浪漫亭随想録「SPレコードの60年」

主に20世紀前半に活躍した演奏家の名演等を掘り起こし、現代に伝える

独逸のエドゥアルド・エルドマンといふ洋琴弾き

2010年12月28日 | 洋琴弾き
音楽を大きく捉えて細部にこだわらずに聴くのが好きな聴き手、音楽の微妙なニュアンスを鋭く感受し、細かなテクニックも聞き漏らさぬ聴き手。自分はどちらのタイプに近い聴き手なのだらうかと考えることがある。聴く演奏家や作品によって使い分けてゐるといふことになるのかなぁ・・・エルドマンは前者として聴く方がいいやうだ。 . . . 本文を読む
コメント