HONK de BONK

鳥の“落し物”が直撃しましたが(泣)鳥には寛容な私です。。。

ホテルの窓から飛行機

2008-05-31 19:38:33 | moblog
とても嬉しいけど、空港内の飲食店が、20時あたりで終わっちゃうことを考えると、それ以降は飛んでないのかな。
Comment

ネギ焼き

2008-05-31 18:59:11 | moblog
食べたら眠くなってきた。今日はチマコッピなのに。
Comment

今日も若人の応援

2008-05-31 15:11:20 | moblog
暑い。空港で日焼け止め買ってよかった。
Comment

パンダ vs かめ

2008-05-31 12:42:30 | moblog
ついに生茶パンダ自転車バージョンを手に入れた。
Comment

応援ペイント@富士山ステージ

2008-05-30 21:48:11 | bike
チョークで応援ペイントを描くお客さんを見つつ、いいな~と思っていたが、登りながらペイントを読んでるっぽい選手を見たときは、来年は絶対チョークを持ってこよう!!と心に誓った。

思わず選手がぷぷっ、、、と笑ってしまうような短くてキレのあるフレーズを考えたい(←迷惑だしー、応援から離れてるしー)。

出来れば英語のギャグも考えよう。デイブ・スペクターに弟子入りしたい(←彼のギャグ決して英語ではないしー)。

(photo by kumataro)
Comment

仲間はずれ探し

2008-05-29 20:53:20 | D. Millar&Slipstream
Q. この写真の中で仲間はずれは誰かな?


ジロ・デ・イタリア Stg. 17 スタート前







A. デイヴィッド・ミラー(トラック世界選2008の金メダルを持っていないから・泣)

+++

とはいえ、ロードの実績は現役イギリス人選手の中では一番なのだから、若い選手にはいろいろと教えてあげて欲しいな。

車のつかまり方とか(罪)。


デイヴィッド・ミラー&ゲラント・トーマス


今日(Stg. 18)は何かやるかなー。それとも最終日のTTに賭ける?

(photos: Slipstream/Chipotleより)
Comment

TOJ 伊豆ステージ写真日記≪CSC編≫

2008-05-29 19:52:27 | bike
下山が遅れ、ゴールの瞬間を見逃すという大失態。表彰式には間に合ったが。しかし、十分満喫。

+++

我々がCSCに到着したら、さっき写真をあげてサインをもらったウェズリー・サルツバーガーが4人の逃げに入っていた。うわぁー。興奮するシチュエーションだ。思わず、「行けー、ウェズリー!! ごーごー!!」と、中ぐらいの声で(←意気地なし)叫んだ。


先頭グループ4人。狩野、福島お兄ちゃん、サルツバーガー、ポロック


すると、いぬたろうが「今、くまたろうが応援したら、奴、笑ってたぜ」と妬ましそうに言うので「ええっ!? ほんとー、うそー、やだー」と舞い上がった。

次の周回、無言で彼の表情を観察したら…、




また微笑んでいた。。。 そうか。苦しくて口を開けると、笑ってるようにみえる例のアレだったのか。逃げてるんだものね。だよなーorz

 
ソウルサイクリング、ホイール交換


ソウルサイクリングが集団を引く

 

 
駆け合い始まる


先頭グループ、人数増加



 
アタック合戦再び


デンプスター蛇行(皆さん笑いすぎ)


まっすぐお願いします


地元の星ノデリ~ノ、アターック!!!!!


そうは問屋がカンガルー


皆様、あちらに見えますのがゴール地点でございます


西谷選手、胸!胸!(落!?)


やーねー。縁起でもないわぁ


ステージ優勝のオーラ

 
トラックでは競輪学校の生徒さんの模擬レース&ボトル


(photos by inutaro & kumataro)
Comment

TOJ 伊豆ステージ写真日記≪修善寺駅前編≫

2008-05-28 20:44:35 | bike
交通規制で路頭に迷うと困るので、前日に修善寺駅近くの駐車場に車を預け、当日は温泉街からバスで駅前入り。

 
ショーウィンドウに恭しく飾られる、応援用のスティックバルーン(左)
パレード前の太鼓パフォーマンス(右)


チームテントの設営はなく、商店街の路上でスタートを待つゆるゆる感が素敵。地元の人らしきオランダ人男性と日本人奥様&ちびちゃんがファンボンを訪ねていた。オランダ人選手がいるから応援に来たのだろうか? 心温まる光景だった。

 
渋谷センター街で地べたに座るチーマーの皆さん(違)


総合リーダー、ゴンちゃん擁するソウルサイクリング@フォトセッション


地元の星、野寺選手&平塚選手


テンションの高い伊豆市長のスピーチがナイス。英語でもやってのけ、外国人選手も盛り上がる。

 
スタート!! パレード開始


(photos by inutaro & kumataro)
Comment

ミッション遂行

2008-05-28 17:42:06 | bike
TOJ富士山・伊豆ステージで自分に課したミッション二つ。富士山では、下山したら表彰式は終わり、既にほとんどの選手達はバスに乗り込んでいるという仕打ちを受け、ミッション・インポッシブル。残るは伊豆だが、プレッシャーに弱すぎる私、どうなる?

【ロッテルダム6日間レースのパンフレットにLeon Van Bonのサインをもらう】
動機… 1月にファンボンのレースをロッテルダムで観た。半年以内にここ日本で再会するとは。なんか奇遇だなーなんて(そんな理由かよ~)。

+++

イイミワさんや土井選手(おおっ♪ オランダ繋がり)と談笑するファンボンを発見。どきどきしながら、その周りをうろうろしまくる。むー。気絶しそう…。土井選手が撤収したところで乱入。「レオン、サインをしてください」とファンボンの特集ページを差し出した。すると“このパンフはなんだ?”という雰囲気だったので、

「しっくすでいれーす」

と一言…。

英会話の先生に「単語だけはダメだよ。ちゃんと文章で話しなさい」と常日頃言われているのにこの有様。嗚呼...orz

無事、第一ミッション完了。。。


イイミワさん、土井選手、ファンボン
Dank u wel, Leon!!


【Wesley Sulzbergerにツール・ド・北海道2006の写真を渡す(&サインももらう)】
動機… 2006年、ツール・ド・北海道Stg.4。表彰待ちをしていたステージ2位のサルツバーガーは、悔しさを滲ませ、サンドイッチをガツガツ食べていた。そりゃゴールスプリントで負けてるんだから気持ちは分かるけど。それがとても印象的だった。1年365日の内、6日ぐらいはふと勝気なサルツバーガーを思い出していた(←少ないよ)。そしたら2007年の世界選U23ロードで準優勝。びっくり~。で、TOJで再来日。あの時の写真を渡したい。ステージ2位だったから、あまり嬉しくないかもしれないけど。

+++

サウスオーストラリアドットコム・AISのたまり場発見。どれがサルツバーガーなのか自信がない。スポーツグラスをかけてるし。その周りをうろうろしまくる。うろうろしたとて、分からんだろーが! 後ろに回りこんで、ゼッケンを確認。あ、やっぱり真ん中だわ、と前に戻ってきたら、誰かがいなくなって順番が変わっていたり。人違いをして失礼があってはならぬと、3回ゼッケンを確認した(もはや不審者)。


やはりオーストラリアはオゾン層が薄く、紫外線対策への取り組みは…などと考えつつ徘徊。。。


意を決して「すみません、ウェズリー。この写真にサインをしてください」と話しかけたら、隣のチームメイトが「ひゅーひゅー! ウェズにファンが来ちゃったよ~」と冷やかされたが、リアクションの余裕なんてなく、完全無視してしまいました。すまぬ。。。

「あれ? この写真って…」と聞かれたので、

「この写真は私が2年前に撮った。北海道だ。この写真はあなただ。こちらの写真はあなたにあげるつもりだ。これは封筒だ」

と、会話が膨らまなさそうな文語体で答えました(泣)。気の利いた洒落たことを言ってみたい…。

そんなでも、嬉しそうにしてくれて、サインもしてくれて、写真も撮らせてくれて、「もしよかったら…」と目元を触るジェスチャーをしたら、さっとスポーツグラスも外してくれて、むっちゃ親切だった。握手もしてもらいました(←ファンボンの時のあっさりしたミッションと比べ…)。

おまけに伊豆ステージでは逃げてくれたので、シビれたー。


Thank you so much, Wesley!!


(photos by kumataro)
Comments (2)

めざせ日本のマンチェスター or ゲント?

2008-05-27 20:14:54 | bike
TOJ伊豆ステージ。修善寺駅前でパレードを見送ってから、あとを追いかけて、車でCSCへ行った。おおー、ゆるゆる登っている。

+++

CSCのスタンドからコースへ下りるところでアンケートに答えた。

内容は屋内250m走路のベロドロームについて(他にも自転車関連etc.)。もし、修善寺にベロドロームが出来たとしたら行ってみたいかとか、走ってみたいかとか、世界選やW杯がそこで行われたとしたら観戦したいかとか。

勿論、熱くアンケートに答えた。聞くところによれば、“構想”はあるそうだ。

+++

確かに都心からは離れているけど、修善寺が自転車のメッカになるとしたら素敵なことだ。競輪学校の生徒さんは世界標準の250m木製バンクでいつでも練習できる。魅力あるレースが行われればファンもやってくるだろう。目玉になる施設の併設なんてどうだろう。子供騙しに走ってない自転車博物館とか。館内のカフェはサイクリストも入りやすく、メニューは自転車競技にどこかゆかりがあるもので。温泉街は昔ながらの温泉旅館が少なくないが、温泉つきB&Bスタイルの宿が増えれば、泊まって観戦+観光と、気軽に楽しめるだろうし。自転車がらみで修善寺温泉には何度か泊まっているが、ここの泉質はとてもいい。

ひとり空回りしても仕方がないけど、アンケート以来いろいろ妄想に励んでいる。

(photo: アンケートを答えた時に頂いたタンブラー)
Comment