鍼灸師が思う健康へのワンポイント/しおざわ治療院 治鍼堂

川崎市麻生区の鍼灸治療院です。
出張(往診)を主体に自宅でも施術できます。お気軽にお問い合わせください。

しおざわ治療院

土日もやっている鍼灸指圧院です。

連絡先

℡ 090-4820-1189

足が攣る原因は背中かもしれませんよ

2016-04-24 11:38:01 | 足が攣る
おはようございます。しおざわ治療院の塩澤です。



先ほど「寝ていて朝方三里(足の脛)が攣るのですが。」という81才の男性が来院されました。

歩き過ぎというわけでもなく、ご自身では良くわからないようです。


実はこの原因は背中の張りによるものなんです。

多くの方がフクラハギや足の裏・足の指などが攣る経験をされています。

これらも背中が原因の事が多々あります。


背中が張ったまま(猫背)寝ると、腰が浮いてしまいます。

寝ている最中にどんどん腰に力が入り、腰に負担をかけ、足に症状が出てきてしまうのです。


対策は練る前に畳の上で仰向けに寝転がり、背中にタオルやクッション等を入れて10分位寝転がる事です。

寝る背中のストレッチをすることにより腰の負担が減るからです。


それでもどうにもならない場合は一度ご連絡ください。

1回では治まらないですが週1回を数回おこなえば楽になってきます。



コメント

その足が攣る原因は背中かも

2016-03-27 12:37:08 | 足が攣る
こんにちは。しおざわ治療院の塩澤です。



この季節になると増えるのが、「夜寝ている時に足が攣る」患者様です。

そんな方の全身を診てみると大抵背中が一番張っています。

原因が背中なので当たり前なのですが。


寝ている時に背中が張っていると腰がブリッジしてしまいます。

時間とともにどんどん腰に負担がかかり、朝方4~5時位にピークを迎えフクラハギや足の裏、足の指などが攣ってしまうのです。

ですので背中から腰をしっかりと緩めないとなかなか良くなりません。

また、1回の施術でどうにかなる様なものでもありませんので患者様には簡単なストレッチをしてもらっています。

バスタオルを丸めたモノやクッションを畳の上に置き、その上に仰向けに寝るだけです。

当てる場所としては腰の上の背中の部分で、高さは気持ち良い高さです。

そして時間はだいたい7分位。

長くても10分以上はやらないようにしてください。

これを毎日1回だけでいいので行うようにすれば、かなり楽になってきます。


治療院へ通う回数を減らすために一寸したことを行うようにしてください。



コメント

寝ていて足が攣る方必見

2016-01-06 11:34:55 | 足が攣る
おはようございます。しおざわ治療院の塩澤です。



寝ていて夜中に足が攣ることがある方も多いと思います。

原因は多々ありますが、その中の一つで背中の張りがあります。


何度も書いているように、背中は自覚的に痛みを感じにくい場所です。

ですので張っていてもあまり気付きません。

背中が張っている状態で寝ると、腰をブリッジしているような状態になります。

寝ていると力が抜けるはずなのですが、慢性的な張りですと力が抜けません。

そうするとどんどん腰に負担が掛かり、朝方に腰のせいで足が攣ってしまうのです。


対策は寝る前に背中のストレッチをすることです。

畳などの硬めの床に仰向けに寝転がり、腰と背中の中間くらいにバスタオルを丸めたモノやクッションを入れて背中を7分位伸ばします。


さらに布団に入ってから全身の力を抜き、お腹だけに力を入れ数秒間腰を布団に押し付けるようにします。

一気に力を抜きそのまま寝ると攣りにくくなると思いますのでお試しください。



コメント

所在地

〒214-0036 神奈川県川崎市多摩区南生田4-19-10-101 ℡ 044-975-1349

HPアドレス

http://www.403089.com/