浪漫亭随想録「SPレコードの60年」

主に20世紀前半に活躍した演奏家の名演等を掘り起こし、現代に伝える

ハイフェッツ ベル・テレフォン・アワーからゴドフスキなど

2012年04月23日 | 提琴弾き
久しぶりにゆったりとした時間を味わってゐる。こうしたときにふと聴きたくなるのは提琴の甘い音色だ。エルマンをとも思ったが、どういふ訳かハイフェッツが目に留まった。ベル=テレフォン・アワーの復刻アルバムが数巻あるが、其の中から軽いタッチの小品を集めた第6巻を取り出して愉しんでゐる。 . . . 本文を読む
コメント

ブルショルリのベートーヴェン協奏曲第三番 ライブ音源

2012年04月08日 | 洋琴弾き
イシドール・フィリップ、コルトー、コチャルスキ、ザウアーに学んだブルショルリが1966年に来朝した。サンサーンスの協奏曲を披露してくれたが、其の時の演奏はCD化されてゐるのだらうか。今宵は、同じ年の8カ月前にハンブルクで行われたコンサートの模様を聴いてゐる。 . . . 本文を読む
コメント

エドワルト・リスラーのショパン

2012年04月07日 | 洋琴弾き
以前に普通のCDではないとご紹介したことのあるリスラーのCDを久々に取り出して愉しんでゐる。前回はゴーダールのマズルカ第弐番といふ珍曲を取り上げたが、今日はよく知られたショパンの嬰ハ短調ワルツの素晴らしい名演奏をご紹介したい。 . . . 本文を読む
コメント