キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

トラップその後  オオスズメバチ入る 

2018-05-30 14:39:23 | 里山暮らし

 

トラップを毎朝覗くのが日課となってしまいました。

どのトラップももう液が見えないぐらい蜂がぎっしり入っているので、
入れ替えるか新しいのを作るかしなくてはならないな~と思いながら、
昨朝、見に行ってみると、体長5~6cmの大スズメバチが1匹入っていました。

今までの蜂の死骸を踏み台にして立ち上がり、盛んに脱出を試みています。
蜂の羽では垂直に飛び立つことは出来ないようです。


午前中、用があって出掛けましたが、午後帰って来て、見ると何と!
大きいのが3匹になっていました。
受難の蜂が何らかの信号を出して、仲間を呼んだ!?

そろそろトラップを取り替えた方が良いかも。
どんどん仲間が来ても怖いから。






 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 梅雨前の里山暮らし | トップ | スズメバチ 営巣はじまる。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

里山暮らし」カテゴリの最新記事