浪漫亭随想録「SPレコードの60年」

主に20世紀前半に活躍した演奏家の名演等を掘り起こし、現代に伝える

フルトヴェングラーのシューベルト

2010年04月29日 | 指揮者
長らく日本國とZ共和国を行き来してゐたため、久しぶりのアップロードになる。3月末には尊敬する親父が長い闘病生活を終えて天国に召された。僕もZ共和国から帰国し、仕事の内容も変わった。この4ヶ月の間にあまりにも多くの変化が自分の身に降りかかってきた。今はただ、その苦しみにじっと耐えてゐる。音楽を聴かない日々が続いたが、今日は親父の遺品の中から見つけたフルトヴェングラーによるシューベルトの「第九」を聴くことにした。 . . . 本文を読む
コメント