HONK de BONK

鳥の“落し物”が直撃しましたが(泣)鳥には寛容な私です。。。

Stayin' Alive on the boards!! (今日のトラックレース)

2015-01-31 10:00:16 | bike
本日1月31日土曜日、二つの結構重要なトラックレースが開催される。

【ジャック・ボブリッジのアワーレコード挑戦】
現地時間19:00からなので、日本時間17:00から。ライヴ・ストリーミングはその30分前ぐらいから始まるかも。

JACK BOBRIDGE HOUR RECORD LIVE STREAM


このアワーレコード挑戦は、豪州トラックナショナル選最終日の中で行われる。

イブニングセッションの時間割はこちら。

Session 8: Saturday 31 January - 5:45pm
74 Women U19 Sprint Semi Final Heat 1
75 Women Keirin 3 Heats (1st to final, 2nd & 3rd to Repechage - 4th to race 7th to 12th final)
76 Women U19 Sprint Semi Final Heat 2
77 Men U19 Team Sprint Qualifying
78 Women U19 Sprint Semi Final Heat 3 if required
79 Men Keirin 4 Heats (1st to final, 2nd, 3rd & 4th to Repechage)
7:00pm Hour Record Attempt
80 Women Keirin Repechage (first 3 to final, remainder race 7th to 12th final)
81 Women U19 Sprint Final Heat 1
82 Men Keirin Repechage 2 heats (1st to final; remainder to 7-12 final)
83 Men U19 Team Sprint Final (3rd & 4th, 1st & 2nd)
84 Women U19 Sprint Final Heat 2
85 Women Keirin Final (7th to 12th; then 1st to 6th)
86 Women U19 Sprint Final Heat 3 if required
Presentations
87 Men Keirin Final (7th to 12th; then 1st to 6th)
88 Women 10km Scratch Race Final
89 Men 15 kilometre Scratch Final

ナショナル選のライヴ・ストリーミングは恐らくこちら(↓)になると思う(※ 現在は昨日のイブニングセッションのビデオ)。

2015 SUBARU NATIONAL TRACK CHAMPIONSHIPS FRIDAY




+++

そしてもう一つはイギリスのトラックイベント、Revolution 第4戦 グラスゴー大会。

Revolution Series | Elite track cycling
Round 4: 31st January - Sir Chris Hoy Velodrome - Glasgow

何と、個人追い抜きジュニア世界チャンピオン、イヴォ・オリヴェイラが登場する。勿論、双子の兄弟、ジュニアトラック世界選、スクラッチとマディソンのW銅メダリスト、ルイ・オリヴェイラを伴って。

Round 4 Rider Listing

年末、twitterのDM経由で、イヴォからリクエストがあった。

「ブログ見ました。もし僕らのジュニア世界選の写真があったら、全部ください」

根性って言うか、勇気があるなぁと思った。

以前、ちょろっと交流したことはあったが、日本語のブログで自分の写真を探し、頼みごとをする。

元々、社交的なのかもしれないけど、こういう積極性は選手としても重要だよね~。

画像は小型にしてメールで送ろうかと思ったが、大きい方がいいかと思い、多少加工して大容量ファイル転送サービスを利用して送った。

一応、英語対応のサイトを使ったが、双子はDLするのにめっちゃ苦労してたみたい(←DLする度、自動メールが来る。そして何度も来た)。

「この夏の最高の思い出がよみがえりました~」

と、DL成功のDMが来た時はほっとした(苦笑)。

二人はジュニアからエリートに上がり立て。Revolutionは素晴らしい経験になるはず。

ロードではポルトガルのU23のチームLiberty Seguros / Carglassに二人して加入。自転車レースファンにとっては、懐かしい名前の保険会社スポンサーだ。

Liberty Seguros / Carglass 公式サイト

Ivo Oliveira
Rui Oliveira

欧州のU23レースが楽しみ。
Comment

AUS Track Nationals & Hour Record Live Streaming (豪州トラックナショナル選ライヴ・ストリーミング)

2015-01-26 18:45:34 | bike
オーストラリアトラックナショナル選のライヴ・ストリーミングが今回行われるそうだ。

Coup for cycling with Subaru Track Nationals to be LIVE streamed on WWOS

史上初の豪州トラックナショナル選のライヴ放送。そればかりか、ジャック・ボブリッジのアワー・レコード挑戦も観られる!!

言うなれば、“ベルギーシクロクロスナショナル選を観れば、シクロクロス世界選を観たのと大体一緒”と同じく、“豪州トラックナショナル選を観れば、トラック世界選を観たのと大体一緒”ということなのである(無理矢理感)。

ナショナル選は1月28日~31日の4日間。ストリーミングは木・金・土のイブニング・セッション。

ボブリッジのアワーレコードは土曜日の19時(現地時間)から行われる。

時差があまりないから日本人の体調に優しい(笑)。

開催地のメルボルンと日本の時差は、+2時間。メルボルンが2時間進んでいる。

Subaru Cycling Australia Track National Championships 豪州ナショナル選公式サイト

今、熱いよねー、メルボルン。頑張れ、錦織選手も。

あー、錦織選手と言えば、踏切男、レイフ・ホステに私はよく似ていると思うのですが、いつものように賛同は得られないでしょうので、この辺にしておきます。。。
Comment

Tour Down Under Preview (そしてエースナンバー)

2015-01-19 17:08:06 | bike
ツアー・ダウンアンダーの落選(←結構前の話ですが…)から一転、なんとキャメロン・マイヤーはエースナンバーを背負うことになった。うぉおおおおーーーーー!!!!!(無駄吠え)

2015 » 17th Santos Tour Down Under (2.UWT)←スタートリスト

偏にゲランス骨折のお陰…ではないかもしれなくもなくはない(どっちだ)。まあ面倒だから1番に突っ込まれた感は否めないが、ゲランス欠場は結構前から決まってることだから…。

それに地元紙の中面見開きを飾るのは、グリーンエッジのTDU出場の面々。そしてセンターを見よ!!



これは……。正真正銘のエースだよね!!

体中央に折れ線が入ってるけど(苦笑)

背番号や立ち位置ではなく、いいレースをしてほしいな。2011年のように。

FOX SPORTS: Orica GreenEDGE is ready to spice up Tour Down Under without three-time winner Simon Gerrans

+++

ロバート・パワーのグリーンエッジ入りが決まった。

決まったも何も、チームのトレキャンに普通に参加して、催眠術にまでかかって、実は私、入団のアナウンスに気が付いていないのでは…と心配になったぐらいだった。

Orica GreenEDGE 公式サイト: More Power for ORICA-GreenEDGE from 2016

パワーはマイヤー兄と同郷の西オーストラリア出身。豪州選手としては貴重な脚質、山登りもこなす逸材。

今シーズンはU23で走るので、2016年からの加入となる。

マイヤー兄とグリーンエッジで一緒に走れますように。。。←今現在の私の心配事(※ まだ契約更新していない)

今回のダウンアンダー、ユニSAには、来季よりグリーンエッジ加入の3人衆がいる。

ロバート・パワー…(上記)
ジャック・ヘイグ…昨年のTDUとサンツアーの新人賞。
アレックス・エドモンドソン…アイドル顔の個抜き世界チャンピオン。ネッティの弟。

彼らの活躍もまた楽しみ。
Comment

Australia Road National Championships Rest Day (豪州ロードナショナル選休息日)

2015-01-09 19:44:47 | bike
クリテ、TTが終了し、明日は女子とU23男子のRR、明後日がエリート男子のRR。

それにしても…、グリーンエッジのTT陣は、一人も表彰台に上がれないという不甲斐なさ。正月ボケか? 否、実力通りなのか。

ひとつ、驚くことがあった。

U23クリテ2位の選手は、4年前のロード世界選(コペンハーゲン)ジュニア男子TTで銅メダルを獲得したデイヴィッド・エドワーズなのだ。

まだU23だったんだ~と、人相の結構な変わりっぷりに、月日の流れが遅いんだか早いんだかワケが分からない困惑に見舞われました。。。


David Edwards (photo by kumataro @ Copenhagen 2011)


これが2011年。この時はもうにっこにっこして、凄く嬉しそうだったのよー。

そして、これが2日前。



貫録出たわー(苦笑)。

まあ、2位で悔しかったという表情もあるのかな。

2011年から今まで一度もエドワーズの姿を見たことがなかった訳ではない。AISにずっと囲われていた選手ではない。フランスへ渡り、ag2rの育成チームで孤軍奮闘していた。だからその間、ちらっとは見たことがあったのに…。

永遠の童顔&美肌は、マイヤー兄ぐらいなのかもしれないw

+++

ここまでの、ハイライトビデオもUPされている。

#Roadnats 2015 - Mars Cycling Australia Road National Championships - Criterium Highlights



#Roadnats 2015 - Mars Cycling Australia Road National Championships - Time Trial Highlights


#Roadnats 2015 - Mars Cycling Australia Road National Championships - Complete Time Trial Highlights


+++

明日のU23はロバート・パワーに期待。

エリートは当然キャメロン・マイヤー。な・な・なんと当日は彼の誕生日なのである。セルフお祝いといきたいところだ。

2015 Mars Cycling Australia Road National Championships: 豪州ロードナショナル選公式サイト
Comments (4)

Happy New Year 2015!!

2015-01-06 13:36:36 | bike
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

本年も通常運転(←毎日ブログ)とはいかない予感というか状態ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

+++

オーストラリアの新年恒例ベイクリテ、カレブ・ユアンがハットトリックの圧勝。

で、キャメロン・マイヤーを始めとするグリーンエッジの兄さん達は、若きエース様のために、レース・コントロールという名の奴隷業務(固笑)。

ユアンは誰のお陰で美味しいお酒が飲めたかをよく考えようね…(脅)。


特に左の人のお陰です(photo: Victoria Cyclingより)


そこで豪州ロードナショナル選です(鼻息)。

サイモン・ゲランスが壊れているので、マイヤー兄がグリーンエッジのエースではないかという噂。

人の不幸を喜ぶ訳にはいきませんが、ここはぐぐぐーーーっとチャンスを引き寄せてほしいなぁ~。RRナショナルチャンピオンジャージを(TTは着たことがある)本当に着てほしいんだよーーー!!!!!(絶叫)

でもエヴァンスが獲って、シーズン中チャンピオンジャージお蔵入り、若しくは、BMCのチームカーの人着用という惨事も少しだけ期待。

+++

くまモンの自転車選手ストラップをハンズ熊本で見つけた。さすが地元。



なんだか、ゆるキャラとヘルメットの芸風、いや作風が違うんだけどまあいいか(笑)。

ずっとストラップがついてなかったガラケーに装着。なんか懐かしい感じ。

+++

最近の私の心の癒し、ホッキョクグマ。帰省した時、時間があれば動物園に足を運ぶ。

今回はいぬたろうを連れて行った(無理矢理)。

過去に例を見ないぐらいのテンションの高さに驚愕。めっちゃオモチャで遊んだり、プールに飛び込んだりと活発。

見にくる人見にくる人が「今日は寒いからな」と確実に言うのが面白かった。

いぬたろうはホッキョクグマのあまりのはしゃぎっぷりに「お~ま~え~は~ア~ホ~か~」と、のこぎりを演奏していた(違)。




Comment