Umi kakasi

自分が感じたことを思うままに表現してみたい。

英樹「ザ・ホンダ」欠場 「遼」に託す。

2015-02-25 11:55:25 | 日記


フロリダ州のPGAナショナル米国男子ツアー、


ジャック・ニクラスが1990年に改修し、ツアーでも屈指の難度を宿した同コース。
中でも最大の難関とされるのが、15番(パー3)、16番(パー4)、17番(パー3)
と池絡みの3ホールが続く “ベア・トラップ”の攻略がカギだ。

「ザ・ホンダクラッシック」
昨年のこの大会の覇者は、米国のマイケル・トンプソン。強風が吹き荒れ中で、
最終日を「69」と好スコアで、切り抜けてツアー初優勝だった。

 
ニクラスは昨秋、同じく池が沿う14番(パー4)にも手を加え、より難度が増した
バックナインが選手たちを待ち受ける。今年は誰なのか?


舞台は、ここから東海岸に移して行われる「ザ・ホンダクラシック」に出場の
エントリーはしていたが、松山英樹はこれからの長いラリーが続くことを考えれば、
多くのファンに応える為にも、今後を考え、万全を期し欠場することを決めたようだ。


今季、2015年を迎えてから、5試合で3度目のトップ5入りを果たした松山は、
前週の決勝ラウンドに入ってからの2日間、患部に痛みはないものの、古傷の
左手首にテーピングを巻いてプレーしていたが、ホンダの後に続くビッグ大会に備え、
翌週に,世界選手権シリーズの「WGCキャデラック選手権」(フロリダ州トランプ
ナショナルドラール)4月には今季メジャー初戦「マスターズ」を控えている
ことから、関係者によると、今週は大事をとって体調を整わせる事を優先させ、
休養に充てると言っても、
ただ、調子を取り戻し期待をして「ザ・ホンダ}を楽しみにしていたが、ビッグツアー
を控える松山にも、体調を整え大事をとる必要もあるだろう。
英樹の欠場で寂しくはなるが、


米ツアー自己ワーストとなる4試合連続予選落ち中と、不振が続く中での日本勢、
唯1人石川遼の3年連続の出場。
英樹が急きょ出場を取り消した、その分、石川遼に頑張ってもらわなければ、
日本のファンとしては、今日から始まる「ザ・ホンダクラッシック」での大会で、
石川遼の健闘を大いに期待して応援している。
予選落ち4回で止め、せめて上位トップテンは目指した欲しい。
汚名挽回の為にも、頑張れ石川遼。


コメント

最終日ノーザントラスト

2015-02-24 11:31:53 | 日記
PGA米国男子 ノーザントラストオープン

カリフォルニア州のパシフィック・パリセーズ、
リビエラカントリークラブ(カリフォルニア州) 7,298ヤード(パー71)

最終日
3人によるプレーオフを制し、ジェイムス ハーンが初勝利


優勝  6アンダー 66・74・69・69=278 
プレーオフ18番1ホール目は共に3人がパープレで、10番2ホール目へ、
ハーンはグリー手前の左のラフから、絶妙のアプローチでピン手前3mにつけた、
バーディーパットを決めて、プレーオフ3ホール目の14番は、186ヤードのパー3の
ショートホール、6番アイアンでピン7mに置くと、ジョンソンより先にプレーし
パットを決めた、バーディーで確信(初優勝)のガッツポーズ。
未勝利のハーンが8mのパットを決めた初勝利で、賞金ドル(約1億4300万円)と
フェデックスカップポイントを500ポイント獲得と、ハーンは今回の優勝で
マスターズ・トーナメントの出場権と、ツアー2年間のシード権を獲得した。


D・ジョンソン
1位  6アンダー 70・72・67・69=278 
プレーオフ10番2ホール目、左ラフからハーンのショットを見せられた
ジョンソンも、一番苦しいラフからの状況からのショットは、何と凄いピン手前
1mに付ける、スパーショットを見せつけ手堅くバーディーを奪うと、二人は
14番のショートホール、ハーンよりピンに近い左サイド4mから、決めなければ
ならない絶体絶命の厳しいパットは、無情にも左に抜けパープレで決着。
優勝はジェイムス ハーンの手へ。
賞金58万9,600ドル(約7021万円)と245ポイントを獲得しています。


P・ケイシー
1位  6アンダー 70・69・71・68=278
プレーオフ10番2ホール目、ケーシーだけがグリーン手前20ヤードの、フェア
ウェイから、ピン手前4mに付けたバーディーパットを左へ外し、パープレーとし、
プレーオフ2ホール目で脱落。
賞金58万9,600ドル(約7021万円)と245ポイントを獲得しています。


松山英樹よく頑張ったよね、
最終日4つ伸ばして、5アンダー4位に、だが優勝戦には、何時もの事だが1つ足りない。
賞金26万3,812ドル(約3100万円)とフェデックスカップポイントを109ポイント、
世界ランキングポイントを12.42ポイント(速報値)獲得した。


1アンダー19位タイから、最終日を迎えスタートした松山英樹は、1番ロングパー
5のホールをバーディー、発進、2番3打目をピン50㎝につけパーで切り抜け、
6番168ヤードのパー3のショートで、距離のあるパットを決めバーディー、7番は
408ヤードパー4のセカンドを1.5mにつけ連続バディーを奪うと、8番ではセカンドを
右のラフから、グリーン左へ落し3パットのボギーで一つ落し、9番のパー4のホールで
セカンド118ヤードを、グリーン奥7mに2オンしたが、バーディーパットは、僅かに
ボールは右へ切れパーで前半3バーディー1ボギとし、2つ伸ばして3アンダーで
9位タイまで伸ばして最終日のバックナイン突入、ここからが正念場だ。

11番のバーディーで4アンダーに伸ばすと、前日と同じスコアー、ここで、昨日は
欲を出してボギーを叩いた。12番絶妙の3オン1パットのパー、13番ではバーディー
逃しのパーを決めた、無理のないゴルフに心掛けたと言う松山は、ここ鬼門の
ホールはパーで切り抜けるかと思われたが。
ほっとしたのか、14番ではバーディーパットを逃し、3パットでボギーとし一歩後退
3アンダーとした。反省がまだ足りないようだ。
この後、無難に15番16番バーディーパットは惜しくも右に切れパーで、迎えた
17番は大きかった、17番での15mイーグルパットをはずしたが、バーディーを獲ると、
18番では、セカンドが残り距離157ヤードから打ったボールが、直接カップインかと
思わせるボールを、30㎝につける見事なショットで連続バーディーを奪い、
後半2つ伸ばして、最終ラウンドは“67”6バーディー2ボギー、4つ伸ばして、
通算5アンダー4位に付け、首位へ惜しくも1打差に追い上げたが、悔やまれるのは
8番14番での3パットで、優勝を逃したのはこれで3度目だ。
ただ、悔しい何時も一つ届かない、中日にスコアーが伸ばせないことに反省しきり。


3回目
※この大会「ノーザントラスト オープン」でも、首位のジェイムス ハーン:
D・ジョンソン,P・ケイシーの3人の6アンダーに一つ届かず、5アンダーで
4位4人が並んだ。
2回目
※「ウェイストマネジメント・フェニックスオープン」で、首位のブルックス・
ケプカの15アンダーにここも、一つ届かず、14アンダーで2位に、3人が並んだ。
1回目
※「ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ」で、首位の、パトリック・
リード:ジミー・ウォーカーの21アンダーに、一つ届かず、20アンダーで3位に、
3人が並んだ。


決勝ラウンド・第4日目 成績と順位

優勝  6アンダー 66・74・69・69=278  ジェイムス ハーン
1位  6アンダー 70・72・67・69=278  D・ジョンソン
1位  6アンダー 70・69・71・68=278  P・ケイシー

4位  5アンダー 70・72・70・67=279  松山 英樹
    
4位  5アンダー 69・70・70・70=279  ジョーダン スピース
4位  5アンダー 71・69・68・71=279  S・ガルシア
4位  5アンダー 78・68・70・68=279  キーガンブラットリー

8位  4アンダー 72・70・71・67=280  K・レイファース
8位  4アンダー 71・71・66・72=280  ベ・サンムン( 相文)
8位  4アンダー 70・67・70・73=280  G・デラート
8位  4アンダー 66・70・69・75=280  レティーフ ・グーセン(46)

12位 3アンダー 74・71・71・65=281  ブレイン・バーバー
12位 2アンダー 66・74・69・72=281  ビジェイ シン(50)
14位 2アンダー 68・74・73・76=282  ウイリアム・マクガード
14位 2アンダー 70・72・72・68=282  M・ジョーンズ
14位 2アンダー 74・70・69・69=282  B・スチール
14位 2アンダー 69・72・71・70=282  B・トッド
14位 2アンダー 71・70・68・73=282  J・フューリック
14位 2アンダー 70・69・70・73=282  B・ワトソン
20位 1アンダー 75・67・71・70=283  H・メイハン
20位 1アンダー 67・73・68・75=283  カルロス オルティス


次回今週の木曜日からは「ホンダクラシック」(02/26-03/01)に、
石川遼と共に出場予定だ。

何時まで、松山英樹は1打に泣かされるのかね?、甦れ不死鳥の如く怪物君。
早く来い、春よこい、優勝来いと叫びたくなる。

コメント

決勝ラウンド3日目ノーザントラスト

2015-02-23 03:23:25 | 日記
PGA米国男子 ノーザントラスト オープン

カリフォルニア州のパシフィック・パリセーズ、
リビエラカントリークラブ(カリフォルニア州) 7,298ヤード(パー71)

3日目

全米オープン選手権を2度制しているレティーフ・グーセン46歳(南アフリカ)が
最終ホールで約9.5メートルのバーディーパットを沈め、通算8アンダーで
単独首位に立った。


2位単独に2打差6アンダーで、カナダのグラハム・G・デラエは5バーディー
1ボギーをマークし前日の2位をキープし最終日に賭ける。。


3位には首位と3打差5アンダーに、3日目のベストスコア“66”を記録した
韓国のベ・サンムン、S・ガルシア、カルロス オルティス、J・B・ホームズら
4名がつけ、久々のガルシアの最終日が見ものだ。


7位には首位と4打差の4アンダーで、8名がひしめく混戦模様
2007年の全米オープン選手権と2009年のマスターズ・トーナメントの覇者でもある
ベテランのアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)。
米国のライアン・ムーアはこの日、4バーディー1ボギーとスコアを3つ伸ばし
追い上げた。
ビジェイ シン、J・フューリック、D・ジョンソン、ジェイムス ハーン、
ジョーダン スピース,連覇を狙うB・ワトソンもやったきたよ。

15位に3名、 3アンダーは首位と5打差、モーガン・ホフマン、 V・テイラー
P・ケイシー

18位 2アンダー K・ブラッドリー

19位に1アンダーに入った松山英樹他6名
K・デューク、P・ペレス、M・パットナム、H・イングリッシュ、B・トッド、
ジャスティン・トーマス、



予選ラウンドをパープレー26位からスタートした松山の3日目、決勝ラウンド、
アウトの1番3番9番の3ホールでバーディー奪い、3アンダーで折り返しに、
期待を持たせたバックナインの11番でバーディーを奪い4アンダー、このままと
思わせた瞬間、
何と12,13,14番で、3連続ボギーと3つも落としたが、
3日目の結果は、4バーディー3ボギー通算1アンダーで19位に7名がひしめいて
明日を迎える。どうなってんだと言いたい。
タラレバでは無いが、あの3連続ボギーが無ければ、4アンダーは7位グループで、
最終日には、優勝も狙えるところだが、首位と7打差はやはり無理か。


何時、勝ってもおかしくない松山の中で何が起きたのだ。いつもの事だが、ここと
言う時、どうしても伸ばすべき肝心な時に失速する。中日(2日3日目)にしっかりと、
伸ばせないこの中日のラウンドが課題だ。
だが勝てないのは、メンタルに弱いとは思えないが。
調子が出ると、勝ちたいと言う欲が、強く出過ぎるのではないだろうか。
ホールアウト後の松山の会見で、
前半3アンダーに伸ばし、11番でバーディーを奪い4アンダーと伸ばした後に、
ちょつと気が緩んだのかなと思うと、あの3ホール(12・13・14番)はもったいなかった。
しっかりと気を引き締めて、ちょっと爆発すればまだまだチャンスあると思うので、
明日はがんばりたいと述べた。
もぅ少しだ、首位と7打差だ。ファイナルラウンドに期待しよう。
松山英樹 ガンバレ?????


決勝ラウンド・第3日目 成績と順位

1位  8アンダー 66・70・00・00=136  レティーフ ・グーセン
2位  6アンダー 70・67・00・00=137  G・デラート
3位  5アンダー 71・71・66・00=208  ベ・サンムン( 相文)
3位  5アンダー 71・69・68・00=208  S・ガルシア
3位  5アンダー 67・73・68・00=208  カルロス オルティス
3位  5アンダー 70・69・69・00=208  J・B・ホームズ

7位  4アンダー 70・72・67・00=209  D・ジョンソン
7位  4アンダー 71・70・68・00=209  J・フューリック
7位  4アンダー 66・74・69・00=209  ジェイムス ハーン
7位  4アンダー 66・74・69・00=209  ビジェイ シン
7位  4アンダー 69・70・70・00=209  ジョーダン スピース
7位  4アンダー 70・69・70・00=209  B・ワトソン
7位  4アンダー 70・68・71・00=209  A・カブレラ
7位  4アンダー 69・68・00・00=137  ライアン・ムーア

15位 3アンダー 69・75・66・00=210  モーガン・ホフマン
15位 3アンダー 74・68・68・00=210  V・テイラー
15位 3アンダー 70・69・71・00=210  P・ケイシー

18位 2アンダー 73・68・70・00=211 K・ブラッドリー

19位  1アンダー 70・72・70・00=212  松山 英樹
19位  1アンダー 72・70・70・00=212  K・デューク
19位  1アンダー 69・73・70・00=212  P・ペレス
19位  1アンダー 70・72・70・00=212  M・パットナム
19位  1アンダー 72・69・71・00=212  H・イングリッシュ
19位  1アンダー 69・72・71・00=212  B・トッド
19位  1アンダー 68・69・75・00=212  ジャスティン・トーマス

コメント

予選ラウンド2日目ノーザントラスト

2015-02-22 01:54:31 | 日記
PGA米国男子 ノーザントラスト オープン
 
カリフォルニア州のパシフィック・パリセーズ、
リビエラカントリークラブ(カリフォルニア州) 7,298ヤード(パー71)


初日に6人が並ぶ首位から出た、レティーフ・グーセンが1ストローク伸ばし、
通算6アンダーとして単独首位に立った。
2位には、通算5アンダーでJ・トーマス、R・ムーア、G・デエラ等3人が並び。
単独5位に、1打差でアンヘル・カブレラが、さらに追う展開。
連覇を狙うバッバ・ワトソンが通算5アンダーとして、17位から順位を上げ、
D・ファスワー、J・スピース、J.B.ホームズ、P・ケーシー等、5人が6位
集団を形成し、決勝ラウンドは熾烈な争いが予想される。


予選2日目、17位からスタートした松山英樹は2バーディー、3ボギーの「72」
で回り、初日の1アンダーから1つ落し、通算イーブンパーとし、暫定26位で予選を
通過したが。
大事な予選ラウンドの2戦目に、何故か伸ばせない英樹、せめて2つは伸ばして
ほしいものだ。これが出来れば夢も近いんだが?
イライラさせず、3日目に5つ程、伸ばしてくれないかね、何時も期待してるんだ。



石川遼は4バーディ、4ボギーの「71」と、通算6オーバーの103位に沈み、
今年に入って4戦連続の予選落ちとなった。


予選ラウンド・第2日目 成績と順位

1位  6アンダー 66・70・00・00=136  レティーフ グーセン
2位  5アンダー 70・67・00・00=137  G・デラート
2位  5アンダー 69・68・00・00=137  ライアン・ムーア
2位  5アンダー 68・69・00・00=137  ジャスティン トーマス
5位  4アンダー 70・68・00・00=138  A・カブレラ
6位  3アンダー 70・69・00・00=139  J・B・ホームズ
6位  3アンダー 70・69・00・00=139  B・ワトソン
6位  3アンダー 69・70・00・00=139  ジョーダン スピース
6位  3アンダー 66・73・00・00=139  デレッツクファザウア
6位  3アンダー 70・69・00・00=139  P・ケイシー
11位  2アンダー 71・69・00・00=140  S・ガルシア
11位  2アンダー 71・69・00・00=140  ノ・スンヨル
11位  2アンダー 67・73・00・00=140  カルロス オルティス
11位  2アンダー 66・74・00・00=140  ジェイムス ハーン
11位  2アンダー 66・74・00・00=140  ビジェイ シン
11位  2アンダー 66・74・00・00=140  ニック ワトニー
11位  2アンダー 66・74・00・00=140  ダニエル サマーヘイズ
11位  2アンダー 66・70・00・00=140  トニー・フィナウ

27位  0アンダー 70・72・00・00=142  松山 英樹
103位 6オーバー 77・71・00・00=147  石川 遼
コメント

予選ラウンド ノーザントラスト

2015-02-20 18:04:01 | 日記
PGA米国男子 ノーザントラスト オープン
 
カリフォルニア州のパシフィック・パリセーズ、
リビエラカントリークラブ(カリフォルニア州) 7,298ヤード(パー71)

賞金総額は670万ドル(約8億円)、優勝賞金120万6000ドル(約1億4300万円)、
フェデックスカップポイントは500ポイント
前年の覇者、ババ・ワトソン スコアー15アンダーで優勝

予選ラウンド第1日目


予選ラウンドの初日に、ツアー34勝を誇るビジェイ・シン(フィジー)のほか、
ニック・ワトニー、レティーフ・グーセン、石川と同じ組で回ったダニエル・
サマーヘイズら5名が、5アンダーとして首位に立った。


松山英樹は2年連続2回目の出場、昨年は23位タイという成績で、トップ25フィニッシュ
をしています、グリーンが難しいのは分かっている。
どれだけグリーンに対応できるかだと思うので、しっかりといい位置に乗せられる
ようにしたい。無駄な3パット、ショートパットのミスもなくしていきたいです」と
述べながら初日を迎えた。


松山英樹は、インからスタートし10番バーディー11番ボギー、14番もボギーを叩き、
前半1オーバーでバックナインへ、折り返したアウト1番でイーグルを奪い1アンダー
とし、3番バーディー、6番ボギー8番バーディー9番ボギーとし、アウトを2アンダー
“70”で回り、通算1アンダーで初日を終えてた。
会見で、「いい粘りですね」と苦笑い。このコースは「そう伸びるコースでない
から1つでも伸ばしているのはいいと思う」と、まずは自らが及第点を出して「明日は
これ以上、スコアーを落とさないように頑張る」と会見で述べた。
第1ラウンドは残り2組が、ホールアウト出来なかった為。日没サスペンデッドとなり、
全選手がホールアウトしていないものの、現時点で首位と4打差、暫定17位に付け、
首位とは4打差で、2日目の予選ラウンドを迎える。3どめのしょうじきじつげ



石川遼は2009年から7年連続7回目の出場だが、最高位は2010年の32位タイで、
その他は2012年が72位タイ、2013年が61位タイ、その他の3度の出場は予選落ちと
なるなど、あまりよい成績を残せていいない大会のようだ。

今季ショットを武器に好調をキープしていた石川だったが、この日はショットが
乱れつらい展開となった。
イン10番からスタートし、12,13番ボギーとし17番でバディーで1打戻したが、
18番ボギーとし、2オーバーと序盤ショットを乱しながらハーフターン、5番で
ボギー3オーバーだが、6,7番でバーディーとして1オーバに戻したものの、
8番パー4のコースで何と、痛すぎるダブルパー8打も叩き5オーバーとし、
最終9番ホールでもボギーとし通算6オバーで厳しい1日目を終えた。
前半2オーバー後半4オーバーとし、大きく77とスコアーを崩し6オーバーで終えた。
このままでは、石川の予選落ち確実のようだ、どれほど頑張れるか?
落ちれば4度目だ、頑張れと言いたいが、あまりにも道具とスイングなど???、
弄い過ぎではないのかな。


予選ラウンドの、ペアリングとティーオフ時刻は、以下の通り。日時は日本時間です。
松山英樹:ジミー・ウォーカー、ハリス・イングリッシュ
1日目:2月20日(金) 午前00時32分(イン10番スタート)
2日目:2月21日(土) 午前05時12分(アウト1番スタート)

石川遼:ロバート・アレンビー、ダニエル・サマーヘイズ
1日目:2月20日(金) 午前01時25分(イン10番スタート)
2日目:2月21日(土) 午前06時05分(アウト1番スタート)

テレビ放送予定と日時
第3日 2月21日 (土)
2月22日(日)AM 06:00―07:49 NHK-BS生中継
第4日 2月22日 (日)
2月23日(月)AM 06:00―07:5 0 NHK-BS生中継
2月23日(月)PM 06:00―07:5 0 NHK-BS録画


予選ラウンド・第1日目 成績と順位

1位  5アンダー 66・00・00・00=66  ビジェイ シン
1位  5アンダー 66・00・00・00=66  レティーフ グーセン
1位  5アンダー 66・00・00・00=66  ニック ワトニー
1位  5アンダー 66・00・00・00=66  ジェイムス ハーン
1位  5アンダー 66・00・00・00=66  ダニエル サマーヘイズ
1位  5アンダー 66・00・00・00=66  デレックファザウア
7位  4アンダー 67・00・00・00=67  カルロス オルティス
8位  3アンダー 68・00・00・00=68  ジャスティン トーマス
8位  3アンダー 68・00・00・00=68  アレックス チェイカ
8位  3アンダー 68・00・00・00=68  ジェフ オギルビー
8位  3アンダー 68・00・00・00=68  ウィリアム マクガート
12位  2アンダー 69・00・00・00=69  パット ペレス
12位  2アンダー 69・00・00・00=69  ジョーダン スピース
12位  2アンダー 69・00・00・00=69  ブレンドン トッド
12位  2アンダー 69・00・00・00=69  モルガン ホフマン
12位  2アンダー 69・00・00・00=69  ライアン ムーア

17位  1アンダー 70・00・00・00=70  松山 英樹
120位 6オーバー 77・00・00・00=77  石川 遼



コメント