日々

しあわせにと祈る

医療的ケア児:「付き添い要求は差別」 両親が提訴 愛知・通学時

2018年09月19日 21時43分00秒 | 事故事件訴訟
医療的ケア児:「付き添い要求は差別」 両親が提訴 愛知・通学時
2018年9月14日 (金)配信毎日新聞社

 たんの吸引を必要とする男子小学生とその両親が、吸引器具の購入や登下校時の付き添いなどを通学の条件とするのは障害者差別解消法に反するとして、地元自治体を相手に、慰謝料など計330万円の支払いと吸引器具の購入義務づけを求めて提訴し、13日に名古屋地裁(角谷昌毅裁判長)で第1回口頭弁論が開かれた。
 原告側弁護士によると、医療的ケアが必要な児童への学校の対応を巡る訴訟は珍しい。
 男児は愛知県内の公立小学校に通う。訴状によると、男児は生後間もなく、気管が狭まる「声門下狭さく症」の診断を受け、気管を切開した。気道を確保するチューブを挿入していて、学校にいる間に1回程度たんを吸引する必要がある。
 地元の教育委員会や学校は通学の条件として、吸引器具を保護者が毎日持参して持ち帰るよう求め、母親が約5年間続けた。遠足や校外学習への付き添いも要求され、水泳の授業は3年次まで参加を認められなかった。
 男児側は「不安だからという抽象的な理由で、登下校の保護者付き添いなどを求めるのは不当な差別」と主張する。障害を理由とした差別を禁じ、社会的障壁を除く「合理的配慮」を自治体などに求めた障害者差別解消法に違反し、教育を受ける権利も侵害していると訴えている。
 第1回口頭弁論で自治体側は、吸引器具の購入義務づけについて争う姿勢を示し、損害賠償に関しては態度を示さなかった。【野村阿悠子】
コメント

本気で自殺を考えた人、67%は1年後も 日本財団調査

2018年09月19日 21時21分11秒 | 事故事件訴訟
本気で自殺を考えた人、67%は1年後も 日本財団調査
2018年9月14日 (金)配信朝日新聞

 本気で自殺を考えた人の67%は、1年後の調査でも同じ気持ちを抱き続けている。そんな調査結果を、日本財団が13日に公表した。自殺未遂をした人の55%が繰り返していたとの結果も出たという。調査に携わった専門家は継続的な支援体制の必要性を訴えている。
 日本財団は2016年8月、全国の20歳以上の男女を対象に自殺に関する意識調査を実施。調査会社に登録されているモニターを対象に、インターネットで行った。得られた約4万人の回答を分析し「25%が過去に本気で自殺を考えたことがある」と発表した。今回は17年7月、16年調査の回答者に質問する「追跡調査」を行い、2万1142人の回答を分析した。
 16年調査で「1年以内に本気で自殺を考えた」と回答したのは3%。その中で17年調査に応じた人の67%が、再び「1年以内に本気で自殺を考えた」と回答した。同様に16年調査で「1年以内に自殺未遂をした」とした人のうち、55%が今回も過去1年以内に自殺未遂をしたと答えたという。
 調査の中心を担った世界平和研究所の高橋義明主任研究員は「一度自殺を本気で考えると、その気持ちは簡単には消えない。一人一人の事情を踏まえた継続的な支援が求められる」と話す。報告書では、小さな問題でも相談できるような人間関係づくりへの支援が必要だとしている。(佐藤啓介)
コメント

性的被害にあった時の電話窓口 女性相談員による面談も

2018年09月17日 22時05分31秒 | 事故事件訴訟
性的被害にあった時の電話窓口 女性相談員による面談も
2018年9月14日 (金)配信朝日新聞

■身を守る情報 北海道地震
 望まない性的行為の被害にあった場合、札幌市の「性暴力被害者支援センターSACRACH(さくらこ)」に相談できる。電話相談の窓口(050・3786・0799)へ。通話料金はかかるが、相談料は無料。予約をすれば、女性相談員に面談でも相談できる。
 電話、面談ともに、月曜日から金曜日の午後1~8時(土日祝日を除く)。匿名や非通知でも相談でき、秘密は守られる。希望すれば連携する病院や弁護士を紹介してくれる。
 同センターは北海道と札幌市の委託を受けているNPO法人が運営する。緊急時の対処方法などは同センターのホームページ(http://sacrach.jp/moshi.html)で。
 警察の性犯罪被害110番(011・242・0310)は24時間対応で、男性警察官が出た場合でも、女性警察官を希望できる。
 東日本大震災女性支援ネットワークの調査報告書には、強姦(ごうかん)被害のほか、「授乳しているのを男性にじっと見られた」「避難所で胸を触られた」「避難所で毛布の中に入って来られた」などの被害例が報告されている。
コメント

帝王切開後死亡で賠償命令 病院側に1億3千万円

2018年09月14日 15時14分13秒 | 事故事件訴訟
帝王切開後死亡で賠償命令 病院側に1億3千万円
2018年9月13日 (木)配信共同通信社

 宮崎市の産婦人科医院で2012年、帝王切開手術で男児を出産した女性=当時(35)=が、容体が急変して死亡したのは、医療ミスが原因だとして、遺族らが計約1億6千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、宮崎地裁は12日、病院側に約1億3千万円の支払いを命じた。
 判決で五十嵐章裕(いがらし・あきひろ)裁判長は、女性は術後、左脚に腫れの症状が確認され、医師は産科ガイドラインや文献から、血栓症の可能性を認識できたと指摘。だが必要な治療をせず、転院などの措置も怠ったとし、病院側の注意義務違反を認定した。
 その上で「高度な医療を受けられる医療機関に早期に転院していれば、女性を救命できた可能性が高かった」と判断して、死亡との因果関係も認めた。
 判決によると、女性は12年4月11日、帝王切開で男児を出産。左脚付近の静脈に生じた血栓が合併症の肺血栓塞栓(そくせん)症を引き起こし、15日に死亡した。
コメント

賃金1億円未払いで提訴へ 看護師ら、大阪の病院に

2018年09月14日 15時10分51秒 | 事故事件訴訟
賃金1億円未払いで提訴へ 看護師ら、大阪の病院に
2018年9月13日 (木)配信共同通信社

 大阪府泉佐野市の「りんくう総合医療センター」に勤務する看護師ら83人がセンターに対し、1日8時間を超えた労働時間の割増賃金を約2割しか支払っていないのは違法だとして、未払い分計約1億円と制裁に当たる「付加金」約6千万円の支払いを求める訴えを19日にも大阪地裁堺支部に起こすことが12日、分かった。
 代理人弁護士やセンターの労働組合が12日、堺市内で記者会見し明らかにした。原告は20~50代の看護師81人と薬剤師2人で、時効を迎えていない2015年7月~昨年12月分の1人当たり約20万~約300万円を求める。
 訴状などによると、センターは岸和田労働基準監督署から昨年4月以降、就業規則の不備や給与の一部不払いを是正するよう計5回の勧告を受けた。原告は、センターが割増賃金の約2割しか支払っていないと主張している。
 代理人の増田尚(ますだ・たかし)弁護士は会見で「不払い分を一方的にカットするのは労働基準法に反し違法だ」と話した。センターは「現時点でコメントは難しい。今後改めて説明したい」としている。
コメント

男が入院中の男性をハンマーで殴り逃走 松江の病院

2018年09月10日 02時28分42秒 | 事故事件訴訟
男が入院中の男性をハンマーで殴り逃走 松江の病院
2018年9月7日 (金)配信朝日新聞

 7日午前11時5分ごろ、松江市上乃木3丁目の「松江記念病院」から「入院患者が殴られた」という110番通報があった。島根県警によると、男が入院中の男性(49)の頭をハンマーで殴って逃走したという。男性に意識はあり、県警は、殺人未遂容疑で男の行方を追っている。
 松江署によると、男は男性の頭部左側を殴ったといい、凶器とみられるハンマーは病院内で見つかった。その後、男は病院の駐車場の方向に向かったといい、同署は車で逃走した可能性もあるとみて、捜索している。
 男は20~30歳代で、175~180センチのやせ形。白の長袖トレーナーと黒のハーフパンツ姿にサングラスをかけていたという。
 松江記念病院はJR松江駅の南約2キロの住宅地にある。同病院のホームページによると、内科、外科、小児科などのほか、生活習慣病外来や禁煙外来などの専門外来も受け付けており、病床数は172床。地下1階、地上4階の鉄筋コンクリート造り。医療法人社団創健会が1986年に開設した。
a
コメント

ながらスマホの自転車死亡事故、元大学生に有罪判決

2018年08月29日 09時55分50秒 | 事故事件訴訟
ながらスマホの自転車死亡事故、元大学生に有罪判決
斎藤博美、飯塚直人 小林太一、吉沢英将
2018年8月27日18時48分

 川崎市麻生区で昨年12月、スマートフォンを操作しながら電動自転車を運転し、歩行者にぶつかって死亡させたとして重過失致死罪で在宅起訴された元大学生の女性(20)=同区=に対し、横浜地裁川崎支部は27日、禁錮2年執行猶予4年(求刑禁錮2年)の判決を言い渡した。スマホを使いながら自転車を運転して事故になるケースは急増しており、警察庁も注意を呼びかけている。
左手スマホ、右手に飲み物…電動自転車で重過失致死容疑
 江見健一裁判長は判決で「周囲の安全を全く顧みない自己本位な運転態度で、過失は重大」と指摘。そのうえで、事故当時は時速9・3キロと比較的低速だったことや、被告の家族が加入する保険で賠償が見込まれる点などを考慮し、執行猶予つきの判決が相当だと結論づけた。
 判決によると、被告は昨年12月7日午後3時ごろ、歩行者専用道路となっている商店街で自転車を脇見運転し、歩行中の女性(当時77)=同区=と衝突、脳挫傷などで死亡させた。被告は事故直前に少なくとも33秒間、左耳にイヤホンをつけて音楽を聴きながら飲み物を持った右手で右ハンドルを握り、左手でスマホを操作しながら走行。メッセージの送受信を終えてスマホをズボンの左ポケットにしまう動作に気をとられ、事故を起こした。
 弁護側は「悪質性の低い脇見運転」だと主張したが、判決は「前方を注視しないばかりか、危険を察知したとしても直ちにブレーキをかけられない状態だった」と述べ、「『脇見運転』と矮小(わいしょう)化する弁護人の主張は論外」と退けた。さらに、被告が法廷で「急いでいたことが事故の原因」と述べたことについて「根本原因である自らの運転態度についての内省が深まっていない」と非難した。
コメント

入院女性の自殺未遂で和解 病院が解決金4千万、大阪

2018年08月19日 10時39分36秒 | 事故事件訴訟
入院女性の自殺未遂で和解 病院が解決金4千万、大阪
2018年8月7日 (火)配信共同通信社

 大阪市立総合医療センター(大阪市都島区)で2015年、入院していた娘が自殺を図って寝たきりになったのは病院側が防止対策を怠ったのが原因として、両親と本人が運営元の大阪市民病院機構などに計約2億1400万円の損害賠償を求めた訴訟が、大阪地裁(野田恵司(のだ・けいじ)裁判長)で和解が成立したことが6日分かった。病院側が解決金4千万円を支払う。
 和解条項では、病院側が十分な検証を行い、再発防止に向けて努力することも盛り込まれた。和解は7月31日付。
 訴状によると、原告女性は中学3年だった12年から過食と嘔吐(おうと)を繰り返し、その後、摂食障害や解離性障害などの症状で児童青年精神科に入院した。自傷行為を繰り返すため、病院側はモニターで監視していたが、15年5月、首にタオルを巻いている様子を確認したにもかかわらず12分間放置。心肺停止で、低酸素脳症で意識障害になり、寝たきり状態になったとしていた。
コメント

奇跡の救出、日々の暮らしが生んだ 尾畠さん自宅に戻る

2018年08月17日 23時58分29秒 | 事故事件訴訟
奇跡の救出、日々の暮らしが生んだ 尾畠さん自宅に戻る
興野優平
2018年8月16日19時38分

理稀ちゃんを発見した当時の状況について話す尾畠春夫さん=8月16日午前11時13分、大分県日出町川崎、興野優平撮影

「ボランティアに行く時は必ずかぶる」という尾畠春夫さんのヘルメット。「絆」と大きく書かれている=8月16日午前10時50分、大分県日出町川崎、興野優平撮影

 3日間行方不明だった山口県防府市の藤本理稀(よしき)ちゃん(2)を発見した大分県日出町の尾畠(おばた)春夫さん(78)は一夜明けた16日、自宅で朝日新聞などの取材に応じた。「人の命は地球より重い」と話し、休む間もなく18日には西日本豪雨で被災した広島県呉市に向かう予定だ。
活動費は年金から 風呂も断った尾畠さんが貫く信念
徒歩で日本列島縦断、尾畠さん快挙を同級生が祝う
大分から軽自動車で 一飯の恩忘れず「思い出探し隊」に 若者たちから師匠と慕われ 南三陸
 住宅街の一角にある尾畠さんの一軒家。部屋の片隅に衣服がきちょうめんにロール状に丸められ、いくつも積み重ねられていた。急いでボランティアに出かける時に、素早く着替えを準備するためという。そばにはボランティア活動では不可欠な赤色のつなぎもあった。
 愛用のヘルメットには「朝は必ず来る」の文字。「少しでも被災者の励ましになれば」と考えてのことだ。部屋の中には、新聞や雑誌で感銘を受けた言葉が短冊に書かれて所狭しと貼られていた。
 昼過ぎ、大分県杵築市に住む登山仲間の吉岡富男さん(74)夫妻が訪ねてきた。尾畠さんの活躍をニュースで知ったという。「本当に素晴らしい。まさにヒーロー」とたたえた。
コメント

薬物乱用、大麻が最多に‐女性で鎮痛薬常用が増加 厚生労働省研究班

2018年08月17日 23時35分59秒 | 事故事件訴訟
薬物乱用、大麻が最多に‐女性で鎮痛薬常用が増加 厚生労働省研究班
2018年8月6日 (月)配信薬事日報

 一般住民の医薬品使用を含めた薬物乱用の状況を調べたところ、大麻の生涯経験率が上昇し、国内で最も乱用されている薬物となったことが、厚生労働省研究班「薬物乱用・依存状況等のモニタリング調査と薬物依存症者・家族に対する回復支援に関する研究」(代表:嶋根卓也国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部)の全国調査で明らかになった。これまで最も生涯経験率が高かった有機溶剤は大幅に減少し、代わって大麻の経験率が上昇。大麻使用に誘われる機会や大麻を容認する考えを持つ人も若年世代で増えている実態も判明した。一方、鎮痛薬の常用者が増えており、特に女性で上昇傾向が見られ、これまでで最も高い値となった。危険ドラッグは減少傾向にあり、ほぼ沈静化したと考えられた。
■厚労研究班調査 危険ドラッグ問題は終息
 調査は、一般住民の薬物使用の最新状況を把握すると共に、経年的な変化をモニタリングするため、1995年から隔年で実施されているもの。2017年度で12回目となった。対象は15~64歳までの一般住民5000人。昨年9~10月にかけて無記名自記式の質問票調査により行われた。回収率は58.1%。
 その結果、薬物使用の生涯経験率は、大麻が1.4%、有機溶剤が1.1%、覚せい剤が0.5%、コカインが0.3%、危険ドラッグが0.2%と、大麻の生涯経験率が上昇し、20年以上にわたるモニタリング期間で最も高い値となったことが分かった。大麻を使用している推計人口は約133万人。大麻使用に誘われる機会も増えており、特に関東地区の都市部で多い。10~30代の世代では大麻を使用することを容認する考えを持つ人も増えていた。
 一方、これまで最も生涯経験率が高かった有機溶剤は大幅に減少。20年以上のモニタリング期間で最も低く、使用人口は約104万人と推計された。危険ドラッグの生涯経験率は0.2%となり、13年の0.4%、15年の0.3%に比べてさらに減少した。推計使用人口は約22万人となり、着実に減少した。
 また、鎮痛薬を週3回以上服用している習慣的使用者は2.8%に増え、モニタリング期間で最も高い値となった。特に女性で3.6%と上昇傾向が見られ、習慣的に鎮痛薬を服用している女性が増えている実態が分かった。
 精神安定薬と睡眠薬の習慣的使用者については横ばいで推移していたほか、過去30日間のエナジードリンクの摂取率は38.3%となり、摂取率は特に30代の男性で高かった。
 今回の調査結果から、これまで最も生涯経験率が高かった有機溶剤に代わり、大麻が国内で最も乱用されている薬物となったことが明らかになった。95年から20年以上にわたるモニタリング期間で最も高い値となり、注目された。
 さらに、大麻取締法違反で検挙される人も最近数年で増えつつあり、国内で大麻使用は確実に増加傾向にあった。特に関東地区などの都市部で誘われる機会が多いことがうかがえた。大麻使用に対しては「どんなことがあっても使うべきではない」と考える人が多数派ではあるものの、大麻を容認する考えが10~30代で増加している結果も得られており、研究班は若年層に対する乱用防止啓発の重要性を指摘した。
 大麻使用が増加する一方で、危険ドラッグ使用者は連続して減少傾向が見られた。危険ドラッグ対策が強化されたことで販売店が一掃され、14年以降危険ドラッグの入手可能性が低くなっていることなどから、研究班は「危険ドラッグ問題はほぼ沈静化した」と結論づけた。
コメント

医師切り付けで鑑定留置 名古屋地検

2018年08月14日 09時17分08秒 | 事故事件訴訟
医師切り付けで鑑定留置 名古屋地検
2018年8月13日 (月)配信共同通信社

 名古屋地検は10日、泥酔して搬送された病院で治療に当たった男性医師をカッターナイフで切り付けたとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された職業不詳伊藤由男(いとう・よしお)容疑者(70)=名古屋市瑞穂区=の鑑定留置を名古屋地裁に請求し認められたと明らかにした。11月12日まで。
 伊藤容疑者は7月25日、酒に酔って路上で倒れていたのを名古屋市立大病院の救命救急センター(同区)に運ばれ、隠し持っていたカッターナイフで医師を切り付けたとして、愛知県警瑞穂署が逮捕した。医師はあごから首付近に軽傷を負った。
コメント

薬過剰投与で患者死亡 国立関門医療センター

2018年08月13日 09時29分51秒 | 事故事件訴訟
薬過剰投与で患者死亡 国立関門医療センター
2018年8月10日 (金)配信共同通信社

 国立病院機構関門医療センター(山口県下関市)は10日、抗がん剤の過剰投与で70代の男性入院患者が死亡する医療事故があったと発表した。
 センターによると、男性は2月中旬に土手から転落して足を骨折し整形外科に入院。男性は他の病院で処方されていた脳腫瘍の抗がん剤を服用していたが、5日間連続して投与し23日間中断する周期で投与すべきところを、誤って1カ月以上毎日服用させた。
 口から出血するなどの症状があり、検査で過剰投与が分かった。男性は赤血球や白血球などが少なくなるなどの症状が出て感染症を起こし、6月上旬に死亡した。
 医師や看護師は休薬期間について知らず、確認もしていなかった。センターは再発防止策として副作用のリスクの高い薬について電子カルテ上などで注意喚起を徹底するようにした。センターの林弘人(はやし・ひろと)院長は「診療情報の確認不足だった。心からおわびする」と話している。
コメント

レーシック手術、賠償命令 医師の過失認定、東京地裁

2018年08月12日 22時54分44秒 | 事故事件訴訟
レーシック手術、賠償命令 医師の過失認定、東京地裁
2018年8月10日 (金)配信共同通信社

 近視を矯正するレーシック手術で網膜剥離になった長野県の女性(62)が、リスクの十分な説明がなかったとして、医療法人社団「翔友会」(東京)に約580万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(佐藤哲治(さとう・てつじ)裁判長)は9日、医師の過失を一部認め、約100万円を支払うよう命じた。
 判決によると、女性は2013年9月、翔友会が運営していた眼科クリニックで両目の手術を受けた。手術前の検査で左目の網膜に穴が開いていることが分かったが、医師は手術は可能と説明。女性は手術後に左目が見えづらくなり、長野県のクリニックで網膜剥離と診断された。
 佐藤裁判長は、網膜に穴が開いたまま手術すると網膜剥離になる可能性があることを事前に説明する義務があったと判断した。
 翔友会は現在、全国各地で「品川近視クリニック」を運営している。
コメント

9歳長男を殺害容疑、両親逮捕 内臓は破裂、強く暴行か

2018年08月02日 22時59分58秒 | 事故事件訴訟
9歳長男を殺害容疑、両親逮捕 内臓は破裂、強く暴行か
2018年8月2日 (木)配信朝日新聞

 堺市で今年2月、小学3年生の長男に暴行を加えて殺害したとして、大阪府警は2日、父親で会社員の福本徹也(35)と母親で堺市臨時職員の裕子(34)の両容疑者を殺人容疑で逮捕し、発表した。2人は「暴行していない」と容疑を否認しているという。
 捜査1課によると、2人の逮捕容疑は2月16日~17日未明にかけ、堺市北区百舌鳥陵南町1丁の自宅で長男の陽生(はるき)さん(9)に何らかの暴行を加えて殺害したというもの。17日朝、福本容疑者が仕事に向かった後、裕子容疑者が119番通報。陽生さんは搬送先の病院で死亡が確認された。
 捜査関係者によると、司法解剖の結果、死因は致死性不整脈で、目立った外傷はなかったが胃が破裂し、内臓を覆う腹膜も傷ついていたという。強く踏みつけられるなどの暴行を受けた疑いがあるとして、府警が捜査していた。
 裕子容疑者は逮捕前、取材に「(虐待は)まったくない。夫もしていない。息子は病気もなく、死因は全然思いつかない」などと話していた。裕子容疑者は事件後、近所の女性に「陽生は朝起きたらベッドで亡くなっていた。前夜にタブレットを使い、夫に怒られていた」と話したという。
コメント

倉敷中央病院でシステム障害 外来診療停止、2400人に影響

2018年07月28日 17時05分06秒 | 事故事件訴訟
倉敷中央病院でシステム障害 外来診療停止、2400人に影響
2018年7月27日 (金)配信山陽新聞

 倉敷中央病院(倉敷市美和)で26日朝、院内のネットワークシステムに不具合が発生。全てのパソコンでシステムへのログインが不可能になり、電子カルテの閲覧や受け付け業務などができなくなった。外来診療は終日、救急診療も午後8時すぎまで停止し、通院患者ら約2400人に影響が出た。
 同病院によると、午前7時半ごろ、複数の職員から指摘があり、トラブルが判明。直前までは正常に作動していたという。このため救急診療のほか、同8時10分からの外来診療を中止。55件が予定されていた手術の約8割と、緊急性が高い薬の処方は安全を確認しながら対応した。医療機器や入院患者への影響もなかった。
 システムの製造会社などが復旧にあたり、午後8時に回復した。原因を調べている。
 27日は全ての診療を通常通り行う見込み。
コメント

投票ボタン

blogram投票ボタン