HONK de BONK

鳥の“落し物”が直撃しましたが(泣)鳥には寛容な私です。。。

TdFのプレゼン画像

2005-10-31 20:06:25 | bike
あれ、来てたんですか。

モロー先生

他の皆さんはそれなりにきちんとした恰好なのに、モロー先生ってば紫のカットソーにジーパンだよ。ひょっとしてアポなし?

シモーニの表情がことごとく面白い。

tdwsport.com: ツール・ド・フランス コース発表プレゼンテーション画像
Comment

恐怖のアムステル・キュラソーは11月5日(土)

2005-10-31 19:56:59 | T. Dekker&Rabobank
楽しみでもあり、恐ろしくもあり。

≪プレイバック去年≫
デッケルSrとデッケルJrのハジけっぷり怖し。こんなツーショットとか、こんなことしたり、こんな密着見せて、もうイヤ。オランダ人、調子に乗りすぎ。

昨年の画像1
昨年の画像2
昨年の画像3


+++

今年の主な面子はトム・ボーネン、Wデッケル、ウェーニング、ボーヘルト、サヴォルデッリ、フルスマンなど。

アムステル・キュラソー・レース オフィシャルサイト
Comment

悪ガキ賞賛歌

2005-10-31 18:23:15 | bike
パリ~ツールTV観戦。フィリップ・ジルベールにメロメロだ。道中、ムッチャクチャじゃないか。ああも冷静さを欠いては、どう考えたって勝てんだろー。勢いのみ。せめて“冷静と情熱の間”ぐらいにして? でもいいよねぇ。イキが良くって、その上ちょっと悪ガキっぽくて 結果知ってるのに、応援しちゃったよ。

そんな訳でフランセーズ・デ・ジューの公式サイトをチェック。ふうん、1982年生まれなのね。ベルギー人。

“Married”……。げげ。もう結婚しとるのかorz ちぇ。萌え萌えが萎え萎えだよ(掌返)。

フランセーズ・デ・ジューにはもう一人悪そうなのがいる。スウェーデン人のローブクビスト。この子も気が強そうで、TTに強い。やっぱこっちかしらね(悩)。
Comments (2)

今シーズンもショコラード・ジャック

2005-10-31 17:42:47 | bike
昨シーズンに引き続き、今シーズンもショコラード・ジャックが西友で売られている。

中身も値段も前シーズンと一緒だと思うけど、バージョンアップしている。なんと、紙で包まれていたのが、“箱”になっている。驚く事でもないが…。

ショコラード・ジャックの公式サイト

相変わらず知った選手がいないのだが、安くて美味しいので食べて買い支え!!(肥)。
Comment

バクステッド、プロンクのレコード更新成らず

2005-10-31 17:25:13 | bike
チェーンリングが大きすぎた(60×12)のが凶と出たか…。あと、ペーサーの人、小柄すぎじゃない? バクたんによると、デルニーに引かれる場合、“スイートスポット”があるそうだが(ゴルフみたいだね)、こんだけ体格に差があると、スイートスポットがより小さくなりそう。ま、彼より大きい人探すの、難しいとは思うけど。

バクたんは疲労困憊だったようだが、1時間走り切った。彼らしい。また挑戦したいそうなので、応援だ。

リクイガスのチームメイトが楽しそうなのが何より。英国でのチームの宣伝になったんじゃないかな。

CN: Bäckstedt's Hour too short
CN: イベントの画像サムネイル
Comments (2)

デパオクのカフェ

2005-10-30 12:32:11 | moblog
500円にしては、肉多いー♪
Comment

余白

2005-10-30 12:06:03 | moblog
阪神タイガース・・・。ブランク長すぎ@京王デパート。
Comment

聖なる夜も自転車バカ

2005-10-29 22:30:51 | bike
自転車のクリスマスツリーオーナメント。

teamestrogen.com: Creatively Yours Ornament

世の中に、こんなもんを飾ってみたいヤツが多少はいるのかと思うと、嬉しいではないか。
Comments (2)

オランダ人、大喜び?

2005-10-29 22:22:57 | bike
自分の国をツール・ド・フランスが通るなんて嬉しいだろうな。>ファルケンブルグ

telegraaf.nl: Tour op 4 juli in Valkenburg

いつの日かツールの偉大なるチャンピオンに日本人がなる。それに敬意を表して、プロローグを日本で。翌日はいきなり休養日だけどw

あ、非ヨーロッパ人には敬意を表す気はないですかね。へへへ。
Comment

トラックW杯@マンチェスターでケイリン・イベント

2005-10-29 21:14:42 | bike
2005年12月11日開催。トラックW杯@マンチェスター(12/9~12/11)の最終日。今年1月以来の第2回目。

勿論、今回も我が日本がスポンサー様だ(賞金総額67,000ユーロ)。私が競輪場で落とした“授業料”も多少は含まれているのだろうか?(自棄泣)日本の選手に是非とも回収してきて欲しい。

オリンピック種目から外されるのは、ケイリンとマディソンという噂だったらしいが、こういう経済的貢献をしてるから、命拾いしたのかな。ふむ。

参加選手は現在募集中。普通にメールや電話で申し込みするようだw 勿論、エリートの選手。募集人員は18名。その内の4名は日本人枠。イベントだけ出場の場合、マンチェスターまでの交通費、宿泊費は自分持ち。こりゃ鼻息荒くなるねぇ。

1着賞金15,000ユーロ。2着12,000、3着10,000、以下少しずつ下がってって、12着の400ユーロまで出る。

≪UCIのプレスリリース≫
UCI: 2nd International Men Keirin Event

≪BCFの告知(右中)≫
BCF: Japanese Keirin -- 67,000 Euros on offer at Manchester

≪前回のリザルト≫
BCF: JKA International Mens Japanese Keirin -- Results & Report
Comment