日々

しあわせにと祈る

メガネ、時計を見る

2018年05月22日 00時14分14秒 | 買い物
時計屋さんにも寄る
高い時計があった
花粉よけメガネもあったよ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜日、松江テルサにて

2018年05月15日 00時03分03秒 | 買い物
日曜日、松江テルサにて

石見神楽を見る。
久しぶり。

『ウェルネス ヘルス&ビューティフェスタ2018』
http://www.wellness-web.co.jp/campain/?cm=v&id=615
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいメガネ

2018年05月08日 14時59分10秒 | 買い物
それから
メガネの三城へメガネを取りに行く。
鼻あてのない
こんなメガネ

軽くて、とてもいいですよ!
初めて三城で購入した。
なかなか、感じよく、また、安価でよかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

100円自販機

2018年04月07日 18時11分15秒 | 買い物
昨日の寄り道
会社近めの自販機にオール1 0 0円で売っている自販機あり
ここです
乃木福富町の近めです。わかった?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健診結果提出で保険料下げ 第一生命、最大20% 業界初、全体の6割対象

2018年03月09日 00時47分04秒 | 買い物
健診結果提出で保険料下げ 第一生命、最大20% 業界初、全体の6割対象
2018年2月27日 (火)配信共同通信社

 第一生命保険が、加入時に健康診断の結果を提出すれば、保険料を最大で約20%安くする新制度を3月下旬に導入することが26日、分かった。健診を受けている人は死亡や病気のリスクが低いことが独自調査で判明したため。同社によると、健診結果を提出するだけで保険料を割り引くのは業界初。件数ベースで保険契約全体の約6割が割引対象となる見通しで、年金保険などを除いた保障性商品の大半に適用する。
 健診を受ければ保険料が下がるため、顧客の健康増進の意識を高める効果が期待できる。保険会社にとっても保険金の支払いが減り収益を安定させる利点がある。生保業界では、健診の受診率が上がれば、社会保障費の抑制にもつながると説明している。
 割引は2段階で、健診結果を提出すれば、内容にかかわらず保険料を最大約10%安くする。血圧や血液検査の数値が優良であれば、さらに同約10%引き下げる。新規契約が対象で、死亡保障と、がんや脳卒中など三大疾病を保障する商品に適用する。
 第一生命によると、顧客の病歴などのデータを分析したところ、健康診断を受けた人はそうでない人に比べ、死亡や三大疾病のリスクが低いことが分かった。保険金の支払いが抑えられるため、保険料の引き下げができると判断した。
 生保業界では、第一生命の取り組みのように顧客に健康改善を促し、保険への満足度を高めながら、自社の収益安定を目指す「健康増進型保険」の発売が相次いでいる。東京海上日動あんしん生命保険は昨年8月、歩数に応じて保険料を割り引く医療保険を発売し、売れ行きは堅調だ。
 住友生命保険は今年夏にも、ITを活用して健康状態に応じて保険料を割り引く新商品を出す方針。提携先での買い物やサービスで特典を受けられるようにする。
 ※健康増進型保険
 顧客が健康増進などに取り組むと保険料を割り引く新しいタイプの保険。従来の生命保険は年齢や性別で画一的に保険料が定まっていたが、人工知能(AI)の活用などで健康上のリスクを計算し、保険料を細分化できるようになった。長寿化や健康への関心の高まりに対応し、各保険会社が開発を競っている。歩数を計測するウエアラブル端末などの新たな技術を活用するものが多く、今後、市場の拡大が期待されている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホンダジェット出荷、世界一 小型機部門、セスナ機抜く

2018年03月07日 10時55分19秒 | 買い物
ホンダジェット出荷、世界一 小型機部門、セスナ機抜く
高橋克典、木村聡史
2018年2月22日21時08分

写真、ホンダジェット(ホンダ提供)

 ホンダの小型ジェット機「ホンダジェット」の2017年の出荷数が前年比20機増の43機で、小型ジェット機(重量5・7トン以下)部門で、米セスナの主力機を抜いて初めて世界一になった。18年に入っても受注は順調で、生産スピードを上げ、さらに出荷数を伸ばす計画だ。
 全米航空機製造者協会が22日に発表した集計で明らかになった。小型機部門の機種別で、ホンダジェットはセスナ「サイテーションM2」の39機を上回った。
 ホンダジェットは最大7人乗りで、価格は490万ドル(約5億2400万円)。エンジンが主翼上部につくのが特徴で、空気抵抗が少ないことによる燃費の良さや、静かで広々とした室内空間が人気だ。
 小型機は、富裕層や企業などが主に都市間の移動手段として使っており、近年は需要が伸びている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セブン、健康配慮を強化 商品開発や情報発信

2018年03月02日 11時18分33秒 | 買い物
セブン、健康配慮を強化 商品開発や情報発信
2018年3月1日 (木)配信共同通信社

 セブン―イレブン・ジャパンは28日、安心や安全、健康に配慮した商品開発や情報発信を強化すると発表した。野菜をたっぷり使った商品の取り扱いを増やし、プライベートブランド(PB)商品には、パッケージの裏側ではなく表面に栄養成分を記載するなどイメージ向上を狙う。
 セブンは「コンビニ弁当は体に悪い」との懸念を払拭(ふっしょく)するため、保存料や合成着色料を使わないサンドイッチや麺類を開発してきた。今回、健康な体づくりを支援する姿勢を打ち出すため、キャッチフレーズ「カラダへの想いこの手から」も新たに採用した。
 古屋一樹(ふるや・かずき)社長は東京都内の記者会見で「セブンにしかできない商品を提案し続ける」と話した。
 セブンは同日、店舗数が全国で2万店を突破したのを記念し、10月にスタッフのユニホームを15年ぶりに刷新することも発表した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幹細胞から肌ケア製品 友利新さんが学術顧問、琉球大発ベンチャー「グランセル」

2018年02月19日 10時35分39秒 | 買い物
幹細胞から肌ケア製品 友利新さんが学術顧問、琉球大発ベンチャー「グランセル」
2018年2月15日 (木)配信琉球新報

 琉球大学発のベンチャー企業Grancell(グランセル、野村紘史代表)は13日、ヒト脂肪幹細胞の培養液を原料にしたスキンケア製品「コスメアカデミア」が完成したと発表した。同製品は大学内の再生医療設備を使用して、原料から全て国内で製造している。14日にインターネットで限定販売する。
 脂肪幹細胞は再生医療などに活用されるもので、培養の過程で多くの成長因子を分泌している。成長因子を含んだ培養液をスキンケア製品に活用することで、シミやしわの改善、肌の組織修復を促進するなど多くの効果が期待できる。野村代表は「再生医療の研究成果を沖縄に還元したかった」と語った。グランセルの学術顧問を務める医師の友利新氏は「女性の肌の悩みに対応できる」とアピールした。
 14日に発売するのは化粧水(120ミリリットル、税抜き1万2千円)、美容液(30ミリリットル、同2万4千円)、セラムマスク(5枚入り、同9千円)の3種類。3月中旬にも追加販売を行う予定。購入はオンラインサイトhttp://cosmeacademia.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渋谷に「変なカフェ」…「変なホテル」に続き

2018年02月04日 00時18分44秒 | 買い物
渋谷に「変なカフェ」…「変なホテル」に続き
2018年1月31日 (水)配信読売新聞

 旅行大手「エイチ・アイ・エス(HIS)」は30日、ロボットがコーヒーを提供する「変なカフェ」を2月1日に渋谷の商業ビル「渋谷モディ」内にオープンすると発表した。
 券売機で飲み物を注文し、受けとったQRコードをカウンターの機械にかざすと、人工知能が搭載された米国製ロボット「ソーヤー」がコーヒー豆をひいたり、全自動のドリップマシンを操ったりして接客する。メニューは7種類で、1杯あたり2~4分で出来上がる。値段は、本格ドリップコーヒーが1杯税込み320円、カフェラテが同380円など。
 HISは「反響を踏まえて全国展開したい」としている。同社グループはロボットが接客する「変なホテル」も展開している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀座にハイアットが「セントリック」開業 アジア初上陸

2018年01月29日 23時19分33秒 | 買い物
銀座にハイアットが「セントリック」開業 アジア初上陸
その他 2018年1月22日 (月)配信朝日新聞


 米ホテル大手ハイアットグループの高級ホテル「ハイアット セントリック 銀座 東京」が22日、東京銀座朝日ビルディング(東京都中央区銀座6丁目)に開業した。「セントリック」は2015年に立ち上げられた「ライフスタイルホテル」のブランドで、アジア初進出となる。
 ビルは地上12階建てで、高級ブランド店が並ぶ銀座・並木通り沿いにある。5~12階が客室で、35~127平方メートルの5種類の164室がある。料金は平均で1泊4万円台。最上級で1室のみの「ナミキ スイート」には、並木通りに面した45平方メートルのテラスやキッチンダイニングなどもあり、パーティーなどにも使える。
 3階にはダイニング&バー「NAMIKI667」が入る。1階正面入り口には、銀座の町並みを撮影したフィルムを使ったアート作品が飾られている。
 ハイアットグループのアジア太平洋地区責任者を務めるデビッド・ユデル氏は「銀座・並木通りは、文化、エンターテインメント、ショッピングなどの情報発信地だ。この地でホテルを運営できるのは大変意義深く喜ばしい」と話す。


■日本のホテル市場「訪日観光客、五輪後も」ハイアットアジア太平洋責任者
 ハイアットグループのアジア太平洋地区責任者のデビッド・ユデル氏に、日本のホテル市場の将来性などについて聞いた。
 ――日本のホテル市場をどう見ていますか。
 「右肩上がりの、世界の中で最も重要な地域の一つだ。バブル崩壊後、日本のホテル市場は休眠状態が続いたが、今まさに花開いた盛りの、一番美しいエキサイティングな時期だ」
 ――なぜエキサイティングになったのですか。
 「経済環境が変化し、訪日客も急増している。ホテルは投資適格な資産になってきた。それは東京や大阪だけではない。名古屋、金沢、広島なども潜在力があり、宝石のような都市だ」
 ――今後もホテルの大量供給が続き、競争が激しくなるのでは。
 「勝ち組と負け組は出てくるだろう。単なる並のホテルでは、この市場で成功できない。我々はパークハイアット、グランドハイアット、ハイアットリージェンシーなど様々なブランドで展開している。宿泊客に異なる体験をしていただくことや、地域の人ときちんと関係をつくることが重要だ」
 
――消費増税、東京五輪終了などで、経済環境も変わる可能性があります。
 「私は楽観している。五輪終了後、開催都市はどこも盛り上がったホテル需要が縮小しているとの見方があるのは知っている。だが、日本を訪れたい人は多く、特に成長著しいアジアからの観光客が五輪後も引き続き訪れるだろう」
 ――花開いた美しい時期は五輪後も続くということですか。
 「日本は安全、衛生的で、空気はきれいで、空も青い。有機栽培の野菜に汚染されていない魚などの食事、日本人のおもてなし、東西南北に広い地形、そして、政府の強力なバックアップ。それらをあわせれば大きな力になる。五輪後の衰退は防げる」(石山英明)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「殺虫剤」って呼ばないで 業界がソフト路線、効き目は

2018年01月26日 23時54分51秒 | 買い物
「殺虫剤」って呼ばないで 業界がソフト路線、効き目は
村井七緒子
2018年1月25日17時29分

アース製薬が提案する「虫ケア用品」の売り場のイメージ(同社提供)

 「殺虫剤」って呼ばないで――。殺虫剤業界最大手のアース製薬が、マイナスイメージのある呼び名を改めようと動き始めた。他社では外装からゴキブリのイラストを消せる新商品も。市場拡大を狙い、業界が取り組むソフト路線化の「効き目」はいかに?
 ハエや蚊を駆除する「アースジェット」を手がけるアース製薬は今、小売店に配る販促物のデザインをがらりと変えようとしている。従来の「殺虫剤」という言葉を消し、代わりに「虫ケア用品」をうたう。「虫からケアする(守る)」という意味で、売り場に掲げるポップなどが3月ごろから変わる予定だ。
 すでに自社ホームページは新呼称に変更。小売店や同業他社にも賛同を呼びかけている。
 基幹商品の呼称を変えるのは、その名に付きまとう負のイメージを払拭(ふっしょく)するため。同社が昨年8月に行った全国の20~60代の男女500人への調査では、殺虫剤という呼び名に「人体に有害なイメージを持つ」人が34%、「使うのが怖い」という人が17%いた。小売店からも「『殺』という字を店内に掲げたくない」という声が上がっていた。
 蚊取り線香で知られる大日本除虫菊が2月に販売する「コックローチ ゴキブリがうごかなくなるスプレー」など2製品は、外装に工夫がある。ゴキブリのイラストが入った外装フィルムをはがすと、グレー地のシンプルな本体が現れる。
 素早いゴキブリを駆除するため、スプレーは手の届くところに置いておきたいが、ゴキブリのイラストが目につくのはイヤ。そんな利用者のニーズには応えたい。ところが、売り場でゴキブリ駆除剤と認識されなければ意味がない。使いやすさと売りやすさの両方を満たす新発想の二重の外装を、同社は「脱皮缶」と名付けた。
 フマキラーが2月に発売するエサでおびき出すゴキブリ用殺虫剤「ゴキファイタープロX(エックス)」は、うすい水色の球体。従来は黒い商品が多く、「見える場所に置くとゴキブリの出る家だと思われる」という声に対応した。
 日本家庭用殺虫剤工業会によると、ハエ、蚊、ゴキブリ、シロアリなどの害虫駆除剤の市場規模(2017年)は約820億円と、頭打ちの状態が続いている。一方、蚊が媒介するデング熱などの流行で、害虫駆除への関心は高まっている。業界は、マイナスイメージの払拭で市場の拡大を狙っている。(村井七緒子)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電気屋さん、ありがとう(*^^*)

2018年01月23日 12時07分05秒 | 買い物
今、でんき館のお方に来てもらって
ファクス電話のインクを入れてもらい、
廊下の蛍光灯を見てもらい、
不具合がすぐ直ってよかったね。
昔は、小さな電気屋さんが近くにあって
何でもさっさと直してくれた。
七十五の婆は、そんな電気屋さんが見つかって
本当に喜んでいる。
大型店もwebも苦手、
他に
コンビニ屋さんが配達してくれると
一人暮らしも安心だけどねo(^-^)o
まあ、ちょこっとスーパーも配達してくれたら
果物野菜が買えていいけどねo(^-^)o
午後からはお仕事
行って来ます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チョコでイラク支援を がんの子供に医薬品

2018年01月15日 10時54分50秒 | 買い物
チョコでイラク支援を がんの子供に医薬品
2018年1月11日 (木)配信共同通信社

 混乱が続くイラクで医療援助をしているNPO法人「日本イラク医療支援ネットワーク」(JIM-NET、東京)が、冬季限定の「チョコ募金」を呼び掛けている。小児がんの治療を担う現地の病院や難民キャンプに薬品を届けるのが主な目的だ。チョコは北海道帯広市の「六花亭」製のハート形。募金は1口(1缶)550円で4口から受け付ける。缶の絵柄はイラクでがん治療を受けた子供が描いた。
 代表で、長野県茅野市の諏訪中央病院の名誉院長も務める鎌田実(かまた・みのる)さんは「戦渦に巻き込まれ、まともな治療を受けられない子供たちを救うことは、イラクの平和につながる一助になる」と訴えている。
 イラクでは、過激派組織「イスラム国」(IS)との戦闘や、スンニ派とシーア派のイスラム教徒による宗派対立などで治安が極度に悪化。戦闘で破壊された病院も少なくない。抗がん剤は高価で慢性的に足りない状態が続いているという。
 国連によると、国内に避難する住民は400万人以上。難民キャンプにとどまり、治療を受けられない子供も多い。
 JIM-NETは、イラク北部クルド人自治区の中心都市アルビルを拠点に活動。2017年1月、がん患者の子供や家族が宿泊できる施設を現地に開設。イラク人スタッフが、入院中の子供たちを対象に院内学級も主催している。2月には、支援してきた子供たちによる絵画展も東京都内で開く。チョコ募金の問い合わせは電話03(6908)8473。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界最大級の家電見本市、米国で開幕へ 主役はAI

2018年01月10日 00時05分24秒 | 買い物
世界最大級の家電見本市、米国で開幕へ 主役はAI
ラスベガス=岩沢志気、初見翔 ラスベガス=宮地ゆう
2018年1月9日00時55分朝日新聞
LINE(ライン)のブースでは、翻訳機能が付くイヤホンを紹介していた=7日、米ラスベガスあ

 家電や情報通信技術の世界最大級の見本市「CES(セス)」が9日から、米ラスベガスで開かれる。今年の主役は人工知能(AI)だ。暮らしの中に溶け込みはじめたAIをめぐる企業間の競争も激しくなっている。
AI関連技術、日本企業も続々展示
 AIは急速に活躍の場を広げている。開幕を控えた7日のイベントで、各社はAIを採り入れた商品や技術をアピールしていた。
 対話アプリの運営で知られるLINE(ライン)などが披露したのは、まるで、ドラえもんのひみつ道具「ほんやくコンニャク」が実現したようなイヤホンだ。耳に付けていれば外国語を自国語として聞くことができる。
 イヤホンにはマイク機能も付いて、これで受け取った音声は、インターネットを通じてAIに届き、AIが別の言語に翻訳して送り返してくれる。CESではこの機能が実装前のものが展示されたが、2018年夏に日本と韓国で発売予定だ。18年中には米国でも発売する予定で、「今後2年間で3千万個を製造する計画」(担当者)という。
 いまはまだ日本語、韓国語、英語、中国語にしか対応しないが、最終的には40カ国語に対応する。
 「日々の生活を手伝える装置だ」。仏のVIAROOM(ヴィアルーム)のアレクサンダー・イワキム最高経営責任者(CEO)が紹介したのは、使う人の生活のリズムに合わせ、家電の電源を自動で「オン」「オフ」できる装置だ。起床時刻に合わせてラジオが鳴ったり、照明がついたりする。装置のAIが生活パターンを把握している。
 価格は99ドルで1月末から欧州で発売する。アレクサンダー氏は「今後、日本でも発売したい」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家庭用熱電併給システム、不眠に影響の可能性 消費者庁

2017年12月23日 20時43分41秒 | 買い物
家庭用熱電併給システム、不眠に影響の可能性 消費者庁
2017年12月22日 (金)配信朝日新聞

 ガスなどを利用した家庭用熱電併給システム「コージェネレーションシステム」の運転音と不眠などの症状との関連性について、消費者庁の消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、「運転音が症状に影響を及ぼしている可能性が考えられる」などとする調査結果を公表した。
 自宅や隣家に設置されたシステムの影響で、不眠や耳鳴りを訴える8件(9人)について調べた。その結果、5件(6人)で、運転を止めると症状が改善したり、不快感がなくなったりしたという。こうしたケースがみられたため、事故調は、運転音と症状との関連性を「否定できない」として可能性を認めた。
 調査結果を受けて事故調は、運転音の低減に向けた対応をメーカーに促すことなどを経済産業省に求めた。環境省にも、運転音の人体への影響について研究を進めることを要求した。
 同システムは、ガスなどを燃料に発電し、排出される熱を給湯や暖房に利用するもの。省エネにつながることが期待でき、家庭用は燃料電池コージェネとガスエンジンコージェネをあわせて計約35万台(今年3月末現在)が販売されたという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

投票ボタン

blogram投票ボタン