日々

しあわせにと祈る

黄金の三日月

2014年09月29日 01時11分11秒 | 
昼2時には、青空に、白い三日月、天頂にあり、

月の出 10:02
月南中時 15:21
月の入り 20:37

夕7時半、月は西の空に、やや赤みの黄金色
家に帰らず、このまま、月の入りを宍道湖の西岸に、見たかったけど
孫の世話ありて、帰宅。

同じ月でも、季節に応じて、大きさや色が違い
同じ季節でも、年に応じて、また、違い
不思議な天台の模様は、飽きることなし。

この9月は、雨なしが多し。

おかげで、しばらく、満月になるまでの月影が見られるかな?

コメント

テレビから

2014年09月28日 11時35分35秒 | 
ゆっくりした日曜日です。
花子とアンが終わり、明日からは「マッサン」・・・・・・・・・
さて、これは、美男美女の物語。
あまり、「ばっさん」は関心ないですね~
多分見ないかも・・・・・・
最近の軍師官兵衛もあまりな~

と、いろいろ思い出して・・・・・・・・
俳優山崎努さんの映像は関心↑だけど、最近、テレビにはでられませんね~TT~

今回の官兵衛の秀吉役では、いつもの竹中直人さんですが、
ちょっと、あまり、熱演で、、、、、
もうすこし、落ち着きのある演技をしていただきたいな~と、思ったり。


3歳児が花子とアンの歌を歌います、婆はとんと分からないのに
よく、歌詞を聞き取っていますね~
勿論、はっきりしないところもありますよ。
コメント

大和ハウスの樋口武男さんのお話をテレビで聞いた

2014年09月22日 15時24分55秒 | 
9月22日 晴れ
今日で、晴れが3日続く。
今月は、晴れが13日、曇りが8日、雨が1日
晴れた日が多いか? 雨は少ないですね。

朝晩は涼しいですが、太陽は暑いです。

壁を塗るために、壁近くの木々を切ったため
太陽は窓深くに入ってきます。
でも、遮光カーテンで、外の暑さはかなり↓↓

タイミング的にはよかった。

さて、台風は?

子どもの頃、日本の山は老化していて、山が崩れる前状態と習った。
いろいろな所での土砂災害は、老化している山の姿。

なのに、なぜ、人は家を老化山に建てるのだろうか?

老化現象って、やっぱり、まずいか・・・・・・・・

ゆうべ、大和ハウスの樋口武男さんのお話をテレビで聞いた。
婆より、5つ上、すっごいね、精神は老化せず、肉体の鍛えも日々あって、
心身ともに強いをめざしておられた。

日経プラス10 成功する人の12カ条 業界トップ大和ハウス工業会長兼CEOが語る
シリーズ「ニッポンよ!賢人からの提言」第4回。建設業界で売上高トップ、大和ハウス工業の樋口武男会長兼CEOに、リーダーシップ論を聞く。創業者から同社の経営を託され、2兆円企業へと成長させた樋口氏は、リーダーのあり方をどう考えているのか。同氏が考える「成功する人の12カ条」を交えて話を聞く。

こんなに、偉い人の話しって、婆には関係ないとも思うけど、
日々の至難乗り越えるには、やっぱり、聞いてよかったです。

人の道、外れないように、ってね。
コメント

1時間半のヨーガ体験

2014年09月22日 13時49分29秒 | 私自身や健康
1時間半のヨーガ体験。
継続で受講することに。

テレビで見ていたヨーガからは想像できなかった体感は
新しい経験で、筋トレにもストレッチにも水泳にもないもの・・・・・・・・

禅的瞑想があり、自己への集魂?前意識状態?

脱力の時間が長く、筋トレ、ストレッチ、呼吸運動、自律訓練法、等々組み合わされて
柔軟体操、マッサージもあって、移動がないだけのように感じた。

足の指を使っての、バランス保持は初体験で、足の指の機能、力を初めて体験した。

今のカチカチイタイタの肩首にどういいのか?
劇的な消失はなかったが、
単なる、鍼按摩にはないものを感じた。

月2回のエンジョイ・ヨーガ受講だけれど、
月4回にもできるので、これから6か月は、ゆっくり体験していきましょう。

http://www.sanbg.com/skplaza/
SKプラザ 〒690-0852 松江市千鳥町72 TEL 0852-23-4959 FAX 0852-28-5524.
コメント

ヨーガの教室

2014年09月20日 12時07分52秒 | 私自身や健康
戦争という大量破壊があるから、産業は助かっているのでしょうか?
ニュースでは、世界の戦いを報じています。

穏やかな、秋日和ですが、太平洋側では台風の影響か、雨ですね。

今日は、3時から、ヨーガの教室に体験参加をしてきます。

柔軟な筋肉を期待して(^^)
コメント

住宅の木々たち

2014年09月19日 23時53分14秒 | 地域
秋、今日も、秋。
曇り、月もだいぶ、欠けたことでしょう。
24日が新月です。

住宅の工事が始まりました。
生垣が除かれ、フェンスになる・・・・・
今までの、成長した、サザンカの木がもののみごとに切られました。

なぜ、生垣を止められるのか?????
婆には分かりませんが
我が家はもうずいぶん前に、切ってしまっているので、、、、、、、、

我が家の生垣は、葉にとげのある、銀木犀、沢山のアブラムシがついて、
簡単に退治できなく、ご近所さんともども、全部、自分で切ってしまっていたから

その代わりに、椿や、サザンカや、アジサイなど、完全に目隠しで来ていて
いいのだけれど、
いままで、完全に目隠しで来ていた、別棟生垣のご住人は、フェンスになって
道路から丸見え、となってしまうけど。

さあ、どうなることやら。

我が家も、壁塗りの足場つくりとフェンスづくりでの邪魔になった木々を1mぐらいに切られた。
工事の通路にされたところの、秋明菊や、コデマリやチェリーセイジが根こそぎ着られた。
まあ、別場所にもあるので、潔くあきらめ、
結構庭が明るくなって、いいかもと思うことにする。

道路までには、レンギョウや椿、つつじやムクゲ等が大きくなっていて、
人の目をさえぎっているから、大きな変化はなしですね。

この住宅も、26年経っていて、長く住んでいる。
先日は、風呂も新しくされた。

下水まわりが、詰まっていないか、心配だったりする。
コメント

男尊の世界は変わるのだろうか

2014年09月18日 16時17分32秒 | 
女が一人
働きながら、育児をすることは、並みのことではありませんね。

父親がいたところで、家事育児全くしない、午前様なら、ますます、大変ですね。

そこのところ全く知らず、知ろうともしない、輩が、安易に、「結婚したら」と言う。

そんな議員さん方は、ワンサカ、いることでしょう。

我夫もしかり、結果、54歳での他界。
家事どころか、食費さえ、入れなかった?

太く短くを地でいって、脳出血で倒れてしまった。
酒とタバコの毒を浴びて
血管障害で亡くなってしまった。

もっと早く、酒タバコの毒を知っていたなら、
もっと、やりようもあったかと、後で思っても、、、、、、、、、、、ね。

男尊の世界は変わるのだろうか?

この、政界の状況で。

豪傑、女傑、の評価の中で、普通の女性の育児家事の変革はできるでしょうか?
コメント

越路吹雪さんやアダモさん

2014年09月18日 15時45分03秒 | 
ゆうべ、テレビで越路吹雪さんを見た。ら、
今日、アダモさんを思い出した。

越路さんは、私より、20歳うえで、
アダモさんは、私とおない年――――なんてことが、今分かった。

私の思い出の中では、二人は、同時期に、よく歌を聞いていた。

アダモさんは、レコードで、どんなお顔かも知らなくて
越路さんは、映画で、やや、嫌いなタイプの女性として映っていたが
歌は二人とも好きで、
後半は越路さんのテレビが大好きになった。

お知り合いの美容師さんで喫茶店のママが越路さんが大好きで
結婚式に同席したとき、サントアマミーを歌われるのを聞いて
好きになった、越路吹雪さん。

越路さんが亡くなられた後、あまり、懐かしのテレビ放映がなく
寂しかったが、ご主人も8年後亡くなっておられて、企画する人がいなかったかな?

アダモさんはお元気で、でも、テレビでは見たことがなく
今日ネットで初めてお顔を見た。

越路さんもこれからネットでお会いできるかな?

いろいろ歌は懐かしくいいね~~~TT~
コメント

犬猫ものがたり

2014年09月18日 07時49分30秒 | ペット他動物
「世界ネコ歩き」をたまに見る

子どもの頃、野良犬、野良猫があまりに多すぎて
怖かったこともあって、
特に、どこかから、野犬取りの人が来ると、もう、怖かった。
車には、犬たちが数匹、わんわんいい、
男大人はワイヤーのようなものを持って、犬を探している。

ネコは、こっそり入って、お膳のものを、ひっかぱらって、その、抜き足がいやだった。

でも、父系は犬、母系は猫で、何らかの生き物が我が家にはいた。
かつ、妹が両方が好きで、結構可愛がり、
私は、恐ろしげに、その犬猫を見ていた。

さわるのもいやだった、
あの、毛の肌触りが、不快だった、というより、怖かった。

そんな、ふかふか感は、通常ないから、珍しモノ怖いの類だったかも。

そんなまま、老人になって、
妹の家には、チワワがいて、話しかけないと、チワワがストレスが溜まるというから
無理にでも、幼児言葉で、名前を呼んだりする、
妹は大阪にいて、時に泊まらせてもらうから、可愛がった格好だけでも必須だ。

そんな私が、猫大好き方々のお話や、
子どもの頃の我が家には、猫がいたので、
いろいろ、知っているから、
お話は、よく分かり
また、子ども番組の、「わたし猫」とか、「わたし犬」とか映像を見ていると
飼い主の犬猫大好きさんの映像が乗り移って
不快に思わなくなったこともあって、

特に、やさしそうな、大型犬や、非野良猫の映像は、可愛いと、OKになっている。
コメント

日野原重明の名言集

2014年09月17日 16時25分30秒 | 私自身や健康
日野原重明先生の名言集

人間にとって最も大切なのは、
命の長さだと思っている人は多い。

しかし、私が出会った人を振り返ってみて、
その人の命が素晴らしい命だと
思える人においては、

ごく少数の例外はあるにせよ、
命の長さはあまり問題ではない

http://earth-words.org/archives/3747

人間の夢見る幸福というのは、
往々にして、貧乏するとか、
仕事に失敗するとか
あるいは病気にかかるということによって、
一瞬にして不幸に変わってしまうような、
儚いものである。

病のなかにも心の幸福を得るためには、
どうしたらよいかということを、
考えなくてはならない
コメント

テレビドラマを見ながら泣く自分がいる

2014年09月17日 12時52分43秒 | 私自身や健康
「おみやさん」 テレビドラマを見ながら泣く自分がいる
70を超えると、こうなるのかな?

昨日、健診受診に行ったクリニックの本箱に
日野原重明先生の本があって
「高齢者」という言葉が嫌い、そして、「老人」がいいと。
婆も経験豊かであるという「老」を「高齢」よりいいと思うも
豊かな経験から、ある集団を率いる又はそれを保佐する人、長老、老中、家老が消えて
老人が自分のことを卑下していう語が今的になって、
婆もその類であり・・・・・・・・

いかんね~

でも、日野原先生の「新老人の会」にちなんで、「新老人」と我を呼ぶのはいいかな?

しかし、昔の社会制度で「老」とは、61歳~65歳をいうとは、知らなかった。

立花隆先生は
60代の思いと70代の思いはかなり違うとおっしゃっている。
つまり、「死」への思いが違うのだと、、、、、、、、、
今、臨死体験を研究中だから、
ご自分も
2007年 東京大学大学院情報学環特任教授、立教大学大学院特任教授に就任。同年12月に膀胱癌の手術を受け、『文藝春秋』(2008年4月号)に手記「僕はがんを手術した」を発表。
のお方だから。

なにはともあれ、
我婆は父の年になるまでに、まだ、20年はある。
「とりあえず、新老人人生を、構築する」
を、当分の目標にしよう。

親友のママが今101歳なり、が ん ば ろ う 
コメント

松江市立天文台  天文教室

2014年09月16日 22時44分49秒 | 
「昨日、月を見に行きたかったな~」と6歳児
「ワタチも見に行きたかった」と3歳児
そこでまた、月のいずる時間の説明、3歳6歳児に分かるかな?
黙って聞いていたけど
それからは、行きたい行きたいと言わなくなった。
6歳児は市役所の天文教室に行ったことがあるので
想像はできるかな?

9月は17日、明日に天文教室がある、6歳児と行ってみようかな
3歳児もいいよね

松江市立天文台  天文教室 
 市役所屋上にある天文台は、市庁舎が建設された昭和37年(1962年)に設立されました。一般に公開されている公共天文台としては、日本で最も古い天文台のひとつです。

と き 午後8時-9時まで(受付は7時30分-8時30分まで)

ところ 市役所屋上天文台

※市役所正面玄関で受付します。

※悪天候の場合は中止します
コメント

塗装が始まる 大変大変

2014年09月16日 08時59分25秒 | 
大変大変

住宅の壁やらの塗装が始まる、垣根の生垣がフェンスに。

庭を何にもないようにしなければなりません。

ほんとに、いろいろ、用事は絶え間なく、,,,,,,,,
コメント

父と母

2014年09月16日 01時40分28秒 | 
さよならと
小鳥がいいました
またねと蝶々がいいました
いいな~と菜の花がいいました
なんでもないよと
とんぼがいいました

そらを飛ぶ
風を行く

ただ 縁側で遠くを見る
父がうなづいて
母がほほえんで
たんぼを見ています

もう
かなりの時
じっとそのまま
うなづいて、ほほえんで

こもれびの下の縁側で
コメント

敬老の日を自分で祝う?

2014年09月15日 20時32分57秒 | 私自身や健康
月の出 22:13
月南中時 4:30
月の入り 11:37
もうすぐ下弦、明日です。

今日は、敬老の日
自分がしたいことをして「OKとする日」と自分で決めて
孫とバスツアー。

まず、松江温泉駅に車が泊められるか?
泊められたら、ぐるっと松江・レイクラインに乗る、
そこまで決めて、10時に家出発。

このツアーは、孫が喜ばないかもしれないけど、
以前から乗りたかったのと、ぼーーーとしていて子守になるからOKOK。

思った通り、孫たちはいい子していて
つぎつぎ乗ったり下りたりする人たちを
最後部シートに座って神妙にながめ、
時に空いてくると前の座席に移る6歳児、一人座って、お姉ちゃんぶりを楽しみ、
3歳児は寝転んでうとうとしたり

結構、子ども達がママやパパ、おじいさんと乗ってくるので
物珍しかったよう。

でも、1時間は長かったようで、
「おなかすいた~」

頑張って、キャスパルまで行って、昼食。
いつもの、ラーメンわんぱくセット。

それから、いつもは行かない二階のゲームセンターへいき
新幹線列車に3歳児と一緒にごっとんごっとんと乗り
6歳児は一人で落書き写真を撮って満足で、
3人でアンパンマン車の運転ゲームで楽しむ。

午後2時半、帰宅。

婆は昼寝ぐーぐー。

4時半に新しい洗濯機の取り付けにヤマダ電機から来られるぎりぎりまで爆睡?

洗濯機を替えた理由
全自動洗濯機にはカビが生るということを聞き
新しくしたかったところ
ふと寄ったヤマダ電機にて、カビの生える裏側を、自動洗浄するという洗濯機が新しく出来たとのことで
自分へのご褒美として
敬老の日に取り換えることにした?
いえ、偶然、その日になったんだけど

キャスパルのゲームでは、太鼓たたきをすごく上手にする孫がいて
なかなか、婆のストレス解消になる。

もっとも、年に2回ぐらいしか行かないけどね。
コメント

投票ボタン

blogram投票ボタン