浪漫亭随想録「SPレコードの60年」

主に20世紀前半に活躍した演奏家の名演等を掘り起こし、現代に伝える

アドルフ・ブッシュとルドルフ・ゼルキンによるシューマンの奏鳴曲第壱番

2012年11月10日 | 提琴弾き
シューマン作曲提琴と洋琴の為の奏鳴曲をゼルキン・ブッシュの演奏で愉しんでゐる。シューマンの作品は句読点の明確でない主題や次々とたたみ掛けるやうな動機の展開が聴く側を戸惑わせることが多々在るやうに感じてゐる。此の奏鳴曲の第壱樂章も其の一つの例ではないだらうか。 . . . 本文を読む
コメント