浪漫亭随想録「SPレコードの60年」

主に20世紀前半に活躍した演奏家の名演等を掘り起こし、現代に伝える

ホルヘ・ボレ&イッセルシュテットによるリスト洋琴協奏曲第壱番

2012年09月29日 | 洋琴弾き
ホルヘ・ボレはライブで本領を発揮するタイプの洋琴弾きだと云はれてゐるが、イッセルシュテットとの協演による珍しいライブ録音を聴こうと思ひ棚から取り出してきた。CD盤では、先ずアンコールとして演奏されたブラームスの洪牙利舞曲第壱番から始まるが、急緩の繋ぎ目を連続的に繋いで演奏する変わった表現に驚かされるのだ。最終音の前にイッセルシュテットが指揮台を蹴る足音も入っていて臨場感がある。 . . . 本文を読む
コメント

ジェシー・マシューズを再び

2012年09月08日 | 芸能
昨晩は高知のホテルで過ごしたが、マシューズの歌声が早く聴きたくなり、あまり美味くない朝食を摂るとすぐにホテルから車を飛ばし我が家に帰りついた。早速、おととい探し出してゐたマシューズのアルバムをトレーに乗せた。 . . . 本文を読む
コメント

秋の夜長はマシューズの甘い歌声とともに

2012年09月06日 | 芸能
秋らしい空気が感傷的な気分にさせるこのやうなときは蓄音器で女性ジャズシンガーの歌声が無性に聴きたくなる。1934年の「エバーグリーン」で一躍有名になったジェシー・マシューズはお気に入りの女優の一人だが、"Dancing On The Ceiling"を取り出して聴いてゐる。 . . . 本文を読む
コメント