浪漫亭随想録「SPレコードの60年」

主に20世紀前半に活躍した演奏家の名演等を掘り起こし、現代に伝える

ミュンシュのラモーなんていふのも素晴らしいですね!

2007年08月31日 | 指揮者
ラモーの歌劇「ダルダーニュス」からの数曲を管絃樂組曲にアレンジした作品をミュンシュの指揮で聴いてゐる。ダルダーニュスはジュピターとエレクトラの間にできた子供といふことで、題材は希臘神話になる。編曲はルーセルの手によるもので、この作品自体が珍しい。ミュンシュがシカゴ響を振った演奏會の録音を収めた海賊盤だ。 . . . 本文を読む
コメント

最近気になるミュンシュのライブ 今日はニガモンの唄

2007年08月30日 | 指揮者
ミュンシュといふ指揮者はライブになると落ち着きを失う性格のやうで、じっくりと音価相当の長さを保たないまま、前のめりになってたたみ掛けてくることがとても多いやうに感じる。最近、ミュンシュのライブ録音を聴くことが多く、このことが気になってゐたのだ。 . . . 本文を読む
コメント

シャルル・ミュンシュによる「タイボルトの死」

2007年08月29日 | 指揮者
ミュンシュのプロコフィエフと言へばハイフェッツとの協奏曲第2番の記憶が鮮明に残ってゐるが、ロメオとジュリエットの組曲でも素晴らしい名演を残してゐた。 . . . 本文を読む
コメント

ギーゼキングのカーニバル

2007年08月25日 | 洋琴弾き
今宵は独り週末の夜を愉しんでゐる。手元には「野うさぎの走り」のおおかた空っぽになった瓶がある。僕の場合、最近アルコールが入ると昔のことばかりが思い出されて考えが前に進まない。半世紀も生きると、人間は過去の栄光に縋る予兆が見えてくると言ふ。嗚呼、おぞましき事哉! . . . 本文を読む
コメント

ブダペスト弦楽四重奏團とベニー・グッドマンの協演

2007年08月24日 | 器楽奏者
ブダペスト弦楽四重奏團とベニー・グッドマンが協演してゐるだけで奇異に感じるところだが、曲がモーツァルトともなるとさすがに物珍しさで購入したくもなる。 . . . 本文を読む
コメント

イグナーツ・フリードマンによるショパン「エチュード」4曲

2007年08月24日 | 洋琴弾き
久々にフリードマンのCDを取り出して聴いてゐる。フリードマンのショパンには気味の良い痛快さと、現代では聴くことのできない生きた浪漫派の歌いまわしがあり魅力的だ。「革命」と作品10-7及び変ト長調の「てふてふ」と「黒鍵」の2曲ずつをそれぞれ1セッションで録音してゐる。 . . . 本文を読む
コメント

ロチェスターの想い出蘇るハンソンの交響曲第1番

2007年08月23日 | 自作自演
僕は3年弱、ロチェスターといふ美しい街に住んだ経験がある。幼稚園時代の幼い記憶は全てこの街での出来事ばかりである。当時の大統領は歴史上の人となったJFケネディーであった。そんな僕が、懐かしさを強く感じるものが幾つかある。 . . . 本文を読む
コメント

ストコフスキーを真面目に聴いてみる フランクの編曲作品2つ

2007年08月21日 | 指揮者
芸能界で活躍した指揮者ストコフスキーがフランクのアレンジものを2つ取り上げている。一つはオルガンの為の6つの小品からアンダンテ、そして有名な「天子の糧」の2曲である。オルガン作品のアレンジはRCAビクターのプロデューサー、チャールズ・オコーネルの手によるものだ。 . . . 本文を読む
コメント

クーベリックのヒンデミット ウェーバーの主題による交響的変容

2007年08月21日 | 指揮者
クーベリック指揮によるヒンデミット「ウェーバーの主題による交響的変容」は2種類ある。一つは1975年に来日した際のライブをエアチェックしたもので、もう一つはその22年前の4月にシカゴ響とスタジオで録音した商業録音である。 . . . 本文を読む
コメント

フェレンツ・フリッチャイによる師匠コダーイの詩篇作品13の演奏

2007年08月20日 | 指揮者
コダーイの作品は20世紀の音楽としては大変聴きやすい作品が多く、血の通った人間の声として最後までフェイドアウトすることなく聴くことができる。この詩篇作品13は管絃樂に合唱とテナー独唱が加わる。 . . . 本文を読む
コメント

シャルル・ミュンシュの幻想交響曲 

2007年08月20日 | 指揮者
シャルル・ミュンシュと言へば幻想交響曲。スタジオ録音だけでも5回も行っており、自身でも相当思い入れの強い作品であったのだらう。今日は4回目のレコーディングを聴いてゐる。 . . . 本文を読む
コメント

ヨハンナ・マルツィのバッハ協奏曲第2番 極めて良質の音楽

2007年08月19日 | 提琴弾き
神戸に帰ってゐる間に買い物に費やした時間は膨大だ。おそらく田舎での1年分よりも数倍多いと思ふ。神戸に住んでゐるときには、休みの日くらいは人ごみを避けてどこか緑の中でオゾンをたっぷりと吸いたいと思ってゐた僕が、足が浮腫んでも三宮を歩き回る。この変貌ぶりを誰よりも驚いてゐるのは嫁さんだ。 . . . 本文を読む
コメント

シェルヘン マーラーの第5交響曲の不思議

2007年08月18日 | 指揮者
ヘルマン・シェルヘンとは縁が無かった僕だが、前回の第九に続いて今回は第五を購入してみた。第五はゲルギエフの演奏を西宮で聴いて以来、素晴らしい生の響きが脳裏から消えない。シェルヘン指揮維納国立歌劇場管絃團の演奏はみすぼらしいトランペットで始まる。耳が慣れるまでには10分は必要だ。 . . . 本文を読む
コメント

デュカスの「ラモーの主題による変奏曲・間奏曲とフィナーレ」をルフェビュールの演奏で

2007年08月18日 | 忘れられた作品作曲家
ポール・デュカスの「ラモーの主題による変奏曲・間奏曲とフィナーレ」といふ洋琴独奏曲のレコヲドがある。デュカスは、自身による自作品の大量破棄により現存する作品は十数曲のみといふ変わり者だ。理由はデュカスの完璧主義にあるといふのが定説だが、完璧を期すあまり未だに1曲も発表してゐない僕に比べれば、まだまだ慎重さが足りない。この曲は1902年頃の作品だが、貴重な十数曲の中の4曲が洋琴作品である。 . . . 本文を読む
コメント

グリーグ「諾威の結婚行進曲」自作自演+ストックマー+グレインジャー

2007年08月18日 | 自作自演
グリーグの自作自演レコヲドは2種残されてゐるやうで、その一つである「諾威の結婚行進曲」をストックマー、グレインジャーと聴き比べてゐる。 . . . 本文を読む
コメント