ギャラリー酔いどれ

売れない絵描きの世迷い言&作品紹介

風薫りⅣ

2012-06-30 10:58:46 | Weblog
 画は鈴木 春信(すずき はるのぶ)

 享保10年(1725年)?~ 明和7年(1770年) 作


  「めだか捕り」です。


☆晴れ。

昨日の「反原発デモ」、20万超えたようですねぇ。

歴史的快挙ではないのか、参加の皆さん、お疲れ様でした。

◆http://www.asahi.com/national/update/0629/TKY201206290577.html?ref=infoseek
朝日新聞デジタル 2012年6月29日
全国各地で原発抗議 官邸前「15万人」で騒然


関西電力大飯原発(福井県)の再起動を7月1日に控え、
反対する市民らの抗議行動が29日夜、首相官邸前であった。
毎週金曜日夜を中心に実施されてきたが、
主催者はこれまで最高だった前回の約4万5千人を大きく上回る
15万~18万人が集まったとしており、
官邸周辺は騒然となった(警視庁調べで約1万7千人)。
同じ時間帯に全国各地でも抗議行動があり、反対の声は広がりを見せた。

官邸前では参加者がマイクで「名誉ある撤回を」「国民の声を聴け」などと
次々と声を張り上げた。
車道にまであふれた参加者は中高年から子連れまで年齢層もさまざま。

東京都足立区の主婦(36)は、長男(7)とベビーカーの次男(3)を連れ初めて参加。
「政府は私たちの生活を全く考えていない。これまで黙ってみていたが、我慢の限界に達した」
と話した。「私たちは、選挙かデモでしか訴えられない。
自分たちの気持ちを伝えていくうえで、結局、数にまさるものはない」と力を込めた。



◆http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」2012/06/30
<アラブの春、日本の夏>20万人!官邸前脱原発デモ!日本を変える三日間!

より抜粋、

ものすごく多くの人が全国から集まった。
10万人をはるかに超えて20万人いったらしい。

「そうだ。首相官邸、行こう。」

北海道から電車で6時間かけてきた60~70代のおばあさん、
北陸から貸切バスでやってきた 原発反対の会の人たちなど
全国から日本を救うために集まった。

そしてごく普通の人たち、普通のおばさん、普通の学生、
普通のおじさんなど、普通の女の子など、市民が「原発反対!」と声をあげている。
友達同士で来ている人もいる。

いわば、市民が自発的に全国から集まっているという
今までにない画期的なデモなのである。


鈴木春信、二枚目、



「当世七福神」です。


「再稼働反対」叫ぶ20万人の洪水
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/259.html


首相官邸前の反原発デモ! 山本太郎さんがヘリコプターから空撮・実況中継!
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/255.html


山本太郎氏の姉がこの金曜日に「逮捕された」とニュース報道があった。
19日に逮捕しておいて29日のこの日に発表したという。
しかも「脱原発でつかれたから」と言っていると報道されていたが、
どう考えても、そんなことをいわないのではないか?
つまり脱原発の運動を悪いものだと印象づけようとする報道だったのではないか?

そのうち、「反増税でつかれたから」とか
「野田にNO!」という運動をしてつかれたから
ということを言っていると次から次へと報道されるかもしれない。

そしてこの29日に中日新聞社(東京新聞社の親会社)に
国税局が約2億8600万円の申告漏れ
を指摘していたことが29日、分かったと報道。

☆http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31977
半年近くも税務調査。異常。



<消費税採決が終わったら突然、再び出てきた アノニマスというマッチポンプ集団>
そしてアノニマスという(アノニマスの英語での意味は匿名という意味)

国際ハッカー集団といわれるものが、
「違法ダウンロードに反対」という主張をかかげて
財務省や、そのほかの省庁のサイバー攻撃をしたと報道されている。

報道しているのは、共同通信や時事通信、産経新聞である。

おそらく今回の消費税増税反対を見て、

真相を国民に知らせようとするネット言論を監視するように
うながすことを目的とした集団の自作自演ではないか?

つまり、このアノニマスという匿名のハッカー集団は、
実は、「ネット監視をさせたい集団の別働隊である」と推定される。

「ネット監視をさせたい集団」というのは戦争産業である。

戦争産業は自作自演をやって戦争誘導をするのが特徴である。


そしてしばしば、C○Aや、モ○ドといった秘密諜報機関が下部組織にいる。

そういった戦争産業の人たちは、国際的な銀行家でもあるが

日本の「増税」や「国家資産売却」などにかかわっている場合が多い。

ハゲタカ外資といわれる人たちともつながっている。

こういう人たちは 正体をネットにばらされたくないと思っている。


したがって、個人のネット言論を徹底して監視したいのである。

そのため言論弾圧の手段としてネット言論を弾圧する法案を通す

ことを後押ししていたが一方で、それに対抗するポーズをとり、

かつサイバーアタックをすることで行政に

「徹底してネット言論を監視しましょう」とうながす

ように動いている可能性が高い。


なぜかというとサイバー犯罪などという

違法行為はネットの人たちは普通行わない。

むしろ、ネットの人たちは

いろいろな悪事を暴いて、正義を実現させるほうの人たちなのである。

だから監視は必要ない。

しかし、「監視を国家にさせる」ためにアノニマスという集団は

わざわざ、省庁にサイバー攻撃をしているらしい。

つまりアノニマスとは自作自演の人たちであり、

国家にネットを徹底して監視しないといけないと

思わせたい人たちなのであると思われる。


アノニマスとは、推定すると言論弾圧を呼び込むための

自作自演の秘密諜報機関のC○Aやモ○ドがからんでいるのではないか?

彼らは自らああいった犯罪を犯すことで

ネットの弾圧をしたいのであると思われる。

つまりマッチポンプ、自作自演であると推定される。


そしてすぐにそれに動いているのが警視庁である。

警視庁の上には猪瀬がいる。

猪瀬は小泉構造改革のときに実にさまざまなことをしているが。

いつもネット言論弾圧は東京都から始まるのは偶然ではないと思われる。



「国民はしっかりと見ている!」  57人の勇者 に激励を送ろう!
http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/240.html

彼らは、自らの利益をかえりみずに
この天下の悪法に反対をしてくれた。
われわれ国民はこの57名の志士たちに感謝しなければならない。



手前の頃は「70年安保」、はや40年前となりました。

その時以来の大規模デモ、オマワリも泡食ったようだねぇw 自然発生的だから。

今は当時と大いに異なり、ネットがある。 携帯がある。 ツイッターなどのソーシャルメディアがある。

腐れマスゴミは変わらぬがw どんどん無力化しておる。

我らのときに、上記メディアがあればねぇ、権力側の謀略に負けなかった。  感慨がありますなぁ。

手を緩めず、来週も波状攻撃ですよ!  「国民大衆のデモ」は権力側にとって、最大の恐怖なのですから。



鈴木春信、三枚目、



「達磨」です。



謀略も30余年、売国奴の系譜、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201206280000/
櫻井ジャーナル 2012.06.28
野田佳彦首相は与党内部にもある批判の声を無視、衆院で強引に消費増税法案を可決させたが、
 その黒幕だと多くの人が信じる米国支配層が工作を始めたのは1980年代のこと


6月26日、「社会保障と税の一体改革」に関連する法案が衆議院本会議で可決された。
民主、自民、公明の3党が賛成したというが、
与党の民主党から57名が反対に回り、15名が棄権している。つまり「造反議員」は72名。

この採決にタイミングを合わせて「生活保護バッシング」が展開されたことでもわかるように、
この法案を作成した勢力は社会保障システムに敵意を持っている。
また、税の改革とは消費税率の引き上げを意味し、法人税は軽減、
所得税も富裕層に、より有利な仕組みにしようとしている。要するに、
「社会保障と税の一体改革」とは強者優遇、弱者冷遇の改革にほかならない。

長い間、日本は「無能な強者」を「有能な弱者」が支えてきた。
その仕組みが典型的に現れていたのが製造業だ。江戸時代までに培った職人の技術が、
明治以降に導入された近代産業を支えてきたのである。
当然、アメリカの支配層もその構造に気づき、日本がライバルとして成長しないように、
「有能な弱者」を潰し始める。これが1980年代にアメリカが持ち出してきた「ケイレツ問題」。

当時も今も、日本の大企業は労働者や下請け企業に適切な対価を支払わない
だから大企業は儲かるわけだが、そうなると国内の需要は細っていく。
そこで輸出に依存することになるのだが、その最大のネックは為替レート。
アメリカはケイレツを問題にする一方、為替レートを「円高(ドル安)」へ誘導、
輸出型のシステムにダメージを与えた。


言うまでもなく、円高は1985年9月のプラザ合意を切っ掛けにして急速に進んだ。
合意の直前は1ドル240円程度だったレートが1年後には1ドル150円台へ。今では80円を切る水準だ。

日本の企業は資金を銀行からの融資という形で得る傾向が強かったのだが、
1980年代になると大企業は証券市場を利用し始める。
株価操作(相場の引き上げ)とファイナンス(時価発行増資や転換社債などの発行)
をセットにした仕組みだ。
直接的には大手の証券会社がお膳立てをするのだが、その黒幕は大蔵省だったと考えられている。
その実態に若干、メスを入れたのがアルバート・アレッツハウザーの『ザ・ハウス・オブ・ノムラ』。

野村証券の歴史をテーマにした本だが、この本がイギリスで出版されても野村証券は無視する構えだった。
この点、本部長クラスまでは意思統一されていたという。
原書を読めば
(日本語訳と称する本が出版されているが、後半部分は問題部分を削除し、
 書き換えた「オリジナル」に近い)
わかるが、証券界の人間から見て、それほど驚くような話は書かれていない。
いや、微妙な話は意図的に削除していた。
(アレッツハウザーと個人的に親交があったので、間違いない話)が、
野村証券は一転して裁判を起こすと通告する。「天の声」があったという。
大蔵省に関する記述や、警察の天下り問題が原因だったようだ。

1988年には日本の銀行を揺るがす出来事が起こる。
BIS(国際決済銀行)で銀行の保有する信用リスクが問題になり、
8%相当の自己資本を保有することが定められ、日本の場合は1992年から本格的に適用される。

自己資本に有価証券の含み益の45%を参入することが認められ、日本の銀行は助かったはずなのだが、
1990年から株価が大幅に下落して状況は一変、
融資を絞られ、中小企業は致命的なダメージを受けることになった。
この時期、
日本の銀行や証券はスキャンダルで大揺れになる。「知る人ぞ知る」話が表面化したのだ。

そして1996年、日本とアメリカの「エリート」がアメリカのメリーランド州に集まって
21世紀の日米関係をどうするかという話し合いを始めている。
日米21世紀委員会が設置されたのである。委員会のメンバーは次の通り。

【アメリカ】
名誉委員長:ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領
委 員 長:ウィリアム・ブロック元労働長官
副 委員長:ハロルド・ブラウン元国防長官
委   員:レスター・アルバーサル、ウィリアム・ブリーア、ウィリアム・クラーク、
      リチャード・フェアバンクス、ロバート・ホーマッツ、カレン・ハウス、
      フランク・ムルコースキー、ジョン・ナイスビット

【日本】
名誉委員長:宮沢喜一元首相
委 員 長:堺屋太一(後に経済企画庁長官)
副 委員長:田中直毅
委   員:土井定包(大和証券)、福川伸次(電通、元通産事務次官)、稲盛和夫(京セラ)、
      猪口邦子(上智大学教授、防衛問題懇談会委員)、小林陽太郎(富士ゼロックス)、
      中谷巌(竹中平蔵の「兄貴分」だった)、奥山雄材(第二電電、元郵政事務次官)、
      山本貞雄(京セラ・マルチメディア)、速水優(後に日銀総裁)

顧   問:小島明(日本経済新聞)


1998年にこの委員会は報告書を出しているが、その中にこんなことが書かれている:

改革によって、小さく権力が集中しない政府(巨大資本に権力が集中する国家)、
均一タイプの税金導入(累進課税を否定、消費税の依存度を高めることになる)、
そして教育の全面的な規制緩和と自由化(公教育の破壊)を実現しなければならない。


中曽根康弘、小泉純一郎、野田佳彦、そして橋下徹の政策を連想させる。(カッコ内は引用者)



しぶといものです。

が、奴らもヨレヨレ、バレバレw なにぶん齢(キッシンジャー、ブレジンスキーなど)で先は短い。

因果は巡る風車、まさに落ち目の三度笠、よなぁw  ハシゲもメッキが禿げ始めて地肌が見えてきた。

文楽(伝統芸能)攻撃とか知性を疑われるし、経済が致命的に弱いねぇw

原発も勧進元は「米帝」なのです。  奴らの「つっかい棒」をやめることですよ。

此度はいい機会です。


コメント

風薫りⅢ

2012-06-29 10:45:23 | Weblog
 画は岡本 太郎(おかもと たろう)

 1911年(明治44年)~1996年(平成8年)

 抽象美術、シュルレアリスム、原始美術     作


  「CLIMAT(クリマ)=フランス語では風土・気候・雰囲気を意味」です。


☆今日も快晴です。

さて、本日は

6.29緊急! 大飯原発再稼動決定を撤回せよ! 首相官邸前抗議

【日時】6/29(金)18:00~20:00 予定
【場所】首相官邸前(国会記者会館前、国会議事堂前駅3番出口出てすぐ)
【呼びかけ】首都圏反原発連合有志


☆http://dreamstar-angels.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=8267879
【緊急重要拡散】
大飯原発再稼働阻止、再稼働撤回
首相官邸前抗議、国会議事堂大包囲(6/29)に参加される皆さんへ。

もっと人数が増えれば、国会議事堂前駅の改札口のキャパシティをオーバーします。
という事で、ちょっと離れますが、溜池交差点にある、溜池山王駅を利用される事をオススメします。
銀座線、南北線が通ってます。



「デモ」は民主主義における至高の意思表示です。

「交通の障害」などではありません、車は公営バスを除きすべて「私(益)」です。

迂回させれば良いのです。 公道における優先度は「デモ」が上。

本来「連合」あたりが組織すべきだが、「ダラ幹御用組合」の役立たず、

フランスを見習い圧力をかけてやりましょう!  権力が一番恐怖するのは民衆による「デモ」です。



岡本太郎、二枚目、



「電撃 1947」です。



このザマですよw

◆http://uskeizai.com/article/277758127.html
アメリカ経済ニュースBlog 2012年06月28日
アメリカの市自治体では最大の財政破綻、殺人件数急増中

http://www.youtube.com/watch?v=B1KqSiRKS7Q&feature=player_embedded
MOB ROBBERY CAUGHT ON TAPE!


カリフォルニア州のストックトン市は今週中にも破産申請をすることになりました。
アメリカの市自治体では最大の財政破綻となります。

カリフォルニア州ストックトン市は人口約30万人の都市で、
これまでにも当ブログでカリフォルニアの2番目に危険な都市などとしてお伝えしてきました。


2010年07月22日 カリフォルニアで2番目に危険な都市へようこそ!
2011年06月12日 衝撃の動画『コンビニ』襲撃事件 (カリフォルニア州ストックトン)
2012年06月05日 市役所が差し押さえ 公務員の『ねずみ講』で破綻したストックトン市


ストックトン市は財政危機の対応のため2009年から9000万ドルの財政削減をとり、
多くの公務員が解雇されました。
公務員は40%、消防隊員は30%、また警察官は4分の1が解雇されました。

ストックトン市の治安は悪化傾向にあり、同市での殺人件数は急増しています。

ストックトン市 殺人件数
2008年: 24件 (CityData)
2009年: 33件 (CityData)
2010年: 49件 (CityData)
2011年: 58件 (News10)
2012年: 32件 (CBS 6月27日現在)


今回の財政破綻では、手厚く守られてた公務員の福利厚生(健康保険&年金)が
大幅にカットされることになります。

これまで労働組合がつよかった公務員は健康保険が100%カバー、
50歳で早期退職が可能にさせるなど多くの恩恵を受けてきましたが、
公務員天国の時代は地方行政の財政破綻によって終焉をむかえます。

元ロサンゼルス市長は今後90%の地方行政が破綻するといっているだけに

☆http://www.youtube.com/watch?v=9hQgXYInSlQ&feature=player_embedded#!
Former LA Mayor Richard Riordan on Schwarzenegger, Unions, and Bankrupt Cities


ストックトン市の財政破綻ははじまりにしかすぎません。



断末魔にして大炎上中! もはや何でもありだ。

必死に抱きつき、ますますタカリ毟りが激しくなるでしょうな、 峻拒あるのみさ。

すべて自業自得、日本には関係がないこと。  小沢&亀の出番なのですよw



岡本太郎、三枚目、



「Red-Rabbit」です。



おぞまし、おぞまし、

◆http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/277905624.html
心に青雲 2012年06月29日
韓国産食品は食べないように

宮城県石巻市の漁師を応援している方から、
天然物のアサリを買いませんかと連絡を受けて、購入することにした。
アサリは冷凍しておけば大丈夫なので、キロ単位で買っても保存が効く。

その方からは「どこぞの国の汚いアサリとは全くちがいます」と但し書きが。
「どこぞの国」とは、支那? それとも北朝鮮? 
と分からなかったので、お尋ねすると、「韓国です」との返事がきた。さらに、

「とんでもない海産物を世界にばら撒いて恥じないのですね。
 聞くところでは、世界中でこの事実は知られているようです。
 日本のマスゴミはいっさい今にいたるも報道しません。何たることでしょうか。」

とあったので、さっそくネットで調べてみた。
韓国の食品には毛、虫などが混入しているが、
海産物にはなんと糞尿までが混入しているので、アメリカ医薬品局(FDA)は
カキ、ハマグリ、ホタテなどの貝類や、イクラなどを回収させ、
輸入禁止の措置をとったらしい。生ものだけでなく、缶詰などの加工品も含まれる。
この6月のことだ。

だが、日本ではいっさい報道されない。
「桜チャンネル」で西村幸祐氏が取り上げている。YouTubeで見られる。
http://www.youtube.com/watch?v=zOlOYVZpfps

電通が仕掛けた「韓流ブーム」だけでなく、
韓国産海産物の汚染が報道されないことは、まったくもってけしからん話である。
これは周知のように、電通もそうだし、メディアは韓国系に支配されているからである。

メディアに勤めていて高給を食んでいる人は恥を知れといいたい。

聞くところによると、東日本大震災のとき、韓国製のカップラーメンが配られたが、
手をつける人がなかったとか。 虫がうようよいたらしい。日本の民衆は健全である。

韓国産の海苔でも色を黒くよくするために、塩酸や硫酸が使われているそうだ。
また、キムチにも「脳を食い荒らす寄生虫」が発見された。


韓国家庭料理とか焼き肉店などでは、当然韓国産の海苔やキムチを出しているだろうから、
危うきに近寄らず…であろう。


◆http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/06/29/2012062900459.html
朝鮮日報 2012/06/29
ロッテ会長、非常経営体制を指示

ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン)会長(日本名・重光昭夫がこのほど
「下半期にはどんな状況に直面するか分からないため、最悪の状況に備えてほしい」と述べ、
系列企業各社に非常経営体制を敷くよう指示したことが分かった。

韓国財界では、李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長、
鄭夢九(チョン・モング)現代自動車グループ会長らが欧州財政危機の現場を視察し、
世界的な事業体制のチェックを行うなど、非常経営体制に突入している。
それに続き、財界5位のロッテグループも危機対応のため、非常体制を宣言したことになる。

辛会長は28日、京畿道安養市のロッテ百貨店坪村店に
系列企業の代表と政策本部の役員ら約60人を集め、社長団会議を開き
「過去数年間、ロッテは国内外で大規模な合併・買収(M&A)を行い、急速に発展してきたが、
現在は非常に不安定な経済状況が続いており、前ばかり見て走るのはあまりに危険な賭けだ」
と警告した。



以前にも「韓国からの水産物は輸入禁止にせよ」と書いています。

奴らはゴミと糞尿を平気で以前より(そのまま未処理で)海洋投棄をしております。

日本海沿岸漂着ゴミはハングル表示だらけ、支那船も日本海に平気でゴミを投棄する。

まさに「寄生虫にして疫病神」そのもの。

毎度申し上げておりますよ、

「脱米」&「排特亜」こそ国益にかのう、安全と繁栄への大道なり、と。

コメント

風薫りⅡ

2012-06-28 11:17:03 | Weblog
 画は川瀬 巴水(かわせはすい)

 1883年(明治16年)~1957年(昭和32年)

 大正・昭和期の版画家、「昭和の広重」などと呼ばれる。    作


  「鵜飼 長良川」です。


☆晴れ、よく晴れました。

さて、餌の毒饅頭、食ったのだろうよw

◆http://isukeya.iza.ne.jp/blog/entry/2736826/
いすけ屋の戯言 2012/06/27

国民との約束反故にした「二枚舌5人衆」   
(日刊ゲンダイ06月27日)


どのツラ下げて賛成できたのか   


消費税増税法案に賛成票を投じた議員は、国民との約束を忘れた連中だ。
その中でも、棄権した原口一博元総務相、長妻昭元厚労相、馬淵澄夫元国交相、
海江田万里元経産相、田中真紀子――の「二枚舌5人衆」は万死に値する



まずは“理念なしの目立ちたがり屋”という本性がバレた原口だ。
2年前、当時の菅首相が突然、「消費税10%」を打ち上げた際、閣僚でありながら
「任期の間に増税するということは絶対にありません。
総選挙でしっかり提示しなければ増税はあり得ないと確信している」と強調。
直後の参院選の応援演説でも
「税のムダを減らして、それでも(税収が)足りないときはお願いすると
言ってきた。消費税ありきではない」と訴えていた。

当時から状況は何も変わっていないから当然「反対」と思ったら、
今回は「3党合意は重たい」と言い出し、棄権したのである。


「ミスター年金」の長妻も、これで政治生命は終わった。政権交代直後、 
「まずは無駄を徹底的に排除する」と繰り返し訴え、
社会保障制度の充実を進めることを“約束”していた。だからこそ、 
「最も期待できる政治家」と言われたのに、
「最低保障年金制度」や「後期高齢者医療制度廃止」といった
党の看板政策が犠牲になっても文句ひとつ言わない。
野党時代のイキイキとしていた姿はすっかり色あせた。


昨年の民主党代表選の「基本政策」で、
「景気を無視した増税など絶対に認められない」と強調していたのが馬淵だ。
講演でも「消費税は逆進性が高く、弱い立場の方々にシワ寄せがいく」と言い切っていたが、
自分の「基本政策」はすっかり忘れたようだ。


国会答弁中に前代未聞の「泣きベソ」をかいた海江田も同罪。
昨年1月の大臣会見では「消費税を引き上げる前に衆議院を解散し、国民に信を問うべき」
ともっともらしいことを言っていたが、その後の原発事故の対応で精根尽きたのか、
きのうの投票では何の抵抗も見せることなく淡々と賛成票を投じた。
情けない姿に呆れた国民は多かっただろう。


極めつきは田中真紀子だ。つい10日ほど前に地元紙で
「なぜ他の税でなく、消費税増税なのか分からない」と批判していた。
消費税増税反対の集会に参加した新潟市内の商工団体の会報誌でも
「民主党議員の中でも前から消費税には反対(田中真紀子議員)」と紹介されている。
増税反対の急先鋒とみられていたのに、平然と賛成票を投じ、
報道陣のインタビユーにも少しも悪びれることなく「賛成」と答えているのだから理解不能だ。


こういう連中に政治家の資格はない。次回の総選挙で必ず落とさないと国が滅びる


他方、ブレないのがヤスオです、

彼の持論だが、ご参照あれ!

◆http://www.nippon-dream.com/
新党日本 田中康夫

より抜粋、

http://www.youtube.com/watch?v=rM-bi5H2Ogk&feature=player_embedded
12/06/26 お前「国民の生活は最後。」?!part1


http://www.youtube.com/watch?v=iBg84oE8N1c&feature=player_embedded
12/06/26 お前「国民の生活は最後。」?!part2



巴水、二枚目、



「房州 布良(めら)」です。


一部既報ですが、

◆http://melma.com/backnumber_45206_5593618/
宮崎正弘の国際ニュース・早読み  発行日:6/26
中国の電力消費が10%以上の落ち込み

貯炭場に異様な在庫、電力消費は劇的に落ち込んでいる
  それでも中国経済が8%成長という公式数字は真赤な嘘、恥の上塗り
________________________________________

恥がないのだから恥の上塗りをしても反省がないのは仕方がないことかも知れない。

拙著『ウィキリークスでここまで分かった世界の裏情勢』(並木書房)のなかでも指摘しておいたが、
李克強が「中国の国家統計局の公式数字は誰も信用していない」という発言がなされた。

そのとき対談した相手の米国大使がワシントンへ暗号電報を打った。
ウィキリークスにその『秘密』が漏洩した。

まさかと思うことはない。情報は支配者が独占し、捜査するものであり、
民には知らしむべからず、というのは独裁制度の原則ではないか。

中国のトップが自国の経済統計を信じない。
「あれは信用に値しない」と言った李克強・副首相は、それではどの数字を信用するかとして、
続けてこう言っていたのである。

電力消費量」「貨車運搬量」。 そして「銀行ローンの支払い」。

この三つは真実に近い。

小誌はこれまでにも住宅バブルの破綻については縷々説明してきたので、
三番目の「銀行ローンの支払い」は、この稿では除外する。

電力消費と貨車運搬量の直近統計をみると、みごとなほど鮮やかに中国経済の失速ぶりが浮かんでくる。

 
秦皇島も天津も貯炭場に石炭が一杯。火力発電量が減っている証拠だ


江蘇省と山東省の電力消費が前年比10%以上もの激減ぶりを示した
(ヘラルドトリビューン、6月25日)。
基幹産業が集中する沿岸部の工業ベルト地帯で10%の電力消費減は何を意味するか。

秦皇島の石炭備蓄場所、つまり貯炭場では950万トンの石炭が積み上がり、出荷が控えられている
(08年リーマンショックのとき、930万トン在庫の記録があり、このワースト記録を破った)。

つまり火力発電所からの需要が減っているからで、貨物で運搬される石炭の移動、
つまり貨車運搬量が連動して減る。天津などほかの貯炭場もしかり。

実態経済の本物の数字、これからもどんどん出てくるだろう。


巴水、三枚目、



「中尊寺金色堂」です。


 BOOKREVIEW  書評 ◇ しょひょう ◇ブックレビュー 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 巷間まかり通るアイヌの歴史はねじ曲がった嘘が多い
  松前藩より裕福だったアイヌは鉄砲を多く所有していた


的場光昭『アイヌ先住民族、その不都合な真実20』(展転社)

________________________________________

いやはや、目から鱗が二十枚も落ちた。
いかに我々がアイヌに無知だったか。アメリカのインディアンのような先住民族と勘違いしてきたことか。
アイヌへの甚だしき無知を、その果てしなき蒙昧を知らされる。

評者自身、アイヌの集落を見学したのは高校一年生の夏休み。爾来、半世紀近く、アイヌとは無縁でいた。
関心も薄く、よもや、この少数民族問題と北方領土問題がむすびついていたとは考えたこともなかった。

問題の所在は夥しくあるが、最大最悪の問題とは、我が国の国会決議で『アイヌを先住民族』としたことにある。
これは「国連宣言」を前提としての全会一致の決議だったが、
誰もアイヌの歴史を知らずに、催眠術でもひっかかったかのように決議してしまったのだ。

「国連宣言」にいう先住民族とは、植民地化され、人権や基本的自由を剥奪された民族を指し、
同時にそれらの先住民族は独自の文化伝統を有しており、侵略者によって集団虐殺や家族の崩壊に到った人々、
文化的虐殺をうけて、差別された人々などを意味する。

国連の言う先住民族とアイヌとはまったく定義が異なり、同一視は無茶である。

近年の歴史の研究で日本では、アイヌはいたく保護され、松前藩の武士より裕福な人々が多く、
かつ日本語を自ら学び、昭和三十年の調査でもアイヌ語を喋る人はごく少数だった。
ロシアの侵略によってロシア正教に改宗したアイヌはロシア国籍となった等、
かれらに都合の悪い真実が、次から次へと明るみに出た。

たとえば「シャクシャインの乱」と言われる和人 vs アイヌの戦いは、
砂金利権をめぐる商い上のもつれから起きた抗争で民族間の抗争ではなく、350人の犠牲の多くは和人、
アイヌは砂金利権を拡大し、松前藩より多い鉄砲をもっていた。
道南の多くの地域では和人とアイヌが混在して暮らしていた。
 
したがって一部の歴史家の書いたアイヌの歴史はまったくの嘘の固まりである。

もし先の国会決議を廃棄しなければ、アイヌ語の公用語化、(台湾の高砂族のように)議会での特別枠、
数兆円の「補償」と天皇の謝罪要求など、アイヌ先住民族運動の野望が実現してしまうという。
目から鱗が二十枚! 驚くべき実態が浮き彫りになった。



ご参照、

http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/277520169.html
心に青雲 2012年06月27日
的場光昭『アイヌ先住民族、その不都合な真実20』が暴く闇(1/2)


http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/277721517.html
心に青雲 2012年06月28日
的場光昭『アイヌ先住民族、その不都合な真実20』が暴く闇(2/2)

より抜粋、

宮崎氏のメルマガには取り上げていないが、この『アイヌ先住民族、その不都合な真実20』は、
北海道新聞から広告掲載を拒否されている。北海道新聞がユダ金の手先だからだ。また、
アイヌは今も差別されているとしないと、都合が悪い人間がいるからである。
「北海道新聞(道新)」もそのうちにあるのだろう。

いわゆる反差別団体やアイヌ協会が「道新」を支配し、恫喝しているせいであろうし、
逆に「道新」もアイヌ協会や反差別団体からなにがしかの利益を得ているからでもあろう。

しかし、一出版物を自分ら新聞社が気に食わないからといって、広告を載せないのは、
言論弾圧の暴力である。よほど新聞社にとって都合が悪いからだ。


純粋なアイヌ民族なるものは、室町時代の終わり頃には、
すでに日本人との混血がさかんに行われていたというのだ。純粋なアイヌ民族なんかもういない。
アイヌ出身の工芸家・砂澤陣氏が断言している。実体はないのだと。
http://www.youtube.com/watch?v=MtZ-xZm7cws&feature=youtu.be

この動画に出ている砂澤氏の祖母が、あのアイヌ・ユーカラを初めて研究したとされる
金田一京助氏に素材を提供した方だそうだ。その祖母は金田一にかなり嘘を教えたのだそうで、
金田一の業績そのものが疑われるらしい。


日本国内にある(アイヌと関係ない)「反差別団体」までが
このおいしい汁(アイヌ向け予算)を吸おうと、北海道に集まる。
この連中が手塚治虫氏のアイヌを扱った『シュマリ』を妨害したのである。

また、的場氏は先の「後進民族アイヌ」へのコメントで以下のようにも説いている。
「厚真町では仏典を入れるための常滑焼壺が発見され、
アイヌ出現の100年以上前、厚真町は奥州藤原領だったことが明らかになっています。
さらに平取町からは正倉院御物と同じ組成の青銅器(奈良時代ですよ!)まで出てきてしまって、
もうアイヌが北海道の先住民族だという前提は物的証拠によって完全に覆されています。」

厚真町とは苫小牧市の東隣りにある。
この辺りまで奥州藤原氏の領土だったというのだから、
アイヌが北海道の先住民だとか、縄文人はアイヌだなどというのも大嘘なのである。




いやはや、手前にとっても初見なので、驚いております。

確か、国会決議で『アイヌを先住民族』としたのは、かのムネオが旗振ったかと記憶しております。

日記で自慢しておった。 ムネオ&ラスプーチンはモサド、裏があるのでね。

北海道新聞は以前から偏向しておりますよw  ここのところのロシア関連の報道が妙ですな。

「米帝」の妨害工作がまた始まったのではないかな?

コメント

風薫り

2012-06-27 10:10:15 | Weblog
  画は 葛飾 北斎(葛飾 北齋) 

  (かつしか ほくさい、1760年 ~ 1849年)

  号は、葛飾 北齋、前北齋、戴斗、為一、
      画狂老人、卍 など。                作


  
   「富嶽三十六景 凱風快晴」です。


☆快晴です。やっと夏らしくなって来ました。

昨日は御来場、ご観覧、すくなからず。 ありがとうございます。

昨日の衆院本会議、採決ですが、

北海道選出民主党衆院議員で消費増税反対は鳩のみ。

山岡の息子が棄権、あとは皆賛成の体たらく、いやはや国賊だらけでした。

全員落選させねばなりませんね、詐欺師のかたわれどもなのですから。

隷米売国・自民党、朝鮮カルト公明党は格別、

マニフェスト(選挙公約)違反は何といい繕おうと、裏切り行為です。

それにしても、田中真紀子とか、辻元清美とか、その他大勢、何なんだろうねw


至言ですな、

◆http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-5176.html
植草一秀の『知られざる真実』2012年6月26日 (火)
野田シロアリ増税に対する鳩山元首相コメント

より抜粋、

http://www.hatoyama.gr.jp/activity/detail.php?id=92
衆議院議員 鳩山由紀夫 Yukio Hatoyama
社会保障と税の一体改革関連法案採決にあたって

私は6月26日の衆議院本会議に緊急上程される「社会保障と税の一体改革関連法案」の採決において、
政府提案の消費税法改正案については、反対いたしました。

3年前の政権交代で国民が望んだのは、これで日本の政治が変わるということではなかったのでしょうか。
そして、その多くの声に応えるために、最もしなければならなかったことは既得権との戦いであったはずでした。
既得権により身動きが取れなくなっている政治、経済の現状を変え、国民の皆さまが主人公になって、
もっと不公平感なく豊かさを感じて生きていけるような世の中にしよう、というのが我々の主張であり、
官僚任せの政治から政治主導へ、それも国民が主導する政治にしようということでした。

そのために総理大臣にまで押し上げて頂き、国民の圧倒的な支持の下、
既得権に甘えた集団にメスを入れる努力をしました。しかし、
米国の意向を忖度した官僚、財務官僚、大手メディアなど既得権側の抵抗は凄まじいものがありました。
その力に十分抗し得なかったのは私の不徳の致すところと申し訳なく思っています。
私が目指した方向は決して間違ってはいなかったと今でも思っていますが、その後の政権が、
私を反面教師にして、「官僚、米国に抵抗したからうまくいかなかったのだ、そこをうまくやればいいのだ」
と180度民主党の進むべき方向が転換されました。

何のために政権交代がなされたのか、という憤りを強く感じています。
再稼働を含む原発問題、TPPも全く同じ発想です。
そしてこの消費税増税法案です。 消費税を上げることは、官僚中の官僚組織、財務省の悲願なのです。

この増税法案に対して地元の意見を聞きました。79%の方が反対意見でした。
また、消費税のアップはいずれやらなければならないとも多くの人々が思っています。
しかし、とくに地方にお住まいの方々にとって、一人平均10万円の増税は
とても家計を厳しくしてしまうのではないでしょうか。
 まずは景気を良くすることが最優先です。

私は、「4年間は消費税を上げる必要はない」というマニフェストを掲げて戦った張本人であり、
その間に、野田総理も言ったように、シロアリ退治を徹底的にやるべきであり、
シロアリ退治をしないで消費税を上げても、甘い汁を吸いに来るシロアリにたかられてしまうことになるのです。

社会保障と税の一体改革と嘯きながら、社会保障の部分がよく見えません。
最低保障年金や後期高齢者の問題など、一番強く訴えたことを、
これから国民会議にかけるということであれば、国民会議で結論が出た時に、
その財源をどこに求めようかという議論をしても遅くありません。

今民主党に必要なのは、原点に立ち返った政権与党としての理念と政策だと思います。
本来であれば今は、昨年3月11日に東北地方が受けた未曾有の大災害を、
国民が一丸となって団結と絆の名の下に復興を目指して力を合わせて尽力している真最中の筈です。
それが現実はその教訓を生かすことなく いつの間にか過去のこととして忘れ去られようとしています。
政治の責任は3・11を風化させてはならないのです。
現執行部は政権与党としての使命を忘れ、先の選挙で国民がNGを出した旧態依然の自民党の姿そのもの
に成り下がってしまった感すらします。原発事故の影響で今でも16万に及ぶ人たちが
放射能の洗浄も行われず避難生活を不本意にも強いられているにも拘わらず、
野田内閣は経済活動を優先するあまり、事故原因が究明されず国民の多くが疑問符を感じる中、
原発再稼働に踏み切りました。

そしてこの渦中に国民に負担を強いる消費税増税を自公民の談合政治で成し遂げようとは言語道断です。
民主党が政権与党として国民の期待を担うべきことは何なのでしょうか。

単なる消費税増税法案採決の数合わせだけをニュースの焦点として取り上げる報道も問題です。
今はまだ東北復興の途中であり、福島の原発事故を教訓として今何を論じていかなればならないか
に気づかなければいけないのです。マスコミは政局を占っているときではありません。
復興に向けて日本が一丸となっている真摯な日本国民の姿に
世界の多くの人々が感銘を受けた事実を忘れてはいけません。

民主党の創業者として立派に振る舞ってほしい、という声も党内から頂いています。
私は民主党を誰よりも愛していますし、その思いで今日まで行動してきたつもりです。
今は、民主党を正しい道に戻すことが私の役割であると思っていますし、
間違ったことだけは絶対にやらないという覚悟で仕事をしたいと思っています。

  6月26日
                            鳩 山 由紀夫



北齋、二枚目、



「芥子ケシ」です。



◆http://www.amakiblog.com/archives/2012/06/27/#002307
天木直人 2012年06月27日
◎野田民主党に抱きついて共倒れする愚かな谷垣自民党

より抜粋、
 
消費税増税問題は終わった。

私は26日の法案採択前の賛成、反対の各党代表演説を聞いてそう思った。

すなわち反対演説の説得力と迫力は圧倒的だった。

見逃した国民はユーチューブでそれを見ればいい。

聞けば聞くほど消費税増税は誤りだということがわかる。

民自公の三党合意は反国民的な談合だとわかる。

それに引きかえ民主党の賛成演説は、演説者(鉢呂前経産相)といい、
その内容といい、およそ政権の命運を賭けた演説からは程遠いおそまつなものだ。

自公の賛成演説に至っては、
野田民主党政権と談合した事をまるで国民に詫びているようだった。


それにしても谷垣自民党は愚かだ。

ほうっておけば野田政権は倒れる。

ほうっておけば早晩解散・総選挙に追い込まれる。

選挙では民主党が壊滅し、自民党は政権政党に返り咲く可能性がつよい。

もし自民党が消費税増税をしたいならば、
こんな民主党の増税案などに手を貸さずに、
自分たちのやり方で仕切り直ししたほうがよっぽど国民の支持が得られるのに。

おろかな谷垣自民党だ。

このままでは野田民主党政権と抱き合い心中だ。

もっとも私はそれを歓迎する。

野田民主党と一緒に自民党はなくなったほうが国民のためだ

この期に及んでも消費税増税を唱える国民の敵である大手メディアと一緒に
立ちあがれないほど自滅して欲しい。

それが日本のためだ。



裏はいかがわしいがw「みんな」喜美の演説は迫力がありましたなw

民自公の演説は「消音」でしたが、カルト公明がやたら長くて、イライラしました。



北齋、三枚目、



「百物語 小はだ小平二」です。



売国奴、裏切り者に呪いあれだ、

◆http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/8de5b0737ee957f456e74b7b063a3b1a
いかりや爆氏の毒独日記 2012-06-26
消費税増税法案衆院通過、小沢氏はどう出るか? 反対57票なら新党立ち上げしかない。

より抜粋、

消費増税法案は本日26日の衆院本会議で、民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決された。
現在5%の消費税率を2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げる。

賛成は363票、反対は96票。民主党議員の反対票は57票だった。
注目されていた民主党内の反対票は54票のハードルは越えた、
鳩山元首相は民主党に留まることを明言しているが。

小沢氏は反対票を投じて一瞬「ニヤリ」と笑顔をみせた。さて、小沢氏はどう出るだろうか。
党内反対票が80票~なら、党内に留まって次の代表選に打って出るという手もあっただろうが、
50数名では難しい。だとすれば、結束の固い50数名を核として新党を立ち上げて、
次の選挙では「国民の生活が第一、消費税増税実施反対」を鮮明にして戦えば第一党も夢ではないと思う。

次回選挙では民主党は大幅に議席を落とすことは間違いない。
自民党は漁夫の利を得た積りだろうが、世論調査にも現れているように自民党の支持率は回復していない。
今回、野田グループと一緒になって消費税増税案を主導したことは、
自民党にとっては大いなるマイナス要因であり、自民党が大幅に議席を伸ばす状況にはない。



多くの国民は消費税増税に賛成していない。一昨日の日記で次の通り述べた。

” 無職者、失業者、パートやアルバイトなどの非正規雇用を含めると2千万人は下らないだろう、
年収200万円以下の低所得者は1100万人を越えている。それらの人々には、
両親や祖父母の家族がいる、それらを含めると6千万人を越えるだろう。地方は大変だぜ、
君たち、庶民の痛みがわからないのか、このバカたれが!

彼らはこの国の大半を占めるにも拘わらず、声を出さない所謂「サイレント・マジョリティ」である。
彼らの生活レベルを上げることこそが政治家の使命であり、この国の民主主義の確立に繋がるものである。
彼らを味方ににつければ、小沢新党が第一党になることは間違いなかろう。

更に、日本の企業総数の99.7%が中小企業(そのうち90%が個人企業)であり、
日本経済の基盤を成しているのが中小企業であることを認識すべきである。
このデフレ不況のなか消費税増税分をどう転嫁するのか、値上げできる状況ではない。
まさか従業員の低賃金を更に低下させることは出来ないだろう。
消費税増税をくい止めるため中小企業を味方につけるべきである。

問題は、小沢氏に批判的なマスコミと似非エコノミストや似非ジャーナリストたちである。
野田政権と自公に批判的なネットグループが大同団結するしかないと思うがどうだろうか。

野田首相は昨夜の民主党代議士会の席上で、消費税増税について、


「先送りをしたならば、この国は持ちません」だと?バカ言うんじゃない。
「この国の借金はまやかし」であり「ギリシャ化する」というのもとんでもないウソであることは、
これまでなん度も述べてきました。


次の衆院選挙こそ、民主主義確立と小沢新党到来のチャンスだ!



まずまずのスタートを切った、手前はそう思いますね、これからですよ。

敵がハッキリ見えたわけだから。

国民は見ている、シッカリとね。   遠からず「総選挙」ですから。


コメント

夏の気配なしⅤ

2012-06-26 10:14:25 | Weblog
  画は 葛飾 北斎(葛飾 北齋) 

  (かつしか ほくさい、1760年 ~ 1849年)

  号は、葛飾 北齋、前北齋、戴斗、為一、
      画狂老人、卍 など。                作


   「富嶽三十六景 山下白雨」です。


☆晴れ、ようよう気温上昇中。

さて、今日は注目の一日です、午後の衆院本会議ですよ。

輝かしい新生日本のスタートの日にならんことを期待してやみませんね。

採決の結果はどーでもよいのです、決着は「総選挙」になりますから。

國賊と國士がハッキリ明瞭になる日です。

隷米売国・自民党、朝鮮カルト公明党は はなから論外ですが、

マニフェスト(選挙公約)を弊履の如く破り捨てた民主党執行部は許してはなりませんよ。

これを詐欺師というのですよ。

選挙区事情?で欠席棄権の連中も信用できませんね。

「消費税増税」とは例えていへば、

「肺炎でフラフラ、入院中の患者を叩き起こし、土砂降りのなかでマラソンをやらせる」

デフレ不況日本で大増税をやるということは頓死せよということですよ。

「消費税増税」賛成の議員はズバリ國賊なのです、 国家・国民の敵ですね。



◆http://yamame30.blog103.fc2.com/blog-entry-308.html
【稗史(はいし)倭人伝】2012/06/26(火)
小沢新党は比較第一党である … 肝心なのは総選挙である

小沢一郎が離党の決意を固めたらしい。
報道では54人を巡る攻防とか。

50人でも60人でも大して意味はない。
小沢一郎の本当の勝負は消費税採決ではない。
54人以上の反対議員をまとめることでもない。
次の総選挙で第一党になることである。

54人をまとめて野田内閣に不信任を突きつけても、
替わりにできあがるのが談合3党連立内閣では、事態はますます悪くなる。
自民や公明は不信任案に同調するかもしれないが、
民主党は解散ではなく、総辞職を選ぶだろう。
野田が代わればあっさり連立に乗ってくる。

小沢は照準を総選挙に向けているはずである。
もう一度政界再編に挑むつもりであろう。
そうでなければ意味がない。

小沢一郎は、つくづく情けない思いでいることだろう。
野田なんてチンピラ相手にこんな馬鹿げた戦いをしなくちゃならないとは、
夢にも思っていなかっただろう。

小沢一郎は次の総選挙で200議席を目指さなければならない。
小沢一郎は、それを自前で獲得しなければならない。
橋下とかみんなの党なんかとの連携など視野に入れる必要はない。
小沢一郎と同志たちで頑張って200を目指せ!

国民の生活が第一!
天下り禁止!
特別会計の徹底的見直し!
消費税増税反対!
原発再稼働反対!
TPP反対!

これを主張し続けることこそが勝利への道である。
野田を退陣させても事態は改善しないのだ。

自民党にしろ民主党にしろ、政党支持率は10~20%程度である。
今や、小沢支持は30%以上ある。

  造反「理解できず」53% 一体改革3党合意「評価せず」52% 内閣支持、30%台回復
  日本経済新聞社とテレビ東京が22~24日に共同で実施した世論調査で、
  民主党の小沢一郎元代表や一部議員が消費増税関連法案に反対し、
  離党の構えを示していることを「理解できない」とした回答が53%に上った。
  「理解できる」は38%だった。
  社会保障と税の一体改革をめぐる民主、自民、公明の3党合意について
  「評価する」は36%で「評価しない」の52%を下回った。

小沢の行動を『理解できる』とした人が38%もある。
完全な比較第一党である。
小沢は正々堂々と戦えばいい。

自民党と民主党を潰さなければ国は滅亡に向かうだけである。



北齋、二枚目、



「風流無くて七癖 遠眼鏡」です。



◆http://grnba.com/iiyama/
『てげてげ』飯山一郎  2012/06/26(火)
小沢陣営は選挙運動をしていなかった!

隔靴掻痒(かっかそうよう)の感がある。
ドジョウ陣営を引っ掻き回してやればEーのに! …何とも、じれったい。
鷲がひそかに尊敬する平野浩氏の報告では、小沢一郎の陣営は…、

  野田官邸は首相自身も電話をかけ協力を要請。しかし、
  小沢氏はもちろん小沢Gも積極的に多数派工作をしていない。
  テレビでも小沢Gからの協力電話を受けたと口にする中間派はいない。
  小沢氏自身の言葉である。
  一緒にやろうとついてくる人だけでいい。
   自分でどうするか考えればいい
と。

ドジョウ陣営とマスコミが、死にもの狂いの選挙運動をしているのに、
小沢陣営は、選挙運動も協力要請もしていないというのだ。
https://twitter.com/h_hirano/status/217174685333458944
この「静観」は、いったいどういうことなのか?!

鷲は思う。
今回、小沢一郎は、本気で「日本の革命」を考えている! と。
小沢一郎の姿勢は、「静観」ではなく「達観」だ、と。
つまり、のーのーと「達観」していれば…、
「自分でどうするか?」 を本気で考えた政治家だけが集まってくる…。
選びぬかれた精鋭だけが集まってくる。
うん!
革命には、何よりも “精鋭” が必要なのだ。
原口一博みたいな腐った魚は、野田と同じで、ノーだ!
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-578.html
要らない! かえって邪魔だ!

この「達観の選別法」は、関ヶ原合戦に臨む際、家康がつかった秘法だ。
家康は、石田三成の必死の多数派工作を知りながら、会津まで上杉征伐
に出かけたり、小山では延々と評定を続けて呑気そうに構えていた。

合戦当日も、家康は先陣先峰を福島正則に任せて「達観」していた。
で、家康が初めて怒声をあげて命じたことは、小早川秀秋隊が陣取る
松尾山に向かって威嚇射撃を加えるように命令したことであった。
この威嚇により小早川隊1万5千の大軍は東軍に寝返る。この寝返り
が新たな寝返りを呼び、形勢は一挙に東軍優勢になった…。

さぁ、いよいよ本日、決戦の火蓋が切って落とされる。

「厭離穢土 欣求浄土」(おんりえど ごんぐじょうど)。
正義と大義は、東軍にある
穢土・東京を、一日も早く、浄土にして欲しい!→ 小沢一郎



北齋、三枚目、



「繪本武蔵鐙 謙信 信玄」です。



◆http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/277323263.html
心に青雲 2012年06月26日
週刊誌にみる売文業者の卑しさ


週刊文春6月14日発売の号が小沢一郎氏に対する攻撃を展開していた。
『緊急特集 政局動乱 引退勧告スクープ』
『「愛人」「隠し子」も綴られた便箋11枚の衝撃』
『小沢一郎 妻からの離縁状』
などと見出しが踊り、小沢一郎氏の元(?)夫人が出したとされる
書状の写真および文章を掲載しているそうだ。

私は下劣な週刊誌など読まないから、これは新聞の広告で見た。
聞くところでは、この夫人の手紙はかなり捏造がされているとか。
自民党、公明党、偽民主党、それにマスメディアは小沢一郎氏が怖くてならないのであろう。
そのあがきだ。

小沢氏に対しては、週刊文春や週刊新潮が、熱心に攻撃を続けてきた。
私は小沢の支持者ではないし、彼の提言する政策に全部賛成なわけではないが、
今国会での野田ブタ内閣の暴走する消費税増税に関しては、
それに反対する小沢氏に賛成である。民意に添うものだ。

メディアが、消費税に賛成しようと反対しようと、それは言論の自由であって構わない。
しかし、自分と反対の意見を持つものをあることだろうがないことだろうが、
スキャンダルで(別件で)誹謗中傷するやりかたは卑劣の極みである。

もともと文春や新潮などの週刊誌は、大本はユダ金の支配下にあり、
さらには日本支配の黒幕に従っている。
彼らが消費税を上げさせて、日本からさらに収奪する企図を持っている以上、
あらゆる汚い手を使ってこうしたスキャンダルをでっち上げてくるのは、わかりきった話である。

政治家だから人に知られたくないプライバシーはいくら暴きたてても構わないというのが、
下劣週刊誌のやり口である。プライバシーが政治活動の理非曲直に問われる内容ならば、
「知る権利」を振りかざしてもよかろう。
しかし愛人がいるの、隠し子がいるの、離婚したのなどというプライベートな事柄は、
政治家の資質とは何も関係がない。「ほっとけ!」である。
ところがこうした下劣な週刊誌は、政治家のプライバシーが公共の問題たりうる建前をネタに、
政治謀略や個人攻撃の材料にしているのだ。

ルール違反である前に、人間としてやってはならない卑劣な行為である。
あんな週刊誌を興味にそそられて読む人間が悪い。
つくる側も読む側も、みずからを最低の人間へと貶めている。
だから小沢氏があれを無視している態度はなかなかのものだ。

それはそうとして、私は汚い手を使う週刊文春なんかに、
エッセイを寄稿している売文家連中が信じられない。
例えば阿川佐和子はずっと対談を連載している(今も?)。
だからこの小沢一郎への汚い攻撃に加担していると見なすべきである。恥を知らぬ所業である。
ほかにも文春に寄稿して原稿料を押し頂いているご仁はゴマンといる。
よくもこういうイエローペーパーに文章を発表できるものだ。
プライドはないのか?

だから「売文家」と蔑まされて当然である。
どんな立派なご講説を開陳しようとも、「週刊文春」とか「週刊新潮」とかに書けば、
同じ穴のムジナになる。自分は記事に関係ありませんなどという言い訳は通用しない。

当たり前だ。
消費税増税に反対している議員を、それがどんな悪辣な代議士だろうが、
下ネタとかスキャンダルとかで誹謗中傷するのは、最低の所業であって、
それを許容するから同じその週刊誌に文章を載せられるのである。

それは小沢氏の件が真実かどうかは関係ない。
人の噂、悪口を記事にしてカネを儲ける下劣な悪行に、売文家自身も明白にのっかっているのだ。
殺人犯を気の毒だと思って匿えば、幇助罪であげられる。罰せられるではないか。
だから週刊誌などの原稿を書いている連中は、悪徳週刊誌の幇助罪になるのである。



今日は久方振りの爽やかな晴れ間、國士のそろい踏みを見たいねぇw



追:4:00PM

消費税増税法案、衆議院本会議で可決。

賛成:363   反対:96 (NHKによれば、民主反対議員:57)

國士はおりましたなぁ、 闘いはこれからだ。

手前の地区の民主落下傘、賛成しましたな、今後絶対に投票しません!


◆http://twitter.com/#!/abe_yoshihiro
安部芳裕                   より抜粋、

#アルルの男・ヒロシ@さらばデモクラシー ‏@bilderberg54

反対:小沢一郎、東祥三、山岡賢次、牧義夫、鈴木克昌、樋高剛、小宮山泰子、青木愛、
   太田和美 岡島一正、辻恵、階猛、松崎哲久、古賀敬章、横山北斗、相原史乃、石井章、
   石原洋三郎、大谷啓、大山昌宏、岡本英子、笠原多見子、金子健一、川島智太郎、
   菊池長右エ門、木村剛司、京野公子、熊谷貞俊

反対2:黒田雄、菅川洋、瑞慶覧長敏、高松和夫、玉城デニー、中野渡詔子、畑浩治、萩原仁、
    福嶋健一郎、水野智彦、三宅雪子、村上史好、山田正彦、加藤学、中川治、橘秀徳、
    橋本勉 鳩山由紀夫、松野頼久、初鹿明博、川内博史、小泉俊明、平智之、中津川博郷、

反対3:福田衣里子、福島伸享、小林興起、石山敬貴、熊田篤嗣

逃亡:原口一博


コメント

夏の気配なしⅣ

2012-06-25 11:30:31 | Weblog
 画は谷内 六郎(たにうち ろくろう)

 1921年(大正10年)~1981年(昭和56年)

 「週刊新潮」の創刊号から表紙絵を担当。       作


  「ツバメのパーテイ」です。 「大人の塗り絵」よりSCANしました。


☆晴れ。

エジプトの選挙は「ムスリム同胞団」の勝利、前途多難ですな、

世界の死神、「米帝」です。 厄災の元凶。

◆http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/53060dfdad4566eb0953e260ea4d81d3
暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~ 2012年06月25日
”暗黒帝国”アメリカによる狂った侵略の歴史 
 ~チャベス大統領が語るその真相~


今日はいつもとは少し違った目線での話しをしたいと思う。

それは良くも悪くも、日本に多大な影響を及ぼすアメリカという国の”本質”についてである。

何故そんな話をするかというと、アメリカという国家の”真の姿”を知らずして、
日本で起きている様々な事象の”事の真相”を理解することはほぼ不可能だからである。


ここ10年を振り返ると、イラクもアフガンもリビアも、
すべて”世界の警察”のフリをした”暗黒国家”アメリカによる一方的な侵略である。

アメリカやそれに帰属する「国連」が、これらの国々やそのリーダーを
「化学兵器・核兵器を所有した世界の脅威」だの「独裁者による殺戮国家」だのと称して
戦争を仕掛けてはこれを侵略しているが、
これらはすべてアメリカが創出した”虚構”に基づく非人道的な侵略行為である。

フセイン、カダフィー、チャベスといった ”帝国”アメリカに反旗を翻す者を、
大手メディアを総動員して悪人・独裁者・殺人鬼に仕立て上げ、世論操作をおこない、
自らの侵略行為を正当化するというのがアメリカのいつもの手口である。

「本当の侵略者は誰か?」ということである。

そんな侵略者たる”暗黒帝国”の属国の地位にいることが一番とする日本の常識は、
完全に作らされた世界であり、長年に渡る国家権力と糞メディアによる国民に対する
”集団洗脳”の賜物である。

即ち、アメリカが正義の御旗の元、世界各地の独裁国家の横暴を阻止しているなどというのは、
まったくの虚構であり、”暗黒帝国”たるアメリカが言うことを聞かない国家を侵略し、
石油といったエネルギー資源(アフガンは麻薬)を略奪しているというのが”事の真相”なのである。


アメリカとは、まさに映画「STAR WARS」のシスの暗黒卿率いる帝国さながらであり、
「EP3」にて正義の使者たるジェダイを”危険分子”に仕立て上げ、
暗黒面に堕ちたアナキン(ダースベイダー)が子どもにまで手をかけるという件(くだり)は、
まさに”暗黒帝国”アメリカの姿そのものと言ってよいであろう。
(個人的には製作者のジョージルーカスは、”確信犯的”
 に「帝国(シス)=アメリカ」という演出をおこなっているものと考えている)


そんなアメリカの素顔を鑑みて、改めて「日米安保とは何なのか?
日本駐留の米軍基地は何なのか?」 「自衛隊の戦地派兵が何を意味するのか?
をよくよく考えてみて欲しい。

如何に「核の傘」や「有事の際の米軍の必要性」といった日本国内の常識とされる思考が
インチキ” ”デタラメ”であるかがわかるであろう。


以下に取り上げたウルグアイ訪問時のベネズエラ大統領ウゴ・チャベスの言葉に
よく耳を傾けてみて欲しい。

我々日本人が日々植えつけられている世界観はまったくのデタラメであり、
日本でいう ”常識” は、(親日国を除く)世界の”非常識”なのである。


戦後GHQにより見事なまでに国民洗脳に成功した具体事例が「ニッポン」なのである。

その自覚・払拭なくして、日々我々の身の回りで起きている様々な事象の
”真相”を見抜くことなど不可能であり、まずは「覚醒」することが何より必要であろう。


http://www.youtube.com/watch?v=3v1UsIIG-Io&feature=player_embedded
狂った帝国主義 殺戮の歴史 ウゴ・チャベス



谷内 六郎、二枚目、



左、「昭和56年7月2日号、貝のレーシングカー」 右、「昭和56年7月9日号、夜光虫の晩」です。



棺桶を飛ばすな! 舐めきっておるわなぁ、

◆http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201206240001/
櫻井ジャーナル 2012.06.24
沖縄に軍事的拠点としての魅力を感じなくなり、豪州へ部隊を移動させている米軍だが、
 日本列島には演習地としての価値があると判断し、オスプレイを配備へ


アメリカ軍が東アジアにおける軍事力を増強、中国包囲網を築きつつある。
そうした流れの中、軍事拠点としての沖縄にアメリカは魅力を感じなくなり、
オーストラリアなどに拠点を作ろうとしている。
そうした中、日本列島に訓練場としての価値を見いだしたらしく、
MV22オスプレイを普天間に配備、日本全土で訓練を実施しようと計画している。

訓練を実施するのは、秋田を中心とするピンク、宮城を中心とするグリーン、
新潟を中心とするブルー、四国/紀伊半島のオレンジ、九州のイエロー、
そして奄美諸島のパープルという6ルート

ネオコン(親イスラエル派)系シンクタンクのPNAC(新しいアメリカの世紀プロジェクト)は
2000年に「米国防の再構築」という報告書を発表、その中で潜在的なライバルとして
東アジアを警戒すべきだとしていた。ライバルへ成長する前に東アジアを潰してしまえ、ということだ。

この報告書のベースになったのは、1992年に作成されたDPG(国防計画指針)。
国防総省内部のシンクタンク、「ONA(ネット評価室)」の
アンドリュー・マーシャル室長が中心になって書き上げられたようだ。この人物、
かつてはソ連脅威論で売っていたのだが、ソ連の消滅に伴い、矛先を中国へ向けていた。

DPGが作成される前年、つまり1991年にネオコンのポール・ウォルフォウィッツ国防次官(当時)は、
旧ソ連圏の国々、シリア、イラン、イラクを5年から10年の間に掃除すると語っていたという。
これは、1997年から2000年まで欧州連合軍最高司令官を務めたウェズリー・クラーク大将の話だ。
2006年に実施された演習「ビジラント・シールド07」では
ロシア、中国、朝鮮も攻撃のターゲットになっていたともいう。

こうした戦略の背景にはマーシャルが存在した。
2001年にジョージ・W・ブッシュが大統領に就任すると、ドナルド・ラムズフェルド国防長官は
マーシャルに軍事戦略と軍再編の見直しを任せたのである。

マーシャルは中国の地対地ミサイルなどが東アジアの基地や空母にとって脅威になるとして、
ミサイル防衛の必要性を強調する。軍需産業としては願ってもない理屈だ。
中国脅威論も「マーシャル発」と言えるだろう。


これに対し、現時点で中国は脅威でないと米太平洋軍の司令官だったデニス・ブレア提督は反論した。
アメリカ軍を攻撃するためには長距離ミサイルだけでなく、偵察通信システムを開発し、
OTH(超水平線)目標システムも必要だと語っていた。
状況によっては、中国の偵察通信システムを破壊してしまえば良いとも話している。

しかし、ブレア提督の批判を無視する形でブッシュ・ジュニア政権は中国脅威論を展開した。
こうした宣伝は2001年9月11日、ニューヨークの世界貿易センターや
バージニア州アーリントン郡にある国防総省の本部庁舎(ペンタゴン)が攻撃されるまで続いた。

アフガニスタンやイラクへの先制攻撃、占領という展開の中、
中国の話は聞かなくなるが、消えたわけではなかった。2006年には具体的な形になって表れ、
バラク・オバマ政権になっても流れに変化はない。

1970年代の初頭まで、アメリカには中国への侵攻計画があった。
共産党体制を倒し、自分たちの支配下に置こうとしたのである。最初の計画は中国が建国される直前。
天安門広場で共産党幹部を暗殺し、混乱の中、偽装帰順させていた軍隊に蜂起させ、
一気に中国を奪還しようというのだが、これは途中で計画が露見して失敗する。

中国が共産党の体制になることが不可避になった1949年、
極秘の破壊/テロ部隊OPCは拠点を上海から日本へ移動させ、
1950年3月には国民党軍を使ってビルマ(現在のミャンマー)の一部を占領した。
最近、ミャンマーとの関係をアメリカが修復したのも胡散臭い。

朝鮮戦争が勃発したのはこの年、1950年の6月。
1951年4月にはCIA(この段階になると、OPCはCIAの内部に潜り込んでいる)と
国民党軍が中国へ軍事侵攻を試みているが、失敗する。

朝鮮戦争が休戦になった翌年、1954年1月にジョン・フォスター・ダレス国務長官は
ベトナムでのゲリラ戦を準備するように提案し、その年の夏には
CIAのSMM(サイゴン軍事派遣団)が破壊活動を開始、
ジョン・F・ケネディ大統領が暗殺された後を受けて大統領になったリンドン・ジョンソン大統領は
ベトナムへ本格的に軍事介入する。

その後、アメリカと中国は友好関係を結ぶが、その関係が今、崩れようとしている。
第2次世界大戦が終わった直後から、アメリカとソ連を戦わせて双方を疲弊させ、
漁夫の利を得ようという戦略があった。その戦略がまだ生きているのかもしれない。



「米帝」と「共産支那」は裏では手を握っておりますよw

ペンタゴンは戦争商売、軍産複合体の本山ですから、「共産支那」の脅威を煽り、

国務省はユダ金の代弁者、支那市場は手放さない、米中衝突はあり得ない。

下手なボケ・ツッコミの田舎漫才で、観客(日本などを)をたぶらかして金を巻き上げる、喝上げする。

好戦的な発言をぶち上げる支那の将軍連中は「米帝」と通じた犬コロどもですから。



谷内六郎、三枚目、



「しづくの中」です。


格好の「踏み絵」ですなぁ、

◆http://toshiaki.exblog.jp/
古川利明の同時代ウォッチング
◎2012年 06月 23日

#ほうー、産経情報だと、その「6・26」のサイケツで、
「消費税増税ホウアンに賛成しない」、つまり、「ハンタイ」に加えて、
「キケンor欠席」の投票行動を取るギインの数が、「70人」を超える勢いかあ。

ちょうど、2000年11月の加藤の乱、すなわち、「加藤政局」んときも、
ナイカク不信任アンのサイケツまでに、土日が挟まって、それでギイン連中は地元に戻ったんだが、
その間、今朝(=6・24)のヨミに、久しぶりに顔出しで喋っておった野中広務
(耄碌ぢいさんは、引っ込んでろってんだ! あの日歯連からのヤミ献金ジケンでは、
 村岡兼造に全部、ババを押し付けて、逃げ切りやがって!)が、
凄まじい切り崩しコーサクに出て、結局、勢いが削がれてしもうたんだったよな。

今度の「小沢政局」は、逆だな。コイツは、週が明けたら、グングンと増えて、
ハンタイは3桁に達するかもしれんよなあ(**)!


#「上」の続きで、ぬあんか、連合がワサワサと蠢いて、
小沢一派の切り崩しに入ってるっていう情報も流れておる
が、
そもそも、連合って、「労組」だろ? 
本来は、賃労働者のケンリを守るための団体だからな。
こんな逆進性の高い、不公平税制の極みである消費税増税に、連合ってのは、賛成しとるのかよ?

ん、待てよ。野田は、そういえば、松下政経塾の1期生で、連合会チョーの古賀伸明ってのは、
松下電器労組の出身ってことで、「松下幸之助電器(=パナソニック)セー権」って言われておったよな。

しかし、今、労組ってのは、ホンマ、組合貴族っていうか、
資本家階級サマの補完物でしかねえよなあ。「タタかう労組!」って、
今、いったい、どこに行ってしもうたんだろうなあ。
代々木の志井んところの系列の労組ぐらいのもんなのかよ? 
だから、腐っとるのは、「自公」だけぢゃねえんだな。


#おっ、今日(=6・24)の午後になって、鳩が地元の室蘭でキシャ団に、
「(サイケツで)キケンはコクミンに自分自身を正直に伝えない。
きちんとした対応を取らなければならない」と、「ハンタイ票」を投じる意思を表明かあ。
ま、現時点においては、小沢新党に合流するツモリはないということか。
コイツは、いよいよ、「あじさい革命」の成就に向かって、一気に動き出したな。
「ハンタイ票3桁」ってのも、あながち、オーバーとはいえん数字だわな。しかし、
このごに及んで、野党の「腐れ自公」は、野田の延命に手を貸すだけなんだからな。
有権者をナメ切っておらんことには、なかなかデキん行動だ(笑)


◆http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120625-OYT1T00027.htm?from=top
読売新聞 2012年6月25日
◎「小沢氏、ドス突きつけぶっ壊すよう…」原口氏

社会保障と税の一体改革関連法案を巡り、
民主党の小沢一郎元代表を中心に離党の動きが強まっていることについて、
党佐賀県連会長の原口一博議員(衆院佐賀1区)は24日、
「同調しないし、同調しないように働きかけている」などと述べ、離党の動きをけん制した。
法案への賛否については「党議拘束には従う」と述べた。

郵政関連団体の会合が開かれた唐津市内の会場で、記者団の取材に答えた。

原口議員は、小沢元代表の行動について
「ドスを突きつけ、『ぶっ壊す』みたいな行動だ。
小沢氏には『今は党を割るべきタイミングではない』と(直前に)伝えていたので驚いている」
などと述べた。自身の今後の対応については「同調はしない」と明言した。

また、関連法案については「3党合意は重たい。ただ、国民との契約(マニフェスト)も重たいので、
どこで折り合いを付けるかで、みんなが悩んでいる」とする一方、
自身の賛否については「党議拘束をかけるなら従う」と語った。



犬は飼い主には逆らわぬ、といいますなぁ。

松下衆道塾wでは3年間(今は4年間)、餌をもらって政治家修行をするわけだ。

「資本の論理」には忠犬でなくてはならん、ということ。

国民の代表ではなく、資本の代弁者であることが第一義なのでしょう。

いい振るいわけの時期ですよ、 「落選運動」のまさに対象者よなぁ。



追:2:00PM

◆http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2012/06/post_6afb.html
有田芳生の『酔醒漫録』 2012/06/25
小沢一郎夫人の直筆文字を公開する

6月25日(月)今夕、衆議院で代議士会が開かれる。
野田首相が「いのちをかける」と進めてきた消費増税法案。
前原政調会長が一方的な規約解釈で党内論議を断ち切ったため、
多くの議員に深い不信感が残っている。私もまたその一人だ。
議論以前のルールに問題があった。
採決で反対や棄権を表明する議員は70人にのぼる可能性がある。
それを切り崩すため「小沢一郎夫人書簡」が利用されている

その内容の多くがデマであることはツイッターで明らかにしてきた。

夫人は数年前から自宅に不在なのに小沢氏の行動を具体的に書けるはずがない。
しかも「放射能が怖くて逃げた」というのはまったくのデマゴギーだ。
筆跡への疑問もある。鑑定に意味がないのは政界には多くの代筆屋がいるからだ。
議員や夫人は多数の支援者に直筆の手紙を出すが、なかなか執筆する時間のゆとりはない。
そこで筆跡を似せた代筆屋に依頼する。そんな世界なのだ。
オウム逃走犯の手配写真や似顔絵と実物がまったく異なっていたように、
ここでも「市民の眼」が大切だ。ご自身の「眼」で判断していただきたい。

右が私の入手した夫人の文字で、左があちこちに送付されている「週刊文春」掲載手紙の文字だ。

☆http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/photos/uncategorized/2012/06/25/photo.jpg



これでハッキリしたのではないか。
コメント

夏の気配なしⅢ

2012-06-24 10:09:21 | Weblog
 画は David Mellon

 Born: New Orleans 1955
 Currently residing: The Village Green, Los Angeles 
 http://davidmellon.com/                   作


  「Love Letter」です。


☆曇り。

今週は大嵐が来る、日本の輝く未来が切り開かれることを期待したい。

まずは、

◆http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-c5b3.html
植草一秀の『知られざる真実』 2012年6月23日 (土)
小沢一郎元代表への同調者はすでに54名を突破

より抜粋、


「野田シロアリ増税」法案に反対票を投じ、主権者国民のための新党結成に参加する、
良識ある本来の民主党主流派衆議院議員は確実に54名を超えると見られる。
また、この新勢力は既存政党の一部とも合流する可能性がある。

この新勢力は、早期に内閣不信任案を提案することになるだろう。

早期解散を求めてきた自民党と公明党が内閣不信任案に反対することは、根本的な矛盾である。

「早期解散要求」が単なる猿芝居であったことを告白するものになる。

巨大な増税を検討するのに、主権者国民を騙し打ちにするような手法が許されるわけがない。
野田佳彦氏がどうしても「野田シロアリ増税」にのめり込むというのなら、
法案を国会で採決する前に、主権者国民の意思を問うべきである。

良識ある主流派の民主党議員は選挙を恐れない。

正々堂々の勝負を総選挙で行うべきである



◆http://twitter.com/#!/aritayoshifu
有田芳生@aritayoshifu

#有田芳生 ‏@aritayoshifu

永田町界隈で噂が駆け巡る。
衆議院で消費税増税法案が通ったところで野田首相が辞任する、
党内分裂を避けるためとの見方。
衆院を通過し、小沢新党などで内閣不信任案が通過、結局消費税法案は頓挫するとの見方。
どんな噂があろうとも私の決意は昨年から決まっている。衆院採決時には明らかにする。


#有田芳生 ‏@aritayoshifu

〈対立激化、「紙爆弾」も=「小沢夫人の手紙」が波紋―消費税政局〉
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120623-00000060-jij-pol
もはや政局に利用され「紙爆弾」「怪文書」扱い。
内容もウソばかり。「手紙」の意味付けがこれではっきりした



#有田芳生 ‏@aritayoshifu

悪しき「左翼的」手法ですね。消費税増税に反対する動向への切り崩しが目的でしょう。 
いったい、何処からの予算でこんなに送りつけているのでしょう!

札幌の民主党サポーターにも昨日届きました!


#有田芳生 ‏@aritayoshifu

「小沢一郎夫人怪文書」。
「離婚しました」と書いてあるが、政治ジャーナリストの藤本順一さんによれば、
「戸籍はキレイなまま。まだ離婚は成立していない」という。
詳細は来週発売の「SPA!」をぜひ。
私が入手したホンモノの手紙をもとに専門家による簡易鑑定を行っています。



David Mellon、ニ枚目、



「Writer」です。



◆http://gendai.net/articles/view/syakai/137217
日刊ゲンダイ 2012年6月23日
えげつない  支援者に大量にバラまかれた小沢夫人の「離縁状」コピー

誰が何の目的で?

おかしな展開になってきた。
14日発売の週刊文春が掲載した「小沢一郎 妻からの『離縁状』」。
民主党の小沢元代表の妻・和子さんが選挙区岩手の後援会関係者に宛てたものとされ、
「福島原発事故後、小沢一郎は放射能が怖くて逃げた」などと
小沢をケチョンケチョンにけなす内容の手紙だった。
なんとそのコピーが、与野党の国会議員事務所だけでなく、
小沢を支持する個人の自宅にまで大量にバラまかれていることがわかったのだ。

「差出人のない茶封筒に、全文11枚の手紙のコピーだけが入っていました。
私は小沢さんに個人献金をしたことがあるので、
公開された収支報告書から自宅住所がわかったのでしょうか」(コピーが届いた小沢支持者)

21日あたりから、他の支持者にも同様の封筒が届いている。
宛名は筆跡がわからないようワープロ打ち。消印は今月20日で、赤坂局の取り扱いになっている。
つまり永田町周辺から投函された可能性もある。

和子夫人の手紙を巡っては、雑誌掲載直後にマスコミ各社に一斉に同じ内容のコピーが届いていて、
「こんな貴重な手紙のコピーが大量に出回るなんて、背後で大きな組織が関係しているとしか思えない」
(大手マスコミ関係者)という声も出ていた。
マスコミだけじゃなく、小沢の個人支持者にまでバラまかれるとは……。
それも、消費増税法案の採決を控えたこのタイミングである。あまりにエゲツないやり口だ。




おそらく賤獄(仙谷)由人でしょうw 奴が官房機密費使ってやっておるのでは?

どうやら「逆効果もいいところ」、となったようですなぁ。

やり口がセコくて、い汚なさ過ぎる、 暗闇で後ろからバッサリの辻斬り強盗の類だ。

日本人が最も嫌う遣り口だわなぁw



David Mellon、三枚目、



「Asleep」です。



ダメリカに貢ぐための消費税なのさ、

◆http://gendai.net/articles/view/syakai/136076
日刊ゲンダイ 2012年4月10日
消費税10%なら大企業は6兆円のボロ儲け


還付金制度の重大欠陥
<湖東京至氏(元静岡大教授)>


消費税は最大の不公平税制です」
消費税増税にヒタ走る野田政権に対し、
元静岡大教授で税理士の湖東京至氏(72)が怒りの声を上げている。
消費税は「国民が広く公平に負担する税」などといわれてきたが、これは大ウソだ。
「増税で潤うのは大企業だけ」と言い切る湖東氏に“カラクリ”を解説してもらった。

「消費税の最大の問題は、輸出企業への還付金制度です。
外国人に日本の消費税を負担させるわけにはいかないという理屈で、
国内の部品仕入れ段階などで発生した消費税を国が後で戻す仕組みのことです」

消費税の税額は年間売上高から年間仕入れ高を差し引いた額に5%掛けて決まる。
輸出分の税率はゼロだから、輸出割合が高いほど、
仕入れ段階の税額と還付金の逆転現象が起きるというわけだ。

「例えば、ある企業の売り上げが国内で500億円、輸出で500億円だったとします。
仮にトータルの仕入れ額が800億円だったとしましょう。その場合、
国内で販売した500億円の売り上げに対する税額は25億円、仕入れの税額は40億円となり、
差し引き15億円が還付されることになるのです」

つまり、本当は1000億円の売り上げがあるのに、500億円も低くなり、
それでいて仕入れ額の800億円はそのままで計算されるというわけだ。

「政府の予算書を見ると、こうした還付金は約3兆円(10年度)あり、
消費税の総額(約12兆5000億円)の約3割に上ります。
仮に10%に引き上げられれば還付金は単純計算で6兆円にも達するのです」

こうした輸出企業の本社を抱えた税務署は徴収する消費税よりも還付金の方が多く、
「赤字」になっている
という。

「トヨタ本社がある愛知の豊田税務署は約1150億円の『赤字』です。
税務署はトヨタに毎月、200億円近くを振り込まなければならず、
遅れると巨額の利息が付くので大変です」


黙っていてもカネが入る――。
政財界が一体となって消費税増税にシャカリキになる理由がここにあるのだが、
対照的に中小企業は苦しくなる一方だ

消費税の滞納率は5割にも上ります。これは事業者がわざと滞納しているのではなく、
経営が厳しくて納めたくても納められない中小企業、自営業者が多いのが実態です。
ズルズルと税率が引き上げられれば、滞納額も大変な額になるでしょう。
欧州並みに失業率が高くなり、国家は疲弊する。
還付金制度を廃止するだけで3兆円の増収になります。
増税などとんでもない話で、消費税自体を廃止するべきです」



経団連企業は外資の(=ユダ金の)株式所有割合が高く、結局、やつらがウハウハなわけで、

アメの言いなりの政官財=腐れ売国奴どもが必死に指令実行中なわけですよ。

まさに消費増税どころか「消費税自体を廃止するべき」なのです。

かってのように「成金から取る」、累進税率を旧に戻すことから、ここからです。





追:1:30PM

闇が深いねぇ、ご参照あれ、

まずは、

◆http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-668.html
陽光堂主人の読書日記  2012-06-24
「偽手紙事件」を解く鍵は「偽メール事件」の中にある

より抜粋、

野田氏がいい加減な対応をしたので、永田議員は命を失うことになりました。
「飛び降り自殺」というのは見せかけで、実際には殺人であることも多いので、
永田議員の自殺も額面通りには受け入れられません。真相はどうであれ、野田氏の責任は重大です。

この「偽メール事件」は、苦境に陥っていた小泉政権を救うために
前原代表らが仕組んだ八百長事件であったと見られています。

前原や野田の立場は自民党に近く、自党を犠牲にして小泉改革を支援したと考えれば、
このお粗末な事件が上手く説明できるからです。

野田・前原両氏はこの時、小泉一派に恩を売っていますから、
今回「偽手紙」という同様な手口で窮地を救ってもらったのかも知れません。
そうであれば、犯人は小泉元総理周辺ということになります。
小泉元総理は今や民間人ですから、顛末がバレたとしても現政権が傷つくことはありません。



◆http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」 2012/06/23
小沢夫人偽装文書は一切句点無し。 段落一字下げ無し、松岡大臣偽装? 遺書と類似文体

より抜粋、

小沢夫人偽装文書は 

1 ひとつも句点がない。

2 段落で一字下げ無し、

3 松岡大臣偽装?遺書と類似の不思議文体  

以下 題名を改題して再送する。

官邸は今中間派を高級料理店で接待して説得中であるという。また機密費が乱れ飛ぶのだろうか?

今回、小沢文書をとりあげたマスコミが出始めているが、
各自、抗議の電話、ファックス、メールをしたほうがいい。

<小沢氏に同調、70人を超えた>
<天下分け目の関が原>


官邸大慌て 小沢グループだけじゃない 中間派造反予備軍30人

http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/718.html


なりふりかまわない攻撃である。


<猪瀬は小泉政権の理論的支柱だったが、今回、テレビで小沢夫人の手紙に言及>
猪瀬が、テレビに出ているときに、
小沢夫人の(※ねつ造されていると思われる)手紙について発言。
誰もふれていないのに、テレビの電波にのっけた。
猪瀬は小泉政権の理論的支柱であった。


実は、週刊文春、猪瀬、読売新聞、産経新聞、夕刊フジ、共同通信、時事通信、
TBSといったマスコミは、小泉政権の礼賛者でしめられている。
これらはすべて小泉構造改革の推進者であった。


<読売に出た記事>
そして読売新聞社に記事が出た。
「小沢氏資質、妻が告発」2012年6月23日(土曜日)朝刊第2面の記事である。

手紙が波紋「放射能怖くて逃げた」という題名である。
→小沢氏が放射能が怖くて逃げたという事実は存在していない。



<署名の比較>

本物の小沢和子さんの署名
http://fotologtokyo.s3.amazonaws.com/2012/06/22/15/52184xDSo_z.jpg

偽物の、小沢和子を装っている署名
https://p.twimg.com/Av--S1OCQAAJFuA.jpg

<小の字が違う>
二つを見比べてわかるのは、「小沢」の「小」の字が違う。
「本物」の方は、小の真ん中の縦の線がまっすぐできちんとはねている。
(本物)http://fotologtokyo.s3.amazonaws.com/2012/06/22/15/52184xDSo_z.jpg

しかし「偽物」の方は、小の真ん中の縦の線が「変に」左の方にカーブしており、はねていない。
(偽物)https://p.twimg.com/Av--S1OCQAAJFuA.jpg

<沢も違う>
そして、「沢」の字も違う。
「本物」の方は、「沢」という略字体である。
(本物)http://fotologtokyo.s3.amazonaws.com/2012/06/22/15/52184xDSo_z.jpg

一方、「偽物」の方は、「澤」である。比較的難しい漢字の方だ。
(偽物)https://p.twimg.com/Av--S1OCQAAJFuA.jpg


<偽者を作成する謀略者の心理>

つまり、偽物を作成する謀略者は、裁判の過程で、
小沢氏の本名が「小澤」であることから、推測して「小澤」と書いたのだろう。
しかし、ふだん、小沢和子さんは、「小沢」という字を使っていたというわけだ。
小沢一郎夫人なわけだから、小沢和子と書くのが普通である。
まさか突然、本名が難しい漢字の方だからといってわざわざ、「小澤和子」と書かないだろう。
ここらへんは「謀略者」のミスである。

<離婚したといっておきながら 小澤和子で締めるうそ>

そしてこの手紙は、繰り返すが「離婚しました」と言っておきながら、
最後は、小澤和子でしめくくるという、初歩的なミスを犯している。

<謀略者の思惑>

おそらく「謀略者」は、センセーショナルにするために、
一枚目に「離婚しました」と書いて、
最後に、本来は、離婚したなら旧姓を書くはずなのに、
「小沢一郎の夫人」であると言いたいがために、
「福田和子」ではなく「小澤和子」という署名で行こう! と決断したのだろう。

完全に墓穴を掘っている。論理的矛盾の最たるものである。

<段落を重視しない変な文章の書き方>

そして、この文書は、きちんと文章を書く人は必ず、重視する
「段落を変えるときは一文字分あけてから始める」
という基本的な点を守っていない。

これだけでも、政治家の妻が書いたものではないということがわかる。

<小沢夫人は世田谷区の小沢氏の家に住んでいるのだから岩手には住んでいない>

それに小沢和子さんは東京都世田谷区の小沢氏の家に住んでいるのだから
あたかもこの岩手に住んでいるかのようなこの手紙はうそもいいところである。

<重要な点>
そして、重要な点に気づいた。三つ気づいた。

http://twitter.com/minorucchu/status/216031938790686721/photo/1
http://twitter.com/minorucchu/status/216031938790686721/photo/1/large?tw_p=twt

この最後の文書(偽造手紙と推定されるもの)をよく読んでみてほしい。

「本当に長い間、お励まし、お支えを頂きましたこと 心から感謝しております
ありがとうございました」とある。


ここでこの文書には、とんでもない「ものすごい」欠陥があることに気づいた。


気づいた点その1<一切、句点が存在していない>

今週号のフライデーにも全て掲載されているが、実はこの文書には
一切、「句点」が存在しないのである。
句点とは、文章の最後にうつ、「○(まる)」のことだ。
コピーで薄れることもない。

句点とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A5%E7%82%B9

これが11枚全ての文章に存在していない。

いったいどこの国のアルバイトに書かせているんだ

気づいた点その2<段落での一文字下げをおこなっていない>

段落での一文字下げを行っていない。

段落(だんらく)とは文章における1ブロックのことであり、通常は複数の文によって構成される。
段落の始めが行頭から1文字字下げを行っていることから段落という言葉になった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%B5%E8%90%BD

気づいた点その3<不自然に~こと と出てくる不思議な文体は、
松岡事件のときの遺書に見られた不思議な文体と同じ>


そして、この「本当に長い間、お励まし、お支えを頂きましたこと 
心から感謝しております ありがとうございました」
の文章に 唐突に「~を頂きましたこと」が出てくる。

「お支えを頂きましたこと」 という文章がおかしいのである。
通常は、お支えを頂きまして となるはずである。

この文章の特徴は、突然、「こと」が出てくる 
この変な文体は実は見覚えがある。
松岡大臣のときの偽装と思われる遺書と文体がそっくりである。


松岡事件の真相しってるでしょ
http://www.youtube.com/watch?v=BXClXB34DhQ


松岡利勝農相「暗殺」を示唆する各種参考データ
http://www.asyura2.com/07/senkyo36/msg/118.html

松岡農林水産大臣 赤坂新議員宿舎偽装自殺連続殺人事件疑惑について2007 年 6 月 18 日
http://www.asyura2.com/07/senkyo36/msg/781.html

不可解な松岡農相の死と代筆遺書の疑い(5月30日配信記事)
http://www.asyura2.com/07/senkyo35/msg/693.html


松岡遺書中身
http://www.asyura2.com/07/senkyo35/msg/532.html


松岡大臣の遺書を何者か謎の人物が代筆したのではないかと思われるもの
はこう書いてあった。

「私自身の不明、不徳の為、お騒がせ致しましたこと、
ご迷惑をおかけ致しましたこと、衷心からお詫び申し上げます。
自分の身命を持って責任とお詫びに代えさせていただきます 安倍総理 万歳」

ここでも不思議ないいまわし「お騒がせ致しましたこと、ご迷惑をおかけ致しましたこと、
衷心からお詫び申し上げます。」と 
「~こと」「~こと」が唐突に出てくる不思議な文体が出てくる。
通常は、「お騒がせいたしまして」と連用形になるはずだが、
なぜか、「~こと」「~こと」と文章の途中で唐突に出てきて、
それに「を」や「に」をつけない。
こんな不思議な文章は見たことがない。

つまり、この小沢の奥さんの文書を偽装する文案を考えた人物と
松岡大臣の遺書を代筆したのではないかと思われる謎の人物は
おそらく同一人物である可能性があるのである。




かの「亡国のイージマ」か?

売国奴の真打=チョン一郎が裏におったか?  いやはや、やはり「米帝」が謀略の奥の院だ。

_______________________________________________

☆http://www.asyura2.com/07/senkyo35/msg/450.html
なぜ病院に飯島前首相秘書官が?

より抜粋、

考えても見て下さい。

およそ現職の閣僚に、普通捜査の手がのびるでしょうか?
前政権の時も、閣僚の金にまつわる問題は数々ありましたが、
検察が捜査に着手するだとか、ありえる話ではありません。
例えそのような事があっても、官邸が必ずストップをかけます。

安部首相は周囲の反対を押し切り松岡氏を農相にすえ、事務所費問題などで擁護し続けました。
自身の政権への影響もあったとは思いますが、安部首相は最後まで松岡氏を擁護しようと思っていたはずです。
緑資源に捜査が行われた当初、押収した資料の一部を東京地検が紛失したと報道されましたが、
これは松岡氏や、あるいは他の政治家をかばったためだと私は思います。

しかし、捜査は進められ松岡氏の関与が取りざたされた。


それはなぜか?


安部政権以上の力が働いたからです。
みなさん思い出して下さい。
安部さんは誰のおかげで総理大臣になったのですか?
前政権の政策シフトは、どの業界を向いていたでしょうか。
安部政権は単なる院政なのです。


経済財政諮問会議でも、農業分野の市場開放を求める経団連と、
松岡氏を筆頭に農林族議員は鋭く対立していました。
前政権の、金にまつわるスキャンダルで政敵を失脚させる手法です。
おそらく緑資源問題は、松岡氏を逮捕させ、他の農林族への見せしめとする目算であったと思います。
本人がここまで追い込まれ自殺するとは思ってもなかったでしょうが。


一度死んで全て失った人間ほど強いものはありません。
少なくとも死をもって覚悟した人間は、それ相当の決心があります。
だから、何かを、例えば遺書であるとか、命を取り留めて何かを話すのではないかと、
陰謀を仕掛けた側は恐れるはずです。

生き返りはしないか?
公表されて陰謀者が困る遺書など残してはないか?

自殺と言う予想外な事態だけに、自らの眼で確認せずにはおられなかったのでしょう。
そうでもなければ、前の総理大臣の右腕が、院政者の右腕が、
公には一衆議院議員の秘書ごときが、あのタイミングで病院に行く目的はあり得ません。

_______________________________________________

真偽不明なれども、

さぁて、何やら寒気がしてきますなぁ、おぞまし、恐ろし、気持ち悪し。



コメント

夏の気配なしⅡ

2012-06-23 11:03:23 | Weblog
 画は歌川 國貞 (三代豊國)

 天明6年(1786年)~元治元年(1865年)

 号は、香蝶楼・一雄斎・五渡亭など        作


  「ゑん日乃景」です。


☆晴れ。

昨日は御来場多く、ご観覧も少なからず、

ありがとうございます。

さて、「第三次安保闘争」の時代が来ておる、と書きましたが、

70年安保は我ら学生が主体でしたが、「反原発」デモは自発的国民大衆ですなぁ、

デモと言えば昔も今も、オマワリだらけの過剰警備w  これは変わらんw

◆http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/d53a5e9875f08a4debc2bc4deafd26a1
暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~ 2012年06月23日
完全な報道管制が敷かれる中、
 古舘伊知郎・報道ステーションが首相官邸前「反原発デモ」を詳細に報道


古舘伊知郎が「報道ステーション」放送内にて、
「圧力がかかって番組を切られても本望」との意味深コメントを発したのが3月。

最初はハッタリかと聞き流していたが、どうやらただのハッタリではないようである。

本日(6/22)、首相官邸前にて過去最高となる4万人(主催者発表数字)を超える
大規模な「反原発デモ」が行われたが、「報道ステーション」がこれを大々的に取り上げたのである。

その中身は、デモに集った人々長蛇の列の映像にはじまり、
デモ参加者の生の声(インタビュー)と続き、ちょうど同時刻に官邸内にて行われていた
野田ブタ以下による今夏の節電目標に関する会合の模様と並行する形での編集がなされたものであった。

同報道の中で”極めつけ”は、何と言っても「大飯再稼動反対」を訴えるデモ参加者の声が
官邸建物内に響き渡る様子を描写した部分であろう。

余計なナレーションは付さず、官邸内にいる野田以下の閣僚の耳に、
確実に「大飯再稼動反対」を訴えるデモ参加者の声が届いていることを如実に表す描写であった。

そして締めくくりが、会合終了後に”嘘つき”枝野幸男と細野”モナ”豪志に
デモについて直撃インタビューを敢行するシーンであったが、枝野はノーコメント、
細野も「急いでいる」の一言で逃げるようにその場を立ち去るという始末であった。

古舘伊知郎もテレビ朝日もまったく信頼などしていないが、完全な報道管制が敷かれる中、
首相官邸前における「反原発デモ」をここまで詳細に報道したその姿勢は
素直に素晴らしいと評してよいであろう。

以下に転載したように、「東京新聞」(共同通信の引用)と「毎日新聞」も
今回のデモについてようやく報じているが、参加人数も曖昧で、
いかにも「重い口」を渋々開いたかのような”中身の薄い”記事内容である。

これでは読者に「軽く読み流してくれ」と言わんばかりであると断じてよいであろう。

数少ない信頼に足る「東京新聞」でさえこの有様であることから、
”司令塔”たる「電通」による報道管制がよほどキツイ
ことは容易に想像できる話であるが、そんな中、ここまでリアルな内容を報道した
「報道ステーション」には「座布団10枚!」と敬意を表したい。

百聞は一見にしかず、小生の戯言よりも画像にてデモの模様を実感していただくべく、
本エントリー末尾に関連画像を貼り付けておくのでこれをご覧いただければと思う次第である。

現地の熱気、異常な程に動員された警官の数をみれば、これ以上の言葉は不要であろう。



◆http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/56646726.html
日々雑感 2012年06月23日
6.22官邸前デモに行ってきた

より抜粋、

とにかく広瀬隆さん、鎌田慧さんは
『今週5万だったから、来週(6/29)は10万人官邸前に集めて、
7/16の「さよなら原発10万人集会」は10万人を大幅に超えるようにしたい!!』
と何度も何度も仰ってました。

ということで、

来週は10万人になるように、みなさん、周りの方をお誘いの上、官邸前へ集まれ!!

歩道では収まりきれずに、官邸前の道路を埋め尽くすぐらい人が集まればいいのに。



◆http://blog.shadowcity.jp/my/2012/06/post-563.html#more
ネットゲリラ (2012年6月23日)
官邸前で革命始まる。その名も「紫陽花革命


「紫陽花革命」という呼び名がついたらしい。
報道ステーションでかなり大きく取り上げられて、これからますます増えるだろう。
始めたのはまったくの素人だそうだが、なまじ大きな団体とかバックに付いてないのがいいんだろうね。
今回は在特会も特別参加で邪魔しに行ったらしいが、なんせ10人しかいないので、
警察にも邪険にされて追い払われる始末のようでw 
まぁ、コレでターゲットは決まったので、原発と消費税反対の新党立ちあげて下さい。
オザワンが出るとまた揉めるので、爺さんは裏方に専念しろよ。


☆http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1340374789/
官邸前にとうとう4万5千人! 脱原発派が本気出してきた、こりゃ政府ひっくり返るよ

1 : ラ・パーマ(チベット自治区):2012/06/22(金) ID:TgX5t+iw0

6月22日、大飯原発の再稼働に反対する首相官邸前抗議に、とうとう4万5000人もの人たちが集まりました。

この抗議は、初めは50人でしたが、翌週には300人、翌週には1000人、翌週には2700人、翌週には4000人、
翌週には1万1000人と増え続けてきました。

今回は先週の3倍を超える4万5000人、これでも野田首相が民意を無視して再稼働をやめないのなら、
来週は10万人を超える人たちが集まると思います。



追:1:10PM

UPされましたよw

http://www.youtube.com/watch?v=dTuHOAW0DVM&feature=player_embedded#!
◎報道ステーション 首相官邸前デモに45000人!


☆http://twitter.com/#!/kikko_no_blog
きっこ ‏@kikko_no_blog

寺島実郎ってまだ20年前と同じこと言ってんのか?
相変わらず進歩のない男だねえ。もう御用済みだよ、お前。
野田と抱き合って地層処分されちまえ!




國貞、二枚目、



「蛍狩江戸ッ子揃  瀬川菊之丞 岩井粂三郎」です。 同一主題、合成しました。



北海道新聞も、小沢一郎に都合のいい記事は書きませんね、

印象操作に懸命ですなぁ、 いい加減空気読めよw

◆http://news.infoseek.co.jp/article/20120622_yol_oyt1t01569
読売新聞(2012年6月23日)
造反、鳩山グループでも…首相自ら説得の電話

民主党の鳩山元首相グループで22日、
消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法案の26日の衆院採決で造反する動きが表面化した。

新党を視野に入れる小沢一郎元代表グループ以外にも、造反が広がる可能性がある。
野田首相や党執行部は、態度未定の議員の説得に全力を挙げている。

鳩山グループの松野頼久、初鹿明博両衆院議員は22日、読売新聞の取材に対し、
法案採決で反対票を投じる考えを明らかにした。
初鹿氏は「格差を是正すると訴えて政権交代したのに、法案が修正され、
富裕層の負担が減り、低所得者層の負担が増える内容になった。認められない」と語った。
松野氏も「反対する」と明言した。

初鹿氏は鳩山グループ幹部にも、こうした考えを伝えた。
鳩山氏は22日の鳩山グループの会合後、記者団に
「『党を割らない』と言ったのに割れたら、代表(首相)と幹事長の責任は重い」と指摘した。

衆院で離党者が54人以上になると、民主党は国民新党と合わせても半数に届かず、
少数与党となって政権運営が不安定になる。こうした事態を避けるため、民主党執行部は22日、
採決前日の25日に臨時代議士会を開き、法案に賛成するよう首相に呼びかけてもらうことを決めた。
首相に近い議員によると、首相は態度未定の「中間派」の若手らに電話で説得を続けているという。
野田グループ幹部は「態度未定は約20人」とし、造反議員には厳しい処分で臨むとしている。 



新聞によると、「連合」は「消費税増税」賛成なんだってなw 驚いた、

しかも民主党執行部は、「連合」の支援を切るぞと反対派議員を切り崩しておるのだとか。

何なんだ! 完全なダラ幹主導「御用組合」じゃないのか。

昔は「総評」という組織があって、裏ではどうだかわからんがw

総資本と闘う「総評」ということで「大田ラッパ」で威勢がよかったが、昔日の影なし、よなぁ。

愚劣な切り崩しに負けてはならん、民意を代表など全くしておらぬ互助組織に過ぎぬわ。

日本労働組合総連合会(連合):

加盟単産は54単産、うちオブザーバー加盟1、友好参加1。
組合員数は約680万人(2010年4月現在)。
単産の数は総評・同盟並立時代に競合していた同業種組合の合併などで減っている。
正社員のみを組織対象とした組合が多く、雇用形態の多様化に対応した対応が十分でなかったため、
労働省(当時)調査で最大時762万ほどだった組合員は、 2006年6月現在で665万人足らずとなるなど、
永らく組織人員数の減少に歯止めがかかっていなかった。しかし、
2007年12月発表の、同年6月現在の組織状況では、組合員数675万、
対前年比10万1千人の増加となり、久方ぶりの純増を達成した。

結成当時「労働戦線の全的統一が完成されれば、社会的影響力が発揮される」と言われていた。
しかし結成以来の組合員数、組織率の減少は連合の社会的地位を低下させた。

恒例で行われる春闘やメーデーで集会を催す以外は現状では広範囲な活動が行われておらず、
一部の非連合労組などからは資本側となれ合う「御用組合」との批判も存在する。

かつては企業側の経営合理化によるリストラなどに対して半ば容認の姿勢であったが、
近年は格差社会の広がりにより労働組合の役割が再確認され、
連合も正社員以外に非正規雇用者(アルバイト、パートタイマー、派遣労働者など)の組織化
に関して特に力を注いでおり、パートの組合員が2003年の約33万1千人から
2007年には約58万8千人にまで増加した。特に、流通や食品関連の労組であるUIゼンセン同盟傘下労組
のパート労働組合員の増加
が目立っている。

国内のパート労働者1218万人のうち約4.8%が労働組合に加入している計算になる。 (Wikipedia)



國貞、三枚目、



「洗い張り」 です。



この記事注目、今ではさらに圧力を掛けておると思う、

関係清算、「洗い張り」の時期なのですよ、

◆http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012062102000222.html
東京新聞 2012年6月21日 夕刊
湾岸危機でブッシュ大統領 自衛隊派遣強く迫る 公文書で判明

【ワシントン=共同】イラクがクウェートに侵攻した一九九〇年の湾岸危機を受け、
当時のブッシュ(父)米大統領が海部俊樹首相との電話会談で、
多国籍軍への自衛隊の参加を強く迫っていた
ことが二十日、米側の公文書で分かった。

米シンクタンク「国家安全保障公文書館」が機密指定を解除された電話会談記録を入手し、公表した。
米国が当時、首脳レベルでも日本の軍事的貢献を強く求めていた実態が浮き彫りになった。

大統領は九〇年八月十三日(日本時間十四日)の電話会談で海部首相に対し、
財政支援だけでなく「多国籍軍への直接的貢献を考えてもらいたい」と率直な表現で自衛隊派遣を要請。

「これが第二次大戦後の日本の歴史上、重大な転機となることは私も分かっている。
しかし実現すれば、日本が西側同盟国の完全なメンバーであることを示すことになる」と畳み掛けた。

これを受け海部首相は、憲法上の制約や国会決議があることを説明し
「直ちに多国籍軍に参加することは不可能だ」と答える一方、財政面で一層の支援を検討すると表明した。

しかし大統領は「国会決議に抵触しないような後方支援」などの面で
何らかの人的貢献ができないかと、さらに食い下がった。

日本側は、両首脳が湾岸危機後に行った一連の電話会談の記録を公表していない。


☆湾岸戦争(Wikipedia)

*資金提供

  湾岸戦争の戦費として多国籍軍に130億米ドル(1兆2千億円)もの資金を提供。
  しかし、戦後クウェートの新聞に載せられた感謝広告に日本の国旗が無かったが、その後改められた。
  この施策に関し保守層からは金だけだして人出さない、似非国際貢献、一国平和主義と罵られ
  左派からも「アメリカの言いなりになり無駄金を拠出した。」と強く批判される
  など左右の知識人から強い批判を浴びた。

*PKO法案、自衛隊ペルシャ湾派遣

  湾岸戦争の停戦後に、自衛隊創設以来初の海外実任務となる
  海上自衛隊掃海部隊をペルシャ湾に派遣する。



小沢が金出したとか批判されておるが、ブッシュが海部にもろ圧力かけた、ということでしょw

莫大な金額を殆どダメリカに毟られたわけだが、直接戦闘派遣は阻止できたわけだ。

このときイラクに派兵しておれば、確実にアフガンでも戦闘行動に参加しておったでしょうね。

自衛隊の完全傭兵化ですよ、危うし、危うしだ。

キ印ブッシュ一家、「スカル・アンド・ボーンズ」ですよ。

当ブログ、行く春に  2011-05-06 ご参照を。

「原発の強制」もダメリカ、 厄災の元凶なのですよ。


コメント

夏の気配なし

2012-06-22 10:25:08 | Weblog
 画は David Mellon

 Born: New Orleans 1955
 Currently residing: The Village Green, Los Angeles 
 http://davidmellon.com/                   作


  「Bunny」です。


☆曇り。

暦の上では仲夏なのだが、夏の気配なし。 ヒンヤリ、気温上がらず。

冷夏になるやもしれませんなぁ。

まずは、

◆http://www.asahi.com/politics/update/0621/TKY201206210567.html
朝日新聞デジタル 2012年6月22日
民主の分裂不可避 小沢系約50人、離党届署名


民主党の小沢一郎元代表は21日、東京都内でグループ所属の衆院議員を集め、
消費増税関連法案の衆院採決で反対するよう要請した。
採決後に新党結成を目指す構えで、出席議員によると約50人が離党届に署名した。
参院議員も同日夜、都内で会合を開いて結束を確認。
小沢グループ以外にも同調を模索する議員がおり、民主党分裂は避けられない情勢だ。
法案の採決は26日になる見通し

54人以上が離党すれば与党は過半数を割り、
衆院の優越が認められている予算や条約も野党の協力なしに成立しない。
内閣不信任案も可決される状況になり、野田佳彦首相の政権運営が行き詰まるのは必至だ。

小沢氏は21日夕、グループの会合で
「採決が迫っている。政権交代の時に訴えた政策の実現をどうしたらいいか、
政治家として判断してほしい」
と強調。
「最短で8月解散、9月選挙だ。だから次善の策を考えないといけない」と述べ、
離党したうえで新党結成に進む可能性に言及した。

その後、別室で議員1人ずつと面会し、「一緒に行動してほしい」と述べ、
離党届への署名を求めた。離党届は小沢氏が預かる形にしたという。
会合に出席した山岡賢次副代表は「国民の皆さんに対する責任を果たす。
政治家としての良心を失ってはいけない。信念をもってやりたい」と記者団に語った。


◆http://twitter.com/#!/aritayoshifu
有田芳生@aritayoshifu

#風間新吾(城南信用金庫ユーザー) ‏@kazamazov

うちにも届きました! 消印は赤坂。
僕のような一般人に送りつけて何の意味があるのかなぁ??
RT @aritayoshifu :浅草の消印で「週刊文春」に掲載された
小沢一郎夫人「直筆手紙」(コピー)が届いた。

もはや怪文書並に扱われている。

#有田芳生 ‏@aritayoshifu

住所の宛名は印刷。会館部屋番号と名前は手書き。20日の消印。
“@minorucchu: 小澤和子氏の手紙とみられる文書が本日、
何者かにより衆参両院全議員へ郵送された。消印は浅草、神田。
オイオイ、謀略の主は誰なのか。”

#有田芳生 ‏@aritayoshifu

あちこちに届きはじめましたね。“@corochin61: @aritayoshifu
きょうは信州のわたしのところに、
「小澤和子」さんなる方の手紙が届きました。消印は豊島で20日付け。”

 

破れかぶれのようですなw 解散が近いからですよ。

しかし、カルト公明、いいのかねぇ? 支持者は「消費増税反対」だと思うが、

都会のサラリーマン、中小自営業者が信者なんだろ?



David Mellon、二枚目、



「Thorn 棘トゲ」です。


ちっと左巻きで、長いが、

◆http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/kikumiminakubousousurudokusaikoltuka.html
長周新聞 2012年6月13日付
聞く耳なく暴走する独裁国家
 野田政府巡る記者座談会
 国民守らぬ米国・財界の道具  


より抜粋、


☆大収奪のための国家 戦後民主主義の幻想が崩壊 最先端の下関 

A 国民の生命、財産、安全を守る政府ではないし、民主主義国家でない。独裁国家だ
  ここをはっきりさせないと対応できない。要するに
  アメリカと日本の金融資本が好き勝手に食い物にし大収奪していくための国家だ
  だから国民のいうことなど聞かない。多数決といって選挙をやっても公約をみな破棄する。
  自民党がやっても民主党がやってもだれがやっても同じ事をする。
  議会制民主主義のたてまえもとらない。それを下関では中尾のようなものが先端を切って実行している。

E 中尾が自民党林派の内部学習会をしたとき、「市民に迎合ばかりしていたら市政はできないので、
  マイナス面もあることをハッキリさせて行政運営にあたる」と発言していたが、
  「痛みを伴うのだ! ぶれない政治だ!」という調子の世界観だ。

A 公約違反でぶれまくっていることを「ぶれない政治」といっているのだ。
  中尾はまともに考えたら頭がおかしくなるはずだ。おかしくならないのなら、
  相当に頭の機能が人間離れしているということだろう。

C 唐戸の店主が話していたが、人をだましたことへの怒りは強烈にある。

A しかし戦後の日本の国家というのは、そういうものだったということだ。
  その認識にたって一切の幻想を捨てたら、どうすれば効果があるかが出てくる。
  アメリカや財界の独裁国家ではなく、国民のために動く国家にするには、
  説得やお願いではらちがあかないということだ。
  力と力の問題だし、大衆の実力でなければいうことを聞かない
  安保斗争のような大衆の実力を示す政治斗争がいるということだ。
  独裁で突っ走っている政府だが、勤労人民との関係で、突き詰めたときどっちが強いかだ
  どの時代でも、いかなる権力者も働く人民が力の源泉だ。
  生産人民が働いてつくった富から年貢や税金を出すから権力が維持されてきた。
  この人民の力が権力者から離れたときには権力者は持たない。

B はぐるま座の全国公演のなかで、口蹄疫でやられた宮崎県とか、
  各地で「町おこし」の運動が盛り上がっている。東北でも同じだ。
  国は輸入自由化とかTPPとか消費税とか市町村合併とか、
  わざと農漁業をつぶし地方をつぶすことばかりやる。これとたたかって、自分たちの力、
  地域共同体の力を結集して農漁業を興していくという動きだ。日本中でそういう世論転換が動いている。

A 独裁で突っ走るということだが、別の面から見ると
  アメリカや財界の側に欺瞞する力がなくなっているということだ。
  人をだまして引き連れていく余裕がなくなっている。一見すると凶暴であるが、
  もう一面から見ると支配体制の脆弱であり、戦略的に見ると支配の衰退だ。
  原発再稼働にしてもなんの説得力もないし、見られたザマではない。

E 自民党であれ民主党であれ、何党が出てきても同じで、財界、官僚機構、軍隊、警察、
  メディア、御用学者など権力機構そのものがアメリカの代理人となっており、
  そのもとで総理大臣はだれがなっても同じことをやる。
  小沢一郎は反米というほどの人物ではないが、アメリカの意向とは違うというので血祭りにあった。


B 若手知識人のなかでも戦後の日本支配の構図を問題にする発言が目立っている。
  政治家も官僚もメディアも露骨にアメリカ直結で事が動くし、
  そのアメリカではとくに金融資本が政府を乗っ取っているから、目先の利益だけで政治が機能し、
  国民の世話をする国家ではなくなっているという指摘だ。

A 戦後総括の意識変化がある。各分野で戦後民主主義の幻想が崩壊している
  第2次大戦から続く戦後社会の本質が浮き彫りになっている。
  戦争で武力によって日本を単独占領し、アメリカが一元支配の体制をつくった。
  天皇と財界は、支配の地位を失うのを恐れて戦争を長引かせ国民をアメリカの犠牲にさらさせて
  ヘトヘトにさせ、アメリカの庇護の下ですべての民族的な利益を売り飛ばして
  自分たちの地位を守ろうとした。国益など考えていないのだ

  戦後アメリカは一時は日本を高度成長で太らせて、根こそぎ吸い上げている。
  日本の独占資本は国内を切り捨てて海外に行ってもうけようとしている。
  海外で商売をやろうと思ったら、その地の労働者を世界一劣悪な条件で搾りとろう
  というわけだから反抗がある。そのためにはアメリカの核の傘で権益を守ってもらう関係だ。
  日本本土を中国、朝鮮との核戦争の盾にしてでも日米同盟にしがみつく理由だ。
  国をつぶす国賊ということだ。


☆ 懲罰化の方向露骨 むき出しになる本性 戦後社会の本質

E 独裁国家になっていることとセットで、先日の天皇訪問の異常警備ではないが、
  厳罰化、懲罰社会の方向があらわれている。オウムの高橋の逃亡劇がニュースで流れるが、
  あれだけ世の中に監視カメラがあることに驚く。
  どこでだれがなにをしているのか、手にとるように権力側には把握できる仕組みになっている。

B フェイスブックは米軍がかかわっている技術だが、以前なら個人情報を集めるのに難儀していたが、
  本人が意識していなくてもあれを使うことによってその情報が権力側に簡単に集まってくる。
  携帯やスマートフォンもGPS機能がついていて、だれがどこにいるのかわかる。
  盗聴も容易であることは、前から知られている。街を歩けば監視カメラ、車で走ればNシステムで監視。
  県警がナンバーで摘発しようと思えば一発だ。

C メールもサーバーに集まるものをみんなチェックしようと思えばできる。
  グーグルも個人情報の収集機能が問題になっている。
  パソコンも匿名と思ってインターネットに下手なことを書き込んだら、IPアドレスで割り出されて、
  どこのだれが書いたのかがすぐにわかる。殺人予告なんかがすぐ捕まるのはそのためだ。
  どこのどの回線から書き込んでいるのかわかるからだ。
  ホームページにどこからアクセスして閲覧していったかも足跡がつく。

A ものすごい監視社会ができあがっている。それでも怖いから天皇が下関に来るだけで
  3000人もの警備体制を敷く
。敵は人民をひじょうに恐れている。だからこその弾圧体制だ。


D 特攻隊で生き残った男性が、天皇問題とかかわって戦前戦後の経験を語っていた。
  自分たちの世代はだまされっぱなしで、あの戦争のときに本気で志願して出ていった者はいなかったという。

  出ていかないことには怒鳴られていた。御真影からなにからみんなをだまして、
  ほとんど友人たちは殺されていったのだと話していた。
  戦後は零戦に乗っていた危険人物としてGHQのリストに挙げられ、
  大学を受けようと思っても「オマエはダメだ」とあしらわれ、予科練崩れが犯罪を起こしたら、
  すぐに自分の家に土足で上がってきて、タンスから家具からひっくり返していったという。
  その結末が今のような世の中になった。あれだけの者が死んでいって、
  こんな世の中では面目が立たないといわれていた。天皇がのこのこイギリスに行ったりするが、
  あのとき特攻を出した者が責任をとったのかと。大西中将は腹を切ったが、あれだけ殺しておいて、
  その上の張本人は生き残ってのうのうとしている。そして反省していない。

  今の国の体質がまったく同じだと。自分たちの仲間のためにもなんとかしたいという気持ちを募らせていた。

A 国民に対する対応の仕方が戦争のときと同じだ。しかしずっとその体質が戦後社会を貫く本質だった。
  第2次大戦であれだけのひどいことをして、戦後は一時期平和の仮面をかぶってきたけれども、
  だましようがなくなって本性をむき出しでやっている。国民のことなど一つも考えていない
  それならどうするかが問われている。全国的に大衆が結束して実力でたたかうし、
  いうことを聞かせなければ動かない。
  人民の行動機運が高まっているなかで、戦後民主主義に幻想を持っているチャンピオンが
  社民勢力や「日共」集団で、太刀打ちできずに人民から見放されているのも、もう一つの特徴だ。

☆主人公は生産人民 突っ走るが風前の灯火の権力者 全国団結に活路

B 原爆展をとりくんでいて去年とも印象が違う。一段と世論が高揚している。
  原爆投下から戦後社会について考えなければという意識が動いている。
  みんな現代を変えていくために今原爆を語り継ぐことが大切だと考えているし、
  長崎でもみんながポスターを貼らせてくれたりする。
  あと長崎でも商店主のなかでは金融問題を扱った紙面に反響が大きい。
  読者のなかでもIMFの要求でポンポン10兆円とかを出していくことに怒りが出されていた。
  そんなことをやりながら「税と社会保障の一体改革」などというからふざけている。
  アメリカのいいなりですべてが決まっていく国の姿があぶり出されている。

  マニフェストとあれだけ騒動して選挙したのが、糞くらえでひっくり返すのだ。だから幻想がない。
  このなかでむしろ自分たちの地域や人間関係を基礎にして、 
  そこに根を張って生きていくしかないという意識が強まっている。
  商店のもうけといっても地域あってこそだし、買い物サービスをしてみたり、
  商店にコミュニティーセンターをつくったり、紙芝居をしたり、
  みんなのつながりを大切にする流れがある。原爆展のとりくみがそことつながっている。
  なにかに幻想を抱いていてもどうにもならないから、自分たちで自力でやっていこうとなっている。

D 東北を見てもそうだ。国には復興させる意識がまるでないなかで、
  岩手県の田老や重茂にしても自分たちの力で瓦礫のなかから立ち上がっていく
  下からの団結や連帯を求める意識が強まっているし、パワフルに行動していく機運がある。
  経済情勢が悪化して苦しいのは事実だが、そこで
  世の中に敗北していくのか、連帯と団結によって打ち勝っていくのか
  イデオロギー的には真っ二つに割れていく。自殺者も毎年三万人だが諦めや敗北ではなく、
  全国的な連帯と団結に展望がある。そういう情勢だ。
  苦しいからこそ働く者のイデオロギーというか人民性が強まっていると思う。
  東北ではだれのための復興なのかが問われてきたが、
  だれのための国政で、だれのための市政なのかという問題と共通する。

A 権力側は突っ走っているがどっちが強いのかだ。国民がいないと権力など成り立たない。
  主人公は人民大衆であって、人民がいなければ権力は食っていけない。
  生産人民がいて社会があるというのが客観的な真実だ。国民がいなければ社会は成り立たない。
  生産人民が東北でも堂堂としている。全国各地の町おこし運動を見ても、
  生産人民が主人公になって負けずにやりはじめている。
  消費税を上げたら不景気になって経済活動も落ち込むし、倒産する企業が続出すれば税収はガタ減りする
  やはり国民次第なのだ。アメリカだって、ドル安にして雇用を作らなければ大変なことになる
  といって尻に火がついている。失業と貧困が広がれば国内の危機が深まって収拾つかなくなるから、

  日本を犠牲にして食い物にするためにTPPを押しつけて、自分のところの輸出産業をテコ入れし、
  雇用を維持しようとしている
。それを日本の支配勢力は売国奴だから、どうぞどうぞと歓迎している。

  ほんとうにデタラメであるし情けないくらいに売国奴だ。

D 安倍晋三の放り投げからはじまって、1年ごとに首相が替わる。
  この政治の無策無能ぶりというか劣化をみんなが感じている。政治に権威がない。
  強気な突っ走りをするが弱い。賞味期限が切れるのがどんどん早くなっていく。

A 野田も風前の灯火だ。
  国民からバカにされきった男が、「消費税を値上げした歴史に残る首相」として
  アメリカに認められたいがためになりふり構わず暴走する。
  ドジョウといったが米国産輸入ドジョウだ。遺伝子組み換えドジョウかもしれない。
  国産ではない。日本民族のなかでもっとも恥知らずなタイプの男だ。
  力を持っている人民が全国的に連帯して動き始めたら世の中は変わる




「第三次安保闘争」の時期なのかもしれませんね。

機動隊の人数などたかが知れておる、国民大衆の海に沈むばかりさ。

自衛隊の治安出動には大義名分が必要でねぇ、お前ら国民大衆に銃を向けるのか? ということになる。

できっこない。 やったら末代まで叩かれ続けることになる。



David Mellon、三枚目、



「Railroad」です。


日本人の故郷に帰ろうか、

◆http://blog.shadowcity.jp/my/2012/06/post-557.html#more
ネットゲリラ (2012年6月22日)
読売が暴力団に資金提供していた事実


キヨタケが怨念でバラしたとしても、じゃあ、ソレが何で悪いのか?
と言われたら、別に悪くも何ともないですね。ヤクザにカネ渡す方が悪いに決まっている。
東電と同じで、どこか物事の価値観が狂った連中で、まぁ、困ったもんだw 
つうか、読売自体がCIAの出先機関なので、
法律とか常識より先に自分たちの価値観が来る。工作員の特徴です。


☆http://www.daily.co.jp/baseball/2012/06/21/0005151951.shtml
デイリースポーツ (2012年6月21日)
◎「犯人は清武氏」桃井球団社長が関与示唆


巨人は、週刊文春が「原監督が元暴力団員に1億円払っていた」
との見出しで報じた記事について20日、清武前球団代表が関与したことを示唆した。
桃井球団社長は「今回の週刊文春の報道に清武氏が絡んでいる
ということは(原)監督もそう思っているし、私たちもそう思っているということ」と説明した。

球団は、原監督の問題を球団が初めて把握した2009年に詳細な記録を作成。
球団の機密事項である記録を持っていたのは同社長、当時の清武代表、
当時の原沢副代表(現球団代表)、当時の法務担当者の4人だけだった。

同社長は「原監督が女性問題で1億円を脅し取られた。そういう外形的な事実は
この時の記録をベースにしているのは間違いないというふうに思われます」と明言した。

清武氏は昨年11月11日に渡辺恒雄球団会長を批判する会見を行った。
球団によると、同月18日に解任されるまでの間に同氏は、当時の部下らに球団内で
「おれは原の弱みを握っている」「原と刺し違える」「徹底的に仕返しする」
などと意味深な発言を繰り返していたという。

巨人は既に契約金超過問題の報道をめぐり、清武氏が内部資料を持ち出したのは確実と結論づけている。
原監督は「清武さんへ」と題した声明文で
「こんなことがなぜ、続くのか。清武さんのほかにいったいだれがいるのか」などとコメントしている。


*103 ソマリ(東京都). 2012/06/21(木) ID:zCfPEdHN0
1994年 巨人は宮崎でキャンプ
     ホテルは青島グランドホテル←ここのアルバイトと不倫
1988年 原「私はある女性と関係を持ちました」
1989年10月11日 
      菅野 智之(すがの ともゆき)が産まれる
      シャレにならんので妹夫婦に養子縁組してもらい、
      「甥っ子」ということにする
2006年 ヤクザが原に女の日記を処分してやるから1億円を請求
      原が1億円渡す 日記はシュレッダーでその場で処分
2007年 おどしたヤクザの1人が交通事故で死亡
2009年 2006年のやくざは俺の舎弟で日記は俺のモノだから日記返せよ
      1億円もよこせとやくざの組長に脅される
      警察と球団に相談・妻には謝罪
      球場に脅しの垂れ幕を掲げたり
      ガソリン持って火をつけるぞと押しかけたりして逮捕される
      その後山口組から組長は破門されたらしい
2011年 原の甥っ子(実は隠し子)である菅野 智之(すがの ともゆき)を
      巨人がドラフト1位で指名するはずが、北海道日本ハムに邪魔される
2012年 球団では4人しか知らないこのネタが出版社に売られる

ということは、清武がバラした可能性が高いわけか



売国奴もスパイもなりすましも、おらなかった、懐かしきお江戸の頃に、

「緩やかな鎖国」への回帰も悪くなかろう、 そう思いませんか?

ある意味世の中、サッパリしますよ。

コメント

蝦夷梅雨かなⅤ

2012-06-21 10:55:08 | Weblog
 画は佐伯 俊男(さえき としお)

 昭和20年(1945年)生まれ。 絵師。  

 http://toshiosaeki.com/           作


  「蛍火」です。


☆雨。

今日は夏至(げし)、一年中で一番昼が長い日です。

3:00頃には明るくなって来ました。

まさに狂気の民主党執行部、「裏自民党」そのものだ。

◆http://twitter.com/#!/aritayoshifu
有田芳生  より抜粋、

#有田芳生 ‏@aritayoshifu

【補筆】「週刊文春」の小沢一郎夫人「直筆」手紙。
夫人と親しい女性に「別の手紙」を見せてもらった。
「し」「た」といった文字は筆跡が全く異なる。「文春」手紙はホンモノと断言できず。
書かれた大震災後の小沢氏の行動は偽造。騒ぎになって驚いていると夫人は困惑。
政治的意図ある「私信」公開だ。



追:11:40AM

ご参照あれ、

☆http://www.olivenews.net/news_30/newsdisp.php?m=0&i=12
<徳山 勝> (転載禁止) ( 2012/06/20 18:30 )
◎引き続く「人物破壊」の嘘を暴く

~ 中でも決定的なミスは、最後に「小澤和子」と書いたことである。
「離婚しました」と書いているのだから、「小澤」はおかしい。
常識的には、元小澤一郎妻、福田和子とか、福田(旧姓小澤)和子と書くだろう。 ~


◆http://twitter.com/#!/abe_yoshihiro
安部芳裕   より抜粋、

#安部芳裕 ‏@abe_yoshihiro

一体改革法案、22日にも採決…民主分裂状態
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120620-OYT1T01551.htm?from=tw


#森ゆうこ ‏@moriyukogiin

民主党がどうなろうとそんなことは枝葉末節。
格差社会を解消する社会保障は棚上げする一方、
この国の経済を破壊し、国民生活(富裕層は増税でも何ともない)
を苦しくする消費増税だけはやることを決めた民主党。 自民党より悪い。


#森ゆうこ ‏@moriyukogiin

民主党両院議員懇談会。冒頭から3時間以上も挙手していたのに、発言させてもらえなかった。
最後は、直嶋正行議長が、予定通り? 石井一、蓮舫、鹿野道彦各氏を指名し、
民主党を割らないために幹事長一任と発言しそこで打ち切り。
指名されれば、離党宣言した上で、執行部の嘘を追求する予定だった。


#森ゆうこ ‏@moriyukogiin

民主党が終わった日
昨日は中山義活の、そして今日は鹿野道彦の猿芝居。 吐き気がして倒れそうだった。



佐伯 俊男、二枚目、



合成ですが「百鬼夜行?」です。



◆http://taninoyuri.exblog.jp/18126363/
谷間の百合  2012-06-20
野田総理が目指すもの


小沢さんが、野田総理を評して「菅さんとは違う」と言われたそうですが、
この言葉に込められた意味は想像に難くありません。
原発事故の終息宣言と再稼働宣言にみる、何の感情も読み取れない落ち着き払った態度。
何の説明もなく、鹿野、小川両大臣を更迭するやり方。
国民新党を分断し懐柔する手法。
きのうは、長妻昭さんが執行部席におられたのを見て えっ?
と思ったのですが、代表副幹事長なのですね。
また、過日は、TPP賛成派としてテレビに出ていた松原仁さんをみて、
その変貌ぶりに驚いたのですが、公安委員長なのですね。

どうも、男性というか人間は、ポストをちらつかせられたら、簡単に転んでしまうようです。
ポストに弱いのですね。
野田総理はそういう人間の心理を熟知しているのでしょう。
このような老獪な政治手法を野田総理はどこで身につけたのでしょうか。

「反戦の家づくり」様の記事をまた読み返していました。

「野田政権は財務省のパペットというのは、半分正しくて、半分間違っている。
野田の極悪さは、財務省レベルではなく米直結だ」
と言っておられます。

そして、野田政権は明確に三つのゴールを目指していると。 即

アメリカに金を貢ぐ

アジアの米軍の肩代わりをする(動的防衛力)

核廃棄物を受け入れる

③について疑問に思う人は、
細野大臣が、自分の私的検討会の報告書に
「他国の使用済み核燃料の受け入れ」という一項を入れさせていることをみても、
やはり規定の路線だということが分かるではありませんか。

わたしは、きのうの記事に、日本を不拡散条約に調印させておきながら、その後、
日本中に原発を作らせたのはなぜか、という疑問を書きましたが、「反戦の家づくり」様が
答えをだしておられました。

日本列島を核の墓場にすること

これを、まさか!とか荒唐無稽だと思う人を、わたしはノー天気だと思います。

きょうのサンケイ「正論」で、長谷川三千子さんがこう書いておられます。
「本当に、わが国の直面している危機を解決してくれる者がだれもいないらしいという
恐怖感を味わうのは、われわれ日本国民にとって戦後はじめての体験ではあるまいか」

しかし、何もしてくれないほうがまだいいのです。
野田政権は、前述したように、三つのことを目指し、ほぼ、その道筋をつけてしまいました。
小沢さんは、TPPは、日本の社会をアメリカと同じにしようとするものだと言っておられましたが、
野田政権はそのために存在しているのです。

こないだ、大嫌いなジェラルド・カーチスがテレビにでていましたが、
なんだか焦りまくっていましたね。ここで増税しないと世界の信用を失うとか、世界に笑われるとか
盛んに「世界」を強調していましたが、
まだ「世界」を黄門様の印籠のように日本人に効能があると思っているところが憐れを誘います。
また、「再構築」ということも何度が言っていましたが、意味が分かりません。

しかし、日本はこれから小沢さんをリーダーに、国家の再構築に取り掛かりますから、
その前に、アメリカはいったん出て行ってくれませんか
その上で、
また、良好な関係を再構築しようではありませんか。
(あっ、それから在日もいったん祖国に帰ってください。)



佐伯 俊男、三枚目、



「題不詳、妖怪?」です。


◆http://blog.shadowcity.jp/my/2012/06/1-1.html#more
ネットゲリラ (2012年6月20日)
1億円脅し取られたけど、ヤクザではありません


原監督が元暴力団に1億円払ったというNEWSが週刊文春に出るらしいが、清武の反撃だろうね。
つうか、まだまだネタはある。ナベツネ本体の、「脱税」疑惑
また、「6選手に36億円の高額契約金」、「大学監督に業務委託2000万円」、
「入団前の野間口貴彦選手に生活費補助で200万円」などを、強引に隠してきたんだが、
既に時効が成立したネタは別としても、数百億におよぶ株式の「名義貸し」問題とかあるらしい
そして、そうした工作の数々をやって来たのが清武なので、ネタはいっぱいw で、
原監督のツツモタセ案件なんだが、
「暴力団関係者ではない、と警察で確認済み」と主張しているようだが、
相手が暴力団でもないのに、いきなり1億円払うようなお人好しはこの世に存在しない、
と思いますw つうか、それを仕切ったのも清武だろw


☆http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/06/20/0005149986.shtml
デイリースポーツ(2012年6月20日)
◎原監督、女性問題で1億円支払っていた 


巨人は20日、東京・大手町の球団事務所で、21日発売の週刊文春(6月28日号)に、
「原監督が元暴力団員に1億円支払っていた」との見出しを付けた記事が掲載されることを明かし、
事実と異なるとした上で、名誉毀損による損害賠償請求訴訟を速やかに起こすと発表した。

球団によると、原監督は2006年8月、プロ野球のある球団と関係のある者と名乗る男から
「野球界がだめになる大事な話がある」と電話を受け、面会に応じた。
約束の場所に出向くと、2人の男がおり、ある女性の日記のコピーを示したという。

それは1988年頃の原監督(当時は選手)との関係が書かれており、
他に2人の巨人選手の名前もあった。男は
「これが表にでないようにする。私に任せなさい。ただし、金がいる」と、1億円を要求した。

原監督はゆすられていると思ったが、日記に他の2選手が、
この時どちらも巨人のコーチを務めていることから、
表ざたになることを防ごうと1億円の支払いに応じたという。

球団は、原監督は脅された被害者であり、反社会的勢力に対し、
違法、不当な資金供与をしたのではない。また、2人組が「野球界の人間」と話しており、
反社会勢力であるとは思わなかった。さらに、球団が警視庁に問い合わせた結果、
2人組は元暴力団員ではないと確認したという。

原監督は球団を通じて「私個人の不徳の致すところであり、浅はかなことをしたと思っています。
たくさんの選手を指導するプロ野球の監督という立場にある人間として、深く反省しています」
などとコメントをした。

球団は名誉棄損訴訟を起こすことを決めたが、球団史上例を見ないスキャンダルに激震は必至。
交流戦で優勝し、リーグ戦再開に臨もうとする矢先、巨人に大問題が持ち上がった。

巨人と原監督は、これら一連の暴露報道の裏側に、係争中の清武 前GMの存在があるとし
原監督は「清武さんへ」と題する文書も併せて発表した。



餓鬼のころから巨人は大嫌いで、とりわけ長嶋がわざとらしくて嫌いでしたね。

三原監督時代の大洋ホエールズが贔屓でした、メガトン打線ですよw

読売新聞も在京時代はチンピラ紛いの勧誘がしつこくてむかついたし、

巨人戦の入場券をダシにした勧誘がダサくて臭かった、記事もダメリカベッタリの偏向記事ばかり。

正力松太郎はコード・ネーム「ポダム」、CIAのエージェント、

中曽根とともに「原発」導入の元祖・売国コンビですよ、ゴミウリなど潰れりゃいいのさw

ダルビッシュ9勝目、保守系w悪ガキですが、よかった、よかった。



追:1:10PM

さぁ、始まりましたよ、

◆http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120621/stt12062112440009-n1.htm
MSN Japan産経ニュース 2012.6.21 12:43
小沢氏、離党を示唆 民主分裂の危機 「消費税増税」法案に造反表明

民主党の小沢一郎元代表は21日午前、輿石東幹事長と国会内で会談し、
消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法案が衆院で採決された場合、
反対票を投じる考えを表明した。
小沢氏は会談後、記者団に「現時点で離党、新党(結成)を具体的に計画しているわけではないが、
仲間と一緒に採決が済んでから相談して、最善の道を選びたい」と述べ、離党を示唆した。

会談は輿石氏が呼び掛け、約20分間行われた。小沢氏は
「申し訳ないが、不況の時の大増税を認めることはできない。主張を曲げるわけにいかない」と明言。
採決に反対した場合の処分は話題に上らなかったとしているが、小沢氏は記者団に
「処分うんぬんの話は別次元だ」と語り、除籍(除名)などの処分覚悟で法案に反対する考えを強調した。

小沢氏はこの後、自身が率いる議員グループの勉強会に出席。
採決で反対する考えを重ねて表明した上で「ぜひご自身で決断していただきたい」と同調を求めた。

一方、民主、自民、公明3党の幹事長は21日午前、国会内で会談し、
一体改革関連法案の衆院採決日程について協議した。民主党は今国会を79日間延長した上で
今月26日に採決する意向を伝えたが、自公両党は22日の採決が確約できなければ会期延長に応じられないと反発。
輿石氏は「22日採決をめどに最大限努力する」と述べ、調整を続けることを確認した。

3党幹事長会談では、実務者間で合意した一体改革関連法案の修正内容について、
政党間の合意であることを改めて確認、文書を取り交わした。

これに先立ち、民主、国民新両党は国会会期の79日間延長を衆参両院議長に申し入れた。
延長の決定は21日午後の衆院本会議で起立採決で行われ、与党などの賛成多数で議決する見通し。

自民、公明両党は21日午前の衆院議院運営委員会の理事会で
「延長幅が長すぎる」として会期延長の議決に反対する考えを表明した。



☆http://toshiaki.exblog.jp/
古川利明の同時代ウォッチング  より抜粋、

『夜になって、中間派ってのは、要は「日和見」だよなあ。
雪崩を打って、「ハンタイ!」に舵を切るのが出ておるっていう最新情報も流れておるなあ。
んー、70もしくは、80に達した日には、民主トウも大崩壊だよなあ。
ま、ワシ、それもエエと思うで。だって、真の民意」は間違いなく、
消費税増税? 何、寝言を言ってるんだよ」だからな。
強行サイケツ、いいぢゃないか! 与野党を問わず、「こんなもん、アカン」というギインは、
全員、ピャーッとハンタイ票を投じろ! で、
そのまま、ピャーッと、「カイサン→総センキョ」になだれ込め! 
何度でも言うが、死なんと思わば生き、生きんと思わば死ぬるだ。』


時は至れり、 総選挙だ! やれ! 民意を問え!


コメント