勝負するなら なおさらで、
 多種多様な意見を言論によって自由に表現するのが政治家だ。
 しかし、その見解の相違が 非和解的で政党として許しがたいもの
 であったなら、今回のように最終的には決裂するというのもあり得る話だ。
 それは悲しいとか悔しいとかの感情の話でもないように思う。
 除籍、除名などの扱いは そのためにある。



衆院選 に向けた 次の一歩を

A いずれにしても、今回の件で立ち止まっている場合ではない。
 ふんどしを締め直して大暴れしたらいいのにと思う。
 こんな政党が日本社会に一つくらいあったっていいじゃないかと思うし、
 世界的にも 反緊縮の第三勢力ともいうべき政党が 街頭からのし上がっている。
 たたかう相手は経団連であったり、植民地支配をいまだに続けている
 アメリカ及び多国籍資本であったり、もっと巨大なはずだ。
 誰とたたかうために 誰と手を組み、何を為すのか――。
 そこじゃないか? 
 どうも矛先のずれてしまった感情的ぶつかりや 騒動に釘付けにされて、
 みんなが疲労困憊しているような印象がする。
 問題点や課題はすっきりと炙り出して、次に進む必要があるのではないか。
 弱点があるなら、それを克服するしか術はない。
 少しの躓きでへこたれるべきではないし、支持者を信頼して
 しっかり向き合うことでしか進めないと思う。
 恐らく大半の者が「しっかりせい!」と思っていると思う。
 旗を立てた以上、掲げた政策の実現のために たたかい続けるしかない
 のも現実だ。

E れいわ新選組が新自由主義に公然と反旗を翻して台頭するのが気に入らない者が
 一方で存在する。既存の政治勢力が支配の支柱として 
 野党も含めて欺瞞してきたなかで、それらが選別され、
 政治勢力としての入れかわりの時期にさしかかっている。
 だから、今回の炎上でも ムキになって薪をくべていたのは 左側だった
 のも特徴だ。泡沫政党としての危機感から駆り立てられるのだろうと思う。
 そのような矛盾が現実にあり、れいわ新選組は抜き差しならない緊張感
 のなかに存在している。背中を見せたらやられるのだ。
 この炎上騒動以後は まるでサンドバッグ状態じゃないか。
 今は小さな存在だから メディアも放送禁止物体として 無視を決め込んでいるが、
 そのうち醜聞を叩き始めたり、あの手この手の攻撃をすることだってある。
 弱点や急所をつかれるものだ。しかし、片手ではね除けていくくらいの
 性根や 組織的体制がいる。
 リーダーがどんと構えて、しかしみんなの創造的で能動的な力に依拠して
 進むなら 塊はもっと巨大にしていけると思う。
 それこそ、全国で 火だるまを転がして 大きくしていけばいいのではないか。

B 炎上している折に、「火だるま」とかいったらドキッとする
 というか、傷に塩を塗るような感じがするんだが…。

E 塩でも塗って「痛ってぇな!」くらいでいけばいいじゃん。
 困難にぶつかっているなら、自分たちの力で乗りこえていくしかない
 だろうに。れいわを潰したいと手ぐすね引いている勢力が
 間違いなく存在する。ある意味、その存在が炙り出された炎上騒動でもあった。
 潰そうとしている者がいる以上、これにひるんだり、へたりこんで
 フルボッコにされているような 無様な姿勢は見せるべきではない。
 一発ジャブくらった程度で、ノックダウンするほどの致命傷か? と思う。
 「命の選別」発言について、除籍処分という政党としての判断を下したのだから、
 それを有権者や支持者がどう受け止めるのかは人それぞれだ。
 その際に生じる批判や意見についても 正面から受け止めて、
 政党として成長していく以外にないではないか。
 後ろ向きでじっとしているのだったら、
 これが仲間だったら尻をひっぱたきたい気分だ。

A 既存の政治に対して真っ向勝負を挑んできたことで、
 睨まれ、疎まれ、目障りな存在になっている。
 だから、当然にも攻撃される。それに対して後ろ向きの防御ではなく、
 あくまで実現したい政策のために 突き進んでいく以外に
 選択などないと思う。修羅場や困難があるからこそ揉まれ、鍛えられて
 強くなる--。 人間、みんなそんなもんだろうと思いつつ、
 れいわ新選組が 次なる一歩をどう踏み出していくのか注目して見ている。
 なにかをすれば善し悪しは 必ずや有権者によって、それこそ厳しく
 「選別」されるのが政治だ。
 そういう意味で「政治の選別は 必要だ」と言いたい。

C 実際にやるべきことは、次期衆院選において 選挙区で地上戦を展開する
 ことだろう。世の中をよくするために巨大な権力と対峙しないといけないなら、
 立ち止まってないで次に進まないといけない。
 この座談会で好きなことを語り合っているが、
 それを気に入らないと怒る人もいれば、愛の鞭と捉える人だっている
 かも知れない。れいわ新選組のスタッフなりが読んで
 生意気だなといって激怒するのもよし。そ
 れで「ポスターを剥がして下さい」といいに来るもよし。
 もう人それぞれなのだから、その評価のなかに迷い込んでどうするのかと思う。
 分断されるのではなく 団結できるすべての力とつながっていく方向
 に進んでほしい。それだけだ。

A みんなを幸せにしたいんだ! の訴えを実際に政策として実現するまで
 たたかいの連続だ。 始まったばかりで 脚がからまって ずっこけている
 ようにも見えるが、必死に頑張る者について、上からマウントで評論したい者には
 評論させておけばよいと思う。しかし、必死に頑張り続ければ
 その姿勢を必ずみんなが見ている。
 その信頼は簡単に崩れるものではないのだから、
 支持者を信頼して進んでほしいものだ。
 脇を固めつつ、ちょっとやそっとでは揺るがない塊となっていくなら、
 より強靱な政治集団として台頭していけるように思う。

D 山口四区では候補者の竹村さん自身がもっともポスターを貼っているが、
 本人自身が汗を流し、必死になっている姿勢が受け入れられている。
 だからこそ、他のボランティアのみんなも「もっと貼ろうぜ」と
 意気が上がるようだ。「竹村、頑張ってんな!」
 と街のおっちゃんやおばちゃんたちも見ている。
 「ポスターを貼って下さい」と本人自身が足を運ぶものだから
 印象が強いのか、はたまたガタイがでかいから忘れられないのか、
 「アイツ、この前○○(安くて美味しいと評判の地元店)で
 クレープ買ってたぞ」とか、その他の行動も細々と街の人たちのなかで
 話題にされていて、正直うける。
 だいぶ街中でピンクのれいわポスターが目立ち始めていて、
 「みんな貼ってんじゃん」(うちも貼っていいよ)現象みたいなのも
 起こっている。 ゼロから1は大変だろうが、頑張れば次の局面で
 2になり3になっていけるのかなという印象だ。

 他の選挙区がどうなっているのかは知らないが、候補者自身が
 汗をかいて地域コミュニティの中に入っていき、
 その地域に暮らしている人々と切り結んでいく努力がなければ、
 選挙区など 街頭旋風だけでたたかえるものではない。
 草の根で努力し続けるのは大変かも知れないが、
 候補者を立てただけでは選挙にならないのだから、
 もっと目に見える形で支持者を広げ、束にしていくことが必要なのだろう。

B 読者の方々から寄せられた「長周新聞はどのように見ていますか?」
 の問いに、以上のような記者たちの論議で応えられたのかはわからない。
 しかし、いずれにしても「れいわ新選組、しっかりせい!」
 とは思っている。 叱咤激励したいと思う。



豊春、二枚目、



「品川 京夕」です。


天寿を 全う、

◆ttps://news.infoseek.co.jp/article/sankein_wor2007300019/
産経ニュース / 2020年7月30日
李登輝氏 死去】 習近平氏の野望を阻んだ 「台湾人意識」 
 尖閣は日本のものと 公言



【北京】中国の習近平国家主席は台湾に

「一国二制度」の受け入れを迫っているが、その台湾統一の野望を阻む

最大の砦(とりで)は、李登輝氏が総統時代に

政治改革や教育政策などを通じて確立させた 台湾人意識だ。

台湾の主体性を重視するこの意識は 今や党派を超えた台湾民意の主流となり、

李氏の死去で揺らぐことはなく、習指導部に残された手段は 限られている。

台湾統一は習氏が掲げる国家目標 「中華民族の偉大な復興 という中国の夢」

の中核だ。 だが2012年の習指導部発足以降、

台湾独立志向の民主進歩党を率いる 蔡英文氏に 二度の総統選当選を許す

など台湾政策の成果は乏しい。

特に今年1月の総統選は、香港への統制強化が

台湾社会に 一国二制度への不信感を募らせる結果 となり、

中国側の “オウンゴール” に終わった。

焦りを隠せない習指導部は5月、党序列3位の 栗戦書 政治局員が、

台湾独立の動きがあった場合に 武力行使することを規定した

「反国家 分裂法」 に基づく軍事力の発動を示唆した。

中国が 武力侵攻に踏み切る可能性はあるのか。

李氏は18年10月、産経新聞の取材に

「米国が どの程度関与してくるかは 不明で

(台湾も)過大な期待を持つべきではない」としつつ、

中国側にもリスクは大きいとの見方を示した。

北京の中国人ジャーナリストも 「もし台湾側に 三峡ダムを爆撃されたら

下流の 江蘇省や浙江省は水没する」と指摘し、

習指導部が 政治的賭けに出る可能性は低いとみる。

李氏は 総統退任後、台湾を「正常な国家」とするための新憲法制定を掲げ、

中国が領有権を主張する 尖閣諸島(沖縄県石垣市)も

「日本の ものだ」 と公言。

中国の左派を 「現代最大の 漢奸(かんかん)だ」(中国紙・環球時報電子版)

と逆上させた。

中国ではこうした批判の声が大勢を占める一方、改革派の中には

「台湾の民主改革を 穏健に実現した」(北京の政治学者)

と評価する声もある。


____________________________________


Wikipedia  李登輝 :

(り とうき、リー・テンフイ Lí Teng-hui、

1923年〈大正12年〉~ 2020年7月30日)(享年97)
 
台北高等学校に入学した登輝は、1年次に
台湾総督府が推進した 皇民化運動の中で展開された
改姓名運動の中、「岩里 政男」と改名。
生涯流暢な日本語を話し 「21歳(1945年)まで 日本人だった」
「難しいことは 日本語で考える」 と公言している。
訪日時は 日本語を使用している。


豊春、三枚目、



「肉筆 向嶋」です。


暗殺に 怯える 習近平、

◆http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/
日本や世界や宇宙の動向  020年07月30日
メイカさんからの 続報


そのうち日本にも中国から 謎の小包が届くかもしれませんね。

中に炭素菌などの生物兵器が混入しているかもしれませんので

中国から謎の小包が届いたら必 ず警察に届けましょう。


メイカさんによると:

  ・習近平は 6月初めころから表に出ていない。
   トップ7がどこに行ったかわからない状態。
   7月初めころに 元国家副主席 曽慶紅派が
   習近平のクーデター未遂。
   共産党内戦に 習近平は勝利した。
   曽慶紅派と 江沢民派は 敗北。
   クーデターに参加した曽慶紅の家族も
   逮捕されるだろう。江沢民の長男、江沢民の孫、
   解放軍の幹部数人も 逮捕されるだろう。
   習近平の事務所の主任も逮捕される。
   習近平は内戦に対応するために
   表に出なかった。江沢民派は 以前から
   習近平の暗殺を計画していた。
   習近平が独裁権力を握ったことを
   江沢民派の曽慶紅は激怒していた。
   江沢民派は財産没収、逮捕、刑務所に投獄される。
   米国は習近平を利用して 江沢民派を潰させている。

  ・23日に米国の100以上の宗教団体(キリスト教、他)や
   人権活動家らは、バー司法長官に対して、
   中国共産党を 国際犯罪組織として認めるよう
   文書で要請した。
   その理由は、中国共産党は意図的に
   武漢肺炎を 世界にばらき
   世界中の人々の命を危機にさらしている犯罪集団。
   中国共産党は 国内外の法律を一切守らない。
   中国共産党は米国に対する生物兵器戦争を始めた。
   また、中国共産党は 合成麻薬(オピオイド)を
   米国に輸出し 毎年3万人以上の米国民を
   死に追いやっている。
   2014年に 中国のハッカー集団は
   米国の企業に侵入し 8000万人以上の個人情報を盗んだ。
   2017年、中国のハッカー集団は1憶4500万人の
   米国民の個人情報を盗んだ。
   2019年には 3億8千人の米国民の個人情報を盗んだ。
   もし米国が中国共産党を国際犯罪組織として認めたら、
   米ドルとの交換は禁止になる。
   FBIは、中国共産党は 米国に対する国家的脅威である
   と警告した。米国は中国人スパイだらけ。
   頻繁にスパイ活動をしている。
   米国の40万人の中国人留学生の多くが
   人民解放軍のスパイ。
   2014年に中国人民解放軍は ロシア国防軍から
   S42ミサイルを購入する契約を交わした。
   しかしロシアはまだ中国にミサイルを渡していない。
   インド国防長官はロシアの軍事パレードに参加した後に
   ロシアからS400ミサイル、戦闘機、他の武器を
   購入することをロシア側に伝えた。
   ロシアは来年、インドと ミサイル売却の契約を交わす
   ことにした。中国は先にミサイルを注文したが、
   ロシア政府は中国に売却せずに インドに売却する
   ことにした。ロシアが仲が良いのは 中国ではなく
   インドである。

  ・昨日、台湾の住民の家に上海から謎の小包
   (栽培用の土が入っている)が届いたが、
   心当たりがないため、台湾国境検査局に連絡した。
   米国にも中国から謎の種が届いたが、
   台湾には謎の土が届いた。カナダにも謎の種が届いた。
   カナダに届いた小包には 台湾の住所が書かれていたが、
   これは偽の住所と判明。実際は中国から送られたもの。
   土の中に炭素菌が含まれている場合があるので
   警戒すべき。
   日本も同じような小包が届くかもしれないので
   警戒すべき。


https://www.youtube.com/watch?v=HIHuNio1Ouc

中国でクーデター・曽慶紅派が未遂  /

米・宗教100団体が 連名で 中国の国際犯罪組織 認定求める

台湾・カナダでも謎の小包



「支那は 孤立を 恐れない」 ww
 

コメント