キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

可哀そうな名前の草花 2種

2021-09-01 11:53:45 | キャンプ場だより

やっぱり二百十日を過ぎるともう秋。
今日は秋雨。涼しいです。

昨日も暑くなかったので、午後、家和楽を一周歩いて来ました。
小さな秋の草花が目につきます。

 

 

こんなかわいい花なのに、なんとも可哀そうな名がついています。

上のは、ヘクソカズラ。 これは臭いのでまあ、仕方ないかも。
下のは、ヤブガラシと一緒になっていますが、小さなピンクの花の方です。
なんと! ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)と言います。
三角の葉で、茎と共にトゲトゲ。 蕎麦に似ているからトゲソバとも言います。
誰がこんな名を思いついたのでしょう! 
身近な草花の名は俗にそう言っているのが、正式な名にもなるのかしら。

秋雨前線が居座らないで欲しい。
さわやかな秋晴れの下、あちこち散策したいです。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする