Umi kakasi

自分が感じたことを思うままに表現してみたい。

宇宙人と痴呆

2010-03-31 17:41:10 | 一言・ほっとけない?
宇宙人にも痴呆があるの
総理大臣 鳩山由紀夫
    
痴呆とは、忘れることである。
自民党政権に置いて、普天間飛行場の基地移転が地元の声も取り入れながら、
10年の歳月をかけて、地元の名護市や沖縄県と共に米国政府の足並みも
そろい、4年後には基地もキャンプシュアブに移り普天間返還ができるはずで
あった。やっと、まとまったのが現行案のキャンプシュアブへの移転を、
何の策もないまま、民主党はひっくり返したのである。
普天間飛行場の基地移転は 社民党:党首・福島みずほの夢に引きずられ、
策のないまま,迷走に迷走を、重ねて半年、昨年の12月も先延ばし、
つい3日前には、3月いっぱいをメドにしながら、政府案をまとめる努力を
致しているところと、言いながら、今日、わずか、3日前に言った事を 
まぁ、今月中じゃなきゃ、ならないという「そうゆうことは」別に法的に、
決まっている訳ではありませんと、言ってのけた。
その背景に何があるのか、このままでは、基地移転は米国:沖縄:社民党との
合意は非常に厳しい段階の模様で、5月に決められなければ、民主党と、
総理の責任は重い、

しかしまた、5月になれば、法的に、決まっている訳ではありませんと言うのかな。
総理に関して国民の反応は:学級崩壊・クラス(内閣)を治めることができない
首相、まったく、責任ないですよね、
自分では何も決められない、小沢の顔色を眺めながらの政権運営
何につけても、本当にいい加減ですね、
大方の国民は、本気で民主党に政権を委ねたが、これでいいのか、
不安になってきた、と言うのが最近の状況ではないか。
1日2日遅れることは、たいしたことではないと発言・
同様の事を誰か言った誰だっけ?

コメント

迷走普天間

2010-03-27 12:49:06 | 一言・ほっとけない?
普天間飛行場移設について
  
自民党から民主党に政権が変わったことで、移設について混迷が続く中で、
何故ここまで混迷するのか、自民党政権に置いて、普天間飛行場の
返還について,基地が市街にあり危険と騒音で、1996年に日本側政府が
普天間の返還について米国に要請した、この解決にあたっては地元の声も
取り入れながら、10年の歳月をかけて、やっとまとまったのが現行案の
キャンプシュアブへの移転である.
地元の名護市や沖縄県と共に米国政府の足並みもそろい4年後には基地も
キャンプシュアブに移り普天間返還ができるはずであった。
これを、政権が変わったからと言って、この計画がなぜいけないのか、
その説明もないままに、前政権と米国との国際公約でもある現行の計画を
選択せず、破棄する理由については、一度も国民や国会の明確な説明も
ないまま、ただ社民党の意見を重視し、鳩山首相が「県内・国内」に、
自らがこだわって迷走を重ね、今日まで決着を延ばしてきた事のほうが
責任は重い。
日本の政権政党の長である、鳩山首相としては、今日までに、
前政権が重ねてきた解決案(キャンプシュアブ)の、経過を改めて検証した上で、
国益を見据えた決断をしてもらいたいものだ。
今こそ、総理自らが頭を冷やして、原点に戻り、国民に向かい前案より良い案を
探ってみてきたが、やはり現行計画の履行を決断すると言って、
頭を下げることで解決をはかれば、一時は騒然としても、首相に対しては国内・
国際社会からは決断力と指導力によると称賛を得られると思うが?

社民党の党首:福島みずほさん夢は寝て見て。ものごとは、現実的に考えて!
国民新党:下地さん陸上案でなければ、本当に国会議員辞めるの!
鳩山首相:貴方の決断のみ
何はともあれ、何時までも迷走せず、早く解決することを国民と米国は望んでいる。

コメント

子供手当これでいいの?

2010-03-26 12:03:52 | 一言・ほっとけない?
子供手当これでいいのか?
財源と対象者
     
民主党の最大の目玉公約としてマニフェストで位置づけられた子供手当
野党がバラマキ政策と批判し、この支給に必要な莫大な財源の裏付けの
ないままに、25日に衆議院で可決、26日には参議院での可決成立の
見込みの中で、財源と対象を置き去りのままに、今年度は1万3000千円を
支給。来年度からは倍額の2万6000千円を恒久的に支給することに
なっているが、この財源確保には厳しいのではないかと危惧する声も出ている。
こんな中で「第2の欠陥」とも言えるのが、支給対象の問題である、
外国人の子供を対象に支給する問題で「中国の農村部の年収は一人当たり
6万7000千円と言われ、子供手当は今年半額でも年15万6千円親が
日本にいれば、十分過ぎるほどの収入を、何もしないで得ることができる、」
中国に子供3人いれば1年で家が建つことになる。
何故、子供手当の条件に「子供の日本国内居住を」を義務付けないのだ、
諸外国では,国内居住要件を課している国がほとんどで、このままでは、
中国をはじめ,東南アジやより子供は国に置き、親が日本にきて生活をする
外国人は増えることだろう。
これだけのカネをくれるのであれば、自分の給与は安くても日本で生活が
できればよいと,外国人の日本への移動をどう防ぐ。
ましてや。日本人の子供に子供手当を支給しない場合、親が外国にいて、
子供が日本で生活をしているのに支給されない。
民主党・公明党・共産党・どうなっているのだ本当に国民の為か、
これを見る限りただ、7月の選挙の為のバラマキか?
この件で、自民党は「日本国内に居住しない外国人の子供には
手当を支給しない」と法案を修正するよう要求しているが、
長妻 昭厚労相は「23年度の制度設計時に検討する」と先送りした。
何故、すぐできないのだ、多くの国民に指摘されたことができない、
今の民主党の国会議員には自浄能力もないと、判断されているから支持率も
下降たどるのだ。
これは変だ、何かおかしいと思ったら、すぐやれる民主と期待したが、
(庶民)を忘れた公明党の悪乗り・そんなに政権党が忘れられないのか
これでは先が思いやられるよ、
  
あとは「みんなの党」期待するか。これと言う政党早く出てくれよ。
コメント

支持率急降下

2010-03-24 15:24:40 | 一言・ほっとけない?
生方幸夫
民主党どうなっているのだ

国民は怒っている、昨年民主党が国民に約束したはずの、マニフェストで
約束した事をことごとく破られ、国民は怒っている。国民が期待した、
後期高齢者医療制度の廃止・天下り禁止法案・暫定税率の廃止・
高速道路の無料化・公務員改革・米軍普天間飛行場移設問題・国民が期待した
政策をことごとく裏切りあげくの果て、ばらまき政策で子供手当・
外国人の参政権付与問題・夫婦別性問題・等々の問題を抱え、
日本の国をどうする気なのだ、野党時代は好きな事が言えても、
政権党になれば、言うは易く、行い難しで、日本の国の借金は2~3年後は
1000兆円にもなろうか言うのに、バラマキの政策をして、どうするのだ、
何かと言えば、昨年のリーマンショックとか、前政権のつけ(借金)と言っているが、
野党時代にそれを攻めて、判っていたはずだ、政権を取ればどうするか、
民主党として、対応できるはずではなかったのか、準備も出来ていなければ、
政権につく資格はない。
鳩山総理の政治献金問題・小沢幹事長の陸山会の政治資金いずれも、
それぞれの政治資金問題を決着済みと位置付け開き直りを続けている。
ここに問題がある事が判らないのか!

こんな中で、副幹事長の生方幸夫が爆弾発言、
秘書三人も、検察に告訴されていても、小沢幹事長は何も責任とらずにいる。
鳩山首相は以前、自分は秘書が悪い事をすれば、議員を辞めるとまでいった、
ましてや,党の中心である幹事長室に権力を集中させ、独裁を貫いている。
至っては政治資金で土地の購入によるマネーロンダリング秘書が3人も
逮捕されていて、自分は不起訴だったので、自分の罪は、検察に認められ
無罪などと言い、国民に向かっても,説明責任を果たしていない事が国民に
理解されず、民主党の支持率は急降下30%を割ろうとしていると批判した事で、
筆頭副幹事長 高島 良充氏より辞職勧告を受けたが,秘書3人も起訴された方々
には罰則もなく、私は辞めないと、テレビに出演堂々と持論を語った事で,
危機感を募れせていた,民主党はますます窮地に追い込まれ、これを避けるためか、
幹事長代理 興石 東・筆頭副幹事長 高島 良充氏の二人に、生方の事は、
小沢氏は「オレに任してくれ」と生方幸夫を呼びだし辞職勧告を撤回、
これで、他の副幹事長はこれで生方議員も、党の外に向かって(批判)出来ないと
封じ込めの意図をあらわにした。
こんな中でも、小林千代美衆院議員が辞職も・離党もしないと表明した。
小林氏の問題で首相は「何らかの対処が必要だ」と述べたが、
小沢氏は「議員本人が判断する問題」との姿勢、トップ二人が政治資金問題と
偽装献金問題で自分の責任も取れずにいる、
このような問題に,民主党の議員諸君は自浄能力作用を,
取り戻せるかどうかである。
国民は、このような民主党に政権を委ねたのでない。

民主党が、国民に信用を取り戻す為には,取り敢えず、
小沢幹事長に辞めて貰うことだ。
幹事長が辞め、4月からの、枝野議員などの公益法人などの
仕分けが作業で、もしかすれば、風が吹くかもしれないよ、ここに期待しよう。
鳩山総理は、宇宙人しばらくは静観するよ。
コメント

3連勝ならず

2010-03-08 15:42:48 | 日記
宮里 藍
  
開幕2連勝し44年ぶりの快挙を成し遂げ、期待を一身に背負って故郷・
沖縄での女子ゴルフの今季国内開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」
最終日(7日、沖縄・琉球GC)に出場し6位タイでスタートした
宮里藍は疲労の色の濃い中、最後まで優勝争いを演じたが
最終日、強風と雨の中、逆転での3週連続優勝が期待された宮里も、
「集中力がいまひとつ」だったという。
その言葉通り、通算3アンダーの7位に終わり、
3週連続優勝を惜しくも逃した。
国内開幕戦を終え全ラウンド終了後「これだけ沢山の方が応援に
来てくれますので、私は元々ゲームを投げる気はないので
最後まで頑張りました」と地元のファンへ感謝のメッセージを送った。
宮里は「本当にこの3試合は上々の出だしだったのでアメリカに戻っても
この状態を維持して行きたい」と充実した表情で今後の抱負を語った。
もっとも、目標とする米ツアーの最優秀選手へ向けた戦いは始まった
ばかりで、次の目標に向かって9日には米国に出発する。
久しぶりの沖縄の実家での休息もつかの間ではあった。
今月25日からは米ツアー3戦目が待つている。
今年は一層、藍ちゃんのアメリカでの活躍に期待をしよう。

コメント