明日に向けて

福島原発事故・・・ゆっくりと、長く、大量に続く放射能漏れの中で、私たちはいかに生きればよいのか。共に考えましょう。

明日に向けて(1807)抗体検査で無症状者が膨大にいることが見えてきた―新型コロナの影響を民主主義的に越えるために(23)

2020年05月03日 23時30分00秒 | 明日に向けて(1701~1900)

守田です(20200503 23:30)

5月1日の専門家会議の会見のトレースの途中ですが、抗体検査から重要なことが見えてきているので、その点を指摘したいと思います。
なお今回初めて、僕が温めてきた推論を少し書きますが、これは専門家会議などの見解とはずれます。いまの段階では僕はこう推論するけれども、国民・住民が合意する線としては、専門家会議の提言で良いというのが僕の立場です。


神戸での感染者数はPCR検査陽性者数の400倍?(4月7日時点)

まずは本日付の以下の記事をご覧ください。

外来患者の2.7%に新型コロナの抗体 神戸・中央市民病院が1000人調査
毎日新聞2020年5月3日 00時21分(最終更新 5月3日 09時24分)
https://mainichi.jp/articles/20200503/k00/00m/040/002000c


神戸の病院での抗体検査について報道する毎日新聞

ポイントを述べると神戸市立医療センター中央市民病院が、4月7日までの8日間に、新型コロナウイルスとは関係ない症状で外来を受診した患者1000人の血液を調べたところ、33人に抗体があったというものです。
この数値に性別や年代の偏りを修正し、人口の2.7%が抗体を持っているのではとの推論が出されました。これを神戸市の人口にかけると4万人が感染していたことになります。
このころ神戸市のPCR陽性者は100人以下だったので、なんと400倍以上になります。

大事なのは次の点です。記事から引用します。
「木原康樹院長は『今回の結果はPCR検査で把握する数よりはるかに多い。過去に感染したが、症状は出ていない人が多くいる可能性がある』と話している。
そうです。大事なポイントは、感染しても無症状だった人々が、これまで考えられているよりも、はるかに多くいた可能性が高いことです。しかも400倍という規模の中にです。

この方たちはほとんどが、感染に気がつかなかったり、医療を必要とすることもなく、治っていたわけです。
これらから致死率も重症化率もかなり下がる可能性があります。今は「8割の人は無症状か軽症、2割が重症化する可能性があり、その中の数%が重篤になる」と、中国の論文などを根拠に捉えられていますが、分母がもっと膨大になる。
これだけの数ですから、おそらくはずいぶん前から、ゆっくりと広がっていたと考えられます。ある時点で4万人いたわけではないでしょう。そうであったら医療崩壊が起きたはずだからです。


季節性のインフルエンザの致死率も下回る可能性も?

季節性のインフルエンザの死亡率は0.1%とされていますが、神戸の試算からは、死亡率はこれよりも、低くなる可能性がありそうです。
もちろんまだこれは「可能性」で、結論づけられる段階ではありません。抗体検査の精度が明らかになっていないし、検査にエラーがある場合だってあるからです。
もっとたくさんの国や地域で、抗体検査が進み、検査の精度も見えてくれば、より確かな数値が得られると思いますが、しかしいまのところどこでも、PCR検査陽性者数の何倍、何十倍もの抗体保持者の存在が推定されています。

つまり日本だけでなく、多くの国で、PCR検査は実際の感染者数と大きく離れている可能性が高い。またその中で、膨大な数の人々が、医療を必要とせず治っていたのです。
このことが事実であるならば、実は新型コロナを「指定感染病」の第二類相当としていることを、考え直しても良いのではないか。すでに感染症指定病院ではなく、代替施設を使っているわけですが、もっとハードルを下げでも良いのでは。
そうすれば医療現場にも、社会にももっと余裕が生まれ、明るい展望が開けるのではないか。緊急事態宣言の解除も、もっと早いテンポで進められるのではないか。そうであったら良いなと思います。

しかしこれは、あくまでも致死率が、いま思っているよりもかなり低い場合のこと。その点がまだ不確かなので、いまはなお、専門家会議の発している提言が、わたしたちの集う柱だと思います。
「重症化した場合に悪化が速い」ことの報告から、ウイルスの毒性をもっと恐ろしいものだと捉える見解もあります。ともあれ、まだまだ分からないこともある。防御レベルも変わっていません。
だからいまは、多くの人々が行っている感染防止の努力を続けなくてはですが、新規感染者数(PCR陽性者数)が減ったきたことに加え、抗体検査で死亡率が低い可能性が見えてきたことは、明るい展望なのでは?頑張りましょう。


「年齢別感染者数」5月1日18:00 東洋経済オンラインより
PCR検査陽性者だけでも軽症・無症状が多い。ただし青には「確認中」も含まれている。

続く

#新型コロナウイルス #抗体検査 #PCR検査 @安倍首相

***

記事にご寄付をいただける場合は以下からお願いします!自由に金額設定できます。
https://www.paypal.me/toshikyoto/500JPY


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 明日に向けて(1806)感染の爆... | トップ | 明日に向けて(1808)緊急事態... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なかじま)
2020-05-09 21:03:40
この記事は興味深いですね。昨年8月から日本には感染者がいると言う報告もありますし(福島淳也氏)、CGTNの報道ではアメリカニュージャージー州のベルヴィル市市長は抗体検査と自身の経験から昨年11月にコロナに罹っていたに違いないと公言しているそうです。起源はともかくウイルス自体は中国がWHOに報告したよりもかなり以前から拡散していた可能性も高いのですね。続報が待たれます。

コメントを投稿

明日に向けて(1701~1900)」カテゴリの最新記事