モノトーンでのときめき

ときめかなくなって久しいことに気づいた私は、ときめきの探検を始める。

ブルー&ホワイトが美しい、サルビア・ファリナセア‘ストラータ’(Salvia farinacea 'Strata')の花

2016-06-21 15:59:15 | セージ&サルビア
(写真)サルビア・ファリナセア‘ストラータ’(Salvia farinacea‘Strata’)


サルビア・ファリナセアとして園芸店で売られていたが、サルビア・ファリナセアの園芸品種‘ストラータ’(Salvia farinacea‘Strata’)で、オールド品種は花と萼が同系統の濃いブルーだが、園芸品種ストラータは、萼が白く、花色は、オールド品種より淡いブルーなので区別がつけやすい。写真のようにこの組み合わせでコンパクトな花穂に数多くの花の密集が美しい。

このブルー&ホワイトは、エーゲ海のクルージングで廻るロードス島などの島々の漆喰の白と海の青さ、ブルー&ホワイトを彷彿させ、湿度の高いジメジメした日本の梅雨から夏場の一風の清涼となる。

(写真) エーゲ海とサントリーニ島の風景

(参考)サントリーニ島

サルビア・ファリナセア‘ストラータ’(Salvia farinacea‘Strata’)のブリーダー(生産者)は、英国ノーフォーク州ドレハムのFloranova社で、この作品を1996年の全米の品評会AAS(All-America Selection)に出品し、金賞(Flower Award Winner)をとっている。それから20年経過した今でも輝きが衰えることなく、全世界に普及した逸品となっている。

(写真)サルビア・ファリナセア‘ストラータ’の立ち姿


サルビア・ファリナセア‘ストラータ’(Salvia farinacea 'Strata')
・シソ科アキギリ属の耐寒性が弱い多年性小木。日本では、耐寒性が無いため1年草として扱われる。霜に当てないように越冬させると関東以南では多年草として来年も期待できるようだ。
・学名はサルビア・ファリナセア‘ストラータ’(Salvia farinacea 'Strata')。種小名のファリナセアは“粉をふくと”という意味。
・ 英名ではMealy-cup sage 'Strata'“粉状のセージ”と呼ばれる。
・原産地はメキシコ北部からアメリカ・テキサス。
・丈は50cm、横幅30cm程度で直立。茎は白い産毛で覆われ、粉をふいている。
・20cm程度の花柄を伸ばしその茎に淡い部ブルー色の花を多数咲かせる。開花期は初夏~晩秋で夏場は木陰で休ませると良い。
・葉はコンパクトで、披針形。
・冬場は水をあまりやらずに、室内又は霜の当たらない暖かいところで管理する。
・どんな土壌でも育つというタフで、育てやすい植物だが、腐葉土を入れた水はけのよい土が推奨。
・作出は英国ノーフォーク州ドレハムのFloranova社。

コメント   この記事についてブログを書く
« サルビア・ファリナセア(Salv... | トップ | 初夏の花、ブルーが美しい サ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

セージ&サルビア」カテゴリの最新記事