飛騨の山猿@飛騨MAVERICKマーベリック新聞・小沢アレルギーと共産党アレルギーを捨てオリーブの樹を植えよう。

●オリーブの樹(野党連携)●原発廃棄●憲法九条厳守●そもそも日米安保を根底から見直す時期では?●たまには演歌

◆沖縄県知事選挙 立候補予定者公開討論会 主催 公益社団法人 日本青年会議所 沖縄地区 沖縄ブロック協議会

2018年09月06日 15時48分38秒 | ●政治と市民運動

沖縄県知事選挙 立候補予定者公開討論会 主催 公益社団法人 日本青年会議所 沖縄地区 沖縄ブロック協議会

 2018年度沖縄県知事選挙 立候補予定者による公開討論会のライブ配信映像です。 各候補者による重要政策の発表、両候補者からお互いの政策に向けてのクロストーク、若い世代から直接質問するコーナーを設けています。 開催日時:9月5日(水)19:00~21:00 開催場所:南風原町立中央公民館 討論会出演者:佐喜真 淳氏、玉城 デニー氏 コーディネーター:島田 勝也氏
コメント (1)

◎映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』予告編

2018年09月06日 12時55分01秒 | ●YAMACHANの雑記帳

映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』予告編

シネマトゥデイ
 テレビディレクターの信友直子が、故郷の両親を撮影し反響を呼んだドキュメンタリーに、追加の取材と再編集をして映画化。80代後半で認知症になり自身の異変に戸惑う母と、95歳で家事と介護を担う父の姿を、葛藤しながら離れて暮らす娘の視点で映し出す。長年連れ添ってきた両親の日常を、ドキュメンタリー制作者の視点で真っすぐに見つめる。 作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T002... 製作・配給: ネツゲン 製作・配給: フジテレビ 製作・配給: 関西テレビ 公式サイト:http://www.bokemasu.com/ (C) 「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会 劇場公開:2018年11月3日
広島県呉市。 この街で生まれ育った「私」(監督・信友直子)は、ドキュメンタリー制作に携わるテレビディレクター。18歳で大学進学のために上京して以来、40年近く東京暮らしを続けている。 故郷を離れ結婚もせず仕事に没頭している一人っ子の娘を、両親は遠くから静かに見守っている。



そんな「私」に45歳の時、乳がんが見つかる。めそめそしてばかりの娘を、ユーモアたっぷりの愛情で支える母の姿は、セルフドキュメンタリー「おっぱいと東京タワー〜私の乳がん日記」として放送され、大きな反響を呼んだ。母の助けで人生最大の危機を乗り越えた「私」は、故郷の両親との思い出作りのために「家族の記録」を撮り始める。だが、ファインダーを通し「私」は少しずつ母の変化に気づきはじめたのだった。
コメント

★最大争点は辺野古承認撤回 沖縄知事選公開討論会 玉城氏「新基地造らせぬ」 佐喜真氏は新基地事実上容認の立場

2018年09月06日 11時43分37秒 | ●政治と市民運動

最大争点は辺野古承認撤回

沖縄知事選公開討論会 玉城氏「新基地造らせぬ」

佐喜真氏は新基地事実上容認の立場

沖縄県知事選(13日告示、30日投票)への立候補を表明している「オール沖縄」の玉城デニー衆院議員と、安倍政権、自民、公明、維新が推す佐喜真淳前宜野湾市長による公開討論会(主催・日本青年会議所沖縄ブロック協議会)が5日、同県南風原町で開かれました。両氏が討論を交わしたのは初めて。

写真

(写真)公開討論会で発言する玉城デニー氏(右)と佐喜真淳氏=5日、沖縄県南風原町

 玉城氏は、急逝した翁長雄志知事の次男・雄治氏が「県民が心を一つにすれば大きな力を発揮できる」と述べた言葉が背中を押し、生存中に翁長知事が自らに寄せていた期待を真摯(しんし)に受け止め、立候補を決意したと表明。選挙の争点は経済、雇用、福祉、子育てなど多岐にわたるとした上で、最大の争点は、「翁長知事が発出した辺野古埋め立て承認撤回の是非だ。この是非は(県知事選で)避けて通れない」と表明しました。

 また、建白書を実現し、普天間基地の閉鎖・撤去、オスプレイの配備撤回、辺野古に新基地を造らせないと明言しました。一方、辺野古新基地推進の安倍政権から全面支援を受ける佐喜真氏は、「最大争点は(宜野湾市のど真ん中にある)普天間飛行場の返還だ」と述べました。しかし、司会者から「県知事の場合、(普天間の)辺野古移設の是非を言うべきだ」と問われたのに対し、県による埋め立て承認撤回を口実に「県として、政府のやり方は法令的におかしいと判断した。他方、政府は法的に精査している。日本は法治国家だ」と述べ、是非を避けました。これに対して玉城氏が、昨年2月の衆院予算委員会公聴会で佐喜真氏が「『辺野古が唯一』という考えを否定できない」と発言したことについて問うと、「安全保障、基地は国が決める。われわれには限界がある」と述べ、事実上、容認の立場を示しました。

赤旗2018年9月6日(木)

コメント

◆泊原発で外部電源使えず 冷却は継続???

2018年09月06日 09時55分13秒 | ●YAMACHANの雑記帳

泊原発で外部電源使えず 冷却は継続

6日午前に北海道で発生した地震で、震度2を観測した泊村にある北海道電力泊原発は、外部電源が喪失した。同原発は現在停止中で、1~3号機の原子炉に核燃料は入っていないが、発電ができないため、非常用発電機を起動して、使用済み燃料計1527体を貯蔵中のプールの冷却を続けた。原子力規制庁によると、原発敷地内や周辺の放射線量に異常はないという。規制庁によると、外部電源が使えなくなったのは北海道各地で発生した停電が影響したとみられる。北海道電は6日午前6時すぎ、外部電源の一部を復旧させたが、15分ほどで再び停止した。復旧の見通しは立っていない。(共同)非常電源で冷却7日間稼働可能らしいけど(毎日新聞)↑にわかには、信用できないよ(笑)

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018090601000955.html

 北海道電力泊原発=北海道泊村

 北海道電力泊原発=北海道泊村


コメント