鍼灸師が思う健康へのワンポイント/しおざわ治療院 治鍼堂

川崎市麻生区の鍼灸治療院です。
出張(往診)を主体に自宅でも施術できます。お気軽にお問い合わせください。

熱中症と熱射病と日射病

2016-08-09 11:43:58 | 熱中症
おはようございます。しおざわ治療院 治鍼堂の塩澤です。



今日も暑いですね。

軒並み35℃を越えるようですので無理はせずエアコンを使いましょう。


ここ数年、熱中症という言葉が沢山聞かれますがどんな症状化ご存知でしょうか?


熱中症とは、高温多湿下で発生する病気の総称で、熱失神、熱疲労、熱射病、熱痙攣などに分けられます。

温度がそれほど高く無くても湿度が高いと起きてしま事もあります。

体温が上がり、下げることが出来なくなってしまう状態ですので体温を下げることが大切です。


また、熱射病の中に日射病があり、これは太陽光が原因のモノとなります。


日射病は脱水症状が主な病状ですが、汗をかきすぎて身体が冷えてしまい体調を崩す方もいます。

顔が青白くなり唇が紫になるのでわかるかと思います。

この場合他の症状と違い身体を温めることが必要となります。


また、脱水症状時に大量な水分を一気に与えてしまうとショック状態を引き起こしてしまうことがありますので水分は少しずつ与えるようにしましょう。


この対応が間違えると命にかかわってきてしまいますので注意してください。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« トレーニング量は | トップ | 本日と明日の午前中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

熱中症」カテゴリの最新記事