鍼灸師が思う健康へのワンポイント/しおざわ治療院 治鍼堂

川崎市麻生区の鍼灸治療院です。
出張(往診)を主体に自宅でも施術できます。お気軽にお問い合わせください。

正座出来なくなる原因は

2017-03-22 09:48:35 | しおざわ治療院のワンポイント
おはようございます。しおざわ治療院 治鍼堂の塩澤です。



膝が痛くて曲げられない。

こんな方を多く見受けます。


ではなぜ曲げられないのか?


 それは関節が狭くなってしまっているからです。


ではなぜ関節が狭くなっているのか?


 それは膝周りの筋肉が緊張しているからです。


ではなぜ緊張しているのか?


 それは足に負担がかかっているか、足の筋肉を支配している神経に負担がかかっているからです。


前者の足に負担がかかっている場合は足のマッサージやストレッチをすればある程度治まってきます。

しかし後者の場合は足のストレッチやマッサージをしてもその場限りでまた痛みが出てしまいます。

要は大本である神経を緩めないといけないのです。


足を支配している神経は腰から出ています。

膝が悪い場合、腰を緩めないと良くならないということですね。

また、腰が悪くなる原因の多くは背中から来ています。


ですので背中から腰、そしてお尻と足を緩めることが必要なのです。


当院では出来なかった正座が出来るようになる方が多くいます。

しかし、膝が痛くなり放っておいてしまうと骨が変形してしまいます。

いわゆる変形性膝関節症ですね。

こうなると良くすることは出来ません。

現状維持を目指すだけとなってしまいます。


そうなる前にケアすることで変形することは防げます。


また、ケアはずっと続けないといけません。

出来ればご自身でケアされるのが一番なのですが、ケア出来ているなら痛みは出ないはずです。

ですので当院のような治療院が必要となるわけです。


当院では月1回通うことをお勧めしております。

その都度現状把握し、どのようなことをした方がいいかをお伝えしております。


ぜひとも活用してください。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 移るんです! | トップ | 4月の予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

しおざわ治療院のワンポイント」カテゴリの最新記事