日々

しあわせにと祈る

夏祭り、熱中症厳戒 県内、さんさは休憩バス配備

2018年08月03日 11時17分19秒 | 
夏祭り、熱中症厳戒 県内、さんさは休憩バス配備
2018年8月2日 (木)配信岩手日報

 夏祭りシーズンに突入した県内各地で、関係者が熱中症対策に神経をとがらせている。盛岡地方気象台によると、第41回盛岡さんさ踊り(実行委主催)の初日、8月1日の盛岡の予想最高気温は34度。盛岡中央消防署(和村浩志署長)が冷房を効かせた休憩用のマイクロバス1台を初めて配備するほか、盛岡市は散水車による「打ち水」を展開する。子どもが多い出演団体は、水分補給など体調管理を徹底。釜石市で4日に開かれる第30回釜石よいさ(実行委主催)も救護班を増員し、暑さへの厳戒態勢を取る。
 盛岡市八幡町の盛岡八幡宮(藤原隆麿(たかまろ)宮司)では30日、「やはたの杜(もり)こどもさんさ」(上岡谷(かみおかや)仁代表)の小学生らが練習した。同日の盛岡は最高気温33・6度(平年比5・0度高)を記録。強い日差し対策の帽子をかぶった子どもの額には大粒の汗が浮かぶ。15分ごとに休憩し、保護者が水分や塩分を補給させた。
 リーダーの小苅米柚月(こがりまい・ゆづき)さん(岩手大付属小6年)は「しっかり水分を取り、暑さに負けずに踊り切りたい」と気合を入れる。
 同気象台によると、まつり期間中4日間の盛岡の予想最高気温は、8月2日が33度など、30度以上の真夏日が続く見通し。小学生180人が参加する盛岡ちびっこさんさ(佐藤輝夫代表)も水分補給を徹底し、睡眠不足にも気を配る。佐藤代表は「今年の暑さは異常だ」と心配する。
 関係機関も対策に奔走する。盛岡中央消防署の熱中症対策のマイクロバスは21人乗り。1台を同市中央通の北日本銀行本店近くの駐車場に配備する。室内を冷やし、体調不良の人々に休養してもらう。同市はパレード開始前に散水車でコースに「打ち水」し、暑さの緩和を狙う。
コメント

熱中症になる可能性?

2017年08月21日 16時29分43秒 | 
お部屋の温度、30度
外の温度33度・・・・・・・・とエアコンのお知らせ機能が返事をしています。
今、エアコンの送風機能の風量最大にして
風向を上下にしています。
とても、涼しい服で、静かな動作だけでいれば
冷房にしなくても
過ごせています。
昔の、子ども時代の、扇風機だけの生活になっています。
このまま、私が閉じこもっていれば
熱中症になる可能性があるでしょうか?
コメント

(リレーおぴにおん)炎暑こそ:3 ヒトの適応力、追いつかない 長谷川眞理子さん

2016年08月14日 15時41分34秒 | 
(リレーおぴにおん)炎暑こそ:3 ヒトの適応力、追いつかない 長谷川眞理子さん
2016年8月9日 (火)配信朝日新聞

 暑さと寒さ。生物にとってどちらが適応が難しいかといえば、暑さです。

 哺乳類の体温調節を考えると、寒いときは地中に潜ったり何かをかぶったり、行動で対処できる。でも、暑いときに体温を下げるのはハアハア息をする程度で、やりようがありません。

 ところが、ヒトは、大量に汗をかくことでその蒸発熱で体温を下げることができる、珍しい動物です。ウマも汗をかきますが、ヒトは毛がないので、水のような汗をかく。炎天下のサバンナでもトコトコと歩いて獲物を追い、植物を探す。暑さに対してそういう特殊な適応をした、哺乳類の中でも変わった生き物といえます。だからこそ、マラソンもできるんです。

 同じ霊長類の仲間でも、サルやチンパンジーはそんなふうに汗をかけません。暑い盛り、彼らにできることは、木陰でじっと座っているだけです。

 ヒトには、涼しくするための技術もあります。気温が50度近いところなど、風土に合わせて生きていける文化もある。暑さへの適応は本来は得意なはずです。なのに、体温が上がりすぎて熱中症になる人が増えている。その意味を考える必要があると思います。

 環境変化のスピードが速すぎて、対応できなくなってきたのかもしれません。都市は冷房の排熱などでヒートアイランド化し、自分で自分を暑くしている面もあります。子犬が自分で自分のしっぽを追いかけているみたい。とくにこの10年くらいでしょうか、私がいる大学のある神奈川県の葉山でも、エアコンが必要になってきました。

 人工的な環境のなかで暮らし、自然の変化を感じ取れなくなった。対応が遅れることもあるでしょう。

 地球規模でみても、温暖化は生き物に大きな影響を与えつつあります。国連が2001~05年に行った「ミレニアム生態系評価」によると、北半球の99種の鳥やチョウ、高山植物の生息地は10年で平均して6・1キロ北に移動しました。122種の植物やチョウ、鳥、両生類が春に出てくる時期は、2・3日早まった。暑くなっても身体は急に変われず、逃げるしかない。

 地球のあちこちで、こうした生息域の変化が起き、生物が絶滅の危機にある。水や物質の循環、そして生態系全体が変わったとき、いったいどうなるのか。実は生態学者にもわかっていません。しかも何万年もかけてできたシステムが100年、200年という時間で変わるかもしれない。いずれ安定するにしても、その過程で破壊的な変化が起きないか。それもわからない。

 そんな地球の行く末に想像をめぐらせば、背筋がちょっとひんやり?(聞き手・辻篤子)

     *

 はせがわまりこ 進化生物学者 1952年生まれ。2006年から総合研究大学院大学教授。近年の研究テーマは人間の進化と適応。著書に「クジャクの雄はなぜ美しい?」ほか。
コメント

プールに入ってもいい? 皮膚感染症で学会が見解 「医療新世紀」

2016年06月23日 00時30分58秒 | 
プールに入ってもいい? 皮膚感染症で学会が見解 「医療新世紀」
2016年6月21日 (火)配信共同通信社

 人から人へうつる皮膚の感染症にかかっている子どもは、学校などのプールに入っていいか。日本皮膚科学会など関連する3団体は、この問題についての統一見解と、その医学的根拠についての解説を、同学会ウェブサイトで公表した。水泳シーズンでの活用を呼び掛けている。

 3団体でつくる作業部会のメンバーである山本剛伸(やまもと・たけのぶ)川崎医大講師(皮膚感染症)によると、対象としたのは、学校感染症に指定されている伝染性膿痂疹(のうかしん)(とびひ)、伝染性軟属腫(みずいぼ)、アタマジラミ症、疥癬(かいせん)の4疾患。

 このうち、とびひだけは、触ると症状が悪化しやすいことや、原因となる細菌の感染力が強く、肌がじかに接触するとうつる恐れがあることから、治るまではプールを禁じるべきだとした。

 とびひ以外の三つにかかったときは基本的にプールに入れるが、条件が幾つかある。

 まず、ビート板や浮輪、タオル、水泳帽など、プールの時間に使う用具類を共用しないようにすること。感染の原因となるウイルスや生物が、物を介してうつる恐れがわずかにあるためだ。

 アタマジラミ症と疥癬は、それらの原因であるシラミやダニに対する治療を始めていること。みずいぼについても、医師の診断を受けていることが前提となる。

 山本講師は「どの感染症についても、保護者などが自己判断するのは禁物。症状があったら必ず子どもを皮膚科で受診させ、医師の判断を聞くようにしてほしい」と強調している。
コメント

熱帯低気圧の朝に朝顔を想い

2015年07月28日 09時59分06秒 | 
今日も不穏な風と霧雨、時にぽつ雨が
熱帯低気圧の小嵐ですね。

大雨の被害と復旧工事、さらなる雨に邪魔されることなく、進みますように。


我が家に朝顔が来ました。
23年ぶりです。
23年前、長女が一年生の時の夏休み、家に持って帰ってから、
今年は、孫が一年生で、持って帰った朝顔、23年ぶりです。

いいものですね~
やっぱり、昔からの、日本の朝顔は・・・・・・

毎朝、二つ、三つと咲いてくれます。
ツルは4本で、4種類の色の花が咲きます。
赤みががった青、孫は赤い花といいます。
うす紫ががった、青、孫は青と言います。
それと、薄い青・・・・・・・・まだ、一個しか咲いていません。孫は薄青といいます。

いつも、婆が見つけて、1年生の孫にいいます。
すると、窓まできて、「あ、ほんとだ~~~」といいます。
この逆になるといいですが・・・・・・なかなかそうはいきませんね。(笑)

朝顔・・・・・・
昨年までは、立派に成長した、宿根朝顔が、壁伝いにツルが伸びて、
10月ごろまで、やや大きめの、青い花が咲いてくれましたが、
昨年の秋の塗装工事の際、みんな、根こそぎ、切られてしまって、
完全になくなってしまいました。
こうなると、寂しいですが、
孫の朝顔はそんな私を大いに慰めてくれます。
今日の朝顔は青二つ
明日の朝顔は・・・・・
どんな色の花が咲くのかな~、た の し み~~~~^^~~~~って具合にね。
コメント

柿の木の害虫

2014年09月09日 09時58分05秒 | 
婆は、公営住宅に住んでいて、まあ、いろいろありますが、
今年はオノレバエで勝手に大きくなった柿の木に
もう、すっごい気持ち悪い、にょろにょろ虫がついて、
はっぱを一毛打尽に食ってしまった。。。。。。。。。。
しかし、放置はいけないので、どんな、毒があるかしれないし、
すぐ、フマキラで噴霧して、様子を見たら、
なんと、1回の噴霧でみんな落ちてしまっていなくなった。
あ――――よかったね~
と思っていたら
しばらくして、住宅管理人から電話があり、
虫について問い合わせがあった。
まあ、一度来ていただいて、切るなり、薬なり、対応してもらうに越したことなし。

昔、同じ住宅の方が、桜の毛虫を退治してほしいと管理者に連絡したら
それこそ、一網打尽にえっさかえっさか切ってしまわれた。
近くで見ていたご近所さんが、ぎょぎょぎょと思って、急ぎ連絡、
切るんでなくて、駆除です、と。
でも、大方切られた後だったので、残念、桜の木はなくなってしまった。
そのうち、2本に根元から芽が出て、枝が伸び、
今では元の木のような太い枝になって、花を付けてくれている。
まあ、よかったねと、、、、、、、、、、、、
我が家の窓からは丁度その桜が見えるので、
ほんとよかたよ。

今の柿の木は小さい赤い実のなる年もあるけれど
超しぶ柿なので、切ってもらっていいのだけれど、

昔、引っ越しの整理で、我庭空き地に植えていた、
蚊取り草、つまり、良いにおいのゼラニュウム、可憐草ともいうけど、と、
ローズマリーやあじさいを完全に根元から切られて
全く、後
枝がなくなったから、
ね。

念を入れて、諸連絡はしないとね。

電話をして、再度の虫の繁殖はないことを伝える。

でも、一応、様子を見てもらった方がいいので。
コメント

松江だんだんまつり

2014年08月30日 20時35分04秒 | 
松江だんだんまつり
今年も開催されてよかったね~
子、孫さんたちは出かけたよ。

昔、青年会議所の面々が、松江活性化の祭り企画で
頑張った結果が、こうして今夜実行されて
亡き夫も喜んでいることでしょう。

あの、文字をデザインしたのが亡き夫だったなんて
ずーーーーーと忘れていたよ。
ほんと、むかしむかしのことだからね
1970年代のことかしら~~~

いや~~~
すっごい音だね~
どっかんどっかんどどど!
コメント

澄み渡る青・・・・・・・・・

2014年07月31日 11時12分35秒 | 
いやあ~TT~
晴かい!!!!!
空はだんだん水蒸気を失って、澄み渡る青・・・・・・・・・
昨日の昼も雲一つなしの晴かい、37度の宍道湖大橋、
しかし、家に帰ると、部屋は29度、まだ30度にはなっていず、しめしめ^^)
夕方は雲多しの空となって、直射日光は↓↓、ほっとの夕方出勤。
しまね子どもをタバコから守る会の臨時会議に出席。

今日の空は昨日よりさらに澄んで、青はさらに深い青、夏の日本晴れ、これは暑いね~TT~
しかし、W台風、接近中・・・・・・・・
雨は?風は?
天気予報のおかげで、数日前から、台風の来る様を気にするのも、しすぎかと思いながら、
涼しくなることを待つ。

昔々は扇風機ぶんぶんで、頭っから冷たい水道水をぶっかけたね。
今は確かにこのエアコンのおかげで、こうして、涼しくおれる・・・・・・・・・

家電さまさまだけど、
やっぱ、原子力発電は、消えていってほしいね~

いやあ~TT~と空の青さに気をむけながら、
ずるずると原発まで思いが流れるとは~TT~(あははぁ~~~)だね~

さ、これから、仕事仕事!
仕事前の戯言ならびの独り言でした~~~~~
コメント

梅雨明けとともに、35度、36度

2014年07月26日 10時29分54秒 | 
梅雨明けとともに、35度、36度
いやはや、いつもの夏ですね~
誰かが冷夏と言ったけ?

この夏も我が家の木々たちは木漏れ日を作って、いかばかりか、涼しいかな?
伸びている柿の木、レンギョウ、椿、コブシさんありがとうですね~

しかし、もう、昨日今日で、直射日光の下の桜草の葉は黄色がかっていますね。
どんどん小さくなっていきますが、翌年はちゃんとたくさん花を付けます。

さて、来年咲くかどうか分からないホタルブクロは、
とりあえず、鉢から、地に植えておきましょうか。

今年は大きく切った近めのムクゲの花が少ないですし、百日紅もうどんこ病で切っているので
うまく花が咲くかな?と思うけど、
すぐ近くの鉢のニュージニアインパチェンスと日々草が賑やかなので満足
なかなか植物に丁度いい環境はむつかしいです。
日陰の花を上手に植えることですが、植えてみなければわからないし、
アガパンサスは、直射日光の場所に移しましょう。
アメリカハナミズキも太陽を好むようですね。

今年移し替えたミョウガの花が来年はつけてくれたらいいね。

職場に持って行った、ツワブキやアヤメやヒオウギ水仙は水たっぷりで、大きくなっていたよ。

さて、午後は、「いない」に行って、安売りされている5色石を5袋かってくるね。
オオバコだらけの庭にしいてこぎれいに、気持ちよく、
ここは公営住宅で、庭も小さいけれど、裏の空き地に植えるものは制限なしなので
いろんな木々でぎっしり。
おかげで、木漏れ日だらけです。

明日は新月、月のない夜が続いています。
コメント

涼しそうなムクゲ

2014年07月10日 23時55分07秒 | 
我が部屋は28度
うっすらと汗(+)
でも、エアコンは付けず、
扇風機で過ごしています。
この夏の公の場所の室温設定は28度?
扇風機がなかったら、やや、あついね~

夏、ムクゲが咲くと、ほっとする。
わが家のムクゲは薄ピンクで中が赤い
夏風に揺れていると、涼しさを呼ぶ。
加えて扇風機の音は、昭和30年代を思い出す。
外から帰って扇風機の前に顔をひつけ、あーーとか軽くいいながら、
涼んだ子どもの頃。
なんの屈託もないその姿が、ほほえみを呼ぶ。

姉思いの叔父が井戸掘り屋さんで
わが家の狭い庭から地下水を吸い上げて
水による冷風機を作ってくれた、昭和40年代、
なつかしいね~
その叔父も母も今はいない。

今、私は祖母として
子孫に貢献している(えっ?)
いや、邪魔しているかな?
ほんとは親子水入らずがいいだろうにと思うも
家がないからいたし方なし。
婆のやかましいどなり声は
子孫には不用のものと思うも、
行儀が悪いとつい怒ってしまう。

この夏中、ムクゲは婆の傷ついた心を癒してくれるかな?
コメント

今年はどんな夏になるだろう?

2014年06月30日 23時19分07秒 | 
あじさいが成熟している。
雨なく曇りの梅雨続いて
過ごしやすい6月が終わり、明日から7月
まだまだ松江は梅雨、大雨が来るのか?

夏が来ると、夏目雅子さんのことを思い出す。
かわいらしい方であった。
私の記憶ではカネボウの化粧品の夏のポスターで小麦色に日焼けした夏目雅子さん。
とても、健康で明るく、
それから、日焼け美人のメイクが流行った。

その後、ギャルのガングロが流行り、
今は、色白。

外国では今も色黒にあこがれがあるのだろうか?
わざわざ紫外線で日焼けする美容があり。

今年はどんな夏になるだろう?

コメント

日々草

2014年05月28日 22時00分15秒 | 
今日は夏日
太陽真上に

すすきものびて
夏の花が開く

青い空の風
いつもの初夏

車の動き
心無き音をたて

バラの歌を歌って
思い出す香

金鶏草道沿いに並び
揺れる心

真夏を想い
若き日の形
今も胸中に

日々草
我庭に植える

コメント

夏が終わる

2013年08月19日 03時50分11秒 | 
夏が終わる
シュウメイ菊の蕾も膨らんできた
おもったるい夏
不穏な夏
薄雲の夏
霞みの夏
大気汚染の夏

子たちのこれからが心配
もう婆は70
でもこれからの20年が心配

安穏であるのか
不穏なのか

この夏の薄雲は不穏を感じ
晴れない気持ちをつくった

心配してもしょうがない
結局はそう思うのだけど
人類が心配

テレビで「ベン・ハー」の前半をみた
私が映画館でベン・ハ―を見たのは17歳の時
昭和30年代、東京の映画劇場、観覧客はほとんどない平日の午後であった
その時は時間が余って偶然入った映画館がベンハーをやっていたから見たのだけれど
それはそれは横長いスクリーンで
あの馬車での決闘はすさましい迫力のあるものだった
島根に帰って数年後
島根の映画館のシネマスコープの映画も見たけど
東京での横長いスクリーンはなんていうのか分からないけど
2度と見ることはなかった大きさであり
その時の驚きは今でも忘れられない

人間は過去を忘れない。
認知の方々との日々を送っている現在があるけど
今は瞬間的に忘れていかれても
住んでいた住所や仕事
家に猫がいるとか
夫は階下で寝ていて自分は娘と寝ているとか
過去のいつの事なのか到底分からないが、覚えていらっしゃる
それがまた、婆には物悲しく、切ない。

終戦の夏
少女時代のベンハーを見た夏

お盆が過ぎるとすぐ秋

でも、現実は長き残暑に苦しむ夏でもあり
コメント

サルスベリさん、ありがとう

2013年08月09日 10時28分41秒 | 
7月末頃から、風邪をひいてしまいました。
孫二人も、ママも・・・・・・・・・・
婆私の場合は9日目、やっと、咳の出方が↓↓になりつつあり、
ほんとに、夏の風邪っていうのは、やっかいですね~。

さて、愛する庭に、今、サルスベリが華やかです。
我がサルスベリは、白とピンクに、花びらが、イチゴ氷菓子のように、分かれています。
それでか、遠くから見ても、なにかしら、華やかさと、涼しさが感じられます。
毎朝、しばらく、眺めて、にこにこの私です。

昨年、サルスベリについた貝殻虫の完全な駆除ができなくて、大きく切ってしまいましたが
おかげで、目平らのところに、涼しげな花を咲かせてくれました。
ラッキーラッキー
でも、本当にサルスベリは剪定に強いですね~
県庁の庭には、ずいぶん以前から、多分、戦前から、サルスベリ古木があって
横に広がって、つるつると木肌がなっていて、ほんとに、猿もすべる?そんな樹になっています。
我が家は、縦に伸びる園芸種で、松江の北の街、法吉の街路樹になって、目を楽しませてくれている木と
同じかな?
夏は、夾竹桃とサルスベリとムクゲが心を癒しますが
今年は、夾竹桃とムクゲの満開の姿があまり見られません。
夾竹桃は、広い公園の一隅か中心に植わっていると
半球になって見事ですね。
白潟公園にそんな夾竹桃があるかな?
嫁島の会館の近くの公園に見事な夾竹桃が残っていましたが、
今も切られずに残っているでしょうか?
一時、ピラカンサと夾竹桃が多く植えられたのですが
ピラカンサは刺があって選定しにくく
夾竹桃は株様に広がって、1本仕立てにはなりにくく、
最近は街に見かけなくなりました。

これからは
千鳥町の旅館団地の歩道付近に、芙蓉が咲きますね。
やや、涼しくなると木いっぱいに花がついてきます。

秋は紅葉で、ケヤキの木が賑やかになりますし、
名前の分からない、カエデの葉っぱによく似た落葉樹が紅葉してきます。

宍道湖端は松が多く植えられていて
剪定が毎年されるのですが
多すぎて大変だろうなと・・・・・・
だって、経費が多くかかる木だから、選定の手間賃が多くかかるだろうな、
税金が使われているだろうなと想像して、大変だなと思ってしまいます。

そして、冬がきて、また、春が来て・・・・・・・
我が庭の椿も沢山咲くことでしょう。

今はサルスベリさん、ありがとう。
コメント

盆の空

2012年08月10日 10時59分17秒 | 
この夏
空のように生きたら干からびてしまうね~

まあ
雨が降りません。
怒鳴ったぐらいではいう事をききませんね

ところが、土曜日ごろから雨とか
どこかに台風でも?

せっかくのお盆休み
海に行こうかと思っていた我が家族は
行き先を変更
室内プールで大型水滑り台などある所へ行くことになる

69なる私は太陽がにがてなのでおおいにOK

雨模様は北からの冷気と南からの風がぶつかると空は不穏になるとか
晴れていたかと思うとにわか雨・・

これぞ、普通の夏空だよね、よかった~

なんか、やっと、安心した・・
コメント

投票ボタン

blogram投票ボタン