最適化問題に対する超高速&安定計算

大規模最適化問題、グラフ探索、機械学習やデジタルツインなどの研究のお話が中心

自己紹介と重要リンク

2024年10月18日 22時11分55秒 | Weblog

数理・情報系の研究者。最適化理論からアルゴリズムそれにスパコンを使った大規模計算まで。本業は最適化問題の研究でグラフ探索(Graph500 世界1位)や産学連携など。

東京工業大学 科学技術創成研究院 教授 デジタルツイン研究ユニット ユニット長

東京工業大学 情報理工学院 数理・計算科学系 教授




1: 藤澤研究室 HP
2: SDPA ホームページ(sourceforge)
3: Katsuki Fujisawa HP
4: SCOPE(「計算と最適化の新展開」研究部会)(すでに終了)
5: X(Twitter) : sdpaninf

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

AI検索は“ググる”を代替できる? 「Perplexity AI」を使う

2024年07月26日 23時29分18秒 | Weblog

AI検索は“ググる”を代替できる? 「Perplexity AI」を使う

インターネット検索の新たな手段として「Perplexity」(パープレキシティ)というサービスが話題になっています。最近ではソフトバンクが「ソフトバンク」「ワイモバイル」「LINEMO」の3つのモバイル通信サービスの契約者に対して、Perplexityの有償版を1年間無料で提供するとして注目を集めました。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中国の生成AI特許出願数は3万8000件以上でぶっちぎりの世界1位、2位のアメリカの6倍近く

2024年07月25日 14時30分17秒 | Weblog

中国の生成AI特許出願数は3万8000件以上でぶっちぎりの世界1位、2位のアメリカの6倍近く

2023年までの10年間に出願された「生成AI」に関する特許の数が調べられ、全5万4000件の特許出願件数のうち3万8000件が中国からのものであることがわかりました。上位5カ国は、上から順に中国、アメリカ、韓国、日本、インドです。

China-Based Inventors Filing Most GenAI Patents, WIPO Data Shows
https://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2024/article_0009.html

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Googleの二酸化炭素排出量は年間1億4300万トンでAIデータセンターの拡充により4年で48%増加&Googleいわく「削減は困難」

2024年07月24日 21時04分43秒 | Weblog

Googleの二酸化炭素排出量は年間1億4300万トンでAIデータセンターの拡充により4年で48%増加&Googleいわく「削減は困難」

Googleが2024年版の環境レポートを2024年7月2日に公開しました。レポートでは、Googleの二酸化炭素排出量が2019年と比べて48%増加していることが示されています。

Google’s 2024 Environmental Report
https://blog.google/outreach-initiatives/sustainability/2024-environmental-report/

2024 Environmental Report - google-2024-environmental-report.pdf
(PDFファイル)https://www.gstatic.com/gumdrop/sustainability/google-2024-environmental-report.pdf

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NEC、神奈川と神戸でデータセンター新棟がサービス開始、100%再生可能エネルギー活用

2024年07月23日 21時13分13秒 | Weblog

NEC、神奈川と神戸でデータセンター新棟がサービス開始、100%再生可能エネルギー活用

日本電気株式会社(NEC)は、「NEC神奈川データセンター二期棟」および「NEC神戸データセンター三期棟」を開設し、2024年5月よりサービスの提供を開始する。両施設とも、100%再生可能エネルギーを活用した“グリーンデータセンター”として稼働させる。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

先端パッケージが半導体の新たな競争軸に、生成AIでニーズ増大

2024年07月22日 19時29分07秒 | Weblog

端パッケージが半導体の新たな競争軸に、生成AIでニーズ増大

半導体製造のトレンドが、チップをウエハー上に製造する前工程から、チップを切り出して封入する後工程(パッケージング)に移りつつある。注目されているのは、複数のチップを組み合わせて、あたかも1枚の巨大なチップのように扱うチップレット集積だ。このチップレット集積を実現するアドバンストパッケージ(先端パッケージ)に対して、多くの投資が集まっている。

 従来、半導体の高性能化は主に前工程で実現していた。だが、生成AI(人工知能)やHPC(高性能コンピューティング)、次世代高速通信システムなど、半導体のトランジスタ数増加に向けた要求はとどまるところを知らない。微細化によってトランジスタ数を増やす手法だけでは、もはやこの要求に応えられず、先端パッケージに期待がかかっているのだ。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

“タッチ決済”乗車の広がりでこれから日本に起こること

2024年07月21日 19時42分40秒 | Weblog

“タッチ決済”乗車の広がりでこれから日本に起こること

前回、Suicaの近況や将来像についての情報を整理したが、Suicaを含む交通系ICカードの将来を考えるうえで重要となる、クレジットカードの非接触機能を使った“タッチ”乗車の最新事情を今回は追いかけていく。「オープンループ」などの名称で呼ばれるこのサービスだが、日本国内ではコロナ禍の2021年春にサービスを開始した南海電鉄を皮切りに全国規模での展開がスタートし、今日の状況が形作られている。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

IntelのLunar Lake世代Core Ultra 7 268Vのベンチマーク結果がネット上に登場する

2024年07月20日 17時32分21秒 | Weblog

IntelのLunar Lake世代Core Ultra 7 268Vのベンチマーク結果がネット上に登場する

Intelは2024年5月20日に次世代ノートPC向けプロセッサの「Lunar Lake」を発表しました。そして2024年6月26日、ベンチマークソフトのGeekbench 6のデータベースにLunar Lakeアーキテクチャを採用した「Intel Core Ultra 7 268V」のベンチマーク結果が登録されました。

Intel Corporation Lunar Lake Client Platform - Geekbench
https://browser.geekbench.com/v6/cpu/6678564

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

人間レベルの知能を持つ「AGI」は3年後? 元OpenAI研究員の警告が話題 AIの“人間超え”で何が起こるか

2024年07月19日 21時34分57秒 | Weblog

人間レベルの知能を持つ「AGI」は3年後? 元OpenAI研究員の警告が話題 AIの“人間超え”で何が起こるか

およそ1年前の2023年7月。22年末にChatGPTを世に出して世界を驚かせた米OpenAIが「スーパーアラインメントチーム」という組織を立ち上げることを世に出した。このチームに与えられた目標は「人間を超える知能『超知能』(superintelligence)を得たAIと人間が協力できるようにするため、その技術的課題を4年以内に解決すること」だった。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

AI PC「Acer Swift X 14」でいろいろなベンチマークを行ってみた&NPUでAI機能を使ってみた

2024年07月18日 21時45分29秒 | Weblog

AI PC「Acer Swift X 14」でいろいろなベンチマークを行ってみた&NPUでAI機能を使ってみた

Intel Core Ultra 7とNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptopを搭載したクリエイター向けAI PC「Acer Swift X 14」を借りたので、外観レビューに引き続き、性能を確かめるべくさまざまなベンチマークを実行してみました。

Acer Swift X 14 | クリエイター向け AI PC | Acer 日本
https://www.acer.com/jp-ja/laptops/swift/swift-x-14

CPU-Z」で搭載CPUを確認すると「Intel Core Ultra 7 155H」で、16コア・22スレッドでした。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

TIS、「予測型経営DXサービス」に在庫適正化支援機能を追加

2024年07月17日 21時39分30秒 | Weblog

TIS、「予測型経営DXサービス」に在庫適正化支援機能を追加

TIS株式会社は26日、AIを活用した「予測型経営DXサービス」に、在庫適正化支援機能を追加したと発表した。

 予測型経営DXサービスは、AIを活用して需要を予測し、その予測結果に基づいて経営の意思決定を支援する製造業向けクラウドサービス。社内外のデータを収集・加工してAIを活用した需要予測を行い、高い精度の計画立案や、より詳細なデータ分析ができるよう顧客をサポートする。

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

AmazonがチャットAI「Metis」を開発中との報道、ChatGPTと直接競合し2024年後半リリース予定

2024年07月16日 14時09分05秒 | Weblog

AmazonがチャットAI「Metis」を開発中との報道、ChatGPTと直接競合し2024年後半リリース予定

Amazonが「Metis」というコードネームでチャットAIを開発中であることが報じられています。

Amazon reportedly working on new AI chatbot to compete with ChatGPT - SiliconANGLE
https://siliconangle.com/2024/06/24/amazon-reportedly-working-new-ai-chatbot-compete-chatgpt/

Report: Amazon developing AI chatbot that would compete with ChatGPT and others – GeekWire
https://www.geekwire.com/2024/report-amazon-developing-ai-chatbot-that-would-compete-with-chatgpt-and-others/

報道によると、Amazonは2024年後半のリリースを目指してチャットAIを開発中とのこと。チャットAIは「Metis」というコードネームで開発されており、ChatGPTと直接競合する製品になるそうです。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

GPTを生んだ先端技術「Transformer」、その基礎を正しく理解する

2024年07月15日 00時05分22秒 | Weblog

GPTを生んだ先端技術「Transformer」、その基礎を正しく理解する

対話型AIサービス「ChatGPT」で使われている自然言語モデルの核になっている技術が「Transformer」だ。自然言語処理を例に、Transformerの仕組みを解説する。

 すっかり市民権を得た対話型AIサービス「ChatGPT」。ChatGPTで用いられている自然言語モデルが「GPT」(Generative Pre-trained Transformer)です。いわゆる「大規模言語モデル」(LLM:Large Language Model)の1つであり、本稿執筆時点(2023年12月)の最新バージョンは「GPT-4 Turbo」です。バージョンを追うごとに、精度向上などの進化を遂げてきました。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

CPUの情報確認からベンチマークまで実行可能な定番アプリ「CPU-Z」の使い方まとめ

2024年07月14日 14時00分47秒 | Weblog

CPUの情報確認からベンチマークまで実行可能な定番アプリ「CPU-Z」の使い方まとめ

CPU-Z」はCPUの名称やクロック数などを確認できる定番アプリです。実は、CPU-ZはCPUの情報だけでなく、マザーボードやメモリの情報を確認したり、CPUのベンチマークを実行したりすることも可能。CPU-Zにはいざという時に便利な機能がそろっているので、インストール手順や各種機能をまとめてみました。

CPU-Z | Softwares | CPUID
https://www.cpuid.com/softwares/cpu-z.html

CPU-ZをPCにインストールするには、まず以下のリンクをクリックして公式ページにアクセスします。

CPU-Z | Softwares | CPUID
https://www.cpuid.com/softwares/cpu-z.html

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

パナソニック エレクトリックワークス社、サプライチェーンを強化する需要予測システムの本格運用を開始

2024年07月13日 20時00分20秒 | Weblog

パナソニック エレクトリックワークス社、サプライチェーンを強化する需要予測システムの本格運用を開始

電設資材メーカーのパナソニック エレクトリックワークス社は、サプライチェーンのレジリエンス(回復力)を高めるための需要予測システムの本格運用を開始した。国内外3000拠点以上のデータを横断的に分析する。システムを開発した富士通が5月29日に発表した。

 住宅やオフィス、商業施設で使う電設資材を製造するパナソニックのエレクトリックワークス社(以下、パナソニックEW社)は2024年4月、需要予測システムの本格運用を開始した(図1)。国内外にあるサプライヤーや工場など3000社以上に散在するデータを横断的に統合・分析し、約20万ある部品の供給を、災害発生や事業環境の変化時にも維持できるようにするのが目的だ

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする