サイン会へおみえになった阿蘇さんへ、取り急ぎ

2008年07月14日 | Weblog



▼きのう京都アバンティ・ブックセンターで開かれた、「日中の興亡」発刊記念のサイン会に、一家でおみえいただき、ありがとうございました。

 たくさんおみえになった方々のなかで、阿蘇さんにだけ、取り急ぎお話しするには訳があります。


▼サイン会で、整理券に「名入れご希望の方はこちらにご記入ください」という欄がありましたね。
 そこに、阿蘇さんご自身が書いてくださったお名前の字が、阿蘇ではなく、蘇の字の下の部分が左右逆になり、「魚」が右に来ていました。

 ぼくは、その字に正直、びっくりしました。
「これはなんとお読みするのですか」とお尋ねしたのを、きっと阿蘇さんは覚えていらっしゃるでしょう。
「あそ、です」と、はっきりお答えになり、ぼくは『こんな字があるんだ』と驚きながら、そのまま、その字でお名前を書いて為書きをし、サインをいたしました。

 したがって、不思議な字で為書きがしてあるサインになっています!


▼阿蘇さんはきっと、あの場の雰囲気で思わず、左右を逆に書かれたのだと思います。
 だから、やむを得ないと言えばやむを得ないのですが、一方でお名前の字が違うのはきっとおいやでしょう。

 もしもよろしければ、京都アバンティ・ブックセンターを通じて、サイン本をわたしにお送りくだされば、正しい字でサインし直して、お送りします。
 ご連絡をお待ちしています。


▼以上のことは、阿蘇さんからこのブログに、次のようなコメント書き込みをいただいて、気づきました。


~阿蘇さんのコメント書き込み(2008-07-13 18:07:20)~

本日はサインして頂きありがとうございました。
本日の最年少チビ助にまで握手して下さいましたのに泣いてしまいまして本当にすいません。
では今から日中の興亡読まさせて頂きます。

~阿蘇さんのコメント書き込み、ここまで~


 このコメントには、阿蘇とありましたから、あれ、これならふつうの字だ、阿蘇山の阿蘇だと思い、すぐに整理券を調べてみましたら、やはり蘇の字の下の部分が左右逆に書かれてありました。

 なかなか味わいのある、不思議な字になっていて、ちょっと楽しい感じでもあるのですが、たいせつなお名前ですから、やはりできれば正しく書かせていただきたく思います。

 連絡をお待ちしていますね。


 青山繁晴 拝 7/14月曜 朝5時13分


ジャンル:
ウェブログ
Comments (35)   この記事についてブログを書く
« 怒り | TOP | 断腸の記 「と・り・あ・え... »
最近の画像もっと見る

35 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
青山さん (みなみ)
2008-07-14 06:38:47
青山さん、お体に気をつけて、がんばってください。心のそこから応援いたします。我々の母国を素敵な強い国にしましょう。 
サイン、ありがとうございました (いもはち)
2008-07-14 08:56:16
2番目と3番目に並んでいた母娘からのお礼のメールです。(青山先生が「このお名前でいいんですか?」ってお尋ねになられたこと、憶えておられますでしょうか?)

ひとりひとり、座って、同じ目線でお話しされ、心のこもった握手をしていただきました。
本当にありがとうございました。
こんな、おばさんにも、丁寧にしていただいたこと、とても感謝しております。
この、サイン会へは、娘が予約してくれました。その娘は、お昼から用事があり、サイン会は断念してましたが、夕方遅くに、青山先生の姿だけでも拝見したいと、少し離れたところから、先生のサインする姿を羨ましそうに見ていました。
姿を見れただけでも、満足だと言ってましたが。

先生のサインは、大げさではなく、いもはち家の家宝です。本当にありがとうございました。

暑い日が続きます。お身体、ご自愛くださいませ。
Unknown (東)
2008-07-14 09:49:37
発売と同時に近くの書店で本を購入し、木曜日にアバンティのサイン会の事を知り、電話予約で大丈夫という事だったので、本を持参で車を走らせ、途中で電話をすると・・本を買った人のみサイン会に参加できると。青山さんに会いたくて、2冊目を買い、アバンティでのサイン会に家族4人で参加し、とても感激しました。1歳11ヶ月と8ヶ月の娘にも優しく接していただき、握手をしていただき、ありがとうございました。1歳11ヶ月の娘は、人見知りをするので、初対面の人と接すると泣いたりするのですが、「青山さんのニュースでズバリ」を毎週見ているので、彼女の中で、青山さんは「知っている人」だったようです。青山さんは気づかれなかったかも知れませんが、彼女が好きな人にだけする投げキッスを青山さんにしていました。お忙しいでしょうが、どうぞ、お体をご自愛くださいませ。
次の世代に継ぐべき大切なこと (ぱれっと)
2008-07-14 10:13:27
たった今、「日中の興亡」を拝読いたしました。青山さんの真面目な、真剣な思いが伝わってきました。次の世代に継いでいかなければならない大切なことが示されています。
特に最終章の航空機の話には涙しました。私が幼い頃父の膝に抱かれて繰り返し聞かされた「戦友」の歌、この歌も声に出すと涙がでてきます。日本の名もないご先祖様たちが、自分を無にして日本という国を守ってくだっさった…私もひとりの責任ある日本人として、考え行動していきたいと思います。
どうかお体ご自愛くださって、また私たちにメッセージを届けてください。
青山さんの真摯な態度に心を打たれました (元木 誠之)
2008-07-14 10:25:20
アバンティのサイン会素晴らしかったです。
一人一人に誠実に対応されている姿に感動しました。

サインをいただいたこの本を、これから何年も読みこみながら、自分も同じような大局に立った物の考え方が出来るよう行動し、日々の仕事の中で、生活の中で生かして行きたいと思います。

ありがとうございました。
青山さん、サイン会お疲れ様でした (ぽんこりん)
2008-07-14 10:50:12
昨日は、初めて青山さんにお目にかかれて、本当にラッキーでした。

この日の為に予約電話をブックセンターに入れ、指折り数えて楽しみに待っておりました。

本には名入れもしていただける、という事で、慌てて下の名前だけ書いて青山さんにお渡ししたのですが、丁寧に名字も書いてくださり(画数の多い名字ですみませんでした)、しかも一緒にいた主人の名前までも書いてくださり、とても感激しました。

本に書いてくださった、「深く淡く生きる」。奥の深い言葉ですよね。

青山さんのテレビでの獅子吼に心を動かされ、自分でも首相官邸や政治家の方たちに意見するようになりました。
微々たるものですが、日本を少しでもいい国にしていきたいので、これからも続けていきたいと思います。


滅相も御座いません (阿蘇)
2008-07-14 10:55:14
覚えていて下さいまして光栄に存じます。名前の阿蘇は特殊な字でして携帯の変換の範囲では無理なんです。ですからサインして頂いた字で合っておりますゆえ、心配ご無用でございます。わざわざありがとうございます。
表紙の地図の理由判りました! (表紙の地図の向きで質問したおっちゃんです)
2008-07-14 10:57:15
まず、昨日はサイン会大成功おめでとうございます!

サイン会で表紙の地図の向きについてで質問したおっちゃんです。

ご本を全部読めば判ることなのに、ぶしつけな質問をしてしまい失礼しました。

帰りの電車の中で、全部読ませていただき、疑問が氷解しました。

ああ言う観点で物事を見ないといけないんでしょうね・。

ところで、昨日のサイン会、本当に1人1人丁寧に接していらっしゃるお姿にお人柄を感じざる得ませんでした。


まずは、昨日のお礼とぶしつけな質問のお詫びを!
アツい握手ありがとうございました! (みや)
2008-07-14 12:48:24
青山さん、本当にありがとうございました!

一人一人丁寧に接して頂き(勿論、私にもですが)感謝の気持ちです。

ほんのひと時の間、友人とで「ロータスの事、深草のこと」で会話出来た事うれしく思いました。
また、決して大きくない手(私が大きいかも・・・)柔らかい手でアツい握手をしてもらった瞬間、なんか電気が走ったような感じがしました!? 

青山さん、ちゃんとパワーをいただきましたよ~!

本当にありがとうございました。

そして独研のスタッフの方、アバンティのスタッフの方、PHPスタッフの方、その他の関係者の方これだけの大人数の中、お疲れさまでした。
ありがとうございました (やぶなか)
2008-07-14 13:13:03
昨日はありがとうございました。
もうちょっと喋りたかったのですが、緊張で言葉が出てきませんでした。

先生と交わした握手、手の温もりは一生忘れません。

Similar Entries