Umi kakasi

自分が感じたことを思うままに表現してみたい。

中日クラウンズ

2011-04-29 10:33:19 | 日記
中日クラウンズ
最終日 名古屋GC和合コース=6,545ヤードパー70
初優勝ブレンダン・ジョーンズ
 
単独首位からスタートしたブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)が、
この日はスコアを伸ばせなかったものの、I・J・ジャン(韓国)とのプレーオフを
1ホール目で制し今季初勝利を挙げた。
ツアー通算で10勝を上げ、現在石川の9勝を抜いたと、優勝賞金2400万円を獲得した。プレーオフに敗れた、I・J・ジャン(韓国)、昨日の首位同士の対決は、
最後までもつれ2位となり1200万円を獲得した。
3位には、8アンダー 通算272で首位に、河野晃一郎、朴星俊1打差の3位タイに
最終日“66”で回った片山晋呉、3季ぶりに優勝を狙ったが、1打及ばず涙を呑んだ。
開幕戦の2位に続いての好成績、今感覚は、自分なりに蘇って来ている、
近いうち必ず優勝できると。
6位には、通算7アンダーに池田勇太、が単独で入った。
7位には、通算6アンダーに薗田峻輔とカート・バーンズが入った。
9位には、河井博大:高山忠洋:武藤俊憲が、首位と6打差の12位タイで
最終日をスタートした石川遼は、12番でダブルボギーを叩くなど、
出入りの激しいゴルフでスコアを伸ばせず、3日目と同じ、通算3アンダー
12位タイで4日間を終えている。

優勝:ブレンダン・ジョーンズ※プレーオフ
2位:I・J・ジャン
3位T:片山晋呉:河野晃一郎:朴星俊(韓国)
6位:池田勇太
7位T:薗田峻輔:カート・バーンズ
9位T:河井博大:高山忠洋:武藤俊憲が
12位T:石川遼(-3)他4名

中日クラウンズ
第3日目 名古屋GC和合コース=パー70
   
1位にはB・ジョンズ
2日目2位で終わったB・ジョンズが68で回り通算9アンダー、201で
単独首位に、飛び出した。
2位Tには、金聖潤:I・J・ジャン
昨日4位の68で回った金聖潤、が3日間安定したスコアー68・67・68通算7アンダー
203で,同国の韓国選手,昨日10位までいなかった、I・J・ジャン、が,首位と
2打差で首位を狙う。
4位には、薗田峻輔
6位スタートの薗田は、68で回り、通算6アンダー204とし、単独4位で
明日を待つ。
5位Tには、岩田寛:池田勇太:武藤俊憲:桑原克典:朴星俊(韓国):
昨日首位の岩田寛は、今日もキャディーに怒られた、14番でOBを確認せずに、
「暫定球」を宣言せずに、打ち直したことで罰だが加わり、ダブルボギーで
大きく崩し首位から、通算5アンダー205で5位に転落した。
池田勇太は72で回り、通算5アンダー205で、2つ落とし首位との差4ッに
拡がり、5位に転落、最終日に賭ける。
10位Tには、片山晋吾:河野晃一郎
片山晋吾:尾崎将司:石川 遼
昨日11位にいた尾崎将司は通算1オーバーで35位に転落したが5度も
優勝経験を持つ尾崎には最終日に期待したい。
石川 遼24位でスタートした決勝ラウンドの今日67で回り、通算3アンダー
205とし、12位に上がり、最終日の明日、昨年のような、ミラクルに期待は
できないとしても、やはりファンとして最終日に期待する。
昨年の7打差のように奇跡はあるのか?

中日クラウンズ
第2日目 名古屋GC和合コース=パー70
岩田寛
1位には:岩田寛(-9) 2日目。3位タイでスタートした岩田寛が、1イーグル・
4バーディ・ノーボギーの安定したゴルフを見せて,トータル9アンダーで
単独首位に立った。
俺のパットを、見かねたキャディに「僕のパットが雑と」言われ喝をいれられた。
「いい加減にしてくれ」と淡白すぎた自分のパッティングを反省し、
今日は違った。前半だけで4つスコアを伸ばしながらの後半、ここでも“お先に”
パットを我慢しながらバーディを奪取、沈めてトータル9アンダーでトーナメントを
りードした。
宮城県出身の30歳は「被災地のことを思うと泣きそうになるが…」と声をつまらせる。
それでも「僕がテレビに映っている姿を見てくれた人が何か思ってくれれば」と
勇気を与えるべくプレーを続けている。30歳という節目の年齢に「今年勝てなかっ
たら一生ただの人と思ってますから」気合いを入れて、東北の為にも頑張りますと、
岩田自らが、初優勝を王冠で飾ることが出来るか、2日目を終わって、決勝ラウンド
での、注目の一人となった。
2位T通算(-7):ブレンダン・ジョーンズ:池田勇太
4位T通算(-5):桑原克典:金聖潤
6位T通算(-4):薗田峻輔:朴星俊(韓国)
8位T通算(-3):原口鉄也:高山忠洋:河野晃一郎
11位T:尾崎将司(-2)他3名
24位T:石川遼(E)他5名
昨年の覇者、連覇へ向け少しでも上位に進出したかった石川遼だったが、
この日はスコアを2つ落としてしまいトータルイーブンパー24位タイに
後退してしまった。
昨日からショットが好調な石川は、2番で幸先良くバーディを奪うも、
スコアを落とし1オーバーで前半を終える。
「明日終わって10位前後でいれれば」と話す、チャージをかけに
いくことは出来るか石川は。

第1日目 名古屋GC和合コース=パー70
  
ツアー参戦2年目で、初勝利を目指す韓国の朴星俊が、5アンダーの65で
単独首位に立った。大会初出場の薗田峻輔が6バーディー、2ボギーで単独
2位につけた。永久シードを持つ、64歳の尾崎将司が、久々好調で3アンダーで、
高山忠洋:白 佳和:岩田 寛:河野晃一郎:B・ジョーンズ:S・K・H:
キャンベル、と共に3位タイで初日スタート発進した。
久々に実に6シーズンぶり、上位についた尾崎は、このコース5度の優勝経験を
持ち、相性もよく、明日からの勝負に賭ける。
スタート前に「今年の俺はおまえと戦えるからな」と石川に宣言、そして有言実行
「自分としては、仕上げてきたつもり、ビックリはしない」2年前に杉原輝雄に
勧められ、血流を制限して効果を高める「加圧トレーニング」を伝授、遺言と
思っている、がんと戦う先輩に感謝すると、久しぶりの手応えあるスコアー、
あすからに注目?、
首位から3打差で11位対、首位から3打差の2アンダーに池田勇太:
リー:J・チョイ:兼本貴司:金 聖潤:桑原克典:J・B・パク、と昨年驚異の
スコアーで回った、昨年の覇者石川遼は、昨年の最終日に 12バーディー、
ノーボギーで世界最少スコア58をたたき出して逆転優勝した。
あれから1年。今も鮮明に覚えているという19歳、和合に限っては、昨年と
攻め方を変えるつもりはない。「成功体験を持っているのは大きい、今年も同じ
イメージでプレーしたい」と攻めのゴルフを貫くのか、ミラクル再現の期待が
高まる中でのスタート、1日目の今日68で回り、2アンダー11位タイで
初日を終えた。昨年の覇者、遼君は、前半は思うようなプレーできなかった
ようだが、後半のバックナインを4バーディー、ノーボギーと取り返した。
出入りの激しいゴルフだったようだが本人は非常に満足している。
スイングは今シーズン一番よかったのではないか、もしかしたらマスターズの
時よりも、いいかなぁと思うくらいと、あすからのチャージに期待をもたせた。

第2日の60位タイまでが、予選通過し第3日目の決勝ラウンドに進むことになる。
賞金総額は、1億2千万円、優勝賞金2,400万円、出場選手111選手の戦いとなった。


コメント

責任回避

2011-04-26 12:57:10 | 日記
政権与党 民主党とは?
民主党の閣僚と党執行役員に言いたい、自覚を持って行動しろと。
   石井:
統一地方選挙、前半、後半戦で、民主党は事実上の与野党対決型の選挙戦を通じ、
国民の支持を得られないまま、大きく負け越し、退潮傾向が顕著となっている
事を示した。
これを受け地方では、民主党が、国民生活重視を掲げながら、身近な地方選でも
有権者の支持を得られない実態を露呈した。
これを受けて、地方では、民主党の地方組織代表が、選挙戦に負けた責任を感じ、
大阪府連を代表している、樽床氏の辞任表明に次ぎ、神奈川県連の代表の、笠浩史も
辞任の意向を固め、民主党の、地方選挙責任者の辞任の動きが相次ぎ、民主党内の
両議員総会での、責任論の総括を求める動きに、石井選対委員長も「選挙責任者と
して責任を取ると」と岡田幹事長に辞表を提出したが、岡田氏に、党内の総括が
終わっていないと留意され、辞表提出を撤回し取り下げた。
石井氏は初めから幹事長の留意を見越し、本当に責任を取る意志はない、あれば
撤回などしないだろう、ただのパフォーマンスで終わった。これが今の民主党?
管総理は「厳しい結果だったことは真摯に受け止めたい」と言いながら、
退陣を否定し、居直りとも取れる「政府を挙げてやるべきことはやっている」と
自我自称、
国民が菅政権に「ノー」を突き付けても、現実を直視しようとしないのは、
極めて残念としか言いようがない。
この厳しい状況の中での、合同世論調査でもわかるように、政府・菅総理の指導力
対応を「評価しない」と答えた者が、83.8%にもぼっている事にも、
枝野官房長官などは「世論調査が世論を正確に反映できるものだとは思っていない」
などと国民を無視した。
この発言に、国民から、政府が信頼されていない事に気が付かないことが、
今回の選挙結果として、現れているのだろう。
責任の取れない民主党政権で、首相が延命の為にだけ居座るかぎり、この厳しい
未曾有の、津波と地震の大震災。併せて起きた人災とも取れる、原子力発電所の
放射能漏れによる原発災害、この広大な範囲の被災状況下で、党派を超えて
立ち向かうべき時、民主党は党利党略・私利私欲を優先させ、
一度握った政権(利権)を渡したくないが一番に、
国民のことなど考える余裕もなく、ただ・ただ、民主党政権の、党利を優先させる
延命策では、いくら野党に呼びかけても、民主党の尻拭いだけ、させられる思いの
中での、与野党での政策実現は不可能であろう。
民主党に思い切り、身を切る思いがないかぎり、政策実現は難しいことだろう。
民主党・衆参国会議員の皆さんへ。
党内で黙ってないで、自らの意見を、国民に聞こえるように、言ったらどうです。
もう少し謙虚に国民のことを考えて、政治をしてくれと、国民の悲痛な声が
聞こえないか。
コメント

ロボット

2011-04-23 18:34:22 | 日記
笑われる、
ロボット技術立国日本
原発に、国産のロボットなぜ投入されないのか?

危険予知(放射能漏れ)(想定外を想定した)放射線と、機械(機器)に
使用されている半導体に影響が有る為か、故障のない機材の投入が求められる、
優れた日本の機械といえども、実績がないと言って使わないでいるより、
むしろ積極的に国内の機械を使うべきではないだろうか、東電に言いたい、
日本の技術は優れたものばかりだ、積極的に採用し、一日も早く安全を求めて行く
べきだ、日本の企業を信用しなさいと、東電さん?
日本のロボットに携わる数社の企業は、待っている、政府、東電の要請があれば、
いつでも出動できる態勢はとっていると、ここで見せよう世界に、日本のロボット
技術を
援竜
 アメリカロボット
技術立国と言われながら、この度の福島原子力発電所の事故を見て、思われるのは
危険地域に入れる、無人作業ロボットの備えのない、原子力発電所にビックリ、
原子力発電所で事故が発生すれば、どのような備えが要るのかも、検証されていない。
我が国の、原子力発電所の事故対策は、なんと言う情けない、政府と電力会社の
危機管理意識の希薄な、無策状況にあきれるばかりである。
国家の危機管理の中には、年に一度か、数年に一度、また10年も使われないような、
安全に関わる機器が必要な時もあろう。
原子力発電所を国策として推進してきた政府としては、原発の持つ危険性、
恐ろしさ、最悪の事故を想定した、想定外を想定して、危機管理を考えるのが
政府であり、それらを見極めた危機管理に、対応できる機材開発の推進に、
政府は、初めから想定外を想定した予算には、予算投入できないと、危機管理に
備えてこなかったことが、最も悔やまれる政策である。
民間企業単独では、想定外を想定してまで、膨大な資金投入してまでの、
開発負担は考えられない、このような機材・機器開発は、商売とは別で、
危機管理上に於いて、国民の人命財産を守る為には、常時使わなくても、数年に
一度でも必要と、思われるものであれば国として持つか、企業に持たせるのか、
今回のように世界を震撼させるような、原子力発電所の事故処理対策に、
必要なものなら、開発に膨大な費用が必要であれば、政府として開発費の
補助も考えた策が要るのではないだろうか、
何故これほど、日本のロボット技術の進んでいる我が国に、備えてなかったことに、
関係各省と、政府与党は検証すべきではないだろうか。
国民としては考えられない、肝心な時に必要なものがない、
しかし、すでに国内民間企業では、優れたロボット器械の開発が、されていたのに、
この必要な時に、必要な機器を、どこの企業が持っているのかも、関係省庁には、
把握されていなかったようだ、日本の企業はいつでも、要請があれば準備はして
いたようだが、東電は、何故外国のロボットなのか、日本国民としては納得できる
ものではない。
このとき思い出すのは、省庁の「箱物」に投資した膨大な無駄は税金を、
官僚の無駄の教本「子どもしごと館」に費やした膨大な投資資金を思い出す。
あのように無駄で膨大な国の金を、「箱物」に賭けずに、国策である、
原発の危機管理に対応できる、機器・機材開発援助資金として企業援助使って
いたら、これほどまでに、原発も大きな災害にならなくて済んだのではないだろうか。
「はやぶさ」のように、自国で開発した技術で、ロボット、地上探査機、無人飛行機を
開発し、備えていれば、外国の無人機(米国)など当てにせず、借りずに済んだものを
所詮は今頃言っても、虚しくなるばかり。
民主党の仕分け作業で、技術開発に、いちゃもんつけた、連肪大臣のあの言葉、
何故一番でなく2番ではいけないのかに、技術は一番で、危機管理の折、
活用できる生きた機材を開発し、国民の生命財産を守るための危機に常に備え、
いざという時、必要な時に、対応できる状況を、作って置くのが国の責務では
ないだろうか。
菅総理の軽率な発言による風評被害と、政府官房長官と東電の今回の対応は、
ゴテゴテの情報、発信はバラバラ、国民は何を信じ、誰を信じればいい、
これからどうなるの?
泥棒が入って縄を編むようでは、「民主党もおしまいだ」、おして知るべし。

「自民党には大いに反省すべき点はあるだろう、半世紀にわたる自民党政権の中で、
電源確保に国策として、原発を推し進め、危険はないと安全神話は、安全であると
信じ、想定外を想定しなかったことに、むしろ問題があった」。
今回の震災を検証して、全国の原子力発電所の安全については、根底から見直そう、
この度の想定外の津波と、未曾有の地震マグネチュード9.0、これこそ想定外の
自然災害、が重なった原子力発電所の、人災とも言われる災害を厳しく検証しょう。
二度と原子力の放射能の恐怖にさらされない為にも、厳しく。
コメント

フジサンケイ

2011-04-23 18:04:01 | 日記
第30回・フジサンケイレディスクラシック
川奈ホテルGC富士コース(6464ヤード、パー72)
最終日 大逆転初V
おめでとう 金田久美子
  
首位との差5打差をひっくり返してからの勝利は、上原彩子と並ぶ、大会最大の
最終日の逆転劇7バーディー、1ボギー、の66をマーク、通算5アンダー、211で、
21歳が掴んだ初優勝、賞金1440万円を獲得し念願の初勝利を勝ちとった。
金田は3歳でゴルフを始め、タイガーウッズに並ぶ、8歳で世界ジュニアを勝ち、
ジュニア時代から「天才少女」と注目を浴びながらも、8年のプロテストに不合格、
同年予選会トップ通過でプロ転向したが、思うように活躍できず、今日まで来たが、
石川遼のトレーナでもある、仲田健さんに付いて、体力強化を図りながら練習に
集中し、練習は、嘘はつかないと自分に言い聞かせながら、つかんだ今日の勝利、
この1勝では終わらなでこれからの活躍に期待したい。
2位には2打差で、3アンダー通算213で李 知姫(韓国)
3位には2アンダー通算214で藤田幸希:ヤング・キム、
5位には1オーバー通算217で全 美貞:下川めぐみ:西山ゆかり:大山美保:
馬場ゆかり:藤本麻子、
11位には2オーバー通算218で福島晃子:宋 ボベ(韓国)アン・ソンジュ
前日首位のアン・ソンジュは大きく崩れ11位に後退し、有村智恵は17位に浮上
したが27位に、横峰さくら、諸見里しのぶで終わった。
この大会期間中に行われた、東日本大震災の義援金274万円は、日本赤十字社を
通じ被災地に寄付される。

第2日目
アン・ソンジュ
昨日に続いて好調な韓国のアン・ソンジュが72で回り通算4アンダーの140で
首位を守った。1打差の2位には、3アンダー通算141で、同じく韓国のヤング・キム、
この日、単独3位には1アンダー通算143で山本薫里、予選会から(主催者推薦選考会)の出場にチャンスで、川奈独特の強い海風が吹き付ける、厳しいコースでの2日間で
アンダーパーは僅か3人だけ、風に強い韓国勢に割ってはいった、プロ12年目の
37歳が、明日の最終日自分のゴルフができればと、
4位にはイーブンパー通算144で、朴 仁妃(韓国):宋 ボベ:飯島 茜:西山ゆかり
8位には1オーバー通算145で、福島晃子:李 知姫:藤田幸希:諸見里しのぶ:
金田久美子:下川めぐみ:全 美貞
女子プロの中でも有力視されていた、横峰さくらはギリギリで予選落ちをクリア、
上田桃子は前週の西陣レディースに続き、2週連続で予選落ちした。2大会連続は
06年以来の屈辱と、日米を往復しての試合では、プレーのリズムを掴むことが
厳しいようだ。早く立ち直って欲しいものだ。


女子ゴルフ
開催の前日、昨年の覇者・服部真夕と2位の藤本麻子も念願の初優勝へ向け
調整に励んだ、
有力選手上田桃子:有村智恵らもこの難コースの攻略法を練りながらの調整、
各選手明日の本番を待つだけとなった。
東日本で初めての開催は災害への支援復興チャリティーとして行われる。

第1日目
アン・ソンジュ
予想されたように、韓国勢の勢いは相変わらず、首位に4アンダー、68で
アン・ソンジュ、初めてのコースと言いながら、内容に満足していると余裕の言葉。
2位には、3アンダー,69、1打差で、全 美貞・西山ゆかり、西山はプロ4年目、
2年前からアニカ・ソレンスタムが経営する、米国のアカデミーに短期留学を繰り返しながら技術を習得し、自分なりにも精神的にも、落ち着きを取り戻した結果なのか、
残りの試合の一打、一打に集中していくと明日2日目は最終組より
4位には、2アンダー70対に4名、諸見里しのぶ:金田久美子:ミーナ・リー:
下川めぐみ・
8位には、1アンダー71対に9名、佐伯三貴:飯島 茜:藤田幸希:向山 唯:
若林舞衣子:大谷奈千代:木戸 愛:宋 ポベ:辛 玄周など
明日からは混戦模様
有村智恵は37位、横峰さくらは62位と出遅れた。
コメント

つるやオープン

2011-04-23 17:31:32 | 日記
男子プロゴルフ
兵庫県山の原ゴルフクラブ・山の原コース(6,770ヤード・パー71)
最終日:第4日目
近藤共弘
前日のサスペンデッドの残りホールを終え首位に立った近藤は、最終日一時は首位に
並ばれたが12番でバーディーを奪い、調子を出した15番からの3連続バーディーで
独走、後続を引き離し、通算19アンダー大会史上最多の 265で、3季ぶりの優勝を
果たし、通算5勝目・賞金獲得2,400万円を獲得した。
この大会は3日目に、豪雨による悪天候の為、長時間の中断もある中で、最終日での
残りホールを、無難乗り切り崩れることもなく、独走しての勝利であった。
前週優勝した高山忠洋は共に33歳、今年は30代の年となるのか?
2位には15アンダー通算269・増田伸洋:相文(韓国)
4位には14アンダー通算270・矢野 東
5位には13アンダー通算271・谷口 徹:リー 
7位には12アンダー通算272・金 庚泰(韓国):S・K・ホ(韓国):兼本貴司
11位には11アンダー通算273・久保矢健一:小田孔明:横尾 要:立山光広:松村道央
期待された石川 遼は(杉並学院)の後輩でもある、2日目に4位にいた、アマチュアの
浅地洋佑と並び、通算10アンダーの15位に終わった。
前年覇者として挑む次週は、気持ちを切りあえてから、今季初優勝に挑んで欲しい。

第3日目
近藤共弘
兵庫県山の原近郊の、天気は荒れにあれ、雨による豪の中では、コース状態も保たれず
コース不良との判断で約5時間半の中断、この最悪の状態不良の中、66で回った小田孔明と矢野東が通算11アンダーの202、トップでラウンドを終えたが、中断で、全選手回ることができず、日没サスペンデットとなる中で、期待された石川遼は、中断中、練習場で
豪雨の中、3時間ほどクラブを振った、そんな遼の練習を間近で見た、多くのギャラリーは満足しても、再開を待ちきれず帰路についた。遼の雨中での練習は、常にフアンと共にある、遼の姿が見えてきたような気がする。
遼は、再開された14番でバディーを取り暫定順位だがトップとの差3打差につけ優勝できる園内に残り明日に視線をむけた。
暫定1位で、通算202・矢野東:小田孔明 
3位に通算204・小泉洋人:S・K・ホ(韓国)相文(韓国)
6位に通算205・増田伸洋:石川 遼:谷口 徹:立山光広
10位に通算206・すし石垣:小林正則:広田 悟:藤田寛之:上井邦浩:横尾 要
日没サスペンデットとなった、
明日最終日は、午前6時30分からの長丁場となるが、3日目を終わってみると、
昨日、日没サスペンデットのために、4オール残してスタートした、近藤共弘が、
第3ラウンドを終えてみると、通算14アンダーとして単独首位に立った。

第2日目
近藤共弘
昨日石川遼と6位にいた近藤共弘が、通算13アンダー今日8アンダー伸ばし、63で回り
単独首位に飛び出した。
2位には、11アンダー今日68で回り2打差に久保矢健一
3位には、10アンダー69通算132の黄重坤(韓国)前日トップにいた二人が並んだ。
前日とは順位も随分と変わって、
4位には、9アンダー通算133で、上田諭尉:室田 淳:金 庚泰:そしてアマチュアの
浅地洋佑(杉並学院)が健闘した。
8位には、許 仁会:兼本貴司:松村道央:リー:星野英正が続いた。
石川遼は後半崩れ、6アンダー70で回り19位に後退したが、明日からの決勝に挑むが
残り2日間に期待したい。優勝への意欲は衰えていないようだ、
浅地洋佑
前日22位にいた、アマチュアの浅地洋佑(杉並学院)、石川遼の高校の後輩が、
先輩の石川を抜き4位に浮上した、石川とは小学校の頃から一緒に練習してきた仲。
石川は練習場で浅地洋佑(杉並学院)に「昨日はナイスプレーと声おかけ」
今日のスコアーを聞いた石川は「素晴らしい」と褒めても所詮ライバル、
先輩、後輩の明日からの決勝ラウンド、どちらも頑張って欲しい。

第1日目、
 
39歳プロ入り17年目の、久保矢健一と黄重坤(韓国)が8アンダー63で回り
2位に2打差付けスタートした。
3位には、1打差で7アンダー64で回った、谷口拓也:石川祐貴
5位には、6アンダー65で、星野英正、
これに負けじと、先週、東建ホームメイト杯3位で終わった石川遼など、
6位には、5アンダー66に首位との差3打差に8名、石川遼:山下和宏:リー:河井博大:
近藤共弘:S・K・ホ:上田諭尉:金 亨成がつけた。
優勝を目指す石川 遼は、首位の背中の見える、首位との3打差、自らが目標と
しているラウンド・ノルマ、4バーディーを上回る今日の成績、優勝めざすために、
明日はあと50㌢転がす、イメージで果敢に攻めると、練習場へ向かった。
コメント