日々

しあわせにと祈る

人形さんの二段ベット

2018年10月13日 23時51分11秒 | 
7歳の孫は
外で遊ぶのがとても好き
でも、一人部屋で、工作も大好き
今日作った二段ベット
下に赤ちゃんがおねんね
上にお座りのお嬢ちゃん、人形の名前があったけど、ババは忘れたよ(^.^)




コメント

乳幼児の呼吸、昼寝中に確認するアプリ 保育所に提供へ

2018年09月23日 23時10分01秒 | 
乳幼児の呼吸、昼寝中に確認するアプリ 保育所に提供へ
2018年9月21日 (金)配信朝日新聞

 昼寝をしている乳幼児の呼吸の状態をタブレットなどを使ってリアルタイムで確認できるアプリを開発したと、ソフトバンクの子会社「hugmo(ハグモー)」(東京)が19日発表した。10月1日から保育所向けに提供し、乳幼児突然死症候群(SIDS)の防止などにつなげる。
 布団の下に敷いたマット型のセンサーで、空気の小さな振動から乳幼児の呼吸や体の動きなどを測定する。データは保育士の持つタブレットに表示され、呼吸が弱くなったり停止したりするとアラームが鳴る。
 保育士は普段から、昼寝中の乳児の呼吸などの状態を数分ごとに確認しているが、アプリを使うことでいち早くチェックできるようになる。
 利用料は1施設につき初期費用が税抜きで3万円、月額料金が1万5千円。センサーは1台11万8千円で、5年契約のリースだと月2200円。市区町村から補助金も受けられるという。(徳島慎也)
コメント

妊娠希望の男女にMRワクチン接種を

2018年09月14日 14時22分34秒 | 
妊娠希望の男女にMRワクチン接種を
日産婦、風疹流行で産婦人科医に対策求める
日本産科婦人科学会2018年9月13日 (木)配信 産婦人科疾患感染症

 日本産科婦人科学会はこのほど、2013年の風疹大流行時に類似した風疹流行の兆候が首都圏で確認されていることから、産婦人科医としての対策をまとめ、同学会ホームページに掲載した。妊娠を希望する男女へのMRワクチン接種など3点について、迅速な対応を求めている。
 産婦人科医としての対策は、(1)妊娠を希望する男女へのMRワクチン接種、(2)妊娠初期検査で抗体未保有あるいは低抗体価産婦への産後のMRワクチン接種、(3)夫へのMRワクチン接種-の3点。(1)では、特に、不妊治療前にはワクチン接種するか、または風疹、麻疹の抗体価を検査し抗体未保有あるいは低抗体価者にワクチンを接種するとしている。(3)に関しては、妊娠中は夫にワクチン接種を推奨すること、妻が妊娠中にワクチンを接種しなかった夫には産後でも接種を推奨することを呼びかけている。
 なお、同学会が参加する「風疹ゼロプロジェクト」も風疹流行に備え、現状と注意点について緊急警告を発している。同学会は国家レベルで行うべき対策もまとめており、風疹ゼロプロジェクトと連携して要望していくとしている。
関連リンク
風しん流行に備えて
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/201809_fushin.pdf
コメント

おどろいたばば、わらったばば

2018年08月13日 19時01分09秒 | 
1年生の女👩の子
夏休みに読みたい本
コメント

今、ゴビウス

2018年08月13日 13時53分27秒 | 
今、ゴビウスにいるよ!
素晴らしい空
海の宝石?
ウミウシ

昔からいる
オオサンショウウオ
コメント

【長野】「子どもは静かに溺れます!」医師呼びかけ反響

2018年07月27日 23時05分45秒 | 
【長野】「子どもは静かに溺れます!」医師呼びかけ反響
2018年7月26日 (木)配信読売新聞

 「子どもは静かに溺れます!」――。長野県佐久市の医師会がスマートフォンのアプリなどで呼びかけた注意が反響を呼んでいる。子どもは溺れたら騒ぐと考えがちだが、実際は声も出さずに沈むことが多い。国も周知を始めた。
 この注意喚起は、佐久総合病院佐久医療センター(長野県佐久市)の坂本昌彦小児科医長(41)が発案。昨夏、当時1歳だった長男が、10秒ほど目を離した隙に「音も立てず浴槽に沈んで溺れそうになった」ことがきっかけだ。
 坂本医師が調べると、特に子どもはこうした溺れ方が一般的だとする米国の研究を見つけた。子どもは何が起きたのか分からず、呼吸しようと精いっぱいで声を出す余裕もないという。
 佐久医師会は昨年9月、「静かに溺れる」ことを啓発するポスターを作製。同医師会のスマホ向け無料アプリ「教えて!ドクター」で紹介すると、全国から反響が相次いだ。
コメント

【6月16日放送】NHKニュース おはよう日本 赤ちゃんを救う 胎児治療

2018年06月21日 00時07分28秒 | 
【6月16日放送】NHKニュース おはよう日本 赤ちゃんを救う 胎児治療
テレビ 2018年6月18日 (月)配信Live on TV

6月16日(土) 6時00分~7時30分/1ch NHK総合
赤ちゃんを救う 胎児治療
 胎児治療はお腹の中で赤ちゃんを治療する方法。光生くん2歳は極めて重い病気だった。母親の貴子さんは妊娠6か月の時に超音波検査で光生くんの病気を知った。当時、光生は胃と腸が肺を圧迫し、横隔膜に穴が開いていた。病名は先天性横隔膜ヘルニア。肺が発育せず、自力で呼吸できない難病。生まれてから手術をしても90日間生きられる確率は40%。助かっても重い障害が残る可能性が高かった。そんな時、医師から胎児治療を提案されたという。その治療法は、母親のお腹を通して細いカメラを赤ちゃんの口から入れ、管の先についた袋で気道を塞ぎ、分泌される液体で肺をふくらませるというもの。約1か月後に袋を外し、生まれてすぐに横隔膜の穴を塞ぐ手術をすることで、自力で呼吸ができるようになるというもの。貴子さんは妊娠8か月で胎児治療を受け、光生くんは無事誕生。障害も残らなかった。貴子さんは、「こんなに元気になると思わなかった。大きい病気をしていたことを忘れてしまう。胎児治療は前を向ける希望になると思う。」とコメント。
 国内で胎児治療の対象となっている病気を紹介。医療保険が適用される病気もある。先天性横隔膜ヘルニアは国際的な臨床試験として治療が行われている現状。欧米では、ダウン症などの染色体や遺伝子異常の病気も治療できないか研究されている。胎児治療は母体の安全管理も含め、高い技術がいるので、国内で行なっている病院は少ない。出生前検査は現在飛躍的に進歩しており、それが人工妊娠中絶につながると懸念されている。世界的に懸念の解決策として胎児治療が進歩している。イギリスでは一般的に浸透している。
コメント

婆が連れて行く小児科

2018年06月04日 10時54分04秒 | 
いつも行く小児科
昭和43年、長男が生まれた時からかかっています!

ほんとに、ありがたいです。
長男は今年50歳になりました(@_@)
コメント

のどが痛いよ!

2018年06月04日 09時00分34秒 | 
土曜日の夕方からのどの痛み発生
熱無し
月曜日本日、小児科受診
のどすごく赤い!
ほら、見て!
と、見せられる!
咽頭炎がすごい!
熱は無し
しかし、学校はお休みに。
明日は熱なかったら登校してよいと。
小児科の処置室をパチリ。
コメント

「院内助産」高まるニーズ 医師負担軽減、専用施設も

2018年05月30日 00時11分42秒 | 
「院内助産」高まるニーズ 医師負担軽減、専用施設も
2018年5月28日 (月)配信共同通信社

 産科の全国的な医師不足を背景として、リスクの比較的低い分娩(ぶんべん)の際に医師ではなく原則として助産師のみが対応する「院内助産」のニーズが高まっている。導入する医療機関は各地で増加傾向にあり、独協医科大病院(栃木県壬生町)は4月、専用施設「バースセンター」を開設した。
 厚生労働省によると、2011年は全国で110の病院が院内助産を導入。14年には127施設に増え、17年分の集計でもさらに増加する見込み。「助産師と役割を分担して医師の業務を軽減させ、扱う正常分娩の数を増やしたい」。バースセンターの開設式で同病院の深沢一雄(ふかさわ・いちお)産科婦人科主任教授は期待を込めた。
 院内助産の拡大を図った背景には医師不足に加え、晩婚化に伴う高齢出産の増加がある。若い人に比べて合併症などのリスクが大きい場合が多く、より慎重なケアを必要とするために医師の負担が大きくなっていた。
 一方で、緊急時の救急態勢が整う同病院では出産希望者も増加し、受け入れが困難になったことも。「40代での初産も珍しくない。残念ながら、断らざるを得ないこともあった」と助産師の君島清美(きみしま・きよみ)看護師長は明かす。
 これまでは産科部門の1床を院内助産用に利用していたが、バースセンターには専用の個室2部屋を設置。受け入れ数は、最大で以前の倍となる1カ月当たり10件にできると見込む。妊婦ができるだけ緊張しないように医療機器の配線を壁の中に収納し、目にせず済むような配慮も凝らした。
 親が要介護などで頼れずに育児への不安を抱える人に向け、沐浴(もくよく)の練習や子育て全般のアドバイスをするためのスペースも別に2部屋を設けた。君島看護師長は「医師に代わり、助産師が保健指導などでも力を発揮していきたい」と話す。
コメント

おたふく予防接種「早く定期に」…協議会が要望へ

2018年05月15日 10時32分16秒 | 
おたふく予防接種「早く定期に」…協議会が要望へ
2018年5月14日 (月)配信読売新聞

 子どもが多くかかる、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)について、関連学会などで作る予防接種推進専門協議会は14日、ワクチンを早い時期に定期接種化するよう求める要望書を厚生労働省に提出する。後遺症で重い難聴になる人もいるため、予防の必要性を訴える。
 協議会には、日本小児科学会や日本感染症学会、日本耳鼻咽喉科学会など17団体が参加している。
 定期接種は、法律に基づき行政が費用を出すワクチン接種。おたふくかぜのワクチンは一時期、麻疹(はしか)、風疹との混合で定期接種とされていたが、無菌性髄膜炎の副作用が問題となり、1993年に中止された。その後、おたふくかぜワクチン単独での任意接種となり、接種率は3~4割にとどまっている。
 おたふくかぜは4~5年ごとに流行し、感染者の中には鼓膜の奥の聴力をつかさどる部分がダメージを受けて難聴になる人がいる。
 日本耳鼻咽喉科学会が昨年発表した全国調査の結果では、前回流行した2015~16年に少なくとも348人がおたふくかぜで難聴となり、261人が片耳に重い難聴が残った。片耳だけでも、交通事故の懸念や生活への支障など影響は大きい。両耳の難聴も16人いた。
コメント

5月4日のスケジュールは孫ペース

2018年05月05日 08時28分14秒 | 
昨日5月4日は、孫ペース。
まず、
一畑百貨店、全国うまい物店
凄い人!!!!
京都のカステラ購入、写真撮る前に食べちゃった
次、イオンにて、コナンの映画見物。
時間まで、お昼ごはん。

映画は面白かったそう。
それから、北公園で遊び

カメラのキタムラにて、宿題の写真をプリントし

夕刻帰宅
宍道湖大橋の前の風景

晴れたけど、風強し。
コメント

発表会

2018年04月16日 08時03分35秒 | 
下の孫は
崖の上のポニョを
上の孫は
キセキをひいたよ!

家には婆が息子のために買ったピアノがあり、
三十数年前に買ったけど、息子が使い、娘が使い、孫が使い
よく、活躍してるね(@_@)
ありがとう🙇🙇🙇🙇
みんなにお礼を言うよ。
ひ孫も使うといいね!
コメント

音楽発表会にて

2018年04月16日 00時28分58秒 | 
今日は孫の音楽発表会でした。
場所はここです!
どこでしょう(^_^)V


終わって、道路に出たら、スミレが咲いていました。
道路のすき間に、いくつも(*_*)
コメント

今日は入学式

2018年04月10日 10時21分30秒 | 
今日は、春うららかな日よりです。
小学1年生の孫は、家族と入学式に出かけました。
元気に行ってきますと言って
ほんとに一年生になったのですね。
ババ、お疲れ様
泣けてきます
桜は散りましたから
チューリップが元気な子たちを迎えてくれ
友達と久しぶりの再会を喜んでいることでしょう
新しいお友達、初めての先生
出席番号も50音順で後ろの方になり
5月生まれの孫は一番から後ろの方になって
やや、緊張もほぐれたことでしょう。
新しいランドセルを背負って
すぐ元気に帰ってくることでしょう。
婆仕事に行ってきます。
コメント

投票ボタン

blogram投票ボタン