浪漫亭随想録「SPレコードの60年」

主に20世紀前半に活躍した演奏家の名演等を掘り起こし、現代に伝える

カール・ベーム&ケルン放送響のブラームス第1交響曲

2007年04月26日 | 指揮者
「これが本当にコロンのオーケストラか、いつごろの録音かは知らないが南米のオケも実力をつけたものだ」と早合点していたが、実はケルン放送響の間違いだったことに気がついた。 . . . 本文を読む
コメント

カール・フレッシュによるフォーレの子守歌

2007年04月25日 | 提琴弾き
貴志康一の師でもあるカール・フレッシュが仏蘭西もの、それもフォーレの子守歌を弾いてゐるレコヲドがあった。 . . . 本文を読む
コメント

英國軍人の恋人 ヴェラ・リン

2007年04月24日 | 芸能
心残りな別れの多い春。新しい出会いに感動はなく、重い心を引きずって仕事場に向う。奉仕の精神だけで仕事に向かう。 . . . 本文を読む
コメント

久しぶりに落ち着いてマルセル・メイエルのシャブリエを愉しむ

2007年04月24日 | 洋琴弾き
マルセル・メイエルは仏蘭西の洋琴家で、LP時代にいくつかの名盤を残したが、忘れられた過去の人だ。自ら洋琴弾きとして活躍した作曲家プーランクも彼女に作品を献呈してゐる。 . . . 本文を読む
コメント

ミルシティン&ストック指揮シカゴ響のチャイコフスキー

2007年04月21日 | 提琴弾き
ミルシティンとフレデリック・ストックの協演によるチャイコフスキーの協奏曲のレコヲドがある。大戦中のスタディオ録音だが悲愴感は全くない。 . . . 本文を読む
コメント

スポルディングとプリムローズの二重奏

2007年04月18日 | 提琴弾き
僅か4分ほどの美しい小品をスポルディングとプリムローズが弾いてゐるレコヲドがある。曲は、ヘンデルのトリオ・ソナタ作品2-8のアダージョ楽章である。 . . . 本文を読む
コメント (1)