日々

しあわせにと祈る

看護師続けながらプロボクサーに 31歳女性 けが乗り越えテスト合格

2018年08月17日 07時54分42秒 | 運動スポーツ
看護師続けながらプロボクサーに 31歳女性 けが乗り越えテスト合格
2018年8月6日 (月)配信熊本日日新聞

 空手とキックボクシングで国内外を席巻しながら、選手生命を断たれる大けがに苦しんだ合志市出身の谷山佳菜子さん(31)=東京=が今夏、ボクシングのプロテストに合格した。「格闘技は人生を変えてくれた。まだ終わりにしたくない」と新境地で再起を誓う。
 「人と話したり、自己主張したりするのが苦手で、取りえもなかった」。7月26日、格闘技の“聖地”東京・後楽園ホール。プロテストを終えた谷山さんは汗を拭いながら幼少期を振り返った。
 転機は信愛女学院高1年の時だった。「何のために生きているのか」と自問。「打ち込むものがあれば変われるかも」という思いを抱く中、小学生の頃にテレビで見入った空手家の故アンディ・フグ選手(2000年没、享年35)の雄姿が頭の中によみがえった。
 正道会館に所属したフグ選手は格闘技「K―1」で活躍。ダウンをしても立ち上がる不屈のファイトで人気を集めた。
 谷山さんは同会館支部を熊本で探すと、反対する母親を2カ月かけて説得し、父親には内緒で通い始めた。夢中になって練習を続けると、めきめき上達。看護学校を経て熊本市内の病院に勤め始めた後も打ち込み続けた。
 格闘家として高みを志し、09年に強豪が集う大阪市へ転居した。その年から極真会館世界女子空手道選手権で2連覇し、キックボクシングの国内大会でタイトルを次々獲得。国内屈指のファイターへと駆け上がった。
 非運は突然訪れた。16年秋、練習中に左膝半月板を損傷。1カ月前にノンタイトル戦ながら世界王者を倒し、飛躍が期待されたばかりだった。手術を3度受け、リハビリを続けたが、医師から「復帰は難しい」と宣告された。納得できずに練習で蹴りを試すと膝は腫れ上がった。
 「人生が終わった」。周りからも引退を促され意気消沈する中、奮い立たせてくれたのは、やはり不屈のフグ選手の記憶だった。応援してくれる家族のためにもテレビ中継される年末のリングに上がりたい夢もあった。
 一念発起した。「足技のないボクシングなら続けられそう」。5月に上京し、名門ワタナベジム(東京)に入門。初めてのプロテストは「緊張した」が、鋭い左ジャブでスパーリング相手を追い込んで見事合格した。
 看護師を続けながら今秋のバンタム級デビューを目指し、世界王座にも照準を合わせる。「ボクシングはパンチだけで攻撃する分、動きが細かく奥深い。まだまだ強さを追求できそう」。新たに広がる地平を前に、かつて経験した高揚感がよみがえる。だから、何度でも立ち上がる。
コメント

ヘディングによる脳へのダメージ、女子選手の方が高リスク 研究

2018年08月14日 22時52分42秒 | 運動スポーツ
ヘディングによる脳へのダメージ、女子選手の方が高リスク 研究
発信地:タンパ/米国 [ 米国 北米 ]
国際医学短信2018年8月3日 (金)配信 神経内科疾患整形外科疾患脳神経外科疾患救急

ボールを競る選手たち(2018年7月30日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / Luis ROBAYO
 【AFP=時事】サッカーのヘディングによる脳へのダメージは、女性の方が男性より5倍ほど大きくなる恐れがあるとする米国の研究結果が7月31日、発表された。アマチュア選手100人近くを対象とする調査に基づく結果だという。
 米学術誌「Radiology(放射線医学)」に掲載された研究論文では、サッカーでの頭部外傷を防ぐには、男女差を設けたガイドラインの導入も視野に入れるべきとの考えが示された。
 論文の主執筆者で、米アルベルト・アインシュタイン医学校(Albert Einstein College of Medicine)のマイケル・リプトン(Michael Lipton)教授(放射線医学・精神医学・行動科学)は、「男性に比べて女性の方が頭部外傷後の経過が悪いことは、研究者らや臨床医師らは以前から気付いていた。だが、それは単に女性の方が自発的に症状を訴える傾向が強いからにすぎないと一部では言われていた」と話す。
 しかし、「症状の自己申告ではなく脳組織の他覚的変化を測定した今回の研究に基づくと、実際に女性はサッカーボールのヘディングによって脳損傷を受けるリスクが男性よりも高い可能性がある」のだという。
 研究では、男子選手と女子選手それぞれ49人に「拡散テンソル画像(DTI)」と呼ばれるMRI(磁気共鳴画像)スキャンの一種を実施した。DTIは組織内の水分の平衡性を調べることにより、脳の白質の健康状態を分析する。
 選手の年齢は18~50歳で、過去1年間に行ったヘディングの申告回数は両グループでほぼ等しく、男性が平均で487回、女性が469回だった。
 論文によると、スキャンの結果は「女子サッカー選手にみられる脳白質の総損傷量が男子選手の場合に比べて5倍大きい」ことを示していたという。白質が損傷を受けていた脳部位の数は、女性が8か所だったのに対し、男性は3か所だった。脳白質は異なる脳部位間の情報伝達に関与している。
 また、選手にみられる脳の変化については「無症候性」だったと、研究チームは指摘している。これは思考能力の変化に関する自覚症状の申告が選手からは何もなかったことを意味する。だが、脳の変化は認知機能の低下や行動上の変化などを含むさらなる損傷や脳障害の前兆となる可能性があるため、懸念が後々まで残ることになる。 「重大な機能障害が起きる前に、脳外傷の蓄積に関する危険因子──女性の場合はヘディングなど──を特定しておくことが賢明だ。そうすれば、さらなる損傷を防ぐとともに、回復を最大限に高めるために行動することが可能になる」と、リプトン教授は説明した。
 今回の研究では、男女差が生じる形態上の理由については述べられていないが、首の強さ、性ホルモン、遺伝的差異などが原因として挙げられることを、一部の専門家らは示唆している。
 国際サッカー連盟(FIFA)によると、世界では約3000万人の女性および女児がサッカーに携わっているという。
コメント

ほぼ山の町・白山、甲子園「涙出る」 主将はGSで実習

2018年07月29日 10時19分28秒 | 運動スポーツ
ほぼ山の町・白山、甲子園「涙出る」 主将はGSで実習
甲斐江里子、高木文子 広部憲太郎 里見稔
2018年7月28日16時00分 朝日新聞

辻主将が実習に通っているガソリンスタンドの(左から)長谷川佳子さんと大西康之さん=2018年7月27日午後3時6分、津市白山町、里見稔撮影

 8月5日に開幕する第100回全国高校野球選手権記念大会に初出場する三重県立白山(はくさん)高校がある津市白山町が、快挙に沸き立っている。県中西部の山あいにある人口約1万1千人の小さな町。学校周辺の人たちは、急成長を遂げてきた公立校の野球部を、温かく見守ってきた。
 三重大会決勝から2日が過ぎた7月27日、山や田んぼに囲まれた学校は、大勢の報道陣でごった返した。東拓司監督(40)は7台のテレビカメラに囲まれた。
 近所の人たちが練習を眺めに来た。「頑張れ」「おめでとう」と次々に声がかかる。森川正美さん(66)は「田舎の普通の子たち。体も細いのに、強豪校の大きな選手と戦うと思うとドキドキします」。
 白山町は2006年、「平成の大合併」で津市となった。地域の約7割は森林だ。市中心部からは車で30分以上かかる。地域の人口は約1万1千人。10年前より2千人減った。65歳以上が住民の4割を占め、合併前より1割近く増えた。
 学校の最寄り駅はJR名松(めいしょう)線の家城(いえき)駅だが、列車は2時間に1本。四日市市から約2時間かけて通う駒田流星選手(2年)は「周りにはコンビニが一つしか無くて、最初はびっくりした」と振り返る。
 市白山総合支所長の武川明広さん(56)は「中山間地域は右肩下がりで衰退傾向。白山高の活躍が一筋の光を与えてくれた」と言う。(甲斐江里子、高木文子)
コメント

猛烈な暑さの対応に奔走 高野連、難しいかじ取り

2018年07月21日 13時42分29秒 | 運動スポーツ
猛烈な暑さの対応に奔走 高野連、難しいかじ取り
2018年7月20日 (金)配信共同通信社

 第100回全国高校野球選手権大会への出場を懸けた地方大会は、各地で終盤戦に突入したが、大会を運営する各都道府県連盟は、猛烈な暑さの対応に奔走している。日程消化と健康管理とのはざまで、難しいかじ取りを迫られている。日本高野連は19日、各都道府県連盟に対して、熱中症の対策に万全を期すよう通達を出した。
 19日の京都市の最高気温は39・8度。気象庁によると、京都市の気温は1880年に統計を取り始めて以来の観測記録1位(1994年8月)と並んだ。京都大会は21、22日に行われる試合の開始時間を1時間ずつ繰り上げることになった。暑さが厳しい時間帯を避け、第1試合のスタートを午前8時半に変更。京都府高野連の井上明(いのうえ・あきら)理事長は「応援の生徒も含めて、さらなる対応を考えている。天気予報を見極めたい」と言う。
 埼玉大会では3年前から、グラウンド整備に伴う休憩を、五回終了時の1度から三、六回終了時の2度に増やした。選手や観客らの熱中症予防が目的で、休息や水分補給を促すアナウンスを繰り返している。埼玉県高野連の小山友清(こやま・ともきよ)専務理事は「試合の流れが変わるという現場の声もあったが、おおむね好評を得ている」と話す。
 他にも、理学療法士が全試合に常駐したり、複数の医療関係者に待機してもらったり、各大会で対策が講じられている。19日に和歌山大会で準々決勝進出を決めた日高の井口将克(いぐち・まさかつ)監督は「試合中に足がつると交代せざるを得ず、それが選手にとって一番かわいそう。暑さ対策は徹底してきた」と語った。
コメント

東京五輪チケット、開会式は最高30万円 組織委が公表

2018年07月21日 13時07分47秒 | 運動スポーツ
東京五輪チケット、開会式は最高30万円 組織委が公表
2018年7月20日14時41分

東京五輪・パラリンピックのチケット公式販売サイトで購入するために必要なID登録を呼びかける陸上の藤光謙司(左端)ら=東京都内

 2020年東京五輪のチケットの価格帯を20日、大会組織委員会が公表した。競技の最高価格は13万円で、陸上男子100メートル決勝のある時間帯を想定。最低はサッカーなどの2500円で、全体の半分以上を8千円以下にした。開会式は5種類の価格帯を想定し、最高は30万円、最低が1万2千円となった。
 これらの一般販売とは別に、12歳以下の子ども、60歳以上の高齢者、障害者を含めた家族やグループ向けに1人2020円のチケットを、開閉会式を含む全競技で販売。五輪とパラリンピックを合わせて100万人以上の児童、生徒向けに低価格のチケット(五輪は2020円)も用意する。
 チームスポーツを中心とした人気競技では、飲食サービスなどの特典をつけた高額チケットも用意する予定。組織委は「最高額は(開会式の30万より)さらに高くなる可能性がある」と説明。価格にメリハリを付けることによって収益の確保を目指す。12年ロンドン大会では、最高で約65万円の特典付きチケットが販売されたという。
 競技別の価格帯は日本で人気のあるレスリング、柔道、卓球などで過去大会より最高価格を引き上げた。関連イベントの詳細が決まっていないサーフィンは未定。
 組織委は、外部有識者による戦略会議(座長=加納貞彦・早大名誉教授)で4回にわたって議論され、価格帯を決定。18日の国際オリンピック委員会理事会で承認された。パラリンピックのチケット価格は、国際パラリンピック委員会と協議中だ。
 チケットは五輪は19年春、パラリンピックは同年夏から組織委の公式販売サイトで始まる予定。販売サイトから購入する場合は事前にID登録が必要で、9月6日までに登録してプレゼントキャンペーンに応募すると、会場見学ツアーなどが抽選でもらえる。
 組織委は立候補ファイルの時点で五輪で780万枚、パラリンピック230万枚の計1010万枚の販売を見込み、820億円の売り上げを目指している。
東京五輪のチケット価格帯(単位は円、税込み)
 セレモニー  
開会式 1万2千~30万 
閉会式 1万2千~22万 
競技(種目)  
水泳(競泳) 5800~10万8千 
水泳(飛び込み) 3500~3万500 
水泳(AS) 4千~4万5千 
水泳(水球) 3千~1万8千 
水泳(OWS) 3500~5500 
アーチェリー 3千~7千 
陸上 3千~13万 
陸上(マラソン) 2500~6千 
陸上(競歩) チケット販売なし 
バドミントン 4千~4万5千 
野球 4千~6万7500 
ソフトボール 2500~2万5500 
バスケット 3千~10万8千 
バスケット(3人制) 3千~1万8千 
ボクシング 3500~4万5千 
カヌー(スラローム) 3千~1万 
カヌー(スプリント) 3千~9500 
自転車(BMXフリースタイル) 4千~1万 
自転車(BMXレーシング) 3千~1万2500 
自転車(マウンテンバイク) 3500~5千 
自転車(ロード) 3500~5500 
自転車(トラック) 4千~1万4500 
馬術 3千~1万6千 
フェンシング 3千~1万1500 
サッカー 2500~6万7500 
ゴルフ 3千~1万 
体操 4千~7万2千 
体操(新体操) 4千~3万6千 
体操(トランポリン) 5500~1万6千 
ハンドボール 3500~2万 
ホッケー 2500~1万 
柔道 4千~5万4千 
空手 3500~1万2800 
近代五種 2500~4千 
ボート 3千~9500 
ラグビー 2500~25500 
セーリング 3千~5500 
射撃 2500~5500 
スケートボード 4千~1万1500 
スポーツクライミング 3千~1万2500 
サーフィン 未定 
卓球 3500~3万6千 
テコンドー 3千~9500 
テニス 3千~5万4千 
トライアスロン 4千~8千 
バレーボール 4千~8万1500 
バレーボール(ビーチ) 3500~4万5千 
重量挙げ 2500~1万2800 
レスリング 4千~4万5千 
     ◇
ASはアーティスティックスイミング、OWSはオープンウォータースイミング
コメント

健康増進イベント:無理なく運動レベルアップ! 大垣であす /岐阜

2018年06月03日 00時01分02秒 | 運動スポーツ
健康増進イベント:無理なく運動レベルアップ! 大垣であす /岐阜
地域 2018年6月1日 (金)配信毎日新聞社

 日本生命は6月2日、大垣市加賀野のソフトピアジャパンセンタービルで「ヘルスアッププロジェクト in OGAKI」を開催する。参加は無料で定員400人。
 同プロジェクトは、ランニングやウオーキングをこれから始めたい人や、よりレベルを上げたい人を応援するもの。タイムが伸び悩んでいるランナーや運動経験が少ない人でも、無理なくステップアップできる内容になっている。
 今回は初心者・中級者向けプログラムで、運動の基本となる「足元のケア」がテーマ。内容は、2次元足型計測器を使い正確に計測することで、快適で足を痛めない正しいシューズ選びにつなげてもらう。また、シューズ選びのポイントや歩き方、走り方のフォームなどを分かりやすく解説する。他にも、運動に取り組む上での生活習慣の注意事項など、ウオーキングやランニングに不可欠な知識や方法を教えてくれる。
 今後は8月と10月に、元一流ランナーによる「ランニング・ウオーキング講座」が予定されている。参加などの問い合わせはソフトピアジャパン(0584・77・1111)。【渡辺隆文】
コメント

日大学長「選手たちの気持ち、無にしない」コメント全文

2018年06月01日 00時20分10秒 | 運動スポーツ
日大学長「選手たちの気持ち、無にしない」コメント全文
2018年5月31日 (木)配信朝日新聞

 アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦(6日、東京)で日大の選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、関東学生連盟が日大の内田正人前監督らを除名処分にしたことを受け、日大の大塚吉兵衛学長は30日、「日本大学の今後に向けて」という文書を発表した。全文は次の通り。
     ◇
 本学の教学責任者として、あらためて被害選手及び保護者並びに関西学院大学アメリカンフットボール部の関係者の皆様に、深くお詫(わ)び申し上げます。
 5月29日及び30日、関東学生アメリカンフットボール連盟から正式に裁定を受領いたしました。前監督やコーチの処分、また当該選手やチームに対しては2018年シーズン終了までの「出場資格停止」という教育的な判断をいただきました。
 本学アメリカンフットボール部選手一同の声明文にあるとおり、選手たちはこれまで指導者へ依存してきた事実を反省し、ことの責任を重く受け止めるとともに、「部の指導体制も含め生まれ変わったと皆さまに認めていただいた時には、私たちが心から愛するアメリカンフットボールを他のチームの仲間とともにプレーできる機会を、お許しいただければ」としております。
 本学としましては、同連盟の裁定を真摯に受け止め、本学アメリカンフットボール部の選手たちの気持ちを無にしないよう、誠実に対応いたします。また、本学学生である当該選手が今後の学生生活を充実したものにできるよう支援いたします。
 あらためて本学の教学責任者として、アメリカンフットボール部のみならず、本学運動部組織のあり方とこのような事案の再発防止に向けて、早急に本学全体の問題として取り組んでまいります。
 学内の教職員はもとより、大学の主役である学生のほか、関係するすべての方々とともに日本大学の未来を創っていけるよう改革を実行してまいります。
 平成30年5月30日
 日本大学学長
 大塚吉兵衛
コメント

関学大QB、日大選手へ「ルール内で勝負できたら」

2018年05月28日 17時16分32秒 | 運動スポーツ
関学大QB、日大選手へ「ルール内で勝負できたら」
2018年5月27日19時11分

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大の守備選手が関学大クオーターバック(QB)に悪質なタックルをして負傷させた問題で、全治3週間のけがをした関学大QB(19)が27日、大阪・エキスポフラッシュフィールドであった関大戦に出場した後、取材に応じた。報道陣との主なやりとりは以下の通り。
     ◇
――試合を振り返って
 「けがの不安はあったんですけど、けがはあまり意識せずにやった。(けがで)練習できなかった時に頭を整理して、今まで通りプレーしようと思ってやりました。しっかり相手のディフェンスも見れて、落ち着いてプレーできた」
――後半からの出場はいつ言われた
 「3日か4日前くらいに先輩QBから、『後半からいくかもしれないから準備しておいて』と言われました。思いっきりやろうという気持ちでした」
――日大守備選手の謝罪を受けての感想は
 「直接謝罪を受けたときに、すごい心苦しいというか、すごい可哀想というふうに感じました」
――日大守備選手への思いは
 「会見で『フットボールする権利ない』って言ってたんですけど、それは違う。フットボールの選手として戻って、グラウンドでルール内でプレーして勝負できたらいいなって思っています」
コメント

救命の女性看護師「なぜ」 宝塚市長は土俵立てず

2018年04月09日 21時17分38秒 | 運動スポーツ
救命の女性看護師「なぜ」 宝塚市長は土俵立てず
2018年4月9日 (月)配信共同通信社

 京都府舞鶴市での大相撲春巡業で倒れた市長に救命措置をした看護師の女性が、土俵から下りるよう場内放送で促された問題で、女性が「人命救助をしているのに、なぜそういうことを言うのか」との趣旨の発言をしていたことが6日、一緒に救助した市職員への取材で分かった。
 一方、兵庫県宝塚市で6日に開かれた巡業では中川智子(なかがわ・ともこ)市長(70)が土俵脇の台上からあいさつし「市長でありながら、女性という理由で、土俵の上でできないのは悔しく、つらい」と述べた。中川市長は土俵上でのあいさつを希望したが、日本相撲協会側が断っていた。
 舞鶴市市民文化環境部の飯尾雅信(いいお・まさのぶ)部長によると、多々見良三(たたみ・りょうぞう)市長(67)が倒れた直後、客席から女性が上がり「看護師です。心臓マッサージができます」と話した。飯尾部長らがネクタイを緩めたり、シャツのボタンを外したりして、女性が心臓マッサージを始めた。
 その後、自動体外式除細動器(AED)を持った救急救命士に交代。この間、複数回にわたって「女性は土俵から下りてください」というアナウンスが流れ、女性が疑問の声を漏らしたという。
 大相撲舞鶴場所実行委員会によると、女性は「当たり前のことをしただけ」と話した。土俵上で女性に対して下りるよう腕を振る動作をした日本相撲協会関係者もいた。
 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「今回(舞鶴巡業で)起きたことと、女性を土俵に上げる、上げないは別の問題。女性を差別していることでは絶対にない。協会はスタンスを変えるつもりはない」と、伝統の継承の観点から断ったと説明した。
 中川市長のあいさつは約3分半で「時代はどんどん変わり、女性首相も現れるかもしれない。伝統を守りながら、変えるべきは変えていく。相撲協会に考えてもらいたい」と呼び掛け、会場からは拍手が起こった。
コメント

女性上がった土俵で倒れた市長「くも膜下出血」

2018年04月09日 16時29分08秒 | 運動スポーツ
女性上がった土俵で倒れた市長「くも膜下出血」
2018年4月6日 (金)配信読売新聞

 京都府舞鶴市で4日に行われた大相撲の春巡業で倒れた多々見良三市長について、市は5日、市長はくも膜下出血で、約1か月の入院が必要なことを明らかにした。
 市長は病院搬送後に手術を受け、容体は安定しているという。堤茂副市長が6日から職務代理者を務める。
 この問題では、市長の応急処置のため土俵に上がった女性に対し土俵から下りるよう場内アナウンスが流され、日本相撲協会の八角理事長が「不適切な対応だった」として謝罪している。
コメント

野田女性活躍相、土俵上の救命活動「至極当たり前」

2018年04月09日 06時57分19秒 | 運動スポーツ
野田女性活躍相、土俵上の救命活動「至極当たり前」
2018年4月6日 (金)配信朝日新聞

 京都府舞鶴市での大相撲春巡業で、「女人禁制」の土俵上で倒れた市長を救助した女性に、行司が土俵から降りるようアナウンスしたことについて、野田聖子・女性活躍担当相は6日の閣議後会見で、「日本相撲協会が不適切だったと謝罪したのは、その通りだ」と述べ、行司の対応に問題があったとの認識を示した。
 野田氏は「土俵の上とはいえ、市長は生命の危機にあり、医療従事者が救命活動をすることは至極当たり前」と強調。土俵の女人禁制について「この国の伝統を重んじる一人として、これまで疑問を持ってこなかった」とも述べた。今後のあり方については「相撲協会が今回の事例を受けてどう歩んでいくか決めてほしい」とした。
コメント

まつえレディースハーフマラソン

2018年03月18日 23時44分35秒 | 運動スポーツ

いや~~~~~
今日の午前はマラソン大会で
車、動きようがなく
松江の町の東西南北のろのろ~~~~~~~
家族が写したその一部の道の様子。
赤いコーンと車の列
でも、あまり分からないね、この写真では。
婆はこの有名になった
まつえレディースハーフマラソンが今日であることを
すっかり忘れて
のろのろうろうろ
とうとう左右うろうろの結果
9号線に出るまで
2時間かかったよ。
でも、県立図書館当たりのゴールの方々のふらふらさんと
松江駅南駐車場当たりのものすごい女性ランナーの
力強い足も見たよ。女性なのにすごく太かった。(@_@)
先頭誘導の白バイも見たよ。
手をたたいて応援しているおばさんたちも
いい笑顔。
いや~~~~~
事前に調べていけば、
西から東のこの婆の移動も
おたおたしなくてもよかったのにね。
複雑な松江の道が、さらに
まるで迷路のようになったよ。
コメント

香取慎吾、平昌パラボランティアと語る 「大きな経験」

2018年03月18日 01時22分51秒 | 運動スポーツ
香取慎吾、平昌パラボランティアと語る 「大きな経験」
2018年3月16日 (金)配信朝日新聞

■香取慎吾とみた平昌パラリンピック
 平昌冬季パラリンピックが安全に、円滑に運営されている舞台裏には、それを支えるたくさんの無償の力があります。朝日新聞スペシャルナビゲーターの香取慎吾さんがパラアイスホッケー会場で出会った東京の大学生もその一人でした。

 ――競技会場やオリンピックパーク内では、グレーと赤のユニホームを着た人たちを見かける。多くがボランティアスタッフだ。
 「日本から1人で参加しているという上智大4年の斎藤毬子(まりこ)さんと、パラアイスホッケー会場で会った」
 「元々フィギュアスケートをやっていて現場で五輪を見てみたいと応募したそうです。引き続きパラリンピックのボランティアも。知れば興味がわくかなと思って参加したんだって」
 ――どうしたらボランティアになれるか聞いた。
 「韓国の人以外は英語のテストがあって、実技としてスカイプでのインタビュー(面接)があったことには驚いた。まるでオーディションみたいってぼくが言ったら、斎藤さんは『だから採用された時はうれしかった』と言っていました」
 「競技会場のゲートで観客を席に案内したり、IDカードのチェックをしたりするイベントサービス係として大会を支えている。何だか誇らしく思えてきた」
 ――平昌大会組織委員会は、五輪・パラリンピック合わせて2万人以上のボランティアを採用した。ただ、五輪では2千人以上が待遇に不満を訴えたりして離脱してしまった。
 「全てが快適じゃないとは言っていたけど、それ以上に楽しいこともあるんだと。パラリンピックでは4人部屋の宿舎でアメリカやロシアから来た仲間と深夜まで話し込んだことをうれしそうに話してくれた。これはきっと、人生の大きな経験になるよね」
 ――やったことがない人も挑戦して欲しい。
 「印象的だったのは、『とりあえず応募しようよ。楽しいこともいっぱいある。これをしないことには、始まらない』という言葉。仲間はすでに2020年東京大会の応募を宣言しているそうだ」(構成・榊原一生)
コメント

Dr.北村が語る現代思春期:アスリートに低用量ピル メリット多く、欧米選手も活用

2018年03月08日 21時57分21秒 | 運動スポーツ
Dr.北村が語る現代思春期:アスリートに低用量ピル メリット多く、欧米選手も活用
2018年2月26日 (月)配信毎日新聞社

 17日間に及んだ平昌冬季五輪が閉幕しました。オリンピックの陰で、いつも話題になるのがドーピング問題です。日本でもカヌーの選手が他の選手の飲み物に禁止薬物を混入させたことや競泳選手のドーピング違反が確定したことが報道されています。スポーツとは縁がない僕など、違反してまでなぜ、禁止薬物を使用するか理解できませんが、4年に1度の祭典。日の丸を背負った選手たちは、素人には計り知れない重圧の渦中にいるということでしょうね。
 「エネルギー不足」「無月経」「骨粗しょう症」を女性アスリートの3主徴といいます。過度のトレーニングや無理な食事制限で運動による消費エネルギーが摂取エネルギーを上回ると、相対的にエネルギー不足となり、体重や体脂肪が減少します。その結果、無月経を引き起こし、骨粗しょう症の誘因となることが知られています。
 2011年4月から12年5月までに、国立スポーツ科学センター(JISS)のクリニックでメディカルチェックを受けたオリンピック選手および競技団体強化指定選手683人(47競技)のうち7・8%が無月経で、中でも体操の75・0%が断トツでした。10代の女性トップアスリート239人の中で、正常の月経周期・月経不順のある女性で疲労骨折割合は11%。一方、無月経の人では疲労骨折は38%という結果からも、3主徴が複雑に関与して負のスパイラルに陥っていることがわかります。
 無月経、骨粗しょう症、いずれも女性ホルモン、中でもエストロゲン(卵胞ホルモン)の不足が原因であることが多いため、外来では女性アスリートに対して避妊薬としてのピルだけでなく、治療薬でもある低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬の使用を積極的に勧めることになります。女性ホルモン剤を上手に服用することによって、女性ホルモン不足を補う、月経血量を減らす、月経痛の緩和や月経を適宜移動させられるなどのメリットがあるからです。
 それにもかかわらず、JISSの調査では継続的に使用している女性はわずか2%。ロンドンオリンピック出場選手でも7%に過ぎませんでした。欧米のトップアスリートの83%に比べて異常に低いことに驚かされます。わが国では、女性ホルモン剤に対しネガティブなイメージが強いだけでなく、ドーピング違反を恐れて薬全般を控える傾向にあることも影響していると思われます。
 競技でのパフォーマンスを上げるためにも、引退後の健康を守るためにも、女性ホルモン剤の有効利用を促したいものです。(日本家族計画協会クリニック所長、北村邦夫)
コメント

小平奈緒選手…「相沢病院」が大学卒業後に職員として受け入れ、全力サポート

2018年03月05日 20時11分33秒 | 運動スポーツ
小平奈緒選手…「相沢病院」が大学卒業後に職員として受け入れ、全力サポート
2018年2月20日 (火)配信読売新聞

 小平奈緒選手の所属先は長野県松本市の総合病院「相沢病院」。就職先が決まらない小平選手を病院職員として迎え、競技活動を支援してきた。
 小平選手は2009年春、信州大の卒業式が終わっても就職先は決まらず、企業訪問を続けていた。就職先の条件は、恩師、結城匡啓コーチ(52)の指導を長野県内で受けさせてくれる地元企業。当時、リーマン・ショックの不況に苦しんでいた多くの企業は、条件を受け入れてくれなかった。
 最後に望みを託したのが、大学時代に治療を受けた相沢病院だった。「なんとかなりませんか」。小平選手と結城コーチは、相沢孝夫理事長(70)にそう懇願した。スポーツ選手の受け入れは例がなかったが、相沢理事長は「頑張ろうとしている若者を地元が支えるのは当然」と思った。実家の病院を継ぐために、米国留学の夢をあきらめた経験があったからだ。
 相沢理事長の申し出に、小平選手は喜んで就職を決めた。スケート部はなく、小平選手の所属は「スポーツ障害予防治療センター」。大会前に病院で壮行会を開くと、患者たちが加わることもある。
 平昌五輪には、相沢理事長のほか、医師や看護師ら約20人が応援に行った。「幸せな瞬間に立ち合わせてくれた小平さんに感謝したい」。相沢理事長はそう喜んでいた。
コメント

投票ボタン

blogram投票ボタン