JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

レッツゴー

2019-06-18 11:26:30 | 日記
日曜日は毎月恒例の農業体験があった。
そしていつものように、農業体験の後にボウリングに行ってきた。

5ゲームパックを選択し、13時からひたすら投げ続ける。

2ゲームが終わり、ボウリング場内をフラフラあるいて休憩していると「ご自由にお試しください」と書かれた箱を発見。
中にはプロボウラーの方々がよく手首につけているリストタイが入っていた。

カッコイイ!つけて投げてみたい!

手首だけを固定するタイプ。
人差し指まで固定するタイプ。
金属製のゴツいタイプ。

色々試着をして人差し指まで固定するタイプを選択。早速付けて投げてみるが、今まで通りの投げ方だと手首が固定されて投げづらいのなんのって。カーリング投法と名付けた自分のフォームがいかに適当だったかがよくわかる。
どうしても手首を固定したままカッコいいストライクがとりたいので、辺りを見渡し同じように手首を固定してストライクを出している方々を探す。

フォームを見ていると投げる前のボールの持ち方からそもそも違う。

「ほー、へー、あぁーなるほどねー」なんて言いながら見様見真似でフォームを少しずつ修正し、頭に描く「プロっぽい綺麗なフォーム」に近づけていく。

段々投げていると、投げ方が悪いのか、そういうものなのかわからないが、投げると左に曲がってしまうことがわかってくる。その情報を踏まえてやや右から投げると見事に曲がりながら真ん中に向かっていく。
ど真ん中から、真っすぐストレートを投げることしかできない自分としてはボールが曲がることに大興奮。

ボールが曲がる!プロっぽい!

手首を固定していると、体への負担が少ないのか、普段なら重いなと思う12,13ポンドがラクに投げられる。
いつもなら3ゲームも投げたら手首が痛いだの、膝が痛いだの言い始めるのっだが、5ゲームしても体に痛みが出てこない。

無事、手首を固定したままカッコいいストライクをとることができ大満足で5ゲーム終了。
これから何度もボウリング行くしなーと思い、家に帰ってすぐポチってしまった。
今週末に届く予定。

次はボウリング用のシューズを買います。

(ツ)


moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業


コメント   この記事についてブログを書く
« 父の日 | トップ | 週末のできごと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事