HONK de BONK

鳥の“落し物”が直撃しましたが(泣)鳥には寛容な私です。。。

呆然。。。

2008-01-31 22:28:05 | D. Millar&Slipstream
バクステッドが落車した。

デイヴがスイングアップした後、バクステッドがクイックステップにぶつかって、ディーン、サットンもバタバタと…。

+++

ナポリンは今日が誕生日。

+++

デイヴはサットンやディーンと戻ってきた。

Cycling Weekly: TOUR OF QATAR STAGE FIVE: NAPOLITANO WINS AFTER CRASH
Comments (3)

ロッテルダム回想録 2008 その1

2008-01-31 20:46:23 | trip to Rotterdam'08
テキトー人間のオランダ備忘録。

+++

オランダのカフェでコーヒーを注文したら、クッキーが添えられていた。嬉しいサービスだ。

まるでコーヒーにおつまみが付く名古屋のようだと思った。

でもスキポール空港のスターバックスでは何も付いてこなかった。



ロッテルダムのエスカレーターは、人は右側に立って左側を空けていた(※ 歩く人が少ないので何とも言えないが)。

ここは大阪かと思った。でも大阪式がグローバルスタンダードらしいということを後で知った。
Comment

ベルリン6日間レース終了

2008-01-31 00:07:08 | bike
リージ ‐ マルヴリ組の優勝で幕を閉じる。前日5位からのジャンプアップ。周回を挽回し、ポイントも稼いだ。マルヴリが疲れ気味にように見えたが、世界チャンピオンの名に恥じぬ走り。御見それいたしました。

1. Risi,Bruno/Marvulli,Franco (Formaxx AG) 215 Pkt.
2. Fulst,Guido/Lampater,Leif (DKB) 206
3. Lademann,Christian/Aeschbach,Alexander (Techem) 189
4. Beikirch,Andreas/Mohs,Eric (Schultheiss) 173
5. Villa,Marco/Stam,Danny (Berlin Recycling ) 149

フィオクトと女子シクロクロスチャンピオンのクフェルナーゲル(何かを受賞?)

ベルリン6日間レース公式サイト ニュース&リザルトコーナー
bf-oneさんのベルリン6日間レースレポート

【2009~2011年のベルリン6日間レース予定】
2009年 1月22日~27日
2010年 1月28日~2月2日
2011年 1月27日~2月1日

(photo: Yahoo! Sportsより)
Comment

ツアー・オブ・カタール Stg. 4

2008-01-30 23:02:20 | D. Millar&Slipstream
今日のカタールの勝者はティンコフのアルベルト・ロッド。ツール・ド・ランカウイで御馴染み。遠目に見ると米蔵みたいだった。亡霊かと思った(生きてるってー)。

+++

ニキ・テルプストラが“かーちゃん見てるかアタック”。トラックの強い選手です、と紹介。昨年のロッテルダム6日間レースでは11位だったが、今年は6位。昨年のロッテルダムのインタヴューではあどけなかった表情が、今年はバンクでよその選手に文句を言ったりして、明らかに勝気に変身していた。「銀輪の風」でクラシックで活躍したいと語っていた。夢が叶うといいね。

+++

今日のデイヴはリードアウト。もうちょっと発射が遅いといいんだけど(苦笑)。A&B(アンソニー&ブライアン)が「TdFでもチームが違うマッギーのリードアウトしたりしましたよねw」なんて懐かしい話を。惜しい。マッギーじゃなくて、クックだ、たぶん。

Raphaの白いグローブが素敵だ。これ欲しいな~。本皮は手入れが大変そうだけど。

暑かろうに一人だけアームカバーな人。パールイズミだからこのタイプ(メッシュ UVアームカバー)だといいんだけど。いやー、普通のぽかった。ちゅうかアーガイルじゃなくて、ジャージに合わせて白希望。バクステッドの青黄ジャージだと更にすごい取り合わせになりそう。

1/28がジュリアン・ディーンの誕生日で、今日がバクステッドの誕生日だ。レース的には別に目出度くもなかったが、スリップストリームの夕飯時は楽しそう。ドーハのリッツカールトンにお泊りらしい。


追記:  やはり普通のアームカバーのようだ

(photos: tdwsport.comより。ツアー・オブ・カタールStg. 3)
Comment

腰痛

2008-01-29 22:44:04 | T. Dekker&Rabobank
トーマス・デッケルは持病の腰痛で、既にスペインのトレーニング・キャンプから引き上げている。

左右の足の長さの違いからくる痛みで、インソールなどで調節しているらしいが、簡単に完治とはいかないらしい。シービスケットのように足が曲がっていても大成する場合があるワケで、乗り越えてほしいものだ(馬かよ~)。

+++

ヤクシェが「チェッキーニ博士と、ドーピングやフエンテスの話をしたことはない。チェッキーニは金持ちで、趣味の一環として、自転車選手のトレーナーをやってるんじゃないの。問題があるとすれば、彼はマスコミのインタヴューに全く応じないところ」みたいな発言をしたが、チェッキーニの元・顧客であるトーマスやデイヴにはほっとする話。

Cyclingnews.be: Thomas Dekker opnieuw last van heupklachten
Sportweek: Jaksche: 'Cecchini heeft niets met doping te maken'
Comments (2)

逃げろ、デュディア!!(捕まりましたorz)

2008-01-29 22:36:21 | D. Millar&Slipstream
Cycling.TVのツアー・オブ・カタールに行ったら、ミルラムの金髪君が一人逃げしていた。誰?

デュディア。。。 ええっ!? ウクライナの美貌のパーシューター(※ シドニーW杯個抜き: 1位、北京W杯個抜き: 2位)のデュディアである(参考: tannenbaum居眠り日記zzz: ウクライナのLサイズモデル君Dyudya)。

グループ・リーダージャージにデイヴが90%は鬼引き(←贔屓目)した20人位の集団がまずは飲み込まれ、汗ダラダラ・ボトルの水ゴクゴクのデュディアも程なくして飲み込まれた。お疲れー。いい逃げでした。存在をアピールしたね。

Team Milram: Volodymyr Diudia

カタールのStg.3の結果は案の定昨日と大体同じ。集団の中にいる時から、ボーネンの番手を死守(予約?)するかのようなナポリンが不憫でした。。。
Comments (2)

新ジャージ ファッションチェック

2008-01-29 18:17:57 | D. Millar&Slipstream
ヴォータース監督の並々ならぬアーガイルへの執着に、戦慄を覚えた英国チャンピオンジャージとアーガイルの合体だが、無難なところに落ち着いて、心底ほっとする今日この頃。



右足の裾がアーガイル、左足の裾がトリコロール。ソックスはアーガイル。程よさ加減に大満足である。
全身スウェーデン青黄のバクステッドは左足がアーガイル。左右の違い、意味があるのだろうか。

関係ないけど、カメラマンのCor Vosさんが、デイヴの名前を“ロバート・ミラー”(性転換したという噂の往年の名選手)や“デイヴィス・ミラー”(惜しい!!)と、ことごとく間違えているのが気になった。

(photo: Cor Vosより)
Comment

ベルリン6日間レース佳境

2008-01-29 18:14:21 | bike
ベルリン6日間レース、5日目終了後の総合成績。

1. Fulst, Guido/Lampater, Leif (DKB) 173 Pkt.
2. Beikirch, Andreas/Mohs, Erik (Schultheiss) 157
3. Villa, Marco/Stam, Danny (Berlin Recycling ) 129
(↓1周回遅れ)
4. Rasmussen, Alex/Mörköv, Michael (DEMAG Cranes) 192
5. Risi, Bruno/Marvulli, Franco (Formaxx AG) 174
6. Lademann, Christian/Aeschbach, Alexander (Techem) 150
(↓2周回遅れ)
7.Pollack, Olaf/Kluge, Roger (Generali Versicherungen) 170
(↓4周回遅れ)
8. Grasmann, Christian/Müller, Andreas (Wolfram Bürokommunikation) 135
9. De Ketele, Kenny/Hester, Marc (Dürkop) 60
10. Schep, Peter/Bach, Christian (KIA Motors) 53

表彰台のチャンスは7位あたりまでか。どう転んでもおかしくないが、マルヴリが疲れ顔なのが気になった。

+++

一足お先にUIVカップ(U25)はピーター・ケノー ‐ ジョナサン・ベリス組の優勝で幕を閉じる。やったー!!

【リザルト】
1 Jonathan Bellis / Peter Kennaugh (Gbr) 125 pts
2 Roy Pieters / Geert Jan Jonkman (Ned) 69
3 Jiri Hochman / Jiri Dostal (Cze) 68

土佐犬の化粧回しというよりも、ポメラニアンに化粧回し?

ケノー&ベリスはトラックワールドカップ第4戦@コペンハーゲン(2/15~2/17)のマディソンでもコンビを組む。

【参考】
bf-oneさんのベルリン6日間レースレポート
ベルリン6日間レース公式サイト ニュース&リザルトコーナー

(photo by くまたろう。 Peter Kennaugh @Rotterdam)
Comment

チーム合同トレーニングキャンプ

2008-01-28 21:53:20 | D. Millar&Slipstream
またの名をツアー・オブ・カタール。

  • 放送開始後、30分弱でレース終わる。
  • 有力どころが小集団で逃げてるし。
  • リーダージャージとかバクステッドとか新人賞ジャージとかナポリンとかボーネンとかボーネンとか。
  • 後ろは全く映らない。
  • まあ映しても意味ないけど(←どーでもいい人たち)。
  • ナポリン、しっかりしろー。
  • 観客少ない、拍手まばら。
  • ゴールから表彰式までの時間長すぎ。
  • デイヴ、だらだら戻ってくる大集団の最後尾でゴールしてくる(白いでかい人だから見つけやすい)。
  • サットン、1日で新人賞失った。
  • 表彰式の段取り悪いから、必要以上に長いボーネンのインタヴュー。
  • ポディウムガールはお盆を持ってるだけ。
  • おっさんに小さなブーケを渡され、あまり嬉しそうじゃないボーネン。

    たぶん、明日も今日と同じ。
  • Comment

    3本立て

    2008-01-28 00:59:16 | D. Millar&Slipstream
    ダウンアンダー、カタール、シクロクロス世界選の3本立ての日曜日。

    白い人は引きまくったようだ。あんまり映らなかったけど。


    やっぱりTTやらせたら、誰よりもカッコイイですわ


    (photo: Yahoo! Sportsより)
    Comment