HONK de BONK

鳥の“落し物”が直撃しましたが(泣)鳥には寛容な私です。。。

Barguil and France2 Rating (バルギルとフランスドゥーの視聴率)

2017-07-21 18:18:06 | bike
ふー。いろいろと決着がついちゃったのかなぁ(淋)。

まあ、これも勝負のひとつのかたちだから。

で、フランスでの昨日のバルギルのステージ優勝の視聴率が58%(瞬間?)だったというのは本当だろうか?



ひねくれ者のくせに、何だかんだ無茶苦茶楽しみにしてたんだなぁ~、フランス人。

そしてガッツポーズのバルギルが、リシャール・ヴィランクによく似ている。

インタヴューの声までヴィランクに似てるんだよね。高めで弱々しい感じが。

何が違うかというと、ヴィランクみたいな華がないな、バルギルには(鬼)。

兎に角、悪いことには手を染めないでねー。

+++

朝方NHK-BS1で、ワールドニュースというのをやっている。

その枠で、フランス2のニュースも紹介されるのね。

ツール期間中は見よう見ようと思っていたのに、朝の忙しさにかまけ、ついついNHK総合つけっぱなし。

今年も見ないまま終わりそうだ…。嗚呼。

前振りが長くなったが、フランス2と言えばあるお方のことが脳裏に焼き付いている。



このお方です。。。(アンカーマンのローラン・ドゥラウース氏)

写真だと、ちょっと雰囲気が違うんだなーーーーー。

ニュース読んでる映像はもっとぐいぐい来るのよ。

好きか嫌いかというと、それほど好きではないんだけど、なんか目が釘付けになるというか、そんなに見ないでぇぇって言いたくなるというか。

+++

今日のJスポのゲストはくまモン。

レース中もスタジオで喋っていってほしい(苦笑)。
Comments (8)

Le Tour & Six Day (TdFと6日間レース)

2017-07-10 19:51:49 | bike
イタリアの6日間レースのネット観戦のため、昨夜は後ろ髪を引かれる思いでとっとと寝た。

起きたら大変なことになっていた。

・ ポート終了…。
・ バルギル、やらかした。
・ コンタドール、キンタナ遅れる。
・ デマール、奴隷諸共HD(Hors délai)←まあ想定内

ほかにもあったっけ?

寝るまでは楽しいテレビ観戦だった(※ ゲラント・トーマス、ヘーシンクなどの落車以外)

そして、ジマさんのマイケル・マシューズ(TOJ 2010)の印象があんまりだった。

「グッダーイ、グッダーイみたいなー」って(苦笑)。

絶対、言ってないべー(←いや、ジマさんに対しては言ったのかもしれないけどさ~)。

確かに見た目はチャラいお兄ちゃんだったけど、しゃべり方は普通だったし、目一杯追い込んだ富士山ステージは素晴らしかったじゃない!!


追い込んでゴール後は朦朧のふらふら
ほっといたら倒れそう


座り込む
(Tour of Japan 2010 Mt Fuji Stage photos by kumataro)


こんなにすごいのに、ビーサン履いてそうとかやめてよねー(まあ、確かにそんな風体だけどw)。

でも、背中に紋々背負ってたことや、眉ピーのことを覚えてるから、相当印象的だったのかな。

と言いつつも、ジマさんと狩野選手の解説が大好き。

何言ったって、真実は走る人達のみぞ知る訳で、楽しくて眠くならない解説が好きだ。

正直、この二人で毎日かわりばんこでやってほしいぐらいだ(←死ぬって)。

+++

総合は「今年もまたあなたの私の夢が走ります。 あなたの夢はフルームかキンタナか? 私の夢はバルデです」という感じかな。

ペローを献身的にアシストした(2014?)イメージが強烈で、インテリジェンスもまた魅力。

+++

イタリアの6日間レース、6 Giorni delle Roseはちょっと大変なことに。

キャメロン・マイヤーは金曜日(2日目)にチューブがバーストして落車。

その日のマディソンはニュートライゼーションで怪我の様子見。

翌日は復帰して、オムニアムで3位。



両腕の包帯&絆創膏が痛々しいも3位。

あと、ちょっと笑っちゃうのがコカールとレザが緊急出場していること。

最初に出たスタートリストには名前がなかったのでビックリ。

仲良く(笑)頑張っているし、成績もいいですよ。

ツールに出られなかった鬱憤を晴らしておられるのだろうか。。。



冬の6日間レースとは随分と言うか、滅茶苦茶雰囲気が違う。

ルールも記録会的雰囲気だし(苦笑)。

レースはそれでもまだいいが、何とかしてほしいのがショウ。

ねーちゃん達のダンスがあるけど、それがもう……。

うちのジムのインストラクターさんの方が5000倍は上手い。

美人が出てくると喜ぶとか、そういう問題ではないと思う。

やはり、村祭り的な一面があるのだろうか。。。

+++

追記: ダンスの動画があったので貼っておきまする。

SGR Fiorenzuola 2017 | Show: On Danse & Orchestra Amadeus


追追記: これじゃ何も分かんないだろー的なポイントレース(2日目)のダイジェストとマイヤー兄の勝利インタヴュー。

SGR Fiorenzuola 2017 | #day2: ME - Corsa a punti/Point Race


更に、これじゃ何も分かんないだろー第二弾。

4日目男子オムニの最終種目ポイントレース、ポディウム、勝者Théry Schirのインタヴュー。

SGR Fiorenzuola 2017 | #day4: ME - Omnium
Comment

Italian 6 Days - 6 Giorni delle Rose - Start List (ローゼ6日間レース スタートリスト)

2017-07-05 17:38:30 | bike
イタリアの6日間レース“6 Giorni delle Rose”(7月6日~11日)のスタートリストが出た。

1 Morgan KNEISKY – Benjamin THOMAS (FRA), ACEF
2 Cameron MEYER – Callum SCOTSON (AUS), ROSSETTI Market
3 Roy EEFTING - Wim STROETINGA (NED), ROSTI
4 Adrian TEKLINSKI - Wojtek PSZCZOLARSKI (POL), BFT Burzoni
5 Tristan MARGUET - Thery SCHIR (SUI), FERRI
6 Michele SCARTEZZINI - Francesco LAMON (ITA), LA ROCCA
7 Steven BURKE - Kiam EMADI (GBR), ALU TECNO
8 Roman GLADYSH - Vitaliy HRYNIV (UKR), BUSSANDRI
9 Christos VOLIKAKIS - Lukem LICHNOVSKY (GRE/CZE), PAVINORD
10 Jiri HOCHMANN – Martin BLAHA (CZE), RAMENZONI
11 Facundo CRISAFULLI – Diego VALENZUELA (ARG), ASSIPRIME
12 Felix ENGLISH – Mark DOWNEY (IRL), MORI
13 Joseph BERLIN SEMON – Gael SUTER (FRA/SUI), ARDA NATURA
14 Frank PASCHE - Loïc PERIZZOLO (SUI), TRONI’S Events
15 Attilio VIVIANI - Matteo DONEGÀ (ITA), INSIDE
16 Alexander PORTER - Rohan WIGHT (AUS), PADANA IMPIANTI
17 Zachary CARLSON - Guy EAST (USA), HOPE
18 Kirill SVESHNIKOV - Dmitrii STRAKHOV (RUS), THERMAE LUCACHOVICE
19 Ryan FINTAN – Marc POTTS (IRL), METRONOTTE
20 Tomas CAPEK – Antonio CABRERA (CZE/CHI), TOP FOREX

LE 20 COPPIE IN GARA:
COPPIE 20à Sei Giorni delle Rose(←注 PDF!! 無駄に巨大なスタートリスト。ただジャージの色が分かるので、開いてみる価値はあるかも?)


キャメロン・マイヤー - カラム・スコットソン組は2番のブルージャージ


そして動画の直前☆戦力分析 見解&予想みたいなのもある。

6 Giorni delle Rose 2017 - DAILY | Day #0


んーーー。イタリア語なんでアレですが(哀)、イタリアでもマディソンは“アメリカン”ということは分かった。

あと、大会の3種のポスターが紹介されており、イタリア案の定なこのポスターが好き(薄笑)。

せくすぃ~なチャンネエが、マ●イア・キャリー的に寝そべっておられる。

+++

ライヴ・ストリーミングが期待できるが、ツール見て6日間レースも見たら、廃人間違いなし。

LIVE STREAMING & Video



Comment