飛騨の山猿@飛騨MAVERICKマーベリック新聞・小沢アレルギーと共産党アレルギーを捨てて明るい未来を志向しよう。

●オリーブの樹(野党連携)●原発廃棄●憲法九条厳守●そもそも日米安保を根底から見直す時期では?●たまには演歌

※岩上安身による元沖縄タイムス論説委員、『それって沖縄の基地の話』共著者・屋良朝博氏インタビュどうなの?ー&前沖縄県知事の妻 翁長樹子さんへのインタビュー

2018年09月05日 21時03分32秒 | ●YAMACHANの雑記帳

※全編フルオープン【9/5 14時半~】岩上安身による元沖縄タイムス論説委員、『それってどうなの?沖縄の基地の話』共著者・屋良朝博氏インタビュー

Movie Iwj
 ※IWJのこうした取材活動は、みなさまのご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支えください!→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php ※また、カンパによるご支援もお願い致します! → http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html
++++++++++++++
岩上安身による故 翁長雄志・前沖縄県知事の妻 翁長樹子さんへのインタビュー 2018.9.4
 
コメント

★日本の「LGBT差別」解消を 勝間和代氏ら外国特派員協会で会見(2018年9月5日)

2018年09月05日 15時30分31秒 | ●政治と市民運動

日本の「LGBT差別」解消を 勝間和代氏ら外国特派員協会で会見(2018年9月5日)

THE PAGE(ザ・ページ)
 日本におけるLGBT(性的少数者)差別への取り組みについて、経済評論家の勝間和代氏や東京・豊島区議の石川大我氏ら5人が、5日午後1時から東京の外国特派員協会で記者会見を行う。 ■記事はこちら https://thepage.jp/detail/20180904-00... ■チャンネル登録はこちら https://yahoo.jp/zaoidV ■THE PAGE(ザ・ページ) - 気になるニュースをわかりやすく http://thepage.jp/
コメント

★議席増で知事選につなごう 沖縄9町村議選 13氏第一声

2018年09月05日 11時16分49秒 | ●政治と市民運動

議席増で知事選につなごう

沖縄9町村議選 13氏第一声

沖縄県知事選の前哨戦として激しいたたかいが繰り広げられている沖縄統一地方選で4日、町村議選が告示(9日投票)され、日本共産党は9町村議選に13人が立候補しました。

写真

(写真)村議選を勝ち抜く決意を固める城間候補(中央左)、(右へ)赤嶺衆院議員、伊礼浦添市議(右)=4日、沖縄県読谷村

 読谷村(定数19、立候補21人)で現職のイサ真武候補に加え、新人の城間まゆみ候補が1議席増の2議席目に挑み、党議席のない大宜味村(定数10、立候補13人)で大山みさこ候補=元=が空白克服をめざします。赤嶺政賢衆院議員(党県委員長)が読谷村議選の応援に入り、党の議席増で「知事選勝利につなげよう」と呼びかけました。武田良介参院議員が現有2議席確保をめざす南風原町(定数16、立候補18人)に、田村貴昭衆院議員が同じく2議席確保をめざす八重瀬町(定数16、立候補17人)にそれぞれ駆け付けました。米軍北部訓練場のヘリパッド(着陸帯)問題が争点となる東村(定数8、立候補10人)では元区長など有力新人4人が立候補し、大激戦に。米軍伊江島補助飛行場の拡張と訓練激化がすすむ伊江村(定数10、立候補11人)は1人はみだしの激戦となっています。定数1減の渡名喜村(定数6、立候補7人)で現有2議席、中城村(定数16、立候補19人)、西原町(定数19、立候補21人)で現有1議席を必ず確保し、知事選もにらみ得票増を勝ち取ろうと訴えを広げています。

 

赤旗2018年9月5日(水)

 

 


コメント

◎著者と語る『日めくり子規・漱石 俳句でめぐる365日』神野紗希・俳人 2018.9.4

2018年09月05日 10時26分22秒 | ●YAMACHANの雑記帳

著者と語る『日めくり子規・漱石 俳句でめぐる365日』神野紗希・俳人 2018.9.4

jnpc
 Saki Kono, Haiku Poet
司会 瀬口晴義 日本記者クラブ企画委員(東京新聞)
神野 紗希(こうの さき、1983年6月4日 - )は、俳人

コメント

▲肺がん死と被ばくの関連、労災認定 原発事故で作業(18/09/05)

2018年09月05日 10時15分07秒 | ●政治と市民運動

肺がん死と被ばくの関連、労災認定 原発事故で作業(18/09/05)

ANNnewsCH
 
 福島第一原発の事故の後に緊急作業を行っていた50代の男性が肺がんで死亡し、労災が認められました。 厚生労働省によりますと、東京電力の協力会社の50代の男性は1980年から2015年まで主に福島第一原発で働き、原発事故の直後には緊急作業も行っていました。 ・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから! [テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

コメント