浪漫亭随想録「SPレコードの60年」

主に20世紀前半に活躍した演奏家の名演等を掘り起こし、現代に伝える

デイヴィッド・ホッホシュタインのエマーソンレコード

2006年07月31日 | 提琴弾き
今日は仕事で東京へ出かけていた。東京摩天楼の最上階に居る叔父が昼食に誘ってくれた。皇居二重橋を見おろす東京會舘で久しぶりに叔母と会い、祖母の白寿を祝う会の打ち合わせをすれば、自然と昔話に花が咲く。ケネディ時代に住んだロチェスターの話などしながら楽しいひと時を過ごした。 . . . 本文を読む
コメント

ネリー・メルバ フェアウェル・コンサートのライブ

2006年07月30日 | 歌もの
ネリー・メルバとの出会いは、大学生の頃に購入した米國のOPUSレコードの海賊盤風LPに収められていたフェアウェルコンサートだった。 . . . 本文を読む
コメント

ウィリアム・プリムローズ ベンジャミンの小品

2006年07月29日 | 忘れられた作品作曲家
ハイフェッツの3歳年下でアンサンブルも組んだ仲のヴィオラ奏者、ウィリアム・プリムローズの公開レッスンを大学の講堂で見たのは、今から四半世紀前のことだ。かなりのご高齢であったが、しっかりとした声で的確な指示を出しておられた。僕は奏法のことは詳しく分からないが、その音楽造りを聞き漏らすまいと真剣に聴いていた。そのときの録音は今でも大切に保管している。 . . . 本文を読む
コメント

セルゲイ・クーセヴィツキ ドン・ファン

2006年07月29日 | 指揮者
自作自演盤は、解釈を知る上では歴史的な資料として価値があるが、その演奏自体は失望することが多い。これは、シュトラウスのことを指して言ってゐるのではない。最も失望した例を一つ挙げるとすれば、僕は迷わずホルストの惑星を挙げる。 . . . 本文を読む
コメント

クレメンス・クラウス 未発売の「春の声」

2006年07月28日 | 指揮者
クレメンス・クラウスの青きドナウの美しさについては、以前に載せている。クラウスのワルツの名曲の中で「春の声」だけが未発売のままだった。理由は分からない。 . . . 本文を読む
コメント

パウル・ファン・ケンペン チャイコフスキーの5番

2006年07月27日 | 指揮者
ウィレム・メンゲルベルクがナチ協力の嫌疑により演奏停止処分を受けてから、ベイヌムが後任に就いた。友人Aはベイヌムのブラームスを中学時代に愛聴していたが、僕の好む演奏ではなかった。これは今も変わらない。50年間で築き上げたメンゲルベルク管絃團の芸術的な水準をベイヌムが引き継げたのかどうかは疑問だ(僕はそう誤解している)。 . . . 本文を読む
コメント

レオ・ブレッヒ シューベルトの7番

2006年07月26日 | 指揮者
クナッパーツブッシュの演奏で僕のシューベルト像がおかしくなっていたので、今日は口直しにレオ・ブレッヒの同曲の名演を紹介したい。ブレッヒは以前にチャイコフスキーをご紹介したが、こちらはライブ録音であり、よりブレッヒの本当の姿を知ることができる。 . . . 本文を読む
コメント

フルトヴェングラー もう一つのシューマン 交響曲第4番

2006年07月25日 | 指揮者
久々に感動した。やはりフルトヴェングラーは特別な存在である。 . . . 本文を読む
コメント (1)

オズワルド・カバスタ ブルックナーの4番

2006年07月24日 | 指揮者
日本ブルックナー協会の重鎮である友人YTは、全ての指揮者によるブルックナーの交響曲のレコヲドを蒐集していた。理由は、版によっては別の曲のやうでもあるブルックナーの不思議さ、解釈の多様さの2点につきる。確かに魅力ある世界だと、当時から感じてはいたが、長大な曲のコレクションはLPの枚数も膨大なものになることは必至だった。 . . . 本文を読む
コメント

ホルブルーク 交響的変奏曲「3匹の鼠」 ヘンリー・ウッド卿

2006年07月24日 | 忘れられた作品作曲家
ヨゼフ・ホルブルークの交響的変奏曲「3匹の鼠」といふ20世紀初頭のお流行り曲のレコヲドがある。指揮はヘンリー・ウッド卿。1916年の機械吹き込みの録音で、大変、珍しいものだ。 . . . 本文を読む
コメント

Biddulph Appian Arbiter 万歳!100頁記念

2006年07月23日 | ウェブログ
2006年5月17日に始めた浪漫亭随想録も2ヶ月と1週間で100頁になった。 . . . 本文を読む
コメント

コンチータ・スペルヴィア&フランク・マーシャル スペイン民謡集

2006年07月22日 | 歌もの
独特のヴィヴラートを持ち世紀のカルメン歌いとして知られ、41歳でこの世を去ったスペルヴィアのお国ものを超豪華メンバーで録音した大変貴重なレコヲドが1930年3月10日、作成された。 . . . 本文を読む
コメント

エリカ・モリーニ ジョージ・セルによるブラームス協奏曲

2006年07月22日 | 提琴弾き
エリカ・モリーニを前回に続きご紹介したい。先ほど入手したM&A盤のブラームスが期待どおりの名演奏だったからだ。 . . . 本文を読む
コメント

ヨーゼフ・シゲティ ファリャとミヨー

2006年07月22日 | 提琴弾き
ティボーとは対照的な無骨な提琴弾きといふイメージのシゲティが現代作品(シゲティにとって)を弾いているレコヲドがある。1940年の録音だ。その中でもミヨーの曲がとても珍しく、また、面白い。 . . . 本文を読む
コメント

ジャック・ティボー&コルトー らっぱ吹き込みによるフランク・ソナタ

2006年07月22日 | 提琴弾き
ティボーが飛行機事故で亡くなる話は漫画にも描かれて多くの人が知るところだそうだが、その演奏は次第に忘れられつつある。僕の場合は、コルトーの演奏を探し求めた結果、副産物としてティボーとの出会いがあった。 . . . 本文を読む
コメント